...

Dynamic.Energy.Saver.Advanced(ダイナミックエナジーセーバー

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

Dynamic.Energy.Saver.Advanced(ダイナミックエナジーセーバー
Dynamic Energy Saver Advanced(ダイナミックエナジーセーバー
アドバンスト)
GIGABYTEダイナミックエナジーセーバーアドバンスト(注1)はまったく新しい技術で、ボタンをワンクリックするだ
けでかつてないほどの省電力が実現します。高度なハードウェアとソフトウェア設計を採用したGIGABYTEダ
イナミックエナジーセーバーアドバンストはコンピュータのパフォーマンスを犠牲にすることなく、ひときわ優れ
た省電力および強化された出力効率を提供することができます。
The Dynamic Energy Saver Advanced Interface (ダイナミックエナジーセーバーアドバンストの
インターフェイス)
A. Meter Mode (メーターモード)
メーターモードで、GIGABYTE のダイナミックエネルギーセーバーは、一定の期間でどれだけのパワーを節
約できるかを示しています。
Meter Mode (メーターモード) – ボタン情報テーブル
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
ボタンの説明
ダイナミックエネルギーセーバーオン/オフ (On/Off) スイッチ (既定値:Off)
マザーボードフェーズLEDオン/オフ (On/Off) スイッチ (既定値: On)
ダイナミックCPU周波数機能のオン/オフスイッチ (既定値: Off) (注2)
CPUスロットディスプレイ
3レベルCPU電圧スイッチ (既定値: レベル1) (注3)
CPU電圧表示
ダイナミックパワーフェーズステータス
現在のCPU消費電力
メーター時間
パワーセービング(時間に基づく計算機のパワーセービング)
メーター/タイマーのリセットスイッチ
メーターモードスイッチ
合計モードスイッチ
終了 (アプリケーションはステルスモードに入ります)。
最小化 (アプリケーションはタスクバーで実行し続けます)。
情報/ヘルプ
ライブユーティリティ更新 (最新のユーティリティバージョンをチェック)
• 上のデータは参照専用です。実際のパフォーマンスは、マザーボードモデルによって異なります。
• CPUパワーとパワースコアは、参照専用です。実際の結果は、テスト方式に基づいています。
B. Total Mode (合計モード)
合計モードでは、初めてダイナミックエナジーセーバーアドバンストをアクティブにしてから、設定した期間内
に節約できた省電力の合計が表示されます (注 4)。
Total Mode (合計モード) – ボタン情報テーブル
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
ボタンの説明
ダイナミックエネルギーセーバーオン/オフ (On/Off) スイッチ (既定値:Off)
マザーボードフェーズLEDオン/オフ (On/Off) スイッチ (既定値: On)
ダイナミックCPU周波数機能のオン/オフスイッチ (既定値: Off)
CPUスロットディスプレイ
3レベルCPU電圧スイッチ (既定値: レベル1)
CPU電圧表示
ダイナミックパワーフェーズステータス
現在のCPU消費電力
時間/日付ダイナミックエネルギーセーバーを有効にする
合計のパワーセービング (ダイナミックエネルギーセーバーを有効にしたときの合計パワーセービング) (注 5)
ダイナミックエネルギーセーバーメーターモードスイッチ
ダイナミックエネルギーセーバー合計モードスイッチ
終了 (アプリケーションはステルスモードに入ります)。
最小化 (アプリケーションはタスクバーで引き続き実行されます)。
情報/ヘルプ
ライブユーティリティ更新(最新のユーティリティバージョンをチェック)
C. Stealth Mode (ステルスモード)
ステルスモードで、システムは再起動後も、ユーザー定義の省電力設定で作動します。アプリケーション
を変更するか完全に終了する場合のみ、アプリケーションに再び入ってください。
(注 1)DES機能を使用する前に、BIOS セットアッププログラムの CPU Enhanced Halt (C1E) (CPUエン
ハンストホールト (C1E)) と CPU EIST Function (CPU EIST 機能) アイテムが Enabled (有効) に
設定されていることを確認してください。
(注 2)ダイナミック周波数機能でシステムのパワーセービングを最大化すると、システムパフォーマンスが
影響を受けることがあります。
(注 3) 1:標準パワーセービング (デフォルト);2:拡張パワーセービング;3:最高のパワーセービング
(注 4)節約されたパワーの合計は、ダイナミックパワーセーバーのみが有効ステータスに入っていて、パ
ワーセービングメーターがゼロにリセットできないとき、再びアクティブにされるまで記録されます。
(注 5)合計パワーセービングが 99999999 ワットに達すると、ダイナミックエネルギーセーバーメーターは
自動的にリセットされます。
Fly UP