...

Essay ルーマニア紀行 獨協医科大学消化器内科主任教授・寺野彰

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

Essay ルーマニア紀行 獨協医科大学消化器内科主任教授・寺野彰
)lt-?:f
ffiTt
獨協 医科大学消化器 内科主任教授
寺 野
彰
昨年 4月 末 か ら5月 初旬 にか けてルーマ ニ ア
を訪れる機会があった。皆 さん のほ とん どが
この 国が どこにあるのか意識 された ことがな
い と思 う。 しか し, ドラキ ュ ラや コマ ネチあ
るい は暴君 で あ ったチ ャウシ ェス クな どの名
を聞けば,「 ああ,あ の 国か」 とい う記憶 はあ
るはず で あ る。ブルガ リアな どとと もに,バ
ルカ ン諸国 を形成 して い るが ,つ い先程 まで
共産圏 に属 してお り,ロ シアはち ょっ と恐 い
お隣 さんであ る。 西 の方 はユ ー ゴス ラヴイア
で これ も油 断が な らない 。 また ルーマ ニ アは
ヤシでのレセプションパーティー :ル ーマニア語で挨拶中
文部大臣 (左 端)と Stanciu学 長 (中 央)
.
名前 の とお リローマ に由来 して い る国で ,こ
の あた りで は唯 一 ラテ ン系 で ,周 りはすべ て
ス ラブ系諸 国 で ある。 この あた りが宗教 とな
タンチ ュー学長 とは,数 年前横浜 で 開かれた
らんで この 国 を不安定 に して い るゆえんで も
消化器病学会 で,「 メデ ィカルエ シックス」 と
い う倫理 問題 をめ ぐる国際 シンポジウムで一
あるようだ。
緒 に司会 をや って以 来友人 になったので,断
るわ け にいか なかった とい ういわ くがある。
と もか く,わ れわれは,ル ーマ ニ アのヤ シ
杏林大学や 自治医大 の教授 たち とチ ーム を
(Iasi)と い う聞 いた こと もな い小都市 へ 学会
のため に出かけるこ とになった。学会 はバ ル
組 んで 出かけた のであるが ,や は り思 った と
カン医学会 であ るが ,そ の 中 でぜ ひ とも日本
と「 ヘ リ コバ クター ビロ リと胃癌」 とい うシ
に 3時 間の飛行 で首都 のブカレス トにつ き,一
お り遠 い 国 で あ った。チ ュー リッヒか らさら
ンポジウム をや りた い との 申 し出があ り,小
泊 して翌 日2日 に 1回 あ るとい う飛行便 でヤシ
につい た.そ の 間,実 はその当時,N」 ∬ 0に
生がその組織委員長 とな ったため 出かけ ぎる
爆撃 されて い る最 中のユー ゴス ラ ビアの上空
を得 な くな った。 とい うのは ,医 学会長 のス
を飛 び,小 生 は夜 の眼下 に ミサ イ ルの砲火 を
イθ
7'waυ
/。
“
16′ 吻。12囲
見 た とい った の だが ,誰 も信 用 して くれ なか
った。
なん とか ヤ シに つ い た の だが ,驚 い た こ と
に ス タ ンチ ュー 先 生 は 自動 車 で 飛 行 機 の タ ラ
ップ まで迎 え に きて い た の で あ る。 要 す る に
エ ア ー タ ー ミナ ル ビル は もち ろん ゲ ー トもな
い の で あ る。 熱 烈 な抱 擁 の 後 自動 車 で ホ テ ル
に 向 か っ たが ,そ の 途 中 で 検 間が あ り,自 動
小 銃 を持 った 警備 兵 には少 し驚 かせ られ ,共
産 圏 の な ご りを感 じた もの で あ る。 後 で 聞 け
ば ,ヤ シか ら東 へ 10キ ロ行 けば ロ シア との こ
とで 無 理 もな いの で あ る。
ホ テ ル は 「 ホ テ ルモ ル ドバ 」 とい う超 一 流
50人 の お 歴歴 が参加 し厳 粛 な雰 囲気 の 中 で 開
ホ テ ル との こ とで あ った が ,い か んせ ん物 資
か れ た 。 な ん と文 部 大 臣 もわ ざわ ざ ブ カ レス
不足 は 明 らか で ,一 生 懸 命 (?)ア ル コー ル を
トか ら この シ ンポ ジウム の た め に来 られ ,ル
飲 んで 寝 る とい う こ とに な った。 しか し,ヤ
ーマ ニ ア の 医療 行 政 につ い て 訓示 され た 。 続
シの 町そ の もの は大学町 とい うだ けあ って,清
い て小 生 の挨 拶 で ,前 日覚 えた ルー マ ニ ア語
潔 で 昔 モ ル ドバ 王 国 の 首都 で あ った 面 影 を十
で始 め た ところヤ ンヤ の 喝采 を浴 び た。 や は
分 に宿 して い た。教会 や王宮 な ど 12,3世 紀 の
りわ れ わ れ で も外 国 人 が 少 しで も 日本語 を使
建 物 が 大切 に保 存 され て い る。 この 点 は共 産
う と うれ し く親 しみ を感 じる よ うに ,こ の 感
軍 に よって壊 滅 状 態 に な って い るブ カ レス ト
覚 は世 界 共 通 で あ り,一 種 の 礼 儀 な ので はな
とは まった く趣 が異 な る美 しい 町 で あ る。 大
い か と小 生 は 感 じ,ど この 国 へ 行 っ て も最初
学 もす ば ら しい建 築 物 で ,講 義 室 も数 世紀 前
の挨 拶 は 現 地 語 でや る こ とに して い る。 この
の ものが きちん と保存 されて い て感激 した。 落
セ レモ ニ ー後 ,大 学 で朝 か ら夕方 まで発 表 ,討
書 き もほ とん ど見 られ なか ったが ,庭 の コ ン
論 が 続 け られ ,胃 癌 の 診 断 と治療 をめ ぐって
ク リー トに 「 NATO
と書 か れ
熱心 な討 議 が行 われ た。 ル ー マ ニ ア も胃癌 の
GO HOME!」
て い た の が 印象 的 で あ った 。 一 般 的 に西 欧風
多発 国 とい わ れ るが ,早 期 胃癌 は まだ まだ診
の 贅 沢 品 は デ パ ー トで もほ とん ど見 られ な い
断 され て お らず ,日 本 か らの 粘 膜切 除術 な ど
が ,食 物 な どは 豊 富 な よ うで 貧 困 は あ ま り感
の 内視 鏡 的治療 の 報 告 に は参 加 者全 員 目を輝
じなか った。
かせ て い た の が 印象 的 で あ った 。や は り経 済
的 にみ て 最 新 の 内視 鏡 設 備 の 購 入 は 困難 な よ
うで , 日本 か ら も この よ うな形 で の 援助 が あ
さて ,学 会 は 町 の 真 ん 中 にあ る宮殿 で 開催
って もい い の で は な い か と思 う。 と もか く参
され たが ,そ の 前 の シ ンポ ジ ウ ムの オ ー プ ニ
加者 全 員 眠 る もの は な く,熱 っぽい 緊張 した
ングセ レモ ニー は,ス タ ンチ ュー学長室 で,約
一 日が 過 ぎた 。 この シ ンポ ジ ウ ムの 様 子 は翌
7'陥 υιs乃 16助
.I』 懃
"
日の 地 元新 聞 に大 き く報 道 され注 目を集 め た
た と ころ,「 や っ とわかったか」 とい う風 に
らしい 。
そ の夜 は ,民 族 料 理 を囲 ん で の ダ ンス パ ー
非常 に喜 んで もう一人の仲間 と山分けをし,う
まそ うに食べ たのである。残 りは一緒 に乗 っ
テ ィー が 催 され ,わ れ わ れ もそ の 中 に巻 き込
て い た障害者 の父 親 の車 いす に大切 に しまい
まれ ,民 族 舞 踊 の 激 しい フ ォー ク ダ ンス で昼
間 の 疲 れ を癒 した もの で あ る。 と もか く本 来
込んだ とい う。「 この坊 主は きっと将来の大統
領 になるだろ う」 とい うのが皆 の感想 で あ っ
楽 天 的 な民 族 な の で あ る。 皆 この 国民 の 大 フ
たが ,こ の 国 の実状 を表 したエ ピソー ドで も
ァ ンに な って しまった。 わ れ わ れ男 か ら見 る
あ った。
と本 当 に美 人 が 多 い 。女 性 か ら見 て もい い 男
が 多 い の だ そ うで あ る。 日本 か ら も っ と積 極
,
ブ カレス トでは,チ ャウ シェス クの作 った
「国民 の館」 を見学 した。ベ ンタゴンに次 いで
シー には ,観 光 中十分気 をつ け る必 要 が あ る。
大 きな世界 的な この代物 は,国 民 の血 と汗 の
結晶 で あ るが ,共 産圏の政治 の典型 ともい え
小 生 は う っか リカメ ラ を向 け た ため ,ジ プ シ
るものであった。
的 に ア ク セ ス す べ き国 で あ る。 た だ し,ジ プ
ー 女性 多 数 に 囲 まれ て ひ どい 日にあ った とい
う経験 を持 つ (詳 細省 略 ).
さ まざ まな思 い 出 を胸 に ルー マ ニ ア を後 に
したが ,こ の 不 安 定 な国 の 将 来 には胸 が い た
ヤ シか らの帰 途 は ,ル ー マ ニ ア まで列 車 を
む思 い で あ り,今 後 我 が 国 の 援 助 も この 目立
利 用 す る こ とに な った。 実 に 6時 間 の 旅 で あ
た な い 国 へ も向 け られ るべ きで あ り,わ れ わ
る。 車 内販 売 もな い との こ とで ,弁 当 と ビー
れ 医療 人 もそ の 認 識 を深 め る必 要 が あ ろ う と
ル を買 い 込 んで コ ンパ ー トメ ン トで長 時 間過
感 じた もので あ る
ごす こ とに な った。 窓か ら見 る風 景 は行 け ど
も行 け ど も大 平 原 な の で あ るが ,そ の 美 しさ
に は飽 きる こ とは なか った .ゆ っ く り した ス
ピー ドで あ るか ら窓外 の並 行 して走 る車 に 手
を振 れ ば に こや か に反応 して くれ る。 印象 的
だ った の は ,コ ンパ ー トメ ン トの外 か ら,つ
ま り列 車 の 通路 か ら, しつ こ く実 に 1時 間以上
わめ い て い る 10歳 前 後 の 男 の 子 で あ つた。 ど
うせ 金 をせ び るの だか ら と, ドア を開 けず に
知 らぬ 振 りを して い た ところ ,演 説 調 に な っ
て きた の で ど う した の か と思 って い た ら,同
行 の一 人 が や っ と気 付 き,こ れ はわ れ わ れ の
弁 当 の 残 りを よこせ とい って い る ら しい とい
い 出 した 。 ため しに余 った 弁 当 を出 して や っ
7'И ttυ ω yal δ ル
.I卿
.
Fly UP