...

産業機械・航空機等における下請適正取引等の推進の

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Transcript

産業機械・航空機等における下請適正取引等の推進の
ガイドラインの改訂【素形材、自動車、産業機械・航空機等】
ガイドライン改訂経緯
中小企業の生産性向上のため、平成19年6月、下請事業者と親事業者の“win-win”の関係づくり
を目指し、「下請適正取引等の推進のためのガイドライン」を策定。
素形材、自動車、産業機械・航空機等において、ガイドラインの効果について、フォローアップ調査
を実施し、平成20年3月に取りまとめ。
フォローアップ調査結果等を踏まえ、研究会を開催し、学識者及び各業界からなる委員がガイドラ
イン改訂を検討
ガイドラインの主な改訂内容
・ガイドライン策定から、新たに集まった①問題があると思われる取引慣行事例等と②ベストプラクティス (望ましい取引慣
行)事例を追加。
・③「下請法の対象外となる資本金規模の企業間取引」や「不公正な取引方法に係る経済産業省と公正取引委員会との協力
スキームの構築」について追加。
新規ガイドライン作成業種【建材・住宅設備】
平成20年3月に、建材・住宅設備産業取引ガイドラインを新たに策定。
ガイドラインの主な内容
・建材・住宅設備産業取引の段階(見積、受注、受領支払等)ごとに①問題となる具体的行為事例、②関連法規の留意点及び
望ましい取引慣行、③望ましい取引実例(ベストプラクティス)を提示。
3
素形材産業取引ガイドラインの改訂(主な追加事例等)
原材料等のコスト増の転嫁
型保管費用の負担
【問題ある事例】
【問題ある事例】
○発注側が原材料価格高騰分の価格転嫁額を低く抑えたり、価格転嫁時
期の引き延ばしを強制したりする。建値スライド方式など、全く認めない。
【鋳造】
○取引先からは最低10年間の型保管は当たり前と言われている。ところが
量産品と補給品との区別がはっきりしないものも多く、取引先に問い合わ
せても担当もわからないと言われ、また、客先に型リストを送り、要、否の
判定をお願いしているが、回答がこない。【鍛造】
【ベストプラクティス事例】
【ベストプラクティス事例】
○取引先との価格交渉時に、取引ガイドライン、協会が作成した取引適正
要請文、原材料等価格推移表の3点セットで交渉したところ、原材料
価格高騰分の価格転嫁を認めてもらえた。【鋳造】
○型リストを作り、預かっている金型のうち、
量産が完了していて一定期間補給品も
出ない場合には、取引先に承認を得て、
1点ずつ型の写真を撮影した上で、廃棄
処分した 【鋳造】
処分した。【鋳造】
不公正な取引方法に係る協力スキームについて
<ガイドライン> <取引適正要請文>
<価格推移表>
○経済産業省と公正取引委員会との間で、「不公正な取引方法」の効果的
な調査・取締りのための協力スキームを構築し、運用を開始。
その他のガイドラインの活用による効果
【ベストプラクティス事例】
○取引先に取引ガイドラインを示し、下請法上の留意点やベストプラクティスの記述を説明して交渉したところ、
取引先と交渉の地合ができ、改善がみられた。【鋳造、金型、ダイカスト】
○業界独自の取引ガイドライン等を作成し、全会員に配布するとともに、ユーザーとの取引において、素形材
取引ガイドライン等と併せて活用した結果、それまでのユーザー側からの一方的な取引交渉等について改善
が見られた。【金属プレス、金型、熱処理】
20
自動車産業適正取引ガイドラインの改訂(主な追加事例等)
補給品の価格決め
型保管費用の負担
【問題ある事例】
【問題ある事例】
○補給品の価格について、少量生産で手間がかかるにも関わらず、組み付
け時と同様の価格で取引を押しつけられる。
【ベストプラクティス事例】
○<補給品の共通化活動を進めている例>
仕入先からの提案を受けて、一定の基準に合致した補給品を共通
化して種類削減を進めている。
○必要数量を先行生産した上で、型を処分したいと考えているが、発注
元から必要数量の提示がなく、処分の了承がなかなか得られない。
【ベストプラクティス事例】
○<発注元主導で型の廃棄通知等を行っている例>
取引先からの申請を得て廃棄する制度に加えて、部品番号を簡素
化するとともに、発注側から「この型を廃棄してもよい」との通知も
行うこととした。
原材料価格等の価格転嫁
一方的な原価低減率の提示
【問題ある事例】
【問題ある事例】
○原材料価格等の価格が上昇しても製品への価格転嫁を認めてもらえな
い、認めてもらっても必ずしも十分とは言えない。
【ベストプラクティス事例】
○<合理的な根拠を持って発注側と交渉を行っている例>
ガイドライン、業界で策定した要望書、原材料価格の推移表の3点
セットを持参して、合理的な根拠を示しながら発注側を納得させる
よう価格交渉を行っている。
○発注側から定期的に原価低減要請が行われ、その原価低減率は現状の
原価や技術力を加味されない。
【ベストプラクティス事例】
○<取引先とのワークショップなどを行っている例>
社内でコスト削減のクロスファンクション・チームを編成し、取引先と
協業ワークショップを開催し、各種のコスト低減のアイデアを出し合
うとともに、その評価も協業で行い、実現させる取組を行っている。
21
産業機械・航空機等適正取引ガイドラインの改訂(主な追加事例等)
適正な価格転嫁の実施
親事業者側の情報開示の推進
【問題ある事例】
【問題ある事例】
○毎年恒例のように1回から2回の原価低減要求(価格協力依頼)がある。
合理的な要求であれば理解できるが、理解しがたい要求もあり、結果的
にはコスト割れとなってしまうことがある。
○リードタイムの関係から、内示にて発注された製品を製作して、納期通り
に納入したが、取引先から正式発注がなされていなかったために、納入
が認められなかった。取引先には改善をお願いしているが、取引先のシ
ステムをみると製品をスケジュール通りに受領する体制整備まで手が
回っていないように見受けられる。
【ベストプラクティス事例】
○定期的なコストダウンを年2回実施している。下請業者との協議・
検討を踏まえ、必要に応じて図面変更を行う等、強制的ではなく相
互協力の場としている。この結果。下請業者からの改善提案数が増
加し、下請業者とのコミュニケーション改善効果が見られた。
【ベストプラクティス事例】
○16週先の生産情報表や半期の生産計画をサプライヤーに伝達して
いる。こうした取組によりサプライヤーにおいても生産計画を立て
ることが可能となり、より効率的な生産体制の構築に繋がっている。
調達方針の作成・改善
型保管費用の負担
【問題ある事例】
【問題ある事例】
○契約書に印紙が必要となるため、契約書を結ぶ事に前向きに考えて頂け
ない取引先がある。
○旧モデル品の補修品の供給期限について文書で合意のないまま継続さ
せられているものが多くある。
【ベストプラクティス事例】
【ベストプラクティス事例】
○社内で調達方針を策定し、社外に公表した。同調達方針においては、企
業が果たすべき社会的責任の視点から、当社の調達基本方針を示すと
ともに、取引先にも下請法を含む法令遵守等CSR活動への積極的な取
組を呼びかけた内容となっている。
○当社で製品の量産が終了した後、取引先と原材料費及び金型保管費
等の条件を踏まえ、補給品の価格交渉を行うようにしている。
22
素形材産業取引ガイドライン
(素形材産業における下請適正取引等の推進のためのガイドライン)
平成19年
6月 策定
平成20年12月 改訂
経済産業省
0
目次
はじめに ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P
<コラム>ガイドラインの活用方法
1
・・・・・・・・P 3
第1章 取引慣行調査において指摘された取引慣行と関連法規上の
留意点 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P 5
1.下請代金支払遅延等防止法上の留意点 ・・・・・・P 5
2.私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律上の留意点
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P24
3.中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律上の留
意点
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P29
第2章 望ましい取引慣行とベストプラクティス ・・・・P32
1.取引慣行改善に向けた望ましい取引例 ・・・・・・P32
2.ベストプラクティス ・・・・・・・・・・・・・・P35
第3章 本ガイドラインの今後の展開
・・・・・・・・・P52
<参考1>下請かけこみ寺・・・・・・・・・・・・・・P54
1
<参考2>原油・原材料価格高騰に係る下請中小企業対策の実施
について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P56
おわりに ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P61
<参考1> 各業種の取引ガイドラインについて ・・・P62
<参考2> 業界独自の取引ガイドラインについて ・・P63
本資料に関する問い合わせ先
・・・・・・・・・・・・・P64
2
はじめに
平成 19 年 2 月 15 日、政府において「成長力底上げ戦略」構想がとりまとめ
られ、翌日 16 日の経済財政諮問会議に報告され了承された。「成長力底上げ戦
略」は、成長戦略の一環として、経済成長を下支えする人材能力、就労機会、
中小企業の 3 つの基盤の向上を図ることを目指しており、当該 3 本柱の一つ「中
小企業底上げ戦略」の中においては、下請適正取引等を推進することとなって
いる。本ガイドラインは、その一環として、素形材産業取引ガイドラインを策
定するものである。
本ガイドラインの策定にあたっては、平成 18 年 5 月に策定された「素形材産
業ビジョン」での以下の指摘を出発点としている。
・ よりよい製品を生産するためには、それを構成する部品の高付加価値化が必要
であり、素形材メーカーに単純なコストダウンを要請していくことは、部品及
び製品の品質や性能などに支障を及ぼすことにつながる。
・ 独禁法や下請代金法等の法令遵守を徹底させるべき。また、中小の素形材メー
カーの能力を引き出すため、合理性のない価格設定や支払いについての慣行や
中小メーカーの過重負担、知的財産・ノウハウの扱いについての改善が必要。
さらに、製品メーカーと素形材メーカーとの技術革新が促される望ましい取引
類例(ベストプラクティス)を整理し、促進していくことも必要。
・ こうした課題が民間企業間の取組ではなかなか是正されないことに鑑み、取引
慣行を早急に改善するために、政府が中立的な立場からガイドラインを策定す
ることが望まれる。
また、平成 17 年度に実施された「素形材産業取引慣行調査」においては、素
形材メーカーとユーザー企業間の様々な取引慣行の実態が明らかになった。
こうした取引慣行の中には、企業の創意工夫の意欲を削ぐような取引慣行が
存在する。このような取引慣行は、企業の研究開発へのインセンティブを減尐
させる。その結果、我が国の製造業を支えてきた部品・材料分野の技術力を削
ぎ、最終製品の競争力にも悪影響を及ぼしかねない。また、中小企業のものづ
くり基盤技術の高度化に関する法律の観点から望ましくないばかりでなく、下
請代金支払遅延等防止法や私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の
観点から問題があると思われる取引慣行も散見される。しかしながら、素形材
1
産業・ユーザー産業とも、必ずしも様々な法律に精通した上で取引を行ってい
るわけではなく、従来の慣行だからという理由で漫然と取引を繰り返している
例も見受けられる。
こうした認識の下、以下を目的として、素形材産業取引ガイドラインを策定
するべきであるとの結論に至った。
① 本ガイドラインは、健全な取引慣行によって、研究開発や設備投資を促進す
ることによって、我が国製造業の競争力を維持・向上させていくことを目的
とする。
② 企業のコンプライアンス強化が求められる中、法律に関する知識が足りない
ために間違った形で取引をし、その結果、企業の社会的信用を著しく損なう
ようなことは避けなければならない。本ガイドラインは、企業の経営者・調
達担当者にわかりやすい形で法律の考え方を示し、もって法令違反を未然に
防ぐことを目的とする。
③ 本ガイドラインは、競争を制限し中小企業を保護するのではなく、自由な競
争の中にありながら、企業の研究開発・創意工夫の意欲を削ぐような取引慣
行の改善を目的とする。
本ガイドラインは以下のように構成されている。
第 1 章では、法的に留意すべき取引慣行の例を提示する。また、第 2 章では
望ましい取引慣行の例及びベストプラクティス事例を提示する。これらの事例
は、企業間の努力によって、問題ある取引を回避し、また創意工夫の意欲を増
進した事例である。素形材産業・ユーザー産業においては、これらを参考に、
取引慣行の改善に努められたい。さらに、第 3 章ではガイドライン策定後の展
開を提示する。
なお、本ガイドラインで取り上げる問題事例は、あくまでも例示であり、こ
れらの事例が違法であるかどうかは、実際の取引に即した十分な情報を元にさ
らに精査する必要がある。
2
<コラム> ガイドラインの活用方法
① ガイドライン説明会への参加や、ガイドラインを読むことで取引のルールを
知る。
② 「取引慣行調査において指摘された取引慣行と関連法規上の留意点」
(P5)
を参考に、取引のルールを知った上で、自社の取引を確認。
③ 「取引慣行改善に向けた望ましい取引例」(P32)を参考に、取引先に確
認。可能な分野から1つずつ取引慣行を改善し、新たな取引形態を構築。
※ 例えばものづくりの分野では、一方的な原価低減要請や原材料価格高騰分の
価格転嫁の拒否により、下請事業者が廃業に至るケースがあるが、そうした
場合、発注先である親事業者も新たな取引先の確保に苦しむケースなどもよ
く聞かれる。こうした場合、親事業者・下請事業者とも不利益を生じてしま
っている。ガイドラインの遵守は親事業者・下請事業者の共存共栄につなが
ることをお互いに理解し合うことが重要。
④ 「ベストプラクティス」(P35)を参考に、自らの取引でも実践。
⑤ 取引先が十分な協議に応じてくれない場合など困った場合は「下請かけこみ
寺」(P54)を活用。
⑥ それでも取引が改善されない場合は、中小企業庁や公正取引委員会に問い合
わせ。
※ 取引ガイドラインのフォローアップ調査によれば、「ガイドラインを活用し
ている」と回答した企業のうち、約81%の企業が取引改善の効果がみられ
たと回答している。
3
ガイドラインの活用方法
ガイドラインのこのページに、こういう事例がベストプラクティスとして書かれています。同業
他社で出来ている取引なわけですから、私たちの取引でも実践してみませんか?
この望ましい取引事例を参考に取引慣行を変更して、新たな形態にし
てみませんか?
たしかに、この取引方法は我が社にとっても、
取引先にとっても有効だなぁ。思い切って、こ
のベストプラクティスを実践してみるか!
他社ではこういう良い事例があるのかぁ。さっそく、
研修で周知して、社内の取引の見直しに着手し
てみよう!
ベストプラクティス・望ましい取引事例を実践することによって、下請事業者・親事業
者の“WIN-WIN”の関係をつくりましょう!
ガイドライン策定10業種はもちろん、それ以外の業種でも、取り入れ可能なベストプ
ラクティスを参考に、下請適正取引等の推進を図っていただくよう、お願いします!
中小企業庁発行「『下請適正取引等の推進のためのガイドライン』ベストプラクティス集」から参照
4
第1章
取引慣行調査において指摘された取引慣行
と関連法規上の留意点
1. 下請代金支払遅延等防止法上の留意点
下請代金支払遅延等防止法(以下「下請法」という。)は、親事業者と下請事
業者の取引を公正ならしめるとともに、下請事業者の利益を保護し、もって国
民経済の健全な発達に寄与することを目的とする法律であり、一定の形態の取
引は本法によって禁じられている。しかしながら、素形材産業・ユーザー産業
の取引担当者が下請法の内容を熟知していない等の理由によって、結果として
下請法上問題のある取引がなされることがある。
取引慣行調査において指摘された事例について、下請法の適用対象となる場
合には、同法の観点から次のような点について留意する必要がある。
特に、様々な問題を避けるために、発注内容を書面の形にして明確化するこ
とや、取引条件の決定や変更に当たって、親事業者・下請事業者が誠実に協議
し、双方納得して取引を進めることが下請法遵守の大前提である。
1.1 トンネル会社を使った下請法逃れ
<取引先が子会社を経由して取引を行い、下請法の規制から逃れようとしてい
る例>
・ (一部上場のような)大企業は、問題のない取引をするが、子会社経由にな
るとなかなか検収が上がらないなどの問題がある。連結子会社を経由した問
題のある取引も下請法で規制すべきではないか。【金型】
下請法では、以下の場合が規制の対象となる。
①資本金 3 億円超の企業が、資本金 3 億円以下の企業(注)に対し製造委託等
をする場合
②資本金 1,000 万円超 3 億円以下の企業が、資本金 1,000 万円以下の企業(注)
に製造委託等をする場合
(注)個人を含む。
5
親事業者が子会社(いわゆる「トンネル会社」)等を設立し、その子会社等が
下請事業者に発注を行った場合についても、規制の対象としている(下請法第 2
条第 9 項)。
この場合、「トンネル会社」とは、以下の①・②の両方を満たす場合をいう。
① 親事業者から役員の任免、業務の執行又は存立について支配を受けている
場合(例えば、親事業者の議決権が過半数の場合、常勤役員の過半数が親
会社の関係者である場合又は実質的に役員の任免が親会社に支配されて
いる場合)
② 親事業者から受託した下請取引の全部又は相当部分について、再委託する
場合(例えば、親事業者から受けた委託額又は量の 50%以上を再委託して
いる場合)
例えば、大企業 A 社(資本金 100 億円)が、下請企業 B 社(資本金 2 億円)
へ製造委託を行えば、下請法の規制対象となる。
ここで、A 社が 100%子会社 C 社(資本金 1 億円)を作り、まず A 社が C 社
に発注し、C 社が B 社にそのまま再発注をした場合、一見、中小企業である C
社と B 社の取引は下請法の規制対象から外れているかのように見えるが、実際
には C 社は「トンネル会社」の扱いとなり、B 社との取引は下請法の規制対象
となる。
トンネル会社経由の取引が下請法の規制対象であることを十分認識し、下請
取引を行うことが求められる。
1.2 書面交付義務
<電話で発注を受け、注文書等の書面が交付されない例>
・ 同業の特定業種間で、長年の慣行で発注書がなく、電話で発注して単価も決
めずに作業開始している。条件が曖昧なため、後から数量不足・超過等が生
じる。【鋳造】
・ 長期取引の場合には電話で発注を受け、注文書を送ってこない例があった。
【鋳造】
・ 金型の改造の発注は、下手すると全て注文書がない。【金型】
<書面交付が製品の生産着手後に行われる例>
・ 取引先から、金型完成後、納品するタイミングで書面が交付される。
【金型】
<仕様書が変更され、単価の設定が製品の完成後に行われる例>
6
・ 仕様書を踏まえて作業をしても、仕様書の変更が頻繁にあり、納品する直前
まで単価を決定してくれないことがある。【熱処理】
下請法第 3 条第 1 項によると、親事業者は下請事業者に対し製造委託等をし
た場合には、直ちにその内容を記載した書面(以下、「三条書面」という。)を
下請事業者に交付しなければならないとされているため、下請法の適用対象と
なる取引を行う場合には、留意が必要である。
三条書面には、以下のような事項を記載しなければならない。
① 親事業者及び下請事業者の名称
② 製造委託等をした日
③ 下請事業者の給付の内容(製品の仕様、数量等)
④ 下請事業者の給付を受領する期日(複数回にわたって納入する場合
には、それぞれについて)
⑤ 下請事業者の給付を受領する場所
⑥ 下請事業者の給付の内容について検査をする場合は、その検査を完
了する期日(検収を完了する期日)
⑦ 下請代金の額(算定方法による記載も可)
⑧ 下請代金の支払期日
⑨ 手形を交付する場合は、その手形の金額(支払比率でも可)と手形
の満期
⑩ 一括決済方式で支払う場合は、金融機関名、貸付け又は支払可能額、
親事業者が下請代金債権相当額又は下請代金債務相当額を金融機関
へ支払う期日
⑪ 原材料等を有償支給する場合は、その品名、数量、対価、引渡しの
期日、決済期日、決済方法
また、以下述べる様々な取引上の問題においては、下請法の適用対象となる
取引であるか否かにかかわらず、そもそもの発注内容が不明確であるために起
きる場合が多いことから、書面交付の重要性について再度認識し、委託事業者
においては受託事業者に書面を必ず交付することが必要である。また、受託事
業者においては、委託事業者に対し、書面を交付するよう求めることが必要で
ある。
1.3 補給品の支給
<型の作り直し費用が支払われない例>
7
・ 補給品の支給ができなくなった型は作り直しが必要となり、1 型当たり数百
万~数千万かかるが、ユーザーからの作り直しの費用支給はない。【ダイカ
スト】
<型保管費用等が価格に反映されない例>
・ 補給部品については、保管費などはコストアップしているが、その価格転嫁
ができない。自動車は 10 年間補給部品を供給しなければならないので、大
きな問題。【鋳造】
・ 屋外に旧型金型を置いているので、補給品生産のために使う場合には錆落と
しをするなどコストがかかる。他方、補給品の値段は、現在尐し改善された
が、昔は量産の値段と同じだった。必要なコスト上昇分の値上げは十分にな
されていない。【金属プレス】
・ 取引先から量産時と同じ単価で、補給品の発注が 1 個単位でくるため、コス
ト的に見合わない。【金属プレス】
<補給品のコストが適正に価格に反映されない例>
・ 取引先によっては、補給品単価設定ルールが存在し、単価についても量産単
価より高い価格設定で承認されているものの、製造原価を下回る範囲の中
で、単純に一定率の上乗せをしている。このため補給品を作れば作るほど赤
字になり、製品の工程、工数等の相違を考慮した価格設定がなされない。
【鋳
造】
<補給品の価格が量産時の価格と変わらない例>
・ 量産打ち切り時に残置分も含めて製作数や単価を決めたにもかかわらず、量
産打切後に補給品として注文が出た。金型製作費は支払ってもらったが、部
品価格は量産時のままである。【鍛造】
<補給品の基準等が不明確な例>
・ 補給品の定義が曖昧になっている。量産が終了しても、一定以上の数量があ
れば、補給品とみなされない。例えば、自社では 50~100 個/月以上の発注
がなされた場合、補給品とみなされず、量産時の価格と比べて、コスト高に
なっても適切な価格設定がなされない。また自社の生産体制にも影響がでて
いる。【鋳造】
8
補給品1支給に関しては、必ずしも書面で給付内容や下請代金等を取り決めな
いで発注されることがあるが、前項で述べたとおり、下請法の適用対象となる
取引であった場合には、発注後直ちに給付内容等を記載した三条書面を交付し
なければ、三条書面の交付義務違反に当たるので、留意が必要である。
また、補給品の生産原価は、量産時よりも発注が尐量であることが多いため、
一般的に量産時の原価より高くなりがちである。下請法の適用対象となる取引
を行う場合には、委託事業者(親事業者)が一方的に量産時と同じ単価(この
単価は尐量の補給品を製作する場合の通常の対価を大幅に下回るものである。)
で、下請事業者に対して尐量の補給品を発注すると、下請法第 4 条第 1 項第 5
号の買いたたきに当たるおそれがある。このため、補給品の下請代金について
は、コスト計算等に基づいて、下請事業者と親事業者が十分な協議を行って決
定する必要があるので、この点にも留意が必要である。
1.4 分割納品時の運賃負担
<取引先の都合で納品が複数回に分割されるが、コストが負担されない例>
・ 下請事業者が、親事業者の各ラインに直接納めるケースが多くなっている。
運送時間が倉庫納品より多くなり、輸送車や人員の手配などによってコスト
アップになっている。【金属プレス】
・ ユーザーの小口配送要求が加速しているが、その上乗せコストは認められな
い。【鋳造】
・ ジャストインタイム方式で納品が小口化しているが、そのための増加コスト
は認めてもらえない。特に四国なので、本州への配送の場合はコスト負荷が
高い。【鍛造】
<取引先の都合で運送条件が変更されても運送費が負担されない例>
・ 取引先の製造工場変更に伴い、遠方地、あるいは一部の部品のみ別の場所へ
納品を要請された場合、それに要する追加的な運賃コストについては負担さ
れない。【非鉄金属鋳物】
委託事業者のジャストインタイム生産方式の導入に伴い、従来は一回で納入
させていた製品を、複数回に分けて納品させるため、受託事業者にとって製品
の運賃負担が増す場合がある。
1補給品とは、この場合、量産が終了し納品された後に、不足等を理由として、ユーザー産業の
求めに応じて再度生産された、当初の量産品と同一の製品のことをいう。
9
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、このように取引条件が変更さ
れても、委託事業者(親事業者)が一方的に従来と同様の下請代金で納入させ
ることとしたときは、下請法第 4 条第 1 項第 5 号の買いたたきに該当するおそ
れがあるので留意が必要である。分割納品時の運賃負担についても、コスト計
算等に基づいて、下請事業者と親事業者が十分な協議を行って決定する必要が
ある。
1.5 見積時の予定単価による発注
<発注量が減尐しても、見積時の予定単価を要請される例>
・ 最初に約束した月産数、ロット数をもとに納品回数、ワンロット生産数を考
え見積りをするが、ロット数が守られない。半分以下になった場合でも、当
初見積りと同じような額になるため、コストアップになる。【金属プレス】
・ 量に見合って単価を低く見積ったものの、実際の発注が見積量と一桁違うケ
ースがある。その場合でも単価は上げてもらえない。【鍛造】
<ロット数が増加することを理由に、原材料の高騰分が転嫁されない例>
・ 原材料価格高騰時における追加発注の際の単価決定にあたり、原材料価格の
高騰分について、値上げに応じてもらえず、逆にロット数拡大により取引先
からは機械的に値下げを求められる。【鋳鍛鋼】
委託事業者が、一定の数量を生産することを前提として受託事業者に製品単
価の見積りをさせながら、実際には見積時よりも尐ない発注量であるにもかか
わらず、一方的に見積時の単価で発注を行うことがある。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、このように、委託事業者(親
事業者)が大量生産を前提とした見積時の予定単価(この単価は尐量生産する
場合の通常の対価を大幅に下回るものである。)に基づき一方的に下請代金の額
を定め、実際には見積時よりも尐ない量を発注することは、下請法第 4 条第 1
項第 5 号の買いたたきに該当するおそれがあるので留意が必要である。実際の
発注時の単価については、コスト計算等に基づき、下請事業者と親事業者が十
分な協議を行って決定する必要がある。
1.6 原材料等のコスト増の転嫁
<原材料価格高騰分の価格転嫁が取引先に承認されない例>
10
・ 原材料価格の高騰に伴い、受注者が原材料の価格推移表や原価計算データを
示して、取引先に価格転嫁をお願いするが、全く応じてくれない。【非鉄金
属鋳物、鍛造】
・ 取引先が原材料価格高騰分の価格転嫁額を低く抑えたり、価格転嫁時期の引
き延ばしを強制したりする。建値スライド制など、全く認めない。【鋳造】
<原材料価格高騰分の価格転嫁が反映されるまでにタイムラグが発生する例>
・ 原材料価格の高騰は大体価格に反映され、大手企業向けにはほぼ転嫁した
が、反映されるまでに半年程度のタイムラグがあった。タイムラグ分は自社
で負担した。【金属プレス、鍛造】
・ 最も問題と感じるのは、コストアップに時間がかかる点である。コストダウ
ンは明日から開始で、コストアップは実施に 1 年を越える場合もある。【鋳
造】
<原材料の自己調達から支給材への切り替えについて、取引先の理解が得られ
ない例>
・ 原材料価格の高騰を受け、原材料の自己調達から発注者による原材料の支給
への切り替えを取引先にお願いしたが、取引先から無視された。【鍛造】
<環境対策費用の値上げについて、取引先の理解が得られない例>
・ 環境対策にかかる費用が、廃棄物処理規制の強化により上昇傾向にあるが、
これについての製品価格への転嫁はユーザーの理解が得られない。【鋳造】
<燃料費等の副資材の価格転嫁が認められない例>
・ 燃料費が大きな問題となっている。人件費と燃料費が原価の大部分を占めて
いるので、原油高がコスト圧迫要因となっている。納入先に製品単価上昇を
頼んでいるが、受け入れてもらえない。【熱処理】
・ 燃料費や工具等の副資材は、従来から価格転嫁対象外である。
【鋳造、鍛造】
・ 取引先と価格を一度合意すると、燃料費等の副資材価格が高騰しても、価格
への転嫁が難しい。【熱処理】
<原材料のコスト増の値上げ分が、コストダウン要請により相殺される例>
・ 取引先から原材料価格の値上げ分を認められる一方で、加工賃のコストダウ
ン要請があり、価格転嫁は減殺される。【金属プレス】
<燃料費高騰分が負担されない例>
11
・ 燃料価格高騰に伴い、運送コストが従前想定して金額を上回ったため、燃料
費高騰分を運送コストとして取引先に請求・交渉を持ちかけているが、全く
無視されている。【熱処理、金属プレス】
原材料等の値上がりや、環境保護等のための規制の強化に伴うコスト増が、
委託事業者に認められず、一方的に従来の価格での納入を求められることがあ
る。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、このように、委託事業者(親
事業者)が一方的に従来の価格での納入を要求した場合、下請法第 4 条第 1 項
第 5 号の買いたたきに該当するおそれがある。したがって、取引価格について
は、コスト計算等に基づき、下請事業者と親事業者が十分な協議を行って決定
する必要があるということに留意が必要である。
1.7 親事業者の予算単価・価格による一方的な契約単価・価格の要求
<親事業者の予算価格を一方的に要求され、コストを踏まえた価格に変更して
もらえない例>
・ 仕様書が変更され、見積時の数量がダウンしたり、設計変更のためにコスト
アップしたりした場合でも、見積時点で予算が全部決まりユーザーの社内で
承認が終わっているので、単価変更してもらえない。【金属プレス】
・ 取引先の品質要求が厳しくなり、従来に対して検査工数、不良率が増えても、
価格が同一のままになっている。【鍛造】
<製品の仕様や品質が異なるにもかかわらず、海外等の価格を基準に、値引き
が要請される例>
・ 中国製の鋳造品に多尐欠陥があっても返品が不可能なために、ユーザー側は
(場合によってはユーザー側で更なる加工や補修を施した上で)その中国製
品を使用する一方で、日本製の鋳造品について、過剰なまでの品質要求をす
るという「品質のダブル・スタンダード」の存在が指摘されている。にもか
かわらず、ユーザーの社内で統一単価が決まっているため、中国と日本で同
じ単価を求められる。【鋳造】
・ 見積書作成の際、取引先から、そもそも仕様が異なる中国等の海外製金型の価
格や取引先が独自に算定した価格を引き合いに、値引きが要求される。【金型】
<取引先の要求額により、一方的に価格決定される例>
12
・ 単価は自社で決められず、取引先の要求額で見積書を提出させられる。【鋳
造】
<購買担当者が価格の安さのみを追求して、値引きを要求する例>
・ 金型の内製部門を持っている取引先は、それぞれ自社で金型を製作する場合
のコストを基準に発注するので、一方的な値引き要求はしないケースが多
い。その一方、内製部門を持っていないユーザーは、購買担当者が安さだけ
を追求して、一方的な値引き要求をするケースもある。【金型】
<定期的な値下げ要求がある例>
・ 定期的に、取引先の期末に併せて、親事業者の利益確保を目的とした一方的
な価格見直しの要請がある。【鋳造、鍛造、非鉄金属鋳物、熱処理】
<合理的な原価低減率を超えた水準を要求する例>
・ 原油の高騰に伴い、熱処理の際に使用する冷却用の油や燃料費等が上昇して
いるが、年に 2 回の定期的な価格の見直しは、従来と同じ水準での原価低減
を要求されている。【熱処理】
<取引先の原価低減目標を理由に原価低減が要請される例>
・ 半期毎に原価低減の要請があり、当社の合理化実態とは関係なく、顧客の原
価低減の目標値近辺に達するまで価格合意してくれない。【鍛造】
<発生した問題に比べて、過大な補償額を要求される例>
・ 熱処理加工中又は納入した製品に不具合が発生した場合、部品加工の最終工
程にある熱処理工程が原因と特定されていないにもかかわらず、その製品に
関わった今までの全てのコストを請求され受注価格の100倍近い請求を
受けたことがある。【熱処理】
<取引先の都合によるコスト増が負担されない例>
・ 当初の発注内容にはなかった遠方のユーザーへの金型納品にかかる運送費
及びユーザーの要請による金型設置の際の立ち会いのために派遣する人件
費、出張経費を支払ってくれない。【金型】
委託事業者が、自社の予算単価・価格のみを基準として、受託事業者にその
単価・価格での納入を要求することがある。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、委託事業者(親事業者)の予
13
算単価のみを基準として、一方的に通常支払われる対価より低い単価で下請代
金の額を定めることは、下請法第 4 条第 1 項第 5 号の買いたたきに該当するお
それがある。また、発注後に親事業者が予算単価・価格に基づき一方的に代金
を減額することは、下請事業者に責任がないのに下請代金を減額することを禁
止した下請法第 4 条第 1 項第 3 号の代金減額にあたり、下請法違反となるので、
委託に当たっては留意が必要である。
1.8 受領拒否
<取引先における受入れ体制の未整備により、受領してもらえない例>
・ 発注書に指定された納品日に発注元に電話をかけたところ、
「担当者不在で
今日は受け取れない」と言われた。交渉したが結局受け取ってもらえなか
った。【金型】
・ 受け取り場所がいっぱいであることを理由に、納入予定期日に受領しても
らえない。【鋳造】
<受領拒否により、損害分が支払われない例>
・ 下請事業者に責任がないにもかかわらず、親事業者が製品を受領せず、下
請代金が支払われない。【鋳造】
ある製品の発注を受け、委託事業者に当該製品を納入しようとしたところ、
例えば「急遽担当者が休暇を取ってしまい、受領できない」などとして受託事
業者が納入拒否にあうことがある。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、このように、委託事業者(親
事業者)が下請事業者に対して委託した給付の目的物について、指定された納
期に下請事業者が納入してきた場合、下請事業者に責任がないのに親事業者が
受領を拒むと、下請法第 4 条第 1 項第 1 号の受領拒否にあたり、下請法違反と
なるので留意が必要である。
1.9 分割納品
<発注された製品が全て納品されないと検収されない例>
・ 農機メーカーに納入しているが分納検収が認められない。すなわち、メーカ
ーに要請されて数回に分けて納入する製品について、全部が納入されないと
検収が上がらず、代金が支払われない。【鍛造】
14
・ 取引先からジャストインタイム方式による納入の指示があるため、分割納品とな
るが、検収は、あくまで発注オーダーの完納後となる。【熱処理】
<未納品分を保管しなければならない例>
・ 取引先から大きなロットの加工を依頼され、部品が入荷されるが、納品は小
ロットに限定され、その間、未納品分は預かりとなり、その保管費は支払わ
れない。【熱処理】
ジャストインタイム生産方式の普及に伴い、委託事業者が、受託事業者に発
注し量産させた製品を一括納入させず、何度かに分割して納入させることがあ
る。ところが、代金支払については発注した製品が全て納入されてからでない
と行われない場合がある。例えば、4 月 30 日、5 月 31 日、6 月 30 日に納品す
ることとし、6 月 30 日の最終納品後、7 月に下請代金が支払われるような取引
が存在する。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、下請法第 4 条第 1 項第 2 号に
より、委託事業者(親事業者)は物品等を受領した日から起算して 60 日以内に
おいて、かつ、できるだけ短い期間内に定めなければならない支払期日に下請
代金を全額支払わないと下請法違反となる。親事業者が分割納品を行わせる場
合、給付の受領はその都度発生するので、代金はそれぞれの納品日から起算し
て下請法に基づき定めなければならない支払期日に支払わなければならないの
で、留意が必要である。
1.10 検収遅延
<取引先の設計変更により、検収がなされず、代金が支払われない例>
・ 金型において、途中で改造が入ると大半が検収上がりにならない。メーカー
によってはいつまでも検収を延ばすところがあり、納入期日から2ヶ月位は
平気で伸びる。【金型】
・ 設計変更が確定しなければ検収が上がらず支払が発生しない。金型引渡し後
2 年間支払がないケースもある。【金型】
<検査不十分という理由で、検収が引き延ばされ、代金が支払われない例>
・ 鋳造製品の代金と木型の代金を別にして見積りを出し、ユーザーが木型の所
有権を持つ場合がある。初回の製品納入では、鋳造製品分の代金は支払われ
るが、木型分の代金については、ユーザーは「製品に組み込んでみないと不
15
具合が分からない」という理由で検収を引き延ばし、支払がなされない。
【鋳
造】
・ 金型納品後、検収名目で数千、数万の金型による製品加工が行われているが、
それでも検収が終了していないとして、取引先が金型代金を支払ってくれない。
【金型】
<取引先の検収基準が明確でない例>
・ 受注した金型が完成して取引先の検収後、取引先が持ち帰って打つと不具合
が生じて、修正依頼が来るなど、取引先の検収基準が明確ではなく、やり直
しが生じたりする。【金型】
<取引先から指定された発注図面に問題があっても、図面通りでなければ検収
がなされない例>
・ 発注図面から不具合発生が予想されるケースもあるが、図面通りでなければ
検収で OK が出ないので図面通り作る。そして、ユーザーが使い始めると不
具合が生じ、作り直しを要求される、という例が見られる。【鍛造】
<設計変更等による追加代金が支払われない例>
・ 設計変更に対して代金の支払がないケースが多い。当初単価よりも多いとき
には 2 割~3 割上乗せで鋳造メーカー負担となる。【鋳造】
・ 設計変更、発注数量の変更があっても、追加金型代は全ては支払われない。
【鍛造】
<支払開始、支払完了までの期間が長期化している例>
・ 製品代に金型費用を分割上乗せして支払うようにしているため、例えば2年
間かけて発注側に製品を納める場合、24 ヶ月で支払完了となる。【金属プレ
ス】
鋳造・鍛造・金属プレス等に必要となる金型・木型・その他の型(以下、
「型」
という。)を検収する際には技術的な判断が難しく、何度もやり直しを行うこと
がある。また、技術的観点から金型の試験中であるとしながら、実際には既に
金型を使った製品製造を行っている例もある。この際、検収が終了していない
として、委託事業者が代金を支払わない場合がある。
また、素形材製品を納める場合においても、製品検収が終了していないこと
を理由として、委託事業者が代金を支払わない例がある。
しかしながら、下請法の適用対象となる取引を行う場合には、下請法第 4 条
16
第 1 項第 2 号の規定により、委託事業者(親事業者)は、検収が終わるか否か
を問わず、金型を受領した日から起算して 60 日以内において、かつ、できるだ
け短い期間内に定めなければならない支払期日に下請代金を全額支払わないと
下請法違反となるので留意が必要である。また、検収の結果、無償で下請事業
者にやり直しを求める場合においては、納品されたものが三条書面に記載され
た給付の内容(仕様等)を満たさず、その原因が下請事業者の責めに帰すべき
ものであることが必要である。三条書面に記載された給付の内容が明確でない
場合に、必要な追加費用を親事業者が負担することなくやり直しをさせると、
下請法第 4 条第 2 項第 4 号にいう「不当なやり直し」にあたり、下請法違反と
なるおそれがあるので、この点にも留意が必要である。
さらに、親事業者が、必要な追加費用を親事業者が負担することなく、給付
の受領以前に発注内容の変更(設計変更等)を行った場合もやり直しの考え方
と同様である。なお、下請法で認められているやり直し又は給付内容の変更に
ついては、下請事業者の責めに帰すべき理由がある場合であって、かつ、通常
の検査で直ちに発見できない瑕疵があるときには、原則として1年以内に限っ
てやり直させることが認められているが、1年を超えた後にやり直させると下
請法違反となるので注意が必要である。
1.11 型保管費用の負担
<型保管費用が負担されない例>
・ あるダイカストメーカーは、2,000 個弱保有する金型のうち、量産終了後も
追加発注に対応するために保管し続けている金型が 1/3 弱を占めている。こ
うした金型は量産が終了しているため注文もほとんどなく、利益につながら
ないものであるが取引先から継続保管を求められている(中には 20 年以上
前に製造された金型もある)ため、廃棄やユーザーへの返却ができない。ダ
イカスト用金型は大型の物が多く、金型保管のために倉庫を借りて保管する
企業も多いが、無料で保管を引き受けているケースがほとんどである。金型
保管コストは、金型を保管する土地・建物コストのほか、火災保険料、メン
テナンス作業費用、遠方倉庫に保管する場合の金型輸送費等、多岐にわたる。
【ダイカスト】
・ 旧型のサービスパーツの補給が多く、2,000 型くらい保管しており、10 年が
最低期間である。古い型式の車を海外へ出し CKD とする場合、CKD の量産
が終わって 10 年まで、つまり国内生産が終わってから最低 15 年程度保存し
ておかなければならない。保管にかかる費用は支払われない。
【金属プレス】
17
・ 木型保管の問題もある。ユーザー所有の預り品として木型の保険料・保管料
をメーカーが負担しているが、ユーザーからの保管料はほとんど受領できて
いない。【鋳造】
<型の廃棄や取引先への返却が認められない例>
・ 型の問題については、10 年以上は保管が必要で、大変な量を抱えている。
ユーザーに処分依頼をしてもなかなか認められない。【鍛造】
・ 取引先からは最低 10 年間の型保管は当たり前と言われている。ところが量
産品と補給品との区別がはっきりしない物も多く、取引先に問い合わせても
担当もわからないと言われ、また、客先にリストを送り、要、否の判定をお
願いしているが、回答がこない【鍛造】
型の所有者は、委託事業者である場合と受託事業者である場合の二通りであ
るが、いずれにしても、量産後の補給品の支給等に備えて委託事業者が受託事
業者に対し、型の保管を要請することがある。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、委託事業者(親事業者)が長
期間にわたり使用されない補給品の金型を下請事業者に無償で保管させること
は、下請法第 4 条第 2 項第 3 号の不当な経済上の利益の提供要請にあたり、下
請法違反となるおそれがあるので留意が必要である。
1.12 図面・ノウハウの流出
<図面を無断転用された例>
・ ユーザーが金型見積りとしていろいろな金型メーカーから金型構造図を集
め、最も見積りが安いメーカーへ別のメーカーの図面を使って発注すること
がある。図面を転用されたメーカーには何も支払われない。【金型】
・ 取引上、QC 工程表を作成し、親事業者に見せて承認をもらわなければなら
ず、どういうふうに作っているか親事業者が全て把握している。その結果、
親事業者が海外に工場を移転した場合には、そのノウハウに基づいて同じ管
理をしてしまう例がある。【金属プレス】
・ 中国、東南アジアへ海外移転が進み、鋳物がたくさん出た。作業要領書や
QC 工程表を提出後、海外から全く同じ造り方のものが入り、不信感を持っ
たこともある。【鋳造】
・ ユーザーの図面引渡し要求も大きな問題である。三次元データまで要求され
る例もあり、転用されて同じものを作られたこともある。【金型】
18
・ 製品受注の際に、「製造・検査方案書」の提出を取引先から要求される場合
が多い。後日、取引先は同製品を国内外問わず入札を行うことがあり、各社
に配布する技術資料の中に当社が提出した方案書のコピーが添付される事
がある。【鍛造】
<取引先が顧客のデータを用いて、特許権を取得した例>
・ 顧客の新部品開拓ニーズに対して工法を提案し、ユーザーがノウハウに関す
るデータを欲しがるので開示すると、特許申請時にはユーザーが既に申請済
み、という例がある。【熱処理】
<図面の無償提供を要求された例>
・ 金型納品後に、発注書面の給付内容に金型図面の提供の項目がないにも関わ
らず、取引先から金型図面の無償提供の要求があった。【金型】
図面・ノウハウの流出それ自体が下請法により規制されるものではないが、
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、部品・金型の製造委託を行った
際に、発注書面上の給付の内容に金型の図面や製造ノウハウが含まれていない
にもかかわらず、金型の納入に併せて当該図面を無償で納品するよう要請した
場合には、下請法第 4 条第 2 項第 3 号の不当な経済上の利益の提供要請の禁止
に該当するおそれがあるので留意が必要である。図面やノウハウを提供させた
いという場合には、別途対価を支払って買い取るか、又はあらかじめ発注内容
に金型の図面を含むことを明らかにし、当該図面を含んだ対価を下請事業者と
の十分な協議の上で設定する必要がある。
1.13 発注時の数量と納品数量の食い違い
<発注時の数量に満たない数量で納品が止まり、残りの発注分が取り消される
例>
・ 生産計画の変更等により、発注時には例えば 1,000 個納入だったのものが、
500 個納入したところで納入止めとなり、発注が取り消されることがある。
【鋳造】
<型費の支払いがなされない例>
・ 鋳造製品の代金と木型の代金を別にして見積りを出し、ユーザーが木型の所
有権を持つ場合がある。初回の製品納入では、鋳造製品分の代金は支払われ
19
るが、木型分の代金については、ユーザーは「製品に組み込んでみないと不
具合が分からない」という理由で検収を引き延ばし、支払がなされない。
【鋳
造】
<製造中断についての取り決めが曖昧な例>
・ 製造中断についてのリスク負担等の取り決めが曖昧である。発注元がリスク
を負いたくないために、意識的に曖昧にしている場合もある。【非鉄金属鋳
物】
<取引先の都合が優先された納入方式が採用されている例>
・ 取引先が、一定の数量の製品を発注しておきながら、取引先の受注動向によ
って、発注数量を下回る納入指示票が出されるため、自社だけに製品製造コ
ストに関するリスクが生じる。【金属プレス】
<取引先に再見積が認められない例>
・ 発注数量が減尐した場合、再見積を行うものの、取引先に認められないケー
スがある。【鍛造】
<急激な生産増加による費用増に苦慮している例>
・ 長期生産計画が大幅に増加した場合、設備増強が間に合わず、外注手配等で
対応するため、製造費用がコストアップになる場合がある。しかし、コスト
アップの分は取引先から費用として認められない。【鍛造】
委託事業者が、一定の数量の製品を発注しておきながら、生産計画の変更等
により、当初予定数量に満たない数量で一方的に発注を中断することがある。
この場合、例えば受託事業者が製品製造のために型を調達し、その費用を製品
単価に上乗せ計上していると、発注数量に満たない発注では、金型費用が回収
できなくなる。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、委託事業者(親事業者)が、
必要な費用を負担することなく、発注時に決定した数量を下回る納品数量で発
注を中断した場合、下請法第 4 条第 2 項第 4 項の不当な給付内容の変更に該当
するおそれがあるので留意が必要である。
同時に、発注が中断され、親事業者が下請事業者に対し発注に定めた下請代
金を下回る代金しか支払わなかった場合、下請法第 4 条第 1 項第 3 号の「代金
減額」に当たり、下請法違反となる。
なお、親事業者が下請事業者に対し型の製造を委託し、これを受領した場合
20
には、型についても受領後 60 日以内において、かつ、できるだけ短い期間内に
定めなければならない支払期日に下請代金を全額支払う必要があり、この支払
期日を超えた日に型代金を部品代金に上乗せして分割して支払うことは支払遅
延に該当する。
1.14 有償支給材の早期決済
<加工費と材料費との決済時期の重複により、資金繰りに影響している例>
・ 業界的には有償支給が一番の問題であると言われる。熱処理代は 5~10%と
言われ、締め直前に翌月の有償材料が入ってくると、一ヶ月分の熱処理加工
費がその決済で飛んでしまい、ひと月何をしたかわからない状態になる。
【熱
処理】
・ 有償支給は自動車など大手ユーザーに多いが、材料支給が当月、熱加工製品
の納品が翌月のような場合がある。また、当月支払われた熱加工費が、来月
加工するものの材料費の支払で相殺されて入金がゼロまたはユーザーへの
支払が発生するというケースもある。【熱処理】
・ 支給材ロット数が当月の注文量より大きい場合、発注先に要請しても支給材
ロットを小さくできず、注文量に見合った原材料の支給が行われず、早期決
済になる部品がある。【金属プレス】
・ 取引先の生産ロットの都合で、一度にまとまった量の有償支給材を押しつけ
られ、翌月一括決済で代金を支払っている。これを納入し終わるのに数ヶ月
かかる場合がある。【熱処理】
受託事業者が委託事業者から加工対象物を有償で支給され、それに加工を行
い委託事業者に納入する場合があるが、その有償支給材を実際の加工時期より
も早期に支給されるために、委託事業者が、加工対象物を納入した後の代金受
領よりも、有償支給材の代金を早期に決済することを求められることがある。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、下請法第 4 条第 2 項第 1 号に
より、親事業者が支給した有償支給材の代金を、これを用いて製造した製品の
下請代金よりも早く支払わせることは下請法違反となるので留意が必要である。
1.15 長期の手形交付
<長期手形が交付される例>
・ 依然として、150 日や 180 日といった手形が交付されることがある。
【金型】
21
・ 商習慣により、手形サイトは短くて 90 日、通常 120~150 日ある。長期化
する場合、187 日手形が交付されたことがある。【鋳造】
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、下請代金の支払は金銭による
ことが原則である。一方、手形による支払も認めてはいるが、著しく長いサイ
トの手形など、割引困難な手形の交付は、下請事業者の資金繰りに多大な悪影
響を与えるため、下請法 4 条 2 項 2 号により禁止されている。具体的には、手
形サイトは 120 日以内とするよう、
「下請代金の支払手形のサイト短縮について」
(昭和 41 年 3 月 11 日、公正取引委員会事務局長及び中小企業庁長官による通
達)により定められているので、留意が必要である。
1.16 その他
<取引先から業界標準に準拠していない固有のEDIのソフトウェアや端末の
導入を求められる例>
・ 受注情報の入手や納期回答を行うためのシステムであるEDIについて、取
引先から業界標準に準拠していないWebEDI(ソフトウェアやサービ
ス)やEDI専用端末の導入を求められた結果、①取引先ごとにシステムの
月額使用料を徴収され膨大な費用負担を強いられる、②受注情報がデータで
提供されないため社内システムに直接取り込めず印刷と手入力という無駄
が発生する、③データ提供されていたとしても業界標準に準拠していないた
め複雑な変換プログラムを開発しない限り社内システムに取り込めない、④
IDやパスワードを取引先ごとに入力する手間が生じる、⑤取引先ごとに膨
大な量の指定の専用帳票の保管を強いられる、などの負担が発生している。
加えて、取引先の仕様に基づいたWebEDIを導入しているにもかかわら
ず、図面や仕様書がFAXで送られてくることがあるため、受注情報との整
合ミスを誘発する、図面などの一部がつぶれてしまうために加工ミスにつな
がるなどの問題が発生している。
【金属プレス、熱処理、金型、鋳造、鍛造】
委託事業者が、自社の生産効率化のため、自社システムと連動した形で受発
注取引が行えるよう自社固有のWebEDIやEDI端末の導入を受託事業者
に対して要求するケースがある。また、納品の際に他社の取引に流用できない
専用帳票による納品書の添付を要求するとともに、専用用紙の買い取りと保管
を求めているケースがある。
委託事業者が受託事業者に対して、自己の指定する固有の情報システムでの
取引や専用帳票の買い取りや使用を要求することは、下請法第 4 条第 1 項第 6
22
号の自己の指定する物や役務を強制して利用させる行為に該当するおそれがあ
るので留意が必要である。
23
2. 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律上の留
意点
1.で述べたように、下請法が資本金・出資金により区分される親事業者・
下請事業者間の取引にのみ適用されるのに対し、私的独占の禁止及び公正取引
の確保に関する法律(以下、「独占禁止法」という。)は、事業者の規模を問わ
ず、事業者が不公正な取引方法を用いることを禁じている。
不公正な取引方法の内容は、公正取引委員会の告示(「不公正な取引方法」昭
和57年公正取引委員会告示第15号。以下「一般指定」という。)により指定
されているが、そのうち、優越的地位の濫用とは、例えば、事業者が、自己の
取引上の地位が相手方に優越していることを利用して、正常な商慣習に照らし
て不当に、以下のような行為をすることをいう(一般指定第14項)。
・ 継続して取引する相手方に対し、自己のために金銭、役務、その他の経済上
の利益を提供させること。(一般指定第14項第2号)
・ 相手方に不利益となるように取引条件を設定し、又は変更すること。(一般
指定第14項第3号)
・ それらのほか、取引の条件又は実施について相手方に不利益を与えること。
(一般指定第14項第4号)
取引上優越した地位にある場合とは、取引の相手方にとって当該事業者との
取引の継続が困難になることが事業経営上大きな支障を来すため、当該事業者
の要請が自己にとって著しく不利益なものであっても、これを受け入れざるを
得ないような場合である。取引上優越した地位にあるかどうかの判断に当たっ
ては、当該取引先に対する取引依存度、当該取引先の市場における地位、取引
先の変更可能性、事業規模の格差、商品の需給関係等が総合的に考慮されるこ
ととなる。
他の事業者に製品の製造を委託する事業者が、受託している事業者に対し、
取引上優越した地位にある場合に、
「1. 下請代金支払遅延等防止法上の留意点」
の各項に示されたような取引を行った場合には、それが下請法の適用対象とな
らない場合であっても、優越的地位の濫用として独占禁止法上問題を生じやす
い。
ユーザー産業及び素形材産業は、現在行っている取引が優越的地位の濫用に
当たるかどうかを自ら点検していくことが必要である。
24
(参考1) 取引ガイドラインフォローアップ調査結果より
平成20年3月に実施した取引ガイドラインフォローアップ調査では、素形
材企業に「無理な要請を受けてでも発注元との取引を継続しなければならない」
と考える取引先について尋ねたところ、下請法の対象外となる資本金規模の企
業を回答する割合も高かった。とりわけ、自社・発注元ともに「1,000 万円超~
3 億円以下」及び「3 億円超」規模である場合に顕著となっている。
【無理な要請を引き受けてでも発注元との取引を継続しなくてはならない素
形材産業事業者の資本金と、発注元の資本金とのクロス集計】
[複数回答:資本金 ①1,000 万円以下:116 社、②1,000 万円超~3 億円以
下:381 社、③3 億円超:73 社]
自社
発注元
1,000万円以下
1,000万円超
~3億円以下
3億円超
下請法に該当し
ない
合 計
9
13
2
24
100.0
1,000万円超
~3億円以下
64
126
8
198
67.7
3億円超
69
306
72
447
16.1
合 計
142
445
82
669
-
下請法に該当しない
取引(%)
6.3
-
-
1,000万円以下
31.2
100.0
※下請法に該当しない取引。230件(214社)の回答あり。
下請法の対象外となる214社(37.5%)の取引のうち、230件(34.4%)
において、優越的地位の濫用の問題事例が発生するおそれがある。
(参考2)不公正な取引方法に係る経済産業省と公正取引委員会との協力スキ
ームの構築
不当廉売や優越的地位の濫用など中小企業に不当な不利益を与える「不公正
な取引方法」について、独占禁止法に基づき適切に対応することが重要である。
こうした「不公正な取引方法」について、迅速かつ効果的に調査・取締りを行
うためには、公正取引委員会が行う情報収集や審査に対して、中小企業や所管
業界の実態に知見を有する経済産業省が協力していくことが有効である。以上
を踏まえ、経済産業省と公正取引委員会との間で、平成20年3月25日から
協力スキームを構築し、運用を開始することとした。
本協力スキームのもとでは、経済産業省が独占禁止法の「不公正な取引方法」
25
に該当する疑いのある事案に接した場合、その内容を精査した上で、公正取引
委員会に通報を行う。また、公正取引委員会が行う情報収集や審査においても、
経済産業省は必要に応じ、情報提供や人員の面での協力を行っていく。
26
不公正な取引方法に係る協力スキームについて
公正取引委員会と経済産業省は、不公正な取引方法に係
る違反被疑行為に係る情報を効果的に収集し、機動的に調
査・処分を行うため、別添のとおり、「不公正な取引方法
に係る協力スキーム」を構築し、これを円滑に運用するた
めに協力していくこととする。
平成20年3月25日
経 済 産 業 大 臣
甘 利
明
公正取引委員会委員長
竹 島
一 彦
27
不公正な方法に係る協力スキーム
(公正取引委員会と経済産業省との協力スキーム)
1 目的
不公正な取引方法に係る違反被疑行為(以下「違反被疑行為」という。)に係る情報を
効果的に収集し,機動的に調査・処分を行うための公正取引委員会と経済産業省との協力
体制を構築する。
2 違反被疑行為の情報収集に係る協力
(1) 公正取引委員会及び経済産業省は,不公正な取引方法に係る情報の積極的把握に努め
る。
(2) 経済産業省は,違反被疑行為に係る情報に接した場合には,違反被疑行為に係る事実
を特定し,周囲の事業者の状況など周辺情報を収集し,必要に応じて,公正取引委員会
に通報する。
(3) 中小企業庁は,接した情報を精査し,事案の重要性・情報の確度に応じて,公正取引
委員会に対し中小企業庁設置法に基づく措置請求を行う。措置請求制度を活用していく
ために,中小企業庁は公正取引委員会の協力を得て、必要な事務処理手続規定の整備を
行う。
(4) 公正取引委員会は,自ら申告を受け又は探知した事案並びに(2)の通報及び(3)の措置
請求を受けた事案について,その内容に応じて,申告人等に対する所要の調査を行う。
当該調査に際して,公正取引委員会は,必要に応じて,独占禁止法41条に基づき経済産
業省に調査を嘱託する。嘱託を受けた経済産業省は,法令上の適切な権限に基づき,速
やかに調査を行い,結果を公正取引委員会に報告する。
(5) 公正取引委員会は,(4)により調査を嘱託した経済産業省から報告された調査結果が,
関係者の協力拒否等により,嘱託の所期の目的を達していないと認める場合は,自ら所
要の調査を行う。
3 違反被疑行為の審査に係る協力
(1) 経済産業省は,あらかじめ又は公正取引委員会の要請に応じて,公正取引委員会が行
う違反事件審査等に協力するための要員を確保する。
(2) 公正取引委員会は,自ら申告を受け又は探知した事案並びに2(2)の通報及び(3)の措
置請求を受けた事案を処理するため,経済産業省と協議の上,実際に違反事件審査等に協
力する要員について,公正取引委員会事務総局に併任発令を行う。
(3) 公正取引委員会は,上記2で情報を収集した事案について,違反事件審査を行う必要
があると判断した場合,関係人等に対する所要の調査を行う。当該調査に際して,公正取
引委員会は,必要に応じて,上記(2)の併任者を指揮して調査を行う。
4 連絡会議
公正取引委員会と経済産業省との協力を円滑に進めるため,連絡会議を設置する。
28
3. 中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律上
の留意点
平成 18 年 6 月に施行された「中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関す
る法律」の第 10 条は、「研究開発の取扱いに係る取引慣行の改善」を国の施策
として推進することとしている。素形材産業における改善を要する取引慣行に
おいては、研究開発の成果に対し正当な評価を与えて取り扱うことが、法律の
考え方を踏まえた取引に不可欠である。
3.1 重量に基づく値決め
<重量単価が適用され、部品の軽量化により、価格が減尐してしまう例>
・ ある自動車部品鋳造メーカーは、自動車のモデルチェンジに当たって、鋳造
部品の性能向上のため、軽量化(5.8kg→4.1kg)を実現。この軽量化実現の
ため、鋳物の薄肉化や中空化などのより高度な鋳造技術が求められるが、取
引価格の決定が鋳物の重量ベースであったため、鋳造部品の取引価格は軽量
化後に 67%に減尐してしまった。【鋳造】
<複雑形状の部品であっても、単純形状の部品と同じ重量単価が適用されてい
る例>
・ ある中小の鋳造メーカーでは、工作機械用の鋳造部品を大手工作機械メーカ
ーに納入しているが、その取引価格は「キログラム当たり○百円」というよ
うな重量ベースで行うことが多く、単純な形状の鋳物(手間が係らず、不良
率も低い)であっても、複雑な形状の鋳物(手間が係り、不良率も高い)で
あっても、同程度の重量単価となることがある。【鋳造】
<工数、ノウハウ等が反映されない重量単価が適用されている例>
・ 工作機械、船舶部品の自由鍛造など、大物で数が尐ないものに重量取引慣行
がある。【鍛造】
・ かなりの量がキログラムで取引されている。外形上は一品一品の製品を、い
ろいろなファクターを考慮して見積りを行い、価格の交渉も一品ごとで行う
が、最後にキログラムベースの話になる。我々の業界体質の問題かもしれな
いが、適切な価格かどうか自信がないため、こういった慣行が継続している
29
ように思われる。【鍛造】
・ 個別工程の原価構成で見積もるが、最終的には 100 円~350 円/kg など重量
計算される。軽量化による加工技術の値段が認められるかどうかは、結局力
関係次第である。【鋳造】
・ 重量取引慣行がある。重要部品で全数検査が前提でも重量取引されており、
コスト差がない。見積時点では重量ではなく、工程ごとに見積りを行う。し
かし、最終的にはキログラム換算していくらと算出し、従来価格との比較に
なる。【鍛造】
鋳造品や鍛造品の取引において、取引単価を重量に応じて決定する「重量取
引」がなされることがある。
しかしながら、重量取引は、企業の研究開発意欲を阻害する。取引単価が重
量によって決定されると、例えば、強度を維持しつつ製品重量を軽減しようと
工夫すると取引単価が下がってしまう。また、後工程での加工を不要にするた
めに複雑形状の鋳造品を開発しても、重量が同一の場合、単純形状の鋳造品と
取引単価が変わらないことになる。
企業の研究開発の成果を正当に評価し、研究開発意欲を阻害しない取引慣行
を形成することが必要であり、重量取引は一般的には行うべきではない。
3.2 図面やノウハウの流出
<図面を無断転用された例>
・ ユーザーが金型見積りとしていろいろな金型メーカーから金型構造図を集
め、最も見積りが安いメーカーへ別のメーカーの図面を使って発注すること
がある。図面を転用されたメーカーには何も支払われない。【金型】
・ 取引上、QC 工程表を作成し、親事業者に見せて承認をもらわなければなら
ず、どういうふうに作っているか親事業者が全て把握している。その結果、
親事業者が海外に工場を移転した場合には、そのノウハウに基づいて同じ管
理をしてしまう例がある。【金属プレス】
・ 中国、東南アジアへ海外移転が進み、鋳物がたくさん出た。作業要領書や
QC 工程表を提出後、海外から全く同じ造り方のものが入り、不信感を持っ
たこともある。【鋳造】
・ ユーザーの図面引渡し要求も大きな問題である。三次元データまで要求され
る例もあり、転用されて同じものを作られたこともある。【金型】
・ 製品受注の際に、「製造・検査方案書」の提出を取引先から要求される場合
30
が多い。後日、取引先は同製品を国内外問わず入札を行うことがあり、各社
に配布する技術資料の中に当社が提出した方案書のコピーが添付される事
がある。【鍛造】
<取引先が顧客の図面・ノウハウを用いて、特許権を取得した例>
・ 顧客の新部品開拓ニーズに対して工法を提案し、ユーザーがノウハウに関す
るデータを欲しがるので開示すると、特許申請時にはユーザーが既に申請済
み、という例がある。【熱処理】
・ 素形材メーカーとユーザー企業による共同開発の成果をユーザーが単独で
特許出願してしまう例がある。【鍛造】
<図面の無償提供を要求された例>
・ 金型納品後に、発注書面の給付内容に金型図面の提供の項目がないにも関わ
らず、取引先から金型図面の無償提供の要求があった。【金型】
金型図面の流出に関しては、経済産業省は既に「金型図面や金型加工データ
の意図せざる流出の防止に関する指針」(平成 14・06・12 製局第 4 号)を発出
している。しかしながら、一定の改善は見られるものの、依然として意図せざ
る金型図面の流出が存在する。
金型メーカー及びユーザーは、本指針を十分に認識し、再度自社の行動が指
針に合致しているかを確認することが求められる。
また、不正競争防止法による保護も有効である。この際、
「営業秘密管理指針」
(平成 15 年 1 月 30 日・平成 17 年 10 月 12 日改訂)に示された要件を満たす
よう、素形材産業においてはノウハウ等を十分に管理しなければならない。
そのほかにも、熱処理業界においては、ヒートチャートや工程管理表のユー
ザー産業からの流出が発生している。研究開発の成果については、これを正当
に評価し、研究開発意欲を阻害しないよう取り扱うことが必要である。
31
第2章
望ましい取引慣行とベストプラクティス
1. 取引慣行改善に向けた望ましい取引例
第1章「1.下請代金支払遅延等防止法上の問題点」から「3 中小企業のものづ
くり基盤技術の高度化に関する法律上の問題点」で取り上げた事例は、素形材
産業において指摘される問題の数々である。これらを解消して競争力のある製
造業を目指すため、以下に第1章の 1.から 3.の事例番号に対応する形で望まし
い取引例を示す。
「1.3 補給品の支給」への対応
量産の終了した補給品の製造委託契約を結ぶ場合、原材料費及び型製造費な
ど量産時とは異なる条件を加味しながら素形材企業・発注企業が十分に協議を
行い、合理的な製品単価を設定することは、我が国製造業の競争力の観点から
見て望ましい。発注企業の補給品に対するコスト意識によって製造計画の効率
化に資するからである。
また、こうした望ましい取引を実践するためには、量産時における当初の契
約の際に、補給品支給の具体的期間などについて合意を定めておくことが重要
である。
「1.4 分割納品時の運賃負担」への対応
委託代金に含まれる製品の運送経費について、1回の発送量や運搬形態など
の条件を加味しながら委託事業者・受託事業者が十分に協議を行い、合理的な
経費を設定することは、我が国製造業の競争力の観点から見て望ましい。
「1.5 見積時の予定単価による発注」への対応
見積りにおける納入見込み数が発注時に大幅に減尐するなど、製品単価が変
動する状況が発生した場合は、委託事業者・受託事業者が十分に協議を行い、
32
合理的な製品単価を再設定することが望ましい。製品の生産数量が変動すれば、
必要となるコストも変動するため、当該製品の製造単価が変動することは合理
的である。
「1.6 原材料等のコスト増の転嫁」への対応
原材料等の値上がりや、環境保護等のための規制の強化に伴うコスト増に対
応するため、今後の経費動向などを踏まえた明確な算出根拠に基づいて、委託
事業者・受託事業者が十分に協議を行い、合理的な製品単価を設定することは、
我が国製造業の競争力の観点から見て望ましい。経費を負担する主体を明確に
することによって、コスト管理能力の向上に資し、また原材料高騰の影響を最
小限に抑えようとする両事業者の工夫を引き出す可能性があるからである。
「1.7 委託事業者の予算単価・価格による一方的な契約単価・価格
の要求」への対応
製品の単価・委託代金について、品質や返品の対応などの条件を加味しなが
ら委託事業者・受託事業者が十分に協議を行い、合理的な製品単価を設定する
ことは、我が国製造業の競争力の観点から見て望ましい。品質に応じた対価が
保証されることによって、素形材企業に対し、より高付加価値製品開発のイン
センティブを与え、ひいては最終製品の品質向上に資するからである。
また、発注企業においては、社内の技術担当及び調達担当の連携を密にし、
予算付けの根拠となる見積書が予定する仕様や発注量を真に反映したものであ
ることを確認した上で、社内の予算承認を得ることが重要である。
「1.8 受領拒否」への対応
製品の納入日について、委託事業者・受託事業者が日程について十分な協議
を行い、確実に納入できる日を書面で定め、親事業者が製品を受領できる態勢
を確保することは、我が国製造業の競争力の観点から見て望ましい。検収と併
せて日程を管理することで、生産管理の効率化に資するからである。
「1.10 検収遅延」への対応
技術的に難しい型の検収を、効率よく、また下請法に違反しない形で終わら
せるには、まず、発注時の仕様と検収基準を明確にすることが望ましい。また、
33
あらかじめ検収に必要な期間を明確に定め、その期間内に検収を終了させるよ
うにすることが望ましい。
「1.11 型保管費用の負担」への対応
型の保管は、柔軟な生産体制の構築のためにメリットがある面もある。
委託事業者は、型の所有権が委託事業者・受託事業者のいずれに帰属するか
を契約上明確にした上で、必要に応じ、受託事業者と協議の上、型の保管に必
要なコストを負担し、製品製造終了から一定期間経過した型は委託事業者が引
き取るか、廃棄費用を負担した上で受託事業者に破棄させるような取り決めを、
製品発注時点で結ぶことが望ましい。
また、取り決めがない型についても、受託事業者は、製品製造終了から一定
期間が経過した型について委託事業者に引き取りまたは破棄を要請し、委託事
業者は型の必要性を十分考慮した上で、引き取りまたは破棄、若しくは必要な
コストを負担した上での継続保管要請を行うことが望ましい。
「1.13 発注時の予定数量と納品数量の食い違い」への対応
市場環境の変化に伴う生産計画の変更等により、当初予定数量に満たない数
量で発注を中断せざるをえなくなった場合には、受託事業者が生産準備に必要
とした費用を委託事業者が負担することが望ましい。この際、費用には設備投
資や原材料調達コスト、資金調達コスト等が含まれ、これらを委託事業者と受
託事業者が十分協議の上、受託事業者に負担がかからないように委託事業者の
負担を決定することが望ましい。
また、例えば、型等の当該製品の生産のためだけに製造・購入されるような
設備等にかかる費用に関しては、製品単価に上乗せする支払形態ではなく、当
該設備等にかかる費用を別途全額支払うようにすることが望ましい。
「1.14 有償支給材の早期決済」への対応
有償支給材の決済については、加工後の製品の納入代金から、その加工対象
物の代金を控除して支払うことが望ましい。この際、受託事業者が委託事業者
に当月納入したものの中に含まれる有償支給材を個々に拾い上げ、その金額を
合計して当月納入代金の支払時に下請代金から控除する方法の他、経理事務作
業のミスを防止するため、委託代金から控除する時期を一ヶ月遅らせる方法等
がある。
34
「1.15 長期の手形交付」への対応
手形取引にあたっては、委託事業者・受託事業者の資金調達コストや手形管
理コストを勘案し、長期サイトの手形による支払を用いないことが望ましい。
一般的に言えば、企業規模の大きな委託事業者の方が資金調達コストは低く、
受託事業者のそれは低いため、受託事業者が手形割引の形で資金調達を行うよ
りも、委託事業者が短期手形又は現金で支払う方が全体として資金調達コスト
が低減し、その分研究開発や設備投資に振り分けられる資金が多くなるため、
我が国製造業の競争力向上に繋がるからである。
「3.1 重量に基づく値決め」への対応
素形材企業が、発注者のニーズに応じ、製品の軽量化を図り、また複雑形状
に対応する等の新技術の開発・応用を行った場合に、必要な工数・コストの増
加、技術的難易度等を発注企業に説明し、素形材企業・発注企業が協議の上そ
れらの要素を加味して製品単価を設定することは、我が国の製造業の競争力の
観点から見て望ましい。素形材企業に対し技術開発・応用のインセンティブを
与え、より発展的な製品開発に繋がり、ひいては最終製品の品質向上・コスト
低減に資するからである。
2. ベストプラクティス
我が国の素形材産業取引の中には、一部の企業に留まるものの、取引慣行を
更に改善しようとする取組が存在している。先に挙げた問題のある取引を回避
するだけでなく、素形材メーカーとユーザー企業双方の競争力を向上させる結
果につながることも多い。こうした取組は、他の素形材メーカー、ユーザー企
業にとっても「望ましい取引慣行」
(ベストプラクティス)として提案できるも
のである。
ベストプラクティスの実践に当たっては、素形材メーカーとユーザー企業が
製品の特性をはじめとして互いの現場を知るとともに、双方の意思疎通を図り、
価格や検収など現在の問題について認識を共有していくことが土台となる。対
等なパートナーとしての意識を持ち、取引の改善に取り組んでいくことが、自
己改革を促し、競争力の向上につながる。
以下、事例を示す。
35
1.1 トンネル会社を使った下請法逃れ
<取引が改善されなければ、取引辞退を申し出て強気の交渉を実施した例>
・ 取引先(トンネル会社)に対して、親会社との取引が基本であることを強調
し、取引辞退の旨を申し出て強気の交渉を展開した結果、取引条件を改善す
ることができた。【鋳造】
<親会社と取引条件を確認し、書面化した上で、子会社と契約した例>
・ 親会社が発注主体であることがわかっていたため、事前に親会社の担当者、
子会社の担当者を交え、価格等の取引条件について協議した上で、発注元で
ある子会社と取引条件を書面化・契約を行った。【鋳造】
1.2 書面交付義務
<書面交付後に業務を開始するルールを設定した例>
・ ガイドラインを活用し、注文書等の書面のない仕事は受けない社内ルールを
決め、その社内ルールを取引先に提示したところ、取引先からも書面交付の
必要性について理解を得ることができ、取引先から注文書等の書面が交付さ
れるようになった。【金型】
・ ISO9001 の導入については取引先の要請により認証取得したものの、適正取
引に向けた取組には活用が不十分だったが、ISO 規定に即して取引先に書面
を交付するよう依頼したところ、改善がなされた。【鋳造、鍛造】
(解説)ISO9001 の 7.2.2 では「組織は、製品に関する要求事項をレビューすること」
が求められており、通常製品に関する顧客からの要求は、仕様書や契約書という書面に
て示されることが一般的である。7.2.2 では、顧客から必ず書面で要求内容を示しても
らうこととしていないが、規格の文章には「顧客がその要求内容を書面で示さない場合
には、組織は顧客要求事項を受諾する前に確認すること」と記述されている。このこと
から、ISO9001 の認証取得組織の多くが、顧客に書面での要求内容の提示を求めており、
組織内の規定でもそのように定めている。認証機関は、組織自らが文書・記録(書面)
の作成又は維持することを定めていれば、それが満たされているかどうか確認し、それ
が満たされていなければ、認証機関は組織に対して「不適合」を指摘する。この指摘で
即、認証取り消しになるわけではないが、指摘を受ければ、組織は修正と是正を実施し
なければならず、これを怠れば、認証取り消しになる。
<発注書面の交付を粘り強く依頼した例>
36
・ 取引先に対して、注文書を交付するよう、取引ガイドライン等を活用し、粘
り強く交渉したところ、発注書が交付されるようになった。【ダイカスト】
<受発注をシステム化した例>
・ 自社の受発注システムの見直し・改善を行い、受発注時の、書面交付を義務
化した。【鋳造】
1.3 補給品の支給
<補給品支給の打ち切りをルール化している例>
・ 自動車の量産終了後の金型とその補給品について、ユーザー取引先グループ
として改善に取り組んでいる。数社をモデルとして、2~3 年たって発注がな
いものは話し合いながら打ち切ることにした。この際、ユーザーとプレスメ
ーカーだけでなく、ディーラーも巻き込んで話し合いをしている。【金属プ
レス】
<補給品に関する取引指針が策定された例>
・ 取引ガイドライン等を活用し、取引先と交渉を続けていたところ、取引先か
ら補給品の定義、取引指針について協議があり、実態を反映した取引条件へ
と改善がなされた。【鋳造】
<発注の都度、見積書を提出し、単価設定がなされた例>
・ 注文が入ったら、その都度、見積を行い、取引先と適正な単価設定交渉を行
えるようにした。【鋳造】
<補給品製造に備えて、型保管の費用、工数等を価格に反映した例>
・ 型保管費用、工数等を踏まえた適正な補給品価格設定根拠を整理し、それを
踏まえ、取引先と補給品に関する交渉を行ったところ、適正な補給品単価へ
改定を行うことができた。【鋳造】
<補給品となる基準、切替え時期を明確化した例>
・ 補給品と量産品との区分リストを作成し、補給品の定義を明確化し、取引条
件を決定した。また、補給品単価、最小製造ロット数の決定、型の管理方法
と費用の分担について、取引先と協議のうえ決定した。【鋳造】
・ 発注数量により、補給品と量産品の区分けをしている。過去の発注数量を分
37
析した上で、例えば500個以下/月の発注品については、自社において補
給品として取り扱うこととし、取引先と交渉したところ、適正な補給品単価
に改定できた。【粉末冶金】
<地道な交渉を展開して、妥当な取引条件に改善された例>
・ 補給部品について、量産打切り後も、発注元から量産時と同じ単価で契約を
求められることがあるが、取引先に補給品の生産原価は、量産時よりも高く
なることを説明し、単価の見直しについて取引先の納得が得られるような交
渉を行い、妥当な取引条件に改善している。【熱処理】
<金型のメンテナンス費用を価格に反映することができた例>
・ 取引先に対して、金型メンテナンスの必要性を説明したところ、補給品の見
積金額に金型メンテナンス費用を部品価格に乗せることができた。【金属プ
レス】
1.4 分割納品時の運賃負担
<運搬形態の見直しによって運送費のコストアップに対応した例>
・ 納品頻度アップの要請で運送費が負担になった際に、ユーザーが巡回集荷に
切り替え、輸送を負担してもらえるようになった。ユーザーも物流効率化に
よるメリットが得られ、素形材企業も輸送費アップによる損益圧迫がなくな
った。【鍛造】
<再見積の提出により協議を実施し改善した例>
・ 取引先が、納入場所、配送方法を変更した場合には、運賃について改めて見
積書を提出し、協議を行い、その運送費を含めた単価を決定している。【熱
処理】
<運送費用を全て発注側負担とした例>
・ 取引先と十分に協議を行い、小口納品に伴い発生する費用については、取引
先が負担することとし、発注側・受注側双方合意の上、ジャストインタイム
の仕組みを構築した。【鋳造】
<輸送方法の見直しを行い、効率化を図った例>
・ 2 次サプライヤー同士で話合いを行い、取引先の了解を得て、共同輸送の仕
組を構築して、運送コストを引下げるなど、自助努力により対応した。【熱
38
処理】
<特急品の追加輸送コスト、分割納入に伴うコストが負担された例>
・ 特急品については、自社の都合でなく取引先の都合であれば、追加的に要す
る運送費を負担してもらえる。また分割納品に伴う運賃についても、一部の
取引先は認めてもらえるようになった。【熱処理】
<話し合いにより、輸送費用が負担された例>
・ 従前は輸送コストについて、当社が全面負担していたが、話し合いにより、
輸送費の一部を取引先が負担してくれるようになった。【金属プレス】
1.5 見積時の予定単価による発注
<数量別単価の見積をしている例>
・ 発注数量を 3 段階に分けて見積し、実際発注があった時点でその近以値単価
を採用してもらっている。【非鉄金属鋳物】
<数量変更の場合には、再見積書を提出する例>
・ 見積書に発注数量、ロット数を明確にしておき、大幅に減尐する場合は、再
見積を行う旨を見積書に記載した。【熱処理】
1.6 原材料等のコスト増の転嫁
<地道な交渉を実施して改善に至った例>
・ 取引先に対して、原材料のコスト増を認めてもらえないと、生産に支障をき
たし、製品の納入予定などに遅れを招くことを説明したところ、取引先の理
解を得て、改善が行われた。【鋳造】
<取引先と原材料に関する情報の共有化を図った例>
・ 取引先に対して、原材料購入価格の内訳明細を提示し、売価の改定を協議す
ることにより、価格転嫁が可能となった。【鋳造】
<原材料の調達を自己調達から支給材に切り替えた例>
・ 材料の自己調達から有償支給に切替えを行ったため、原材料価格高騰の影響
が小さくなった。【金属プレス】
39
<原材料価格の高騰分を価格に反映できる方式へと変更した例>
・ 取引先から発注があった製品の単価へ影響を及ぼす原材料価格高騰の影響
について、原材料等価格推移表等を活用し、取引先に説明したところ、価格
スライド制が導入され、製品単価へ反映できる方式に変更が行われた。【鋳
造】
<ガイドライン等を活用して、改善に至った例>
・ 取引先との価格交渉時に、取引ガイドライン、協会が作成した取引適正要請
文、原材料等価格推移表の3点セットで交渉したところ、原材料価格高騰分
の価格転嫁を認めてもらえた。【鋳造】
<重油等の副資材について建値スライド制を採用した例>
・ 取引先と協議した結果、地金の溶解費用に係わる重油等の副資材について、
価格スライド制を導入した。【ダイカスト】
<各製品、資材ごとにきめ細かく上昇分を転嫁した例>
・ 製品原価の大半を占める資材だけでなく、燃料費、電気・ガス等の副資材の
上昇分についても、取引先に状況を説明したところ、価格転嫁が可能になっ
た。【鋳造、熱処理】
<取引先から、価格転嫁を推進する例>
・ 取引ガイドラインを活用し、日頃より価格交渉を行っていたところ、取引先
から毎月、原材料の値上げによるコストアップ分を成型品へ転嫁するよう連
絡を受けるようになった。【金属プレス、金型】
<製品の原価構成を取引先に示して、価格転嫁が認められた例>
・ 原材料の高騰幅が大きい時には、自社の原価構成を基に自社改善努力をアピ
ールした上で、取引先に応分の価格転嫁を認めてもらっている。【熱処理】
<原材料高騰分の価格転嫁が頻繁に認められる事例>
・ 取引先に対して、スクラップ等の原材料価格高騰の度合いが、従前の高騰度
合いをはるかに超えている点について、価格推移表をもとに説明し、原材料
のコスト増を認めてもらえないと、生産に支障をきたし、製品の納入予定な
どに遅れを招くことを説明した上で、取引ガイドライン、業界が作成した取
引適正要請文を活用して交渉を行ったところ、月単位での、原材料価格高騰
分の価格転嫁が認められた。【鋳造】
40
<原材料の高騰を価格に適切に反映させた例>
・ 昨今の原材料高騰を受け、従来は半年に一度価格会議を行っていたが、現在
は一定の範囲以上の変動があった場合には四半期に一度価格提示の機会が
持てるよう話し合いの上変更した。なお、この会議は原材料費のアップを交
渉するのみならず、コストダウン努力を含めた値決め提案の場である。【金
属プレス・金型】
<原材料コストが適正に反映される例>
・ あるユーザーとは、一部材料については建値スライド制をとっており、毎月
値決めをしている。【金属プレス】
<原価コストが適正に反映される例>
・ 海外ユーザーとの取引では原材料の価格スライド制を採用していたが、LME
(国際マーケット=ロンドン相場)にプラスアルファした価格が基準として
定められている。【ダイカスト】
<不良品の算定が適正である例>
・ ユーザーが原価計算積み上げの時点で不良率を加味しており、不良率の設定
は何パーセントか、そのうち素材不良は何パーセントかを確認し、その範囲
の不良発生費用は還元してもらい、材料も戻してもらうよう要請し、受け入
れられているケースがある。【ダイカスト】
1.7 親事業者の予算単価・価格による一方的な契約単価・価格の要
求
<不良品を分析し、品質改善の提案をしている例>
・ 取引先で生じていた不良品の不良原因を検査し、分析することで、取引先企
業に対し解決策・改善手法の提案型取引を行っている。これにより、同社の
取引拡大と、品質向上による取引先企業のメリットを同時に実現している。
【熱処理】
<コスト削減に向けたデータ開示により、適切な価格を実現した例>
・ コストダウン要請があった際、熱源・生産工程改善などの自助努力とともに、
受注量の増加がコストダウンに寄与すると試算し、ユーザーに発注量の引き
41
上げを要請した。自社で対応できる範囲を確定し、それ以上の単価引き下げ
は新規設備投資を抑制するとの説明をユーザーに示し、提示した試算に基づ
いてコストダウンを行った。【熱処理】
<適正な見積額を算出している例>
・ 自社で材料費、工数の実績値を参考に入力すると見積単価が算出できるシス
テムを導入し、見積りの作成が容易になった。【鋳造】
<生産性向上の提案をしている例>
・ 素形材加工がやりやすい形状の提案を行っている。【鋳造】
<製造原価を示し、改善交渉を展開している例>
・ 取引先から、契約単価の値引き要求が絶えずあるが、製造コストがアップし
ていることをデータで示し、製造原価に基づき、取引先と協議の上、契約単
価を設定している。【熱処理】
<契約条件が変更になった場合、製造原価の変化率を示し、改善交渉している
例>
・ 契約条件が変更になった場合、従前は、ほとんど単価変更を受け入れてもら
うことができなかったが、ガイドラインが策定されたことを契機にして、契
約条件の変更による製造原価の変化と改善すべき価格水準を提示し、何度も
足を運んで交渉を行い、理解を得た。【鍛造】
<原価低減分について発注側と利益をシェアしている例>
・ VA※提案等のコスト削減への取組みの自助努力面を取引先へアピールした
ことによって、原価低減を回避、または最小限にすることが可能になった。
Win-Win のお互いが納得する対応をしている。【熱処理】
※VA(Value Analysis:価値分析)とは、購入している物品の価格低減や、機能・
品質の向上につながる改善提案を仕様に反映させることである。VA 提案とは、この場
合、物品について製造している受注側から価格低減、機能向上等につながる改善提案を
することをいう。
<取引先との協働の取組を通じて改善した例>
・ 品質向上を目的とする工程のコスト増について、具体的に必要なコストを統
42
計資料等のファクトを用いて説明したところ、ある程度認めてもらうことが
できた。【鋳造】
<問題について取引先と交渉し、理解を獲得した例>
・ 原材料の値上がり状況表(直近より 2 年分)を添付し、説明したため、取引
先の理解を得られ、合理的な製品単価を設定できた。【熱処理】
<共同による原価低減を実施した例>
・ 取引先から、一方的な原価低減要請があったので、取引先に対して原価低減
に向けた改善の取組を共同で実施することを提案したところ認められた。さ
らに、共同の取組を通じて得られた工夫から原価低減が可能となったので、
そこで得られた利益は、シェアすることとなった。【非鉄鋳造】
<取引先と補償条件の明確化を図った例>
・ 当社では、加工補償の取決め(鋳物素材不良が加工後に判明した場合、そこ
までの加工費負担をどうするか)が大切であるとの認識を持ち、見積段階に
て加工費を確認し、どこまでの責任を負うか等の打ち合わせをするようにし
た。【鋳造】
<取引先と協議し、納得できる契約を交わしている例>
・ 不具合発生時には先ず原因追求、再発防止を確実に行い、誠心誠意取引先と
協議している。また、予めお互いに納得できる取引基本契約を交わしている。
【熱処理】
<必要な費用を、取引先が負担してくれる例>
・ 発送費用の決定に際しては、見積もりの前提条件として発着地・発送頻度を
明確に明示して見積もりを取得し、その内容を精査し、合意の上で費用を決
定しており、遠方の取引先の工場で金型の立ち会いを要求される場合、人件
費、出張旅費(旅費、宿泊費)は、取引先が負担してくれる。【金型】
1.8 受領拒否
<取引先との連絡を徹底することで改善した例>
・ 日程や納入場所など、相互の連絡不徹底を改善した。【鋳造】
<取引先が補償や引取りに応じてもらった例>
43
・ 取引先の担当者の事務的ミスにより発注した品物があったが、書面による発
注が行われていることを先方に提示した上で、品物を引き取ってもらった。
【鋳造】
1.9 分割納品
<取引先の意識、対応が改善され、分納検収が可能になった例>
・ 取引先に対して、取引ガイドラインを活用して交渉し、分割納品毎に検収・
代金支払いが必要である旨、理解を求めたところ、分割納品毎に、検収・支
払いが行われるようになった。【鋳造】
<取引先から未納品分の保管料を負担してもらっている例>
・ 顧客の生産計画に合わせ、分割納品を請求され、未納品分を自社が預かる場
合には、その分別途費用の負担をしてもらっている。また、長期滞留品は型
番、数量を報告し、決算月を目途に納品できるよう協議している。
【熱処理】
<納品毎に検収をし、代金を支払ってもらっている例>
・ 取引先から納入日をベースに納品毎に検収をしてもらい、代金を支払っても
らっている。また、取引先からの要請により、取引先の外注加工先へ直送し
た場合には、取引先との確実な連絡(納品書を FAX 送付等)でもれを防止
し、同様に納品毎に代金の支払いを受けている。【熱処理】
1.10 検収遅延
<製造に必要な資金が支給される例>
・ 製造時の資金負担を軽減するために、金型代を前払いで受領している会社も
ある。【金型】
<検収遅延を防止するために、その都度調整することで改善した例>
・ 取引条件を明確にして、設計変更があった時点で、原契約の型の検収を上げ
てもらうようにした。【金型】
<取引先との交渉を通して改善した例>
・ 取引先が、予算枠の都合で、一括での支払ができないと主張していたので、
納品後60日以内の契約書に記載された支払い期日までに下請代金を支払
わないと下請法違反となる可能性がある点について紹介、十分に交渉を行っ
44
たところ、支払いが行われた。【金型】
<ガイドラインを活用して改善した例>
・ 取引ガイドラインの検収遅延のページと、取引先が負うべきペナルティを計
算したものを説明し、取引先の理解を得ることができた。【金型】
<金型の設計終了時等に代金の一部が支払われる例:プログレスペイメント※制
の導入例>
・ 取引先と交渉したところ、金型の設計終了時に代金の3割、組立完了時ある
いはサンプル納品時に5割、金型納入時に2割を支払ってもらった。
【金型】
・ 金型あるいは、成形サンプルの納品日を支払い期限として金型代金の支払い
を受けている。【金型】
※プログレスペイメントとは、あらかじめ定められた期日に、その時点までの出来高
を確定して決済する方法をいう。
1.11 型保管費用の負担
<量産後の型保管や追加発注等のケースについて対応が適正である例>
・ 半年に一度、1 年間使用していない金型は除却申請を行い、承認を得てユー
ザーから除却費用を受領して除却している。申請はほぼ通る。
【金属プレス】
<型の廃棄料がユーザーから適切に支払われた例>
・ ユーザー内部でコンプライアンスを監視する組織ができた。これを期に、木
型の廃棄は、産業廃棄物として道路や山奥に廃棄するとユーザーまで遡って
責任が問われるので法令違反リスクがあると主張したところ、廃棄費用の支
払が了承された。【鋳造】
<取引先の承認を得て、廃棄した例>
・ 型リストを作り、預かっている金型のうち、量産が完了していて一定期間補
給品も出ない場合には、取引先に認承を得て、1 点ずつ型の写真を撮影した
上で、廃棄処分した。【鋳造】
・ 型別の生産状況リスト(過去 3~5 年間)を作成・管理し、取引先と型保管
について定期的に交渉し、廃棄が認められた。【鋳造】
<型保管料を収受した例>
45
・ 日本鋳造協会が作成した「届出書」をもとに、文章を自社用にアレンジした
文書を用意して交渉に臨んだ。取引先別に売上高に占める木型類の発生率
(受注高)の一覧表を作成し、型保管の非効率性、保管料の必要性を示し、
取引先から型保管料を収受した。【鋳造】
<型保管料を補給品単価に上乗せした例>
・ 補給品と型保管はワンセットで解決すべき問題であり、自社では補給品の単
価に型保管に関する費用の上乗せを認めてもらい対応している。【非鉄金属
鋳物】
<長期間保有しない型は取引先へ返却した例>
・ 長期間にわたり使用しない型については、取引先と協議の上、型を返却でき
るケースが増えた。【鋳造】
<管理システムを用いて、取引先と交渉した例>
・ 使用実績について、発注管理プログラムを用いて判断しており、契約当初か
ら3年間使用実績のない型については、返却もしくは廃棄するという取扱い
を定めている。型廃棄等に係わる交渉は、社長自ら取引先と交渉し、取引先
には判断権限がある部長クラス等に対応してもらうことにしている。
【鋳造】
<ガイドラインを活用して、取引先が協議に応じてくれた例>
・ ガイドライン作成後、長期間(10年以上)保管している金型の処分につい
て、ユーザー企業である自動車企業及び部品企業が、協議に応じてくれるよ
うになり、自社において長期間保管している金型のリストを作成し協議した
結果、補修部品として長期間保有していた金型について処分することができ
た。【金属プレス】
1.12 図面・ノウハウの流出
<知的財産の扱いが適正である例>
・ 以前はユーザーからの要請で図面を提出していたが、数年前から経済産業省
の指針を理由に図面の提出を断っている。【金属プレス】
<図面やノウハウに対する対価の明確化を図った例>
・ これまで曖昧だった図面、CAD/CAM データの費用が、明確に型費に織り込
まれるようになった。【金型】
46
<経済産業省が示した指針を活用している例>
・ 『金型図面や金型加工データの意図せざる流出の防止に関する指針』(経済
産業省)を活用し、取引先と交渉をしていたところ、自動車部品・産業機械
等の発注側において知的財産に対する意識が変化してきた。【金型】
<図面・ノウハウの流出の阻止を図った例>
・ 図面を出す際には、データの無断使用を防ぐために、取引先から印を図面に
スタンプしてもらうようにし、データの場合にはその都度サインをもらって
いる。【金型】
<金型図面代金が適正に支払われている例>
・ 金型図面は金型事業者それぞれのノウハウのつまった企業秘密であり、本来
売買される性格のものではないが、どうしてもと要求された場合には、金型
製作費とは別に金型図面代金として支払うことを前提で金型メーカーとの
交渉を行っており、その場合には金型図面代金は金型製作費以上の価値を認
めてもらっている。【金型】
<図面等の無断使用を禁止した基本契約を結んだ例>
・ 技術資料及び情報の無断使用を禁ずる条項を含んだ基本契約書を取り交わ
している。【鍛造】
1.13 発注時の数量と納品数量の食い違い
<情報の共有化を図った例>
・ 事前連絡、事前打合わせの中で確実に数量の確認が実施され、問題には発展
しない。【熱処理】
・
<取引先における対応が改善された例>
・ 発注数が減尐された場合は過剰生産となってしまうが、翌月も生産予定があ
った場合はそのままメーカーに保管される。先の見直しが立たない場合に
は、取引先から減尐した個数分を買い上げてもらう対応になっている。【鋳
造】
47
1.14 有償支給材の早期決済
<有償支給材の支払時期の見直し、未使用材については相殺されないルールに
した例>
・ 取引先から当社への製品代金の支払い時に、製品製造に使用した分のみの有
償支給材の対価を差し引く相殺・控除方式を導入し、有償支給材の支払時期
を見直した他、未使用材については、相殺されないルールにした。【鍛造】
1.15 長期の手形交付
<支払条件が合理的である例>
・ あるユーザーに対して、手形から現金支払への切り替えを依頼したところ、
ある割合までは現金支払で、その割合を越えた部分のみユーザーの資金繰り
が逼迫するため手形で対応する、というように、決済条件が改善された。
【鋳
造】
<支払い条件の変更を交渉し改善された例>
・ 取引先と交渉を行い、半額以上を現金による支払い、残金の手額サイトは 90
~100 日に支払い条件を変更した。その結果、以前は手形の割合が売上の 40%
台であったが、現在は 20%を切ることとなり、経営状況が改善した。【熱処
理】
・ 新規取引先に対しては、熱処理業は賃加工であるということを説明し、契約
時の支払い条件は現金、もしくは、120 日以内の手形交付をお願いし、改善
された。【熱処理】
3.1 重量に基づく値決め
<技術的難易度の要素が価格に適切に反映された例>
・ 重量取引傾向があるが、自社の営業部員に熱処理技能検定を取得した技術営
業ができる人員を配備し、重量取引単価では見合わない技術的に高度なも
の、トラブルが発生しそうなものについては、いったん見積りした価格では
なく、上乗せした価格で見積りが出しなおせるような体制をとっている。よ
く話し合いを行って、再見積りが承認されるケースがある。【熱処理】
<必要な工数・コスト増加、技術的難易度を踏まえて単価設定している例>
48
・ 工数、技術的難易度を理解してもらうため、見積段階での説明を詳細に実施
し、必要な工数、ノウハウ等を踏まえ、適切な重量単価を設定している。
【鋳
造】
・ 受注先と形状に応じた価格交渉をしており、協力会社とも同様な交渉を進め
ており、高度な技術を要求される製品にチャレンジできる体制がとれてい
る。【鋳造】
<VA 提案により得られた利益を取引先とプロフィット・シェアする例>
・ VA 提案により、得られた利益を取引先と折半し、重量取引のデメリットを
改善した。【鋳造】
<取引先に工場見学をしてもらい、工程、工数等についての理解を得て対応し
た例>
・ 改善のためには、自助努力していることを、取引先(発注元)の調達担当者
に認知してもらう努力が必要だと考えている。そのため、工場見学、各種打
合せ、会議の際に十分に PR して、取引先に実態を理解してもらえるように
している。その結果、合理的な工数を反映することが可能になった。
【鋳造】
<生産性を差別化することにより、改善した例>
・ 高付加価値製品と低付加価値製品の製造・加工ラインを明確に分離すること
により、生産性を差別化し、重量取引ではなく、生産性を考慮した価格設定
を行うこととした。【鋳造】
<原価計算ソフトの活用により、改善した例>
・ 鋳物企業が適切な原価を把握し、ユーザーの理解を得られる原価計算を提示
できるようにするために、鋳造協会が作成した原価計算ソフトを用いて、取
引先と交渉した結果、合理的な価格に改定できた。【鋳造】
取引ガイドラインの活用
<取引ガイドラインを活用して、取引先と交渉の地合ができた例>
・ 取引先に取引ガイドラインを示し、下請法上の留意点やベストプラクティス
の記述を説明して、交渉したところ、取引先と交渉の地合ができ、改善がみ
られた。【鋳造、金型、ダイカスト】
・ 取引先との価格交渉時に、取引ガイドライン、協会が作成した取引適正要請
文、原材料等価格推移表の3点セットで交渉したところ、原材料価格高騰分
49
の価格転嫁を認めてもらえた。【鋳造】
<取引ガイドラインを活用して、取引条件を定めている例>
・ 新規契約時に、取引ガイドラインを取引先に示し、取引ガイドラインの内容
に沿った形で取引条件を定めている。【金型】
<業界独自の取引ガイドライン等を作成し、改善が見られた例>
・ 業界独自の取引ガイドライン※等を作成し、全会員に配布するとともに、ユ
ーザーとの取引において、素形材取引ガイドライン等と併せて活用した結
果、それまでのユーザーからの一方的な取引交渉等について改善が見られ
た。【金属プレス、金型、鍛造、粉末冶金、熱処理】
※業界独自の取引ガイドラインについて、経済産業省の協力のもと、業界団体が主体
となって作成している。
(入手先については、P63を参照)
その他
<ユーザーが技術の理解に基づいて価格交渉をしている例>
・ ユーザーが価格交渉の内容を理解できない状況を改善するため、ユーザーか
ら同社への人員を数名受け入れ、数ヶ月研修して、鍛造をよく理解してもら
うようにしている。また、ユーザーの開発・設計段階で何が求められている
か把握し、それに迅速に対応できるよう、鍛造メーカーの技術人員も数名ユ
ーザーに派遣しており、よい効果が出ている。【鍛造】
<情報の非対称性を解消する例>
・ 海外工場への出荷が多く情報が入手しづらいため、ユーザーの国内本社の購
買部門と頻繁に生産数量計画を含めた情報交換会議を行っている。【金属プ
レス】
<取引慣行の問題についてユーザーと認識を共有した例>
・ 業界団体で全国レベルのシンポジウムを東京で開催し、ユーザーを招待して
業界のさまざまな問題(重量取引、型保管、環境対策費の上昇)について PR
を行った。【鋳造】
<ユーザー主導により取引慣行の改善に取り組んでいる例>
・ ユーザーが新製品開発期間短縮及び設計検証強化を目的として、年 2 回、素
50
形材企業の有力協力会社と意見交換会を開催している。また、協力会社に対
して、取引に関する改善提案を募っており、かなり厳しい意見も提案される。
改善提案された場合にはメールで返信して対応が終わるのではなく、ユーザ
ー企業の社内メンバーが素形材企業を訪問し、説明・協議している。【金属
プレス】
<下請法遵守に積極的に取り組んでいる例>
・ 会員企業の下請法に対する意識の高揚と理解を促すため、新たに「下請代金
支払遅延等防止法推進事業所」と記載した会員証を作成し、全会員に配布し
た。【金型】
51
第3章
本ガイドラインの今後の展開
取引慣行が改善されるインセンティブが働かない第1のステップとして、実
際の取引において何が問題なのか、発注側企業・受注側企業ともに既存の法令
を十分に理解していないことが挙げられる。このため、発注側・受注側双方の
企業経営者・調達担当者にとってわかりやすい具体例を含めた本ガイドライン
を策定し、自らの取引の現状について認識し、各種法令についての理解を深め
ていくきっかけとするものである。今後は、素形材企業が下請法講習会等の機
会を通じ取引関連法令について更に理解を深めるとともに、素形材産業各工業
会等においても本ガイドラインの内容について理解を深めるための方策を講じ
るなど、取引に関する関心が高まることが強く期待される。
平成20年4月に経済産業省が公表した平成19年度素形材関連取引実態調
査結果(3,353 社に対してアンケート票を発送、1,135 社(回答率 33.9%)から
回答あり。)によれば、多くの企業がガイドラインを認知しており(素形材企業
71.3%、自動車及び産業機械等企業では 88.0%)、ガイドラインを活用して、社
内への周知活動及びガイドラインを参照として取引関係の見直し等に努めてい
ることが見受けられている。
【出典:平成19年度素形材関連取引実態調査】
次のステップとして、これらの活動を踏まえ、素形材団体等を通じ引き続き
改善を要すると思われる取引事例を調査・研究することにより取引慣行の改善
を図っていく必要がある。
さらなるステップとして、全国各地の経済産業局、中小企業支援センター等
に設置されている窓口等の素形材企業による積極的活用があげられる。取引に
疑義があった場合、窓口等に助言を求め、取引の改善に繋げていくことが期待
52
される。窓口等も、事業者の相談に対し引き続き十分なサービスを行っていく
ことが求められると同時に、さらに使いやすい窓口を目指していくことが必要
である。
※平成20年4月からは、中小企業庁の委託事業(委託先:
(財)全国中小企業取引振興協会)
として、
「下請かけこみ寺」が47都道府県に設置され、中小企業者の取引上のトラブルの相談
業務、紛争を調停等で解決する裁判外紛争解決手続(ADR)業務、及びガイドラインの普及啓
発業務を実施している。
53
<参考1>
54
55
<参考2>
平成20年8月29日
原油・原材料価格高騰に係る下請中小企業対策の実施について
原油・原材料価格が高騰する中、中小企業は価格転嫁をすることが困難であ
り、収益が圧迫されている状況を踏まえ、「原油・原材料価格高騰に係る下請
中小企業向け追加対策」(20.8.5)及び「安心実現のための総合対策」(20.8.29)
に則って、以下の項目を本日より実施します。
1.買いたたきの具体的内容の明示
原油・原材料価格高騰時における買いたたきの具体的内容を明示した大臣
通達文書を、事業者団体等(約 600 の親事業者及び下請事業者団体)に発出
し、親事業者及び下請事業者双方に周知。
2.特別事情聴取の実施
下請代金法に基づく検査の結果、同様の指摘を 2 回連続で受けている親事
業者、調査票や改善指導報告書が未提出である親事業者に対し、特別に事情
聴取を実施。
3.特別立入検査の実施
原油・原材料の価格高騰の影響が強い業種に属する約 100 の親事業者に対
し、買いたたきなどを行っていないかをチェックするための立入検査を実施。
<添付資料>
別添:原油・原材料価格高騰に係る下請中小企業対策の実施について(詳細)
別添:買いたたきの具体的内容を明示した大臣通達文書
(本発表資料のお問い合わせ先)
経済産業省 中小企業庁
事業環境部
取引課長
井辺 國夫
担当者: 池谷、植田
電 話:03-3501-1511(内線 5291~7)
03-3501-1669(直通)
56
原油・原材料価格の高騰に係る下請中小企業対策の実施について
平成20年8月29日
経 済 産 業 省
原油・原材料価格が高騰する中、下請中小企業は価格転嫁が困難であり、収
益が圧迫されているため、早急にできることから対応するとの大臣指示に基づ
き、
「原油・原材料価格高騰に係る下請中小企業向け追加対策」を8月5日に発
表し、全国の各経済産業局及び下請かけこみ寺本部における平日の相談時間の
延長等、順次実施してきているところである。
さらに同追加対策を盛り込んだ形で「安心実現のための総合対策」が本日決
定されたところであるが、同対策のうち次の項目について本日から実施する。
① 買いたたきの具体的内容の明示
原油・原材料価格高騰時において、下請代金支払遅延等防止法(以下「下
請代金法」という。)第4条第1項第5号において禁止されている買いたた
きの具体的内容を明示した大臣通達文書を、事業者団体(約 600 の親事業
者及び下請事業者団体)に発出し、親事業者及び下請事業者双方に周知を
図る。
また、全国の自治体にも同通達文書を送付し、下請事業者からの相談に
適切に対応できるようにするとともに、9 月に行う下請代金法に基づく調
査の対象となる親事業者(約 13,000 社の製造業者)にも同通達文書を送付
し、周知を図る。
② 特別事情聴取の実施
下請代金法に基づく検査の結果、同様の指摘を 2 回連続で受けている親
事業者、下請代金法に基づき中小企業庁に提出する調査票や改善指導報告
書を未提出である親事業者に対し、第一弾の特別事情聴取を実施し、親事
業者の法令遵守を促す。
③ 特別立入検査の実施
原油・原材料の価格高騰の影響が強い業種に属する約 100 の親事業者に
対し、下請代金法において禁止されている買いたたきが行われていないか
などをチェックする特別立入検査を実施する。
57
経済産業省
平成20・08・20中第1号
平 成 2 0 年 8 月 2 9 日
関係事業者団体代表者
殿
経済産業大臣
原油・原材料等価格の高騰時における買いたたきの具体的内容の明
示について
近時における急激な原油・原材料価格の高騰(以下「原油等価格高騰」とい
う。)のため、十分な価格転嫁を行うことが難しい下請事業者を始めとする中小
企業は厳しい経営環境に置かれています。こうした状況の下、経済産業省とし
ては、下請代金支払遅延等防止法(昭和31年法律第120号)
(以下「下請代
金法」という。)の厳格な運用を通じ、中小企業の事業環境の適正化に努めてい
るところであります。
また、親事業者・下請事業者の望ましい取引関係の構築のため、
「下請適正取
引等の推進のためのガイドライン」を10業種において策定するとともに、各
業界の望ましい取引事例を紹介したベストプラクティス集を22万部作成・配
布し普及啓発に努めているところであります。
こうした取組にもかかわらず、下請事業者からは、原油等価格高騰によるコ
ストアップを十分に転嫁できない、買いたたかれているという声が随所から聞
こえるところであります。
下請代金法第4条第1項第5号においては「買いたたき」を禁止していると
58
ころでありますが、
「買いたたき」に該当するか否かが分かりづらいとの御意見
があることから、この度、
「買いたたき」に該当するか否かを判断するに当たっ
て考慮する点を、別紙1の通り例示することとしました。
つきましては、貴団体におかれましても、このような点に十分御留意いただ
き、下請代金法違反を犯すことなきよう、貴団体所属の親事業者に対し周知徹
底を図り、下請取引の適正化について、引き続き強力に指導されるよう要請い
たします。また、貴団体所属の下請事業者に対しましては、下請取引に関し親
事業者による不公正な取引を受けた場合には、積極的に別紙2記載の相談窓口
に相談するよう御指導方お願いいたします。
59
経済産業省
別紙1
原油・原材料価格の高騰時において、「買いたたき」に該当す
るか否かを判断するに当たって考慮する点の例示
下請代金支払遅延等防止法第4条第1項第5号においては、
「下請事業者の
給付の内容と同種又は類似の内容の給付に対し通常支払われる対価に比し著
しく低い下請代金の額を不当に定めること」を「買いたたき」として禁止し
ているところであります。
「買いたたき」に該当するか否か判断するに当たっ
ては、
「対価が通常に比して著しく低いか否か」と「不当に定めているか否か
という下請代金の決定方法等」を考慮しております。原油・原材料価格が高
騰している状況において、どういうケースが「買いたたき」に該当するか分
かりにくいとの御意見も踏まえ、次のような具体例を明示します。
1.
「対価が通常に比して著しく低いか否か」
通常の対価と当該給付に支払われる対価とのかい離状況及び当該給付に必
要な原油等の価格動向などを勘案して総合的に判断するものでありますが、
(1) 例えば過去 1 年間に原油又は原材料価格が数10パーセント上昇し、
コストも上昇しているにもかかわらず、親事業者が単価の引上げに応じ
ない場合は、対価が著しく低いと判断される可能性があります。
(2) 例えば過去 1 年間に原油又は原材料価格が数10パーセント上昇し、
コストも上昇しているにもかかわらず、親事業者が単価を1年以上据え置
いている場合は、対価が著しく低いと判断される可能性があります。
2.「不当に定めているか否かという下請代金の決定方法等」
下請代金の額の決定に当たり、親事業者が下請事業者と十分に協議を行っ
たかどうか等の決定方法、他の下請事業者と比べて差別的であるかどうか等
の決定内容などを総合的に判断するものでありますが、
(1) 下請事業者からの価格改定の申し出に対し、親事業者が一方的に価格
決定をしている場合は、不当に定めていると判断される可能性がありま
す。
(2)同じ地域の他の下請事業者との取引では単価は引き上げているにもか
かわらず、当該下請事業者との取引には単価が引き上げられていない場
合は、不当に定めていると判断される可能性があります。
60
おわりに
「はじめに」で述べたように、本ガイドラインは、①我が国製造業の競争力
強化、②法律違反を未然に防ぐこと、③企業の創意工夫の意欲を削ぐような取
引慣行を改善することを目的としている。
このような目的を踏まえ、本ガイドラインの実効性を担保するためには、ま
ず企業による自主的な取組が求められる。発注側・受注側双方の企業は、自ら
が行っている日々の取引について、もう一度本ガイドラインを踏まえて再点検
し、必要に応じ改善を図っていくことが求められる。
さらに一歩進んで、ベストプラクティス事例に示されたような取引形態を参
考にしつつ、自社製品の競争力強化のために取引慣行はいかにあるべきか、検
討し実践していくことも求められる。
経済産業省としては、引き続き下請代金法等の適切な運用を行っていくとと
もに、発注側・受注側双方が取引に係る法制度について熟知出来るよう、説明
会等を充実させる。
61
<参考1>
各業種の取引ガイドラインについて
各業種の取引ガイドラインの内容につきましては、以下の業所管課へお問い
合わせください。
<問い合わせ先:03-3501-1511(経済産業省代表)>
○「自動車産業適正取引ガイドライン」(製造産業局
自動車課)
○「産業機械・航空機等における下請適正取引等の推進のためのガイドライ
ン」(製造産業局 産業機械課、航空機武器宇宙産業課)
○「繊維産業における下請適正取引等の推進のためのガイドライン」
(製造産
業局 繊維課)
○「情報通信機器産業における下請適正取引等の推進のためのガイドライン」
(商務情報政策局 情報通信機器課)
○「情報サービス・ソフトウェア産業における下請適正取引等の推進のため
のガイドライン」(商務情報政策局
情報処理振興課)
○「広告業界における下請適正取引等の推進のためのガイドライン」
(商務情
報政策局 文化情報関連産業課)
○「建材・住宅設備産業取引ガイドライン」
(製造産業局
課)
住宅産業窯業建材
<問い合わせ先:03-5253-8111(国土交通省代表)>
○「建設業法令遵守ガイドライン」(総合政策局
建設業課)
○「トラック運送業における下請・荷主適正取引推進ガイドライン」
(自動車
交通局 貨物課)
62
<参考2>
業界独自の取引ガイドラインについて
各業界の取引ガイドラインの内容につきましては、以下の業界団体にお問い
合わせください。
○「金属プレス加工業取引ガイドライン」
(社団法人日本金属プレス工業協会)
入手先:http://www.nikkin.or.jp/news/h/guideline.html
問い合わせ先:03-3433-3730
○「金型取引ガイドライン」(社団法人日本金型工業会)
入手先:http://www.jdma.net/gaido.pdf
問い合わせ先:03-5816-5911
○「鍛造業における取引ガイドライン」(社団法人日本鍛造協会)
入手先:http://www.jfa-tanzo.jp/contents/07topics/torihiki_guideline.pdf
問い合わせ先:03-5643-5321
○「下請適正取引等の推進のためのガイドライン」(日本粉末冶金工業会)
入手先:http://www.jpma.gr.jp/downroad/TorihikiGuideLinebassui.pdf
問い合わせ先:03-3862-6646
○「適正取引ガイドライン熱処理版熱処理版ベスト回答集」
(日本金属熱処理
工業会)
入手先:http://www.netsushori.jp/pdf/08/080911_tekisei_guide_best.pdf
問い合わせ先:03-3431-5420
63
本資料に関する問い合わせ先
●経済産業省製造産業局素形材産業室
〒100-8901 東京都千代田区霞が関 1-3-1
℡ 03-3501-1063(直)
「下請代金等支払遅延等防止法」に関する問い合わせ先
●中小企業庁事業環境部取引課
〒100-8912 東京都千代田区霞が関 1-3-1
℡ 03(3501)1669(直)
「不公正な取引方法」に係る経済産業省と公正取引委員会との
協力スキームの構築に関する問い合わせ
●経済産業省経済産業政策局競争環境整備室
〒100-8901 東京都千代田区霞が関 1-3-1
℡ 03-3501-1550(直)
64
自動車産業適正取引ガイドライン
平成19年6月
【平成20年12月改訂】
経
済
産
業
省
目
次
はじめに ~調達戦略の工夫が公正競争と競争力強化を可能にする~
・・・・・・・1
第1章 自動車産業の目指すべき調達慣行について
~協調的投資を促す調達慣行五原則~
・・・・・・・・・・4
1.自動車産業の競争力を支えるサプライチェーンと調達関係の特徴 ・・・4
2.自動車産業の調達慣行に対する評価の歴史的変遷
・・・・・・・・4
3.「協調的投資」を促す日本的調達慣行(「協調的投資促進型調達慣行」)
の合理性
・・・・・・・・・・・5
4.自動車産業の目指すべき五つの調達原則
第2章
・・・・・・・・・・・6
自動車産業において指摘されている取引上の問題と下請法及び独占禁
止法上の留意点並びにベストプラクティス
~当事者間の認識の差を解消するために~
1.取引上の問題が指摘される原因
~当事者相互の認識格差
・・・・・・8
・・・・・・8
(1)立場によって分かれる「相互協議による取引」についての見方
・・8
(2)指摘事項に共通する「期待値からの乖離」
・・・・・8
(3)当事者相互の認識格差を埋めるための工夫
・・・・・9
2.下請法及び独占禁止法上の留意点
~優越的地位にある事業者であれば下
請法対象でなくとも要注意
・・・・・10
3.自動車産業において問題視されやすい具体的行為類型についての整理
・・・・・・11
(1)補給品の価格決め
・・・・・13
(2)型保管費用の負担
・・・・・17
(3)配送費用の負担
・・・・・20
(4)原材料価格等の価格転嫁
・・・・・22
(5)一方的な原価低減率の提示
・・・・・26
(6)自社努力の適正評価
・・・・・30
(7)不利な取引条件の押しつけ
・・・・・32
(8)取引条件の変更
・・・・・35
(9)受領拒否・検収遅延
・・・・・38
(10)長期手形の交付・有償支給原材料の早期決済
・・・・・41
(11)金型図面及び技術・ノウハウ等の流出
・・・・・44
第3章 トラブルの未然防止・再発防止・迅速解決による適正取引の推進
~「早期警戒システム」の構築に向けて~
・・・・・・・・46
1.トラブルの未然防止・再発防止・迅速解決により適正取引を推進するメカ
ニズムの重要性
・・・・・・・46
2.関係者の取組の現状
~充実を図るべき3つのポイント
・・・・・46
(1)下請法遵守のみにとどまりがちな内部マニュアルの拡充
・・・46
(2)サプライチェーン全体への展開を視野に入れた周知徹底活動の必要性
・・・・・47
(3)相談窓口機能の拡充・強化
3.今後の対応の方向性
・・・・・47
~まずは3つのポイントの一斉点検から
・・48
(1)「目指すべき調達方針」を網羅したマニュアルの整備とその共有
・・・・48
(2)サプライチェーン全体を視野に入れた周知徹底活動の強化 ・・・49
(i)社内関係部局への徹底
(ii)取引先企業への周知徹底の強化
(iii)直接の取引関係のない二次以下のサプライヤーへの周知徹底
(iv)業界団体や行政を通じた周知徹底活動の充実・強化
(3)個別取引に関する相談窓口機能の活性化と関係者間の連携強化
・・・・・・51
(i)取引を巡るトラブルに関する情報の効果的な活用
(ii)自動車メーカー等の相談窓口の拡充
(iii)業界団体における相談窓口の設置と関係者との連携
(iv)行政との連携
(4)総点検の実施と早急な改善
・・・・・・・・・53
第4章 自動車産業の現代的な課題への対応
~海外における適正取引の推進~
・・・・・・・・・54
1.自動車産業の国際展開の現状と海外での適正取引推進の要請
・・・54
2.海外における適正取引推進のために留意すべき三つの原則
・・・54
おわりに ~協調的投資を促す調達慣行を確立するために~
自動車取引適正化研究会・委員名簿
審議経過
・・・・・56
はじめに
~調達戦略の工夫が公正競争と競争力強化を可能にする~
政府は、平成19年2月15日にとりまとめた「成長力底上げ戦略」の中で、
下請取引の適正化の推進を掲げ、主要業種毎に取引適正化のためのガイドライ
ンを策定することとした。
「自動車産業適正取引ガイドライン」は、この一環と
して、自動車・同部品産業に関するガイドラインとして経済産業省が策定する
ものである。
ガイドラインの策定に当たり、経済産業省は、自動車メーカー14社へのヒ
アリングを実施し、自動車部品メーカー及び素形材メーカー等約350社から
アンケート調査の回答を得た。また、自動車メーカー、自動車部品メーカー、
素形材メーカー及び学識経験者が参加する自動車取引適正化研究会(座長:糸
田 前東京経済大学現代法学部教授)を開催し、総計10時間超に及ぶ審議を
行った。本ガイドラインは、こうした調査、審議に基づき、経済産業省が策定
したものである。
ガイドラインは、主として以下の三つの意図がある。
第一に、公正な取引を競争力強化につなげるということである。日本の自動
車産業においては、自動車メーカーと部品メーカー、あるいは部品メーカーと
素形材メーカーなど、取引当事者の間で、製品の原価低減や品質向上に向けて、
目標を共有し、成果を共有することで、両当事者の「協調的投資」を促すよう
な取引慣行が広く観察される。
「育てる調達」、
「共存共栄を目指した調達」など
呼称は様々であるが、こうした日本の自動車産業が開発した戦略的調達慣行は、
単に公正な競争と矛盾しないばかりか、我が国自動車産業全体の競争力強化に
資するという複合的な効果を持つ。こうした、公正競争と競争力強化を同時に
促す仕組み、取引慣行(ここではこれを「協調的投資促進型調達慣行」と呼ぶ)
を推奨すること。本ガイドラインはこうした複眼的意図を有している。
そうした視点に立ち、第1章(「自動車産業の目指すべき調達慣行について~
協調的投資を促す調達慣行五原則~」)では、公正競争とも矛盾することなく、
競争力強化の基礎となるこうした調達慣行の本質を、五つの原則(「開かれた公
正・公平な取引」「調達相手先と一体となった競争力強化」「調達相手先との共
存共栄」「課題・目標の共有と成果シェア」「相互信頼に基づく双方向コミュニ
1
ケーション」)で要約すると同時に、公正競争と競争力強化の同時達成の観点か
ら、こうした調達戦略を経営戦略の基本とすべきことを提案している。
第二に、競争法上の判断基準を明確化し、当事者同士の認識の差を解消する
ということである。協調的投資促進型調達慣行であっても、個々の現場で紛争
は生じうる。そして、例えば、買いたたきに代表される競争法上の紛争に関し
ては、往々にして成果の分配などを巡る当事者同士の間の意見の食い違いが見
られるのが一般的で、これを放置すれば、問題が繰り返されたり、解決にいた
ずらに時間を要したりすることになりかねない。そこで、本ガイドラインは、
アンケートなどに基づき明らかになった取引当事者間の言い分の相違を明示し、
問題行為を未然に防ぐためのベスト・プラクティスを示し、逆に、どういう場
合に競争法違反になるのか、といった点を、典型的な行為類型ごとに明らかに
した。競争法上の判断基準を明確化し、当事者同士の認識の格差を解消するこ
とが、未然防止、再発防止、迅速解決の基礎となる。ここに、本ガイドライン
の二つ目の意図がある。
第2章(「自動車産業において指摘されている取引上の問題点と下請法及び独
占禁止法上の留意点並びにベストプラクティス~当事者間の認識の差を解消す
るために~」)で提示しているのはこの点であり、また、第3章(「トラブルの
未然防止・再発防止・迅速解決による適正取引の推進~「早期警戒システム」
の構築に向けて~)は未然防止、再発防止、迅速解決に資する仕組みを提案し
ている。
第三に、海外における適正な取引も促したいということである。我が国の自
動車産業の活動基盤の大半は、いまや海外市場にある。中小企業などの格差是
正を意図するガイドライン策定であるが、中小企業、なかんずく自動車産業に
おける中小企業がその収益力向上を図るためには、海外市場における適正取引
の推進という課題は避けて通れない。国際的な自動車産業のサプライチェーン
においても、協調的投資を促す調達慣行を浸透していくことが重要であり、国
内で培った知恵を海外においても展開すること。これがこのガイドラインの三
つ目の意図である。
これを受けたのが第四章(「自動車産業の現代的な課題への対応~海外におけ
る適正取引の推進~」)であり、そこでは海外における適正取引推進のために留
意すべき三原則(「あるべき調達慣行の世界共通化」
「モニタリングの徹底」
「情
報提供の徹底」)を提案している。
2
日本の自動車産業が培った調達戦略を「協調的投資促進型調達慣行」と性格
付けをした上で、公正競争と競争力強化の同時達成、当事者間同士の認識格差
の解消、内外一致の調達慣行の展開を図ること。要すれば、これが本ガイドラ
インの要点となる。企業の調達戦略は、単にその企業のコスト競争力を左右す
るだけではなく、その企業が生み出す差別化の巧拙をも左右する。そして、こ
うした企業の調達戦略が、公正な競争に万全を期すること、長い目で見たコス
ト競争力を高めること、そして製品の差別化を促していくことの三者を同時に
追及する方策になってさえいれば、関係当事者の経済合理的な行動の中で、取
引適正化が自ずと促されることになる。
このガイドラインは、この要点をまとめている。日本の自動車産業において、
公正競争が競争力を自ずと生み出していくための端緒になることを期待したい。
3
第一章
自動車産業の目指すべき調達慣行について
~協調的投資を促す調達慣行五原則~
1.自動車産業の競争力を支えるサプライチェーンと調達関係の特徴
自動車は、その構成部品点数が2~3万にも及ぶと言われる大規模な組立加
工産業であり、幅広い産業の裾野を持っている。関連産業の出荷額は約46兆
円と我が国製造業の出荷額における16%を占め、関連産業を含めた就業人口
は、全就業人口の7.7%に達する1。
そのサプライチェーンの主たる特徴として、①自動車メーカーをトップにし
たピラミッド型の分業構造(メーカーと取引のある一次サプライヤーには、よ
り多数の二次サプライヤーが取引関係を持ち、二次サプライヤーには更に三次
サプライヤーが取引関係を持つといった数次に渡る重層的な取引関係)、②自動
車メーカーの高い外製率、③部品メーカーとの長期継続的な取引関係、④部品
メーカーの共同開発などが挙げられる。
特に注目すべきは上記の③と④であり、単なるピラミッド型の分業構造は他
産業でも見られるが、自動車メーカーと部品メーカー(あるいは部品メーカー
相互、部品メーカーと素形材メーカー等)は、単なる外注関係にあるのではな
く、原価低減目標の共同設定、品質向上やコスト削減に向けた協調活動、開発
成果物のシェア等の工夫を講じている。
2.自動車産業の調達慣行に対する評価の歴史的変遷
こうした調達慣行は、戦後、官民が一体となって自動車産業を育成していく
歴史的経緯の中で、徐々に形成されてきたものである。
ただし、自動車産業の調達慣行に対する国際的な評価は、その時々の自動車
産業のパフォーマンスにも応じ、揺れ動いてきた。例えば、80年代から90
年代初頭にかけての日米自動車摩擦の厳しかった時期には、系列関係といった
1
社団法人日本自動車工業会「日本の自動車工業2006」
4
日本的な調達慣行は「不透明」で「閉鎖的」として米国等から激しく批判され、
米系自動車部品メーカー等からの調達を拡大せざるを得ない政治状況があった。
一方、90年代初頭から、日本の自動車産業の競争力の源泉について、例え
ば、
「リーン生産システム」といった用語によってその効率性を高く評価する国
際的な論調が現れた。その後も、我が国の自動車産業の好調なパフォーマンス
を背景に、コスト、品質、納期といった面において、自動車メーカーと部品メ
ーカー等との間で構築されている極めて効率的な生産システムや調達慣行を肯
定的に評価する論調が基調となっており、そうした「日本型」の生産システム
を米国企業等も積極的に取り入れようとする風潮が続いている。
我が国自動車産業の目指すべき調達慣行を論ずるにあたっては、単なる情緒
に流されないよう、何故そうした取組が合理的であるのか、根拠を明確にする
必要がある。
3.
「協調的投資」を促す日本的調達慣行(「協調的投資促進型調達慣行」)の合
理性
日本の自動車産業においては、各社とも呼称は様々であるが(例えば、
「育て
る調達」、
「共存共栄を目指した調達」など)、自動車メーカーと部品メーカー等
の取引当事者の間で、製品の原価低減や品質向上に向けて、課題や目標を共有
し、成果も共有することによって、両当事者間の創意工夫と相互研鑽を促すよ
うな取引慣行が広く観察されている。
こうした自動車メーカーと部品メーカー等が長年の間に構築した戦略的調達
慣行は、公正な競争と矛盾するものではない。そればかりか、自動車産業全体
での効率的な開発・生産体制を支え、継続的なコスト低減を可能とするなど、
我が国自動車産業の競争力の源泉の一つとなっている。
自動車産業の調達慣行が持つこうした「強み」を理論的に明らかにする試み
も進められている。例えば、経済学での「協調的投資(cooperative investment)」
の概念によれば、上記のようなメーカーとサプライヤーの関係は、一社の品質
向上や効率性改善が他社にも及ぶ好循環を形成するものとして肯定的に評価さ
れる。
5
自動車産業の調達慣行を「協調的投資」を促す調達慣行(いわば「協調的投
資促進型調達慣行」)として改めて位置づけ、公正競争と競争力強化を同時に促
す仕組みとして更に洗練させ、広く浸透を図っていくべきである。
ただし、こうした関係が効果的に機能するためには、メーカーとサプライヤ
ーの間において、成果をシェアするインセンティブを与えるような仕組みが構
築されなければならない。特に、取引関係が開始される前に、あらかじめ成果
のシェアに関する約束が明確化し、取引条件に関する不確実性を可能な限り除
去しておく必要がある。
また、こうした関係は、サプライチェーンを構成するすべての企業間関係に
おいて成立すべきであり、ほんの一部においてでも不適正な取引が行われると、
全体の効率性は損なわれてしまうことにも留意が必要である。
4.自動車産業の目指すべき五つの調達原則
今後とも、サプライチェーン全体にわたる「協調的投資」を促し、自動車産
業全体としての効率性を高め、競争力の強化に活かしていくためには、サプラ
イチェーンを構成する自動車メーカーと部品メーカー等の間において、①取引
の予見可能性を最大限に確保し、②共同で中長期の目標を設定・共有した上で、
③協調的投資を行いつつ、④新規開発やコスト低減に伴う成果を共有する、と
いう関係が確保される必要がある。
そのため、自動車メーカー及び部品メーカーは、以下の五つの原則を自らの
調達方針として明確に約束(コミット)すべきである。また、こうした調達戦
略を経営戦略の基本に据え、様々な手段を通じて対外的にも明らかにし、サプ
ライチェーン全体に浸透を図るべきである。
第一に、開かれた公正・公平な取引の原則である。調達相手先の選定にあた
っては、国籍や企業規模等にとらわれず、広く機会を与えて、公正かつ透明な
対応に努めるべきである。
第二に、調達相手先と一体となった競争力強化の原則である。調達相手先を
競争力強化のためのパートナーとして位置付け、イコール・パートナーシップ
の考え方のもと、調達担当者だけでなく、開発担当者や生産技術担当者も広く
6
関与した上で、新製品の共同開発やコスト低減活動を一体となって行うべきで
ある。
第三に、調達相手先との共存共栄の原則である。主要な部品・素材を調達し
ている取引先の経営が傾けば、完成品の品質やコスト等に直結することを認識
すべきである。特に、主要な中小調達相手先については、必要に応じて経営指
導等2を行うべきである。
第四に、原価低減活動等における課題・目標の共有と成果シェアの原則であ
る。新製品の開発や原価低減の活動は、事後において一方的な値引き要求を行
うものではなく、調達相手先と課題や目標を共有した上で、新製品の開発や材
料の変更等が達成される以前の段階における事前の共同作業として位置づける
べきである。また、達成された成果物やコスト削減の成果は、貢献の度合い等
に応じて、調達相手先との間で適切にシェアされるべきである。
第五に、相互信頼に基づく双方向コミュニケーションの確保の原則である。
新製品の共同開発や原価低減活動を行うにあたっては、調達相手先との間で、
課題や目標を共有するために必要な情報を可能な限り開示し合うとともに、あ
らかじめ十分な相互協議を行い、相互に納得した上で作業を進めることを心が
けるべきである。
2
なお、この場合の経営指導等は、中小調達相手先の経営改善を目的として行われるべきで
あり、経営指導に名を借りた一方的な押し付け等をしてはならないことは言うまでもない。
7
第2章
自動車産業において指摘されている取引上の問題と下請法及び
独占禁止法上の留意点並びにベストプラクティス
~当事者間の認識の差を解消するために~
1.取引上の問題が指摘される原因
~当事者相互の認識格差
(1)立場によって分かれる「相互協議による取引」についての見方
前章で述べたとおり、我が国の自動車産業においては「協調的投資促進型調
達慣行」が広く観察され、五つの原則に従った調達慣行に基づき、他業界に比
べると相互協議に基づく取引が浸透している蓋然性は高いと考えられる。
しかしながら、グローバル化の進展に伴う世界的な競争の激化、国内市場の
成熟化による成長の頭打ちといった状況下、総体として取引環境は厳しくなる
傾向がある中で、個々の現場においては、具体的な取引を巡る課題(特に、成
果の分配など)をめぐって、自動車メーカー、部品メーカー、素形材メーカー
等のサプライチェーンにおけるそれぞれの立場に応じて、意見の食い違いが見
られることも事実である。
(2)指摘事項に共通する「期待値からの乖離」
これまでの調査結果によれば、いわゆる「買いたたき」のような価格面での
取引条件について問題を指摘されることが多い。例えば、補給品の値付け、金
型保管費用の負担、ジャストインタイム生産での輸送費用の分担、原材料費高
騰の価格転嫁、一方的な原価低減率の提示などである。
問題として取り上げられている取引類型は様々であるが、これらに概ね共通
しているのは、
「相互協議」が何らかの形で行われてはいるものの、協議の前提
となる当初の合意事項に曖昧さがあったり、協議のプロセスで丁寧さを欠いた
りしているため、結果として、一方の当事者が当初想定した期待値から大きく
乖離した「合意」を余儀なくされてしまう、あるいは、そう認識されてしまう
という点である。そのため、発注者側は何ら問題のない適正な取引だと認識し
ていても、受注者側からは問題のある取引と見られていることも往々にある。
8
(3)当事者相互の認識格差を埋めるための工夫
下請代金支払遅延等防止法(以下「下請法」という。)又は私的独占の禁止及
び公正取引の確保に関する法律(以下「独占禁止法」という。)上の問題がある
行為なのか、
「許容される原価低減活動」なのかを判別する画一的な基準を示す
ことは難しい3が、だからこそ、当事者間の認識の差を埋める努力が重要である。
まずは、十分で真摯な相互協議の必要性を強調したい。例えば下請法上の「買
いたたき」の有無の判断に当たっては、対価の決定方法の不当性が重視されて
いるところ4、自らが取引上優越した地位にある場合には、一方的な対応をする
のではなく、相手先と十分で真摯な協議を行うことが必要である。
また、取引開始後の価格交渉においては、特に、長期継続的な取引が開始さ
れた後に取引条件が変更される場合5には当該取引関係に依存する度合の大きい
側にとり著しく不利な交渉となってしまう(経済学の用語でいう「ホールドア
ップ」の問題)ことから、十分な協議を行い、双方に納得感のある結論を出す
ことが求められる。
さらに、継続的な取引の開始前において、あらかじめ想定される事象につい
ては可能な限り取引条件を明確化しておくとともに、後日協議して明確化すべ
き点があれば、その旨を明確にするといった工夫も必要である。
3
例えば、
「買いたたき」とは「同種又は類似の内容の給付に対し通常支払われる対価に比
し著しく低い(下請)代金の額を不当に定めること」
(下請法第4条第1項第5号)とされ、
その該当性の判断にあたっては、単に対価の水準のみならず、「下請代金の額の決定に当た
り下請事業者と十分な協議が行われたかどうか等対価の決定方法,差別的であるかどうか
等の決定内容,通常の対価と当該給付に支払われる対価との乖離状況及び当該給付に必要
な原材料等の価格動向等を勘案して総合的に判断する」こととされている(「下請代金支払
遅延等防止法に関する運用基準」平成15年 公正取引委員会事務総長通達第18号)が、
画一的な基準を示すことは難しく、ケースバイケースの判断とならざるを得ない、とされ
ている。
4
「下請代金支払遅延等防止法に関する運用基準」第4の「5 買いたたき」の(2)において
は,対価の決定方法の不当性に着目して,買いたたきに該当するおそれのある5つの行為
類型が掲げられている。
5
取引関係を開始する前段階において、価格交渉の力関係の差から、不本意な契約条件を受
け入れざるを得ない場合とは異なる。この両者をきちんと区別することが必要である。
9
2.下請法及び独占禁止法上の留意点
~優越的地位にある事業者であれば下請法対
象でなくとも要注意
下請法は、対象となる親事業者の義務として、発注書面の交付等の4つの義
務及び買いたたきの禁止等の11の禁止行為を規定しており、これらの義務や
禁止行為に反する行為は原則として下請法違反となる。
下請法が取引の内容及び資本金・出資金により区分される親事業者・下請事
業者間の取引にのみ適用されるのに対し、独占禁止法は、事業者の規模を問わ
ず、事業者が不公正な取引方法を用いることを禁じている。
「優越的地位の濫用」とは、
(ア)
『優越的地位』
(=自己の取引上の地位が相
手方に優越していること)を利用して、その地位を(イ)『濫用』(=正常な商
慣行に照らして不当な行為)することをいう。そのため、どのような者が「優
越的地位」に該当し、どのような行為が「濫用行為」に該当するのか否かが問
題となる。
(どのような者が「優越的地位」に該当するか)
まず、「取引上優越した地位にある場合」(=優越的地位)とは、取引の相手
方にとって、当該事業者との取引の継続が困難になることが事業経営上大きな
支障を来すため、当該事業者の要請が自己にとって著しく不利益なものであっ
ても、これを受け入れざるを得ないような場合であるとされている6。
また、その判断にあたっては、当該取引先に対する取引依存度、当該取引先
の市場における地位、取引先変更の可能性、事業規模の格差、商品の需給関係
等を総合的に考慮されることとされている7。
(どのような行為が「濫用行為」に該当するか)
次に、「濫用行為」(=正常な商慣行に照らして不当な行為)に関しては、下
請法が「買いたたきの禁止」等の十一種類の具体的な行為を「禁止行為」とし
て規定している点が参考になる。
6
7
「流通・取引慣行に関する独占禁止法上の指針」平成3年7月 公正取引委員会事務局
同上
10
優越的地位にある事業者が下請法で禁止されている行為を行った場合には、
それが下請法の適用対象とならない場合であっても、
「優越的地位の濫用」とし
て独占禁止法上の問題を生じやすい。
優越的地位にある事業者は、取引の相手方が中小企業であれ、大企業であれ、
下請法又は独占禁止法上の問題が生じないよう特に注意が必要である。
3.自動車産業において問題視されやすい具体的行為類型についての整理
本ガイドラインの策定に当たり、経済産業省では、自動車メーカーへのヒア
リング、自動車部品メーカー及び素形材メーカー等へのアンケート調査を実施
したところ、自動車産業においては、問題視されやすい十一の具体的な行為類
型があることが明らかになった。すなわち、①補給品の価格決め、②型保管費
用の負担、③配送費用の負担、④原材料価格等の価格転嫁、⑤一方的な原価低
減率の提示、⑥自社努力の適正評価、⑦不利な取引条件の押しつけ、⑧取引条
件の変更、⑨受領拒否・検収遅延、⑩長期手形の交付・有償支給原材料の早期
決済、⑪金型図面及び技術ノウハウ等の流出、である。
ここでは、以上のような調査・考察を踏まえ、自動車産業において問題視さ
れやすい十一の具体的な行為類型毎に、
(ア)取引当事者間の意見を「関係者の
主な意見」として整理し、その相違を明示するとともに、
(イ)どういう行為で
あれば下請法上の問題になるのか(又は、独占禁止法上の問題を生じやすいの
か)等を「関連法規等8に関する留意点」9として明示し、さらに、(ウ)適正取
引を推進するための「望ましい取引慣行」について、
「具体的なベストプラクテ
ィス」と合わせて提示する。
なお、本ガイドラインで取り上げる事例はあくまで例示であり、
「関連法規等
に関する留意点」で取り上げるような事例が違法であるかどうかは、実際の取
8
ここで言う「関連法規等」とは、主として下請法及び独占禁止法を念頭に置いている。
(一部、不正競争防止法や産業政策上の留意点を提示している部分もある。
)
9
以下の「関連法規等に関する留意点」の中で、
「下請法の適用対象となる取引を行う場合には・・・下請法違反となるおそれがある」
とある部分については、
「下請法の適用対象とならない取引を行う場合であっても、取引上優越した地位にある
事業者であるときには・・・
『優越的地位の濫用』として独占禁止法上の問題を生じやすい」
と読み替えることが可能であるので、参考とされたい。
11
引内容に即した十分な情報に基づく慎重な判断が必要となる。また、
「望ましい
取引慣行」や「具体的なベストプラクティス」に示した方法以外であっても、
取引企業間で十分な意見交換を行い、双方が共同して、個々の事情に最も適切
な対応を決定することが望ましい。さらに、他の関連法令に関するコンプライ
アンスが確保されていることは当然の前提である。
こうした「関連法規等に関する留意点」
「望ましい取引慣行」及び「具体的な
ベストプラクティス」は、自動車産業に携わる当事者の取引の現場においても、
有効に機能することが期待される。
例えば、受注者側は、往々にして交渉力が弱く、取引条件の交渉の現場にお
いては言いたいことも言えない状況にあると言われているが、本ガイドライン
で提示した具体的取引類型ごとの問題点やベストプラクティスをベースに自動
車メーカーとの取引条件に関する交渉に臨むことで、こうした現状が改善され
るであろうし、また、自動車メーカーなどの発注者側においても、潜在的な問
題点を現場レベルで受注側と事前によく協議することで、問題の発生を未然に
防止することが可能になる。
当事者間の認識格差を是正するツールとして、関係者が十一の行為類型に応
じた真摯な交渉を十分に行うことを期待したい。
12
(1)補給品(注)の価格決め
(ア)主な意見
素形材メーカー等
部品メーカー
○補給品の価格について、 <発注側>
自動車メーカー
○量産時から補給品として
尐量生産で手間がかか
○量産終了後に価格の見
の費用を見込んだ形で価
るにも関わらず、組み付
直しを実施している。
格を設定する方法、量産
け時と同様の価格で取
○自動車メーカーとのル
後に一定の割合を割増し
引を押しつけられる。
ールをそのまま適用せ
する方法、量産終了時に
○金型を作り直した場合
ざるを得ない場合もあ
価格改定を協議する方法
る。
がある。
でも費用負担をしてく
れない。
○ 発注元が補給品の価格
○いずれの場合も、生産量
○量産部品の生産量が減
見直しを認めたため、
が極端に尐なくなった場
尐したのか、補給品の生
自社の発注において
合には協議の上、価格改
産に切り替わったのか
も、量産時と異なる価
定を実施している。
分からずに、量産品の価
格を設定できた。
格のままで納入を続け
○ 発注先の実態を把握
ち切り年限基準など補
し、価格の見直しにつ
給部品に関する諸制度
いて合意した。
を整備しているが、そう
ている。
○ ガイドラインに取り上
げられた結果、取引先
○ 一括買い上げや生産打
した制度を取引先が十
が問題意識を持ち、交
<受注側>
分に活用しているとは
渉が行えるようになっ
○補給品としての価格は、
言い難い。
た。
○ 何度も交渉してやっと
相互で協議の上で決定
している。
○ ガイドライン策定を機
に、補給品に関する自社
取引先が見直してくれ
○量産終了となり生産量
た(数量変動による割
が尐なくなっても同じ
増率の決定など)
。
価格が適用される、量産
○ 取引先における品番管
○ 補給品と量産品の区別
品価格との関係で上限
理等が徹底していない
が明確になっていな
価格を抑えられるなど
場合がある。
い。
必ずしも全ての費用が
○ 量産品から補給品に切
認められてはいない。
り替わった時期が不明
○ 発注元によっては補給
なため、単価見直しの
品に関する定義、運用
交渉ができない。
基準、価格への反映項
13
の諸制度を再周知して
いる。
目等が明確になってお
らず、明文化されてい
ない場合もある。
○ 発注元の量産モデル打
ち切り連絡が明確でな
い場合やティア1経由
のビジネスの場合タイ
ミングが遅れることも
ある。
○ 発注元の運用基準等が
異なることから、適正
な補給品の原価管理体
制が未整備であり、原
価が把握出来ていな
い。
(注)補給品とは、この場合、量産が終了し納品された後に、不足等を理由として、ユー
ザー産業の求めに応じて再度生産された、当初の量産品と同一の製品のことを言う。
(イ)関連法規等に関する留意点10
補給品の生産原価は、量産時よりも発注が尐量であることが多いため、一般
的に量産時の原価より高くなりがちである。下請法の適用対象となる取引を行
う場合には、委託事業者(親事業者)が一方的に量産時と同じ単価(この単価
は尐量の補給品を製作する場合の通常の対価を大幅に下回るものである。)で、
下請事業者に対して尐量の補給品を発注すると、下請法第4条第1項第5号の
買いたたきに当たるおそれがある。
(ウ)望ましい取引慣行
量産の終了した補給品の製造委託契約を結ぶ場合には、原材料費及び型製
造費等について量産時とは異なる条件を加味しながら、委託事業者と受託事
業者が十分に協議を行い、合理的な製品単価を設定することが望ましい。こ
の場合、量産終了後、速やかに補給品支給期間、価格改定の協議が行えるよ
10
(脚注9)参照
14
う、委託事業者が生産状況を明確に伝えることが重要である。また、こうし
た望ましい取引を実践するためにも、量産時における当初の契約の際に、補
給品支給期間、量産終了後の価格決定方法等について、あらかじめ具体的な
内容について合意を取り交わしておくことが望ましい。
(エ)具体的なベストプラクティス
<補給品支給の打ち切りをグループ間でルール化している例>
自動車の量産終了後の金型とその補給品について、ユーザー取引先グル
ープとして改善に取り組んでいる。数社をモデルとして、2~3年経っ
て発注がないものは話し合いながら打ち切ることにした。この際、ユー
ザーとプレスメーカーだけでなく、営業部門も巻き込んで話し合いをし
ている。
<補給部品の種類を統合し、負担の軽減を図っている例>
自動車メーカーで、色や形状等を共通化する等設計段階から補給部品の
種類を減らせるように工夫している。
<量産品発注時にあらかじめ取り決めをしている例>
補給品支給期間について量産品発注時に明示して価格を決定している。
また、補給品については所定の割増し率を加算して設定している。
<量産時終了のタイミングを明確にしている例>
補給部品と量産部品で違う部品番号を付与する、システム上で補給部品
と識別できるような追加情報を付加する等、発注時に補給品と分かるよ
うに工夫している。
<生産情報を的確に通知している例>
受託事業者に生産状況及び計画を定期的に通知し、受託先が不要な在庫
部品を持たないようにしている。量産が終了した場合は速やかに文書で
連絡し、補給品としての生産計画及び価格改定の協議を実施している。
<補給品の共通化活動を進めている例>
仕入れ先からの提案を受けて、一定の基準に合致した補給品を共通化し
て種類削減を進めている。
15
<補給品の打ち切りルールなどを改めて再周知した例>
ガイドラインの策定を契機として、改めて補給品に関するルールを記載し
た文書を取引先に配布し、取引先への説明会で再周知を行った。
16
(2)型保管費用の負担
(ア)主な意見
素形材メーカー等
○取引先から金型の継続
部品メーカー
<発注側>
保管を長期(10年以
○量産終了後、生産量によ
上)に要求されるが、保
り金型の廃棄を取引先
管費用は自社負担とな
と相談して実施してい
っている。
る。
○ 発注元との型の貸借に
ついてリスト化できて
いないため交渉が行え
ない。
自動車メーカー
○製品価格の中に、「管理
費」として、転嫁してい
る。
○明確な金型廃棄基準を設
けて、部品メーカーから
○保管費用を払わない場
合もある。
○製品価格に転嫁してい
る場合もある。
金型廃棄申請を受け付け
る、あるいは、部品メー
カーの判断により金型廃
棄申請を受け付けている
○ 型保管廃却のリストを
○ 従来は、発注先からの
作成し、取引先に配布
廃止指示のみに基づい
○ 旧型の廃棄に関してき
したところ、廃棄処分
て廃却していたが、独
ちんとルール化してい
が進み、新規の型の保
自の廃却ルールを作成
るが、取引先には誤解や
管場所が確保できた
した。
制度が活用されていな
○ 契約時に型保管に関す
○ 発注元から打ち切りの
る取り決めが明確にな
了承が得られず、コス
っていない。
ト反映もない。
場合がある。
い実態がある。
○ 自社における管理の徹
底など取引先における
意識変化も必要。
<受注側>
○金型は自社保有の財産
であるので保管費用は
請求していない場合も
あれば、コストを製品価
格に転嫁している場合
もある。
○いずれにおいても金型
保管期間が年々長期化
していることが問題で
ある。
○ 自動車メーカーの基準
17
が明らかになったた
め、一定期間経過した
型については、廃棄す
ることとした。
○ 必要数量を先行生産し
た上で、型を処分した
いと考えているが、発
注元から必要数量の提
示がなく、処分の了承
がなかなか得られな
い。
(イ)関連法規等に関する留意点11
型の所有者が委託事業者である場合と受託事業者である場合のいずれの場
合にしても、量産後の補給品の支給等に備えて委託事業者が受託事業者に対
し、型の保管を要請することがある。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、委託事業者(親事業者)が
長期にわたり使用されない補給品の金型を下請事業者に無償で保管させるこ
とは、下請法第4条第2項第3号の不当な経済上の利益の提供要請にあたり、
下請法違反になるおそれがある。
(ウ)望ましい取引慣行
型の保管は、柔軟な生産体制の構築のためにメリットがある面もある。
委託事業者は、型の所有権が委託事業者・受託事業者のいずれに帰属するか
を契約上明確にした上で、必要に応じ、受託事業者と協議の上、型の保管に
必要なコストを負担し、製品製造終了から一定期間経過した型は委託事業者
が引き取るか、廃棄費用を負担した上で受託事業者に破棄させるような取り
決めを、製品発注時点で結ぶことが望ましい。
また、取り決めがない型についても、受託事業者は、製品製造終了から一
定期間が経過した型について委託事業者に引き取りまたは破棄を要請し、委
託事業者は型の必要性を十分考慮した上で、引き取りまたは破棄、若しくは
11
(脚注9)参照
18
必要なコストを負担した上での継続保管要請を行うことが望ましい。
なお、金型保管・破棄については、関連する業界団体において、独占禁止
法上の問題が生じないよう留意しつつ、標準的なモデルを作成することが望
ましい。
(エ)具体的なベストプラクティス
<金型廃棄の基準を明確にし、適正に廃棄費用を支払っている例>
一定期間使用していない金型は廃棄申請を行うという取り決めになって
おり、委託企業の承認を得てから廃棄費用を受領し、廃棄している。
<定期的な型廃棄の見直しを行っている例>
委託企業側が部品の種類ごとに期間を定め、定期的に型廃棄の見直しを
行っている。
<金型廃棄のルールの周知状況を確認している例>
自社の金型廃棄のルールが取引先にどの程度周知されているかを調査し、
改めて取引先にそうしたルールの周知徹底を行っている。
<発注元主導で型の廃棄通知等を行っている例>
取引先からの申請を得て廃棄する制度に加えて、部品番号を簡素化する
とともに、発注側から「この型を廃棄してもよい」との通知も行うこと
とした。
19
(3)配送費用の負担
(ア)主な意見
素形材メーカー
○ジャストインタイム生
部品メーカー
<発注側>
自動車メーカー
○取引契約条件の中で配送
産方式による納品の小
○取引先と協議の上で、取
方法も含め定めている。
口化や遠隔地への納品
引条件の中で決定する
○部品メーカーへの負担を
に際して、配送コストの
ことが基本である。そも
軽減するためにミルクラ
増加を認めてもらえな
そも多回配送や遠隔地
ン方式による配送方法や
い。
への納入を要求してい
集配センターの設置を行
ない場合が大半である。
っている場合もある。
○取引先に負担をかけな
○そもそも配送費用を明確
いようにミルクラン方
に示さない取引先もあ
式を導入している場合
り、費用査定ができない
もある。
場合がある。
<受注側>
○取引契約で定めている。
○ジャストインタイム生
産方式に対応するため、
コスト増を自社で負担
する場合もある。
○製品価格の何%分を管
理費という一般的な項
目とし、その項目に配送
コストも含めて計上さ
れるため、配送コストの
上昇分をすべて認めて
もらえない場合がある。
20
(イ)関連法規等に関する留意点12
委託事業者のジャストインタイム生産方式の導入に伴い、従来は一回で納
入させていた製品を複数回に分けて納品させるため、受託事業者にとって製
品の運賃負担が増す場合がある。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、このように取引条件が変更
されても、委託事業者(親事業者)が一方的に従来と同様の下請代金で納入
させることとしたときは、下請法第4条第1項第5号の買いたたきに該当す
るおそれがある。分割納品時の運賃負担についても、コスト計算等に基づい
て、下請事業者と親事業者が十分な協議を行って決定する必要がある。
(ウ)望ましい取引慣行
委託代金に含まれる製品の運送経費について、1回の発送量や運搬形態な
どの条件を加味しながら委託事業者・受託事業者が十分に協議を行い、合理
的な経費を設定することが我が国製造業の競争力の観点から見て望ましい。
(エ)具体的なベストプラクティス
<契約書に明確に配送方法を明記した例>
輸送料率の決定に際しては、見積もりの前提条件として、発着地・納入
頻度(回数)等を明確に提示して見積もりを取得し、その内容を精査し
た上で、合意の上で料率を決定している。
<配送方法の変更に伴い新規に費用を見直した例>
生産移管により納入場所が変更された場合には、新規の運賃について改
めて見積もりを出させ、協議の上で価格に合意している。
<委託事業者が巡回集荷を実施した例>
納品頻度アップの要請で運送費が負担になった際に、ユーザーが巡回集
荷に切り替え、輸送費を負担してもらえるようになった。ユーザーも物
流効率化によるメリットが得られ、素形材企業も輸送費アップによる損
益圧迫がなくなった。
12
(脚注9)参照
21
(4)原材料価格等の価格転嫁
(ア)主な意見
素形材メーカー等
○原材料等の価格が上昇
しても転嫁を認めても
部品メーカー
<発注側>
自動車メーカー
○3ヶ月~6ヶ月ごとの価
○スライド方式等で製品
格改定やスライド方式な
価格に転嫁している。
どにより、原材料等の上
○転嫁されても十分では
○自動車メーカーに認め
昇を認めている(このた
ない場合やタイムラグ
られた分しか、取引先に
め、タイムラグが生じて
による損失がある。
転嫁を認めていない場
いることは事実)
。
らえない。
○ 業界団体が作成した要
合もある。
○主要材料については、集
請文に基づく説明と価
○安定的かつ効率的な供
中購買方式による材料支
格推移表を提示し、改
給を行うため、集中購買
給を行っている場合も多
善につながった。
方式による材料支給を
いが、取引先がこれを断
○ 要請3点セット(取引
行っている場合もある。
る場合もある。
ガイドライン、協会要
○ 仕入れ先との話し合い
○ 昨今の原材料価格高騰
請文書、材料費の推移
の機会を増やし、建値
の状況を踏まえ、価格連
表など)を持参して取
スライド方式により価
動制の対象となる材料
引先を納得させる交渉
格への転嫁を認めた
を増やしたり、有償支給
を行うことが重要であ
り、材料支給も実施し
材の対象会社も増やし
る。
たりしている。
たりするなどの対応を
○ 原価を割り、生産が継
○ メーカーからの価格転
続できないことを主張
嫁の決定回答が遅いた
した。
め、仕入れ先との価格
○ 一部、根拠不十分との
に反映できない。
ことで、価格転嫁でき
ないことがある。
○ 原材料価格はスライド
<受注側>
制を採用しているが、
○転嫁は認めてもらえる
副資材や燃料費には採
が必ずしも十分でない。
用されず、自社努力で
○スライド方式を認めて
吸収している。
もらえるが、タイムラグ
により損失が大きい。
○転嫁を認めてもらって
22
行っている。
も原価低減と相殺され
実質的な価格上昇にな
らない場合もある。
○ 発注元と交渉を行い、
建値スライド方式で価
格改定した。
○ 発注元からの価格改定
の回答が遅く、改定が
認められないことも多
いので、仕入れ先にも
価格改定を実施できな
い。
○ 市況値上げを要求して
も、合理化要求に回答
していないからと拒否
されたことがある。
(イ)関連法規等に関する留意点13
原材料等の値上りや、環境保護等のための規制強化に伴うコスト増が委託
事業者に認められず、一方的に従来の価格での納入を求められることがある。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、このように、委託事業者(親
事業者)が受託事業者(下請事業者)に対して一方的に従来の価格での納入
を要求した場合、下請法第4条第1項第5号の買いたたきに該当するおそれ
がある。そのため、取引価格については、コスト計算等に基づき、下請事業
者と親事業者が十分な協議を行って決定する必要がある。
(ウ)望ましい取引慣行
原材料等の値上がりや、環境保護等のための規制の強化に伴うコスト増に
対応するため、今後の経費動向などを踏まえた明確な算出根拠に基づいて、
委託事業者・受託事業者が十分に協議を行い、合理的な製品単価を設定する
13
(脚注9参照)
23
ことが望ましく、あらかじめ算定の手法等についても合意しておくことが望
ましい。
経費を負担する主体を明確にすることによって、コスト管理能力の向上に
資し、また原材料高騰の影響を最小限に抑えようとする両事業者の工夫を引
き出す可能性があることに留意すべきである。
なお、十分な相互協議が行われていない場合もあるとの声も根強いことか
ら、サプライチェーン内で一部の企業にしわ寄せが生じることのないよう、
適正な価格転嫁が行えるよう十分な協議に努めるべきである。
(エ)具体的なベストプラクティス
<原材料の高騰を価格に適切に反映させた例>
昨今の原材料高騰を受け、従来は半年に一度価格会議を行っていたが、
現在は一定の範囲以上の変動があった場合には四半期に一度価格提示の
機会が持てるよう話し合いの上変更した。
<原材料コストが適正に反映される例>
原材料については建値スライド制をとっており、毎月値決めをしている。
<原価コストが適正に反映される例>
海外ユーザーとの取引では原材料の価格スライド制を採用しているが、
LME(国際マーケット=ロンドン相場)にプラスアルファした価格が
基準として定められている。
<原材料費の評価を適正に行っている例>
鋳造した製品に機械加工を施しているため、製品に必要な原材料は製品
の重量よりも重い。このため使用する原材料の量をベースに委託事業者
と原材料の価格協議を行った。
<原材料費の管理を行いやすいような工夫を行っている例>
見積書の中で材料費などの構成が分かりやすい様式とするとともに、取
引先が材料費を入力できるような受発注システムとなっているため、取
引先と材料費について共通認識を持てるようにしている。
<合理的な根拠を持って発注側と交渉を行っている例>
ガイドライン、業界で策定した要望書、原材料価格の推移表の3点セッ
24
トを持参して、合理的な根拠を示しながら発注側を納得させるよう価格
交渉を行っている。
25
(5)一方的な原価低減率の提示
(ア)主な意見
素形材メーカー等
○定期的に原価低減を要
求される。
部品メーカー
<発注側>
自動車メーカー
○原価低減目標の提示は行
○原価低減目標を提示し
っているが、最終的には
○ 書面による一方的な要
ているが、最終的には取
取引先と協議の上で決定
求がなくなり、協議に
引先と協議の上で決定
している。
よる要請となった。
している。
○ 「目標」としての原価低
○ 自助努力を取引先へア
○その際には、一方的な押
減目標は提示している
ピールしたことによっ
しつけにならないよう
が、実際の価格は協議の
て原価低減圧力が弱ま
に取引先への改善提案
上で決定しており、一方
った。
も行っている。
的に決めていることは
○ 同業他社も同様な訴え
○ 発注元の原価低減要求
をしたことが発注側の
を自社だけでは吸収で
対応の改善に繋がっ
きない。
た。
○ 取引先と共同で改善活
○ 何度も何度も担当者と
動を実施し、双方の実
現状について話し合
情を理解した対応をす
い、解決した。
るようにした。
○ 長年の習慣になってお
り、かつ顧客販売価格
への転嫁も難しい。
<受注側>
○ 新規取引時で原価ギリ
○原価低減目標は提示さ
ギリでないと発注がと
れるが、双方で協議の
れないのに、毎年約
上、決定している。
5%の原価低減要請が
くる。
○ 原価低減率は、現状の
原価や技術力を加味さ
れない。
○長期的な原価低減目標
を提示される場合もあ
る。
○ コンペで下がった価格
を既に納入中の製品に
まで波及させることを
要求されることがあ
る。
26
ない。
○ 様々な協業活動を行っ
て取引先と一体となっ
て双方向的に原価低減
を進めている。
○ コストダウンは当たり
前という考えがあり、
できないのは「やる気
がない」
「カイゼンが行
われていない」と批判
されてしまう。
○ 発注側の原価低減「目
標」は基本的には両者
の折衝を経て決められ
るが、状況によっては、
提示された水準に同意
せざるを得ないことが
ある。
○ 加工工程等を見直し原
価低減を行ったにもか
かわらず、単に価格を
下げただけと言われ、
その努力を適正に評価
してもらえない場合が
ある。
○ 発注側と言うべきこと
を言い合い、協働活動
を推進していくことが
必要である。
(イ)関連法規等に関する留意点14
委託事業者が自社の予算単価・価格のみを基準として、受託事業者にその
単価・価格での納入を要求することがある。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、委託事業者(親事業者)の
予算単価のみを基準として、一方的に通常支払われる対価より低い単価で下
請代金の額を定めることは、下請法第4条第1項第5号の買いたたきに該当
するおそれがある。
また、発注後に親事業者が予算単価・価格に基づき一方的に代金を減額す
14
(脚注9)参照
27
ることは、下請事業者に責任がないのに下請代金を減額することを禁止した
下請法第4条第1項第3号の代金減額にあたり、下請法違反となる。
なお、サプライチェーン内で一部の企業にしわ寄せが生じることのないよ
う、十分な相互協議が行われるべきであることは言うまでもない。
(ウ)望ましい取引慣行
製品の単価・委託代金について、品質や返品の対応などの条件を加味しな
がら委託事業者・受託事業者が十分に協議を行い、合理的な製品単価を設定
することが望ましい。品質に応じた対価が保証されることによって、発注先
企業に対し、より高付加価値製品開発のインセンティブを与え、ひいては最
終製品の品質向上に資するからである。
また、委託事業者においては、社内の技術担当及び調達担当の連携を密に
し、製品価格設定の根拠となる見積書が予定する仕様や発注量を真に反映し
たものであることを確認した上で、社内の予算承認を得ることが重要である。
(エ)具体的なベストプラクティス
<コスト削減に向けたデータ開示により、適切な価格を実現した例>
コストダウン要請があった際、熱源・生産工程改善などの自助努力とと
もに、受注量の増加がコストダウンに寄与すると試算し、ユーザーに発
注量の引き上げを要請した。自社で対応できる範囲を確定し、それ以上
の単価引き下げは新規設備投資を抑制するとの説明をユーザーに示し、
提示した試算に基づいてコストダウンを行った。
<発注元との協働作業により原価低減を実現し、コスト減の成果をシェア
している例>
発注元の調達担当者が調達方法の見直し、新規仕入れ先の開拓を行い、
生産技術担当は新工法開発や型費低減の具体的な提案をし、設計担当は
低コスト設計を提案。こうした活動により原価を低減させ、コスト減尐
の成果を委託事業者とサプライヤーがシェアしている。
<社内で原価低減プロジェクトチームを設置している例>
社内に調達、開発、生産技術、品質管理の担当者からなる原価低減のた
28
めの特別チームを組織し、部品ごとに原価低減の具体的な提案を行って
いる。また、必要に応じて、取引先の生産現場に入り、工程改善活動の
指導を行っている。
<コストダウンの「原資」発掘を同時に進めている例>
単に、コストダウンの率/額を提示するのではなく、コスト削減のベン
チマーク活用や工程改善活動などによって「原資発掘」を行い、コスト
ダウンの成果に繋げている。
<一律の値下げは行わないよう指導を行っている例>
原価低減は、品番毎にコスト削減のポテンシャルを評価して合理的な根
拠に基づいて交渉し、一律の値下げは行わないよう購買関係者を指導し
ている。
<取引先とのワークショップなどを行っている例>
社内でコスト削減のクロスファンクション・チームを編成し、取引先と
協業ワークショップを開催し、各種のコスト低減のアイデアを出し合う
とともに、その評価も協業で行い、実現させる取組を行っている。
29
(6)自社努力の適正評価
(ア)主な意見
素形材メーカー等
○重量取引が依然として
存在する。
部品メーカー
<発注側>
自動車メーカー
○価格決定や改定時に、原
○重量取引はしていない。
材料費と技術力や品質、
○軽量化実現のため、高度
○技術、品質、競争力を評
競争力を考慮して、双方
な技術を導入したにも
価して価格を決定して
協議の上で価格を決定し
かかわらず、製品価格に
いる。
ている。
転嫁されない。
○工程の原価構成で見積
○原価構成が開示されない
<受注側>
場合は、価格の目安とし
を提出しても、最終的に
○技術力、品質、競争力を
て重量による指標を提示
は重量で評価されてし
評価して価格を決定し
まう。
ている。
○自社努力によるコスト
○開発に要した費用に比
ダウンを図っても逆に
べて必ずしも満足が行
コストダウン分の単価
く評価がなされない場
引き下げを求められる。
合や算定根拠として重
○前処理、後加工といった
量に基づく指標を提示
付随的な工程のコスト
する場合もある。
される場合がある。
が反映されない。
(イ)関連法規等に関する留意点
鋳造品や鍛造品の取引において、取引単価を重量に応じて決定する「重量
取引」がなされることがある。取引単価が重量によって決定されると、例え
ば、強度を維持しつつ製品重量を軽減しようと工夫すると取引単価が下がっ
てしまう。また、後工程での加工を不要にするために複雑形状の鋳造品を開
発しても、重量が同一の場合、単純形状の鋳造品と取引単価が変わらないこ
とになる。
取引単価を重量に応じて決める方法や高度技術の導入にもかかわらず適正
な評価をされないことは、企業の研究開発意欲を阻害する。このため、技術、
品質、競争力などから総合的に正当に評価し、研究開発意欲を阻害しない取
30
引慣行を形成することが必要である。
(ウ)望ましい取引慣行
製品の単価・委託代金について、品質や返品の対応などの条件を加味しな
がら委託事業者と受託事業者が十分に協議を行い、合理的な製品単価を設定
することが望ましい。品質に応じた対価が保証されることによって、発注先
企業に対し、より高付加価値製品開発のインセンティブを与え、ひいては最
終製品の品質向上に資するからである。
また、受注事業者が、発注者のニーズに応じ、製品の軽量化を図り、また
複雑形状に対応する等の新技術の開発・応用を行った場合に、必要な工数・
コストの増加、技術的難易度等を発注企業に説明し、受注事業者と発注事業
者が協議の上それらの要素を加味して製品単価を設定することが望ましい。
受託事業者に対し技術開発・応用のインセンティブを与え、より発展的な製
品開発、ひいては最終製品の品質向上・コスト低減に資するからである。
(エ)具体的なベストプラクティス
<ユーザーが技術の理解に基づいて価格交渉をしている例>
ユーザーが価格交渉の内容を理解できない状況を改善するため、ユーザー
から人員を数名受け入れ、数ヶ月研修して、鍛造をよく理解してもらうよ
うにしている。また、ユーザーの開発・設計段階で何が求められているか
把握し、それに迅速に対応できるよう、自主的に鍛造メーカーの技術人員
も数名ユーザーに派遣しており、よい効果が出ている。
<技術的難易度の要素が価格に適切に反映された例>
重量取引の傾向があるが、自社の営業部員に熱処理技能検定を取得した技
術営業ができる人員を配備し、重量取引単価では見合わない技術的に高度
なもの、トラブルが発生しそうなものについては、いったん見積りした価
格ではなく、上乗せした価格で見積りが出し直せるよう取り決めを行って
いる。よく話し合いを行って、再見積りが承認されるケースもある。
31
(7)不利な取引条件の押しつけ
(ア)主な意見
素形材メーカー等
○海外では品質基準が低
部品メーカー
<発注側>
自動車メーカー
○海外と国内の品質基準は
くても大丈夫であるが、 ○技術力、品質、競争力を
必ずしも同じでない場合
同じ製品なのに国内で
総合的に評価し、双方協
あるが、技術力、品質、
は厳しい品質基準を求
議の上で価格を決定し
コスト等を勘案し、総合
められる。しかし、国内
ている。補償条項につい
的に判断し、双方で協議
で海外と同じ単価を求
ても取引条件の一つで
の上、価格を決定してい
められる場合がある。
あり、一方的に押しつけ
る。
○取引契約時に、補償条項
るのではなく、双方で協
○リコールなどが生じた場
を押しつけられるなど
議の上、決定している。
合には、取引契約に基づ
不利な契約を締結させ
られる。
いて、双方で協議し、負
<受注側>
○納入先の実情に応じて
技術力、品質、競争力を
評価し、双方で協議の上
で価格を決定している。
○海外での取引価格を引
き合いに、取引価格を求
められることはあるが、
最終的には双方で協議
の上、決定している。
○品質保証問題が生じた
場合等は、双方で協議の
上で負担割合を決定し
ている。製品価格以上の
負担を要求される場合
もある。
32
担割合を決定している
(イ)関連法規等に関する留意点15
海外での安い製品価格を基準にして、委託事業者が自社の予算単価を一方
的に設定し、受託事業者に価格改定を求めてくる場合がある。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、委託事業者(親事業者)の
予算単価のみを基準として、一方的に代金の額を定めることは、下請法第4
条第1項第5号の買いたたきに該当し、下請法違反となるおそれがある。
(ウ)望ましい取引慣行
品質要求に関しては、委託先事業者が合理的な説明を十分行うことが必要
であり、また、それに必要なコストは当然、製品価格に反映させる必要があ
る。
特に海外と国内とで品質要求を別にする場合は、その生産拠点におけるコ
ストを十分に考慮し、技術力、品質、人員派遣を含む役務の提供、コスト等
から総合的に判断すべきである。
また、補償に関しては、あらかじめ責任分担の基準を明確にしておくこと
が必要であるが、補償問題が生じた場合には、双方が明確な根拠を持ち寄り、
協議を行うことが重要である。
(エ)具体的なベストプラクティス
<補償に関するガイドラインを作成し協議している例>
補償の責任分担の取り決めに関しては、基本契約に明記することとして
おり、十分な協議を行うこととしているが、補償についてのガイドライ
ンを社内で作成し、書面であらかじめ提示して、責任分担を協議してい
る。
<不良品の算定が適正である例>
不良品が不可避的に発生し、およそ切削してみないと加工の成否が分か
らないような物について委託事業者が原価計算積み上げの時点で不良率
を加味しており、不良率の設定は何パーセントか、そのうちの素材不良
は何パーセントかを確認し、その範囲の不良発生費用は還元してもらい、
15
(脚注9)参照
33
材料も戻してもらっている。
<海外の非対称性を解消した例>
海外工場への出荷が多く、情報が入手しづらいため、委託事業者の国内
本社の調達部門と頻繁に品質・生産数量計画を含めた情報交換会議を行
っている。
34
(8)取引条件の変更
(ア)主な意見
素形材メーカー等
○見積作成時に提示され
部品メーカー
<発注側>
自動車メーカー
○取引契約時の前提条件を
た納入数量等が減尐し
○取引条件の変更が生じ
変更した場合は、取引先
ても価格の改定がされ
た場合は、双方協議の
からの要請に応じて価格
ず、実質的なコスト増に
上、価格見直しを実施し
改定を実施している。
なってしまっている。
ている。また、定期的に
○最近は新車効果の短期間
○品質改善による工程変
価格見直しを実施して
化や多品種尐量化の傾向
更でのコスト増があっ
おり、適切に価格に反映
化があり、生産計画との
ても当初契約締結通り
させている。
ずれが大きくなる傾向に
の価格での納入を求め
られる。
あることは事実である。
<受注側>
○見積書を提出している
○当初の予定数量が減尐
にもかかわらず、生産準
した場合でも、当初取引
備終了後に価格交渉が
通りの価格での取引を
行われる。
求められ、価格改定を認
○金型費用が製品価格に
めてくれない。
含まれた形で支払われ
ているが、納入数量の減
尐や生産打切りにより、
金型費用の回収ができ
ない場合がある。
○増産となったとき必要
になった新しい金型の
費用が認められなかっ
た場合がある。
(イ)関連法規等に関する留意点16
委託事業者が一定の数量を生産することを前提として受託事業者に製品単
16
(脚注9)参照
35
価の見積りをさせながら、実際には見積時より尐ない発注量にもかかわらず、
一方的に見積時の単価で発注を行うことがある。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、このように、委託事業者(親
事業者)が大量生産を前提とした見積時の予定単価(この単価は尐量生産す
る場合の通常の対価を大幅に下回るものである。)に基づき一方的に下請代金
の額を定め、実際には見積時よりも尐ない量を発注することは、下請法第4
条第1項第5号の買いたたきに該当するおそれがある。実際の発注時に生産
量の変化が生じた場合は、実際の生産量に基づいたコスト計算等により、委
託事業者と受託事業者が十分な協議を行って決定する必要がある。
また、委託事業者が、一定の数量の製品を発注しておきながら、生産計画
の変更等により、当初予定数量に満たない数量で一方的に発注を中断するこ
とがある。この場合、例えば受託事業者が製品製造のために型を調達し、そ
の費用を製品単価に上乗せ計上していると、発注数量に満たない発注では、
金型費用が回収できなくなる。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、委託事業者(親事業者)が、
必要な費用を負担することなく、発注時に決定した数量を下回る納品数量で
発注を中断した場合、下請法第4条第2項第4号の不当な給付内容の変更に
該当するおそれがあるので留意が必要である。
同時に、発注が中断され、親事業者が下請事業者に対し発注に定めた下請
代金を下回る代金しか支払わなかった場合、下請法第4条第1項第3号の代
金減額に当たり、下請法違反となるおそれがある。
なお、親事業者が下請事業者に対し型の製造を委託し、これを受領した場
合には、型についても受領後60日以内において、かつ、できるだけ短い期
間内に定めなければならない支払期日に下請代金を全額支払う必要があり、
この支払期日を超えた日に型代金を部品代金に上乗せして分割して支払うこ
とは支払遅延に該当する。
(ウ)望ましい取引慣行
○見積時の条件変化による価格の見直し
見積りにおける納入見込み数が発注時に大幅に減尐するなど、製品単価
が変動する状況が発生した場合は、委託事業者・受託事業者が十分に協議
を行い、合理的な製品単価を再設定することが望ましい。製品の生産数量
が変動すれば、必要となるコストも変動するため、当該製品の製造単価が
変動することは合理的である。
36
○予定数量に満たない数量での生産中止
市場環境の変化に伴う生産計画の変更等により、当初予定数量に満たな
い数量で発注を中断せざるをえなくなった場合には、受託事業者が生産準
備に必要とした費用を委託事業者が負担することが望ましい。この際、費
用には設備投資や原材料調達コスト、資金調達コスト等が含まれ、これら
を委託事業者と受託事業者が十分協議の上、受託事業者に負担がかからな
いように委託事業者の負担を決定することが望ましい。
○金型代金の支払い
金型代金の支払いについて、型等の当該製品の生産のためだけに製造・
購入されるような設備等にかかる費用に関しては、製品単価に上乗せする
支払形態ではなく、当該設備等にかかる費用を別途全額支払うようにする
ことが望ましい。
(エ)具体的なベストプラクティス
<製造に必要な資金が支給されている例>
委託事業者が金型を買い取る場合、受託事業者は、金型製造時の資金負
担を軽減するために、金型代の一部を前払いで受領している。
<適正な見積額を算出している例>
材料費、工数の実績値、生産予定数等を入力すると見積単価が算出でき
るシステムを導入し、生産予定数量の変動に伴う、製品価格の再見積を
迅速に行えるようにしている。
37
(9)受領拒否・検収遅延
(ア)主な意見
素形材メーカー等
○検収基準が事前通知な
部品メーカー
<発注側>
自動車メーカー
○品質基準等の変更があっ
しに変更され、既に生産
○品質基準等の検収基準
た場合は速やかに取引先
した製品について納入
が変更された場合は、速
に連絡するとともに、二
拒否をされた。
やかに取引先に連絡し
次取引先への周知徹底を
○発注書に指定されて期
ており、事前の連絡なし
依頼している。
日に納品しようとした
に納入拒否することは
ら担当者不在を理由に
ない。
納品拒否をされた。
○ジャストインタイム方
<受注側>
式対応のため、分割納入
○品質基準等の検収基準
しているが、分割検収を
が変更された場合は、速
行ってもらえず、実質的
やかに連絡を受けてい
な支払い期間が長期と
る。
なる。
○また、取引先にも速やか
に情報を展開するとと
もに、取引先への周知も
依頼している。
(イ)関連法規等に関する留意点17
○受領拒否
ある製品の発注を受け、委託事業者に当該製品を納入しようとしたところ、
例えば「急遽担当者が休暇を取ってしまい、受領できない」などとして受託
事業者が納入拒否にあうことがある。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、このように、委託事業者(親
事業者)が受託事業者(下請事業者)に対して委託した給付の目的物につい
て、指定された納期に下請事業者が納入してきた場合、下請事業者に責任が
17
(脚注9)参照
38
ないのに親事業者が受領を拒むと、下請法第4条第1項第1号の受領拒否に
あたり、下請法違反となるので留意が必要である。
○検収遅延(支払遅延)
鋳造・鍛造・金属プレス等に必要となる金型・木型・その他の型(以下、
「型」という。)を検収する際には技術的な判断が難しく、何度もやり直し
を行うことがある。また、技術的観点から金型の試験中であるとしながら、
実際には既に金型を使った製品製造を行っている例もある。この際、検収
が終了していないとして、委託事業者が代金を支払わない場合がある。
また、素形材製品を納める場合においても、製品検収が終了していない
ことを理由として、委託事業者が代金を支払わない例がある。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、下請法第4条第1項第2
号の規定により、委託事業者(親事業者)は、検収が終わるか否かを問わ
ず、金型を受領した日から起算して60日以内において、かつ、できるだ
け短い期間内に定めなければならない支払期日に下請代金を全額支払わな
いと下請法違反となるので留意が必要である。
また、検収の結果、無償で下請事業者にやり直しを求める場合において
は、納品されたものがいわゆる「三条書面」に記載された給付の内容(仕
様等)を満たさず、その原因が下請事業者の責めに帰すべきものであるこ
とが必要である。三条書面に記載された給付の内容が明確でない場合に、
必要な追加費用を親事業者が負担することなくやり直しをさせると、下請
法第4条第2項第4号にいう不当なやり直しにあたり、下請法違反となる
おそれがあるので、この点にも留意が必要である。
さらに、親事業者が、必要な追加費用を親事業者が負担することなく、給
付の受領以前に発注内容の変更(設計変更等)を行った場合もやり直しの
考え方と同様である。
なお、下請法で認められているやり直し又は給付内容の変更については、
下請事業者の責めに帰すべき理由がある場合であって、かつ、通常の検査
で直ちに発見できない瑕疵があるときには、原則として1年以内に限って
やり直させることが認められているが、1年を超えた後にやり直させると
下請法違反となるので注意が必要である。
39
(ウ)望ましい取引慣行
○受領拒否
製品の納入日について、委託事業者と受託事業者が日程について十分な協
議を行い、確実に納入できる日を書面で定め、親事業者が製品を受領できる
態勢を確保することが望ましい。検収と併せて日程を管理することで、生産
管理の効率化に資するからである。
○検収遅延
技術的に難しい成果物の検収を、効率よく、また下請法に違反しない形
で終わらせるには、まず、発注時の仕様と検収基準を明確にすることが望
ましい。また、あらかじめ検収に必要な期間を明確に定め、その期間内に
検収を終了させるようにすることが望ましい。
(エ)具体的なベストプラクティス
<迅速な検収のためのマニュアル作成、限度見本の管理を行っている例>
迅速な検収を行うとともに、担当者による検収のばらつきをなくすため
に、社内で検収マニュアルや限度見本を作成するとともに、社内教育を
徹底して行っている。
さらに限度見本等は汚れや傷により変化が生じないように管理をきちん
と行っている。
<会計システムでの工夫をしている例>
支払い遅延が生じないように、会計システム上でアラーム機能を付して
うっかりミスのないように運用している。
また、検収や受領期日は、一度入力したら管理者以外が変更できないよ
うに不正な修正ができないようにするとともに、下請企業の区分や金型
取引などの注意項目を入力することにより法令遵守の徹底を図っている。
<検収基準の作成について共同で行っている例>
受託先企業での受入れ検収基準や限度見本の作成にあっては、双方の品
質管理担当が直接協議を行い決定している。
40
(10)長期手形の交付・有償支給原材料の早期決済
(ア)主な意見
素形材メーカー等
○依然として150日や
180日といった長期
手形の交付をされたこ
とがある。
部品メーカー
<発注側>
○長期手形の交付は行っ
ていない。
自動車メーカー
○長期手形の交付を支払い
条件にはしていない。
(下
請法対象企業と対象外企
○取引先との双方合意で
業とで手形の支払期日に
○材料支給が当月、製品の
決定しているが、下請法
差を設けている場合とそ
納品が翌月のような場
対象企業は最長120
うでない場合はある。
)
合がある。また、当月支
日、大企業でも150日 ○また、企業の経営状況に
払われた加工費が、来月
が最長となっている。
加工するものの材料費
応じて個別に支払い期日
や現金支払い比率を調整
の支払で相殺されて入
<受注側>
金がゼロまたはユーザ
○取引先との合意事項で
ーへの支払が発生する
あり、長期手形の交付が
というケースもある。
支払い条件になること
している。
はない。
(イ)関連法規等に関する留意点18
○長期手形の交付
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、下請代金の支払は金銭に
よることが原則である。一方、手形による支払も認められているが、著し
く長いサイトの手形など、割引困難な手形の交付は、下請事業者の資金繰
りに多大な悪影響を与えるため、下請法4条2項2号により禁止されてい
る。具体的には、手形サイトは120日以内とするよう、
「下請代金の支払
手形のサイト短縮について」
(昭和 41 年 3 月 11 日、公正取引委員会事務局
長及び中小企業庁長官による通達)により定められているので、留意が必
要である。
18
(脚注9)参照
41
○有償支給原材料の早期決済
受託事業者が委託事業者から加工対象物を有償で支給され、それに加工
を行い委託事業者に納入する場合があるが、その有償支給材を実際の加工
時期よりも早期に支給されるために、委託事業者が、加工対象物を納入し
た後の代金受領よりも、有償支給材の代金を早期に決済することを求めら
れることがある。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、下請法第4条第2項第1
号により、親事業者が支給した有償支給材の代金を、これを用いて製造し
た製品の下請代金よりも早く支払わせることは下請法違反となるので留意
が必要である。
(ウ)望ましい取引慣行
○長期手形の交付
手形取引にあたっては、委託事業者・受託事業者の資金調達コストや手
形管理コストを勘案し、長期サイトの手形による支払を用いないことが望
ましい。一般的に言えば、企業規模の大きな委託事業者の方が資金調達コ
ストは低く、受託事業者のそれは高いため、受託事業者が手形割引の形で
資金調達を行うよりも、委託事業者が短期手形又は現金で支払う方が全体
として資金調達コストが低減し、その分研究開発や設備投資に振り分けら
れる資金が多くなるため、我が国製造業の競争力向上に繋がるからである。
○有償支給原材料の早期決済
有償支給材の決済については、加工後の製品の納入代金から、その加工
対象物の代金を控除して支払うことが望ましい。この際、受託事業者が委
託事業者に当月納入したものの中に含まれる有償支給材を個々に拾い上げ、
その金額を合計して当月納入代金の支払時に下請代金から控除する方法の
他、経理事務作業のミスを防止するため、委託代金から控除する時期を一
ヶ月遅らせる方法等がある。
(エ)具体的なベストプラクティス
<手形支払期日を一定に決め、企業の状況に応じて柔軟に対応している例>
企業規模に関係なく手形支払期日を統一。法令遵守の徹底とミスのない
42
支払いを実施している。
但し、現金と手形の比率や早期の支払いは企業の資金状況により双方で
協議の上、柔軟に対応している。
<支払条件が合理的である例>
委託事業者に対して、手形から現金支払への切り替えを依頼したところ、
ある割合までは現金支払で、その割合を越えた部分のみユーザーの資金
繰りが逼迫するため手形で対応する、というように、決済条件が改善さ
れた。
43
(11)金型図面及び技術・ノウハウ等の流出
(ア)主な意見
素形材メーカー等
○発注者が見積又は工程
部品メーカー
<発注側>
管理等と称して、図面や
○図面やノウハウの転用
技術情報等の提出を求
については、基本契約の
め、その提出した図面や
中で明記している。
ノウハウを活用して、他
○転用を行う場合は、予め
の企業が製品を製造し
取引先の了解を得てい
ている。
る。
○図面やノウハウの転用に
ついては、基本契約の中
で明記している。
○転用を行う場合は、予め
取引先の了解を得てい
る。
○そもそも、図面提出を要
○特に海外工場での生産
に多く見られる。
自動車メーカー
求していない場合が多
<受注側>
い。
○そもそも図面提出をし
ていない場合が多い。
○図面やノウハウの転用
については、基本契約の
中で明記している。
○転用を行う場合は、予め
取引先の了解を得てい
る。
(イ)関連法規等に関する留意点19
図面・ノウハウの流出それ自体が下請法により規制されるものではないが、
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、部品・金型の製造委託を行っ
た際に、発注書面上の給付の内容に金型の図面や製造ノウハウが含まれてい
ないにもかかわらず、金型の納入に併せて当該図面を無償で納品するように
要請した場合には、下請法第4条第2項第3号の不当な経済上の利益の提供
要請の禁止に該当するおそれがある。
図面やノウハウを提供させたという場合には、別途対価を支払って買い取る
19
(脚注9)参照
44
か、又はあらかじめ発注内容に金型図面を含むことを明らかにし、当該図面
を含んだ対価を受託事業者と十分な協議の上で設定する必要がある。
金型図面の流出に関しては、経済産業省は既に「金型図面や金型加工デー
タの意図せざる流出の防止に関する指針」(平成 14・06・12 製局第 4 号)を
発出している。
また、不正競争防止法による保護も有効であり、この際、
「営業秘密管理指
針」
(平成 15 年 1 月 30 日・平成 17 年 10 月 12 日改訂)に示された要件を満
たすよう、受託事業者においてはノウハウ等を十分に管理する必要がある。
(ウ)望ましい取引慣行
取引先の技術やノウハウを保護することは発注者にとっても重要な問題で
あり、調達部門はもちろんのこと、開発部門や生産技術などの関連部門にお
いても、社内の情報セキュリティ体制を確立するとともに、ノウハウ等の管
理のための取組(取引先との機密保持契約、転用に関して承諾を得るべきこ
とを盛り込んだ基本契約等の締結、範囲や期限を明確化した上での従業員・
退職者の守秘義務の徹底など)の徹底を図ることが望ましい。
また、図面の移転等を伴う場合には、契約(下請法の「三条書面」も含む)
において可能な限りその条件を明確化することが望ましい。
(エ)具体的なベストプラクティス
<図面の管理を徹底した例>
以前はユーザーからの要請で図面を一方的に提出していたが、数年前か
ら経済産業省の金型図面に関する指針に基づき、図面の提出を断ること
とした。
<社内の情報セキュリティを強化した例>
意図せざる情報流出により、取引先事業者の情報も流出するおそれがあっ
たことから、社内の情報セキュリティを見直した上で強化し、PCの持ち
出し制限やデータベースへのアクセス制限を設けた。
45
第3章
トラブルの未然防止・再発防止・迅速解決による適正取引
の推進
~「早期警戒システム」の構築に向けて~
1.トラブルの未然防止・再発防止・迅速解決により適正取引を推進するメカ
ニズムの重要性
自動車産業のサプライチェーンの大きな広がりを考えれば、前章において記
述した適正取引の内容やルールをガイドラインとして提示するだけではなく、
その周知徹底によって問題視される取引の発生を未然に防止するとともに、仮
に取引を巡るトラブルが生じた場合にも迅速に改善措置を講じ、再発防止を図
るためのメカニズムを構築することにより、適正取引の推進を図ることが必要
である。
なお、こうしたメカニズムを構築することにより、自動車産業のサプライチ
ェーン全体での適正取引が進展することは、自動車産業の競争力向上につなが
るだけでなく、広く社会から求められる「企業の社会的責任」の観点からも重
要である。
2.関係者の取組の現状
~充実を図るべき3つのポイント
現状においても、自動車メーカー等は、不適正な取引の未然防止のための取
組を行っており、一定の成果を挙げている。ただし、さらに適正取引の推進を
図るためには、以下の諸点において更なる充実を図る必要がある。
(1)下請法遵守のみにとどまりがちな内部マニュアルの拡充
これまでの調査結果によれば、各社はそれぞれ独自の「調達マニュアル」
を策定して社内教育等に活用することが一般的となっているが、その多くは、
法令遵守なかんずく下請法の遵守に関する内容にとどまっている場合も尐な
くない。
46
そのため、社内教育等で周知徹底されるべき内容が、第一章で記載した「目
指すべき調達慣行」
(例えば、目標と成果の共有など)のすべてを網羅してい
ない可能性がある。また、下請法遵守に関心が集中する結果、
「下請法の対象
事業者」については法令遵守の観点から細心の注意が払われるとしても、そ
れ以外の事業者との関係では十分な配慮が払われない、といった状況が生じ
ている。
(2)サプライチェーン全体への展開を視野に入れた周知徹底活動の必要性
自動車メーカー、自動車部品メーカー及び素形材メーカー(以下「自動車
メーカー等」という。)においては、年度当初の調達方針の説明会やいわゆる
「協力会」の活動などを通じて、下請法の遵守を含む法令遵守の徹底を依頼
するのが一般的となっている。
しかしながら、前章で記述したとおり、依然として取引における問題が指
摘されているところでもあり、適正取引の推進活動が十分にサプライチェー
ン全体には浸透しているとは言い難い。
特に、これまでの調査によれば、自動車メーカー等の適正取引の推進のた
めの周知徹底活動は、いずれも直接の取引先(一次サプライヤー)をもっぱ
らの対象として行われており、二次以下のサプライヤーに対しては、一次サ
プライヤーから周知徹底を行うよう依頼するにとどまっている場合がほとん
どである。そのため、素形材メーカーなどからは「自動車メーカー等が行っ
ている適正な取引慣行の周知徹底の方策を幅広く展開して欲しい」といった
声がある。
(3)相談窓口機能の拡充・強化
これまでも、自動車メーカー等においては、直接の取引先である企業を対
象とした調達に関する相談窓口を設置している例があるが、一方、サプライ
チェーンの下流に位置する事業者からは、取引上の問題があると考えられる
ような場合であっても、将来の取引関係への悪影響が危惧されるため、現実
には活用は難しいといった声がある。
また、こうした窓口は、自動車メーカー等と直接取引がない二次以下のサ
プライヤーに対して開放されていないため、より上流の取引条件の設定に問
47
題があった場合であっても、下流に位置する二次以下のサプライヤーが直接
にそれを訴える場がないとの声がある。これは、自動車メーカー等にとって
も、二次以下のサプライヤーからの声を取引改善に役立てる貴重な機会を失
っているとも言える。
さらに、不適正な取引に関する情報が業界団体等に寄せられる場合もある
が、業界団体等から、それを組織的に各社にフィードバックする経路が不明
確であり、そのため、こうした情報をトラブルの未然防止や取引の改善に活
用する仕組みが確立していない。
3.今後の対応の方向性
~まずは3つのポイントの一斉点検から
自動車メーカー等の適正取引をこれまで以上に広く浸透させるためには、自
動車メーカーと大手自動車部品メーカーを中心とした「企業」、社団法人日本自
動車工業会と社団法人日本自動車部品工業会を中心とした「団体」、経済産業省
をはじめとする「行政」がそれぞれ適正取引を推進するための体制を一層充実
させるとともに、これらが密接に連携して一体となって課題解決に向けた取組
を継続的に行うことが必要である。
具体的には、それぞれの主体が適切な役割分担のもとに、まずは、以下の(1)
から(3)の三点について対応を充実させるとともに、(4)のとおり一斉に取組
状況を点検することが必要である。
(1)「目指すべき調達方針」を網羅したマニュアルの整備とその共有
自動車メーカー等は、各企業内部において、適正取引を推進するための適
切な体制を整備する必要がある。そのため、下請法の遵守に関する内容に留
まらず、本ガイドラインで示されている事項も広く取り込み、調達先との関
係での留意事項を幅広く記した「適正取引推進マニュアル(仮称)」を整備す
べきである。
その際、例えば、以下の点について明確に記載すべきである。
(ア)各社が目指す調達関係のあり方(例えば、目標・課題の共有と成果の
シェアなど、第一章で記載した五原則)
(イ)具体的な取引慣行(特に、前章に記載したような、補給品の価格決定、
型保管費用の負担、配送費用の負担、原材料価格等の価格転嫁に関す
48
る方針など、取引先から問題視されやすい行為類型)についての各社
の具体的な対処方針
(ウ)下請法の対象ではない企業であっても独占禁止法上の問題が生じうる
ことから、取引適正化を図る必要があること
(エ)説明会等の開催方針
(オ)取引先との相談窓口の明示、及びトラブルが生じた場合の処理の手順
など
(2)サプライチェーン全体を視野に入れた周知徹底活動の強化
(i)社内関係部局への徹底
既に多くの自動車メーカー等においては、調達部門を中心として、関連
法令の遵守のための担当部門の設置、各関係部門での責任者の明確化など
により社内体制の整備に努めている。また、下請法遵守の講習会、新人担
当者への教育、教材開発などにより、社内での周知徹底の取組を行ってい
るところもある。さらに、担当者に留意点を記したカードの携帯を義務づ
けているケースもある。
各社においては、こうした取組をさらに充実させるともに、上記(1)
で整備した「マニュアル」も活用して、開発部門、生産技術部門、品質管
理部門など、取引に関わる全ての関係者に対象を幅広く拡大し、社内全体
に適正取引推進のための取組を周知徹底すべきである。
(ii) 取引先企業への周知徹底の強化
自動車メーカー等においては、直接の取引関係がある企業(一次サプラ
イヤー)に対しては、定期的に開催する調達方針の説明会、
「協力会」又は
それに類する組織での活動等を通じて、関連法令の遵守を含めた適正取引
を推進するための取組を行うことが一般的となっている。また、取引先を
集めた適正取引の推進に関する講習会の実施、取引先との個別面談時にお
ける適正取引への協力依頼などの対応もなされている。
発注側の企業においては、このように、取引先企業への個別指導、取引
先を集めた講習会、いわゆる「協力会」の活動等を通じて、取引先企業を
通じて更にその下流の企業へ「あるべき調達慣行」が浸透するよう、サプ
49
ライチェーン全体を視野に入れて周知徹底活動の強化を図っていくべきで
ある。
(iii)直接の取引関係のない二次以下のサプライヤーへの周知徹底
自動車メーカー等においては、直接取引のある企業を通じた周知徹底を
行うことを基本としつつ、直接の取引関係のない二次以下のサプライヤー
に対しても、その実態把握に努め、可能な限り、適正取引を推進するため
の取組の周知徹底に努めるべきである。例えば、二次以下のサプライヤー
を広く対象に含めた説明会の開催、ホームページの開設、パンフレット類
の作成等を通じて、二次以下のサプライヤーに対し各社の調達方針を正確
に伝達し、適正取引を推進するための取組を的確に伝えるよう努めるべき
である。
なお、一次サプライヤーを通じて更にその下流の企業へ適正取引の取組
の周知を要請したり、一次サプライヤーに加えて、直接の取引関係のない
二次以下のサプライヤーに対して直接的に周知活動を行ったりすると、独
占禁止法上の「拘束条件付き取引」等に該当する可能性が高まるのではな
いか、と懸念する声がある。しかしながら、二次以下のサプライヤーに対
して、個別訪問、説明会の開催、ホームページの開設等により、発注元各
社の調達方針を的確に伝達する活動、本ガイドラインに規定するような「関
連法規等に関する留意点」、「望ましい取引慣行」、「具体的なベストプラク
ティス」の内容について周知徹底を図ろうとする活動は、その目的・内容
を踏まえると、通常の場合、独占禁止法上問題になるものではないと考え
られる。
(iv)業界団体や行政を通じた周知徹底活動の充実・強化
関連の業界団体においても、本ガイドラインの内容を普及させるため、
自動車産業のサプライチェーンを構成する幅広い企業を対象とした説明会
を開催するなど、積極的な周知徹底活動を実施すべきである。
特に、自動車メーカー等はともかく、規模の小さい企業の中には、社内
教育体制も十分に整備されておらず、下請法や独占禁止法に関する担当者
の理解が十分ではない場合も多いと考えられる。こうした企業に対しても
本ガイドラインの十分な周知がなされるよう、中小企業団体とも連携しつ
50
つ、周知徹底に努めていく必要がある。
経済産業省や都道府県等の行政機関においても、例えば、本ガイドライ
ンで示された適正取引についての説明にあたっての担当官の派遣、説明会
の開催、ホームページの活用などを通じて、上記の各企業・業界団体の周
知徹底のための取組を積極的に支援すべきである。
(3)個別取引に関する相談窓口機能の活性化と関係者間の連携強化
(i)取引を巡るトラブルに関する情報の効果的な活用
サプライチェーンの下流に位置する企業には、将来の取引関係への影響
をおそれて、取引上の問題があっても、発注元の相談窓口を活用できず、
業界団体等に匿名での情報提供を志向する向きもある。こうした匿名情報
は、誤解に基づく断片的なものである場合もあるとはいえ、適正取引を推
進するための貴重な参考情報として活用できる場合もある。
このため、関係者が広く連携し、こうした匿名情報を効果的に収集し、
トラブルの未然防止に繋げていくことも重要である。
また、個別具体的な取引を巡るトラブルが生じた場合には、決してそれ
を放置することなく、実態の解明に努め、取引上の問題があることが確認
された場合には、それを再発防止に確実につなげていくメカニズムを構築
すべきである。
(ii)自動車メーカー等の相談窓口の拡充
自動車メーカー等においては、その相談窓口の活性化のために、以下の
ような対応を行うべきである。
第一に、幅広い事項を取り扱う中立的な相談窓口の整備である。相談窓
口は、下請法の遵守だけではなく、本ガイドラインの対象としているよう
な調達関係のあり方を広く対象とし、その際、そうした相談窓口を社内の
中立的な部署(ないしは社外に委託した弁護士等)に設置するなど、サプ
ライヤーが相談しやすくなるよう配慮すべきである。また、窓口は、二次
以下のサプライヤーに対しても広く開放すべきである。
51
第二に、
「匿名情報」の活用に努めることである。関係者は、業界団体等
を経由して入手するような「匿名情報」にも気を配り、個別取引を巡るサ
プライヤーとの紛争の未然防止に役立てる。そのため、業界団体や行政と
の関係を密接にする必要がある。
第三に、迅速に改善措置を実施する体制の整備である。問題のある行為
が把握された場合には、調達セクション以外の関係部門も広く巻き込み、
必要に応じて、取引改善を確実に実施する社内体制を整備すべきである。
(iii)業界団体における相談窓口の設置と関係者との連携
業界団体においては、その構成各社が直面している取引慣行に関する諸
課題について幅広く実態を把握するとともに、その課題解決に向けた取組
を行うことが期待されている。
今般のガイドライン策定の過程においても、個別各社では発注側に対し
て直接には提起し難い問題を匿名化して、業界団体において提起してもら
いたいとの声があった。業界団体においては、中立的な立場であることを
活かし、こうした匿名情報を適正取引の推進に役立てていくべきである。
以上を踏まえ、業界団体においては、以下のような対応を行うべきであ
る。なお、その際、カルテル行為のような独占禁止法上問題となるような
行為を行わないことは当然の前提である。
・ 関係する業界団体(社団法人日本自動車工業会、社団法人自動車部品工
業会、素形材その他の関係団体など)においては、個別企業ないし団体
からの匿名情報も含む相談や情報提供を受け付ける窓口を設置し、行政
庁や企業の社内に設置された相談窓口とも連携して問題解決に努めるこ
と。
・ 関係する業界団体においては、金型の保管・破棄のような個別取引のあ
り方に関して、必要に応じて、標準的なモデルを作成すること。
52
(iv)行政との連携
経済産業省を始めとする関係行政機関においては、適正取引の推進を図
る観点から、企業に対して下請法の理解を深め、その遵守を要請するとと
もに、個別取引の問題についても的確に現状を把握することが期待される。
また、今後も引き続き、本ガイドラインの充実などを通じて、望ましい調
達慣行や問題行為の整理を提示することが期待される。
そのためには、経済産業省本省、中小企業庁、地方経済産業局、都道府
県などの各関係部局が適切な役割分担のもとに、自動車産業の適正取引の
推進のための相談窓口を設置して取引に関する情報収集に努めるとともに、
必要に応じて広く情報共有を図り、業界や企業の相談窓口とも密接に連携
していくべきである。
また、こうして収集した各種情報を体系的に整理し、必要に応じて、今
般策定するガイドラインの改定に繋げていくべきである。
(4)総点検の実施と早急な改善
自動車メーカー等においては、当面は、上記(1)~(3)で述べた点を
中心に、各社の取組の現状について把握し、対応状況について一斉に検証す
べきである。
その上で、本ガイドラインの内容に沿って、自社の社内マニュアルの改定、
改定マニュアルに基づく社内研修等の実施、サプライチェーン全体を意識し
た社外説明会の実施などに反映させ、実行に移していくべきである。
53
第4章
自動車産業の現代的な課題への対応
~海外における適正取引の推進~
1.自動車産業の国際展開の現状と海外での適正取引推進の要請
我が国の自動車生産は、海外生産が1000万台を超え、いまや国内生産(約
1000万台)を凌駕する規模となりつつある。二輪車の生産については、海
外市場の増大が産業を支えているという構図はより顕著であり、海外生産はア
ジアを中心に急拡大して2000万台近くとなっており、国内生産の10倍近
くにも及んでいる。我が国の自動車産業の活動と収益の基盤の大半が海外市場
にあるといっても過言ではない。
中小企業を含む部品メーカーや素形材メーカー等は、新たなビジネスチャン
スを求めて、海外進出を加速してきており、その結果、グローバルに効率的な
サプライチェーンを構築することが自動車メーカーや部品メーカー、素形材メ
ーカー等にとっての大きな課題となっている。
海外進出した企業の一部には、発注元から「買いたたき」等の行為を受けた、
あるいは、代金受取等の面で地場企業に劣後する条件での取引を求められたと
の声も出てきており、中小の部品メーカー等の中には、海外進出を逡巡する向
きもある。自動車メーカー等においては、こうした部品メーカーの海外展開に
安心感を与え、いわば、海外の投資環境整備の一環として、海外においても、
「協
調的投資促進型調達慣行」を浸透させ、国内での適正取引推進のための取組に
準拠した対応を図っていくべきである。
また、経済産業省をはじめとする関係行政機関においても、自動車メーカー
等の進出が広がるアジアを中心とした諸外国の関係機関や我が国の貿易投資支
援機関とも連携し、海外における適正取引の推進に努めるべきである。
2.海外における適正取引推進のために留意すべき三つの原則
海外における適正取引の推進を図るため、各自動車メーカー等においては、
現地の法令や商慣習にも配慮しつつ、以下の三つの原則に留意して対応するこ
54
とが望ましい。
第一に、あるべき調達慣行の世界共通化の原則である。自動車メーカー等は、
第1章で述べた「開かれた公正・公平な取引」
「調達相手先と一体となった競争
力強化」等の目指すべき五つの調達原則について、広く海外においても妥当す
る旨を明らかにしておくことが望ましい。サプライヤーに対しては、海外進出
前にあらかじめ説明していた条件を海外進出後に突然変更するなどにより、不
当な損失を与えることのないよう配慮すべきである。
第二に、モニタリング徹底の原則である。自動車メーカー等は、例えば、海
外においても、可能な限りで、国内調達先との関係で実施しているような各種
の経営支援、技術指導、経営状況の把握などを同様に実施することが望ましい。
この一環として、海外における取引に関する苦情及び相談窓口を設置すること
が望ましい。
第三に、情報提供徹底の原則である。自動車メーカー等は、海外進出に際し
ては、その計画、発注の方針等の内容について、サプライヤーに必要な情報を
逐次提供することが望ましい。また、サプライヤーが同じ地域に進出するよう
な場合には、その自主性を尊重するとともに、現地の労働慣行や市場環境につ
いて十分な情報提供、指導、その他必要な協力を行なうことが望ましい。
55
おわりに
~協調的投資を促す調達慣行を確立するために~
調達戦略の工夫が公正競争と競争力強化を可能とする。日本の自動車産業が
培った調達戦略を「協調的投資促進型調達慣行」と性格付けをした上で、公正
競争と競争力強化の同時達成、当事者間同士の認識格差の解消、内外一致の調
達慣行の展開を図ること。繰り返しになるが、これが本ガイドラインの要点で
ある。自動車産業に関わるすべての者が、このガイドラインに準拠した戦略を
実行に移し、当事者間に存在する認識のギャップや交渉力の差を埋めていくこ
とを期待したい。
もう一点、強調すべき点がある。このガイドラインは不断の見直しが必要で
ある。自動車産業を取り巻く環境は大きく変わる。それに応じて、取引の実態
も変わり、望ましい調達の戦略も変わる。新たな問題行為が発生する可能性も
ある。こうした事態が生ずる度に、関係者の英知を集めてこのガイドラインを
見直し、公正競争と競争力強化の両立を図る新たな知恵を開発しなければいけ
ない。さらに言えば、例えば、自動車の電子化に伴う新たな研究開発の取組や、
自動車及び自動車部品の流通に関する様々な問題への取組も、残された課題と
言えよう。
このガイドラインを共有し、このガイドラインを不断に見直すことによって、
自動車産業の健全な発展が促されることを期待したい。
56
自動車取引適正化研究会・委員名簿
<座長>
糸 田 省 吾 前東京経済大学現代法学部教授
<委員>
鶴 田 俊 正 専修大学名誉教授
馬 場 敏 幸 法政大学経済学部国際経済学科教授
柳 川 範 之 東京大学大学院経済学研究科・経済学部准教授
渡 辺 幸 男 慶応義塾大学経済学部教授
山 下 雅 也 本田技研工業株式会社常務取締役購買本部長
増 井 敬 二 トヨタ自動車株式会社常務役員
吉 本
真
日産自動車株式会社購買執行役員
清 水 康 昭 いすゞ自動車株式会社取締役兼上席執行役員購買部門統括
菅 原 健 史 川崎重工業株式会社執行役員汎用機カンパニーサプライチェーン本部本部長
望 月 英 二 スズキ株式会社取締役専務役員購買本部長
福 塚 正 廣 ダイハツ工業株式会社執行役員調達本部長
林
誠
伊 藤 二巳夫
石
原
卓
日産ディーゼル工業株式会社調達グローバル調達管理担当部長
日野自動車株式会社執行役員調達部門
富士重工業株式会社常務執行役員スバル購買本部長兼スバル部品用品本
部長
今 井 一 基 マツダ株式会社執行役員購買本部長
辻
穣
三菱自動車工業株式会社調達本部本部長
家 木 達 也 三菱ふそうトラック・バス株式会社購買・物流本部シャシー購買部長
秀 島 信 也 ヤマハ発動機株式会社調達統括部統括部長
深 谷 紘 一 株式会社デンソー取締役副会長
大 嶽 隆 司 株式会社小糸製作所取締役会長
髙 島 良 郎 NOK株式会社専務取締役
川 田 武 司 アイシン精機株式会社取締役副社長
西 垣 順 充 曙ブレーキ工業株式会社取締役専務執行役員
林
隆 司 カルソニックカンセイ株式会社取締役専務執行役員
天 木 武 彦 日本発条株式会社取締役社長
山 下 雅 志 矢崎総業株式会社専務取締役
志 藤 昭 彦 株式会社ヨロズ取締役会長
青 戸
紘
社団法人日本インテリアファブリックス協会会長
田 村 捷 也 日本金属熱処理工業会会長
上 田 勝 弘 社団法人日本金型工業会会長
大 西
匡
社団法人日本鍛造協会会長
中 谷 兼 武 社団法人日本鋳造協会会長
後 藤 壽 夫 全日本プラスチック製品工業連合会副会長
竹 内 克 弘 全国鍍金工業組合連合会理事
晝 田 眞 三 社団法人日本金属プレス工業協会会長
片 岡 正 隆 社団法人電子情報技術産業協会副会長兼電子部品部会長
[オブザーバー]
田 中
勲
社団法人日本自動車工業会理事・事務局長
高 橋 武 秀 社団法人日本自動車部品工業会専務理事
経済産業省中小企業庁事業環境部取引課
経済産業省製造産業局素形材産業室
[事務局]
経済産業省製造産業局自動車課
審議経過
○ 自動車メーカーへのヒアリング調査、自動車部品メーカー・素形材メーカー
等へのアンケート調査の実施(2007年4月~5月)
○ 第1回自動車産業取引適正化研究会(5月17日 10:00~12:30)
議題:
①「自動車取引適正化研究会」の設置趣旨
②自動車産業取引実態に関するインタビュー、アンケート調査の結果報告
③検討すべき主要な論点の提示、討議
④今後の進め方(実務者会合の設置)
○ 第2回自動車産業取引適正化研究会(6月13日
議題: ガイドライン案の討議
10:00~12:30)
○ 自動車産業適正取引ガイドライン・フォローアップのため、自動車メーカー
へのヒアリング調査、自動車部品メーカー・素形材メーカー等へのアンケー
ト調査の実施(2007年12月~2008年2月)
○ 第3回自動車産業取引適正化研究会(2008年3月12日
12:00)
10:15~
議題:
①「自動車産業適正取引ガイドライン」の普及・活用状況について
・ガイドラインの普及に向けた政府の取組
・ガイドラインの認知・活用状況
・問題視されやすい具体的行為類型で見た現状と課題
・ガイドラインの普及に向けた事業者の取組の点検結果
②自動車産業の適正取引推進のために残された課題について
③本研究会の今後の進め方について
○自動車取引適正化研究会実務者会合
・第1回会合
議題:
・第2回会合
議題:
・第3回会合
5/29(火)14:30~17:00
ガイドライン素案(第二章関係)の討議
6/5(火)14:00~17:00
ガイドライン素案の討議(第三章、第四章、第一章関係)
6/8(金)14:00~17:00
議題: ガイドライン素案の討議(全般)
産業機械・航空機等における下請適正取引等の
推進のためのガイドライン
平成19年 6月 策定
平成20年12月 改訂
経 済 産 業 省
はじめに
平成19年2月15日、政府において「成長力底上げ戦略」構想が取りまとめられ、
翌日16日の経済財政諮問会議に報告され了承された。
「成長力底上げ戦略」は、成長
戦略の一環として、経済成長を下支えする人材能力、就労機会、中小企業の3つの基
盤の向上を図ることを目指しており、当該3本柱の一つである「中小企業底上げ戦略」
においては、下請適正取引等を推進することとなっている。本ガイドラインは、その
一環として、産業機械・航空機等の機械産業に関するガイドラインとして策定するも
のである。
本ガイドラインの策定にあたっては、
「取引上の問題点」を把握するため、産業機
械・航空機等の機械産業の下請を行っている企業の多い「ねじ」
、
「歯車」
、
「工作機器」
の各業界(アンケート対象企業316社、うち回答企業数57社)に対してアンケー
ト調査を実施するとともに、これまでに把握している取引事例や「素形材産業取引ガ
イドライン策定委員会報告書(平成18年11月取りまとめ)
」に記載されている問題
事例も参考にした。さらに、産業機械・航空機等の代表的な企業を対象に外部調達取
引の現状等について個別企業ヒアリング調査を実施し、参考にした。また、
「産業機械・
航空機等における下請適正取引等の推進のためのガイドライン策定に関する意見交換
会」
を開催し、
当方で作成した本ガイドラインについて関係業界からも意見を頂いた。
加えて、今回の改訂においては、
「平成19年度素形材関連取引実態調査報告書(素形
材、自動車、産業機械等における取引ガイドラインフォローアップ調査、平成20年
3月とりまとめ)
」
のアンケート調査及び個別企業ヒアリング調査の結果を追加してい
る。
なお、素形材産業は、産業機械・航空機等の機械産業の下請産業との性格も有して
おり、
「素形材産業取引ガイドライン策定委員会報告書」に取りまとめられた「取引慣
行調査において指摘された取引慣行と関連法規上の留意点」及び「取引適正化に向け
た望ましい取引慣行とベストプラクティス」は、本ガイドラインと密接に関係すると
考えられるので、巻末に参考資料として添付した。
本ガイドラインは以下のように構成されている。
1.は、将来も見据えたグローバルサプライチェーンの競争力強化の観点から、本
ガイドラインを活用し、アッセンブリメーカーと部品サプライヤーとの取引関係をイ
コールパートナー型に再構築することで、部品サプライヤーの収益構造を改善し、経
営基盤強化を促すことが本ガイドラインの目的である旨を示している。
2.は、本ガイドラインの対象と考えている機械産業の範囲を示している。産業機
械・航空機等の機械産業と一口に言っても極めて多種多様な産業群であるため、例示
に止めているが、広範囲な業界での活用を期待するものである。
2
3.は、産業機械・航空機等の機械産業分野の下請取引に関し、当方が実施したア
ンケート調査等で指摘された「取引上の問題点」と「下請代金支払遅延等防止法(以
下「下請法」という。
)上の留意点」を示している。
4.は、当方が実施したアンケート調査、ヒアリング調査等を踏まえ、我が国グロ
ーバルサプライチェーンの競争力強化の観点から今後のアッセンブリメーカーと部品
サプライヤーとの「望ましい取引慣行」と「ベストプラクティスの事例」を取りまと
め、示している。
5.は、今後の適正取引の推進のため、各業界における積極的な取組みや定期的な
状況フォローアップの必要性、海外取引における本ガイドラインの考え方の活用につ
いての今後の展開について示している。
3
1.産業機械・航空機等におけるガイドライン作成の目的
産業機械・航空機等の機械産業は、汎用的な生産・業務用の設備・機械から最先端
分野の設備・機械まで広範囲にわたり、我が国経済社会を支える重要な産業である。
経済のグローバル化、アジア地域等の経済成長など著しい国際的な環境変化の中で、
我が国が世界有数の経済国家として揺るぎない地位を確保していくためには、産業機
械・航空機等の機械産業に係るグローバルサプライチェーンの一層の競争力強化が重
要である。
一方、我が国機械産業に係る部品産業は、長期デフレ経済下において、長期的な受
注減や収益の圧迫によって淘汰が進み、部品産業全体の層の厚みが薄くなってきてい
る。また、最近の鋼材・石油価格高騰による生産コスト上昇、組立産業における世界
シェア獲得競争の激化、アジア企業等の追い上げ等の下で、原価低減圧力が一層高ま
る傾向にある。さらに、これまで原価低減のためにヒトやモノへの投資を抑制(人員
削減、給与減額等の人件費削減等の合理化や加工機械の長期使用による老朽化・生産
技術の陳腐化等)してきたため、技術レベルの向上等に必要な積極的投資が後手に回
っている部品企業も多いと見込まれる。今後、引き続き、このような厳しい収益構造
が続き、部品産業の経営基盤強化、優秀な人材確保及び新規設備更新が進展しない場
合は、我が国製造業全体としての技術的地盤沈下が懸念される。
加えて、部品サプライヤーは、アッセンブリメーカーの海外生産比率の拡大によっ
て、国内需要の減尐、海外進出のための経済的負担や事業リスクの増大という課題に
直面している。今後、適切に部品サプライヤーの経営基盤が強化され、円滑な海外展
開が図られない場合には、長期的には、サプライチェーンの衰退を招き、我が国製造
業の国際競争力低下の大きな要因となることが懸念される。
このような状況に対応し、将来も見据えたグローバルサプライチェーンの競争力強
化を図るためには、アッセンブリメーカーと部品サプライヤーが相互に「win win」と
なるような未来志向型の取引慣行を我が国に根付かせることが重要である。本ガイド
ラインでは、これまでのアッセンブリメーカーと部品サプライヤーという垂直型の取
引関係からイコールパートナー型の取引関係に再構築することによって、部品サプラ
イヤーの収益構造を改善し、経営基盤強化を促す観点から、アッセンブリメーカーと
部品サプライヤーの取引上の問題点と望ましい下請取引をベストプラクティス事例も
入れてまとめ、公表することとする。
本ガイドラインが産業機械・航空機等の機械産業の各業界において活用され、同産
業における下請取引等の質の改善が図られ、成長力の底上げに資するとともに、我が
国産業の国際競争力強化のための今後の健全な発展を促すことを期待する。
4
2.ガイドラインの対象となる産業の範囲
今回作成する「産業機械・航空機等における下請適正取引等の推進のためのガイド
ライン」は、プラント機器、重電機器、冷凍空調機器、建設機械、工作機械、工作機
器、半導体製造装置、食品機械、包装機械、繊維機械、自動販売機、油空圧機器、ベ
アリング、チェーン、ねじ、歯車、素形材、ロボット、航空機、宇宙機器、武器等の
機械産業を対象として想定している。これらは、工作機械やプラント機器に代表され
る生産設備関連機械・設備や建設機械、重電機器等に代表される個別産業用機械・設
備、冷凍空調機器に代表される業務用機械・設備、航空機、油空圧機器、歯車、ねじ
等のように社会の広範な分野で使用されるコンポーネンツ・部品等多種多様な産業群
である。
産業機械・航空機等の機械産業における調達の取引形態、取引慣習は、最終ユーザ
ーへの販売形態、最終ユーザーの業界体質やそれに伴う各業界の過去の業界体質・取
引慣習に大きく影響されるとともに、継続的な取引量の多寡(量産型か個別受注に基
づくいわゆる一品生産か)によって取引形態の改善・合理化の度合いが異なるものと
考えられる。今回作成するガイドラインは、こうした各産業の状況の違いにも目配り
しつつ、可能な限り多くの業界の参考となるよう、産業機械・航空機産業に共通する
取引上の問題点を抽出、整理するとともに、望ましい取引をガイドラインとして提案
するものである。
経済産業省工業統計によれば、産業機械、航空機等に関連する業界(部品産業を含
む。
)の中小企業のウェイトは表1のとおりであり、極めて中小企業比率が高い。
ちなみに、産業機械分野におけるアッセンブリメーカーと部品サプライヤーとの取
引実態を把握するため、代表的な大手産業機械関連メーカー数社に対し、各社の外部
調達の現状をヒアリングしたところ、生産額の約70%は外部調達を行っており、そ
のうち、調達先が下請法の対象となる中小企業である割合はおおむね60%程度であ
った。また、外部調達分野としては、コンポーネンツ(エンジン、バッテリー、エア
コン、その他ユニット)
、部品(ねじ、歯車を含む。
)
、プレス成形品、鋳造品、鍛造品、
熱処理、製缶等の溶接、鋼材切断等の加工など様々な分野において外部調達が行われ
ている。さらに、取引は、大手アッセンブリメーカーを中心に、従来の専用回線によ
るEDIではなく、
インターネットを利用したEDIの利用が進んでいるようである。
支払方法は、従来の手形振出や銀行振込からファクタリング(一括信託方式)に移行
している企業が多い。以上は一例に過ぎないが、ある程度は産業機械分野の大手アッ
センブリメーカーと部品サプライヤーとの実態的な姿を表しているものと考えられる。
5
<表 1> 主要な産業機械・航空機分野における中小企業の比率
企業数
計
製造業
中小企業
大企業
中小企業比率
205,704
200,730
4,974
98%
1,398
1,374
24
98%
ボイラー・原動機製造業
249
240
9
96%
農業用機械製造業
682
662
20
97%
建設機械・鉱山機械製造業
1,005
975
30
97%
金属加工機械製造業
6,083
5,987
96
98%
一般産業用機械・装置製造業
5,730
5,583
147
97%
発電用・送電用・配電用・産業用電気機械器具製造業
5,608
5,473
135
98%
185
175
10
95%
3,580
3,473
107
97%
ボルト・ナット・リベット・小ねじ・木ねじ等製造業
航空機・同附属品製造業
精密機械器具製造業
資料:平成16年工業統計表企業統計より作成
6
3.下請取引調査等に基づく産業機械・航空機等の産業における
取引上の問題点
「産業機械・航空機等における下請適正取引等の推進のためのガイドライン」を作
成するに当たって、実際の下請取引で下請側が直面している「取引上の問題点」を把
握するため、産業機械・航空機等の関連業界の下請を行っている企業の多い「ねじ」
、
「歯車」
、
「工作機器」の各業界に対してアンケート調査を実施した。さらに、これま
でに中小企業庁が調査を行ったうちで、産業機械・航空機等に当てはまる問題事例に
ついても併せて整理した。加えて、
「平成19年度素形材関連取引実態調査報告書」の
調査結果も踏まえ、以下のような事例をとりまとめた。
なお、本ガイドラインで取り上げる問題事例は、あくまでも例示であり、これらの
事例が違法であるか否かは、実際の取引に即した十分な情報を元にさらに精査する必
要がある。
(1) 発注に関する問題指摘事例
☆ アンケート調査結果等による事例
●注文は10日分程度しかなく、顧客の予定を頼りに生産しているが、直前にな
って数が大幅に増減する。納期に間に合わなければそのラインの補償問題にな
り、在庫・仕掛をもって対応せざるを得ない。継続した取引分については注文
書がないため、買い上げ交渉は非常に不利。
●発注ミスによる突然のキャンセル、電話による注文の際の数量・商品の間違い、
小箱入数勘違いによる返品、見積もり回答納期より短い納期での注文が横行し
ている。
●受注時に注文書はあるが、価格が決定されていない。値決めは依頼された製品
ができた後になる。また、見積数量と注文数に大きな差がある。
●最低個数が発注されても一部しか納期指示がない発注が行われる。
●契約書には印紙が必要となるため、契約書を結ぶ事に前向きに考えて頂けない
取引先がある。
●発注先から内示があった場合、モジュール全体の価格が決定されない段階で発
注しなければ、納期に間に合わない。あいまいな発注にせざるを得ない。
7
☆「書面の交付義務(法第3条)
」について
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、親事業者は、発注に際して下記の具
体的記載事頄をすべて記載している書面を直ちに下請事業者に交付する義務がある。
発注書面の様式は問わないが、定められた事頄はすべて明確に記載しなければなら
ない。
<記載すべき具体的事頄>
①親事業者及び下請事業者の名称(番号、記号等による記載も可)
②製造委託、修理委託、情報成果物作成委託又は役務提供委託をした日
③下請事業者の給付の内容(委託内容が分かるよう、明確に記載する。
)
④下請事業者の給付を受領する期日(役務提供委託の場合は、役務が提供される期日又は期
間)
⑤下請事業者の給付を受領する場所
⑥下請事業者の給付内容について検査をする場合は、その検査を完了する期日
⑦下請代金の額(具体的な金額を記載する必要があるが、算定方法による記載も可)
⑧下請代金の支払期日
⑨手形を交付する場合は、その手形の金額(支払比率でも可)と手形の満期
⑩一括決済方式で支払う場合は、金融機関名、貸付又は支払可能額、親事業者が下請代金債
権相当額又は下請代金債務相当額を金融機関へ支払う期日
⑪原材料等を有償支給する場合は、その品名、数量、対価、引き渡し期日、決済期日、決済
方法
(2) 量産品等の発注価格に関する問題指摘事例
☆ アンケート調査結果等による事例
●ユーザーのコストダウン要請にも大きな差があり、半強制的な企業もある。原価
低減の名の下に、年に2回の半強制的な契約単価の見直しをさせられるケースも
あり、単価改正契約をその都度させられる。当該部品は工程も単純で原価低減の
余地が尐なく、原価低減とは名ばかりで実態は値引き要請である。
●量産を前提とした最低発注量を決め、それに対する価格決定をしたにもかかわら
ず、実際には最低発注量を大幅に下回る量しか発注されず、価格は当初決定した
価格(量産価格)のまま発注依頼が行われる。
●見積り時の発注予定数量より実際の発注数量が極端に減っても、見積もり時と同
一の価格で納入を要求され、値上げが認められないケースがある。
●発注の立場では仕入先に対して満額の転嫁を実施し、受注の立場では取引先から
満足な回答をもらえず、自社の持ち出しになることが多い。
8
●毎年恒例のように1回から2回の原価低減要求(価格協力依頼)がある。合理
的な要求であれば理解できるが、理解しがたい要求もあり、結果的にはコスト
割れとなってしまうことがある。
●1パンチ又は1プレスあたりの価格という客先のコストベースが前提となって
しまい、従前の見積との比較で価格が変更されない。
●量産品、補給品ともにカンバン方式に近い形となっており、梱包ロット・物流
ロットによる納品の要求が受け入れてもらえない。そのため、運送費コストの
引下げができない状況にある。
●価格転嫁の反映がコストダウン要請と相殺になっている。
●当方の瑕疵による補償については非常に厳しい条件で基本取引契約を締結させ
られる。最初は形だけだったが、今ではこれを盾に供給した製品価格以上の補
償額を要求される。
●品質保証に対する検査コストを認めてもらえない。不可抗力による納期遅れも
認めてもらえないため、飛行機代等の支払いは痛手。
●見積数量に対して著しく発注数量が減尐しても、発注量の如何にかかわらず同
一単価とされてしまうことがある。
●特に自動車関係の取引先においては、最終製品の国際競争力の維持のため、製
品価格の引き上げができず、原価低減の改善には限界がある。
●最終需要先の生産計画により、発注先からも数量等の変化や取り消しが起こり、
本来計画していた設備や金型費の回収が予定通りにできない事態が生じる場合
がある。
●材料価格が一般市場で値上がりしているにもかかわらず、最終ユーザーの対応
は遅い上に価格転嫁を認めてくれない。よって、発注先にも同じような対応に
なってしまう。
●各車両1次下請メーカーにおいて、原材料費の値上がりに対する正規の価格転
嫁が認められていない場合が多い。
●特に売り先が商社の場合、エンドユーザーが材料費等の値上げを認めない事を
理由に商社側も即値上げに応じないケースが散見される。
9
●消費者への製品売価(車両価格)に原材料上昇分を転嫁できないとの理由で、メ
ーカーが原材料上昇分の価格転嫁に全く応じてくれない
●市場では材料価格が上がっているにもかかわらず、最終エンドユーザーの対応が
遅い。
●材料、素材高騰分について、顧客購買窓口が認めたと口頭回答があっても、後日
経営側から否認されたとのことで値上げを認めてもらえない。さらに購買窓口が
認めたと口頭回答があっても、検収制度の為に、値上げ前価格でしか支払いされ
ない。
●原材料価格のアップ分に関する交渉が長期化するケースがある。
●鉄鋼メーカーより、交渉ではなく通告に等しい価格提示がなされる。当社の
業態では鉄鋼メーカーに供給を依存するしかない状況にある。
☆買いたたきの禁止(法第4条第1頄第5号)について
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、親事業者が発注に際して下請代金の
額を決定するとき、下請事業者の給付の内容と同種又は類似の内容の給付(又は役務
の提供)
に対して通常支払われる対価に比べて著しく低い額を不当に定めることは
「買
いたたき」として下請法違反になる。
<ポイント>
買いたたきのポイントは、通常支払われる対価に比べて著しく低い額かどうか、不当に定め
ているかどうかである。買いたたきに該当するか否かは、次のような要素を勘案して総合的に
判断される。
①下請代金の額の決定に当たり、下請事業者と十分な協議が行われたかどうかなど対価の決
定方法
②差別的であるかどうかなど対価の決定内容
③「通常支払われる対価」と当該給付に支払われる対価との乖離状況
④当該給付に必要な原材料等の価格動向
(3) 下請代金の減額に関する問題事例
☆ 中小企業庁調査による事例
●下請事業者に対する下請代金の支払いを手形から現金払いに変更したにもかか
わらず、変更後も下請代金から手形割引料相当額を差し引いて支払っている。
10
☆下請代金の減額の禁止(法第4条第1頄第3号)について
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、親事業者は発注時に決定した下請代
金を「下請事業者の責に帰すべき理由」がないにもかかわらず発注後に減額すると下
請法違反となる。
<ポイント>
下請代金の減額の禁止とは、親事業者が、下請事業者の責めに帰すべき理由がないのに、定
められた下請代金の額を減ずることを禁止するものであり、減額の名目、方法、金額の多尐を
問わず、また発注後いつの時点で減額しても本法違反となる。つまり、歩引き、リベート、シ
ステム利用料など当初に下請事業者と協議して合意した金額であったとしても、その内容が下
請事業者の責任のない理由により下請代金から減じるのであれば減額として問題となり得る
ことに注意する必要がある。
【注意点】
「下請事業者の責に帰すべき理由」があるとして、下請代金の額を減ずることができるのは
次の場合に限定される。
①下請事業者の責任に帰すべき理由(瑕疵の存在、納期遅れ等)があるとして、受領拒否、
返品した場合に、その給付に係る下請代金の額を減じるとき。
②下請事業者の責任に帰すべき理由があるとして、受領拒否、返品できるのに、そうしない
で、親事業者自ら手直しした場合に、手直しに要した費用を減じるとき。
③瑕疵等の存在又は納期遅れによる商品価値の低下が明らかな場合に、客観的に相当と認め
られる額を減じるとき。
(4) 長期手形の交付に関する問題指摘事例
☆ アンケート調査結果等による事例
●過去に契約した時点で決定している内容であるが、現時点の判断では手形サイ
トが長いメーカーあり(例えば6ヵ月)
。
●120日を超える手形が交付されており、特に大手は長くても90日以内にし
ていただきたい。
●10 万円を超えたら手形を振り出され、手形の期日が 5 ヶ月を超える得意先があ
る。
●経営環境が厳しい会社ほど、手形払いが多くサイトも長い。本来であれば、こ
ういった会社こそ現金決済にしたいところだが、取引先の台所事情がそうはさ
せてくれないケースがほとんど。
●手形サイトの変更を申し出ると取引停止を迫られることが多い。
●最近、手形の長期据え置き、現金後払いが増えてきた。
11
☆割引困難な手形の交付の禁止(法第4条第2頄第2号)について
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、親事業者は下請事業者に対し下請代
金を手形で支払う場合、支払期日までに一般の金融機関で割り引くことが困難な手形
を交付すると下請法違反となる。
<ポイント>
「割引を受けることが困難であると認められる手形」を一律に定義することは難しいが、一
般的に言えば、その業界の商慣行、親事業者と下請事業者との取引関係、その時の金融情勢等
を総合的に勘案して、ほぼ妥当と認められる手形期間(現在の運用では繊維業90日、その他
の業種は120日)を超える長期の手形と解されている
(5) 下請代金の支払遅延に関する問題事例
☆中小企業庁調査による事例
●該当企業は、一部の下請事業者との取引において月末納品締め、翌々月5日支払
の支払制度を適用するなど、下請事業者の給付を受領してから60日を超える期
日に支払が行われる可能性がある支払制度を部分的に導入しているが、この支払
制度の下では、構造的に下請法違反の事例が発生するおそれがある。
●該当企業は、一部の下請事業者との取引において、受領日にかかわらず検収後の
20日を確定日とし、かつ、確定後120日後に現金で支払うという支払制度を
採っていた。
●該当企業は、下請事業者との取引において、支払額100万円以上の場合、毎月
末検収締め・翌月23日から105日目現金払いの「期日現金払」による支払制
度としており、当該事業者の給付を受領してから60日を経過しているにもかか
わらず、下請代金を支払っていなかった。
●購入品が届いた後、遅れて伝票が届くため検収が遅れる。
☆下請代金の支払遅延の禁止(法第4条第1頄第2号)について
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、親事業者は物品等を受領した日(役
務提供委託の場合は、役務が提供された日)から起算して60日の期間内において、
かつ、できる限り短い期間内に定めた支払期日までに下請代金を全額支払わないと下
請法違反となる。
<ポイント>
支払期日は受領日を起算日として計算されるので、検査・検収に要する日数にかかわりなく、
12
支払期日を過ぎて未払となっている場合は支払遅延となる。
【注意点】
代金の支払については、例えば、毎月末までの給付の下請代金を翌月末に支払うこと(月末
締の翌月末払)となっている場合があるが、このような支払制度を採用している場合でも、下
請代金の支払については、下請事業者の給付の受領後60日以内に支払わなければならない。
この場合、下請法の運用に当たっては、
「受領後60日以内」の規定は「受領後2ヶ月以内」
と換算している。つまり、1ヶ月締切制度を採っている場合は、締切後30日(1ヶ月)以内
に支払わなければならないことになる。
なお、検収締切制度においては、検収に相当日数を要する場合があるが、検査するかどうか
を問わず、納品から60日以内において、かつ、できる限り短い期間内に下請代金を支払う必
要があるので、支払期日の設定については注意する必要がある。
(6) 受領拒否に関する問題事例
☆中小企業庁調査等による事例
●該当企業は、一部の下請事業者との取引において、下請事業者に責がないのに注
文を取消し、又は、発注数量の削減を行っていた。
●リードタイムの関係から、内示にて発注された製品を製作して、納期通りに納入
したが、取引先から正式発注がなされていなかったために、納入が認められなか
ったという事例がある。取引先には改善をお願いしているが、取引先のシステム
をみると製品をスケジュール通りに受領する体制整備まで手が回っていないよ
うに見受けられる。
●取引先が在庫を持たない様にする為、過剰な発注、毎月調整のためのキャンセル
が行われる。
☆受領拒否の禁止(法第4条第1頄第1号)について
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、親事業者が下請事業者に対して委託
した給付の目的物について、下請事業者が納入してきた場合、親事業者は下請事業者
に責任がないのに受領を拒むと下請法違反となる。
<ポイント>
受領拒否とは、下請事業者に責任がないのに、発注した物品・作成物の受領を拒否すること
である。発注の取り消し、納期の延期なども受領拒否に該当する。
受領とは、下請事業者が納入したものを検査の有無にかかわらず受け取る行為を指しており、
下請事業者の納入物品等を親事業者が事実上支配下におけば受領したことになる。親事業者の
検査員が下請事業者の工場へ出張し検査を行うような場合には、検査員が出張して検査を開始
した日が受領日となる。
13
【注意点】
「下請事業者の責に帰すべき理由」があるとして受領を拒否することができるのは、次の場
合に限定される。
①注文と異なるもの又は給付に瑕疵等があるものが納入された場合
②指定した納期までに納入されなかったため、そのものが不要になった場合(ただし、無理
な納期を指定している場合などは除かれる。
)
。
14
4.望ましい取引慣行及びベストプラクティスの事例
今回実施した下請取引における問題点についてのアンケート調査、産業機械・航空
機等の機械産業における代表的企業へのヒアリング調査等を踏まえ、以下のとおり、
今後のアッセンブリメーカーと部品サプライヤーとの「望ましい取引慣行」と「ベス
トプラクティスの事例」を取りまとめた。
もとより、下請法の対象となる調達先に対しては、親事業者が同法に定める諸規定
を遵守し、下請事業者との節度ある取引を行うべきことは当然のことであるが、それ
に加え、我が国グローバルサプライチェーンの競争力強化のためには、同法の適用対
象外である大企業間の調達取引においても、以下でまとめた「望ましい取引慣行」を
ガイドラインとして活用し、
各業界において下請適正取引等を推進することによって、
部品サプライヤーの経営基盤強化、生産性向上及び技術力向上を図ることが重要であ
る。
これらの適正な下請取引慣行の確立は、最終的には、アッセンブリメーカーにとっ
ても、自らの競争力強化につながるものであり、積極的な取り組みが期待される。
(1)アッセンブリメーカーにおける社内調達取引ガイドラインの策定
下請取引においては、仕様、価格、その他の取引条件を決定する際に、アッセン
ブリメーカーが顧客としての優越的な立場を利用し、部品サプライヤーに様々な形
で経済的負担を強いる傾向がある。また、調達先選定プロセス及び価格交渉におい
て、部品サプライヤーが貢献度の高い技術提案を行ったとしても、コスト面の議論
のみに終始し、技術、アフターサービス等総合的な調達先評価を行ってもらえない
との指摘もある。
部品サプライヤーは、本来、アッセンブリメーカーの競争力強化の最大の協力者
であり、特に、一定期間の部品等の供給を任せる場合には、製品品質の向上や効率
生産の一翼を担う重要なビジネスパートナーである。したがって、今後は、アッセ
ンブリメーカーの重要な戦力部隊として、イコール・パートナーシップの原則のも
とで、相互の信頼関係が醸成されるような取引関係を構築すべきである。
そのため、本ガイドラインの内容等も踏まえつつ、例えば、以下のような事頄を
盛り込んだ調達ガイドラインを企業レベルで策定し、社員の調達に対する意識改革
を図ることが重要である。
①中小企業との取引における下請法の遵守
②調達先選定における調達先の総合的評価原則の確立
③合理性及び透明性を伴う原価低減要請の励行
④共同研究における下請企業の知的財産権保護の原則
⑤補修部品供給ルールの明確化
⑥調達先への生産計画等の適切な情報開示
15
【ベストプラクティスの事例】
◇購買取引行動指針を制定し、購買取引先と良きパートナーシップを築き、長期的視点で
より相互理解と信頼関係の醸成を図るよう社員に徹底するとともに、新入社員教育、
社内社員研修、倫理規程教育等で繰り返し教育している。
◇法令項守のため、社内の調達担当向けに心構えを冊子にし、配布している。
◇下請事業者の利益保護のために、①書面の交付義務、②支払期日を定める義務、③書類
の作成、保存義務、④遅延利息の支払義務、の4つの義務を定めている。
◇平成19年10月に調達方針を策定し、社外に公表した。企業が果たすべき社会的責任
の視点から、当社の調達基本方針を示すとともに、取引先にも下請法を含む法令遵守
等CSR活動への積極的な取組を呼びかけている。
◇サプライヤーと接する全ての技術者や各部門の購入担当者をバイヤーと位置付け、
全て
のバイヤーが守るべきルール、最新の下請法及び理解度のテストを盛り込んだ冊子を
年に1回更新している。
◇社内規程である「標準購買規程」の見直しを行い、購買部門のみならず全社に周知徹底
を実施した。
◇ガイドラインを踏まえて、社内の調達関係のマニュアルを整備する等調達担当者への教
育に有効活用している。
◇基本的には、ガイドラインのベストプラクティス事例を基に教育しているが、社内関係
部署への周知徹底をさせるために、
「コンプライアンス・内部統制教育」の一環として、
毎年、教育資料を活用した「下請取引の適正化教育」を実施している。
(2) 適切な緊張関係及び協働関係構築のためのアッセンブリメーカーの
情報開示の推進
アッセンブリメーカーの競争力強化のためには、部品サプライヤーをビジネスパ
ートナーとして位置づけ、イコール・パートナーシップの原則のもとで、相互信頼
関係を構築することが重要と述べたが、こうした社内の調達ガイドラインを策定す
るとともに、適切な緊張関係及び協働関係を構築するためのアッセンブリメーカー
の情報開示を推進することが重要である。具体的には、部品サプライヤーに対し、
経営方針、経営情報、セグメント別の生産計画等の詳細をこまめに情報開示し、生
産計画、製品戦略等に変更が生じた場合等も速やかに部品サプライヤーに説明する
等、常に生産計画に関連する情報の共有化を図ることが必要である。特に、販売計
画の見込み違いによる生産調整や生産打ち切りの際は、可能な限り早めの情報開示
をすべきである。部品サプライヤーが発注の増減見通しを可及的速やかに、かつ、
正確に把握することができれば、自社の経営・生産計画に迅速に反映し、生産調整、
材料手配等に早めに手を打つことが可能となり、部品サプライヤーの赤字の回避や
経営基盤の安定化につながる。
また、このほかに、部品サプライヤーと技術情報や安全・環境管理等の情報の共
有化を図り、部品サプライヤーの技術水準の向上やアセンブリメーカーの安全・環
16
境管理上の課題に対する取組への積極的な協力を取り付けることも極めて有益で
ある。
【ベストプラクティスの事例】
◇生産計画の説明会を年2回実施しているが、それ以外にも、なるべくこまめに会議を持つ
ようにしている。計画変更があった際には、前倒しで説明会を開催。全体は変更がなくて
も、一部でも変更があれば関連の取引先だけを集めて実施。取引先にアンケートを行うな
ど双方向のコミュニケーションを心がけている。
◇価格交渉の合理化のため、取引先各社とVE(Value engineering)に関する定期ミーテ
ィングを実施。
取引先のVE能力向上を通じ、
共同で安価な図面を効果的に作成している。
VE活動により、原価低減ができた場合は、低減コスト分の50%ずつを当社と提案企業
に利益配分するルールにしている。
◇ティアダウン(実機分解)説明会を取引各社と実施。競合他社がいる中では本音が言いに
くい、との声に対応し、当日の質疑応答だけでなく、後日下請企業毎にブレーンストーミ
ングを実施。
◇取引先企業の安全・環境対策を支援。取引先各社、海外のグループ会社等と合同で、技能
協議会を実施し、取引先技能の向上を目指している。
◇取引先において協力会を組織するとともに、ユーザー外注関連の戦略的パートナーとして
の関係構築の場も設置。さらに、取引先の次世代経営者の問題意識向上を図る観点から、
これら経営者との関係構築の場を設置し、意見交換等を通じた、お互いの研鑽、懇親、相
互理解に努めている。また、最近は主要部品サプライヤーとのトップミーティングも開催
し、生産動向や会社動向についても情報交換を行っている。
◇サプライヤーの経営状況も見て、経営指導もしながら、取引を行っている。
◇生産システムで取引先と予め発注量・四半期予定・単価・納期などの納入仕様を取り交わ
し、それに基づき、取引先では合理的な生産手段で予め生産を行い、注文が出たら納入、
自動支払計上が出来るシステムを構築している。また、当社と取引先との共同作業で作
業改善活動、加工時間短縮活動の発表会を行い、双方にとって利益になるような活動を
実施している。さらに、主要な取引先に対しては定期的に当社の業況説明会を開催し、
情報の共有化を行っている。
◇取引先との連携強化を図るよう品質改善活動の一環として、
「品質改善セミナー」の開催
及び取引先への巡回指導を始めている。
◇当社の16週先の生産情報表や半期の生産計画をサプライヤーに伝達している。こうした
取組によりサプライヤーにおいても生産計画を立てる事が可能となり、より効率的な生産
体制の構築に繋がっている。
◇取引先に対する満足度調査を毎年行い、取引関係の向上に努めている。なお、調査結果は
全ての取引先に公開している。
◇年1回主要取引先に対し、全事業部の生産動向や将来展望等の説明会を行う。
◇過去に、最終ユーザーから受注する際の取引条件が曖昧であったため、発注する際に明確
な数量、価格を示すことができず、注文書の交付をしなかったケースがあったが、受注す
る際に最終ユーザーとの情報共有と書面交付のルール化を徹底した。
17
◇取引業者と共に品質向上活動を実施し、不具合の未然防止(予防活動)を行っている。
(3) 新規製品開発の初期段階への部品サプライヤーの参画の推進
アッセンブリメーカーがモデルチェンジ等において新製品を開発するに際して
は、開発の効率化、開発スピードの短縮化が競争力強化の重要なポイントである。
部品サプライヤーの技術力も格段に向上してきており、独自に基礎的な研究開発を
行っている企業もあることから、新規製品開発の初期段階で部品サプライヤーを開
発プロジェクトに参画させることでアッセンブリメーカーは様々なメリットを享
受することができる。すなわち、新規製品開発の開発コンセプトやアセンブリメー
カーとして部材に求める開発意図(新規技術採用等による全体のコストアップを従
来部材部分の材料の量を削減することで原価を削減する等)を設計の早い段階で調
達先と共有できること、調達を選定するにあたって複数の部品サプライヤーの技術
力等を総合的に評価できること、初期段階で部品サプライヤーの意見や技術を取り
入れることにより開発のスピードアップや製造原価の削減を意図した思い切った
設計変更等による全体としての効率化、原価削減が実現できること等のメリットが
存在する。
一方、部品サプライヤーにとっても、コスト面の貢献に対する評価だけでなく自
社の技術力等をアピールする良いチャンスであり、また、アッセンブリメーカー側
の製品意図、部品の求められる性能レベル等を製品コンセプト検討段階から把握で
き、無駄な開発投資を回避できるというメリットがある。可能な限りこうした初期
段階での部品サプライヤーの開発プロジェクトへの参画を推進し、相互に「win win」
な関係を構築することが有効である。
ただし、アッセンブリメーカーが部品サプライヤーと共同研究を行う場合の特許
等の知財権の出願は共同出願が多く、アッセンブリメーカーが意図的に知財権の囲
い込みを行うとの指摘もある。共同研究を実施する場合の知財権の取り扱いについ
ては、両者が対等な立場で協議するよう留意が必要である。また、一般に、部品供
給契約において、共同開発品の「第三者販売に関する制限」条頄が設けられている
ケースが多いが、共同開発品の第三者への販売が合理的な理由もなく制限されるこ
とのないような運用も求められるところである。
【ベストプラクティスの事例】
◇製品の構想段階で部品サプライヤーに参加を要請。当社の意図を理解してもらったり、取
引先の意見等も製品開発に取り込みやすくなり、結果として、部品点数削減にも寄与。
◇共同研究の知的財産の扱いは開発開始段階できちんと話をし、契約で決めている。特許も
相談しながら、どちらで取るか決めて取得している。
◇従来から早めに調達先企業を決定し、開発当初から参画してもらうようにしている。また、
設計の前段階で、調達先に合った作り方を考慮することを基本方針にしている。
◇設計が固まった後の設計変更は非常にコストアップにつながるので、取引先企業と共に設
計を行い、再設計のリスクヘッジをしている。
18
◇製品の構想段階で部品サプライヤーと協力して開発。ユーザーの意図を理解してもらい、
部品サプライヤーの意見等も製品開発に取込みやすくなり、結果として部品点数削減にも
寄与。
◇調達先の開発力向上の支援として、サプライヤーに対し、設計力を高めるために3DCA
Dシステムを導入してもらい、オンラインでつなげて並行開発を行っている。サプライヤ
ーが我々以外の分野で使っている部品を試作品としてユーザー製品に組み込んでみる等
の試みもある。
◇新製品開発を行うに際しては、部品メーカーとの打ち合わせを相当数行い、製品化決定以
降、作業工程表や図面等の製品の秘密にかかわる事頄について取引基本契約書を取り交わ
している。
(4) 調達のモジュール化の推進
アッセンブリメーカーは、製品の高付加価値化に取り組む一方で、原価低減が大
きな課題である。部品サプライヤーもこれまでステークホルダーとして原価低減に
協力し、自動化設備の導入や材料費削減のための部品集約、設計変更等生産性の向
上やコストミニマムに向けての努力を積み重ねてきたが、機械加工の部分では、今
後、飛躍的な生産革新がない限り、これまで達成してきたような大幅な原価削減は
困難になりつつある。
このため、いわば調達のモジュール化を図ることによって、部品サプライヤーの
担当範囲及び取扱量の規模の拡大を図り、さらなる原価低減余地の拡大につなげる
ことが重要である。なお、調達のモジュール化には、部品の組立集合体であるコン
ポーネンツをモジュール化して発注する場合や加工技術ごとに発注をモジュール
化する方法(たとえば、様々な部位のプレス成形品を集約して部品サプライヤーに
発注する等)等が考えられる。
モジュール化は、量的・質的拡大による部品サプライヤーの原価低減余地の拡大
が期待できるのみならず、共同研究と同様に、アッセンブリメーカーと部品サプラ
イヤーとの目的の共有化、部品サプライヤーの技術力向上等が期待できる。
【ベストプラクティスの事例】
◇部品のモジュール化を図り、まとめて調達先に出すことによって、目的の共有化が図られ
る。現状においても、成果も出つつあり、取引先と信頼関係を構築。
◇取引先のニーズを踏まえ、部品のユニット化を進めることで高付加価値を供給することに
なり、当社の利益も増え、取引先であるアッセンブリメーカーにおける開発コストや工数
の削減につながる win-win の関係を構築している。
(5) 専用品・専用設備の取扱いの合理化
アッセンブリメーカーが新規に部品調達を行う場合、発注部品の仕様によっては
部品サプライヤーが専用品・専用設備を購入、手配する必要が生じる場合がある。
鋳造、鍛造、プレス成形等に必要な金型・木型等の「型」はその典型的な例であり、
19
製品製造段階のみならず試作段階のものも含め、ほとんど部品サプライヤーが保管
しているのが実態である。これら部品の発注に伴う型・治具等の専用品・専用設備
(以下、
「型等専用設備」という。
)に係わる費用は、通常、部品の購入単価に上乗
せする形でアッセンブリメーカーが手当する場合が多い(注)が、発注量が予定発注
量を下回ると部品サプライヤーが費用回収できない事態が発生する。特に型費用は、
部品サプライヤーにとっては、費用回収が困難となる場合が多く、経営圧迫要因と
なっているとの指摘がある。
なお、当該型等専用設備の費用については、このような事態を改善するため、製
品単価に上乗せするのではなく、別途、アッセンブリメーカーが全額を一括で支払
うようにすることもベストプラクティスの1つとして推進されるべきである。
(注)発注者が型の製造を委託し、受領する場合は、巻末の「素形材産業取引ガイドライン」中 1.13 の第4段落
を参照のこと。
【ベストプラクティスの事例】
◇型に係る費用は全て自社負担し、取引先に貸与している。
◇射出成型品の発注の際、金型費は初回の部品入荷時に全額支払うことにしている。また、
下請事業者からの要請があれば、金型費用分を手形ではなく現金で支払い、資金繰りにも
協力している。
◇受注先に製品の製造委託契約とは別に型、冶具代を支払っている。
(6) 製品製造打ち切り時の補修部品(スペアパーツ)供給についての
ルールの確立
製品のモデルチェンジや販売の著しい減尐等に伴い、アッセンブリメーカーにお
いて製品の生産打ち切りが決定されると、既に販売された製品の補修部品供給の問
題が発生する。補修部品の保有年限は企業毎や機種・車種毎にまちまちであり、か
つ、長期にわたり、尐量ずつ発注されるケースが多い。
部品サプライヤーは、アッセンブリメーカーの製品の生産打ち切りに伴い、長期
間にわたって補修部品供給体制の維持が求められ、かつ、補修部品の取引価格や型
等生産設備、技術者の維持費用負担が部品サプライヤーに不利な取引慣行となって
いるとの指摘がある。
補修部品の取引価格は、通常、量産の打ち切り時にアッセンブリメーカーとの交
渉によって決定されるが、本来、量産時の製造原価といわば特注品として尐量引取
りを前提とする製造原価とは異なるはずである。現状においては、ややもすると、
量産時の取引価格の延長線上で補修部品の価格交渉が行われ、結果として、発注数
量が尐なく、補修部品供給体制の維持のためのコスト(型等生産設備、技術者の維
持費用)の回収が困難となる場合がある。
補修部品については、製品の製造打ち切り時に改めてアッセンブリメーカーと部
品サプライヤー間で対等の立場で協議し、合理的な取引価格の設定を行う必要があ
20
る。また、取引価格設定時の予定発注数量の到達度に応じ、価格を見直すような協
議ルールも確立すべきである。
また、補修部品の取引価格にも関連するが、型等専用設備のメンテナンス費用、
量産終了後の補修部品供給に対応するための型等専用設備の長期保管費用(特に、
型は数量が多く、保管する土地・建物コストのほか、火災保険料、メンテナンス作
業費用、遠方倉庫に保管する場合の輸送費等も必要)は、現在、部品サプライヤー
側負担となっている場合が多く、中には、ほとんど発注もなく量産終了後10年以
上保管させられる例もあり、費用回収ができないとの意見が多い。これらの型等専
用設備の維持・保管費用については、取引価格に反映するか、別立てでアッセンブ
リメーカー負担とする等により、部品サプライヤーの負担を軽減し、アッセンブリ
メーカーが一定の負担を行うようにすることもベストプラクティスの1つとして
推進されるべきである。
加えて、部品サプライヤーの補修部品の生産供給期間の設定、アッセンブリメー
カーによる供給期間後の補修部品の買取の決め等を適切に行い、従来のような部品
サプライヤーに負担を強いる体質から早期に脱却する必要がある。
以上のように、型等専用設備に係わる部品サプライヤーの過剰な負担を軽減し、
投資回収を可能にする取引慣行を確立することが必要であり、そのためには、補修
部品生産供給期間(供給期間後の補修部品の買取の決めも含む)及び型等生産設備
の保有期間の明確な設定、部品サプライヤーに対する補修部品の発注価格設定の考
え方の改善、部品サプライヤーが保有する専用設備の維持・修繕費及び補修部品の
発注時の型作成費用の負担のルールを社内できちんと明確化するとともに、製品発
注時点で、型等専用設備の所有権の帰属、保有期間、保管に必要なコスト負担、製
品製造終了から一定期間経過した後の型等専用設備の引取り、廃棄費用の負担の取
り決め等を契約上できちんと締結することを徹底する必要がある。
なお、下請取引調査等でも具体的に以下のような回答が寄せられている。
・旧モデル品の補修品の供給期限について文書で合意のないまま継続させられているものが
多くある。また、コストアップ分の値上げを認めてもらえず利益が出ない品番が多い。
・量産供給時の生産原価と補修部品のように特注品生産原価はまったく異なるし、特注品の
生産のために型・設備等の維持費用(場合によって再投資)が発生するので、補修品の価
格は最終製品の生産打ち切り後、きちんと見直しをする必要がある。また、価格も含め、
契約によって供給期限、発注価格、型・設備の処分方法等についてきちんと決める取引慣
行を確立する必要がある。
・補給品に係る3年目以降に必要な金型の維持・管理費(場合によって製作費)はすべて当
社で負担。金型保管期間は、概ね生産終了後10年以上。金型の保管期間は8年程度(2
世代)までが許容範囲で、それ以上は最初の取引条件とは切り離し、必要に応じ親事業者
側で対策を講ずるべき。例えば10年で区切りをつけて、その後は再度価格設定をやり直
すようなシステムが必要。また、旧型となった部品の再生産を行わず、現行型の部品を取
り付けられるような工夫を凝らした原価削減努力も必要。
21
【ベストプラクティスの事例】
◇当社は、部品サプライヤーとして最終製品の生産終了後7年位は補修部品供給のための生
産設備を維持し、発注毎に供給するが、その後は、補修部品の必要量を客先に保有しても
らう。補給品の価格は、最終製品生産の打ち切り後の供給契約時に予め決めておくように
している。
◇型保管について、当初の契約で金型の所有権をユーザーであると明示していたことで、ス
ムーズに問題が解決され保管料を獲得できた。
◇型廃棄費用を顧客と分担することになった。
◇金型保管については、後付で付加された追加契約となっている。それまでは慣行でお互い
が納得するまで保管していた。尐しずつ改善はされている。現在はある年数を経過したも
のは、部品サプライヤーから要請が出れば検討の上、廃棄またはある程度打って廃棄など
の対応も見られる。
◇量産終了後金型とその補給品について、ユーザー取引先グループとして改善に取り組んで
いる。打ち切るものは打ち切るという方針で、数社をモデルとして、2~3 年たって発注
がないものは話し合いながら打ち切ることにした。
◇保管金型については、半年に 1 度、5 段階評価(生産に寄与している、○ヶ月に 1 度使っ
ている、○ヶ月以上受注がない、壊れている、など)を施し、受注がないもの、壊れてい
るものに加えて、1 年間使用していない金型は除却申請し、承認を得て除却している。申
請は概ね承認が得られ、除却費用はユーザーが負担する。また、廃番は顧客から連絡があ
る。
◇当社で製品の量産が終了した後、取引先と原材料費及び金型保管費等の条件を踏まえ、補
給品の価格交渉するようにしている。
◇型保管費用については、サプライヤーからの一覧表を提出してもらい回答するようにして
いる。
◇以前より貸与金型のリストを年一回取引先に送り、未使用金型の引き取り、廃却を行って
いたが、今後は生産中止時に取引先と協議して対応を決めるようにしている。
◇一定期間経過した型は除却費用を支払い廃棄している。
◇納品後の補給品等の問題についても、契約書で詳細で決められており、問題は無い。
◇当社では型保管費用について、サプライヤーとの話合いにより、支払いをしている。
(7) 発注数量変動幅のミニマイズ及び正式発注時期の前倒し
製品の性格(例えば、量産ものか一品ものか)
、最終ユーザーの種別(例えば、
民生用か産業・業務用か)
、景気の波等によって発注見込み数量と確定発注数量の
ギャップは著しく異なる。また、近年、JIT(Just in Time)方式が産業機械の分
野にも伝播し、従来ほどの大きな需給ギャップは発生しないようになってきている
分野も見受けられるが、アッセンブリメーカー側のシェア争奪競争のための過剰在
庫保有や部品確保のための調達品の過剰発注等によって部品サプライヤーに対す
る発注数量の急激な増加や減尐が発生し、部品サプライヤーの経営の大きな圧迫要
因となっている分野もある。
22
現状においては、アッセンブリメーカーから部品サプライヤーに対し、概ね3~
4月前に発注数量の内示が行われ、生産の1月~1日前に正式な数量確定が行われ
ている。特に、JITによる発注をする場合は、正式発注から生産開始までの期間
が極めて短いのが現実である。
こうした前提の中で、部品サプライヤーはアッセンブリメーカーから発注数量の
内示を受けた段階で材料や加工等の外注先や生産従事作業者の手配を行っており、
当該内示数量と正式に発注された数量の間に大きなギャップがある場合は経営圧
迫要因となる。アッセンブリメーカーは、内示する数量と正式に発注する数量のギ
ャップを極力ミニマイズするとともに、内示した後に大きな変動がある場合は部品
サプライヤーに対し、内示数量の変更連絡をこまめに行う必要がある。なお、さら
に言えば、アッセンブリメーカーは内示した数量はすべて引き取ることを原則とす
べきである。また、JIT方式との関係で難しい面はあるが、可能な限り正式発注
のタイミングの前倒しを図る必要もあると思われる。
なお、下請取引調査でも具体的に以下のような回答が寄せられている。
・数量を基準に見積り単価を算出しているが、見積り時のロット数と発注時の実際のロット
数に大きな差異がある。
・発注の数量トータルでは内示と確定の差は数%のブレだが、品番単位では2倍になったり
ゼロになったりと変動幅が極端に大きくなるものがある。ユーザーによっては内示を取
り消した際に在庫品を引き取らない場合がある。
・正式な取引条件がまとまっていない段階で、価格交渉中に納入を先行させられたり、先行
納入後に見積価格から価格を下げさせられたりすることが日常的に発生する。
・発注数量は、数ヶ月前に内示として示されるが、正式注文として確定するのは納品の2日
前又は3日前であり、量的な変動が大きい場合などは生産体制の変更に相当の労力を要す
るので、正式注文と納品にもう尐し期間を置いてほしい。
【ベストプラクティスの事例】
◇発注元によって内示と実際の確定数量の「ぶれ」の程度は違うが、サプライヤーとしては、
発注の「ぶれ」が大きくならないように常に発注元に対して申入れを行うことが重要。特
に、
「ぶれ」が大きい場合などは、サプライヤー側から発注元にクレームを付け、絶えず
「内示と実際の確定数量をなるべくあわせて欲しい。
」と言い続ける。
◇発注元がモデルチェンジする場合等部品発注打切りになる場合は前もって通告があるの
で、サプライヤー側はそれにあわせて部品供給をフェードアウトしていくが、特段事前の
連絡がなく、大幅に確定数量が減尐する場合は、直近3ヶ月分程度の在庫は全て発注元が
引き取る。
◇数量減が生じた場合は、残分の見積金額を支払っている。金型製作後の発注中断は考えら
れないが、中断した場合は実費を支払う予定。
◇当社が発注側の立場の際には発注数量が減った場合に再見積を依頼し、受注側の際には見
積時にあらかじめ数量を減らして見積する様にしている。
23
(8) 適切な価格設定及び理由なき原価低減要求の排除
モデルチェンジ等による新製品の部品調達において、過去の同様な部品の価格を
もとにした価格交渉が行われているのが一般的と言われている。また、アッセンブ
リメーカーの予算単価・価格をベースとして一方的な契約単価・価格の交渉が行わ
れる場合が多いとも聞くが、過去の部品価格をスタートにした値決めではなく、発
注見込み数量と現状における調達先の製造原価、調達先の提案する技術の経済的評
価等を基にした値決めを行うことが必要である。これは、調達先の技術力、品質等
の向上意欲に直接的に結びつくものであり、結果として、部品サプライヤーのレベ
ル向上によってアッセンブリメーカーの製品の品質向上やコストダウンが図られ
る大きな要因となり得るものである。
また、定期的に単価改定交渉が行われているのが実態であるが、部品製造原価の
上昇や下降の要因のうちで原材料価格の変動部分はある程度市況価格の変動によ
るものであることから、一定条件のもとでのスライド方式を導入する等によって価
格改定交渉の例外として適正に反映される仕組みを採用する必要がある。
なお、下請取引調査でも具体的に以下のような回答が寄せられている。
・鋼材等の値上がり分の値上げ申請を認めても、
実施時期を理由なく半期程度先延ばしされ、
当社負担(損失)になることがある。一方、量産品は累積の取引量の増大等により毎年
値引き要請があるが、値引きは期初に遡って適用させられる。
・原価見積は、見積基準(何を○○万台発注した場合は、設備費、人件費、材料費がいくら
必要などの親事業者とサプライヤー間の共通的見積基準)によって決定するが、生産台数
実績が生産台数見積を大幅に下回ったとしてもそのコスト上昇分は見てもらえない。生産
実績が価格決定の際の生産量見積からプラスでもマイナスでもぶれた場合には適正な単
価に改定するような取引慣行を確立すべき。
・当社の企業努力によるコストダウン(1 社購入によるコストダウンなど)分を認めてくれ
ない。逆にコストダウン分の単価引き下げを求められる。
【ベストプラクティスの事例】
◇調達部門は、従前は調達一筋の事務系社員で占めていたが、現在は、開発設計部門経験者
が多い(調達部門には5グループあるが、そのうち4つのグループ長は設計部門出身)
。
最適調達を進めることや設計と現場(設計通りに加工する最適技術があるか、構造が応力
計算上無理のない設計になっているか等の現場の知見)を総合的に判断する人材が必要と
なっているため、理系が多くなっている。
◇発注方式を改善し、通常の事前情報提供(3ヶ月先、6ヶ月先)だけでなく、3年先まで
の部品調達情報を、EDIを通じて取引先各社に提示。取引先との間でPDCAサイクル
により、内容を検証していくこととした。
◇サプライヤーに対する原価低減要請は現在は基本的にやらない。
「理屈のない原価低減は
するな。
」ということが社の方針になっている。
◇定期的なコストダウンを年2回実施している。下請業者との協議、検討を踏まえ、必要に
応じて図面変更を行う等、強制的ではなく相互協力の場としている。この結果、下請業者
24
からのVA(Value Analysis)
、改善提案数が増加し、下請業者とのコミュニケーション
改善効果が見られた。
◇下請業者より価格改定要求があった場合について、社内ルールを定めた。材料の価格推移、
環境、その他を勘案し、価格改定プロセスがシステム化された。
◇コスト転嫁を認めるか否かについては、サプライヤー側の原価計算結果を考慮している。
業務体系、原材料、起動時間等様々な観点から検討して、価格転嫁率を検討している。
◇価格決定については、取引先の積算、過去の実績等を含め、取引先同席の元で交渉を行っ
ている。
◇想定される発注量に対し、幅を持たせた数量ロットを設定し、ロット別の単価見積を出さ
せ、数量に応じた単価を採用している。
◇見積書に基づき価格決定を行っているが、量産品の発注登録時に数量変動の単価も登録し
ている。また、取引先からのVA提案や生産方法指導等により協議を踏まえた価格決定も
行われている。
◇調達対象品目によっては、
「建値スライド」を導入済みだが、他の品目への「原価コスト
手法」の展開を検討している。具体的には、取引相場により影響を受ける調達品は建値ス
ライド制を導入し、価格転嫁ができるようにしている。また、転嫁率や転嫁のタイミング
等はできるだけ実態に即していけるように善処している。
◇見積書に有効期限を設定し、変動サイクルが短い材料の値上げ交渉を行いやすくしている。
◇原材料価格が上昇傾向にある場合には、将来の見通しの価格を基準として設定し、なるべ
くタイムラグが発生しないように対応する工夫をしている。
◇単価変動率が高い材料費等について発注する際には、仕入れコストの変動に合わせて仕入
れ先又は売り先と価格交渉を行う。
◇原材料の値上がりに対して部品毎の重量を明記の上、㎏当たりの値上がり分の価格改定を
お願いしている。
◇原材料コスト増に伴う取引先からの価格見直し要望について、取引先と協議し価格決定を
行い、また原材料の市況価格による算出方式で定期的(3ヶ月)に見直しを行っている。
(9) 部品サプライヤーへの積極的な支援
今後、消費者嗜好の高度化、地球環境問題、安全衛生問題等の社会ニーズの高度
化やアッセンブリメーカーをめぐる競争環境の一層の激化により、製品の原価低減
のみならず高性能・高機能化、高品質化による生産技術全体の技術レベルの高度化
が益々必要になるものと考えられ、部品・部材メーカーの技術レベルの一層の高度
化やそのための経営基盤の強化が必要となる。また、製品の高性能・高機能化、高
品質化による部品加工の複雑化、加工難度の増大等部品・部材の生産・開発技術の
高度化に加え、親事業者のグローバル展開により生産規模が飛躍的に拡大し、親事
業者がすべて内製でカバーすることが非現実的となっており、部品・部材メーカー
等部品サプライヤーへの技術依存度が着実に増大することが考えられる。
したがって、今後は、単純な原価低減協力のみを求めるアッセンブリメーカー・
部品サプライヤーの関係ではなく、アッセンブリメーカーの将来戦略をともに担う
25
ような質の高い部品サプライヤーを如何に確保し、グローバルサプライチェーンの
強化を図っていくかがアッセンブリメーカーの競争力を左右することになると考
えられることから、部品サプライヤーの経営面、技術面に対する積極的な支援が必
要である。
【ベストプラクティスの事例】
◇ユーザーが取引先の了解を得て業務改善指導を実施。工場のレイアウト合理化等により、
取引先の生産性、利益率が大幅に上昇。
◇サプライヤーの中には、ユーザーが依頼する部品の加工・生産技術を持たないところや非
効率で出来高が増加しないところもあり、ユーザーによるライン変更の指導実施や、人材
派遣会社の紹介、期間限定で従業員を派遣する等の各種コンサルティング等具体的な支援
も実施。
◇サプライヤーがデータを自動的に取り込んで、自社生産管理システムとして展開できるよ
う、パソコン生産管理システムを提供している。
◇取引先企業との人事交流(任期は3~4年)
、技術交流等を実施し、取引先企業の経営力
向上に資するよう努めている。
◇人材交流については、サプライヤーの後継者が「委託研修生」としてユーザーで一定期間
仕事をしてもらうような仕組みもある。経営者になってからも生産管理等を同じ言葉で話
せるのがメリット。
◇これまで、様々な下請企業に細々と発注していたのをやめ、仕様の標準化を図って、購入
の物量を集中させ、一定のボリュームがある発注を下請企業でも技術を持ったところに出
すようにし、中核的下請企業を育成するようにしている。
◇弊社製品の加工のための点検具が必要であるが下請企業において点検具を準備できない
ような場合には、弊社が点検具を購入し、下請企業に貸与している。また、点検具の定期
的な精度点検は弊社で行い、
再度下請企業に貸し出すことにより、
品質向上を図っている。
◇支払いは手形を使用せず100%現金払いとしている。
◇下請取引法の対象外である契約物品についても、取引先の契約物品全てについて下請法の
対象であるものとして対処している。
(10) 分割納品化における物流費負担の適正化
現状においては、一般的に、部品納品時の物流費は、部品サプライヤーの管理費
コストの一部として契約時の部品取引単価に含まれていると解釈されており、部品
サプライヤーが納品に係る輸送費を物流業者に支払うのが一般的商慣習となって
いる。しかし、アッセンブリメーカーの拠点工場が新たに地方に増設される場合や
JIT方式に代表される分割納入によって1日に数回納品を求められるような場
合については、必ずしも物流費コストをすべてアッセンブリメーカーから徴収でき
ているとは言えなくなってきており、このような場合は、アッセンブリメーカーが
部品サプライヤーと協議し、従来の管理費コスト見合い以外で補填するような取引
慣行が定着することが望まれる。
26
【ベストプラクティスの事例】
◇自動車業界でも同様の動きがあるが、ミルクランの実施により、遠距離尐量多頻度納入の
下請負担軽減、運送効率の向上に努めている。
◇当社の取引先との間の商品の引き取りや引き渡しにおいて、当社の部品中継センターを活
用することで輸送費の負担軽減を実現している。
◇共同輸送化に取り組み中である。また、従来、購入単価に配送費用を明記していなかった
ため、別途頄目立てを取引先に求めている。
27
5.適正取引の更なる推進のための今後の展開
(1) ガイドラインを活用した各業界における積極的な取組の推進
我が国の国際競争力を支える産業機械・航空機等の機械産業に係るサプライチェ
ーンは、デフレ経済の長期化等により、厳しい収益構造が続き、技術的地盤沈下が
懸念されている。加えて、部品サプライヤーの多くは中小企業であり、経営基盤が
脆弱で積極的な海外展開が容易でないため、長期的には、これらを要因として、我
が国グローバルサプライチェーンの衰退による国際競争力低下を招くことが懸念
される。
そこで、早急に、我が国産業界における取引慣行を改善し、アッセンブリメーカ
ーと部品サプライヤーが相互に「win win」となるような未来志向型の取引慣行を
根付かせ、部品産業の収益構造の改善及び経営基盤強化を図ることで、我が国グロ
ーバルサプライチェーンの強化を図ることが重要である。
経済産業省としては、成長力の底上げとともに、かかる観点から、今回、
「産業機
械・航空機等における下請適正取引等の推進のためのガイドライン」を作成するこ
ととした。
本ガイドラインは、そもそも、下請法の適用を受ける取引において、法令を遵守
し、適正な下請取引を行うことは当然のことであるとの認識のもとで、サプライチ
ェーンの一層の競争力強化を図るため、下請法の適用を受ける取引のみならず、さ
らに一歩進め、下請法の適用を受けない、言わば、大企業同士の取引においても、
本趣旨を踏まえて、各業界・企業の実態にあった形で各産業分野において積極的に
活用され、適正取引慣行の推進が図られることを企図して作成したものである。
したがって、国において、こうしたガイドラインの普及・啓発に努めることはも
ちろんのことであるが、関係各業界団体においても会員企業等関係者に対する周知
徹底を図って頂き、各企業において、その重要性を認識していただくことが重要で
ある。
なお、参考までに、平成20年度より、中小企業庁において全国各地の中小企業
から寄せられた取引に関する各種相談等に対応すべく開始された「下請かけこみ寺
事業」の概要及び各都道府県の窓口一覧を別添1に掲載するので積極的に活用され
たい。
本ガイドラインが産業機械・航空機等の機械産業の各業界において活用され、産
業機械・航空機等の機械産業における下請取引等の質の改善が図られ、成長力の底
上げに資するとともに、我が国産業の国際競争力強化のための今後の健全な発展を
促すきっかけになることを期待する。
(2) 定期的なフォローアップ
なお、本ガイドラインの活用を図っていくため、PDCAサイクル(Plan, do,
28
check, act)に十分留意しつつ、フォローアップしていくことが必要である。すな
わち、本ガイドラインをもとに、各産業における別個の取り組みや、中小企業施策
全体における取り組み状況にも留意しながら、政府の関係部局、業界関係者等を中
心として、産業機械・航空機等の機械産業の各業界における取り組み状況について
注視していくことが重要と考えられる。
なお、参考までに、平成20年3月に産業機械・航空機等の機械産業の各業界に
おけるガイドラインの活用状況等を調査し、取りまとめた平成19年度素形材関連
取引実態調査報告書の結果の一部を別添2に掲載する。
(3) 海外取引における本ガイドラインの考え方の活用
国際的に資本や物資、人の移動が盛んになり、世界経済が一体化していく中で、
我が国製造業の海外生産比率も増大しており、2005年度には海外現地法人の売
上高が過去最高の87兆円、また、海外生産比率も過去最高の17%(国内全法人
ベース。海外進出企業ベースでは31%)となっている(2007年版ものづくり
白書)
。
このような我が国製造業の海外事業展開が進む中、近年、各地域や業種の特性を
踏まえた上で、グローバルなサプライチェーンを構築し、最適立地を目指した国際
的な分業体制が構築されつつある。
今回ヒアリングを実施した産業機械関連メーカーにおいても、アッセンブリメー
カーとしてのグローバルな優良協力会社の編成を企図し、日本だけでなく、海外進
出先においても調達先部品サプライヤー(協力会社)の協力会を組織し、日系部品
サプライヤーが海外進出する際に現地情報提供等のサポートを実施する動きもあ
る。
一方、部品サプライヤーとしては、海外進出にあたって、世界のどの地域にどの
位のユーザー製品市場が立ち上がり、それに対して、アッセンブリメーカーの供給
戦略(現地生産体制をどこに構築するか、あるいは、日本等からの輸出により供給
するのか等)はどのようになるのかを見極めることが重要であり、その観点から、
より一層のアッセンブリメーカーによる海外展開の大方針の開示を期待している
ところである。さらには、ユーザー1社だけの進出では投資回収リスクが大きいこ
とから、例えば、BRICsを初めとする急速な現地生産投資の拡大が見込まれる
地域において、アッセンブリメーカーが共通的に部品の現地生産戦略を考えるよう
なことも期待しているところがある。
また、他方で、海外進出した部品サプライヤーの一部には、進出先の低価格・低
品質品との価格比較のみが行われ、日系アッセンブリメーカーから「買いたたき」
等の行為を受ける恐れを危惧するところもある。
以上のように、我が国産業機械・航空機等の機械産業のグローバル化に伴い、海
外における下請取引の拡大が現実に進みつつある中で、日系企業を基本とするグロ
ーバルサプライチェーンの一層の競争力強化が極めて重要である。今後とも、日系
29
アッセンブリメーカーの競争力の原動力である高品質な製品の現地生産を支える
日系部品サプライヤー等に対し、国内取引のみならず、海外における調達取引にお
いても、本ガイドラインで示した「望ましい取引慣行」の提言を踏まえた調達取引
が同様に行われることが、とりもなおさず、我が国産業の国際競争力強化に資する
ものと考えられることから、関係業界・企業において、海外における下請取引等に
おいても、その取り組みを推進していくことが重要である。
30
別添1
31
平成20年6月版かけこみ寺リーフレットより抜粋
32
別添2
平成19年度素形材関連取引実態調査結果概要
33
1.アンケート調査回収率
産業機械等の関係団体の企業の回収率:51.0%(347 社に送付、177 社から回収)
2.ガイドラインの周知状況及び活用状況
○ガイドラインは 87.0%の事業者
に認知されているが、依然として
認知していない事業者は 11.3%
存在する。
○ガイドラインを認知している事業
者のうち 66.1%がガイドライン
を活用している。
ガイドラインを
知っているか
ガイドラインを
活用しているか
知っている
知らない
87.0%
11.3%
活用している
66.1%
3.自動車部品・産業機械等において問題となる行為類型別の改善状況の割合
○ガイドラインで
問題となる行為
類型において、
「もともと問題
となっていな
い」との回答が
多くを占める。
○また、特に「改
善した」割合の
高い行為類型
は、原材料コス
ト増の転嫁にお
ける問題が上げ
られる。
34
活用して
いない
19.2%
4. 自動車部品・産業機械等において問題となる行為類型別の改善状況数
(回答数)
0
○産業機械等におけ
る取引適正化にお
いて、特に改善され
た頄目は、「原材料
のコスト増の転嫁
における問題」
(19
件)
、
「見積時の予定
単価による発注の
問題」
(12 件)であ
る。
5
書面交付の問題
5
補給品の支給の問題
5
分割納品時の運送負担の問題
10
12
一方的な契約単価・価格の要求の問題
32
7
5
一方的な原価低減率の提示の問題
7
分割納品の支払の問題
1
2
検収遅延の問題
3
2
不利な条件の押し付けの問題
3
0
20
5
金型図面及びノウハウ等の流出の問題
4
発注数量と納品数量の食い違いの問題
2
有償支給材の早期決済の問題
2
10
4
型保管費用の負担の問題
5
7
6
6
長期サイトの手形交付の問題
35
16
19
1
30
8
3
受領拒否の問題
25
19
原材料等のコスト増の転嫁における問題
重量取引の問題
20
8
見積時の予定単価による発注の問題
トンネル会社を使った下請法逃れの問題
15
0
1
7
自動車部品(N=174)
産業機械等(N=177)
5
5
35
【参考資料】
「素形材産業取引ガイドライン」
(
「取引慣行調査において指摘された取引慣行と関連法規上の留意点」及び「望まし
い取引慣行とベストプラクティス」部分のみ抜粋
(注記)
経済産業省は、平成18年11月、
「素形材産業取引ガイドライン」を公表した。素形材は
下請産業的な性格を色濃く持っており、自動車、産業機械、航空機のみならず産業全般の基盤
的産業として位置づけられる。産業機械・航空機等における下請取引ガイドラインの対象とし
ている産業と素形材産業との取引の適正化も同様に重要であるので、以下、
「素形材産業取引
ガイドライン」においてまとめた「取引慣行調査において指摘された取引慣行と関連法規上の
留意点」及び「望ましい取引慣行とベストプラクティス」を参考資料として添付する。
素形材産業取引ガイドラインは、産業機械・航空機等における下請適正取引等の推進のため
のガイドラインと補完関係にあるものと考えられるので、産業機械、航空機等の関連業界にお
いては、両ガイドラインを十分に踏まえ、適正な下請取引の推進に向け取り組んでいくことが
望ましい。
36
第1章 取引慣行調査において指摘された取引慣行と
関連法規上の留意点
1. 下請代金支払遅延等防止法上の留意点
下請代金支払遅延等防止法(以下「下請法」という。
)は、親事業者と下請事業者
の取引を公正ならしめるとともに、下請事業者の利益を保護し、もって国民経済の健
全な発達に寄与することを目的とする法律であり、一定の形態の取引は本法によって
禁じられている。しかしながら、素形材産業・ユーザー産業の取引担当者が下請法の
内容を熟知していない等の理由によって、結果として下請法上問題のある取引がなさ
れることがある。
取引慣行調査において指摘された事例について、下請法の適用対象となる場合には、
同法の観点から次のような点について留意する必要がある。
特に、様々な問題を避けるために、発注内容を書面の形にして明確化することや、
取引条件の決定や変更に当たって、親事業者・下請事業者が誠実に協議し、双方納得
して取引を進めることが下請法遵守の大前提である。
1.1 トンネル会社を使った下請法逃れ
<取引先が子会社を経由して取引を行い、下請法の規制から逃れようとしている例>
・ (一部上場のような)大企業は、問題のない取引をするが、子会社経由になると
なかなか検収が上がらないなどの問題がある。連結子会社を経由した問題のある
取引も下請法で規制すべきではないか。
【金型】
下請法では、以下の場合が規制の対象となる。
①資本金 3 億円超の企業が、資本金 3 億円以下の企業(注)に対し製造委託等
をする場合
②資本金 1,000 万円超 3 億円以下の企業が、資本金 1,000 万円以下の企業(注)
に製造委託等をする場合
(注)個人を含む。
親事業者が子会社(いわゆる「トンネル会社」
)等を設立し、その子会社等が下請
事業者に発注を行った場合についても、
規制の対象としている
(下請法第2条第9頄)
。
この場合、
「トンネル会社」とは、以下の①・②の両方を満たす場合をいう。
① 親事業者から役員の任免、業務の執行又は存立について支配を受けている場合
(例えば、親事業者の議決権が過半数の場合、常勤役員の過半数が親会社の関
係者である場合又は実質的に役員の任免が親会社に支配されている場合)
37
② 親事業者から受託した下請取引の全部又は相当部分について、再委託する場合
(例えば、親事業者から受けた委託額又は量の 50%以上を再委託している場合)
例えば、大企業 A 社(資本金 100 億円)が、下請企業 B 社(資本金 2 億円)へ製造
委託を行えば、下請法の規制対象となる。
ここで、A 社が 100%子会社 C 社(資本金 1 億円)を作り、まず A 社が C 社に発注
し、C 社が B 社にそのまま再発注をした場合、一見、中小企業である C 社と B 社の取
引は下請法の規制対象から外れているかのように見えるが、実際には C 社は「トンネ
ル会社」の扱いとなり、B 社との取引は下請法の規制対象となる。
トンネル会社経由の取引が下請法の規制対象であることを十分認識し、下請取引を
行うことが求められる。
1.2 書面交付義務
<電話で発注を受け、注文書等の書面が交付されない例>
・ 同業の特定業種間で、長年の慣行で発注書がなく、電話で発注して単価も決めず
に作業開始している。条件が曖昧なため、後から数量不足・超過等が生じる。
【鋳
造】
・ 長期取引の場合には電話で発注を受け、注文書を送ってこない例があった。
【鋳造】
・ 金型の改造の発注は、下手すると全て注文書がない。
【金型】
<書面交付が製品の生産着手後に行われる例>
・ 取引先から、金型完成後、納品するタイミングで書面が交付される。
【金型】
<仕様書が変更され、単価の設定が製品の完成後に行われる例>
・ 仕様書を踏まえて作業をしても、仕様書の変更が頻繁にあり、納品する直前まで
単価を決定してくれないことがある。
【熱処理】
下請法第 3 条第 1 頄によると、親事業者は下請事業者に対し製造委託等をした場合
には、直ちにその内容を記載した書面(以下、
「三条書面」という。
)を下請事業者に
交付しなければならないとされているため、下請法の適用対象となる取引を行う場合
には、留意が必要である。
三条書面には、以下のような事頄を記載しなければならない。
① 親事業者及び下請事業者の名称
② 製造委託等をした日
③ 下請事業者の給付の内容(製品の仕様、数量等)
④ 下請事業者の給付を受領する期日(複数回にわたって納入する場合には、
それぞれについて)
⑤ 下請事業者の給付を受領する場所
⑥ 下請事業者の給付の内容について検査をする場合は、その検査を完了す
38
る期日(検収を完了する期日)
⑦ 下請代金の額(算定方法による記載も可)
⑧ 下請代金の支払期日
⑨ 手形を交付する場合は、その手形の金額(支払比率でも可)と手形の満
期
⑩ 一括決済方式で支払う場合は、金融機関名、貸付け又は支払可能額、親
事業者が下請代金債権相当額又は下請代金債務相当額を金融機関へ支払
う期日
⑪ 原材料等を有償支給する場合は、その品名、数量、対価、引渡しの期日、
決済期日、決済方法
また、以下述べる様々な取引上の問題においては、下請法の適用対象となる取引で
あるか否かにかかわらず、そもそもの発注内容が不明確であるために起きる場合が多
いことから、書面交付の重要性について再度認識し、委託事業者においては受託事業
者に書面を必ず交付することが必要である。また、受託事業者においては、委託事業
者に対し、書面を交付するよう求めることが必要である。
1.3 補給品の支給
<型の作り直し費用が支払われない例>
・ 補給品の支給ができなくなった型は作り直しが必要となり、1 型当たり数百万~数
千万かかるが、ユーザーからの作り直しの費用支給はない。
【ダイカスト】
<型保管費用等が価格に反映されない例>
・ 補給部品については、保管費などはコストアップしているが、その価格転嫁がで
きない。自動車は 10 年間補給部品を供給しなければならないので、大きな問題。
【鋳造】
・ 屋外に旧型金型を置いているので、補給品生産のために使う場合には錆落としを
するなどコストがかかる。他方、補給品の値段は、現在尐し改善されたが、昔は
量産の値段と同じだった。必要なコスト上昇分の値上げは十分になされていない。
【金属プレス】
・ 取引先から量産時と同じ単価で、補給品の発注が 1 個単位でくるため、コスト的
に見合わない。
【金属プレス】
<補給品のコストが適正に価格に反映されない例>
・ 取引先によっては、補給品単価設定ルールが存在し、単価についても量産単価よ
り高い価格設定で承認されているものの、製造原価を下回る範囲の中で、単純に
一定率の上乗せをしている。このため補給品を作れば作るほど赤字になり、製品
の工程、工数等の相違を考慮した価格設定がなされない。
【鋳造】
39
<補給品の価格が量産時の価格と変わらない例>
・ 量産打ち切り時に残置分も含めて製作数や単価を決めたにもかかわらず、量産打
切後に補給品として注文が出た。金型製作費は支払ってもらったが、部品価格は
量産時のままである。
【鍛造】
<補給品の基準等が不明確な例>
・ 補給品の定義が曖昧になっている。量産が終了しても、一定以上の数量があれば、
補給品とみなされない。例えば、自社では 50~100 個/月以上の発注がなされた場
合、補給品とみなされず、量産時の価格と比べて、コスト高になっても適切な価
格設定がなされない。また自社の生産体制にも影響がでている。
【鋳造】
補給品1支給に関しては、必ずしも書面で給付内容や下請代金等を取り決めないで発
注されることがあるが、前頄で述べたとおり、下請法の適用対象となる取引であった
場合には、発注後直ちに給付内容等を記載した三条書面を交付しなければ、三条書面
の交付義務違反に当たるので、留意が必要である。
また、補給品の生産原価は、量産時よりも発注が尐量であることが多いため、一般
的に量産時の原価より高くなりがちである。下請法の適用対象となる取引を行う場合
には、委託事業者(親事業者)が一方的に量産時と同じ単価(この単価は尐量の補給
品を製作する場合の通常の対価を大幅に下回るものである。
)で、下請事業者に対して
尐量の補給品を発注すると、下請法第 4 条第 1 頄第 5 号の買いたたきに当たるおそれ
がある。このため、補給品の下請代金については、コスト計算等に基づいて、下請事
業者と親事業者が十分な協議を行って決定する必要があるので、この点にも留意が必
要である。
1.4 分割納品時の運賃負担
<取引先の都合で納品が複数回に分割されるが、コストが負担されない例>
・ 下請事業者が、親事業者の各ラインに直接納めるケースが多くなっている。運送
時間が倉庫納品より多くなり、輸送車や人員の手配などによってコストアップに
なっている。
【金属プレス】
・ ユーザーの小口配送要求が加速しているが、その上乗せコストは認められない。
【鋳造】
・ ジャストインタイム方式で納品が小口化しているが、そのための増加コストは認
めてもらえない。特に四国なので、本州への配送の場合はコスト負荷が高い。
【鍛
造】
1
補給品とは、この場合、量産が終了し納品された後に、不足等を理由として、ユーザー産業の求めに応
じて再度生産された、当初の量産品と同一の製品のことをいう。
40
<取引先の都合で運送条件が変更されても運送費が負担されない例>
・ 取引先の製造工場変更に伴い、遠方地、あるいは一部の部品のみ別の場所へ納品
を要請された場合、それに要する追加的な運賃コストについては負担されない。
【非鉄金属鋳物】
委託事業者のジャストインタイム生産方式の導入に伴い、従来は一回で納入させて
いた製品を、複数回に分けて納品させるため、受託事業者にとって製品の運賃負担が
増す場合がある。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、このように取引条件が変更されても、
委託事業者(親事業者)が一方的に従来と同様の下請代金で納入させることとしたと
きは、下請法第 4 条第 1 頄第 5 号の買いたたきに該当するおそれがあるので留意が必
要である。分割納品時の運賃負担についても、コスト計算等に基づいて、下請事業者
と親事業者が十分な協議を行って決定する必要がある。
1.5 見積時の予定単価による発注
<発注量が減尐しても、見積時の予定単価を要請される例>
・ 最初に約束した月産数、ロット数をもとに納品回数、ワンロット生産数を考え見
積りをするが、ロット数が守られない。半分以下になった場合でも、当初見積り
と同じような額になるため、コストアップになる。
【金属プレス】
・ 量に見合って単価を低く見積ったものの、実際の発注が見積量と一桁違うケース
がある。その場合でも単価は上げてもらえない。
【鍛造】
<ロット数が増加することを理由に、原材料の高騰分が転嫁されない例>
・ 原材料価格高騰時における追加発注の際の単価決定にあたり、原材料価格の高騰
分について、値上げに応じてもらえず、逆にロット数拡大により取引先からは機
械的に値下げを求められる。
【鋳鍛鋼】
委託事業者が、一定の数量を生産することを前提として受託事業者に製品単価の見
積りをさせながら、実際には見積時よりも尐ない発注量であるにもかかわらず、一方
的に見積時の単価で発注を行うことがある。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、このように、委託事業者(親事業者)
が大量生産を前提とした見積時の予定単価(この単価は尐量生産する場合の通常の対
価を大幅に下回るものである。
)に基づき一方的に下請代金の額を定め、実際には見積
時よりも尐ない量を発注することは、下請法第 4 条第 1 頄第 5 号の買いたたきに該当
するおそれがあるので留意が必要である。実際の発注時の単価については、コスト計
算等に基づき、下請事業者と親事業者が十分な協議を行って決定する必要がある。
41
1.6 原材料等のコスト増の転嫁
<原材料価格高騰分の価格転嫁が取引先に承認されない例>
・ 原材料価格の高騰に伴い、受注者が原材料の価格推移表や原価計算データを示し
て、取引先に価格転嫁をお願いするが、全く応じてくれない。
【非鉄金属鋳物、鍛
造】
・ 取引先が原材料価格高騰分の価格転嫁額を低く抑えたり、価格転嫁時期の引き延
ばしを強制したりする。建値スライド制など、全く認めない。
【鋳造】
<原材料価格高騰分の価格転嫁が反映されるまでにタイムラグが発生する例>
・ 原材料価格の高騰は大体価格に反映され、大手企業向けにはほぼ転嫁したが、反
映されるまでに半年程度のタイムラグがあった。タイムラグ分は自社で負担した。
【金属プレス、鍛造】
・ 最も問題と感じるのは、コストアップに時間がかかる点である。コストダウンは
明日から開始で、コストアップは実施に 1 年を越える場合もある。
【鋳造】
<原材料の自己調達から支給材への切り替えについて、取引先の理解が得られない例
>
・ 原材料価格の高騰を受け、原材料の自己調達から発注者による原材料の支給への
切り替えを取引先にお願いしたが、取引先から無視された。
【鍛造】
<環境対策費用の値上げについて、取引先の理解が得られない例>
・ 環境対策にかかる費用が、廃棄物処理規制の強化により上昇傾向にあるが、これ
についての製品価格への転嫁はユーザーの理解が得られない。
【鋳造】
<燃料費等の副資材の価格転嫁が認められない例>
・ 燃料費が大きな問題となっている。人件費と燃料費が原価の大部分を占めている
ので、原油高がコスト圧迫要因となっている。納入先に製品単価上昇を頼んでい
るが、受け入れてもらえない。
【熱処理】
・ 燃料費や工具等の副資材は、従来から価格転嫁対象外である。
【鋳造、鍛造】
・ 取引先と価格を一度合意すると、燃料費等の副資材価格が高騰しても、価格への
転嫁が難しい。
【熱処理】
<原材料のコスト増の値上げ分が、コストダウン要請により相殺される例>
・ 取引先から原材料価格の値上げ分を認められる一方で、加工賃のコストダウン要
請があり、価格転嫁は減殺される。
【金属プレス】
<燃料費高騰分が負担されない例>
・ 燃料価格高騰に伴い、運送コストが従前想定して金額を上回ったため、燃料費高
騰分を運送コストとして取引先に請求・交渉を持ちかけているが、全く無視され
42
ている。
【熱処理、金属プレス】
原材料等の値上がりや、環境保護等のための規制の強化に伴うコスト増が、委託事
業者に認められず、一方的に従来の価格での納入を求められることがある。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、このように、委託事業者(親事業者)
が一方的に従来の価格での納入を要求した場合、下請法第 4 条第 1 頄第 5 号の買いた
たきに該当するおそれがある。したがって、取引価格については、コスト計算等に基
づき、下請事業者と親事業者が十分な協議を行って決定する必要があるということに
留意が必要である。
1.7 親事業者の予算単価・価格による一方的な契約単価・価格の要求
<親事業者の予算価格を一方的に要求され、コストを踏まえた価格に変更してもらえ
ない例>
・ 仕様書が変更され、見積時の数量がダウンしたり、設計変更のためにコストアッ
プしたりした場合でも、見積時点で予算が全部決まりユーザーの社内で承認が終
わっているので、単価変更してもらえない。
【金属プレス】
・ 取引先の品質要求が厳しくなり、従来に対して検査工数、不良率が増えても、価
格が同一のままになっている。
【鍛造】
<製品の仕様や品質が異なるにもかかわらず、海外等の価格を基準に、値引きが要請
される例>
・ 中国製の鋳造品に多尐欠陥があっても返品が不可能なために、ユーザー側は(場
合によってはユーザー側で更なる加工や補修を施した上で)その中国製品を使用
する一方で、日本製の鋳造品について、過剰なまでの品質要求をするという「品
質のダブル・スタンダード」の存在が指摘されている。にもかかわらず、ユーザ
ーの社内で統一単価が決まっているため、中国と日本で同じ単価を求められる。
【鋳造】
・ 見積書作成の際、取引先から、そもそも仕様が異なる中国等の海外製金型の価格
や取引先が独自に算定した価格を引き合いに、値引きが要求される。
【金型】
<取引先の要求額により、一方的に価格決定される例>
・ 単価は自社で決められず、取引先の要求額で見積書を提出させられる。
【鋳造】
<購買担当者が価格の安さのみを追求して、値引きを要求する例>
・ 金型の内製部門を持っている取引先は、それぞれ自社で金型を製作する場合のコ
ストを基準に発注するので、一方的な値引き要求はしないケースが多い。その一
方、内製部門を持っていないユーザーは、購買担当者が安さだけを追求して、一
方的な値引き要求をするケースもある。
【金型】
43
<定期的な値下げ要求がある例>
・ 定期的に、取引先の期末に併せて、親事業者の利益確保を目的とした一方的な価
格見直しの要請がある。
【鋳造、鍛造、非鉄金属鋳物、熱処理】
<合理的な原価低減率を超えた水準を要求する例>
・ 原油の高騰に伴い、熱処理の際に使用する冷却用の油や燃料費等が上昇している
が、年に 2 回の定期的な価格の見直しは、従来と同じ水準での原価低減を要求さ
れている。
【熱処理】
<取引先の原価低減目標を理由に原価低減が要請される例>
・ 半期毎に原価低減の要請があり、当社の合理化実態とは関係なく、顧客の原価低
減の目標値近辺に達するまで価格合意してくれない。
【鍛造】
<発生した問題に比べて、過大な補償額を要求される例>
・ 熱処理加工中又は納入した製品に不具合が発生した場合、部品加工の最終工程に
ある熱処理工程が原因と特定されていないにもかかわらず、その製品に関わった
今までの全てのコストを請求され受注価格の100倍近い請求を受けたことがあ
る。
【熱処理】
<取引先の都合によるコスト増が負担されない例>
・ 当初の発注内容にはなかった遠方のユーザーへの金型納品にかかる運送費及びユ
ーザーの要請による金型設置の際の立ち会いのために派遣する人件費、出張経費
を支払ってくれない。
【金型】
委託事業者が、自社の予算単価・価格のみを基準として、受託事業者にその単価・
価格での納入を要求することがある。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、委託事業者(親事業者)の予算単価
のみを基準として、一方的に通常支払われる対価より低い単価で下請代金の額を定め
ることは、下請法第 4 条第 1 頄第 5 号の買いたたきに該当するおそれがある。また、
発注後に親事業者が予算単価・価格に基づき一方的に代金を減額することは、下請事
業者に責任がないのに下請代金を減額することを禁止した下請法第 4 条第 1 頄第 3 号
の代金減額にあたり、下請法違反となるので、委託に当たっては留意が必要である。
1.8 受領拒否
<取引先における受入れ体制の未整備により、受領してもらえない例>
・ 発注書に指定された納品日に発注元に電話をかけたところ、
「担当者不在で今日
は受け取れない」と言われた。交渉したが結局受け取ってもらえなかった。
【金
44
型】
・ 受け取り場所がいっぱいであることを理由に、納入予定期日に受領してもらえな
い。
【鋳造】
<受領拒否により、損害分が支払われない例>
・ 下請事業者に責任がないにもかかわらず、親事業者が製品を受領せず、下請代金
が支払われない。
【鋳造】
ある製品の発注を受け、委託事業者に当該製品を納入しようとしたところ、例えば
「急遽担当者が休暇を取ってしまい、受領できない」などとして受託事業者が納入拒
否にあうことがある。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、このように、委託事業者(親事業者)
が下請事業者に対して委託した給付の目的物について、指定された納期に下請事業者
が納入してきた場合、下請事業者に責任がないのに親事業者が受領を拒むと、下請法
第 4 条第 1 頄第 1 号の受領拒否にあたり、下請法違反となるので留意が必要である。
1.9 分割納品
<発注された製品が全て納品されないと検収されない例>
・ 農機メーカーに納入しているが分納検収が認められない。すなわち、メーカーに
要請されて数回に分けて納入する製品について、全部が納入されないと検収が上
がらず、代金が支払われない。
【鍛造】
・ 取引先からジャストインタイム方式による納入の指示があるため、分割納品とな
るが、検収は、あくまで発注オーダーの完納後となる。
【熱処理】
<未納品分を保管しなければならない例>
・ 取引先から大きなロットの加工を依頼され、部品が入荷されるが、納品は小ロッ
トに限定され、その間、未納品分は預かりとなり、その保管費は支払われない。
【熱
処理】
ジャストインタイム生産方式の普及に伴い、委託事業者が、受託事業者に発注し量
産させた製品を一括納入させず、
何度かに分割して納入させることがある。
ところが、
代金支払については発注した製品が全て納入されてからでないと行われない場合があ
る。例えば、4 月 30 日、5 月 31 日、6 月 30 日に納品することとし、6 月 30 日の最終
納品後、7 月に下請代金が支払われるような取引が存在する。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、下請法第 4 条第 1 頄第 2 号により、
委託事業者
(親事業者)
は物品等を受領した日から起算して 60 日以内において、
かつ、
できるだけ短い期間内に定めなければならない支払期日に下請代金を全額支払わない
と下請法違反となる。親事業者が分割納品を行わせる場合、給付の受領はその都度発
45
生するので、代金はそれぞれの納品日から起算して下請法に基づき定めなければなら
ない支払期日に支払わなければならないので、留意が必要である。
1.10 検収遅延
<取引先の設計変更により、検収がなされず、代金が支払われない例>
・ 金型において、途中で改造が入ると大半が検収上がりにならない。メーカーによ
ってはいつまでも検収を延ばすところがあり、納入期日から2ヶ月位は平気で伸
びる。
【金型】
・ 設計変更が確定しなければ検収が上がらず支払が発生しない。金型引渡し後 2 年
間支払がないケースもある。
【金型】
<検査不十分という理由で、検収が引き延ばされ、代金が支払われない例>
・ 鋳造製品の代金と木型の代金を別にして見積りを出し、ユーザーが木型の所有権
を持つ場合がある。初回の製品納入では、鋳造製品分の代金は支払われるが、木
型分の代金については、ユーザーは「製品に組み込んでみないと不具合が分から
ない」という理由で検収を引き延ばし、支払がなされない。
【鋳造】
・ 金型納品後、検収名目で数千、数万の金型による製品加工が行われているが、そ
れでも検収が終了していないとして、取引先が金型代金を支払ってくれない。
【金
型】
<取引先の検収基準が明確でない例>
・ 受注した金型が完成して取引先の検収後、取引先が持ち帰って打つと不具合が生
じて、修正依頼が来るなど、取引先の検収基準が明確ではなく、やり直しが生じ
たりする。
【金型】
<取引先から指定された発注図面に問題があっても、図面通りでなければ検収がなさ
れない例>
・ 発注図面から不具合発生が予想されるケースもあるが、図面通りでなければ検収
で OK が出ないので図面通り作る。そして、ユーザーが使い始めると不具合が生じ、
作り直しを要求される、という例が見られる。
【鍛造】
<設計変更等による追加代金が支払われない例>
・ 設計変更に対して代金の支払がないケースが多い。当初単価よりも多いときには 2
割~3 割上乗せで鋳造メーカー負担となる。
【鋳造】
・ 設計変更、発注数量の変更があっても、追加金型代は全ては支払われない。
【鍛造】
<支払開始、支払完了までの期間が長期化している例>
・ 製品代に金型費用を分割上乗せして支払うようにしているため、例えば2年間か
46
けて発注側に製品を納める場合、24 ヶ月で支払完了となる。
【金属プレス】
鋳造・鍛造・金属プレス等に必要となる金型・木型・その他の型(以下、
「型」と
いう。
)を検収する際には技術的な判断が難しく、何度もやり直しを行うことがある。
また、技術的観点から金型の試験中であるとしながら、実際には既に金型を使った製
品製造を行っている例もある。この際、検収が終了していないとして、委託事業者が
代金を支払わない場合がある。
また、素形材製品を納める場合においても、製品検収が終了していないことを理由
として、委託事業者が代金を支払わない例がある。
しかしながら、下請法の適用対象となる取引を行う場合には、下請法第 4 条第 1 頄
第 2 号の規定により、委託事業者(親事業者)は、検収が終わるか否かを問わず、金
型を受領した日から起算して 60 日以内において、かつ、できるだけ短い期間内に定め
なければならない支払期日に下請代金を全額支払わないと下請法違反となるので留意
が必要である。また、検収の結果、無償で下請事業者にやり直しを求める場合におい
ては、納品されたものが三条書面に記載された給付の内容(仕様等)を満たさず、そ
の原因が下請事業者の責めに帰すべきものであることが必要である。三条書面に記載
された給付の内容が明確でない場合に、必要な追加費用を親事業者が負担することな
くやり直しをさせると、下請法第 4 条第 2 頄第 4 号にいう「不当なやり直し」にあた
り、下請法違反となるおそれがあるので、この点にも留意が必要である。
さらに、親事業者が、必要な追加費用を親事業者が負担することなく、給付の受領
以前に発注内容の変更
(設計変更等)
を行った場合もやり直しの考え方と同様である。
なお、下請法で認められているやり直し又は給付内容の変更については、下請事業者
の責めに帰すべき理由がある場合であって、かつ、通常の検査で直ちに発見できない
瑕疵があるときには、原則として1年以内に限ってやり直させることが認められてい
るが、1年を超えた後にやり直させると下請法違反となるので注意が必要である。
1.11 型保管費用の負担
<型保管費用が負担されない例>
・ あるダイカストメーカーは、2,000 個弱保有する金型のうち、量産終了後も追加発
注に対応するために保管し続けている金型が 1/3 弱を占めている。こうした金型
は量産が終了しているため注文もほとんどなく、利益につながらないものである
が取引先から継続保管を求められている(中には 20 年以上前に製造された金型も
ある)ため、廃棄やユーザーへの返却ができない。ダイカスト用金型は大型の物
が多く、金型保管のために倉庫を借りて保管する企業も多いが、無料で保管を引
き受けているケースがほとんどである。金型保管コストは、金型を保管する土地・
建物コストのほか、火災保険料、メンテナンス作業費用、遠方倉庫に保管する場
合の金型輸送費等、多岐にわたる。
【ダイカスト】
・ 旧型のサービスパーツの補給が多く、2,000 型くらい保管しており、10 年が最低
47
期間である。古い型式の車を海外へ出し CKD とする場合、CKD の量産が終わって
10 年まで、つまり国内生産が終わってから最低 15 年程度保存しておかなければな
らない。保管にかかる費用は支払われない。
【金属プレス】
・ 木型保管の問題もある。ユーザー所有の預り品として木型の保険料・保管料をメ
ーカーが負担しているが、ユーザーからの保管料はほとんど受領できていない。
【鋳造】
<型の廃棄や取引先への返却が認められない例>
・ 型の問題については、10 年以上は保管が必要で、大変な量を抱えている。ユーザ
ーに処分依頼をしてもなかなか認められない。
【鍛造】
・ 取引先からは最低 10 年間の型保管は当たり前と言われている。ところが量産品と
補給品との区別がはっきりしない物も多く、取引先に問い合わせても担当もわか
らないと言われ、また、客先にリストを送り、要、否の判定をお願いしているが、
回答がこない【鍛造】
型の所有者は、委託事業者である場合と受託事業者である場合の二通りであるが、
いずれにしても、量産後の補給品の支給等に備えて委託事業者が受託事業者に対し、
型の保管を要請することがある。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、委託事業者(親事業者)が長期間に
わたり使用されない補給品の金型を下請事業者に無償で保管させることは、下請法第
4 条第 2 頄第 3 号の不当な経済上の利益の提供要請にあたり、下請法違反となるおそ
れがあるので留意が必要である。
1.12 図面・ノウハウの流出
<図面を無断転用された例>
・ ユーザーが金型見積りとしていろいろな金型メーカーから金型構造図を集め、最
も見積りが安いメーカーへ別のメーカーの図面を使って発注することがある。図
面を転用されたメーカーには何も支払われない。
【金型】
・ 取引上、QC 工程表を作成し、親事業者に見せて承認をもらわなければならず、ど
ういうふうに作っているか親事業者が全て把握している。その結果、親事業者が
海外に工場を移転した場合には、そのノウハウに基づいて同じ管理をしてしまう
例がある。
【金属プレス】
・ 中国、東南アジアへ海外移転が進み、鋳物がたくさん出た。作業要領書や QC 工程
表を提出後、海外から全く同じ造り方のものが入り、不信感を持ったこともある。
【鋳造】
・ ユーザーの図面引渡し要求も大きな問題である。三次元データまで要求される例
もあり、転用されて同じものを作られたこともある。
【金型】
・ 製品受注の際に、
「製造・検査方案書」の提出を取引先から要求される場合が多い。
48
後日、取引先は同製品を国内外問わず入札を行うことがあり、各社に配布する技
術資料の中に当社が提出した方案書のコピーが添付される事がある。
【鍛造】
<取引先が顧客のデータを用いて、特許権を取得した例>
・ 顧客の新部品開拓ニーズに対して工法を提案し、ユーザーがノウハウに関するデ
ータを欲しがるので開示すると、特許申請時にはユーザーが既に申請済み、とい
う例がある。
【熱処理】
<図面の無償提供を要求された例>
・ 金型納品後に、発注書面の給付内容に金型図面の提供の頄目がないにも関わらず、
取引先から金型図面の無償提供の要求があった。
【金型】
図面・ノウハウの流出それ自体が下請法により規制されるものではないが、下請法
の適用対象となる取引を行う場合には、部品・金型の製造委託を行った際に、発注書
面上の給付の内容に金型の図面や製造ノウハウが含まれていないにもかかわらず、金
型の納入に併せて当該図面を無償で納品するよう要請した場合には、下請法第 4 条第
2 頄第 3 号の不当な経済上の利益の提供要請の禁止に該当するおそれがあるので留意
が必要である。図面やノウハウを提供させたいという場合には、別途対価を支払って
買い取るか、又はあらかじめ発注内容に金型の図面を含むことを明らかにし、当該図
面を含んだ対価を下請事業者との十分な協議の上で設定する必要がある。
1.13 発注時の数量と納品数量の食い違い
<発注時の数量に満たない数量で納品が止まり、残りの発注分が取り消される例>
・ 生産計画の変更等により、発注時には例えば 1,000 個納入だったのものが、500
個納入したところで納入止めとなり、発注が取り消されることがある。
【鋳造】
<型費の支払いがなされない例>
・ 鋳造製品の代金と木型の代金を別にして見積りを出し、ユーザーが木型の所有権
を持つ場合がある。初回の製品納入では、鋳造製品分の代金は支払われるが、木
型分の代金については、ユーザーは「製品に組み込んでみないと不具合が分から
ない」という理由で検収を引き延ばし、支払がなされない。
【鋳造】
<製造中断についての取り決めが曖昧な例>
・ 製造中断についてのリスク負担等の取り決めが曖昧である。発注元がリスクを負
いたくないために、意識的に曖昧にしている場合もある。
【非鉄金属鋳物】
<取引先の都合が優先された納入方式が採用されている例>
・ 取引先が、一定の数量の製品を発注しておきながら、取引先の受注動向によって、
49
発注数量を下回る納入指示票が出されるため、自社だけに製品製造コストに関す
るリスクが生じる。
【金属プレス】
<取引先に再見積が認められない例>
・ 発注数量が減尐した場合、再見積を行うものの、取引先に認められないケースが
ある。
【鍛造】
<急激な生産増加による費用増に苦慮している例>
・ 長期生産計画が大幅に増加した場合、設備増強が間に合わず、外注手配等で対応
するため、製造費用がコストアップになる場合がある。しかし、コストアップの
分は取引先から費用として認められない。
【鍛造】
委託事業者が、一定の数量の製品を発注しておきながら、生産計画の変更等により、
当初予定数量に満たない数量で一方的に発注を中断することがある。この場合、例え
ば受託事業者が製品製造のために型を調達し、その費用を製品単価に上乗せ計上して
いると、発注数量に満たない発注では、金型費用が回収できなくなる。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、委託事業者(親事業者)が、必要な
費用を負担することなく、発注時に決定した数量を下回る納品数量で発注を中断した
場合、下請法第 4 条第 2 頄第 4 頄の不当な給付内容の変更に該当するおそれがあるの
で留意が必要である。
同時に、発注が中断され、親事業者が下請事業者に対し発注に定めた下請代金を下
回る代金しか支払わなかった場合、下請法第 4 条第 1 頄第 3 号の「代金減額」に当た
り、下請法違反となる。
なお、親事業者が下請事業者に対し型の製造を委託し、これを受領した場合には、
型についても受領後 60 日以内において、かつ、できるだけ短い期間内に定めなければ
ならない支払期日に下請代金を全額支払う必要があり、この支払期日を超えた日に型
代金を部品代金に上乗せして分割して支払うことは支払遅延に該当する。
1.14 有償支給材の早期決済
<加工費と材料費との決済時期の重複により、資金繰りに影響している例>
・ 業界的には有償支給が一番の問題であると言われる。熱処理代は 5~10%と言わ
れ、締め直前に翌月の有償材料が入ってくると、一ヶ月分の熱処理加工費がその
決済で飛んでしまい、ひと月何をしたかわからない状態になる。
【熱処理】
・ 有償支給は自動車など大手ユーザーに多いが、材料支給が当月、熱加工製品の納
品が翌月のような場合がある。また、当月支払われた熱加工費が、来月加工する
ものの材料費の支払で相殺されて入金がゼロまたはユーザーへの支払が発生する
というケースもある。
【熱処理】
・ 支給材ロット数が当月の注文量より大きい場合、発注先に要請しても支給材ロッ
50
トを小さくできず、注文量に見合った原材料の支給が行われず、早期決済になる
部品がある。
【金属プレス】
・ 取引先の生産ロットの都合で、一度にまとまった量の有償支給材を押しつけられ、
翌月一括決済で代金を支払っている。これを納入し終わるのに数ヶ月かかる場合
がある。
【熱処理】
受託事業者が委託事業者から加工対象物を有償で支給され、それに加工を行い委託
事業者に納入する場合があるが、その有償支給材を実際の加工時期よりも早期に支給
されるために、委託事業者が、加工対象物を納入した後の代金受領よりも、有償支給
材の代金を早期に決済することを求められることがある。
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、下請法第 4 条第 2 頄第 1 号により、
親事業者が支給した有償支給材の代金を、これを用いて製造した製品の下請代金より
も早く支払わせることは下請法違反となるので留意が必要である。
1.15 長期の手形交付
<長期手形が交付される例>
・ 依然として、150 日や 180 日といった手形が交付されることがある。
【金型】
・ 商習慣により、手形サイトは短くて 90 日、通常 120~150 日ある。長期化する場
合、187 日手形が交付されたことがある。
【鋳造】
下請法の適用対象となる取引を行う場合には、下請代金の支払は金銭によることが
原則である。一方、手形による支払も認めてはいるが、著しく長いサイトの手形など、
割引困難な手形の交付は、下請事業者の資金繰りに多大な悪影響を与えるため、下請
法 4 条 2 頄 2 号により禁止されている。具体的には、手形サイトは 120 日以内とする
よう、
「下請代金の支払手形のサイト短縮について」
(昭和 41 年 3 月 11 日、公正取引
委員会事務局長及び中小企業庁長官による通達)により定められているので、留意が
必要である。
1.16 その他
<取引先から業界標準に準拠していない固有のEDIのソフトウェアや端末の導入を
求められる例>
・ 受注情報の入手や納期回答を行うためのシステムであるEDIについて、取引先
から業界標準に準拠していないWebEDI(ソフトウェアやサービス)やED
I専用端末の導入を求められた結果、①取引先ごとにシステムの月額使用料を徴
収され膨大な費用負担を強いられる、②受注情報がデータで提供されないため社
内システムに直接取り込めず印刷と手入力という無駄が発生する、③データ提供
されていたとしても業界標準に準拠していないため複雑な変換プログラムを開発
51
しない限り社内システムに取り込めない、④IDやパスワードを取引先ごとに入
力する手間が生じる、⑤取引先ごとに膨大な量の指定の専用帳票の保管を強いら
れる、などの負担が発生している。加えて、取引先の仕様に基づいたWebED
Iを導入しているにもかかわらず、図面や仕様書がFAXで送られてくることが
あるため、受注情報との整合ミスを誘発する、図面などの一部がつぶれてしまう
ために加工ミスにつながるなどの問題が発生している。
【金属プレス、熱処理、金
型、鋳造、鍛造】
委託事業者が、自社の生産効率化のため、自社システムと連動した形で受発注取引
が行えるよう自社固有のWebEDIやEDI端末の導入を受託事業者に対して要求
するケースがある。また、納品の際に他社の取引に流用できない専用帳票による納品
書の添付を要求するとともに、
専用用紙の買い取りと保管を求めているケースがある。
委託事業者が受託事業者に対して、自己の指定する固有の情報システムでの取引や
専用帳票の買い取りや使用を要求することは、下請法第 4 条第 1 頄第 6 号の自己の指
定する物や役務を強制して利用させる行為に該当するおそれがあるので留意が必要で
ある。
2. 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律上の留意
点
1.で述べたように、下請法が資本金・出資金により区分される親事業者・下請事
業者間の取引にのみ適用されるのに対し、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関す
る法律(以下、
「独占禁止法」という。
)は、事業者の規模を問わず、事業者が不公正
な取引方法を用いることを禁じている。
不公正な取引方法の内容は、公正取引委員会の告示(
「不公正な取引方法」昭和5
7年公正取引委員会告示第15号。以下「一般指定」という。
)により指定されている
が、そのうち、優越的地位の濫用とは、例えば、事業者が、自己の取引上の地位が相
手方に優越していることを利用して、正常な商慣習に照らして不当に、以下のような
行為をすることをいう(一般指定第14頄)
。
・ 継続して取引する相手方に対し、自己のために金銭、役務、その他の経済上の利
益を提供させること。
(一般指定第14頄第2号)
・ 相手方に不利益となるように取引条件を設定し、又は変更すること。
(一般指定第
14頄第3号)
・ それらのほか、取引の条件又は実施について相手方に不利益を与えること。
(一般
指定第14頄第4号)
52
取引上優越した地位にある場合とは、取引の相手方にとって当該事業者との取引の
継続が困難になることが事業経営上大きな支障を来すため、当該事業者の要請が自己
にとって著しく不利益なものであっても、これを受け入れざるを得ないような場合で
ある。取引上優越した地位にあるかどうかの判断に当たっては、当該取引先に対する
取引依存度、当該取引先の市場における地位、取引先の変更可能性、事業規模の格差、
商品の需給関係等が総合的に考慮されることとなる。
他の事業者に製品の製造を委託する事業者が、受託している事業者に対し、取引上
優越した地位にある場合に、
「1. 下請代金支払遅延等防止法上の留意点」の各頄に示
されたような取引を行った場合には、それが下請法の適用対象とならない場合であっ
ても、優越的地位の濫用として独占禁止法上問題を生じやすい。
ユーザー産業及び素形材産業は、現在行っている取引が優越的地位の濫用に当たる
かどうかを自ら点検していくことが必要である。
(参考1) 取引ガイドラインフォローアップ調査結果より
平成20年3月に実施した取引ガイドラインフォローアップ調査では、素形材企業
に「無理な要請を受けてでも発注元との取引を継続しなければならない」と考える取
引先について尋ねたところ、下請法の対象外となる資本金規模の企業を回答する割合
も高かった。とりわけ、自社・発注元ともに「1,000 万円超~3 億円以下」及び「3 億
円超」規模である場合に顕著となっている。
【無理な要請を引き受けてでも発注元との取引を継続しなくてはならない素形材
産業事業者の資本金と、発注元の資本金とのクロス集計】
[複数回答:資本金 ①1,000 万円以下:116 社、②1,000 万円超~3 億円以下:381
社、③3 億円超:73 社]
自社
発注元
1,000万円以下
1,000万円超
~3億円以下
3億円超
下請法に該当し
ない
合 計
9
13
2
24
100.0
1,000万円超
~3億円以下
64
126
8
198
67.7
3億円超
69
306
72
447
16.1
合 計
142
445
82
669
-
下請法に該当しない
取引(%)
6.3
-
-
1,000万円以下
31.2
100.0
※下請法に該当しない取引。230件(214社)の回答あり。
下請法の対象外となる214社(37.5%)の取引のうち、230件(34.4%)にお
いて、優越的地位の濫用の問題事例が発生するおそれがある。
53
(参考2)不公正な取引方法に係る経済産業省と公正取引委員会との協力スキームの
構築
不当廉売や優越的地位の濫用など中小企業に不当な不利益を与える「不公正な取引
方法」について、独占禁止法に基づき適切に対応することが重要である。こうした「不
公正な取引方法」について、迅速かつ効果的に調査・取締りを行うためには、公正取
引委員会が行う情報収集や審査に対して、中小企業や所管業界の実態に知見を有する
経済産業省が協力していくことが有効である。以上を踏まえ、経済産業省と公正取引
委員会との間で、平成20年3月25日から協力スキームを構築し、運用を開始する
こととした。
本協力スキームのもとでは、経済産業省が独占禁止法の「不公正な取引方法」に該
当する疑いのある事案に接した場合、その内容を精査した上で、公正取引委員会に通
報を行う。また、公正取引委員会が行う情報収集や審査においても、経済産業省は必
要に応じ、情報提供や人員の面での協力を行っていく。
54
不公正な取引方法に係る協力スキームについて
公正取引委員会と経済産業省は、不公正な取引方法に係
る違反被疑行為に係る情報を効果的に収集し、機動的に調
査・処分を行うため、別添のとおり、「不公正な取引方法
に係る協力スキーム」を構築し、これを円滑に運用するた
めに協力していくこととする。
平成20年3月25日
経 済 産 業 大 臣
甘 利
明
公正取引委員会委員長
竹 島
一 彦
55
不公正な方法に係る協力スキーム
(公正取引委員会と経済産業省との協力スキーム)
1 目的
不公正な取引方法に係る違反被疑行為(以下「違反被疑行為」という。)に係る情報を
効果的に収集し,機動的に調査・処分を行うための公正取引委員会と経済産業省との協力
体制を構築する。
2 違反被疑行為の情報収集に係る協力
(1) 公正取引委員会及び経済産業省は,不公正な取引方法に係る情報の積極的把握に努め
る。
(2) 経済産業省は,違反被疑行為に係る情報に接した場合には,違反被疑行為に係る事実
を特定し,周囲の事業者の状況など周辺情報を収集し,必要に応じて,公正取引委員会
に通報する。
(3) 中小企業庁は,接した情報を精査し,事案の重要性・情報の確度に応じて,公正取引
委員会に対し中小企業庁設置法に基づく措置請求を行う。措置請求制度を活用していく
ために,中小企業庁は公正取引委員会の協力を得て、必要な事務処理手続規定の整備を
行う。
(4) 公正取引委員会は,自ら申告を受け又は探知した事案並びに(2)の通報及び(3)の措置
請求を受けた事案について,その内容に応じて,申告人等に対する所要の調査を行う。
当該調査に際して,公正取引委員会は,必要に応じて,独占禁止法41条に基づき経済産
業省に調査を嘱託する。嘱託を受けた経済産業省は,法令上の適切な権限に基づき,速
やかに調査を行い,結果を公正取引委員会に報告する。
(5) 公正取引委員会は,(4)により調査を嘱託した経済産業省から報告された調査結果が,
関係者の協力拒否等により,嘱託の所期の目的を達していないと認める場合は,自ら所
要の調査を行う。
3 違反被疑行為の審査に係る協力
(1) 経済産業省は,あらかじめ又は公正取引委員会の要請に応じて,公正取引委員会が行
う違反事件審査等に協力するための要員を確保する。
(2) 公正取引委員会は,自ら申告を受け又は探知した事案並びに2(2)の通報及び(3)の措
置請求を受けた事案を処理するため,経済産業省と協議の上,実際に違反事件審査等に協
力する要員について,公正取引委員会事務総局に併任発令を行う。
(3) 公正取引委員会は,上記2で情報を収集した事案について,違反事件審査を行う必要
があると判断した場合,関係人等に対する所要の調査を行う。当該調査に際して,公正取
引委員会は,必要に応じて,上記(2)の併任者を指揮して調査を行う。
4 連絡会議
公正取引委員会と経済産業省との協力を円滑に進めるため,連絡会議を設置する。
56
3. 中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律上
の留意点
平成 18 年 6 月に施行された「中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関す
る法律」の第 10 条は、「研究開発の取扱いに係る取引慣行の改善」を国の施策
として推進することとしている。素形材産業における改善を要する取引慣行に
おいては、研究開発の成果に対し正当な評価を与えて取り扱うことが、法律の
考え方を踏まえた取引に不可欠である。
3.1 重量に基づく値決め
<重量単価が適用され、部品の軽量化により、価格が減尐してしまう例>
・ ある自動車部品鋳造メーカーは、自動車のモデルチェンジに当たって、鋳造
部品の性能向上のため、軽量化(5.8kg→4.1kg)を実現。この軽量化実現の
ため、鋳物の薄肉化や中空化などのより高度な鋳造技術が求められるが、取
引価格の決定が鋳物の重量ベースであったため、鋳造部品の取引価格は軽量
化後に 67%に減尐してしまった。【鋳造】
<複雑形状の部品であっても、単純形状の部品と同じ重量単価が適用されてい
る例>
・ ある中小の鋳造メーカーでは、工作機械用の鋳造部品を大手工作機械メーカ
ーに納入しているが、その取引価格は「キログラム当たり○百円」というよ
うな重量ベースで行うことが多く、単純な形状の鋳物(手間が係らず、不良
率も低い)であっても、複雑な形状の鋳物(手間が係り、不良率も高い)で
あっても、同程度の重量単価となることがある。【鋳造】
<工数、ノウハウ等が反映されない重量単価が適用されている例>
・ 工作機械、船舶部品の自由鍛造など、大物で数が尐ないものに重量取引慣行
がある。【鍛造】
・ かなりの量がキログラムで取引されている。外形上は一品一品の製品を、い
ろいろなファクターを考慮して見積りを行い、価格の交渉も一品ごとで行う
が、最後にキログラムベースの話になる。我々の業界体質の問題かもしれな
いが、適切な価格かどうか自信がないため、こういった慣行が継続している
ように思われる。【鍛造】
・ 個別工程の原価構成で見積もるが、最終的には 100 円~350 円/kg など重量
計算される。軽量化による加工技術の値段が認められるかどうかは、結局力
関係次第である。【鋳造】
・ 重量取引慣行がある。重要部品で全数検査が前提でも重量取引されており、
コスト差がない。見積時点では重量ではなく、工程ごとに見積りを行う。し
かし、最終的にはキログラム換算していくらと算出し、従来価格との比較に
なる。【鍛造】
57
鋳造品や鍛造品の取引において、取引単価を重量に応じて決定する「重量取
引」がなされることがある。
しかしながら、重量取引は、企業の研究開発意欲を阻害する。取引単価が重
量によって決定されると、例えば、強度を維持しつつ製品重量を軽減しようと
工夫すると取引単価が下がってしまう。また、後工程での加工を不要にするた
めに複雑形状の鋳造品を開発しても、重量が同一の場合、単純形状の鋳造品と
取引単価が変わらないことになる。
企業の研究開発の成果を正当に評価し、研究開発意欲を阻害しない取引慣行
を形成することが必要であり、重量取引は一般的には行うべきではない。
3.2 図面やノウハウの流出
<図面を無断転用された例>
・ ユーザーが金型見積りとしていろいろな金型メーカーから金型構造図を集
め、最も見積りが安いメーカーへ別のメーカーの図面を使って発注すること
がある。図面を転用されたメーカーには何も支払われない。【金型】
・ 取引上、QC 工程表を作成し、親事業者に見せて承認をもらわなければならず、
どういうふうに作っているか親事業者が全て把握している。その結果、親事
業者が海外に工場を移転した場合には、そのノウハウに基づいて同じ管理を
してしまう例がある。【金属プレス】
・ 中国、東南アジアへ海外移転が進み、鋳物がたくさん出た。作業要領書や QC
工程表を提出後、海外から全く同じ造り方のものが入り、不信感を持ったこ
ともある。【鋳造】
・ ユーザーの図面引渡し要求も大きな問題である。三次元データまで要求され
る例もあり、転用されて同じものを作られたこともある。【金型】
・ 製品受注の際に、「製造・検査方案書」の提出を取引先から要求される場合
が多い。後日、取引先は同製品を国内外問わず入札を行うことがあり、各社
に配布する技術資料の中に当社が提出した方案書のコピーが添付される事
がある。【鍛造】
<取引先が顧客の図面・ノウハウを用いて、特許権を取得した例>
・ 顧客の新部品開拓ニーズに対して工法を提案し、ユーザーがノウハウに関す
るデータを欲しがるので開示すると、特許申請時にはユーザーが既に申請済
み、という例がある。【熱処理】
・ 素形材メーカーとユーザー企業による共同開発の成果をユーザーが単独で
特許出願してしまう例がある。【鍛造】
<図面の無償提供を要求された例>
・ 金型納品後に、発注書面の給付内容に金型図面の提供の頄目がないにも関わ
らず、取引先から金型図面の無償提供の要求があった。【金型】
58
金型図面の流出に関しては、経済産業省は既に「金型図面や金型加工データ
の意図せざる流出の防止に関する指針」(平成 14・06・12 製局第 4 号)を発出
している。しかしながら、一定の改善は見られるものの、依然として意図せざ
る金型図面の流出が存在する。
金型メーカー及びユーザーは、本指針を十分に認識し、再度自社の行動が指
針に合致しているかを確認することが求められる。
また、不正競争防止法による保護も有効である。この際、
「営業秘密管理指針」
(平成 15 年 1 月 30 日・平成 17 年 10 月 12 日改訂)に示された要件を満たすよ
う、素形材産業においてはノウハウ等を十分に管理しなければならない。
そのほかにも、熱処理業界においては、ヒートチャートや工程管理表のユー
ザー産業からの流出が発生している。研究開発の成果については、これを正当
に評価し、研究開発意欲を阻害しないよう取り扱うことが必要である。
59
第2章
望ましい取引慣行とベストプラクティス
1. 取引慣行改善に向けた望ましい取引例
第1章「1.下請代金支払遅延等防止法上の問題点」から「3 中小企業のもの
づくり基盤技術の高度化に関する法律上の問題点」で取り上げた事例は、素形
材産業において指摘される問題の数々である。これらを解消して競争力のある
製造業を目指すため、以下に第1章の 1.から 3.の事例番号に対応する形で望ま
しい取引例を示す。
「1.3 補給品の支給」への対応
量産の終了した補給品の製造委託契約を結ぶ場合、原材料費及び型製造費な
ど量産時とは異なる条件を加味しながら素形材企業・発注企業が十分に協議を
行い、合理的な製品単価を設定することは、我が国製造業の競争力の観点から
見て望ましい。発注企業の補給品に対するコスト意識によって製造計画の効率
化に資するからである。
また、こうした望ましい取引を実践するためには、量産時における当初の契
約の際に、補給品支給の具体的期間などについて合意を定めておくことが重要
である。
「1.4 分割納品時の運賃負担」への対応
委託代金に含まれる製品の運送経費について、1回の発送量や運搬形態など
の条件を加味しながら委託事業者・受託事業者が十分に協議を行い、合理的な
経費を設定することは、我が国製造業の競争力の観点から見て望ましい。
「1.5 見積時の予定単価による発注」への対応
見積りにおける納入見込み数が発注時に大幅に減尐するなど、製品単価が変
動する状況が発生した場合は、委託事業者・受託事業者が十分に協議を行い、
合理的な製品単価を再設定することが望ましい。製品の生産数量が変動すれば、
必要となるコストも変動するため、当該製品の製造単価が変動することは合理
的である。
「1.6 原材料等のコスト増の転嫁」への対応
原材料等の値上がりや、環境保護等のための規制の強化に伴うコスト増に対
応するため、今後の経費動向などを踏まえた明確な算出根拠に基づいて、委託
60
事業者・受託事業者が十分に協議を行い、合理的な製品単価を設定することは、
我が国製造業の競争力の観点から見て望ましい。経費を負担する主体を明確に
することによって、コスト管理能力の向上に資し、また原材料高騰の影響を最
小限に抑えようとする両事業者の工夫を引き出す可能性があるからである。
「1.7 委託事業者の予算単価・価格による一方的な契約単価・価格
の要求」への対応
製品の単価・委託代金について、品質や返品の対応などの条件を加味しなが
ら委託事業者・受託事業者が十分に協議を行い、合理的な製品単価を設定する
ことは、我が国製造業の競争力の観点から見て望ましい。品質に応じた対価が
保証されることによって、素形材企業に対し、より高付加価値製品開発のイン
センティブを与え、ひいては最終製品の品質向上に資するからである。
また、発注企業においては、社内の技術担当及び調達担当の連携を密にし、
予算付けの根拠となる見積書が予定する仕様や発注量を真に反映したものであ
ることを確認した上で、社内の予算承認を得ることが重要である。
「1.8 受領拒否」への対応
製品の納入日について、委託事業者・受託事業者が日程について十分な協議
を行い、確実に納入できる日を書面で定め、親事業者が製品を受領できる態勢
を確保することは、我が国製造業の競争力の観点から見て望ましい。検収と併
せて日程を管理することで、生産管理の効率化に資するからである。
「1.10 検収遅延」への対応
技術的に難しい型の検収を、効率よく、また下請法に違反しない形で終わら
せるには、まず、発注時の仕様と検収基準を明確にすることが望ましい。また、
あらかじめ検収に必要な期間を明確に定め、その期間内に検収を終了させるよ
うにすることが望ましい。
「1.11 型保管費用の負担」への対応
型の保管は、柔軟な生産体制の構築のためにメリットがある面もある。
委託事業者は、型の所有権が委託事業者・受託事業者のいずれに帰属するか
を契約上明確にした上で、必要に応じ、受託事業者と協議の上、型の保管に必
要なコストを負担し、製品製造終了から一定期間経過した型は委託事業者が引
き取るか、廃棄費用を負担した上で受託事業者に破棄させるような取り決めを、
製品発注時点で結ぶことが望ましい。
また、取り決めがない型についても、受託事業者は、製品製造終了から一定
期間が経過した型について委託事業者に引き取りまたは破棄を要請し、委託事
業者は型の必要性を十分考慮した上で、引き取りまたは破棄、若しくは必要な
61
コストを負担した上での継続保管要請を行うことが望ましい。
「1.13 発注時の予定数量と納品数量の食い違い」への対応
市場環境の変化に伴う生産計画の変更等により、当初予定数量に満たない数
量で発注を中断せざるをえなくなった場合には、受託事業者が生産準備に必要
とした費用を委託事業者が負担することが望ましい。この際、費用には設備投
資や原材料調達コスト、資金調達コスト等が含まれ、これらを委託事業者と受
託事業者が十分協議の上、受託事業者に負担がかからないように委託事業者の
負担を決定することが望ましい。
また、例えば、型等の当該製品の生産のためだけに製造・購入されるような
設備等にかかる費用に関しては、製品単価に上乗せする支払形態ではなく、当
該設備等にかかる費用を別途全額支払うようにすることが望ましい。
「1.14 有償支給材の早期決済」への対応
有償支給材の決済については、加工後の製品の納入代金から、その加工対象
物の代金を控除して支払うことが望ましい。この際、受託事業者が委託事業者
に当月納入したものの中に含まれる有償支給材を個々に拾い上げ、その金額を
合計して当月納入代金の支払時に下請代金から控除する方法の他、経理事務作
業のミスを防止するため、委託代金から控除する時期を一ヶ月遅らせる方法等
がある。
「1.15
長期の手形交付」への対応
手形取引にあたっては、委託事業者・受託事業者の資金調達コストや手形管
理コストを勘案し、長期サイトの手形による支払を用いないことが望ましい。
一般的に言えば、企業規模の大きな委託事業者の方が資金調達コストは低く、
受託事業者のそれは低いため、受託事業者が手形割引の形で資金調達を行うよ
りも、委託事業者が短期手形又は現金で支払う方が全体として資金調達コスト
が低減し、その分研究開発や設備投資に振り分けられる資金が多くなるため、
我が国製造業の競争力向上に繋がるからである。
「3.1 重量に基づく値決め」への対応
素形材企業が、発注者のニーズに応じ、製品の軽量化を図り、また複雑形状
に対応する等の新技術の開発・応用を行った場合に、必要な工数・コストの増
加、技術的難易度等を発注企業に説明し、素形材企業・発注企業が協議の上そ
れらの要素を加味して製品単価を設定することは、我が国の製造業の競争力の
観点から見て望ましい。素形材企業に対し技術開発・応用のインセンティブを
与え、より発展的な製品開発に繋がり、ひいては最終製品の品質向上・コスト
低減に資するからである。
62
2. ベストプラクティス
我が国の素形材産業取引の中には、一部の企業に留まるものの、取引慣行を
更に改善しようとする取組が存在している。先に挙げた問題のある取引を回避
するだけでなく、素形材メーカーとユーザー企業双方の競争力を向上させる結
果につながることも多い。こうした取組は、他の素形材メーカー、ユーザー企
業にとっても「望ましい取引慣行」
(ベストプラクティス)として提案できるも
のである。
ベストプラクティスの実践に当たっては、素形材メーカーとユーザー企業が
製品の特性をはじめとして互いの現場を知るとともに、双方の意思疎通を図り、
価格や検収など現在の問題について認識を共有していくことが土台となる。対
等なパートナーとしての意識を持ち、取引の改善に取り組んでいくことが、自
己改革を促し、競争力の向上につながる。
以下、事例を示す。
1.1 トンネル会社を使った下請法逃れ
<取引が改善されなければ、取引辞退を申し出て強気の交渉を実施した例>
・ 取引先(トンネル会社)に対して、親会社との取引が基本であることを強調
し、取引辞退の旨を申し出て強気の交渉を展開した結果、取引条件を改善す
ることができた。【鋳造】
<親会社と取引条件を確認し、書面化した上で、子会社と契約した例>
・ 親会社が発注主体であることがわかっていたため、事前に親会社の担当者、
子会社の担当者を交え、価格等の取引条件について協議した上で、発注元で
ある子会社と取引条件を書面化・契約を行った。【鋳造】
1.2 書面交付義務
<書面交付後に業務を開始するルールを設定した例>
・ ガイドラインを活用し、注文書等の書面のない仕事は受けない社内ルールを
決め、その社内ルールを取引先に提示したところ、取引先からも書面交付の
必要性について理解を得ることができ、取引先から注文書等の書面が交付さ
れるようになった。【金型】
・ ISO9001 の導入については取引先の要請により認証取得したものの、適正取
引に向けた取組には活用が不十分だったが、ISO 規定に即して取引先に書面
を交付するよう依頼したところ、改善がなされた。【鋳造、鍛造】
(解説)ISO9001 の 7.2.2 では「組織は、製品に関する要求事頄をレビューすること」
が求められており、通常製品に関する顧客からの要求は、仕様書や契約書という書面
にて示されることが一般的である。7.2.2 では、顧客から必ず書面で要求内容を示し
てもらうこととしていないが、規格の文章には「顧客がその要求内容を書面で示さな
63
い場合には、組織は顧客要求事頄を受諾する前に確認すること」と記述されている。
このことから、ISO9001 の認証取得組織の多くが、顧客に書面での要求内容の提示を
求めており、組織内の規定でもそのように定めている。認証機関は、組織自らが文書・
記録(書面)の作成又は維持することを定めていれば、それが満たされているかどう
か確認し、それが満たされていなければ、認証機関は組織に対して「不適合」を指摘
する。この指摘で即、認証取り消しになるわけではないが、指摘を受ければ、組織は
修正と是正を実施しなければならず、これを怠れば、認証取り消しになる。
<発注書面の交付を粘り強く依頼した例>
・ 取引先に対して、注文書を交付するよう、取引ガイドライン等を活用し、粘
り強く交渉したところ、発注書が交付されるようになった。【ダイカスト】
<受発注をシステム化した例>
・ 自社の受発注システムの見直し・改善を行い、受発注時の、書面交付を義務
化した。【鋳造】
1.3 補給品の支給
<補給品支給の打ち切りをルール化している例>
・ 自動車の量産終了後の金型とその補給品について、ユーザー取引先グループ
として改善に取り組んでいる。数社をモデルとして、2~3 年たって発注が
ないものは話し合いながら打ち切ることにした。この際、ユーザーとプレス
メーカーだけでなく、ディーラーも巻き込んで話し合いをしている。【金属
プレス】
<補給品に関する取引指針が策定された例>
・ 取引ガイドライン等を活用し、取引先と交渉を続けていたところ、取引先か
ら補給品の定義、取引指針について協議があり、実態を反映した取引条件へ
と改善がなされた。【鋳造】
<発注の都度、見積書を提出し、単価設定がなされた例>
・ 注文が入ったら、その都度、見積を行い、取引先と適正な単価設定交渉を行
えるようにした。【鋳造】
<補給品製造に備えて、型保管の費用、工数等を価格に反映した例>
・ 型保管費用、工数等を踏まえた適正な補給品価格設定根拠を整理し、それを
踏まえ、取引先と補給品に関する交渉を行ったところ、適正な補給品単価へ
改定を行うことができた。【鋳造】
<補給品となる基準、切替え時期を明確化した例>
・ 補給品と量産品との区分リストを作成し、補給品の定義を明確化し、取引条
件を決定した。また、補給品単価、最小製造ロット数の決定、型の管理方法
64
と費用の分担について、取引先と協議のうえ決定した。【鋳造】
・ 発注数量により、補給品と量産品の区分けをしている。過去の発注数量を分
析した上で、例えば500個以下/月の発注品については、自社において補
給品として取り扱うこととし、取引先と交渉したところ、適正な補給品単価
に改定できた。【粉末冶金】
<地道な交渉を展開して、妥当な取引条件に改善された例>
・ 補給部品について、量産打切り後も、発注元から量産時と同じ単価で契約を
求められることがあるが、取引先に補給品の生産原価は、量産時よりも高く
なることを説明し、単価の見直しについて取引先の納得が得られるような交
渉を行い、妥当な取引条件に改善している。【熱処理】
<金型のメンテナンス費用を価格に反映することができた例>
・ 取引先に対して、金型メンテナンスの必要性を説明したところ、補給品の見
積金額に金型メンテナンス費用を部品価格に乗せることができた。【金属プ
レス】
1.4 分割納品時の運賃負担
<運搬形態の見直しによって運送費のコストアップに対応した例>
・ 納品頻度アップの要請で運送費が負担になった際に、ユーザーが巡回集荷に
切り替え、輸送を負担してもらえるようになった。ユーザーも物流効率化に
よるメリットが得られ、素形材企業も輸送費アップによる損益圧迫がなくな
った。【鍛造】
<再見積の提出により協議を実施し改善した例>
・ 取引先が、納入場所、配送方法を変更した場合には、運賃について改めて見
積書を提出し、協議を行い、その運送費を含めた単価を決定している。【熱
処理】
<運送費用を全て発注側負担とした例>
・ 取引先と十分に協議を行い、小口納品に伴い発生する費用については、取引
先が負担することとし、発注側・受注側双方合意の上、ジャストインタイム
の仕組みを構築した。【鋳造】
<輸送方法の見直しを行い、効率化を図った例>
・ 2 次サプライヤー同士で話合いを行い、取引先の了解を得て、共同輸送の仕
組を構築して、運送コストを引下げるなど、自助努力により対応した。【熱
処理】
<特急品の追加輸送コスト、分割納入に伴うコストが負担された例>
・ 特急品については、自社の都合でなく取引先の都合であれば、追加的に要す
65
る運送費を負担してもらえる。また分割納品に伴う運賃についても、一部の
取引先は認めてもらえるようになった。【熱処理】
<話し合いにより、輸送費用が負担された例>
・ 従前は輸送コストについて、当社が全面負担していたが、話し合いにより、
輸送費の一部を取引先が負担してくれるようになった。【金属プレス】
1.5 見積時の予定単価による発注
<数量別単価の見積をしている例>
・ 発注数量を 3 段階に分けて見積し、実際発注があった時点でその近以値単価
を採用してもらっている。【非鉄金属鋳物】
<数量変更の場合には、再見積書を提出する例>
・ 見積書に発注数量、ロット数を明確にしておき、大幅に減尐する場合は、再
見積を行う旨を見積書に記載した。【熱処理】
1.6 原材料等のコスト増の転嫁
<地道な交渉を実施して改善に至った例>
・ 取引先に対して、原材料のコスト増を認めてもらえないと、生産に支障をき
たし、製品の納入予定などに遅れを招くことを説明したところ、取引先の理
解を得て、改善が行われた。【鋳造】
<取引先と原材料に関する情報の共有化を図った例>
・ 取引先に対して、原材料購入価格の内訳明細を提示し、売価の改定を協議す
ることにより、価格転嫁が可能となった。【鋳造】
<原材料の調達を自己調達から支給材に切り替えた例>
・ 材料の自己調達から有償支給に切替えを行ったため、原材料価格高騰の影響
が小さくなった。【金属プレス】
<原材料価格の高騰分を価格に反映できる方式へと変更した例>
・ 取引先から発注があった製品の単価へ影響を及ぼす原材料価格高騰の影響
について、原材料等価格推移表等を活用し、取引先に説明したところ、価格
スライド制が導入され、製品単価へ反映できる方式に変更が行われた。【鋳
造】
<ガイドライン等を活用して、改善に至った例>
・ 取引先との価格交渉時に、取引ガイドライン、協会が作成した取引適正要請
文、原材料等価格推移表の3点セットで交渉したところ、原材料価格高騰分
の価格転嫁を認めてもらえた。【鋳造】
66
<重油等の副資材について建値スライド制を採用した例>
・ 取引先と協議した結果、地金の溶解費用に係わる重油等の副資材について、
価格スライド制を導入した。【ダイカスト】
<各製品、資材ごとにきめ細かく上昇分を転嫁した例>
・ 製品原価の大半を占める資材だけでなく、燃料費、電気・ガス等の副資材の
上昇分についても、取引先に状況を説明したところ、価格転嫁が可能になっ
た。【鋳造、熱処理】
<取引先から、価格転嫁を推進する例>
・ 取引ガイドラインを活用し、日頃より価格交渉を行っていたところ、取引先
から毎月、原材料の値上げによるコストアップ分を成型品へ転嫁するよう連
絡を受けるようになった。【金属プレス、金型】
<製品の原価構成を取引先に示して、価格転嫁が認められた例>
・ 原材料の高騰幅が大きい時には、自社の原価構成を基に自社改善努力をアピ
ールした上で、取引先に応分の価格転嫁を認めてもらっている。【熱処理】
<原材料高騰分の価格転嫁が頻繁に認められる事例>
・ 取引先に対して、スクラップ等の原材料価格高騰の度合いが、従前の高騰度
合いをはるかに超えている点について、価格推移表をもとに説明し、原材料
のコスト増を認めてもらえないと、生産に支障をきたし、製品の納入予定な
どに遅れを招くことを説明した上で、取引ガイドライン、業界が作成した取
引適正要請文を活用して交渉を行ったところ、月単位での、原材料価格高騰
分の価格転嫁が認められた。【鋳造】
<原材料の高騰を価格に適切に反映させた例>
・ 昨今の原材料高騰を受け、従来は半年に一度価格会議を行っていたが、現在
は一定の範囲以上の変動があった場合には四半期に一度価格提示の機会が
持てるよう話し合いの上変更した。なお、この会議は原材料費のアップを交
渉するのみならず、コストダウン努力を含めた値決め提案の場である。【金
属プレス・金型】
<原材料コストが適正に反映される例>
・ あるユーザーとは、一部材料については建値スライド制をとっており、毎月
値決めをしている。【金属プレス】
<原価コストが適正に反映される例>
・ 海外ユーザーとの取引では原材料の価格スライド制を採用していたが、LME
(国際マーケット=ロンドン相場)にプラスアルファした価格が基準として
定められている。【ダイカスト】
<不良品の算定が適正である例>
67
・ ユーザーが原価計算積み上げの時点で不良率を加味しており、不良率の設定
は何パーセントか、そのうち素材不良は何パーセントかを確認し、その範囲
の不良発生費用は還元してもらい、材料も戻してもらうよう要請し、受け入
れられているケースがある。【ダイカスト】
1.7 親事業者の予算単価・価格による一方的な契約単価・価格の要
求
<不良品を分析し、品質改善の提案をしている例>
・ 取引先で生じていた不良品の不良原因を検査し、分析することで、取引先企
業に対し解決策・改善手法の提案型取引を行っている。これにより、同社の
取引拡大と、品質向上による取引先企業のメリットを同時に実現している。
【熱処理】
<コスト削減に向けたデータ開示により、適切な価格を実現した例>
・ コストダウン要請があった際、熱源・生産工程改善などの自助努力とともに、
受注量の増加がコストダウンに寄与すると試算し、ユーザーに発注量の引き
上げを要請した。自社で対応できる範囲を確定し、それ以上の単価引き下げ
は新規設備投資を抑制するとの説明をユーザーに示し、提示した試算に基づ
いてコストダウンを行った。【熱処理】
<適正な見積額を算出している例>
・ 自社で材料費、工数の実績値を参考に入力すると見積単価が算出できるシス
テムを導入し、見積りの作成が容易になった。【鋳造】
<生産性向上の提案をしている例>
・ 素形材加工がやりやすい形状の提案を行っている。【鋳造】
<製造原価を示し、改善交渉を展開している例>
・ 取引先から、契約単価の値引き要求が絶えずあるが、製造コストがアップし
ていることをデータで示し、製造原価に基づき、取引先と協議の上、契約単
価を設定している。【熱処理】
<契約条件が変更になった場合、製造原価の変化率を示し、改善交渉している
例>
・ 契約条件が変更になった場合、従前は、ほとんど単価変更を受け入れてもら
うことができなかったが、ガイドラインが策定されたことを契機にして、契
約条件の変更による製造原価の変化と改善すべき価格水準を提示し、何度も
足を運んで交渉を行い、理解を得た。【鍛造】
68
<原価低減分について発注側と利益をシェアしている例>
・ VA ※提案等のコスト削減への取組みの自助努力面を取引先へアピールし
たことによって、原価低減を回避、または最小限にすることが可能になった。
Win-Win のお互いが納得する対応をしている。【熱処理】
※VA(Value Analysis:価値分析)とは、購入している物品の価格低減や、機能・
品質の向上につながる改善提案を仕様に反映させることである。VA 提案とは、この場
合、物品について製造している受注側から価格低減、機能向上等につながる改善提案
をすることをいう。
<取引先との協働の取組を通じて改善した例>
・ 品質向上を目的とする工程のコスト増について、具体的に必要なコストを統
計資料等のファクトを用いて説明したところ、ある程度認めてもらうことが
できた。【鋳造】
<問題について取引先と交渉し、理解を獲得した例>
・ 原材料の値上がり状況表(直近より 2 年分)を添付し、説明したため、取引
先の理解を得られ、合理的な製品単価を設定できた。【熱処理】
<共同による原価低減を実施した例>
・ 取引先から、一方的な原価低減要請があったので、取引先に対して原価低減
に向けた改善の取組を共同で実施することを提案したところ認められた。さ
らに、共同の取組を通じて得られた工夫から原価低減が可能となったので、
そこで得られた利益は、シェアすることとなった。【非鉄鋳造】
<取引先と補償条件の明確化を図った例>
・ 当社では、加工補償の取決め(鋳物素材不良が加工後に判明した場合、そこ
までの加工費負担をどうするか)が大切であるとの認識を持ち、見積段階に
て加工費を確認し、どこまでの責任を負うか等の打ち合わせをするようにし
た。【鋳造】
<取引先と協議し、納得できる契約を交わしている例>
・ 不具合発生時には先ず原因追求、再発防止を確実に行い、誠心誠意取引先と
協議している。また、予めお互いに納得できる取引基本契約を交わしている。
【熱処理】
<必要な費用を、取引先が負担してくれる例>
・ 発送費用の決定に際しては、見積もりの前提条件として発着地・発送頻度を
明確に明示して見積もりを取得し、その内容を精査し、合意の上で費用を決
定しており、遠方の取引先の工場で金型の立ち会いを要求される場合、人件
費、出張旅費(旅費、宿泊費)は、取引先が負担してくれる。【金型】
69
1.8 受領拒否
<取引先との連絡を徹底することで改善した例>
・ 日程や納入場所など、相互の連絡不徹底を改善した。【鋳造】
<取引先が補償や引取りに応じてもらった例>
・ 取引先の担当者の事務的ミスにより発注した品物があったが、書面による発
注が行われていることを先方に提示した上で、品物を引き取ってもらった。
【鋳造】
1.9 分割納品
<取引先の意識、対応が改善され、分納検収が可能になった例>
・ 取引先に対して、取引ガイドラインを活用して交渉し、分割納品毎に検収・
代金支払いが必要である旨、理解を求めたところ、分割納品毎に、検収・支
払いが行われるようになった。【鋳造】
<取引先から未納品分の保管料を負担してもらっている例>
・ 顧客の生産計画に合わせ、分割納品を請求され、未納品分を自社が預かる場
合には、その分別途費用の負担をしてもらっている。また、長期滞留品は型
番、数量を報告し、決算月を目途に納品できるよう協議している。
【熱処理】
<納品毎に検収をし、代金を支払ってもらっている例>
・ 取引先から納入日をベースに納品毎に検収をしてもらい、代金を支払っても
らっている。また、取引先からの要請により、取引先の外注加工先へ直送し
た場合には、取引先との確実な連絡(納品書を FAX 送付等)でもれを防止し、
同様に納品毎に代金の支払いを受けている。【熱処理】
1.10 検収遅延
<製造に必要な資金が支給される例>
・ 製造時の資金負担を軽減するために、金型代を前払いで受領している会社も
ある。【金型】
<検収遅延を防止するために、その都度調整することで改善した例>
・ 取引条件を明確にして、設計変更があった時点で、原契約の型の検収を上げ
てもらうようにした。【金型】
<取引先との交渉を通して改善した例>
・ 取引先が、予算枠の都合で、一括での支払ができないと主張していたので、
納品後60日以内の契約書に記載された支払い期日までに下請代金を支払
わないと下請法違反となる可能性がある点について紹介、十分に交渉を行っ
70
たところ、支払いが行われた。【金型】
<ガイドラインを活用して改善した例>
・ 取引ガイドラインの検収遅延のページと、取引先が負うべきペナルティを計
算したものを説明し、取引先の理解を得ることができた。【金型】
<金型の設計終了時等に代金の一部が支払われる例:プログレスペイメント ※
制の導入例>
・ 取引先と交渉したところ、金型の設計終了時に代金の3割、組立完了時ある
いはサンプル納品時に5割、金型納入時に2割を支払ってもらった。
【金型】
・ 金型あるいは、成形サンプルの納品日を支払い期限として金型代金の支払い
を受けている。【金型】
※プログレスペイメントとは、あらかじめ定められた期日に、その時点までの出来
高を確定して決済する方法をいう。
1.11 型保管費用の負担
<量産後の型保管や追加発注等のケースについて対応が適正である例>
・ 半年に一度、1 年間使用していない金型は除却申請を行い、承認を得てユー
ザーから除却費用を受領して除却している。申請はほぼ通る。
【金属プレス】
<型の廃棄料がユーザーから適切に支払われた例>
・ ユーザー内部でコンプライアンスを監視する組織ができた。これを期に、木
型の廃棄は、産業廃棄物として道路や山奥に廃棄するとユーザーまで遡って
責任が問われるので法令違反リスクがあると主張したところ、廃棄費用の支
払が了承された。【鋳造】
<取引先の承認を得て、廃棄した例>
・ 型リストを作り、預かっている金型のうち、量産が完了していて一定期間補
給品も出ない場合には、取引先に認承を得て、1 点ずつ型の写真を撮影した
上で、廃棄処分した。【鋳造】
・ 型別の生産状況リスト(過去 3~5 年間)を作成・管理し、取引先と型保管
について定期的に交渉し、廃棄が認められた。【鋳造】
<型保管料を収受した例>
・ 日本鋳造協会が作成した「届出書」をもとに、文章を自社用にアレンジした
文書を用意して交渉に臨んだ。取引先別に売上高に占める木型類の発生率
(受注高)の一覧表を作成し、型保管の非効率性、保管料の必要性を示し、
取引先から型保管料を収受した。【鋳造】
<型保管料を補給品単価に上乗せした例>
71
・ 補給品と型保管はワンセットで解決すべき問題であり、自社では補給品の単
価に型保管に関する費用の上乗せを認めてもらい対応している。【非鉄金属
鋳物】
<長期間保有しない型は取引先へ返却した例>
・ 長期間にわたり使用しない型については、取引先と協議の上、型を返却でき
るケースが増えた。【鋳造】
<管理システムを用いて、取引先と交渉した例>
・ 使用実績について、発注管理プログラムを用いて判断しており、契約当初か
ら3年間使用実績のない型については、返却もしくは廃棄するという取扱い
を定めている。型廃棄等に係わる交渉は、社長自ら取引先と交渉し、取引先
には判断権限がある部長クラス等に対応してもらうことにしている。
【鋳造】
<ガイドラインを活用して、取引先が協議に応じてくれた例>
・ ガイドライン作成後、長期間(10年以上)保管している金型の処分につい
て、ユーザー企業である自動車企業及び部品企業が、協議に応じてくれるよ
うになり、自社において長期間保管している金型のリストを作成し協議した
結果、補修部品として長期間保有していた金型について処分することができ
た。【金属プレス】
1.12 図面・ノウハウの流出
<知的財産の扱いが適正である例>
・ 以前はユーザーからの要請で図面を提出していたが、数年前から経済産業省
の指針を理由に図面の提出を断っている。【金属プレス】
<図面やノウハウに対する対価の明確化を図った例>
・ これまで曖昧だった図面、CAD/CAM データの費用が、明確に型費に織り込ま
れるようになった。【金型】
<経済産業省が示した指針を活用している例>
・ 『金型図面や金型加工データの意図せざる流出の防止に関する指針』(経済
産業省)を活用し、取引先と交渉をしていたところ、自動車部品・産業機械
等の発注側において知的財産に対する意識が変化してきた。【金型】
<図面・ノウハウの流出の阻止を図った例>
・ 図面を出す際には、データの無断使用を防ぐために、取引先から印を図面に
スタンプしてもらうようにし、データの場合にはその都度サインをもらって
いる。【金型】
<金型図面代金が適正に支払われている例>
72
・ 金型図面は金型事業者それぞれのノウハウのつまった企業秘密であり、本来
売買される性格のものではないが、どうしてもと要求された場合には、金型
製作費とは別に金型図面代金として支払うことを前提で金型メーカーとの
交渉を行っており、その場合には金型図面代金は金型製作費以上の価値を認
めてもらっている。【金型】
<図面等の無断使用を禁止した基本契約を結んだ例>
・ 技術資料及び情報の無断使用を禁ずる条頄を含んだ基本契約書を取り交わ
している。【鍛造】
1.13 発注時の数量と納品数量の食い違い
<情報の共有化を図った例>
・ 事前連絡、事前打合わせの中で確実に数量の確認が実施され、問題には発展
しない。【熱処理】
・
<取引先における対応が改善された例>
・ 発注数が減尐された場合は過剰生産となってしまうが、翌月も生産予定があ
った場合はそのままメーカーに保管される。先の見直しが立たない場合に
は、取引先から減尐した個数分を買い上げてもらう対応になっている。【鋳
造】
1.14 有償支給材の早期決済
<有償支給材の支払時期の見直し、未使用材については相殺されないルールに
した例>
・ 取引先から当社への製品代金の支払い時に、製品製造に使用した分のみの有
償支給材の対価を差し引く相殺・控除方式を導入し、有償支給材の支払時期
を見直した他、未使用材については、相殺されないルールにした。【鍛造】
1.15 長期の手形交付
<支払条件が合理的である例>
・ あるユーザーに対して、手形から現金支払への切り替えを依頼したところ、
ある割合までは現金支払で、その割合を越えた部分のみユーザーの資金繰り
が逼迫するため手形で対応する、というように、決済条件が改善された。
【鋳
造】
<支払い条件の変更を交渉し改善された例>
・ 取引先と交渉を行い、半額以上を現金による支払い、残金の手額サイトは
90~100 日に支払い条件を変更した。その結果、以前は手形の割合が売上の
73
40%台であったが、現在は 20%を切ることとなり、経営状況が改善した。
【熱
処理】
・ 新規取引先に対しては、熱処理業は賃加工であるということを説明し、契約
時の支払い条件は現金、もしくは、120 日以内の手形交付をお願いし、改善
された。【熱処理】
3.1 重量に基づく値決め
<技術的難易度の要素が価格に適切に反映された例>
・ 重量取引傾向があるが、自社の営業部員に熱処理技能検定を取得した技術営
業ができる人員を配備し、重量取引単価では見合わない技術的に高度なも
の、トラブルが発生しそうなものについては、いったん見積りした価格では
なく、上乗せした価格で見積りが出しなおせるような体制をとっている。よ
く話し合いを行って、再見積りが承認されるケースがある。【熱処理】
<必要な工数・コスト増加、技術的難易度を踏まえて単価設定している例>
・ 工数、技術的難易度を理解してもらうため、見積段階での説明を詳細に実施
し、必要な工数、ノウハウ等を踏まえ、適切な重量単価を設定している。
【鋳
造】
・ 受注先と形状に応じた価格交渉をしており、協力会社とも同様な交渉を進め
ており、高度な技術を要求される製品にチャレンジできる体制がとれてい
る。【鋳造】
<VA 提案により得られた利益を取引先とプロフィット・シェアする例>
・ VA 提案により、得られた利益を取引先と折半し、重量取引のデメリットを
改善した。【鋳造】
<取引先に工場見学をしてもらい、工程、工数等についての理解を得て対応し
た例>
・ 改善のためには、自助努力していることを、取引先(発注元)の調達担当者
に認知してもらう努力が必要だと考えている。そのため、工場見学、各種打
合せ、会議の際に十分に PR して、取引先に実態を理解してもらえるように
している。その結果、合理的な工数を反映することが可能になった。
【鋳造】
<生産性を差別化することにより、改善した例>
・ 高付加価値製品と低付加価値製品の製造・加工ラインを明確に分離すること
により、生産性を差別化し、重量取引ではなく、生産性を考慮した価格設定
を行うこととした。【鋳造】
<原価計算ソフトの活用により、改善した例>
・ 鋳物企業が適切な原価を把握し、ユーザーの理解を得られる原価計算を提示
74
できるようにするために、鋳造協会が作成した原価計算ソフトを用いて、取
引先と交渉した結果、合理的な価格に改定できた。【鋳造】
取引ガイドラインの活用
<取引ガイドラインを活用して、取引先と交渉の地合ができた例>
・ 取引先に取引ガイドラインを示し、下請法上の留意点やベストプラクティス
の記述を説明して、交渉したところ、取引先と交渉の地合ができ、改善がみ
られた。【鋳造、金型、ダイカスト】
・ 取引先との価格交渉時に、取引ガイドライン、協会が作成した取引適正要請
文、原材料等価格推移表の3点セットで交渉したところ、原材料価格高騰分
の価格転嫁を認めてもらえた。【鋳造】
<取引ガイドラインを活用して、取引条件を定めている例>
・ 新規契約時に、取引ガイドラインを取引先に示し、取引ガイドラインの内容
に沿った形で取引条件を定めている。【金型】
<業界独自の取引ガイドライン等を作成し、改善が見られた例>
・ 業界独自の取引ガイドライン※等を作成し、全会員に配布するとともに、ユ
ーザーとの取引において、素形材取引ガイドライン等と併せて活用した結
果、それまでのユーザーからの一方的な取引交渉等について改善が見られ
た。【金属プレス、金型、鍛造、粉末冶金、熱処理】
※業界独自の取引ガイドラインについて、経済産業省の協力のもと、業界団体が主
体となって作成している。(入手先については、P63を参照)
その他
<ユーザーが技術の理解に基づいて価格交渉をしている例>
・ ユーザーが価格交渉の内容を理解できない状況を改善するため、ユーザーか
ら同社への人員を数名受け入れ、数ヶ月研修して、鍛造をよく理解してもら
うようにしている。また、ユーザーの開発・設計段階で何が求められている
か把握し、それに迅速に対応できるよう、鍛造メーカーの技術人員も数名ユ
ーザーに派遣しており、よい効果が出ている。【鍛造】
<情報の非対称性を解消する例>
・ 海外工場への出荷が多く情報が入手しづらいため、ユーザーの国内本社の購
買部門と頻繁に生産数量計画を含めた情報交換会議を行っている。【金属プ
レス】
<取引慣行の問題についてユーザーと認識を共有した例>
・ 業界団体で全国レベルのシンポジウムを東京で開催し、ユーザーを招待して
75
業界のさまざまな問題(重量取引、型保管、環境対策費の上昇)について
PR を行った。【鋳造】
<ユーザー主導により取引慣行の改善に取り組んでいる例>
・ ユーザーが新製品開発期間短縮及び設計検証強化を目的として、年 2 回、素
形材企業の有力協力会社と意見交換会を開催している。また、協力会社に対
して、取引に関する改善提案を募っており、かなり厳しい意見も提案される。
改善提案された場合にはメールで返信して対応が終わるのではなく、ユーザ
ー企業の社内メンバーが素形材企業を訪問し、説明・協議している。【金属
プレス】
<下請法遵守に積極的に取り組んでいる例>
・ 会員企業の下請法に対する意識の高揚と理解を促すため、新たに「下請代金
支払遅延等防止法推進事業所」と記載した会員証を作成し、全会員に配布し
た。【金型】
76
Fly UP