...

LKHナイフゲートバルブ

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

LKHナイフゲートバルブ
Larox High Pressure Knife Gate Valve(LKH)
過酷なスラリーに対応したラロックスナイフゲートバルブは本体部(鋳物)と耐久性の
高いステンレス製のゲートで構成されています。ゲートの両サイドの着脱可能なリング
スリーブが双方向でシールされることにより密閉されます。また、リングスリーブ以外
でスラリーに接触する部品はありません。LKHは最大圧力20barまで適用可能です。
バルブの動作
特徴
・過酷なスラリーを移送する為の
ダブルシートデザイン
ゲートが開いている状態では、2つのリングスリー
ブがバルブの中心でお互いに密着することで、バ
ルブ本体の金属部分がスラリーに接触せず、移送
されます。ゲートが閉じる際には、全閉状態に到 セカンダリーシール
達するまで、ゲートが向かい合ったリングスリーブ
間の最下部まで下がります。ゲートの両側がリン
グスリーブにより、きつく密着しているので、効果
的にシールし、配管内の圧力を完全に閉じ込めま
す。ゲートの開閉時にリングスリーブの間から放出
されるごく少量のスラリーはバルブ本体下部のス
ペースに集積され、フラッシングポートから排出す
ることが出来ます。
開口
ゲート
潤滑油投入口
バルブ本体
リングスリーブ
フラッシングポート
・容易に交換可能なリングスリーブ
・100%開放
・開放時、ゲートはスラリーラインに
接触しない
・スラリーに金属部品が触れない
・本体への気泡の侵入を防御
・配管内の流れを妨げない
・エポキシコーティングされた外装
バルブ本体
-過酷なスラリーに対応した本体( キャスト)
-過酷なスラリーに対応したフレーム
-潤滑油投入口
-フラッシングポート
-開閉ロックアウトブラケット標準装備
アクチュエーター
-手動
-手動(ギア付き)
-空圧式
-油圧式
-電気式
・ほとんどのタイプのアクチュエーターが
適応可能
・低メンテナンス性
・湿式、乾式ともに適用可能
・双方向からの流れに対応
・グランドパッキン不要
・幅広い媒体へ使用可能なエラストマー
・固形分が堆積する空洞が無く、バルブ
閉塞を防止します。
ラバーリングスリーブの働き
2つのゴム製のリングスリーブがバルブ全閉時にはゲートに対して
双方向から密着し、開放時には互いのリングスリーブ同士で密着す
るように、バルブ内に設置されています。この高いシール力は高圧
ラインにも適用可能です。このダブルシートデザインは双方向から
の流れに対応し、かつ厳しく密閉します。
製品仕様
セカンダリーシール(二重シール構造)
本体:
球状黒鉛鋳鉄 焼付塗装(標準)
エラストマースリーブ:
天然ゴム(標準)
ニトリルゴム
その他リクエストに応じます
適応圧力:
20バール(標準)
内径:
80-600mm
取り換え可能なエラストマー製のセカンダリーシー
ルが従来のグランドパッキンの役目を果たします。
シール自身がシリコングリースで満たされ、刃の表
面と接触することで、刃の表面を拭い、同時に潤
滑します。この刃の表面を潤滑する働きがバルブ
開閉の滑らかな動きを可能にします。セカンダリー
シールを交換する際、バルブ自体を配管から取り
外す必要はありません。
寸法と重量
ゲート材質:
316ステンレス(オプションにて特殊
コーティング有)
その他リクエストに応じます
N
P
M
K
R
G
ステムの保護(標準)
D
フランジの種類
DN80~DN600 DIN, ANSI
JIS
その他リクエストに応じます
C
フラッシングポート装備(標準)
セカンダリー
シール
F
E
B
A
HW型
(手動)
BG型
(手動・ギア付)
ΦJ Inlet
ΦH Port
AC型
(空圧式)
HYC型
(油圧式)
材質証明
化学耐性及び強度試験
レポートを提出致します
アプリケーション
・鉱山、選鉱
・ミネラルプロセス
・発電所
・砂、砂利
・化学
・製紙、パルプ
・水、排水処理
オプンション
・近接スイッチ
・ソレノイドバルブ
・ゲートガード
*寸法は外形のみを表記しています。― リクエストに応じて詳細な寸法を記した図面を提供致します。
特記事項がない限り単位はmmです。
日本総代理店
株式会社 コーレンス
FLOWROX OY
第四営業本部第一部
PL 338, 53101 Lappeenranta
Puh.0201 113 311, faksi 0201 113 300 東京都港区六本木 1-8-7 アーク八木ヒルズ
Tel:03-5114-0797
[email protected] , www.flowrox.fi
Fax:03-3589-3191
http://www.correns.co.jp
Fly UP