...

リバタリアニズムの立場その1

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

リバタリアニズムの立場その1
学科共通科目(2011年度)
哲学・思想の基礎
第12回 倫理的な正しさとは
何か その2-1
リバタリアニズムの立場
2.1 ノージックの
リバタリアニズムの構想
ロバート・ノージックの『アナーキー・国家・
ユートピア』(Nozick, Robert, Anarchy, State,
and Utopia, Blackwell, 1974)に基づいて、リ
バタリアニズムについて考える。「リバタリア
ニズム」(libertarianism)は「自由尊重主義」と
か「自由至上主義」と訳される。
個人の自由と権利
ノージックはリベラリズム以上に個人の自由
や権利を尊重する。「私は個人の諸権利を強
い形で定式化することから出発する」(ノージック
『アナーキー・国家・ユートピア』iv頁; p.xi)」。彼は、「個
人の権利は国家(state)にどの程度の活動の
余地を残すものであるのか」(ノージック『アナー
キー・国家・ユートピア』i頁; p.ix)、と問う。
最小国家
ノージックは適切な国家として、「暴力・盗
み・詐欺からの保護、契約の執行などの狭い
機能に限定された最小国家(minimal state)
を挙げる。それ以上の拡張国家(extensive
state)はすべて、特定のことを行うよう強制さ
れないという人びとの権利を侵害し、不等で
あるとみなす(ノージック『アナーキー・国家・ユートピア』i
頁; p.ix)。
権原理論
市民の間に分配的正義(distributive
justice)を実現・招来するために拡張国家を
正当化する主張に対抗するために、ノージッ
クは、拡張国家を必要としない正義の一理論
(権原理論entitlement theory)を展開し、この
理論装置を使って、何らかの拡張国家を想定
している他の分配的正義の諸理論を解剖し、
批判する。そして、特に、ジョン・ロールズの
強力な理論に批判の焦点を合わせる(ノージック
『アナーキー・国家・ユートピア』v頁; p.xi)。
ロールズとノージックの立場の相違
点と共通点
実践的な観点からは、ロールズとノージック
の立場は明瞭に対立している。福祉国家リベ
ラルなロールズと、リバタリアン保守主義者の
ノージックは、尐なくとも分配の正義
(distributibe justice)の争点に関しては、アメ
リカの政治的議題として提出されるべき、非
常に明瞭な選択肢において立場を異にして
いる。
→続く
哲学的な観点からは、二人には多くの共通点があ
る。二人とも、功利主義にはっきりと異議を唱え、そ
れが人格間の区分を否定していることを根拠にして
拒否している。その代わりに、二人とも、権利を基礎
とする倫理学を提示し、それによって個人の自由が
より完全に確保されるとしている。ノージックによる
権利の説明は、ロックに多くを負うとはいえ、二人と
も、各人をたんなる手段ではなく、目的として扱うべ
きであるとのカントの準則に訴え、それを具体化す
る正義の原理を求めている (サンデル『リベラリズムと正
義の限界』75-76頁; p.66-67)。
→続く
二人とも、ロールズのいう「人びとの多元性と独自
性」や、ノージックのいう「われわれが別々の存在で
あるという事実」を強調する。このような中心的な道
徳的事実によって、功利主義が否定され、個人主義
的で、権利を基礎とする倫理学が肯定されている。
とはいえ、ロールズは、社会的・経済的不平等が
もっとも恵まれない者の便益になる限り認める、正
義の理論に到達するのに対し、ノージックは、再分
配政策をまったく排除し、自発的な交換や移転だけ
から成立する正義を主張する(サンデル『リベラリズムと
正義の限界』77頁; p.67)。
2.2自然状態
自然状態→私的保護協会→超最小国家→
最小国家(夜警国家)
「政治哲学の根本問題は、いやしくも何らかの
国家がなければならないのかどうかにあり、
この問題は国家がいかに組織されるべきか
の問題に先行する。」(ノージック『アナーキー・国家・
ユートピア』4頁; p.4)。
→続く
自然状態
彼は国家の成立を説明する自然権理論(社会契約
論)で論じられる「自然状態」(state of nature)を検討
する。自然状態で自然法が成り立っているとされる。
ロックの自然状態において、諸個人は「自然法の制
限内で、許可を求めたり、他人の意志に依存したり
することなく、自分が相応しいと思う通りに、行動を
律し、財産(possessions)と一身(persons)を処分す
る(dispose of )について、完全に自由(perfect
freedom)な状態にある」(4節:以下の節番号はロックの
『市民政府論』の節を示す)。
→続く
自然法の制約は「他人の生命・健康・自由・
財産を侵害してはならない」(6節)と要求する。
これらの制限を越えて「他人の権利に侵入
し・・・相互を害する者がある」と、これに対応
して人びとは、このような権利侵害者から自
分や他者を防衛することが許される」(3節)。
害を受けた当事者と彼の代理人は、「彼の
被った損害に対する賠償となりうる限度で」侵
害者から取り戻すことが許される(10節)。
また「誰でもその〔自然〕法の侵害者に対し
て、法の侵害を阻止しうる程度の罰を与える
権利を有する」(7節)。個々人は[犯罪者に]対
して、「冷静な理性や良心が命じる限りにおい
て、その者の侵害に比例したもの、つまり〔現
状〕回復と〔犯罪〕抑止に資するだけのものを
報復する」(8節)ことが許され、またそれ以上
のことは許されない(ノージック『アナーキー・国家・
ユートピア』15-16頁; p.10)。
保護協会
自然状態においては、自然法がすべての偶発事件
に適正な解決を与えるとは限らない。そこで、自然
状態の中で、人びとはこのような難点にどのように
対処するかが問題となる。ここでノージックは「保護
協会」(protective association)が必要になると説く。
自然状態においては、個人は自分で諸権利を実行
し、自己を防衛し、賠償を取り立て、処罰を行う(尐
なくとも、そうするために最善の努力を払う)かもしれ
ないが、彼の要請に応えて、他の人びとが彼の防衛
に加わることもある。
→続く
攻撃者の撃退、侵害者の追撃。複数の個人
によって構成されるさまざまなグループが、い
くつもの相互保護協会(mutual-protection
associations)を形成することもある。そこで
は、誰からであれ防衛や権利実行の要請が
あれば、全員がこれに応じる(ノージック『アナー
キー・国家・ユートピア』18-19頁; p.12)。しかし、このよ
うな相互保護協会のメンバーの間でも、さま
ざまの争いが起こる可能性がある。
2.3 最小国家と保護機関
無政府状態から出発して、自発的なグループ形
成・複数の相互保護協会・分業・市場の圧力・規模
の利益・合理的な私利などの力によって、一つの最
小国家(minimal state)または地理的に区別された
最小国家による集団に非常によく似たものが生成
する(ノージック『アナーキー・国家・ユートピア』25頁; p.1617)。ノージックは、最小国家よりも強力で包括的な
国家は、正当でも、正当化可能でもなく、最小国家
が唯一正しい国家であると論じる(ノージック『アナー
キー・国家・ユートピア』83-84頁; p.52-53)。
→続く
すべての個人は、彼に適用されようとしている正義
の手続きが信頼でき、公正であることを示す情報が、
一般にまたは彼に入手可能である〔ことを要求する〕
権利をもっている。この開示がない場合には、彼は
自衛手段をとり、この相対的に未知の制度の適用を
受けることに抵抗することができる。その情報が一
般に入手可能かまたは彼には入手可能にされてい
るとき、彼は手続きの信頼と公正さについて知りうる
立場にいる。彼はこの情報を検討し、もしその制度
が信頼性と公正の範囲内にあることがわかれば、
それに服従せねばならない。またそれが信頼できず
不公正であるとわかれば、彼は抵抗することが許さ
れる(ノージック『アナーキー・国家・ユートピア』160-161頁;
p.102)。→続く
人は、他人が信頼性がないかまたは不公正な正義
の手続きを自分に適用する場合には、正当防衛とし
てこれに抵抗することができる。この原則の適用とし
て、個人は、良心的に検討をつくした結果、不公正
または信頼性がないと彼が判断した制度には抵抗
することになる。個人は彼の保護機関に授権して
(empower)、信頼性と公正さを開示していない手続
きに抵抗する権利、また不公正または信頼性のな
いあらゆる手続きに抵抗する権利を、彼に代わって
実行させることができる(ノージック『アナーキー・国家・
ユートピア』161-162頁; p.102)。
2.4 道徳的制約と道徳的目的
権利は、行われるべき活動に対する付随制約[側
面からの制約](side constraints)―制約Cを犯すな
―と位置づけられる。他の人びとの権利が、あなた
の活動に対する制約内容を定める。制約を付加さ
れた目的指向的立場(goal-directed view)は、次の
ようなものになる。制約Cを犯さないような、あなた
に可能な行為の中から、目的Gを最大化するように
行為を行え。ここで他人の諸権利があなたの目的
指向的行動を制約することになる。付随制約論
(side-constraint view)は、諸目的の追求に際して、
これらの道徳的制約を破ることを禁止する(ノージック
『アナーキー・国家・ユートピア』45頁; p.29)。 →続く
付随制約〔の理論〕は、その基礎にある次の
ようなカント的原理を反映している。個々人は、
目的(ends)であって、単なる手段(means)で
はない。それゆえ個人を、同意なく、他の目
的達成のために犠牲にしたり利用したりする
ことは許されない。各々の個人は不可侵であ
る(ノージック『アナーキー・国家・ユートピア』48頁; p.3031)。 →続く
人は他人を利用してはならない。他人に向
けた活動に対する、ある特定の付随制約は、
この付随制約が排除している特定の諸方法
で他人を利用してはならないということを表現
している。いろいろな付随制約は、他人が不
可侵(inviolability)であることを表現している。
この型の不可侵性は次のような命令で表わし
うる。「人びとを特定の方法で利用するな」
(ノージック『アナーキー・国家・ユートピア』50頁; p.32)。
→続く
付随制約は、他人の人格の不可侵性を表現す
る。しかし、人は、より大きな社会的善のために人
びとを侵害することは許されない。個人としてはわ
れわれは各々時によって、より大きな利益のため、
またはより大きな害を避けるため、痛みや犠牲を
あえて受けることがある。たとえば、後でもっとひど
い目にあうことを避けるために歯医者に行き、その
成果を求めて嫌な仕事をし、人によっては健康や
美容の向上のために食事制限をし、老後の生活
のために貯金をする人もいる。それぞれの場合、
全体の善をより大きくするために、何らかのコスト
を負担するのである。
→続く
しかし、同じように、社会全体の善(overall social
good)のために、ある人びとが他の人びとにより多く
の利益を与えるような何らかのコストを負担すべき
だ、とは主張されない。それ自身の善のためにある
犠牲を忍ぶというような、善を伴う社会的実体などと
いうものは存在しない。存在するのは個々の人びと、
彼ら自身の個々の命をもった、各々異なった個々の
人びとのみである。これらの人びとのうちの一人を
他の人びとの利益のために利用するということは、
彼を利用すること、そして他に利益を与えることであ
る(ノージック『アナーキー・国家・ユートピア』51頁参照;
cf.p.32-33)。 →続く
われわれが行ってもよいことについての道
徳上の付随制約は、われわれが別々の存在
(separate existence)である、という事実を反
映している。われわれのうちの一人の命より
他の人びとの命〔の価値〕が道徳上優越する
ことによってより大きな全体としての社会的善
に導くことなどはない。われわれの幾人かを
他の者のために犠牲にすることに、正当化は
ありえない (ノージック『アナーキー・国家・ユートピア』52
頁参照; cf.p.33)。
Fly UP