...

研究余滴 - 島 義弘のページ

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

研究余滴 - 島 義弘のページ
ニューズレター
う 6 つのテーマに記事を整理し,掲載しています。先
します。人々は,自分の下したい結論を導く根拠とし
の社会心理学会のまとめサイトに比較的早く掲載され
て,各専門家の発言を用いていきます。
たことから,このサイトに注目してくれた人も少なか
このような図式は普段から見られることですが,災
害後のネット上の情報の流れを眺めることで再認識で
らずいたようです。
きました。専門家と非専門家との間のコミュニケーシ
ョンには,難しさが伴います。今回のような場合にど
3 .専門家の情報発信
一連の災害を経て,あらためて専門家の情報発信の
のようにすべきか,答えはわかりません。しかし,専
あり方が問われています。震災直後から,専門家のイ
門家の発言が妨げられるべきではないと思います。そ
ンターネット上の情報発信が Twitter などで次々と引
の上で,情報の扱いを模索する必要がありそうです。
用され,拡散していく様子を見てきました。特に原発
の事故が明るみになって以降は,その傾向が激しさを
*小塩 真司さんのプロフィール*
現任校に赴任して早くも 10 年が過ぎようとしていま
増してきたように思います。
そのなかで浮き彫りにされたのは,真実を知ること
の難しさではないでしょうか。たとえ専門家が,自身
す。今回の執筆依頼をいただいて,このニューズレタ
ーの編集委員長だった頃を思い出しました(委員長だ
った時期があるのです!)。しかし,それが 8 年も前
の専門性に基づいて発言したとしても,その発言が真
だったことに愕然……若かったなあ,などと少しだけ
実とは限らない場合があります。そして,同じ事象に
思いを巡らせ,すぐに次の締切りに取り掛かるのでし
対して複数の専門家が,複数の立場から異なる発言を
た……。
研究余滴
心理学 隙間 発見!
島 義弘(名古屋大学大学院教育発達科学研究科)[email protected]
(私)
「アタッチメントの研究をしています。」→(A
学のゼミに進んだものの,ラットを使って実験をする
さん)「子どもの発達を研究しているんだ。」→(私)
ということ以外は何も決めていなかった時分,なんと
「…主な対象は青年です…。」→(A さん)「じゃあ,面
なく履修した他学部の講義の余談で,「世代間伝達」
接とか,臨床をやってるの?」→(私)「…基礎研究を
という言葉を耳にしたのです。この時から,私はまる
やっているつもりです…。今は言語刺激とか表情刺激
で運命に導かれるかのように,アタッチメントの研究
を使って,反応時間と内的作業モデルの関連を調べて
へと駆り立てられていったのです。
います」→
(A さん)
「それって発達? 認知っぽいけ
卒業論文では世代間伝達について調べるために,ラ
ど…」→(私)「方法は認知だけど,内容的には社会心
ットを 3 世代にわたって追跡するという,かなり大が
理のほうが近いですね。将来的には,基礎的な実験研
かりな実験を行いました。母仔分離中の仔ラットの体
究の成果を発達とか臨床に応用していきたいと考えて
温低下を防ぐために真夏の薬局に懐炉を買いに行くと
います。
」→
(A さん)
「…?」
いう奇行に走ったり,何度も出産に立ち会ったり,午
後 9 時過ぎから午前 2 時ごろまで実験を行ったりと,
改めて振り返ってみるとなかなか大変ですが,当時は
隙間発見までのオートバイオグラフィー
上は,私が自分の研究を説明するときに,しばしば
繰り広げられる会話です。主題は発達・臨床心理学,
内容は社会・パーソナリティ心理学,方法は認知心理
「大変」と思う間もなく駆け抜けてきました。
ラットの世代間伝達の研究を進める一方で,アダ
ルト・アタッチメント・インタビューで著名な Carol
学。私はこれら 3 領域の隙間に棲みついて,アタッチ
George 博士の講演を聞く機会に恵まれ,Bowlby のア
メントの研究を続けています。では,私はどうしてこ
タッチメント理論を知るに至り,徐々に「大学院では
のような隙間にはまり込んでしまったのでしょうか。
ヒトで,アタッチメントの研究をしたい」と考えるよ
発端は学部 3 年生にまでさかのぼります。学習心理
うになっていきました。しかし,人の世代間伝達を研
― 10 ―
2011 年 10 月 31 日
ニューズレター
究するには 30 年かかる…。そこで思い至ったのが,
「内的作業モデルの情報処理機能」だったのです。
第 64 号 にはなかなか留まらないような小さな研究です。「ゆ
っくりでもいい,大きく育て」と願いながら,刺激を
変え,実験プログラムを変え,試行錯誤を繰り返しな
隙間で育ち,隙間を育てる
がら研究をつづけ,現在に至ります。
不適切な養育を受けた仔ラット(第 2 世代)は成熟
後の養育行動に異常を示し,その仔(第 3 世代)の行
隙間を,今後どうするのか?
動にも異常が現れる,というのが,私の卒業研究の結
目下の課題は,発達・臨床,社会・パーソナリテ
果でした。第 2 世代の被養育経験が同じく第 2 世代の
ィ,認知という 3 つの領域の狭間に落ち込んでいる研
養育行動に影響するには,経験が何らかの形で表象と
究を,今後どうしていくのか,というものです。極論
して蓄えられている必要があります。この考えを人に
を言えば,隙間に棲みついて独自の進化を遂げるか,
当てはめた時に,世代間伝達を引き起こす原因を「内
隙間から出て,外界を探索するかの 2 択になります
的作業モデル」と呼ばれる表象に求めることができる
が,私自身はこの隙間を安全基地として基礎研究をつ
のではないかと考えたのです。
づけながら,基礎研究と応用・実践との間に架け橋を
ここで,
「(認知)表象=情報処理」という至極単純
かけたいと考えています。私の研究生活の発端である
な図式といくつかの先行研究を参考に,学部時代に培
「世代間伝達」に対する関心は,若干イレギュラーな
ってきた基礎研究のノウハウと「世代間伝達」という
形で私の中に生き続けています。
応用を結びつける試みが始まったのです。実際にアイ
ディアを実験ベースに乗せるという誰もが味わう苦労
*島 義弘さんのプロフィール*
のほかに,質問紙の作成・実施(大学院で初!),人
名古屋大学文学部卒。同大学院教育発達科学研究科博
に実験参加をお願いする(学部の実験演習以来!)な
ど,未経験の困難にもさらされましたが,多くの方々
士後期課程修了。博士(心理学)。ずっと実験室にこ
もって研究を続けてきましたが,最近ようやく外にも
出るようになってきました。これを 1 つの足掛かり
の支えと様々な幸運にも恵まれ,研究を軌道に乗せる
に,基礎と臨床をつなぐ取り組みを続けていきたいと
ことに(とりあえず)成功しました。
思います。
とはいえ,まだまだ芽が出たばかり,ほかの人の目
研究会紹介
言語発達分科会 活動報告
高橋 登(大阪教育大学)[email protected]
大伴 潔(東京学芸大学)[email protected]
小林 春美(東京電機大学)[email protected]
田中 みどり(女子栄養大学)[email protected]
言語発達分科会は 1999 年に分科会として認められ,
第 6 回(2006 年)までは「言語発達の根幹を問い,
活動を続けてきました。分科会に登録しているメンバ
研究の視野を広げる」という大層なサブタイトルも付
ーは 40 名ほどですが,メンバー間で活発な交流が行
けていたのですが,第 7 回以降は付いていません。う
われているわけではありません。世話人である私たち
っかり付け忘れたのか,恥ずかしくなって付けるのを
だけで地味に活動を展開しているというのが実情で
やめたのかは定かではありませんが,言語発達につい
す。けれども私たちの分科会には誇れる実績がありま
て根本のところから考えて行こうという私たちのスタ
す。毎年言語発達について先端の研究を行っている研
ンスに変わりはありません。また,当初は各話題提供
究者を招き,発達心理学会で自主シンポを開催してい
者に発表の内容に加筆してもらい,冊子の形態にして
るのです。シンポのテーマと各話題提供者の発表テー
翌年のシンポで配布していたのですが,この試みは文
マを一覧表にまとめたのでご覧下さい。
字通り三号雑誌で終わってしまいました。負担が大き
― 11 ―
Fly UP