...

アルファメールプラチナ 「管理者機能ページ」でメールアドレスを作成する

by user

on
Category: Documents
23

views

Report

Comments

Transcript

アルファメールプラチナ 「管理者機能ページ」でメールアドレスを作成する
アルファメールプラチナ
操作方法がわからない場合はサポートセンターへお問い合わせください。
準備していただくもの
●インターネットに接続されているパソコン
●ブラウザソフト(Internet Explorer など)
●アルファメールプラチナの「管理者メールアドレス」「管理者初期パスワード」
「管理者機能ページ」でメールアドレスを作成する
STEP4 管理者機能ページを表示します
STEP1 ブラウザを起動します (例)Internet Explorerの場合
Internet Explorer を起動
「ご利用メニュー」から
「管理者機能」をクリック
STEP2 会員サイトへアクセスし、「ログイン」ボタンをクリックします
アルファメールプラチナ会員サイト
1 http://www.alpha-plt.jp/
STEP5 メールアカウントを作成します
半角で入力してください
「ユーザー管理」→「ユーザー設定」
をクリックし 1
ユーザー設定画面を表示します。
2
2 「ログイン」ボタンをクリック
1
表示された画面で「登録」ボタンをクリック
2
必須入力項目
ログインID
STEP3 ご利用メニューにログインします
ユーザー名
2
「管理者初期パスワード」 3
「管理者メールアドレス」
4
パスワード
4
ユーザー名のフリガナ
メールを送受信する際のパスワード
パスワードの確認入力
※メールアドレスとパスワードは、大文字/小文字
を区別します
※管理者パスワードを変更された場合、変更後
のパスワードを入力してください。
入力後、「ログイン」 ボタン
をクリックします。
メールアドレスを利用される人の氏名
フリガナ
を半角で入力します。
2
3
メールアドレスの「@」より前の部分
確認のためパスワードを再入力
※入力したパスワードの文字列は表示されません。ご注意ください。
登録
STEP6 メールアカウント作成完了!
作成完了!
作成したアカウントの
管理者メールアドレス、管理者初期パスワードは、
「契約マイページ」(http://online.alpha-web.jp/)でご確認いただけます。
メールアドレス と パスワード を
利用者の方に渡してください。
※メールソフトへ設定をされる場合は「メールを使ってみよう!利用者編」をご参照ください。
契約マイページのログイン方法につきましては、サービス開始時の案内をご参照ください。
作成したアカウントが一覧で表示されます。
アルファメールプラチナ 「メールを使ってみよう!」(管理者編) 2015年3月版 株式会社大塚商会
アルファメールプラチナ
(例) Outlook 2013(POP利用)の場合
操作方法がわからない場合はサポートセンターへお問い合わせください。
管理者に確認するもの
●メールアドレス
●送信サーバー名、受信サーバー名
●パスワード
準備していただくもの
●インターネットに接続されているパソコン
●メールソフト(Outlook など)
メールアドレスをメールソフトに設定
■メモ欄
STEP4 送信サーバーの認証を設定します
STEP1 メールソフトを起動します
初めて起動した場合、右のウィザード画面が表示されます。
表示されない場合は、以下手順で操作を進めてください。
1 「ファイル」→「情報」の順に選択します。
2 「アカウントの追加」をクリックします。
3 STEP2の 2 に進みます。
1 「送信サーバー」タブをクリック
1
2 「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」をチェック
1 「次へ」をクリック
3 「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」を選択
STEP2 アカウントの設定・アカウントの追加を設定します
3
2
1
STEP5 経路暗号化を設定します
1 「詳細設定」タブをクリック
次へ
1
2 「自分で電子メールや
その他の…」を選択
「はい」を選択
受信サーバー(POP3)に「995」を入力し、「このサーバー
次へ
2 は暗号化された接続(SSL)が必要」をチェック
送信サーバー(SMTP)に「465」を入力し、「使用する暗
3 号化接続の種類」で「SSL」を選択
または IMAP」
3 「POP
を選択
※経路暗号化とは、お客様のメールソフトとアルファメールプラチナのメールサーバ間における
メールの送受信経路を暗号化する機能です。SMTP認証除外設定がされている
アカウントからはご利用いただけません。ご利用時の注意事項は会員サイト
(http://www.alpha-plt.jp/service/mail/smtp.htm)をご参照ください。
次へ
STEP3 POPとIMAPのアカウントを設定します
OK
1 「名前」を入力(任意で設定)
メールを送信したときに相手側に「送信者」として表示
される個人名や会社名(漢字ひらがな可)です。
(例)△△△株式会社 大塚はな子
3
4
設定完了!
管理者から配布されたメールアドレスを入力
5
(例)[email protected]△△△.co.jp
次へ
2 「POP3」を選択
「受信メールサーバー」を入力(半角英数字)
「送信メールサーバー」を入力(半角英数字)
3 「メールアカウント%ドメイン名」を入力(半角英数字)
メールアドレスの「@」を「%」に置き換えます。
(例)[email protected]△△△.co.jp → otsuka%△△△.co.jp
各項目を入力後、
「詳細設定」をクリックし、STEP4へ進みます
2
1
「メールアドレス」を入力(半角英数字)
1
2
STEP6 セットアップの完了!
4 「パスワード」を入力(半角英数字)
5
「[次へ]をクリックしたらアカウント設定を自動的に
テストする」は、チェックを外します。
1 「POPとIMAPのアカウント
設定」画面に戻ります
2 「完了」をクリック
※設定完了後、
送受信のテストをお試しください
■経路暗号化なし、サブミッションポートの設定を行われる場合
1 STEP5の画面を表示し、以下設定を行います。
●受信サーバー(POP3)の設定
経路暗号化なしの場合:「110」を入力し、「このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要」はチェックしません。
●送信サーバー(SMTP)の設定
サブミッションポートの場合:「587」を入力し、「使用する暗号化接続の種類」で「なし」を選択します。
経路暗号化なしの場合:「25」を入力し、「使用する暗号化接続の種類」で「なし」を選択します。
2 「OK」をクリック
2 「POPとIMAPのアカウント設定」画面で「次へ」をクリックし、次画面で「完了」をクリックして完了!
アルファメールプラチナ 「メールを使ってみよう!」(利用者編) 2015年3月版 株式会社大塚商会
Fly UP