...

小規模な木質バイオマス発電の推進について

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

小規模な木質バイオマス発電の推進について
資料2
小規模な木質バイオマス発電の推進について
平成27年2月13日
1.木質バイオマス発電の計画状況
○
全国で⽊質バイオマス発電の計画が進展しており、平成26年11⽉時点でFIT設備認定を受けたバイオマス発電
設備(未利⽤⽊質バイオマスの利⽤割合が最も多いもの)の設備認定件数は43件。
○ この他にも⽊質バイオマス発電の計画が各地で進展している⼀⽅、燃料となる⽊質バイオマスの原料調達が課題
となり、⽊質バイオマス発電を断念する事例も発⽣。
⽊質バイオマス発電の計画状況
⼩規模な⽊質バイオマス発電がなじみやすい地域(想定例)
・離島
→ 集材できる地域が地理的に限定される地域
(例:⻑崎県五島列島、島根県隠岐の島など)
・⼭脈に囲まれている等の条件不利地域
→ 四⽅を急峻な⼭脈に囲まれていたり、⼀⽅が沿岸部であるな
ど、容易に集材できる範囲が地理的に限定的である地域
(例:⻘森県下北半島など)
・⽐較的近くに⽊質バイオマス発電所が既にある地域
→ ⼤規模な⽊質バイオマス発電所を設置しようとすれば、既存発
電所の集材範囲と重複するが、規模を縮⼩すれば、重複せずに森
林資源を有効に利⽤できる地域
(例:⻑野県下伊那地域など)
・農⼭村地域
→ 原⽊しいたけ⽤ほだ⽊の⽣産、果樹栽培等が盛んで、それらに
関連する資源(成⻑しすぎた広葉樹、果樹の剪定枝等)をエネル
ギーに有効活⽤することが⽐較的容易に⾏える地域
(例:⼭形県村⼭地⽅など)
(資料)「バイオマス賦存量・有効利用可能量の推計」(NEDO)に、FITの
設備認定を受けた木質バイオマス発電設備のうち未利用間伐材等の利用割
合が最も多い設備について、燃料を年間6万t使用する発電所の集材想定範
囲を半径50km圏内として試算。実際の集材範囲は、森林密度や地形等によ
り異なり、同心円状にはならない。
-1-
2.木質バイオマス発電の推進に対する支援
【5,000kW級のプラントをモデルとした発電施設への木材収集のイメージ】
製材用、合板用等
(各工場等へ)
燃料用
10万m3/年
森林組合
民間
林業事業体
20km
~50km
素材生産事業者
(地域一円)
木質バイオマス
発電所
チップ工場
5,000kW級
↓
チップ使用量年間
6万トン
など
原料搬出コスト
原料運搬コスト
チップ加工コスト
チップ運搬コスト
課題
• 材の安定供給体制の構築
• 施業の効率化
等
※
• チップ製造の効率化
• 運搬体制の効率化
等
• 関係者の知見の不足
• 資金調達
• 採算性の確保
等
安定的・持続的な仕組みとするためには、地域の実情に合った規模とすることが重要
支援措置
• 間伐等の森林施業や路網の整備等を推
進。(H26補正、H27当初)
• 未利用間伐材等の収集・運搬の効率化
に資する機材等の整備に対し支援。
(H26補正、H27当初)
• 関係者の合意形成等のための地域協議
会開催費等に対し支援。(H26補正)
・
林野庁予算
・
・
・
• 木質チップ・ペレットの木質燃料
製造施設等の整備に対し支援。
森林整備事業(26年度補正予算額)【7,406百万円】
(27年度概算決定額)【120,286百万円】
森林整備加速化・林業再生対策(26年度補正予算額)【54,630百万円】
森林・林業再生基盤づくり交付金(27年度概算決定額) 【2,700百万円】
新たな木材需要創出総合プロジェクト(27年度概算決定額)【1,689百万円】
• 発電効率の高い新たな木質バイオ
マス発電システム(ガス化発電)
等の開発・改良(H27当初)
• 全国的な相談窓口の設置、必要な
技術者の派遣(H27当初)
• 木質バイオマス発電施設の整備に
対し、資金を融通(H26補正)
• 固定価格買取制度
-2-
【参考】農林水産省における主な支援策
○
農林⽔産省では、林業の成⻑産業化に向けて、担い⼿の確保・育成や施業集約化の加速、地域材の安定的・効率的
な供給体制の構築等の総合的な施策を推進している。
地域材の安定的・効率的な
供給体制の構築
地球温暖化防止に向けた森林整備
と多面的機能発揮のための対策
○国産材の安定供給体制を構築するとともに地
球温暖化防止等の多面的機能を発揮するため
の間伐等の森林施業や路網の整備等を推進
【森林整備事業】
○地域における活動組織が実施する森林の保全
管理や森林資源の利用等の取組を支援
【森林・山村多面的機能発揮対策】
○民有林と国有林が広域に連携した協議会の開催及び構想
の実現に向けた取組を支援
○CLTの製造施設やストックヤード等の木材加工流通施
設の整備を支援
○円滑な森林整備・林業生産コストの低減を図るため、高
性能林業機械の導入等を支援
【新たな木材需要創出総合プロジェクト】
【森林・林業再生基盤づくり交付金】
収穫する
地域材の利用促進による
木材需要の創出
○中高層建築等に活用できるCLT(直交集成
板)等新たな製品・技術の開発・普及の加速化
等を支援
○小規模発電・熱利用等の取組推進のための相
談・サポート体制の構築、技術開発、木質バイオマス
関連施設整備を支援
【新たな木材需要創出総合プロジェクト】
【森林・林業再生基盤づくり交付金】
利⽤する
⼆度⽬の
間伐
施業集約化の加速化
○施業集約化に向けた森林情報の収集や森林境
界の明確化を支援
【森林整備地域活動支援交付金】
○面的まとまりによる計画的・効率的な施業の
実現に向けた森林経営計画の作成を推進
主伐
植える
育てる
間伐
林業を支える担い手の確保・育成
○3年間のOJT研修等による新規就業者の確
保・育成を支援(受講可能期間を最大5年間に
延長)
○就業環境の改善を促進するため、労働災害防
止対策を推進
【森林・林業人材育成対策】
-3-
3.木質バイオマス発電の地域活性化効果
○
⽊質バイオマス発電は、他の電源と異なり燃料収集に係るコストが発⽣するが、これは⾒⽅を変えれば、より多
くの利益が継続的に地域へ還元されるともいえる。
○ さらに、熱利⽤等による他産業との連携等の間接的な地域活性化効果も期待。
直接的な地域活性化効果(イメージ)
発電設備建設に係る雇用が
発生。
地域の主体の参画や地域の
金融機関の活用等があれ
ば、地域の新たな所得機会
となる。
発電設備の運営に新たな
雇用が発生。
資本費
利潤等
運転維持費
燃料費(加工等)
従来未利用だった林地残材
等に新たな価値が発生。こ
れを搬出するための新たな
雇用が発生。
燃料費(原料)
チップ加工業等に新たな
雇用が発生。
燃料費(運搬)
継続的に利益が
地域に還元
運搬業に新たな雇用が
発生。
間接的な地域活性化効果(例)
•
•
•
•
発電時に発生する熱を利用し、農業や観光等と連携
林地残材が搬出されることで、森林の景観が向上し、地域の魅力向上に貢献
環境教育効果
非常電源としての活用
等
-4-
4.小規模な木質バイオマス発電の推進の必要性
○
政府は、平成32年度において⽊質バイオマス発電等のエネルギー源としての利⽤量を600万m3とする⽬標を掲
げており、それに向けて農林⽔産省では、森林・林業施策を総動員。
○ 今後、再エネの最⼤限の導⼊と再エネによる地域の活性化を図るため、地域資源の最⼤限の活⽤につながる、よ
り規模の⼩さい⽊質バイオマス発電も併せて推進することが重要。
今後の木材需給の目標
木質バイオマス発電における需要の試算
木材量(百万㎥/年)
40
主に未利用木質バイオマスを利用する発電
設備 約40件
30
供給量
20
5,000kW級の木質バイオマス発電設備の
場合、約10万㎥の木質バイオマスを利用
パルプ・チップ用材
10
約400万㎥の木質バイオマス需要が発生
600万㎥
エネルギー源等としての利用
0
平成21年
平成32年
(資料)森林・林業基本計画(平成23年7月閣議決定)を基に作
成。
我が国のバイオマス発生量と利用率(平成22年)
未利用間伐材等
未利用間伐材等
(約2,000万m3/年)
(約2,000万m3)
製材工場等残材
製材工場等残材
(約850万m3/年)
(約850万m3)
建設発生木材
建設発生木材
(約1,000万m3/年)
(約1,000万m3)
未利用間伐材等の利用も促進しつ
つ、木材の供給量を向上させる中
で、エネルギー源等に供する木質
バイオマスの供給量を拡大
平成32年度におけるエネルギー源等
としての利用量600万㎥に対して、
さらに約200万㎥の木質バイオマス
の活用の可能性がある。
ほとんど
未利用
95%
90%
5%
10%
(資料)農林水産省「木材需給表」等を基に作成
利用
未利用
-5-
5.小規模な木質バイオマス発電におけるコスト削減の可能性
○
⽊質バイオマス発電設備の原価構成のうち、燃料費が68%を占めていることから、この低減が重要。例えば、
チップ加⼯設備を発電設備に併設すれば、チップ搬出コストを削減できる可能性がある。
○ いいづなお⼭の発電所では、チップ加⼯設備を発電設備に併設する等により燃料費の低減を図っている。このよう
な取組は、使⽤する燃料が⽐較的少なく、集材場所から発電所までの距離が短くなりやすい⼩規模な⽊質バイオマス
発電の⽅が⾏いやすいと思われる。
木質バイオマス発電設備の原価構成の例
木質チップ燃料製造コストの構成
灰処理費
保守点検費 6%
9%
チップ運搬コスト
25%
原料搬出コスト
34%
人件費
6%
減価償却費
11%
燃料費
68%
チップ加工コスト
16%
原料運搬コスト
25%
※FIT認定を受け、現在稼働している木質バイオマス発電設
備(5,700kW)
※丸太+端材をフォワーダで搬出し、運材トラックでチップ工場まで運
搬し、チップ化後、発電所まで運搬した場合の平均値
(資料)平成25年度木質バイオマス利用支援体制構築事業 発電・熱供給・熱電併給推進のための調査
-6-
【参考】木質バイオマス発電への燃料供給(イメージ)
【小規模な木質バイオマス発電(いいづなお山の発電所)をモデルとした発電施設への燃料供給のイメージ】
製材用、合板用等
(各工場等へ)
燃料用
3.5万m3/年
~30km
素材生産事業者
(地域一円)
森林組合
民間
林業事業体
チップ工場
など
原料搬出コスト
原料運搬コスト
チップ加工コスト
資源の賦存量に応じた収集範囲からの
安定的な燃料収集体制を構築
木質バイオマス
発電所
1,500kW級
↓
チップ使用量年間
2万トン
チップ⼯場を併設して
チップ運搬コストを削減
【5,000kW級のプラントをモデルとした発電施設への燃料供給のイメージ】
製材用、合板用等
(各工場等へ)
燃料用
10万m3/年
20km
~50km
素材生産事業者
(地域一円)
森林組合
民間
林業事業体
原料搬出コスト
木質バイオマス
発電所
チップ工場
など
原料運搬コスト
チップ加工コスト
チップ運搬コスト
5,000kW級
↓
チップ使用量年間
6万トン
-7-
6.小規模な木質バイオマス発電の原価構成
○
⼩規模な⽊質バイオマス発電設備は、5,000kW級の⽊質バイオマス発電設備に⽐べ、燃料費の⾯で優位性がある
ものの、資本費や運転維持費に係るコストが掛かり増しとなっている。
○ 燃料費については、今後、農林⽔産省が進める林業の施業の集約化や低コスト・⾼効率の作業システムの構築に
より、低減が期待される。
○ また、資本費・運転維持費についても、関係省庁等と連携して技術開発を進めることにより、今後のコストの低
減が期待される。
100%
10%
8%
23%
15%
80%
36%
60%
16%
資本費
43%
運転維持費
12%
36%
40%
8%
20%
18%
燃料費(加工等)
燃料費(運搬)
燃料費(原料)
11%
24%
24%
やまがたグリーンパワー
いいづなお山の発電所
グリーン発電会津
2,000kW、ガス化発電
1,500kW、直接燃焼
15%
0%
5,700kW、直接燃焼
(資料)山形グリーンパワー:林野庁調べ。ただし、未利用間伐材以外も原料に利用しているため、使用燃料を全て未利用間伐材として試算。
いいづなお山の発電所:第17回調達価格等算定委員会提出資料をもとに試算。
グリーン発電会津:第4回調達価格等算定委員会提出資料
-8-
Fly UP