...

子 ど も の 愛 読書 ーある市立児童図書館の場ム ーー

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

子 ど も の 愛 読書 ーある市立児童図書館の場ム ーー
子どもの愛読書
1ある市立児童図書館の場合Il
ヽ ヽ ヽ
私たちが'図書館のひさしを借りて児童文学の創作研究会のよう
なものを始めたのは、もう十年余も前のことである。以来、広島市
立児詣図譜舘﹁子どもの家﹂とのど縁は続いている.まるで友人の
家のように自由に出入りして、ほしいだけの本を読ませてもらって
・
'
f
J
た
O
もちろんここの主役は子どもたちである。彼らが目を輝かせて書
大 野 允 子
二)
広島市立児売国古館﹁子どもの家﹂は、日本ではまだ数少ない子
昭和二七年へ在米邦人の寄金をもとに挙られたもので'円型総ガ
どものための独立図古館である。
・--i'"sm 三一円mC
の1隅にキノコに似た姿を見せている.
ラス張り'丹下健三氏の手になる建物は、市の中心地基町児童公園
蔵書数 二一へ八九二冊(四一年度末)
棚から本を探し出す光景は'いつ見ても楽しいO いったい子どもた
ちは'どんな本を読んでいるのか ー 私は自分の目で、これをじっ
九九人
対象人口 市内居住の三∼一四才の幼児'児童、生徒 八四へ六
職員数 六人(うち司古は一人)
-り確かめてみたいへと何度か考えた。
以下は、勝手を言って図古館から悟り出した四一年皮館外f茸し出
しカードの、いくつかの集計結果である.私は閲書館のことに関し
館内利用 全開架式 自由閲覧
ては'まったくの素人である。ただ、チビもたちが亭んで読んでく
れる作品を書きたい、その足がかりのようなものを、自分なりにつ
館外利用
直接来館し一定の手続きを済ませた者
個人貸し出し一週間 二冊
かみたかっただけである。
市内朋同の自動重文肺による老
参考資料として、舘報﹁子どもの家﹂ (No.21966-12発刊)と
た。
部内用パンフレッ-﹁広島市児茄図書館﹂の二冊を'館から頂戴し
-100-
団体貸し出し一ケ月 三〇冊
読持会や町内会など各種団体を対象
るOこの図古館を母胎にした集まりで'会員数は八〇〇人'四〇いく
会﹂などが図討館を背景にして動いているが'これらの会員には特
その他、﹁児童図書を読む会﹂ ﹁児童文学研究会﹂ ﹁お話をきく
つの地域グループを作ってきわめて積極的な活動を行なっているO
別貸し出しが認められ'自由に何冊も仇り出すことができる。だか
T
Z
!
"
]
I
/
*
?
与
間
平日 正午-午後五時
えないだろう.不仰な点はい-つもあるけれどへ ﹁子どもの家﹂が
く他市の数字を知らないので比蛇ができないが、決して多街とはい
である.四二年度の図書購入予算は一、六四四、000円へあいに
建物面積'蔵E=数へ職員数のどれをとってみても、ほぼ半分の状態
公共図諜館としての﹁子どもの家﹂は'図か舘法の定めた茄準へ
ら利用冊数は裏目よりかなり多いはずである。
土・日曜日 午前10時∼午後三時
四一年度の延開館日数 二七七日
四一年度の延来館者数 三三'二八四人
一日に百人以上のお客があったわけで'﹁子どもの家﹂はなかな
次の表は、四一年度中の館外利用を示したもので'直接この図日
ずいぶん役にたっていることも、卒直に認めたいO目下へ この図書
かの繁盛ぶりである。
いうのがわかる。
本をおいて帰って行く、いわゆる館内利用者が多いのである。しか
りだして、思い思いに机にすわってそれを読む、終わるとまた書棚へ
子どもたちは、自由に図%;:館へ入ってきて自由に青棚から本をと
が'私の目的だった。
いったい子どもたちは、どんな本を読んでいるのかIを見るの
さて'﹁子どもの家﹂の紹介はこのへんで終わりにしよう。
館は精一ばいの活動をしているのである.
館には来ないけれど図訂鎚を利用しているお客が、ずいぶん多いと
自動車文蹄﹁ともはと号﹂による貸
し山Lは三年前から行なわれている
が、好評である。﹁ともはと号﹂に転
載される児童図宙は三、五〇〇m、成
人用のほぼ半数だが、利用度はきわめ
て高い。目下へ 1ケ月に市内四〇の定
位置に駐葦して、個人貸し出しのサー
し、彼らが何を読んだかを知る手がかりは残念ながら残っていない。
自動車文庫によるものや'母の会の団体貸し出しには、大人の意見
ビスを続けている。
個人貸し出しは'簡単な手続きによ
る祭録ののち'各人に手渡されている
が加わるので、どうもいただけない。
が'あえて焦点をしぼったつもりで、その中から問題を拾いあげて
人貸し出しによる﹂ものだけである。いささか範囲がせばめられた
そこで、私がとりあげたのは表のによれば全休の三分の一弱﹁何
が、四一年度の貸し出しカードによる
とその利用者は三五〇人ほどである。
団体貸し出しは﹁よい本をすすめる
母の会﹂の母親を中心にしたものであ
-101-
さて表脚に目をむけよう。
一年生に比べると二年生の人数は'三倍に近い。そのほとんどが
次の表は、学年別借り出し者数を不したものである。
寄っていって、本を借り出す様子が想係できるo l年生のおおかた
が目についた。家も図書館の近所、学校の帰りに同級生の仲よしで
生女子の三二人がこの裏では最多数だが、カードを-ってみると、
図古館に近い本川小学校の二年A組の児童七人と、二年C組の五人
みよう。
幼稚閑と小学校1年生のカード(二年の1部にも)には、保護者
自分でカードに記入しているのが、筆跡ではっきりとわかる〇二年
によって記入されたものが多かったo子ども自身の図書選びという
(
〓
)
点では'二年生後半、あるいは三年生以上くらいを対象にすべきだ
ヽ ヽ ヽ ヽ ヽ
﹁児童﹂にこだわるだろうということ。もちろんこの図書館の対象
人口に中学生が含まれているから'お子様ものだけが並んでいるわ
のようなものと辞書類以外は、一般大人用のものを購入しないたて
けではない.しかし、児読文学の研究雷や読苔会のための参考資料
l妄﹂がくっついているから,.中学生も二、三年になるとものたり
まえになっているO文学全集の頭にもすべて﹁少年少女﹂や﹁ジュ
二つもあって'学生でなかなかの盛況である。理由のもう1つは'
ないのであろう.幸か不幸か、広島市には1般人用の公共図書館が
がほとんど無くなるのと通じる点であろう。平日の開館は五時まで
中学生は忙しいということである。これは、三年生になると来館者
1 - ' ∴ 、 I ・ ∴ ∵ ・ 二 - 蝣 蝣 蝣 , 蝣 - .
だから'よほど図書館付近の者でなければ、帰宅して本を借りに・ 蝣 蝣 蝣 ' > ・ 蝣 : ^ . ¥ -
- .
えられるO Iつは、小学校時代からの常連以外は館名についている
数字の谷は、小学生と中学生の間、中学二年生と三年生の問にも
現われる。中学生の来館者が少ないことには'い-つかの理由が考
るのである。
が保護者と来館するのに比べてへこの年令の飛躍ぶりというか'き
わめて大きな成長が、二'三年生の問にあることが素人目にもわか
sna
○太字は一年間を通じて借り出しを続けた者
注 ○幼稚園、1般大人は除外
各人の貸し出しカードに、1週間先の返却日と吉名と分類番号の
三つを自分で記入し'借りたい本と引きかえにカードを係員に渡せ
ば、1人二冊の図番が借りられるしくみである。
-102-
るO勉強が忙しいから読書ができない'読雷などしてはおれない、と
かに保護者が読むためのものが湿っていた.1年生の結果に関して
とのなかったのを'感じさせる。またへ倍り出した図書にも、明ら
ヽ ヽ ヽ
いうのを原因の1つに数えあげれば、この裏に関するかぎりがり勉
は'かなり割引いて見るべきであろう。
外学年のHBf低冊数は、カードは作ったものの興味がもてなかった
の傾向は女子に強いといえる。四生年頃までは読書家だった女子
からか、ただ一度で止めてしまったのや'転居によって中止した例
が、五年生頃になると進学勉強のために本を読まな-なりへ中学三
年生では1人の借り出し者もここでは無くなるのである。中学生の
などの特殊なものだが、案外へ 1'二ケ月で来館を止めてしまう者
や、三四ケ月に一度伯り出していったり、夏休みだけ桝りにきたへ
・、、-チャとまはうの時計
wの]?・
まほうのチョーク
七・二三 インカ帝国のなぞ(少年少女世界の名著)
彩である.その1部を例示してみよう〇
四冊のペースだが'夏休みなどは三日に四m、読苗範囲も広-て多
する常連で特別貸し出しを認められている1人である.一週間三-
年生女子の二10冊が良多数だが、彼女は貸し出しの手伝いなども
の学年にも抜群の読書家がきまって何人かいるのもおもしろい。六
最高冊数のほうは'個人的な読古欲を反映するものであろう。ど
は、小さいけれど貴重な数字でもあるo
った子どももあるだろう。それらをひっくるめて五四人という数
いで思いのままに本を手にすることのできる、図古館の楽しさを知
っしり本のつまった市棚の間に立って'誰からもとやか-言われな
続けるうちに'読雷の魅力にとりつかれた子どももいるだろう。ぎ
でも通い続ける子どもは、やはり本の好きな子どもであろう。通い
人中わずかに五四人だけ、五分の1弱の人数である0図召館へ半年
が多い。去脚に年間を通じての来館者数を示しておいたが、二八五
男子に少数だがちゃんと読韻を続ける者があるのと比べて'ちょっ
もちろんこれは一般論ではない.次表を見ると、読む鎚の多少に
と考えさせられる。
はっきり個人差のあることがわかる0借り出し冊数の殺低へ最高数
を不したものである.
小学校一年生の最低冊数が他学年より多いのは、 保護者と7緒に
来館するからであるo子どもをつれて図古館へ来るほどだから、教
育熱心な人か読古家であろう。1度来館しただけで止めるようなこ
-103-
七・二六 春の嵐・車輪の下
まえがみ太郎
いていカード二へ 三枚ぶん(一枚のカードには三〇冊記入できる)
せっせと倍り出していった例もあった.兄は九五冊へ妹は 1 三八
かなり遠方なのに兄(中二)妹(小四)そろって本好きらしく、
の図書を読んでいるのである。
m。ただし、中学生の兄のほうは夏休みと冬休みの問とその前後、
汚れなき怨戯
芥川寵之介名作集
子のカードに、休暇中まった-来館しなかったと思えるものがあっ
小学生の詩集・ぎんやんま
た。休みの間にまとめて勉強をする、とかんぐるのは行き過ぎだろ
ふっつり僧り出しがと切れている。もう一例だけ、やはり中学生男
大どろばうホッツェンプロッツ
八・二 決死の脱走作戦(少年少女世界の名著)
みずうみ・三色望
う^o
広い町だということとあわせて、当然の結果に思える。しかし、近
図霞館のある茄町が節l枚なのは' この町が市内でも鼓も面茄が
間は虫短コースの概数であるO
左の表は'図詔悟り出し者の肘任地を示したものである。所要時
月ロケットの少年
ぼくの黒うさぎシャデラック
八・五 美しきポ-I(マスコッ-文師)
菊の花のや-そアーサー王物語
くり毛のパレアナ
八二二 まぼろしの王国をもとめて
戦うケネディ
ーアンの夢の家
その他﹁白き処女地﹂ ﹁野生のエルザ﹂.﹁ナルニア国の物語﹂や
﹁アン﹂のシ--ズなどとあわせて、この図書館ではほとんど読ま
れていない日本の創作へ申船ちよの﹁原野わがふるさと﹂の上下'
庄野英二の﹁雲の中のにじ﹂へ香川茂の﹁パオの少年﹂へ佐藤暁の
﹁豆つぶはどの小さな犬﹂などのか名が並んでいる。女子にはまっ
たく読まれていなかった﹁ゼロ戦の栄光と悲劇﹂も'彼女のカード
こんな例はもちろん特殊だが、年間を通じて借り出した者は、た
には現われてくる。
104
ったわけだが'乗物にのらなければ来られない遠い町からも、かな
-に図古館があるから来館するtというただそれだけが理由になら
冊ずつというわけにいかない、とは係員の言である。そのせいかど
が'良近は値上がりがひどく'予算の関係で五百円以上のものは三
この図書館では、三冊ずつ閲書を購入する複本制をとってきた
うか'いつ来てもお目にかかれない図書がある.いつ見ても定位置
ないことを蓑川の数字は教えてくれるO人数の多い町から1 1を拾
りの子どもたちがやって来るのである。自転車を使う者が多いが'
にすわっている図雷もあるけれど.
者の多い町にはたいてい﹁よい木をすすめる母の会﹂の組織があ
である。もう一つ'思いあたる理由がある。韮町は別として、来館
学校図書虎より確かにこの﹁子どもの家﹂の蔵書のほうが、豊富
破損のひどいものは廃棄処分するとしても'﹁子どもの家﹂では年
は私設の家庭文庫だからできることであって'公共EZl雷館の場合、
可能なかぎり補充してい-、というようなことを言っている.これ
のはどんどん書棚から追放し、手あかで汚れ破損していく愛読古は、
石井桃子氏は﹁子どもの図日館﹂ (岩波新書)で、読まれないも
バスや電車に乗って本を借りに来る子どもたちが、とにか-かなり
る、ということである。子どもの読書に関心をもつ母親たちの集ま
間一五〇〇冊-らいが磨棄されているが、読まれないという理由で
いるのである。
りで、母親自身が艮むとは何かを勉強しながら、もちまわりの当布制
いうようなのは近頃の書物には当たらない。破損のひどいものは製
お-らに入れるわけにはいかないo造本が粗悪なため破損した'と
ヽ ヽ ヽ
で図譜館から図詔の団体貸し出しを受けへ地域グループ内の子ども
本好きにするにはまず母親が木好きでなければならないし、身近に
補充が行き届かなければ、ほんとに子どもたちの好きなものは、書
の愛読吉ほど早-破損して'やがて消えるということになる。その
本にまわすけれど、そう何度も製本し漬すことはできまい。子ども
まず本がおいてなければならないのである。本がそこにあったから
母親に感化された'と言っては実もふたもないけれど'子どもを
たちに自由回覧をさせているのである0
読んでみた、楽しかったから岡む館へ来てみた、これでいいのでは
カードは子どもたちの日課がほとんどだが'譜名のあいまいなも
あげたものである.﹁子どもの家﹂の借り出しベス-一四である。
嘉川は、個人のカードをもとに倍り出した度数を雷名ごとに拾い.
1年間の集計結果である。
以下は、号っやって子どもたちはいったい何を読んだか、を示す
目で'討柳から読みたいものを探し出して枇りていくのであるO
が'これらは裏面のことであって'子どもたちはとにかく自分の
棚にのっかっていない、となる。
しかし図書館まで来て図台の借り出しをしていく子どもたちは、
ないか。
1年にたった三百人ほどである。いわゆる子どもの数は、広島市の
場合先述したように八万をはるかに越えている。図書館と子どもた
ちの関係がまだまだほんとにささやかなものだtということを改め
て考えさせられた。
(≡)
-105-
N
-
蝣
#
別;蝣・﹂
N
o
>
*
N
-
m
N
( O サ o O 蝣 * ・ * n
n
0
m
m
p g
NN N
n
N
本
o
N
﹁ドルトルー⊥ ﹁日本--﹂ ﹁ゆかいな--﹂ ﹁タイタニック
屈Wffi
-・・・﹂以外は、わんさと異本があるものばかりで﹁シートン動物記﹂
のどこの出版社のものが実際に倍り出されたのかへ カードだけでは
わからない。雷棚を調べると﹁少年少女シートン動物記﹂ ﹁新訳シ
-トン動物記﹂なども含めて'六社八種類もが並んでいたo ﹁名探
偵ホームズ﹂は探したけれどへ一冊もお目にかかれなかった。著者
ホームズの冒険﹂が三種類もあった.事件そのものを題名にしたホ
名分類カードをくると﹁名探偵ホームズ﹂が八種類﹁シャーロック
ームズものを加えると'いったいどれだけになるか、表脚の数はぐ
さて館内にはいつも係員がいるけれど'読苔指導のようなものは
っとふえるはずである。
の、ごく自然に現われた愛読雷のい-つかである。
しない。だからこれらの図番は'子ども_たちの自由選択によるも
◎探偵ものが大好き
ホームズやルパンのファンは大人にも多い。カッレくんは焼き直
らずおもしろさのとりこになるのだろうか'次つざとそのシ--ズ
されて、テレビでも放映中である。一冊へ・ルパンものを読むとかな
のや読めない字も多かった。全集の場合など市名の1部だけを抜き
入のものも多いし、図書カードや現物との照合は大変なので、﹁少
一・八 ゼロ戦の栄光と悲劇
これは中学一年生の男子の例である。
ぶな屋敷の怪事件、
第二次大戦とヒトラー
年少女二〇世紀の記録﹂ ﹁日本の城﹂のような類本のないものだけ
﹁怪盗ルパン全集﹂ (一-1二)など'書棚に残っていたことがな
を読破していく様子が、カードにもはっきり出て-る。ポプラ社の
タイタニック号の最期・少年少女世
界の名著
ピノッキオ
書きすると、判別に迷う。﹁少年少女世界名作全集﹂と﹁世界名作
・岩波少年文肺
<M CO i-1 O -# 00 O
l 1 2
CO OJ i-I M OJ OJN
N
N
N
<
0 0 0
2 2 2
西遊言己
Hi
ゆかい'i・-}-一蝣 て-くん・}';-;蝣!;&;てr.の
全集ではないが'同一主人公の名を冠したものは'ひっくるめて
を'とりあげた。
・106-
38 4 42
∴'・''!
ri,"・・'
i*'上墨I.lt
名探偵ホームズ・シャーロックホー
・.1I
ムズの冒険
ドルトル先生物語全集・岩波書店
日本の城 ・人物往来社
怪盗ルパン
そんごくう
ギリシャ神話
名探偵カッレくん・名探偵カッレく
んとスパイ団
イソップ物語
シートン動物記
アンデルセン童話
全集﹂が同じものなのか、別のものなのかカードの紙面からはわか
らないのである。﹁分類芥号﹂は記入するようになっているが無記
(5)
一・一七 怪盗ルパン
第二次大戦と列国
一・二〇 開戦百日の栄光
一二1四 怪盗ルパン
怪盗ルパン
一二一七 かつや-するFBI
二・三 大和の最期
このシ--ズが山はじめへ文庫版から大型に変わり、字が大きく
なり'ふりがなが多くなったとたんに、この本の読者の年令が、
ぐっと下にさがったoいまでは'時どき'一年生も読んでいるO
(略)たいていの子が'1冊を読みだすと、つざつざに持ってい
って、読みおえる。
奇想天外な筋はこびが、子どもたちをひきつけるのだろう.﹁そ
戦史へ戦記ものとルパンがごっちゃになって借り出されている。
- そのドーナツ製造機とホーマーくんが描かれた表紙は'娘も色
強盗をつかまえたりへ自動ドーナツ製造根が止まらな-なったり
顔を並べへずばり愉快な託を楽しませて-れる。スカンクを使って
現代作家の創作としてはたった一冊﹁ゆかいなホーマー-ん﹂が
んごくう﹂ ﹁西遊記﹂にも共通の魅力がある。
スリルとサスペンスを導っ少年の姿が見えるようである。ルパンを
もみごとなものである。
ゼロ戦物語
読むのと同じような思いで、ただおもしろく戦記ものを読まれては
ピーターパン
せむしの小馬
15少咋津流記
子じか物語
グ-ム童謡
後へ
﹁ギ-シャ神話﹂ ﹁イソップ物語﹂ ﹁アンデルセン童謡﹂などの
◎外国の名作はやっぱりおもしろい
困るのだが 。
とにか-探偵の活躍する物語は、各学年に性別な-読まれている
のは㌘きである。五'六年になってきゅうに読者がふえるのは(義
6)複雑な推理について行けるだけの思考力が、この年令で養われ
るからであろう。
◎明るくて愉快なものが好き
れているのも、みごとである。岩波から出されたこの全集は'活字
﹁ドル-ル・・・-﹂の全集が、一年生から六年生まで全学年に読ま
も大きいしルビもついているけれど、かなりな大部で大人でも1気
フランダースの犬
トンボソのお姫さま(岩波お謡の本)
し皮数10を越えるのは、次のい-つかである0
外国の作品でも、新しいものとなるとやはり数は少ない。借り出
これらがまさに-つわを並べて続くのである。
に読めるものではない.それが小学校の一年生にも借り出されてい
るのには'感心した。あとで知人から1年生の男の子に'読んで閃
かせたらおしまいまでちゃんとついてきた、という話を聞いた。
﹁子どもの図古館﹂の1七八百に﹁ドルトル・・・-﹂についてこんな
言某がのっていた。
-107-
長くつ下のピッピ (-ンドグレーン全集)
られる - 子どもたちの読古がずばり楽しむためのものだ、という
﹁おはなし算数﹂などは例外として'これには保護者の意見が感じ
次の表は各学年の男女別借り出しベスト5である。﹁一年の勉強﹂
話が読まれているだけという、さびしさである。
ムー、、、ン谷はおおさわざ(倍成社販、世界の子どもの本)
ことが明示されているように思う。
公園のメア--ポピンズ
マムフィーのふしぎな日険 ( 〃 )
が﹁英会訂練門帳﹂ ﹁数学論理学﹂ ﹁数学役にたつ﹂のようなもの
﹁子どもの家﹂ではいわゆる学習参考古などおかないたてまえだ
ゆかいなどろばうたち(学研版'新しい世界の童話シ--ズ)
カーチャと子わに
話そのものもおもしろいけれどへ本のつくりがなかなかりっぱ
ちが借り出すおおかたは文学臼というものである.(蔵雷の半分が
も伯えられていて、わずかだが伐り山されている。しかし子どもた
ポーラスと三人のどろばう
で、表紙の絵が心にくいまでである。つい手にとってみた-なるよ
さて左の表は豪州に比べると古名と数字が詳細にはなったが、や
十進分類による九期﹁文学﹂である)
うなうまい造本である。子どもの本としては成功したものであろう。
ヽ ヽ ヽ ヽ
﹁日本の城﹂が節三位というのは'どうもわからない。きわもの
◎高学年はノンフィクションが好き
日本の作品があまりにも読まれないということ'ため息が出るほ
はり同じような問題点を見せている.
どである.﹁たつの子太郎﹂と﹁星の牧場﹂が疎を見せているだけ
の感がある。カラI写真入りの名城物語で、借り出しはすべて男子
である。テレビの時代ものなどの影響ではなかろうか。第二次大戦
◎小学校1、二年生は男女ともに昔話や缶詰をよ-読むO一年生
ぶらない点を、い-つかあげてみよう。
しべ長者﹂などの民謡へ異色の﹁小さな目﹂だけである。哀何とだ
で、あとは﹁ひざくりげ﹂ ﹁かぐやひめ﹂などの再話ものと﹁わら
記の読者がほとんど=it子に限られている点とあわせて、名城物語の
性格をうかがうことができるように思う。
五、六年生に人気のあるのは﹁少年少女二〇世紀の記録蝣-1 co﹂
(地球は青かった・宇宙への出発 太平洋悔戦史・ノルマンディI
では絵本ふうなものを、二年生では﹁たつの子太郎﹂のような長い
上陸作戦など) ﹁少年少女世界ノンフィクションw-﹂J﹂ (コンチ
物語をちゃんと読みこなす。男子は冒険談が好きへ女子はお姫様の
童話が好き、というように性差がはっきりと現われているoこれ溜
キ号漂流記など) ﹁少年少女世界の名著1- ﹂ (決死の脱走作戦
◎日本の創作はおもしろくない
活躍するFBIなど) で、書棚に残っていることはめったにない。
学年とともに1屑はっきりして-る。
耳にする。小学校一'二年生むきへ三、四年生むき、というように
◎子どもの成長段階にそって適当な本を与える'などの謡をよく
特に現代の作品は読まれていない。借り出し度数一〇以上は﹁次
のと低学年で﹁つるのおんがえし﹂ ﹁おむすびころりん﹂などの民
郎物語﹂ ﹁坊ちゃん﹂だけで、﹁偉人の少年時代﹂のような伝記も
-108-
女
-109-
く異なった世界のものである。いわゆるお詣以外のものにも興味を
ン動物記﹂﹁日本の城﹂﹁小さな目﹂などは'昔話や童謡とはまった
べてみると'はっきりその間に線の引けることがわかる0 ﹁シート
分けたブックリス-が多い。衷糊の二年生男子と三年生のそれを比
◎﹁日本の城﹂、これは写責が多-て見ていても結構おもしろい
くるのも、この頃である。カードにも個人差が実によ-現われてくる
なかろうか。読む者と読まなかった者の読苔力の差がはっきりして
読怨の魅力がほんとにわかって-るのは二年生の後半頃からでは
で1屑強まり、中学生では﹁ジュニア版NHKある人生﹂ (岩崎書
店)を読みこなすまでになる.FT実の不思議さに心ひかれる - そ
が、これらから始まったノンフィクションへの興味は、互へ六年生
れは生きることへの積極さモボすものかもしれぬ.﹁少年少女二〇
示す年令なのであるO二年生から三年生へ ー彼らの世界そのもの
かるO女子の場合'この裏でははっきりしないが、調べてみるとや
が急速にひろがって行き、興味の対象が多様になって行-ことがわ
はり発達の過程が明瞭に現われてくるo次はその1例で、二年生に
戦物語﹂など'とにかく多種多彩な内容なのである。どれにも一種
いる。巻数は三〇糞 ﹁円転ダム物語・マンモスワンカー﹂ ﹁ゼロ
の迫力と人間臭がこもっていて、たい-つな小説よりはるかにまL
世紀の記録﹂は四〇年度にも、中学一年生の悟り出し一位になって
五月 らくだのおどり
でもある。﹁ある人生﹂は位人伝とは違った市井の人間記で'生き
なったばかりの五月と三学期末'三月の借り出し図諜名を、いくつ
おはなしグ-ム
ることのさまざまな姿をきまじめに見せて-れる。
か抜き出したものである.文字などカードそのままを移した.
にんぎょひめ
たことがない。いつも男子に借り出されているのである。昭和のは
る。ここ1年はど気をつけて見ていたが'宕棚にほとんど姿を見せ
◎﹁ゼロ戦物語﹂や﹁太平洋戦争史﹂は'いつも摺り出されてい
ぐりむどうわ
三月 トンボソのおひめ さ ま
じめに吾かれた吉尾信子の﹁七本枯﹂が今も女子に読まれているの
ひらがなイソップものがたり
クマのプIさんプ-横丁に立った家
﹁白雪姫﹂を読む男子は一人もないし'﹁ゼロ戦の栄光と悲劇﹂を
とあわせて、男女の好みの差を改めて考えさせられた。﹁小公女﹂
ひみつの花ぞの
赤げのアン
﹂ ﹁たつの子太郎﹂イタ-ヤのパルチザン物語﹁緑のほのおの
読んだ女子はたった1人だったo R映談の好きな男子は﹁ドルトル
風車小屋だより
サーカスの四月ばか
少年団﹂や悟空の﹁西遊記﹂少し変わるけれど﹁宮本武蔵﹂などに
三年生が近-なると、長い筋のあるお謡を読みこなすのである。
﹁赤げのアン﹂ ﹁風車小屋だより﹂はどの版かわからないけれど、
傾倒し、﹁白雪姫﹂﹁小公女﹂に始まるお姫さま好みは、﹁王女ナス
カ﹂や﹁アンの愛の家庭﹂へと発展する、その系譜がまことに鮮や
﹁おはなしグ-ム﹂などとはかなり変わった傾向のものである。す
ばらしい飛躍を感じる。
-110-
かである。
男女そろって愛読するのは﹁ゆかいなホーマー-ん﹂﹁ピッピ南の
島へ﹂などの愉快なもの、﹁シートン動物記﹂などの動物もの、ホ
ームズやルパン平場の探偵ものへなどである.﹁怪事件﹂ ﹁謎﹂
﹁恐怖﹂が題名についていると高学年の男女はとびつき'﹁冒険﹂
﹁愉快﹂がついたものには低学年男女がとびつ-、子どもの図番選
びには多分に題名が関係していることがわかる。
とにかく子どもたちの多くはおもしろいもの'ス-ルとユーモア
のある図詔を選んで読んだということになる。
(
四
)
宮木武蔵 1-5
坊ちゃん
太平洋ひとりぽっち
猛獣の世界
中学生世界民詣全集
柔道十講
人工頭脳の怪
少年少女二〇世紀の記録
中・zvrr-r;-/-
S
i
M
.
"
"
今#.U物語
NHKある人生
神代の物語
名探偵シャーロックホームズ
生命をさぐった人々`
とかまえたりはしない.学校や家庭と切り離された公共図古館の中
ヽ ヽ ヽ
で、自由に子どもたちが本を選ぶとき、場慣れない子どもはやはり
ロビンソンクルーソI
イワンのばか
子どもの読書は楽しみのためである.何かを意識して学びとろう
l種のこだわりをもつだろうが、-わりに自分に対して正前な図
トランジスタラジオ修理改造作り方
アラビアンナイト
青い山脈
水粁伝 上へ下
古を見つけ出すのではなかろうか。ほんとに読みたいものを選び出
すはずである。
大人がとやかく言わず、まず子どもたちを本のあるところへ置-
サイク-ング百科
ことである。子どもはいつも新しいものを探している.ホームズば
かり読むと畝-ことはない。ほんとに本の好きな子どもなら、どん
これらの引例は、いわば読古家の代表のものである。しかし'け
子どもたちの目は実にしっかりしているtと思った。
ふるさとの民謡
どん視野を拡げて行く'いつまでも足ぶみはしていない。
左記しよう。立詣あり小説あり記録ありスポーツあり、驚くほど多
中学二年生男子のカードから、一学期に倍り出した図日の1部を
彩である。
帽劃
フランダースの犬
シャーロックホームズの冒険
少女橡が'思い出せない。
﹁関城百日の栄光﹂が、ずしりと心に重い。アンに匹敵する日本の
らを熱中させる戦争文学が果たして日本にあるだろうかと考えると
のシ--ズを読破する'告娼信子の少女小説まで読むのである。彼
男子は﹁ゼロ戦の栄光と悲劇﹂に熱中し'女子は﹁赤毛のアン﹂
もたちの読んだ図書群を眺めながら、感じること多々である。
をつくるつもりでこのやっかいなカード整班をやったのだが'チビ
子どもたちが何を読んだかIを知って、自分の創作の足がかり
のだということが、わかる。
子どもの本は、より長い目で見ると、子どもによって選ばれるも
大半はこのまま良詔目録にのせても、もんくがでないだろう。
っして特殊な子どもではない。きっかけさえあれば'子どもはだれ
おもしろさを分析するとヘ ス-ルやサスペンスやユーモアIが
でもおもしろいEE怨を討棚から見つけ出して読むはずである.
残る。1日新しいものではない。しかし、日本の創作にはこれらを満
たしたものが、あまりにも数少ない。大人の私が熱中して読むほど
の作品は'残念ながらたいてい翻訳したものである。大人がおもし
ろいと思うものはたいてい子どもたちもおもしろがる。子どもの愛
読書は調べてみると、やはり大人にも充分に読みどたえのあるもの
が多い。
もちろんおもしろさだけで作品の良否を決めることはできない。
子どもたちの選んだEB畜だからこれが真の子どもの良書だ'など言
いきるつもりはない。ただ、子どもたちの作品に対する反応のよう
ヽ ヽ ヽ
なものを'得たかったのである。すでに自分が子どもではないtと
いうあたり前のことが、す-なくとも児茄文学の創作をやろうとす
郎物語﹂ ﹁路伐の石﹂におぶさってはおれない。討店に並べられた
に比べると、少年少女小説の世界はいささかお寒い。いつまでも﹁次
幼児や小学校低学年のためのすばらしい絵本が生まれつつあるの
さて衰糊のベス-5には、四〇年度にもやはり五指に入ったもの
華やかな﹁女学生の友﹂や﹁小説ジュニア﹂を見るたびに'日本の
る者にとっては'なかなかやっかいなことなのである。
が、い-つかある0たまたま今年読まれたのではない'いわば今ま
少女の渇きのようなものを、私は感じる。純愛小説オンパレードで
でに何年も読まれていたもので、これからもずっと読み続けられる
だろうという'ほんとの愛読詔であろうO
とは終わらないはずである。読者の関心にてらうのは愚としても'
・ある。消耗品化したこれらの小説を軽べつするだけでは、やはりこ
読者そっちのけの作品はやはり困るわけであるoカード整理をして
ヽ ヽ ヽ
アンネの日記
ピッピ繭の島へ
シートン動物記
と言ったりしたけれどここまで来て私は'中学生のための図書がほ
児茄図古館に中学生の来館者が少ない理由を多忙だからだろう、
みて、痛感したことの一つである.
-蝣;-;V-武m
少年少女20世紀の記録
ギ-シャ神話
・112-
んとは無いからだ、とつけ加えなければならな-なった。買おうに
も無いわけである。大人の文学へ飛びついて行けない者は、ここで
ジュ:ア小説雑誌の読者になり、やがて週刊誌の購読者になって行
子どもは自由に選んだIと私は何度か言ったoしかし'大人た
くのではなかろうか。
い。子どもの図書の作り手も買い手も'すべて大人たちである。子
ちの選んだ本の中から比較的思いのままに選んだtというにすぎな
ていたか - という問にここでぶつかるのである。
どもたちがほんとうに望んでいるものが'果たして充分に用意され
(日本児童文学者協会会員)
Fly UP