...

講義ノート2 - 一橋大学国際・公共政策大学院-IPP

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

講義ノート2 - 一橋大学国際・公共政策大学院-IPP
公共経済分析II
講義ノート2
佐藤主光(もとひろ)
一橋大学経済学研究科・政策大学院
1
税の通念と実際
2
知っているようで知らない税金

消費税
―事業課税としての消費税
-賃金税=消費税

税の公平感
-公平感の多面性
-担税力の測定

税以外の税金
-暗黙裡の課税
3
消費税
4
消費税とは?

消費税とは消費に対する課税である⇒名前がそうだから・・・・

欧州諸国での名称は「付加価値税」

税等価:消費税=(賃金)所得税⇒制度が異なっても経済効果が同じことがある

消費税は消費者が負担(だから逆進的) ⇒制度上、消費税は「中間生産者」か
らも取られている(生産・流通の各段階で課税)⇒みかけは企業課税に近い

法人事業税の「付加価値」割(外形標準課税)=法人企業課税として理解⇒効果
は消費税と同じ!
5
消費税の通念と実際
消費税の支払い
通念
小売段階での課
税?
消費税の負担
消費者
実際
生産・流通の各段階で課税⇒事
業者への(多段階流通)課税
原則、消費者(一部は非課税事
業者も負担)

課税(登録)事業者は仕入れに要した消費税額を還付

納税額=5%*売り上げー仕入れに払った消費税
⇒消費税を売り手に順次転嫁させていく

6
消費者は登録業者ではない⇒税還付が受けられない⇒税負担が帰着
消費税の仕組み
製造業者
A.売り上げ(税抜き)
小売業者 消費者
100
200
0
B.税務署に納める消費税=5%*A
5
10
0
C.仕入れ(税抜き)
0
100
D.仕入れに支払った消費税=5%*D
E.税還付
付加価値=A-C
0
5
10
0
5
0
100
100
消費税純計=B-E
負担する消費税
200(=消費)
5
0
仕入れで支払った
消費税(=5)は還付
5
0
10
7
キャッシュフロータックスとしての消費税

課税ベース=売上-仕入

仕入には設備投資(機械等の購入)も含まれる
⇒投資コストは即時償却
⇔法人税=投資コストは減価減価償却費として複数年に渡って償却

消費税は投資の「誘因」に対して「中立的」
課税ベースからの控除
額
初年
消費税
3億円
法人税
0
1年目
2年目
3年目
現在価値
3億円
1億円
前提 (1)設備投資は3億円、3年間で償却
(2)年間金利(割引率)=5%
1億円
1億円
2.7億円
法人税では3千万円分の
投資コストが控除されない
キャッシュフロータックス(その2)

課税後収益
=(1-税率)*売上-(1-税率)*仕入れ
=(1-税率)*(売上-仕入れ)
企業の投資選択
今期投資
Π = (1 − τ )∑t =1


pt F ( K t )
pt F ( K t )
− K 0 − τK 0 = (1 − τ ) ∑t =1
− K 0 
t
t
(1 + r )
(1 + r )


今期投資から発生する
将来収入の現在価値
K t +1 = K t (1 − δ ); t ≥ 1
仕入れ税額控除
=投資即控除
課税は収入とコストに
対称的に適用される
=中立性
何故消費税か?
10
何故消費税か?

「消費税は、高い財源調達力を有し、税収が経済の動向や人口構成
の変化に左右されにくく安定していることに加え、勤労世代など特
定の者へ負担が集中せず、経済活動に与える歪みが小さいという特
徴を持っている」
社会保障・税一体改革大綱(2012年2月17日閣議決定)
視点
消費税の特徴
財政の健全化
高い財源調達力
 税率1%=約2兆5千億円
世代間不公平の改善
高齢(退職)世代にも課税
⇔ 社会保険料=勤労世代に負担が集中
地方財政
税収は安定的・地域間偏在性が少ない
11
何故消費税か?
経済学の視点=税の経済的帰結を重視
⇒「経済活動に与える歪みが小さいという特徴」を担保する消費税の
仕組みが重要
消費税の性格
経済的帰結
仕入れ税額控除
税負担が生産過程に堆積しない
⇒経済活動を損なわない
仕向地主義課税
輸入品課税・輸出品ゼロ税率
⇒税負担と国際競争力の遮断
⇒国内の財政需要の充足と国際競争力の確保の分離
12
消費税と法人税
消費税
法人税
課税
消費課税
所得課税
納税者
登録事業者
法人企業
課税ベース
付加価値=売上ー仕入れ 法人所得=収入ー経費
経費
仕入れ額
損金
人件費
控除されない
控除
投資経
即控除
減価償却費として後年控
除
仕向け地主義
源泉地主義・居住地主義
費
課税原則
13
課税と国際競争力
外資系企業が日本で事業を行う上での阻害要因
法人税・社会保険料 消費税=仕向け地主義
=源泉地主義課税
課税
課税地 日本
日本
輸出品 税負担が製品価格を 税負担は還付
引き上げ
輸入品 非課税
企業の誘因
=税負担の低い海外
で生産・日本に輸
入・第3国に輸出
課税
税負担は国内で
完結・国際競争力
に影響せず
14
経済産業省:外資系企業動向調査(2012年調査)
出所:政府税制調査会
15
消費税と税等価
税等価という考え方

税等価=制度的には異なっても同じ経済効果を有した税

「制度」ではなく、「帰結」に着目した税の分類化
税等価あれこれ
税目
税等価
消費税(付加価値税)
賃金所得税
(部分的に)外形標準課税
社会保険料
(正規雇用)賃金所得税
社会保険料・事業主負担
社会保険料・労働者負担
法人税
消費税+賃金所得税+資本所得税
補助金=配る(ばら撒き)
税額控除=取らない(減税)
消費税=所得税

⇒
家計の予算制約式
(1 + t ) p x x + (1 + t ) p y y = I
t 
1

px x + p y y =
I = 1 −
I
1+ t
 1+ t 

税率tの消費税は税率t/(1+t)の所得税と「税等価」
⇒同じ経済・誘因効果

ただし、この所得税は「累進的」ではない。

直感:所得は(いずれかの時点で)消費される
18
消費税=生涯所得税
今期の賃金所得の他
親からの相続、過去に
蓄積した資産を含む
C2
I2
(1 + t )C1 + (1 + t )
= I1 +
1+ r
1+ r
今期の消費
(税抜見)
将来消費の現在価値
生涯所得(課税前)
C2 
t 
I2 
C1 +
= 1 −

 I1 +
1 + r  1 + t 
1+ r 
所得税率
資本(利子)所得は
非課税
19
参考:生涯所得と派生所得
賃金所得(+相続)
C1 + S = I1
第1期(若年期)
C 2 = (1 + r ) S + I 2
第2期(中高年期)
資本所得=派生所得
⇒
C2
I2
C1 +
= I1 +
1+ r
1+ r
生涯所得
20
消費税≠所得税

生涯予算ベースでみると消費税は資本(派生)所得には課税
しない⇒賃金所得課税≠包括的所得税

既に貯蓄・資本のある個人(高齢世帯)にとって消費税はこ
うした貯蓄・資本への課税⇒今期の所得は少ないが貯蓄を取
り崩して生計を立てる世帯への課税
(包括的)所得税
消費税
新しい貯蓄(資本)
課税
非課税
古い(既存の)貯蓄(資
本)
収益への課税
元本を含めて課税
21
参考:消費税の世代間移転効果

消費税は現在、勤労所得を得ていない退職世帯(高齢世代)に対し
ても課税⇒世代間再分配効果

2期間モデルの場合:

家計は第1期(若年期)に労働供給、第2期(高齢期)には退職して、
貯蓄+利子所得を取り崩して生計を立てる

所得税

消費税
C2 = (1 + r ) S − τrS = (1 + r (1 − τ )) S
(1 + t )C2 = (1 + r ) S ⇒ C2 = 1 − t (1 + r ) S
 1+ t 
22
消費税(まとめ)
通念
実際
納税
小売段階(消費
者)
各生産・流通段階(事業者)
課税ベース
消費
付加価値=売上ー仕入
⇒最終的に消費課税
公平性
逆進的
生涯所得ベースでみれば比例的
課税
消費課税
消費課税、ただし、
・若年世代=賃金所得税と税等
価
・老年世代=貯蓄課税に相当
課税地原則
仕向け地主義
23
参考:所得課税の消費税化

所得課税を消費税と「税等価」化
消費税化
法人税
キャッシュフロー課税
個人所得税
資本所得税の引き下げ
労働所得課税へのシフト
C = Y − I = W + (R − I )
消費税

所得税
賃金所得 (企業の)キャッシュフロー
(経済学上の)フラッと税=消費税と税等価
税の公平感
25
税の公平とは?

消費税は不公平?⇒税の公平感は多面的

公平感(その1)
応益原則=受益に応じた負担(例:利用料、均等割)
応能原則=「担税力」(支払い能力)に応じた負担(再分配)






公平感(その2)
垂直的公平=所得・富の格差の是正(所得再分配)
水平的公平=「均等者均等待遇」
水平的公平感=政府の政策以前に同等な厚生水準を得ていた2個人が政策
(例:課税、公共サービス)の結果、厚生水準に格差が生じてはならない
(例:「クロヨン」)。
26
公平感の多面性
個人住民税均等割
(=住民に一律課
税)
応能原則
応益原則
低所得層にも同等の
負担を課すので不公
平
皆が等しく受益するサービス
への負担であれば公平
社会保障の世代間 世代間再分配とみな
格差(受益と負担の せば受容できるかもし
格差)
れない
負担(社会保険料)に受益
(将来給付)が見合わないの
で不公平
27
社会保険料負担を通じた世代間格差
(生涯純受給
率)
年金・医療・介護全体における生涯純受給率
(生まれた年)
(出所) 鈴木・増島・白石・森重「社会保障を通じた世代別の受益と負担」(2012年1月)
経済産業省資料
28
異なる所得捕捉率
クロヨン
29
出所:東京都税制調査会「公平な徴収を担保する仕組みに関する資料」(平成24年7月30日)
消費税は公平?

「稼得された所得はいつかは消費されるとの考えに立てば、消費は「一
時点の所得」よりも生涯を通じた経済力をより正確に反映していると考
えられる。これに比例的に負担を求める消費税は、むしろ負担の公平に
資するとの見方も可能である」(政府税制調査会(2007年11月)
担税力
年間所得
生涯所得
消費税
逆進的
比例的
応能原則からの評価
不公平
公平
消費税=所得税と税等価
30
消費税は逆進的か?
消費税は逆進的ではない!
注:生涯所得階級の指標として消費階級(消費額)を採用
出所:「消費税は本当に逆進的か?」(大竹・小原)
31
暗黙裡の税
32
暗黙裡の課税

税だけが税ではない。

社会保険料:支払いは強制+自身の受益と負担の対応関係は不明瞭
⇒実態として税

政府からの給付・補助が所得とともに削減
-年金、生活保護、配偶者控除等
⇒家計の手取りを減らす=課税と同じ効果
税と給付の理念(目的)は違うが、税と給付の間で家計の行動(誘因
効果)が異なるわけではない
=「お金に色はない」


税としての社会保険料・給付削減
33
税としての社会保険料
その1:美しい建前とそうでもない現実

建前=リスクへの備え・世代間の連携

現実=逆進的な負担構造・世代間格差(勤労世代への
負担の偏重)

その2;実態として再分配化=租税化する社会保険料

社会保険料の多くは制度間移転に充当⇒受益と負担の
関係は希薄化

その3:(正規)雇用税としての社会保険料

事業主=労働コストの増加要因⇒雇用を阻害
%(年間所得比)
10.0


12.0
8.0
6.0
4.0
2.0
0.0
~ 250~ 300~ 350~ 400~ 450~ 500~ 550~ 600~ 650~ 700 ~ ~ 800~ 900 ~ ~ ~ ~
750
1000 1250 1500 2000
200 未 200 250 300 350 400 450 500 550 600 650 700 750 800 900 1000 1250 1500 2000
以上
満
直接税(所得税・住民税)
社会保険料
労働者=手取り賃金の低下⇒就労意欲を阻害(例:
「二人以上勤労世帯」
130万円の壁)
公的年金
健康保険
出所:全国消費実態調査(平成21年度)
34
参考:制度間移転
実態は再分配
支援金への総報酬割
=(勤労世代内)応能負担
の強化
35
参考:社会保険料の経済的帰結
企業アンケート:経営に重要な影響を与えるもの
(2012年2月、3444社に対するアンケート、複数回
%
中小企業
60
出所:経済産業省
大企業
50
社会保険料
課税対象
雇用への
影響
輸出
勤労世代の
正規雇用の賃金
黒字企業の利益
雇用減少
非正規雇用の増大
企業が空洞化
→雇用減少
少ない
生産コスト増
→製品価格に転嫁
生産コスト増
→製品価格に転嫁
仕向地課税主義
→製品価格に転嫁せ
ず
対象外
全ての世代の消費
40
30
20
対象外
10
0
課税対象
社
会
保
障
費
の
企
業
負
担
法
人
税
率
為
替
レ
電
力
・
エ
ネ
ル
ギ
ト
環
境
規
制
ー
輸入
消費税
ー
企
業
の
国
際
競
争
力
法人税
価
格
(出所)森川正之「東日本大震災の影響と経済成長政策:
企業アンケート調査から(2012年5月)
36
最
低
賃
金
制
度
参考:社会保険料負担の推移
37
出所:経済産業省資料
例:在職老齢年金制度


減額後所得(月額)
在職老齢年金=年金受給者が働いて所得を
得る場合、所得(賃金)に応じて年金額が
減額
年金減額
B
65歳~70歳の場合(月額ベース)
Y(月額)=賃金+年金基本額
減額(月額)
48万円以下
なし
48万円超
(Y-48万円)×0.5
A
0.5
1
0
年金額
Y(月額)
48万円
38
貧困の罠
可処分所得
1万円多く稼ぐと同額
生活保護給付が減額
=100%課税
・生活保護費=最低生活
費と収入の差額を補填
B
A
生活保護
給付額
1-所得税率
1
0
生活保護受給
課税最低限
39
勤労所得
配偶者の就労への壁
家計の可処分所得
政府税制調査会
「税制上の103万円の壁
は解消している。」
 壁=手取りの逆転現象
出所:政府税制調査会
配偶者控
除の減額
1
妻に社会保険料
の支払い義務
会社からの
配偶者手当
の減額・停止
夫の所得
0
妻の収入
103万円
130万円
40
他の制度との関係

給付付き税額控除と他の所得保障(福祉)制度との整合性の確保が不可欠

関連する制度:生活保護、失業手当(給付)、住宅補助など

給付付き税額控除の給付が他の所得保障の資格要件、給付水準に影響(「貧困・失業の
罠」)
⇒受給者の実効税率アップ

例:英国の給付付き税額控除と住宅支援
⇒米国のEITCよりも手厚いにも関わらず、英国の勤労・児童税額控除が就労促進に繋がって
いない(Blundell and Shephard(2007)
42
参考:英国の勤労税額控除
勤労税額控除=
週16時間以上の就労を条件に給付付き税額控除
⇒就労への誘因付け=Make Work Pay
Source :Tax-Credit Policies for Low Income Families:
Impact and Optimality July 2007
Richard Blundell and Andrew Shephard
出所:鎌倉(2010)より
43
参考:他の給付と貧困の罠
・勤労税額控除以外の給付・支援
制度が就労意欲を阻害
 高い給付削減率
⇒貧困の罠
勤労税額控除の最低
要件(週労働時間16
時間)に集中
Source :Tax-Credit Policies for Low Income Families:
Impact and Optimality July 2007
Richard Blundell and Andrew Shephard
44
参考:英国の給付体系
実施主体の分散
・受給者=手続きの煩雑さ≠ワンストップ
・政策=削減率・給付水準決定の分散≠全体最適
出所:大和総研英国における福祉依存脱却の試み」(2012年10月19日)
Fly UP