...

TM:タイム マネジメント(時間生産性向上コース)

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

TM:タイム マネジメント(時間生産性向上コース)
TM:タイム マネジメント(時間生産性向上コース)
Time Management
■ キーワード
◇時間生産性の向上
◇活動の優先順位づけ
◇自己管理能力の向上
◇スケジュール管理
■ プログラムの焦点:何を修得するか?
「TM タイム マネジメント」では、単に時間管理のスキルを修得するだけでなく、現在の時間管理に関する問題分析を行います。また、
時間管理の前提となる、自身の価値観について改めて考え、明確にします。本プログラムを受講することで、時間管理のスキルを効
果的に使い、充実感を持って仕事に取り組み、成果を上げていくことができるようになります。
■ プログラムの方法論:どのように修得するか?
「TM タイム マネジメント」は、時間管理の成否は、
「20%のスキル」
と「80%の意志」にかかっていることを前提に構成されています。研
修は、「時間管理のピラミッド」に基づき、「価値観の分析」から「効果
的な活動をするためのスキル」と進んでいきます。
時間管理のスキル
時間管理のピラミッド
◇業務内容分析
◇クロックタイム指向/ゴールタイム指向への対処
活動
◇プライムタイムの活用
目標
◇A−B−C 法
◇プロテクティング
価値観
価値観、目標、活動が一致する時、
(人は)効果的で、最も高い生産性
と充実感を得ることができる
禁無断複製
Copyright © 2011 Wilson Learning Worldwide.
92
■ プログラムの構成
標準開催期間:1日間
形 態:20名以下の少人数によるセミナー
教 材:テキスト、スライド
参 加 対 象 者:新入社員から管理職まで
■ プログラムの展開
1.時間管理とは
なぜ時間管理がうまくいかないのかを認識し、時間管理のカギは自己の価値観の中に
あることを理解する
2.時間管理上の問題分析
実際の業務活動をその重要度と価値観の面から分析し、自らの意志で時間管理を行う
ための方策を考える
3.時間管理スキルの修得
時間管理を効果的に行うためのスキルを身につける
■ 期待される効果
◇ これまでより、多くの業務を能率的に進められるようになる
◇ 時間に追われたり、支配されている気持ちから解放されて意欲的に仕事に取り組める
◇ 価値観に従って充実感を持って仕事に取り組める
◇ 重要用件と緊急用件とを混同せず、適切に対処できるようになり、仕事の生産性が高まる
◇ 時間に対する個人の考え方の違いを知り、それぞれの欠点を補う仕事の進め方ができる
◆参加者の声:過去のアンケート/フォローアップより抜粋
●時間管理とは、結局は自己管理であることがよくわかりました。毎日残業が多いのは、自己管理の問題でした。おおいに反省しま
した。(ITベンダー/中堅SE)
●単に時間管理の技術を学ぶ研修と思い、たいした期待をしていなかったのですが、予想以上に有意義な研修でした。特に、価値観
の分析は、失いかけていた「やる気」をよみがえらせてくれました。後輩にも薦めます。
(機械メーカー/工場担当者)
●組織人である以上、仕事は断らないことを信条に20年努めてきましたが、断る勇気も必要であることを実感しました。プロテクテ
ィングは、私の真の生産性を高めてくれるはずです。(化学メーカー/物流担当者)
●A−BーC法は単純ですが、効果的だと思います。研修の休み時間から、実行しています。(食品メーカー/課長)
禁無断複製
Copyright © 2011 Wilson Learning Worldwide.
93
インディビジュア ル カ リ キ ュ ラ ム
TM
Fly UP