...

育成牛残酷物語 ~悲牛院花子の生涯

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

育成牛残酷物語 ~悲牛院花子の生涯
悲 牛 院花子 の生 涯
︱育 成 をなめたらあ か んぜ よ︱
この物 語 は架空 の物 ですが 、実際 にあ った
なか った 。
眠た か った し 、第 一、彼 は大 し て牛 が好 き では
い乾 いた場所 に置 いてくれれば 、温度 なん か
も のよ 。体 を よ く拭 いて、隙間風 の当たらな
低 く ても こん な に寒 い思 いをしなく て済ん だ
のに。だ いた い、何 でもかん でも、形 だけ で
済 ませば い い ってもんじ ゃな いわよ。
明け方 近 く 、切迫 し た鳴 き声 で彼女は我 に返
友 人 ・ケ メ子
語 を読 ん で、もし思 い当 た る こと があ った と
った 。声 の主 は 出産 の始 ま ったおばさん牛 であ
様 々な エピ ソードを基 にし て います 。 この物
すれ ば 、そ の育 成牛 はあな た が気 が付 かな い
五分 程引 っ張 ると 、仔 牛 はず るり と通 路 に落
かなか った のか 、姿 は なか った。
った 。
な りま す 。フ﹂のくら い、大 した こと はな い﹂
ち た 。雌 だ った 。彼 女 は花 子と呼 ば れる こと に
う ち に大変 な 目 にあ って いる 、と いう こと に
と いう 油断 が 、彼 女達 に、 ひ いてはあ なた に
な つた 。
主人はそ の牛 が 出産 しそう だ った事 に気が付
重 大 な損失 をも たわし て いま す 。
主人 は彼 女 の鼻 や身体 を敷藁 でざ っと拭 ぎ 、
暦 の緒 の処 理を形 だ け済 ま せ ると 、親牛 の後 ろ
ことが 出来 た 。
この物 語 は これら余 り にも軽 視 され た育 成
お産 は軽 く 、足 先 が見 え てか ら程なく全身 が
出 てきた。仔 牛 が 床 に落 ちた弾 み で鼻孔 から羊
︲
水がう まく 流 れ 出 た た め 、自力 で呼吸を始め る
の窓 際 にト ワイ ンで繋 いで、母屋 へ上が って い
技 術 の現状 への警鐘 です一
主 人公 の名 は花 子。
った っ普 段は ハ ッチ に入 れる のだが 、今 は 全 て
温度 さ え高 けり ゃ寒 く な い
湿気 、風 、体 調 の合 わ さ った
げ る と か し て 、自 由分 娩 も で
動 け る清 潔 な 場 所 に置 いてあ
ね 。 せ め て分 娩 近 い牛 は 楽 に
も 、 こん な こと ってあ る のよ
ど ん な に気 を付け て いて
ンに繋がれている ので、
どうしようもなか った。
母親は仔牛を紙 めようともがくが、スタ ンチ ョ
た。
込ん でしま い、身 動 きが取 れなくな ってしま っ
しかし、仔 牛 は仰 向 け の姿勢 で尿溝 にはま り
戒 名 は悲 牛 院花 子大姉 。
使 用中 で、空 き が無 か った 。
気 が 遠 く な る ほど寒 く感 じ る のだ った。
いた し 、
窓 から は隙 間風 が吹 き付 け てく る の で、
そう 低 くも なか ったが 、花 子はまだ体が 湿 って
牛舎 の中 は窓 が締 め切 ってあ つた ので温 度 は
幸 せ薄 い三年 半 の、波乱 に満 ち た生 涯 を 送
った牛 です 。
誕生
春 と は いえ、夜半 はまだ寒 か った 。早 く済 ま
仔 牛 の前肢 に掛 け て引 っ張 り始 めた 。
せ て布 団 に戻 り た か った ので、主 人 は ロープ を
o
︻
父寵
予¨
特 に難産 でも な いかぎり 、な る べく自 然 に分
娩 さ せ た方 が良 いと言う知 識 は 持 って いた が 、
-116-
き るよ う にし て く れ れ ば あ り が た か っ
育成 の囲 いに移 し 、中 の敷藁 を取 り替 え て花 子
って、奥 さんは フト 子と いう仔牛を ハ ッチから
こん な 日は中 に居 る し か な か った 。
で 、 天 気 の良 い 日は 外 に出 る こと も出来 た が 、
入れられた ハ ッチが 汚 いの。前 に入 って い
れ た のだ った 。彼 女 には 何 が 起 き た のか 分 か ら
う と 、体 が 宙 を 舞 った 。 ハ ッチ ご と風 で飛 ば さ
突 然 い も の凄 い力 で首 を 引 っ張 られ た か と 思
た お姉 さん の糞 や匂 いが 、壁 にも地面 にも染
た。
め ら れ て いた の で 、声 を 出 す こと も出 来 な か っ
が 見 え た 。怖 か った が 、 余 り の驚 きと 、首 を締
な か った が 、自 分 の前 を ハ ッチ が 飛 ん で いく の
一十 日程経 った頃 、
み ぞれ 混じり の雨が降 った 。
春 の嵐
ん ま り 効 果 な いわ ね 。
弓
﹁
詢
ゆ
嘲
時
れ
[
詢
は
漱ο
い
]
み込ん でる の。 ハ ッチは病気
を移 した 。
う と思 う 。
翌朝
夜 が 明け ると 主人夫婦 が現 れた 。尿溝 の仔牛
は や っと助 け 出された 。何箇 所か打 ち身 は あ る
が 、命 に別状 は な か った 。そ の仔牛 も雌 だ った 。
ケメ子と名付 け いれた。
主人は給 飼 と搾 乳 を 一通 り終 え、バ ケ ット で
二頭 の初乳.
を搾 り 、それを奥 さんが バ ケ ツで 二
頭 の仔牛 に飲 ま せた 。
初 乳 は で き るだ け 早 く 飲 ま
風も強 か った ので、 ハ ッチ の中 ま で雨が吹 き込
彼女は ハッチの奥 にうずくま っていたが、 ハ
せ て欲 し か った な 。後 か ら 風
た のも 、初 乳 が 遅 か った せ い
ん できた。
じ ゃな いか し ら 。 ど う し て も
ッチが狭か ったので、時折正面から強 い風が吹
くと、彼女 の身体まで雨が叩き付けた。前 日か
邪 を 引 いた り 、 下 痢 し た り し
初 乳 を後 回し にす るな ら 、せめ てもヶ少 し清
い風邪ぎみでr下痢もしていたので、余計肌寒
叩 き付 けわれ た。横向 き だ った ので、息 が詰
ま ったが 、直 ぐ に 回復 した 。草 叢 に落ちた ので、
そう ひど い怪我 はな いよう だ ったが、後肢を何
処 か にが つけた らしく 、立 とう とすると ひどく
彼女は ハッチ の入り 口に直 接繋 が れ て いた の 痛 ん だ 。
日当 たりも考 え て欲 し か った わね 。
って欲 しか った な 。風向 き や
雨が降 ると 、必ず体 が濡 れ
●・
一
一 一
く 感 じ た “ .
潔 な所 に置 いて欲 しか った わね。
奥 さ ん が 言 った 。 ﹁ハ ッチ が 一杯 だ け ど 、 ど
う す る ,こ
﹁フー子 は そ ろ そ ろ 出 し て も い い べ 。 し た け
ど も う 一頭 は し ょう が ね え な あ 。 こ こ に 繋 いど
く し か ね え べ や 。﹂
﹁t た ら 、ウ ー 子 の ハ ッチ 空 け て先 に 生 ま れ
た方 ば 入 れ 之 K わ ピ
そ の 日 の 午 後 、 舎 内 の暖 か さ に慣 れ た 頃 に な
-115-
番
0
さすが に こんとき ゃ死んだ
と思 ったわ 。ハ ッチじ ゃなく 、
地面 に直接繋 ぐと か、もう少
し考 え てね 。
たまたま訪 ね てきた普 及員 が見付 け て知 らせ
てくれた ので、主人がや って来 た 。 ロープ を ほ
ど き 、立たせ てくれた。何 と か歩 けな いことも
な か った 。 ハ ッチも壊 れ て いなか った ので、元
の場所 L 戻し 、今度 は 一緒 に飛 ば な いよう に彼
女 を地 面 に直接杭 で繋 いだ 。他 の仔 牛 も同様 に
繋 ぎ直 した 。
低か った こともあり、成長は再び停滞した。
絶対量が食 えなか った。育成配合 の栄養濃度が
れ てき た 子 は 、 太 い筋 が 三本 も 入 ってた わ 。
ば 、だ い事後 の話 にな るけ ど 、 よ そか ら 買 わ
わよ 。も っと早 い頃 か らお い
もん 、そんな に食 べら ん な い
きなり育成配 合 と乾 草 だ け だ
食 べた こと無 か った のに、 い
な牛 たちが居座 っており、怖 ぐ てなかなかそば
があり 、 日に 一度 配 合 をあた えられたが 、大 き
泥 に漬 か った 。少 し小高 くな った柵 の所 に飼 槽
た。地面 は土 で、排 水が悪 か った ので、膝 ま で
そ のグ ループ には 十数 頭 の先輩 牛が入 って い
ず っと ロープ で繋 が れ てた ん で す って。
し い スター ター でもくれ て、胃袋 を作 ってく
に寄 れなか った 。
ミルク以外 の物 な ん て殆 ど
れな き ゃ。 これ でも し、離乳 と 同時 に群 れ に
移 され てた ら と思う と、そ っとす るわ ね 。
群れ 飼 い へ
成 用 の囲 いに移 された。同じ 日に生 ま れ た ケ メ
く弱 いの。飼槽 の スペー スが もう少し広か っ
いし 、新 入り の立場 ってすご
飼槽 で エサを食 べよう とし
こ
︲
一
一
一
一
﹃
一
¨
一
た
一
書
一
¨
ジ
ο
エ
奮
”
︺
︺
体
子も 同 じグ ループ に入 ってきた 。 ケ メ子 の首 に
たらな んとか隅 っこのほう で食 べれる のに。
そ の後 しば らく し て、 ハッチから 出 さ れ 、育
は線 状 の生 々し い傷 が 入 って いた 。長 い こと ト
離乳
生まれて 二ヶ月経 った。小さな頃にかか った
風邪と下痢はやや長引き、成長が停滞していた
ワイ ンで繋 がれ て いたため 、成長 に伴 ってト ワ
った 。
イ ンが 首 に食 い込 ん で傷 を作 ってし ま った のだ
が、その後た っぷリミルクを貫 っていたので、
幾分かは回復 していた。育成配合諸気体め程度
に、ほんの少量だけ与えられた。乾草も与えら
主人は 二ヶ月で離乳と決めていた ので、その
れ ていたが、堅 いし、うまくな いのでほとんど
食 べていなか った。
育成配合を増やされた。腹が減 るので食 べるに
付 かな か った みた い。後 から傷 口に白 い毛 が
込 ん でる のに御 主人様 も気 が
ヶ メ 子 った ら か わ い そ う
の
︺
一
つ
中
い
一
特
ο
︾
中
﹁
[
¨
一
奮
¨
工
H
︺
︺
イ
は食 べたが、いかんせん、殆ど固形物を食 べて
生 え て、首 飾 り みた いにな った の。 そう いえ
日から突然ミルクを貫えなくな った。代わりに
いなか った ので、
第 一胃が余り発達しておらず、
-114-
来 なか ったが ︵大 き な牛 た ちが種付 け の為 に他
た 。初め の数 か月 は思う よう に食 べる ことが出
この囲 いの中 でも乾草 と育成配合を与 えられ
いた ﹁
際 に種付 けを したとき には 二 一か 月 日 にな って
ことが少 なく 、 つい発情 を見逃 し てしま って実
るん で いた ので、あ まり牛達 の様 子を見 に行 く
た。
グ ループ が 変 わ る と ま た お
って気が したか ら 、必死 だ っ
の囲 いに移され 、代 わり に後輩 牛たちが 入 って
く ると、彼女 の序 列 も上が り 、餌場 に地位 を占
め る ことが出来 た。 日に 一度 、配合 を給与 され
た の。な んか 、 コソ泥 にな った みた いで、情
す る と 、 いく ら か ほ っと す る
春 にな り 、や っと序 列が 上が ってきた頃 、放
この頃 のあ た し ってな ん か
予崚
ο
瑣歩
ると 、小さな牛 を寄 せ付 けず に、何 頭か の大き
ん だ け ど 、 ど う も す っき り し な い のよ ね 。 だ
牧 された。
草 の状態 は決 し て良 く はなか ったが 、
け な か った 。 いじめられた時 の逃 げ場が欲 し
い った。 カ ロリーば かり多 く て、タ ンパ クや ミ
け ど 御 主 人 様 は い つま で経 って も な に も し て
序 列 が 上 の方 だ った ので、何 ど か腹 が減 らな い
な牛達だけ で食 べた ので、彼 女 は徐 々に太 って
ネ ラル等は足り な か った ので、体高 は余 り増 え
く れ な い の。 そ ん な 時 、知 ら な い白 い服 を着
程度 に食 う ことが出来 た。
か ったわ ね 。
ず、脂肪ばかり付いてい った。餌場に居座 って、
た小 父さんが来 て、あたし にな にか 入れ るん
を序 列 の上位 の牛 だけ で独占 出来 た ので、割り
夏 は暑 か ったが 、放牧地 の中 の数 少 な い日陰
な くな った の。
ち ょ っび り残 念 な気 もす る の。
た し は痒 い思 いを しただけ で
ら に多 い の。みんな 、だ いボ刺 されたわ っあ
放 牧 地 の中 に沢 があ ってね 、虻 や蚊 が やた
と楽 にし の いだ 。
度 の囲 いは妊娠 牛 だ け のグ ループ だ った 。彼 女
種 付 け後 はまた違 うグ ループ に移 された 。今
妊娠期
あ ら 、あ たし つたらち ょ っと エ ッチ。
です 。 それ っきり 、変 な気持 ち になる ことも
余り歩かなか ったのでい爪が伸びてきたが、そ
のせいで余計に歩かなくな った。
お いし いも ん だ か ら ど う も
﹃
囀
鰤
崚
一
一
一
一
¨
一
一
一
ο
︾
¨
一
墓
”
︺
︶
も 、 この時 に太 っち や つた の
が 、後 から乳 が余 り 出な い原 因 の 一つだ った
な ん て、夢 にも思 わ な か ったわ。
秋 も深 ま ってきた頃 、主人が彼 女を捕 ま えに
親牛 舎 ヘ
考 え て欲 し いわ ね。
済 ん だ けど 、乳 頭 を ひどく刺
さ れ て乳 房 炎 にな っち ゃ った 0
今 度 のグ ループ に与 えられ る飼 料 は乾 草 だけ
は再 び序 列 の最 下位 にな ってし ま い、大 きな牛
初 め ての発情 は十 か月 日 で来 た 。数度 の成長
だ った 。う まくな いし、食 っても余 り力 は沸 い
子も いた のよ 。虫対策も何 か
停 滞 で、かなり 成長 が遅 か った ので、主人 は彼
て こな いのだが 、季節 は冬 で、寒 さ に耐 えるた
に いじめ られ た 。
女 に 一八∼ 一九 か 月位 で種 付 け しよう と考 え て
め 、大 きな牛 の目を盗 ん では 必死 にな って食 べ
受胎
いたが 、秋 の台 風 の後 、バ ド ックが ひどく ぬか
-113-
な った 。慣 % し給与 とし て配合飼料も与 えられ.
そ の日から 日 の前 に主人が餌 をくれ るよう に
せ ら れ るも ん だ か い 、 あ た し 、 す っか り 人 間
の に。御 主 人 様 に触 為 れ る度 に痛 い思 いを さ
いな ま と も な ライ ナ ー だ った ら まだ 良 か った
一も 痛 か った 。 せ め て 後 か ら 使 ってく れ た み た
た。
。
一 一年 後 、 彼 女 は 屠 場 に い た 乳 量 も 低 く
初産分 娩 一
花 子は狭 い所 で寝 起 き した ことが無 か った の
で、寝起 きは辛 か った 。飼槽 と の境 に打 ち付 け
、
い 込 み が 悪 く て増 体 も 良 く な か った の で 廃 用
嫌 いにな っち や った 。
て肘 が腫 れ上が った。仔牛 の頃 に痛め た後 肢 も
今 と って も 幸 せ 。
天 国 に来 てかい、
じ め ら れ な き ゃ い い け ど 、と 彼 女 は 考 え て い た 。
、食
一
痛 んだ 。
。 細 い通 路 に 追 込 ま れ な
に落 と さ れ た の
た
つ
掟
︲
︲
、
が ら 、今 度 は ど ん な 群 れ に入 れ ら れ る のか い
彼 女は 三十か 月齢 にな って いた 。体重 は一
五百 聰
二週間後 、突 然腹痛 に襲 われた 。陣痛 だ った 。
来 た 。 ここ数 か月間 、人 に触 られ た ことが無 か
ぐら いしか な か ったが 、慣 ら し給与 の影 響 か 、
仔牛 は普 通より や や大き か った ので、難産 ぎ み
った ので、 ひどく恐 ろしく感 じ て、 しば い く逃
げ 回 ったが 、捕 ま ってしま った 。
を 見 た こと が な か った の。 ス
ず っと 外 に い て 、 そ ば で人 間
怖 か った わ 。 だ って春 か ら
ッカーをは めら れ た 。今 度 は蹴 り落 と そう にも
と そう とす ると 、また殴 ら れた 。腰 にア ンチ キ
房 にそ の機 械 を付 けら れ た 。痛 か った 。蹴 り落
一粒種 も幸 せ に暮 ら し て いるわ。 い つま でも
の 一生も無駄 じ ゃな か った わけね。あたし の
たち の待 遇が と っても良 く な った の。あ たし
ミルカーも怖 か った わ 。 で
ここから娘 たち の こと見守 って いるわ。
も な いも の。 そ れ と 、 牛 舎 の
も逃げ よう とす ると 、殴 い れ
足を 上げ 場れな か った 。
一
中一
一一てと つても暑 いの。外 の涼しさ に慣れた
つ一
カー の ライ ナーは堅く て表 面
る の。最初 に付 けられ た ミ ル
あたしには温度は高 いt、空気は悪 いし、ひ
ど いもんよ。せめて窓を全部外すとかして外
がぎ ゅう ぎ ゅう擦 れ てと って
0
予
に近 い状態 にして欲しか った。
タ ンチ ョンだ って触 った こど
ど相談 し育成技 術 を改善 し て、あたし の妹分
反省 した御 主人が普及員 さん
は
#
主人は彼女を親牛舎に連れていきいスタンチ
だ った 。
ョンに繋ごうとした。
彼女は生まれた町に見た
分娩後 、主 人 は バケ ット で彼 女を搾 乳 し た 。.
きリスタンチ ョンを見たことが無からたので、 彼女 にはきらきら光 ってシ ュウ シ ュウカチ カチ
また怖くて逃げようとしたが、
力を入れる度に
音 を立 てる機 械 が 恐 ろしく感 じ られた。逃 げ よ
主人に殴られ無理矢理スタンチヨンに繁がれた。 うとすると飼 い主 に殴られた 。観念すると 、乳
し
│
由
-112-
ノ`
7E
0
予
ハ ぁ
ン た
席
1
表
紙 の こ とば
表紙 をど うす るか、 い ろい ろ悩 んだ末、牛 の エ サ となる もので書
いてみ ま した。
なおざ りに されてい る育成牛 が多 いので 、何 とか将来能力 を十分
発揮 で きるよ うな `あつか い、 を して欲 しい とい う願 いを込 めて表
わ してみま した。
使 った エサは綿実、 ル ーサ ンペ レ ッ ト、 ル ーサ ンヘ イ、大豆 カス
ビー トパ ル プペ レ ッ ト、丸粒 と うもろ こ し、 粉砕 とうもろ こ し
、粉
砕 マ イ ロ、魚粉 の 9 種 類 で す。
)
営 農 改 善 資 料 ( 第2 0 集
平成 4年 2月 発 行
発行 / 南 根室地 区農 業 改良 推進 協議会 T E L ( 0 1 5 3 2 ) 2 - 2 1 0 1
編 集 / 根 室支 庁 南根 室地 区農 業 改良普 及所
TEL(01537)5-2301∼
3
根 室市 駐在 所 T E L ( 0 1 5 3 2 ) 4 - 7 7 9 8
印刷 / 中 標 津 ア ー ト印刷株 式会 社
Fly UP