...

学生相談室

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

学生相談室
学生相談室
学 生 相 談 室 より
受付方法
学生相談センターの職員一同は様々な環境で育ち、様々
な経験を持った学生達の精神的健康面への配慮、及び
学業成就のサポートをしております。また、当センターで
は、学生の精神面での深刻な問題を適切にケアすること
を心がけております。学生相談センターでは、ボウリング
グリーン州立大学の教職員、学生、御家族へ心理面のカ
ウンセリングを実施しております。また、個人・グループ・
カップル向けのカウンセリング、危機管理、診断、一般参
加のワークショップ、 トータルケア、心理学講座、アルコ
ール依存・薬物乱用の予防及び治療、インターネットを
通じた心理面の補助、他の医療機関への紹介など心理
面の全面的なケアを実施しております。センターの職員
一同は、ボウリンググリーン州立大学に関わる全ての皆
様の、様々なご事情やご要望に添うサービスを提供して
おります。
初めて相談をご希望される方は、まず相談室へ直接お越し下
さい。その際、事前予約は必要ありません。以下のウォークイ
ン受付時間をご利用ください:
サービスとご利用の御案内
春学期、秋学期 ウォークイン受付時間:
月曜日〜金曜日:13:30ー16:00
(夏の間は時間の変更がありますのでホームページをご参
照ください。)
初回のカウンセリングでは、簡単な書類作成の後に、今抱
えているお悩みについて相談します。
緊急時のご利用方法
平日の受付時間中(8〜17時)には、緊急にカウンセリングが
必要な学生や、その学生の保護者、又はご友人の方のためのカ
ウンセラーも常時勤務しております。
受付時間外は、こちらに連絡してください:
> リンク(24時間緊急サービス; The Link – 419-352-1545
> キャンパス警察 BGSU Police – 419-372-2346
> ボウリンググリーン市警察 BG City Police – 419-352-2571
> ウッド地区病院 Wood County Hospital – 419-354-8900
> 連絡先
住所: 104 College Park Office Building
Bowling Green, OH 43403
電話番号: 419-372-2081
その他の情報につきましては、以下のホームページを御利
用ください:
www.bgsu.edu/counseling
> 業務時間
月曜日〜金曜日:8時ー17時 (夕方17時以降も可能な
場合もあります。)
College Park
Counseling Center
Falcon Heights
Technology
Life
Sci
Offen.
COME
Psych
Oak Grove Cemetery
Student
Health
Mac
Math
Overman
Sit W I T H U S
もし学生の方に関してご心配がありましたら、そして学生の
方がカウンセリングサービスについて心良く思ってあれば、
カウンセリングサービス準局長、ギルマーガッレット、また
は、健康センター局長、シップリチャードにご連絡下さい。
学生相談室
B O W L I N G
G R E E N
S T A T E
U N I V E R S I T Y
>
カウンセラーは学生個々人に合うサービスを提供しておりす。
> 個人相談
> 集団相談
> カップル向け相談
> 一般相談
> ストレスクリニック
> 講習会
> 他の医療機関への紹介
> アルコール依存/薬物乱用教育
> 学生支援と支持
> 一般相談
当センターのカウンセラーは、BGSUの学生、ご両親、教員,
職員, 又はその他の方でBGSUの学生についてお悩みがある
方のご相談に乗ることも可能です。
>
相談室に来る理由とは?
> 憂うつ
> 不安
> 自尊心の欠乏
> 自殺願望/行動
> 自傷行為
> トラウマ/虐待
> 性自認
> 摂食と身体イメージについての悩み
> 対人関係(恋愛や友達関係)についての悩み
> 性的暴行/強姦
> ストレス管理
> 性的性向
> 家族に関する悩み
> 幼年期虚待
> アルコール/薬物に関する悩み
> 変化によるストレス
> 性に関する悩み
> 不当な処罰/差別
> 悲嘆/喪失
> 将来に関する悩み
> ホームシック
> 学業関連の悩み/やる気の欠乏
> 慢性精神健康問題の支援
O
W
L
I
N
当カウンセリングセンターでは以下のような様々な職種の
職員が相談に関わっています。
> 心理学者
> 心理学、カウンセリング研修生
> 社会福祉士
> 支援サポート専門職員
> 事務、総務
当センターでは、アルコール及び薬物乱用に関する個別のサ
ポート、教育、予防ならびに診療を提供しております。このケ
アは学生の方自らのご希望又は学生管理部からの委任によ
り提供されます。
> カウンセリング相談内容
B
> 当カウンセリングセンターの職員
> アルコール及び薬物に関する教育
カウンセリングサービス
>
守秘義務
ワークショップ
当センターのカウンセラーは多岐に渡る精神衛生に関する
事項についてお話することができます。特定の事項につい
てのワークショップをご希望の方は、以下のリンク先に必要
事項を記入の上ご提出いただけますよう、よろしくお願い致
します。
>
BGSUの学生はカウンセリングセンターが提供するサービ
ス(強制的に受けなければならないアルコールとドラッグ
教育プログラムを除く)を無料で受けることができます。
> 当ホームページについて
> 多文化受け入れについて
当ホームページでは以下の項目が閲覧できます。
> 精神健康資料リンク
> ご両親のための情報
> ストレスクリニックの日付・時間 > 憂うつ、不安、摂食障害、アルコールなどの匿名のスク
> リーニング
G
R
学生のカウンセリング内容は大学での成績書等の学業書類とは
別の場所で管理され、学生本人の署名入り開示許可書が無い限
り、または特別な例として州法・連邦法からの情報提供の要請
が無い限りセンターの外部へ漏れることは一切ありません。
カウンセリングを受けるにあたって
www.bgsu.edu/counseling/page80540.html
G
また、BGSU学生健康センターの医療スタッフとも連携して学生
のケアを行なっております。
カウンセリングセンターは、文化、個人、社会的地位などの違い
を尊重し、全ての学生を受け入れます。当センターは、人種、民
族、出生国、性別、性別認識、性的指向、宗教、年齢、障害の有
無、体格、社会経済的地位、言語、文化に関わらず、全ての学生
に対し安全で協力的、かつ肯定的な環境を作ることを目的とし
てサービスを提供しております。
www.bgsu.edu/counseling
E
E
N
S
T
A
T
E
U
N
I
V
E
R
S
I
T
Y
Fly UP