...

気候系監視速報(2008 年(平成 20 年)7月)

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

気候系監視速報(2008 年(平成 20 年)7月)
平成 20 年8月 14 日
気象庁
地球環境・海洋部
気候系監視速報(2008 年(平成 20 年)7月)
気候系の特徴(2008 年7月)
・東・西日本では顕著な高温、少雨となった。
・アルジェリア北部からサウジアラビア南西部周辺では、異常高温となった。
・東アジア上の亜熱帯ジェットは平年よりも弱く、日本付近の梅雨前線の活動は不活発だった。
・インド洋西部で対流活動が非常に活発であり、6月後半以降持続している。
・太平洋赤道域の海面水温は中部の負偏差域が狭まり、東部で正偏差が強まった。
日本の天候(図1~3、表1)
梅雨前線の活動が平年に比べて弱く、西日本を中心
に高気圧におおわれ晴れて暑い日が多かった。西日本
ット気流は、リッジの発達した東シベリアで南北に分
流した(図7)。東アジア上の亜熱帯ジェットは平年よ
りも弱く、日本付近の梅雨前線の活動は不活発だった。
では 1946 年以降、
7月としては3番目の高温となった。 対流圏下層の気温は、リッジの発達したグリーンラン
また、東日本太平洋側と西日本では、顕著な少雨とな
ド周辺とオホーツク海周辺で高かった。移動性擾乱の
り、
西日本太平洋側では 1946 年以降7月としては最も
活動は北西太平洋で不活発、ヨーロッパで活発だった。
少なく、東日本太平洋側では2番目に少なかった。一
方、北日本は、低気圧や前線の影響で曇りや雨の日が
多く、寡照となった。
熱帯の循環(図8~10)
熱帯の対流活動は、インド洋西部で非常に活発、東
平均気温:東日本と西日本でかなり高く、北日本と沖
部太平洋、大西洋でも活発だった(図8)。インド洋西
縄・奄美で高かった。
部で対流活動活発な状態は6月後半以降持続している。
降 水 量:東日本太平洋側と西日本でかなり少なく、
一方、フィリピンの東方海上から中部太平洋にかけて
東日本日本海側と沖縄・奄美で少なかった。
不活発だった。なお、北西太平洋の 20°N 帯における
日照時間:西日本でかなり多く、東日本太平洋側で多
対流活動は、対流圏上層における寒冷低気圧の南下に
かった。一方、北日本では少なかった。
対応して活発となった。赤道季節内振動(MJO)の活発
な位相の東進は、7月上旬には不明瞭だったが、中旬
世界の天候(図4・5)
から下旬にかけてはインド洋からインドネシア付近に
2008 年7月の 世界の月平均地上気温平年差 は+
かけて明瞭に見られた(図9)
。これと同期して、アジ
0.28℃で、1891 年の統計開始以来、7番目に高い値と
アモンスーン域における対流活動活発域の北進が明瞭
なった。7月の世界の平均地上気温は、上昇傾向が続
に見られた。対流圏下層の循環を見ると、対流活動が
いており、長期的な上昇率は 0.62℃/100 年である(図
不活発だったことに対応して、フィリピン付近から中
4)。
部太平洋にかけて高気圧性循環偏差が明瞭となった
○モンゴル周辺は、暖かい南風が入ることが多く異常
(図 10)
。
高温となった(図5)。
○アルジェリア北部からサウジアラビア南西部周辺で
は、上空の高気圧の影響で異常高温となった。
海況(図 11・12)
7月の太平洋赤道域の海面水温は、中部の負偏差域
○ヨーロッパ北部からグリーンランド周辺、カナダ北
が狭まり、東部で正偏差が強まった(図 11)
。NINO.3
部では、異常高温となった。
海域の月平均海面水温偏差は 0.5℃(基準値との差は
○アルゼンチン北部周辺では、暖かい北よりの風が入
0.5℃)だった(図 12)
。北太平洋では、熱帯域の日付
ることが多く異常高温となった。
変更線付近から東北東に延びる顕著な負偏差が、その
北側で顕著な正偏差がそれぞれ見られた。また、45°
N
中・高緯度の循環(図6・7)
の日付変更線付近からオホーツク海にかけて顕著な正
500hPa 面高度場では、寒帯前線ジェットに沿った準
偏差が見られた。南太平洋では 30°
S、150°
W 付近で顕
定常ロスビー波の波束伝播に伴いリッジが発達したグ
著な正偏差が見られた。北大西洋の英国西方を除く
リーンランド東部と東シベリアで明瞭な正偏差となっ
30°
N 以北と大西洋熱帯域では、顕著な正偏差が見られ
た(図6)
。一方、上旬と下旬にトラフの発達したアラ
た。インド洋ではスマトラ島付近、ベンガル湾、マダ
スカ付近では負偏差となった。上旬には、南鳥島付近
ガスカル島付近で、
それぞれ顕著な負偏差が見られた。
で活発だった対流活動の影響を受け、日本の南の太平
一方、インド洋中央部の赤道の南側には顕著な正偏差
洋高気圧の勢力は平年よりも弱かった。北半球のジェ
が見られた。
1
平成 20 年8月 14 日
図1
月平均気温・月降水量・月間日照時間の
平年差(比)(2008 年7月)
平年値は 1971~2000 年の平均。図2~
3、表1も同様。
気象庁
図2
表1
図3
地球環境・海洋部
旬降水量および旬間日照時間地域平年比
の時系列(2008 年5月~7月)
それぞれの上側が降水量(%)
、下側が日
照時間(%)
2008 年7月の平均気温、月降水量、
月間日照時間の地域平均平年差(比)
地域平均気温平年差の5日移動平均時系列
(2008 年5月~7月)
2
平成 20 年8月 14 日
気象庁
地球環境・海洋部
+1.0
世界の7月平均気温平年差
+0.5
(
平
年
差
0.0
)
℃
-0.5
-1.0
1890 1900 1910 1920 1930 1940 1950 1960 1970 1980 1990 2000 2010
年
図4
世界の7月平均地上気温の平年差の経年変化(1891~2008 年:速報値)
棒グラフ:各年の平均気温の平年値との差、太線(青):平年差の5年移動平均、直線(赤):
長期的な変化傾向。平年値は 1971~2000 年の 30 年平均値。
図5
異常天候発生地点分布図(2008 年7月)
△:異常高温 ▽:異常低温 □:異常多雨
×:異常少雨
3
平成 20 年8月 14 日
図6
図8
図9
北半球月平均 500hPa 高度・平年偏差
(2008 年7月)
等値線の間隔は 60m ごと。陰影は平年偏差。
平年値は 1979~2004 年の平均。
気象庁
図7
地球環境・海洋部
北半球月平均 200hPa 風速および風ベクトル
(2008 年7月)
等値線の間隔は 10m/s ごと。平年の 20m/s の等
値線を緑色で表す。
平年値は 1979~2004 年の平均。
月平均外向き長波放射量平年偏差(2008 年7月)
等値線の間隔は 10W/m2ごと。平年値は 1979~2004 年の平均。
赤道付近(5°
N-5°
S)の5日平均(左)200hPa 速度ポテンシャル平年偏差、(右)850hPa 東西風平年
偏差の時間・経度断面図(2008 年2月~2008 年7月)
等値線の間隔は(左)2×106m2/sごと、(右)2m/sごと。平年値は 1979~2004 年の平均。
4
平成 20 年8月 14 日
気象庁
地球環境・海洋部
図 10
月平均 850hPa 流線関数・平年偏差(2008 年7月)
等値線の間隔は 2.5×106m2/sごと。陰影は平年偏差。平年値は 1979~2004 年の平均。
図 11
月平均海面水温平年偏差図 (2008 年7月)
等値線の間隔は 0.5℃。灰色ハッチは海氷域を表す。平年値は 1971~2000 年の平均。
図 12
エルニーニョ監視海域の月平均海面水温の基準値との差[℃](上)と 南方振動指数の推移(下)
細線は月平均値、太線は5か月移動平均値を示す(海面水温の基準値はその年の前年までの 30 年
間の各月の平均、南方振動指数の平年値は 1971~2000 年の平均)。赤色の陰影はエルニーニョ現象
の発生期間を、青色の陰影はラニーニャ現象の発生期間を示している。
気候系に関する詳細な情報は、気象庁ホームページ内「地球環境・気候」の「地球環境の診断(大気の総合情
報)」のうち、主に「日本の天候」
「世界の天候」
「大気の循環・雪氷・海況」
「エルニーニョ/ラニーニャ現象」
「地球温暖化」の各項目に掲載しています。
気象庁ホームページ内「地球環境・気候」:http://www.data.kishou.go.jp/climate/index.html
本件に関する問い合わせ先:気象庁
地球環境・海洋部
気候情報課
5
Fly UP