...

(インナー・ランドスケープス、トゥルク)(PDF:520KB)

by user

on
Category: Documents
14

views

Report

Comments

Transcript

(インナー・ランドスケープス、トゥルク)(PDF:520KB)
主 催
日 時
会 場
インナー・ランドスケープス・プロジェクト・イン・ジャパン実行委員会
平成28年10月18日(火)~11月6日(日)
HAGISO(台東区谷中)
この企画は、2009年にフィンランドの写真家マルヤ・ピリラと日本の陶芸作家ユニットの共同によ
りスタートしたプロジェクトの日本版を谷中エリアで行うにあたり、プロジェクトを紹介する展覧会やトー
クイベント等を開催するものです。
メイン会場は、谷中のHAGISO。
築60年の木造アパートを改修した「最小文化
複合施設」です。
(←)
この建物内にある展示空間で、「インナー・ラン
ドスケープス、トゥルク」の展覧会・イベントが開
催されました。
HAGISOのカフェスペースに併設された展
示スペースでは、2009年にフィンランド・ト
ゥルク市に暮らす9人の高齢者とのワークシ
ョップ(インタビュー及び撮影)を経て、二組
のアーティストがそれぞれ制作した、写真・
ビデオ作品《ピリラ》、陶芸作品《崔、蔵原》
を展示し、プロジェクトを紹介。
カメラ・オブスキュラの手法に特化した作品制作を続けるマル
ヤ・ピリラは、被写体の居室を“暗い部屋”へと変え、室内と屋
外の風景が混ざり合う幻想的な光の反射の中で被写体を撮
影。一方、崔と蔵原はそれぞれの被写体の過去を映し出す肖
像としての陶器を制作、その内側にはアルバム写真や手紙、
日記など、個人の歴史の断片が転写されています。直接高齢
者宅を訪問し、聞き取りした内容を作品に反映します。
(C)Marja Piriä / Ruth, 2011
(C)Satoko Sai + Tomoko Kurahara / Matti, 2011
Document images of Eva and Eero,
Turku, Finland 2010 (C) Marja Pirilä
会期中は、写真家マルヤ・ピリラと日本の陶芸
作家ユニット Satoko Sai+Tomoko Kurahara に
よる「アーティストトーク」、まち・ひと・きおくをテ
ーマにそれぞれの地域・場所で活動する団体
が集い、共通点や課題を語り合う「トークイベン
ト」などの関連イベントが展開されました
アーティストトークの様子(10月30日開催)
撮影技法・展示方法の他にも、高齢者へのイ
ンタビューの様子等をアーティストから直接聞く
ことが出来る機会に、参加者の方も興味深そう
に耳を傾けていました。(→)
11月5日には、「まち」「ひと」「きおく」をテーマにそれぞれの地域・場所で活動する団体をゲストに迎
え、共通点や課題を語り合うトークイベントを旧平櫛田中邸で開催。
<ゲスト:写真の町シバ
タ・プ
ロジ
ェクト実行委員会>
トークイベントの様子(↓)
20日間の「インナー・ランドスケープス、トゥルク」は、盛況のうちに終了しました。
本企画は、今後展覧会を開催した谷中エリアに住む高齢者へのインタビューを行い、東京版「イン
ナー・ランドスケープス」展の実現を目指し、引き続き活動していくとのことです。
Fly UP