...

先天性内反足

by user

on
Category: Documents
41

views

Report

Comments

Transcript

先天性内反足
先天性内反足
☆疾患概念
しょうこつ
◇先天性内反足とは生下時に踵骨(かかとの骨)の内反
せんそく
前足部の内転、足関節の尖足が見られます。
◇この変形は容易に徒手矯正出来ません。
かたい
◇その他に凹足や下腿の内捻などがみられることもあります。
☆凹足:土踏まずの部分が高い足
☆下腿の内捻:下腿が内側にねじれた変形
☆発生頻度
◇発症率には人種差があります。日本では出生児の0.04%にみられます。
◇一卵性双生児では30%、きょうだいで3%にみられます。
◇罹患側: 両側:右:左=2:1:1
◇男女差: 男:女=2:1
☆病因
◇原因は不明です。
前足部の内転
+
後足部の内反
+
尖足
◇遺伝の関与と胎生9週頃に起こる何らかの足の
発育障がいが示唆されています。
☆症状
◇生下時より踵骨の内反、前足部の内転、足関節の尖足が見られます。
☆検査、診断
◇足部の特徴的な変形で診断可能です。
◇レントゲン写真により変形の評価をします。
◆左先天性内反足
右
左
右
足先が内側を向いています
(前足部の内転)
左
足関節を上に曲げられません
(尖足)
岐阜県立希望が丘こども医療福祉センター
☆当園における治療
◇治療の目標は痛みなく、可動性があり、足の裏で正しく接地でき、
通常の靴が履ける足になることです。
◇内反足は距骨の周りの骨(踵骨、舟状骨など)が内側に回旋した(roll in)変形と
いわれており、この位置異常を矯正していくことが治療となります。
◇内反足の重症度はそれぞれ異なり治療法も様々です。
当園ではPonseti法に準じて徐々に変形を矯正しながら繰り返し
ギプスを巻いていくという方法を行っています。
☆最初に前足部の内転と踵骨の内反を矯正していきます。
その後尖足を矯正していき、3カ月くらいギプスによる治療を行います。
多くの場合アキレス腱切腱を行います。(アキレス腱は後につながります)
その後は装具で治療しています。
◇十分に矯正できていない部分は1歳以後に手術を行っています。
◇時に何度も手術が必要な事があります。
◇手術は軟部組織解離術、腱移行術、骨切り術、関節固定術などを
症状や年齢に応じて行っています。
☆軟部組織解離術:筋腱を延長し、靭帯や関節包(関節のふくろ)などの
軟部組織を切る手術
☆腱移行術:関節を動かす腱の付く場所を変えて、関節の動きを変える手術
矯正開始前
前足部の内転、後足部の内反
足部全体が尖足位となっています。
週に1~2回程度ギプスをまいて
矯正します。
前足部の内転変形が矯正されてきてます。
しかし尖足の矯正は不十分なので
多くの場合アキレス腱を切っています。
矯正位を保つためにDenis-Browne装具を
つけます
☆Denis-Browne装具:踵部をしっかり把持し、乳幼児が足をよく動かすことで元々あった
内反・内転・尖足変形を矯正します。
岐阜県立希望が丘こども医療福祉センター
Fly UP