...

WinCC/WebNavigator - Siemens Industry Online Support

by user

on
Category: Documents
4

views

Report

Comments

Transcript

WinCC/WebNavigator - Siemens Industry Online Support
SIMATIC HMI
WinCC V7.0 SP1
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル
オンラインヘルプの印刷
11/2008
WinCC/WebNavigator インス
トールノート
1
WinCC/WebNavigator リリー
スノート
2
WinCC/WebNavigator のご使
用にあたって
3
WinCC/WebNavigator 文書
4
法律上の注意
警告事項
本書には、ユーザーの安全性を確保し製品の損傷を防止するうえ守るべき注意事項が記載されています。ユーザ
ーの安全性に関する注意事項は、安全警告サインで強調表示されています。このサインは、物的損傷に関する注
意事項には表示されません。
危険
回避しなければ、直接的な死または重傷に至る危険状態を示します。
警告
回避しなければ、死または重傷に至るおそれのある危険な状況を示します。
注意
回避しなければ、軽度または中度の人身傷害を引き起こすおそれのある危険な状況を示します(安全警告サイン
付き)
。
注意
回避しなければ、物的損傷を引き起こすおそれのある危険な状況を示します(安全警告サインなし)。
通知
回避しなければ、望ましくない結果や状態が生じ得る状況を示します(安全警告サインなし)。
複数の危険レベルに相当する場合は、通常、最も危険度の高い(番号の低い)事項が表示されることになってい
ます。安全警告サイン付きの人身傷害に関する注意事項があれば、物的損傷に関する警告が付加されます。
有資格者
本書が対象とする製品 / システムは必ず有資格者が取り扱うものとし、各操作内容に関連するドキュメント、特に
安全上の注意及び警告が遵守されなければなりません。有資格者とは、訓練内容及び経験に基づきながら当該製
品 / システムの取り扱いに伴う危険性を認識し、発生し得る危害を事前に回避できる者をいいます。
シーメンス製品を正しくお使いいただくために
以下の事項に注意してください。
警告
シーメンス製品は、カタログおよび付属の技術説明書の指示に従ってお使いください。他社の製品または部品と
の併用は、弊社の推奨もしくは許可がある場合に限ります。製品を正しく安全にご使用いただくには、適切な運
搬、保管、組み立て、据え付け、配線、始動、操作、保守を行ってください。ご使用になる場所は、許容された
範囲を必ず守ってください。付属の技術説明書に記述されている指示を遵守してください。
商標
®マークのついた称号はすべて Siemens AG の商標です。本書に記載するその他の称号は商標であり、第三者が自
己の目的において使用した場合、所有者の権利を侵害することになります。
免責事項
本書のハードウェアおよびソフトウェアに関する記述と、実際の製品内容との一致については検証済みです。 し
かしなお、本書の記述が実際の製品内容と異なる可能性もあり、完全な一致が保証されているわけではありません。
記載内容については定期的に検証し、訂正が必要な場合は次の版て更新いたします。
Siemens AG
Industry Sector
Postfach 48 48
90026 NÜRNBERG
ドイツ
Ⓟ 08/2009
Copyright © Siemens AG 2008.
変更する権利を留保
目次
1
2
WinCC/WebNavigator インストールノート.................................................................................................7
1
リソース........................................................................................................................................7
1.1
ようこそ........................................................................................................................................7
1.2
一般情報........................................................................................................................................7
1.3
1.3.1
1.3.2
1.3.3
1.3.4
1.3.5
要件...............................................................................................................................................8
ハードウェアとソフトウェア........................................................................................................8
ライセンス...................................................................................................................................10
診断クライアントの要件.............................................................................................................11
ターミナルサービス使用の要件..................................................................................................12
バージョンの混在と互換性.........................................................................................................13
1.4
1.4.1
1.4.2
1.4.3
1.4.4
WinCC/Web Navigator サーバーのインストール........................................................................14
手順.............................................................................................................................................14
インターネットインフォメーションサービス(IIS)のインストール.............................................15
WinCC/Web Navigator サーバーのインストール........................................................................17
WebNavigator サーバーのアップグレード..................................................................................18
1.5
1.5.1
1.5.2
1.5.3
1.5.4
1.5.5
WinCC/Web Navigator クライアントのインストール.................................................................19
WinCC/Web Navigator クライアントのインストール.................................................................19
ユーザー権限、ユーザーグループとオプションのインストール................................................21
Internet Explorer の設定..............................................................................................................24
製品 DVD からのインストール....................................................................................................26
イントラネット/インターネットによるインストール.................................................................26
1.6
1.6.1
1.6.2
1.6.3
WinCC/WebNavigator 診断クライアント....................................................................................28
WinCC/WebNavigator 診断クライアント....................................................................................28
診断クライアントのライセンス..................................................................................................29
WinCC/WebNavigator 診断クライアントのインストール..........................................................30
1.7
WebNavigator デモプロジェクト................................................................................................30
1.8
アンインストール;アンインストール..........................................................................................31
WinCC/WebNavigator リリースノート......................................................................................................33
2
リソース......................................................................................................................................33
2.1
リリースノート...........................................................................................................................33
2.2
ソフトウェアのインストール......................................................................................................33
2.3
WebNavigator について..............................................................................................................34
2.4
2.4.1
2.4.2
2.4.3
2.4.4
サービスとサポート....................................................................................................................39
警告.............................................................................................................................................39
カスタマーサポート....................................................................................................................41
サポート依頼...............................................................................................................................43
サポート......................................................................................................................................45
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
3
目次
3
4
4
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって...............................................................................................47
3
リソース......................................................................................................................................47
3.1
WebNavigator - ご使用にあたって..............................................................................................47
3.2
概要.............................................................................................................................................48
3.3
インストールの概要....................................................................................................................48
3.4
3.4.1
3.4.2
3.4.2.1
3.4.2.2
3.4.2.3
3.4.2.4
3.4.3
3.4.3.1
3.4.3.2
3.4.3.3
3.4.4
3.4.4.1
3.4.4.2
3.4.4.3
3.4.5
3.4.5.1
3.4.5.2
3.4.5.3
はじめての Web プロジェクト ...................................................................................................48
はじめての Web プロジェクト ...................................................................................................48
WinCC/Web Navigator サーバーの設定......................................................................................49
テップ1: "WebDemoProject"プロジェクトの起動..................................................................49
ステップ 2: WinCC Web コンフィグレータ................................................................................51
ステップ 3: 標準 Web サイトの定義...........................................................................................52
ステップ 4: 有効な Web サイトのチェック................................................................................57
プロセス画面の発行 ...................................................................................................................58
ステップ 5: Web View Publisher の起動.....................................................................................58
ステップ 6: 画面の発行...............................................................................................................59
ステップ 7: WinCC User Administrator.......................................................................................64
Web プロジェクトへのクライアントアクセス...........................................................................66
ステップ 8: Internet Explorer の設定...........................................................................................66
テップ 9: WinCC/Web Navigator クライアントのインストール..............................................68
ステップ 10: Web プロジェクト.................................................................................................72
新規プロセス画面........................................................................................................................74
ステップ 11: プロセス画面の新規作成........................................................................................74
ステップ 12: プロセス画面の発行 ..............................................................................................76
ステップ 13: Web クライアントのプロセス画面........................................................................77
3.5
トラブルシューティング.............................................................................................................79
WinCC/WebNavigator 文書........................................................................................................................81
4
リソース......................................................................................................................................81
4.1
ファンクション概要....................................................................................................................81
4.2
4.2.1
4.2.2
4.2.3
4.2.3.1
4.2.3.2
4.2.3.3
4.2.3.4
4.2.4
4.2.4.1
4.2.4.2
WebNavigator サーバーの設定....................................................................................................83
WebNavigator サーバーの設定....................................................................................................83
Web サーバーと専用 Web サーバーのパフォーマンス...............................................................84
Web フォルダの設定...................................................................................................................85
ウィザードによる Web 設定: WinCC Web コンフィグレータ....................................................85
標準 Web サイトの新規作成(スタンドアロン)............................................................................87
仮想ディレクトリの作成.............................................................................................................94
有効な Web サイトのチェック(Web)..........................................................................................96
[ロードバランシング]ファンクションを使用した負荷分散.........................................................97
Web サーバー上での"ロードバランシング"機能を使用した負荷分散........................................97
["ロードバランシング"ファンクションの設定...........................................................................100
4.3
4.3.1
4.3.2
4.3.3
4.3.4
4.3.5
WinCC/Web Navigator サーバーを使用した構成......................................................................102
WinCC/Web Navigator サーバーを使用した構成......................................................................102
安全地帯ソリューション...........................................................................................................103
WinCC サーバー上の WinCC/WebNavigator サーバー.............................................................103
WinCC サーバーと WinCC/WebNavigator サーバーの分離......................................................104
専用 Web サーバー....................................................................................................................106
4.4
ユーザ管理の設定......................................................................................................................106
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
目次
4.4.1
4.4.2
4.4.3
WinCC ユーザー管理者でのユーザ管理....................................................................................106
ユーザーに応じた Web オプションの設定................................................................................109
旧プロジェクトからのユーザーデータの移行...........................................................................110
4.5
4.5.1
4.5.2
4.5.3
4.5.4
4.5.4.1
4.5.4.2
4.5.4.3
4.5.4.4
4.5.5
4.5.6
4.5.7
4.5.8
4.5.9
4.5.9.1
4.5.9.2
4.5.9.3
4.5.9.4
4.5.9.5
4.5.9.6
4.5.9.7
Web プロジェクトの設定..........................................................................................................112
Web プロジェクトの設定..........................................................................................................112
多言語プロジェクトとラテン語以外のフォント.......................................................................112
Web 設定...................................................................................................................................113
WinCC プロセス画面の発行 .....................................................................................................118
WinCC プロセス画面の発行 .....................................................................................................118
Web View Publisher による WinCC プロセス画面の発行.........................................................120
専用 Web サーバー上での WinCC 画面の発行..........................................................................127
11.1.3 Web View Publisher による WinCC プロセス画面のリモート発行...............................136
既存のプロジェクトの転送と調整.............................................................................................143
制限...........................................................................................................................................144
スクリプトの使用......................................................................................................................145
"PdlPad"ツール..........................................................................................................................147
WinCC 基本システムとの相違..................................................................................................148
画面選択....................................................................................................................................148
スクリプト.................................................................................................................................149
スクリプトの実行......................................................................................................................149
同期スクリプト関数..................................................................................................................149
画面内のオブジェクトのアドレス指定.....................................................................................150
画面ローカルスクリプトタグの定義.........................................................................................150
コンピュータローカルタグ.......................................................................................................150
4.6
4.6.1
4.6.2
4.6.3
4.6.4
WinCC/Web Navigator クライアントの使用.............................................................................151
WinCC/Web Navigator クライアントの使用.............................................................................151
Web クライアントの関数と一般プロパティ.............................................................................152
画面に関する Web クライアントのプロパティ.........................................................................155
Web クライアントの"Hardcopy"関数........................................................................................157
4.7
4.7.1
4.7.2
WinCC/Web ナビゲーションインターフェイス........................................................................159
WinCC Web ナビゲーションインターフェイス........................................................................159
WinCC Web ナビゲーションインターフェイスの拡張.............................................................163
4.8
4.8.1
4.8.2
4.8.3
4.8.4
WinCC Plug-In Builder のインストール....................................................................................163
WinCC Plug-In Builder のインストール....................................................................................163
Plug-In Builder のインストール.................................................................................................165
プラグイン: 作成、テスト、ダウンロードに備えた準備..........................................................166
Web クライアントでのプラグインのインストールとアンインストール..................................170
4.9
"Status.html"による接続の診断.................................................................................................170
4.10
4.10.1
4.10.2
4.10.3
4.10.4
4.10.5
4.10.6
4.10.7
WinCC/WebNavigator 用の端末サービスの使用.......................................................................172
WinCC/WebNavigator 用の端末サービスの使用.......................................................................172
端末サービスを使用する通信....................................................................................................174
WinCCViewerRT.......................................................................................................................174
端末サービスのセットアップ....................................................................................................176
Windows サーバー上での端末サービスの有効化......................................................................177
端末サービスサーバーへのアクセス権限を持つユーザーのセットアップ...............................178
クライアントコンピュータ上での端末サービスサーバーアプリケーションの起動.................178
4.11
4.11.1
4.11.2
付録...........................................................................................................................................179
トラブルシューティング...........................................................................................................179
略語...........................................................................................................................................181
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
5
目次
4.11.3
4.11.4
4.11.4.1
4.11.4.2
4.11.4.3
システムメッセージ..................................................................................................................181
関数...........................................................................................................................................181
サポートされている関数...........................................................................................................181
int WaitForDocumentReady(LPCSTR lpszPictureWindow).....................................................205
サポートされていない関数.......................................................................................................207
索引..........................................................................................................................................................209
6
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator インストールノート
1
リソース
1.1
ようこそ
1
WinCC のお客様へ
SIMATIC WinCC/WebNavigator を使用して、イントラネットまたはインターネットを介して
WinCC システムを実行および監視することができます。 WinCC で以前作成されたプロジェ
クトを使用できます。
WinCC/WebNavigator クライアントは、いわゆるシンクライアントであり、クライアント PC
でインターネットブラウザに統合されて、WinCC 基本システム全体を PC にインストールす
る必要なしに、進行中の WinCC プロジェクトを実行および監視できるようにします。
WebNavigator のこれ以外の設定は必要ありません。 プロジェクトと関連 WinCC アプリケー
ションはサーバーコンピュータ上に配置されます。
WinCC/WebNavigator サーバーのオペレーティングシステムの必要条件は、WinCC サーバー
と同様です。
WinCC Web Navigator の使用時には、このドキュメントの制限事項に注意してください。
SIMATIC WinCC が役立つことを願っています。
よろしくお願いいたします。WinCC/WebNavigator チーム
1.2
一般情報
ソフトウェアインフォメーションサービス(Software Information Service)
「WinCC ソフトウェアインフォメーションサービス」カードをご返送いただきますと、ただ
ちにあらゆる SIMATIC WinCC 製品の最新情報を、自動的に無償でお受け取りいただけます。
ライセンス条項について
インストールの際に表示されるライセンス条件を、お守りください。
記載されている以外の詳細については、お近くの Siemens AG の代理店にお問合せくださ
い。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
7
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.3 要件
WinCC/WebNavigator 用 WinCC DVD の内容
● WebNavigator のクライアント側コントロール
● WebNavigator 診断クライアントコントロール
● WebNavigator サーバーソフトウェア
● 文書
● リリースノート
● WinCC Remote Publisher
● WebNavigator Plug-In Builder
● デモプロジェクト
1.3
要件
1.3.1
ハードウェアとソフトウェア
はじめに
この章では、WinCC/WebNavigator のハードウェアおよびオペレーティングシステムの必要
条件について説明します。
注記
WebNavigator サーバーは、それ自体のプロジェクトがないと、WinCC クライアントで操作
できません。
WinCC WebNavigator クライアント
表 1-1
8
ハードウェア
最小値
推奨値
CPU
Intel Pentium II、300 MHz
たとえば Intel Core 2 Duo、AMD Athlon64
作業メモリ
256 MB
1 GB
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.3 要件
表 1-2
ソフトウェア
オペレーティングシステム:
Windows Vista SP1 Basic、Home、Ultimate、Enterprise、
Business ‌
Windows XP Professional SP3 ‌
Windows Server 2003 SP2 または Server 2003 R2 SP2 ‌
MS Terminal Services 経由の WinCE、Win95 などの他のオペレーテ
ィングシステム
Panel PC 477 接続の Embedded XP
ソフトウェア:
Internet Explorer V6.0 SP1、V6.0 SP2 または V7.0 ‌
.NET および XAML コントロールを使用する場合、.NET Framework
3.0 をインストールする必要があります。
その他:
イントラネット/インターネットへのアクセス ‌
または Web サーバーとの TCP/IP 接続
WinCC シングルユーザーシステムでの WinCC/WebNavigator サーバー
表 1-3
ハードウェア
最小値
推奨値
CPU
Pentium III、1 GHz
たとえば Intel Core 2 Duo、AMD Athlon64
作業メモリ
1 GB
2 GB
表 1-4
ソフトウェア
オペレーティングシステム:
Windows Vista SP1 Enterprise、Ultimate、Business ‌
Windows XP Professional SP3 (最大 3 クライアント) ‌
Windows Server 2003 SP2 または Server 2003 R2 SP2
ソフトウェア:
Internet Explorer V6.0 SP1、V6.0 SP2 または V7.0 ‌
WinCC 基本システム V7.0 SP1
その他:
イントラネット/インターネットへのアクセス ‌
または Web クライアントとの TCP/IP 接続
独自プロジェクトのある WinCC サーバー上または WinCC クライアント上の WinCC/WebNavigator
サーバー
表 1-5
ハードウェア
最小値
推奨値
CPU
Pentium III、1 GHz
たとえば Intel Core 2 Duo、AMD Athlon64
作業メモリ
1 GB
1 GB 以上
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
9
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.3 要件
表 1-6
ソフトウェア
オペレーティングシステム:
Windows Server 2003 SP2 または Server 2003 R2 SP2
ソフトウェア:
Internet Explorer V6.0 SP1、V6.0 SP2 または V7.0 ‌
WinCC 基本システム V7.0 SP1
その他:
イントラネット情報を発行する場合、次のものが必要になります。
ネットワーク対応コンピュータと LAN 接続(LAN = ローカルエリア
ネットワーク(Local Area Network))
コンピュータ名を IP アドレスに分解するシステム(IP=インターネッ
トプロトコル(Internet Protocol)) これは必須ステップではありません
が、このステップを使用すれば、ユーザーは、サーバーとの接続時
に IP アドレスではなく「エイリアス名」を使用できます。
インターネット情報を発行する場合、次のものが必要になります。
インターネット接続、およびインターネットサービスプロバイダ(ISP)
の IP アドレス インターネットで情報を発行できるのは、ISP により
提供されたインターネットに接続している場合に限ります。
インターネットとの接続に適した高性能ネットワークカード
IP アドレスに対応した DNS 登録(DNS =ドメインネームシステム
(Domain Name System)) これは必須ステップではありませんが、こ
のステップを使用すれば、ユーザーは、サーバーとの接続時に IP ア
ドレスではなく「エイリアス名」を使用できます。
1.3.2
ライセンス
WinCC/WebNavigator クライアント
WebNavigator クライアントが動作している PC では、サーバーライセンスを Web サーバー
で使用できるため、ライセンスは必要ありません。
WinCC/WebNavigator サーバー
WinCC 基本システムの必要条件として、WinCC RT 基本ライセンスが必要になります。 た
だし、ローカル WinCC クライアントを操作しない場合には、WinCC サーバーライセンスは
必要ありません。 WinCC クライアントを専用 Web サーバーとして操作している場合も、
WinCC クライアントに WinCC サーバーライセンスは必要ありません。
WinCC/WebNavigator サーバーは、ライセンスなしで 30 日間、デモモードで動作しま
す。 ‌
ただし、WinCC/WebNavigator サーバーを長期間使用する場合は、ライセンスが必要です。
Web サーバーに同時にアクセスできるクライアント数 3 台、10 台、25 台、および 50 台に
対応したライセンスがあります。
Web クライアントによるログイン試行中にライセンスクライアント数を超えると、メッセー
ジが表示され、それ以上ログインできなくなります。
WinCC/WebNavigator 診断クライアント
WebNavigator 診断クライアントが機能するためには、他のライセンスが必要です。 詳細に
ついては、
「WebNavigator 診断クライアント」に関するセクションを参照してください。
10
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.3 要件
WebNavigator サーバーおよびクライアントのライセンスの概要
サーバー
クライアント(ライセンスなし)
クライアント(診断クライア
ントライセンス所持)
WN サーバーライセンス+ ‌
WinCC ライセンス
WN クライアント ‌
診断クライアント ‌
最大ライセンス数(サーバー)ま 診断クライアントごとにライ
センス 1 つ
で
WN 診断サーバーライセンス+ ‌
WinCC ライセンス
デモクライアント ‌
無制限数
診断クライアント ‌
診断クライアントごとにライ
センス 1 つ
WN ライセンスなし、または ‌
WinCC ライセンスなし
デモクライアント ‌
無制限数
デモクライアント ‌
無制限数
WN サーバーライセンス+ ‌
WinCC ライセンス+ ‌
"ロードバランシング"ライセンス
WN クライアント ‌
診断クライアント ‌
最大ライセンス数(サーバー)ま 診断クライアントごとにライ
センス 1 つ
で
WN サーバーライセンス+ ‌
WinCC ライセンス+ ‌
WinCC 冗長化ライセンス+ ‌
"ロードバランシングのステップアッ
プ"ライセンス
WN クライアント ‌
診断クライアント ‌
最大ライセンス数(サーバー)ま 診断クライアントごとにライ
で
センス 1 つ
ライセンス変更後の Web クライアントの再起動
Web サーバーの WebNavigator のライセンスが変更された場合(クライアントの数の変更な
ど)、接続されている Web クライアントごとに Internet Explorer を再起動し、Web クライア
ントが再びログインする必要があります。 これが行なわれない場合、Web クライアントはデ
モモードに切り替わります。 これは Web クライアントの自動再接続にも当てはまります。
下記も参照
診断クライアントのライセンス (ページ 29)
1.3.3
診断クライアントの要件
この章では、WebNavigator 診断クライアントを使用するための、ハードウェアおよびソフト
ウェアの必要条件について説明します。
オペレーティングシステム:
Windows XP Professional SP23 ‌
Windows Server 2003 SP2 または Server 2003 R2 SP2 ‌
Windows Vista SP1
ソフトウェア:
Internet Explorer V6.0 SP1、V6.0 SP2 または V7.0
その他:
イントラネット/インターネットへのアクセス
注記
Diagnosis クライアントをインストールするには「管理者」権限が必要です。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
11
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.3 要件
1.3.4
ターミナルサービス使用の要件
この章では、端末サービスと WinCC/Web Navigator を使用するための、ハードウェア、ソフ
トウェア、およびオペレーティングシステムの必要条件について概説します。
端末サーバー
表 1-7
ハードウェア
最小値
推奨値
CPU
Pentium III、1 GHz
たとえば Intel Core 2 Duo、AMD Athlon64
作業メモリ
1 GB
1 GB 以上
注記
クライアント端末数を増加させるごとに、メモリ要件とプロセッサの負荷が増加することに
注意する必要があります。 このことから、メモリとプロセッサの容量を端末サーバーで十
分に確保する必要があります。
表 1-8
ソフトウェア
オペレーティングシステム
Windows Server 2003 SP2 または Server 2003 R2 SP2: クライアン
トで複数回実行されるアプリケーションを、呼び出して実行できる
必要があります。
その他:
サーバーに多数のユーザーがアクセスする場合、高性能ネットワー
クカードを使用する必要があります。
端末サーバークライアント
最小ハードウェア要件:
TCP/IP を設定したネットワークカード ‌
端末クライアント RDP 5.0 ‌
ディスプレイまたは画面 ‌
ポインティングデバイス
クアイアントとしての使用を推奨するデバイスは、右記のとおりです。 SIMATIC Mobile
Panel PC 12。
12
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.3 要件
注記
Windows 端末サービスに対応した WebNavigator クライアントがリリースされています。
端末サーバーごとに最大 25 個のセッションを使用できます。
Windows Server 2003 を実行するとき、以下に注意してください。 Windows Server 2003
CAL の場合、2 つの異なる端末サービス CAL があります。 TS デバイス CAL と TS ユーザ
ー CAL です。 ‌
TS デバイス CAL では、Windows Server 2003 上でデバイスが、ユーザーに依存しない
Windows セッションを実行できます。TS ユーザー CAL は、Windows Server 2003 上で、
ユーザーが、デバイスに依存しない Windows セッションを実行できます。
Windows Server 2003 Terminal Server CAL "TS CAL"がすべてのユーザーまたはすべてのデ
バイスに必要になります。
詳細については、"http://www.microsoft.com/resources/sam/lic_cal.mspx"にアクセスしてく
ださい。
下記も参照
http://www.microsoft.com/resources/sam/lic_cal.mspx (http://www.microsoft.com/resources/
sam/lic_cal.mspx)
1.3.5
バージョンの混在と互換性
WebNavigator バージョンの混合
WebNavigator クライアントを WebNavigator サーバーにインストールする場合、この 2 つは
同じバージョンであることが必要です。
WinCC/WebNavigator と WinCC 基本システムのバージョン
WebNavigator バージョン 7.0 SP1 は、WinCC V7.0 SP1 用にのみリリースされています。
WebNavigator サーバー/クライアントバージョン 7.0 SP1 を、V7.0 SP1 より前のバージョン
の WinCC にインストールしないでください。
同様に、V7.0 より前のバージョンの WebNavigator サーバー/クライアントを、WinCC バー
ジョン 7.0 を搭載した PC にインストールしないでください。
Web クライアントの古いバージョンの WebNavigator サーバーへの接続
WebNavigator クライアント V7.0 SP1 を前のバージョンの WebNavigator サーバー(たとえば
V6.0)に接続する場合、その Web クライアントは、同じバージョンの Web サーバーに前もっ
て正常にログオンしている必要があります。 これで、Web クライアントは前のバージョンの
Web サーバーにエラーを発生せずにログインできます。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
13
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.4 WinCC/Web Navigator サーバーのインストール
まず第一に、Web クライアントが古いバージョンの Web サーバーに接続されている場合、
Web クライアントの Internet Explorer の[インターネットオプション|インターネット一時フ
ァイル|設定|オブジェクトの表示]で"CheckInstallation クラス"ファイルを削除します。
1.4
WinCC/Web Navigator サーバーのインストール
1.4.1
手順
はじめに
この章では、WebNavigator サーバーのインストールについて説明します。
必要条件
インストールするには次の必要条件に適合している必要があります。
● リリースされた Windows オペレーティングシステムがインストールされていること。
● WinCC Basic がインストールされていること。
WebNavigator 用にリリースされているオペレーティングシステムの詳細については、[必要
条件]>[ハードウェアとソフトウェア]のセクションを参照してください。
WinCC のインストールの詳細については、WinCC ドキュメンテーションを参照してくださ
い。
インストールの概要
1. インターネットインフォメーションサーバー(IIS)のインストール
2. WinCC/WebNavigator サーバーのインストール。
注記
管理者権限が必要
WinCC/WebNavigator のサーバーコンポーネントを Windows にインストールするには、登
録データベースへの書き込みアクセス権が必要です。 そのためには、管理者権限を保有す
る必要があります。
WinCC オプションが以前にインストールされている場合
WinCC/DowntimeMonitor や WinCC/ProcessMonitor などの他の WinCC オプションを
WinCC/WebNavigator をインストールする前に既にインストールしていた場合は、これらの
オプションをレトロインストールする必要がある場合があります。
14
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.4 WinCC/Web Navigator サーバーのインストール
WinCC/DataMonitor の使用: Windows XP でのインストール順序
Windows XP が搭載されているコンピュータに Web サーバーをインストールする際には、以
下のインストール順序に従ってください。
1. インターネットインフォメーションサービス(IIS)をインストールします。
2. SQL サーバーをインストールします。
インストール順序に従わないと、WinCC/DataMonitor で DataMonitor レポートを開くときに、
エラーメッセージが表示されることがあります。
この場合、以下のように問題を修正してください。
1. Windows の[スタート]メニューから[SIMATIC]>[WinCC]>[Web コンフィグレータ]を選択し
て、Web コンフィグレータを起動して Web サーバーを設定します。
2. Windows の[スタート]メニューから[SIMATIC]>[Simatic Security Control]を選択して、
SIMATIC Security Control を起動してセキュリティ設定を設定します。
下記も参照
インターネットインフォメーションサービス(IIS)のインストール (ページ 15)
WinCC/Web Navigator サーバーのインストール (ページ 17)
1.4.2
インターネットインフォメーションサービス(IIS)のインストール
設定
Windows Vista の場合、WinCC/WebNavigator サーバーをインストールする前に、インター
ネットインフォメーションサービス(IIS)をインストールする必要があります。 インストー
ル中に WebNavigator サーバーの設定を指定することになります。
Windows Vista の使用時は次の設定を有効にします。
● Web 管理ツール:
– IIS 管理サービス
– IIS 管理コンソール
– IIS 管理スクリプトとツール
– IIS Metabasis との互換性と IIS 6 システム構成
– IIS6 用 WMI の互換性
● [WWW サービス] > [一般的 HTTP]の機能:
– 標準マニュアル
– 静的コンテンツ
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
15
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.4 WinCC/Web Navigator サーバーのインストール
● [WWW サービス] > [アプリケーション開発]の機能:
– ASP
– ISAPI 拡張子
– ISAPI フィルタ
● [WWW サービス] > [セキュリティ]:
– 必要条件のフィルタリング
– 標準認証
注記
IIS のロギング機能を有効にしたら、ログファイルをモニタして、必要に応じて削除する必
要があります。ログファイルが大きくならないように、イベント表示を設定しなければなり
ません。
必要条件
● 管理者権限
● 登録データベースの書き込みアクセス
手順
1. Windows CD-ROM をドライブに挿入します。
2. Windows の[スタート]メニューで、[設定|コントロールパネル]エントリを選択します。
3. [ソフトウェア]アイコンをクリックします。
4. [プログラムの追加と削除]ダイアログを開いて、[Windows コンポーネントの追加と削除]
をクリックします。
5. Windows Vista の使用時は上記の設定を有効にします。
また、[スタート|ファイル名を指定して実行|コマンド]でコマンドラインを起動して、イン
ストール CD にある IIS コンポーネントをインストールすることもできます。
pkgmgr.exe /iu:IIS-WebServerRole;IIS-WebServer;IIS-CommonHttpFeatures;IISStaticContent;IIS-DefaultDocument;IIS-HttpErrors;IIS-ASPNET;IIS-ASP;IISISAPIExtensions;IIS-ISAPIFilter;IIS-BasicAuthentication;IIS-WindowsAuthentication;IISManagementConsole;IIS-ManagementService;IIS-IIS6ManagementCompatibility;IISMetabase;IIS-WMICompatibility
6. [OK]ボタンを押してダイアログを閉じます。必要なデータが転送され、IIS がそれに従っ
て設定されます。
16
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.4 WinCC/Web Navigator サーバーのインストール
1.4.3
WinCC/Web Navigator サーバーのインストール
必要条件
● そのため、管理者権限を持つ必要があります。
実施手順
1. WinCC DVD をドライブに挿入します。
オペレーティングシステムで自動実行が有効化されている場合は、DVD が自動的に起動
されます。 自動実行機能が無効になっている場合は、DVD の Setup.exe プログラムを起
動します。
2. [Installation Type]ダイアログで、[Package Installation]を選択します。
3. [WebNavigator Server]インストールを選択します。
4. インストールを再開します。
表示されているダイアログでインストール状況を追跡できます。 インストールをキャン
セルするには、[キャンセル]を選択します。
5. WinCC/WebNavigator サーバーをインストールした後で、製品のライセンスキーを転送で
きます。 転送するには、[ライセンスキーの転送]をクリックします。 ライセンスキーが既
に転送されている場合やライセンスキーを後でインストールする場合は、次へを選択しま
す。
注記
ライセンスキーは、自動的には転送されません。 不足しているライセンスキーは、イン
ストール中またはインストール後に、Automation License Manager を使用して転送する
必要があります。
6. インストールプロセス終了時に、WinCC に適応したセキュリティ設定が[SIMATIC Security
Control]ダイアログに表示されます。 ファイアウォールは、自動的に設定されます。
[同意する]および[完了]をクリックして、変更を確定します。
7. セットアップによって指示されたら、コンピュータを再起動します。
WinCC/WebNavigator サーバーはインストールされ、WinCC Explorer のナビゲーション
ウィンドウの機能として追加されています。
注記
WinCC/WebNavigator が既にインストールされている場合
古い WinCC/WebNavigator サーバーが既にインストールされていると、セットアップが
これを認識し、インストールできません。 Windows のコントロールパネルを使用して古
いバージョンをアンインストールしてから、インストールを再起動します。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
17
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.4 WinCC/Web Navigator サーバーのインストール
1.4.4
WebNavigator サーバーのアップグレード
はじめに
WebNavigator サーバーが既に PC にインストールされている場合、再インストールしようと
すると、セットアップによってこれが検出されます。
Web Navigator サーバーと WinCC Basic のアップグレード
WinCC Basic が同時にアップグレードされる場合、WebNavigator サーバーのサービスパッ
ク番号またはバージョン番号の変更によってのみアップグレードが可能です。
インストール時に、WebNavigator サーバーセットアップは、WinCC Basic の古いバージョ
ンをチェックします。また、その逆も行われます。 それぞれで他のソフトウェアの旧バージ
ョンが見つかると、セットアップは通知を表示します。 ‌
これが上記の順序でアップグレードを行う必要がある理由です。
基本手順
1. 最初に、インストールされている WebNavigator サーバーのソフトウェアを、[プログラム
の変更および削除]を使用してコントロールパネルでアンインストールする必要がありま
す。
2. 新しいバージョンの WinCC Basic を、手動アンインストールなしにアップデートとして
インストールします。
3. これで、新しいバージョンの WebNavigator サーバーがインストールされます。
18
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.5 WinCC/Web Navigator クライアントのインストール
1.5
WinCC/Web Navigator クライアントのインストール
1.5.1
WinCC/Web Navigator クライアントのインストール
はじめに
WinCC/WebNavigator クライアント(クライアント側コントロール)のインストールには、以
下が可能です。
● WinCC 製品 DVD からのインストール ‌
この場合、特定の Windows ユーザーオーソリゼーションが必要で、これはオペレーティ
ングシステムに依存します。
●
イントラネット/インターネット経由のインストール ‌
この場合、オペレーティングシステムに応じて、特定の Windows ユーザーオーソリゼー
ションが必要です。
● インストールオプション。 ‌
現在のユーザーまたはネットワークの Windows のユーザー権限下のグループガイドライ
ンに基づいてソフトウェアを配布することが可能である場合は、ユーザーの介入なしにイ
ンストールすることも可能です。
WebNavigator クライアントを、使用している Web サーバーに追加してインストールするこ
ともできます。 たとえば、Internet Explorer で、サーバーの WinCC 設定をローカルで確認し
たい場合などに便利です。
基本手順
インストールは次の手順で行います。
1. Internet Explorer でクライアントコンピュータの設定を入力し、確認します。
2. WebNavigator クライアントのインストール。
注記
インストールを、DVD から、またはグループガイドラインに基づくソフトウェア配布と
して実行するとき、古いバージョンの WebNavigator クライアントは、古い Web クライ
アントを最初にアンインストールする必要なく、直接アップグレードできます。 ‌
WebNavigator サーバーが、WebNavigator クライアントの後に PC にインストールされ
る場合、クライアントを再インストールする必要があります。
通知
プラグインの再インストール
WebNavigatorClient V7.0 のインストールでは、プラグイン「ユーザーアーカイブコント
、「トレンドコントロールファンクション」
、「ハードコピー」
、「Web クライアン
ロール」
ト」が、WebNavigatorClient V7.0 に既に統合されています。WebNavigator クライアン
ト V7.0 が V7.0 よりも古い Web サーバーに接続されている場合、たとえこれらのプラ
グインが既にインストールされていても、Web ナビゲーションユーザーインターフェー
スのダウンロードエリアで、これらのプラグインが提供されます。 これらのプラグイン
を再インストールしないでください。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
19
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.5 WinCC/Web Navigator クライアントのインストール
WebNavigator クライアントのセットアップとインストールに関する情報:
● ダウンロード経由で Web クライアントに新しいバージョンをインストールする前に、Web
クライアントにインストールされ、Web サーバーに接続されている言語が確認されます。
ダウンロード経由で Web クライアントをインストールした場合、Web サーバーにリンク
された言語のみがクライアントコンピュータ上で使用できます。
● ローカルの WinCC プロジェクトが開いているか、または PC が最後に再起動して以来開
いたままの場合、WebNavigator クライアントのセットアップは、エラーメッセージ
「WinCC が有効です」によって中断されます。 この場合、コンピュータを再起動してく
ださい。 ‌
また、WinCC は Autostart ディレクトリに含まれているかを確認します。 必要な場合は
入力を削除し、再起動して Web クライアントインストールプログラムを実行します。
● Web クライアントをインストールするには、最低 70MB の空きディスクスペースがハー
ドディスクに必要で、これがない場合は、MSI セットアップはエラーメッセージを表示し
てインストールを取り消します。
● Web クライアントをイントラネット/インターネットからダウンロードしてインストール
する場合、セットアップファイル用に[開く]または[保存]のどちらかを選択できます。 Web
クライアントの初回インストール用に選択したメソッドは、「MSI インストーラ」サービ
スに関してエラーメッセージ「エラー 1316」が表示されなければ、「ユーザーアーカイブ
コントロール」などプラグインや ActiveX コントロールの後続のインストールも選択する
必要があります。
● Windows XP では、インストールを開始する前に設定[ネットワークファイルとプリンタ
を自動検索する]を無効にすると、WebNavigator クライアントのインストールを高速化す
ることができます。 これを行うには、Windows エクスプローラの[ツール] > [フォルダオ
プション]メニュー項目を使用して、[フォルダオプション]ダイアログを開きます。 [ファ
イルとフォルダ]の下の[表示]タブレジスタでこのオプションを無効にし、続いて[すべての
フォルダに適用]ボタンをクリックします。
● Web Navigation ユーザーインターフェースのダウンロードエリアに、インストール可能
なプラグインが表示されます。 このプラグインのインストールには、少なくとも Web ク
ライアントのインストールと同じ最小ユーザーオーソリゼーションが必要です。 ‌
Web ナビゲーションユーザーインターフェースでプラグインを選択すると、WebNavigator
クライアントのセットアップが開始します。 プラグインの選択を再び確認する必要があ
ります。
以前のバージョンの Web クライアントのアップグレード
最新バージョンの Web クライアントは、Web サイト"www.wincc.de"の"WinCC/
WebNavigator"ページから"Web Navigator Demo Project"リンクを使ってダウンロードしてイ
ンストールできます。
Web クライアントの Windows Server へのインストール
グループポリシーのデフォルト設定では、「管理者」よりも低いユーザーオーソリゼーション
で、Windows Server 環境に Web クライアントをインストールすることはできませ
ん。 ‌
グループポリシー内での Web クライアントインストールのリリースは、このソフトウェアの
割り付けと公開を使用するか、または[管理テンプレート] > [Windows コンポーネント] >
[Windows インストーラ]で[常に高い権限を使用してインストールする]を有効にすることによ
20
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.5 WinCC/Web Navigator クライアントのインストール
って行われます。 [Windows インストーラの無効化]オプションの[決してしない]を有効にす
る必要があります。
1.5.2
ユーザー権限、ユーザーグループとオプションのインストール
ユーザー権限、ユーザーグループとオプションのインストール
ここでは、Web クライアントのインストールに関して次の点について説明します。
● Web クライアントのインストールおよび最初の登録に必要な Windows ユーザー権限
● 制約された Windows ユーザー権限下での Web クライアントのインストール
● ユーザーまたはコンピュータの設定済みグループのインストール
● グループポリシーベースのソフトウェア配布
● ユーザーが介入しないインストール
Web クライアントのインストールおよび最初の登録に必要な Windows ユーザー権限
Web クライアントをイントラネット/インターネットを介して、または製品 DVD を使用して
インストールするには、「管理者」権限が必要です。 Web サーバーへの Web クライアント
の初期登録は、クライアントは、Web サーバーへのインストール中に使用したものと同じ名
前で登録する必要があり、同等または高位の Windows ユーザー権限でログオンする必要があ
ります。 この接続を正しく確立させる必要があります。 その後のログインは、権限が制限さ
れたさまざまな Windows ユーザー権限で実行することができます。
制約された Windows ユーザー権限下での Web クライアントのインストール
Microsoft Windows インストーラテクノロジ(MSI)を使用すると、
「パワーユーザー」権限また
は「管理者」権限を保有していなくても、制限された Windows ユーザー権限があれば、バー
ジョン V6.0 SP1 から Web クライアントをインストールすることができます。
この手順は、ネットワーク内でグループポリシーベースのソフトウェア配布を使用するイン
ストール中に設定することができます。
このように、Web Navigator クライアントに属するアドインおよびプラグインもインストー
ルできます。 WinCC Plug-In Builder で作成されたプラグインには、「管理者」権限が必要で
す。
MSI テクノロジを使用すれば、設定されたユーザーまたはコンピュータのグループに Web ク
ライアントをインストールすることも可能です。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
21
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.5 WinCC/Web Navigator クライアントのインストール
ユーザーまたはコンピュータの設定済みグループのインストール
Microsoft System Management Server またはドメインコントローラのグループポリシーを使
用すれば、管理者が設定したユーザーまたはコンピュータのグループをインストールできま
す。
● これを行うには、"WinCCWebNavigatorClient.msi" MSI ファイルをドメインコントローラ
で発行し、ユーザーグループにリリースします。 定義したユーザーのログイン時または
コンピュータの起動時に、グループポリシーベースのソフトウェア配布の設定に応じてイ
ンストールが実行されます。
● Microsoft Systems Management Server を使用した場合、インストールは管理者により設
定され、関連するコンピュータの起動時にトリガおよび実行されます。 Microsoft Systems
Management Server の追加情報については、インターネットの Microsoft ホームページを
参照してください。
グループポリシーベースのソフトウェア配布
ソフトウェアのインストールは、通常現在の Windows ユーザーのアクセス権を使用して実行
されます。 MSI テクノロジを使用すると、高位レベルの権限を保有したオペレーティングシ
ステムサービスによりインストールが実行されます。これにより、Windows ユーザーが権限
を所持していない場合にも、インストールを実行できます。 より高いレベルの権限によるイ
ンストールが必要なアプリケーションは、MSI テクノロジで「特権インストール」と呼ばれ
ます。「常により高い特権によるインストール」権限が Windows ユーザーに割り付けられた
場合、これらのアプリケーションのインストールが可能になります。
グループポリシーベースのソフトウェア配布を使用するには、ドメインコントローラでグル
ープポリシーを作成し、配布ソフトウェアに割り付けるか、Active Directory を使用して発行
します。
● 割り付け: ソフトウェア配布をユーザーまたはコンピュータに割り付けます。 この場合、
分散されるソフトウェアは、ユーザーのログイン時またはコンピュータ起動時に自動的に
インストールされます。
● 発行: シングルユーザーにソフトウェア配布を発行できます。 この場合、ユーザーがクラ
イアントコンピュータにログオンすると、配布されるソフトウェアがダイアログ内に表示
されるので、インストール用に選択できます。
ユーザーが介入しないインストール
Web クライアントのインストール中に、インストール先ディレクトリ、ソフトウェアライセ
ンス条件への合意、インストールする構成要素などの情報を入力するようプロンプトが表示
されます。 設定ファイルを実装していると、ユーザーが介入することなくインストールを実
行できます。必要なパス指定とユーザー情報は、"options.ini"設定ファイルに記載されていま
す。 このファイルは、Web クライアントのセットアップと同じフォルダに置かれま
す。 ‌
このインストール手順は、グループポリシーのソフトウェア配布を使用する場合に有利で
す。
製品 DVD からのインストールには、ユーザーの介入が必要です。
表中の事前定義された設定は以下の状況で使用されます。
22
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.5 WinCC/Web Navigator クライアントのインストール
● "options.ini"設定ファイルが欠けています。別の SIMATIC HMI 製品がインストールされて
いるために、クライアントレジストリに対応する使用可能なエントリがありません。
● または、グループポリシーに基づきソフトウェアを配布してコンピュータに割り付けるこ
とによって、インストールが実行されます。
情報
パラメータ
Web Navigator クライアントのインストール先デ INSTALLDIR=" <syspath1>\Siemens\WinCC"
ィレクトリ
共通の構成要素のインストール先ディレクトリ
COMMONDIR=" <syspath2>\Siemens "
ユーザー情報/ユーザー名
USER
ユーザー情報/組織
COMPANYNAME
"<syspath?>"は、"HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows
\CurrentVersion"キーの下のレジストリ設定から指定されます。
- "<syspath1>"は"ProgramFilesDir"キーに対応しています(例:"C:\\Program Files")
- "<syspath2>"は"CommonFilesDir"キーに対応しています(例:"C:\\Program Files\\Common
Files")
"options.ini"設定ファイルの例
[USERINFO]
USER=Integration
COMPANYNAME=Siemens AG
[INSTALLPATH]
COMMONDIR=" C:\Programs\Common files\Siemens "
INSTALLDIR=" C:\Programs\Siemens\WinCC "
[FEATURES]
FUNCTIONTRENDCONTROL=0
HARDCOPY=0
WINCCUSERARCHIVES=0
DEU=0
FRA=0
ITA=0
ESP=0
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
23
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.5 WinCC/Web Navigator クライアントのインストール
1.5.3
Internet Explorer の設定
概要
Web Navigator クライアントの機能を完全に使用するには、Internet Explorer でセキュリティ
設定を調整する必要があります。
手順
● Internet Explorer で、[ツール]>[インターネットオプション]をクリックします。
● [セキュリティ]タブを選択します。 対応するゾーンを選択します。 たとえば、[ローカル
イントラネット]または [インターネット]を選択します。
24
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.5 WinCC/Web Navigator クライアントのインストール
● [レベルのカスタマイズ]をクリックします。
● [スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロール]および[署名済
み ActiveX コントロールのダウンロード]の各[有効化]ラジオボタンをクリックします。
● [スクリプト/アクティブ スクリプト]で、[アクティブ]オプションを選択します。
● [OK]をクリックします。 次のダイアログで、修正を加えます。
● [信頼済みサイト]のアイコンを選択し、[サイト]ボタンをクリックして[信頼済みサイト]ダ
イアログを開きます。
● Web サーバーのアドレスを[次の Web サイトをゾーンに追加する]フィールドに入力しま
す。 使用できるフォーマットとワイルドカードは、 "*://157.54.100 -200"、"ftp://
157.54.23.41"、"http://*.microsoft.com" です。 [サーバー認証を要求する(https:)]を この[ゾ
ーン]チェックボックスのすべてのサイトについてオフにします。 [追加]をクリックしま
す。 [OK]をクリックし、エントリを確定します。
● [信頼済みサイト]アイコンを選択します。 [標準レベル]ボタンをクリックしてから、 [レベ
ルのカスタマイズ]ボタンをクリックします。 [スクリプトを実行しても安全だとマークさ
れている ActiveX コントロールのスクリプトの実行]下の[セキュリティ設定]ダイアログで
[有効にする]をオンにします。[OK]をクリックし、入力を確定します。
● [全般]タブをクリックします。 [インターネット一時ファイル]ボタンの[設定]エリアをクリ
ックします。 [保存しているページの新しいバージョンの確認]で[自動的に確認する]をオ
ンにします。[OK]をクリックし、入力を確定します。
● [OK]をクリックして[インターネットオプション] ダイアログを閉じます。
これで、Internet Explorer で必要な設定がすべて完了しました。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
25
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.5 WinCC/Web Navigator クライアントのインストール
1.5.4
製品 DVD からのインストール
必要条件
● WinCC/WebNavigator クライアントのインストールおよび使用については、「Internet
Explorer の設定」に記載されている設定を参照してください。
● 「WinCC/WebNavigator クライアントのインストール」のセクションに記載されているよ
うに、Web クライアントをインストールするには、オペレーティングシステムに応じて
特定の最小必須ユーザー権限が必要です。
実施手順
1. WinCC DVD をドライブに挿入します。
オペレーティングシステムで自動実行が有効化されている場合は、DVD が自動的に起動
されます。自動実行機能が無効になっている場合は、DVD 上の「Setup.exe」プログラム
を起動します。
2. [インストールの種類]ダイアログで、[パッケージインストール]を選択します。
3. [WebNavigator クライアント]プログラムパッケージを選択します。
4. インストールを再開します。
表示されているダイアログでインストール状況を追跡できます。 インストールをキャン
セルするには、[キャンセル]を選択します。
5. インストールプロセス終了時に、WinCC に適応したセキュリティ設定が[SIMATIC Security
Control]ダイアログに表示されます。ファイアウォールは、自動的に設定されます。
[同意する]および[完了]をクリックして、変更を確定します。
6. セットアップによって指示されたら、コンピュータを再起動します。
WinCC/WebNavigator クライアントはインストールされ、WinCC Explorer のナビゲーシ
ョンウィンドウの機能として追加されています。
1.5.5
イントラネット/インターネットによるインストール
必要条件
● WebNavigator クライアントのインストールおよび使用には、「Internet Explorer の設定」
に記載されている設定が適用されます。
● 「WebNavigator クライアントのインストール」のセクションに記載されているように、
Web クライアントをインストールして初めて登録するには、オペレーティングシステム
に応じて特定の最小ユーザー権限が必要な場合があります。
26
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.5 WinCC/Web Navigator クライアントのインストール
● イントラネット/インターネットを介したインストールでは、WinCC/WebNavigator サー
バーをすべてインストールし、WinCC Web コンフィグレータでインターネットインフォ
メーションを設定して、WinCC ユーザー管理者でユーザーとして登録しておく必要があ
ります。
● WinCC プロジェクトが、希望する WebNavigator サーバーでランタイム中であることが
必要です。
イントラネット/インターネットを介した WebNavigator クライアントのインストール
● インターネットサービスプロバイダを介してインターネットにアクセスします。
● WinCC/WebNavigator サーバーのアドレス(たとえば"http://www.server_name.de")を、ア
ドレス行に入力します。 仮想ディレクトリ内にインストールする場合には、次のアドレ
スを入力できます。 "http://www.server_name.de/WebNavigator/"と入力します。
● ユーザー名とパスワードを指定して、WinCC/WebNavigator サーバーにログオンします。
● 初めて WinCC/WebNavigator サーバーにアクセスしようとしている場合は、WinCC/
WebNavigator クライアントをインストールするように指示されます。 [インストールする
にはここをクリック]リンクをクリックします。 [ファイルのダウンロード]ダイアログの
[保存]ボタンをクリックし、ターゲットコンピュータにクライアントのセットアップファ
イルを保存します。 セットアップファイルを保存するようにお勧めします。クライアン
トコンピュータを再起動する必要がある場合に、セットアップファイルを再度ダウンロー
ドする必要がなくなるためです。
注記
WebNavigator クライアントがインストール済みで、イントラネット/インターネットを
介して現在のバージョンのクライアントをインストールする場合は、インストールファ
イルをターゲットコンピュータに保存せずに、直接クライアントセットアップを開きます。
新しいインストールファイルを保存する場合、まず古いインストールファイルをアンイ
ンストールするか、または新しいバージョンのファイルを古いバージョンのファイルと
は別のディレクトリに保存します。
● Internet Explorer を開いたまま、Windows エクスプローラを開きます。 セットアップフ
ァイルが保存されたフォルダに移動し、セットアップファイルをダブルクリックして開始
します。
● 画面に表示される説明に従い、必要な情報と設定を入力します。 すると、Web Navigator
のクライアント側コントロールがインストールされます。 [セットアップ]ダイアログを閉
じます。
インストールがすべて正常に終了した場合、クライアントが現在ランタイム中の WinCC プ
ロジェクトに切り替えられます。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
27
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.6 WinCC/WebNavigator 診断クライアント
1.6
WinCC/WebNavigator 診断クライアント
1.6.1
WinCC/WebNavigator 診断クライアント
はじめに
WinCC の WebNavigator 診断クライアントを使用して、多数の WebNavigator サーバーへの
安価なアクセスを入手できます。 複数の診断クライアントと通常クライアントを同時に実行
できます。 ライセンシングは診断クライアントで行われるため、このプロセスでは、
WebNavigator サーバーライセンスは必要ありません。
可能なアプリケーション:
● リモート保守: サービスおよび保守のため、診断クライアントを使用して各種 WinCC シ
ステムにアクセスします。
● 中央コントロールルーム: 診断クライアントを使用して、複数のサーバーに同時にアク
セスします。
28
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.6 WinCC/WebNavigator 診断クライアント
1.6.2
診断クライアントのライセンス
WinCC/WebNavigator 診断クライアント
クライアントコンピュータで「診断クライアント」ライセンスが必要になります。
診断クライアントは、最大 12 台の Web サーバーに同時にアクセスできます。
WebNavigator サーバーまたは WebNavigator 診断サーバーライセンスがサーバーにインスト
ールされている場合、最大クライアント数(アクセス保証)を超えても診断クライアントはア
クセスできます。
WinCC/WebNavigator 診断サーバー
このライセンスがあれば、WebNavigator 診断クライアントは Web サーバーにアクセスでき
ます。 このライセンスが必要なのは、
「通常な」Web クライアントの Web サーバーライセ
ンスが Web サーバーにインストールされていないが、診断クライアントを使用したアクセス
が可能な場合です。
合計で、サーバーごとに最大 50 台の診断クライアントに同時にアクセスできます。
注記
必要なライセンスのいずれかが該当するコンピュータ上にない場合、またはクライアントコ
ンピュータ上に診断クライアントではなく「通常な」Web クライアントがインストールさ
れている場合、メッセージが表示されて Web クライアントはデモモードで実行されま
す。
それぞれのライセンスなしで診断クライアントがインストールされている場合、各コンピュ
ータを起動してからおよそ 1 時間後にライセンスがないことを示すメッセージが表示され
ます。 このメッセージを表示させないようにするには、診断クライアントライセンスをイ
ンストールするか、診断クライアントソフトウェアを完全にアンインストールする必要があ
ります。
注記
WinCC 基本システムを装備したコンピュータに診断クライアントをインストールする場合
には、WinCC をアンインストールした後、この診断クライアントを再インストールする必
要があります。
WebNavigator サーバーおよびクライアントのライセンスの詳細については、[必要条件]>[ラ
イセンス]のセクションを参照してください。
下記も参照
ライセンス (ページ 10)
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
29
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.7 WebNavigator デモプロジェクト
1.6.3
WinCC/WebNavigator 診断クライアントのインストール
はじめに
WebNavigator 診断クライアントのソフトウェアは、クライアントコンピュータで DVD から
インストールされます。
必要条件
● この作業を実行するには、管理者権限を持つ必要があります。
実施手順
1. WinCC DVD をドライブに挿入します。
オペレーティングシステムで自動実行が有効化されている場合は、DVD が自動的に起動
されます。自動実行機能が無効になっている場合は、DVD 上の「Setup.exe」プログラム
を起動します。
2. [インストールの種類]ダイアログで、[カスタムインストール]を選択します。
3. "Web Navigator"プログラムグループで、"Diagnose Client"プログラムを選択します。
4. インストールを再開します。
表示されているダイアログでインストール状況を追跡できます。 インストールをキャン
セルするには、[キャンセル]を選択します。
5. インストールプロセス終了時に、WinCC に適応したセキュリティ設定が[SIMATIC Security
Control]ダイアログに表示されます。ファイアウォールは、自動的に設定されます。
[同意する]および[完了]をクリックして、変更を確定します。
6. セットアップによって指示されたら、コンピュータを再起動します。
WinCC/WebNavigator 診断クライアントがインストールされます。
1.7
WebNavigator デモプロジェクト
はじめに
WinCC デモプロジェクトは、自己解凍 ZIP ファイル"Web_Demo_Projekt.exe"として、
[Samples\WebNavigator]ディレクトリの WinCC DVD に含まれています。プロジェクトをイ
ンストールするには、このファイルをローカルのターゲットディレクトリにコピーし、ダブ
ルクリックして解凍します。
以下のログインが既にデモプロジェクトに設定されています。
30
WinCC
ログイン
パスワード
WebNavigator(ドイツ語)
winccd
winccpass
WebNavigator(英語)
wincce
winccpass
WebNavigator(フランス語)
winccf
winccpass
WebNavigator(イタリア語)
wincci
winccpass
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator インストールノート
1.8 アンインストール;アンインストール
1.8
WinCC
ログイン
パスワード
WebNavigator(スペイン語)
winccs
winccpass
端末 PocketPC
PocketPC
winccpass
端末 Mobic
Mobic
winccpass
端末 MP370
MP370
winccpass
アンインストール;アンインストール
WinCC/WebNavigator サーバーおよび WinCC/WebNavigator クライアントを、通常の方法で
Windows にアンインストールできます。
● [コントロールパネル]を開いて、[プログラムの追加と削除]アイコンをダブルクリックしま
す。
● [プログラムの変更と削除]アイコンをクリックします。
● WebNavigator サーバーまたはクライアントを選択し、[削除]をクリックします。 画面に
表示される指示に従ってください。
これで、WinCC/WebNavigator サーバー/クライアントが、使用しているシステムから削除さ
れました。
注記
WinCC/WebNavigator サーバーをアンインストールする場合、関係するオーソリゼーション
も、[Automation License Manager]プログラムを使用してアンインストールする必要があり
ます。 このオーソリゼーションは、後でもう一度有効にすることができます。 オーソリゼ
ーションについて詳しくは、「WinCC ソフトウェアの保護」を参照してください。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
31
WinCC/WebNavigator リリースノート
2
リソース
2.1
リリースノート
2
内容
このリリースノートには、重要な注意事項が記載されています。
このリリースノートの内容は、マニュアルやオンラインヘルプの説明より拘束力のある内容
になっています。
リリースノートには有用な情報が多数含まれているため、必ず熟読してください。
2.2
ソフトウェアのインストール
インストールおよび設定
注意
WebNavigator バージョン 7.0 SP1 は、WinCC V7.0 SP1 用にのみリリースされています。
WebNavigator サーバー/クライアントバージョン 7.0 SP1 を、V7.0 SP1 より前のバージョ
ンの WinCC にインストールしないでください。 同様に、V7.0 SP1 より前のバージョンの
WebNavigator サーバー/クライアントを、WinCC バージョン 7.0 SP1 を搭載した PC にイ
ンストールしないでください。
ヨーロッパバージョンとアジアバージョンの WinCC および WebNavigator を混合して使用
することも、この設定では許可されていないことに注意してください。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
33
WinCC/WebNavigator リリースノート
2.3 WebNavigator について
2.3
WebNavigator について
プロキシサーバーを使用する通信
プロキシサーバーを使用する通信では、以下のことを守ってください。
● プロキシサーバーが動作では、Web クライアントがサーバードメインのメンバである必
要があります。
● NTLM 認証によるプロキシサーバーでのログインプロセス: ユーザーがプロキシサーバー
にアクセス権を持たない Web クライアントにログオンすると、最初にプロキシサーバー
のログインダイアログウィンドウが表示され、次に WinCC ユーザーのログインダイアロ
グが表示されて、その次にもう一度プロキシサーバーのログインダイアログが表示されま
す。
WebNavigator クライアントのセキュリティ制限
注意
WebNavigator クライアントを使用する場合、インターネット固有のセキュリティ制限を考
慮する必要があります。 WebNavigator クライアントでは、Web サーバーのダウンや通信
障害を認識するために、通常の WinCC クライアントより(20 秒を超える)かなり長い時間が
かかることがあります。
Internet Explorer のセキュリティ設定
WebNavigator クライアントで機能を完全に使用するには、Internet Explorer でセキュリティ
設定を調整する必要があります。 「WinCC/WebNavigator インストールに関する注意事項|
WinCC WebNavigator クライアントのインストール|Internet Explorer の設定」の章を参照し
てください。
Internet Explorer のセキュリティ設定: SSL 接続を介したインストール
SSL 接続経由で ASP ポータルから WebNavigator をダウンロードする場合、特定の条件下で
はダウンロードできないことに注意してください。 これは、以下のいずれかを設定すること
によって、修正できます。
● Internet Explorer の[インターネット]オプションの[詳細]タブで"Do not save encrypted
pages to disk"を無効にします。
● [コントロールパネル]>[プログラムの追加と削除]>[Windows コンポーネント]の"Internet
Explorer Enhanced Security Configuration"オプションを無効にします。
Windows Vista 上の WebNavigator サーバー: 再起動時の動作
Windows Vista 上の WebNavigator サーバーの場合、再起動後に標準的なウェブサイトが有
効になります。 Web クライアントから WebNavigator サーバーへの接続ができなくなりまし
た。
解決策: WebNavigator サイトをインターネットインフォメーションサービス(IIS)で再起動し
ます。
34
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator リリースノート
2.3 WebNavigator について
WinCC のアンインストール: WebNavigator クライアントを、後でインストールする必要があります
WinCC をアンインストールすると、WebNavigator クライアントをレトロインストールする
必要があります。
WinCC および WebNavigator ランタイムの無効化
WinCC ランタイムを無効にした場合、WinCC ランタイムをもう一度有効にする際に、
WebNavigator ランタイムが既に終了していることを考慮する必要があります。
プロジェクト変更
プロジェクトの変更に続いて、インターネットインフォメーションサービス(IIS)の突発的動
作不良が発生することがあります。 この場合、コンピュータを再起動する必要があります。
WebNavigator クライアント: ワイヤレス LAN を介した操作
ワイヤレス LAN を介した WebNavigator クライアントの操作は、SIMATIC Mobile Panel PC
12"でのみ認められています。
WebNavigator クライアント: Web クライアントの画面ウィンドウ
画面ウィンドウで画面名を変更した場合、この画面ウィンドウの[オブジェクト変更]イベント
は、WinCC 基本システムでは 1 回しか行われないのに対して、Web クライアント上では複
数回実行されます。 インターネット接続の非同期手順により画面ウィンドウオブジェクトの
複数のアップデートがトリガされる場合があるため、Web クライアントのこの機能はシステ
ムに関連したものになっています。 ただし、これにより機能には特に影響はありません。
WebNavigator クライアント: WinCC ServiceMode の WebNavigator サーバー上の WinCC
AlarmControl
初期状態
WebNavigator クライアントが、WinCC ServiceMode で作動している WeNavigator サーバー
と接続されている。
動作
サーバーの接頭辞を使用して接続されている WinCC V7 を使用するより前に、WinCC
AlarmControl を使用している場合、選択ダイアログを開くことはできません。
解決策
WinCC V7 以降に提供されている WinCC AlarmControl を使用します。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
35
WinCC/WebNavigator リリースノート
2.3 WebNavigator について
WebNavigator クライアント: Web クライアント上の WinCC Web ブラウザ-OCX
● Internet Explorer のインターネットオプションの[セキュリティ]タブで、[ActiveX コントロ
ールを許可]チェックボックスを有効にする必要があります。
● プロセス画面が、ActiveX コントロール「WinCC Web ブラウザ」を使用して Web クライ
アントに表示されていて、リンクがこれに選択されていると、リンク先のページを最初に
表示したときに[戻る]ボタンが機能しません。 2 度目にこのページを呼び出したときにの
み、このボタンは正しく機能します。 プロセス画面の切り替え後に、元の動作に戻りま
す。
● WinCC Web ブラウザ OCX は、静的な Web コンテンツまたは CHM ドキュメントをプロ
セス画面に表示します。 スクリプト機能によるコンテンツはサポートされていません。
WebNavigator クライアント: 診断ファイル"WebNavReconnnect.log"
Web クライアントのインストール後、診断ファイル"WebNavReconnnect.log"は"<ユーザー>
\Application Data\Siemens\SIMATIC.WinCC\WebNavigator\Client"ディレクトリに保存されま
す。 診断ファイルは、ユーザーに管理者権限が必要でなくなるように、各ユーザープロファ
イルに保存されます。 Windows Vista では、ディレクトリは"LocalLow"にあります。
WebNavigator Client V7.0 SP1: WebNavigator Server V6.2 SP2 以前との、Windows Vista SP1 での接
続
Windows Vista SP1 で Web Navigator クライアント V7.0 SP1 を Web Navigator サーバー
V6.2 SP2 以降へ接続するには、Web Navigator クライアント V7.0 SP1 の"UAC - ユーザーア
カウントコントロール"を無効にするか、または Internet Explorer の"保護モード"を無効にす
る必要があります。
WebNavigator クライアント: アドレスバーの内容
Web クライアントの操作中、Internet Explorer のアドレスバーに、オペレータに無関係で解
読不能な文字列が表示されます。 たとえば、"loadbalancing=no"というエントリが表示され
る場合がありますが、これは負荷バランスに関わるサーバーのステータス表示を表すもので
はありません。 ‌
Web クライアントをロギングする場合にのみ、サーバー名やポートなどの文字列を入力して
確認する必要があります。
WebNavigator クライアント: 複数のパワーユーザーのいるクライアント
パワーユーザーが WebNavigator クライアントの新しいバージョンをコンピュータにインス
トールすると、このコンピュータのすべての他のパワーユーザーも、新しいバージョンにア
ップグレードする必要があります。
これは他のパワーユーザーが異なるバージョンを使用する場合問題になることがあります。
これはあるサーバーのパワーユーザーが古いバージョンの WebNavigator に接続する場合も
同様です。
WebNavigator クライアント: アドレスリストへの直接入力によるログイン
Internet Explorer V6 用の Microsoft セキュリティパッチを使用して、ユーザー名とパスワー
ドをアドレスバーに入力しても、Web クライアントの登録はできません。
36
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator リリースノート
2.3 WebNavigator について
WebNavigator クライアント: 進行状況バーの[自動入力]エントリおよびリンク
Internet Explorer では、アドレスバーの入力が進行状況バーのリンクとして表示されたり、
アドレスバーの後続の[自動入力]エントリとして表示されます。 Web クライアントをロード
バランシングを使用している Web サーバーに登録するときに、Internet Explorer のこれらの
支援機能は確認なしに適用できません。
Web クライアントが最初にロードバランシングを使用している Web サーバーに登録され、
2 番目の Web サーバーに転送される場合、Internet Explorer の進行状況バーまたは[自動入
力]エントリには最初の Web サーバーのアドレスが表示されず、クライアントが転送された
2 番目の Web サーバーのアドレスが表示されます。 その後の Web クライアントの登録中
に、進行状況バーのリンクまたは[自動入力]エントリが確認なしで受け入れられると、この
Web クライアントは 2 番目の Web サーバーに登録されます。
WebNavigator クライアント: ProTool/Pro ソフトウェアのアンインストール
ProTool/Pro ソフトウェアが WebNavigator クライアントからアンインストールされると、
HMI シンボルライブラリコントロールの登録が解除されます。
WinCC WebNavigator クライアントを再インストールして、これらのコントロールへのアク
セスを回復します。
WebNavigator クライアント: 自動再接続に失敗する
Web クライアントと Web サーバーがファイアウォールまたはプロキシサーバー越しに接続
されている場合、通常の Web クライアントの登録に成功しても、自動再接続に失敗する場合
があります。 これは、Web クライアントが再接続中に ICMP ping を使用し、これがファイ
アウォールまたはプロキシサーバーにブロックされたことで起こる可能性があります。 この
種のエラーの場合、再接続中の Web クライアントによる ICMP ping の使用を無効にするこ
とができます。
[ICMP ping の無効化]オプションは、[設定|プロパティ Web クライアント|再接続]の下のク
ライアント ASP 端にあります。
WebNavigator クライアント: 「基本プロセスコントロール」を備えた WinCC コンピュータ
WinCC 基本プロセスコントロールがインストールされた WinCC コンピュータで
WebNavigator クライアントを使用する場合、
「WinCC 基本プロセスコントロール」プラグイ
ンを、Web クライアントにインストールする必要があります。 このプラグインがないと、
WinCC 基本プロセスコントロールの機能を使用できず、たとえば、関連する ActiveX コント
ロールやグループ表示が使用できなくなります。
プラグインは、Web サーバーの"<wincc_installation_path>\WebNavigator\Server\Web\Install
\Custom"ディレクトリにあり、WebNavigator インターフェースを使用して、ダウンロード
領域の[プラグインのダウンロード]で、ダウンロードできます。
サポートされているファンクションとサポートされていないファンクションについての説明
は、WinCC 情報システムの[オプション] > [プロセスコントロールのオプション] > [システム
概要のプロセスコントロールシステムオプション] > [PCS7 環境の設定] > [Web クライアン
ト]および[リリースノート] > [プロセスコントロールシステムオプション]にあります。
WinCC 基本プロセスコントロールがインストールされている専用 Web サーバーに、
WebNavigator クライアントをインストールする場合、「基本プロセスコントロール」プラグ
インを、Web クライアントのインストールの直後に、インストールする必要があります。 こ
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
37
WinCC/WebNavigator リリースノート
2.3 WebNavigator について
のプラグインのダウンロードページが表示され、プロセス画面表示用のプラグインをインス
トールする場合のみ、このページを終了できます。
PCS7 OS への接続中にサポートされている WebNavigator クライアントの機能の詳細につい
ては、PCS7 のドキュメントを参照してください。 WebNavigator クライアント: "GCreateMyOperationMsg"ファンクション
の"FLAG_COMMENT_DIALOG"
Web クライアントは、"GCreateMyOperationMsg"ファンクション
の"FLAG_COMMENT_DIALOG"パラメータをサポートしていません。
カスタムの ActiveX コントロール(Industrial X)
カスタム ActiveX コントロール(Industrial X)については、WinCC 基本システム、Web
Navigator サーバーおよび Web Navigator クライアントとの互換性が保証される必要があり
ます。 これは、WinCC、Web サーバーまたは Web クライアントがインストールされている
コンピュータへの ActiveX コントロールの直接インストール、および Web クライアントなど
のプラグインを使用したインストールの両方に当てはまります。
● このため直接インストールの場合、ActiveX コントロールを、WinCC 基本システム、Web
サーバーまたは Web クライアントよりも前にインストールする必要があります。 このス
テップ後、カスタム ActiveX コントロールでエラーが発生する場合は、互換性がありませ
ん。 ● カスタム ActiveX コントロールがプラグインにパッケージされて、ダウンロードによって
インストールされた場合、WinCC 基本システム、Web サーバーまたは Web クライアン
トのアップグレードでも、この ActiveX コントロールを使った新しいプラグインを生成す
る必要があります。 プラグインを生成する際には、互換バイナリ(DLL、OCX など)を使
用するように注意する必要があります。
Windows XP の WebNavigator Web ページ
Windows XP Professional 環境では、"Internet Information Service"(IIS)機能を含むスタンドア
ロン Web ページを削除できません。 Web コンフィグレータを使用して Web サーバーにス
タンドアロン Web ページを作成した場合、このページを削除して、その代わりに
WebNavigator の Web ページを仮想ディレクトリとして作成することはできません。 ‌
同様に、Windows XP Professional 環境では、各 Web ページに個別にポートが割り付けられ
ている場合でも、有効な Web ページは 1 つのみです。 デフォルトの Web ページが必要な場
合、同時にスタンドアロン WebNavigator Web ページを有効にすることはできません。
ただし、以下のコマンドラインを呼び出して、スタンドアロン WebNavigator Web ページを
削除できます。 このコマンド行を呼び出す前に IIS のコンソールを終了します。
"<wincc インストールパス>\WebNavigator\Server\bin\WinCCWebConfigurator.exe"
deinstall="yes"
次に、IIS コンソールで、デフォルトの Web ページなど必要な Web ページを開始します。
38
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator リリースノート
2.4 サービスとサポート
Web クライアントから WinCC flexible [email protected] Service サーバーへのアクセス
WebNavigator クライアントが WinCC flexible [email protected] Service サーバーにアクセスすると予
測される場合、他の WinCC WebNavigator サーバーと同じように Web ナビゲーションイン
ターフェースで[サーバーの変更]機能を使うと、簡単にアクセスできます。
SIMATIC Logon
WebNavigatorV7.0 SP1 は、SIMATIC Logon V1.4 SP1 をサポートします。
次の制約が適用されます。
● オペレータが複数のユーザーグループのメンバである場合、開始画面が設定されているグ
ループが任意に選択されます。 どのグループを選択するか設定することはできません。
オペレータがメンバであるすべてのグループのオーソリゼーションが要約されます。
● ログインダイアログでは、ユーザー名の前にドメインを付ける必要があります。 構文
"<domain>\<username>"。
● クライアントセッション中にパスワードの期限が切れても Web クライアントの操作には
影響ありません。
● パスワードは、Web サーバー上でのみ変更できます。 Web クライアント上でパスワード
を変更することはできません。
● スクリプトや ODK 機能は SIMANTIC ログインではサポートされていません。
2.4
サービスとサポート
2.4.1
警告
安全注意事項
このマニュアルには、人身事故や物損を避けるために注意する必要のあることが記載されて
います。 本書では、身体の安全に関わる注意事項が、安全警戒シンボルで強調表示されてい
ます。物的損害のみに関わる注意書きには、安全警戒シンボルはありません。 危険度に応じ
て、警告が以下のように降順で表示されます。
危険
安全対策が守られていない場合、重大な人身事故や死につながることがあります。
警告
安全対策が守られていない場合、重大な人身事故や死につながることがあります。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
39
WinCC/WebNavigator リリースノート
2.4 サービスとサポート
注意
安全対策が守られていない場合、軽い人身事故につながることがあります。
注意
安全対策が守られていない場合、物損につながることがあります。
通知
手順に従わない場合、好ましくない結果になることがあります。
注記
製品、製品の扱い、文書の各項目の使用に関する重要情報で、特に注意していただきたい部
分です。
複数の危険度が発生する場合、警告は高い方の危険度を常に表示します。 三角の警告印が人
身事故を示す場合、同じ警告がまた物損も意味する場合があります。
有資格者
該当する機械/システムの設定や操作は、この文書を使用して、有資格者のみが行ってくださ
い。 デバイス/システムのコミッショニングや操作は、有資格者のみが行ってください。 本
文書中の安全説明に関する有資格者とは、機械、システム、電気回路の操作、接地、マーク
を、安全規格に従って行う許可を有する人物を指します。
正しい使用
以下を遵守してください。
警告
機械は専門的説明に記載されているアプリケーション事例にのみ使用できます。また使用
できるのは、Siemens に推奨および/または承認されるサードパーティのデバイスおよび構
成要素の組み合わせのみです。 速やかで安全な操作には、正しい運搬、保管、インストー
ル、組み立てと共に、注意深い操作や保守が必要です。
ブランド
商標記号®の付いた名称はすべて Siemens AG の登録商標です。 本文書に記載されるその他
の名称は、サードパーティが独自の目的に使用した場合、所有者の権利を侵害する可能性が
ある商標である場合があります。
40
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator リリースノート
2.4 サービスとサポート
免責事項
当社では、説明内容が該当するハードウェアおよびソフトウェアに一致することを、確認し
ています。 それでもなお、発生する可能性のある逸脱については、責任を負いかねます。 本
説明に記載される詳細は、定期的に確認され、その後の版で必要な修正を行っています。 改
善のご意見があれば是非お寄せください。
オンライン文書の記述は、マニュアルや PDF ファイルの記述よりも拘束力のあるものになっ
ています。
リリースノートおよびインストールに関する注意事項に従ってください。 このリリースノー
トおよびインストールに関する注意事項の情報は、法的な有効性においてマニュアルおよび
オンラインヘルプの情報より優先度が高くなっています。
Copyright © Siemens AG 2008
Änderungen vorbehalten / All rights reserved
本文書のすべてまたは一部を譲渡、複製、評価、伝達することは、明示的に承認されている
場合を除き、禁じられています。 この規則に違反した場合は、損害賠償請求の対象になる場
合があります。 特に認可パートナまたは GM 登録者に対し、無断転写および複製を禁じま
す。
Siemens AG
オートメーションおよびドライブ
SIMATIC ヒューマンマシンインターフェース
P.O. Box 4848
D-90327 Nürnberg, Germany
2.4.2
カスタマーサポート
カスタマーサポートおよび技術サポート
世界中のどこからでも常時アクセスできます! SIMATIC ホットラインで使用される言語は、
ドイツ語と英語です。 オーソリゼーションホットラインサポートはフランス、イタリア、ス
ペインでも利用可能です。
技術サポート
ニュルン (グリニッジ標準時+1:00)
ベルク
受付時間 月曜日~金曜日、7:00 AM ~ 5:00 PM (現地時間)
(ドイツの陸上電話線から 0.14 €/
電話
+49 (180) 5050-222
分)、 ‌
携帯電話料金は異なります。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
41
WinCC/WebNavigator リリースノート
2.4 サービスとサポート
ファック +49 (180) 5050-223
ス
電子メー http://www.siemens.com/automation/support-request (http://www.siemens.com/
automation/support-request)
ル
SIMATIC カスタマーサポートオンラインサービス
SIMATIC 製品
SIMATIC 製品についての詳細は、以下の URL にアクセスしてください。
● http://www.siemens.de/simatic (http://www.siemens.com/simatic)
製品情報およびダウンロード
アプリケーションに役に立つ最新製品情報およびダウンロードを、以下の URL または BBS
からインターネットで入手できます。
● http://www.siemens.de/automation/service&support (http://
support.automation.siemens.com/WW/llisapi.dll?func=cslib.csinfo2&aktprim=99&lang=en)
お問合せ先データベース
最寄の代理店にお問い合わせいただくには、下記の URL にある問合せ先データベースを検索
してください。
● http://www.automation.siemens.com/partner/index.asp (http://
www.automation.siemens.com/partner/index.asp?lang=en)
SIMATIC 製品技術文書
各 SIMATIC 製品およびシステムの技術文書ガイドは、以下の URL で入手できます。
● http://www.siemens.de/simatic-tech-doku-portal (http://www.automation.siemens.com/
simatic/portal/html_76/techdoku.htm)
● http://www.siemens.com/simatic-tech-doku-portal (http://www.siemens.com/simatic-techdoku-portal)(英語)
WinCC に関する最新情報
SIMATIC WinCC
WinCC 製品についての詳細は、以下の URL にアクセスしてください。
● http://www.siemens.de/wincc (http://www.automation.siemens.com/hmi/html_76/products/
software/wincc/index.htm)
● http://www.siemens.com/wincc (http://www.siemens.com/wincc)(英語)
42
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator リリースノート
2.4 サービスとサポート
WinCC オンラインサポートおよび FAQ
FAQ (よくある質問)や交換パーツ、および使用時のヒントなどに関する情報の WinCC オン
ラインサポートについては、以下のインターネットを参照してください。
● http://support.automation.siemens.com/WW/view/de/10805548/133000 (http://
support.automation.siemens.com/WW/view/en/10805548/133000)
● http://www.siemens.com/automation/csi/faq (http://www.siemens.de/automation/csi/faq)
ここでは、ファームウェアの更新、サービスパック、および役に立つユーティリティなどを
入手できます。
下記も参照
技術サポート:電子メール (http://www.siemens.com/automation/support-request)
インターネット:SIMATIC プロジェクト (http://www.siemens.com/simatic)
インターネット:製品情報およびダウンロード (http://support.automation.siemens.com/WW/
llisapi.dll?func=cslib.csinfo2&aktprim=99&lang=en)
インターネット:お問合せ先データベース (http://www.automation.siemens.com/partner/
index.asp?lang=en)
インターネット:SIMATIC 製品技術文書 (http://www.automation.siemens.com/simatic/portal/
html_76/techdoku.htm)
インターネット:WinCC に関する情報 (http://www.automation.siemens.com/hmi/html_76/
products/software/wincc/index.htm)
インターネット:WinCC オンラインサポート (http://support.automation.siemens.com/WW/
view/en/10805548/133000)
インターネット:WinCC FAQ (http://www.siemens.de/automation/csi/faq)
インターネット(英語):SIMATIC 製品技術文書 (http://www.siemens.com/simatic-tech-dokuportal)
インターネット(英語):WinCC に関する情報 (http://www.siemens.com/wincc)
2.4.3
サポート依頼
お客様へ
迅速で効果的なサポートを提供させていただくために、エラーレポートをオンラインでご記
入ください。 できるだけ詳細をご説明ください。 エラーを再現し、回答時間を短縮するため
に、プロジェクトデータをできるだけすべてご提供ください。 エラーレポートに記入する前に、お客様の設定された量的構造が、テスト済みの量的構造の
範囲内にあるかどうかを、確認してください(トピック「パフォーマンスデータ」を参照)。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
43
WinCC/WebNavigator リリースノート
2.4 サービスとサポート
エラーレポートフォーム
エラーレポートフォームは、以下の URL で入手できます。
● http://www.siemens.com/automation/support-request (http://www.siemens.com/
automation/support-request) レポートへの記入はいくつかの手順を通してご案内し、その中で必要な情報をすべてお尋ね
します。
手順
1. インターネットのリンクを利用して"Support Request"フォームを開きます。 ステップ 1
"製品選択"が表示されます。
2. [製品/注文番号]ボックスにプロジェクト名を入力します。 大文字/小文字は関係ありませ
ん。
製品名の一部を検索するか、完全な製品名を正しい順序で入力します。 たとえば、次の
ような言葉で検索します。
- "WinCC Runtime"
- "WinCC DataMonitor"
- "wincc webnavigator"
- "Connectivity"
見つかった製品が[製品選択]フィールドに表示されます。
3. 希望する製品を選択して[次へ]をクリックし、ステップ 2 "使用事例"に移ります。
4. 使用事例を選択するか、[その他の使用事例]フィールドにお客様独自の使用事例を記述し
てください。
5. [次へ]を押して、ステップ 3 "お勧めするソリューション"に移ります。
選択したキーワードに関して推奨されるソリューションと FAQ が一覧表示されます。 [お
使いになる検索語]フィールドの検索語は、どのようにでも修正できます。
ご自分の問題に合った推奨ソリューションが見つかったら、ブラウザでフォームを閉じる
ことができます。
適用可能な推奨ソリューションが見つからなかった場合、[次へ]を押してステップ 4 "問題
の説明"に移ります。
6. [詳細フィールドに、問題をできるだけ正確に記述してください。
以下の質問とコメントに特に注意してください。 また以下に関する WinCC インストール
および設定をチェックしてください。
エラーの原因が思い当たる場合は、お知らせください。 重要とは思われないような小さ
なことでも、もらさずに説明してください。
- 設定データを古い WinCC バージョンで作成されましたか?
- どのようにすればエラーを再現できますか?
- 他のプログラムが、WinCC と同時に動作していましたか?
- スクリーンセーバー、ウィルスチェック、電源管理ファンクションを無効化しています
か?
- コンピュータでログファイル(WinCC\Diagnose\*.log、drwatson.log、drwtsn32.log)を
検索してください。 これらのログファイルがエラー分析に必要です。 そのため、これら
のログファイルも必ず送信してください。
7. [検索]ボタンを使用して、影響のあるプロジェクトとログファイル(例えば Zip ファイル
で)をエラーレポートにアップロードしてください。
[次へ]を押して、ステップ 5 "問合せ先情報の提供"に移ります。
44
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator リリースノート
2.4 サービスとサポート
8. お客様の連絡先情報を入力してください。
プライバシーに関する告知をお読みになり、お客様の個人データを永続的に保存しておく
かどうかを選択してください。
[次へ]を押して、ステップ 6 "要約および送信"に移ります。
9. エラーレポートを印刷するには、[印刷]ボタンを押します。
[送信]ボタンをクリックして、エラーレポートを閉じます。
データがカスタマサポートに転送され、そこで処理されます。
ご協力ありがとうございます。 問題解決のお手伝いができれば幸いです。
WinCC チーム
下記も参照
エラーレポート (http://www.siemens.com/automation/support-request)
2.4.4
サポート
操作および問題についての問い合わせ
操作中に問題が起きた場合は、直接弊社までお問い合わせください。
オートメーションおよびドライブに関して最寄の代理店にお問い合わせいただくには、下記
の URL にある問合せ先データベースを検索してください。
● http://www.automation.siemens.com/partner/index.asp (http://
www.automation.siemens.com/partner/index.asp)
お問い合わせの際は、添付ソフトウェア製品証明書に記載されたソフトウェア識別番号をお
手元にご用意ください。
オーソリゼーションをなくしたり、オーソリゼーションに欠陥がある場合は、カスタマサポ
ートによる電話による「修理」が可能な場合もあります。
詳しくは[カスタマサポート]の連絡先をご覧ください。
インターネット/ World Wide Web (WWW)
WinCC に関する一般情報については、以下のインターネットを参照してください。
● http://www.siemens.de/wincc
WebNavigator のデモプロジェクトは、 http://wincc.de にあります。
ユーザーへの追加情報(よくある質問/ヒントとコツ)については、以下のアドレスを参照して
ください:
● http://www.siemens.de/automation/service&support
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
45
WinCC/WebNavigator リリースノート
2.4 サービスとサポート
下記も参照
インターネット: 担当者データベース (http://www.automation.siemens.com/partner/
index.asp)
46
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3
リソース
3.1
WebNavigator - ご使用にあたって
3
内容
WinCC オプションパッケージ"WinCC Web Navigator"を使用すれば、イントラネット/インタ
ーネットを使用して"制御と監視"に関するソリューションを開発できます。 これにより、
WinCC の標準手法を使用して、インターネットやイントラネット経由でオートメーションシ
ステムの制御や監視機能を簡単に迅速に配布することができます。 "WinCC Web Navigator"で
は、最新のインターネットセキュリティ方法をサポートしており、作業の役に立つウイザー
ドが装備されています。
このセクションでは、以下について説明します:
● WinCC Web Navigator のインストール方法
● Web Navigator サーバーのセットアップ方法
● 最初の Web プロジェクトの設定方法と起動方法
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
47
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
3.2
概要
WinCC Web Navigator にようこそ
WinCC は、システムコントロールソフトウェアをオートメーションプロセスと完全に統合し
た市場初の IHMI (Integrated Human Machine Interface)ソフトウェアです。 WinCC のユーザ
ーフレンドリなコンポーネントであるため、問題なく新規アプリケーションまたは既存のア
プリケーションと統合できます。
Web Navigator パッケージは、サーバーコンピュータ上にインストールする特殊 WinCCWeb
Navigator サーバーコンポーネント、およびインターネットコンピュータ上で実行する WinCC
Web Navigator クライアントコンポーネントで構成されます。
WinCC Web Navigator クライアントで表示される画面は、通常の WinCC システムの場合と
同じようにコントロールできます。 この結果、世界のどの場所からでも、サーバーコンピュ
ータ上で実行されているプロジェクトをコントロールできます。
3.3
インストールの概要
インストールの概要
インストールするには次の必要条件に適合している必要があります。
● リリースされた Windows オペレーティングシステムがインストールされていること。
● WinCC Basic がインストールされていること。
WebNavigator のハードウェアとソフトウェアの前提条件に関する詳細は、[WinCC Web
Navigator - ドキュメンテーション]>[前提条件]>[ハードウェアとソフトウェア]トピックを参
照してください。
WinCC のインストールの詳細については、WinCC ドキュメンテーションを参照してくださ
い。
3.4
はじめての Web プロジェクト
3.4.1
はじめての Web プロジェクト
この章は、WinCC DVD にある"WebDemoProject"プロジェクトに基づいています。
このプロジェクト例では、同じコンピュータ上に WinCC WebNavigator サーバー、WinCC、
および WinCC WebNavigator クライアントがインストールされています。 WinCC プロジェ
クトに変更を加える場合、サーバーコンポーネント(WinCC および WinCC WebNavigator サ
ーバー)を使用します。 Internet Explorer でプロジェクトにアクセスする場合、クライアント
コンポーネント(WinCC WebNavigator クライアント)を使用します。
この章では、以下の手順について説明します。
● WebNavigator サーバーの設定
● WinCC WebNavigator クライアント上で実行できるプロセスピクチャの発行
48
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
● ユーザー管理
● Internet Explorer の設定
● WinCC WebNavigator クライアントのインストール。
● プロセス画面の新規作成
下記も参照
ステップ 11: プロセス画面の新規作成 (ページ 74)
テップ 9: WinCC/Web Navigator クライアントのインストール (ページ 68)
ステップ 8: Internet Explorer の設定 (ページ 66)
ステップ 7: WinCC User Administrator (ページ 64)
ステップ 5: Web View Publisher の起動 (ページ 58)
テップ1: "WebDemoProject"プロジェクトの起動 (ページ 49)
3.4.2
WinCC/Web Navigator サーバーの設定
3.4.2.1
テップ1: "WebDemoProject"プロジェクトの起動
WinCC DVD からご使用のコンピュータのハードディスクに WinCC プロジェク
ト"WebDemoProject"をコピーします。
画面のプロンプトに従います。
Windows の[スタート]メニューから[SIMATIC] > [WinCC] > [Windows コントロールセン
ター]の順に選択して、WinCC を起動します。
[WebDemoProject]を開きます。
ダイアログが表示されます。このダイアログの[ローカル形式でサーバーを起動]をクリ
ックします。
このプロジェクトを実行できるのは、コンピュータリストに使用可能なサーバーとしてコン
ピュータが入力されている場合に限ります。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
49
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
WinCC Explorer のプロジェクトナビゲーションウィンドウで[コンピュータ]を右クリッ
クすると、ポップアップメニューが表示されます。このポップアップメニューの[プロパテ
ィ...]メニューコマンドを選択します。
[プロパティ]ボタンをクリックして、選択したコンピュータのプロパティを編集します。
[コンピュータ名]フィールドに、コンピュータの名前を入力します。
[OK]をクリックします。
プロジェクトを再起動しないと変更は有効になりません。
[ファイル] > [終了]の順に選択して[WebDemoProject]を閉じます。
[WebDemoProject]を再度開きます。
ランタイムを開始するには、[ファイル] > [有効]の順にクリックします。[有効]の隣にチェッ
クマークが表示されると、ランタイムが有効になっていることを示します。
または、WinCC エクスプローラのツールバーに表示されている[有効]ボタンを使用すること
もできます。
下記も参照
ステップ 2: WinCC Web コンフィグレータ (ページ 51)
50
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
3.4.2.2
ステップ 2: WinCC Web コンフィグレータ
WinCC エクスプローラのナビゲーションウィンドウで[Web Navigator]を右クリックし
ます。
ショートカットメニューで、[Web コンフィグレータ]オプションをクリックします。
[次へ]をクリックします。
下記も参照
ステップ 3: 標準 Web サイトの定義 (ページ 52)
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
51
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
3.4.2.3
ステップ 3: 標準 Web サイトの定義
初めて WinCC Web コンフィグレータを起動すると、ダイアログウィンドウが開いて、選択
肢を 2 つ表示します。
[標準 Web サイトの新規作成(スタンドアロン)]を選択します。[次へ]をクリックします。
52
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
Web サイトの名前として"WebNavigator"と入力します。 選択フィールドから IP アドレ
スを選択します。
標準 Web サイトとして"WebClient.asp"を選択します。[次へ]をクリックします。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
53
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
[Windows-ファイアウォール]を選択してファイアウォールを設定します。
54
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
[詳細]タブの[LAN 接続]を選択します。 [設定]をクリックします。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
55
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
"Webserver (HTTP)"を起動します。 [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じま
す。 [OK]をクリックして[Windows ファイアウォール]ダイアログを閉じます。
[完了]ボタンをクリックして設定を完了します。
下記も参照
ステップ 4: 有効な Web サイトのチェック (ページ 57)
56
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
3.4.2.4
ステップ 4: 有効な Web サイトのチェック
インターネットインフォメーションサービスを有効にします。 この操作をするには、
[プログラム]>[管理]>[インターネットインフォメーションサービス]の順に選択します。
ナビゲーションウィンドウでコンピュータを選択します。 Windows XP では、"Websites"
サブフォルダも選択する必要があります。 データウィンドウに、対応する Web サイトが表
示されます。 Web サイトに応じて表示される情報をチェックします。 必要な Web サイト、
たとえば"WebNavigator"の隣に[停止]と表示されている場合、この Web サイトを起動する必
要があります。 Web サイトを起動するには、該当する Web サイトを右クリックしてショー
トカットメニューを表示した後、このポップアップメニューで[起動]メニューコマンドを選択
します。
ダイアログを閉じます。
これで、Web サイトが有効になりました。
下記も参照
ステップ 5: Web View Publisher の起動 (ページ 58)
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
57
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
3.4.3
プロセス画面の発行
3.4.3.1
ステップ 5: Web View Publisher の起動
WinCC エクスプローラのナビゲーションウィンドウで[Web Navigator]を右クリックし
ます。
ショートカットメニューで、[Web View Publisher]オプションをクリックします。
[次へ]をクリックします。
下記も参照
ステップ 6: 画面の発行 (ページ 59)
58
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
3.4.3.2
ステップ 6: 画面の発行
WinCC プロジェクトの画面フォルダ、および Web アクセス用フォルダは通常適切に設
定されています。
WinCC プロジェクトフォル ...project path\ project name
ダへの
Web アクセス用フォルダ
...project path\ project name\WebNavigator
[次へ]をクリックします。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
59
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
[>>]をクリックして、ファイルをすべて選択します。
[次へ]をクリックして、次のダイアログに進みます。
60
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
[>]を使用して、発行する C プロジェクト関数を選択します。
[次へ]をクリックして、次のダイアログに進みます。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
61
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
このダイアログで、発行するプロセス画面(*.PDL)で参照するグラフィック(たとえば、
ビットマップ)を選択します。
[次へ]をクリックして、次のダイアログに進みます。
62
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
[完了]をクリックして、Web サイトに画面を発行します。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
63
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
発行が完了したら、ダイアログボックスが表示されます。 [OK]をクリックして確認しま
す。 [完了]をクリックしてウィザードを閉じます。
下記も参照
ステップ 7: WinCC User Administrator (ページ 64)
3.4.3.3
ステップ 7: WinCC User Administrator
WinCC エクスプローラのナビゲーションウィンドウで[User Administrator]を右クリック
します。
ポップアップメニューが表示されます。 このショートカットメニューの[開く]メニュー
コマンドを選択します。
64
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
をクリックして、ユーザーを新規作成します。
[新規ユーザーの設定]ダイアログに、必要なデータを入力します。
[OK]をクリックして入力を確定します。
User Administrator のナビゲーションウィンドウで、必要なユーザーを強調表示します。
初期画面の定義
テーブルウィンドウで[Web Navigator]チェックボックスをオンにします。 [Web オプシ
ョン]エリアが表示されます。 [初期画面]フィールドの[...]ボタンをクリックします。 MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
65
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
ダイアログボックスが表示されます。このダイアログで、適切な初期画面を選択します。
たとえば、[WinccPic.PDL]を選択し、[OK]をクリックします。
言語の定義
[言語]フィールドの[...]ボタンをクリックします。
適切な言語を選択します。たとえば、[英語(アメリカ)]を選択し、[OK]をクリックしま
す。
注記
WinCC にインストールされている言語以外選択できません。
権限の定義
User Administrator のナビゲーションウィンドウで、必要なユーザーを強調表示します。
テーブルウィンドウで[オーソリゼーション]列をダブルクリックして、必要な権限を選
択します。
ユーザごとに、上記各ステップを繰り返します。
下記も参照
ステップ 8: Internet Explorer の設定 (ページ 66)
3.4.4
Web プロジェクトへのクライアントアクセス
3.4.4.1
ステップ 8: Internet Explorer の設定
Internet Explorer で、[ツール]>[インターネットオプション]をクリックします。
[セキュリティ]タブを選択します。 対応するゾーンを選択します。 たとえば、[ローカル
イントラネット]または [インターネット]を選択します。
66
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
[レベルのカスタマイズ]をクリックします。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
67
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
[スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロール]および[署名
済み ActiveX コントロールのダウンロード]の各[有効化]ラジオボタンをクリックします。
[OK]をクリックします。
[インターネットオプション]ダイアログボックスの[適用]をクリックします。
[OK]をクリックします。
これで、Internet Explorer で必要な設定がすべて完了しました。
下記も参照
テップ 9: WinCC/Web Navigator クライアントのインストール (ページ 68)
3.4.4.2
テップ 9: WinCC/Web Navigator クライアントのインストール
Internet Explorer のアドレスフィールドに、WinCC Web Navigator サーバーのアドレス
を入力します。 たとえば、"http://<サーバー名>"と入力し、"Enter"キーを押します。
ユーザー名とパスワードを入力するよう求められます。たとえば、Snoopy と入力しま
す。
68
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
[OK]をクリックして入力を確定します。
初めて WinCC Web Navigator サーバーにアクセスしている場合には、次のページが表示され
ます。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
69
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
[インストールするにはここをクリックしてください]リンクをクリックして、プログラ
ムをクライアントコンピュータにコピーします。
70
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
[保存]ボタンをクリックします。 次のダイアログで、Web Navigator クライアントのセ
ットアップファイルを保存するディレクトリを選択します。 Internet Explorer を開いたままにして、Windows Explorer を開きます。 セットアップフ
ァイルが保存されたフォルダに移動して、セットアップファイルをダブルクリックして開始
します。
Web Navigator クライアントのセットアップを開始した後にファイルが解凍されます。
[次へ]をクリックします。
[ライセンス同意]ダイアログで[ライセンス同意事項を受け入れる]をオンにします。[次
へ]をクリックします。
[ユーザー情報]ダイアログに、ユーザー名と会社名を入力します。 アプリケーションを
インストールする人を選択します。例: [このコンピュータの使用者(すべてのユーザー)][次へ]
をクリックします。
[セットアップタイプ]ダイアログで[完了]を選択して、Web Navigator クライアントのコ
ンポーネントをインストールします。[次へ]をクリックします。
次のダイアログで[インストール]ボタンをクリックします。
[インストールウィザードの完了]ダイアログで[終了]ボタンをクリックします。
WinCC Web Navigator クライアントソフトウェアのインストールが正常終了すると、クライ
アントはランタイムプロジェクトに接続されます。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
71
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
注記
セットアップファイルを保存するようお勧めします。 クライアントコンピュータを再起動
する必要がある場合に、セットアップファイルをダウンロードし直す必要がなくなるためで
す。 ‌
Web Navigator クライアントのインストール中にエラーメッセージが表示され、プロセスが
キャンセルされた場合、トピック「インストールとアンインストール」を参照して、ハード
ウェアおよびソフトウェア条件を満たしているかどうか確認してください。
下記も参照
ステップ 10: Web プロジェクト (ページ 72)
3.4.4.3
ステップ 10: Web プロジェクト
ユーザー識別に対応する初期画面が表示されます。
ユーザー"Snoopy"の場合、初期画面として"WinccPic.pdl"が定義されています。
[OK]をクリックして、このダイアログを確定します。
72
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
たとえば、入力フィールドに値 50 を入力すると、"WebDemoProject"のタンクの充填レ
ベルがこれに対応して変化します。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
73
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
下記も参照
ステップ 11: プロセス画面の新規作成 (ページ 74)
3.4.5
新規プロセス画面
3.4.5.1
ステップ 11: プロセス画面の新規作成
WinCC Explorer のナビゲーションウィンドウで[グラフィックデザイナ]をクリックした
後、データウィンドウで[WinccPic.pdl]画面を右クリックします。
ショートカットメニューで[画面を開く]メニューオプションを選択します。
74
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
トレンドウィンドウの作成
オブジェクトパレットの[コントロール]タブを選択した後、[WinCC オンライントレンド
コントロール]を選択します。
クィック設定ダイアログの[全般]タブに、トレンドウィンドウのタイトルとし
て"FillLevelTrend"と入力します。
[トレンド]タブを選択します。
トレンド名として"FillLevel "と入力します。
[選択]ボタンをクリックします。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
75
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
[アーカイブ/タグの選択]ダイアログの右側に表示されている[FillLevelArchive]をダブルクリッ
クします。
[アーカイブ/タグの選択]ダイアログの右側に表示されている[FillLevelArch]タグをクリッ
クします。
[OK]をクリックして入力を確定します。
テーブルウィンドウの作成
オブジェクトパレットの[コントロール]タブを選択した後、[WinCC オンラインテーブル
コントロール]を選択します。
テーブルウィンドウのタイトルとして"FillLevelTable"と入力します。
WinCC オンラインテーブルコントロールの[列]タブで、WinCC オンライントレンドコントロ
ールの[トレンド]タブで実行したのと同じステップを繰り返します。
[OK]をクリックして、入力を確定します。
[アラームメッセージ]ウィンドウの作成
オブジェクトパレットの[コントロール]タブを選択した後、[WinCC アラームコントロー
ル]を選択します。
クィック設定ダイアログボックスに、メッセージウィンドウのタイトルとして"Water
Supply Atlanta "と入力します。
[表示]チェックボックスを有効にします。
[OK]をクリックして、入力を確定します。
名前"WinccPic1.pdl"を付けて画面を保存し、グラフィックデザイナを終了します。
下記も参照
ステップ 12: プロセス画面の発行 (ページ 76)
3.4.5.2
ステップ 12: プロセス画面の発行
WinCC エクスプローラのナビゲーションウィンドウで[Web Navigator]を右クリックし
ます。
ショートカットメニューで、[Web コンフィグレータ]オプションをクリックします。
[画面の選択]ダイアログボックスで[WinccPic1.pdl]を選択します。
[完了]ボタンをクリックして操作を完了します。
76
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
注記
変更した各画面は、"Web View Publisher"を使用して再変換する必要があります。
[WinCC ユーザー管理者]を開き、たとえば、ユーザ"Snoopy"の新規開始画面とし
て"WinccPic1.pdl"を設定します。 [User Administrator]を再度閉じます。
WinCC Explorer で[表示|更新]を使用して、[プロジェクト]ウィンドウを更新します。
下記も参照
ステップ 13: Web クライアントのプロセス画面 (ページ 77)
3.4.5.3
ステップ 13: Web クライアントのプロセス画面
Internet Explorer を起動します。
たとえば、ユーザー名"Snoopy"とそのパスワードを使用してログインします。
[OK]をクリックして確定します。
すべて適切に設定されている場合、次の画面が表示されます。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
77
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.4 はじめての Web プロジェクト
入力フィールドに新しい値を入力します。
これに対応して、("WebDemoProject"などで)"WinCC オンライントレンドコントロール/テー
ブルコントロール"の表示が変更されます。
78
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator のご使用にあたって
3.5 トラブルシューティング
注記
プロジェクトでこれより複雑なファンクションまたはスクリプトを使用する場合には、
WinCC Web Navigator ドキュメンテーションの対応する章で概説されている制限などを考
慮します。
下記も参照
トラブルシューティング (ページ 79)
3.5
トラブルシューティング
画面が表示されません。
WinCC Web Navigator サーバーコンピュータ上で、"WebNavigator" Web サイトが有効にな
っているかどうかチェックします。
● [プログラム|管理|インターネットインフォメーションサービス]の順に選択して、インター
ネットインフォメーションサービスを有効にします。 "WebNavigator"の情報をチェック
します。 [停止]と表示されている場合には、Web サイトを起動する必要があります。 Web
サイトを起動するには、該当する Web Navigator を右クリックしてショートカットメニュ
ーを表示した後、このポップアップメニューで[起動]メニューコマンドを選択します。
開始画面が更新されません。
Internet Explorer で表示される開始画面が、編集した画面と一致しません。 これは、Internet
Explorer が、その一時記憶領域に、直前の開始画面を保存しているからです。
● Web View Publisher を起動して、インターネットで新規画面を使用可能にします。
● [ツール|インターネットオプション]の順に選択して、Internet Explorer の一時インターネ
ットファイルを削除します。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
79
WinCC/WebNavigator 文書
4
リソース
4.1
ファンクション概要
4
はじめに
最近、インターネットが急速に発達し産業の発展に大きな影響を及ぼしています。 現在のイ
ンターネットブームの重要な要因の 1 つとして、World Wide Web (WWW)インターネットサ
ービスの発達が挙げられます。
グラフィカルユーザーインターフェースのあるブラウザアプリケーションを使用すれば、簡
単に Web にアクセスして、Web 内を移動できます。 マウスボタンをクリックするのみで、
地理的境界を越えることができます。
WinCC 基本システム V6.0 以降に対応した WinCC WebNavigator オプションパッケージを使
用すれば、イントラネット/インターネットを使用してプロセスをコントロールおよびモニタ
するソリューションを開発できます。 このオプションパッケージ、および WinCC の標準ツ
ールを使用すれば、プラントの HMI ファンクションを配布する新しい方法、つまりイントラ
ネット/インターネットを実現できます。 WinCC Web Navigator では、最新のインターネッ
トセキュリティ方式をサポートしており、作業の役に立つウイザードが装備されています。
WinCC WebNavigator で使用される通信メカニズムでは、強力な最適化されたイベント駆動
型データ伝送方式が使用されているため、イントラネット/インターネットで最高のパフォー
マンスを発揮します。
WinCC WebNavigator ユーザーインターフェイスは各種 Web ファンクションを組み合わせて
おり、ユーザーは分かりやすいフォーマットで使用できます。 ユーザーは、ナビゲーション
インターフェースの内容を拡張できます。 ナビゲーションインターフェースにより、インス
トールした DatMonitor コンポーネントも表示されます。
WinCC WebNavigator パッケージは、サーバーコンピュータにインストールする特殊サーバ
ーコンポーネント、およびイントラネット/インターネットでクライアントコンピュータにイ
ンストールするクライアントコンポーネントで構成されます。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
81
WinCC/WebNavigator 文書
4.1 ファンクション概要
いわゆる「シンクライアント」である WinCC Web クライアントは、開いているインターネ
ットブラウザから、実行中の WinCC プロジェクトをコントロールおよびモニタできます。
WinCC 基本システム全体をクライアントコンピュータ上にインストールする必要はありませ
ん。
このため、WinCC Web Navigator を使用すれば、高い費用対効果で、クライアントサーバー
システムのネットワークをイントラネット/インターネットに拡張できます。 プロジェクトと
関連 WinCC アプリケーションはサーバーコンピュータ上に配置されます。 これにより、ク
ライアントコンピュータ上の表示コンポーネントとサーバーコンピュータ上で実行している
WinCC プロジェクトは明確に区別されます。 つまり、保守や診断目的などのために、オペ
レータステーションを簡単に設定できます。
WinCC Web Navigator クライアントのソフトウェアは、さまざまな方法でインストールでき
ます。 通常は DVD を使用しますが、イントラネット/インターネット経由の自己解凍ファイ
ル、あるいはグループガイドラインに基づいたネットワークを使ったソフトウェア配布も実
行できます。 WinCC WebNavigator サーバーへの直接アクセス時にクライアントコンポーネ
ントが無い場合、オペレータはファイルをコンピュータにロードするように、自動的に指示
されます。 この方法を使うことで、WinCC WebNavigator オペレータに高い柔軟性と機動性
を提供することができます。
ユーザー管理の特長は、開始画面と言語のユーザー固有割り付けです。 ユーザーごとに異な
る開始画面と言語を設定できます。 ユーザー権限を割り当てることで、各種のユーザーに、
異なるプロジェクトエリアと機能への拡張性のあるアクセスが提供されます。
必要なユーザー権限をユーザーが保有していれば、WinCC Web Navigator クライアントで表
示される画面を、通常の WinCC システムの場合と同じように制御できます。 このように世
界中のどこからでも、サーバーコンピュータ上で実行されている WinCC プロジェクトを制
御できます。 Web クライアントでは、パン、ズーム、およびクラッタリング解除の機能がサ
ポートされています。 これにより、マウスで弧を描くか境界線をドラッグして表示したプロ
セス画面のセクションを移動する、プロセス画面またはそのセクションを拡大縮小する、レ
ベルおよびオブジェクトサイズに応じてグラフィックオブジェクトを表示したり非表示にす
ることができます。 ‌
WinCC オプションユーザーアーカイブのアーカイブデータの表示もサポートされています。
82
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.2 WebNavigator サーバーの設定
Visual Basic Scripting(VBS)を使用すれば、他のアプリケーションと Web クライアントとの
接続など、オブジェクトの動的動作を制御することができます。
WinCC WebNavigator サーバーでクライアントと通信するには、Microsoft インターネットイ
ンフォメーションサービスが必要です。 WinCC WebNavigator サーバーのセットアップ用の
WinCC Web コンフィグレータが提供されているため、インターネットサーバーの設定を簡
単に行うことができます。 Web コンフィグレータは、インターネットサーバーの知識がない
あらゆるユーザーに最適です: 簡単な入力をするだけで、Web サーバーを適切に設定できま
す。
[ロードバランシング]機能を使用すると、各サーバーオーソリゼーションに従って、Web
Navigator クライアントを異なる Web Navigator サーバーに自動的に均等に配布することが
できます。
Web View Publisher が自動的にプロジェクトデータに必要な調整を行い、WinCC Web
Navigator クライアントでプロジェクトデータを実行できます。 最高のパフォーマンスを実
現するために、ウィザードは、Web に必要な情報のみに情報を制限します。
4.2
WebNavigator サーバーの設定
4.2.1
WebNavigator サーバーの設定
概要
以下の設定を Web Navigator サーバーに対して行うことができます。
● WinCC Web コンフィグレータは、インターネットインフォメーションサービス(IIS)のセ
ットアップと管理に使用されます。
● 必要に応じて、[ロードバランシング]ファンクションを複数の Web サーバー間の負荷分散
のセットアップに使用できます。
● Web View Publisher を使用すれば、自動的にプロジェクトデータに必要な調整を加えて、
イントラネット/インターネットを使用して WinCC Web Navigator クライアントでこれら
の変更を実行できます。 さまざまな Web View Publisher のバージョンを使用できます。
詳細については「Web プロジェクトの設定」を参照してください。
下記も参照
Web プロジェクトの設定 (ページ 112)
Web サーバー上での"ロードバランシング"機能を使用した負荷分散 (ページ 97)
ウィザードによる Web 設定: WinCC Web コンフィグレータ (ページ 85)
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
83
WinCC/WebNavigator 文書
4.2 WebNavigator サーバーの設定
4.2.2
Web サーバーと専用 Web サーバーのパフォーマンス
WinCC Web サーバーのパフォーマンス
WinCC Web クライアント上での画面のロードと更新の時間のみでなく、WinCC プロジェク
トのパフォーマンスも、WinCC Web Navigator サーバーのインターネットアクセスの速度と
帯域幅の影響をかなり受けます。 各クライアントでは最低約 10kbp の帯域幅が必要です。
LAN 上で WinCC Web Navigator サーバーを操作すると、最大パフォーマンスが発揮されま
す。 ただし、Web Navigator サーバーを 64K モデムに接続すると、帯域幅が非常に狭くな
り、結果としてパフォーマンスが低下します。これにより、画面のロード時間、更新および
同時に操作できるクライアントの数に悪影響を及ぼします。
パフォーマンス専用 Web サーバー
タグロギング
専用 Web サーバーが Web クライアント上のオンライントレンドコントロールに供給できる
トレンド値の数は、使用するハードウェアに依存します。
Pentium 4、2.4 Ghz および 100MB LAN 搭載のシステムの標準的な値は以下のとおりです。
● 専用 Web サーバーは、1 秒サイクルで WinCC サーバー 1 台ごとに 100 トレンド値を供
給します。 ‌
例: 1 台の WinCC サーバー: 50 台の Web クライアントは 1 秒サイクルで 2 トレンド、
10 秒サイクルで 20 トレンド、または 25 台の Web クライアントは 1 秒サイクルで 4 ト
レンドを同時に表示できます。
● 専用 Web サーバーは、その Web クライアントに同時に 400 トレンド値を供給できま
す。 ‌
例: 4 台の WinCC サーバーの場合、それぞれに 100 トレンド値を供給して、50 台の Web
クライアントは 1 秒サイクルで 8 トレンド、10 秒サイクルで 160 トレンド、または 25
台の Web クライアントは 1 秒サイクルで 16 トレンドを同時に表示できます。 ‌
例: 10 台の WinCC サーバーの場合、それぞれに 40 トレンド値を供給して、50 台の Web
クライアントは 1 秒サイクルで 8 トレンド、10 秒サイクルで 160 トレンド、または 25
台の Web クライアントは 1 秒サイクルで 16 トレンドを同時に表示できます。
パフォーマンスの高いコンピュータの場合、WinCC サーバー 1 台当たりのトレンド値の数は
1 秒サイクルで約 100 トレンド値と変わらないのに対して、同時に表示可能なトレンド値の
数は増えます。
アラームロギング:
アラームサーバーは順次コントロールの必要条件を処理します。 複数のコントロールを同時
にサーバー上にレポートする場合、最後のアラームコントロールがアラームを表示するまで
に多少の時間がかかることがあります。
84
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.2 WebNavigator サーバーの設定
4.2.3
Web フォルダの設定
4.2.3.1
ウィザードによる Web 設定: WinCC Web コンフィグレータ
用途
WinCC Web コンフィグレータを使用すると、Microsoft インターネットインフォメーション
サービス(IIS)の管理とインストール作業が簡単に行えるようになります。このため、このコ
ンフィグレータは、Web サーバーの知識がないすべてのユーザーに最適です。イントラネッ
ト/インターネットを使用して WinCC サーバーにアクセスできるようにするには、このセッ
トアップと設定が必要になります。Microsoft インターネットインフォメーションサービスの
詳細については、Microsoft に問い合わせてください。
Web サイトの標準設定
WinCC Web コンフィグレータを使用して、Web クライアントの起動時に開くデフォルトの
Web サイトを選択することもできます。"WebClient.asp"を設定すると、[プロセス]画面から
Web クライアントが通常どおり起動します。"MainControl.asp"を設定すると、ナビゲーショ
ンインターフェースにより Web クライアントが起動します。
WinCC Web コンフィグレータの起動方法
1. WinCC エクスプローラのナビゲーションウィンドウで、Web Navigator を選択し、その
ショートカットメニューを表示します。
2. このショートカットメニューで[Web コンフィグレータ]メニューコマンドを選択します。
注記
以下の設定に関する疑問点や問題点については、担当のイントラネット/インターネット
管理者に問い合わせてください。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
85
WinCC/WebNavigator 文書
4.2 WebNavigator サーバーの設定
WinCC Web Navigator サーバーの初期設定
初期設定中に、WinCC Web コンフィグレータの最初のダイアログで、デフォルト Web サイ
トまたは仮想フォルダの新規作成を指定することができます。この場合、次の注に従ってく
ださい。次のステップは、選択したオプションによって違ってきます。
● サーバー上で WinCC Web Navigator Web を操作したいのみであれば、[標準 Web サイト
(スタンドアロン)の新規作成]オプションを有効にします。
● WinCC Web Navigator Web は、サブディレクトリとして既存の Web に追加される場合
には、[既存の Web サイト(仮想フォルダ)への追加]オプションを有効にします。 ‌
以前のデフォルト Web サイトをアクティブなままにしておくことが必要な場合や、オペ
レーティングシステムが 1 つの Web サイトの操作しかサポートしていない場合に、この
オプションが必要になります。 設定の編集
IIS が既に設定されている場合、既存の Web サーバーまたは仮想ディレクトリの設定は WinCC
Web コンフィグレータを介して変更することができます。
Web コンフィグレータは自動的に既存の設定を検出して、設定の変更に対応したダイアログ
ボックスを開きます。
86
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.2 WebNavigator サーバーの設定
注記
付録には、WinCC Web コンフィグレータによる設定について記載されています。
Web Navigator の Web サイトが間違って削除された場合、WinCC Web コンフィグレータ
で Web サイトを新規作成する前にコンピュータを再起動してください。
この Web サイトを手動で変更したら、それ以降 Web 通信が失敗する場合、Web コンフィ
グレータは自動的にこれらの設定を修正しようとします。
自動修正に失敗する場合には、IIS から Web サイトを削除し、コンピュータを再起動した
後、Web コンフィグレータを使用して Web サイトを新規作成します。
4.2.3.2
標準 Web サイトの新規作成(スタンドアロン)
概要
WinCC Web コンフィグレータを使用して標準 Web サイトを作成できます。 これによりフ
ァイアウォールも設定されます。
手順
[WinCC Web コンフィグレータ]ダイアログで次の事項を設定します。
[Web サイトの名前]
ここでは、たとえば"WebNavigator"などの Web サイト名を指定します。
ポート
ここでは、インターネットへのアクセス用 http プロトコルで使用される接続(ポート)を指定でき
ます。 ‌
入力できる番号の範囲は 1 ~ 65535 です。 ‌
通常、1024 までのポート番号はシステムに予約されていま す。 このフィールドには 80 番の
HTTP 標準ポートがデフォルトで設定されています。 ‌
別のポート番号が選択された場合には、Web クライアントの登 録の際に、この変更された番号
を Internet Explorer のアド レスバーでサーバー名または URL の後に指定する必要があります。
書式として、次の例を参考にしてください。 "http://<server_name>:<port_number>/webnavigator/
maincontrol.asp"または"http://<URL>:<port_number>/Webnavigator/maincontrol.asp". " デフォル
トのポート 80 を使用し、Web サーバー上にアクテ ィブな Web サイトが 1 つのみしかない場合
には、ここで述べ た情報は必要はありません。
IP アドレス
インターネット上の各コンピュータには、一意のアドレスが指定されています。 このアドレス
では、4 つの数値がピリオドで区切られます。 番号の範囲は 0 ~ 255 です。アドレスは Windows
のコントロールパネルで定義されています。 リストボックスに表示さているアドレス以外使用
できません。
IP アドレスを使用すれば、イントラネットまたはインターネットでコンピュータにアクセスで
きるか、両方のネットワークでコンピュータにアクセスできるか指定できます。 たとえば、IP
アドレス x.x.x.x を使用して、コンピュータをイントラネットに通知し、IP アドレス y.y.y.y を使
用して、インターネットに通知します。 イントラネットまたはインターネットのみでコンピュ
ータにアクセスできるようにする場合、対応するアドレスを選択します。 たとえば、イントラ
ネットの場合には、x.x.x.x とします。
イントラネットとインターネットの両方でコンピュータにアクセスできるようにする場合には、
[すべて割り付けない]を選択します。
[標準 Web サイトの選
択]フィールド
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
ここでは、Web サーバーの選択後に Web クライアントに表示される標準 Web サイトを選択で
きます。
87
WinCC/WebNavigator 文書
4.2 WebNavigator サーバーの設定
再接続間隔
接続障害に続き接続を確立(再接続)するために、Web クライアントを自動的に起動するまでの時
間間隔を入力します。 ‌
I 値=0 を設定すると、"接続の自動確立"機能が無効になります。
設定後の Web サイトの
起動
このチェックボックスを有効にすると、設定後に自動的に Web サイトが起動します。
このチェックボックスを無効にすると、Windows コンソール[インターネットインフォメーショ
ンサービス]を使用して手動で Web サイトを起動する必要があります。
手順
1. WinCC エクスプローラの[We ナビゲータ]のコンテキストメニューで[Web コンフィグレ
ータ]を選択します。 [WinCC Web コンフィグレータ]ダイアログが開きます。 ‌
[次へ]をクリックし確定します。
2. [標準 Web サイトの新規作成(スタンドアロン)]を選択し、[次へ]をクリックして確定しま
す。
88
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.2 WebNavigator サーバーの設定
3. 必要な設定を定義し、[次へ]をクリックして確定します。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
89
WinCC/WebNavigator 文書
4.2 WebNavigator サーバーの設定
4. 以下のダイアログが開きます。
ファイアウォールを有効にしていない場合は、[Windows ファイアウォール]ボタンは表示
されません。
この場合、[完了]をクリックして、Web Navigator を閉じる必要があります。
ファイアウォールを有効にしたらステップ 5 を続行します。
90
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.2 WebNavigator サーバーの設定
5. [Windows ファイアウォール]ボタンを選択します。 ‌
[Windows ファイアウォール]ダイアログが開きます。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
91
WinCC/WebNavigator 文書
4.2 WebNavigator サーバーの設定
6. [詳細]タブで必要なネットワーク接続を選択肢、[設定]をクリックします。 ‌
[詳細設定]ダイアログが開きます。
7. "セキュアな Web サーバー(HTTPS)"または"Web サーバー(HTTP)"を有効にします。 [編
集]ボタンを選択し、Web サーバーの現在のサービス設定を表示します。
8. [[OK]をクリックして開いている Windows ダイアログを終了し、[完了]をクリックして
Web Navigator を閉じます。
サーバの設定が完了します。
結果
設定が終了したら、作成した Web サイト(Web Navigator Web サイト)が有効になります。
92
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.2 WebNavigator サーバーの設定
80 番の標準ポート以外のポートの使用
80 番の標準ポートを使用しない場合、それに従ってファイアウォールの設定をカスタマイズ
する必要があります。
手順
1. [Windows ファイアウォール]ダイアログの[設定]ボタンをクリックして[詳細設定]ダイアロ
グを開きます。
2. [追加]ボタンをクリックして、 ‌
[サービス設定]ダイアログが開きます。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
93
WinCC/WebNavigator 文書
4.2 WebNavigator サーバーの設定
3. Web サーバーの設定を定義します。 ‌
- N[サービス設定]フィールドの Web サーバー名 ‌
- N 名前または IP アドレス ‌
- N このサービスの外部または内部ポート番号 ‌
- N サービス"TCP"
[OK] をクリックして、確定します。
4. [詳細設定]ダイアログで、新しく作成された Web サーバーを選択します。
4.2.3.3
仮想ディレクトリの作成
手順
● [既存の Web サイトに追加(仮想ディレクトリ)]ラジオボタンを選択したら、[参照]ボタン
をクリックします。
● 次のダイアログボックスが表示されます。 このダイアログボックスで、仮想ディレクト
リを追加する有効な Web サイトを選択します。
94
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.2 WebNavigator サーバーの設定
● • 有効な Web サイトを選択したら、[OK]をクリックして、直前のダイアログボックスに戻
ります。[次へ]をクリックします。
仮想フォルダの名前
ここでは、Web サイトに追加する仮想ディレクトリの名前を指定できま
す。
ポートと IP アドレス
ポートと IP アドレスは事前に定義されているため編集できません。
WinCC Web コンフィグレータは、IIS から有効な WinCC Web Navigator
サーバーのデータを読み取ります。
[標準 Web サイトの選択]
フィールド
ここでは、Web サーバーの選択後に Web クライアントに表示される標準
Web サイトを選択できます。
再接続間隔
接続障害に続き接続を確立(再接続)するために、Web クライアントを自動
的に起動するまでの時間間隔を入力します。 ‌
I 値=0 を設定すると、"接続の自動確立"機能が無効になります。
設定後の Web サイトの起 このチェックボックスを有効にすると、設定後に自動的に Web サイトが
起動します。
動
このチェックボックスを無効にすると、Windows コンソール[インターネ
ットインフォメーションサービス]を使用して手動で Web サイトを起動す
る必要があります。
● [完了]ボタンをクリックして設定を完了します。
Web Navigator にアクセスするには、仮想 Web Navigator Web サイトの名前を、クライアン
ト上の URL に追加する必要があります(たとえば http://WebServer/WebNavigator)。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
95
WinCC/WebNavigator 文書
4.2 WebNavigator サーバーの設定
有効な Web サイトがない場合
有効な Web サイトが検出されない場合、Web コンフィグレータが終了し、メッセージが表
示されます。
[OK]をクリックして入力を確定します。
このウィザードを再度実行する場合には、その前にまず、Web サイトを起動しておく必要が
あります。 Web サイトの起動手順については、「有効な Web サイトのチェック」の章を参
照してください。
4.2.3.4
有効な Web サイトのチェック(Web)
● インターネットインフォメーションサービスを有効にします。
● この操作をするには、[プログラム]>[管理]>[インターネットインフォメーションサービス]
の順に選択します。
● ナビゲーションウィンドウでコンピュータを選択します。 Windows XP では、"Websites"
サブフォルダも選択する必要があります。 データウィンドウに、対応する Web サイトが
表示されます。
● Web サイトに応じて表示される情報をチェックします。 必要な Web サイト、たとえ
ば"WebNavigator"の隣に[停止]と表示されている場合、この Web サイトを起動する必要が
あります。 Web サイトを起動するには、該当する Web サイトを右クリックしてショート
カットメニューを表示した後、このポップアップメニューで[起動]メニューコマンドを選
択します。
96
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.2 WebNavigator サーバーの設定
● ダイアログを閉じます。
● これで、Web サイトが有効になりました。
4.2.4
[ロードバランシング]ファンクションを使用した負荷分散
4.2.4.1
Web サーバー上での"ロードバランシング"機能を使用した負荷分散
概要
"ロードバランシング"機能を使用すると、それぞれのサーバーオーソリゼーションにしたが
って、Web Navigator クライアントを異なる Web Navigator サーバーに自動的に均等に分散
させることができます。 Web Navigator サーバーごとに"ロードバランシング"機能を使用し
た負荷分散を実装できます。 Web サーバーは、リモートロードバランシングサーバーまたは
参加 Web サーバーとして設定できます。 ロードバランシングサーバーは自動的に参加 Web
サーバーにもなります。 参加 Web サーバーのグループ内で一部をロードバランシングサー
バーとして設定することもできます。
Web クライアントからロードバランシングサーバーにログオンすると、Web クライアント
はサーバーライセンスに従って最小の負荷で参加 Web サーバーの 1 つに転送されます。 最
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
97
WinCC/WebNavigator 文書
4.2 WebNavigator サーバーの設定
小数の Web クライアントがロードバランシングサーバーにログオンしている場合、新しい
Web クライアントは接続したままなります。 参加 Web サーバーが故障すると、このサーバ
ーに登録された Web クライアントは自動的に他の参加 Web サーバーの 1 つに接続されま
す。 Web サーバーのアドレスは、"ロードバランシング"機能とは独立しています。 "ロード
バランシング"機能の実行前に使用されていた Web サーバーのアドレスは有効のままになり
ます。
関連 Web サーバーとロードバランシングサーバーのそれぞれにファンクションを設定する必
要があります。 この場合、すべてのロードバランシングサーバーと関連 Web サーバーがリ
ストに記録されます。 ロードバランシングサーバーでは、問合わせ間隔もセットアップし、
ロードバランシングサーバーとしてファンクションを実行したり、終了できるように設定す
る必要があります。 Web クライアントの設定は不要です。
ライセンス
"ロードバランシング"機能では、相互に接続された最大 32 台の Web サーバーがサポートさ
れています。 ‌
ロードバランシング"機能では、相互に接続された最大 32 台の Web サーバーがサポートされ
ています。 Web クライアントにはライセンスは不要です。 ‌
WinCC 冗長性を備えた WinCC コンピュータの場合、ロードバランシングサーバーおよび参
加 Web サーバーは"WinCC 冗長性"ライセンスおよび"ロードバランシングステップアップ"ラ
イセンスで操作できます。
98
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.2 WebNavigator サーバーの設定
例:
この図では、Web サーバー 1 ~ 3 がロードバランシング機能に参加しています。 "ロードバ
ランシング"ライセンスがこれらの Web サーバー上にインストールされています。 Web サー
バー 1 と 2 はロードバランシングサーバーとして設定されています。 Web クライアント 1
が Web サーバー 1 または 2 にログオンすると、このクライアントは最少の負荷で自動的に
Web サーバーに接続されます。 Web サーバーへの接続が失敗すると、Web クライアント 1
は他の 2 台のサーバーのうちの 1 つに接続されます。 Web サーバーへの接続が失敗すると、
Web クライアント 1 は他の 2 台のサーバーのうちの 1 つに接続されます。
Web サーバー 4 は、"ロードバランシング"機能に参加していません。 Web クライアント 2
がこの Web サーバーにログオンすると、サーバーの負荷レベルが高いために、ログオンがで
きません。 Web サーバー 4 が故障した場合、ネットワーク接続されているにも関わらず、
クライアントは Web サーバー 1 ~ 3 に接続されません。
ロードバランシングサーバーおよび参加 Web サーバー上のインターネットオプション
n: 142645 - 6.0.1
n: 205768 - 6.1.2
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
99
WinCC/WebNavigator 文書
4.2 WebNavigator サーバーの設定
ロードバランシングサーバーが Web クライアントをログオン時に他の Web サーバーに分散
するには、ロードバランシングサーバーが通信接続経由で参加 Web サーバーにアクセスで
き、参加 Web サーバーも同様にロードバランシングサーバーにアクセスできる必要がありま
す。 プロキシサーバーを使用することにより、参加 Web サーバー/ロードバランシングサーバー
のターゲットアドレス"http://<servername>"が"http://<servername.proxyname>"に置き換えら
れ、結果的に宛先の Web サーバーが見つからなくなる場合があります。 ‌
この動作を回避するには、ロードバランシングに参加している各サーバーは、他のすべての
参加サーバーのターゲットアドレスを、Internet Explorer の[ツール]>[インターネットオプシ
ョン]>[接続]>[LAN 設定]>[拡張]の[例外]に入力する必要があります。
下記も参照
["ロードバランシング"ファンクションの設定 (ページ 100)
4.2.4.2
["ロードバランシング"ファンクションの設定
概要
["ロードバランシング"ファンクションを使用すると、それぞれのサーバーオーソリゼーショ
ンにしたがって、Web Navigator クライアントを異なる Web Navigator サーバーに自動的に
均等に分散させることができます。
関連 Web サーバーとロードバランシングサーバーのそれぞれにファンクションを設定する必
要があります。 この場合、すべてのロードバランシングサーバーと関連 Web サーバーがリ
ストに記録されます。 ロードバランシングサーバーでは、問合わせ間隔もセットアップし、
ロードバランシングサーバーとしてファンクションを実行したり、終了できるように設定す
る必要があります。 Web クライアントの設定は不要です。
注記
"Web Navigator Diagnostics Server"のライセンス付きのウェブサーバーは、絶対にロードバ
ランシングに関連するサーバーのリストに含めないでください。
Requirements
● WinCC 基本システム、Web Navigator サーバー、"ロードバランシン"ライセンスが、イン
ストールされています。
● 個々の関連するウェブサーバーおよびロードバランシングサーバーに、同じ WinCC プロ
ジェクトが存在し、同じユーザが設定されている必要があります。
● Web Navigator の標準ウェブページが、ウェブサーバーに独立したページとして作成され
ている必要があります。
100
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.2 WebNavigator サーバーの設定
["ロードバランシング"ファンクションの設定
1. WinCC エクスプローラの[ナビゲーション] ウィンドウで、[WebNavigator]エントリを選択
します。 関連するショートカットメニューの[ロードバランシング]メニュー項目を選択し
ます。 [ロードバランシング設定]ダイアログが開きます。
2. 一番上のフィールドに[ロードバランシング]に関連づける Web サーバーのアドレスを入力
します。 [追加]をクリックします。 入力されたアドレスはサーバーリストに転送されま
す。
[ロードバランシング]に関連する Web サーバーごとに、このプロセスを繰り返し行います。
ロードバランシングサーバーの名前も、リストに入力する必要があります。
リストのサーバー名を選択し、[削除] ボタンをクリックすると、サーバー名を削除するこ
とができます。
注記
"Web Navigator Diagnostics Server"のライセンス付きのウェブサーバーは、絶対にロー
ドバランシングに関連するサーバーのリストに含めないでください。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
101
WinCC/WebNavigator 文書
4.3 WinCC/Web Navigator サーバーを使用した構成
3. [ロードバランシングの有効化]チェックボックスを有効にし、ローカル Web サーバーをロ
ードバランシングサーバーとして機能させます。
関連 Web サーバーのチェックボックスは、無効のままです。
このチェックボックスを無効にすると、Web サーバーのリストはそのまま残されます。
4. [ポーリング間隔]フィールドで、別の関連 Web サーバーをポーリングする時間間隔を選択
します。
時間は秒単位で定義し、ロードバランシングサーバーに関連した時間のみを対象としま
す。
5. [保存]ボタンをクリックし、エントリを保存します。
[OK]をクリックしてダイアログを閉じます。
6. すべての関連 Web サーバーとロードバランシングサーバーについて、このプロセスを繰
り返し行います。
注記
いずれかの Web サーバーに障害が発生する場合、一定の機能性を確保できるように、ロ
ードバランシングサーバーとすべての関連 Web サーバーに関するリストを同一にしてお
く必要があります。
WinCC ランタイムの再起動後に変更が有効になります。
4.3
WinCC/Web Navigator サーバーを使用した構成
4.3.1
WinCC/Web Navigator サーバーを使用した構成
概要
WinCC Web サーバーをイントラネット/インターネットに接続する場合には、その前に、セ
キュリティとシステムの各条件を検討して、コンセプトを構築する必要があります。
102
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.3 WinCC/Web Navigator サーバーを使用した構成
4.3.2
安全地帯ソリューション
上記の図で、Web クライアントはイントラネットに接続されていません。WinCC プロジェ
クトを実行するために、Web クライアントはあくまで HMI として機能します。 このため、
たとえばモニタファンクションまたは保守ファンクションに対応したコンピュータステーシ
ョンを安価で設定できます。
4.3.3
WinCC サーバー上の WinCC/WebNavigator サーバー
WinCC サーバー、および WinCC Web Navigator のサーバーコンポーネントを 1 台のコンピ
ュータにインストールします。 WinCC Web Navigator クライアントは、イントラネットのみ
でなくインターネットも使用して実行中の WinCC プロジェクトをコントロールおよびモニ
タできます。 WinCC Web Navigator クライアントを使用すれば、クライアントサーバーシス
テムを拡張できます。
インターネットからの攻撃を防ぐため、ファイアウォールを使用します。 最初のファイアウ
ォールは、インターネットの攻撃から WinCC Web Navigator サーバーを保護し、2 つ目のフ
ァイアウォールはイントラネットの追加セキュリティを実現します。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
103
WinCC/WebNavigator 文書
4.3 WinCC/Web Navigator サーバーを使用した構成
4.3.4
WinCC サーバーと WinCC/WebNavigator サーバーの分離
チャンネルによる通信
WinCC サーバーには、オートメーションデバイスのグループが割り付けられます。 プロジ
ェクトには、プログラム、設定データ、およびその他の設定など、データがすべて指定され
ています。 WinCC サーバーと WinCC Web Navigator サーバーが装備されたコンピュータで
は、WinCC プロジェクトは 1:1 でミラーリングされ、オートメーションデバイスとネットワ
ーク化されません。
データの同期化は、OPC チャンネル(OPC = OLE プロセスコントロール)を使用して実行さ
れます。 この場合、WinCC Web Navigator サーバーでは、OPC タグの数に対応したライセ
ンスが必要になります。
また、ここでは、ファイアウォールを 2 つ使用して、不正アクセスからシステムを保護します。
最初のファイアウォールは、インターネットの攻撃から WinCC Web Navigator サーバーを保
護し、2 つ目のファイアウォールはイントラネットの追加セキュリティを実現します。
104
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.3 WinCC/Web Navigator サーバーを使用した構成
プロセスバスによる通信
次の図のように、ファイアウォールを 2 つ使用して不正アクセスからシステムを保護しま
す。 WinCC サーバーと WinCC Web Navigator サーバーが装備されたコンピュータでは、
WinCC プロジェクトは 1:1 でミラーリングされ、データの同期化はプロセスバスを使用して
行われます。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
105
WinCC/WebNavigator 文書
4.4 ユーザ管理の設定
4.3.5
専用 Web サーバー
中央から Web クライアントにデータを提供するのに、大規模システムでは、専用 Web サー
バーをインストールすると便利です。 専用 Web サーバーは、Web クライアントのアクセス
を処理および最適化し、プロキシとして使用できます 専用 Web サーバーは、複数の下位
WinCC サーバーに同時にアクセスできます。 この場合、ユーザは、専用の Web サーバーに
ログオンすれば(個々のプロジェクトにログオンしなくても)、複数の WinCC プロジェクトに
アクセスできます。
専用 Web サーバーでは、WinCC 冗長化を使用して、2 台の下位 WinCC サーバーの冗長化切
り替えをサポートしています。
Web Navigator サーバーをインストールすれば、専用 Web サーバーの機能を WinCC クライ
アントで使用できます。
4.4
ユーザ管理の設定
4.4.1
WinCC ユーザー管理者でのユーザ管理
はじめに
WinCC Web Navigator 使用時のユーザー権限の管理は、WinCC ユーザー管理者で実行され
ます。ユーザーは操作やモニタの目的に応じてさまざまなオーソリゼーションを割り付けら
れています。さらに、[Web オプション]エリアでは、個々のユーザーに開始画面と言語を設
定できます。このため、WinCC ユーザー管理者を使用すれば、WinCC に応じて安全で明確
なユーザー管理を設定できるのみでなく、WinCC Web Navigator によるアクセスも実行でき
ます。
106
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.4 ユーザ管理の設定
ユーザーが Web Navigator クライアントで Web Navigator サーバーにログオンすると、Web
Navigator サーバーは、WinCC ユーザー管理者にこのユーザーが登録されているかどうか確
認した後、設定されたユーザー権限を Web クライアントに送信して評価します。ログイン
中、Web サーバーは、最大ライセンス Web クライアント数を超えていないかどうかも確認
します。ユーザーが登録されていない場合は、いかなるオーソリゼーションも与えられませ
ん。
WinCC ユーザー管理者のタスクには、次のものがあります。
● ユーザーとユーザーグループの作成と編集。
● オーソリゼーションとして知られているアクセス権限の割り付けと管理。
● WinCC Web Navigator によってプロジェクトにアクセスするユーザーに対する、自動ロ
グアウト、開始画面および言語の割り付けと管理。 Web クライアント上での WinCC オプション「基本プロセスコントロール」のサポート
WinCC のユーザー管理は、WinCC Web Navigator を使って、[基本プロセスコントロール]オ
プションの以下の機能をサポートします。
● エリア固有のオーソリゼーション
● 開始画面と言語のユーザー固有の割り付け
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
107
WinCC/WebNavigator 文書
4.4 ユーザ管理の設定
PCS7 OS への接続中にサポートされている Web Navigator クライアントの機能については、
PCS7 のドキュメントで説明されています。
オーソリゼーション
各ユーザーには、次のオーソリゼーションを割り付けることができます。
標準オーソリゼーション番号 1 ~ 999
標準オーソリゼーションは、作成、編集、削除およびユーザーへの割り付けが可能です。
オーソリゼーションの名前は、個々のオーソリゼーションが及ぼす影響を示しており、実際
の使用方法を示すものではありません。
PCS7 のユーザ階層番号 1 ~ 8
これらのユーザオーソリゼーションは、OS プロジェクトエディタ(オプション基本プロセス
コントロール)のウィザード実行後に使用できます。事前定義したオーソリゼーションは削除
も編集もできません。
システム特権番号 1000 ~ 1099
システム特権は、システムにより自動的に生成され、作成し直したり、編集や削除したりす
ることはできません。システム権限は、他のオーソリゼーションと同ように、ユーザーに割
り付けることができます。
システムオーソリゼーション番号 1002「DataMonitor - モニタのみ」には、WinCC Web
Navigator を使用するときの特別な機能があります。
● システムオーソリゼーション番号 1002 が割り当てられたユーザーは、WinCC プロジェク
トをモニタできるだけです(「モニタのみ」)。たとえば、このユーザーは、I/O フィール
ドに値を入力するか、スクリプトを使用するかして、メッセージに応答したりタグに書き
込みを実行したりすることはできません。 クライアントローカル内部タグには、書き込
みを続けることができ、基本プロセスコントロール用に書き込む必要があります。
このオーソリゼーションが関係するのは Web クライアントに対してのみで、ユーザーに
割り当てられている他のオーソリゼーションには影響しません。 "DataMonitor Web Edition"
ライセンスが必要です。 そのようなライセンスがない場合、WebNavigator サーバーから
WebNavigator クライアント用のライセンスの要求を受けます。 ライセンスを使用できな
い場合、ログオン後に WebNavigator クライアントがデモモードで実行されます。
● システムオーソリゼーション番号 1002 がユーザに割り付けられていない場合、このユー
ザーは、割り付けられたオーソリゼーションに応じて WinCC プロジェクトを操作および
モニタできます。 ‌
「クライアント」ライセンスが 1 つ必要です。
ユーザー管理の詳細については、WinCC 情報システムの「WinCC の使用方法」と「ユーザ
ー管理の設定」を参照してください。多言語プロジェクトやラテン語以外のフォントの設定
の詳細については、「WinCC の使用方法」/「多言語プロジェクトの設定」を参照してくださ
い。
108
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.4 ユーザ管理の設定
4.4.2
ユーザーに応じた Web オプションの設定
はじめに
WinCC/WebNavigator を使用して WinCC プロジェクトにアクセするには、WinCC ユーザー
管理者でユーザーに特定のユーザー権限を割り付け、開始画面と言語を設定します。
自動ログアウト
[自動ログアウト]機能には、以下の利点があります。
● WinCC プロジェクトには、WebNavigator クライアントから制限された期間だけアクセス
できます。 これは特に、WebNavigator サーバーにアクセスできるモニタされていないク
ライアントに対して適用されます。
● クライアントが使用するライセンスは、自動ログアウト後に再びリリースされます。
● 自動ログアウトすると、WebNavigator サーバーの現在の負荷が軽減されます。
自動ログアウトまでの期間に対して入力フィールドに"0"を入力すると、機能が無効になりま
す。 Internet Explorer を閉じるか、システムをシャットダウンするまで、ユーザーはログイ
ンしたままです。
[絶対時間]オプションを使用すると、自動ログアウトまでの設定された時間は、この期間にユ
ーザーが実施する操作とは無関係に、ログインした時点からカウントされます。 ‌
[非活動時間]オプションを有効にすると、ユーザーが最後にキーボードまたはマウスを操作し
た時点から、設定された時間がカウントされます。 この操作停止期間後、ユーザーは自動的
にログアウトされます。 ‌
監視時間の期限が切れると、ユーザーにパスワードを再入力するように指示するメッセージ
が表示されます。 指定された時間内にユーザーがパスワードを入力すると、WinCC プロジ
ェクトに再びアクセスできます。 ‌
間違ったパスワードを 3 回入力するか、または指定された時間内にログオンが実行されない
場合は、自動ログアウトになります。 自動ログアウトの場合、クライアントによる WinCC
プロジェクトへのアクセスは終了します。 クライアントが使用するライセンスは、再びリリ
ースされます。
注記
自動ログアウトの期限が切れる前の再ログオンを許可するダイアログボックスによる、新し
いユーザーとしてのログオンはできません。
Web オプションの設定
1. WinCC エクスプローラで、[ユーザー管理者]エディタを開きます。
2. ナビゲーションウィンドウで、必要なユーザーを選択するか、ユーザーを新規作成しま
す。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
109
WinCC/WebNavigator 文書
4.4 ユーザ管理の設定
3. テーブルウィンドウに、WinCC プロジェクトの既存のユーザー権限、および該当ユーザ
ーへの設定済み割り付けが表示されます。 システムオーソリゼーション番号 1002
「DataMonitor - モニタのみ」の設定を確認して、必要な変更を加えます。
このシステムオーソリゼーションが有効な場合、ユーザーはプロジェクトを監視できるだ
けで(モニタのみ)、"DataMonitor Web Edition"ライセンスが必要です。 そのようなライセ
ンスがない場合、WebNavigator サーバーから WebNavigator クライアント用のライセン
スの要求を受けます。
このシステム特権を無効のまま変更しないでおくと、ユーザーに割り付けられたほかのユ
ーザー権限が適用されます。ほかのオーソリゼーションの設定を確認します。
4. テーブルウィンドウで[Web Navigator]チェックボックスをオンにします。[Web オプショ
ン]エリアが表示されます。
5. [自動ログアウト]フィールドで[絶対時間]および[非活動時間]オプションボタンを使用して、
自動ログアウトの希望するタイプを設定します。 その後、自動ログアウトまでの時間を、
入力フィールドに入力します。
6. [開始画面]フィールドの[...]ボタンを使用して、該当するユーザーの開始画面を選択します。
開始画面としては、WebNavigator サーバーの Web View Publisher で発行された画面以外
は選択できません。
7. [言語]フィールドで、該当するユーザーに言語を選択します。選択できるのは、WinCC に
インストールされている言語です。 8. [ユーザ管理者]を閉じます。
ユーザー管理の詳細については、WinCC 情報システムの「WinCC の使用方法」と「ユーザ
ー管理の設定」を参照してください。
4.4.3
旧プロジェクトからのユーザーデータの移行
概要
バージョン 6 以前の WinCC Web Navigator 下では、ユーザー権限は Web Administrator で管
理されていました。 バージョン 6 以降の WinCC Web Navigator では、ユーザー管理は WinCC
ユーザー管理者 で実行されます。 "WebNavV6Migration"ツールを使用すれば、Web Navigator
V6 以降で使用するために旧ユーザーデータを移行できます。
移行した旧ユーザーは、この移行ツールにより"WebNavigatorUserGroup"ユーザーグループ
下に配置されます。 このユーザーグループのユーザーオーソリゼーションは、移行したユー
ザーに引き渡されます。 このユーザーグループがまだない場合には、移行ツールがこのユー
ザーグループを作成した後、移行処理が停止します。 必要なユーザーオーソリゼーションが
グループに割り付けられると、移行ツールが再起動します。
移行ツールは、パスワードのほかにも、開始画面と言語に関するユーザー設定も転送します。
110
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.4 ユーザ管理の設定
要件
● WinCC ユーザー管理者 の[Web オプション]エリアが有効になるには、WinCC Web
Navigator サーバーをインストールしておく必要があります。
● ユーザーデータの移行先 WinCC プロジェクトが開いている必要があります。
● プロジェクトの WinCC ユーザー管理者 は、"WebNavigatorUserGroup"ユーザーグループ
です。 このグループに、必要なユーザーオーソリゼーションが割り付けられています。
ユーザーデータの移行
1. Windows のエクスプローラで、WinCC インストールフォルダを選択します。 関連するサ
ブディレクトリ"WebNavigator/Server/bin"にアクセスし、"WebNavV6Migration.exe"プロ
グラムを起動します。 このツールのインターフェース言語は英語のみです。
1. [プロジェクト名]フィールドで、旧ユーザーデータの移行元プロジェクトを選択します。
2. 選択を確認して、[OK]ボタンを押します。 旧プロジェクトのユーザーは、WinCC プロジ
ェクトを開くために"WebNabvigatorUserGroup"グループに設定され、そのグループに割
り付けられたユーザーオーソリゼーションを引き継ぎます。 ‌
I 旧ユーザーデータベースのレコードを読み取れない場合、エラーメッセージが表示され
ます。 この場合、ユーザーデータを WinCC プロジェクトに移行するときの移行元コンピ
ュータに、最新の"Web Navigator" CD-ROM に含まれている"DAO JetEngine"データベー
スドライバをインストールする必要があります。
3. 移行が正常に終了すると、メッセージが表示され、移行したユーザーの数が出力されます。
その後、旧データベースを削除するかどうか聞いてきます。 必要なオプションを選択し
ます。 移行ツールが閉じます。
4. 現在のプロジェクトの WinCC Explorer で、"User Administrator"エディタを開きま
す。 ‌
I 移行したユーザーの設定をチェックし、必要に応じて、現在のプロジェクトに応じてこ
れらの設定を調整します。
5. [ユーザ管理者]を閉じます。
ユーザー管理の詳細については、WinCC 情報システムの「WinCC の使用方法」と「ユーザ
ー管理の設定」を参照してください。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
111
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
4.5
Web プロジェクトの設定
4.5.1
Web プロジェクトの設定
概要
この章では、Web プロジェクトの設定と重要な特殊機能について説明します。
● Web View Publisher を使用して WinCC プロセス画面を発行し、プロジェクトデータを圧
縮し、適切に調整します。 ‌
発行は、発行する画面のソースとターゲットフォルダまたはシステム構造に応じて、複数
の方法で実行できます。
● "PdlPad"ツールを使用して、発行する WinCC プロセス画面で使用されるスクリプトのエ
ラーを検索します。
● 既存の WinCC プロジェクトにイントラネット/インターネットからアクセスできるように
適切に調整します。
● 考慮する必要がある制限
● WinCC 基本システムとの相違
● スクリプトの使用 ‌
Web View Publisher による発行は、発行する画面のソースとターゲットフォルダまたは
システム構造に応じて、複数の方法で実行できます。
多言語プロジェクトとラテン語以外のフォント
WinCC プロジェクトで実行されるものとして、外国語テキスト、ユーザー名などの設定や、
ラテン語以外(たとえばアジア系プロジェクト) のフォントを使用することなどがあります。
一定の条件を満たしていなければなりません。 また設定されている必要があります。 オペレ
ーティングシステムに必要な設定言語または特殊フォントがインストールされていなければ
なりません。 ある言語のインストール後、その言語や特殊フォントの設定を実行できるよう
に、言語がアラームロギングエディタとテキストライブラリに転送されます。
ユーザー管理の詳細については、WinCC 情報システムの「WinCC の使用方法」と「多言語
プロジェクトの設定」を参照してください。 多言語プロジェクトやラテン語以外のフォント
の設定の詳細については、「WinCC の使用方法」/ 「WinCC での言語のサポート」を参照し
てください。
4.5.2
多言語プロジェクトとラテン語以外のフォント
多言語プロジェクトとラテン語以外のフォント
WinCC プロジェクトで実行されるものとして、外国語テキスト、ユーザー名などの設定や、
ラテン語以外(たとえばアジア系プロジェクト) のフォントを使用することなどがあります。
一定の条件を満たしていなければなりません。 また設定されている必要があります。 オペレ
ーティングシステムに必要な設定言語または特殊フォントがインストールされていなければ
112
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
なりません。 ある言語のインストール後、その言語や特殊フォントの設定を実行できるよう
に、言語がアラームロギングエディタとテキストライブラリに転送されます。
ユーザー管理の詳細については、WinCC 情報システムの「WinCC の使用方法」と「多言語
プロジェクトの設定」を参照してください。 多言語プロジェクトやラテン語以外のフォント
の設定の詳細については、「WinCC の使用方法」/ 「WinCC での言語のサポート」を参照し
てください。
4.5.3
Web 設定
Web 設定
[WinCC Web 設定]ダイアログボックスで、プロジュクト固有の設定を定義します。
ダイアログは、WinCC エクスプローラの[Web 設定]メニュー項目の[Web Navigator]アイコン
のポップアップメニューから開きます。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
113
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
[互換性] Web 設定
バージョン 6.2 以前の WinCC Web Navigator では C スクリプトに制限があります。次のパ
ラメータと関数は、Web クライアント上の完全パスや画面名を返さず、画面名のみを返しま
した。
● "lpszPictureName"パラメータ
● "GetParentPicture"関数
● "GetParentPictureWindow"関数
バージョン 6.2 以降の Web Navigator では、ユーザーは絶対アドレスを有効化し、Web クラ
イアント上のこの制限を除きました。
● 画面名: ‌
絶対アドレスはデフォルトで無効になっています。上記の関数やパラメータは画面名のみ
を返します。 ‌
以前のバージョンの Web クライアントや、そのために作成された C スクリプトとの互換
性には影響ありません。
● 画面名とパス: ‌
絶対アドレスが無効な場合、画面名は完全パスと共に返されます。 ‌
この応答は、WinCC 基本システムに従っているため、WinCC 基本システムで使用される
C スクリプトは Web クライアント上で実行するために変更する必要がありません。
114
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
[ランタイム] Web 設定
[ランタイム]タブで、クライアント-サーバープロパティを指定します。
● 「WinCC クラシック」デザインを使用します: WebClient が十分に強力ではない場合、
WinnCC のクラシックデザインが、拡張ユーザーインターフェースの代わりに使用されま
す。
● 「表示専用」カーソル: カーソルの外観を定義して、オペレータがランタイムを操作できな
いことを示します。 システムオーソリゼーション 1002 "モニタのみ"が、ユーザー管理で
オペレータに割り当てられています。 外観を変更するために、カーソル定義ファイルを
選択します。
● サーバー負荷: WebNavigator サーバーに同時にアクセスできる接続の最大数を指定しま
す。 たとえば Internet Explorer で複数のタブが開いている場合、同時接続の数は、
WebNavigator サーバーのライセンスの数を超えることができます。 WebNavigator サー
バーは通常の操作で負荷の追加なしに、最大 50 接続を保証しているため、"50"までの制
限が必要です。 ただし、この値が、使っている Web Navigator サーバーのライセンスの
実際数より小さくないことを確認します。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
115
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
● Internet Explorer バージョン 7.0 以上で同時に開くことができるタブの最大数を指定しま
す。 通常は、同じ Internet Explorer の複数のインスタンスは、ただ 1 つの WebNavigator
サーバーライセンスとして数えられることに注意してください: たとえば複数のタブま
たは新しいウィンドウ。
● システムメッセージ: Web クライアントがログオンまたはログオフするときに、対応す
るシステムメッセージを出力するために、チェックボックスを有効にします。 サーバー
の負荷増を避ける目的で、ログオンおよびログオフのシステムメッセージがデフォルトで
は設定されていないため、このチェックボックスは、デフォルトでは無効です。
[ガジェット] Web 設定
サイドバーガジェットは、Windows Vista サイドバーの有用な情報を含むミニアプリケーシ
ョンです。
Windows Vista で WinCC プロセス画面を表示する、予め設定されたガジェットは、
WebNavigator クライアントのインストールディレクトリの[\WinCC\Webnavigator\GADGET]
にあります。
ガジェット用に発行された 1 つ以上の WinCC プロセスウィンドウを、WebNavigator サーバ
ーの以下のダイアログボックスで組み合わせます。 Web プロジェクトがランタイムになると
すぐに、WebNavigator サーバーが各プロセス画面の jpg イメージ"pdlImage.jpg"を、周期的
に連続してスナップショットとして作成します。 ガジェットは、このファイルに[\WinCC
\WebNavigator\Server\Web\image\_gadget]ディレクトリで、再び周期的にアクセスします。
表示されたプロセス画面では、ユーザーの介入を設定することが許可されていないことに注
意してください。 これには、たとえばスクリプトを使用したログインダイアログまたは通知
ダイアログからの呼び出しも含まれます。
以下のオブジェクトは、ガジェットでの表示にはサポートされていません。
● グローバルスクリプト診断ウィンドウ
● WinCC メディアコントロール
● WinCC V7.0 より前のバージョンにインストールされていた移行プロジェクトからの WinCC
コントロール:
– WinCC アラームコントロール
– WinCC オンラインテーブルコントロール
– WinCC ユーザーアーカイブテーブルエレメント
通知
ガジェットに表示されたプロジェクトは操作できません。 クライアントガジェット
の更新サイクルが短いと、Web サーバーの負荷になります。
例: 2 プロセス画面、サイクル時間 5 秒
116
時間[s]
イメージ
5
Process_Picture_1 -> pdlImage.jpg
10
Process_Picture_2 -> pdlImage.jpg
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
時間[s]
イメージ
15
Process_Picture_1 -> pdlImage.jpg
20
Process_Picture_2 -> pdlImage.jpg
1. [名前]で発行されたプロセス画面を選択します。
2. 画面のランタイム言語を指定します。
3. ガジェットに表示するプロセス画面のセクションを定義します。 プロセス画面のサイズ
は、まずプロジェクトから決定され、デフォルトの位置に表示されます。 一般にプロセ
ス画面は、ガジェットで表示するには大きすぎます。 クリッピングがガジェットと同じ
幅および高さで、少なくとも幅と高さの比率が同じであることを確認します。 そうでな
いと、プロセス画面はガジェットに歪んで表示されるか、または周囲に黒枠付きで表示さ
れます。
4. [追加]をクリックします。 画面が[画面]のガジェットに追加されます。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
117
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
5. 必要に応じてステップ 1 から 4 を繰り返します。 するとガジェットは、たとえば 17 秒後
に、別の画面を表示します。
6. "pdlImage.jpg"に表示されるプロセス画面を更新するために WebNavigator サーバーが使
用する「更新サイクル」を、たとえば 5 秒ごとのように、秒単位の時間間隔で定義します。
時間間隔の始めに、新しいプロセス画面が選択され、現在のプロセス値が PLC から読み
取られます。 時間間隔の終りにスナップショットが作成され、"pdlImage.jpg"に保存され
ます。
注意
ガジェットでの現在値以外のプロセス値表示
スナップショットの時点でコントロールシステムからプロセス値が読み取られていない
場合、開始値はたとえば"0"と表示されます。
十分に大きい更新サイクル(通常は 5 秒)を選択します。 トレンド表示のように多くのプ
ロセス値を更新する必要がある場合は、それぞれに大きめの更新サイクルを選択します。
短い更新サイクルは、WebNavigator サーバーのプロセス通信に負荷をかけます。
WebNavigator クライアント上:
1. インストールディレクトリの[\WinCC\Webnavigator\GADGET]で、ガジェット
"_WebNavigator.gadget"をダブルクリックします。 ガジェットが Windows Vista のサイ
ドバーに保管されます。
2. ガジェットのサイズと、ガジェットが WebNavigator サーバーから画面をロードする更新
サイクルを、たとえば 17 秒ごとのように定義します。
3. WebNavigator サーバーのアドレスを入力します。 ガジェットが WebNavigator サーバー
との接続を確立します。
4. 必要に応じてガジェットを、デスクトップにドラッグアンドドロップします。
4.5.4
WinCC プロセス画面の発行
4.5.4.1
WinCC プロセス画面の発行
概要
Web プロジェクトを設定する場合、WinCC プロセス画面を発行します。 この結果、イント
ラネット/インターネットを使用して WinCC Web Navigator クライアントで WinCC プロセス
画面を実行できます。 発行は Web View Publisher で実行します。 Web View Publisher は自
動的にプロジェクトデータに必要な調整を実行するものです。
次の調整が実行されます。
● データを圧縮して、インターネット上で可能な限り最高のパフォーマンスを発揮します。
● 操作に不必要なプロジェクト固有データを削除します。
● 画面ウィンドウを ActiveX コンポーネントに変換します。
● スクリプトを変換して、WinCC Web Navigator クライアントで動作可能にします。
118
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
Web View Publisher による発行は、発行する画面のソースとターゲットフォルダまたはシス
テム構造に応じて、複数の方法で実行できます。
● ローカルコンピュータ上で発行する場合 ‌
ソースフォルダは、現在の WinCC プロジェクトフォルダであり、ターゲットフォルダ
は、"WebNavigator/Pictures"が格納されているサブフォルダです。
● サーバープリフィックスを使用して専用 Web サーバー上で発行する場合 ソースフォルダ
は、別の WinCC コンピュータ上の WinCC プロジェクトフォルダです。 ‌
このフォルダは、サーバープリフィックスを選択することで事前特定されます。 ターゲ
ットフォルダは、WinCC クライアントの".../WebNavigator/Pictures" WinCC プロジェク
トサブフォルダに配置されます。
● リモート発行: ‌
ソースフォルダとターゲットフォルダは、同じ Web サーバー上にも、複数の Web サーバ
ー上にも配置できます。 Web View Publisher 自体は、Web サーバーのソースフォルダま
たはターゲットフォルダでも、まったく別の Web サーバー上でも起動できます。
発行中のエラー
発行中に警告が表示されたり、エラーが発生する場合、Web View Publisher の出力フィール
ドで、影響されたプロセス画面にマークが付きます。 "PdlPad"ツールを Publisher で直接起
動して、発行する画面で使用されるスクリプトをチェックできます。
project ファンクションなしの発行を実行したため発生するエラーのソースを以下に示してい
ます。
Project ファンクションなしの発行
Web View Publisher で発行すると、選択された project ファンクションが常に発行されま
す。 project ファンクションなしの発行を実行すると、発行する画面はさらにプロジェクト関
数を所持することはありません。 最新の発行プロセスのプロジェクト関数は、発行済み画面
で常に使用できます。 ‌
Web Publisher 内にあるプロジェクト関数は、同じプロセスで発行された画面と関係ありま
せん。 たとえば、プロジェクト機能の一部を変更し、そのインターフェースは変更しなかっ
たとします。この場合、変更したプロジェクト関数のみ発行するのではなく、やはり、必要
なプロジェクト関数をすべて発行する必要があります。 同じプロセスでは、変更していない
画面を発行する必要はありません。
下記も参照
Web View Publisher による WinCC プロセス画面の発行 (ページ 120)
専用 Web サーバー上での WinCC 画面の発行 (ページ 127)
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
119
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
4.5.4.2
Web View Publisher による WinCC プロセス画面の発行
はじめに
イントラネット/インターネットで WinCC プロジェクトを使用するには、WinCC プロセス画
面を作成しても、WinCC グラフィックデザイナですでに作成されている画面を使用しても可
能です。
注記
Web Navigator を介して使用する画面名には、アンダースコア文字を 2 つ続けて(__)指定す
ることはできません。これは、2 つ続けて指定したアンダースコア文字の直前の文字列がサ
ーバー接頭語とみなされるからです。
基本プロセスコントロールを使用する場合、名前も 1 個のアンダースコア文字で始まって
はいけません。 画面ツリーマネージャを使用するには、上位画面の名前を"@PTN_"で始め
ます。 アンダースコア文字が先行する場合、画面名に二重アンダースコア文字を使用しま
す。
複雑なファンクションまたはスクリプトを使用している場合には、制限などに対応する章も
読んでください。WinCC グラフィックデザイナを使用してプロジェクトと画面を作成した場
合、イントラネット/インターネットでこれらの画面を操作可能にするのに Web View Publisher
以外必要ありません。
Web View Publisher を使用すれば、自動的に、プロジェクトデータに必要な変更を加え(WinCC
画面およびスクリプトの変換を実行し)、イントラネット/インターネットを使用して WinCC
Web Navigator クライアントでこれらの変更を実行できます。
120
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
Web View Publisher の起動方法
1. WinCC Explorer のナビゲーションウィンドウで、[Web Navigator]エントリを選択して、
そのポップアップメニューを表示します。その後、[Web View Publisher]を選択します。
[Web 発行]ウィザードが起動します。
2. [次へ]をクリックして、次のダイアログに進みます。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
121
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
3. [WinCC プロジェクトフォルダのパス]フィールドで、画面を発行する WinCC プロジェク
トのプロジェクトディレクトリを選択します(たとえば、"..WinCCWinCCProjects")。
[WinCC Web の発行フォルダ]フィールドで、発行する画面のターゲットフォルダを選択
します(たとえば、"..\Siemens\WinCC\WinCCProjects\<プロジェクト名>\WebNavigator")。
Web Navigator のランタイムでは、発行する画面のターゲットフォルダとして、WinCC
プロジェクトフォルダ内に表示されるフォルダをそのまま変更しないでおく必要がありま
す。このパス仕様の変更が必要になるのは、たとえば、別のプロジェクトに画面を転送す
る場合です。
122
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
4. [次へ]をクリックして、次のダイアログに進みます。
WinCC Web Navigator サーバーで発行する画面を選択します。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
123
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
5. [次へ]をクリックして、次のダイアログに進みます。
[>]を使用し、発行する C プロジェクト関数を選択します。VB スクリプトを個々に選択す
ることはできません。
124
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
6. [次へ]をクリックして、次のダイアログに進みます。
Web サーバーで発行するプロセス画面(*.PDL)で参照するグラフィック(たとえば、ビット
マップ)を選択します。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
125
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
7. [次へ]をクリックして、次のダイアログに進みます。
126
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
8. [完了]をクリックして、画面の発行を開始します。進捗表示に進捗状態が表示されます。
9. 発行が完了したら、ダイアログボックスが表示されます。[OK]をクリックして確認しま
す。
Publisher の出力フィールドで、スクリプトエラーが検出された画面が強調表示されます。
ファイル名をダブルクリックすれば、"PdlPad"で画面を開き、スクリプトエラーを特定し
て修正できます。
[完了]ボタンをクリックすれば、ウィザードを終了できます。[戻る]ボタンをクリックすれ
ば、ウィザードの選択を変更できます。さらに、必要なら再発行することもできます。
4.5.4.3
専用 Web サーバー上での WinCC 画面の発行
はじめに
中央から Web クライアントにデータを提供するのに、大規模システムでは、専用 Web サー
バーをインストールすると便利です。専用 Web サーバーは、Web クライアントのアクセス
を処理および最適化し、プロキシとして使用できます
この結果、数多くの利点が発生します。
● 複数の専用 Web サーバーにロードを分散できるため、システム全体のパフォーマンスが
向上します。
● 専用 Web サーバーと WinCC サーバーが、異なるコンピュータ上に物理的に分離される
ため、セキュリティが向上します。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
127
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
● サーバーが物理的に分離されるため、システムサポートや EDP 部門などの運用機能によ
り空間的に分離することもできます。
● 専用 Web サーバーでは、WinCC 冗長化を使用して、2 台の下位 WinCC サーバーの冗長
化切り替えをサポートしています。
● 専用 Web サーバーは、複数の下位 WinCC サーバーに同時にアクセスできます。この場
合、ユーザーは、専用 Web サーバーにログオンすれば(個々のプロジェクトにログオンし
なくても)、複数の WinCC プロジェクトにアクセスできます。
Web Navigator サーバーをインストールすれば、専用 Web サーバーの機能を WinCC クライ
アントで使用できます。
専用 Web サーバー上で発行を実行するには、Web View Publisher を使用します。Web View
Publisher を使用すれば、自動的に、プロジェクトデータに必要な変更を加え(WinCC 画面、
スクリプトおよびファンクションの変換を実行し)、イントラネット/インターネットを使用
して WinCC Web Navigator クライアントでこれらの変更を実行できます。
発行した画面は、WinCC クライアントのプロジェクトの".../WebNavigator/Pictures"フォルダ
に格納されます。
● 独自プロジェクトの画面"<画像名>.PD_ "。
● 別のプロジェクトの画面。"<サーバー接頭語>_ _<picture_name>.PD_ ""_ _.PD_ "。 注記
Web Navigator を介して使用する画面名には、アンダースコア文字を 2 つ続けて(__)指定
することはできません。これは、2 つ続けて指定したアンダースコア文字の直前の文字
列がサーバー接頭語とみなされるからです。
基本プロセスコントロールを使用する場合、名前も 1 個のアンダースコア文字で始まっ
てはいけません。 画面ツリーマネージャを使用するには、上位画面の名前を"@PTN_"で
始めます。 アンダースコア文字が先行する場合、画面名に二重アンダースコア文字を使
用します。
専用 Web サーバー上で画面を発行する場合、参照グラフィックとプロジェクト関数の発
行中に問題が発生しないように、WinCC クライアント/専用 Web サーバーの WinCC プ
ロジェクトを開いておいてください。
専用 Web サーバーの WinCC プロジェクトのスタートアップリストで、[グラフィックラ
ンタイム]オプションを有効にしてはいけません。
カスタマイズされた標準関数を発行できません。カスタマイズされた標準関数を Web ク
ライアントで使用できる場合には、プロジェクト関数としてカスタマイズされた標準関
数を作成し、その後発行することができます。
WinCC Web View Publisher は、WinCC V6.0 以降で作成したプロジェクトにのみ使用し
てください。
例をもう 1 つ挙げて、別のコンピュータ(A)から専用 Web サーバー/WinCC クライアント(B)
上で「リモート」発行する場合について説明します。この場合、専用 Web サーバー/WinCC
クライアント(B)は、Windows で WinCC プロジェクトのプロジェクトフォルダにアクセスす
128
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
る許可を受けている必要があります。コンピュータ(A)で、コンピュータ(B)の WinCC プロジ
ェクトを開いている場合、Web View Publisher をコンピュータ(A)上で起動すれば、ほかの
WinCC サーバーの WinCC 画面を専用 Web サーバー(B)に発行できます。 必要条件
● Web Navigator サーバーを WinCC クライアントにインストールしておく必要があります。
● WinCC クライアントがアクセスできる WinCC サーバーすべての C スクリプトと VB スク
リプトを WinCC クライアント上に配置しておく必要があります。
● WinCC クライアントがアクセスできる WinCC サーバーのパッケージを WinCC クライア
ント上にロードしておく必要があります。
● プロジェクトをほかのコンピュータで発行する場合、Publisher の[選択]ダイアログでプロ
ジェクトを表示したり、選択したりできるように、コンピュータをネットワークに接続し
てから Web View Publisher の起動しなければなりません。パスを直接入力することはで
きません。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
129
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
専用 Web サーバー上での発行
1. WinCC Explorer のナビゲーションウィンドウで、[Web Navigator]エントリを選択して、
そのポップアップメニューを表示します。その後、[Web View Publisher]を選択します。
[Web 発行]ウィザードが起動します。
2. [次へ]をクリックして、次のダイアログに進みます。
130
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
3. [サーバー接頭語]チェックボックスを有効にします。[サーバー接頭語]フィールドで、
WinCC サーバーの接頭語を選択します。WinCC クライアントにロードされたパッケージ
のロード元サーバーの接頭語を選択できるようになります。選択肢から接頭語を削除する
と自動的に、下に表示されている各フィールドの表示パスが変更されます。
[WinCC プロジェクトフォルダへのパス]フィールドで、画面を発行する WinCC プロジェ
クトのプロジェクトディレクトリ[\\<サーバー名>\<サーバー接頭語>_ _<プロジェクト名
>]を選択します。
[WinCC Web の発行フォルダ]フィールドで、発行する画面のターゲットフォルダを確認
します。必要であれば、設定パスを変更します。
Web Navigator のランタイムでは、発行する画面のターゲットフォルダとして、WinCC
プロジェクトフォルダ内に表示されるフォルダをそのまま変更しないでおく必要がありま
す。このパス仕様の変更が必要になるのは、たとえば、別のプロジェクトに画面を転送す
る場合です。この場合、これに対応して、接頭語選択リストが拡張されます。 MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
131
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
4. [次へ]をクリックして、次のダイアログに進みます。
WinCC Web Navigator サーバーで発行する画面を選択します。
132
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
5. [次へ]をクリックして、次のダイアログに進みます。
[>]を使用し、発行する C プロジェクト関数を選択します。[ファイル]フィールドで、WinCC
クライアントのプロジェクトに指定されているファンクションを選択できます。VB スク
リプトを個々に選択することはできません。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
133
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
6. [次へ]をクリックして、次のダイアログに進みます。
発行するプロセス画面で参照するグラフィック(たとえば、ビットマップ)を選択します。
134
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
7. [次へ]をクリックして、次のダイアログに進みます。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
135
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
8. [完了]をクリックして、画面の発行を開始します。進捗表示に進捗状態が表示されます。
9. 発行が完了したら、ダイアログボックスが表示されます。[OK]をクリックして確認しま
す。
Publisher の出力フィールドで、スクリプトエラーが検出された画面が強調表示されます。
ファイル名をダブルクリックすれば、"PdlPad"で画面を開き、スクリプトエラーを特定し
て修正できます。
[完了]ボタンをクリックすれば、ウィザードを終了できます。[戻る]ボタンをクリックすれ
ば、ウィザードの選択を変更できます。さらに、必要なら再発行することもできます。
4.5.4.4
11.1.3 Web View Publisher による WinCC プロセス画面のリモート発行
はじめに
イントラネット/インターネットを使用して WinCC Web Navigator クライアントで WinCC プ
ロジェクトデータ(画面、スクリプト)を操作できるようにするには、Web View Publisher を
使用してこのプロジェクトデータを発行します。
リモート発行する場合、ソースフォルダとターゲットフォルダは、同じ Web サーバー上に
も、複数の Web サーバー上にも配置できます。Web View Publisher 自体は、Web サーバー
のソースフォルダまたはターゲットフォルダでも、まったく別の Web サーバー上でも起動で
きます。
136
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
必要条件
● リモート発行を使用できるのは、Web Navigator サーバー上、または Web Navigator
Remote Publisher がインストールされていても専用 Web サーバーがインストールされて
いない場合のみです。
● Web View Publisher が、ソースとターゲットの各プロジェクトへの Windows アクセス許
可を受けている必要があります。デフォルトでは、これらのアクセス許可は WinCC で作
成されます。ただし、たとえば、これらのアクセス許可が一定のユーザーに制限されてい
ないかどうか確認してください。
● プロジェクトをほかのコンピュータで発行する場合、Publisher の[選択]ダイアログでプロ
ジェクトを表示したり、選択したりできるように、コンピュータをネットワークに接続し
てから Web View Publisher の起動しなければなりません。パスを直接入力することはで
きません。
● 専用 Web サーバー上で WinCC プロジェクトのリモート発行を行うには、発行するコン
ピュータでプロジェクトをリモートから開いていなければなりません。 ‌
専用 Web サーバー上で WinCC プロジェクトのリモート発行を行うには、WinCC エクス
プローラを閉じ、発行するコンピュータでプロジェクトをリモートから開いている必要が
あります。
注記
Web Navigator を介して使用する画面名には、アンダースコア文字を 2 つ続けて(__)指定す
ることはできません。これは、2 つ続けて指定したアンダースコア文字の直前の文字列がサ
ーバー接頭語とみなされるからです。
基本プロセスコントロールを使用する場合、名前も 1 個のアンダースコア文字で始まって
はいけません。 画面ツリーマネージャを使用するには、上位画面の名前を"@PTN_"で始め
ます。 アンダースコア文字が先行する場合、画面名に二重アンダースコア文字を使用しま
す。
カスタマイズされた標準関数を発行できません。カスタマイズされた標準関数を Web クラ
イアントで使用できる場合には、プロジェクト関数としてカスタマイズされた標準関数を作
成し、その後発行することができます。
WinCC Web View Publisher は、WinCC V6.0 以降で作成したプロジェクトにのみ使用して
ください。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
137
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
Web View Publisher によるリモート発行
1. WinCC Explorer のナビゲーションウィンドウで、[Web Navigator]エントリを選択して、
そのポップアップメニューを表示します。その後、[Web View Publisher]を選択します。
[Web 発行]ウィザードが起動します。
2. [次へ]をクリックして、次のダイアログに進みます。
138
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
3. [プロジェクトの WinCC 画面へのパス]フィールドで、WinCC 画面が含まれているソース
プロジェクトを選択します。ほかの WinCC サーバー上では、アクセス許可名を使用して
ソースプロジェクトが表示されます。選択した名前は、"\\<コンピュータ名>\<有効名>"の
形式で表示されます。
[WinCC Web の発行フォルダ]フィールドで、変換した画面を格納するターゲットプロジ
ェクト情報を確認します。このパスは、ソースプロジェクトの選択中に調整されます。タ
ーゲットプロジェクトが別の WinCC サーバー上に配置されている場合、対応するプロジ
ェクトを選択します。
4. [次へ]をクリックして、次のダイアログに進みます。
WinCC Web Navigator サーバーで発行する画面を選択します。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
139
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
5. [次へ]をクリックして、次のダイアログに進みます。
6. [>]を使用し、発行する C プロジェクト関数を選択します。VB スクリプトを個々に選択す
ることはできません。
140
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
7. [次へ]をクリックして、次のダイアログに進みます。
Web サーバーで発行するプロセス画面で参照するグラフィック(たとえば、ビットマップ)
を選択します。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
141
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
8. [次へ]をクリックして、次のダイアログに進みます。
142
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
9. [完了]をクリックして、画面の発行を開始します。進捗表示に進捗状態が表示されます。
10.発行が完了したら、ダイアログボックスが表示されます。[OK]をクリックして確認しま
す。
Publisher の出力フィールドで、スクリプトエラーが検出された画面が強調表示されます。
ファイル名をダブルクリックすれば、"PdlPad"で画面を開き、スクリプトエラーを特定し
て修正できます。
[完了]ボタンをクリックすれば、ウィザードを終了できます。[戻る]ボタンをクリックすれ
ば、ウィザードの選択を変更できます。さらに、必要なら再発行することもできます。
4.5.5
既存のプロジェクトの転送と調整
はじめに
WinCC ですでに作成したプロジェクトをインターネット/イントラネットから使用できるよ
うにすることができます。
基本的に、この操作をするには、WinCC Web フォルダで WinCC Web View Publisher を使
用して既存の WinCC 画面を発行し、WinCC ユーザー管理者で Web ユーザーを設定する必
要があります。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
143
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
注記
WinCC Web View Publisher は、WinCC V6.0 以降で作成したプロジェクトにのみ使用して
ください。
WinCC V6 から WinCC V7 に変換されたプロジェクトに対しては、WinCC 基本ドキュメン
テーションの移行に関する指示に従います。
現在のバージョンの WinCC Web Navigator には、その機能に多くの制限があり、標準の
WinCC 基本システムが「シンクライアント」として提供する機能のなかには、サポートして
ないものがあります。
制限に関して既存の WinCC の設定をチェックし、必要に応じて調整します。
通知
WinCC Web Navigator では特定の数(約 600)の機能および標準機能のみが使用可能であり、
これを WinCC Web Navigator クライアントで使用できます。 WinCC Web Navigator クラ
イアントでサポートされているファンクションとサポートされていないファンクションの
リストについては、付録を参照してください。
4.5.6
制限
WinCC Web Navigator クライアントの最小ランタイム環境に拡張 WinCC ランタイム機能を
転送する場合、どうしても制限事項がいくつか発生します。
次の WinCC オプションと機能は、Web Navigator クライアントでイントラネット/インター
ネットから使用することはできません。
サポートされていないファンクションを使用すると、ランタイムでプレーンなテキストメッ
セージによってそのことがユーザーに通知されます。
● WinCC Web Navigator クライアントは、実行中の WinCC プロジェクトの表示しか実行で
きません。 Web クライアントによる WinCC サーバープロジェクトの設定はできません。
● WinCC Web Navigator で実行できるのは、WinCC Web Navigator で実行できることがド
キュメンテーションに明確に記載されている WinCC オプションパッケージ/アドオンのみ
です。
● WinCC Web Navigator クライアントでは、すべての ODK ファンクションはサポートされ
ていません。 サポートされているファンクションのリストは、付録に記載されています。
● Web Navigator クライアントは、基本プロセスコントロールを使った WinCC 基本システ
ムのすべてのファンクションをサポートするわけではありません。 サポートされている
ファンクションとサポートされていないファンクションについての説明は、WinCC 情報
システムの[オプション|プロセスコントロールのオプション|システム概要コントロールオ
プション|PCS7 環境での設定|Web クライアント]および[リリースノート|コントロールオ
プション]にあります。
144
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
● レポートデザイナは、アラームメッセージ、操作、およびアーカイブ内容の時間トリガド
キュメンテーションまたはイベントトリガドキュメンテーションに対応した WinCC の統
合型レポートシステムです。 このレポートシステムは、イントラネット/インターネット
ではサポートされていません。 このため、たとえば、レポートの出力が可能なのは、Web
Navigator サーバーと WinCC クライアントのみです。
● WinCC Web Navigator クライアントでは、別個のアーカイブシステムは実行されていま
せん。 操作および監視できるのは、メッセージアーカイブとメッセージシステムのみで
す。
● コンピュータローカルタグとユーザーアーカイブの組み合わせは、Web クライアントで
はサポートされません。 詳細は「基本システムの特徴>コンピュータローカルタグ」を参
照してください。
● 冗長化スイッチがサポートされているのは、専用 Web サーバー上のみです。
● - 「WinCC アラームコントロール」ActiveX コントロールでは、[アクションのトリガ]プ
ロパティはサポートされていません。 アラームコントロールで、アラームクラスに従っ
た選択ができるのは、Web サーバー上でローカル形式で実行している Web クライアント
のみです。
Web クライアントで適切な表示を確実に行うために、
「メッセージブロック」タブコント
ロールにある「WinCC アラームコントロール」の設定の WinCC プロジェクトで、[プロ
ジェクト設定の適用]エリアにあるチェックボックスをオンにしないでください。
● WinCC で設定されたホットキーによる操作は、Web Navigator クライアントではサポー
トされていません。これは、Internet Explorer では、WinCC からの操作オブジェクトと
Internet Explorer の専用オブジェクトが区別されないたえめです。 ‌
タブキーを使った操作はサポートされています。
● WinCC のグローバルライブラリの一部のオブジェクトは Web Navigator クライアントで
サポートされていません。 ‌
Web Navigator には、"Global Library / Operation / Operating Panels"ディレクトリからの
"1_Slider"、"2_Slider"および"4_Slider"オブジェクトがあります。
● プロセス画面または参照グラフの名前の国固有の特殊文字はインターネット接続中に Web
クライアントでサポートされません。
4.5.7
スクリプトの使用
VB スクリプト
Visual Basic Script を使用している場合、サポートされていない機能があるため、ほんの少し
のみ制限事項が発生します。 これらの関数の概要については、付録を参照してください。
グローバルスクリプト
WinCC Web Navigator クライアントは、プロジェクトの表示しか実行できません。 スクリプ
トの設定は、WinCC サーバーのサーバープロジェクトで実行されます。
Web クライアントでは、グローバルスクリプトは実行できません。 サーバー上のグローバル
スクリプトはサポートされています。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
145
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
WinCC と異なり、WinCC Web Navigator クライアント上のスクリプトはすべて、同じ名前
空間に統合されます。 この結果、各種オブジェクトでインプリメントされる各スクリプト間
で関数呼び出しを実行できます。 グローバルタグは、スクリプトすべてに認識されています。
このため、このファイルのスクリプトに格納される"#define Motor 1 100"などの各"define"は、
全スクリプト間で 1回のみ指定できます。
設定上の理由で複数回の指定が必要な場合、"#undef"によってまず"define"を無効にする必要
があります。
例:
#undef Motor1
#define Motor1 200
特殊機能
Web Navigator クライアントで実行されている Project 関数では、インクルードファイルを使
用してはいけません。 PdlPad ツールは、使用した画面に問題がないかを調べ、問題点を表
示するのに役立つツールです。
ダイナミックウィザードで作成されたスクリプトは、一部 Web Navigator クライアントで実
行できません。サポートされていない関数がスクリプトで使用されている可能性があるため
です。 これらのスクリプトを Web クライアントで実行できる場合には、ユーザーがこれら
のスクリプトをテストして修正する必要があります。たとえば、"#ifdef
RUN_ON_WEBNAVIGATOR"条件を挿入します。
アクション
アクションとは、操作とイベントに応答するスクリプトを指します。 オンラインヘルプの付
録には、サポートされている関数が表示されています。
タグトリガによるスクリプト
タグは Web Navigator で設定したサイクルタイムごとにではなく、1 秒に 1 サイクルでポー
リングされます。 この結果、AS と WinCC サーバー間の通信接続にかかるロードが増加する
ため、AS と WinCC サーバーの通信に制限をつけてロードの利用を操作する場合には、この
ことを考慮する必要があります。
たとえば、String 関数を使用して名前を生成するタグトリガ型スクリプトにより別のタグが
要求される場合、これらのタグがまだ認識されていなければ、これらタグを読み取るのに同
期形式しか使用できません。 この結果、実行時間が異常に長くなることがあります。 この問
題を避けるには、使用するタグ名をトリガリストに入力してください。
VBS とグローバルスクリプトの診断
WinCC Web Navigator では、アプリケーションウィンドウによる VBS とグローバルスクリ
プトの診断がサポートされています。
VBS およびグローバルスクリプト診断に対応してプロセス画面にアプリケーションウィンド
ウを配置する場合、ウィンドウ内容「グローバルスクリプト」および「GSC 診断」テンプレ
ートを選択します。
146
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
4.5.8
"PdlPad"ツール
はじめに
WinCC Web Navigator サーバーをインストールすると、"PdlPad"ツールもインストールされ
ます。このツールを使用すれば、発行する画面のスクリプトをチェックできます。
スクリプトをチェックするには、PdlPad で発行する画面を開き、[スクリプトのチェック]ア
イコンをクリックします。 PdlPad では、スクリプトへの修正を入力および保存できます。
ただし、これらの修正は発行する画面にのみ保存され、WinCC プロジェクトのプロセス画面
には保存されません。
PdlPad の起動:
● インストールディレクトリ[\Webnavigator\Server\bin]で[PdlPad.exe]をダブルクリックし
ます。
Web View Publisher からの起動
Web View Publisher を使用すれば、自動的に、WinCC プロセス画面に必要な調整を加えて、
イントラネット/インターネットを使用して WinCC Web Navigator クライアントでこれらの
変更を実行できます。 発行する画面は、" ..\ WebNavigator \ Pictures"の下の WinCC プロジ
ェクトフォルダにあります。 Web View Publisher の実行時に[スクリプトのチェック]チェックボックスを有効にすると、
Publisher の出力フィールドで、スクリプトエラーが検出された発行画面が強調表示されます。
ファイル名をダブルクリックすれば、PdlPad で画面を開き、エラーを特定して修正できま
す。
発行の詳細については、「WinCC プロセス画面の発行」トピックを参照してください。
Windows の[スタート]メニューからの起動
発行する画面のスクリプトをチェックするには、"..\ WebNavigator \ Picture"下の WinCC プ
ロジェクトフォルダから、PdlPad でこの画面を開きます。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
147
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
4.5.9
WinCC 基本システムとの相違
4.5.9.1
画面選択
Web Navigator では、インターネットを使用して WinCC 画面が非同期形式でダウンロードさ
れます。 このため、基本システムとは違って、画面は同期形式ではなく非同期形式で変更さ
れます。 画面の変更をトリガするスクリプトの場合、このことを考慮する必要があります。
これは以下のように適用されます。
スクリプト内で画面ウィンドウが画面の選択をトリガする場合、新しい画面のオブジェクト
はその画面が特定の時点でロードされていないために、同じスクリプト内でアクセスできま
せん。 スクリプトおよび Internet Explorer が遅延を待機するため、遅延(Sleep(2000)など)は
ここでは役に立ちません。
画面がロードされるとトリガされる OpenPicture イベントの間にスクリプトの残りの部分を
実行するのが、より良い解決策です。
148
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
4.5.9.2
スクリプト
画面選択解除
ANSI C 機能である SetPictureName などを C スクリプトで使用して、画面を選択解除できま
す。
スクリプトで別の機能を呼び出す場合、実行されないか、エラーとともに実行されます。 画
面のコンテキストは、画面が選択解除されたときに失われます。
プリプロセッサ定義
特に Web Navigator の場合、スクリプトにプリプロセッサの定義があります。
RUN_ON_WEBNAVIGATOR
このプリプロセッサ定義に従って書かれているコードを実行するのは、Web Navigator のみ
です。 このため、基本システムと Web Navigator で動作が異なるスクリプトを書くことがで
きます。
例:
void OnOpenPicture (char* lpszPictureName, char* lpszObjectName,
char* lpszPropertyName)
{
#ifdef RUN_ON_WEBNAVIGATOR
// Navigator ででででででででででででででででで
#else
// ででででででででででででででででででででででで
#endif
}
4.5.9.3
スクリプトの実行
WinCC 基本システムと異なり、イベントトリガスクリプト(OnClick など)は、画面表示と同
じプロセス空間、つまり Internet Explorer のコンテキストで実行されます。
スクリプトで遅延(Sleep(3000)など)を使用する場合には、これに準拠する必要があります。
この場合、表示される画面は正確にそのタイムスパンでアクセスできません。
4.5.9.4
同期スクリプト関数
同期スクリプトはシステムに高い負荷を与えます。 特に、サイクリックスクリプト
で"SetTagxxx"関数を使用しないでください。 高速サイクル(1 秒以下)で複数の(10 台を超え
る)クライアントが SetTagxxx 関数を呼び出すと、サーバーはオーバーロードします。
同期タグ書き込みを実行して結果を待つ"xxxWait"や CApi 呼び出しなどの同期スクリプト関
数の場合、これらの呼び出しが同期して、サーバーに送られる点に注意する必要があります。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
149
WinCC/WebNavigator 文書
4.5 Web プロジェクトの設定
このため、これらのスクリプト関数を頻繁に呼び出すと、Web クライアントのパフォーマン
スに深刻な影響を与える場合があります。 インターネット接続を使う場合、このような呼び
出しには最大数秒かかります。
表示された画面内でオブジェクトを操作するスクリプト関数には、サーバーへのラウンドト
リップのような心配がありません。
4.5.9.5
画面内のオブジェクトのアドレス指定
注記
バージョン 6.1 SP1 以降の Web Navigator では、画面内のオブジェクトの絶対アドレス指
定がサポートされています。 そのため、WinCC 基本システムとまったく変わりません。
V6.1 SP1 以前の Web Navigator では相対アドレス指定のみが可能であり、これについては
引き続き Web Navigator でサポートされています。 ただし、説明はありません。
4.5.9.6
画面ローカルスクリプトタグの定義
画面固有のデータをスクリプトで保持するには、Web Navigator で WinCC タグを使用しない
でください。 これらのタグは、スクリプトで読み取るまたは書き込む場合、常にサーバーと
のやり取りが発生し、通信の負荷となります。
画面固有のデータを保持するオプションは複数あります。
「非表示」グラフィックオブジェクトの設定
非表示グラフィックオブジェクトを作成することによって、これらの非表示オブジェクトの
プロパティを画面固有のタグとして使用できます。
さらに、これらの保存した値の変更時に特定のアクションを実行する利点があります。
例: 非表示テキストフィールドの作成。
ここでは任意のテキストを TextProperty に保存して、スクリプトハンドラで読み込んだり書
き込んだりすることができます。
たとえば、テキストフィールドの色のプロパティで、スクリプトを使って読み込んだり書き
込んだりした色を保存して、サーバーへのラウンドトリップを引き起こすことなく画面に影
響を与えることができます。
4.5.9.7
コンピュータローカルタグ
概要
WinCC/WebNavigator クライアントは、コンピュータローカルタグをサポートします。
以下の機能を考慮してください。
150
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.6 WinCC/Web Navigator クライアントの使用
● 専用 Web サーバーの場合
● テキストタグの場合
● ユーザーアーカイブの場合
専用 Web サーバーを使ったコンピュータローカルタグ
専用 Web サーバーを使用している場合、Web クライアントでは専用 Web サーバーのコンピ
ュータローカルタグしか使用できません。 そのため、これらのタグは Web クライアントで
独自の値を持つとは考えられません。
下位の WinCC サーバーのコンピュータローカルタグ
下位の WinCC サーバーのコンピュータローカルタグは、Web クライアントで分離した値を
持つことができません。
コンピュータローカルタグの特殊文字
コンピュータローカルタグの開始値は、タグ名で使用できる文字のみを含むことができます。
たとえば、開始値のコロンは、タグを Web クライアントで認識できなくします。
特殊文字の詳細については、WinCC 情報システムのトピック[WinCC の操作]>[プロジェクト
の操作]>[付録]>[使用できない文字]を参照してください。
コンピュータローカルタグとユーザーアーカイブ
コンピュータローカルタグとユーザーアーカイブの組み合わせは、Web クライアントではサ
ポートされません。
4.6
WinCC/Web Navigator クライアントの使用
4.6.1
WinCC/Web Navigator クライアントの使用
概要
WinCC Web Navigator クライアントを使用すれば、WinCC サーバーの実行中、WinCC プロ
ジェクトを表示、操作、およびモニタできます。 このため、サーバープロジェクトの設定は
できません。
Web Navigator クライアントの関数とプロパティについては、次章で説明しています。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
151
WinCC/WebNavigator 文書
4.6 WinCC/Web Navigator クライアントの使用
4.6.2
Web クライアントの関数と一般プロパティ
Web クライアントの自動的な接続エラーによる接続の確立(再接続)
Web クライアントと Web サーバー間の通信に障害が発生した場合、ユーザーは Web クライ
アントでメッセージを受信します。 たとえば、WinCC サーバーの WinCC ランタイムの終了
に関するメッセージが 10 秒以内に表示され、続いて Web サーバーの電源異常が 60 秒以内
に表示されます。 ‌
Web クライアントは、自動的に接続を確立して接続を回復するしようと試みます。 再接続後
に、WinCC プロジェクトの開始ページが選択されます。 ‌
事前に、Web クライアントと Web サーバー間の接続が正常に確立されていることが条件で
す。
接続確立を試す遅延値を、Web コンフィグレータの Web サーバーで設定することができま
す。 "0"の値を設定すると、Web クライアントは自動的に再接続しようとしません。
Web クライアントの別のバージョンの Web サーバーへの接続
Web Navigator クライアントを V1.2 などの別のバージョンの Web Navigator サーバーに接続
する場合、
「必要条件」の章にある「バージョンの混合と互換性」を参照してください。
モニタキーボード
WinCC と同様に、Web Navigator クライアントの画面に仮想キーボードが表示されます。こ
のキーボードにより数値や英数字を入力できます。 WinCC プロジェクトの設定に関係なく、
Web クライアントにキーボードを表示できます。
クライアントインストールで、アプリケーションを選択し、インストールする必要がありま
す。
モニタキーボードの設定は、[設定]メニューの Web Navigation ユーザーインターフェイスで
定義されます。 Web Navigation ユーザーインターフェイスが"ClientConfig.asp"ファイルで
直接設定を定義する場合。 ファイルはアドレス"http://<サーバー名>/ClientConfig.asp"を使用
して、Internet Explorer で開くことができます。
画面キーボードの詳細については、WinCC 情報システムの対応する章を参照してくださ
い。
Web クライアントでのダウンロードまたはプラグインのインストール
ダウンロードまたはプラグインを接続されている Web サーバーから Web クライアントにイ
ンストールしなければならない場合、このクライアントコンピュータで別の Web クライアン
トを起動できません。別のサーバーから同じサーバーに接続を確立しようとすると、Internet
Explorer のウィンドウが開きます。 クライアントコンピュータで Web クライアントを別の
Web サーバーに接続する場合にも、上記の動作が発生します。 Web Navigator ソフトウェア
のインストール中は、クライアントコンピュータで不必要な他のアプリケーションをすべて
閉じることをお勧めします。
プラグインに伴って ActiveX コントロールもインストールする場合、Internet Explorer は必ず
閉じておき、再び開く必要があります。 152
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.6 WinCC/Web Navigator クライアントの使用
通信
WinCC Web Navigator サーバーとクライアント間の通信は、HTTP と HTTPS により実行で
きます。 不正アクセスからシステムを保護するため、HTTPS を使用してください。
Internet Explorer の新しいウィンドウによる複数の表示
複数のウィンドウを使用した複数インスタンスは、Web クライアントではサポートされてい
ません。
複数の表示は、Internet Explorer で[ファイル|新規作成|ウィンドウ]メニューで[新規のウィン
ドウ]関数を使用すると作成されます。
[ブロックタイトル] Internet Explorer のタブを使用したマルチインスタンス
バージョン 7.0 以降の Internet Explorer は単一の Internet Explorer ウィンドウで、Web ペー
ジを使用して複数のタブとタブグループをサポートします(タブ付きブラウジング)。 これに
より、Web クライアントでプロジェクトの複数の表示をセットアップできます。例: タブ 1
は[画面 1]を示し、タブ 2 は[画面 2]を示します。
オーバーラップロック
プロセス画面におけるオーバーラップロックは、Web クライアントではサポートされていま
せん。 ランタイムの持続性
Web クライアントの持続性に関するファイルは、"Documents and Settings/User/Application
Data/WebNavigator"フォルダにあります。 ランタイムの持続性が有効になった制御設定は、
各設定をリセットするか、またはファイルを削除することによってのみリセットすることが
できます。
- 標準サーバーでの RT の持続性
画面とオブジェクト専用の持続性データは、Web クライアントに保存されます。 サーバーで
複数のプロジェクトを実行し、これらのプロジェクトに同じ名前の画面またはオブジェクト
がある場合、以下の動作になります。 あるプロジェクトに RT の持続性を作成すると、同じ
名前の画面の持続性が他のプロジェクトに転送されます。
- 専用 Web サーバーでの RT の持続性
2 台の WinCC クライアントをシステム内の同じ WinCC サーバーに接続する場合、RT の持
続性の点から考えて、どちらの WinCC クライアントから Web クライアントが WinCC サー
バーに接続されるかは重要な問題ではありません。 サーバー画面に持続性の設定を定義する
と、各 Web クライアントでこれらの設定を利用できます。 Web クライアントがどちらの
WinCC クライアントと接続されているかは重要ではありません。
プロジェクト変更
Web サーバーで WinCC プロジェクトを変更した後には、Web クライアントが再び Web サ
ーバーに接続できるように、再び Web コンフィグレータを実行する必要があります。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
153
WinCC/WebNavigator 文書
4.6 WinCC/Web Navigator クライアントの使用
言語変更
WinCC Web Navigator クライアント上で、言語切り替えを実行できます。
ランタイム中に WinCC サーバー上でテキストライブラリのテキストを変更しても、WinCC
Web Navigator クライアントがこの変更を自動的に認識するわけではありません。 Internet
Explorer は、該当する画面をキャッシュに保存します。 キャッシュとは、頻繁に使用するオ
ブジェクト(たとえばインターネットのページ)の内容を保存する特殊なメモリです。 表示さ
れている画面を更新するには、[更新]アイコンまたは"F5"キーを使用して画面を再ロードする
必要があります。
テキスト参照を使用した場合の言語に依存するテキスト
テキスト参照を使用した言語に依存するテキストの出力は、Web クライアントでは、現在そ
れぞれの WinCC サーバーで設定されている言語で表示されます。
同じことは、たとえばパッケージを使用して 2 番目の WinCC サーバーのテキスト参照が独
自のプロジェクトを持つ WinCC クライアントにロードされるマルチユーザーシステムにつ
いても言えます。 Web クライアントまたは WinCC クライアントがその独自のプロジェクト
を持つこの WinCC クライアントに登録されている場合、2 番目の WinCC サーバーのテキス
ト参照は現在の言語でこのクライアントに表示されます。 カスタマイズされた ActiveX コントロール
カスタマイズされた ActiveX コントロール(Industrial X)が WinCC に挿入されている場合、そ
れをクライアントコンピュータにインストールすると、Web クライアントでも ActiveX コン
トロールを実行できます。 コントロールをダウンロードできるように、圧縮することができ
ます。 そのために、たとえば WinCC Plug-In Builder を使用できます。 詳細については、
「WinCC Plug-In ビルダ」または IndustrialX ホットラインを参照してください。
WinCC スライダコントロール
WinCC スライダコントロールでは、WinCC の設定中に"ContinousChange"属性を"いいえ"に
設定する必要があります。 この属性を"はい"に設定すると、ほんのわずか位置変更を行った
のみでもイベントトリガが起動するため、その結果として Web クライアントの通信負荷が大
きくなります。
ランタイムの Zoom 関数
ランタイムの拡張された Zoom 関数を Web クライアントで無効にすることはできません。
Zoom 関数を使用する必要がない場合、Web クライアントでは自動スクロール設定にした状
態でホイール式マウスを使用しないでください。
プロセスタグへのアクセス
WinCC クライアントの場合とまったく同じように、プロセスタグを読み書きできます。
WinCC Explorer により、プロセスイメージにタグ値が指定されます。 WinCC ユーザー管理
者で発行されるオーソリゼーションに応じて、Web クライアントユーザーは、モニタのみ実
行できることもあれば("システム特権番号 1002")、操作とモニタを実行できることもありま
す。
154
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.6 WinCC/Web Navigator クライアントの使用
DataMonitor を使用している場合、情報の転送とユーザー管理に Web Navigator を使用しま
す。 Web Navigator クライアントは完全な HMI システムですが、DataMonitor クライアント
は、あくまでも WinCC のプロセス値または WinCC 長期アーカイブサーバーのデータに対応
した表示および評価システムです。
不十分なオーソリゼーションを使用したマウスカーソルおよび操作可能なオブジェクト
WinCC 基本システムのプロセス画面では、登録されたユーザーが十分なオーソリゼーション
を持っていない場合には、緑色の強調された矢印なしで、操作可能なオブジェクト上にマウ
スカーソルが表示されます。 同様に、十分なオーソリゼーションが不足している場合は、操
作可能なオブジェクトが無効として表示されます。
Web Navigator クライアントでは、システム制限によって、不十分なオーソリゼーションを
持ったこれらのオブジェクトが、操作可能であるように表示されます。 これらのオブジェク
トは、システム制限によって無効にはならずに、オブジェクト上に強調された矢印を用いた
マウスカーソルが表示されます。 操作または値入力を試みた場合にのみ、ユーザーが十分な
オーソリゼーションを持っていないことを示すメッセージを表示します。
4.6.3
画面に関する Web クライアントのプロパティ
直接接続によるタグ接続の更新サイクル
直接接続によるタグ接続では、"変更時"の更新サイクルが設定されたタグ値は"1 秒"のサイク
ルで Web クライアント上で更新されます。 たとえばタグ値を表示する時は、これを考慮し
なければなりません。 メッセージの表示
WinCC アラームコントロールを使用すれば、WinCC Web Navigator クライアントで、既存
の WinCC メッセージアーカイブまたは WinCC サーバーの WinCC アラームロギングシステ
ムを操作およびモニタできます。 "Loop in Alarm"関数は実行できません。
トレンドおよびテーブルでのプロセス値の表示
WinCC オンライントレンドコントロールと WinCC オンラインテーブルコントロールを使用
すれば、WinCC Web Navigator クライアントで、トレンドまたはテーブルの形式でプロセス
値を表示できます。 トレンドおよびテーブルのウィンドウには変更を加えることができます。
ただし、Web Navigator クライアントは専用のアーカイブを使用できないため、プロセス値
のデータは、WinCC サーバーのアーカイブシステムのもののみを使用します。 アーカイブ
やタブの選択、持続性の設定など、コントロールのプロパティのいくつかは Web クライアン
ト上で変更できます。 オープン画面を持つテーブやトレンドでのアーカイブ値の表示
オンライントレンドコントロールおよびオンラインテーブルコントロールを使用してアーカ
イブ値を表示する場合、これらのコントロールの設定における[Open Picture]設定を考慮する
必要があります。 コントロールのプロパティで、[全般]タブコントロールの[オープン画面]領
域にある[アーカイブデータのロード]を選択する必要があります。 このオプションは、Web
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
155
WinCC/WebNavigator 文書
4.6 WinCC/Web Navigator クライアントの使用
クライアントのコントロールのプロパティでは有効になりません。そのため、現在の設定は
表示されず、変更することもできません。 ‌
このオプションが設定されていない場合、Web クライアントではオープン画面に関するデー
タが表示されません。 コントロールのツールバーにある[STOP]ボタンと[GO]ボタンをクリ
ックした後でのみ、値が表示されます。
ユーザーアーカイブテーブルコントロールを使用したユーザーアーカイブの値の表示
ユーザーアーカイブを変更すると、まさに現在このユーザーアーカイブの内容を表示してい
るユーザーアーカイブテーブルコントロールの更新がトリガされます。 以下の要因が、Web
クライアントのユーザーアーカイブテーブルコントロールを持つプロセス画面のパフォーマ
ンスに影響するので注意が必要です。
● ユーザーアーカイブに同時にアクセスするユーザーアーカイブテーブルコントロールの数
は、できるのみ少なくする必要があります。
● ユーザーアーカイブの周期的な変更は、できる限り少なくする必要があります。
● Web サーバーへの接続の通信負荷も影響があります。
画面テクノロジと周期スクリプトの画面
1 つの画面ウィンドウ内に(10 個を超える)複数のウィンドウが設定されており、これらのウ
ィンドウで、同期呼び出し(SetTagxxx など)を指定した周期スクリプトが使用されていると、
同期呼び出しの数が非常に多くなるためパフォーマンス問題が発生することがあります。環
境によっては、タイムアウトによりスクリプトの中には実行されないものがあります。 現
在、周期スクリプトを指定したウィンドウの数は、ウィンドウごとに 16 個のみサポートさ
れています。 周期スクリプトを使用していない場合、1 つのウィンドウで有効にできるウィ
ンドウ数は 31 個です。
Web クライアントの画面画面では、"Sizeable"プロパティは実装できません。 ユーザーはラ
ンタイム中に画面サイズを変更できません。
画面の変更
Web クライアントで画面を変更すると、グローバル C タグが初期化し直されます。
トリガすると、OpenPicture()関数により、専用 Web サーバーの既存のオブジェクトの親画
面が開きます。 ‌
アドレス指定の詳細については、「WinCC 基本システムの相違」および「画面でのオブジェ
クトのアドレス指定」を参照してください。
専用 Web サーバー上での画面の変更
サーバープリフィックスが指定された画面を専用 Web サーバー/WinCC クライアントにロー
ドすると、その後、サーバープリフィックスが指定されていないローカル WinCC プロジェ
クトの画面を表示できません。 ローカル WinCC クライアントプロジェクトの画面を表示す
るには、アドレス指定でサーバープレフィックス"@local"を使用する必要があります。たと
えば、"picture123"画面の場合には"@local::picture123.pdl"とします。
156
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.6 WinCC/Web Navigator クライアントの使用
Web クライアントでの修正済みプロセス画面の表示
ランタイム中に Web サーバーと WinCC を持つコンピュータ上で、WinCC グラフィックデ
ザイナでプロセス画面を修正すると、Web クライアントに画面が表示されます。したがって
修正済みプロセス画面を再度発行する必要があります。 修正を Web クライアントに表示で
きる方法としては、この方法しかありません。 Web クライアントの Internet Explorer におけ
る[インターネットオプション|インターネット一時ファイル|設定]での設定によっては、表示
を手動で更新しなければならないことがあります。
このプロセスは、コントロールのプロパティの変更にも適用されます。たとえば、タグロギ
ングコントロールの持続性設定が挙げられます。
専用 Web サーバーの Web クライアントで修正が行われたと想定すると、関連のある WinCC
プロジェクトを専用 Web サーバーでリモートから開きます。 すると修正済み画面が開き、
グラフィックデザイナに保存されます。その後 Web Publisher により専用 Web サーバーに発
行されます。 複数の画面または大きな 1 つの画面を修正する場合、グラフィックデザイナの
ポップアップメニューで、[画面の変換]を使用してプロセスを簡単にすることができます。
その後、修正済み画面も発行する必要があります。
Web クライアントでのエラーメッセージの原因
スクリプトのチェックを発行する際に、警告やエラーが発生するために、画面に信号が送信
されます。 これらの画面は引き続き発行されるので、クライアントが選択することができます。
しかし、クライアントが信号を送信するランタイムエラーが発生します。
画面でのプロジェクト関数
プロジェクトを初めて選択すると、初期画面のロード後にプロジェクト関数がロードされます。
したがって、初期画面が最初に表示されてから操作が実行できるようになるまで遅延が発生
する場合があります。つまり、画面が表示されても、操作できるのは約 1 秒後です。 画面から呼び出したプロジェクト関数がプロジェクト内にない場合、この画面ではプロジェ
クト関数を実行できません。 詳細については、「Web プロジェクトの設定」および「プロジ
ェクト関数を使用しない発行」を参照してください。
4.6.4
Web クライアントの"Hardcopy"関数
概要
Web クライアントの現在の表示を標準プリンタに出力できます。 設定可能なキー組み合わせ
またはスクリプトを使用すれば、ハードコピーをトリガできます。 キー組み合わせの定義、
またはプリントアウトする画面エリアは、ハードコピーアプリケーションの起動時に設定で
きます。 この関数は、すべての Web クライアントで使用できます。
ハードコピーアプリケーションの起動
Hardcopy 関数を使用するには、プラグインとして Web サーバーからダウンロードでき
る"PrtScr.exe"アプリケーションを実装します。 このアプリケーションを Web クライアント
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
157
WinCC/WebNavigator 文書
4.6 WinCC/Web Navigator クライアントの使用
で起動するには、コマンドライン、AutoRun グループのエントリまたはスクリプトを使用し
ます。 Hardcopy は、定義されたパラメータに従ってトリガされます。 パラメータ
関数
パラメータなし
Web クライアント上では使用できません。 ‌
代わりに"infinit"を使用できます。
-end
実行中の PrtScr.exe のインスタンスを終了します。
-hardcopy
PrtScr.exe を起動して、ハードコピーを直接トリガし、その後キーの組み合わ
せ操作を待ちます。 ‌
"infinit"と"hotkey"パラメータの組み合わせは、Web クライアントでのみ使用し
ます。 -nomcp
PrtScr.exe を起動して、ハードコピーを直接トリガし、その後で PrtScr.exe を
終了します。
/C=
PrtScr.exe を起動して、指示された画面エリアのハードコピーを直接トリガし、
left;top;right;bottom その後で PrtScr.exe を終了します。"/C="の直後にスペースが必要なため注意し
てください。 ‌
例 : prtscr.exe /C= 50;50;100;100
-l
横長フォーマットで印刷します。 ‌
このパラメータは、どのパラメータの組み合わせにでも追加できます。
-infinit
WinCC プロジェクトと接続されていないこと、および Web クライアントなど
でキー組み合わせが定義されていないことを示します。 このパラメータ
は、"hotkey"と組み合わせて使用する必要があります。
"hotkey"および"/C= left;top;right;bottom"の各パラメータと組み合わせてこのパラ
メータを使用すると、PrtScr が起動した後、キー組み合わせが押されるのを待
ちます。 キー組み合わせを押すと、"left;top; right;bottom"画面エリアのハード
コピーが出力されます。
-hotkey=„x„
キー組み合わせの指定。 次のキー組み合わせを使用できます。 ‌
{<ALT>、<SHIFT>、<CTRL>} + {0-9、A-Z、0xXX}
パラメータは大文字で入力する必要があります。 <ALT>、<SHIFT>、および
<CTRL>の各キーを互いに組み合わせることができますが、これらのキーが必要
なわけではありません。 ‌
16 進数値"0xXX"を使用すると、すべての仮想キーコードを"XX"で表現できま
す。 "仮想キーコード"は、DeveloperStudio のオンラインヘルプで確認できま
す。
例: ‌
hotkey=„<CTRL>+P„ キー組み合わせ„CTRL„と P ‌
hotkey=„0x2C„ PRT SCR キー(„プリントスクリーン„) ‌
hotkey=„<ALT>+0x2C„ キー組み合わせ„ALT„と"PRT SCR„
パラメータとパラメータの間にはスペースを入力する必要があります。 さらに、各パラメー
タでは大文字小文字を区別します。
158
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.7 WinCC/Web ナビゲーションインターフェイス
Web クライアントのパラメータ組み合わせ例
キー組み合わせによるハードコピー
PrtScr.exe –infinit –hotkey=„<ALT>+p„
PrtScr を開始し、ALT キーと p キーが押されるの
を待ちます。このキーの組み合わせを押すと、画
面全体が印刷されます。
PrtScr.exe –infinit –hotkey=„<ALT>+p„ –C=
10;10;100;100
PrtScr を開始し、ALT キーと p キーが押されるの
を待ちます。このキーの組み合わせを押すと、選
択した画面が印刷されます。
スクリプトによる開始
PrtScr.exe –nomcp
PrtScr を起動して、ハードコピーを直接トリガ
し、その後で PrtScr を終了します。
PrtScr.exe –C= 10;10;100;100
PrtScr を起動して、選択したエリアのハードコピ
ーを直接トリガし、その後で PrtScr を終了しま
す。
4.7
WinCC/Web ナビゲーションインターフェイス
4.7.1
WinCC Web ナビゲーションインターフェイス
はじめに
WinCC Web ナビゲーションインターフェイスでは各種 Web 関数を組み合わせており、ユー
ザーは分かりやすいフォーマットで使用できます。 ‌
ユーザーは、ナビゲーションインターフェイスの内容を拡張できます。 ‌
言語切り替えがサポートされています。
このインターフェイスの基本バージョンには、次の関数が統合されています。
● [サーバーの変更]メニュー:
– 上部のフィールドに、Web サーバーの新しいアドレスを直接入力します。[br/]アドレ
スが保存されます。
– 下部のフィールドに、Web サーバーの省略名を入力します。 これが、[使用されるサ
ーバー]のナビゲーション列に、アドレスの代わりに表示されます。
● [使用されるサーバー]メニュー: ‌
以前に使用された Web サーバーへの移動。[/p]
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
159
WinCC/WebNavigator 文書
4.7 WinCC/Web ナビゲーションインターフェイス
● 現在のサーバーのメニュー:
– [プロセス画面]: 現在の Web サーバーのプロセス画面を表示するか、またはこのプロ
セス画面に移動します。
– レポートツール: 現在のプロセス値と履歴データの表示と分析用の、"DataWorkbook"
などのインストールされているツール。
– 分析ツール: WinCC 中央アーカイブサーバー(WinCC CAS)のアーカイブデータをテ
ーブルおよびトレンドで表示するための、"DataView"などのインストールされている
ツール。
– [診断]: WinCC プロジェクトの診断、および Web サーバーとの接続の診断に対応し
た WinCC Scope と Status.html。
– [追加ツール]: このメニューは、ユーザーが拡張できます。
– [ダウンロードエリア]: このエリアは、たとえば Web Navigator 用のアドインやシス
テムをダウンロードするため、または Web Navigator Plug-In Builder を使ってプラグ
インとして作成されたアプリケーション固有のその他の Web コンポーネントを統合す
るため、ユーザーによって、またはユーザーのために提供された Web サーバーから、
文書やその他のファイルをダウンロードするために使用されます。
● [設定]メニュー: ‌
プロセス画面のサイズ調整、モニタキーボードの有効化、ロックキーの組み合わせなどの
Web クライアントの設定。 160
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.7 WinCC/Web ナビゲーションインターフェイス
● [現在値]メニュー: ‌
"SIMATIC HMI"、"WinCC"、"WinCC flexible"などの Web ページへのリンク。
● [言語]メニュー: ‌
ナビゲーションユーザーインターフェイスの言語の変更。 このプログラムの標準バージ
ョンには 5 つの言語が含まれています。 MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
161
WinCC/WebNavigator 文書
4.7 WinCC/Web ナビゲーションインターフェイス
ユーザーのログオン
Web サーバーにログオンする場合、Internet Explorer に入力されているアドレスを使用すれ
ば、ユーザーは、Web ナビゲーションインターフェイスを使用してログオンするか、WinCC
プロジェクトで設定した開始ページを使用してログオンするかを決定できます。
● "http://<サーバー名>/webnavigator"アドレスを使用すると、ログオン後に、[ユーザー管理
者]で設定したスタートページが開きます。
● "http://<サーバー名>/webnavigator/maincontrol.asp"アドレスを使用すると、Web ナビゲ
ーションインターフェイスが起動されます。
サーバーの変更
[サーバーの変更]メニューエントリを使用すれば、異なるサーバーを選択できます。 上部入
力フィールドに、新規サーバーの URL を入力します。 可能な入力フォーマットの例につい
ては、「ユーザーのログオン」を参照してください。 ‌
これより下部のフィールドにシンボル名を入力できます。このシンボル名は、現在のサーバ
ーとしてメニューに表示されます。 ここにエントリを入力しないと、サーバーの URL が表
示されます。 拡張オプション
メニュー
たとえば、操作エリアに応じてメニューエントリと関数を追加すれば、ナビゲーションイン
ターフェイスのメニューを拡張できます。 この操作を実行するには、XML ファイルでこれら
の拡張機能を設定した後、Web サーバーの"_custom_data"サブフォルダに格納します。 詳細
については、「Web ナビゲーションユーザーインターフェイスの拡張」トピックを参照して
ください。 ツール
ユーザーは、[追加ツール]メニューエントリを拡張すれば、Web クライアントで追加ツール
を使用できます。
プラグイン
[プラグインのダウンロード]メニューオプションを使って、Web サーバーの"Install/Custom"フ
ォルダに格納されたプラグインをダウンロードすることができます。 プラグインのバージョ
ン名を表示するためには、フォーマット"Vxx.xx.xx.xx"または"xx.xx.xx.xx"が割り付けられて
いる必要があります。
言語
"Menu.xml"ファイルを調整することにより、言語の調整オプションを簡単にすることができ
ます。 言語は、CSV ファイル形式で Web サーバーの"_languages/<言語 ID>"フォルダに格
納されます。 言語を追加する場合、"maincontrol.asp"ファイルでこれらの言語ファイルを参
照する必要があります。
162
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.8 WinCC Plug-In Builder のインストール
4.7.2
WinCC Web ナビゲーションインターフェイスの拡張
概要
メニューアイテムと関数を追加すれば、Web ナビゲーションインターフェイスのメニューを
拡張できます。 拡張は XML ファイルで設定されます。
この XML ファイルは、Web サーバーの"_custom_data"サブディレクトリに保存されます。
このディレクトリ内で拡張子"XML"が付くすべてのファイルは処理されますので、ファイル
名は任意に選択できます。
例:
この例では、[Server]メニューに[My Private Menu]サブメニューを追加して、[My Link]、
[Relative Link]、および[Run Script]の 3 つのサブアイテムを追加します。
コード
説明
<?xml version="1.0"?>
バージョン情報
<menu hook-on="server">
"menu hook-on"コマンドで、Web ナビゲーション
インターフェイスの[現在のサーバー]メニューを定
義するキー名"server"を参照します。
<caption><lng>My Private Menu</lng></caption> 3 行目は、空のメニュー項目を定義します。
<command> ‌
<caption>My Link</caption> ‌
<open-url target="right">http://www.msdn.com</
open-url> ‌
</command>
4 ~ 7 行目では、直接リンクを使用して[My Link]
メニュー項目を定義します。
<command> ‌
<caption>Relative Link</caption> ‌
<open-url target="right">project.asp</openurl> ‌
</command>
8 ~ 11 行目では、相対リンクを使用して[Relative
Link]メニュー項目を定義します。
<command> ‌
<caption>Run Script</caption> ‌
<run-script>alert("Hallo !")</run-script> ‌
</command>
12 ~ 15 行目では、スクリプトを開始する[Run
Script]メニュー項目を定義します。
</menu>
メニューの終了。
4.8
WinCC Plug-In Builder のインストール
4.8.1
WinCC Plug-In Builder のインストール
概要
WinCC Plug-In Builder を使用すれば、Web クライアントにより、追加の Web コンポーネン
トのダウンロードに応じたセットアッププログラムを作成できます。 たとえば、Web ナビゲ
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
163
WinCC/WebNavigator 文書
4.8 WinCC Plug-In Builder のインストール
ーションユーザーインターフェイスで、ユーザーはこれらのプラグインをダウンロードして
インストールできます。このため、Web クライアントの関数適用範囲を個々に拡張できま
す。 ‌
個々にダウンロードしてインストールすると、Web クライアントのリソースに必要以上の負
荷がかかることはありません。 つまり、プラグインを WinCC ActiveX コントロールの個々
のグループまたはシステム固有のグループに作成して Web クライアントにインストールする
ことができます。
Plug-In Builder を使用するために、セットアップテクノロジなどの開発プログラムの知識は
必要ありません。
作成するプラグインセットアップは、自己解凍の EXE ファイルの形式をとり、Web サーバ
ーのフォルダから Web クライアントにダウンロードする場合に使用できます。
Web Navigator プラグインは、インストール済み Web Navigator クライアントに組み込まれ
ます。Web Navigator クライアントを使用すれば、このプラグインをアンインストールする
こともできます。
Plug-In Builder で作成されたセットアッププログラムを使用できるのは、Web Navigator 環
境に限られます。
164
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.8 WinCC Plug-In Builder のインストール
4.8.2
Plug-In Builder のインストール
はじめに
WinCC/WebNavigator Plug-In Builder 用のソフトウェアが、WinCC DVD からコンピュータ
にインストールされます。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
165
WinCC/WebNavigator 文書
4.8 WinCC Plug-In Builder のインストール
手順
1. WinCC DVD を DVD ドライブに挿入します。 自動実行機能が有効になっていれば、数秒
後に自動的にセットアッププログラムが起動します。
ネットワークドライブからインストールしている場合または自動実行機能が無効の場合、
セットアップを手動で開始します。 これには、Windows の[スタート]メニューに進んで、
[設定|コントロールパネル|プログラムの追加と削除]を選択し、[新規プログラムの追
加]アイコンをクリックする必要があります。 必要なインストール媒体を選択します。
2. [インストールタイプ]に[ユーザー]を選択します。
3. WinCC/WebNavigator-Plug-In Builder のインストールを選択します。
対応する設定プログラムが起動します。
4. [次へ]をクリックして、画面の指示に従います。
WinCC/WebNavigator Plug-In Builder がインストールされます。
4.8.3
プラグイン: 作成、テスト、ダウンロードに備えた準備
概要
Plug-In Builder を使用すれば、既存のプラグインプロジェクトの概要とそのステータスがわ
かります。
各ボタンには、プラグインの作成とテストに対応した関数が装備されています。 左から右方
向に配列された各ボタンは、プラグインの新規作成の各ステップに対応しています。
[インストールされている Web Navigator ソフトウェア]フィールドには、コンピュータにイ
ンストールされている Web Navigator コンポーネントが表示されます。 Plug-In Builder の各
種関数を使用できるのは、所定の Web Navigator コンポーネントがインストールされている
場合に限ります。 Plug-In Builder は、起動後、コンピュータ上に配置されている既存のプラグインのビルドバ
ージョンをチェックします。 インストールされている Plug-In Builder のバージョンが新しい
と、古いプラグインが無効になることがあります。この場合、プラグインを再度作成する必
要があります。
無効のプラグイン、またはまだ生成していないプラグインはすべて、リストに表示されます。
Plug-In Builder には、バージョン情報に関するテンプレートが装備されており、このテンプ
レートを使用すれば、他のすべてのプラグインのバージョン情報を引き出すことができます。
このテンプレートは変更できません。
166
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.8 WinCC Plug-In Builder のインストール
注記
プラグインのバージョン情報にウムラウトを使用しないでください。
ファイル選択の場合、[登録済み共通ファイル]ウィンドウでは、自動登録ファイル(*.EXE、
*.OCX、*.DLL)以外受け入れることができません。 他のファイルは Plug-In Builder により拒
否されます。 ただし、システムは格納されているファイルが自動登録型かどうかをチェッ
クしません。 ‌
また、プラグインのインストール中、導入したファイルのせいで登録問題が発生することが
あるので注意が必要です。これは、ファイル別に独立して登録関数が実行されるためです。
特定の登録は、ユーザーの責任で実施します。 特定の登録は、ユーザーの責任で実施しま
す。
前提条件
● "Test Plug-In"関数には、Web Navigator クライアントのインストールが必要になりま
す。
● "Export Plug-In"関数には、Web Navigator サーバーのインストールが必要になります。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
167
WinCC/WebNavigator 文書
4.8 WinCC Plug-In Builder のインストール
プラグインの作成
1. Windows の[スタート]メニューで[SIMATIC|WinCC|Web Navigator|Web Navigator Plug-In
Builder]の順に選択して、Plug-In Builder を起動します。 [次へ]をクリックして次に進みま
す。
168
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.8 WinCC Plug-In Builder のインストール
1. [プラグインの新規作成]ボタンをクリックします。 各種プラグインバージョン情報の入力
に対応した[プラグインの新規作成]ダイアログが開きます。 データを入力し、[OK]ボタン
をクリックして入力を完了します。 確認のプロンプトが表示されたら確定して、新規プ
ラグインまたは修正を適用します。 ‌
バージョン情報に対応したテンプレートが必要な場合には、[プラグインプロジェクト]ウ
ィンドウの[テンプレート]プロジェクトを選択して、[プラグインを修正]ボタンをクリック
します。 テンプレートが表示されます。ただし、このテンプレートは編集できませ
ん。 ‌
作成が終了すると、[プラグインプロジェクト]フィールドにこのプロジェクトが表示され
ます。
2. [ファイル]ボタンをクリックします。 プラグインに組み込むファイルの選択に対応した[フ
ァイル]ダイアログが開きます。 [ソースパス]エリアで、必要なファイルを配置するドライ
ブとパスを選択します。 ‌
ドラッグアンドドロップを使用すれば、各ファイルを[共通ファイル]ウィンドウまたは[登
録済み共通ファイル]ウィンドウにコピーできます。 [共通ファイル]ウィンドウはどのファ
イルにも使用されます。一方、[登録済み共通ファイル]ウィンドウでは、自動登録ファイ
ル(*.EXE、*.OCX、*.DLL)に使用されます。 ‌
この 2 つのウィンドウの一方からファイルを削除するには、ダイアログの下部に表示され
ているリサイクルビンにファイルをドラッグします。 ‌
[OK]ボタンをクリックして、ファイルの選択を終了します。 3. プロジェクトリストで、新たに作成したプラグインプロジェクトを選択した後、[プラグ
インの作成]ボタンをクリックします。 [プラグインの作成]ダイアログが開きます。 作成
するプラグインのプロジェクトタイトルとパスが表示されます ‌
[OK]をクリックすると、このダイアログが閉じ、作成は実行されません。 ‌
[スタート]ボタンをクリックするとプラグインの作成が開始します。 作成プロセスの進捗
状況が表示されます。 作成が終了したら、[ログファイル]をクリックすれば、対応するロ
グファイルが表示されます。 ‌
[OK]をクリックしてダイアログを閉じます。 [作成ステータス]フィールドに[作成終了]と
表示されて、作成が完了したことが示されます。 4. プラグインをテストするには、[プラグインのテスト]をクリックします。 この関数を呼び
出すことができるのは、Web Navigator クライアントがインストールされている場合に限
ります。 [プラグインのテスト]ダイアログが開きます。 プラグインのプロジェクトタイト
ル、パス、およびステータスが表示されます。 ‌
[インストール]ボタンをクリックしてインストールを開始します。 [ステータス]フィール
ドに[セットアップ完了]というメッセージ表示されて、テストが完了したことが示されま
す。 ‌
[OK]をクリックしてダイアログを閉じます。 5. プラグインを Web サーバーにエクスポートするには、[プラグインのエクスポート]ボタン
をクリックします。 この関数を呼び出すことができるのは、Web Navigator サーバーがイ
ンストールされている場合に限ります。 [プラグインのエクスポート]ダイアログが開きま
す。 プラグインのプロジェクトタイトル、パス、およびステータスが表示されます。 [エ
クスポート]ボタンをクリックするとエクスポートプロセスが開始します。 [ステータス]フ
ィールドにテストが完了したことが表示されて、プラグインをエクスポートしたパス仕様
が表示されます。 ‌
[OK]をクリックしてダイアログを閉じます。 6. [終了]ボタンをクリックして、Plug-In Builder を閉じます。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
169
WinCC/WebNavigator 文書
4.9 "Status.html"による接続の診断
4.8.4
Web クライアントでのプラグインのインストールとアンインストール
プラグインのインストール
プラグインは Web クライアントの拡張機能であり、通常はインターネットを介して提供、イ
ンストールされます。
Web ナビゲーションインターフェイスの[プラグインのダウンロード]メニューを使用すれば、
使用可能なプラグインを選択してインストールできます。
Plug-In Builder の"Test Plug-In"関数を使用しても、テスト用にプラグインをインストールで
きます。 これには、Web Navigator クライアントをコンピュータにインストールしておく必
要があります。 その後、プラグインセットアップが完全に自動的に実行されます。
プラグインをインストールするには、少なくともメインユーザーの権限が必要です。
ダウンロードためのプラグインの準備
WinCC Web Navigator サーバーで、インストールフォルダの"Web/Install/Custom"サブフォ
ルダにプラグインが格納されます。 Plug-In Builder と同じコンピュータに Web サーバーが
インストールされている場合、インストールが完了したプラグインを Web Navigator サーバ
ーに直接エクスポートできます。
Plug-In Builder と Web サーバーが同じコンピュータにインストールされていない場合、プラ
グインを手動で転送する必要があります。
プラグインのアンインストール
プラグインは Web クライアントの拡張機能です。このため、独自のアンインストールプログ
ラムは提供されていません。
Windows の[コントロールパネル]では、インストールしたソフトとしてプラグインはリスト
されません。ただし、プラグインは、Web Navigator クライアントにより自動的にアンイン
ストールされます。
4.9
"Status.html"による接続の診断
"Status.html"ページは、WinCC Web Navigator サーバーとそれに接続されている有効なクラ
イアントの診断に使用されます。
次の各ブロックにステータス情報が表示されます。
● サーバーに関する情報ブロックが 1 つ。
● 接続したクライアントまたは診断クライアントごとに情報ブロックが 1 つ。
このサイトへの呼び出しは、Web Navigator がスタンドアローンの Web サイトとして存在す
る場合は、Internet Explorer でアドレス"http:///status.html"を使って行います。 Web Navigator
が仮想 Web サイトとして作成された場合、アドレスは"http://<サーバー名>/webnavigator/
status.html"となります。
表示言語は英語のみです。
170
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.9 "Status.html"による接続の診断
このページへのアクセスは、パスワードで保護されています([ユーザー管理者]で設定したユ
ーザーとパスワード)。
注記
表示されるステータス情報は保存することができます。 これを行うためには、Internet
Explorer の[名前を付けて保存]メニューオプションを使用し、ファイルタイプとして"(*.txt)"
を選択します。 "(*.htm, *.html)"を選択した場合、表示された内容は保存されません。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
171
WinCC/WebNavigator 文書
4.10 WinCC/WebNavigator 用の端末サービスの使用
Web Navigator サーバーの情報ブロックの構造
フィールド
説明
サーバーバージョン
Web Navigator サーバーのバージョン(ビルド番号)を表示します。
サーバーファイル日付
予約済み
最新の更新日
表示を最後に更新した日付と時刻 接続されているクライアント 接続されているクライアントの数 接続されている診断クライアン 接続されている診断クライアントの数
ト 接続されている表示専用クライ 接続されている表示専用クライアントの数
アント Web Navigator クライアントの情報ブロックの構造
[ログインしているユーザー:]の見出しの下に、接続されているクライアントの情報ブロック
がリスト表示されます。 各ブロックはクライアント名をヘッダーとして使用しています。
フィールド
説明
ログイン
現在のユーザーのログイン名
時間
現在のユーザーのログイン時間、または最新の自動再接続時間。
タイプ
Web クライアントのタイプ、デフォルト、デモ、表示専用など
PID この Web クライアントと通信する Web サーバー上での
WebNavigatorRT.exe エンティティのプロセス ID。
4.10
WinCC/WebNavigator 用の端末サービスの使用
4.10.1
WinCC/WebNavigator 用の端末サービスの使用
はじめに
Windows サーバーの端末サービスは、複数の端末サービスクライアントに、端末サービスサ
ーバーのようなデスクトップにアクセスするオプションを提供します。 MS Word のような
種々のアプリケーションが、Windows サーバーで実行されます。 ただし、端末サービスは、
172
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.10 WinCC/WebNavigator 用の端末サービスの使用
アプリケーションのユーザーインターフェースをクライアントに転送するだけです。 各クラ
イアントのキーボード入力とマウス操作は、サーバーに戻されます。
WinCC WebNavigator クライアントが、"THIN"アーキテクチャに既に作成されています: こ
れは端末サービスで何回も実行され、ハードウェアへの要求を軽くします。
端末サービスには以下の利点があります。
● たとえば、ほこりっぽい環境でのファンやハードディスクがない、低メモリ要件の頑丈な
ハードウェアを、シンクライアントとして使用できます。
● 限られた消費電力の移動性クライアント(携帯端末、パームトップなど)を、シンクライア
ントとして使用できます。
● アプリケーションはすべて、安全な環境下のサーバーに配置されます。
● 中央管理とシステム保守が簡単です。
● 多様なオペレーティングシステムをサポートします: Windows CE、Windows Mobile、
Windows XP、Windows Vista など。
端末サービスを使用した冗長システム設定については、該当する Microsoft のマニュアルを参
照してください。
注記
端末サービスクライアントでは、256 色しかサポートされていません。
サイズを変更できるビットマップ方式(「ライブビデオ」)を使用すると、端末サービスに負
担がかかりすぎるため、使用しないようにしてください。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
173
WinCC/WebNavigator 文書
4.10 WinCC/WebNavigator 用の端末サービスの使用
4.10.2
端末サービスを使用する通信
端末サービスを使用する通信
Web クライアントを端末サービスクライアントとして使用する場合、端末サービスサーバー
と Web Navigator サーバーの間にプロキシサーバーを使用する必要はありません。
端末サービスを使用して Web クライアントからアクセスする端末サービスおよび Web
Navigator 用のサーバーが同じコンピュータにインストールされていない場合、Web クライ
アントは端末サービスを使用して Web サーバーにアクセスすることができません。 この問
題は、次のようないくつかの方法によって解決できます。
● ライセンスを端末サービスサーバーにインストールしない、WinCC 基本システムの最小
インストール。
● Web クライアントをインストールした後で、"CCEClient_service.vbs"ファイルを端末サ
ービスサーバーで 1 度実行します。 このファイルは WinCC DVD の"Updates/
WebNavigator"フォルダに保存されています。 VBS ファイルの実行には、Windows ユー
ザー権限"管理者"が必要になります。
Web クライアントおよび WinCC クライアントの Web サーバーへのアクセス
Web クライアントが端末サービスを使用して Web サーバーにアクセスする場合、Web クラ
イアント(端末サービスクライアント)は、たとえば WinCC クライアントがこの Web サーバ
ーへのアクセスを許可されている場合でも、セッション中に Windows のデスクトップを開い
てはいけません。
セッションのスタート時に Web クライアントの Windows デスクトップを開かないために、
端末サービス設定(すべてのユーザー用)、またはコンピュータの管理(個々のユーザー用)のど
ちらかに、Internet Explorer をスタートプログラムとして直接入力します。
4.10.3
WinCCViewerRT
はじめに
Web ビューアは、WebNavigator クライアントにインストールされる Web プロジェクトの単
なる表示プログラムです。 特にシンな"THIN"端末サービスアプリケーショ
ン"WinCCViewerRT.exe"が、Internet Explorer の代わりに WebNavigator クイアントで実行
されます。 Web ビューアで、Web サーバーアドレスとグラフィックランタイムの設定を指
定します。
設定は、デフォルトでは設定ファイル"WinCCViewerRT.xml"に保存されます。 たとえ
ば"Operator1.xml"のような名前を変更できます。 または、コマンドラインを使用して、ユー
ザー固有の設定ファイルを指定することによって、Web ビューアを起動できます。
"WinCCViewerRT.exe Bediener1.xml"。 これにより、ログオンしているユーザーによって異
なる設定を使用することができます。 Web ビューアのインターフェース言語は、WinCC か
ら取得されます。
174
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.10 WinCC/WebNavigator 用の端末サービスの使用
load balancing による負荷分布はサポートされません
[load balancing]機能は、[WinCCViewerRT.exe]アプリケーションによってサポートされてい
ません。
ロードバランシングを使用した負荷分布は、Web ページを使用してコントロールされます。
クライアントが WinCCViewerRT を使用して Web ページを選択しないため、ロードバラン
シングには参加できません。
通知
ショートカットを無効にするかまたは[閉じる]ボタンを非表示にすると、Web ビューアを閉
じられなくなります。 Web ビューアに表示されたプロジェクトは、操作できません。
セットアップ
1. インストールディレクトリ"Siemens\WinCC\Webnavigator\Client\bin"で
[WinCCViewerRT.exe]をダブルクリックします。
2. Web サーバーの[一般]タブで、次のログオンデータを入力します: サーバーアドレス、ユ
ーザー名、パスワード。 [バージョン]フィールドは、"V 6.1"などの以前のバージョンを実
行する WebNavigator サーバーに接続するために、オプション的に使用されます。
3. [パラメータ]タブで、ランタイム言語と、他のプログラムに変更するためにユーザーが使
用するショートカットを無効にするかどうかを指定します。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
175
WinCC/WebNavigator 文書
4.10 WinCC/WebNavigator 用の端末サービスの使用
4. [Graphics Runtime]タブで、WinCC ランタイムプロパティを定義します:
- 開始画面
- 画面ナビゲーションの設定ファイル
- ウィンドウ属性
- 容認されないユーザーアクション
5. [ランタイム]タブで、追加のユーザーアクションを定義します。
- 自動ログアウト
- モニタキーボードの有効化
- <Ctrl+Alt+Del>を使用して、タスクマネージャへおよびオペレーティングシステムを切り
替えます。
- キーの組合せで Web ビューアを呼び出します。 <Ctrl+Alt+P>のデフォルトのキーの組合
せを変更できます。
6. [OK]ボタンを押してダイアログを閉じます。 Web サーバーへの接続が確立されます。
4.10.4
端末サービスのセットアップ
概要
以降の章では、WinCC Web Navigator クライアントに関する簡単な例を挙げて、端末サービ
スのセットアップについて説明します。
前提条件
端末サービスを設定した状態で、WinCC 基本システムと WinCC Web Navigator サーバーを
実行してはいけません。したがってサーバーに端末サービスをインストールし、以下の設定
のステップを行って端末サービスを有効にします。 設定のステップ
1. 端末サービスの有効化(端末サービスサーバー)
2. アプリケーションのインストール。WinCC Web Navigator クライアント(端末サービスサ
ーバー)など。 これについては、ここでは説明しません。 アプリケーションのインストー
ルについては、該当するマニュアルやオンラインヘルプを参照してください。
3. クライアントデータキャリアのセットアップ(端末サービスサーバー)。
4. 端末サービスによるアクセスのユーザーセットアップ(端末サービスサーバー)。
5. クライアントのインストール(クライアントコンピュータ)。
6. 端末サービス接続の設定(クライアントコンピュータ)。
7. クライアント上でのアプリケーションの起動。
詳細については、Windows 2000 Server および Windows Server 2003 それぞれのオンライン
ヘルプのトピック「端末サービス」を参照してください。
176
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.10 WinCC/WebNavigator 用の端末サービスの使用
4.10.5
Windows サーバー上での端末サービスの有効化
端末サービスは、次の 2 つのモードで有効化できます。
1. リモート管理モード: このモードでは、端末サービスを使用して、ネットワーク上の任意
の場所からサーバーにリモートアクセスすることができます。 このモードでは、端末サ
ービスを有効にする前でも後でも、使用するプログラムをインストールできます。 端末
サービスライセンシングを有効にする必要はありません。
2. アプリケーションサーバーモード: このモードでは、ネットワークサーバーを使用して、
Windows プログラムを安全で効率的に配信することができます。 端末サービスを有効に
してから、端末サービスで使用されるプログラムをインストールしてください。これは、
端末サービスはプログラムを複数ユーザーアクセスに対応して登録するため、管理を向上
できるからです。
この例では、アプリケーションサーバーモードが必要です。これは、次のようにして有効に
します。
● "Windows 2000 Server"または"Windows Server 2003" ‌
というラベルの付いた CD-ROM をサーバーの CD-ROM ドライブに挿入します。
● Windows の[スタート]メニューで、[設定|コントロールパネル]を選択し、[プログラムの追
加と削除]アイコンをクリックします。
● [プログラムの追加と削除]ダイアログを開いて、[Windows コンポーネントの追加と削除]
をクリックします。 [Windows コンポーネントウィザード]ダイアログが開きます。
● コンポーネント選択ウィンドウで、[端末サービス]と[端末サービスのライセンシング]の各
オプションのチェックボックスを有効にした後、[次へ]をクリックします。
● [アプリケーションサーバーモード]オプションを選択します。
● [次へ]をクリックします。
● [端末サービスのセットアップ]ダイアログで、[Windows 2000 ユーザー対応権限の使用]チ
ェックボックスを有効にした後、[次へ]をクリックします
● アプリケーションを示すダイアログが表示されます。このダイアログボックスで[次へ]を
クリックします。
注記
このダイアログでは、端末サービスを有効にしたとき適切に実行できないアプリケーション
が表示されます。 これらのアプリケーションは、端末サービスを有効にした後、[コントロ
ールパネル]の[プログラムの追加と削除]ダイアログを使用して再インストールする必要があ
ります。
● [端末サービスのライセンシング|セットアップ]ダイアログで[ドメインまたはワークグルー
プ]オプションを選択して、サーバーのライセンシングデータベース用のフォルダを指定
します。
● [次へ]をクリックした後、[完了]をクリックします。
これにより、ファイルコピープロセスが起動します。 コンピュータを再起動すると、コピー
したサーバーソフトウェアが使用可能になります。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
177
WinCC/WebNavigator 文書
4.10 WinCC/WebNavigator 用の端末サービスの使用
注記
サーバーに端末サービスをインストールしてから、実際のアプリケーションをインストール
する必要があります。 サーバーにアプリケーションをインストールするには、[コントロー
ルパネル]の[プログラムの追加と削除]ダイアログを使用する必要があります。 このダイア
ログではサーバーインストールモードが使用されているため、インストールしたユーザーの
みでなく、どのユーザーでもアプリケーションを設定できます。
4.10.6
端末サービスサーバーへのアクセス権限を持つユーザーのセットアップ
端末サービスサーバーにアクセスするには、サーバー上でユーザーを設定する必要があります。
端末サービスには、Windows のユーザー管理と設定も適用されます。
● Windows の[スタート]メニューで、[設定|コントロールパネル]の順に選択した後、[管理ツ
ール]アイコンをクリックします。 [コンピュータの管理]アイコンをクリックします。
● [コンピュータの管理]ダイアログで、[システムツール|ローカルユーザーとグループ]の順
に各フォルダをクリックします。
● [ユーザー]フォルダを右クリックして表示されるポップアップメニューで、このポップア
ップメニューの[新しいユーザー]メニューコマンドを選択します。
● [新しいユーザー]ダイアログに、ユーザー名とパスワードを入力します。
● [パスワード無期限にする]チェックボックスを有効にします。
● [作成]をクリックします。
● ダイアログを閉じます。
注記
端末サービスクライアントで接続を設定する場合にも、ここで作成した端末サービスサーバ
ー上のユーザーが必要になります。 詳細については、
「接続の設定」を参照してください。
4.10.7
クライアントコンピュータ上での端末サービスサーバーアプリケーションの起動
クライアントコンピュータ上に端末サービスクライアントをインストールして接続ファイル
を作成すると、端末サービスクライアント上で、端末サービスサーバーアプリケーションを
起動することができます。
● Windows の[スタート]メニューで、[設定|コントロールパネル]の順に選択した後、[端末サ
ービスクライアント|クライアント接続マネージャ]アイコンをクリックします。
● 端末サービスサーバーに割り付けられている接続をクリックします。
178
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
● [ログオン]ダイアログでパスワードを入力した後、[OK]をクリックして確定します。
● 接続が確立されます。 端末サービスサーバーのデスクトップが表示されると、そのアプ
リケーションを起動することができます。たとえば、Internet Explorer から Web Navigator
クライアントを起動できます。
4.11
付録
4.11.1
トラブルシューティング
WinCC Web Navigator サーバーとクライアントの間で通信できません。
(プロキシ、ファイアウォールを共有している)プロバイダによるインターネット接続で[内容
のフィルタリング]を有効にすると、Web Navigator 通信が機能しなくなります。 内容のフィ
ルタリング機能を使用すれば、HTML ページの特定の内容のみが許可されます。 この場合、
IP アドレスに定義されたポートを使用して、通信が確立されます。
● WinCC Web Navigator サーバーで、その IP アドレスに対するスマートフィルタを無効に
します。
接続中止
インターネット環境で、接続の中断、遅延、通信変動が発生することがあります。 ‌
Web クライアントと Web サーバーの間の通信に異常があると、ユーザーは Web クライアン
トでメッセージを受け取ります。 ‌
Web クライアントは、自動的に接続を確立して接続を回復するしようと試みます。
接続確立を試す遅延値を、Web コンフィグレータの Web サーバーで設定することができま
す。"0"の値を設定すると、Web クライアントは自動的に再接続しようとしません。 この場
合、接続を再確立するかどうかをたずねるメッセージが Web クライアントで表示されま
す。
このメッセージを確認して接続を再確立してください。
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
179
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
詳細については、[WinCC Web Navigator クライアントの使用|Web クライアント関数と[全
般]プロパティ|接続に障害が発生した場合の Web クライアントの自動接続確立(再接続)]のト
ピックを参照してください。
画面が表示されません。
WinCC Web Navigator サーバーコンピュータ上で、適切な Web サイトが有効になっている
かどうかチェックします。 詳細については、「有効な Web サイトのチェック」の章を参照し
てください。
開始画面が間違っています。
グラフィックデザイナで画面を新たに編集します。
● Web View Publisher を起動して、インターネットで新規画面を使用可能にします。
● [ツール|インターネットオプション]の順に選択して、Internet Explorer の一時インターネ
ットファイルを削除します。
● ファイアウォールキャッシュを削除します。
● ユーザー管理で、各オペレータに個別の初期画面を割り当てることができます。
180
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
4.11.2
略語
概要
略語
説明
DNS
ドメインネームシステム(Domain Name System)
HTTP
ハイーパーテキスト転送プロトコル(Hyper Text Transfer Protocol)
HTTPS
HTTPS は、HTTP プロトコルの拡張機能です
IE
Internet Explorer
IIS
インターネットインフォメーションサービス(Internet Information Service)
IP
インターネットプロトコル(Internet protocol)
ISP
インターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provider)
IT
情報テクノロジ(Information Technology)
LAN
ローカルエリアネットワーク(Local Area Network)
OPC
OLE プロセスコントロール(OLE Process Control)
PIN
個人識別番号(Personal Identification Number)
PWS
パーソナル Web サーバー(Personal Web Server)
SP
サービスパック(Service Pack)
SSL
セキュアソケットレイヤ(Secure Socket Layer)
TCP
伝送制御プロトコル(Transmission Control Protocol)
TCP/IP
伝送制御プロトコル/インターネットプロトコル(Transmission Control Protocol/
Internet Protocol)
UNC 名:
VPN
WWW:
4.11.3
汎用命名規則(Universal Naming Convention)に準拠する名前
仮想プライベートネットワーク
ワールドワイドウェブ(World Wide Web)
システムメッセージ
Web クライアントが WebNavigator サーバーにログオンすると、システムメッセージ番号
1012400 が出力されます。
Web クアイアントが WebNavigator サーバーをログオフすると、システムメッセージ番号
1012401 が出力されます。
4.11.4
関数
4.11.4.1
サポートされている関数
関数
WaitForDocumentReady
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
181
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
Get_Focus
GetTagCharWait
GetTagChar
GetTagCharStateWait
GetTagCharState
GetPropChar
GetText
GetFontName
GetAssignments
GetInputValueChar
GetOutputFormat
GetOutputValueChar
GetLastChange
GetPictureName
GetServerName
GetBasePicture
GetFlashPicture
SetTagMultiWait
SetTagMultiStateWait
SetTagRaw
SetTagRawState
SetTagRawStateWait
GetTagMultiStateWait
GetTagMultiWait
AXC_OnBtnArcLong
AXC_OnBtnArcShort
AXC_OnBtnLoop
AXC_OnBtnMsgFirst
AXC_OnBtnMsgLast
AXC_OnBtnMsgNext
AXC_OnBtnMsgPrev
AXC_OnBtnMsgWin
AXC_OnBtnScroll
AXC_OnBtnSinglAckn
AXC_OnBtnVisibleAckn
182
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
AXC_SetFilter
AXC_OnBtnComment
AXC_OnBtnEmergAckn
AXC_OnBtnInfo
AXC_OnBtnLock
AXC_OnBtnSelect
OnBtnArcLong
OnBtnArcShort
OnBtnComment
OnBtnEmergAckn
OnBtnHornAckn
OnBtnInfo
OnBtnLanguage
OnBtnLock
OnBtnLoop
OnBtnMsgFirst
OnBtnMsgLast
OnBtnMsgNext
OnBtnMsgPrev
OnBtnMsgWin
OnBtnPrint
OnBtnScroll
OnBtnSelect
OnBtnSinglAckn
OnBtnVisibleAckn
TLGGetTemplateParameter
TLGPressToolbarButton
TlgGetColumnPosition
TlgGetNumberOfColumns
TlgGetNumberOfRows
TlgGetNumberOfTrends
TlgGetRowPosition
TlgGetRulerArchivNameTrend
TlgGetRulerTimeTrend
TlgGetRulerValueTrend
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
183
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
TlgGetRulerVariableNameTrend
TlgGetTextAtPos
TlgTableWindowPressFirstButton
TlgTableWindowPressLastButton
TlgTableWindowPressNextButton
TlgTableWindowPressNextItemButton
TlgTableWindowPressOpenArchiveVariableSelectionDlgButton
TlgTableWindowPressOpenItemSelectDlgButton
TlgTableWindowPressOpenTimeSelectDlgButton
TlgTableWindowPressPrevButton
TlgTableWindowPressPrevItemButton
TlgTableWindowPressStartStopButton
TlgTrendWindowPressFirstButton
TlgTrendWindowPressLastButton
TlgTrendWindowPressLinealButton
TlgTrendWindowPressNextButton
TlgTrendWindowPressNextItemButton
TlgTrendWindowPressOneToOneButton
TlgTrendWindowPressOpenArchiveVariableSelectionDlgButton
TlgTrendWindowPressOpenDlgButton
TlgTrendWindowPressOpenItemSelectDlgButton
TlgTrendWindowPressOpenTimeSelectDlgButton
TlgTrendWindowPressPrevButton
TlgTrendWindowPressPrevItemButton
TlgTrendWindowPressStartStopButton
TlgTrendWindowPressZoomInButton
TlgTrendWindowPressZoomOutButton
SetLink
GetLink
SetLanguage
GetLanguage
GetServerTagPrefix
OpenPicture
GetLinkedVariable
GetLocalPicture
184
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
GetParentPicture
GetParentPictureWindow
SetPictureDeactivated
SetPictureDown
SetPictureUp
fopen
freopen
fflush
fclose
remove
rename
setvbuf
setbuf
fprintf
printf
sprintf
vprintf
vfprintf
vsprintf
fscanf
scanf
sscanf
fgetc
fgets
fputc
fputs
getc
getchar
gets
putc
putchar
puts
ungetc
fread
fwrite
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
185
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
fseek
ftell
rewind
fgetpos
fsetpos
clearerr
feof
ferror
perror
atof
atoi
atol
strtod
strtol
strtoul
rand
srand
calloc
malloc
SysMalloc
realloc
free
abort
exit
atexit
system
getenv
bsearch
qsort
abs
labs
div
ldiv
_splitpath
_makepath
186
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
strcpy
strncpy
strcat
strncat
strcmp
strncmp
strchr
strrchr
strspn
strcspn
strpbrk
strstr
strlen
strerror
strtok
memcpy
memmove
memcmp
memchr
memset
clock
time
difftime
mktime
asctime
ctime
gmtime
localtime
strftime
Check
ProgramExecute
GetPropBOOL
GetPropDouble
GetPropLong
GetPropWord
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
187
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
GetMax
GetMin
GetAlignment
GetAxisSection
GetExponent
GetLeftComma
GetLongStrokesBold
GetLongStrokesOnly
GetLongStrokesSize
GetLongStrokesTextEach
GetRightComma
GetScaling
GetScalingType
GetScaleTicks
GetBackColor
GetBackColor2
GetBackColor3
GetBackColorBottom
GetBackColorTop
GetBorderBackColor
GetBorderColor
GetBorderColorBottom
GetBorderColorTop
GetButtonColor
GetColorBottom
GetColorTop
GetFillColor
GetForeColor
GetGridColor
GetItemBorderBackColor
GetItemBorderColor
GetScaleColor
GetSelBGColor
GetSelTextColor
GetTrendColor
188
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
GetUnselBGColor
GetUnselTextColor
GetFilling
GetFillingIndex
GetBorderFlashColorOff
GetBorderFlashColorOn
GetBackFlashColorOff
GetBackFlashColorOn
GetForeFlashColorOff
GetForeFlashColorOn
GetFlashBackColor
GetFlashBorderColor
GetFlashForeColor
GetFlashRateBackColor
GetFlashRateBorderColor
GetFlashRateForeColor
GetAlignmentLeft
GetAlignmentTop
GetFontBold
GetFontItalic
GetFontSize
GetFontUnderline
GetOrientation
GetLayer
GetActualPointLeft
GetActualPointTop
GetBoxCount
GetDirection
GetEndAngle
GetGrid
GetGridHeight
GetGridWidth
GetHeight
GetLeft
GetPointCount
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
189
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
GetRadiusHeight
GetRadius
GetRadiusWidth
GetRotationAngle
GetRoundCornerHeight
GetRoundCornerWidth
GetReferenceRotationLeft
GetReferenceRotationTop
GetStartAngle
GetTop
GetWidth
GetZeroPoint
GetAssumeOnExit
GetAssumeOnFull
GetBitNumber
GetClearOnError
GetClearOnNew
GetDataFormat
GetHiddenInput
GetListType
GetNumberLines
GetAlarmHigh
GetAlarmLow
GetColorAlarmHigh
GetColorAlarmLow
GetCheckAlarmHigh
GetCheckAlarmLow
GetCheckLimitHigh4
GetCheckLimitHigh5
GetCheckLimitLow4
GetCheckLimitLow5
GetCheckToleranceHigh
GetCheckToleranceLow
GetCheckWarningHigh
GetCheckWarningLow
190
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
GetColorLimitHigh4
GetColorLimitHigh5
GetColorLimitLow4
GetColorLimitLow5
GetColorToleranceHigh
GetColorToleranceLow
GetColorWarningHigh
GetColorWarningLow
GetLimitHigh4
GetLimitHigh5
GetLimitLow4
GetLimitLow5
GetLimitMax
GetLimitMin
GetMarker
GetTypeAlarmHigh
GetTypeAlarmLow
GetToleranceHigh
GetToleranceLow
GetTypeLimitHigh4
GetTypeLimitHigh5
GetTypeLimitLow4
GetTypeLimitLow5
GetTypeToleranceHigh
GetTypeToleranceLow
GetTypeWarningHigh
GetTypeWarningLow
GetWarningHigh
GetWarningLow
GetAdaptBorder
GetAdaptPicture
GetAdaptSize
GetAverage
GetBoxType
GetCaption
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
191
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
GetColorChangeType
GetCloseButton
GetCursorControl
GetEditAtOnce
GetExtendedOperation
GetHotkey
GetHysteresis
GetHysteresisRange
GetLanguageSwitch
GetMaximizeButton
GetMoveable
GetOffsetLeft
GetOffsetTop
GetOnTop
GetOperation
GetOperationMessage
GetOperationReport
GetPasswordLevel
GetProcess
GetSmallChange
GetScrollBars
GetSizeable
GetTrend
GetUpdateCycle
GetVisible
GetWindowBorder
GetZeroPointValue
GetZoom
GetPosition
GetRangeMax
GetRangeMin
GetPicDeactReferenced
GetPicDeactTransparent
GetPicDeactUseTransColor
GetPicDownReferenced
192
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
GetPicDownTransparent
GetPicDownUseTransColor
GetPicReferenced
GetPicTransColor
GetPicUpReferenced
GetPicUpTransparent
GetPicUpUseTransColor
GetPicUseTransColor
GetBasePicTransColor
GetBasePicUseTransColor
GetBasePicReferenced
GetFlashFlashPicture
GetFlashPicTransColor
GetFlashPicUseTransColor
GetFlashPicReferenced
GetFlashRateFlashPic
GetIndex
GetBackBorderWidth
GetBorderEndStyle
GetBoxAlignment
GetBorderStyle
GetBorderWidth
GetFillStyle
GetFillStyle2
GetItemBorderStyle
GetItemBorderWidth
GetPressed
GetToggle
GetWindowsStyle
GetInputValueDouble
GetOutputValueDouble
GetPictureDeactivated
GetPictureUp
GetPictureDown
// ------------------------------------------------------------------------------------------------
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
193
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
// --- 内部関数 (SET) --// -----------------------------------------------------------------------------------------------SetPropBOOL
SetPropChar
SetPropDouble
SetPropWord
SetPropLong
SetAxisSection
SetLeftComma
SetLongStrokesBold
SetLongStrokesOnly
SetLongStrokesSize
SetRightComma
SetScaling
SetScalingType
SetScaleTicks
SetBackColor
SetBackColor2
SetBackColor3
SetBackColorBottom
SetBackColorTop
SetBorderBackColor
SetBorderColor
SetBorderColorBottom
SetBorderColorTop
SetButtonColor
SetColorBottom
SetColorTop
SetFillColor
SetForeColor
SetItemBorderBackColor
SetItemBorderColor
SetScaleColor
SetSelBGColor
SetSelTextColor
194
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
SetTrendColor
SetUnselBGColor
SetUnselTextColor
SetFilling
SetFillingIndex
SetBorderFlashColorOff
SetBorderFlashColorOn
SetBackFlashColorOff
SetBackFlashColorOn
SetForeFlashColorOff
SetForeFlashColorOn
SetFlashBackColor
SetFlashBorderColor
SetFlashForeColor
SetFlashRateBackColor
SetFlashRateBorderColor
SetFlashRateForeColor
Set_Focus
SetAlignmentLeft
SetAlignmentTop
SetAlignment
SetFontBold
SetFontItalic
SetFontName
SetFontSize
SetFontUnderline
SetOrientation
SetText
SetActualPointLeft
SetActualPointTop
SetBoxCount
SetDirection
SetEndAngle
SetHeight
SetLeft
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
195
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
SetPointCount
SetRadiusHeight
SetRadius
SetRadiusWidth
SetRotationAngle
SetRoundCornerHeight
SetRoundCornerWidth
SetReferenceRotationLeft
SetReferenceRotationTop
SetStartAngle
SetTop
SetWidth
SetZeroPoint
SetAssumeOnExit
SetAssumeOnFull
SetBitNumber
SetClearOnError
SetClearOnNew
SetHiddenInput
SetNumberLines
SetOutputValueChar
SetOutputValueDouble
SetAlarmHigh
SetAlarmLow
SetColorAlarmHigh
SetColorAlarmLow
SetCheckAlarmHigh
SetCheckAlarmLow
SetCheckLimitHigh4
SetCheckLimitHigh5
SetCheckLimitLow4
SetCheckLimitLow5
SetCheckToleranceHigh
SetCheckToleranceLow
SetCheckWarningHigh
196
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
SetCheckWarningLow
SetColorLimitHigh4
SetColorLimitHigh5
SetColorLimitLow4
SetColorLimitLow5
SetColorToleranceHigh
SetColorToleranceLow
SetColorWarningHigh
SetColorWarningLow
SetLimitHigh4
SetLimitHigh5
SetLimitLow4
SetLimitLow5
SetLimitMax
SetLimitMin
SetMarker
SetTypeAlarmLow
SetToleranceHigh
SetToleranceLow
SetTypeLimitHigh4
SetTypeLimitHigh5
SetTypeLimitLow4
SetTypeLimitLow5
SetTypeToleranceHigh
SetTypeToleranceLow
SetTypeWarningLow
SetTypeAlarmHigh
SetTypeWarningHigh
SetWarningHigh
SetWarningLow
SetAverage
SetBoxType
SetColorChangeType
SetCursorControl
SetEditAtOnce
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
197
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
SetExtendedOperation
SetHysteresis
SetHysteresisRange
SetMax
SetMin
SetOffsetLeft
SetOffsetTop
SetOperation
SetOperationMessage
SetOperationReport
SetPasswordLevel
SetPictureName
SetProcess
SetSmallChange
SetTrend
SetVisible
SetZeroPointValue
SetZoom
SetPosition
SetRangeMax
SetRangeMin
SetPicDeactTransparent
SetPicDeactUseTransColor
SetPicDownTransparent
SetPicDownUseTransColor
SetPicTransColor
SetPicUpTransparent
SetPicUpUseTransColor
SetPicUseTransColor
SetBasePicTransColor
SetBasePicUseTransColor
SetFlashFlashPicture
SetFlashPicTransColor
SetFlashPicUseTransColor
SetFlashRateFlashPic
198
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
SetIndex
SetBackBorderWidth
SetBorderEndStyle
SetBoxAlignment
SetBorderStyle
SetBorderWidth
SetFillStyle
SetFillStyle2
SetItemBorderStyle
SetItemBorderWidth
SetPressed
SetToggle
SetWindowsStyle
SetExponent
// -----------------------------------------------------------------------------------------------// --- IVAR サポート --// -----------------------------------------------------------------------------------------------// Wait および State が指定されたタグ
GetTagSDWordStateWait
GetTagBitStateWait
GetTagByteStateWait
GetTagSByteStateWait
GetTagWordStateWait
GetTagSWordStateWait
GetTagDWordStateWait
GetTagRawStateWait
GetTagDoubleStateWait
GetTagFloatStateWait
// Wait が指定されず State が指定されたタグ
GetTagSDWordState
GetTagBitState
GetTagByteState
GetTagSByteState
GetTagWordState
GetTagSWordState
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
199
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
GetTagDWordState
GetTagRawState
GetTagDoubleState
GetTagFloatState
// Wait が指定されたタグ(同期)
GetTagSDWordWait
GetTagBitWait
GetTagByteWait
GetTagSByteWait
GetTagWordWait
GetTagSWordWait
GetTagDWordWait
GetTagRawWait
GetTagDoubleWait
GetTagFloatWait
// Wait が指定されないタグ (SCRIvar は、これらを各 Wait 関数にマップします)
GetTagSDWord
GetTagBit
GetTagByte
GetTagSByte
GetTagWord
GetTagSWord
GetTagDWord
GetTagRaw
GetTagDouble
GetTagFloat
// WriteVar を使って設定され、State を返す
SetTagBitStateWait
SetTagByteStateWait
SetTagCharStateWait
SetTagDoubleStateWait
SetTagDWordStateWait
SetTagFloatStateWait
SetTagSByteStateWait
SetTagSDWordStateWait
200
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
SetTagSWordStateWait
SetTagWordStateWait
// WriteVarasync を使って設定され、Callback を無視する
SetTagBitState
SetTagByteState
SetTagCharState
SetTagDoubleState
SetTagDWordState
SetTagFloatState
SetTagSByteState
SetTagSDWordState
SetTagSWordState
SetTagWordState
// WriteVar を使って値を設定する
SetTagBitWait
SetTagByteWait
SetTagCharWait
SetTagDoubleWait
SetTagDWordWait
SetTagFloatWait
SetTagSByteWait
SetTagSDWordWait
SetTagSWordWait
SetTagWordWait
// WriteVarAsync()を使って値を設定し、Callback を無視する
SetTagBit
SetTagByte
SetTagChar
SetTagDouble
SetTagDWord
SetTagFloat
SetTagSByte
SetTagSDWord
SetTagSWord
SetTagWord
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
201
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
strcpy
strncpy
strcat
strncat
strcmp
strncmp
strchr
strrchr
strspn
strcspn
strpbrk
strstr
strlen
strerror
strtok
memcpy
memmove
memcmp
memchr
memset
サポートされている ODK 関数
PWRTCheckPermission
PWRTCheckPermissionOnPicture //「レベル不変の」パラメータのみが評価されます。
MSRTStartMsgService
MSRTStopMsgService
MSRTCreateMsg
MSRTCreateMsgInstanceWithComment
MSRTSetComment
PDLRTGetLink
PDLRTSetLink
PDLRTGetPropEx
PDLRTSetPropEx
202
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
サポートされているユーザーアーカイブ関数
uaArchiveClose
uaArchiveDelete
uaArchiveExport
uaArchiveGetCount
uaArchiveGetFieldLength
uaArchiveGetFieldName
uaArchiveGetFields
uaArchiveGetFieldType
uaArchiveGetFieldValueDate
uaArchiveGetFieldValueFloat
uaArchiveGetFieldValueDouble
uaArchiveGetFieldValueLong
uaArchiveGetFieldValueString
uaArchiveGetFilter
uaArchiveGetID
uaArchiveGetName
uaArchiveGetSort
uaArchiveImport
uaArchiveInsert
uaArchiveMoveFirst
uaArchiveMoveLast
uaArchiveMoveNext
uaArchiveMovePrevious
uaArchiveOpen
uaArchiveReadTagValues
uaArchiveReadTagValuesByName
uaArchiveRequery
uaArchiveSetFieldValueDate
uaArchiveSetFieldValueFloat
uaArchiveSetFieldValueDouble
uaArchiveSetFieldValueLong
uaArchiveSetFieldValueString
uaArchiveSetFilter
uaArchiveSetSort
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
203
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
uaArchiveUpdate
uaArchiveWriteTagValues
uaArchiveWriteTagValuesByName
uaConnect
uaDisconnect
uaGetLastError
uaGetLastHResult
uaQueryArchive
uaQueryArchiveByName
uaReleaseArchive
注記
ユーザーアーカイブ関数では、必ず先頭に小文字の"ua"が付きます。 大文字の"UA"が付い
ている場合、それは ODK 関数であり、Web クライアントではサポートされません。
サポートされている MBCS 関数
_ismbcalnum
_ismbcalpha
_ismbcdigit
_ismbcgraph
_ismbcprint
_ismbcpunct
_ismbcspace
_ismbclower
_ismbcupper
_mbscpy
_mbsncpy
_mbscat
_mbsncat
_mbscmp
_mbsncmp
_mbschr
_mbsrchr
_mbsspn
_mbscspn
204
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
_mbspbrk
_mbsstr
_mbstok
_mbslen
_mbsinc
_mbsdec
_mbsicmp
_mbsnicmp
_mbclen
_mbctolower
_mbctoupper
4.11.4.2
int WaitForDocumentReady(LPCSTR lpszPictureWindow)
ファンクション
このファンクションは、指定された画面ウィンドウを開きます。 このファンクションは、画
面ウィンドウが既にロードされていると終了します。
通知
このファンクションを使用できるのは WebNavigator のみであり、このために以下で囲まれ
る必要があります。
● #ifdef RUN_ON_WEBNAVIGATOR ‌
…
● #endif
グラフィック表示のスクリプトまたはプロジェクトファンクションで、WinCC ランタイム環
境と WebNavigator クライアントの間に相違点を作る必要があります。 この目的で、以下の
コンパイラコマンドが存在します。
● #ifdef RUN_ON_WEBNAVIGATOR
● #ifndef RUN_ON_WEBNAVIGATOR (否定)
これにより、WinCC と WebNavigator クライアントの間で、以下の設定の差異化が可能にな
ります。
● "WaitForDocumentReady"によるスクリプト遅延
● 画面アドレス指定の相違
● コントロールシステムファンクションでの機能名の相違
● Web クライアントでサポートされないファンクション
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
205
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
構文
int WaitForDocumentReady(LPCSTR lpszPictureWindow)
パラメータ
lpszPictureWindow
WebNavigator クライアントで開いている画面ウィンドウの名前のポインタ。
以下のアドレス指定が可能です。
● 現在の画面の画面ウィンドウ xxx: ./xxx
● 子画面 xxx の画面ウィンドウ yyy: ./xxx/yyy
● など
● 親画面の画面ウィンドウ xxx: ../xxx
● 親画面の親画面にある画面ウィンドウ xxx: ../../xxx
● など
● WinCC に対応した絶対パス
戻り値
TRUE
画面ウィンドウが既に検索され、ステータスが確認されています。
FALSE
画面ウィンドウが見つかっていません。
例
#ifdef RUN_ON_WEBNAVIGATOR
SetPropChar("../", "View", "PictureName", szViewName);
WaitForDocumentReady("../View");
#else
SetPropChar(lpszParent, "View", "PictureName", szViewName);
#endif
注記
WinCC スクリプトがコンパイルされるとき、WebNavigator のコード部の構文は確認されま
せんが、画面が発行されるときのみ確認されます。
206
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
4.11.4.3
サポートされていない関数
以下のリストはサポートされていない関数の一例であり、サポートしていないことを明示的
に示す必要のある関数を示しています。
関数
ReportJob
RPTJobPreview
RPTJobPrint
RptShowError
GetHWDiag
GetHWDiagLevel
GetKopFupAwl
GetKopFupAwlLevel
OnDeactivateExecute
OnErrorExecute
OnTime
VBScript 関数
HMIRuntime.Stop: Internet Explorer と WinCCViewerRT を終了します。WinCC ランタイムは
終了しないでください
AlarmLogs Object
DataLogs Object
Logging Object
Project Object
不要な関数:
ExitWinCC
DeactivateRTProject: Internet Explorer と WinCCViewerRT を終了します。WinCC ランタイ
ムは終了しないでください
InquireLanguage
FillDiagnoseInTags
TraceText
TraceTime
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
207
WinCC/WebNavigator 文書
4.11 付録
その他の関数
注記
これらの関数はコンパイルを失敗しないために Web Navigator クライアントに含まれては
いますが、Web クライアントではサポートされません。
GmsgFunction
MSRTMsgWinCommand AXC_OnBtnHornAckn
AXC_OnBtnPrint
AXC_OnBtnProtocol
TlgTableWindowPressHelpButton
GetCursorMode
SetCursorMode
208
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
索引
A
パ
AXC_OnBtnSortDlg, 205
パワーユーザー, 33
インストール, 33
W
WebNavigator, 33
インストール, 33
WinCC WebNavigator, 33
DVD の内容, 7
デモプロジェクト, 7
WinCC/WebNavigator
インストール, 33
イ
プ
プロセス画面, 74
プロセス画面の作成, 74
プロセス画面の作成
プロセス画面, 74
ラ
ライセンス条件, 7
インストール, 33
WinCC/WebNavigator クライアント, 33
WinCC/WebNavigator サーバー, 33
パワーユーザー, 33
エ
エラーレポート, 44
ガ
ガジェット, 116
サ
サイドバーガジェット, 116
サポート, 45
インターネット, 45
問い合わせ, 45
サポート要求, 44
ソ
ソフトウェアインフォメーションサービス(Software
Information Service), 7
MDM - WinCC/WebNavigator
システムマニュアル, 11/2008,
209
Fly UP