...

馨一 繋 馨一 辮 - 北波多第2保育園

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

馨一 繋 馨一 辮 - 北波多第2保育園
鞭
ワ第21ワ
馨
一
回 『水 遊 び を し よ う 』
8鴇
讐 謂 雷00分 より轡
『サ マ ー コ ン サ ー ト』
8月観
香 椎 愛 子 さん
他
卵
馨
一
詳 しいこ とは、若竹保育所 【Te164-2593】
亥
地 面 に 平 行 で 、体 の 重 み は背 得 に ぶ ら 下 が っ
初め の細 い腸を 「
小 腸」 といい 、
終 わ りの 方
画き
て 四 本 足 で 支 え られ て い ます 。 二 足 で 立 つ 人
の 太 い腸 を 「
大 腸 」 と名 前 をわ けて い ます 。
間 は、 背 胃 が 地 面 に垂 直 方 向 に 立 っ て い ま す 。
6∼7mあ
しか し、実 際 は背 得 は ま っす ぐな 柱 で はな く
どか ら さ ら に3つ の 名 称 にわ け て い ま す 。 小
S字 型 に前 後 に湾 曲 して い ま す 。 背 胃 を 上 か
腸 の 最 初の 部 分 は 、外 か ら 見 る とCの 字 型 を
辮
くう
の1.5mぐ
いん
細 く、
終 わ りの 方
ら い は 太 くな っ て い ま す 。そ こ で 、
る 小 腸 は 長 い の で 、働 きの 違 い な
の
r画動
\!〆
㌧
・
伊
ら 触 っτ くる と背 中の 部 分 は 姿 勢 を よ く して
して い て 指 を12本 横 に 並 べ た ぐ ら い の 長 さ
も 少 し後 ろ に湾 曲 し、 腰 の 部 分 はへ こん で い.
で 、 十 二 指 腸 と名 づ け られ て い ま す 。 十 二 指
1纈 耀 葎聖 毛灘糠雲冤叢颪 購 目
談
ます。腰の部分 は前に出ているのです。上半
腸 は12横 指(1横
や 子 育 て ス テ ー シ ョン を 開設 し 、保 育 園 のお とも だ ち と仲 良 く
身 の重 さ は背 得 を上 か ら押 す よ うに腰 に加
ど の 長 さ と な り 、残 りの 小 腸 は、 前2/5を
遊 ぶ 揚 を 午 前10時 よ り午 後3時 まで 提 供 して いま す 。
必 ず 保 護 者 同 伴 で お い で 下 さい。
わ っ て い るの です 。 で す か ら 、長 時 間立 っ て
空 腸 、後3/5を
藤
へお尋ね くだ さい・
す はふ ん と して 肛 門 か ら体 の 外 に 出さ れ ます 。
で す 。腸 は初 め の6∼7mは
利 用 され ま す 方 は 、 準備 の都 合 上 、 前 日ま でに 保 育 園 ま で
ご予 約 くだ さい 。
お父 さん 、 お 母 さん 同 士 で 子 育 て に 関 して 自由 に 話 が で き
る場 を用 意 して い ま す。
⑲蟻
指 が 約2cm)で25cmほ
回腸といいます。
い る と腰 が 痛 くな る の で す 。 運 動 す る 時 も 腰
回 腸 か ら大 腸 へ の つ な が り は右 の 下 腹 部 と
が 引けてはだめですよね。テ ニスも野球もゴ
ル フ も 腰 が 安 定 して いな い と う ま くい き ませ
な り 、L字 で は な くT字 に近 い形 で 続 き ます 。
つ ま り 回腸 か ら大 腸 へ とつ な が る部 分 で 、大
ん。腰は体の 「
要」なのです 。
腸 は 下 に6∼7cm膨
か 四肢の 「
肢」 は 「
月 」 に 支 え る と 書 き ます 。
ら ん だ 形 と な って い ま
す 。 管 です か ら続 い τ い るの で す が 、 この 下
「
支 」 は 飛 び 出 る と い う 意 味 も あ ります 。 木
へ の 膨 らみ部 分 は先 が行 き止 ま りと な って い
の 枝 、 木 偏 に飛 び 出 る=支 、 木 の 幹 か ら飛 び
ます 。 行 き 止 ま りで 突 き ぬ け て い な い こ と を
子 育 て で 困 っ た とき は遠 慮 な く保 育 園へ 相談 して く だ さ い。
出 て い るの が 枝 です よね 。 手 足 は体 幹 か ら飛
「
盲 」 と い い 、大 腸 の こ の 部 分 を 盲 腸 と い う
緊 急 の 場 合 は何 時 で も い い です よ。
び 出て い ます 。 体 の 意 味 で 偏 に 「
矧
の で す 。 この 盲 腸 の 下 、外 側 に鉛 筆 ぐ ら いの
慧難駕 コ
が必 要 で す。
き)」 で す よ ね 。 部 首 は 同 じ意 味 合 い の も の
「
腰 」、 体(月)の
中 の 重 「要 」 な 、 要 の 部
分 で す 。 犬 猫 馬 牛 な ど四 本 足 の 動 物 は 背 宥 が
若 竹 保 育 所 で は
チ ケ ッ ト代200円
食べ物 は〔
コか ら入 っτ 、消 化 吸収 さ れ 、 か
9◎
ノ
、
平 成23年8月3日(金)午
後6時
よ り
rタ 涼 み 会 』 が 開 催 さ れ ま す の で お 出 か け 下 さ い ・
字 で 書 い τ み て くだ さ い。 み な 「
月(に くづ
食 道 → 胃 とな り、腔 門 また は 胃 に続 く管 が 腸
参加 費 は無 料 、 道 具等 は保 育 園 で 用 意 しま す。
詳 しい こ とは北 波 多 第=保 育 園 まで お 尋 ね くだ さい。
一
体の構造 と名前のつ けられ方
労 が 個 々 の 意 味 を あ らわ す こ とが あ りま す 。
。継
ゐ
槻 前鵬 ◎◎eよ1齢
⑳糟 慶
下 な の で 、上 肢 と下 肢 と い い ます 。
は「
に くづ き 」が 使 わ れ て い ます 。 偏 と 膏 で は、
つ\ 触
毯
マ リン バ 奏 者
竹 内 修 二
この 口か ら肛 門 ま で は通 り道 で 管 と な って い
・こノ
◎
学 部 長 ・教 授
て、
消 化 管 と い いま す 。〔
コ(ロ腔)→ の ど(咽 頭)
ほ
翻
浜松 大学 健康 プ ロデ ュース学 部
に使 用 され 、 体 の 部 分 を 意 味 す る漢 字つくり
の多 く
蕉/烹
※ 汚 れ て も い い パ ンツ を履 い て き て 下 さ い。
愚第219回
繋
膝⑳癌前を知る
む ね 、は ら 、こ し、うで 、ひ じ、ひ ざ 、
す ねを漢
『ボ デ ィ ペ イ ン テ ィ ン グ 』
日晶
回ン
沸 轟__
瓠
8月7日
《
火》 午 前1◎ 時00分
より
会場 北 濃 多 第 二 保 育 園
※ 魑 替 え の 準 備 を お 願 い し ます 。
QN218回
て
藤
℃妙
菰
証 コ
子育 て相 談 室(ひ まわ り)
(北 波多第二保育園)
毎
(午
週
月 ・水 ・ 金 曜 日
後1時
電=話64--2710
を使 い 、
飛び 出る 「
支 」 を 考 に して 「
肢 」が で き て い
太 さ の 突 起 が ぶ ら下 が って いて 、 ま るで 回 虫
ます 。 四 本 足 の 動 物 の 四 肢 、前 足=前 肢 、 後
が 垂 れ 下 が って い る よ う に見 え たの で し よう.
足=後 肢 で す が 、 二 本 足 の 人 は 腕 が 上 で 足 が
だ か らか 虫 垂 と い い ます 。
か ら 午 後4時)
畿 癬 激 都毒鴨
認鋸叙 鰯
Fly UP