...

TRPG Guild - シナリオ・リプレイ 『お猿の事情』

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

TRPG Guild - シナリオ・リプレイ 『お猿の事情』
TRPG Guild
http://village.infoweb.ne.jp/~fwhf1138/freenote_web/TRPG_Guild/
リプレイ 『お猿の事情』
登場人物紹介
ブリッツ:ボビー“ブリッツ”ガスタフソン(C.V.井上和彦) by NABE−Z
人間の男性、17才。体力に難ありのファイター。一応リーダー的存在。
●ファイター2、レンジャー1
ティンク:ティンク・ランディーヌ(C.V.丹下桜) by ぴぃろすぃ
人間の女性、魔法が使える17才。精神年齢10才ぐらいか…。「ティンク、怪獣
じゃないもん。」
●ソーサラー1、セージ1、レンジャー1
ゴーワン:ゴーワン・ソワン・スペラッショ・ガンコツ(C.V.宮内幸平) by ごんタ
ドワーフのジェントルマン、鍛え直しの49才。決め台詞は、「鍛え直しじゃ!」
「ラクちんじゃ!」
●バード1、シーフ1、プリースト(ヴェーナー)1
シャレス:シャレス・エルバンザ(C.V.冬馬由美) by ぽんちぇる
人間の女性、ちょっとアンニュイな19才。彼女の辞書に容赦という言葉はない。
●レンジャー2、シャーマン1、ファイター1、セージ1
GM:今回のGMはぽんちぇるが担当ですので、シャレスはNPCとなります。
尚、キャラクターボイスはイメージです。頭の中で彼らに喋らせてください(^^;
GM > GM用クライアント起動∼♪
シャレス > キャラ専用クライアント起動∼♪
GM > 画面が狭い…
ゴーワン > おまたせ
GM > わんばんこ
GM > 誰も来てないよ…
ブリッツ > 遅くなりましたー
GM > 来た
ゴーワン > おお
GM > 宣言通りティンクは途中参加と言うことで、
GM > 始めますか。
GM > シナリオ出来てないけど。
ブリッツ > ゥい
ゴーワン > いつ頃くるのかね
GM > 不明。
ゴーワン > ま、ネットさいころ初めてなんで、雰囲気つかみましょうや
ブリッツ > ゴーワン、戦闘は頼むねー♪
ブリッツ > オレ、スーパー死にやすいので(^^;
ゴーワン > 戦い方忘れたぞい
ブリッツ > 大丈夫、この間ゴーワンのパラメーターで模擬戦闘やったけど、ゴーワ
ンvsシャレス+ブリッツの2対1でも対等だったから
GM > ティンク+ブリッツな。
ブリッツ > (^^;
GM > マスターやるにはノートじゃ画面が狭いぜ。
ブリッツ > PC買え(笑)>ぽんちー
GM > ほな始めっか∼!
ゴーワン > ほいほい
ブリッツ > yes
GM > シナリオは導入しか出来てないからカンベンな。
ブリッツ > ゥい
ゴーワン > いいですよ∼ん
GM > 君たちが居るのは、オランの街。
GM > 駆け出しの冒険者である君たちは、それぞれ初仕事を見つけるために
GM > 比較的若手の冒険者が集まる酒場「韋駄天亭」に顔を出した。
ゴーワン > ほい
GM > 主人 「いらっしゃい」
GM > ちょいと人相の悪い主人と、人の良さそうな穏和な奥さんが君たちに挨拶して
くる。
GM > ちなみに韋駄天亭の主人も元冒険者で、左頬の傷はドラゴンと戦ったときに付
いたというのが専らの噂だ。
GM > 主人「見かけない顔だな。真新しい装備を見たところ新顔だな。」
GM > 主人 「おれはこの酒場の主人でカイルってんだ。…そしてこっちが妻のルイセ
だ。」
GM > ルイセ「どうぞごひいきに。」
ゴーワン > (いつしゃべっていいのかな?)
GM > しゃべっていいよ
ブリッツ > とりあえず、注文「一番安い、飲み物を・・・」
ゴーワン > わしゃドワーフ酒をひとつ
GM > カイル「ウチに安酒は無いぜ? 最低でも一杯100…」
GM > といったところでルイセのツッコミが入る。
GM > ルイセ「どうぞ。」
ブリッツ > ありがとう
ゴーワン > ふぉっふぉっふぉ
GM > 二人は知り合いじゃないね?
ブリッツ > 多分
ゴーワン > かな?
ブリッツ > 知り合いチェックする?
GM > じゃあ、1d振って。
ブリッツ > [1d6=(4)=4]
ゴーワン > [1d6=(2)=2]
Client > [1d6=(5)=5] (※GM註:これはプレイヤーには見えていません。いわゆるク
ローズドダイスですね)
GM > 二人とも、この酒場に知り合いは居ないようだ。
ブリッツ > ん
GM > カイル「で、どうだい。仕事が欲しいってんなら、ウチは若手向きの仕事も多
数揃えてあるぜ。」
GM > カイル「おっと、その前に仲間はいるのかい? いくら簡単な仕事と言って
も、駆け出しのヤツに1人では任せられんからな。」
GM > 韋駄天亭の中にはそこそこ人がいるが、ほとんどは既にパーティーを組んでい
るようだ。
ゴーワン > わしゃ仕事はキライじゃが、お金は好きじゃ
ブリッツ > とにかく貧乏なんだ。金になる仕事はあるかい?
ゴーワン > おお、若いの、話が合うのう。
ブリッツ > おっさんも一人かい?
ゴーワン > わしゃゴーワンじゃ。無論一人じゃ。
ブリッツ > ブリッツだ。とにかく貧乏なんで、金になる仕事を探してるんだ。
GM > カイル「ふむ、2人とも駆け出しのようだし、パーティーを組むにはちょうど
良いか…」
ゴーワン > わしも、できればラクして金になる仕事を探しとるんじゃ
ブリッツ > 右に同じ!
ブリッツ > 気があうな(笑)
ゴーワン > フォッフォッフォ、そのようじゃ
GM > カイル「バカヤロウ! 楽して儲けようなど考えが甘いぞ。」
GM > カイル「だが…、」
ゴーワン > うむ
ブリッツ > なんか良いネタあるのかい?
ゴーワン > 楽しみじゃ
GM > カイル「特別に超ラクチンな仕事を斡旋してやろう。」
ゴーワン > よし乗った。
ブリッツ > どんなヤマだ?
GM > カイル「とはいっても、2人じゃ心許ないな。」
ブリッツ > 自慢じゃないが、体力には自信がない
GM > といって、主人は当たりを見回す。
ゴーワン > ぬぬ、わしゃ100人力じゃが、だめかのう
ブリッツ > 色気が足りない(ぼそっ)
ゴーワン > ええのう
GM > カイル「おい、そこの嬢ちゃん! あんたも新顔だな。」
シャレス > はい?
ブリッツ > (小さな声で)爆乳ラヴ!
ゴーワン > おお!!上玉じゃ
GM > そういわれてこちらを向いた女は、木彫りの仮面をかぶった巨乳な女だ。見た
目は軽装である。
ゴーワン > (しまった、仮面してたんだった)
ブリッツ > (心の中で)うさん臭ぇーなぁー
GM > カイル「どうだ、この2人も冒険者デビューだそうだ。仲間を捜してるなら
ちょうど良いだろう。」
シャレス > え…ええ。
ゴーワン > わしゃ強いぞ
ティンク > こんばんは
GM > そのとき、韋駄天亭にまた1人若い女性が入ってきた。
ゴーワン > ぬぬぬ、新たな色香が!
GM > カイル「いらっしゃい。」
ティンク > (なんか、このマスター怖いなぁ…)
ゴーワン > (わしゃやさしいぞ)
GM > カイル「あんたも新顔だな? 今日は新人大豊作だ。」
GM > ルイセ「ご注文は?」
ティンク > ミルクお願いします
GM > ルイセ「どうぞ」
GM > カイル「男2人に女2人。ちょうどいいじゃねぇか。」
GM > カイル「よし、決まりだ。お前等4人にこの仕事を回すとしよう。」
ブリッツ > ソレは気になるな
ゴーワン > ワシもじゃ
ティンク > 何々、なにか面白いこと?
ゴーワン > いただきじゃ
シャレス > あの…私は何も…
GM > カイル「堅いこと言うな! どうせそのつもりで来たんだろうが。」
シャレス > ええ、まあ…
GM > 半ば強引にパーティーを組まされた君たちに、酒場の主人は一枚の羊皮紙を見
せた。
ゴーワン > ふむふむ
ティンク > なーんて、書いてあるの?
GM > カイル「ほれ、超ヒヨッコのお前等にピッタシの仕事だ。今ウチにある以来で
一番楽な仕事だな。」
GM > カイル「贅沢は言うなよ、最初はこんなもんで充分ってもんだぜ。」
GM > 依頼の内容は…
GM > 「某森近くの村に住む『シリア』という女性に壺を届ける。報酬800ガメ
ル」
GM > カイル「村は街を出て少し行った所だ。歩いていけば2日かかる。」
GM > カイル「まあ、仕事は簡単だし野宿も経験できるって訳だな。準備が出来たら
此処に行ってくれ。」
GM > というと、主人は依頼主の住所と主人のサインが入った紙切れを差し出した。
ティンク > お届けだね。
ブリッツ > てゆーか、お使いだな
ゴーワン > ラクな仕事じゃのう
GM > カイル「リーダーは誰がやるんだ? 今後のために決めておけよ。」
ティンク > う∼ん、私はリーダーって柄じゃないしなぁ
シャレス > 私もそういうのは…
ゴーワン > わしゃドワーフじゃし
GM > カイル「で? コレは誰に渡せば良いんだ?」
ブリッツ > よし、オレが受け取ろう
ゴーワン > おおっ
GM > カイル「ようし、お前がリーダーだ。ま、ふつうリーダーってのは戦士がやる
もんさ。」
GM > そういって主人はブリッツに依頼書を渡す。
ゴーワン > なおさらワシにはリーダーはできんわい
ブリッツ > (依頼書を受け取って)お使いとは言え、野宿をする事になる。まずは準
備だな。
GM > 何か行動する?
シャレス > とりあえず
ブリッツ > まった
GM > 何を?
ブリッツ > お嬢さん二人には、自己紹介がまだだったな。
ゴーワン > そうじゃ。ちなみにワシはゴーワン・ソワン・スペラッショ・ガンコツ
じゃ
ブリッツ > ・・・フルネームは覚えられそうにないな
ティンク > わたしは、ティンク
シャレス > 私はシャレス。急にこんな事になってしまったけど、よろしくね。
ティンク > これでも魔法使えるんだ。まだまだだけどね
ゴーワン > すごいのう。ワシはぬすっとじゃ。うかうかしとると、心も盗まれるの
じゃ。
ブリッツ > オレはブリッツ、よろしくな。
シャレス > 何年か森で過ごしてたから、弓の扱いならある程度は…
ブリッツ > じゃ野宿の経験もOKだな?
シャレス > ええ。
ティンク > 野宿…ちょっと苦手だなぁ
GM > カイル「はっはっは。即席パーティーの割には、いいバランスしてるじゃねぇ
か。俺の目に間違いは無い!」
ブリッツ > (目つきは悪いがな)
GM > カイル「案外長い付き合いになるかもな。ま、頑張れよ!」
ティンク > ね、マスターは昔からここで働いてたの?
GM > カイル「俺も若い頃は冒険してたさ。」
ティンク > ふ∼ん、そうなんだ。
ゴーワン > わしゃ若いころも盗人じゃ。
GM > カイル「引退しても若い奴らの目を見ていたくてな、冒険者の酒場を経営して
るって訳さ。」
ティンク > 先輩になるんだぁ
GM > カイル「俺も当時は『韋駄天カイル』って少しは名の通った男だったんだ
ぜ?」
ブリッツ > ちなみに、マスターの年ってどの位なんだろう
ゴーワン > うむ気になるのう
GM > 30半ばぐらいとしておこう。
ブリッツ > ま、ソレはさておきこの今度の依頼の準備だ。マスターの話はまた今度に
しよう。
GM > 行動を起こす人は言ってくれ。
ティンク(PLAYER) うんと、お客様が帰るみたいなのね
ティンク(PLAYER) 送っていかないといけないから、堕ちまするよ
ゴーワン(PLAYER) ほいさ。
ティンク > じゃ、ちょっと買いものにいってきますね∼
ブリッツ > おお、ティンクちゃん、またな
ゴーワン(PLAYER) ちょっとの間、落ちるね。ごめんよ∼ん。PCはつけたままにして
おくよ。
ティンク(PLAYER) じゃ、ボクちんも堕ちまするよ。
GM > プレイ停滞
(中略)
ゴーワン(PLAYER) 帰ってきました。ごめんごめん。
ブリッツ(PLAYER) おかえりー
GM > ティンクはまだだけどな。
ゴーワン(PLAYER) そのようだね
ブリッツ(PLAYER) 装備以外の買い物!
GM > 各員済ませよ。
GM > ネット上と言うことで管理がアレだから。細かいことは言わん。
ゴーワン(PLAYER) キャラシートは個人で作っておいたほうがいいの?
ブリッツ(PLAYER) うむ。装備とかはelkchatのキャラシートじゃ管理出来ないからね
GM > 俺は全員分作ってあるけど、自分のキャラシート無いと不便だろ?
GM > elkChat2に期待。
ブリッツ > さっきの韋駄天亭の呑み代はいくら?
GM > デビュー祝いでカイルのおごり。
ブリッツ > 良かっつ
ゴーワン > タダじゃ
ブリッツ > 保存食等は買えないので、その都度レンジャー技能でなんとかするしかな
いか
シャレス > 私はそのつもり。
ブリッツ > 金持ってるくせにぃ
ゴーワン > ゴーワンは多分買える
シャレス > お金使う生活に慣れてないの。
ブリッツ > 布袋と水筒買うと、残り5ガメル(T T)
GM > パーティー組んだし、貸し借りは許可するよ。
ブリッツ > まぁ何とかなるやろ(楽観的プレイヤー発言)
GM > まあ、お金なんかチョットでふわふわ
GM > 3倍がんばってくれ>ブリッツ
ブリッツ > ふぁーふぁかよ
ゴーワン > 保存食は5日分くらいで
GM > ティンクはまだかー
ゴーワン(PLAYER) 眠くなってきたぞい
GM > 進めとくか?
ブリッツ > だネ
ゴーワン > 体力があるうちに
GM > でわ行動をノベヨ
ゴーワン > えーと行き先はわかってたっけ
GM > うん。
GM > 依頼書をみると、依頼主の家までの地図が書いてある。
ブリッツ > じゃ、行きますか?
ゴーワン > 途中の道のりに、危険な噂はあるかな?
GM > 無いよ、オランの中だから。ちなみにそこは目的地じゃないからね。
ゴーワン > ラクちんじゃ
ゴーワン > 行くのじゃ!
GM > 一行は依頼主の家に向かった。
GM > そこは特に大きくも小さくもないふつうの家だ。
ブリッツ > でも徒歩で2日くらい?
GM > だから目的地じゃないって(^^;
ブリッツ > あ、依頼者のトコね
ゴーワン > わしらはとても小さいのじゃ
ブリッツ > じゃ、こんにちわー
ゴーワン > こんちわじゃ
GM > デコの広いおっさんが出てきた。
GM > 男「ん? 何だね君たちは。」
ブリッツ > 韋駄天亭の主人から依頼を紹介された者ですが、といって依頼賞を見せる
GM > 男「ほう、韋駄天亭の派遣か。どれ、ふむ、確かに。」
GM > 依頼主の男はベクマと名乗った。
ゴーワン > ラクちんじゃ
GM > 知り合いの女性に壺を譲る約束をしたので、それを本人の元へ届けて欲しいと
言うことだ。
GM > ベクマ「くれぐれも扱いには気を付けてくれよ。この壺は良い物だ。」
GM > ベクマ「無事届けたら、シリア様の署名を貰って韋駄天亭で報酬を貰ってく
れ。」
ゴーワン > ラクちんじゃ
ブリッツ > 分かりました、お預かりします。
GM > ちなみにシリアってのが届け先の女性。
GM > ベクマ「村の場所はここだよ。」
GM > ベクマは君たちに簡単な村の場所を教えると、こう付け加えた。
GM > ベクマ「最近その村や近くの街道で猿害が出てるそうだから、奪われることは
ないにしても絶対に壊されるんじゃないぞ!」
GM > ベクマ「もし壊したら20000ガメル弁償して貰うからな。」
GM > 壺は一応、厳重に箱に収められたけど、誰が持つ?
ブリッツ > 非戦闘員
ブリッツ > ・・・オレか!?
ゴーワン > わしはだめじゃな
GM > 相談して決めてね。
GM > プレイヤー2人だけど。
ブリッツ > んじゃ、リーダーが責任もって持つッスわ
ゴーワン > よろしくなのじゃ
ブリッツ > だで、戦闘は、任せた!(笑)
GM > 了解。大きさはそれほど大きくない。
ゴーワン > つるはしがうなるのじゃ
GM > プレステ2の2個分くらい(^^;
ブリッツ > なけなしの金で布袋買っておいて良かった
GM > じゃあ、箱ごと袋に入れて抱えててくれ。
シャレス > 気を付けてね。
ブリッツ > じゃ、依頼者のおっさんに挨拶して出発しますか。
ゴーワン > そうじゃのう
ブリッツ > その前に韋駄天亭に伝言残しておきたいな。toティンク
ゴーワン > うむ
ブリッツ > 道のり敵に問題ないよね?>マスター
GM > 一応いるって事で…
ゴーワン > やはりつるはしがうなるのじゃ
GM > いや、ティンクがここに。
ブリッツ > NPC扱い?
ゴーワン > ほう、ならば一緒に行くのじゃ
GM > でも面倒だな。
ゴーワン > 先に行っていた、ってのは?
ブリッツ > GM判断に任せます。>ティンク同or非同行
ブリッツ > 3人だと困る?
GM > じゃあ非同行。元々途中参加の予定だったし。
ブリッツ > よし、伝言だけ残して出発
ゴーワン > ゴーじゃ
GM > では韋駄天亭に伝言を残して3人は出発した。
ブリッツ > ゥい
ゴーワン > ふむ
GM > シナリオ書いてあるのここまで(^^;
ブリッツ > 後はアドリブ!
GM > 1日目
ゴーワン > つるはしがうなれん!
ブリッツ > 時にGM。
GM > ん?
ブリッツ > 届け先の家までは街道とかちゃんとあるんだよね
GM > 村までは街道が通っているので、モンスターが出る心配は無いらしい。
ゴーワン > ラクちんじゃ
ブリッツ > 懸念事項は猿くらいか
GM > でも保証は無い。
ブリッツ > そんなもんだろ。ひたすら歩こう。
ゴーワン > そうじゃのう
GM > 昼過ぎ、そろそろ腹が減ってきた。
シャレス > 食事にしましょうか。
ゴーワン > うむ
ブリッツ > む
ゴーワン > むしゃむしゃ、ばくばく・・・
ブリッツ > なんか周りに食えそうなモノはあるかい?>GM
GM > 現地調達組は、レンジャー技能+知力ボーナス
シャレス > [2d6+2=(3+5)=10]
ブリッツ > [2d6+2=(2+1)=5]
GM > ブリッツはおろおろしている(^^;
ブリッツ > 水で我慢(T_T)
ゴーワン > ゴクッゴクッ、プハァ∼
シャレス > はい、この辺は木の実ぐらいしか無いわね。
GM > そう言って、シャレスが果実をくれた>ブリッツ
ブリッツ > ありあがとぉ∼、スマンね。
ゴーワン > うむ、若いモンは苦労をしなくてはな。
シャレス > 夕方までには森にさしかかるから、肉が調達できるわね。
GM > さて、昼を済ませて再び街道を行くと、そろそろ日も傾いてきた。
ゴーワン > キャンプじゃのう
ブリッツ > 野営の準備するか
GM > 街道はちょっとした森の中にさしかかっている。
ゴーワン > 森の中は危険そうじゃのう
GM > まあ、例の村に行く人は大体この辺りでキャンプするらしく、開けた場所にた
き火の跡などが見受けられる。
ゴーワン > ここじゃのう
ブリッツ > どっちにしろ森の近くor中でキャンプをはることになりそうのなで、その開
けた場所にしよう
ゴーワン > うむ
GM > まあ、薪になりそうな枝はたくさんあるけど、生木は持ってこないように(^
^;
ゴーワン > しょうがない、働くのじゃ
ブリッツ > とりあえず火をおこそう。ほくち箱持ってる人∼?
シャレス > はい。
ゴーワン > さすがじゃ。わしゃ忘れとった
ブリッツ > グレート!じゃぁ男二人で薪集め。
ゴーワン > せっせ、せっせ
ブリッツ > シャレスは荷物番(特に壺)をよろしく。
シャレス > じゃあ、がんばってね。
ゴーワン > よっこらしょ
ブリッツ > うんせ
ブリッツ > 一晩、火は絶やしたくないので多めにね
ゴーワン > うむ
シャレス > 日が落ちる前に、今晩のおかずも調達しなきゃ。
ブリッツ > ん。狩りの経験ある人∼?
シャレス > はい。
ゴーワン > わしゃ何もできんから、番でもしておる。
GM > じゃあ、レンジャー技能+知力ボーナス。
ブリッツ > [2d6+2=(5+3)=10]
シャレス > [2d6+2=(3+5)=10]
GM > 二人ともそれぞれ獲物を発見。
ゴーワン > たくましいのじゃ
GM > レンジャー技能+敏捷度ボーナス
ブリッツ > ナイフが無いのでブロソで捌く!
シャレス > [2d6+3=(6+2)=11]
ブリッツ > [2d6+2=(1+1)=4]
ブリッツ > ぎゃふん
ゴーワン > ああ!
GM > ブリッツは獲物を逃しました(^^;
ゴーワン > だらしないのじゃ
ブリッツ > スマソ(T T)
シャレス > はい、兎を捕まえたわ。
ゴーワン > おなごなのにすごいのう
シャレス > 捌くから待っててね。
ゴーワン > たくましいのじゃ
ブリッツ > ナイス!頼りになるなぁ。苦労してるでしょ。
GM > またもやシャレスにご馳走になるブリッツなのであった。
ブリッツ > 情けないリーダー(^^;
GM > あ、経験点10点ね(^^;>ブリッツ
ゴーワン > 鍛えなおしじゃ
ブリッツ > あぅ∼。
GM > 腹もふくれ、日も暮れました。
GM > 見張りの順はどうする?
ブリッツ > 飯をくったら夜勤の順番を決めよう。3交代でいいね
ゴーワン > ええぞい
GM > 3人しかいないからな。
ブリッツ > ダイスで決めるか?
ゴーワン > うむうむ
GM > 1直、1がブリッツ2がゴーワン3がシャレス。
GM > [1d3=(2)=2]
GM > 1直ゴーワン。
ゴーワン > ほい
GM > って、俺が振っちゃ駄目か?
ブリッツ > いいんじゃない
ゴーワン > まかせたぞい
GM > 2直、1がブリッツ、2がシャレス。
GM > [1d2=(2)=2]
GM > 2直シャレス、3直ブリッツ。
ティンク > 今、生還
ゴーワン > あ、4交代にできる
GM > 3直でいいっしょ。
ブリッツ > キャンプ中。ごめん、ティンク置いて先に出発してる。
ゴーワン > 走ってくるのじゃ!
ティンク(PLAYER) これ入ったあとログれないのがつらいやね
GM > 置き去りにされたティンクが走ってきた(^^;
ゴーワン > 偉いのじゃ
ティンク > ちょっと待ってよ∼
GM > 一足違いだったようで、すぐ後ろを歩いてたんだね(^^;
ティンク > 置いてくなんてヒドイよ。もう
ブリッツ > いや、韋駄天亭に伝言はしておいてんだが・
ゴーワン > フォッフォッフォッ、忘れとったわい
GM > そこは「ほえぇ∼」だ(^^;
ティンク > ほぇ∼
シャレス > ごめんね。出発しようと思ったら、見あたらなかったから。
ブリッツ > 目はこう→(@w@)
GM > (笑)
ティンク > 目→(@w@)
ゴーワン > ぐっどじゃ
GM > 来たな怪獣。
ブリッツ(PLAYER) いやソレは「さくら」見てないとわからんぞ>GM
GM > さくら怪獣じゃないモン!ってまだ見てないのか>CCさくら
ティンク(PLAYER) まだ見てないぞ
ゴーワン > 分からんのじゃ
ティンク(PLAYER) 何なら今から観てもいいんだぜい
GM > 駄目。
ティンク(PLAYER) ちぇ
GM > じゃあ、ゴーワンを残して就寝∼
ブリッツ(PLAYER) オレもLD4巻まで買って一つもあけてないぞ
ブリッツ > お休みー
Client > [1d6=(3)=3] (※GM註:6が出たら敵が来ることにしよう)
ティンク > 合流していきなりだけど、おやすみなさい
GM > 何もナシ。
ゴーワン > ラクちんじゃ
GM > シャレス起きる。
Client > [1d6=(3)=3]
GM > 何もナシ。
ゴーワン > 爆睡中
GM > ブリッツ起きる。
ブリッツ > 交代っすね
Client > [1d6=(6)=6]
ゴーワン > フゴー、フゴー、フゴー・・・
GM > ブリッツ、レンジャー技能+知力ボーナス
ティンク > すやすや
ブリッツ > ?[2d6+2=(6+2)=10]
GM > 危険な気配を感じる。
ブリッツ > 周りを起こす。
ゴーワン > フゴゴ・・・?!
ブリッツ > &荷物チェック
シャレス > 何?
GM > 荷物は無事だ。
ティンク > ん、まだ眠いよ
ゴーワン > なんじゃい、どうしたんじゃ。
ブリッツ > 何か危険な気配がすると皆に伝える
GM > 藪の中に光る目が3体。
ティンク > はにゃー
ブリッツ > ケロロ軍曹!?
ティンク > だから野宿は、あまり好きじゃないの…
GM > セージ+知力。
GM > セージ無い人は素目
シャレス > [2d6+2=(5+4)=11]
ゴーワン > [2d6=(6+4)=10]
ブリッツ > [2d6=(4+4)=8]
ティンク > [2d6+3=(6+4)=13]
ティンク > キャラシートがオールゼロだ。(T-T)
GM > ティンクのキャラシート開くの忘れてた(^^;
ブリッツ > 動物系だったらレンジャーでも判定出来ませんか?>GM
GM > そうだっけ? まあ、全員知ってるからいいや。
GM > あれは狼デス。
ブリッツ > 火は絶やしてないよね。
GM > 動植物鑑定ってやつね。出来るわん
ゴーワン > ファイヤーじゃ!
GM > 狼はうなりを上げてこっちを伺っている。
ゴーワン > つるはしの餌食じゃ
GM > どうする?
ティンク > ど・どうしよう…
ゴーワン > 襲ってきそうなら、迎え撃つ。
ブリッツ > とりあえずブロソを抜いて警戒。他に囲まれたりしてないかチェック出来
ますか?
GM > 街道のラインは居ないから、道を挟んでいる片側の森の中のみだ。
ゴーワン > 壷はどこ?
GM > キャンプしてる広場の中。見張ってたブリッツの近くかな。
ゴーワン > ほじゃそれはまかせて、わしは狼に向かっていく。
ブリッツ > じゃティンクとシャレスはたき火のトコで荷物を確保しつつ防御に専念。
ゴーワンつっこんで、ブリッツサポートで行きますか。
GM > じゃあ、マップオープン。
ティンク > この壷は、大事な預かり物だかからね
ゴーワン > かかってくるようならば、ぷすっといく。
ブリッツ > よろしく頼むよ>ティンク
ティンク > うん、みんな気を付けて∼
ティンク > (おお、マップチップが動いてるぞ。感動)
ブリッツ > シャレスは必要そうだったら弓で援護を頼むね
ティンク > (この裸誰よ?で、ボクちんのティンクは、髪の毛ピンクのやつ?)
GM > 指アイコンが荷物ね。
GM > ティンクはピンク
GM > 半裸男がブリッツ
ブリッツ > yes>髪ピンク。半裸男はがブリッツらしい(T_T)
ティンク > 了解。角ありがゴーワンで、青毛がシャレスね
ゴーワン > ワシはスリムじゃ
ブリッツ > 半裸じゃないのにぃ∼
ティンク > それは、可哀想だ。>半裸
ゴーワン > 貧乏なんじゃのう
ティンク > これじゃ、野人
GM > 狼の敏捷度16ブリッツといっしょ。
GM > ブリッツからドウゾ。
ブリッツ > じゃぁAに攻撃判定=[2d6+2+2=(4+5)=13]
GM > 当たり。
ブリッツ > うし。打撃判定=[15r10+2+2=4(Dice 5+1)=8]
GM > 4点通った。
GM > 狼が行く。
ブリッツ > 回避判定=[2d6+2+2=(4+3)=11]
GM > 攻撃点8
GM > 当たらない。
GM > B、Cがゴーワンに。
ゴーワン > くるのじゃ!
GM > 二回避けて。
ゴーワン > 回避判定=[2d6+1+1=(4+6)=12]
ゴーワン > 回避判定=[2d6+1+1=(6+2)=10]
GM > 避けた。
ゴーワン > ラクちんじゃ
シャレス > Bに攻撃
シャレス > 攻撃判定=[2d6+3+1=(4+1)=9]
シャレス > あたり。
シャレス > 打撃判定=[24r10+2+1=6(Dice 3+4)=9]
シャレス > 5点。
GM > ティンクは?
ティンク > Aに魔法を
GM > うい。
ティンク > 魔法判定=[2d6+2+1=(5+2)=10]
GM > 抵抗できない。
ティンク > [10r10+2+1=3(Dice 4+2)=6]
GM > エネルギーボルト?
ティンク > うん。エネボル
GM > 5点ね。
GM > ゴーワンの番。
ゴーワン > Bに反撃!
ゴーワン > 攻撃判定=[2d6+2+1-2 =(3+4)=8]
GM > はずれ。
GM > 回避点9だから(^^;
ゴーワン > ぬぬぬ!ウルフめ、ちょこざいな!
GM > ブリッツ
ブリッツ > Aに攻撃!攻撃判定=[2d6+2+2=(3+1)=8]
GM > はずれ。
ブリッツ > あらま
GM > ブリッツ1回、ゴーワン2回避けて。
ブリッツ > 回避判定=[2d6+2+2=(5+4)=13]
ゴーワン > 回避判定=[2d6+1+1=(1+4)=7]
ゴーワン > 回避判定=[2d6+1+1=(4+1)=7]
GM > ゴーワンどっちもヒット。
ゴーワン > フォ!
GM > ダメージ5×2。減らして。
ゴーワン > 防御判定(物理)=[14r13+1=2=3]
ゴーワン > 防御判定(物理)=[14r13+1=3=4]
GM > 3点ダメージ。
ゴーワン > かすり傷じゃ!
シャレス > Bに攻撃
シャレス > 攻撃判定=[2d6+3+1=(2+4)=10]
シャレス > 打撃判定=[24r10+2+1=7(Dice 6+3)=10]
シャレス > 6点。
GM > ティンク。
GM > ちなみにそろそろ朝だ。
ティンク > Cエネボル(それしか出来ないんだけど)
ティンク > えーい。魔法判定=[2d6+2+1=(5+4)=12]
GM > 抵抗無理。
ティンク > [10r10+2+1=5(Dice 5+4)=8]
GM > 7点、痛い。
GM > ゴーワン。
ブリッツ > ゴーワン、ゴー!
ゴーワン > 食らうのじゃ!攻撃判定=[2d6+2+1-2 =(4+3)=8]
GM > はずれ(T_T)。当たれば痛いのに。
ゴーワン > ぬぬぬ!
GM > ブリッツ行け!
ブリッツ > Aに攻撃。攻撃判定=[2d6+2+2=(5+6)=15]
ブリッツ > 当たったね
GM > おう。
ブリッツ > うおりゃ!打撃判定=[15r10+2+2=6+8+5 (Critical 2) (Dice 6+4,6+6,2+6)=23]
ゴーワン > すごいのじゃ!
GM > ブリッツ大爆発。
ティンク > それじゃ、ブリッツが爆発したみたいだ。
ティンク > 爆死
ブリッツ > レンジャー技能での失敗の穴埋めだ!
GM > A死亡。
GM > 狼は逃げていく。
ティンク > やったー
ゴーワン > ブラボーじゃ!
ブリッツ > 朝になっちゃったな
GM > 戦闘終了。
ティンク > 壷も大丈夫だお
ブリッツ > ぐー!
GM > 空が白んできた。
GM > 今から寝ても回復しないよ>精神点。
ゴーワン > 早起きじゃ
シャレス > もう眠れないわね。
ブリッツ > 精神点残り何点?>ティンク
GM > 8
ブリッツ > エンチャント・ウエポン2回分だな
ティンク > ちょっと疲れちゃった
ゴーワン > わしゃたくさんあるぞい
シャレス > 出発しましょうか。
ブリッツ > おう。
ゴーワン > ゴーじゃ
ゴーワン > ティンク、精神点が必要な時は言っとくれ、わしゃ司祭じゃからのう。
ティンク > ゴーワンさん、ありがとう
ゴーワン > フォッフォッフォッ
GM > 君たちはキャンプを畳んで村に向かった。
ブリッツ > てくてく
シャレス > 今から出れば、昼頃には着きそうね。
ゴーワン > づかづか
シャレス > 壺も無事だし。
ゴーワン > ラクちんじゃ
ティンク > チョキチョキ。プリィ∼
GM > おい、丹下だろ。
ティンク > 歩いてる効果音
シャレス > もっともっとぉ∼!
ティンク > そんな効果音いや
ブリッツ > ソレは勝ちメッセージや!
ブリッツ > で、問題なく村には着くの?
GM > と、ピクニック気分の一向に…
ゴーワン > 一向に・・・
GM > レンジャー技能+知力ボーナス
Client > [2d6+1=(4+1)=6]
ブリッツ > [2d6+2=(6+5)=13]
ティンク > [2d6+1+2=(1+5)=9]
シャレス > [2d6+2=(3+3)=8]
ゴーワン > [2d6=(1+4)=5]一応
ブリッツ > レンジャーレベル足し忘れ
GM > OK
ブリッツ > 何事?
ゴーワン > 新手か!
ゴーワン > 素振りじゃ。打撃判定=[29r9+2+1=9+7(Critical 1) =19]
ゴーワン > 強いのう
ブリッツ > あたればね(^^;>ゴーワン
ゴーワン > もう一回!打撃判定=[29r9+2+1=9+8(Critical 1) =20]
ゴーワン > やはり強い
wisper:GM > ティンクって、保存食持ってる? (※GM註:wisperは秘話モードといっ
て、特定のクライアント間でのみ交わされる会話です。)
wisper:ティンク > 所持品何も買ってません
wisper:GM > 実際はそうでも、本来はどうよ? (※GM註:今回は準備期間が少なかっ
たので、この辺りは厳密には処理してません。)
wisper:ティンク > 買うでしょう
wisper:GM > じゃあ、持ってるということでいい?
wisper:ティンク > うん、買っとく
wisper:GM > 秘話終了。
GM > 状況を説明しよう。
ブリッツ > ぅい
ゴーワン > うむ
GM > 猿の軍団が襲いかかってきた。
ゴーワン > なんと!しかも集団!
ティンク > いや。ぜったいにいや。
ブリッツ > で、
GM > 君たちは不意を付かれることは無かったが、既に臨戦態勢だ。
ゴーワン > サル強しじゃ
GM > 特に猿は、ゴーワンとティンクを狙っている。
ティンク > ど・どうしよう。
ゴーワン > サルの浅知恵め!
ゴーワン > ワシが全部面倒をみてやる!
GM > 時に、今の態勢は?
ブリッツ > マップ画面?
GM > うん。
ブリッツ > 街道の進行方向はどっち?
GM > 上としよう。
ブリッツ > じゃ、ブリッツ先頭。
ティンク > 囲まれてるよ∼。
GM > 時にフィギュアちゃんと増えてる?
ティンク > Fまで確認
GM > OK
ティンク > ティンクは、シャレスの横
GM > じゃあ、戦闘開始。
GM > ブリッツから。
ブリッツ > えーと、ティンクとゴーワンねらってるんだよね
GM > うん。
ブリッツ > じゃ、B・Cはゴーワン&シャレスに任せてティンクの前方にいるAに攻
撃
ブリッツ > 攻撃判定=[2d6+2+2=(5+1)=10]
GM > 回避点は9
ブリッツ > 当たり!打撃判定=[15r10+2+2=3(Dice 2+3)=7]
ブリッツ > フィギュアはこっちで動かした方がいいの?
GM > 自キャラは頼む。
ブリッツ > ゥい
GM > 防御点4。3点通り
GM > シャレスはダガーを抜く。
シャレス > アッチ行け!
GM > 次は猿。
GM > 攻撃点9。
GM > ブリッツ避け。
ブリッツ > 回避判定=[2d6+2+2=(2+5)=11]
GM > よし。
GM > ゴーワン2回避け。
ゴーワン > 回避判定=[2d6+1+1=(1+6)=9]
ゴーワン > 回避判定=[2d6+1+1=(6+6)=14]
GM > OK
ゴーワン > すげえ
GM > ティンク避け。
ゴーワン > ガッツじゃ!
ティンク > [2d6=(1+3)=4]
ブリッツ > ちなみに壺持ってるんであんまり戦闘したくないので、皆さんよろしく
(^^;
ティンク > はにゃー
GM > 壺持ってる人が回避で1ゾロ振ったら壺が割れるから。
ゴーワン > ブリッツ、戻ってくるんじゃ!それか遠くへ逃げるんじゃ!
GM > 猿Eがティンクの荷物につかみかかる!
ブリッツ > 割ったら弁償出来ません
ティンク > いや。やめてよー
GM > 猿「ウキー! キキー!」
ティンク > もう、おさるさん、あっち行ってよー!
ゴーワン > おのれサル!婦女子に飛び掛るとは、言語道断じゃ!
ブリッツ > いや、猿だし。
ティンク > 納得
ゴーワン > サルめ。
GM > ティンクの番。
GM > 荷物を捨てるなら逃げられるよ>ティンク
ティンク > もうちょっと荷物をもってじたばたしてみる
ブリッツ > ソーサラーレベル1って対集団用の魔法ってないんだっけ?
ティンク > スリープクラウドとか
GM > あるね。
ティンク > 多分、魔法唱えられそうにないよね。状況的に
ゴーワン > 気合で、じゃ
ティンク > このターンは、荷物とられるかどうか判定した方がいいかな?
GM > そうだな。冒険者レベル+筋力ボーナスで振ってみ。
ティンク > [2d6+1+1=(4+4)=10]
ティンク > 荷物もってっちゃヤダー
ブリッツ > 呪文の代わりに「はにゃ∼」とか「ほえ∼」とか言ってそう(丹下声だ
し)
Client > [2d6=(3+4)=7]
GM > 取られないけど、まだ猿がひっついてるね。
GM > じゃあ、ゴーワン。
ティンク > ほえ∼。はやく、何とかしてよ∼
ゴーワン > 時にB攻撃判定=[2d6+2+1-2 =(6+5)=12]
GM > 当たり
ブリッツ > いてまえ!
ゴーワン > うりゃ打撃判定=[29r9+2+1=9+6(Critical 1) =18]
GM > B死亡。
ゴーワン > 強いのじゃ
GM > 恐ろしや。
GM > ブリッツ
ティンク > はにゃ∼。
ティンク > に・も・つ・が・あ・∼・∼
ブリッツ > ティンクはゴーワンに任せた!こっちはAに攻撃。攻撃判
定=[2d6+2+2=(4+2)=10]
GM > 当たり
ブリッツ > 死ね、猿!打撃判定=[15r10+2+2=3(Dice 3+2)=7]
GM > 3点
GM > 猿「ギャーッ! ギャーッ!」
ゴーワン > ティンクー、1ターンがんばるのじゃぞ∼
シャレス > Eに攻撃
シャレス > 攻撃判定=[2d6+3+1=(5+4)=13]
シャレス > 打撃判定=[5r10+2+1=1(Dice 4+1)=4]
ティンク > がんばる∼
GM > 通らなかった…
ブリッツ > ダガーじゃダメか!?
GM > Cは警戒して距離を取った。ギャーギャー威嚇している。
GM > Fはティンクに襲いかかる。
GM > ティンク回避。
ティンク > キャア
ティンク > [2d6=(5+2)=7]
GM > Fも荷物に掴みかかる!
GM > ブリッツ回避。
ブリッツ > 回避判定=[2d6+2+2=(1+5)=10]
シャレス > 回避判定=[2d6+2+1=(3+2)=8]
ティンク > やだ、やだ、やだ。(かぶってる。マップチップでかぶってるぅぅ。)
シャレス > 防御判定(物理)=[3r13+1=1(Dice 2+3)=2]
ティンク > (埋もれてるぅぅぅ)
GM > シャレス猿に引っかかれて1点ダメージ。
GM > ブリッツは回避。
ブリッツ > 何?回避判定=[2d6+2+2=(4+5)=13]
GM > いや、ブリッツは回避したってこと。
ブリッツ > ああ、回避しろじゃないのね
GM > ティンクの番。捨てる? 頑張る?
ティンク > 日本語ムツカシイネ
ティンク > 頑張っちゃう
GM > じゃあ冒険者レベル+筋力
ティンク > [2d6+1+1=(5+4)=11]
Client > [2d6+2=(6+4)=12]
GM > 2匹の猿に荷物ぶんどられた。
ゴーワン > ぬぬ、遅かったか?
ティンク > ほえ∼、あたしの荷物が∼
GM > ゴーワンの番。
ブリッツ > ゴーワン、ゴーッ!
ティンク > ワレニカゴー
GM > ティンクの荷物つかむ?
ゴーワン > 掴む
GM > 素手の攻撃判定してみ。-2抜きで。
ゴーワン > [2d6+1+2=(3+6)=12]
GM > 掴んだ。
ティンク > ゴーワンさん!!
ゴーワン > わしゃ、はなさんぞ
GM > 猿は距離を取れない!
GM > ブリッツの番。
ブリッツ > Aに攻撃。攻撃判定=[2d6+2+2=(1+1)=6]
ブリッツ > あたー!
ブリッツ > 壺われるのって回避の時だけ?
ゴーワン > ややや!
ゴーワン > あたふたあたふた
GM > うん。
ブリッツ > あぶねー!
ティンク > (10点プラス∼♪)
GM > また10点!
ティンク > またなのかッ!?
ブリッツ > これで20点
ゴーワン > 鍛えなおしじゃ
ブリッツ > すんまそん
ティンク > 今シーズン第2号ですか
シャレス > 攻撃判定=[2d6+3+1=(4+1)=9]
シャレス > 打撃判定=[5r10+2+1=5+1 (Critical 1) (Dice 5+6,1+4)=9]
シャレス > 脳天直撃!
ティンク > シャレス、すごーい
ブリッツ > セガサターン!
ゴーワン > フォーッ!
GM > 9点か、5点通った。
シャレス > ボウだったら死んでたのに∼
ゴーワン > ダガーでも強し!
ティンク > あ、おさるさんが
GM > EとFはゴーワンが怖いのか、荷物をあきらめた様だ。
ゴーワン > ほほう、サルにも多少は知恵があるようじゃ。
GM > それを見てAとDも距離を取る。
GM > そして猿は逃げていった。
ティンク > みんな、ありがとー
ブリッツ > なんとかなったって事か。
ゴーワン > サルの分際で、10年早い
ブリッツ > ゴーワン、ナイス!
GM > 忘れてたけど、セージかレンジャー+知力ボーナス
ティンク > [2d6+1+2=(2+5)=10]
シャレス > [2d6+2=(4+4)=10]
ゴーワン > 一応[2d6=(1+6)=7]
ブリッツ > [2d6+2+1=(1+2)=6]
ブリッツ > あ、惜しい。
GM > みんな知ってる。今のはスモールエイプだ。
ゴーワン > チビザル
ティンク > (猿、猿、っていってたじゃーん)
GM > スモールエイプだって猿だよ!
GM > 人間に襲いかかることは滅多に無いはずなのだが…?
ブリッツ > 知能は高いの?
GM > 知能は「低い」
ティンク > なんであたしの荷物狙ったのかなあ?
ゴーワン > 狂ったか?
ゴーワン > なんか特別な荷物でも持ってたんかいのう?
ティンク > へんなものでも入ってるのかな?(漁る)
ティンク > ゴソゴコ
ティンク > さらにゴソゴソ
ゴーワン > あ、ワシも
ゴーワン > ごそごそ・・・
ブリッツ > そうだとしても、ティンクに襲いかかった時点で猿は所詮、猿。
GM > 携帯食が入ってるよね。 (※GM註:さっき秘話でティンクに確認したのはこの
ためだったのさ♪)
ゴーワン > なるほど。
ブリッツ > 荷物は壺と水筒だけ(T_T)
ゴーワン > サルに食わす飯はない!
ティンク > あ、これ(携帯食)のせいだったのか
ティンク > おサルるさんも、おなかすいてたんだね
ブリッツ > 納得>携帯食
シャレス > おかしいわね。人の食料を狙うなんて…。
ゴーワン > 畑でも耕せばいいのじゃ。
ティンク > エサがとれないとか?
ゴーワン > 無能なサル
ブリッツ > 猿が増えすぎて、餌の需要が追いつかないとか
シャレス > とにかく村へ急ぎましょう。
ブリッツ > OK
ゴーワン > そうじゃのう
ティンク > 壷も無事だよね
ブリッツ > 多分(爆)
GM > てな訳で、君たちはやっと目的の村へたどり着いた。
ブリッツ > シリアさん(だっけ?)の家はスグに分かるのかな?
GM > 時間は昼を少し過ぎたぐらいだ。
GM > 地図もあるし、村人に訊いてもすぐに分かるでしょう。
ゴーワン > ゴーじゃ
ブリッツ > 先に用事を済ませてからお昼にしよう。
ティンク > うん
ゴーワン > そうじゃのう
GM > シリアさんはどうやら村長の娘らしい。
GM > 家はこの村で一番大きい。
ゴーワン > そりゃ有名じゃ
ブリッツ > じゃ、迷うことは無さそうだな。早速行ってみよう。
GM > と、少し離れた畑から男の叫ぶ声が聞こえてきた。
ブリッツ > 何事?
GM > 男「コラ∼! あっちいけ∼∼!」
ゴーワン > なんじゃい
ティンク > わわわ
GM > 「ギャーギャー!」
ゴーワン > ぬぬ、サルの臭いが!
GM > 猿だ。
ブリッツ > また猿か!
ティンク > おさるさんだ
GM > さっきと同じ様なスモールエイプが畑を荒らしている。
ゴーワン > おのれサル。畑を耕す気か!
ブリッツ > 猿は何匹くらい?
GM > 見えるのは4匹。
ゴーワン > 「ぬぉぉぉぉぉ!」
ゴーワン > (つるはしを振り回しながら、あちらへ向かう。)
ブリッツ > うーん、荷物が心配だから先に届けたいのだが、見過ごす訳にもいかんし
なぁ。
ティンク > 魔法で眠らせてみる?
ブリッツ > ソレだ!
GM > 行く?
ティンク > いっちゃう。タイミング的に唱えられるの?
GM > いいよ。
ゴーワン > 退治じゃ!
ティンク > 畑の人(イカスなぁ)眠るだけだしね
ブリッツ > 見過ごす訳にはいかんでしょう。人として。
ゴーワン > ドワーフとして
ティンク > えーい!魔法判定=[2d6+2+1=(6+6)=15]
ブリッツ > グレート!
ゴーワン > おお!頼もしい。
GM > おっさんもろとも爆睡。
ブリッツ > さて、どうしよう。
シャレス > 猿は捕まえる?
ゴーワン > 捕獲
ティンク > おじさんは、起こしてあげよう
ブリッツ > ゥい
GM > おっさん「う、う∼ん。」
ティンク > おじさん、大丈夫?
GM > おっさん「あれ? 猿は? 何か急に眠くなって…」
ゴーワン > 疲れておるんじゃ
ブリッツ > 先に猿たちを拘束。
GM > 猿は口を開けて寝ている。
ゴーワン > この、性悪ザルめ!
ブリッツ > ・・・殺っちゃおうか?
ティンク 「また襲ってこないかな?」
GM > おっさん「これは…あんた達がやったのかい?」
ゴーワン > 縛って吊るしておこうかのう・・・
GM > おっさん「助かったよ、ありがとう。」
ゴーワン > なんの
ティンク 「どういたしまして」
GM > おっさん「見かけない顔だが…?」
ブリッツ > 礼ならこの娘に
シャレス > そうそう
ゴーワン > んだ
ティンク > (おじさんも、眠らせちゃったんだけどねぇ…)
GM > おっさん「このコが? 見かけによらず強いんだねぇ。」
ティンク > えへへ(照れる)
ブリッツ > オレ達は村長さんとこのシリアさんに届け物のお使いさ
ゴーワン > ん∼、若いのう
GM > おっさん「そうなのか。村長の家なら、あそこだ。」
GM > といって、指を差す。
ゴーワン > おお、ラクちんじゃ
GM > 大きな家が見えるぞ。
ティンク 「わー、大きいおうち。」
ブリッツ > ありがとう。猿は好きにしてくれ。
ブリッツ > じゃ、村長の家に向かおうか。
ティンク 「いこー!」
シャレス 「そうね。」
ゴーワン > ゴーじゃ
GM > 君たちは村長宅に到着した。
ブリッツ > こんにちはー。クロネコ○マトの他急便でーす。
ゴーワン > トマト
ブリッツ > 他急便
ブリッツ > 違う、宅急便。トマトでもない(笑)
GM > それはさておき、中から40ぐらいの女性が出てきた。
GM > 女性「はい。」
ゴーワン > 娘?
ブリッツ > こんにちは、こちらにシリアさんという方はいらっしゃいますか?
GM > 女性「シリアは私ですが。何か?」
ゴーワン > やはり娘。
ブリッツ > 時に依頼者の名前は何だ?
GM > ベクマ
ティンク > マクベ
GM > (…ばれる?)
ティンク > チーン。いい音色だろ
ブリッツ > 良い壺「キーンッ!」
GM > パリ
ブリッツ > じゃなくて、ベクマさんからこの壺をあなたに届けるように頼まれてきた
んですけど
ゴーワン > そうじゃ
GM > シリア「ああ、ベクマの使いの方ね。中に入って。」
GM > そう言って家の中に案内される。
ゴーワン > ご馳走の匂いが
ブリッツ > はい、それじゃ失礼して。おじゃましまーす。
ティンク > (差し詰めシリアは、キシリアだろう)
ティンク 「失礼しまーす」
ブリッツ > ネタバレ(笑)
GM > (もっと早く気付くと思ったんだが…)
ゴーワン > 鍛えなおしじゃ
ティンク > (シリアの名前今知ったんだもん。)
GM > シリア「ちょうどこれから食事ですの。昼食は済ませて?」
ゴーワン > やはりご馳走・・・
ティンク 「わーい、おなか空いてたんだ。」
ゴーワン > フォッフォッフォッ
ブリッツ > いいんですか?
GM > シリア「どうぞ、食事は大勢の方が楽しいですわ。」
ティンク 「がんばって届けてよかったね。シャレス」
ブリッツ > ありがとうございます。じゃ、遠慮なく・・・
GM > そして、食事の席に村長とシリアの夫が現れた。
ゴーワン > ガツガツ、ムシャムシャ、ゴクゴク
ブリッツ > 頑張ったのは主に荷物の死守(笑)>ティンク
GM > 村長「おや、シリア。お客さんかい?」
GM > シリア「ええ、例の壺を届けに来てくれましたの。」
ブリッツ > (村長の名前はルズドかな?)
GM > 村長「おお、それはご苦労だったの。見たところ冒険者のようだが?」
ティンク(PLAYER) (しかも自分の荷物<死守)
ゴーワン > いかにも
GM > ちなみに村長の名は決めてない。
ブリッツ > とりあえず韋駄天亭でこの仕事を紹介された事を説明しよう。
GM > 村長「そうか…、ここに来る途中猿に襲われんかったかね?」
ゴーワン > 蹴散らしたぞい
ブリッツ > ええ。多いですねぇ、猿。
ティンク > 大変だったんですよ
ゴーワン > サルの浅知恵じゃ
ティンク > 荷物とられそうになるし
ブリッツ > 最近、多いんですか?猿の被害。
GM > 村長「昔から森には猿が住んどったが、人里で悪さをするようになったのは最
近なんだよ。」
GM > シリア「村の中でもそれは大変な被害ですわ。」
ゴーワン > おのれ、やりたい放題じゃな
シャレス > 森で何か在ったんじゃ…
GM > 村長「うむ。近々村の者で森を調べようと思っていたんだが…ふむ。」
ブリッツ > 猿が人を襲う様になったのは最近になってからですか?
GM > 村長「そうだ。ごく最近のことだ。」
GM > 村長「時に君たち。届け物が済んだのなら、時間は在るかね
ブリッツ > まぁ、何となく。
ティンク > あるの?
ゴーワン > わしゃ眠いぞ
シャレス > まあ、帰るのはいつだっていいかもね。
ブリッツ > 察するに、我々に森の調査を依頼したいということですね。
GM > 村長「その通りだ。謝礼は払う。」
ブリッツ > 判りました。が、少し時間を下さい。
ゴーワン > ラクちんならいいんじゃが
ティンク > ティンクも魔法たくさん使ったからヘトヘトだよ
GM > 村長「君たちもここまでの足で疲れているだろうから、家を宿として提供しよ
う。明日までゆっくり休んでくれて結構だよ。」
GM > 名前が一人称か!>ティンク
ブリッツ > いえ、一度オランに行かねばならないのですが。
ティンク > さっき、あたしって言ってたな。ケースバイケース。きっと本当にヘトヘ
トなんだ。
GM > 村長「そうか。何にしても今日は泊まって行きなさい。」
ブリッツ > 判りました。
ティンク > ありがとうございますぅ。
ゴーワン > ふぉっふぉっふぉっ
GM > というわけで、晩飯もご馳走になって次の日。
ブリッツ > ん
ティンク > ん
ゴーワン > ぬも
ブリッツ > みんな忘れるな。今回の成功報酬は韋駄天亭から支払われることになって
るんだぞ(ログ参照)。一度オランに帰らねば。
ゴーワン > 帰るのじゃ!全員ダッシュ!!
シャレス > シリアさんのサイン貰わなきゃ。
ブリッツ > それそれ。
ゴーワン > そうじゃ
ティンク > そうだね
GM > (黙っとけばよかったか?)
ブリッツ > 大丈夫、覚えてた。
ゴーワン > ゴーじゃ、ゴーじゃ
GM > シリア「あら、サイン? …はい、どうぞ。」
GM > と、依頼書にサインを貰った。
ゴーワン > うむ。行くのじゃ。
シャレス > じゃあ、一旦帰りましょうか。
ブリッツ > では、我々は一度オランに戻ります。装備を調えてスグにこちらに調査に
参ります。
ブリッツ > と、村長に説明。
GM > 村長「おう、頼んだぞ。」
GM > 君たちは村を後にした。
ブリッツ > よぉし!金!金を貰いに行くぞ。ひゃっほー!
ゴーワン > グッバイ、村
GM > 何もなく夕方。
ブリッツ > キャンプはるかい?
ゴーワン > うむ
シャレス > さて、食事を狩らなきゃ。
ブリッツ > ワレニカゴー!
GM > じゃあ、レン知。 (※GM註:レンジャー技能+知力ボーナス。いい加減打つの
面倒なんで…)
シャレス > [2d6+2=(2+3)=7]
ブリッツ > 狩るさ!オレの本気を見せてやる。[2d6+2+1=(1+6)=10]
ゴーワン > おお
GM > まだ獲物見つけただけだから。
ゴーワン > そうじゃのう
GM > レン敏
シャレス > [2d6+3=(2+4)=9]
ブリッツ > だーいじゃうぶ、まもぁーかして![2d6+2+1=(6+5)=14]
ゴーワン > おおおおお
GM > イノシシGet!(^^;
ゴーワン > おおおおおおおおお
ティンク > わーい
ブリッツ > うっしゃぁぁ!
シャレス > 私はキジね。
ゴーワン > 鍛えたかいがあったのじゃ
シャレス > 果物も欲しいわね。
ブリッツ > 探す。[2d6+2+1=(6+5)=14]
GM > あるある。
ブリッツ > ちなみにレン知ね。
GM > 果物は逃げないからGet!
ティンク > わーい
ゴーワン > おおおおおおおおおおおおおおおお
シャレス > 昨日とはだいぶ違うわね。こっちが実力?
ブリッツ > うむ、豪華な晩飯になった。コレで帰ったらさらに報酬が待ってる!なん
てすばらしい!
ティンク > (そんなにヒドかったのか。昨日は)
ゴーワン > うむ。
ブリッツ > ・・・昨日はね(^^;
GM > てなわけで、今晩はシシ鍋で豪勢な晩飯となりました。
GM > 直を決めよう。
ブリッツ > ぅい
ゴーワン > うむ
ティンク > はい
GM > 1d4でリストの上から。
ブリッツ > ゥい
GM > [1d4=(2)=2]
GM > 1直ゴーワン
GM > [1d3=(3)=3]
GM > 2直ティンク
GM > [1d2=(2)=2]
GM > 3直ブリッツ
GM > 4直シャレス、以上。
ブリッツ > じゃおやすみー
GM > ゴーワンの回。
Client > [1d6=(6)=6]
ゴーワン > また1番じゃ
GM > ガサガサと音がする。>藪の中。
ゴーワン > なんじゃい
GM > セージ無いから素目でチェック!
ゴーワン > [2d6=(6+3)=9]
GM > ジャイアントスパイダーだ。
GM > ちなみに1匹のみ。
ゴーワン > どれどれ、危険なんで皆を起こそう。
ティンク 「ん、何?」
ブリッツ > うーいー
ゴーワン > 蜘蛛じゃ
シャレス > ん∼眠りかけたのに…
ティンク 「え∼、キモチ悪いよ∼。」
ブリッツ > 蜘蛛ぉ?
GM > 今起きた人もチェック!
シャレス > [2d6+2=(3+5)=10]
ブリッツ > [2d6+2+1=(4+4)=11]
ティンク > [2d6+1+2=(2+4)=9]
ゴーワン > 万が一を考えて、一応起こしたんじゃぞ
シャレス > ジャイアント・スパイダー!
ティンク 「巨大蜘蛛!」
GM > みんな知ってる。毒は無いよ。
ゴーワン > 余裕じゃな
ブリッツ > 適当にブチ殺しておこう。
ゴーワン > わしゃ最後じゃな
GM > ブリッツから。
ブリッツ > ゥい。攻撃判定=[2d6+2+2=(3+5)=12]
GM > 当たり。
ブリッツ > 打撃判定=[15r10+2+2=3(Dice 4+1)=7]
GM > 4点
シャレス > 攻撃判定=[2d6+3+1=(1+1)=6]
シャレス > いちぞろ∼
ゴーワン > 鍛えなおしじゃ
ブリッツ > おぬでとう∼
ティンク(PLAYER) シャレス選手、今シーズン第一号でーす。
GM > ブリッツ避け。
ブリッツ > 回避判定=[2d6+2+2=(4+3)=11]
GM > 避けた。
GM > ティンク。
ティンク > ブリッツの武器にエンチャント・ウエポン
ブリッツ > 打撃料+5?
GM > うん。
ゴーワン > おお
ティンク(PLAYER) ダイスロールするんだよね?
GM > 一応ロールしてね。
ティンク > えーい。魔法判定=[2d6+2+1=(1+1)=5]
ティンク > いちぞろ∼
GM > おめでとう!
ゴーワン > 鍛えなおしじゃ
GM > 狙ったように(^^;
ティンク > はにゃー
ブリッツ > グレート!
GM > ゴーワン行け!
ゴーワン > うりゃ攻撃判定=[2d6+2+1-2 =(5+4)=10]
GM > 当たり
ゴーワン > 打撃判定=[29r9+2+1=4=7]
ゴーワン > へぼ
GM > 4点
GM > ブリッツとどめだ!
ブリッツ > おう!攻撃判定=[2d6+2+2=(1+6)=11]
GM > 当たり
ブリッツ > 当たったね。
ブリッツ > とう!打撃判定=[15r10+2+2=8+4 (Critical 1) (Dice 6+6,2+5)=16]
ゴーワン > おおお
GM > ぶちゅ。
ティンク > すごーい
GM > クモはクチャクチャに…
ブリッツ > たかが蜘蛛ごとき。さて、寝直そう。
ティンク > おやすみ∼
ゴーワン > 蜘蛛の分際で
GM > ティンクには悪いが、時間だ。
ティンク > そうか
ティンク 「じゃ、今度はティンクが見張ってるから、みんなは寝ててね」
ゴーワン > うむ
GM > でも、何も起きなかった。
GM > ブリッツ
GM > も、何も起きない。
ゴーワン > フガガガガー
GM > シャレス
ゴーワン > フゴゴゴゴゴー
GM > も、何も起きない。
GM > 結局一番眠れたのはゴーワンだった。
GM > そして、朝。
ゴーワン > フガガガー
シャレス > みんな、そろそろ起きて。
ブリッツ > うーい。
ゴーワン > 朝じゃ
ティンク 「ん、おはよう」
GM > そんなこんなで、君たちはオランに帰り着いたとさ。
ブリッツ > れっつごーとぅーざよしのやー♪
ゴーワン > おかえりじゃ
GM > はい、並盛250円。
ブリッツ > じゃなくてカイルさん、金∼♪
GM > 場所は韋駄天亭。
GM > カイル「よう、無事帰ったな。」
ティンク 「ルイセさーん、ただいま∼♪」
GM > ルイセ「あら、お帰りなさい。」
ブリッツ > 楽勝!はい、伝票。サイン確認して下さいな。
GM > カイル「ふむふむ。ま、簡単な仕事だったからな。」
ゴーワン > ラクちんなのじゃ∼
ティンク 「でも途中でサルとかに襲われて大変だったんだよぉ」
GM > 主人はカウンターに金の入った袋を置いた。
GM > カイル「報酬の800ガメルだ。受け取れ。」
ゴーワン > フォーッ
ブリッツ > ゥいす。確かに。
ティンク 「やったね」
シャレス > 1人200ガメルね。
ゴーワン > うむ
ブリッツ > だね。じゃ、明日はスグにでも村長(結局名前は何だっけ?)の依頼をこ
なしに行こう。今日はコレで解散かな?
GM > じゃあ、200ガメルずつ追加してくれ。
ティンク(PLAYER) 追加∼
GM > 何か買う人は今の内に。
ゴーワン > うむ
ブリッツ > わーい、所持金が205ガメルに!
ティンク(PLAYER) 今まで5ガメルかい。くー、涙ぐましい。(T-T)
GM > しょぼっ!
ブリッツ > しょぼっ!ってゆーなぁ!
ゴーワン > 結構、半裸男のフィギュアいいかも。
ティンク > 身包み剥がされたみたいだし
ゴーワン > うむうむ
GM > 準備はいいか∼
ブリッツ > 一応、ハードレザー着てるモン!
ブリッツ > 待った。
ティンク > WAIT。
ゴーワン > (えーと、ねむいっす)
GM > 耐えるのじゃ。
ゴーワン > (さむいっす)
ティンク(PLAYER) 迷わず行けよ。行けばわかるさ。
ティンク(PLAYER) つーか、レスポンスもわるくなってるしね
ブリッツ > OK!買い物終了。持ち物の管理はどうする?宣言する?
ティンク > 買い物してないし。(^-^;)
GM > 装備関係は教えてね。
GM > で、準備OK?
ブリッツ > おk
GM > ゴーワン起きてる?
ゴーワン > 大丈夫
ティンク > 不屈の闘志だ
ブリッツ > 萌える闘魂
ゴーワン > ストーブ出した
ティンク > やっぱ萌えなきゃダメね
GM > じゃあ、さっきの村に向かいまショー
ブリッツ > OK!
GM > って、ストーブかい!
GM > そりゃ寒気もスットーブ…とか言ってな。
ティンク > さみーなー。ストーブつけようかなー
ブリッツ(PLAYER) さっむー!
GM > 予想通り!
ゴーワン > マジ寒いよ。次は毛布を取りに行ってくる。
ティンク > オレの部屋は、軒並み20度
GM > 長野も大変だな。
GM > で、場所は変わって村長の家。
GM > 村長「おお、再度よく来てくれた。」
ブリッツ 「我々が一度去った後、何か変わったことはありましたか?」
GM > 村長「相変わらず猿が荒らしに来よる。」
ゴーワン > 退治じゃ!
ティンク 「やっぱり森へ行かないとダメだね。」
シャレス 「そうね。」
ブリッツ > ん。
GM > 村長「では、よろしく頼む。様子を見て、危険だったら帰ってきてかまわ
ん。」
ティンク > 「この村で森に詳しい人とかいないんですか?」
ゴーワン > サルの学者とか
GM > 村長「さほど詳しいという者はいないな。」
ティンク 「じゃ、明るいうちに森へ行かないと」
ティンク 「リーダーどうするの?」
ブリッツ 「それは賛成」
ゴーワン > 森はでかいの
GM > でかいね。
GM > いや、でかくない(^^;
ゴーワン > ただウロウロする?
ブリッツ > 言いにくいことだが、報酬の話は先にしておく?>ALL
ゴーワン > そうじゃった。
シャレス > 私は後でもいいわ。
ティンク > ティンクも後でいいかな。
ブリッツ > よし。じゃぁ、出発しようか。
GM > 森。
GM > 鳥の鳴き声が聞こえる。
ブリッツ > 先ずは猿達の根城を調べたいね。
GM > レン知。
ブリッツ > レンジャー+知力[2d6+1+2=(2+1)=6]
シャレス > [2d6+2=(5+5)=12]
ゴーワン > 一応[2d6=(3+3)=6]
ティンク > [2d6+1+2=(1+6)=10]
ブリッツ(PLAYER) ダイス目が走る時と走らないときがはっきりしてるなぁ
GM > シャレスとティンクは猿の足跡を確認。
ゴーワン > 頼もしい
ティンク 「見て見て。足跡があるよ」
ゴーワン > おお、でかした
GM > 北の方へ多く行き来しているようだ。
ゴーワン > 行くべきじゃな
ブリッツ > よし、それなら北方向に進もう。
GM > そのまま追跡をする事にした。
ゴーワン > サル、いた?
GM > 少し開けて、小高い丘に出た。
GM > 猿がうろついている様だ。
ゴーワン > 根城か?
ブリッツ > 猿の斥候かな?
GM > レン知
ブリッツ > レンジャー+知力[2d6+1+2=(2+4)=9]
ティンク > [2d6+1+2=(6+5)=14]
シャレス > [2d6+2=(6+2)=10]
ゴーワン > 一応[2d6=(2+1)=3]
GM > ゴーワン以外は気付いたが、丘の麓が洞窟になっている。
ティンク 「あ、見て。洞窟があるよ」
ブリッツ > あやしい・・・
GM > 猿はそこを警戒しているようだ。
ゴーワン > 洞窟は大好きじゃ
ティンク 「中にいっぱいサルが潜んでるのかなぁ…」
ブリッツ > そこの猿はこっちには気づいているのかな?
GM > 気付いてないね。
GM > 何かする?
ティンク > 眠らせちゃう
ブリッツ > 出来れば一撃で倒すor黙らせたいんだが
ティンク > ?
ティンク > どうする?
ゴーワン > 何匹いる?
ブリッツ > ああ、それ。「眠らせちゃう」に賛成。
GM > 2匹だね。
シャレス > 1匹なら狙撃できるけど…
ゴーワン > 眠りを彼らに・・・
ティンク > じゃいっくよー。魔法判定=[2d6+2+1=(3+2)=8]
GM > ぎりぎり。
GM > 猿は眠りについた。
ティンク 「何とか、うまくいったみたい」
ブリッツ 「じゃ、寝てるうちのトドメを刺しておくか。」
GM > もっういっかいレン知。
ゴーワン > うりゃ
ブリッツ > レン知[2d6+1+2=(1+4)=8]
ゴーワン > [2d6=(6+5)=11]
シャレス > [2d6+2=(3+3)=8]
ブリッツ > 低っ!
ティンク > [2d6+1+2=(5+3)=11]
GM > 木の上に猿が居る。
GM > 向こうも気付いたようだ。
ブリッツ > ちっ、仕方ない。殺るか。
ゴーワン > やってしまえ
GM > 猿「ギャー、ギャー」
ティンク > がんばれー
GM > 木の上から降りてこない。
GM > っていうか丘の上に逃げていくね。
ティンク 「あ、逃げちゃうよ。」
ブリッツ > 追うか、様子を見るか。さて。
ブリッツ > 悩んでもしょうがない。追おう。
GM > ところがどっこい。
ブリッツ > ?
ティンク > ?
GM > 洞窟から何か出てくる。
GM > セー知
ブリッツ > 素目[2d6=(6+3)=9]
ティンク > [2d6+1+2=(2+3)=8]
シャレス > [2d6+2=(6+4)=12]
GM > 5以上は知っている。
GM > ゴーワン振る?
GM > 起きてる?
ブリッツ > 一応素目でふっておけば?
GM > 寝てたら起こす術が無いんだけど…。
ティンク > チャットだけにね
ブリッツ > ・・・(^^;
ブリッツ 「携帯CALL!」
ゴーワン > ねとった
ブリッツ(PLAYER) 頑張れ∼
ゴーワン > [2d6=(4+2)=6]
GM > 目覚まし用WAVファイルを各員導入するか。
GM > あれはゴブリンだ!
GM > 洞窟の中からゴブリンが2匹。
ブリッツ > 猿とゴブリンが一緒に居るって事?
ティンク > 「サルより手強いよ。
GM > 何かゴブゴブ言ってる。
GM > ゴブリン語分かる人∼
ブリッツ > しらん。
ゴーワン > ドワーフ語を少々
GM > ティンクはセージで何取った?
ティンク > 考えてたところだ
GM > まあ、ここで無理にゴブリン語を取ることはないが。
ティンク > うん、やめとく
GM > ゴブリンは君たちに気付いた。当然襲ってくる。
GM 「ゴブゴブ∼」
ブリッツ > 迎え撃つ!
ゴーワン > 迎え撃つ!
GM > 敏捷度12
GM > ブリッツから
ブリッツ > じゃAに。攻撃判定=[2d6+2+2=(1+1)=6]
ブリッツ > あいたー!
ゴーワン > 鍛えなおしじゃ
GM > ひょい
シャレス > Aに!
シャレス > 攻撃判定=[2d6+3+1=(5+1)=10]
ブリッツ > このダイス、壊れてる(T_T)
シャレス > 打撃判定=[24r10+2+1=8+7 (Critical 1) (Dice 4+6,5+3)=18]
ゴーワン > 逝ったな
GM > A死亡…
ティンク 「シャレス、すっごいー。」
GM 「ゴブ∼! ゴブゴブ∼!!」
GM > ゴブリンは洞窟の中に向かって叫んでいる。
GM > てぃんく。
ティンク > ゴーワンにエンチャント・ウエポン
ティンク > えいッ!魔法判定=[2d6+2+1=(5+1)=9]
GM > OK
GM > ゴーワン
ゴーワン > おお、シャイニングつるはしじゃ!
ゴーワン > くらえ!攻撃判定=[2d6+2+1-2 =(1+5)=7]
GM > あたりませぬ
GM > 回避点10だから。
ゴーワン > おのれ穴を掘っただけじゃ
ティンク 「ほえぇ∼」
GM > さっきAに行ったから、ブリッツは此処な。
ブリッツ > あい
GM > で、ブリッツの番。
ブリッツ > Bに。攻撃判定=[2d6+2+2=(4+3)=11]
ブリッツ > 当たったね
GM > うん。
ブリッツ > 今度こそ。打撃判定=[15r10+2+2=5(Dice 4+5)=9]
GM > 4点
シャレス > 攻撃判定=[2d6+3+1=(2+3)=9]
シャレス > 外した!
GM > ゴブリン
GM > 1がゴーワン2がブリッツ
GM > [1d2=(1)=1]
GM > ゴーワン避け
ゴーワン > 回避判定=[2d6+1+1=(1+3)=6]
ブリッツ(PLAYER) 時に最初の攻撃、1ゾロだから経験点10点貰ってイイ?>GM
GM > 当たり。ダメージ7
ゴーワン > 防御判定(物理)=[14r13+1=3=4]
GM > おう、気付かなかった。いいよ、当然
ゴーワン > かすり傷じゃ
ブリッツ > わーい、もう30点♪
GM > 1ゾロキング。
ゴーワン > 鍛えがいがあるのう
GM > ティンク。
ティンク > 精神点温存のため、パス
GM > 了解。ゴーワン。
ゴーワン > 攻撃判定=[2d6+2+1-2 =(4+2)=7]
ゴーワン > ありゃ
GM > つぎ。
ブリッツ > オレか?
GM > うん。
ブリッツ > 攻撃判定=[2d6+2+2=(4+1)=9]
GM > はずれ。
ブリッツ > あたりませーん
シャレス > 攻撃判定=[2d6+3+1=(3+5)=12]
シャレス > 打撃判定=[24r10+2+1=7(Dice 5+3)=10]
シャレス > よし!
GM 「ゴブー!」
GM > 新手登場。
GM > [1d2=(1)=1]
GM > ゴーワン避け。
ゴーワン > 回避判定=[2d6+1+1=(1+4)=7]
GM > 当たり。7点
ゴーワン > 防御判定(物理)=[14r13+1=4=5]
GM > 2点ね。
ゴーワン > うぬぬ
GM > ティンク
ティンク > うーん、まだ保存
ティンク > いや温存
GM > ゴーワン
ゴーワン > 攻撃判定=[2d6+2+1-2 =(1+1)=3]
ゴーワン > 鍛えなくては!
GM > おめでとう
ブリッツ > 10点!
GM > ブリッツ
ブリッツ > まかせろ!攻撃判定=[2d6+2+2=(4+3)=11]
GM > hit!
ブリッツ > ちなみにBねらいね
ブリッツ > 打撃判定=[15r10+2+2=4(Dice 1+5)=8]
GM > 3点。
GM > B死亡。
ゴーワン > おお
シャレス > 攻撃判定=[2d6+3+1=(5+2)=11]
シャレス > 打撃判定=[24r10+2+1=7(Dice 6+2)=10]
シャレス > 5点
GM > ブリッツ避け
ブリッツ > シャレスが一番活躍してるなぁ。回避判定=[2d6+2+2=(6+3)=13]
GM > おk
GM > てぃんく?
ティンク > パス
GM > ゴーワン
ゴーワン > 攻撃判定=[2d6+2+1-2 =(5+5)=11]
ゴーワン > やや
GM > あたり
ブリッツ > やっと当たった!
ティンク > 当たった!
GM > 行け∼!
ブリッツ > ごー!
GM > ちなみに+5な
ゴーワン > エンチャントの修正はどうすんの
ゴーワン > 打撃判定=[34r9+2+1=11+9(Critical 1) =23]
ティンク 「わーい!」
GM > グチャ。
ゴーワン > おおおおお
ブリッツ > すげっ!
ゴーワン > こりゃ頭に穴があいたな
ブリッツ > マトック、恐るべし!
GM > 脳みそ貫通。
GM > とりあえず戦闘終了。
GM > いつの間にか木の上に猿の集団が。
ブリッツ > 襲ってきそう?
GM > 猿「ウホーッ! ウホーッ!」
GM > 襲ってくる気配はないね。
ゴーワン > 今となってはこいつらも味方。一気に親玉をたたくのじゃ!
GM > 中に入る?
ブリッツ > じゃ洞窟に突撃!
ゴーワン > ゴーじゃ!
GM > なう・ろーでぃんぐ
ティンク > ほえぇ∼、待って∼(@w@)
ブリッツ > 先頭はゴーワンに任せた。続いてシャレス、ティンク、しんがりブリッツ
でイイかな?
ゴーワン > うむ
ティンク(PLAYER) ガーガーガーガー(ドリームキャスト読み込み中)
GM > 明かり持ってる人?
ゴーワン > ないのう
ブリッツ > はい、松明買っておきました!
ゴーワン > おお、エクセレント
GM > 誰が持つ?
ゴーワン > わしゃなくても困らん。
シャレス > ワタシモナ∼
ブリッツ > 6本で5ガメル。1本2時間。
ティンク 「ティンクが持った方がいいの?」
ブリッツ > 君ら見えるんかい。
ゴーワン > わしゃドワーフじゃ
シャレス > インフラビジョン
ブリッツ > 見えないのはティンクとブリッツか。とりあえずティンク持っててくれ
る?
GM > じゃあ、ティンクが持つと言うことで。
ゴーワン > 魔法大丈夫?
ブリッツ > そのときはオレが持つよ
ティンク 「杖片手で持てるし。多分、大丈夫だと思うよ。」
ゴーワン > うむ、ゴーじゃ
GM > 魔法は両手使うぞ。 (GM註:この時は、旧ルールの「魔法を唱えるときは、手
に発動体以外の物を持ってはいけない」というのが頭にありました。)
ティンク > そのときは
ゴーワン > ぬぬ、ストップじゃ
ティンク > じゃ、シャレス
ティンク 「持って」
シャレス > いいけど、戦えないよ?
ブリッツ > まぁ、良し。
ゴーワン > 戦闘になったら、そこらにほっぽりだそう
GM > ルール見たら、両手って書いてなかった。
(GM註:公式見解では、指輪の発動体を認めた時点で「発動体以外の物を持っ
てはいけない」という制限を無くしたようです)
( 確かに、せっかく発動体を指輪にしたのに武器が持てないってん
じゃ、意味無いッスよね…(^^;)
ゴーワン > うむ、ゴーじゃ
ブリッツ > ゴー
ブリッツ 「ティンク、松明頼む」
GM > 決定。
GM > 洞窟は自然のものだ。
GM > 多少曲がっていても、分岐のない一本道が続く。
ゴーワン > ゴーじゃ
ブリッツ > てくてく
ティンク > チョキチョキ
ブリッツ > なんの音だそりゃ
ゴーワン > ズゴゴゴゴ
GM > 程なくして、無理に取り付けられたような簡素な扉が見えてきた。
ゴーワン > 聞き耳じゃ!
GM > 自然の洞窟だが、人工の扉…
ゴーワン > [2d6+1+1=(2+1)=5]
GM > シーフ、レンジャーどっちでもいいや。
ブリッツ > 中に知能をもった何かが居るってことね
ゴーワン > 今のはシーフ技能
GM > ま、簡素な扉だし良く聞こえる。
GM > 何言ってるかは分からんがね。
ブリッツ > レン知[2d6+1+2=(1+1)=5]
ゴーワン > 鍛えなおしじゃ
ティンク > レン知[2d6+1+2=(1+5)=9]
GM > 1ゾロのために振ってるだろ(^^;
ブリッツ > 扉にワナとかないかな?
ブリッツ > ゴーワン、よろしく
GM > ない!
ゴーワン > ありゃりゃ
ゴーワン > ならば、退治じゃ!
ブリッツ > 突入するか!?
GM > じゃあ、突入。
ゴーワン > ここで待ってもしょうがない
ブリッツ > ワレニカゴー!
ティンク > ワレニカゴー!
ゴーワン > フォフォフォのフォー!
GM 「ゴブ!」
ブリッツ > 何が出るかな♪何が出るかな♪
GM 「ゴブゴブゴ∼ブ、ゴブゴブ!」
GM > セー知
ブリッツ > 素目[2d6=(5+6)=11]
シャレス > [2d6+2=(5+6)=13]
ティンク > [2d6+1+2=(5+3)=11]
ゴーワン > [2d6=(4+3)=7]一応
GM > ゴーワン以外は知っていた。
GM > 奥にいるのはホブゴブリンだ!
ティンク 「「あ、あれは…」」
ブリッツ > みんなが知ってる「やぁ僕、安藤」
GM > ちなみに手前はただのゴブリン。
ゴーワン > やつはサイクロプスじゃ!
シャレス 「違うって。」
ブリッツ > 殲滅、殲滅、殲滅!
GM > ブリッツから。
ブリッツ > じゃ、Bに攻撃判定=[2d6+2+2=(2+4)=10]
GM > 当たり
ブリッツ > ぎりぎりだな
ブリッツ > 打撃判定=[15r10+2+2=4(Dice 2+4)=8]
GM > 3点
シャレス > じゃあホブゴブに
シャレス > 攻撃判定=[2d6+3+1=(3+2)=9]
シャレス > 外した!
GM > ブリッツ避け
ブリッツ > ゥい。回避判定=[2d6+2+2=(1+4)=9]
GM > よけた。
GM > ゴーワン避け。
ゴーワン > 回避判定=[2d6+1+1=(1+1)=4]
ゴーワン > ぬかったわ!
GM > 10点
GM > ダメージ10
ゴーワン > 防御判定(物理)=[14r13+1=2=3]
GM > 7点
ゴーワン > あいたた
GM > ティンク
ブリッツ > 表での戦闘と合わせて、何点喰らってる?>ゴーワン
GM > 残り12
ティンク(PLAYER) エンチャントを対象の拡大でブリッツとゴーワン同時にかけれる?
ゴーワン > 12点
GM > OK
ティンク > じゃそれ。精神点は、×2のマイナス8だよね
ティンク > いっくよー!魔法判定=[2d6+2+1=(4+4)=11]
ティンク > もう一回、魔法判定=[2d6+2+1=(3+6)=12]
GM > エンチャントは3だよ
ブリッツ > がんばりマッスル。
ゴーワン > おおまたしてもシャイニンクつるっぱしに!
GM > GM的にはプロテクションの方が良かったかも(^^;
GM > じゃ、ゴーワン行ってみよう!
ティンク(PLAYER) 文庫本は、基本消費4だなぁ
ゴーワン > このターンは回復魔法使えるの?
GM > いいよ。
ティンク(PLAYER) 殲滅!殲滅!殲滅!
ゴーワン > ほじゃキュアウンズ[2d6=(2+5)=7]
GM > ブリッツ
ブリッツ > 攻撃は最大の防御ナリ∼→B。攻撃判定=[2d6+2+2=(4+1)=9]
ティンク(PLAYER) だめじゃん。(^_^;)
GM > はづれ
ブリッツ > あぅあぅあぅ
シャレス > 攻撃判定=[2d6+3+1=(1+4)=9]
シャレス > はづれ
ティンク(PLAYER) だめじゃん(^_^;)
ブリッツ > (PLAYER) だめじゃん(^_^;)
GM > (やばいな)
GM > ブリッツ避け
ブリッツ > 回避判定=[2d6+2+2=(1+5)=10]
GM > ok
GM > ゴーワン避け
ゴーワン > 回避判定=[2d6+1+1=(2+6)=10]
GM > ok
ブリッツ > なんかギリギリの所で避けてます?自分
GM > うん。
GM > ティンク
ティンク > もう何もできません
GM > 残り精神点4あるよ
ティンク > エンチャント4じゃないの?文庫は基本消費4だよ
GM > 完全版は3だ
ティンク(PLAYER) 完全に変わってる…
ゴーワン > さすが完全版
ブリッツ > ?うちの文庫も3だよ
ティンク > ちなみにプロテクションは?
GM > 3
ティンク > うそーん、マジで
ブリッツ > 3
GM > 版が低い?
ティンク > プロテクは、3だけど。エンウエは、4だ
ティンク > 十七版
ブリッツ > ウチのは十九版
GM > 俺は完全版
ティンク > おのれSNE!
ティンク > で、残りいくつだっけ?4?
GM > うん。
ティンク(PLAYER) どっちかにプロテクションだね
ブリッツ(PLAYER) 出来ればブリッツ。生命力8しか無いから
ティンク > うん、ブリッツ。君に決めたッ!
シャレス 「ホブゴブ戦のゴーワンか、虚弱体質のブリッツか」
ティンク > ゴーワンは、回復してして∼♪
ゴーワン > ワシは一撃じゃ死なんからのう
ティンク > いっくよ∼!魔法判定=[2d6+2+1=(4+1)=8]
GM > ok
GM > で、ゴーワンだ。当ててくれ。
ブリッツ 「サンクス!ティンク」
ゴーワン > 攻撃判定=[2d6+2+1-2 =(1+2)=4]
ゴーワン > ありゃ
ティンク(PLAYER) だめじゃん。(^_^;)
ブリッツ > (PLAYER) だめじゃん(^_^;)
GM > ブリッツ
ブリッツ > いっきまーす。攻撃判定=[2d6+2+2=(4+5)=13]
ブリッツ > Bね
GM > うん
GM > 当たりだ
ブリッツ > ギャバン・ダイナミック!打撃判定=[15r10+2+2=1(Dice 1+2)=5]
ブリッツ > (PLAYER) だめじゃん(^_^;)
ティンク(PLAYER) だめじゃん(^_^;)
GM > ポコ
GM > 通りませぬ。
シャレス > 攻撃判定=[2d6+3+1=(1+6)=11]
ブリッツ > あ、エンチャント分入れてない!
シャレス > 打撃判定=[24r10+2+1=2(Dice 2+1)=5]
GM > 振り直し。
ティンク(PLAYER) +5だよ∼ん
GM > もしくはダイス目を+5のレーティングにあてがうか。
ブリッツ > 打撃力20でもダイス目3ならダメージ変わらないッス
GM > じゃあ通らない。
ティンク(PLAYER) だめじゃん(^_^;)
GM > シャレスも通らない。
ティンク(PLAYER) だめじゃん(^_^;)
ブリッツ(PLAYER) ダメッス
GM > ブリッツ避け
ゴーワン > 暗雲立ち込める!
ブリッツ > 回避判定=[2d6+2+2=(3+4)=11]
GM > ok
GM > ゴーワン避け
ゴーワン > 回避判定=[2d6+1+1=(5+6)=13]
GM > ok!
GM > 頑張るな。
ゴーワン > フォ!
GM > ティンクは煙も出ないから…
GM > ゴーワン
ティンク > はうん
ゴーワン > うりゃ!攻撃判定=[2d6+2+1-2 =(3+3)=7]
ブリッツ > 応援よろしく!>ティンク
GM > 当たらない∼
ティンク > はにゃー
GM > いけ、ブリッツ。
ブリッツ > ワレニカゴー!攻撃判定=[2d6+2+2=(5+6)=15]
GM > 大当たり
ティンク(PLAYER) ワレニカゴーーー!!
ゴーワン > カゴだ
ブリッツ > シャリバン・クラッシュ!打撃判定=[20r10+2+2=8+7 (Critical 1) (Dice
4+6,3+6)=19]
ブリッツ > どうだ!
GM > ぐれいと!
ティンク > ワニカゴーーーーーーーーー!!!!!!
ゴーワン > ブラボー
GM > ゴブリン死亡。
ティンク(PLAYER) すごーい
シャレス > 攻撃判定=[2d6+3+1=(5+4)=13]
シャレス > 打撃判定=[24r10+2+1=6(Dice 5+2)=9]
シャレス > 2点
GM > じゃあ、1がゴーワン2がブリッツ
GM > [1d2=(1)=1]
GM > ゴーワン避け
ゴーワン > うむ回避判定=[2d6+1+1=(2+5)=9]
GM > 当たり。ダメージ10
ゴーワン > 防御判定(物理)=[14r13+1=4=5]
GM > 5点。残り14
GM > ティンクとばしてゴーワン
ティンク > はうん
ゴーワン > 攻撃判定=[2d6+2+1-2 =(3+3)=7]とう!
ティンク(PLAYER) だめじゃん(^_^;)
ゴーワン > 穴掘り!
ブリッツ > (PLAYER) だめじゃん(^_^;)
GM > だめッス
GM > ブリッツがカバーだ!
ティンク(PLAYER) ワレニカゴー!
ブリッツ > ザクとは違うのだよ、ザクとは!攻撃判定=[2d6+2+2=(1+3)=8]
ティンク(PLAYER) だめじゃん(^_^;)
GM > 当たらず
シャレス > 攻撃判定=[2d6+3+1=(5+1)=10]
シャレス > ダメ!
GM > [1d2=(2)=2]
GM > ブリッツ避け
ブリッツ > 来たな!回避判定=[2d6+2+2=(6+4)=14]
GM > ok!
ゴーワン > おおお
GM > ゴーワン
ゴーワン > 攻撃判定=[2d6+2+1-2 =(5+6)=12]
ティンク > はうん
ブリッツ > いてまえ!
ティンク > はうん
ゴーワン > どうじゃ!
GM > はうン
ティンク > はう∼ン
ゴーワン > ぬぬぬ
GM > あたった∼∼∼∼∼∼∼!
ブリッツ > いっけぇぇぇーーーーー!!
ティンク > やったぁ!
ゴーワン > ぬぬぬ!
ティンク > +5ね
ゴーワン > 打撃判定=[34r9+2+1=9=12]
ゴーワン > ありゃ
ブリッツ > あうあぅあぅ
GM > 5点
ティンク > はにゃ∼ん。(@w@)
GM > コレは効いたよ。
GM > ブリッツ畳め!
ブリッツ > うっしゃあ!攻撃判定=[2d6+2+2=(4+2)=10]
GM > ダメ
ブリッツ > あぅン
ゴーワン > ぬぬぬ
シャレス > ファイア・ボルト!魔法判定=[2d6+1+1=(3+5)=10]
シャレス > 抵抗されり(T T)
ブリッツ > あぅあぅあぅ
シャレス > [0r13+2=0(Dice 1+4)=2]
ティンク > ふにゃ∼
GM > ぽしゅ。
ゴーワン > ふぉ∼
GM > [1d2=(2)=2]
GM > ブリッツ避け
ブリッツ > かもーん!回避判定=[2d6+2+2=(6+2)=12]
GM > ok!
GM > ゴーワンダイス目10以上でヒット。
ティンク > はうン、はうン、はうン、はうン、はうン
ゴーワン > 攻撃判定=[2d6+2+1-2 =(1+2)=4]
GM > ぷぷ。
ゴーワン > ふぉ∼
ブリッツ > (PLAYER) だめじゃん(^_^;)
ティンク(PLAYER) だめじゃん(^_^;)
GM > 登録してる?
ティンク > ボクは、手打ち
GM > ブリッツ弾けろ!
ブリッツ > リーダーの力を見せてやる!攻撃判定=[2d6+2+2=(5+4)=13]
ティンク > アタリ
ゴーワン > やや!
ブリッツ > いくでぇ!打撃判定=[15r10+2+2=7+3 (Critical 1) (Dice 6+5,2+3)=14]
ティンク 「すっごーい!」
GM > 弾けた!
ブリッツ > あ、またエンチャント入れてね!
ゴーワン > ぬひょ∼!
GM > 入れたら?
ブリッツ > +3点
GM > ズシャ∼!
GM > ぼふたん死亡。
ブリッツ > 結局、ルールブックのレーティング表大活躍(^^;
ティンク(PLAYER) ごめんさい。大丈夫?
GM > 霞かい(^^;
ゴーワン > フォーッフォッフォッフォ!
シャレス > やったわね。
GM > 箱が2つある。
ゴーワン > わしの仕事じゃ
ブリッツ > リーダーの面目躍如>クリティカル
GM > ヨカッタネ∼
GM > シー知
ブリッツ > 宝箱は任せた!>ゴーワン
ゴーワン > 罠発見[2d6+1+1=(5+1)=8]
GM > 罠は無いと思う。
ゴーワン > もう一個[2d6+1+1=(4+6)=12]
GM > やっぱり無いと思う。
ゴーワン > 開ける!
ゴーワン > ワクワク
ティンク > ドキドキ
ゴーワン > 何が出るかな♪
GM > 片方の箱には猿の頭蓋骨が入っている。
ゴーワン > 悪趣味な
ブリッツ > あぅあぅあぅ
GM > もう片方の箱には青白く光る小さな石が入っている。
GM > セー知
ティンク > [2d6+1+2=(3+4)=10]
シャレス > [2d6+2=(3+6)=11]
ゴーワン > まかせたぞい
GM > 骨はただの猿の骨。
GM > 石はよく分からない。
ティンク 「この石何だろうね?」
ブリッツ > 宝箱をさらに調べるとグレートソードが見つかったりとかない?
ゴーワン > ファイヤーマトックとかは?
GM > そんなデカイ箱じゃないし。
ブリッツ 「ちぇ」
ゴーワン > フライングマトック
ブリッツ > 石は町で鑑定して貰うしかないね。
ゴーワン > エレクトリックマトック・・・
ブリッツ > 一応素目で鑑定してイイ?(1ゾロねらい)
GM > いいよ(^^;
ブリッツ > 素目[2d6=(1+4)=5]
ゴーワン > [2d6=(5+5)=10]
ブリッツ > うん、石だ
GM > だめ。100ガメル没収。
ブリッツ > あぅあぅあぅ
GM > 嘘。
ゴーワン > これは光る石じゃな
ティンク 「ねえねえ、おさるさんが村を襲ったのも、あのゴブリンたちのせいだった
んじゃない?」
ゴーワン > なんと!そうじゃったか
ブリッツ > とりあえず、今回の猿騒動と関係があるかどうかはっきりわからんが、一
応報告しに行こう。
ゴーワン > ゴーじゃ
GM > じゃあ、洞窟をでるぞ。
ブリッツ > ゥい
ゴーワン > Exitじゃ
GM > そして村長の家。
ティンク > はやい
ゴーワン > ダッシュ
ブリッツ > こんなんでましたケドー。
ブリッツ > ゴブリンどものことを報告
GM > 村長「何と、猿山にゴブリンが住み着いていたか。」
GM > 村長「それで奴らは住処を追われて人里まで降りてきたのか…」
ゴーワン > なるほど
ブリッツ > コレで猿達が森に帰って、被害が無くなれば全くその通りなのでしょう。
GM > 村長「今後の傾向を見て、猿が現れなくなったら間違いないだろうな。」
ブリッツ 「被害が続くようなら、再調査ですね。」
GM > 村長「今回は調査が目的だったが、うまくいけば問題解決だな。」
ブリッツ 「取り敢えず我々はオランに帰ります。何かあったら韋駄天亭に居ると思い
ますので、良しなに。」
GM > 村長「うむ。では報酬の1000ガメルだ。受け取ってくれ。」
ブリッツ > 良いんですか、こんなに?(わーい。やったー:心の声)
ゴーワン > ラクちんじゃ
ティンク > ありがとうございます。これで、おさるさんが村を襲わなくなるといいで
すね
GM > 村長「そうだな。いや、もう来ないだろう。」
GM > さあ、今晩はウチに泊まって明日発つがいい。」
ゴーワン > コングレッチュレーションじゃ
ブリッツ > ありがとう、ございます。
ティンク > ありがとうございます
GM > で、ハショッてオラン韋駄天亭。
ゴーワン > うむ
ブリッツ > 儲けの分配!
GM > カイル「なんだ、大活躍だったらしいじゃねぇか。」
ティンク 「ルイセさ∼ん、ただいま∼」
GM > ルイセ「お疲れさま。」
ゴーワン > ラクちんじゃ
ティンク 「みんな、がんばったんだよー」
シャレス 「やっぱり森はいいわね。」
ブリッツ 「活躍っていっても結局ゴブリン退治ですよ(照れ)」
ティンク 「ティンクもがんばったよー。」
GM > カイル「ゴブリンたってお前等にゃ結構厄介だったんじゃねぇか?」
ブリッツ > フッ、敵じゃ無いね!
ゴーワン > 「ラクちんじゃぞ∼」
ティンク > あ、カイルさんなら
ティンク 「あの石のこと知ってるかな?」
ゴーワン > おお岩石
GM > カイル「ん? 石?」
ブリッツ > そ、石。
ゴーワン > ストーン
GM > カイル「どれ、見せて見ろ。」
ブリッツ > ゥい
ブリッツ 「で、カイルさん。何ですか?それ」
GM > カイル「どれ? はっ! コリャまたちっせ∼魔晶石だな。」
ブリッツ 「何それ?」
ティンク 「はにゃ?」
ゴーワン > まストーン
GM > カイル「魔晶石ってのは古代王国では貨幣として使われてたってもんでな。」
ティンク 「ふーん、昔のお金なんだぁ」
GM > カイル「魔法使うヤツはこいつを使えば自分は消耗しなくて済むって効果も在
るみたいだぜ。」
ティンク 「昔の人って、不思議なものを使ってたんだね」
ブリッツ 「"みたいだぜ"って事はカイルさんは魔法使わないから実感がない?」
ティンク 「ねえねえ、この石、ティンクにちょうだーい。魔法使いだし。いい?」
GM > ルイセ「今後冒険するなら持ってて損はないわね。」
GM > カイル「でもこの大きさじゃ、カスみたいなもんだな。」
ゴーワン > わしゃ別になくてもいいぞ。
シャレス 「(ちょっと欲しいかも)」
ブリッツ 「無いよりいいでしょ。ティンク持っとけば?」
ティンク 「みんなと初めて冒険して手に入れたものだもん。使わないで大事にしたい
んだぁ」
ゴーワン > フォッフォッフォッ、それもよかろう。
ブリッツ 「今回、いろいろ魔法でアシストして貰ったしな」
ティンク 「シャレスはいいの?」
GM > カイル「まあ、記念に持っておくのもいいな。初の戦利品ってことで。」
シャレス 「私は…いいわ。」
ティンク 「ありがとー。大事な宝物。」
Client > [1d6=(1)=1]
Client > (1点かよ…) (※GM註:この魔晶石の精神点は1D6と決めていたんですが、
見事に1を振っちゃいました(^^;)
GM > ちなみに1点(^^;
ティンク(PLAYER) 少ねッ!(^_^;)
ブリッツ(PLAYER) 1点かよ!
ティンク 「ま、いきなりマジクソアイテムもアレだしね。」
ティンク(PLAYER) ちがう
ゴーワン > 吹けば飛ぶような石じゃな
GM > 術者の精神力と同時には使えないんで、よろしく。
ティンク(PLAYER) じゃ、マジ使えないね。(^_^;)
ブリッツ > 村長から貰った報酬を分配∼。一人250ガメルづつ∼。
ゴーワン > ラクちんじゃ
ティンク 「お金もいっぱいだね」
ゴーワン > 何に使う?
ブリッツ > 所持金が370ガメルに!冒険に出る前の当社比74倍!
ティンク(PLAYER) 青年実業家だ。バブルだぞ。弾けるぞ∼
ブリッツ(PLAYER) マスター、経験点くれ∼
ゴーワン > そうそう経験値は?
GM > 待って。
ティンク(PLAYER) そして安らかな眠りを∼
ゴーワン > ねむい∼
ブリッツ > 待ってる
ティンク > 待つ
ゴーワン > ちゅうか、明るい・・・
GM > じゃあ、経験点を。
ゴーワン > うむ
GM > 1人1532点
ティンク > はにゃ?
GM > +1ゾロ分
ティンク > ティンク1ホーマー
GM > ブリッツ4
GM > ゴーワン2
ゴーワン > うむ
GM > シャレス&ティンク1
ブリッツ > あれ?そんなにふったか?
ゴーワン > 鍛えなおしじゃ!
GM > 振った振った(^^;
ティンク > 単独首位ですな
ブリッツ > 今年は55本を目指します
ゴーワン > 鍛えすぎじゃ!
ゴーワン > あとでレベルアップしとこ。
ティンク(PLAYER) ええ、今日のを見てる限り、十分にいけると思いますよ。(スグル
談)
GM > 監督から電話が入ってます。
ティンク > ?
ゴーワン > そんな時間か・・・
ゴーワン > 寝るぜ
ブリッツ(PLAYER) おう
ティンク > ん∼どーでしょう?
GM > じゃあ、レベルアップの結果はぴぃろすぃにメール。
ゴーワン > 了解!
ブリッツ > ゥいス
ティンク > ゴーワンとですね、ブリッツの絶妙なツープラトンがですね
GM > ログは俺が編集しておく。
ゴーワン > かんとく∼
ティンク > んー、ナイスな攻撃ですか、いわゆるアタックですね
ブリッツ > よろ
GM > まだ言ってるし…
ゴーワン > メイクドラマが
ティンク > はい、お疲れ
ティンク > いくぞー
ティンク > 1
ティンク > 2
ティンク > 3
ティンク > だー!
シャレス > じゃあね。
ゴーワン > ばいばい
ブリッツ > お休みー
ティンク > やすみ
GM > 初回GM、俺の役目は終わった…。次はプレイヤーじゃ∼∼! もっとシャレ
スを喋らすぞ!!
Copyright(C)2001,2002 TRPG Guild All Rights Reserved.
掲載されているすべての内容(文章、画像、データ等)の無断転載を禁じます。
Fly UP