...

83号 - 大学史研究会

by user

on
Category: Documents
9

views

Report

Comments

Transcript

83号 - 大学史研究会
大 学 史 研 究 通 信
第 83 号
2015 年 8 月 31 日(月)
大学史研究会
第 83 号の内容 :会員ニュース・第 38 回大学史研究セミナー開催のお知らせ・自由研究発表者募集・「若手
研究者の集い」参加者募集・『岩手大学五十年史』無料頒布のお知らせ・『大学史研究』編集委員会からのお
知らせ・事務局からのお知らせ・編集後記・大学史研究会事務局員一覧
会員ニュース
会員訃報
2015 年 5 月 17 日、児玉善仁会員(
『大学史研究』前編集委員長)が逝去されました。生前のご
厚情に感謝申し上げるとともに、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
異動のあった会員
福石 賢一 会員
新所属:高知工科大学共通教育教室
戸村 理 会員
新所属:國學院大学教育開発推進機構(助教)
<異動に伴う会員情報更新の届出をお願いいたします>
所属や住所等に変更のある会員は、事務局までご一報ください。ホームページ掲載の「事務局
連絡先」フォーム、あるいは年会費払込票(郵便口座)の「通信欄」を利用することも可能です。
(会員情報担当:浅沼薫奈)
第 38 回大学史研究セミナー開催のお知らせ
第 38 回セミナーを南山大学にて開催致します。今回は、昨年 5 月に逝去された故・中山茂先生
(神奈川大学名誉教授)の追悼企画といたしまして、塚原修一先生、成定薫先生、吉岡斉先生に
ご講演をいただきます。プログラムの詳細につきましては、改めてお知らせいたします。
期日:2015年11月20日(金)、21日(土)、22日(日)
会場:南山大学・名古屋キャンパス(名古屋市昭和区山里町18、地図参照)
プログラム(予定)
・11月20日(金)
16:30-18:30
公開プレ企画「若手研究者の集い」
・11月21日(土)
13:30-17:00
中山茂先生追悼企画
17:15-17:45
総会
18:00懇親会
・11月22日(日)
9:00-12:30
自由研究発表
終了後
レーモンド建築キャンパスツアー
中山茂先生追悼講演(講演題目および講演順は未定です)
(登壇・コメント予定)
塚原修一(関西国際大学客員教授・元国立教育政策研究所)
-1-
成定 薫(広島大学名誉教授)
吉岡 斉(九州大学大学院教授)
(司会)
岡田大士(中央大学)
第 38 回大学史研究セミナー自由研究発表者募集
第 38 回大学史研究セミナーでの自由研究発表者を募集いたします。発表時間は、発表件数にも
よりますが、質疑応答を含めて 1 時間程度を予定しています。通常の学会よりも、じっくりと報
告・議論できることが本会の自由研究発表の特徴です。
発表を希望される方は、10 月 5 日(月)までに、セミナー担当の深野(下記)まで、発表タイ
トルを添えてご連絡下さい。申込みの形式は問いません。奮ってお申し込み下さい。
〔自由研究発表申込・セミナー問い合わせ先〕
事務局セミナー担当: 深野政之(大阪府立大学 高等教育推進機構)
Tel & Fax: 072-254-9548
E-Mail: fukano@las.osakafu-u.ac.jp
公開プレ企画「若手研究者の集い」参加者募集
セミナー前日の夕方(11 月 21 日 16:30~18:30)に、海外の研究動向や新刊書、個々の研究領
域に関する最近の動向などをお互いに紹介しながら、気軽な雰囲気で交流を深める企画です。発
表時間や形式は、参加人数によってフレキシブルに運営したいと思いますが、いまのところ、一
人当たり 15~20 分程度で、自己紹介とともに話題提供をしていただきたいと考えています。
ご協力いただける方は、10 月 5 日(月)までに、公開プレ企画担当の五島(下記)までご連絡
ください。なお、当日の参加だけでも結構ですので、奮ってご参加ください。本企画は、大学史
に関心をもつさまざまな領域の研究者交流を目的とする公開企画ですので、会員以外の方々にも
積極的にお声をかけていただければ幸いです。
〔「若手研究者の集い」参加申込・問い合わせ先〕
公開プレ企画担当:五島敦子(南山大学短期大学部)
E-Mail: agoshima@nanzan-u.ac.jp
【会場校へのアクセス】
南山大学・名古屋キャンパス
〒466-8673
名古屋市昭和区山里町 18
地下鉄名城線「八事日赤」駅
より正門まで徒歩約 8 分
(工事中につき、正門から
お入りください)
※ご宿泊は、各自にてご手配
願います。
(セミナー担当:深野政之)
(公開プレ企画担当:五島敦子)
-2-
『岩手大学五十年史』無料頒布のお知らせ
大川一毅会員より、掲題のとおりご連絡をいただきました。ご興味のある方は大川会員にご連
絡をお願いします。
(以下、大川会員からのお知らせを転載いたします)
「岩手大学五十年史(平成 12 年刊行)
」を無料頒布します(先着 5 名)
岩手大学の大川一毅です。老朽化した本学事務棟の改修工
事を前にして、総務課倉庫の整理が行われました。これによ
り、不要とされた資料や物品、印刷物等が廊下に積み上げら
れていきました。その中に、本学の創立 50 周年を記念して
編集された「岩手大学 50 年史」が 5 冊、ひもで括られてお
りました。なんとも見るに忍びない光景。しかし、すでに私
は 2 冊持っている。そこで担当者の方に相談しました。
「この五十年史を、他大学の方におわけしていいですか?」
すると、担当の方は、「是非!是非!よろしくご活用下さ
い。
」とのこと。
ここに「岩手大学 50 年史」再生の道を開きます。先着 5 名の方に、無料でお譲りいたします。
ご希望の方は大川までご連絡ください。ただし、送料は各位ご負担願います(ご連絡時に別途ご
相談、600~1000 円程度)
。
『岩手大学五十年史』
(平成 12 年 6 月 1 日発行)
岩手大学創立 50 周年記念編集委員会編集、岩手大学発行(非売品)
上製本、AB 判(257×210cm)
、総ページ 1044 頁、上質紙函あり、書籍はおおむね新品同様、函
に多少の汚れ・擦れ有り。
本五十年史は、戦後大学改革を経て発足した岩手大学の歩みを、国立大学法人化する手前まで
扱っています。盛岡農業専門学校の東北大学合併構想や、教養部を発展的に改組した人文社会科
学部の設置経緯などの記載もあります。日本の大学史、新制大学史、地方大学史等にご関心のあ
る各位、あるいは大学院生の方など、お気兼ねなくご連絡下さい。希望者多数の場合の失礼は、
なにとぞご容赦下さい。古書店等に転売しないで下さいね。
連絡先(電子メールでご連絡下さい)
大川一毅(岩手大学 評価室)E-mail: kazuki55@iwate-u.ca.jp
メールアドレスアドレス訂正;
kazuki55@iwate-u. ac.jp
(転載終わり)
『大学史研究』編集委員会からのお知らせ
前回通信でお知らせしたとおり、現在『大学史研究』26 号の査読・編集を行っております。引
き続き、27 号以降の投稿原稿をお待ちしておりますので、紀要担当(daishi@home.nifty.jp)ま
でご連絡ください。
(紀要担当:岡田大士)
事務局からのお知らせ
この秋のセミナーでは、南山大学にてお世話になります。また、前日には若手セミナーも実施
されます。人文社会学の研究者にとって「若手」の定義は幅広いものであることが多いですから、
発表も含め多くの会員に参加していただければと思います。
-3-
5 月に児玉善仁先生のご訃報に接しました。
『大学史研究』の編集作業においては、文字通り叱
咤激励の日々でした。一方、懇親会などで、ちょっと肩をすくめてはにかむようにされるお姿に
は、20 歳以上も年の離れたものが言うセリフではないのを承知の上で申しあげれば、何とも言え
ない、人間味あふれる魅力がありました。私たち若手研究者にとって、児玉先生からこれから学
ぶべきことがまだたくさんあったと思います。本当に残念でなりません。心よりお悔やみ申し上
げます。
(事務局代表:岡田大士)
編集後記
児玉先生に初めてお会いしたのは、イスタンブルの空港でした。以来、本研究会や教育史学会
などでご指導いただきました。それがどれほど貴重なことだったかと、今にして思います。ご冥
福を心よりお祈り申し上げます。
(通信担当:長谷部圭彦)
『大学史研究通信』第 83 号の編集は、事務局・長谷部圭彦が担当いたしました。
連絡先:hasebekiyohiko@hotmail.com
『大学史研究通信』第 84 号は、2015 年 12 月 31 日発行予定です。
大学史研究会事務局
<事務局連絡先>
〒192-0393 東京都八王子市東中野 742-1
中央大学法学部 研究室受付 岡田大士気付 大学史研究会
Tel&Fax: 042-674-3151
E-mail: daishi@home.nifty.jp
ホームページ: http://daigakushi.jp/
事務局へのお問い合わせは、なるべく下記代表 E メールアドレスまでお願いいたします
E-mail: jshshe@daigakushi.jp
大学史研究会事務局員(五十音順)
浅沼 薫奈(大東文化大学)
井上 美香子(九州大学大学文書館百年史編集室)
岡田 大士(中央大学)
五島 敦子(南山大学短期大学部)
長谷部 圭彦(早稲田大学)
深野 政之(大阪府立大学)
山崎 慎一(桜美林大学)
-4-
Fly UP