...

Challenge 2018

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

Challenge 2018
Challenge 2018
中期経営計画2018
2016年6月27日
東邦アセチレン株式会社
1
Corporate Vision
東邦アセチレングループ各社は、
地域に寄り添い、
確かな品質の製品を、安全かつ安定的に
皆さまへお届けいたします。
2
総括: 震災からの復活 1
収益
・連結純利益は2014年度に1,028百万円、201
5年度に1,056百万円となり実質過去最高益を
更新。同時に5期連続での増益を達成。
投資
・ 2015年度には、青森、山形地区を初めとして総
額19億円の投資を実施、将来への事業基盤を
強化した。
・震災を機に、本社を東京から多賀城に移転。主要
事業
マーケットである東北地区に根差し、営業、管理、
再構築
技術の3本部一体となった提案営業を展開。
3
総括: 震災からの復活 2
財務状況
株主還元
・連結株主資本は2016年3月期には113億
円へと増加、震災直後の2011年3月期比
1.65倍へと拡大した。またNET有利子負債
は、同時期に49億円から10億円へと低減。
同時にNET DERも、0.72倍から0.09倍へ
と大幅に改善した。
・2013年3月期に復配。1株当たり2円の期
末配当を実施した。以降14年3月期に3円、
15年3月期に4円へと増配、そして15年10
月の株式併合(5株→1株)を経た16年3月
期には、25円と連続増配を実施した。
4
Challenge 2018 目指す姿
・焦点を絞ったセグメント戦略による持続的成長と連結純利益15億円への拡大。
・株主資本の拡充を行いつつ、安定的にROE10%以上を目指す。
5
Challenge 2018 基本方針
事業戦略
・強固なプラットフォームを有する既存卸売事業の再構築。
・成長分野となるコンシューマー事業に重点的に人材と資金
を投入。マーケットリーダーとしての地位を確立する。
・知験を活用できる分野への積極的な投資。
技術戦略
・時代に即した多様なニーズに応え得る、技術力の維
持・ 向上。
・老朽化設備・施設の計画的リニューアルによる継続的な
安定供給体制の構築。
財務戦略
・資本構成の最適化による企業価値向上。
・規律ある投資による潤沢なフリーキャッシュフローの創出と資
産の質の向上。
人材戦略
・事業戦略を見据えた人材の育成、グループ事業会社と
の人事交流の促進。
6
ⅤPillars:分野別成長戦略
産業ガス
・収益基盤を支える事業として、着実な成長を続ける。
・グループシナジー強化による卸売事業の再構築。
・シリンダービジネスを核とした小売分野の強化。
・アグリ分野における新規事業と付加価値の創出。
エネルギー
・産業用・民生用両分野における需要創出。
時宜に適った商材、新分野事業を組合わせた展開による事
業機会の拡大、および収益力の向上。
・サプライチェーンの見直しによる充填・物流コストの低減。
メディカル
・当社グループの強みである地域密着型のサプライ拠点を生か
し、医療機関とのクローズコンタクトにより拡販を実践。
・医療・介護機器の拡充と提案営業による販売。
コンシューマー
・エスプーマ事業:マーケット・リーダーの地位を確立。新規分野の開
拓並びに物流網の整備により更なる収益増へ。
・食材事業:リテール化、グローバル化の推進。
機
・グループシナジー強化による収益力アップ。
・物流体制の再構築によるコスト低減。
材
7
定量目標 2018 (連結P/L C/F)
売上高
2018年度 380億円
(2015年度比 1.2倍)
経常利益
2018年度 24億円
(経常利益率 6%以上へ)
純利益
2018年度 15億円
(2015年度比 1.5倍)
新規投融資
2016-18年度 30億円
(事業戦略に則った規律ある投資)
2016-18年度累計 40億円
フリーキャッシュフロー
(毎年安定的に10億円以上)
8
定量目標 2018 (連結 B/S)
株主資本
2018年度 150億円
(2015年度 113億円)
自己資本比率
2018年度 50%以上
(2015年度 40.8%)
NET
有利子負債
2018年度 現行水準程度
(2015年度 10億円)
NET DER
2018年度 現行水準程度
(2015年度 0.09倍)
ROE
2016-18年度 10%以上
(株主資本拡充との両立)
9
株主還元・配当政策
連結配当性向 連結純利益の20%以上を目指す。
連結配当性向
一株あたり
配当金
2012年度
2013年度
2014年度
2015年度
2018年度
7.2%
10.7%
13.6%
16.5%
20%以上
15円
20円
25円
10円
注)当社は2015年10月に株式併合(5株→1株)を行っております。従い、2012年
度から14年度に至る一株あたり配当金につきましては、株式併合後の仮定数値
(2円→10円他)に置き換えています。
10
本資料に記載されているデータおよび将来に関する予測は、本資料の発表日現在の
判断や、入手可能な情報に基づくものであり、経済情勢や市場動向の変化等、様々
な理由により変化する可能性があります。従い、本資料は、記載された目標・予想及
び将来の業績を保証するものではありません。
11
Fly UP