...

ファイル(PDF:151KB)

by user

on
Category: Documents
7

views

Report

Comments

Transcript

ファイル(PDF:151KB)
平成26年度 施策展開表
所属名 浜松財務事務所
<事務所の作戦体系>
施策目的 ・将来にわたって安心な財政運営の堅持 ・地域が自立できる行政体制の整備
【業務目的 ・県税収入を確保する。・県税の適正な課税及び徴収を行う。】
浜松財務事務所管内における県税収入を確保するため、県税の適正な課税及び徴収を行う。
事務所目的
(事務所目的達成のための主な手段(大分類))
01 県税管理事務
02 県税徴収事務
03 県税課税・調査事務
90 その他の事務
<事務所目標>
事務所目的達成のための主な手段(大分類)
01
02
03
90
管理指標
県税管理事務
県税徴収事務
県税収入額
収入未済額(自動車税)
収入未済額(個人事業税)
収入未済額(個人県民税)
収入率(自動車税)
収入率(個人事業税)
収入率(個人県民税)
県税課税・調査事務
-
その他の事務
-
H23年度
71,732百万円
361百万円
127百万円
2,983百万円
96.8%
88.6%
89.7%
-
-
実績
目標
H24年度
H25年度
75,419百万円 *88,821百万円 97,310百万円
310百万円
252百万円
219百万円
101百万円
74百万円
70百万円
2,649百万円 2,407百万円 2,203百万円
97.4%
97.7%
98.2%
90.6%
92.9%
93.9%
91.5%
92.4%
93.1%
-
-
-
-
-
-
期限
27年5月末
27年5月末
27年5月末
27年5月末
27年5月末
27年5月末
27年5月末
-
-
*平成25年度より、一部税目について事務集約化を行った。
<事務所目的達成のための手段体系>
主要な手段
大分類
01 01事務執行方針の策定
県
税 02県税の収納管理
管
理
事
務 03税収見込みの算定
04職員研修の推進
05管内市との連携
06管内税務署、関係団体との連携
02
県
税
徴
収
事
務
01自主納税の促進
03
01自動車税
県
税
課
税
・
調
査
事
務
02滞納整理と滞納処分の推進
02法人事業税・県民税
03個人事業税
04不動産取得税
05軽油引取税
90
そ
の
他
の
事
務
06ゴルフ場利用税
01納税者サービスの充実
02内部管理事務
03総合庁舎の適正管理
主な業務活動
本庁税務課の「税務執行方針」を踏まえ、事務所目的の達成に向けた基本方針、重点事項及び各課の重
点取組などを示した「事務執行方針」の策定・実施
県税の調定額、収入額、欠損額の状況確認などによる適正な債権管理
過誤納金等の適正・迅速な還付及び充当
法律、条例に基づく適正な督促状の送付
経済状況・企業の動向などの情報の適切な収集・分析により、予算の基礎となる税収見込みを的確に算
定
納税者から信頼される税務職員の育成のため、基礎から専門的なものまで実践的な研修の実施
市が徴収する個人住民税(個人県民税・個人市民税)の収入未済額を圧縮するため、県及び全市町で構
成する「静岡県個人住民税対策本部会議」及び財務事務所と管内市で構成する「西遠地区個人住民税対策
協議会」と連携し、滞納繰越額の縮減に向けた管内市への支援を行うとともに、事業主等が従業員の給与
から徴収し納入する特別徴収制度の一層の推進を図るための広報並びに県が市に代わって納税者から直接
徴収する制度の活用
財務事務所と管内市で構成する「西遠地方税務研究会」における、徴収対策の連携・協議を行うための
「徴収連絡会」の開催
「浜松東・西税務推進協議会」を通じた税務署、財務事務所、管内市との連絡協調
税務関連団体(法人会、青色申告会、納税貯蓄組合など)と連携した税務広報の実施
県民の納税意識を高めるため、税制度や県税の役割等についてわかりやすい広報の実施
自動車税と個人事業税を中心に、納期内納付率を一層向上させるための広報の実施
国、県、市で構成する「西遠・北遠地区租税教育推進協議会」が開催する租税教室への講師派遣及び
「税の作品募集」への支援などを通じた、次代を担う児童・生徒に向けた租税教育の実施
高額課税者(30万円以上)に対する納期前からの納税指導及び早期の納税相談など、滞納未然防止対策の
実施
県税収入確保のため、早期の財産調査及び差押えの実施並びにインターネットを利用した差押財産の効
率的な公売の実施
納税通知書の送付及び返戻された通知書の迅速な住所調査など適切な定期課税事務の実施
障害を抱える方などに対する減免措置の適正な実施
外国人を対象とした課税関係の広報の実施による、税に関する理解の促進と納税のしょうよう
申告に基づく適正な課税の実施
税務署との緊密な連携のもと、適正かつ公平な課税を行うため、不申告法人、未登録法人などに対する
実態調査及び国税(法人税)と課税標準が異なる法人などに対する調査の実施
国税(所得税)の申告書等から把握した事業所得などに基づく適正な課税の実施
適正な課税を図るため、業種を認定するための調査の実施
新築・増築家屋に対する固定資産評価基準に基づく適正な評価・課税の実施
法務局調査などにより、売買、贈与などの所有権取得分に対する適正な課税の実施
市の固定資産課税台帳に登録された不動産の価格等の市通知に基づく適正な課税の実施
特別徴収義務者に対する申告納入の指導、申告に基づく適正な課税の実施
適正な課税を図るため、軽油販売業者に対する課税標準額等調査や使用者等に対する路上抜取等調査の
実施
広域化、巧妙化する軽油引取税の脱税防止に係る方策の検討及び特別調査の実施
申告に基づく適正な課税の実施、実地調査による利用人員・利用料金等の確認・適正な申告納入の指導
来庁者への親切な案内及び納税者からの問合せ等への適切な対応を推進するため、「“さわやか財務”
推進運動」及び「ひとり1改革運動」を通じた納税者サービスの向上
職員の綱紀の保持とコンプライアンスの徹底
「静岡県情報セキュリティーポリシー」等に基づく情報セキュリティー対策の実施
県民からの情報開示請求への適切な対応
職員の交通事故防止対策の実施
総合庁舎の安全・快適な利用を確保するための建物・設備の適時適切な維持管理及び修繕
<平成26年度の改善のポイントと重点方向等>
○数値目標の達成のための進行管理の徹底を図る。
○個人県民税収入未済額を圧縮するため、「静岡県個人住民税徴収対策本部会議」、「西遠地区個人住民税対策協議会」と連携し、管内市の滞納繰越
額縮減に向けた支援を行うとともに、個人住民税の特別徴収を一層推進するための広報及び県が市に代わって直接徴収する制度の活用を図る。
○集約化した業務について、県民サービスの低下を招かないよう業務執行を円滑・適切に行う。
Fly UP