...

アジェンダ - EMC Japan

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

アジェンダ - EMC Japan
仮想化も物理環境も
バックアップを効率化
2010年9月7日(火)
EMCジャパン株式会社
プロダクト・ソリューションズ統括部
1
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
アジェンダ
• スプリットミラーを用いたバックアップ
• RM導入効果・メリット
• サポート環境
• 動作イメージ
• RM 事例のご紹介
–
–
–
–
筐体内バックアップ
筐体間バックアップ
災害対策
仮想環境
• ビデオ・デモ
• まとめ
• Q&A
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
2
バックアップに関する課題
データ量の急増
2,502
EB
4年間で5倍に増加
コスト
2,500
(エクサバイト)
EB
2,000
1,500
1,000
486
EB
500
0
2008
2009
2010
2011
複雑さ
2012
出典:IDC Digital Universeホワイト・ペーパー(2009年5月、スポンサー:EMC)
仮想化への移行
プライベート・
クラウドへの移行
サービスレベル
仮想
物理
3
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
例えば:
仮想化のバックアップとリカバリに関する課題
仮想化はITの考え方を変えた…バックアップはより高度な統合と価値を
提供するために発展する必要がある
従来の考え方
新しい考え方
物理環境:全般的にサーバ使用率が低く、
バックアップに大量の帯域幅が利用可能
仮想環境:全般的にサーバ使用率が高く、
バックアップ用の帯域幅は少ない
100%
CPU使用率
CPU使用率
100%
80%
60%
40%
20%
0%
サーバA
サーバB
サーバC
リソースの20%の使用率
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
80%
60%
ESX Server
40%
20%
0%
ハードウェア
共有物理リソース
仮想
サーバA
仮想
サーバB
仮想
サーバC
リソースの80%の使用率
4
非常に高速で、サーバに負荷をかけない
ストレージベースのバックアップ・リストア
リカバリリソース
クローン / BCV
リストア時間(弊社検証結果より想定)
数分
数十分~
ディスク
数時間
テープ
時間
•100GB程度のデータをリストアする時間
5
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
スプリットミラーを用いたバックアップの手順
①
DB
③
DB
ストレージ
業務サーバ
バックアップサーバ
Read/
Write
•
本番
Clone
本番ボリュームとClone
ボリュームを同期させる
•
本番
同期
Cloneボリュームを本番
ボリュームから切り離す
Clone
切り離し
②
DB
④
DB
マウント
静止点
確保
•
本番
Clone
アプリケーション側で静
止点を確保する
本番
Clone
•
バックアップサーバから
Cloneボリュームをマウ
ントする
•
Cloneボリュームのデー
タをバックアップする
課題
y ストレージ・レプリケーション機能とアプリケーションの制御を連動させたい
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
6
スプリットミラーを用いたバックアップの手順
~ESXなら~
③
①
ストレージ
業務サーバ
バックアップサーバ
Read/
Write
•
本番
①
Clone
本番ボリュームとClone
ボリュームを同期させる
•
本番
同期
①
Cloneボリュームを本番
ボリュームから切り離す
Clone
切り離し
②
④
マウント
静止点
確保
本番
•
①
Clone
同じファイルシステムを
利用している仮想マシン 本番
すべてについて静止点
を確保する
①
Clone
•
バックアップサーバから
Cloneボリュームをマウ
ントする
•
Cloneボリュームのデー
タをバックアップする
課題
y ストレージ・レプリケーション機能とVMware側の制御を連動させたい
7
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
RMが無い場合
①
DB
③
DB
ストレージ
業務サーバ
バックアップサーバ
Read/•ストレージに対して、同期のコマンドを発行
•ストレージに対して、同期のコマンドを発行
Write
•Ex.
•Ex. TimeFinder,
TimeFinder, SnapView
SnapView
• 本番ボリュームとClone
ボリュームを同期させる
Clone
本番
•ストレージに対して、切り離しのコマンドを発行
•ストレージに対して、切り離しのコマンドを発行
•Ex.
•Ex. TimeFinder,
TimeFinder, SnapView
SnapView
• Cloneボリュームを本番
本番
同期
ボリュームから切り離す
Clone
切り離し
②
DB
•対象アプリケーションによって方法が異なる
•対象アプリケーションによって方法が異なる
•Oracle
•Oracle Online
Online Backup
Backup mode
mode
•Exchange
•Exchange →
→ VSS
VSS
•コマンドで対応できないものは、サービス停止など
•コマンドで対応できないものは、サービス停止など
静止点
確保
•
本番
④
DB
Clone
アプリケーション側で静
止点を確保する
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
•バックアップサーバ側から対象ボリュームをマ
•バックアップサーバ側から対象ボリュームをマ
• バックアップサーバから
ウント
ウント マウント
Cloneボリュームをマウ
ントする
本番
Clone
•
Cloneボリュームのデー
タをバックアップする
8
RMがある場合
①
DB
③
DB
ストレージ
業務サーバ
バックアップサーバ
Read/
Write
•
本番
Clone
本番ボリュームとClone
ボリュームを同期させる
同期
•
本番
切り離し
すべてRMが自動化します!
すべてRMが自動化します!
②
DB
④
DB
マウント
静止点
確保
•
本番
Cloneボリュームを本番
ボリュームから切り離す
Clone
Clone
アプリケーション側で静
止点を確保する
本番
Clone
•
バックアップサーバから
Cloneボリュームをマウ
ントする
•
Cloneボリュームのデー
タをバックアップする
9
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
レプリケーションに関する悩み
→RMが解決します!
• オープンであるが故の多様性
–
様々なアプリケーション、サーバ(OS)、スト
レージ
Oracle
DB2
Exchange
SQL Server
フラットファイル
• レプリケーションの管理を簡単にしたい
–
–
世代管理(ストレージ筐体内の)
複雑なレプリケーション要件
–
–
–
–
–
処理の自動化
アプリケーションとの連携
TimeFinderとSnapViewの同時管理
DMXからCXへのバックアップ
ディスク追加時の構成変更の対応
レプリカのレプリカ、レプリカのスナップショット
• スクリプトを作成したくない
–
–
WindowsばかりなのでGUIで使いたい
アプリケーション、サーバ、ディスクの追加
構成変更のたびにスクリプトも変更→テスト
• ストレージにあまり詳しくない
–
とっさにリストアできるか不安
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
10
EMC Replication Manager 概要
• ストレージやサーバの物理的な構成を意識
せずに、レプリカ
レプリカを活用することができま
す!
• 日本での製品リリースから数年経過して、メ
ジャーバージョンアップも重ね、製品としても
実績を重ねています
• Windows環境との統合
–
–
–
–
–
SQL Server 2000 / 2005 / 2008 (32bit/64bit)
Exchange Server 2003 / 2007 / 2010
NTFS (Windows 2003 / 2008)
SharePoint Server 2007 / 2010
Oracle DB
• その他UNIX, Linuxとの統合
–
DB
BCV
BCV
Copy
Logs
Oracle DB他
• 仮想環境との統合
–
–
VMware ESX 3.x, vSphere (4.0, 4.1(近日中))
Hyper-V
• EMCストレージとも もちろん統合
• GUIベースで、ポイントアンドクリックで操作可
能
• ジョブの定義や、スケジューリングが可能
BCV
BCV
Copy
1つの製品、1つのGUI、3種類のライセンス(RM-SERVER, RM-AGENT, RM-PROXY-VM) のシンプル構成
11
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
Replication Managerによる
異機種混在環境のサポート
効果
y 拡張性の向上
自動化
y すべてのレプリカを統合管理
y プラットフォーム、OSのアプリケーションの
広範なサポート
アプリケーション
Operating System
Oracle DB
Exchange
2003/2007/2010
SQL Server
2000/2005/2008
SharePoint Server
2007 / 2010
DB2 UDB
Windows 2003 / 2008
Sun Solaris
HP-UX
IBM AIX
Red Hat
Oracle Enterprise Linux
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
ファイルシステム
(Volume Manager)
UFS, HFS, JFS
VxVM, VxFS
NTFS
HP LVM
IBM AIX LVM
Oracle ASM
レプリケーション
テクノロジー
Symmetrix
TimeFinder/Mirror
TimeFinder/Clone
TimeFinder/Snap
OpenReplicator
CLARiX
SnapView (snapshot
or clone)
SAN Copy
Celerra iSCSI / NFS
Celerra SnapSure
Celerra Replicator
クラスタ
MSCS
VCS
IBM HACMP
Sun Cluster
HP/Service Guard
Oracle RAC
仮想化
VMware V3.x
vSphere (4.0, 4.1(近
日中))
Hyper-V
12
Replication Managerでのレプリカジョブ管理イメージ
対象のレプリカの上
対象のレプリカの上
で、右クリックし、リス
で、右クリックし、リス
トアを選択
トアを選択
13
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
Replication Manager 基本構成
①操作・管理
GUI
GUI Console
Console
RM
RM Client
Client
RM
RM Server
Server
RM
RM Client
Client
③
マウント指示
②
レプリカ指示
(マウントホスト)
(業務サーバ)
Replica 1
STD
切り離し
同期
切り離し
同期
Replica 2
Replica 3
BCV
Replica 4
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
14
Replication Manager 基本構成(仮想環境向け)
GUI
GUI Console
Console
Windows
Windows
①操作・管理
RM
RM Server
Server
Windows
Windows
業務
ESXサーバ
RM
RM Proxy
Proxy
Windows
Windows
or
or Linux
Linux
vCenter
マウント用
ESXサーバ
②レプリカ指示
③マウント指示
マウント
同期
切り離し
切り離し
マウント
同期
仮想サーバ側には、RMのソフト
ウェアの導入不要
15
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
Replication Manager の用途
~バックアップだけでなく、いろいろご利用いただけます
• ディスクベースのレプリカ作成、
管理を 簡易化、アプリケーション
と連動したオンラインスプリットを
スクリプト無しで実現
本番環境
• 複数の用途でのアプリケーション
バックアップ
と連動したレプリカの作成、管理
を自動化
• アプリケーションとストレージイン
フラのマッピング
DWH
• ストレージ管理業務の負荷削減、
分散
開発・検証
Replica 1
Replica 2
Replica 3
Replication Managerによるアプリケーションとディスク
ベースレプリケーションの連携
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
16
RM利用例
17
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
利用例1:SQL Serverの多目的レプリカ
RM
RM Client
Client
プロダクション
プロダクション
RM
RM Client
Client
RM
RM Server
Server
バックアップサーバ
バックアップサーバ
RM
RM Client
Client
DWH
DWH
● チャレンジ
• SQL Server のオンラインバックアップ
• OLTP用のDBをDWH的に使いまわす
• バックアップ用もDWH用も統合的に管理
SQL
SQL Server2000
Server2000
● 結果
レプリカ
レプリカ
・すべてRMから統合管理
・RM導入前は、DWH構築に30時間以上かかる
め、頻繁にできなかった
→RM導入後は、(同期以外の処理も含め)4
時間以下でDWHが構築でき、よりリアルタイ
ムの分析が可能となった。
レプリカ
レプリカ
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
18
利用例2:SQL Serverのオンラインバックアップ(SAP環境)
RM
RM Client
Client
RM
RM Client
Client
バックアップ
本番R3
本番R3
RM
RM Server
Server
バックアップサーバ
バックアップサーバ
毎日
毎時
LTO
LTO
RM
RM Client
Client
本番BW
本番BW
毎日
● チャレンジ
• SAPのSQL DB部分のオンライン
バックアップ(基本一日一回)
• 本番R3のみ、SQL DBのログを別
途バックアップ(毎時)
•SQLの管理機能を用いる
RM
RM Client
Client
検証R3
検証R3
毎日
● 結果
RM
RM Client
Client
検証BW
検証BW
・SQL Server の管理機能と、RMに
よるストレージベースのバック
アップの組み合わせにより、RPO
の向上
毎日
STD
STD
レプリカ
レプリカ
19
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
利用例3:Exchangeのオンラインバックアップ
RM
RM Client
Client
プロダクション
プロダクション
RM
RM Client
Client
RM
RM Server
Server
バックアップサーバ(TSM)
バックアップサーバ(TSM)
テープバックアップ前に、
テープバックアップ前に、
ESEUTILによる整合性チェック
ESEUTILによる整合性チェック
Exchange
Exchange 2003
2003 // 2007
2007
● チャレンジ
• Exchange の無停止オンラインバック
アップ
● 結果
レプリカ
レプリカ
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
・RMから統合管理
・VSSを利用した無停止オンラインバック
アップ
・ESEUTILを用いた、整合性チェックの自
動実施(Microsoft社の strong
recommend)
20
利用例4:大規模環境でのSQL/Exchangeオンラインバックアップ
RMサーバ
RMサーバ
兼マウント用
兼マウント用
マウント用
マウント用
RMサーバ
RMサーバ
兼マウント用
兼マウント用
総容量 約20TB
数千のメールユーザ
Exchange
Exchange 2003
2003
サーバ群
サーバ群
SQL
SQL Server2000
Server2000
サーバ群
サーバ群
● チャレンジ
Storage Area
Network
• 40台強のサーバ、複数ストレージの大規模
環境の統合バックアップ
• SQL / Exchange の異なるアプリケーションの
統合バックアップ
• 毎日オンラインバックアップ
● 結果
DMX
・大規模でも問題なく実装完了
・すべてをRMで一元的に管理し、夜間にスト
レージ内レプリカ作成。その後時間をかけて
テープバックアップを実施
DMX
21
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
利用例5:大規模ファイルサーバの筐体間バックアップ
ファイルサーバ
ファイルサーバ(RMクライアント)
(RMクライアント)
マウントサーバ
マウントサーバ(RMクライアント)
(RMクライアント)
RMサーバ
RMサーバ
Storage Area Network
●チャレンジ
転送
差分
転送
差分
1
1
RiX
CLA
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
RiX
CLA
RiX
CLA
•ストレージ筐体間でデータを持ち合い
バックアップ。テープバックアップを行
わない
•曜日ごとにトータル7世代のスナップ
ショットを作成し、論理障害への対処
→直近1週間であれば、いつの時点
でもすぐに戻れる
●結果
•RMですべてのレプリカを一元管理し、
管理コスト削減。お客様が自身で操作
•構成変更時にもRMの設定変更のみ
で対応
22
利用例6:SQLサーバの筐体間バックアップ
SQLサーバ
SQLサーバ(本番系)
(本番系)
SQLサーバ
SQLサーバ(待機系)
(待機系)
RM
RM Client
Client
RM
RM Server
Server
Storage Area Network
●チャレンジ
•ストレージ筐体間でデータを同期コピー
して筐体間バックアップの実施
•将来的には、一方を別サイトに配
置して、災害対策を実施
•論理障害に備え直近5世代分のコピー
をストレージ筐体内で保持
SRDF/S
●結果
•RMでローカルおよびリモートのCloneを
管理
•構成変更時にもRMの設定変更のみで
対応
•SRDF/Sとは同居可能
•RMからSRDFの制御は不可
D MX
D MX
23
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
利用例7 Exchange 災害対策
東京
東京
Mailbox /
大阪
大阪
Public
Folder
Mail
box
Exchange
DB
①
①
ESEUTIL
ESEUTIL
実行
実行
②
②
DR用
DB
③
③
転送
差分
④
④
DBの
Snapshot
Clone
DB
●チャレンジ
マウントホスト
•Exchangeの災害対策
Public
Folder
DR用
LOG
Exchange
LOG
①
①
③
③
転送
差分
Clone
LOG
①
整合性を持った筐体内レプリカ作成
②
ESEUTILにて整合性のチェックを実施(RMから自動呼出し)
③
Exchangeとして整合性が確保されたレプリカを、遠隔地に差分転送
④
転送完了後、遠隔地でさらに筐体内レプリカ(論理コピー)を作成
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
④
④
LOGの
Snapshot
•Exchangeの筐体内レプリカと、筐
体間レプリカの統合管理
●結果
・Microsoft社からも認められている
手法(=VSSによる整合性確保と
ESEUTIL利用)で、筐体内レプリカと、
筐体間レプリカを取得
・筐体内レプリカと、筐体間レプリカ
をすべてをRMで一元的に管理、自
動実行
24
利用例8:Oracle災害対策
RM
RM Server
Server
DBサーバ
DBサーバ(本番)
(本番)
DBサーバ
DBサーバ(待機)
(待機)
RM
RM Client
Client
Storage Area
Network
RM
RM Client
Client
Storage Area
Network
東京
東京
大阪
大阪
●チャレンジ
Clone
AN
tal S
men
Incre
y
Cop
•東京→大阪にOracle DBを日々コ
ピー。東京災害時でも、大阪側で
Oracle DBを利用できるようにしたい
Incremental •Oracle DBは Cloneを取得した時点に
SAN Copy 戻れればよい
●結果
RiX
CLA
RiX
CLA
•RMですべてのレプリカを一元管理し、
管理コスト削減
25
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
利用例9:VMware環境向け(SAN)
制御Windows
制御Windows
マウントESX
マウントESX
10VMs
10VMs //
ESX
ESX
RM
RM Server
Server
RM
RM Proxy
Proxy
業務ESX
業務ESX
vCenter
vCenter
●チャレンジ
多数の仮想マシン/Windows
ゲストの起動ボリュームの、
ストレージベースのレプリケー
ション実施。日々の処理の自
動化
●結果
: 仮想ディスク
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
RMですべてのレプリカを一元
管理。レプリケーションジョブ
の自動化。 ESXの snapshot
機能と、ストレージのスナップ
ショット機能の自動連携
26
利用例10:VMware環境向け(NFS)
サーバ①
APP
OS
APP
O
S
APP
OS
NFSデータスト
ア
VMware ESX
本番仮想マシン
サーバ③ サーバ⑤
APP
OS
APP
O
S
APP
OS
NFSデータスト
ア
VMware ESX
APP
OS
APP
O
S
APP
OS
NFSデータスト
ア
VMware ESX
マウント仮想マシン
サーバ⑦
APP テスト
APP APP
OS
O
S
OS
NFSデータスト
ア
VMware ESX
サーバ②
APP
OS
APP
O
S
APP
OS
NFSデータスト
ア
VMware ESX
SingleBlade
サーバ④
APP
OS
APP
O
S
APP
OS
NFSデータスト
ア
VMware ESX
サーバ⑥
APP APP
予備
O
OS
APP
OS
S
NFSデータスト
ア
VMware ESX
RMプロキシ
RMプロキシ
サーバ
サーバ
(バックアップ
(バックアップ
サーバと兼用)
サーバと兼用)
RMサーバ
RMサーバ
(vCenterと
(vCenterと
兼用)
兼用)
SingleBlade
本番領域
●チャレンジ
バックアップ用領域
ユーザデータ
領域 12TB
Celerra Replicator
NAS上に実装した仮想マシ
ン群をまとめて管理したい。
論理障害・物理障害共に対
処したい
ユーザデータ
領域 12TB
●結果
SnapShot
30世代
…
…
CelerraNS480
本番用ストレージ
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
CelerraNS480
バックアップ用
ストレージ
…
…
SnapShot
30世代
RMですべてのレプリカを一
元管理。レプリケーション
ジョブの自動化。 ESXの
snapshot 機能と、ストレー
ジのスナップショット機能の
自動連携
27
デモ
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
28
まとめ
• RMにより、ストレージベースのスプリットミラーがより手軽に、便
利に利用できます
–
–
–
–
–
設定はGUIベース(ウィザードによる設定)
利用はGUIもしくはコマンドラインから
スプリットミラーに関する一連の動作の自動化
レプリケーションのジョブのスケジューリング
レプリケーションのジョブとジョブの連携機能
• RMのジョブと、それ以外の製品のジョブとの連携は別途考慮が必要です
• アプリケーションレベルの整合性を保ちつつ、ストレージでのレプ
リケーションが可能です
• スプリットミラーに関してスクリプトやバッチファイルを作成する必
要がなくなり、工数の削減に寄与します
– 新規導入時だけでなく、構成変更時にも有効です
– 動作確認やテストは従来どおり必要となります
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
29
THANK YOU
© Copyright 2010 EMC Corporation. All rights reserved.
30
Fly UP