...

マイクロソフト・サポート終了のお知らせ

by user

on
Category: Documents
13

views

Report

Comments

Transcript

マイクロソフト・サポート終了のお知らせ
Windows XP、Microsoft Office 2003をご利用のお客様へ
マイクロソフト・サポート終了のお知らせ
2014 年 4 月 9 日に、Windows XP、Internet Explorer 6 、Microsoft Office 2003
のサポートが終了いたします。
サポート終了にともなうお客様への影響についてご案内させて頂きますので、
ぜひご確認いただきますようお願い申し上げます。
サポート終了に伴うお客様への影響
サポート終了後は、安全かつ安定的にお使いいただくための重要なサポート(セキュリティ更新プ
ログラム*1の提供など)が受けられません。
製品維持に必要な各種サポートが受けられない場合、セキュリティ上および業務上のさまざまなリ
スクを抱えることになります。
脆弱性を突いたウィルス感染や
重要情報への不正アクセス
関連製品のサポート終了
(ウィルス定義ファイルや
周辺機器のドライバ終了
アプリケーションソフトの
新規インストール不可etc)
*1・セキュリティ
・セキュリティ更新プログラムとは
・セキュリティ更新プログラムとは?
更新プログラムとは
マイクロソフトが提供する各種ソフトウェアのセキュリティ関連の脆弱性 (弱点) を修正するために提供さ
れる修正プログラムです。定期的に提供されるものだけではなく、脆弱性の深刻度に応じ緊急的に提供
されるものもあります。脆弱性を修正しない状態でインターネットに接続すると、ウイルス感染や情報漏
洩などのリスクを伴う場合があります。
また、インターネットにつないでいなくても、ウイルス感染の危険性は存在します。
新環境への移行完了までには、予想以上に工数と時間
新環境への移行完了までには、予想以上に工数と時間がかかります。
完了までには、予想以上に工数と時間がかかります。
ぜひ、今からご準備を
ぜひ、今からご準備を。
、今からご準備を。
検討から発注、展開、検証作業など、予想以上に多くの工程と時間を要します。また、法改正・税
制の変更などによる、導入コストの変動も予測されます。
スケジュールの遅延、不測のトラブルの発生など、リスク回避に必要な期間を確保するためにも、
今すぐ移行準備に着手されることをお勧めします。
●Windows XP 移行スケジュール モデル
2013年
4月 5月
事前評価
6月
7月
発注
8月
9月
導入・設定
10月
11月
安定稼働の
判断
12月
2014年
1月 2月
3月
スケジュール遅延等
リスク回避予備期間
4月
決算
繁忙期
現在お使いのアプリケーションが新OSに対応していない場合等を想定しています。
消費税
増税(?)
業種別アプリケーション
業務アプリケーション
給与・財務会計
販売管理・在庫管理etc
CAD・積算・介護支援・生産管理
文書管理・原価管理・電子納品etc
新しい環境への移行は三英堂事務機(株
にお任せ下さい。
新しい環境への移行は三英堂事務機 株)にお任せ下さい。
Windows7/8移行支援(PC入替、導入後フォロー)メニューを準備しております。
開梱・設置
データ・設定の引越し
運用・保守
障害の復旧
OS/Office ソフト操作支援
5年前の機種と比較して、省電力化も図れます。
<例>富士通製パソコンの場合
ESPRIMO D5255 (2007年10月モデル)
消費電力:54W
ESPRIMO B532/F (2012年10月モデル)
消費電力:26W⇒52%削減
10台買替で約61,820円/5年の電気料削減
デスクトップモデルも
お取扱い致します。
さらにノートPC LIFEBOOK A572/F への代替なら
消費電力:10W⇒81%削減
10台買替で約97,150円/5年の電気料削減
加えて、東北電力の電気料値上(11.41〜17.74%)
が7月より実施されます。
この機会に電気料コスト削減対応もお考え下さい。
■お問い合わせは
三英堂事務機株式会社 担当営業まで
Fly UP