...

ダウンロード

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

ダウンロード
GP3000-USB Gang Programmer for
Microchip Microcontrollers
GP3000-USB ギャング・プログラマー日本語マニュアル
© 2002 - 2006 Data Action LLC, all rights reserved.
Data Action L.L.C.
14330 Midway Road, Suite 128
Dallas, TX 75244
Tel: 972-726-8200
Fax: 972-726-8222
E-mail:[email protected]
Web site: www.data-action.com
1章
イントロダクション ........................................................................................................................................1
機能 ..........................................................................................................................................................................1
パッケージ・チェックリスト..........................................................................................................................1
必要システム......................................................................................................................................................2
2 章. GP3000 ハードウエア ......................................................................................................................................3
マスター・コントール・ユニット(MCU) ......................................................................................................3
LCD 表示 ............................................................................................................................................................4
ファンクション・キー......................................................................................................................................6
プログラミング・アダプター..........................................................................................................................7
UUP LED インディケータ ...............................................................................................................................7
UUP ソケット ....................................................................................................................................................7
アダプターにデバイスを置く..........................................................................................................................8
イン-システム/イン-サーキット・プログラミングのための MPIC-ISP8A モジュール ..........................8
GP3000 MCU クイック・テスト ....................................................................................................................8
トラブル・シューティング............................................................................................................................13
ダウンロード・プロセスでの"Fail <7>" は何を意味するか? ..................................................................13
デバイス・テーブルとは? ..............................................................................................................................14
3 章. GP3000 スタンド-アローン・ファンクション ...........................................................................................15
GP3000 パワーアップ(電源 ON) ..................................................................................................................15
プログラム・ディスクリプションとデバイス番号 ....................................................................................15
プログラム機能................................................................................................................................................17
基本ファンクション........................................................................................................................................18
安全機能[Secured Function] .............................................................................................................................19
4 章. コードをマスター・コントロール・ユニットへダウンロード ................................................................21
ONLINE ダウンロード....................................................................................................................................21
5 章. GP3000 でプログラミング ............................................................................................................................26
プログラム・モード........................................................................................................................................26
プログラム・サイクル....................................................................................................................................28
プログラム結果................................................................................................................................................28
ブランク・チェック........................................................................................................................................29
ベリファイ........................................................................................................................................................29
6 章. GP3KUSB ソフトウエア・インストール....................................................................................................30
ソフトウエア・インストレーション............................................................................................................30
GP3000 デスクトップと環境..........................................................................................................................30
メニュー・バー................................................................................................................................................31
ツール・バー....................................................................................................................................................31
プログラム・メモリー・ウィンドウ.............................エラー! ブックマークが定義されていません。
デバイス・コンフィギュレーション・ウィンドウ ....................................................................................32
コンテキスト・メニュー................................................................................................................................32
フォント設定....................................................................................................................................................33
カラー設定........................................................................................................................................................33
ハイド・ヘッディング....................................................................................................................................34
イネーブル・ツールチップス........................................................................................................................34
クリア・メモリー............................................................................................................................................34
フィル・メモリー............................................................................................................................................34
指定アドレス....................................................................................................................................................34
検索 ...................................................................................................................................................................34
I
次検索................................................................................................................................................................34
GP3000 環境 .....................................................................................................................................................34
7 章. GP3000 の使用とスペシャル・ファンクション ........................................................................................35
GP3000 ソフトウエアの実行..........................................................................................................................35
デバイスとヒューズ選択................................................................................................................................35
プログラム番号................................................................................................................................................36
デバイス・タイプ............................................................................................................................................36
コンフィギュレーション・ヒューズ............................................................................................................36
カスタマーID の指定.......................................................................................................................................37
データ・ファイルのロード............................................................................................................................37
プログラミング電圧の設定............................................................................................................................37
スタンド-アローン・モード ..........................................................................................................................38
On-line モード..................................................................................................................................................38
シリアライゼーション....................................................................................................................................38
SQTP シリアライゼーション・データの入力 ............................................................................................39
プログラム範囲のダウンロード....................................................................................................................40
プログラミング範囲のダウンロード............................................................................................................40
8 章. GP3000 ソフトウエアの使用 ........................................................................................................................42
ファイル・メニュー........................................................................................................................................42
エディット・メニュー....................................................................................................................................44
ビュー・メニュー............................................................................................................................................44
デバイス・コンフィギュレーション............................................................................................................44
ファンクション・ボタン................................................................................................................................45
デバイス・スペシフィケーション................................................................................................................47
コンフィギュレーション・ヒューズ、チェックサムと ID .......................................................................48
コンフィギュレーション・オプション ........................................................................................................49
デバイス・ステータス....................................................................................................................................51
プログラム・メモリー....................................................................................................................................52
EEPROM メモリー ..........................................................................................................................................53
カリブレーション・メモリー........................................................................................................................54
ベリファイ・エラー........................................................................................................................................54
ツール・バー....................................................................................................................................................55
ステータス・バー............................................................................................................................................55
プログラム・メニュー....................................................................................................................................55
プログラマーへダウンロード........................................................................................................................55
PC へアップロード ..........................................................................................................................................55
ベリファイ........................................................................................................................................................55
アダプター・デバイスのブランク・チェック ............................................................................................55
アダプター・デバイスの読み取り................................................................................................................55
ベリファイ・アダプター・デバイス............................................................................................................56
コンフィグ・メニュー....................................................................................................................................56
ダウンロード・ファームウエア....................................................................................................................57
ベリファイ・ファームウエア........................................................................................................................57
ダウンロード・デバイス・テーブル............................................................................................................57
デバイス・テーブルのベリファイ................................................................................................................58
ツール・メニュー............................................................................................................................................58
ユーザー・ツールのカスタマイズ................................................................................................................58
ウィンドウズ・メニュー................................................................................................................................58
ヘルプ・メニュー............................................................................................................................................59
付録 A. GP3000 プログラム・アダプター ....................................................................................................60
付録 B: MPIC-ISP8A イン-システム・プログラミング・モジュール ......................................................63
II
付録 C: GP3000 から PGM2000(旧機種)へのコンバータ・モジュール ....................................................65
付録 D: スタンド・アローン・モードでの PIC18FXXX コート・プロテクションの設定手順............66
III
1章
イントロダクション
GP3000はポピュラーなマイコンやその他のプロブラマブル・デバイスのためのスタンド・アローン、8
ギャング・プログラマーです。ユーザーが選択することができるMIN[最少]とMAX[最大]でVDDをベリフ
ァイできる高品質プログラマーです。
GP3000は異なったプログラミング・アダプターに接続できるマスター・コントロール・ユニットです。
現在サポートされているアダプターとそのデバイスは付録 Aをご覧下さい。
GP3000はフラッシュ・ベースのマイクロコントロラーを使っております。これはファームウエアのコー
ドとデバイス・テーブルが新しいコードをチップにダウンロードすることで単にアップグレード出来る
様になっています。ファームウエアとソフトウエアの異なったバージョンのヒストリーは
GP3000\Programディレクトリーのrelease.txtをご覧下さい。
GP3000マスター・コントロール・ユニットはデバイス・タイプ、ファンクションとプログラミング状態
を示すLCDディスプレイを持っています。プログラミング・アダプターはマスター・コントロール・ユ
ニットと96ピンDINコネクターで接続されます。すべてのコントロールは簡単に4キー操作で実行されま
す。1度、コードがコントロール・ユニットにダウンロードされますとプログラミングはソケットを装着
するしボタンを押すことだけです。
プログラム・コードはマスター・コントロール・ユニット[MCU]にダウンロードすることが出来ます。
1) ホスト・パソコンからUSBポート経由でソース・ファイル(hex/obj)コピーするか、又は
2) プログラミング・アダプターの1番目のソケットに装着されたマスター・チップからデータを読み込み
ダウンロードします。
マスター・コントロール・ユニットは PIC10/12/16/18 のアプリケーション・データを 8 つ保持すること
が出来ます。このデータは電源がオフにされた場合も保持します。一度、コードがマスター・コントロ
ール・ユニットにロードされますと1時間以内に数百以上のデバイスをプログラムすることができます
機能
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
再プログラム可能フラッシュ・ベース・コントローラ
簡単な 4 キー操作
Microchip PIC10/12/16/18(プログラム・サイズ 8x128kb までサポート)のための 16 キャラクター
のプログラム表示で 8 つのデータを保持することが出来ます。
数種類の異なったプログラミング・モード
オート・プログラム機能 – ブランク・チェック、プログラムとベリファイを含む自動プログラム
機能
スタンド・アローン・モードでの Microchip 社 SQTP シリアライゼーション
ONLINE[オンライン]プログラム・データ・ダウンロードのためのコマンド・ライン・モード
コード・プロテクションとヒューズ設定を含むデバイス・タイプとオプション
高速で信頼の USB ポート・インターフェース
最高にポータブル、軽量、しかも、堅牢で丈夫
簡単なインストレーション
Windows 98/ME/2000/XP 対応の使いやすいソフトウエア
パッケージ・チェックリスト
•
•
•
•
•
GP3000 マスター・コントロール・ユニット
*プログラミング・アダプター
GP3000 USB ソフトウエア CD
USB タイプ A-B 拡張ケーブル
9VDC/1A AC アダプター
1
•
ユーザーガイド
オプションをご購入の場合はオプションのアイテム
必要システム
•
•
•
•
•
ウィンドウズ・ベース・Pentium PC 又は、互換 PC
標準 USB ポート
Windows 98/ME/NT/2000/XP
64MB RAM
Microsoft 互換マウス
テクニカル・サポート
データダイナミクスとデータアクション社は登録されたユーザーへは無償でサポートいたしますので、
レジストレーション・カードを下記までお送り下さい。
データ ダイナミクス
579-8062 東大阪市上六万寺町13-10
TEL: 072-981-6332 FAX: 072-981-6085
サポートに関しますご質問は緊急時を除き、出来るだけ詳しい内容をe-mailでお送り下さい。
インターネットWEBサイト
http://www.datadynamics.co.jp
e-mail: [email protected]
2
2 章. GP3000 ハードウエア
マスター・コントール・ユニット(MCU)
LCD
FUNCTION
[ファンクション]ボタン
EXECUTE
[エグゼキュート]ボタン
SELECT_UP
[セレクト・アップ]ボタン
2x16 LCD ディスプレイが特にスタンド・アローン操作中にユーザ
ーにフィードバックします。プログラマーの機能の表示とプログラ
ミング機能のすべての結果を表示します。
このボタンを押すことで GP3000 で利用できる各種の異なった機能
をスクロールして選ぶことができます。
このボタンを押すことで選んだ機能を実行します。
このボタンは選択した機能のオプションをスクロールして選ぶこと
ができます。このボタンは安全モードのみで使用されます。
SELECT_DOWN
[セレクト・ダウン]ボタン
SELECT_DOWN ボタンは SELECT_UP ステップに戻ることができ
ます。このボタンは安全モードのみで使用されます。
USB コネクター
DIN-96 コネクター
プログラマーと PC の USB ポートの接続に使用します。
8ギャング・プログラミング・アダプターと MCU の接続に使用し
ます。
ギャング・プログラマーの端にあるパワージャックは AC アダプタ
ーを使ってプログラマーに電源を供給します。
パワージャック
3
LCD 表示
2X16 LCD ディスプレイはスタンド・アローン操作のためのユーザー・インターフェースを提供します。
LCD ディスプレイは使用できる機能、選択されたデバイスとプログラミング・アダプターの LED がプロ
グラミング結果を表示します。
電源をオンにしますとLCDは下記を表示:
GP3000
Ver01.xx
______フラッシュ・ファームウエアのバージョン番号
DEVICE1 XXXXXX
Non-code protect
Checksum<ID>
例: DEVICE1 18F8520
CKSUM=FD2C<FD2C>
______ノン-コード・プロテクト・チェックサム<ID>
ノート Microchip PIC10/12/16/18 はプログラミング・スペックのチェックサムを使用しています。
GP3000 はデータを保障するためにチェックサムを使用します。GP3KUSB ソフトウエアを使って
GP3000 MCU へデータをダウンロードする時、GP3000 のオンボード・プロセッサーが自身のチェック
サムを計算します。GP3KUSB ソフトウエアは PC でチェックサムを計算します。そして、GP3000 へ
データがダウンロードされた後、GP3KUSB ソフトウエアはこれら 2 つのチェックサムを比較します。
これらが一致すると GP3KUSB ソフトウエアは “Pass”メッセージを表示します。もち、チェックサム
が一致しない場合は、”Faile<7>”のメッセージを表示し、GP3000 MCU はこのデータを無視します。
ノート デフォルト・カスタム ID は”Unprotected checksum”ですが、ASCII 又は、HEX コードに変更
することが出来ます。
LCD 表示シーケンス
GP3000 は不注意によりデータを変更することのないように“Secured function mode[安全機能モード]を
内蔵しています。安全機能モードは MCU の 3 つのボタン(FUNCTION, SELECT_UP と EXECUTE)を同
時に押すことでアクティブに出来ます。
LCD は FUNCTION ボタンを押しますと下記のシーケンスで機能を表示します。
-------------------------スタンダード・ファンクション・モード----------------------------DEVICE1
DEVICE 8
PROGRAM1
PROGRAM8
又は、
BLANK CHECK1
BLANK CHECK8
VERIFY1
VERIFY8
ONLINE
ONLINE
----------------------------安全機能(Secured Function)モード--------------------------------DEVICE1
MODIFY ENABLE…
DEVICE 8
MODIFY ENABLE…
PROGRAM1
PROGRAM8
BLANK CHECK
VERIFY1
又は、
BLANK CHECK
VERIFY8
4
ONLINE
ONLINE
VOLTAGE SETUP1
VOTAGE SETUP8
サブ・メニュー ------------------ “安全機能モード” PROGRAM x --------------------“SELECT_UP”ボタンを押してスクロールして選択します。そして、”EXECUTE”ボタンで選択の確認を
行います。
PROGRAMx <READY>
NO CODE PROTECT
&
AUTO (デフォルト設定:フラッシュ・バック&フォース)
PROGRAMx <SELECT>
ALL CODE PROTECT
PROGRAMx <SELECT>
PROTECT CP1:0=01
(PIC16FXXX CP1:0 ヒューズ設定はプログラミング・スペック
をチェックしてください。)
PROGRAMx <SELECT>
PROTECT CP 1:0=10
PROGRAMx <SELECT>
PROTECT CP 1:0=11
PROGRAMx <SELECT>
NO CODE PROTECT
PROGRAMx <SELECT>
AUTO
PROGRAMx <SELECT>
NO BLANK CHECK
PROGRAMx <SELECT>
CONFIG ONLY
PIC18Fxxxx ファミリーのコンフィギュレーション・ヒューズの設定は大変複雑ですので、GP3KUSB ソ
フトウエアでこれらのヒューズ設定を行ってください。
PROGRAMx <SELECT>
PROTECT CP0:=0
(PIC18FXXX CP0;CP1;CP2;CP3 と CPB; CPD ヒューズ設定は
プログラミング・スペックをチェックしてください。)
PROGRAMx <SELECT>
PROTECT CP1:=0
PROGRAMx <SELECT>
PROTECT CP2:=0
PROGRAMx <SELECT>
PROTECT CP3:=0
PROGRAMx <SELECT>
PROTECT CPB:=0
PROGRAMx <SELECT>
PROTECT CPD:=0
5
サブ・メニュー ------------------ “安全機能モード” VOLTAGE SETUP x -----------------“SELECT_UP”ボタンを押してスクロールして選択します。そして、”FUNCION”ボタンで選択の確認を行
います。
VOLTAGE SEUPx
VOLTAGE SETUPx
REMOVE DEVICE !!
VOLTAGE SETUPx
VDD=X.XX V
VOLTAGE SETUPx
VPP=XX.XX V
VOLTAGE SETUPx
VDD MAX=X.XX V
VOLTAGE SETUPx
VDD MIN=X.XX V
ファンクション・キー
GP3000 マスター・コントロール・ユニットには4つのボタンがあります。
それらはユーザーがスタンド・アローン操作の間に機能を選択し実行するためにあります。
FUNCTION[機能]
利用できる機能を選択するのに使用します。
SELECT_UP[セレクト・アップ]
選択された機能の利用できるオプションを選択するのに使用します。
SELECT_DOWN[セレクト・ダウン] SELECT_UP に戻るために使用します。
EXECUTE[実行]
選択された機能を実行するために使用します。
6
プログラミング・アダプター
デバイスのコピーのために、GP3000 マスター・コントロール・ユニット(MCU )は互換のプログラミン
グ・アダプターに接続される必要があります。これらアダプターは 96-ピン DIN コネクターを経由して
MCU に接続されます。
プログラミング・アダプターはスレーブ・デバイスをコピーするための8つのZIFソケットがあります。
アダプター上の各 ZIFソケットは対応する赤いUUP(unit under programming=ユニットがプログラミング
中) LEDインディケータがデバイスの状態を示します。
UUP LED インディケータ
UUP LEDはそれぞれのデバイスのブランク・チェック、ベリファイ状態とプログラミング結果を示しま
す。
ブランク・チェック機能ではプログラミングとベリファイ機能の間ブランクでないデバイスを示すため
にUUPが点滅し、LED点滅はエラーを示します。また、MCUのLCDディスプレイはパス又は、エラー・
メッセージを示します。
UUP ソケット
プログラミング・アダプターには8つのプログラミング・ソケットがあります。それらはスレーブ・デ
バイスのプログラミングのためのに使用されます。
8ギャング・アダプターの最初のソケットはスタンド・アローンREAD[リード]機能を持ったチップを
MCUにリードさせるためや、オン-ラインでブランク・チェック、リードとベリファイ機能のために使用
されます。
7
アダプターにデバイスを置く
ソケットにデバイスを置く場合の注意点:
• マークされた位置にピン1が来るように置いて下さい。
• DIP デバイスの場合、デバイスがソケットとソケットに跨ら無い様に置いて下さい。チップのボ
ディーが並ぶように UUP LED を使用して下さい。
• ZIF ソケットのハンドルをラッチダウンするときはデバイスが一方にあることを確認して下さい。
• 8 個より少ないデバイスをプログラムする場合は、デバイスをアダプターのどのソケットに置い
てもかまいません。空のソケットの LED はプログラミング後にソケットが空で、ベリファイに
失敗したことを示して点滅します。
• サーフェス・マウント・デバイスのプログラミングのときは、アダプターのマークに従って置い
て下さい。ピン1は通常はアダプター基板上のUで示されています。
イン-システム/イン-サーキット・プログラミングのための MPIC-ISP8A モジュール
イン・サーキットでデバイスのプログラミングの必要がある場合は、オプションの MPIC-ISP8A を使用
して下さい。GP3000 とターゲット・アプリケーションを接続するためにモジュールには 46cm の電話
ケーブルが付いています。
MPIC-ISP8A モジュール上の LED はプログラミング・アダプターと同じ機能です。
MPIC-ISP8A アダプターのさらに詳しい情報は付録 A を参考にして下さい。
GP3000 MCU クイック・テスト
ハードウエアとソフトウエアのインストールの後、システムが正しく動作しているかをテストすること
が出来ます。
GP3000 は少なくとも 1 つのチップが 1 番ソケットに載せられている必要があります。
“ON LINE”モード:GP3KUSB ソフトウエアから GP3000 MCU へのデータ・ファイル(xxxxxx.hex)の
ダウンロード
GP3000はそのフラッシュ・メモリーに8つのプログラムのセットを保持することが出来ますので、ソフ
トウエアは8つの異なったPICデバイス・タイプのための8つのテストhexファイルが有ります。
これらのファイルは x:\Program Files\Data Action\GP3KUSB\Samples" フォルダーに有ります。
これらのサンプルで、プログラム・コードのダウンロードのシーケンスと各種プログラム・モードの設
定を示します。
下記のテーブルはオンライン・モードのダウンロードのサンプルのための "HEXファイル名" と "デバイ
ス・タイプ" と "プログラム・ディスクリプション" を示しています。
Program# Program description デバイス・タイプ(サンプルhexファイル名) プログラミング・アダプ
タとパッケージのタイプ
1
T-SENSOR V1.02
PIC10F206
10F206T1.HEX
GAP10785G (DIP)
2
MOTOR-B V2.1
PIC12F675
12F675T2.HEX
GAP1247G (DIP)
3
PN030081 V5.31
PIC16F57
16F57T3.HEX
GAP1247G (PIC16F57
converter)
4
PN400001-2 V1.20
PIC16F648A 16F648AT4.HEX
GAP1247G (DIP)
5
RICE3000 V1.35
PIC16F877A 16F877AT5.HEX
GAP40G
(DIP)
6
LCD-X DISPLAY V3
PIC16F917
16F917T6.HEX
GAP40G
(DIP)
7
PN12345 V1.0
PIC18F6621 18F6621T7.HEX
GAP18G
TQ64
8
CAN-TESTER V3.25 PIC18F8585 18F8585T8.HEX
GAP18G
TQ80
各プログラムはそのユニークなパーツ番号又は、LCDの2行目に示されたバージョン番号と製品名を持つ
ことが出来ます。
2 x 16 LCDモジュールの制限から、16キャラクターは最大キャラクター長です。
8
ステップ1: GP3KUSBプログラムをスタートさせ GP3000 IDE > Help > Aboutで最新のソフトウエア・バ
ージョンとファームウエア・バージョン、デバイス・テーブルのバージョンが表示されます。もし、フ
ァームウエアがVersion 1.0又は、それ以前を表示し、そして、デバイス・テーブル・バージョン
"Version 0.99 or F.FF"が表示されますと通信に問題が有る可能性があります。付録 Fに従ってGP3KUSB
"USB Device Driver" のインストレーションを再度確認してください。
TIP: 時々、PCはUSBデバイス(GP3000 MCU)を見ることが出来きない場合はが有ります。その時はUSB
通信の確立のためにプログラム・メニューの"Config"で "Verify Firmware" をクリックしてください。
ステップ2: もし、LCD上にユニークなパーツ番号、又は、製品名とバージョンを表示させる必要が有る
場合は、"Program Description(プログラム・ディスクリプション)”をエントリーするために次のシーケン
スに従ってください。
下記は"Program Description" エントリー・フォームのサンプルです。
2つ以上のエントリーには方法Aを使用してください。ディスクリプションの1つのエントリーや修正には
方法Bを使用してください。
方法 A. GP3KUSBプログラムから Select >> Config >> Program Description.
(2つ以上のプログラム・ディスクリプションをエントリー)
1. 下記の"Program Description entry form" 各プログラムをエントリーするためにポップアップされま
す。:
2. 例えば、下記のリストのようにプログラム・ディスクリプションを入れることが出来ます。:
9
3. GP3000 MCUのフラッシュ・メモリーへ "Program Description" をダウンロードするには OKをクリッ
クしてください。
ノート "Cancel"をクリックしますとエントリーを無視; "Upload"をクリックしますとMCUから現在の
"Program Description" を読みます。
方法 B. "Device Configuration"ウィンドウから "Program Number" コンボ・ボックスをクリック
(シングルのエントリー又は、"program description" の修正)
1. プログラム・ディスクリプションのエントリーのために"Program Number #1" をクリック
1a. もし、このフィールドが "Blank" 又は、"Empty"の場合、下記の"Single Program Description entry
10
form"がポップアップします。
1b. もし、このフィールドが "Blank"でない場合は、同じファイルでプログラム・ディスクリプションを
修正することが出来ます。
"Program Description" がアップデートされた後、次のファイルをMCUのフラッシュ・メモリーへデー
タをダウンロードするためにはクリックしなければいけません。
ステップ 3: "Program Description"フィールドに入力した後、"Device" フィールドをクリック、そして、
このプログラム・コードの正しいPICのデバイス・タイプを選択してください。
次のサンプルは Program #8 sample HEX file: 18F8585T8.HEXを使用しています。
サンプル: "18F8585"を選択
ステップ 4: GP3000 IDE > File > Open file > From Open ダイアログ・ボックスから "Files of Type" でct
"Intel 32-bit merge hex files (*.hex)"を選択、そして、"18F8585T8.HEX" ファイルを選択
ステップ 5: GP3000は "18F8585T8.HEX" ヘキサ・ファイルをロードし、すべてのウィンドウが開きま
す。即ち、Program Memory windows; EEPROM Memory と Device Configuration windows.
(もし、HEXファイルがヒューズを持っている場合は、正しいヒューズ設定も開かれます。)
ステップ 6: もし、ウィンドウが開かない場合は、GP3000 IDE > View > Program Memory と User
Vector Memoryから開いて下さい。
そして、GP3000 IDE > Config > Device Configurationからは "Device Configuration" ダイアログ・ボック
スを開いてください。すべての設定が正しいかどうかを確認してください。
ステップ 7: GP3000 IDE > Config > Device Configuration ダイアログ・ボックスから "Master Unit" タブ
を選択。データをGP3000 MCUへダウンロードするために "Download" ボタンをクリックしてください。
(GP3000 が “ONLINE"モードになっているか確認してください。”ONLINE”モードをイネーブルするには
"FUNCTION" ボタンを押してください。)
ノート "Memory Type" エリアで、少なくとも"Program Memory" と "Configuration Fuse" チェッ
ク・ボックスをイネーブルしなければいけません。これら2つのメモリー・フィールドはチェックサム計
算の部分です。正しいチェックサムが無くてはGP3000は正しくプログラムをダウンロードできません。
その場合、"Fail <7>" メッセージが "Device Status" エリアに表示されます。
ステップ 8: ダウンロードが成功して完了した時、"Device Configuration" ダイアログ・ボックスは"Pass"
メッセージを表示します。
"FUNCTION" ボタンを1度だけ押します。GP3000 LCD はこのステータスを表示:
サンプル:: DEVICE8 18F8585
DEVICE8 18F8585
CKSUM=A312<A312>
CAN-TESTER V3.25
ステップ 9: "FUNCTION"ボタンを1度だけ押します。GP3000 LCD はこのステータスを表示:
サンプル:: PROGRAM1 <READY>
NO CODE PROTECT
そして( "NO CODE PROTECT" と "AUTO" が交互に表示)
11
サンプル:: PROGRAM1 <READY>
AUTO
ステップ 10: "EXECUTE" ボタンを1度だけ押しますと、GP3000 MCU はプログラミング・モードに入り、
そして、LCDはこの様に表示されます。:
サンプル:: PROGRAM
Calculate CHKSUM
サンプル:: PROGRAM
Erase All Chips
サンプル:: BLANK CHECK
VDD=4.XX V XXXX
サンプル:: PROGRAM
VPP=12.XX V XXXX
サンプル:: VERIFY (VDDmax電圧でベリファイ)
VDD=5.XX V XXXX
サンプル:: VERIFY (VDDmin電圧でベリファイ)
VDD=3.XX V XXXX
サンプル:: VERIFY or VERIFY
PASS ERROR
"PASS"の場合は、8つのすべてのチップがOKです。
"ERROR"の場合は、少なくとも1つのチップがベリファイをパスしませんでした。関連したLEDが点滅
し失敗したチップを示します。
"ONLINE" モード:プログラム・アダプターの1番目のソケットからデータを読みます。
このマスター・チップは "CODE PROTECT" されていれば読むことは出来ません。
ステップ1: GP3KUSBプログラムをスタートさせ GP3000 IDE > Help > Aboutで最新のソフトウエア・バ
ージョンとファームウエア・バージョン、デバイス・テーブルのバージョンが表示されます。もし、フ
ァームウエアがVersion 1.0又は、それ以前を表示し、そして、デバイス・テーブル・バージョン
"Version 0.99 or F.FF"が表示されますと通信に問題が有る可能性があります。付録 Fに従ってGP3KUSB
"USB Device Driver" のインストレーションを再度確認してください。
TIP: 時々、PCはUSBデバイス(GP3000 MCU)を見ることが出来きない場合はが有ります。その時はUSB
通信の確立のためにプログラム・メニューの"Config"で "Verify Firmware" をクリックしてください。
ステップ 2: プログラミング・アダプターの1番目のソケットに "コード・プロテクト“されていないチ
ップを置いて下さい。
ステップ 3: GP3000 IDE > Config > Device Configuration ダイアログ・ボックスから "PGM Adapter #1"
タブを選択してください。
プログラミング・アダプターの#1ソケットからデータを読むために "Read" ボタンをクリックします。
(GP3000 が "ONLINE" モードであることを確認してください。)
ステップ 4: GP3000は "PIC18F8585” マスター・チップを読んで、すべてのウィンドウが開きます。即
ち、Program Memory windows; EEPROM Memory と Device Configuration windows.
ステップ 5: もし、ウィンドウが開かない場合は、GP3000 IDE > View > Program Memory と EEPROMr
Memoryから開いて下さい。
そして、GP3000 IDE > Config > Device Configurationからは "Device Configuration" ダイアログ・ボック
スを開いてください。すべての設定が正しいかどうかを確認してください。
ノート
"Memory Type" エリアで、少なくとも"Program Memory" と "Configuration Fuse" チェッ
12
ク・ボックスをイネーブルしなければいけません。これら2つのメモリー・フィールドはチェックサム計
算の部分です。正しいチェックサムが無くてはGP3000は正しくプログラムをダウンロードできません。
その場合、"Fail <7>" メッセージが "Device Status" エリアに表示されます。
ステップ 6: ダウンロードが成功して完了した時、"Device Configuration" ダイアログ・ボックスは"Pass"
メッセージを表示します。
"FUNCTION" ボタンを1度だけ押します。GP3000 LCD はこのステータスを表示:
サンプル:: DEVICE8 18F8585 DEVICE8 18F8585
CKSUM=A312<A312> and CAN-TESTER V3.25
ステップ 7: "FUNCTION"ボタンを1度だけ押します。GP3000 LCD はこのステータスを表示:
サンプル::PROGRAM1 <READY>
NO CODE PROTECT
そして( "NO CODE PROTECT" と "AUTO" が交互に表示)
サンプル:: PROGRAM1 <READY>
AUTO
ステップ 8: "EXECUTE" ボタンを1度だけ押しますと、GP3000 MCU はプログラミング・モードに入り、
そして、LCDはこの様に表示されます。:
サンプル:: PROGRAM
Calculate CHKSUM
サンプル:: PROGRAM
Erase All Chips
サンプル:: BLANK CHECK
VDD=4.XX V XXXX
サンプル:: PROGRAM
VPP=12.XX V XXXX
サンプル:: VERIFY (VDDmax電圧でベリファイ)
VDD=5.XX V XXXX
サンプル:: VERIFY (VDDmin電圧でベリファイ)
VDD=3.XX V XXXX
サンプル:: VERIFY or VERIFY
PASS ERROR
"PASS"の場合は、8つのすべてのチップがOKです。
"ERROR"の場合は、少なくとも1つのチップがベリファイをパスしませんでした。関連したLEDが点滅
し失敗したチップを示します。
デバイス重複ノート: もし、1つ以上のプログラム・コードをGP3000 MCUにダウンロードしてしまっ
た場合は、デバイス・タイプとチェックサムをベリファイして正しいコードを選択しているか、又は、
プログラミング・アダプターにマッチしたユニークなプログラム・ディスクリプションを持ったカスタ
ムID確認してください。他のデータ・エリアに変更するためには、Secured mode で SELECT_UP 又は、
SELECT_DOWN ボタンを押して、正しいプログラム#を選択してください。選択を確認するには
"EXECUTE" ボタンを押すか、または、選択をキャンセルするために "FUNCTION" ボタンを押してくだ
さい。
トラブル・シューティング
ここではGP3000システムの実行でよくある問題について述べます。
ダウンロード・プロセスでの"Fail <7>" は何を意味するか?
Microchip PIC10/12/16/18 はプログラミング・スペックのチェックサムを使用しています。GP3000 はデ
ータを保障するためにチェックサムを使用します。GP3KUSB ソフトウエアを使って GP3000 MCU へデ
ータをダウンロードする時、GP3000 のオンボード・プロセッサーが自身のチェックサムを計算します。
13
GP3KUSB ソフトウエアは PC でチェックサムを計算します。そして、GP3000 へデータがダウンロード
された後、GP3KUSB ソフトウエアはこれら 2 つのチェックサムを比較します。
これらが一致すると GP3KUSB ソフトウエアは “Pass”メッセージを表示します。もち、チェックサムが
一致しない場合は、”Faile<7>”のメッセージを表示し、GP3000 MCU はこのデータを無視します。
"Memory Type" エリアで、少なくとも"Program Memory" と "Configuration Fuse" チェック・ボックスを
イネーブルしなければいけません。これら2つのメモリー・フィールドはチェックサム計算の部分です。
正しいチェックサムが無くてはGP3000は正しくプログラムをダウンロードできません。
その場合、"Fail <7>" メッセージが "Device Status" エリアに表示されます。
デバイス・テーブルとは?
マイクロチップ PIC10/12/16/18 PICマイコンは異なったプログラミング・スペシフィケーションと異な
ったプログラム・メモリー・サイズ;EEPROMサイズとコンフィギュレーション・ヒューズ設定を持っ
ています。
GP3000 MCU は各デバイス・プログラミング・アルゴリズムとプログラム・メモリー・サイズ;
EEPROMサイズとコンフィギュレーション設定情報をデバイス・テーブルを使って持っています。
もし、ソフトウエアのバージョン;ファームウエアとそのデバイス・テーブルが適合していないと
GP3000は正しく機能しません。
GP3000 MCUの機能がおかしい場合は、"Verify Firmware" と "Verify Device Table" と使ってソフトウエ
アのバージョンとファームウエアのバージョンとデバイス・テーブルのバージョンがマッチしているか
を確かめてください。 GP3KUSBソフトウエアは最新のファームウエアとデバイス・テーブルを持って
いて、1年間ソフトウエアにマッチしたファームウエアとデバイス・テーブルをGP3000 MCUへダウンロ
ードすることが出来ます。
14
3 章. GP3000 スタンド-アローン・ファンクション
GP3000 はコンピューターを使用しても、しなくても操作することができますが、チップのコピーのみ
はスタンド・アローン・モードでおこないます。この章ではスタンド・アローン・プログラマー機能に
ついて説明します。オンライン・オペレーションについては後の章で GP3000 ソフトウエアの使用につ
いてを参照して下さい。
基本機能
• デバイスのコピー
• ブランク・チェック
• MCU 内のデータとヒューズのベリファイ
• オン-ライン操作モードの選択
追加の安全機能
• データ・メモリーの選択(DEVICE1 から DEVICE8 までのプログラムされる 8 つのデータの 1 つ)
• プログラミング電圧のセット VPP; VDD; VDDmax; VDDmin;
GP3000 パワーアップ(電源 ON)
“ONLINE”ダウンロードのためにPCからUSBケーブルを使用する場合、パワーアップのシーケンスは次
になります。GP3000の電源アダプターを最初に、それから、USBケーブルをGP3000 MCUに接続して
ください。
スタンド・アローン・モードで使用する場合はGP3000をパワーアップしますとLCDに下記のように表示
されます。
GP3000
Ver01.xx
________フラッシュ F/W のバージョン
DEVICE1 XXXXXXXX
Non-code protect Checksum<ID>
例:
DEVICE1 18F8585
CKSUM=A312<A312>
DEVICE1 XXXXXXXX
Program Description
例:
DEVICE1 18F8585
CAN-TESTER V3.25 (ノート:最大 16 キャラクタ)
CKSUM (<ID>)行はGP3000(データ・エリア1)にあるデータの計算されたチェックサムが前にストアされ
た値とマッチしたときのみ現れます。マッチしなと2行目はブランクになります。(即ち、PIC16F877か
ら
PIC18F8585に変更された時等、サイズの違いのため)。チェックサム値は異なります。GP3000は
CKSUM情報を表示しません。プログラム・ファンクションの使用が出来ません。)
ノート1 ”Program Description”はユニークなパーツ番号、又は、バージョン番号情報を持った製品名。
ノート2 LCDは 2x16のみサポートすることが出来ますので、16キャラクターは最大キャラクター長です。
プログラム・ディスクリプションとデバイス番号
GP3000 は8つのプログラムをメモリーに保持することができます。8つの異なったデータ・エリアにス
トアされます。各ファンクションの後に番号は各データ・エリアのコードを参照します。例えば、LCD
上の “PROGRAM1” はデータ・エリア1のコードとヒューズをアダプター上のチップにプログラミングし
ます。 VERIFY2はGP3000内のデータ・エリア2にストアされたコードに対してチップをベリファイしま
す。
15
パワーアップの間、デバイス・タイプとチェックサムをベリファイしたプログラムする正しいコードを
選択しているかを確認して下さい。他のデータ・エリアに変更するには、SELECT_UPボタンを押して
下さい。下記のLCDの表示は現在、データ・エリア1 (DEVICE1)で、program #2が選択されていること
を示しています。変更するにはEXECUTEボタンを;キャンセルするにはSELECT_UP ボタンを押して
下さい。
DEVICE1
16F877
SELECT PROGRAM#2
同じ方法で、現在の選択データ・エリア2からデータ・エリア1へ変更出来ます。
使用されている現在のアクティブ・データ・エリアは各ファンクション名の後の番号で表示されていま
す。例えば、DEVICE1, PROGRAM1はエリア1を使用している事になります。これらのデータはPCから
ダウンロードされるか、又は、チップから読み出されたデバイス・タイプ、プログラム・メモリー・コ
ードとヒューズ設定を含みます。
各プログラムはそのユニークなパーツ番号、又は、バージョン番号情報を持った製品名をLCDの2行目に
表示することが出来ます。
LCDは 2x16のみサポートすることが出来ますので、16キャラクターが最大キャラクター長です。
プログラム・ディスクリプションのエントリー・フォーム例:
上記のサンプルは下記のテーブルのような"Program Description[プログラム・ディスクリプション]" と
"Device Type[デバイス・タイプ]" と"サンプル・ファイル" を示しています。
Program# Program description デバイス・タイプ(サンプルhexファイル名) プログラミング・アダプ
タとパッケージのタイプ
1
T-SENSOR V1.02
PIC10F206
10F206T1.HEX
GAP10785G (DIP)
2
MOTOR-B V2.1
PIC12F675
12F675T2.HEX
GAP1247G (DIP)
3
PN030081 V5.31
PIC16F57
16F57T3.HEX
GAP1247G (PIC16F57
converter)
4
PN400001-2 V1.20
PIC16F648A 16F648AT4.HEX
GAP1247G (DIP)
5
RICE3000 V1.35
PIC16F877A 16F877AT5.HEX
GAP40G
(DIP)
6
LCD-X DISPLAY V3
PIC16F917
16F917T6.HEX
GAP40G
(DIP)
16
7
8
PN12345 V1.0
CAN-TESTER V3.25
PIC18F6621
PIC18F8585
18F6621T7.HEX
18F8585T8.HEX
GAP18G
GAP18G
TQ64
TQ80
デバイス重複ノート: もし、1つ以上のプログラム・コードをGP3000 MCUにダウンロードしてしまっ
た場合は、デバイス・タイプとチェックサムをベリファイして正しいコードを選択しているか、又は、
プログラミング・アダプターにマッチしたユニークなプログラム・ディスクリプションを持ったカスタ
ムID確認してください。他のデータ・エリアに変更するためには、Secured mode で SELECT_UP 又は、
SELECT_DOWN ボタンを押して、正しいプログラム#を選択してください。選択を確認するには
"EXECUTE" ボタンを押すか、または、選択をキャンセルするために "FUNCTION" ボタンを押してくだ
さい。
例えば: DEVICE5 は"RICE3000 V1.35" プログラム・ディスクリプションを持った"PIC16F877A" です。
そして、DEVICE8は "CAN-TESTER V3.25" プログラム・ディスクリプションを持った "PIC18F8585"で
す。
GP3000をパワーアップしたとき、GP3000 LCDはそれたのステータスを表示します。:
サンプル: DEVICE5 16F877A DEVICE5 16F877A
CKSUM=ED42<ED42> and RICE3000 V1.35
Secured[安全ファンクション]モード ("FUNCTION" と "SELECT_UP" と "EXECUTE" ボタンを同時に押
す。 )では GP3000 LCD はそれらのステータスを表示します。:
サンプル: DEVICE5 16F877A
MODIFY ENABLE ...
そして、"SELECT_UP"ボタンを3度押し、そして、"DEVICE8"を選択、そして、選択を確認するために
"EXECUTE" ボタンを1度押しますと、GP3000 LCD はそれらのステータスを表示します。:
サンプル: DEVICE8 18F8585 DEVICE8 18F8585
CKSUM=A312<A312> and CAN-TESTER V3.25
異なったデータ・エリアへデータ・エリアを切り替えるには同様の手順を使用することが出来ます。
プログラム機能
FUNCTIONボタンを押しますと各種ファンクション・メニューが表示されます。下記に基本機能と安全
機能をリストアップします。基本機能はMCUがパワーアップされているときにいつでも利用出来るファ
ンクションです。
安全機能はMCUの3つのボタン全部(FUNCTION; SELECT_UP とEXCUTE)を同時に押したときのみアク
ティブになります。イネーブルされた時,”MODIFY ENABLE…”を見ることが出来ます。Secured[安全]
メニュー項目は1度だけ現れます。再度、アクティブにするにはすべてのサイクルが一巡した後、再度3
つのボタンを同時に押す必要があります。これはリード・コマンドを誤って上書きしないようにMCUの
コードと設定を保護するためと操作する者に隠しておきたい場合に便利なようにその様にされています。
各機能名の後ろの番号、1 から 8 は、現在使用されているアクティブなデータ・エリアを示します。
基本機能
安全機能
DEVICE1(8)
DEVICE1(8)
PROGRAM1(8)
<READY>
PROGRAM1(8)
<SELECT>
BLANK CHECK1(8)
BLANK CHECK1(8)
説明
安全モード:
SELECT_UP/SELECT_DOWN ボタンを押すことで現
在のデバイス、又は、選択プログラム番号を表示
標準モード:デバイスをプログラム
アダプターにあるデバイスがブランクであるかをチェ
ック
17
VERIFY1(8)
ONLINE
-
VERIFY1(8)
ONLINE
VOLTAGE
SETUP1(8)
MCU 内部のコードとプログラミング・ソケットのデ
バイスのコードをベリファイ
オンライン操作モードを選択
VDD,VPP,VDD_MAX と VDD_MIN を選択
基本ファンクション
DEVICE[デバイス] DEVICE機能表示は関連するデータ・エリアの現在のデバイス・タイプを表示します。
DEVICE1はエリア1のために選択されたデバイスを表示します。もし、データが
以前にMCUにダウンロードされたものであれば、2行目にはコードのチェックサ
ムとIDが表示されます。そうでない場合はブランクです。
PROGRAM[プログラム] このファンクション・メニューでSELECT_UPキーを押すことでデータ・エリ
ア2から8のコードを使用するための選択が出来ます。 プロンプトで、変更するに
EXECUTEを、そして、キャンセルするにはSELECT_UPを押します。
ファンクション名のとなりの<READY>メッセージはMCUの現在のデータ・エリ
ア(1から8)のコードとヒューズをプログラミング・アダプターのデバイスにプログ
ラムすることができます。
LCDディスプレイの2行目はプリセット・プログラム・モードとコード・プロテク
ション設定です。下図のLCDスクリーンでAUTOプログラム・モードとコード・プ
ロテクションが選択されています。
PROGRAM
<READY>
AUTO
PROGRAM
<READY>
CODE PROTECT
GP3000 は指定されたデバイスのための正しいプログラミング・アダプターが接続
されていますとそれを検知してくれますが、“ADAPTER ERROR”メッセージが表
示された場合は、アダプターを確認して下さい。サポートされているデバイスの各
種アダプターは付録Aを参照して下さい。
BLANK CHECK[ブランク・チェック] この機能はプログラム・アダプターのデバイスのブランク・チェ
ックをおこないます。デバイスがブランクでないか、又は、ヒューズ設定(特にオ
シレータ)がマッチしていない場合は、UUP LEDが点滅します。もしすべての8つ
のデバイスがブランクの場合はLCDが“PASS”を表示します。
VERIFY[ベリファイ]
ノート
この機能はGP3000のMCUにある選択されたデータ・エリアにストアされてい
るデータに対してデバイスのプログラム・メモリーとヒューズをベリファイしま
す。LCDに “PASS”又は、”ERROR”が表示されます。ベリフィケーション・エラ
ーのチップはUUP LEDが点滅して示します。
“PASS” メッセージはアダプターがフルに装着されていて8個全てのデバイスが正
しくベリファイされたときのみ現れます。それ以外は “ERROR” メッセージになり
ます。
ONLINE[オンライン] この機能はGP3000をオンライン・モードにセットし、コードのアップロードのた
めにPCとの通信をおこないます。1) マスター・ユニット・モード: ダウンロード
又は、アップロード又は、MCU内のコードをベリファイします。2) プログラミン
グ・アダプター・ソケット#1モード: プログラミング・アダプターの最初のソケッ
トに置かれたチップのブランク・チェック又は、リード、ベリファイ
18
安全機能[Secured Function]
安全機能は 3 つのボタン(FUNCTION; SELECT_UP と EXCUTE)が全て同時に押すことで利用できます。
イネーブルのとき LCD は下記の表示になります。:
DEVICE1
16F877A
MODIFY ENABLE…
修正するための項目を選択するために FUNCTION ボタンを押して下さい。安全機能は一度だけ利用でき
ます。もう1度、DEVICE メニューになったとき、これらの機能をアクティベートするために3つのボ
タンを同時に押す必要があります。.
DEVICE[デバイス]
ノート
この機能はプログラムされるデバイス・タイプを指定するのに使用します。選
択されたとき、次に使用するデバイスを表示するためにSELECT_UPボタンを押
して下さい。デバイスのリストを表示させてゆくにはSELECT_DOWNボタンを押
して下さい。目的のデバイスが表示されましたらEXECUTEボタンを押して下さい。
選択を確認するためにビープ音が鳴ります。
さらに詳しいファームウエア、アダプターとサポート・デバイスを参照するため
には付録 A ご覧下さい。
SELECT_UP ボタンを3秒以上押しますと、高速モードに行きインクリメントを高速にお
こないます。目的のデバイスでそれがパスしたとき、SELECT_DOWN ボタンを使って
デバイス・タイプに戻ることが出来ます。
PROGRAM[プログラム]
この機能が選択された時、SELECT_UP ボタンを押して使用出来るプログラ
ム・モードを表示させて下さい。LCDはプログラム・モードを表示します。:
サンプル::PROGRAM1 <READY>
NO CODE PROTECT
そして( "NO CODE PROTECT" と "AUTO" が交互に表示)
サンプル:: PROGRAM1 <READY>
AUTO
AUTO[オート]
このモードには、ブランク・チェック、プログラム・メモリー、プログラム
EEPROM(利用可能な場合)、プログラム・コンフィギュレーション・ヒューズ
とID、VDD_MAXとVDD_MINでのベリファイなどの機能を含んでいます。
NO BLANK CHECK
このモードにはブランク・チェック以外のAUTOモードのすべての機能が
[ノー・ブランク・チェック] 含まれています。 このモードはもし可能な場合は、EEPROMも同様にす
べてのメモリー位置をプログラムします。
これは指定されたデータ範囲だけをプログラムするプログラミング・レンジ機能
とは違います。
CONFIG ONLY [コンフィグ・オンリー]
このモードはコンフィギュレーション・ヒューズのみがプログラムされます。
NO CODE PROTECT, ALL CODE PROTECT
PROTECT CP1:0=01, PROTECT CP1:0=10
前回のコード・プロテクションの設定と現在のデバイスにより、この機能は
AUTOモード中にコード・プロテクション設定を変えることができます。
19
プログラム・モードを確認するためには、EXCUTE ボタンを押して下さい。ビープ音が選択を確認しま
す。
VOLTAGE SETUP
この機能はユーザーがVDD, VPP, VDD_MAXとVDD_MINの電圧を調整をするこ
とができます。推奨される設定はソフトウエアのプリセットです。そして、こ
のメニューは例外的な状況でのみに使用されます。
SETUP メニューでSELECT_UPボタンを押しますと、プログラマーは
ユーザーにUUPソケットからすべてのデバイスを取り除く様に指示しま
す。SELECT_UPボタンをもう一度押しますと、違った電圧設定が表示
されます。値を変えるにはEXECUTEボタンで電圧を増加させるか、又
は、SELECT_DOWNボタンを押えながらEXECUTEボタンを押すことで
電圧を減少させます。それが済みますと、FUNCTIONボタンを押して他
のファンクション・メニューへ移動して下さい。
20
4 章. コードをマスター・コントロール・ユニットへダウンロード
プログラミングがおこなわれる前に、コードとヒューズ情報がGP3000マスター・コントロール・ユニッ
ト(MCU)にある必要があります。
GP3000 MCUを”ONLINE”モードにセットする必要が有ります。USBケーブルを使ってUSBポート経由で
GP3000 MCUに接続、GP3KUSBソフトウエアを使ってPCからヒューズ設定情報を持ったプログラム・
コードをダウンロードします。
ONLINE ダウンロード
ハードウエアの接続
1. 9VDC 電源アダプターを電源コンセントに接続して下さい。
2. マスター・コントロール・ユニットの電源ジャックに AC アダプターを接続して下さい。
3. ビープ音がなり、LCD が下図を表示します。:1行目は現在のデバイス・タイプを2行目はチ
ェックサム値とカスタム ID (もし、コードがユニットにダウンロードされている場合)を表示しま
す。
DEVICE1
18F8520
CKSUM=FD2C<FD2C>
4. LCD が ONLINE と表示するまで FUNCTION ボタンを押して下さい。最新のバージョンではソフ
トウエアを実行しますと自動的に ONLINE モードになります。
5. MCU と PC の USB ポートを A-B 拡張 USB ケーブルを使って接続して下さい。
これでMCUハードウエアはPCと通信する用意ができました。コピーのためのコードをダウンロードする
ためにGP3000ソフトウエアを実行できます。
ダウンロード・ソフトウエアの実行
1. MCU が ONLINE(オンライン)モードになっていることを確認して、プログラム・グループの
GP3000 アイコンをクリックしてソフトウエアをスタートして下さい。
2. デバイス・コンフィギュレーション(Device Configuration)ウィンドウでプログラム番号
(“program number”)、デバイス・タイプ(“device type)とヒューズ設定(“fuse settings”)を指定して
下さい。コピーされるデバイスがプロテクトされた状態でコピーしたい場合は、Code Protect(コ
ード・プロテクト)を “ON” にして下さい。
3. File >Open File メニューでダウンロードするコードをロードします。リスト・ボックスからファ
イル形式とファイルを選んで下さい。
4. もし、EEPROM メモリーをもったデバイスをプログラムする場合は、File> Load file> EEPROM
Memory(ファイル > ロード・ファイル > EEPROM メモリー)から使用するファイルをオープ
ンして下さい。データを持った EEPROM メモリーがオープンされます。
5. voltage ボタンをクリックし、プログラミング電圧を設定して下さい。終了するには OK をクリ
ックして下さい。
重要
推奨 Vpp: 16C5X……….….12.75+/-0.1V
16/18C(F)XXX…12.90+/-0.2V
6. “Device Specifications” と “Code Protection Option”を選択するには Device Configuration ウィン
ドウを使用して下さい。
7. 用意ができましたら,[F5]を押すか、又は、”Download”ボタンをクリックして下さい。LCD ディ
スプレイに”Downloading” メッセージが表れます。
21
ONLINE
Downloading…
8. ダウンロードが終わりますとDevice Configuration(デバイス・コンフィギュレーション)ウィン
ドウのDevice Status(デバイス・ステータス)セクションのプログラム・メモリー・フィールド
に”Pass”を返します。
これでコピーされるコードはマスター・コントロール・ユニットのメモリーにあります。これらのデー
タはパワーダウンしても残されます。
図 : ONLINE モードで GP3000 にデータを送るには Master Unit タブで Download を使用します。
SQTP シリアライゼーション無設定の場合のサンプル画面
22
SQTP シリアライゼーション設定を有効にした場合のサンプル画面
23
図 4.2: プログラミング・アダプターの#1 ソケットにあるデバイスから GP3000 のメモリーをロード
するには PGM Adapter #1 タブを選択し、Read を使用します。
ノート "Device Option Windows" は "Device Configuration Window"のサブセットです。
"Memory Type" エリアで、少なくとも "Program Memory" と "Configuration Fuse" チェック・ボッ
クスをイネーブルしなければいけません。この2つのメモリー・フィールドはチェックサム計算の部分で
す。正しいチェックサム無しで、GP3000はプログラムを正しくダウンロードできません。"Device
Status"エリア上に "Fail <7>"が表示されます。
24
ONLINEモードでのマスター・チップの読み込みとダウンロード
ステップ 1: プログラミング・アダプターの1番目のソケットに "コード・プロテクト“されていないチ
ップを置いて下さい。
ステップ 2: GP3000 IDE > Config > Device Configuration ダイアログ・ボックスから "PGM Adapter #1"
タブを選択してください。プログラミング・アダプターの#1ソケットからデータを読むために "Read" ボ
タンをクリックします。(GP3000 が "ONLINE" モードであることを確認してください。)
ステップ 3: GP3000は "PIC18F8585” マスター・チップを読んで、すべてのウィンドウが開きます。即
ち、Program Memory windows; EEPROM Memory と Device Configuration windows.
ステップ 4: もし、LCD上にユニークなパーツ番号、又は、製品名とバージョンを表示させる必要が有る
場合は、"Program Description(プログラム・ディスクリプション)”をエントリーするために"Program
number"をクリックしてください。
ステップ 5: もし、ウィンドウが開かない場合は、GP3000 IDE > View > Program Memory と EEPROMr
Memoryから開いて下さい。
そして、GP3000 IDE > Config > Device Configurationからは "Device Configuration" ダイアログ・ボック
スを開いてください。すべての設定が正しいかどうかを確認してください。
ノート "Memory Type" エリアで、少なくとも"Program Memory" と "Configuration Fuse" チェッ
ク・ボックスをイネーブルしなければいけません。これら2つのメモリー・フィールドはチェックサム計
算の部分です。正しいチェックサムが無くてはGP3000は正しくプログラムをダウンロードできません。
その場合、"Fail <7>" メッセージが "Device Status" エリアに表示されます。
ステップ 6: ダウンロードが成功して完了した時、"Device Configuration" ダイアログ・ボックスは"Pass"
メッセージを表示します。
"FUNCTION" ボタンを1度だけ押します。GP3000 LCD はこのステータスを表示:
サンプル:: DEVICE8 18F8585 DEVICE8 18F8585
CKSUM=A312<A312> and CAN-TESTER V3.25
25
5 章. GP3000 でプログラミング
マスター・コントロール・ユニットに一度マスター・コードがロードされますと下記の機能が実行でき
ます。:
• プログラミング(デバイスのコピー)
• ブランク・チェック
• ベリファイ
プログラム・モード
GP3KUSBソフトウエアから異なったプログラミング・モードをダウンロードすることが出来ます。:
下記のサンプルに示されるように"Device Configuration" ウィンドウから: PIC12/16デバイス、又は、
PIC18XXXファミリーのコード・プロテクト・シーケンスために "Code Protect: ON" を選択することが出
来ます。
"Device Option Windowの Options"からこれらのオプションをイネーブル、ディスエーブルすることが出
来ます。:
● デフォルト設定: Auto program mode[オート・プログラム・モード]
● Enable Program Configuration Only[プログラム・コンフィギュレーションのみをイネーブル]
● Disable Blank Check before Program[プログラム前のブランク・チェックをディスエーブル]
● Enable SQTP Serialization[SQTPシリアライゼーションをイネーブル]
26
● Enable "Program Memory Range Only[プログラム・メモリー範囲のみをイネーブル]
AUTO プログラム・モードにはブランク・チェック、プログラム・メモリー、プログラム EEPROM (利用で
きる場合)、プログラム・ヒューズ設定、ID とベリフィケーションが含まれます。
サンプル: PROGRAM8 <READY>
AUTO
CONFIG ONLY(コンフィグのみ)プログラム・モードはプログラミング・ソケットにあるデバイスに
コンフィギュレーション・ヒューズのみをプログラムします。
サンプル: PROGRAM8 <READY>
CONFIG ONLY
NO BLANK CHECK(ノー・ブランク・チェック)プログラム・モードはメモリー、EEPROM(もし、利用す
る場合)、ヒューズとID、ベリフィケーションをプログラムします。ブランク・チェック機能はすでに
プログラムされたデバイスにパッチをあてるために残されます。このモードはコード・プロテクトされ
ていないデバイスのみのためのモードです。
サンプル: PROGRAM8 <READY>
NO BLANK CHECK
SQTPシリアライゼーション・プログラム・モードはスタンド-アローン・プログラミング・モード
で ”SQTPシリアライゼーション・プログラム・シーケンス” をイネーブルします。
サンプル: PROGRAM5 SEQnum =
00000000
CODE PROTECT 又は、NO CODE PROTECT プログラム・モードはプログラミング・ソケットのデバイスをコ
ピーするときにコード・プロテクション・ビットのイネーブル又は、ディスエーブルをおこないます。
サンプル: PROGRAM5 <READY>
CODE PROTECT
ノート PIC18XXXX ファミリーは非常に洗練されたコード・プロテクションの手法を提供しておりま
す。2 x 16 キャラクターの制限からGP3000は “CODE PROTECT”メッセージを表示しません。しかし、
GP3000はすべてのコード・プロテクト設定をPIC18FXXXデバイスへプログラムします。
デバイス・プログラミング・ステップ:
1. デバイス・タイプ(DEVICE1) が2行目に CKSUM=xxxx<ID> とともにLCDに表示されます。
2. プログラムするデバイスに UUPソケットをロードします。1から8のいくつでもロードすることができ
ます。ソケット・ハンドルのラッチを下げて下さい。
3. FUNCTIONボタンを押してPROGRAM1を表示させて下さい。プログラム・モードとコード・プロテクショ
ン設定がLCDに表示されます。
サンプル: PROGRAM1 <READY>
ALL CODE PROTECT (for PIC10/12/16 family)
そして、("ALL CODE PROTECT" と "AUTO" が交互に表示されます。)
サンプル: PROGRAM1 <READY>
AUTO
4. 用意ができましたら EXECUTEボタンを押して下さい。
27
プログラム・サイクル
どのプログラム・モードを選んでもプログラム・サイクル中は LCD に動作が表示されます。
ブランク・チェック
ブランク・チェックの間, デバイスに対応した VDD が表示されます。
デバイスがブランクでない場合、LCD は ERROR を表示し、ノン・ブラ
ンクの UUP LED が点滅します。プログラミングは中止されます。 プロ
グラマーをリセットするには、3 つのボタンをいずれかを押します。ノ
ン・ブランク・デバイスを置き換えるか、又は、ラッチをはずして、
EXECUTE ボタンを押してプログラミング・サイクルを再スタートして
下さい。
サンプル:
BLANK CHECK
VDD=4.XX V XXXX
ノート もし、デバイスがフラッシュ・タイプの場合、ブランク・チェ
ック・サイクルはこれらフラッシュ・デバイスをイレースするために
“Bulk Erase command”を発行します。
プログラミング
実際のプログラミングの間、LCD は VPP とプログラム・メモリーの場所を
表示します。
サンプル:
ベリファイ
PROGRAM
VDD=12.XX V
XXXX
ベリフィケーションの間、LCD に使用されている VDD が表示されます。
PIC ファミリーの場合、各デバイスが2つの電圧 VDD_MAX と VDD_MIN でベ
リファイされます。ユーザーはこれらの値をダウンローディング中、又は、
Secured SETUP 機能で指定することができます。
サンプル:VERIFY
(VDDmax 電圧でベリファイ)
VDD=5.XX V XXXX
サンプル:VERIFY
(VDDmin 電圧でベリファイ)
VDD=3.XX V XXXX
サンプル:VERIFY
PASS
又は、 VERIFY
ERROR
1度、プログラミング・サイクルが完了しますとプログラミング結果が LCD スクリーンに表示され、各
プログラミング・ソケットの UUP LED も表示されます。
プログラム結果
プログラミングが終了しますと、LCD と UUP LED に結果が表示されます。もし、プログラミングが成
功しますと、LCD が下記を表示し、すべての UUP LED がオフになります。
VERIFY1
PASS
28
プログラミング・エラーは LCD に下記のように表示されます。プログラミングに失敗したデバイスは
LED が点滅してハイライトしてくれます。
VERIFY1
ERROR
ノート 8 デバイス以下のデバイスをプログラムしますとベリファイ・エラーがつねに表示されます。
ブランク・チェック
この機能はUUPソケットのデバイスのプログラム・メモリーがブランクかどうかをチェックします。も
し、デバイスがブランクでないとLEDが点滅します。ブランク・チェックはEEPROMメモリーとカリブ
レーション・バイトをチェックしません。
ベリファイ
この機能はマスター・コントロール・ユニット内のコードに対して、UUPデバイスのプログラム・メモ
リーをベリファイします。もし、ハイライトされたソケットのデータがマスター・コードとマッチしな
い場合はUUPソケットのLEDが点滅します。
ベリフィケーションは2つの電圧、VDD_MAX と VDD_MINでおこなわれます。これらの値はプログラ
マーにプリセットされていますが、スタンド・アローン・モードのSecured Setup(安全セットアップ)メ
ニュー又は、ダウンロードのまえにPCソフトウエアで精密に調節することができます。コード・プロテ
クトされたデバイスはベリファイすることはできません。
ノート 8デバイス以下をプログラムされますとVerify Error(ベリファイ・エラー)メッセージが表示さ
れます。
29
6 章. GP3KUSB ソフトウエア・インストール
この章では、GP3KUSB ソフトウェア(Windows 98/ME/NT/2000/XP)について解説します。
ソフトウエアのインストレーション、基本ソフトウエア環境と異なったソフトウエア・コンポーネント
の機能についても解説します。
ソフトウエア・インストレーション
1. GP3000 の CD を CD ドライブに挿入します。
2. ウィンドウズ・シェルからスタート・メニューで実行を選択します。
又は、
3. オープン・ダイアログ・ボックスで DRIVE:\SETUP.EXE 又は、セットアップ・ファイルをクリ
ックします。
4. 画面の指示に従って、プログラムのインストールはデフォルトを使って下さい。
ウィンドウズ98/MEをご使用の場合、インストールの後にコンピューターを再起動する必要はありませ
ん。ウィンドウズ 2000/XPをご使用の場合は、新しくインストールしたドライバーを有効にするために
再起動して下さい。
重要なUSBデバイス・ドライバーのインストレーション・ノート:
GP3KUSB は FTDI USBチップセットを使用しています。FTDIはすべてのウィンドウズ・バージョンに
対して D2XX ウィンドウズ・デバイス・ドライバーを提供しております。
USB ドライバーを正しく使用するためには、GP3000USBハードウエアをウィンドウズPCに接続する前
にGP3KUSBソフトウエアをインストールして下さい。
もし、同じタイプのデバイスが以前にインストールされていますと、ドライバーは既にインストールさ
れているものと違ったドライバーをインストールすることが有ります。この場合、オリジナルのドライ
バーをアンインストールする必要があります。アンインストールの指示に従って行って下さい。
ソフトウエア・ドライバー・ファイル (FTD2XX.DLL; FTD2XX.INF; FTD2XX.SYS) はGP3000ハードウ
エアがUSBポートに接続される前にインストールされていなければいけません。
注意: ウィンドウズのプラグ・アンド・プレイ機能のため、USBハードウエアを検知しますと、ハード
ウエアのためのUSBドライバーを選択しようとします。もし、自動的に行われる場合を除いて、そのド
ライバーは正しく動作致しませんので、その場合は、“不明なデバイス”等をアンインストールの上、
再インストールを行って下さい。
GP3000 デスクトップと環境
GP3000 デスクトップはプログラム・プループから GP3000 プログラムを実行した時にオープンされる
ウィンドウです。デスクトップは標準的なウィンドウズ・サイズ・ボタン、タスク・バー・ボタン、ク
ローズ・ボタン等を含んだウィンドウズ 98/ME/2000/XP 機能を提供します。
プログラム・メモリー・ウィンドウトップはメニュー・ばー、ツール・バー、プログラム・メモリ・ウ
ィンドウ、デバイス・コンフィギュレーション・ウィンドウズとステータス・バー等を含みます。
30
図: GP3000 デスクトップと環境
メニュー・バー
すべての機能はデスクトップの上にあるメニュー・バーから操作することができます。
メニュー・バーからのプルダウンされるメニューからファイル操作とプログラマー機能
にアクセスすることができます。プルダウン・メニューのアンダーラインは[Alt]と共に
使用しますとキー・アクセレータです。
ツール・バー
ツール・バーはオブジェクト・ファイルをオープンし、そして、ヘルプ・インデックス
にアクセスするためのクイック・ツール・ボタンを提供します。メニュー・バーと各ツ
ール・バーは独立していますのでデスクトップのどこへでも配置することができます。
ポインターをバーへ移動するには左マウス・ボタンをクリックして下さい。ドラッグ&
ドロップですきな場所へ配置することができます。
31
プログラム・メモリ・ウィンドウ
プログラム・メモリ・ウィンドウはオープンされたオブジェクト・ファイルのコードを
表示します。GP3000 はほとんどのポピュラーな PIC アセンブラーとコンパイラーから
出力される 16 ビット・バイナリー・ファイル、8 ビット、又は、32 ビット・インテル
HEX ファイルをサポートしています。
各メモリー・ウィンドウに表示と編集のオプションがあり、関連ウィンドウ上でマウス
の右ボタンをクリックすることでアクティブにすることができます。詳しくは後のセク
ションで説明します。
デバイス・コンフィギュレーション・ウィンドウ
Device Configuration(デバイス・コンフィギュレーション)ウィンドウは GP3000 ソフト
ウエアのメイン・ウィンドウです。プログラムの開始で自動的にオープンされます。 も
し、閉じてしまった場合は View > Device Configuration コマンドで再度オープンするこ
とができます。
この主要機能ウィンドウは次のセクションを含みます。:
• ファンクション・ボタン – プログラマー機能のクイック実行を提供
• ステータス・バー – 現在の機能と進行状態を表示
• デバイス指定 – デバイス選択とヒューズ設定
• ヒューズ、チェックサムと ID – これらの情報を表示、ユーザーはチェックサムに使用する特別
な値を指定することができます。
• オプション – ユーザーがプログラムするメモリー・タイプを指定することができ、プログラム・
データ・レンジとプログラミング電圧の選択などの特別な機能を使用することができます。
• デバイス・ステータス – プログラマー機能の結果を表示
これらウィンドウの使い方については8章のビュー・メニューで詳しく述べております。
コンテキスト・メニュー
カーソルがメモリー・ウィンドウのなかにある時に右マウス・ボタンをクリックしますとコンテキス
ト・メニューがオープンされます。
Set Font…
Set Color…
Hide Heading
√Enable Tooltips
Clear Memory
Fill Memory…
To…
Find…
Find next
32
フォント設定
スタイルとサイズを含むフォントを選択します。OK をクリックしますと終了します。選択されたウィン
ドウのフォントはアップデートされます。
カラー設定
ユーザーはメモリー・ウィンドウの下記のカラーを変更することができます。
テキスト
関連のメモリー・ウィンドウにはベーシック・テキストとコ
ードがあります。
テキスト・バックグラウンド これはウィンドウのバックグラウンド・カラーです。
選択されたテキスト
左マウス・ボタンをクリックすることでテキストを選択する
ことができます。
選択されたテキスト・バック これは選択されたテキストのための反転バーのカラーです。
グラウンド
カラーを変更するには修正したいアイテムをハイライトさせ、ドロップ・リストからカラーを選
び、”Apply”をクリックしますと現在のメモリー・ウィンドウの変更がアップデートされます。
33
ハイド・ヘッディング
ディスプレイのコラム・ヘッディングをリムーブ
イネーブル・ツールチップス
ウィンドウがウィンドウズの右へのスライダーを使用しナビゲートしているとき、列番号と
最初のセルが表示されます。
クリア・メモリー
3つのクリア・メモリー・オプション、プログラム・メモリー、EEPROM メモリーとカリ
ブレーション・メモリーがそれぞれの関連したウィンドウのそれぞれの内容をクリアにしま
す。
例, 0x3FFF.
フィル・メモリー
アドレス範囲をデータ・ストリングでフィル
指定アドレス
指定アドレスへ行きます。バッファ内をスクロールする替わりに、即座に指定された場所へ
行くことができます。 Edit フィールドに新しいアドレスを入れて下さい。例えば、0x00F1,
そして、メニュー・オプションの “To.” をクリックします。
検索
メモリ・バッファ内部のデータ・ストリングを見つける
次検索
メモリ・バッファ内のマッチした次のデータを見つける
GP3000 環境
GP3000 プログラムのセッティングとレイアウトはプログラムの終了でウィンドウズ・レジストリーに
自動的にセーブされます。このとき、プログラムのアクティブ・ウィンドウ(デバイス・コンフィギュ
レーション;プログラム・メモリー….)レイアウト、ディレクトリー・パス、ファイル・フォーマット、
LPT ポート・アドレス等の情報がセーブされます。レジストリーにアクセスするには:
1.
ウィンドウズ・スタート・メニューから実行を選択します。
2.
オ ー プ ン ・ プ ロ ン プ ト で “REGEDIT” と タ イ プ し ま す 。 (Windows2000/XP の 場 合 は
REGEDT32)
3.
HKEY_CURRENT_USER フォルダーをオープンします。
4.
ソフトウエア・フォルダーをオープンします。
5.
GP3000 プログラマー・フォルダーをオープンします。
6.
違ったウィンドウズのフォルダーもオープンすることや希望どおりにフォルダーをレビューし
たり削除することができます。
これらのエントリーをいつもで削除して GP3000 をデフォルト状態でスタートすることもできます。新
しいエントリーは GP3000 プログラム終了時にセーブされます。
34
7 章. GP3000 の使用とスペシャル・ファンクション
この章では GP3000 ソフトウエアのダウンロード機能とプログラミング・アダプターでのいくつかのオ
ンライン機能について解説します。
GP3000 ソフトウエアの実行
ソフトウエアを実行する前に MCU に電源が入っているか、PC のパラレル・ポートに接続しているかを
確認して下さい。LCD にファンクション名が表示されるまで FUNCTION キーを押して “オンライン”機
能を選択して下さい。
この章ではどのようにソフトウエアを使うかをステップ・バイ・ステップで説明します。
• プログラム番号、デバイス・タイプ、コンフィギュレーション・ヒューズ設定を指定
• HEX/Object ファイルをロード
• プログラミング電圧をセット
• プログラム・メモリー・レンジをセット
• SQTP シリアライゼーションの使用
何が MCU にダウンロードされるか?
ダウンロード機能は下記の情報を MCU の関連するプログラム・データ・エリアにダウンロードしま
す。
•
•
•
•
•
•
•
•
•
プログラム・ディスクリプション
デバイス・タイプ
プログラム・データ
カスタマーID
EEPROM データ
コンフィギュレーション・ヒューズ
チェックサム
コード・プロテクション・フラッグ
プログラム・レンジ・フラッグ
さらに詳しくは 8 章を参照して下さい。
デバイスとヒューズ選択
デバイス・コンフィギュレーション・ウィンドウのデバイス・スペシフィケーション・セクションから
デバイスとヒューズを選択することができます。
35
プログラム番号
GP3000 はメモリー内に 8 つのプログラムを持つことができます。どのデータを使用するか
選択して下さい。 どのデータエリアを選択するかはこの機能を使用します。
例: DEVICE1 から DEVICE8
各プログラム・ディスクリプションはそのユニークなパーツ番号、又は、製品名とバージョ
ンを持っており LCD の 2 行目に表示されます。
デバイス・タイプ
プログラミングの最初のステップはデバイスを指定することです。ソフトウエアにどの PIC
デバイスをプログラムするかを知らせます。デバイス・タイプを選択するにはデバイスの
ドロップ・リストをクリックして選んで下さい。選択しますと GP3000 で使用するアダプター
が表示されます。
コンフィギュレーション・ヒューズ
指定された PIC のヒューズは他がグレイの間アクティブにされます。他のビットで設定を指
定するにはドロップ・リストをクリックし、希望のオプションを選んで下さい。
36
カスタマーID の指定
ユーザーはコピーされようとしているプログラムを認識するためにユニークな ID コードを指定すること
ができます。
この ID はカスタマーID フィールドの各デバイスにコピーされます。そうでない場合はデフォルトの ID
はデータのチェックサム値が使用されます。
ユーザー指定のユニークな値を使用するには、“ID Type”をクリックし、オプションの“User-define ID”を
選択してください。Configuration Fuse, Checksum and ID セクションの Customer ID エディット・ボッ
クスでヘキサ値(0h0h0h0h フォーマット)を入力して”Update”ボタンをクリックして下さい。新しい ID が
表示されチェックサムを変更してもアップデートされなくなります。
対応するラジオ・ボタンをクリックすることで、ID に使用されるフォーマットが指定できます。もし、
アスキー形式を選びますとヘキサ値(hhhhhhhh 形式)で 8 つの数字まで受け付けます。
データ・ファイルのロード
デバイス・タイプを指定した後、ユーザーはプログラムに外部データ・ファイルをロードすることがで
きます。GP3000 は 16 ビット・バイナリー(BIN16)、インテル・ヘキサ 8 マージド(INHX8M)とインテ
ル・ヘキサ 16(INHX16)と Intel HEX 32 ビット・ファイルをサポートしています。ファイルのロードには
File>Open File コマンド又は、オープン・ファイル・アイコンをクリックして下さい。ファイル・フォー
マットを選択してからリスト・ボックスからファイルをオープンして下さい。
エンベイディッド・ヒューズと ID 情報の付いたヘキサ・オブジェクト・ファイルを使用する場合はこれ
らのデータもロードされ Device Configuration(デバイス・コンフィギュレーション)ウィンドウで表示さ
れます。
プログラミング電圧の設定
GP3000 はマイクロチップ社から指定された生産品質に対応しています。:
• VDD と VPP を調整することができます。
• VDD_MAX と VDD_MIN でベリフィケーションがおこなわれます。
VDD_MAX と VDD_MIN はプログラムされるパーツの上位と下位の操作範囲に対応しています。
プログラミング・エラーはこれらの電圧でのベリフィケーションの失敗の結果であることに注意して下
さい。これはチップが正常にプログラムされたときにも起こります。
プログラム電圧 VPP, VDD, VDD_MAX と VDD_MIN は各 PIC デバイスに応じてプリセットされます。し
かし、ユーザーはオンライン操作又は、スタンド・アローン・モードの間にこれらの電圧を調整するこ
とができます。
37
電圧
VPP
VDD
VDD_MAX
VDD_MIN
レンジ
デフォルト 説明
12.5∼13.5v
12.7v∼
プログラミング中に使われる VPP。デフォルトは
12.90v
16C5x 用に 12.7V, その他のデバイス用に 12.9V になっ
ています。
5.0v
4.5∼5.5v
プログラミング中に使われる VDD
5.5v
1.8∼6.8v
2 つのベリフィケーション電圧の1つ;
これはデバイスの最大操作電圧に呼応します。
4.5v
1.8∼6.8v
2 つのベリフィケーション電圧の1つ;
これはデバイスの最小操作電圧に呼応します。
スタンド-アローン・モード
1. 3 つのボタンを同時に押すことで安全機能をアクティブにします。
2. VOLTAGE SETUP1 が表示されるまで FUNCTION ボタンを押します。
3. メニューで SELECT_UP ボタンを押しますと、UUP ソケットからデバイスを取り除くことがで
きます。ラッチされた ZIF ソケットを開けて SELECT_UP ボタンをもう1度押します。
4. 現在の VDD 値が表示されます。電圧を増加させるのは EXECUTE ボタンを押すか、又は、減少
させるのは EXECUTE ボタンを押しながら SELECT_DOWN ボタンを押します。
5. 他のプログラミング電圧, VPP, VDD_MAX と VDD_MIN を変えるには設定が表示されるまで
SELECT_UP ボタンを押す。電圧の調整は前項のステップに従って下さい。
6. 設定が済みましたら FUNCTION ボタンを押して終了します。
On-line モード
Device Configuration ウィンドウのオプションで “Voltage”ボタンを押して下さい。ドロップ・リストで
違った電圧の電圧を選択します。上記のデフォルト電圧を使用する場合は “Defautl(デフォルト)”ボタンを
クリックして下さい。
ノート 間違った VDD_MAX 又は、VDD_MIN 値はベリフィケーション・エラーになります。
例えば、ある種の PIC デバイスは 2.0V 以下で操作されますので、VDD_MIN を 2.0 に設定した
ままですと、14000 等はベリフィケーション・エラーになります。
シリアライゼーション
GP3000はマイクロチップ社の SQTP シリアライゼーションをサポートしています。シリアル番号は最
大8つまで使用でき、隣接し位置しなければいけません。これらの位置は RETLW NNとしてコード化さ
れます。NN は 8-ビットの連続コードです。
38
12-ビットPIC デバイスのシリアルデータは: PIC10FXXX; PIC12C5XXX; PIC16C5Xであり、08xxhで
始まります。
14-ビット PICデバイスのシリアルデータは: PIC12F5XXX; PIC16XXX.. であり、34xxhで始まります。
16-ビット PICデバイスのシリアルデータは:: PIC18XXXであり、C0xxhで始まります。
現在は連続した体系のみがサポートされています。ユーザーが、シリアルの開始番号と増加分(インクリ
メント値)を指定します。連続番号化で、LSD(Least significant digit)は最下位のメモリー番地にあります。
インクリメント値は1と255の間でなければいけません。
SQTP シリアライゼーション・データの入力
シリアライゼーションを使用するには、"Device Option Window" で "Enable SQTP Serialization" オプ
ションにチェックにします。そして、"SQTP Setting" ボタンをクリックしてシリアライゼーション・パ
ラメータを入力してください。
開始値 (hex)
4 – 8バイト長の任意のhex値を入力
開始アドレス(バイト-アドレス/ワード・アドレス) シリアル番号がストアされる開始メモリー位置を
hex値で入力(PIC18ファミリーではバイト・アドレス;
PIC10/12/16 ではワード・アドレス)
インクリメント値 各シリアル番号間の増加(インクリメント)分のhex値
ワード数 (4 - 8)
シリアル番号に使用されるワードでの長さ (この数は、開始値が4 – 8バイト
にマッチしていなければなりません。)
パーツ数 (dec)
SQTPファイルが生成されるときにプログラムするパーツの数
この情報はGP3000では使用されません。
GP3000はデフォルト設定として8のみを使用します。
OK / Cancel ボタン 上記のパラメータを使用するためには"OK" ボタンをクリックしてください。
そして、それらの情報をMCU(MCUは”ONLINE”モードに設定しておく事に注意して
ください。)へダウンロードします。設定を無効にするときは"Cancel" ボタンを
クリックしてください。
SQTP シリアライゼーション・プログラム・モードは、スタンド・アローン・プログラミング・モード
では"SQTP Serialization program sequence"を有効(イネーブル)にします。
MCU LCD表示: PROGRAM? SEQnum = (SQTP プログラミング・モードに入る)
00000000 (現在のシリアル番号開始値を表示: 00000000)
サンプル入力例: Start Value[開始値]: 00000000
GP3000 MCUから、SQTP の現在のシリアル番号開始値を読む:
もし、"SQTP program mode"を有効(イネーブル)にすると、"ONLINE"モードから”SQTP Setting”ボタン
をクリックすることで、GP3000 MCUから現在のシリアル番号開始値を読むことが出来ます。
39
プログラミング・サイクルを1つ実行後の現在のシリアル番号表示: 開始値: 00000008
プログラム範囲のダウンロード
プログラミング範囲
このスペシャル機能はユーザーがすでにプログラムされたデバイスの特定のアドレス・レンジにパッチ
をあてることができます。この機能は特定のロケーションのみにブランク・チェック、プログラム、ベ
リファイを行いますので、データ領域が小さな場合ははやくおこなえます。
この機能は指定されたデータ範囲のみプログラムします。ヒューズ設定はしません。
パッチ・ロケーションがすでにデータを持っている場合は、プログラム・モードを NO BLANK CHECK
に変えることができます。そして、ブランク・チェック機能をパイバスすることができます。
この機能を使うには、Device Configuration(デバイス・コンフィギュレーション)ウィンドウのオプショ
ンで “Range(範囲)”ボタンをクリックして下さい。Program Range(プログラム・レンジ)ダイアログ・ボ
ックスがオープンされます。
From
To
OK
プログラムしたい場所をヘキサで開始メモリー位置を入力
プログラムしたい場所をヘキサで終了メモリー位置を入力
MCU にプログラム範囲情報をダウンロードするときこのボタンをクリック。MCU
はオンライン・モードで LCD に ONLINE と表示されていることを確認
ノート 既存のデータに上書きすることができますが、但し、“1” から “0”の各ビットにのみプログラム
できます。
プログラミング範囲のダウンロード
1度、プログラミング・レンジの情報を選択しますと、プログラマーの MCU へその情報をダウンロード
することができます。その場合は次のステップに従って下さい。:
1. LCD スクリーンに”ONLINE”が表示されていて MCU がPCホスト・モードであることを確認し
て下さい。そのためには MCU で”ONLINE”が表示されるまで FUNCTION ボタンを押して下さい。
2. マスター・ユニット(MCU)のプロパティ・ページから Download(ダウンロード)ボタンをクリッ
クすることで MCU に新しいデータ・ファイル(完全なファイル)とヒューズ設定をダウンロード
します。
3. Device Configuration(デバイス・コンフィギュレーション)ウィンドウのオプションで “Range”
ボタンをクリック
4. 前のセクションで説明しましたようにダイアログ・ボックスの“From:”と“To:”フィールドにヘキ
サ値を入力し、そして、OK をクリックして終了します。
40
5. Device Configuration(デバイス・コンフィギュレーション)ウィンドウのオプションで “Enable
Program Memory Range”オプションをチェックにして下さい。このステップがプログラム・レ
ンジ・ファンクション・フラッグをイネーブルにしますので、マスター・ユニット(MCU)のプロ
パティ・ページから Download(ダウンロード)ボタンをクリックして下さい。
6. これでプログラム・レンジ・データがイネーブルされ、そして、MCU にダウンロードされまし
た。
7. パッチ・データの開始は、プログラミング・アダプターにプログラムされるチップを置いて、そ
して、PROGRAM モードで EXECUTE ボタンを押して下さい。
もし、パッチ位置にすでにデータが含まれているときは、ブランク・チェックをバイパスするために次
のステップに従って下さい。
スタンド-アローン・モードから:
1. MCU で、3つのボタンを同時に押すことで安全機能をイネーブルにします。
2. 下記のステップに従って、プログラム・モードを NO BLANK CHECK にセット:
i) PROGRAM 機能を選ぶために FUNCTION を押します。
ii) NO BLANK CHECK が表示されるまで SELECT_UP ボタンを押します。
iii) 選択の確認のために EXECUTE ボタンを押します。
ホスト PC オン-ライン・モードから:
1. MCU が スクリーンに“ONLINE” と表示して、ホスト PC オン-ライン・モードであることを
確認します。
2. Device Configuration(デバイス・コンフィギュレーション)ウィンドウのオプションで
“Disable Blank Check before Program”オプションをチェックにして下さい。このステップが
ノー・ブランク・チェック・ファンクション・フラッグをイネーブルにしますので、マスタ
ー・ユニット(MCU)のプロパティ・ページから Download(ダウンロード)ボタンをクリック
して下さい。
3. これでノー・ブランク・チェック・ファンクションがイネーブルされ、そして、MCU にダウ
ンロードされました。
41
8 章. GP3000 ソフトウエアの使用
この章では GP32000 ソフトウエアの各ファンクション・メニューの違った機能について解説します。
ファイル・メニュー
Open File…
Save File…
Exit
Ctrl+O
Ctrl+S
ファイル・オープン
Open File コマンドから下記のファイルをオープンするためのダイアログ・ボックスへ行くことができま
す。:
• オブジェクト・ファイル(16-bit binary, 8-bit merged hex, 16-bit hex, 32-bit hex)
• EEPROM データ (8-bit binary)
• カリブレーション・メモリー
• デバイス・コンフィギュレーション(ASCII)
Open File(オープン・ファイル)ダイアログ・ボックスでファイルのあるディレクトリーを選びます。フ
ァイル・タイプ・フィルター “Files of type”を使って指定の拡張子でファイルを表示することができます。
ファイルを選択し、Open ボタンをクリックして確認することでオープンしたファイルを Program
Memory(プログラム・メモリー)ウィンドウに表示します。
もし、オブジェクト・ファイルと同じルート名(例えば、test1.obj)を共有するデバイス・コンフィギュレ
ーション・ファイル(例えば、test1.cfg) を持っている場合、オブジェクト・ファイルを開く場合は常にそ
れがロードされます。
前のページと同様のダイアログ・ボックスでファイルのあるディレクトリー・パスを選択します。
オープンするファイル・タイプを表示するためにファイル・タイプ・フィルターを使用することができ
ます。ファイルの選択と同時に Open ボタンをクリックしますとファイルがオープンされ関連メモリ
42
ー・ウィンドウに表示されます。エンベイディッド・ヒューズと ID を持ったインテル 8-bit Merged Hex
に対しては、この情報もまた Device Configuration(デバイス・コンフィギュレーション)ウィンドウで
アップデートされます。
ファイル保存
Save File コマンドは下記のフォーマットで各ファイル・タイプをセーブするためのサブ・メニューで
す。:
ファイル・タイプ
デバイス・コンフィギュ
レーション
プログラム・メモリー
フォーマット
ファイル拡張子
ASCII text
オートマチック CFG 拡張子。
ルート名(オープンされたオブジェクト・ファイルと同
じ)を使用しますとオブジェクト・ファイルがオープンさ
れるときは常にこれらの設定が自動的にロードされます。
16bit
自動 OBJ 拡張子
binary
Intel 8bit
Merged
Hex
EEPROM データ
8bit binary
カリブレーション・メモ
リー
ベリファイ・エラー
16bit
binary
ASCII text
自動 HEX 拡張子。オブジェクト・ファイルがこのフォー
マットでセーブされますと、ヒューズ設定も HEX ファイ
ルで保存されます。
拡張子は付きません。DAT 拡張子でオブジェクト・ファ
イルと同じルート名を使用して下さい。
オブジェクト・ファイルがオープンされますとつねに
EEPROM メモリーが自動的にオープンされます。(選択
されたデバイス・タイプが EEPROM メモリーを持ってい
ますと)
拡張子は必要ありません。
拡張子は必要ありません。
Save File(セーブ・ファイル)ダイアログ・ボックスではファイルがセーブされるディレクトリー・パス
を指定し、ファイル・タイプを入力します。ファイル名は上記に準じてご使用下さい。
43
エディット・メニュー
Clear Program Memory
Clear EEPROM Memory
Clear Calibration Memory
プログラム・メモリーのクリア
Clear Program Memory コマンドはすべてのプログラム・メモリ・バッファをクリアします。
このコマンドはカーソルがプログラム・メモリ・ウィンドウ内にあるときにプログラム・メ
モリ・ウィンドウことで、コンテキスト・メニューから実行することも出来ます。
EEPROM メモリーのクリア
Clear EEPROM Memory コマンドはすべての EEPROM メモリ・バッファをクリアします。
このコマンドはカーソルが EEPROM メモリー・ウィンドウ内にあるときに右マウス・ボタ
ンをクリックすることで、コンテキスト・メニューから実行することも出来ます。
カリブレーション・メモリーのクリア
Clear Calibration Memory コマンドはすべてのカリブレーション・メモリ・バッファをクリ
アします。このコマンドはカーソルがカリブレーション・メモリー・ウィンドウ内にあると
きに右マウス・ボタンをクリックすることで、コンテキスト・メニューから実行することも
出来ます。
ビュー・メニュー
デバイス・コンフィギュレーション
Device Configuration(デバイス・コンフィグレーション)ウィンドウは GP3000 ソフトウエアのメイン・
ウィンドウです。プログラムのスタートと同時に自動的にオープンされます。もし、閉じた場合は、
View>Device Configuration コマンドを使って再オープンすることができます。デバイス・コンフィギュ
レーション・ウィンドウは GP3000 プログラムの全ての機能を含んでいます。次の2つのタブを持って
います。:a) Master Unit タブ b) PGM Adapter socket #1 タブ。
各タブは下記の 6 つのセクションで構成されています。:
a) Master Unit タブ: このタブは MCU のプログラム・メモリーの状態とファンクション・ボタンへ
のインターフェースを供給します。
b) PGM Adapter socket #1 タブ: このタブはプログラミング・アダプターの1番目のソケットに置
かれたマスター・チップへのインターフェースを供給します。
•
•
•
ファンクション・ボタン
ファンクション・ステータス
デバイス・スペシフィケーション
44
•
•
•
•
コンフィギュレーション・ヒューズ, チェックサムと ID
オプション
デバイス・ステータス
コード・プロテクション・セクション(PIC18FXXX のみ)
ファンクション・ボタン
Master Unit タブ:
45
ファンクション:
Download
[ダウンロード]
Upload
[アップロード]
Verify
[ベリファイ]
説明:
メモリーとヒューズ情報を MCU へダウンロード
メモリーとヒューズ情報を MCU から読み取りバッファへ、そして、それを
関連ウィンドウへ表示
MCU にストアされているヒューズ・データの内容とバッファをベリファイし
スクリーンに表示
PGM Adapter #1 タブ:
46
ファンクション:
説明:
Online Blank
1番目の UUP ソケットに置かれているデバイスがブランクかを
[オンライン・ブランク]
チェック
Online Read
1番目の UUP ソケットに置かれているデバイスから選択された
[オンライン・リード]
項目の内容を読み込み、それらをウィンドウに表示
Online Verify
1番目の UUP ソケットに置かれているデバイスの選択された項
[オンライン・ベリファイ]
目をスクリーンに表示されたバッファとベリファイ
Device Configuration (デバイス・コンフィギュレーション)ウィンドウのオプションで下記のメモリー・
タイプの一部から、又は、すべての項目を実行するかを指定します。
• プログラム・メモリー
• コンフィギュレーション・ヒューズ
• ID
• EEPROM メモリー
• カリブレーション・メモリー
EEPROM とカリブレーションは PIC がそのメモリー・タイプを持っていれば自動的に選択されます。
ノート "Memory Type" エリアで、少なくとも"Program Memory" と "Configuration Fuse" チェッ
ク・ボックスをイネーブルしなければいけません。これら2つのメモリー・フィールドはチェックサム計
算の部分です。正しいチェックサムが無くてはGP3000は正しくプログラムをダウンロードできません。
その場合、"Fail <7>" メッセージが "Device Status" エリアに表示されます。
デバイス・スペシフィケーション
デバイス・スペシフィケーション・セクションは現在のプログラム番号、デバイス・タイプとそのヒュ
ーズ設定を表示します。選択されているプロセッサーでヒューズ・オプションが利用できない場合は、
グレイになり選択することができません。
各ヒューズ・ビットの設定を変更するには、右のボタンをクリックしてドロップ・リストを出して、ス
クロールして新しい選択をハイライトさせて下さい。
この選択はコピーのために MCU にダウンロードされます。
例えば、コピーされるデバイスにコード・プロテクトをかけたい場合は Code Protect を“On”に選択して
下さい。
“Code Protection”セクション・ブロックは PIC18FXXX デバイスに対してのみ利用できます。
47
コンフィギュレーション・ヒューズ、チェックサムと ID
このセクションは選択されたヒューズ設定、プログラム・メモリ・ウィンドウとデバイスに使用される
カスタマーID のデータのチェックサムのヒューズ・ワードを表示します。
ヒューズとチェックサムの両方はプログラム・メモリーとヒューズ・ビット設定の内容に従って変更さ
れます。
カスタマーID は、チェックサム又は、カスタマー値を使用することができます。チェックサムを ID とし
て使用するにはボックスのしたのオプションをチェックして下さい。
カスタマー値を使用する場合は、チェックをはずして下さい。
そして、エディット・ボックスに値を入力し、“Update”ボタンをクリックして下さい。ユーザーはいつ
でも対応するラジオ・ボタンをクリックすることでヘキサ又は、アスキーで ID を指定することができま
す。
ユーザー定義のユニークな値を使用するには、オプションの“Use Checksum as Customer ID”のチェック
をはずして下さい。Configuration Fuse, Checksum と ID セクションの Customer ID 編集ボックスにヘキ
48
サ値 (0h0h0h0h 形式)を入力して下さい。そして、“Update”ボタンをクリックして下さい。新しい ID が
表示されチェックサムを変えても変更はアップデートされません。
対応するラジオ・ボタンをクリックすることで、ID に使用されるフォーマットが指定できます。もし、
アスキー形式を選びますとヘキサ値(hhhhhhhh 形式)の 8 つの数字まで受け付けます。
コンフィギュレーション・オプション
メモリー・タイプ
選択されたプログラマー機能に含まれるべきメモリー・タイプを指定します。
すなわちユーザーがどのパラメータを BLANK,READ, PROGRAM と VERIFY 機能に入れるかを指定しま
す。
例えば、“Program Memory”のみをプログラムしたい場合は DOWNLOAD ボタンをクリックする前にそれ
以外の選択のチェックをはずして下さい。
例えば、もしも、デバイス・コンフィギュレーション・ダイアログ・ボックスに表示されている値でコ
ンフィギュレーション・ヒューズと ID をプログラムしたくない場合、プログラム・ボタンをクリックす
る前に 2 番目、3 番目のボックスからチェックをはずして下さい。同様のことが、READ, BLANK と
VERIFY 機能にも適応されます。もし、選ばれたプロセッサーが EEPROM 又は、カリブレーション・デ
ータを含んでいますと、対応したメモリ・ボックスがオプション・セクションでチェックされます
ノート
"Memory Type" エリアで、少なくとも"Program Memory" と "Configuration Fuse" チェック・ボ
49
ックスをイネーブルしなければいけません。これら2つのメモリー・フィールドはチェックサム計算の部
分です。正しいチェックサムが無くてはGP3000は正しくプログラムをダウンロードできません。その場
合、"Fail <7>" メッセージが "Device Status" エリアに表示されます。
オプション
プログラマーの操作に関してさらに4つのオプションを選択することができます。もしも、オプション
を反映させたくない場合は、チェックを外して下さい。
新しいデバイスのためのクリア・バッファ
プログラム・コンフィギュレーションのみ
をイネーブル
プログラム前のブランク・チェックをディ
スエーブル
SQTP シリアライゼーションをイネーブル
プログラム・メモリー範囲のイネーブル
新しいプロセッサーが選ばれますと、いかなる場合も
プログラム・メモリ・バッファをクリアします。
コンフィギュレーション・ヒューズのみプログラミン
グします。これは、スタンド-アローン・モードで
“CONFIG ONLY”を選択しているのと同じです。
スタンド-アローン操作の間のプログラミング・サイ
クルのブランク・チェック機能をディスエーブルにし
ます。これは、スタンド-アローン・モードで“NO
BLANK CHECK”を選択しているのと同じです。
重複したパーツでのシリアライゼーションをイネーブ
ルするためにチェックします。チェックされます
と、”SQTP setting”ボタンをクリックすることでシリ
アライゼーションのパラメータ指定を確認することが
出来ます。
データの指定された範囲のみプログラミングがイネー
ブルします。チェックされたときは Range ボタンを
クリックしてアドレス範囲の指定を確認して下さい。
重要 “Enable Program Memory Range[イネーブル・プログラム・メモリー・レンジ]” と “Enable
Single-Socket Mode[イネーブル・シングル-ソケット・モード]” ファンクションは GP3000 ソフトウエ
アのみでサポートされております。古いバージョンのプログラマー”PGM2000”ではサポートされており
ません。スタンド-アローン・モードではこのファンクションをディスエーブル出来ません。これらのフ
ァンクションをディスエーブルする唯一の方法はソフトウエアを使わずに GP3000 ハードウエアにダウ
ンロードすることです。
スペシャル・ファンクション・ボタン
“Voltage”ボタン:プログラミングとベリフィケーションで使用される異なった電圧を選択することがで
きます。VPP, VDD, VDD_MAX, VDD_MIN を含みます。関連のページを参照して下さい。
50
”Range”ボタン:もし、プログラム・メモリー・レンジがイネーブルされている場合、使用するパラメ
ータを定義するために ”Range”ボタンをクリックして下さい。関連のページを参照して下さい。
SQTP Setting ボタン: もし、"SQTP Serialization"がイネーブルにされていますと、"SQTP Setting" ボタ
ンをクリックすることで使用するパラメータを定義することが出来ます。
デバイス・ステータス
デバイス・ステータス・セクションはプログラミング機能を表示します。それは、プログラム/EEPROM
メモリーのために”Pass/Fail”, “Blank/Not Blank”を表示します。ヒューズと ID のためには、BLANK と
READ の間にプログラマーのデバイスからのストリングを読み表示します。そして、PROGRAM と
VERIFY 機能に対しては”Pass/Fail”を表示します。
エラー・ステータス・フィールドは “User Interrupt”[`ユーザー中断]や “Time-out”[タイム・アウト]のよう
なメッセージを表示します。 User-Interrupt はユーザーがキーボードの [ESC]キーを押すことで現在の操
作を中止したときに現れます。””Time-out”エラーはプログラマーが正しく接続されていなかったり、
ONLINE モードでなかったり、又は、PC と通信が出来ない場合に表示されます。
51
又は、
ファンクション・ステータス
最後の 2 行目の右側にファンクション・ステータスが示されています。それは現在のアドレスを表示す
ることでアクティブな機能とその進行を表示します。
例えば:”Program Memory
“Verify Memory
“Read EEPROM
“Verify Fuse”
“Verify ID”
0x0020”
0x0145”
0x020”
プログラム・メモリー
プログラム・メモリ・コマンドはプログラムのオペコードを表示するウィンドウをオープンします。
これは GP3000 がスタートしたときに自動的にオープンされるデフォルト・ウィンドウの1つです。表
示はウィンドウの上部のコントロール・バーの左端にあるドロップ・リストによりヘキサデシマル、デ
シマル又は、バイナリー・フォーマットで設定することができます。
プログラム・メモリ・ウィンドウの内容は File>Save>Program Memory コマンドを使ってバイナリー又
は、ヘキサ・ファイルでディスクへセーブすることができます。
ツールティップはカーソルがウィンドウ内にあるときに右マウスのクリックでコンテキスト・メニュー
からイネーブル/ディスエーブルにすることが出来ます。ティップはウィンドウのハンドルをナビゲーシ
ョンに使用している時に現在の列とアドレスを表示します。
52
EEPROM メモリー
EEPROM メモリ・コマンドは EEPROM メモリ・バッファを表示するウィンドウをオープンします。表
示はコントロール・バーの左側にある”オプション・タブ”によってヘキサ、デシマル又は、バイナリー形
式で設定することが出来ます。デフォルトのヘキサ形式から表示を変更したいときはウィンドウの下の
タブをクリックして下さい。選択されたデバイスが EEPROM メモリーを持っていないときはウィンド
ウはブランクになります。
各フィールドのデータを編集するのは、変更したいデータをダブル・クリックしますと、データの右に
点滅したカーソルが現れたときに新しい値をタイプし、そして、[Enter]、[Up-arrow]又は、[Down-arrow]
を押して次のフィールドへ行って下さい。
EEPROM メモリー・ウィンドウの内容を File>Save File>EEPROM Memory コマンドを使ってディスク
にセーブすることができます。DAT 拡張子でオブジェクト・ファイルと同じルート名を使用することを
お薦めします。そうすることで、オブジェクト・ファイルがオープンされたときにはいつでも EEPROM
データをロードします。
53
カリブレーション・メモリー
カリブレーション・メモリ・コマンドはカリブレーション・メモリ・バッファを表示するウィンドウを
オープンします。表示はコントロール・バーの左側にある”オプション・タブ”によってヘキサ、デシマル
又は、バイナリー形式で設定することが出来ます。デフォルトのヘキサ形式から表示を変更したいとき
はウィンドウの下のタブをクリックして下さい。
カリブレーション・メモリー・ウィンドウの内容は File>Save File>Calibration Memory コマンドを使っ
てディスクにセーブすることが出来ます。
各フィールドのデータを編集するのは、変更したいデータをダブル・クリックしますと、データの右に
点滅したカーソルが現れたときに新しい値をタイプし、そして、[Enter]、[Up-arrow]又は、[Down-arrow]
を押して次のフィールドへ行って下さい。
ベリファイ・エラー
ベリファイ・エラー・コマンドはプログラム又は、メモリ・バッファと MCU にあるデータをベリファイ
し、その結果を表示するウィンドウをオープンします。これはベリファ・エラーがありますといつでも
自動的にオープンされます。
ウィンドウはエラー番号、エラーが見つかったアドレス、そして、MCU から読まれたデータとバッファ
のデータの比較デバイスから読み込まれたデータを比較し表示します。
ベリファイ・エラー・ウィンドウの情報は File>Save File コマンドを使ってディスクにセーブすること
ができます。
もし、オンライン・ベリファイ機能が使われますと、このウィンドウはプログラミング・メモリー・バ
ッファとプログラム・アダプターの 1 番目のソケットのデバイスから読みこまれたデータ間のどんなベ
リフィケーション・エラーも表示します。
54
ツール・バー
ツールバーを非表示又は、表示するには、このアイテムをクリックして下さい。
ステータス・バー
現在のデバイス・タイプ、ヒューズ、ID とアクティビティー・ステータスを含む、各ファンクションの
ステータスを表示します。このコマンドはステータス・バーを表示したり、又は、隠すことに使用しま
す。
プログラム・メニュー
Download to Programmer
Upload to PC
Verify
Blank Check Adapter Device
Read Adapter Device
Verify Adapter Device
F5
F6
F7
プログラマーへダウンロード
このコマンドは GP3000 MCU 内部の EEPROM メモリーへプログラム・メモリー、EEPROM とカリブ
レーション・メモリー(利用できる場合は)ヒューズと ID をダウンロードします。シリアライゼーション、
プログラム・レンジとコード・プロテクションのためのフラッグもダウンロードされます。
PC へアップロード
このコマンドは MCU からプログラム・メモリー、ヒューズと ID 情報を読み、それぞれプログラム・メ
モリ・ウィンドウ、デバイス・コンフィギュレーション・ウィンドウに情報を表示します。
ベリファイ
このコマンドはメモリ・バッファのデータ、ヒューズと ID と MCU の EEPROM にストアされているデ
ータを比較します。
アダプター・デバイスのブランク・チェック
“オンライン・ブランク”と同じで、このコマンドはヒューズ・ワードを読み、最初のソケットに置かれた
チップがブランクかどうか、プログラム・メモリーと EEPROM メモリーをチェックします。
結果は下記に示される Device Configuration(デバイス・コンフィギュレーション)ウィンドウのデバイ
ス・ステータス・ボックスに表示されます。
Device Configuration(デバイス・コンフィギュレーション)ウィンドウの Device Status ボックスの正しい
ボックスにチェックすることで、メモリー・タイプのブランク・チェックを一部おこなうか、全部おこ
なうかをカスタマイズすることが出来ます。
アダプター・デバイスの読み取り
これは、”オンライン・リード”と同じ機能でプログラム・アダプターの最初のソケットに置かれたチップ
に下記のことを行うことができます:
• プログラム・メモリーを読み出し、それをプログラム・メモリ・ウィンドウに表示
55
•
•
EEPROM を持ったプロセッサーでは、EEPROM メモリーを読み出し、EEPROM メモリ・ウィ
ンドウに表示
コフィギュレーション・ヒューズを読み出し、それをデバイス・ステータス・ボックスに表示、
同時に、デバイス・スペシフィケーション・ボックスで個々のビットをアップデート
オプション・ボックスで選択された項目によりファンクションのためのメモリー・タイプを指定できま
す。例えば、プログラム・メモリーのみがオプションとチェックされ、ヒューズは読まれずに PC バッ
ファにアップデートされます。
ベリファイ・アダプター・デバイス
これは、“オンライン・ベリファイ”と同じです。そして、プログラム・アダプターの最初のソケット
にあるチップにたいし下記のことをおこないます。:
プログラム・メモリ・バッファに対してデバイスからプログラム・メモリを読み出し、比較します。エ
ラーはベリファイ・エラー・ウィンドウが自動的にオープンされ表示されます。もし、エラーがありま
すと、デバイス・ステータスのプログラム・メモリー・フィールドが “Fail”と表示されます。
EEPROM メモリーを持ったプロセッサーの場合は、:デバイスの EEPROM メモリー・データを読み込
み、バッファと比較します。デバイス・ステータス・ボックスには ‘Pass/Fail”が表示されます。
デバイス・コンフィギュレーション・ウィンドウのオプションでメモリー・タイプをチェックすること
でベリファイ機能に含めるメモリー・タイプを選択することができます。
コンフィグ・メニュー
プログラム・ディスクリプションのエントリー・フォーム例:
56
上記のサンプルは下記のテーブルのような"Program Description[プログラム・ディスクリプション]" と
"Device Type[デバイス・タイプ]" と"サンプル・ファイル" を示しています。
Program# Program description デバイス・タイプ(サンプルhexファイル名)
1
T-SENSOR V1.02
PIC10F206
10F206T1.HEX
2
MOTOR-B V2.1
PIC12F675
12F675T2.HEX
3
PN030081 V5.31
PIC16F57
16F57T3.HEX
4
PN400001-2 V1.20
PIC16F648A 16F648AT4.HEX
5
RICE3000 V1.35
PIC16F877A 16F877AT5.HEX
6
LCD-X DISPLAY V3
PIC16F917
16F917T6.HEX
7
PN12345 V1.0
PIC18F6621 18F6621T7.HEX
8
CAN-TESTER V3.25 PIC18F8585 18F8585T8.HEX
デバイス重複ノート: もし、1つ以上のプログラム・コードをGP3000 MCUにダウンロードしてしまっ
た場合は、デバイス・タイプとチェックサムをベリファイして正しいコードを選択しているか、又は、
プログラミング・アダプターにマッチしたユニークなプログラム・ディスクリプションを持ったカスタ
ムID確認してください。他のデータ・エリアに変更するためには、Secured mode で SELECT_UP 又は、
SELECT_DOWN ボタンを押して、正しいプログラム#を選択してください。選択を確認するには
"EXECUTE" ボタンを押すか、または、選択をキャンセルするために "FUNCTION" ボタンを押してくだ
さい。
例えば: DEVICE5 は"RICE3000 V1.35" プログラム・ディスクリプションを持った"PIC16F877A" です。
そして、DEVICE8は "CAN-TESTER V3.25" プログラム・ディスクリプションを持った "PIC18F8585"で
す。
GP3000をパワーアップしたとき、GP3000 LCDはそれたのステータスを表示します。:
サンプル: DEVICE5 16F877A DEVICE5 16F877A
CKSUM=ED42<ED42> and RICE3000 V1.35
Secured[安全ファンクション]モード ("FUNCTION" と "SELECT_UP" と "EXECUTE" ボタンを同時に押
す。 )では GP3000 LCD はそれらのステータスを表示します。:
サンプル: DEVICE5 16F877A
MODIFY ENABLE ...
そして、"SELECT_UP"ボタンを3度押し、そして、"DEVICE8"を選択、そして、選択を確認するために
"EXECUTE" ボタンを1度押しますと、GP3000 LCD はそれらのステータスを表示します。:
サンプル: DEVICE8 18F8585 DEVICE8 18F8585
CKSUM=A312<A312> and CAN-TESTER V3.25
異なったデータ・エリアへデータ・エリアを切り替えるには同様の手順を使用することが出来ます。
ダウンロード・ファームウエア
Download Firmware[ダウンロード・ファームウエア] コマンドは最新のデバイス・サポートを供給するた
めに GP3000 コントローラへ最新のファームウエア・コードをダウンロードします。
ベリファイ・ファームウエア
Verify Firmware[ベリファイ・ファームウエア] コマンドは GP3000 コントローラからファームウエア・
コードを読み戻して正しいかどうかを確認します。
ダウンロード・デバイス・テーブル
Download Device Table[ダウンロード・デバイス・テーブル] コマンドは最新のデバイス・サポートを供
給するために GP3000 コントローラへ最新のデバイス・サポートをダウンロードします。最新のデバイ
57
ス・テーブルは常駐しているファームウエアにマッチしていなければいけません。さもないと、ダウン
ロードに失敗[Download failures]します。
ノート “ONLINE” モード操作では、PC ホスト・テーブルは常駐しているファームウエアのデバイス・
テーブルとマッチしていなければいけません。
デバイス・テーブルのベリファイ
Verify Firmware[ベリファイ・ファームウエア] コマンドは GP3000 に常駐しているものと、ディスク上
のデバイス・テーブルと比較します。
ツール・メニュー
ユーザー・ツールのカスタマイズ
このコマンドは GP3000 ユーザー・インターフェースから呼ぶことの出来るツールや、プログラムをソ
フトウエアに加えることが出来ます。Customize[カスタマイズ] ダイアログ・ボックスで、Add[追
加]ボタンをクリックして下さい。ウィンドウズ・カリキュレータがプログラムに追加されます。OK ボ
タンをクリックしますと、Tools メニューに “Calculator” が追加され、アイテムをクリックするこ
とで新しいツールがアクティブになります。
ウィンドウズ・メニュー
カスケード
タイル
アレンジ・アイコン
リストア・ウィンドウ
全てをクローズ
オープンされたウィンドウズ
オープンされたウィンドウがオーバーラップしたスタイルで配
置されます。
オープンされたウィンドウがオーバーラップしないタイルで配
置されます。デスクトップに3つ又は、それ以下のウィンドウ
があるとウィンドウは水平にタイルされます。
閉じられたウィンドウズのアイコンを整理します。
デスクトップをデフォルト・ウィンドウズ・レジストリーで定
義されたデフォルトの配置、フォント、カラーに戻します。
ウィンドウズ・レジストリーで GP3000 エントリーにアクセス
することができます。
デスクトップのすべてのウィンドウズをクローズします。
オープンされたすべてのウィンドウをウィンドウ・メニューの
ボトムにリストし、現在のアクティブ・ウィンドウにはチェッ
クがあります。
58
ヘルプ・メニュー
Help Topics
About GP3000
このメニューは GP3000 ソフトウエアのヘルプ情報とすべてのメニュー項目の情報を英文で表示します。
常駐しているファームウエアとデバイス・テーブルのバージョンもチェックすることが出来ます。
もし、”Help Topics”しますと、オンライン・ユーザーガイド(英文)が現われます。
59
付録 A. GP3000 プログラム・アダプター
アダプター
GAP1247G
GAP12G-SO
GAP505G-SL
GAP47G-SO
GAP47G-SS
GAP47G-ML28
GAP14G
GAP14G-SO
GAP14G-SS
GAP18G-TQ64
GAP18G-TQ80
GAP40G
ソケット・タイプ
サポート・デバイス (all revisions)
8/14/18-pin DIP 8-PIN: PIC12C508/508(A); PIC12C509/509(A);
PIC12C671; PIC12C672; PIC12CE518; PIC12CE519;
PIC12CE673; PIC12CE674 PIC12F629; PIC12F675;
PIC12F683
14-PIN: PIC16C505; PIC16F630; PIC16F676;
(8SP/14SP)
(18SP)
PIC16F684; PIC16F688
18-pin: PIC16C554(A); PIC16C556(A); PIC16C558(A);
PIC16C620(A); PIC16C621(A); PIC16C622(A);
PIC16C71; PIC16C710; PIC16C711;PIC16C712;
PIC16C715; PIC16C716; PIC16C717; PIC16CE623;
PIC16CE624; PIC16CE625; PIC16C83; PIC16C84;
PIC16F83; PIC16F84(A) PIC16F627; PIC16F628;
PIC16F627A; PIC16F628A; PIC16F648A;
PIC16F818; PIC16F/819; PIC16F87; PIC16F88
PIC18F1220; PIC18F1230
8-PIN SM package (208 mil body size) PIC12C508(A);
8-pin SOIC
PIC12C509(A); PIC12C671; PIC12C672; PIC12CE518;
PIC12CE519; PIC12CE673; PIC12CE674
(8SM-208)
8-PIN SN package (150 mil body size) PIC12C508A;
8-pin SN
PIC12C509A; PIC12CE518; PIC12CE519; PIC12F629;
14-pin SL
PIC12F675; PIC12F683
14-PIN SL package (150 mil body size) PIC16C505;
(8SN/14SL)
PIC16F630; PIC16F676; PIC16F684; PIC16F688
PIC16C554(A); PIC16C556(A); PIC16C558(A);
18-pin SOIC
PIC16C620(A); PIC16C621(A); PIC16C622(A);
PIC16C71; PIC16C710; PIC16C711; PIC16C712;
(18SO)
PIC16C715; PIC16C716; PIC16C717; PIC16CE623;
PIC16CE624; PIC16CE625; PIC16C83; PIC16C84;
PIC16F83; PIC16F84(A) PIC16F627; PIC16F628;
PIC16F627A; PIC16F628A; PIC16F648A;
PIC16F818; PIC16F819; PIC16F87; PIC16F88
PIC18F1220; PIC18F1230
PIC16C554(A); PIC16C556(A); PIC16C558(A);
20-pin SSOP
PIC16C620(A); PIC16C621(A); PIC16C622(A);
PIC16C71; PIC16C710; PIC16C711;PIC16C712;
(20SS)
PIC16C715; PIC16C716; PIC16C717; PIC16CE623;
PIC16CE624; PIC16CE625; PIC16C83; PIC16C84;
PIC16F83; PIC16F84(A) PIC16F627; PIC16F628;
PIC16F627A; PIC16F628A; PIC16F648A;
PIC16F818; PIC16F819; PIC16F87; PIC16F88
PIC18F1220; PIC18F1230
PIC16F627A; PIC16F628A; PIC16F648A;
28-pin QFN
(28ML)
PIC16F818; PIC16F819; PIC16F87; PIC16F88
PIC18F1220; PIC18F1230
28-pin DIP
PIC14000
28-pin SOIC
PIC14000
28-pin SSOP
PIC14000
64-pin TQFP
PIC18F6520; PIC18F6585; PIC18F6620;
(64PT)
PIC18F6680 NEW
80-pin TQFP
PIC18F8520; PIC18F8565; PIC18F8620;
(80PT)
PIC18F8680 NEW
40-pin DIP
28-PIN: PIC16CXXX;PIC16FXXX and
PIC18C(F)XXXX PIC16C62(A)(B); PIC16C63(A);
60
(28SP/40SP)
GAP40G-PL
44-pin PLCC
(44L)
GAP40G-PQ
44-pin PQFP
GAP40G-SO
(44PQ)
28-pin SOIC
(28SO)
GAP40G-SS
28-pin SSOP
(28SS)
GAP40G-TQ
44-pin TQFP
(44PT)
GAP40G-ML28
28-pin QFN
(28ML)
GAP40G-ML44
44-pin QFN
(44ML)
GAP5XG
18/28-pin DIP
(18SP/28SP)
18/28-pin SOIC
(18SO/28SO)
GAP5XG-SO
PIC16C66; PIC16C641; PIC16C642; PIC16C72(A);
PIC16C73(A)(B); PIC16C76; PIC16C745; PIC16C773;
PIC16F72; PIC16F73; PIC16F737; PIC16F76;
PIC16F767; PIC16F870; PIC16F872; PIC16F873A;
PIC16F876A PIC18C242; PIC18C252; PIC18C248;
PIC18C258 PIC18F2220; PIC18F2320; PIC18F242;
PIC18F2439; PIC18F248; PIC18F252; PIC18F2539;
PIC18F258
40-PIN: PIC16CXXX;PIC16FXXX and
PIC18C(F)XXXX PIC16C64(A); PIC16C65(A)(B);
PIC16C661; PIC16C662; PIC16C67; PIC16C74(A)(B);
PIC16C765; PIC16C77; PIC16C774; PIC16F74;
PIC16F747; PIC16F77; PIC16F777; PIC16F871;
PIC16F874; PIC16F877; PIC16F874A; PIC16F877A;
PIC18C442; PIC18C452; PIC18C448; PIC18C458;
PIC18F4220; PIC18F4320; PIC18F442; PIC18F4439;
PIC18F4539
PIC16C64(A); PIC16C65(A)(B); PIC16C661;
PIC16C662; PIC16C67; PIC16C74(A)(B); PIC16C765;
PIC16C77; PIC16C774; PIC16F74; PIC16F77
PIC16F871; PIC16F874; PIC16F877; PIC16F874A;
PIC16F877A; PIC18C442; PIC18C452; PIC18C448;
PIC18C458
PIC16C64(A); PIC16C65(A)(B); PIC16C661;
PIC16C662; PIC16C67; PIC16C74(A)(B); PIC16C765;
PIC16C77; PIC16C774; PIC16F874; PIC16F877
PIC16C62(A)(B); PIC16C63(A); PIC16C66;
PIC16C641; PIC16C642; PIC16C72(A);
PIC16C73(A)(B); PIC16C76; PIC16C745; PIC16C773;
PIC16F72; PIC16F73; PIC16F737; PIC16F76;
PIC16F767; PIC16F870; PIC16F872; PIC16F873A;
PIC16F876A PIC18C242; PIC18C252; PIC18C248;
PIC18C258 PIC18F2220; PIC18F2320; PIC18F242;
PIC18F2439; PIC18F248; PIC18F252; PIC18F2539;
PIC18F258
PIC16C62(A)(B); PIC16C63(A); PIC16C66;
PIC16C641; PIC16C642; PIC16C72(A);
PIC16C73(A)(B); PIC16C76; PIC16C745; PIC16C773;
PIC16F72; PIC16F73; PIC16F737; PIC16F76;
PIC16F767; PIC16F870; PIC16F872; PIC16F873A;
PIC16F876A
PIC16C64(A); PIC16C65(A)(B); PIC16C661;
PIC16C662; PIC16C67; PIC16C74(A)(B); PIC16C765;
PIC16C77; PIC16C774; PIC16F74; PIC16F747;
PIC16F77; PIC16F777; PIC16F871; PIC16F874;
PIC16F877; PIC16F874A; PIC16F877A; PIC18C442;
PIC18C452; PIC18C448; PIC18C458; PIC18F4220;
PIC18F4320; PIC18F442; PIC18F4439; PIC18F4539
PIC16C63(A);PIC16C72(A); PIC16C73(A)(B);
PIC16F72; PIC16F73; PIC16F737; PIC16F76;
PIC16F767; PIC16F873A; PIC16F876A
PIC16F74; PIC16F77; PIC16F874A; PIC16F877A;
PIC18F4220; PIC18F4320; PIC18F442; PICF452;
PIC18F4439; PIC18F4539
PIC16C52; PIC16C54; PIC16C55; PIC16C56;
PIC16C57; PIC16C58 (All version)
PIC16C52; PIC16C54; PIC16C55; PIC16C56;
PIC16C57; PIC16C58 (All version)
61
GAP5XG-SS20
PIC16C52; PIC16C54; PIC16C56; PIC16C58 (All
20-pin SSOP
version)
(20SS)
PIC16C55; PIC16C57 (All version)
GAP5XG-SS28
28-pin SSOP
(28SS)
GAP78XG
20-pin DIP
PIC16C770; PIC16C771; PIC16C781; PIC16C782
(20SP)
GAP78XG-SO
20-pin SOIC
PIC16C770; PIC16C771; PIC16C781; PIC16C782
(20SO)
GAP78XG-SS
20-pin SSOP
PIC16C770; PIC16C771; PIC16C781; PIC16C782
(20SS)
PIC16C923; PIC16C924; PIC16C925; PIC16C926
GAP92X-PL68
68-pin PLCC
(68L)
PIC16C923; PIC16C924; PIC16C925; PIC16C926
GAP92X-TQ64
64-pin TQFP
(64PT)
*Please check our web site for the latest program adapters and device support.
*Programming adapters will support all versions of PIC devices, unless otherwise noted.
62
付録 B: MPIC-ISP8A イン-システム・プログラミング・モジュール
MPIC-ISP8A は既に基板にある PIC12/16/18 デバイスを GP3000 を使ってプログラムするための
8 個書き用のイン・システム・プログラミング・モジュールです。
JP1 & JP2 イネーブル:PIC18C(F)XXX ファミリー(※ このオプションは JP3 & JP4 に統合されまし
た。)
JP3 & JP4 イネーブル: PIC16/18C(F)XXXX (28/40-PIN)ファミリー※このセレクションは GAP40G
と GAP18G プログラミング・アダプターと同じです。
JP5 & JP6 イネーブル: PIC10/12/16/18C(F)XXXX (8/14/18-PIN)ファミリー ※このセレクションは
GAP1247G プログラミング・アダプターと同じです。
JP7 & JP7 *未使用
上記のような PCB モジュールで構成されており、MPIC-ISP8A モジュールのモジュラー・コネクターか
ら 8 つまでの基板上の PIC デバイスに 8 つのケーブルで接続されます。
MPIC-ISP8A は GP3000 の他のモジュールを使用するのと同じように最初にコードとヒューズ設定を
GP3000 にダウンロードし、MPIC-ISP8A を GP3000 に接続してプログラミングを開始します。
電源選択ジャンパー
JP9 は大変急峻な+VDD の立ち上がり時間を持っており、+VDDX は 8-pin/18-pin デバイスに使用する事を
推奨します。またこれは、ほとんどのフラッシュ・デバイスとなります。
63
JP10(+VDD)は 緩やかな +VDD 立ち上がり時間を持っており、 +VDD はほとんどの OTP デバイスに使用
する事を推奨します。
ISP ケーブル
RJ12(6P6C)を一方に持った約 50cm(20inch)のケーブルです。他方はユーザーのターゲット・ボードに
接続するようにオープンにしてあります。
ワイヤーカラー
信号名
WHT(白)
VPP
BLK(黒)
VDD
RED(赤)
GND
GRN(緑)
RB7(SDATA)
YEL(黄)
RB6(SCLK)
ケーブルの 5 つの線にはラベルが有り、プログラミング中は VPP と VDD 含む全ての電圧は GP3000 に
より供給されます。
重要 1) もし、プログラムが 8 つのデバイスで同時に失敗した場合は、ケーブルを短くして下さい。
2) もし、ターゲット・アプリケーションへのロードが重い場合(50mA +5V 以上)は、イン・シス
テム・プログラミング中に各ターゲットに VDD (+5V)を供給する必要があります。
64
付録 C: GP3000 から PGM2000(旧機種)へのコンバータ・モジュール
GP3000 は PGM2000 プログラミング・アダプターと下位互換になっております。
“GP3000 から PGM2000 へのコンバータ・モジュール” を使用することで PGM2000 のアダプターをそ
のままご使用頂けます。このモジュールは GP3000 プログラミング信号ピンを PGM2000 のプログラミ
ング・ピンのコンフィギュレーションに変換します。これは PGM2000 ユーザーのためのオプション・
モジュールです。
65
付録 D: スタンド・アローン・モードでの PIC18FXXX コート・プロテクションの設定手順
マイクロチップ PIC18FXXX ファミリーは大変洗練されたコード・プロテクションの手法を提供してい
ます。
もし、生産環境でコード・プロテクション・チップを生産するために GP3000 をスタンド・アローン・
モードのみでしか使用出来ない場合。
これらは PIC18FXXX ファミリーに関連したコード・プロテクション・ビットです。スタンド・アロー
ン・モードでこれらのビットをイネーブル、そして、ディスエーブルすることが出来ます。詳細につい
てはマイクロチップ PIC18FXXX プログラミング・スペシフィケーションをご覧下さい。
ビット名
CP0
説明
コード・プロテクション・ビット(コード・メモリー領域 0200h-1FFFh)
1 = コード・メモリーはコード・プロテクトされていません。
0 = コード・メモリーはコード・プロテクトされています。
CP1
コード・プロテクション・ビット (コード・メモリー領域 2000h-3FFFh)
1 = コード・メモリーはコード・プロテクトされていません。
0 = コード・メモリーはコード・プロテクトされています。
CP2
コード・プロテクション・ビット (コード・メモリー領域 4000h-5FFFh)
1 = コード・メモリーはコード・プロテクトされていません。
0 = コード・メモリーはコード・プロテクトされています。
CP3
コード・プロテクション・ビット (コード・メモリー領域 6000h-7FFFh)
1 = コード・メモリーはコード・プロテクトされていません。
0 = コード・メモリーはコード・プロテクトされています。
CPB
コード・プロテクション・ビット (ブート・ブロック、メモリー領域 000h-1FFh)
1 = ブート・ブロックはコード・プロテクトされていません。
0 = ブート・ブロックはコード・プロテクトされています。
CPD
コード・プロテクション・ビット (data EEPROM)
1 = データ EEPROM はコード・プロテクトされていません。
0 = データ EEPROM はコード・プロテクトされています。
“Secured Functions[安全機能]”をアクティブにするための更に詳しい情報は 3 章と 4 章を参照して下さい。
“PROGRAM1(2) <READY>” メニューで、SELECT_UP ボタンを使用することで、コード・プロテク
ト・ビットを選択することができます。そして、EXECUTE ボタンで選択を確認して下さい。
安全機能[“Secured Functions”]をどのようにアクティベートするかは 3 章と 4 章を参照してください。
コード・プロテクト・ビットを選択するためには"PROGRAM1(2) <READY>" メニューで、
SELECT_UP ボタンを使用し、そして、選択を確認するために EXECUTE ボタンを使用します。
ノート GP3000 は PIC18FXXX ファミリーに対して"CP0, CP1, CP2, CP3, CPB, CPD" コード・プロテ
クション・ビット選択のみをイネーブルにすることが出来ます。PIC12/14/16 ファミリ−では"CP0 と
CP1" コード・プロテクション・ビットのみをイネーブルすることが出来ます。
詳細はマイクロチップ社プログラミング・スペシフィケーションを参照してください。
66
ノート: PIC18Fxxxx ファミリーはコンフィギュレーション・ヒューズの設定が非常に複雑ですので、
それらのヒューズの設定は GP3KUSB ソフトウエアを使用することをお薦めします。
PROGRAM メニューでの LCD 表示シーケンス:
PROGRAM1(2) <SELECT>
ALL CODE PROTECT
PROGRAM1(2) <SELECT>
0200-1FFFH CP0=0
PROGRAM1(2) <SELECT>
2000-3FFFH CP1=0
PROGRAM1(2) <SELECT>
4000-5FFFH CP1=0
PROGRAM1(2) <SELECT>
6000-7FFFH CP1=0
PROGRAM1(2) <SELECT>
0000-01FFH CPB=0
PROGRAM1(2) <SELECT>
DataEEPROM CPD=0
すべてのコード・プロテクション・ビットのデフォルト設定は“1”です。これらのビットをイネーブルす
るには EXECUTE ボタンを使用しなければいけません。
サンプル:
例えば、PIC18F452 チップのためにメモリー領域: 2000h-3FFFh (CP1) とブート・ブロック (CPB)をコ
ード・プロテクトする必要がある場合。:
スタンド-アローン・モードでのセットアップのステップは下記のようになります。:
1. “FUNCTION, SELECT_UP, EXECUTE” ボタンを同時に押すことで、“Secured Function Mode”[安全
ファンクション・モード]をイネーブルにして下さい。
DEVICE1 18F452
MODIFY ENABLE…
2.
“FUNCTION”を1度だけ押します。“PROGRAM1(2)” メニューへ行きます。
PROGRAM1 <READY>
NO CODE PROTECT
AUTO
3.
“CP1” コード・プロテクション・ビットを選択するために“SELECT_UP”を数度押します。
PROGRAM1 <SELECT>
2000-3FFFH CP1=0
4.
“NO CODE PROTECT” と “AUTO” が前後してフラッシュされます。
CP1=0 をイネーブルするために“EXECUTE”を押しますと LCD が
次の選択に進みます。
“CPB” コード・プロテクション・ビットを選択するために“SELECT_UP”を数度押します。
PROGRAM1 <SELECT>
2000-3FFFH CP1=0
CPB=0 をイネーブルするために“EXECUTE”を押しますと LCD が
次の選択に進みます。
67
5. “ビープ音”が聞こえるまで “SELECT_UP” を数度押します。LCD にデバイス・タイプとチェックサ
ム・メニューと下記の様に表示されます。
DEVICE1 18F452
CKSUM=xxxx <yyyy>
6. Press “FUNCTION” once to select PROGRAM メニューを選択するために“FUNCTION” を 1 度押しま
す。 LCD がコード・プロテクション・ビットの状態を下記の様に表示します。
PROGRAM1 <READY>
CPD,B=10
CP=1101
CPB と CP1 が “0”にセットされました。
コード・プロテクション・ビットを確認した上で、プロテクトさ
れたチップをプログラムするために “EXECUTE” ボタンを押して
下さい。
68
Fly UP