...

TP-4281C

by user

on
Category: Documents
333

views

Report

Comments

Description

Transcript

TP-4281C
取 扱 説 明 書
TP-4281C
REV.1.3
ナダ電子株式会社
技2M-120420
改 訂 記 録
REV No
ページ
内
容
日 付
1.0
Ⅰ-11
2.3)ペーパーエンド 修正
13.09.24
1.1
Ⅰ-22
□間欠印字について 追加
14.06.16
1.2
Ⅲ-26
外観図(ND123-276) 誤記修正
15.04.08
1.3
Ⅲ-25
外観図(ND123-241) 電源ユニットを三価クロム白に変更
16.11.11
* * *
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
目
次
* * *
概 要 ······················································································································ Ⅰ-1
特 長 ······················································································································ Ⅰ-1
型式について············································································································· Ⅰ-1
仕 様 ······················································································································ Ⅰ-1
ご用意される電源について·························································································· Ⅰ-3
文字種類 ··················································································································· Ⅰ-3
付属品 ······················································································································ Ⅰ-3
印字見本 ··················································································································· Ⅰ-4
設置について············································································································· Ⅰ-4
使用上の注意事項 ······································································································ Ⅰ-5
禁止事項 ··················································································································· Ⅰ-5
保証期間と修理対象期間について ················································································ Ⅰ-5
ご使用になる前に ······································································································ Ⅰ-6
各信号の説明············································································································· Ⅰ-7
信号の入出力タイミング ····························································································· Ⅰ-10
入出力回路構成·········································································································· Ⅰ-13
コネクタへの配線 ······································································································ Ⅰ-14
結線 ························································································································· Ⅰ-17
ディップスイッチの設定 ····························································································· Ⅰ-19
機能説明 ··················································································································· Ⅰ-20
テスト印字 ················································································································ Ⅰ-21
印字スピードと印字分割について ················································································ Ⅰ-21
電源付仕様での印字分割制御について ·········································································· Ⅰ-21
間欠印字について ······································································································ Ⅰ-22
バッファフル印字について·························································································· Ⅰ-22
受信バッファフルについて·························································································· Ⅰ-22
アイソレート仕様でのデータ転送について···································································· Ⅰ-22
紙送り許容差について ································································································ Ⅰ-22
他機種との互換性について·························································································· Ⅰ-23
カット動作と印字位置について···················································································· Ⅰ-23
Visual Basic(Ver.5.0/6.0)による印字サンプルプログラム················································· Ⅰ-24
動作しない時について ································································································ Ⅰ-25
□ 制御コード一覧·········································································································· Ⅱ-1
□ 制御コード解説·········································································································· Ⅱ-3
□
□
□
□
□
□
シフトJIS漢字指定 ································································································ Ⅲ-1
キャラクタ・コード表 ································································································ Ⅲ-2
漢字コード表の見方 ··································································································· Ⅲ-3
漢字第一水準············································································································· Ⅲ-4
漢字第二水準············································································································· Ⅲ-11
外観図 ······················································································································ Ⅲ-24
□ 概 要
TP-4281Cは、ラインサーマル方式の高速プリンタです。
内部にはANK160文字を内蔵し、JIS第一水準・第二水準の漢字の印字が行える多機能なプリンタ
です。
□ 特 長
1.ANK160文字(4種類)及び 漢字JIS第一、第二水準(16×16,24×24 ドット)の印字
2.発券に便利な大形数字(48×96 ドット)の印字
3.シフトJISコードによる漢字コード指定
4.バーコード(6種類)及び QRコードの印字
5.記録紙の装着が簡単なプラテン分離機構のメカニズムを採用
6.弊社 TP-102KCの互換機として使用可能
□ 型式について
パネルタイプ
TP-4281C
TP-4281C -3
TP-4281C -2
TP-4281C -5
TP-4281C -1(XX)2
TP-4281C -1(XX)5
プリンタ駆動電源の種類
DC5V 仕様
DC24V 仕様
AC100V 仕様
AC100V 強化型
AC100V アイソレート仕様
AC100V 強化型アイソレート仕様
(XX) はアイソレート電圧が指示されます。 24V の場合は、TP-4281C -1(24)2 となります。
当取扱説明書で述べられる DC5V 仕様 や AC100V 仕様 は上表の型式の製品を示します。
□ 仕 様
1.インターフェース
2.印字方式
3.ドット総数
4.ドット密度
5.印字有効幅
6.印字速度
(印字率 25%)
7.紙送り速度
8.文字寸法
ANK
8×16
12×24
16×16
24×24
漢字
16×16
24×24
大数字
48×96
TP-4281C
パラレル(セントロニクス準拠)
シリアル(RS-232C)
ラインサーマル方式
384 ドット/ライン
8 ドット/㎜
48 ㎜
約25 ㎜/s
(2分割)
約25 ㎜/s
幅(㎜)
高さ(㎜)
1
2
1.5
3
2
2
3
3
2
2
3
3
6
12
Ⅰ-1
TP-4281C
9.印字桁数
ANK
漢字
大数字
42(桁間
32(桁間
24(桁間
16(桁間
24(桁間
16(桁間
8(桁間
8×16
12×24
16×16
24×24
16×16
24×24
48×96
1)
0)
0)
0)
0)
0)
0)
10.バーコード
2of5(ITF)
,JAN(13,8)
,2of7(NW7)
,
3of9(CODE39)
,UPC-A,QR
11.記録紙
サーマルペーパー
+0.2
紙幅
57.5 0 ㎜
0
ロール紙外径
φ50 -0.5
㎜
長さ
30±1m
巻心内径
φ12±0.2㎜
巻心外径
φ18±0.2㎜
紙厚
64±5μm
坪量
58±5g/㎡
弊社品番
NP-580
12.動作環境
温度 0~45℃(但し印字保証は5~40℃)
湿度 35%~80%RH(非結露)
13.信頼性
常温(25℃)、常湿(60%RH)、印字率 12.5%、記録紙NP-580使用時
寿命
600万行
磨耗故障時期に入り始めるポイントです。
MCBF
1500万行 寿命600万行に至るまでの磨耗系故障、偶発的故障を含め
た総合的な平均故障間隔を表す。
ヘッド寿命
耐パルス性
1 億パルス以上
耐磨耗性
50㎞以上
カッター寿命
100万回
カット頻度 20カット/分 以下
14.電源
平均電流は印字率 25%(1 分割)
ピーク電流は印字率 50%(2 分割)
DC5V
DC24V
AC100V
仕様
入力電圧
DC5V±5%
DC18~36V
AC85~132V (注)
平均電流
約 2.1A
約 0.5A
約 0.2A
ピーク電流
約 2.9A
約 1.4A
約 1.2A
待機時電流
約 55mA
約 46mA
約 35mA
突入電流
約 2.1A
約 1.9A
約 20.0A
15.質量
ロール紙含まず
DC5V 仕様
約210g
DC24V 仕様
約480g
AC100V 仕様
約510g
AC100V 強化型
約610g
16.スイッチ内 LED の状態 待機時・・・消灯
注) 製品に使用されていますプラグ付電源ケーブルは国内向のため最大使用電圧は
125V となっています。125V 以上で使用される場合は、プラグを変更して下さい。
型式末尾-6 として AC85~264V 仕様の製品があります。型式末尾-6 使用の場合当取説の AC85~132V
を AC85~264V に置き換えて読んで下さい。また 125V 以上で使用される場合、あるいは国外での使用
時には使用国に応じた電源プラグを取り付けてください。
Ⅰ-2
□ ご用意される電源について
1.DC5V 仕様
前項14 電源の突入電流は起動時0Vから入力される場合の
もので、ご用意される電源により異なる場合があります。
+5V入力単端に220μFのコンデンサが接続されています。
コンデンサの影響を受けることなく0.5秒以内に起動する
電源をご用意下さい。
2.DC24V 仕様
前項14 電源の突入電流は起動時0Vから入力される場合の
もので、ご用意される電源により異なる場合があります。
突入電流に耐え、0.5秒以内に起動する電源をご用意下さい。
3.AC100V 仕様
電源ラインに、スイッチ,ヒューズを設ける場合は突入電流に
耐えるものをご用意願います。
通常、各電力会社からのAC電源を使用していただきますが、
UPS等の機器からAC電源を供給される場合、規定の電圧,
周波数のもとでご使用下さい。
□ 文字種類
1.ANK 8×16
JIS160文字
2.ANK12×24
JIS160文字
3.ANK16×16
JIS160文字
4.ANK24×24
JIS160文字
5.漢 字(JIS X 0208-1983 準拠)
JIS非漢字
524文字
第一水準漢字 2965文字
第二水準漢字 3388文字
6.大文字
0~9、A~Zの36文字
□ 付属品
TP-4281C -2
TP-4281C -5
TP-4281C -1(XX)2
TP-4281C -1(XX)5
TP-4281C
TP-4281C -3
ロール紙
1巻
インターフェースケーブル 1 本
電源ケーブル
1本
取付金具
取扱説明書/操作説明書
(CD-ROM)
NP-580
1m
XG4M-2630-T
1m
VHR-2N
電源付きのみ
1.5m(アース線 1m)
VHR-3N
1式
1枚
Ⅰ-3
□ 印字見本
ANK8×16と倍角
ANK12×24と倍角
ANK16×16と倍角
ANK24×24と横倍角
漢字16×16と倍角
漢字24×24と横倍角
漢字24×24縦倍角と4倍角
大文字
外字登録による印字と倍角
(漢字16×16,24×24)
□ 設置について
1.高温、多湿での環境下での使用は特に注意して下さい。
温度と湿度の使用範囲図は、下図を参照して下さい。
30℃80%
80
35℃70%
70
40℃60%
60
湿
度 50
%
45℃50%
印字保証温湿度範囲
35
動作保証温湿度範囲
0
5
30
40
50
温度℃
高温多湿での状況下で長時間置かれると、用紙がヘッド 及び プラテンローラと密着している為
はりつく現象が発生し、印字時の用紙送りが正常に行えない場合があります。
又 長い時間動作しない場合にも 同様の現象が発生する場合があります。
2.本機には、ラインサーマルヘッドが使用されています。サーマルヘッドの寿命を損なう恐れがある為、
ゴミ、埃の多い場所での使用は避けて下さい。
Ⅰ-4
□ 使用上の注意事項
1.記録紙がセットされていない状態で印字すると プリンタが損傷する可能性がある為、必ず記録紙をセッ
トしてから印字を行って下さい。
2.メカ部の主な板金部(プレス部)は メッキ鋼板を使用している為、端面に多少の錆が発生する場合があ
ります。
3.低温時で使用する場合、印字開始時にサーマルヘッドが冷えているため、初期印字が薄くなることがあ
ります。
4.高温時で使用する場合、印字ににじみ等が発生する場合があります。
5.連続印字(特に黒ベタ、千鳥格子)を行うと記録紙から発生する水蒸気により記録紙が汚染される場合
があります。
6.製品に振動が加わる場所での使用はご相談ください。微弱な振動でも長時間加わると直接的な障害の他
に二次的障害により予想外の不具合が発生する場合があります。
□ 禁止事項
1.印字中及び印字終了直後は、サーマルヘッド近傍、モータ表面は高温になるため、直接触れないこと。
2.結露状態での使用は行ってはならない。もし結露した場合は、結露がなくなるまでプリンタに通電
しないこと。
3.記録紙及びプラテンに異物などの付着のないこと。
4.ヘッドダウン状態での紙の引き抜き(正逆方向)は行わないこと。
□ 保証期間と修理対象期間について
1.プリンタの保証期間は、出荷後6ヶ月間とします。
2.保証期間を過ぎたもの 及び 保証期間内でユーザー側責任(使用範囲を越えた使用並び使用中の落下な
どによる破損、天災など)による故障については保証外とします。
3.保証期間内においても寿命を越える使用による故障は保証外とします。
4.修理対象期間は製造中止後5年間とします。
5.メカニズム等の一部部品については、保全を前提としていないためユニットごと交換する場合がありま
すのでご了承下さい。
6.本装置の運用を理由とする損失、逸失利益等の請求については、いかなる責任も負いかねますので、予
めご了承下さい。
Ⅰ-5
□ ご使用になる前に
パネル面のスイッチの説明や、記録紙の交換方法が操作説明書に記載されています。
プリンタの電源を入れる前に操作説明書を必ずお読み下さい。
お買い上げいただきましたプリンタを使用するには、当取扱説明書に従い
各信号の内容を確認
各信号をホスト側と結線する
使用するタイプを選択(ディップスイッチの設定)
制御コマンドを確認しながら動作プログラムの開発
開発終了後の実際の使用環境下での動作テスト
の順で行うことになります。
それでは、次ページの□ 各信号の説明をお読み下さい。
Ⅰ-6
□ 各信号の説明
当取扱説明書に記載される各入出力の“HIGH”
、
“LOW”レベルは
HC-MOSレベル “HIGH”レベル:HC-MOS規格での論理1(通常5Vを示す)
“LOW”レベル :HC-MOS規格での論理0(通常0Vを示す)
RS-232C規格 “HIGH”レベル:RS-232C規格の+側電圧範囲
“LOW”レベル :RS-232C規格の-側電圧範囲
アイソレート仕様
“HIGH”レベル:プリンタ内のフォトカプラーに電流が流れていない状態
“LOW”レベル :プリンタ内のフォトカプラーに電流が流れている状態
を示します。
1.データ入出力端子(セントロニクス準拠 HC-MOSレベル)
1)DATA0~DATA7
8ビットパラレルデータの受信端子です。
これらの端子はパラレルデータ受信時において、BUSY信号が“LOW”レベルを出力して
━━━━━━━
いる場合にSTRB端子が“LOW”レベルになったことを確認してデータ入力を行います。
━━━━━━
この時、データの読み取りタイミングとしてACK端子に“LOW”レベルを出力します。
━━━━━━━
2)STRB
ホスト側からデータセット信号を入力する端子です。
プリンタがこの端子の信号レベルを検出するのは、BUSY信号が“LOW”レベルの時です。
━━━━━━━
STRB端子が“LOW”レベルであれば、プリンタはDATA0~DATA7の信号上に
ホスト側からデータが送られてきたと見なし、データの読み取りを行います。データの読み
━━━━━━
取りを完了するとACKパルスを出力します。
━━━━━━
3)ACK
━━━━━━━
データ読み取り信号です。STRBに対する応答信号で“LOW”パルスを出力します。
(アイソレート仕様では出力しません)
4)BUSY
この信号はプリンタがデータ受信可能であることをホスト側に知らせる信号です。
ホスト側はBUSY信号が“LOW”レベルであることを確認した後、データを出力して
下さい。
この端子が“HIGH”レベルになるのは次の場合です。
━━━━━━━━━━━━━
①システムリセット中(電源投入時、INITIAL信号入力時)
②データ読み取り中
③受信バッファフル時
④ペーパーエンド時
⑤ヘッドアップ時(プラテンユニットがオープンの時)
⑥テスト印字
⑦ヘッド温度監視用サーミスタの断線時
⑧ヘッド温度監視用サーミスタが100℃を感知
⑨オートカッター動作不良時
Ⅰ-7
2.シリアルデータ入出力端子(RS-232C準拠)
1)RXD
この端子はシリアルデータ受信用の入力端子です。
ホスト側からのシリアルデータがこの端子から受信可能になるのは、DTR端子が“HIGH”レベ
ルとなった後です。
2)DTR
この端子はシリアルデータ受信において使用します。
この信号はプリンタがデータ受信可能であることをホスト側に知らせる信号です。
この端子が“LOW”レベルになるのは次の場合です。
━━━━━━━━━━━━━
①システムリセット中(電源投入時、INITIAL信号入力時)
②データ読み取り中
③受信バッファフル時
④ペーパーエンド時
⑤ヘッドアップ時(プラテンユニットがオープンの時)
⑥テスト印字
⑦ヘッド温度監視用サーミスタの断線時
⑧ヘッド温度監視用サーミスタが100℃を感知
⑨オートカッター動作不良時
3)RTS
“HIGH”レベルに固定
Ⅰ-8
3.共通入出力端子(HC-MOSレベル)
1)P.E.
ペーパーエンド時(記録紙が無い時)に“HIGH”レベルを出力します。
ペーパーエンドでは印字動作を行いません。
ペーパーエンド時には、FEEDスイッチのLEDが約1秒の周期で点滅します。
ペーパーエンドの検出には印字メカニズム内部のセンサで行っています。
━━━━━━━━━━━━━
2)INITIAL
電源が投入されている場合に200μs 以上の“LOW”パルスを加えることにより、内部を初期化
して起動します。
制御はオープンコレクタトランジスタで行ってください。
(電源投入時にはOFFにするか、ONからOFFにする。
)
74HC04等のICで制御する場合には注意が必要です。
“HIGH”レベルのまま 電源を投入す
ると初期化用コンデンサが既に充電されているため、初期化されない場合が発生するので電源投入後
に当信号を入力する必要があります。
━━━━━━━━━━━━━
初期化動作はINITIAL信号が解除された時より始まり、内部ICを初期化しメモリーの初期設
定を行います。
━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━
各出力信号(BUSY、ERROR等)はINITIAL信号を解除後100ms 以上経過後に有効
になります。
━━━━━━━━━
3)ERROR
次の条件に“LOW”レベルを出力します。
①ヘッド温度監視用サーミスタの断線時
②ヘッド温度監視用サーミスタが100℃を感知
③通信異常時(オーバーランエラー、フレミングエラー、パリティエラー)
④オートカッター動作不良時
①②のエラー発生時、プリンタは停止し、修理が必要です。
③のエラーは、次のデータ受信が正常であれば、そのデータを正規のデータとして処理し、エラーを
解除します。
(エラー出力の原因となったデータは無視します)
通信異常の発生はノイズの影響を受けている場合があります。
エラーを生じたデータだけでなく、それ以前に受信したデータにおいてもデータの内容が誤ったもの
である可能性があります。
③のエラー発生時には、信号ラインの調査を行ってください。
④のエラー発生時は、プリンタの扉を開けばエラーが解除します。
紙づまり等の動作不良の原因を取り除いてください。
度々④のエラーが発生する場合は修理が必要です。
Ⅰ-9
□ 信号の入出力タイミング
1.パラレル(セントロニクス準拠)
1)データ入力インターフェース
DATA
T1
T2
T3
STRB
T4
受信バッファフル時
BUSY
ACK
T5
2)イニシャル入力
T6
INITIAL
T7
BUSY
3)ペーパーエンド
P.E.
BUSY
ペーパーをセット後のFEEDスイッチの
操作による
Ⅰ-10
2.シリアル(RS-232C準拠)
1)入出力シリアルインターフェース
データ
スタート
RXD
パリティ
ストップ
b0 b1 b2 b3 b4 b5 b6 b7
DTR
T9
T8
T10
受信バッファフル時
ERROR
(通信エラー時)
2)イニシャル入力
T6
INITIAL
T7
DTR
3)ペーパーエンド
P.E.
DTR
ペーパーをセット後の3秒間の記録紙確認時
Ⅰ-11
3.タイミング時間表
略号
MIN
T1
1(100)
T2
2(15)
T3
1(20)
TYP
T4
0.5(50)
T5
T6
MAX
4(0)
200
T7
60ms
T8
200
T9
5
T10
5
注 1) 指示無き単位はμs です。
注 2)( )内の数値はアイソレート仕様の数値です。
注 3) T8は待機状態でボーレート9600bpsでの数値です。
Ⅰ-12
□ 入出力回路構成
名
称
標
準
アイソレート仕様
4.7k
━━━━━━━━━━━━━
INITIAL
━━━━━━━
STRB
74HC14
100
IVCC
R
100PF
DATA0
|
DATA7
P.E.
4.7k
74HC574
IVCC
R
74HC14
━━━━━
ACK
BUSY
IGND
74HC32
━━━━━━━━━
ERROR
IGND
MAX202CSE相当品
RXD
MAX202CSE相当品
DTR
RTS
注) アイソレート仕様にて使用されるRはアイソレート電圧(IVCC)によ下記の値となります。
24V…2.4KΩ、 12V…1.2KΩ、 5V…510Ω
使用されるフォトカプラーはシャープPC817、東芝TLP521相当品で、出力側の使用最大電圧
は35V、電流は50mA 以内として下さい。
Ⅰ-13
□ コネクタへの配線
1.コネクタ配置図
電源無し
電源付
(DC24V, AC100V, アイソレート)
AC
1 L
2 N
3 FG
DC
+
-
AC100V
DC24V
DC12V
L-GND
GND
SELECT
I-GND
注意
電源確認
NADA ELECTRONICS,LTD.
MADE IN JAPAN
2.電源供給コネクタ(CN1)
PIN. No.
DC5V 仕様
1
+5V
2
GND
3
プリンタ側コネクタ
S2P-VH
VHR-2N
ケーブル側コネクタ
コネクタ:日本圧着端子製造(株)
DC24V 仕様
+24V
GND
B2P-VH
VHR-2N
25
1
26
2
AC100V 仕様
AC100V
AC100V
FG
B3P-VH
VHR-3N
DATA
I/O
アイソレート仕様
AC100V
AC100V
FG
B3P-VH
VHR-3N
DC5V仕様の場合、電源ラインを長くすると電圧降下により印字ムラ等が発生しますので、出来るだ
け付属の専用ケーブルで短く配線して下さい。
専用ケーブルを使用しない場合には必ず0.5㎜ 2 以上の電線を使用して下さい。
Ⅰ-14
3.入出力用コネクタ(CN2)
PIN.No.
1
3
5
7
9
11
13
15
17
19
21
23
25
名
称
GND
ERROR
P.E.
INITIAL
DTR
RTS
RXD
パラレル
○
○
○
○
×
×
×
シリアル
○
○
○
○
○
○
○
GND
GND
GND
○
○
○
○
○
○
使用コネクタ
電源無し
電源付
プリンタ側
ケーブル側
PIN.No.
2
4
6
8
10
12
14
16
18
20
22
24
26
○;接続
×;なし
名
称
パラレル
シリアル
STRB
○
×
DATA0
○
×
DATA1
○
×
DATA2
○
×
DATA3
○
×
DATA4
○
×
DATA5
○
×
DATA6
○
×
DATA7
○
×
ACK
○
×
BUSY
○
×
GND
○
○
製造メーカー:オムロン㈱
XG4C-2634
XG4C-2631
XG4M-2630-T
赤色
コネクタ
PIN No.
1
2
3
・
・
・
・
・
25
26
注 1) 未記入部には何も接続しないで下さい。
注 2) 信号ラインを長くすると、ノイズの影響を受け易くなりますので、出来るだけ付属の専用ケーブ
ルで短く配線して下さい。
注 3) DC5V仕様の場合、簡易ロックタイプのコネクタを使用していますので、ケーブルに張力が
かからない様に配線して下さい。
Ⅰ-15
4.入出力用コネクタ(CN2)アイソレート仕様
PIN.No.
1
3
5
7
9
11
13
15
17
19
21
23
25
名
称
GND 注 5
ERROR
P.E.
INITIAL
DTR
RTS
RXD
IVCC 注 3
IVCC 注 3
IVCC 注 3
I-GND 注 4
I-GND 注 4
I-GND 注 4
使用コネクタ
プリンタ側
ケーブル側
パラレル
○
○
○
○
×
×
×
○
○
○
○
○
○
シリアル
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
PIN.No.
2
4
6
8
10
12
14
16
18
20
22
24
26
○;接続
×;なし
名
称
パラレル
シリアル
STRB
○
×
DATA0
○
×
DATA1
○
×
DATA2
○
×
DATA3
○
×
DATA4
○
×
DATA5
○
×
DATA6
○
×
DATA7
○
×
○
×
BUSY
○
×
I-GND 注 4
○
○
製造メーカー:オムロン㈱
XG4A-2631
XG4M-2630-T
赤色
PIN No.
1
2
3
・
・
・
・
・
25
26
コ
ネ
ク
タ
注 1) 未記入部には何も接続しないで下さい。
注 2) 信号ラインを長くすると、ノイズの影響を受け易くなりますので、出来るだけ付属の専用ケーブ
ルで短く配線して下さい。
注 3) アイソレート電源の(+)側入力となります。
注 4) アイソレート電源の(-)側入力となります。
注 5) GND SELECTスイッチにて内部のロジックGND(L-GND)とアイソレートGND
(I-GND)が選択できます。
シリアル通信を使用する時はL-GND側で使用して下さい。
Ⅰ-16
□ 結線
1.標準仕様
1)パラレルにて使用時
アンフェノール
14 PIN
プリンタ側
STRB
DATA 0
DATA 1
DATA 2
DATA 3
DATA 4
DATA 5
DATA 6
DATA 7
ACK
BUSY
P.E.
ERROR
INITIAL
GND
2
4
6
8
10
12
14
16
18
20
22
5
3
7
1
<
<
<
<
<
<
<
<
<
>
>
>
>
<
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
14
ホスト側
アンフェノール
36 PIN
DOS/V
Dサブ25PIN
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
32
31
19
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
15
16
18
2)シリアルにて使用時
ホスト側
(例1)
Dサブ25PIN
(例2)
プリンタ側
GND
DTR
RTS
RXD
1
9
11
13
>
>
<
7
6
5
2
7
5
6
2
GND
CTS
DSR
TXD
(例1)
Dサブ9PIN
(例2)
1
1 DCD
5
6
8
3
5
8
6
3
GND
CTS
DSR
TXD
プリンタからのDTRとRTSをホスト側のDSR、CTSに接続する部分が異なります。
ホスト側の信号でオープン(未接続)でも動作可能の機種も有りますが、上記以外の信号で処理しな
ければならないものがあれば処理を行ってください。
━━━━━━━━━
P.E.やERROR等の信号は、他のI/Oポートで確認します。
Ⅰ-17
2.アイソレート仕様
1)パラレルにて使用時
プリンタ側
アイソレート電源IVCC
アイソレート電源IGND
STRB
DATA 0
DATA 1
DATA 2
DATA 3
DATA 4
DATA 5
DATA 6
DATA 7
BUSY
P.E.
ERROR
INITIAL
IGND
ホスト側
15,17,19
21,23,24,25
2
4
6
8
10
12
14
16
18
22
5
3
7
1
<
<
アイソレート電源(+)
アイソレート電源(-)
<
<
<
<
<
<
<
<
<
>
>
>
<
ホスト機器
フォトカプラー駆動
できる回路とする
2)シリアルにて使用時
プリンタ側
アイソレート電源IVCC
アイソレート電源IGND
P.E.
ERROR
INITIAL
IGND
ホスト側
15,17,19
23,24,25
5
3
7
21
<
<
アイソレート電源(+)
アイソレート電源(-)
>
>
<
ホスト機器
フォトカプラー駆動
できる回路とする
ホスト側
(例1)
Dサブ25PIN
(例2)
プリンタ側
GND
DTR
RTS
RXD
1
9
11
13
>
>
<
7
6
5
2
7
5
6
2
GND
CTS
DSR
TXD
(例1)
Dサブ9PIN
(例2)
1
1 DCD
5
6
8
3
5
8
6
3
GND
CTS
DSR
TXD
プリンタからのDTRとRTSをホスト側のDSR、CTSに接続する部分が異なります。
ホスト側の信号でオープン(未接続)でも動作可能の機種も有りますが、上記以外の信号で処理しな
ければならないものがあれば処理を行ってください。
━━━━━━━━━━━━━
INITIAL信号を使用しない場合は、アイソレート電源は必要ありません。
GND SELECT スイッチは必ずL-GND側にして下さい。
3.接続時の注意点
本機にはパラレル、シリアルの切換スイッチ等はありません。
━━━━━━━
パラレルにて使用する場合はRXD、シリアルで使用される場合はSTRBを切断して下さい。
2系統のホスト(1台はパラレル、1台はシリアル)と接続を保証するものではありません。
Ⅰ-18
□ ディップスイッチの設定
ディップスイッチ詳細図
SX8
ON
ON
SW
機
能
ON
OFF
1
2
データ語長
OFF
5
6
ON
ON
ボーレート
(bps)
19200
7bit
8bit
OFF
ON
9600
3
パリティチェック
有り
無し
ON
OFF
4800
4
パリティ指定
奇数
偶数
OFF
OFF
2400
5
6
ボーレート
別表参照
7
印字方式
テキスタ
リスタ
8
HEXダンプ
有り
無し
注 1) 出荷時は全てOFFに設定してあります。
注 2) 設定を変更する場合は、電源の再投入が必要です。
Ⅰ-19
□ 機能説明
1.データ語長、パリティチェック、パリティ指定
インターフェースがシリアル時に使用します。
通信方法を決めるものでホスト側と合わせる必要があります。
ストップビットについては、1ビット以上となります。
2.ボーレート
インターフェースがシリアル時に使用します。
通信速度を決めるものでホスト側と合わせる必要があります。
SW5、SW6の組み合わせで設定します。
3.印字方式
紙
送
り
方
向
テキスタ印字
リスタ印字
4.HEXダンプ
有りに設定すると、外部より入力されたデータをHEX(16進)コードで印字します。
この機能を使用する事により 外部入力データのチェックを行う事が出来ます。
1ライン分のデータを受信した時点において、HEXダンプの印字を行います。
1ライン分以下の場合は、FEEDスイッチを押す事により印字を行います。
Ⅰ-20
□ テスト印字
━━━━━━━━━━━━━
FEEDスイッチを押しながら電源を投入 又は INITIAL信号入力を行うと、キャラクタセット内の
データをアドレス順に印字(セルフテスト)します。
押し続けている間はセルフテストを行い、押すのを止めるとその時 印字している行を印字し終えてから、
データ受付状態になります。
テスト印字はペーパーエンド時には行いません。
□ 印字スピードと印字分割について
通常 周囲温度が低いと印字スピードは遅く、周囲温度が高い場合には速くなります。
又、印字ヘッド(サーマルヘッド)の温度を監視しており、温度の上昇に伴い速度も速くなりますが、65℃
を越えると印字を停止します。
(この時データの受信は行いますが、
FEEDスイッチによる紙送りは行えま
せん。
)
印字ヘッドの温度が60℃より下がると再び印字動作、紙送り動作を行います。したがって最高温度付近で
は、印字が間欠的になるので印字スピードが遅くなる場合があります。
当プリンタは、印字分割機能(DC2+F)があります。これは電源容量が小さい場合に使用される機能で、
全ドットを1度に通電する1分割が 10Aクラスの電源が必要になるのに対して この分割機能を使用して
2度あるいは3度に分割して印字し、電源容量が小さくても使用できる様にするものです。
印字率25%程度の通常の文章では、印字分割を1として使用していただけますが印字率50%を越える場
合には、印字分割を3以上で使用して下さい。
ここで印字率50%とは、TP-4281C の印字ヘッドが横1列に384ドットありますからその
1/2の192ドット以上を使用する時のことを指します。
具体的には、
‘-’の文字を1行の半分以上印字させる。あるいは、ビットイメージで黒のベタ印字をさせる
様な時のことです。印字分割制御を行うと、印字に時間がかかるため印字スピードは低下します。又、記録
紙を送りながらの印字のため2,4,6分割では中央部、3分割では1/3の位置に最大0.5ドット(0.
063㎜)の印字ずれを生じる場合があります。
□ 電源付仕様での印字分割制御について
電源付(DC24V,AC100V仕様、アイソレート仕様)で使用する場合、次の点を注意して下さい。
印字率25%程度の通常の文章では、印字分割を1として使用していただけますが、内蔵している電源容量
の関係で印字率50%を越える場合には、印字分割を3以上として使用して下さい。
印字分割をしないままで50%を越える印字率で使用するとイニシャライズ動作をする場合があります。
印字率50%を越えて、印字分割を2で使用する場合には電源強化型(型式末尾-5)がありますので、こ
ちらをご検討下さい。
Ⅰ-21
□ 間欠印字について
印字、停止を繰り返し行う間欠印字の場合、ギヤのバックラッシュやゴムローラーの弾性の為、モーターの
再起動時に印字がつながらず、印字がつぶれたり、白く線が入る場合があります。
これを防ぐため印字は出来るだけ連続して行い、間欠印字を避けてください。
間欠印字の場合には次の印字開始時に紙送りコードを最初に入力してください。
□ バッファフル印字について
入力した印字データをプリントアウトするのには通常印字改行コード(0DH)を入力しますが、当プリン
タにはバッファフル印字機能があります。
これは、印字バッファに印字データが1行分入力されると自動的に印字するもので、印字改行コードを必要
としないものです。
印字を開始する条件は、印字データの最後に文字間スペースが取れなくなった場合と、 最小文字(8×
16ドット)がセットできなくなった時です。
(残りドット数が8未満)
例えば文字間スペース1ドットにおいて漢字24×24フォントの文字データを15文字分入力すると、印
字バッファの残りが9ドットありますので印字は開始しません。これを印字させるには印字改行コードを入
力するか、16文字目のデータを入力します。16文字目がANK8×16フォントの場合には印字バッフ
ァが一杯になり、16文字目を最後の文字として印字動作を開始します。16文字目が漢字の場合には、印
字バッファに漢字をセットするスペースが無いので印字を開始し、16文字目は次の行のデータとして記憶
されます。
□ 受信バッファフルについて
当プリンタのデータ受信バッファは64Kバイト(65536バイト)あります。
受信バッファフルとは、受信可能バイト数が256バイト未満になってから512バイト以上に増えるまで
を言います。
受信バッファは、64Kバイトですがリングバッファ形式となっていますので受信したデータを順次処理し
ていくことにより64Kバイト以上のデータが受信可能です。
□ アイソレート仕様でのデータ転送について
1.パラレルでの使用
━━━━━━
アイソレート仕様の場合にはACK出力がありませんので、データ転送は必ずBUSY出力が
“LOW”レベルである事を確認して転送してください。また、フォトカプラーを通じて入出力を行い
ますので、タイミングには充分な余裕をもって行ってください。
また印字を行わない待機時には、フォトカプラーの制限抵抗による発熱を低くするため、フォトカプラ
ーに電流を流さない状態にしてください。
2.シリアルでの使用
GND SELECTスイッチはL-GND側にしてください。
シリアル通信用のGNDは、内部のロジックGNDです。
RS-232Cの回路そのものは絶縁されておりませんので注意してください。
□ 紙送り許容差について
プリンタ単体での紙送り許容差(同一プリンタで同じフォーマットでの印字を行った時の長さの違い)は、
±1%以内となっています。
プリンタ固体間の紙送り許容差(他のプリンタとの同じフォーマットでの印字を行った時の長さの違い)
は、±3%以内となっています。ただし、低温(0℃)では-3%を越える可能性があります。
Ⅰ-22
□ 他機種との互換性について
1.ホスト側のソフトウェアの変更無しで使用できるというソフトウェア互換性を意味します。
したがって物理的な数値(質量等)
、性能(印字速度等)
、使用環境(温度,湿度)
、寿命、取り扱い
方法が同じというものではありません。
2.TP-4281CをTP-102KCの互換機として使用
基本的には問題無く動作し、同じ印字結果が得られます。
ディップスイッチの設定を確認する必要があります。
102KCではインターフェースの指定がありますが、4281Cでは指定する必要はありません。
シリアルで通信する場合、102KCでは9600~1200のスピードの選択が可能ですが、428
1Cでは19200~2400となっています。
102KCの設定を確認のうえ、4281Cを設定して下さい。
3.他機種のディップスイッチの内容
TP-102KC
SW
1
2
3
4
5
6
7
8
機
能
インターフェース
データ語長
パリティチェック
パリティ指定
ボーレート
印字方式
HEXダンプ
ON
OFF
5
6
シリアル
7bit
有り
奇数
パラレル
8bit
無し
偶数
ON
OFF
ON
OFF
ON
ON
OFF
OFF
ボーレート
(bps)
9600
4800
2400
1200
別表参照
テキスタ
有り
リスタ
無し
□ カット動作と印字位置について
カット後の紙づまりを防止するため、カット後は記録紙先端をカッタ刃より前方へ2㎜送ります。
カットフィード(FS+V+n)によりカット後の紙送りをゼロにした場合には、記録紙先端がカッター内
部へ入り紙づまりを発生することがあります。
(記録紙の特性、ロール紙の使用による巻き癖、長い印字間隔等によってごく稀に発生するものです。
)
カット後の記録紙先端から印字位置までは、約6㎜です。
カットフィード(FS+V+n)による制御コードを使用した場合には、6+n ㎜となります。
(電源投入時は初期値n=2のため8㎜となります。
)
n=0とした場合、カット後にLFコード、あるいは印字を行い記録紙先端をカッタ刃より前方へ出る様に
して下さい。
パーシャルカットでは記録紙中央部に一点を残してカットされます。記録紙を引っ張り取り去って下さい。
取り去った後の最初の動作は必ず紙送り動作として下さい。印字動作の場合、文字が縮む場合があります。
これは記録紙を引っ張ることでモータとギヤとの関係が停止時と異なるために発生します。LFコード入力
後に印字データを入力して下さい。
Ⅰ-23
□ Visual Basic(Ver.5.0/6.0)による印字サンプルプログラム
次のプログラムは、
"ナダ電子プリンタ"という漢字を1行と"NADA PRINTER"というANK文字列を1行印字します。
このプログラムを実行するには、まずコミュニケーションコントロールとコマンドボタンを含むフォームモジュールのコードエディタウィンドウに下の
コードを記述します。次に、F5 キーを押して実行し、コマンドボタンをクリックします。
注) 漢字の印字をサポートしていないプリンタには漢字コードを送信しない(①~③行を削除する)で下さい。
Private CanselSend As Boolean
'[ESC]キーで送信中止
Private Sub Command1_Click()
Dim i As Integer, j As Integer
'For 文カウンタ
Dim sendData As String
'送信データ
MSComm1.Settings = "9600,n,8,1"
'ボーレート 9600bps、パリティ無し、データ長 8 ビット、ストップビット 1
MSComm1.CommPort = 1
'COM ポートの 1 を使用します
MSComm1.PortOpen = True
'COM ポートを開きます
If (MSComm1.DSRHolding = False) Then
'プリンタの DTR 信号がオフなら送信を中止します
End
End If
sendData = Chr$(&H1B&) & Chr$(&H40&)
'プリンタの初期化
sendData = sendData & "ナダ電子プリンタ" -----------------------①
sendData = sendData & Chr$(&HD&)
'印字動作 -----------②
sendData = sendData & Chr$(&HA&)
'1 ライン改行 ----------③
sendData = sendData & "NADA PRINTER"
sendData = sendData & Chr$(&HD&)
'印字動作
sendData = sendData & Chr$(&HA&)
'1 ライン改行
For i = 1 To Len(sendData)
Do While MSComm1.OutBufferCount <> 0
'送信バッファが空になるのを待ちます
DoEvents
If (CanselSend = True) Then
'[ESC]キーで中止します
Exit For
End If
Loop
Do While MSComm1.DSRHolding = False
'プリンタの DTR 信号がオンになるのを待ちます
DoEvents
If (CanselSend = True) Then
'[ESC]キーで中止します
Exit For
End If
Loop
MSComm1.Output = Mid$(sendData, i, 1) '1 文字ずつ送信します
Next i
MSComm1.PortOpen = False
'COM ポートを閉じます
End Sub
Private Sub Form_KeyDown(KeyCode As Integer, Shift As Integer)
If (KeyCode = vbKeyEscape) Then
'[ESC]キーを押す
CanselSend = True
End If
End Sub
End Sub
Private Sub Form_Load()
Form1.KeyPreview = True
'マウスよりもキーボードのイベントの方を優先させます
End Sub
※コミュニケーション・コントロールは、Visual Basic の
[プロジェクト(P)]メニューの[コンポーネント(O)]をク
リックし、“コントロール”にある“Microsoft
Comm Control”をチェックする事で使用でき
る様になります。
コミュニケーション・コントロール
Ⅰ-24
コマンド・ボタン
□ 動作しない時について
1.全般
1)電源を入れても全く動作しない
①配線(電源関係)の確認。
②電源電圧の確認。
━━━━━━━━━━━━━
③INITIAL信号を使用している場合には信号レベルの確認。
2)印字動作中にリセットが働く(イニシャル動作を行う)
①電源容量の確認。
②電源電圧の確認。
③電源付の一部の製品には、印字制限があるものがあります。確認して下さい。
3)スイッチによる紙送りはするが印字しない
①記録紙の確認。
(サーマル用紙の裏表)
②サーマル方式のプリンタではヘッドアップレバーを確認。
━━━━━━━
③パラレル仕様ではSTRB信号の確認。
④シリアル仕様では通信プロトコル、データ転送速度が合っているかを確認。
4)記録紙の交換後に印字しない
①記録紙の交換後にFEEDスイッチを操作する事で、交換終了としている製品があります。
FEEDスイッチを操作してみて下さい。
2.印字内容に関して
1)文字が抜ける
①パラレル仕様では、BUSY信号を確認して転送しているかを確認。
②シリアル仕様では、DTR信号を確認して転送しているかを確認。
また、DTR信号を確認するタイミングに誤りがないかを確認。
③シリアル仕様では、DTR信号の配線を確認。
2)文字が化ける(印字内容が転送データと異なる)
①パラレル仕様では、DATA0-7の配線を確認。
②シリアル仕様では、通信プロトコル、データ転送速度が合っているかを確認。
3)同じ文字を2~3度印字する
━━━━━━━
①パラレル仕様では、STRB信号が同一データに対して複数回入力していないかを確認。
4)印字が薄い
①インクリボンを使用するプリンタでは、インクリボンを交換する。
②電源電圧、電源容量を確認。
③サーマル方式では、記録紙のメーカーにより、印字濃度に差が出る場合があります。
Ⅰ-25
□ 制御コード一覧
名
称
機
能
参照ページ
CAN
データ抹消
Ⅱ-3
CR
印字改行
Ⅱ-3
DC4
横倍幅拡大解除
Ⅱ-3
LF
改行
Ⅱ-3
SO
横倍幅拡大指定
Ⅱ-3
ESC
&
外字登録
Ⅱ-4
ESC
3
行間スペース量指定
Ⅱ-4
ESC
@
初期化
Ⅱ-5
ESC
A
行間スペース量指定
Ⅱ-5
ESC
G
フルカット
Ⅱ-5
ESC
H
漢字モード解除
Ⅱ-5
ESC
I
印字方向指定
Ⅱ-5
ESC
J
指定量紙送り
Ⅱ-6
ESC
K
漢字モード指定
Ⅱ-6
ESC
L
大文字指定/解除
Ⅱ-6
ESC
N
縦倍幅拡大指定/解除
Ⅱ-6
ESC
SI
横倍幅拡大解除
Ⅱ-6
ESC
SO
横倍幅拡大指定
Ⅱ-6
ESC
SP
文字間スペース量指定
Ⅱ-6
ESC
V
カット指定
Ⅱ-7
ESC
W
横倍幅拡大指定/解除
Ⅱ-7
ESC
g
パーシャルカット
Ⅱ-7
ESC
h
ANK文字フォント指定
Ⅱ-7
ESC
l
印字位置移動
Ⅱ-7
ESC
s
スクリプト指定/解除
Ⅱ-8
ESC 〈n〉
文字間スペース量指定
Ⅱ-8
ESC
w
縦倍幅拡大指定/解除
Ⅱ-8
FS
&
漢字モード指定
Ⅱ-8
Ⅱ-1
名
称
機
能
参照ページ
FS
DC4
横倍幅拡大解除
Ⅱ-9
FS
SO
横倍幅拡大指定
Ⅱ-9
FS
V
カットフィード
Ⅱ-9
FS
W
4倍角指定/解除
Ⅱ-9
FS
e
縦、横拡大率指定
Ⅱ-9
FS
.
漢字モード解除
Ⅱ-9
FS
*
ビットイメージの登録/印字
Ⅱ-10
DC2
F
印字分割指定
Ⅱ-12
DC2
S
漢字フォント指定
Ⅱ-12
GS
h
バーコードの高さ
Ⅱ-13
GS
k
バーコード印字
Ⅱ-13
GS
w
バーコードサイズ
Ⅱ-14
GS
x
二次元バーコード(QRコード)印字
Ⅱ-15
初期値表
機
能
初
行間スペース量
4ドット(0.5㎜)
文字間スペース量
1ドット
ANK文字フォント指定
8×16ドットフォント
漢字フォント指定
24×24ドットフォント
拡大指定、スクリプト指定
すべて解除
縦横拡大率
縦1倍、横1倍
印字分割指定
2分割
カットフィード
2㎜
Ⅱ-2
期
値
□ 制御コード解説
CAN
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
CR
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
DC4
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
LF
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
SO
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
データ抹消
18H
印字バッファ内のデータを抹消します。
印字改行
0DH
1行分の印字を開始し、設定されている行間ピッチ分を改行します。
印字バッファ内にデータが無い場合には、16ドット+行間スペース量の改行と
なります。
バッファフル印字機能があるため桁数分のデータを入力される時は、当コードの
入力は必要ありません。
(1 行分のデータが入力された時点で、自動的に印字を開
始します。
)
横倍幅拡大解除
14H
SO、ESC SO、ESC W1、FS SOによる横倍幅拡大指定を解除し
ます。
ESC SI、ESC W0、FS DC4 と同じです。
改行
0AH
1行分改行を行います。
改行量は、前回印字によるドットフォント分+行間スペース量となります。
電源投入後にANK8×16を印字し、その後のLFの改行量は
16ドット+4ドット(電源投入時の初期値)=20ドット
の送りとなります。
行間スペース量を8ドットにし、漢字(24×24)の縦倍幅印字を行った後の
LFは56ドット分の送り(7㎜)となります。
横倍幅拡大指定
0EH
以後受信した英数、カナ文字、漢字を横倍幅拡大して印字します。
ESC SO、ESC W1、FS SO と同じです。
Ⅱ-3
ESC &
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
外字登録
1BH 26H 〈n1〉
〈n2〉
〈d1〉~〈d72〉
外字登録を行います。
1)
〈n1〉
〈n2〉は文字コードを指定します。
指定は漢字JISコードの範囲内であれば自由に指定できます。
JISコード内の空番地を利用して専用文字を作成する、あるいは特定の
JISコードの文字を他のフォントに変更する事も可能です。
登録する場合の漢字コードはシフトJISではなく、JISコードで行って
ください。
16文字まで登録可能です。同一JISコードによる再登録は、登録文字数
に加算されません。
17文字以上入力されると、常に最初に登録された文字が上書きされます。
フォントサイズは、登録時の漢字指定により決められます。
2)
〈d1〉
・・・
〈d72〉
フォントのデータです。
漢字24×24の指定時は72バイトのデータを、
漢字16×16の指定時は32バイトのデータを入力して下さい。
7 6 5 4 3 2 1 0
1
4
7
10
2
5
8
11
各ビットは1で印字 0で未印字
3
1
6
3
9
12
31
2
4
32
16×16
70
71
24×24
72
3)参考例
JISコード 3021H (亜)を他のフォントに変更する。
入力するコードは、
1BH 26H 30H 21H 〈d1〉~〈d72〉
印字する場合には、漢字指定を行い 3021H を選択するか、
亜のシフトJISコード 889FH を入力します。
ESC 3
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
行間スペース量指定
1BH 33H 〈n〉
印字後の行間スペース量を指定します。
〈n〉≦ FFH まで指定可能です。
電源投入時は 4ドット(0.5㎜)です。
ESC A と同じです。
Ⅱ-4
ESC @
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
初期化
1BH 40H
プリンタを初期化し、各種設定を初期状態にします。
印字バッファ内のデータを抹消します。
外字登録、
ビットイメージの登録によるデータは、
抹消せずにそのまま残ります。
ESC A
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
行間スペース量指定
1BH 41H 〈n〉
印字後の行間スペース量を指定します。
〈n〉≦ FFH まで指定可能です。
電源投入時は 4ドット(0.5㎜)です。
ESC 3と同じです。
ESC G
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
フルカット
1BH 47H
フルカットします。
ESC V0と同じです。
ESC H
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
漢字モード解除
1BH 48H
漢字モードを解除します。
FS . と同じです。
ESC I
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
印字方向指定
1BH 49H 〈n〉
印字方向(リスタ、テキスタ)を指定します。
〈n〉=30Hまたは00H リスタ印字を指定します。
〈n〉=31Hまたは01H テキスタ印字を指定します。
電源投入時はディップスイッチによる指定となります。
紙
送
り
方
向
テキスタ印字
Ⅱ-5
リスタ印字
ESC J
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
ESC K
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
ESC L
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
ESC N
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
ESC SI
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
ESC SO
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
ESC SP
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
指定量紙送り
1BH 4AH 〈n〉
〈n〉ドット分の紙送りを行います。
00H ≦〈n〉≦ FFH の範囲で指定できます。
印字バッファ内にデータがある場合には、印字後〈n〉ドット分の紙送りを行い
ます。
印字バッファ内にデータがない場合には、
〈n〉ドット分の紙送りを行います。
00H を指定した時は、無視されます。
漢字モード指定
1BH 4BH
漢字モードを指定します。
以後 漢字コード2バイトで1文字分となります。
FS & と同じです。
大文字指定/解除
1BH 4CH 〈n〉
〈n〉=30Hまたは00H 大文字(48×96 ドット)の指定を解除します。
〈n〉=31Hまたは01H 大文字(48×96 ドット)指定します。
指定後送られてきた 30~39H (
‘0’~‘9’
)
、41~5AH(
‘A’~‘Z’
)
のデータは大文字のフォントで印字されます。
30~39H、41~5AH以外は48×96ドットのスペースとなります。
大文字印字には、横倍幅拡大等の拡大機能はありません。
縦倍幅拡大指定/解除
1BH 4EH 〈n〉
英数 カナ文字、漢字の縦倍幅拡大の指定、解除を行います。
〈n〉=30Hまたは00H 縦倍幅拡大を解除します。
〈n〉=31Hまたは01H 縦倍幅拡大を指定します。
ESC w と同じです。
横倍幅拡大解除
1BH 0FH
SO、ESC SO、ESC W1、FS SOによる横倍幅拡大指定を解除し
ます。
DC4、ESC W0、FS DC4と同じです。
横倍幅拡大指定
1BH 0EH
以後 受信した英数 カナ文字、漢字を横倍幅拡大して印字します。
SO、ESC W1 と同じです。
文字間スペース量指定
1BH 20H 〈n〉
文字と文字との間隔をドット単位で指定します。
〈n〉はドット単位のスペース量で00H≦〈n〉≦08Hとしてください。
電源投入時は1ドットとなっています。
ESC 〈n〉 と同じです。
Ⅱ-6
ESC V
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
ESC W
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
ESC g
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
ESC h
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
ESC l
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
カット指定
1BH 56H 〈n〉
フルカット、パーシャルカットの指定を行います。
〈n〉=30Hまたは00H フルカットを行います。
(ESC G と同じです)
〈n〉=31Hまたは01H パーシャルカットを行います。
(ESC g と同じです)
横倍幅拡大指定/解除
1BH 57H 〈n〉
英数 カナ文字、漢字の横倍拡大の指定、解除を行います。
〈n〉=30Hまたは00H 横倍幅拡大を解除します。
(DC4、ESC SI、ESC W0、FS DC4 と同じです)
〈n〉=31Hまたは01H 横縦倍幅拡大を指定します。
(SO、ESC SO、ESC W1、FS SO と同じです)
パーシャルカット
1BH 67H
記録紙のパーシャルカット(1点残し)をします。
ESC V1と同じです。
ANK文字フォントの指定
1BH 68H 〈n〉
ANK文字のドットフォントの指定を行います。
〈n〉=30Hまたは00H 8×16ドットフォントを指定します。
〈n〉=31Hまたは01H 12×24ドットフォントを指定します。
〈n〉=32Hまたは02H 16×16ドットフォントを指定します。
〈n〉=33Hまたは03H 24×24ドットフォントを指定します。
電源投入時は、8×16ドットフォントが指定されています。
印字位置移動
1BH 6CH 〈n〉
次に印字する文字の位置を〈n〉㎜で指定します。
〈n〉はヘッドのドット端からの位置を示し 00H ≦〈n〉≦2FH(47 ㎜)
としてください。
(範囲外は無視します)
20㎜の位置から印字したい時には14H を入力します。
中央付近での印字時に当制御コードを使用すれば、スペースコードを入力して
桁の移動をする必要はなく、また決まった位置に印字する時にも使用します。
Ⅱ-7
ESC s
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
スクリプト指定/解除
1BH 73H 〈n〉
文字の右上、右下に印字するスクリプト文字を指定、解除します。
〈n〉=30Hまたは00H
スクリプトを解除します。
〈n〉=31Hまたは01H
スーパースクリプトを指定します。
〈n〉=32Hまたは02H
サブスクリプトを指定します。
A2
文字の上部に印字されるのがスーパースクリプト
B2
文字の下部に印字されるのがサブスクリプト
スクリプトのフォントは8×9ドットのみで、印字可能な文字は0~9です。
従ってスクリプト指定後のデータは30H~39Hとなり、この範囲外はスペース
となります。
指定されている文字フォント、及び倍幅指定により印字位置も移動します。
ESC 〈n〉
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
ESC w
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
FS &
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
文字間スペース量指定
1BH 〈n〉
文字と文字との間隔をドット単位で指定します。
〈n〉はドット単位のスペース量で 00H≦〈n〉≦08Hとして下さい。
電源投入時は 1ドット となっています。
ESC SP と同じです。
縦倍幅拡大指定/解除
1BH 77H 〈n〉
英数、カナ文字、漢字の縦倍幅拡大の指定、解除を行います。
〈n〉=30Hまたは00H
縦倍幅拡大を解除します。
〈n〉=31Hまたは01H
縦倍幅拡大を指定します。
ESC N と同じです。
漢字モード指定
1CH 26H
漢字モードを指定します。
以後、漢字コード2バイトで1文字となります。
ESC K と同じです。
Ⅱ-8
FS DC4
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
FS SO
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
FS V
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
FS W
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
FS e
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
FS .
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
横倍幅拡大解除
1CH 14H
SO、ESC SO、ESC W1、FS SOによる横倍幅拡大指定を解除
します。
DC4、ESC SI、ESC W0 と同じです。
横倍幅拡大指定
1CH 0EH
以後 受信した英数 カナ文字、漢字を横倍幅拡大して印字します。
SO、ESC SO、ESC W1 と同じです。
カットフィード
1CH 56H 〈n〉
カット後の記録紙送りの長さを〈n〉㎜で指定します。
30H≦〈n1〉≦39H 、または 00H≦〈n1〉≦09H の範囲内を指定し、
この範囲外は39H として処理します。
30H の時には、カット後の紙送りはせず、範囲内の数値が入力されていると、
カット動作後に指定された長さの紙送りを行います。
フルカット、パーシャルカットの両方に有効です。
カットコードの入力前に指定する必要があります。
電源投入時は、初期値2でカット後に2㎜の紙送りを行います。
禁止する場合は、改めて 30H 、又は 00H を設定する必要があります。
4倍角指定/解除
1CH 57H 〈n〉
文字の4倍角印字の指定、解除を行います。
〈n〉=30Hまたは00H 4倍角印字を解除します。
〈n〉=31Hまたは01H 4倍角印字を指定します。
縦、横拡大率指定
1CH 65H 〈n1〉
〈n2〉
文字を〈n1〉
〈n2〉で指示された値で拡大します。
〈n1〉は、縦の倍率を指示します。
31H≦〈n1〉≦34H 、または 01H≦〈n1〉≦04H
〈n2〉は、横の倍率を指示します。
31H≦〈n2〉≦34H 、または 01H≦〈n2〉≦04H
範囲外は、1として処理します。
当制御コードによる指定は他の拡大制御コードより優先されます。
当制御コードで、2倍以上の値を指定し、拡大印字した場合、他の拡大制御コー
ドを入力されても無視されます。
他の拡大制御コードを使用する場合は、当制御コードにより縦、横1倍の指定を
しなおす必要があります。
縦、横1倍の時のみ、他の拡大制御コードが使用できます。
電源投入時の初期値は縦、横 各1倍です。
漢字モード解除
1CH 2EH
漢字モードを解除します。
ESC H と同じです。
Ⅱ-9
FS *
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
ビットイメージの登録/印字
1CH 2AH 〈m〉
〈n1〉
〈n2〉
〈d1〉
・・・
〈dn〉
ビットイメージの登録、印字を行います。
1)
〈m〉は動作モードを示します。
m
動作
内
容
イメージバッファ上にあらかじめ展開されているビットイ
61H
印字 メージデータを〈n1〉
〈n2〉で指定される領域で印字し
ます。
〈n1〉
〈n2〉
で指定されるライン数分のイメージデータ
62H
登録
をイメージバッファ上に展開します。
登録 〈n1〉
〈n2〉
で指定されるライン数分のイメージデータ
63H
印字 をイメージバッファ上に展開し、その後印字します。
〈n1〉
〈n2〉
で指定されるライン数分のイメージデータ
印字
64H
を1ラインごとに印字すると同時にイメージバッファ上に
登録
展開します。
〈n1〉
〈n2〉
で指定されるライン数分のイメージデータ
65H
印字
を1ラインごとに印字します。
2)
〈n1〉
〈n2〉は垂直方向の印字ライン数を指定します。
61H ≦〈m〉≦64Hの場合
1 ≦〈n1〉
〈n2〉≦480
01H ≦〈n1〉
〈n2〉≦01E0H
〈m〉=65Hの場合
1 ≦〈n1〉
〈n2〉≦65535
01H ≦〈n1〉
〈n2〉≦FFFFH
〈n1〉〈n2〉が00の場合次のデータは通常のデータとして処理し、
範囲を越える場合は最大値が使用されます。
3)
〈d1〉~〈dn〉は展開するイメージです。
データ数は、印字ライン数×1ライン分のバイト数となります。
〈m〉=61Hの場合 〈d1〉~〈dn〉は不要です。
bit
bit
各ビットは1で印字 0で未印字
7 6 5 4 3 2 1 0
1
49
97
2
50
98
48 第1ライン
96 第2ライン
144 第3ライン
48n 第nライン
1ラインは48バイトで構成されています。
320ラインまでビットイメージを展開する時の〈n1〉
〈n2〉の値は
320をHEXコードにすると、0140H ですので、
〈n1〉=01H
〈n2〉=40H となります。
〈d1〉~〈dn〉の総バイト数は
320×48=15360バイト となります。
Ⅱ-10
4)リスタ、テキスタの制御について
〈m〉が61H ~63Hの場合には、文字と同様にリスタ、テキスタの制御も
有効です。
〈m〉が64H の場合には入力されるデータを順に印字、登録します。
リスタ、テキスタの制御は有効ではありません。
〈m〉が65H の場合には入力されるデータを順に印字するのみです。
リスタ、テキスタの制御は有効ではありません。
5)
〈m〉=65H の時の注意
印字スピードはデータの転送間隔に左右されます。
例えば、転送スピードを1ms 間隔だとすると、1ライン分の転送でも
48ms かかり、これは2.6㎜/s (約21ドットライン/秒)の
印字スピードになります。
印字スピードにより印字濃度差が出る場合があります。
〔注 意〕
印字、停止を繰り返し行う間欠印字の場合、ギヤのバックラッシュやゴムローラ
ーの弾性のためモーターの再起動時に印字がつながらず、印字がつぶれたり、白
く線が入る場合があります。
例えば30秒ごとにイメージを印字するような場合において前回の印字の最後と
今回の印字の最初とが正確につながらない場合があります。これを防ぐため印字
は出来るだけ連続して印字し、間欠印字を避けてください。
Ⅱ-11
DC2 F
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
DC2 S
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
印字分割指定
12H 46H 〈n〉
印字ヘッドを分割制御します。
31H≦〈n〉≦36Hまたは01H≦〈n〉≦06Hの範囲内とし、範囲外の指定
は電源投入時の初期値となります。
〈n〉=31Hまたは01H 1度にすべて印字ヘッドに通電します。
2~6分割を指定すると、印字ヘッドへの通電を指定した分割数で制御します。
電源投入時の初期値は2分割です。
漢字フォント指定
12H 53H 〈n〉
漢字のドットフォントの指定を行います。
〈n〉=30Hまたは00H 24×24ドットを指定。
〈n〉=31Hまたは01H 16×16ドットを指定。
電源投入時は、24×24ドットが指定されています。
Ⅱ-12
GS h
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
GS k
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
バーコードの高さ指定
1DH 68H 〈n〉
バーコードの印字高さを〈n〉ドットで指定します。
00H≦〈n〉≦60H(96ドット、12㎜)
00Hはバーコードの印字を行いません。
60H以上は、60Hとして処理します。
電源投入時は、10㎜(80ドット、50H)と指定されます。
バーコード印字
1DH 6BH 〈n〉
〈d1〉
〈d2〉
・・・
〈dn〉NULL
バーコードの種類を指定し、印字します。
1)
〈n〉でバーコードの種類を指定します。
〈n〉
種
類
30H
00H
UPC-A
31H
01H
32H
02H
JAN13
33H
03H
JAN8
34H
04H
CODE39
35H
05H
ITF
36H
06H
CODABAR(NW7)
31H、01H及び上記値以外の場合、印字動作を行いません。
2)
〈d〉で印字するデータを指定します。
種
類
データ数
チェックデジット
UPC-A
11 桁 d1~d11
有 り
JAN13
12 桁 d1~d12
有 り
JAN8
7 桁 d1~d7
有 り
CODE39
可変 d1~d20
有 り
ITF
可変 d1~d20
無 し
CODABAR
可変 d1~d20
無 し
CODE39の場合
d1~d20 には印字するデータのみ指定します。
スタート/ストップビットの‘*’を入力する必要はありません。
CODABARの場合
d1~d20 にはスタートビット、
印字データ、
ストップビットの順に指定します。
スタートビット(
‘a’ ‘b’ ‘c’ ‘d’
)
ストップビット(
‘t’ ‘n’ ‘*’ ‘e’
)
ITFの場合
印字するデータ数は必ず偶数桁にしてください。
Ⅱ-13
3)指定できるコード範囲。
種
類
UPC-A
JAN13
JAN8
ITF
CODE39
指定可能コード範囲
‘0’~‘9’
‘0’~‘9’
、
‘A’~‘Z’
、 ‘SP’
‘$’
‘%’
‘+’
‘-’
‘・’
‘/’
CODABAR
‘0’~‘9’
、
‘-’
‘$’
‘:’
‘/’
‘.
’
‘+’
データの最後には必ずNULLコード(00H)を入力して下さい。
例)JAN8 1DH 6BH 33H 31H 32H 33H 34H 35H 36H 37H 00H
4)バーコード印字後、行間スペース量の紙送りを行います。
5)バーコードの高さは一度の指定で12㎜までしか印字できませんが、次の様
にすれば12㎜以上でも印字できます。
また、左右に通常の文字を印字する事も出来ます。
右の例は次の様に入力して印字
させたものです。
(イ) CODABARの文字データを
入力して印字
(ロ) 行間スペース量を0として
バーコードデータを印字
(ハ) バーコードデータを印字
(ニ) 行間スペース量を元に戻し
規格、OK/NG、バーコードを印字
注 1) バーコードの位置は印字位置指定(ESC+l)を利用します。
注 2) バーコードの印字前にバーコードの高さ(例の場合10㎜)
、
バーサイズを指定しなければなりません。
注 3) 同一行に文字を印字させた時に、バーコードの連続部分に印字の薄い
部分が出る場合があります。
GS w
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
〔注 意〕
バーコード、バーコードサイズ
1DH 77H 〈n1〉
〈n2〉
〈n1〉でナローバーの幅を指定します。
〈n2〉でワイドバーの幅を指定します。
〈n1〉
、
〈n2〉とも次の範囲内で指定します。
01H≦〈n〉≦18H(24ドット、3㎜)
00Hは01H、19H以上は18Hとして処理します。
電源投入時は、
〈n1〉=02H、
〈n2〉=05Hと指定されます。
UPC-A、JAN13、JAN8では〈n1〉のみ使用しますが、必ず〈n2〉
も入力して下さい。
読取装置の性能に応じてバーサイズを指定して下さい。
印字するバーコード数とバーサイズによっては、記録紙内に全てのバーコードを
印字できない場合があります。
Ⅱ-14
GS x
〔名 称〕
〔コード〕
〔機 能〕
二次元バーコード(QRコード)印字
1DH 78H 〈n1〉
〈n2〉
〈d1〉
〈d2〉
・・・
〈dn〉
QRコードを印字します。
1)
〈n1〉誤り訂正レベルを指定します。
訂正レベル(復元レベル)
〈n1〉
L( 7%)
4CH
M(15%)
4DH
Q(25%)
51H
H(30%)
48H
上記以外はレベル“M”として処理します。
2)
〈n2〉データ数を指定します。
誤り訂正レベルにより入力できるデータ数が異なります。
訂正レベル
〈n2〉最大データ数
L
154(9AH)
M
122(7AH)
Q
86(56H)
H
64(40H)
最大値を越える値や00Hの場合は無効とし、次のデータを通常のデータと
して処理します。
3)
〈d〉印字するデータを指定します。
00H≦〈d〉≦FFH
データ中にシフトJISコードによる漢字のデータが含まれていても問
題ありませんが、漢字1文字は2バイトの計算となります。
(例)誤り訂正レベル“L”
、印字データ「ナダ電子」の場合
1DH 78H 4CH 08H 83H 69H 83H 5FH 93H 64H 8EH 71H
4)QRコード印字後、行間スペース量の紙送りを行います。
QRコードの上下左右には8ドット以上のマージン(空白)が必要です。
スペースコードを左右に入力したり、改行コードで上下にスペースを設けて
下さい。
5)同一行に文字あるいは他のQRコードを印字することも可能です。
答1
答2
指定された印字位置からのQRコードの印字が最大印字幅を越える場合は
次の行のデータとして印字処理されます。
6)QRコードの仕様について
シンボルサイズ
モデル2
1セルの構成
印字ドット4個
1セルの大きさ
0.25mm×0.25mm
全体の大きさ
誤り訂正レベルとデータ量で変化
イメージの展開
バイナリモード
〔注 意〕
読取装置の性能や印字面の汚れ等の読取環境により正常に読み取れない場合が
あります。
QRコードは株式会社デンソーウェブの登録商標です。
Ⅱ-15
□
シフトJIS漢字指定
漢字を印字させる場合には通常
ESC + K
により漢字モード指定とし、
JIS第一、第二水準の2バイトコードにより漢字を印字しますが、
エスケープシーケンスを使用しなくても、シフトJISコードにより直接漢字
コードを指定することが出来ます。
例."漢字"を印字する場合(□内の数字は16進コードです)
① エスケープシーケンスでの設定
1B + 4B + 34 + 41 + 3B + 7A + 1B + 48 + 0D
ESC+K
②
"漢"
"字"
シフトJISコードでの設定
8A + BF + 8E + 9A + 0D
"漢"
"字"
CR
Ⅲ -1
ESC+H
CR
□ キャラクタ・コード表
b7
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
1
1
1
1
1
1
b6
0
0
0
0
1
1
1
1
0
0
0
0
1
1
1
1
b5
0
0
1
1
0
0
1
1
0
0
1
1
0
0
1
1
b4
0
1
0
1
0
1
0
1
0
1
0
1
0
1
0
1
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
A
B
C
D
E
F
b3
b2
b1
b0
0
0
0
0
0
SP
0
@
P
‘
p
SP
ー
タ
ミ
0
0
0
1
1
!
1
A
Q
a
q
。
ア
チ
ム
0
0
1
0
2
DC2 ”
2
B
R
b
r
「
イ
ツ
メ
0
0
1
1
3
#
3
C
S
c
s
」
ウ
テ
モ
0
1
0
0
4
DC4 $
4
D
T
d
t
、
エ
ト
ヤ
0
1
0
1
5
%
5
E
U
e
u
・
オ
ナ
ユ
0
1
1
0
6
&
6
F
V
f
v
ヲ
カ
ニ
ヨ
0
1
1
1
7
’
7
G
W
g
w
ァ
キ
ヌ
ラ
1
0
0
0
8
CAN (
8
H
X
h
x
ィ
ク
ネ
リ
1
0
0
1
9
)
9
I
Y
i
y
ゥ
ケ
ノ
ル
1
0
1
0
A
*
:
J
Z
j
z
ェ
コ
ハ
レ
1
0
1
1
B
ESC
+
;
K
[
k
{
ォ
サ
ヒ
ロ
1
1
0
0
C
FS
,
<
L
¥
l
|
ャ
シ
フ
ワ
1
1
0
1
D
CR GS
-
=
M
]
m
}
ュ
ス
ヘ
ン
1
1
1
0
E
SO
.
>
N
^
n
~
ョ
セ
ホ
゛
1
1
1
1
F
/
?
O
_
o
SP
ッ
ソ
マ
゜
LF
Ⅲ-2
□
漢字コード表の見方
通常数字は、0,1,2,・・・7,8,9,10,11,12・・・となりますが、当コード表では、
0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,A,B,C,D,E,F,10,11,12・・・となります。
表1は、ひらがな部のコード表の一部ですが、「ぐ」は、シフトJISでは82AE、JISでは
2430と表します。
表1を理解しやすい様に表すと表2の様になり、「ず」は、シフトJISでは82B8、JISでは
243Aと表すことがわかります。
<表1>
<表2>
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
82AE
・
・
2430
・
・
ぐ け げ こ
・
・
ご さ ざ し
・
・
じ す ず せ
・
・
ぜ そ ぞ た
・
・
シフトJIS
JIS
82AE
2430
ぐ
82AF
2431
け
82B0
2432
げ
82B1
2433
こ
82B2
2434
ご
82B3
2435
さ
82B4
2436
ざ
82B5
2437
し
82B6
2438
じ
82B7
2439
す
82B8
243A
ず
82B9
243B
せ
82BA
243C
ぜ
82BB
243D
そ
82BC
243E
ぞ
82BD
243F
た
これらのことにより、「神戸市東灘区」は表3の様になります。
<表3>
シフトJIS
JIS
905F
3F40
神
8CCB
384D
戸
8E73
3B54
市
938C
456C
東
93E5
4667
灘
8BE6
3668
区
Ⅲ-3
漢字コード表
(JIS第1水準)
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
,
ヾ
…
《
>
#
△
;
仝
“
『
∴
§
※
゜
ー
〔
+
′
●
↑
813F
814F
815F
816F
8180
8190
819E
2120
2130
2140
2150
2160
2170
2220
81AE
81BE
81CE
81DE
81EE
2230
2240
2250
2260
2270
E
▽ ≡ ≒ 《
Å ‰
》 √ ∽ ∞
# ♭ ♪ †
∵ ∫ ∬
‡ ¶
824F
825F
826F
8280
8290
2330
2340
2350
2360
2370
0 1
A
P Q
a
p q
2
B
R
b
r
3
C
S
c
s
4
D
T
d
t
5
E
U
e
u
6
F
V
f
v
7
G
W
g
w
8
H
X
h
x
9
I
Y
i
y
J K
Z
j k
z
L M N O
ひ
ら
が
な
829E
82AE
82BE
82CE
82DE
82EE
2420
2430
2440
2450
2460
2470
ぐ
だ
ば
む
ゐ
ぁ
け
ち
ぱ
め
ゑ
あ
げ
ぢ
ひ
も
を
ぃ
こ
っ
び
ゃ
ん
い
ご
つ
ぴ
や
ぅ
さ
づ
ふ
ゅ
う
ざ
て
ぶ
ゆ
ぇ
し
で
ぷ
ょ
え
じ
と
へ
よ
ぉ
す
ど
べ
ら
お
ず
な
ぺ
り
か
せ
に
ほ
る
が
ぜ
ぬ
ぼ
れ
き
そ
ね
ぽ
ろ
ぎ
ぞ
の
ま
ゎ
く
た
は
み
わ
カ
タ
カ
ナ
833F
834F
835F
836F
8380
8390
2520
2530
2540
2550
2560
2570
グ
ダ
バ
ム
ヰ
ァ
ケ
チ
パ
メ
ヱ
ア
ゲ
ヂ
ヒ
モ
ヲ
ィ
コ
ッ
ビ
ャ
ン
イ
ゴ
ツ
ピ
ヤ
ヴ
ゥ
サ
ヅ
フ
ュ
ヵ
ウ
ザ
テ
ブ
ユ
ヶ
ェ
シ
デ
プ
ョ
エ
ジ
ト
ヘ
ヨ
ォ
ス
ド
ベ
ラ
オ
ズ
ナ
ペ
リ
カ
セ
ニ
ホ
ル
ガ
ゼ
ヌ
ボ
レ
キ
ソ
ネ
ポ
ロ
ギ
ゾ
ノ
マ
ヮ
ク
タ
ハ
ミ
ワ
ギ文
リ
シ
ア字
839E
83AE
83BE
83CE
2620
2630
2640
2650
Α
Π Ρ
α
π ρ
Β
Σ
β
σ
Γ
Τ
γ
τ
Δ
Υ
δ
υ
Ε
Φ
ε
φ
Ζ
Χ
ζ
χ
Η
Ψ
η
ψ
Θ Ι Κ Λ
Ω
θ ι κ λ
ω
Μ Ν Ξ Ο
ロ
シ
ア
843F
844F
845F
846F
8480
8490
2720
2730
2740
2750
2760
2770
А
О П
Ю Я
а
о п
ю я
Б В
Р С
Г Д Е Ё
Т У Ф Х
Ж З И Й
Ц Ч Ш Щ
К Л М Н
Ъ Ы Ь Э
б в
р с
г д е ё
т у ф х
ж з и й
ц ч ш щ
к л м н
ъ ы ь э
849E
84AE
84BE
2820
2830
2840
─ │ ┌
┛ ┗ ┣ ┳
╂
┐ ┘ └ ├
┫ ┻ ╋ ┠
┬ ┤ ┴ ┼
┯ ┨ ┷ ┿
━ ┃ ┏ ┓
┝ ┰ ┥ ┸
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
英
・
数
字
文
字
線
枠
.
ゝ
‥
》
≦
&
▲
・
ゞ
‘
「
≧
*
▽
:
〃
’
」
∞
@
▼
?
々
”
』
♂
☆
〒
!
〆
(
【
♀
★
→
゛
〇
)
】
°
○
←
∈ ∋
V
∪ ∩
V
号
 ̄
~
}
=
¢
◆
。
ヽ
|
〉
<
%
■
Ⅲ-4
´
―
〕
-
″
◎
↓
`
‐
[
±
℃
◇
〓
¨
/
]
×
¥
⊆ ⊇
¬ ⇒ ⇔
∠ ⊥ ⌒ ∂
A
記
^
\
{
÷
$
、
_
∥
〈
≠
£
□
∪
JIS
∩
シフトJIS
○
l m n o
μ ν ξ ο
JIS X 0208-1983
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
ア
889E
88AE
88BE
3020
3030
3040
亜 唖 娃
旭 葦 芦 鯵
粟 袷 安 庵
阿 哀 愛 挨
梓 圧 斡 扱
按 暗 案 闇
姶 逢 葵 茜
宛 姐 虻 飴
鞍 杏
穐 悪 握 渥
絢 綾 鮎 或
イ
88BE
88CE
88DE
88EE
893F
3040
3050
3060
3070
3120
夷 委 威 尉
萎 衣 謂 違
稲 茨 芋 鰯
院 陰 隠
惟
遺
允
韻
以 伊
椅 為 畏 異
域 育 郁 磯
因 姻 引 飲
位
移
一
淫
ウ
893F
894F
895F
3120
3130
3140
碓 臼 渦 嘘
雲
右 宇
唄 欝 蔚 鰻
烏 羽 迂 雨
姥 厩 浦 瓜
卯 鵜 窺 丑
閏 噂 云 運
895F
896F
8980
8990
3140
3150
3160
3170
荏 餌 叡
頴 英 衛 詠
園 堰 奄 宴
艶 苑 薗 遠
営
鋭
延
鉛
影 映
疫 益
掩 援
塩
曳 栄 永 泳
駅 悦 謁 越
沿 演 炎 焔
洩 瑛 盈 穎
閲 榎 厭 円
煙 燕 猿 縁
8990
899E
89AE
3170
3220
3230
押 旺 横
屋 憶 臆 桶
於
欧 殴 王 翁
牡 乙 俺 卸
汚 甥 凹 央
襖 鴬 鴎 黄
恩 温 穏 音
奥 往 応
岡 沖 荻 億
89AE
89BE
89CE
89DE
89EE
8A3F
8A4F
8A5F
8A6F
8A80
8A90
8A9E
8AAE
8ABE
8ACE
8ADE
3230
3240
3250
3260
3270
3320
3330
3340
3350
3360
3370
3420
3430
3440
3450
3460
8ADE
8AEE
8B3F
8B4F
8B5F
8B6F
8B80
3460
3470
3520
3530
3540
3550
3560
シフトJIS
JIS
エ
オ
カ
キ
伽
火
迦
介
意 慰 易
医 井 亥
印 咽 員
吋
嬰
液
怨
鴛
価
珂
過
会
魁
咳
柿
角
梶
椛
粥
官
漢
観
玩
佳
禍
霞
解
晦
害
蛎
赫
鰍
樺
刈
寛
澗
諌
癌
加
禾
蚊
回
械
崖
鈎
較
潟
鞄
苅
干
潅
貫
眼
可
稼
俄
塊
海
慨
劃
郭
割
株
瓦
幹
環
還
岩
嘉
箇
峨
壊
灰
概
嚇
閣
喝
兜
乾
患
甘
鑑
翫
夏
花
我
廻
界
涯
各
隔
恰
竃
侃
感
監
間
贋
嫁
苛
牙
快
皆
碍
廓
革
括
蒲
冠
慣
看
閑
雁
家
茄
画
怪
絵
蓋
拡
学
活
釜
寒
憾
竿
関
頑
寡
荷
臥
悔
芥
街
撹
岳
渇
鎌
刊
換
管
陥
顔
科
華
芽
恢
蟹
該
格
楽
滑
噛
勘
敢
簡
韓
願
基 奇
機
軌 輝
祇 義
黍 却
朽 求
嬉
帰
飢
蟻
客
汲
寄
毅
騎
誼
脚
泣
岐
気
鬼
議
虐
灸
希
汽
亀
掬
逆
球
幾
畿
偽
菊
丘
究
忌
祈
儀
鞠
久
窮
揮
季
妓
吉
仇
笈
机
稀
宜
吃
休
級
旗
紀
戯
喫
及
糾
外
垣
覚
橿
叶
完
汗
莞
巌
0 1 2 3
4 5 6 7
Ⅲ-5
依
維
壱
胤
偉 囲
緯 胃
溢 逸
蔭
暇
菓
蛾
懐
開
鎧
核
額
葛
鴨
勧
柑
緩
館
下
果
蝦
賀
戒
階
骸
殻
顎
褐
栢
巻
桓
缶
舘
化
架
課
雅
拐
貝
浬
獲
掛
轄
茅
喚
棺
翰
丸
仮
歌
嘩
餓
改
凱
馨
確
笠
且
萱
堪
款
肝
含
企
既
徽
技
桔
吸
給
伎
期
規
擬
橘
宮
旧
危
棋
記
欺
詰
弓
牛
喜
棄
貴
犠
砧
急
去
8 9 A B
何
河
貨
駕
劾
蛙
穫
樫
鰹
姦
歓
艦
岸
器
起
疑
杵
救
居
C D E F
JIS X 0208-1983
キ
ク
ケ
コ
サ
シ
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
8B90
8B9E
8BAE
8BBE
8BCE
8BDE
3570
3620
3630
3640
3650
3660
巨 拒
供
彊 怯
鏡 響
勤 均
謹 近
渠
兇
挟
仰
斤
銀
鋸
協
狂
業
禁
亨
喬
脅
玉
芹
8BDE
8BEE
8C3F
8C4F
3660
3670
3720
3730
駒 具 愚 虞
掘 窟 沓
薫 訓 群 軍
8C4F
8C5F
8C6F
8C80
8C90
8C9E
8CAE
8CBE
3730
3740
3750
3760
3770
3820
3830
3840
8CBE
8CCE
8CDE
8CEE
8D3F
8D4F
8D5F
8D6F
8D80
8D90
8D9E
8DAE
3840
3850
3860
3870
3920
3930
3940
3950
3960
3970
3A20
3A30
8DAE
8DBE
8DCE
8DDE
8DEE
8E3F
8E4F
8E5F
3A30
3A40
3A50
3A60
3A70
3B20
3B30
3B40
8E5F
8E6F
8E80
8E90
3B40
3B50
3B60
3B70
シフトJIS
JIS
拠
侠
恐
饗
巾
金
挙
僑
恭
驚
錦
吟
虚
競
教
凝
欣
許
共
橋
尭
欽
距
凶
況
暁
琴
九 倶 句
喰 空 偶 寓
靴 轡 窪 熊
郡
漁
匡
狭
局
禽
禦
卿
矯
曲
筋
魚
叫
胸
極
緊
享
境
興
桐
菌
京
峡
蕎
粁
衿
強
郷
僅
襟
区 狗 玖 矩
遇 隅 串 櫛
隈 粂 栗 繰
苦 躯 駆 駈
釧 屑 屈
桑 鍬 勲 君
恵
罫
激
兼
牽
験
慶
茎
隙
券
犬
鹸
卦
慧
荊
桁
剣
献
元
袈
憩
蛍
傑
喧
研
原
祁
掲
計
欠
圏
硯
厳
係
携
詣
決
堅
絹
幻
傾
敬
警
潔
嫌
県
弦
刑
景
軽
穴
建
肩
減
兄
桂
頚
結
憲
見
源
啓
渓
鶏
血
懸
謙
玄
圭
畦
芸
訣
拳
賢
現
珪
稽
迎
月
捲
軒
絃
型
系
鯨
件
乎
湖 狐 糊 袴
伍 午 呉 吾
乞 鯉 交 佼
后 喉 坑
弘 恒 慌 抗
浩 港 溝 甲
腔 膏 航 荒
項 香 高 鴻
告 国 穀 酷
此 頃 今
紺 艮 魂
個
股
娯
侯
垢
拘
皇
行
剛
鵠
困
古
胡
後
候
好
控
硬
衡
劫
黒
坤
呼
菰
御
倖
孔
攻
稿
講
号
獄
墾
固
虎
悟
光
孝
昂
糠
貢
合
漉
婚
姑
誇
梧
公
宏
晃
紅
購
壕
腰
恨
孤
跨
檎
功
工
更
紘
郊
拷
甑
懇
己
鈷
瑚
効
巧
杭
絞
酵
濠
忽
昏
庫
雇
碁
勾
巷
校
綱
鉱
豪
惚
昆
弧
顧
語
厚
幸
梗
耕
砿
轟
骨
根
戸
鼓
誤
口
広
構
考
鋼
麹
狛
梱
故
五
護
向
庚
江
肯
閤
克
込
混
枯
互
醐
些
挫
采
冴
朔
撮
山
暫
佐
債
犀
坂
柵
擦
惨
残
叉
催
砕
阪
窄
札
撒
唆
再
砦
堺
策
殺
散
嵯
最
祭
榊
索
薩
桟
左
哉
斎
肴
錯
雑
燦
差
塞
細
咲
桜
皐
珊
査
妻
菜
崎
鮭
鯖
産
沙
宰
裁
埼
笹
捌
算
瑳
彩
載
碕
匙
錆
纂
砂
才
際
鷺
冊
鮫
蚕
詐
採
剤
作
刷
皿
讃
鎖
栽
在
削
姉 姿 子 屍
死 氏 獅 祉
諮 資 賜 雌
仕 仔 伺
市 師 志 思
私 糸 紙 紫
飼 歯 事 似
使
指
肢
侍
刺
支
脂
児
司
孜
至
字
史
斯
視
寺
嗣
施
詞
慈
四
旨
詩
持
士 始
枝 止
試 誌
時
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
契
経
劇
倹
形
継
戟
倦
検
鍵 険
言 諺
裟
歳
材
咋
坐
済
罪
搾
察
三 傘
酸 餐
径
繋
撃
健
権
顕
限
座
災
財
昨
拶
参
斬
Ⅲ-6
遣
舷
康
洪
肱
降
刻
痕
晒
賛
C D E F
JIS X 0208-1983
シ
ス
セ
ソ
タ
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
8E9E
8EAE
8EBE
8ECE
8EDE
8EEE
8F3F
8F4F
8F5F
8F6F
8F80
8F90
8F9E
8FAE
8FBE
8FCE
8FDE
8FEE
903F
904F
905F
906F
3C20
3C30
3C40
3C50
3C60
3C70
3D20
3D30
3D40
3D50
3D60
3D70
3E20
3E30
3E40
3E50
3E60
3E70
3F20
3F30
3F40
3F50
906F
9080
9090
909E
3F50
3F60
3F70
4020
909E
90AE
90BE
90CE
90DE
90EE
913F
914F
4020
4030
4040
4050
4060
4070
4120
4130
914F
915F
916F
9180
9190
919E
91AE
4130
4140
4150
4160
4170
4220
4230
91AE
91BE
4230
4240
太 汰 詑 唾
堕 妥 惰 打
柁 舵 楕 陀
他 多
駄 騨 体 堆
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
式
疾
斜
酌
腫
衆
柔
出
準
署
尚
樟
笑
鉦
情
唇
神
塵
次
識
質
煮
釈
趣
宗
襲
汁
術
潤
書
勝
庄
樵
粧
鍾
擾
拭
娠
秦
壬
滋
鴫
実
社
錫
酒
就
讐
渋
述
盾
薯
匠
床
沼
紹
鐘
条
植
寝
紳
尋
治
竺
蔀
紗
若
首
州
蹴
獣
俊
純
藷
升
廠
消
肖
障
杖
殖
審
臣
甚
逗 吹 垂 帥
瑞 髄 崇 嵩
澄 摺 寸
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
爾
軸
篠
者
寂
儒
修
輯
縦
峻
巡
諸
召
彰
渉
菖
鞘
浄
燭
心
芯
尽
示
叱
屡
蛇
取
授
秀
集
夙
舜
処
序
嘗
掌
照
裳
乗
蒸
触
晋
身
陣
蒔
室
写
尺
殊
囚
習
充
縮
旬
曙
除
宵
昭
礁
詳
場
嘱
尻
深
震
璽
宍
偲
謝
弱
受
愁
週
重
春
遵
助
哨
承
湘
蒋
上
状
織
慎
薪
腎
痔
雫
柴
車
惹
呪
拾
酋
銃
瞬
醇
叙
商
抄
焼
蕉
丈
畳
職
振
親
訊
磁
七
芝
遮
主
寿
洲
酬
叔
竣
順
女
唱
招
焦
衝
丞
穣
色
新
診
迅
自
嫉
舎
勺
朱
需
繍
住
祝
循
暑
鋤
娼
昌
硝
詔
城
錠
辱
浸
針
辞
悉
射
杓
狩
収
臭
十
粛
楯
渚
傷
将
晶
祥
象
壌
埴
伸
申
人
汐
湿
捨
灼
珠
周
舟
従
塾
殉
庶
償
小
松
称
賞
嬢
飾
信
疹
仁
鹿
漆
赦
爵
種
蒐
戎
熟
淳
緒
少
梢
章
醤
常
侵
真
刃
笥 諏
粋 翠 衰 遂
据 杉 椙 菅
須 酢 図 厨
酔 錐 錘 随
頗 雀 裾
晴
逝
籍
説
栓
羨
漸
棲
醒
績
雪
栴
腺
然
世
栖
青
脊
絶
泉
舛
全
瀬
正
静
責
舌
浅
船
禅
畝
清
斉
赤
蝉
洗
薦
繕
是
牲
税
跡
仙
染
詮
膳
凄
生
脆
蹟
先
潜
賎
糎
狙
双
操
草
疎
倉
曹
葬
蔵
族
礎
喪
巣
蒼
贈
続
祖
壮
槍
藻
造
卒
租
奏
槽
装
促
袖
粗
爽
漕
走
側
其
素
宋
燥
送
則
揃
組
層
争
遭
即
存
疏
叢
早
荘
臓
属 賊
耳
失
縞
借
手
綬
終
什
淑
准
所
恕
妾
昇
省
証
剰
醸
蝕
榛
進
推 水 炊 睡
数 枢 趨 雛
星
請
積
節
撰
繊
前 善
整
誓
石
窃
扇
而
執
蕊
邪
守
樹
秋
醜
宿
駿
初
徐
奨
捷
症
訟
冗
譲
食
森
辛
靭
Ⅲ-7
制
盛
隻
碩
千
煎
践
勢
精
席
切
占
煽
選
姓
聖
惜
拙
宣
旋
遷
征
声
戚
接
専
穿
銭
性
製
斥
摂
尖
箭
銑
成
西
昔
折
川
線
閃
政
誠
析
設
戦
噌
蘇
匝
痩
鎗
息
孫
塑
訴
惣
相
霜
捉
尊
岨
阻
想
窓
騒
束
損
措
遡
捜
糟
像
測
村
曾
鼠
掃
総
増
足
遜
曽
僧
挿
綜
憎
速
楚
創
掻
聡
鮮
俗
JIS X 0208-1983
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
91CE
91DE
91EE
923F
924F
925F
4250
4260
4270
4320
4330
4340
対 耐 岱 帯
退 逮 隊 黛
宅 托 択 拓
叩 但 達
丹 単 嘆 坦
胆 蛋 誕 鍛
待
鯛
沢
辰
担
団
怠
代
濯
奪
探
壇
態
台
琢
脱
旦
弾
戴
大
託
巽
歎
断
替
第
鐸
竪
淡
暖
泰
醍
濁
辿
湛
檀
滞
題
諾
棚
炭
段
胎
鷹
茸
谷
短
男
腿
滝
凧
狸
端
談
925F
926F
9280
9290
929E
92AE
92BE
4340
4350
4360
4370
4420
4430
4440
弛 恥 智 池
逐 秩 窒 茶
註 酎 鋳 駐
帖 帳 庁
聴 脹 腸 蝶
沈 珍 賃 鎮
痴
嫡
樗
弔
調
陳
稚
着
瀦
張
諜
置
中
猪
彫
超
致
仲
苧
徴
跳
蜘
宙
著
懲
銚
遅
忠
貯
挑
長
馳
抽
丁
暢
頂
築
昼
兆
朝
鳥
畜
柱
凋
潮
勅
ツ
92BE
92CE
92DE
4440
4450
4460
槻 佃 漬 柘
釣 鶴
テ
92DE
92EE
933F
934F
935F
4460
4470
4520
4530
4540
悌 抵
邸
徹 撤
点 伝
935F
936F
9380
9390
939E
93AE
93BE
93CE
ナ
タ
チ
苔
瀧
蛸
鱈
箪
袋
卓
只
樽
綻
値
竹
注
喋
牒
捗
知
筑
虫
寵
町
直
貸
啄
誰
耽
地
蓄
衷
眺
朕
津 墜 椎
辻 蔦 綴 鍔
槌 追 鎚 痛
椿 潰 坪 壷
通 塚 栂 掴
嬬 紬 爪 吊
低
提
釘
迭
澱
停
梯
鼎
鉄
田
偵
汀
泥
典
電
4540
4550
4560
4570
4620
4630
4640
4650
登 菟 賭 途
凍 刀 唐 塔
盗 淘 湯 涛
董 蕩 藤
動 同 堂 導
得 徳 涜 特
鳶 苫 寅 酉
都
塘
灯
討
憧
督
瀞
鍍
套
燈
謄
撞
禿
噸
93DE
93EE
4660
4670
奈 那 内 乍
軟 難 汝
凪 薙 謎 灘
捺 鍋 楢 馴
縄 畷 南 楠
ニ
93EE
943F
4670
4720
二
如 尿 韮
尼 弐 迩 匂
任 妊 忍 認
賑 肉 虹 廿
日 乳 入
ヌ
943F
4720
ネ
943F
944F
4720
4730
944F
945F
4730
4740
シフトJIS
JIS
ト
ノ
亭
挺
鄭
轍
殿
剃
碇
摘
填
貞
禎
擢
天
呈
程
敵
展
堤
締
滴
店
定
艇
的
添
帝
訂
笛
纏
底
諦
適
甜
庭
蹄
鏑
貼
廷 弟
逓
溺 哲
転 顛
兎
砥
宕
当
豆
洞
篤
屯
吐
砺
島
痘
踏
瞳
毒
惇
堵
努
嶋
祷
逃
童
独
敦
塗
度
悼
等
透
胴
読
沌
妬
土
投
答
鐙
萄
栃
豚
屠
奴
搭
筒
陶
道
橡
遁
徒
怒
東
糖
頭
銅
凸
頓
斗
倒
桃
統
騰
峠
突
呑
杜
党
梼
到
闘
鴇
椴
曇
渡
冬
棟
働
匿
届
鈍
濡
念 捻 撚 燃
禰 祢 寧
葱 猫 熱 年
乃 廼 之
埜 嚢 悩 濃
納 能 脳 膿
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
粘
農 覗 蚤
0 1 2 3
Ⅲ-8
JIS X 0208-1983
シフトJIS
JIS
945F
946F
9480
9490
949E
94AE
94BE
94CE
4740
4750
4760
4770
4820
4830
4840
4850
ヒ
94CE
94DE
94EE
953F
954F
955F
956F
4850
4860
4870
4920
4930
4940
4950
彼 悲 扉
誹 費 避
鼻 柊
桧 姫 媛
廟 描 病
賓 頻 敏
批
非
稗
紐
秒
瓶
フ
956F
9580
9590
959E
95AE
4950
4960
4970
4A20
4A30
斧 普 浮
武 舞 葡
福 腹
憤 扮 焚
父
蕪
複
奮
ヘ
95AE
95BE
95CE
4A30
4A40
4A50
弊 柄 並 蔽
偏 変 片 篇
閉 陛 米 頁
編 辺 返 遍
丙 併
僻 壁 癖 碧
便 勉 娩 弁
兵 塀 幣 平
別 瞥 蔑 箆
鞭
ホ
95CE
95DE
95EE
963F
964F
965F
966F
4A50
4A60
4A70
4B20
4B30
4B40
4B50
圃 捕 歩
俸 包 呆
法 泡
飽 鳳 鵬
棒 冒 紡
撲 朴 牧
補
奉
砲
亡
膨
穆
墓
崩
萌
妨
鉾
殆
母
放
訪
房
北
本
マ
9680
9690
969E
4B60
4B70
4C20
摩 磨 魔 麻
鱒 桝 亦 俣
漫 蔓
埋 妹 昧 枚
又 抹 末 沫
毎 哩 槙 幕
迄 侭 繭 麿
膜 枕 鮪 柾
万 慢 満
969E
96AE
4C20
4C30
味
未 魅 巳 箕
岬 密 蜜 湊
蓑 稔 脈 妙
ム
96AE
4C30
務
夢 無 牟 矛
霧 鵡 椋 婿
娘
メ
96AE
96BE
4C30
4C40
明 盟 迷 銘
鳴 姪 牝 滅
免 棉 綿 緬
冥 名 命
面 麺
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
ハ
ミ
0 1 2 3
俳 廃 拝
楳 煤 狽
柏 泊 白
函 箱
醗 髪 伐
叛 帆 搬
釆 煩 頒
巴
排
買
箔
硲
罰
斑
飯
甫
報
烹
乏
肪
睦
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
把
敗
売
粕
箸
抜
板
挽
波
背
蝿
曝
幡
噺
犯
磐
破
配
萩
縛
畠
隼
繁
婆
倍
伯
莫
八
伴
般
罵
培
剥
駁
鉢
判
藩
芭
媒
博
麦
溌
半
販
馬
梅
拍
卑
緋
琵
必
票
斌
否
罷
眉
畢
表
浜
妃
肥
美
筆
評
瀕
庇
被
府
阜
復
分
怖
附
幅
吻
扶 敷
侮 撫
服
噴 墳
播
杯
賠
舶
肇
筏
氾
晩
覇
盃
陪
薄
筈
閥
汎
番
杷
牌
這
迫
櫨
鳩
版
盤
派
肺
秤
漠
肌
塙
班
蕃
琶
輩
矧
爆
畑
蛤
畔
蛮
披
飛
匹
百
苗
斐
樋
疋
謬
錨
比
簸
髭
俵
鋲
泌
備
彦
彪
蒜
疲
尾
膝
標
蛭
皮
微
菱
氷
鰭
碑
枇
肘
漂
品
匪
秘
毘
弼
瓢
彬
不
符
部
覆
粉
付
腐
封
淵
糞
埠
膚
楓
弗
紛
夫
芙
風
払
雰
婦
譜
葺
沸
文
富
負
蕗
仏
聞
冨
賦
伏
物
布
赴
副
鮒
輔
宝
縫
傍
謀
釦
穂
峰
胞
剖
貌
勃
募
峯
芳
坊
貿
没
慕
庖
蓬
帽
防
堀
戊
抱
蜂
忘
吠
幌
暮
捧
褒
忙
頬
奔
保
簿
方
豊
暴
僕
翻
舗
菩
朋
邦
望
卜
凡
発
反
範
逼
豹
貧
鋪
倣
鋒
某
墨
盆
粍 民 眠
Ⅲ-9
JIS X 0208-1983
シフトJIS
JIS
96BE
96CE
96DE
4C40
4C50
4C60
茂 妄 孟 毛
尤 戻 籾 貰
猛 盲 網 耗
問 悶 紋 門
蒙 儲 木 黙
匁
96DE
96EE
4C60
4C70
薬 訳 躍 靖
也 冶 夜
柳 薮 鑓
爺 耶 野 弥
矢 厄 役 約
96EE
973F
974F
4C70
4D20
4D30
諭 輸 唯
涌 猶 猷 由
佑 優 勇 友
祐 裕 誘 遊
愉
宥 幽 悠 憂
邑 郵 雄 融
愈 油 癒
揖 有 柚 湧
夕
974F
975F
976F
9780
4D30
4D40
4D50
4D60
誉 輿 預 傭
熔 用 窯 羊
沃 浴 翌 翼
幼 妖 容 庸
耀 葉 蓉 要
淀
揚 揺 擁 曜
謡 踊 遥 陽
予 余 与
楊 様 洋 溶
養 慾 抑 欲
9780
9790
4D60
4D70
来 莱 頼 雷
洛 絡 落 酪
乱 卵 嵐 欄
羅 螺 裸
濫 藍 蘭 覧
9790
979E
97AE
97BE
97CE
4D70
4E20
4E30
4E40
4E50
痢 裏 裡
琉 留 硫 粒
寮 料 梁 涼
緑 倫 厘 林
利
率
慮
糧
輪
梨
略
亮
量
97CE
97DE
4E50
4E60
類
レ
97DE
97EE
983F
4E60
4E70
4F20
令 伶 例
齢 暦 歴 列
蓮 連 錬
ロ
983F
984F
985F
4F20
4F30
4F40
楼 榔 浪 漏
論
985F
986F
4F40
4F50
シフトJIS
JIS
モ
ヤ
ユ
ヨ
ラ
リ
ル
ワ
0 1 2 3
4 5 6 7
里
隆
猟
淋
離
竜
療
燐
陸
龍
瞭
琳
律
侶
稜
臨
8 9 A B
吏
立
旅
良
隣
履
葎
虜
諒
鱗
李
掠
了
遼
麟
C D E F
摸 模
目 杢 勿 餅
理
劉
僚
陵
璃
流 溜
両 凌
領 力
瑠 塁 涙 累
冷 励 嶺 怜
劣 烈 裂 廉
玲 礼 苓 鈴
恋 憐 漣 煉
隷 零 霊 麗
簾 練 聯
呂 魯 櫓 炉
牢 狼 篭 老
賂 路 露 労
聾 蝋 郎 六
婁 廊 弄 朗
麓 禄 肋 録
倭 和 話
椀 湾 碗 腕
歪 賄 脇 惑
枠 鷲 亙 亘
鰐 詫 藁 蕨
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
Ⅲ-10
JIS X 0208-1983
漢字コード表
0 1 2 3
(JIS第2水準)
シフトJIS
JIS
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
ー
989E
5020
|
989E
5020
丶
989E
5020
丿
989E
5020
乙
989E
5020
亅
989E
98AE
5020
5030
ニ
98AE
5030
亠
98AE
5030
人
98AE
98BE
98CE
98DE
98EE
993F
994F
5030
5040
5050
5060
5070
5120
5130
儿
994F
5130
入
995F
5140
八
995F
5140
冂
995F
5140
冖
995F
996F
5140
5150
冫
996F
5150
几
996F
9980
5150
5160
凵
9980
5160
凵 凾
刀
9980
9990
999E
5160
5170
5220
刄
剞 剔 剪 剴
辧
刋 刔 刎 刧
剩 剳 剿 剽
刪 刮 刳 刹
劍 劔 劒 剱
剏 剄 剋 剌
劈 劑 辨
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
弌 丐 丕
个 丱
丶 丼
丿 乂 乖 乘
亂
亅 豫 亊
舒
弍 于 亞
仞
佩
俥
偃
仭
佰
倚
假
僉
儖 儕
仟
侑
倨
會
僊
儔
价
佯
倔
偕
傳
儚
亟
伉
來
倪
偐
僂
儡
亠 亢 亰
亳 亶
佚
侖
倥
偈
僖
儺
佝
俟
俶
偬
僭
儻
估
儘
倅
做
僞
儷
佛
俔
伜
偖
僥
儼
佗
俎
倡
偸
僣
从
佇
俘
倩
傀
僮
仍
佶
俛
倬
傚
價
儿 兀 兒
仄
侈
俑
俾
傅
僵
仆
侏
俚
俯
傴
儉
仂
侘
俐
們
傲
儁
仗
佻
俤
倆
儂
兌 兔 兢 竸
兩 兪
兮 冀
冂 囘 册 冉
冏 冑 冓 冕
冖 冤 冦 冢
冩 冪
冫 决
冱 冲 冰 况
冽 凅 凉 凛
几 處 凩 凭
凰
Ⅲ-11
JIS X 0208-1983
シフトJIS
JIS
999E
99AE
5220
5230
勹
99AE
5230
匕
99AE
5230
匚
99AE
5230
匸
99AE
5230
十
99BE
5240
ト
99BE
5240
卩
99BE
5240
厂
99BE
99CE
5240
5250
厶
99CE
5250
又
99CE
5250
口
99CE
99DE
99EE
9A3F
9A4F
9A5F
9A6F
9A80
9A90
5250
5260
5270
5320
5330
5340
5350
5360
5370
9A90
9A9E
5370
5420
土
9A9E
9AAE
9ABE
9ACE
9ADE
5420
5430
5440
5450
5460
士
9ADE
5460
夂
9ADE
5460
シフトJIS
JIS
力
囗
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
劬 劭
劼 劵 勁 勍
勗 勞 勣 勦
飭 勠 勳 勵
勹 匆 匈
甸 匍 匐 匏
勸
匕
匚 匣 匯
匱 匳
匸 區
卆 卅 丗 卉
卍 凖
卞
卩
卮 夘 卻 卷
厂 厖 厠 厦
厥 厮 厰
厶
呀 听 吭
咒 呻 咀
咫 哂
唹 啀 啣
喟 啻 啾
嗤 嗔 嘔
噫 噤 嘯
嚼 囁 囃
坩
埓
墅
壜
吼
呶
咤
啌
喘
嗷
噬
囀
參 簒
吮
咄
咾
售
喞
嘖
噪
囈
吶
咐
咼
啜
單
嗾
嚆
囎
雙 叟
曼 燮
吩
咆
哘
啅
啼
嗽
嚀
囑
呎
咢
哦
啗
喩
嗹
嚠
吝
哇
哥
啖
喃
嘛
嚊
囓
咏
咸
唏
唸
喇
噎
嚔
叮
呵
咥
唔
唳
喨
噐
嚏
叨
咎
咬
哽
啝
嗚
營
嚥
圈 國 圍
圓 團 圖 嗇
囗 囮 囹 圀
圜
埀
堊
墹
壤
垈 坡
埖 埣
墟 墫
壟
坿 垉 垓 垠
堋 堙 堝 塲
墺 壞 墻 墸
圦 圷 圸
垳 垤 垪 垰
堡 塢 塋 塰
墮 壅 壓 壑
壯
壺 壹 壻 壼
壽
叭
呟
哄
哮
喙
嗅
嘴
嚮
叺
呱
哈
哭
喀
嗟
嘶
嚶
吁
呷
咨
哺
咯
嗄
嘲
嚴
囿 圄 圉
坎
埃
毀
壗
圻
埆
塒
壙
址
埔
堽
壘
吽
呰
哢
喊
嗜
嘸
囂
坏
埒
塹
壥
夂
0 1 2 3
4 5 6 7
Ⅲ-12
8 9 A B
C D E F
JIS X 0208-1983
シフトJIS
JIS
夊
9ADE
5460
夕
9ADE
5460
大
9ADE
9AEE
5460
5470
夭 夲 夸 夾
竒 奕 奐 奎
奚 奘 奢 奠
奧 奬 奩
9B3F
9B4F
9B5F
9B6F
5520
5530
5540
5550
奸 妁 妝
娑 娜 娉 娚
媽 嫣 嫗 嫦
孃 孅 孀
佞 侫 妣 妲
婀 婬 婉 娵
嫩 嫖 嫺 嫻
姆 姨 姜 妍
娶 婢 婪 媚
嬌 嬋 嬖 嬲
姙 姚 娥 娟
媼 媾 嫋 嫂
嫐 嬪 嬶 嬾
子
9B6F
5550
孑
孕 孚 孛 孥
孩 孰 孳 孵
學 斈 孺
宀
9B6F
9B80
9B90
5550
5560
5570
它 宦 宸 寃
寳
寇 寉 寔 寐
寤 實 寢 寞
宀
寥 寫 寰 寶
寸
9B90
5570
尅 將 專
小
9B90
5570
尤
9B90
5570
尸
9B90
9B9E
5570
5620
9B9E
5620
9B9E
9BAE
9BBE
9BCE
5620
5630
5640
5650
巛
9BCE
5650
工
9BDE
5660
己
9BDE
5660
已 巵
巾
9BDE
9BEE
5660
5670
帋
幟 幢 幤 幇
干
9BEE
5670
幺
9BEE
5670
シフトJIS
JIS
女
屮
山
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
夊 夐
夛 梦 夥
夬
對
尓 尠
尢
屐 屏 孱
尨
尸 尹 屁
屆 屎 屓
岌
峭
嵒
嶼
妛
崋
嵬
巓
屬
屮
岼 岷 峅 岾
崟 崛 崑 崔
嶄 嶂 嶢 嶝
乢 屶
峇 峙 峩 峽
崢 崚 崙 崘
嶬 嶮 嶽 嶐
屹
峺
嵌
嶷
岑
嶌
嵎
巉
岔
峪
嵋
巍
岫
崕
嵳
巒
岻 岶
崗 嵜
嵶 嶇
巖
巛
巫
帚 帙 帑 帛
帶 帷 幄 幃
幀 幎 幗 幔
8 9 A B
C D E F
幵 并
幺 麼
0 1 2 3
4 5 6 7
Ⅲ-13
JIS X 0208-1983
シフトJIS
JIS
9BEE
9C3F
5670
5720
廴
9C3F
5720
廾
9C4F
5730
弋
9C4F
5730
弓
9C4F
5730
彑
9C5F
5740
彡
9C5F
5740
彳
9C5F
9C6F
5740
5750
徙 徘 徠 徨
徭 徼
9C6F
9C80
9C90
9C9E
9CAE
9CBE
9CCE
9CDE
9CEE
5750
5760
5770
5820
5830
5840
5850
5860
5870
怙 怐 怩
恊 恆 恍
悄 悛
悵 惘 慍
慇 愾 愨
慚 慫 慴
憊 憑 憫
懣 懶 懺
怱
恃
悗
愆
慊
慥
懌
懿
9CEE
9D3F
5870
5920
9D3F
5920
9D3F
9D4F
9D5F
9D6F
9D80
9D90
9D9E
9DAE
5920
5930
5940
5950
5960
5970
5A20
5A30
9DAE
9DBE
5A30
5A40
9DBE
9DCE
5A40
5A50
シフトJIS
JIS
广
心
戈
戸
手
攴
斗
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
廖 廣 廝
廚 廛 廢 廡
广 庠 廁 廂
廨 廩 廬 廱
廈 廐 廏
廳 廰
廴 廸
廾 弃 弉 彝
彜
弋 弑
弖
弩 弭 弸 彁
彈 彌 彎 弯
彳 彷
徃 徂 彿 徊
很 徑 徇 從
忖
怕
恂
悧
惷
愼
慟
應
懼
忤
怦
恫
惡
惴
愴
慓
懈
戀
悳
恁
惧
悴
惻
慳
憇
懋
彑 彖 彗 彙
彡 彭
怎
恣
悖
愕
愧
慯
憮
懴
戞 戡 截
怛
恤
悒
惶
愿
慱
懊
懽
忻
怫
恬
悋
愀
愬
慝
懷
懾
忸
怏
恙
悸
惺
愽
慵
懃
忱
怺
悁
惠
愃
慂
憙
懆
忝
恚
悍
惓
愡
慄
憖
憺
忿
恪
悃
忰
惱
慷
憬
罹
怡
恷
悚
悽
愍
慘
憔
懍
戈 戉 戍
戌 戔 戛
扎
拗
拮
捶
揄
撕
擧
攅
扛
拏
挂
掉
搆
撩
擡
攫
恠
恟
惆
愎
慙
憚
懦
戮 戰 戲 戳
扁
抂
拈
捐
捩
攝
抉
拜
挾
掾
搗
據
攬 擶
找
拌
捍
揩
搨
擒
擴
抒
拊
搜
揀
搏
擅
擲
收 攸 畋 效
抓
拂
捏
揆
摧
擇
擺
抖
拇
掖
揣
摯
撻
攀
拔
抛
掎
揉
摶
擘
擽
抃
拉
掀
插
摎
擂
攘
敖 敕 敍 敘
抔
挌
掫
揶
攪
擱
攜
扞
拑
拱
掣
搖
撓
舉
攤
扣
抻
挧
掏
搴
撥
擠
攣
敞 敝 敲 數
扠
拿
挈
掟
搓
撈
抬
扨
拆
拯
掵
搦
撼
擣
扼
擔
拵
捫
搶
擯
攴 攵 攷
斂 斃 變
斛
斟
0 1 2 3
4 5 6 7
Ⅲ-14
8 9 A B
C D E F
JIS X 0208-1983
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
斤
9DCE
5A50
斫 斷
方
9DCE
5A50
旡
9DCE
5A50
9DCE
9DDE
9DEE
9E3F
5A50
5A60
5A70
5B20
曰
9E3F
5B20
月
9E3F
9E4F
5B20
5B30
9E4F
9E5F
9E6F
9E70
9E90
9E9E
9EAE
9EBE
9ECE
9EDE
9EEE
9F3F
9F4F
5B30
5B40
5B50
5B60
5B70
5C20
5C30
5C40
5C50
5C60
5C70
5D20
5D30
9F4F
9F5F
5D30
5D40
止
9F5F
5D40
歹
9F5F
9F6F
5D40
5D50
殳
9F6F
5D50
毋
9F6F
5D50
毛
9F6F
9F80
5D50
5D60
9F80
5D60
シフトJIS
JIS
日
木
欠
氏
旃
4 5 6 7
8 9 A B
旆 旁 旄 旌
旒 旛 旙
无
昃 旻 杳 昵
晟 晢 晰 暃
曄 暸 曖
昶 昴 昜 晏
暈 暎 暉 暄
曚 曠 昿 曦
晄 晉 晁 晞
暘 暝 曁 暹
曩
C D E F
旡
旱 杲 昊
晝 晤 晧 晨
曉 暾 暼
曰 曵 曷
朏 朖 朞 朦
朧 霸
朿
枌
柮
档
椏
棕
楹
榁
樮
榱
橢
檻
欒
朶
枋
枹
桷
梍
椶
楷
楪
榑
樞
橙
櫃
欖
歙 歔 歛 歟
歡
枩
柞
梳
梵
椣
楡
榻
槲
樶
欅
杼
柝
栫
梠
棔
椡
楞
槃
槧
橸
檗
蘖
朮
杪
柢
桙
梺
棧
棆
楝
榧
樅
橇
蘗
櫺
杁
枦
柎
桿
桾
椒
楜
榲
榠
槭
橦
櫂
鬱
朸
枡
柆
梟
椁
椄
楸
榮
榜
樔
橈
檸
欟
朷
枅
柧
梏
棊
棗
楫
槐
榕
槫
樸
檳
杆
枷
檜
梭
椈
棣
楔
榿
榴
樊
樢
檬
杞
柯
栞
梔
棘
椥
楾
槁
槞
樒
檐
櫞
杠
枴
框
條
椢
棹
楮
槓
槨
櫁
檍
櫑
杙
柬
栩
梛
椦
棠
椹
榾
樂
樣
檠
櫟
杣
枳
桀
梃
棡
棯
楴
槎
樛
樓
檄
檪
杤
柩
桍
檮
椌
椨
椽
寨
槿
橄
檢
櫚
枉
枸
栲
梹
棍
椪
楙
槊
權
樌
檣
櫪
杰
柤
桎
桴
欸
欷 盜 欹 飮
歇 歃 歉 歐
歹 歿
殀 殄 殃 殍
殘 殕 殞 殤
椚
椰
槝
槹
橲
櫻
歸
殪 殫 殯 殲
殱
殳 殷 殼
毆
毋 毓
毟
毬 毫 毳 毯
8 9 A B
C D E F
麾 氈
氓
0 1 2 3
4 5 6 7
Ⅲ-15
JIS X 0208-1983
シフトJIS
JIS
9F80
5D60
9F80
9F90
9F9E
9FAE
9FBE
9FCE
9FDE
9FEE
E03F
E04F
E05F
E06F
5D60
5D70
5E20
5E30
5E40
5E50
5E60
5E70
5F20
5F30
5F40
5F50
E06F
E080
E090
E09E
5F50
5F60
5F70
6020
爪
E09E
6020
爻
E09E
6020
爿
E09E
E0AE
6020
6030
牛
E0AE
6030
牴 牾
犂 犁 犇 犒
犖 犢 犧
犬
E0AE
E0BE
E0CE
6030
6040
6050
狎 狒 狢 狠
猥 猾 獎 獏
狡 狹 狷 倏
默 獗 獪 獨
犹
猗 猊 猜 猖
獰 獸 獵 獻
犲 狃 狆 狄
猝 猴 猯 猩
獺
王
E0CE
E0DE
E0EE
6050
6060
6070
玻 珀 珥 珮
瑁 瑜 瑩 瑰
珞 璢 琅 瑯
瑣 瑪 瑶 瑾
琥 珸 琲 琺
璋 璞 璧 瓊
珈 玳 珎
瑕 琿 瑟 瑙
瓏 瓔 珱
瓜
E13F
6120
瓠 瓣
瓦
E13F
E14F
6120
6130
瓩 瓮 瓲 瓰
瓱 瓸 瓷 甄
甃 甅 甌 甎
甘
E14F
6130
生
E14F
6130
用
E14F
6130
シフトJIS
JIS
8 9 A B
C D E F
气
水
火
0 1 2 3
汾 汨
沺
洌 浣
淦 涸
湮 渮
滿 渝
溥 滂
漾
澎 澑
濱 濮
瀰 瀾
汳
泛
涓
淆
渙
游
溟
漓
濂
濛
瀲
4 5 6 7
气
氛 氤 氣
沒
泯
浤
淬
湲
溂
潁
滷
潦
瀉
灑
沐
泙
浚
淞
湟
溪
漑
澆
澳
瀋
灣
烙 焉 烽 焜
熕 熨 熬 燗
燹 燿 爍
泄
泪
浹
淌
渾
溘
灌
潺
澣
濺
炙
焙 煥
熹 熾
爐 爛
泱
洟
浙
淨
渣
滉
滬
潸
澡
瀑
汞
泓
衍
涎
淒
湫
溷
滸
澁
澤
瀁
炒 炯
煕 熈
燒 燉
爨
爭
8 9 A B
C D E F
汕
沽
洶
涕
淅
渫
滓
滾
澀
澹
瀏
沍
沮
洙
渕
淕
湃
溲
滯
潭
濕
潴
汢
泗
洫
濤
淺
湶
溽
漿
潯
濆
濾
汪
泅
洽
涅
淙
湍
溯
滲
潛
澪
瀛
沂
泝
洸
淹
淤
渟
滄
漱
濳
濟
瀚
烱 炬 炸 炳
煦 煢 煌 煖
燔 燎 燠 燬
沚
沱
洵
渊
淪
渺
滔
漲
澂
濬
瀝
沁
沾
洳
涵
淮
湎
滕
滌
潼
濔
瀘
沛
洒
淇
渭
渤
溏
潘
濘
瀟
炮 烟 烋 烝
煬 熏 燻 熄
燧 燵 燼
爬 爰 爲
爻
爼
爿 牀 牆
牋 牘
瓧
甍 甕 甓
甞
甦
甬
0 1 2 3
4 5 6 7
Ⅲ-16
JIS X 0208-1983
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
E14F
E15F
6130
6140
甼 畄
當 疆 疇 畴
畍 畊 畉 畛
疊 疉 疂
畆 畚 畩 畤
畧 畫 畭 畸
病
E15F
E16F
E180
E190
E19E
6140
6150
6160
6170
6220
痂 疳 痃 疵
痼 瘁 痰 痺
瘰 瘻 癇 癈
癲
疽 疸 疼 疱
痲 痳 瘋 瘍
癆 癜 癘 癡
疔
痍 痊 痒 痙
瘉 瘟 瘧 瘠
癢 癨 癩 癪
疚
痣
瘡
癧
癶
E19E
6220
癶 癸
白
E19E
6220
皋 皎 皖 皓
皙 皚
皮
E19E
E1AE
6220
6230
E1AE
6230
盂
盍 盖 盒 盞
盡 盥 盧 盪
蘯
E1AE
E1BE
E1CE
E1DE
6230
6240
6250
6260
眄 眩 眤 眞
睾 睹 瞎 瞋
矗 矚
眥 眦 眛 眷
瞑 瞠 瞞 瞰
眸 睇 睚 睨
瞶 瞹 瞿 瞼
盻 眈 眇
睫 睛 睥 睿
瞽 瞻 矇 矍
矛
E1DE
6260
矢
E1DE
6260
矣
石
E1DE
E1EE
E23F
6260
6270
6320
碚 碌 碣 碵
磧 磚 磽
E23F
E24F
6320
6330
禺
E24F
6330
禾
E24F
E25F
E26F
6330
6340
6350
秬 秡 秣 稈
穉 穡 穢 穩
稍 稘 稙 稠
龝 穰
稟 禀 稱 稻
秉 秕 秧
稾 稷 穃 穗
E26F
E280
6350
6360
穹 穽
邃 竇 竊
窈 窗 窕 窘
窖 窩 竈 窰
窶 竅 竄 窿
E280
E290
6360
6370
竍
竏 竕 竓 站
竚 竝 竡 竢
竦 竭 竰
E290
6370
笂
笏 笊 笆 笳
笘 笙 笞 笵
笨 笶 筐
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
田
皿
目
示
穴
立
竹
疝
痞
瘢
癬
疥 疣
痾 痿
瘤 瘴
癰
發
皀 皃 皈
皰 皴
皸 皹 皺
矜
祕 祓 祺 祿
矮
矼 砌 砒
碪 碯 磑 磆
磴 礇 礒 礑
禊 禝 禧 齋
Ⅲ-17
礦 砠 礪 硅
磋 磔 碾 碼
礙 礬 礫
碎 硴 碆 硼
磅 磊 磬
祀
祠 祗 祟 祚
禹
禺
禪 禮 禳
JIS X 0208-1983
シフトJIS
JIS
E29E
E2AE
E2BE
E2CE
E2DE
6420
6430
6440
6450
6460
箘
篝
簧
籥
E2DE
E2EE
6460
6470
籵 粃
粽 糀 糅 糂
E2EE
E33F
E34F
E35F
E36F
E380
E390
6470
6520
6530
6540
6550
6560
6570
E390
E39E
6570
6620
E39E
E3AE
6620
6630
E3AE
E3BE
6630
6640
羽
E3BE
6640
老
E3BE
6640
耒
E3CE
6650
耒 耘 耙 耜
耡 耨
耳
E3CE
E3DE
6650
6660
聳 聲 聰 聶
聹 聽
聿
E3DE
6660
肉
E3DE
E3EE
E43F
E44F
E45F
6660
6670
6720
6730
6740
臣
E45F
6740
至
E45F
6740
シフトJIS
JIS
竹
米
糸
缶
网
羊
0 1 2 3
絨
綫
縊
縲
辮
筺
箟
篩
簪
籬
紂
絮
總
縣
縺
繿
笄
箍
簑
簟
紜
絏
綢
縡
繧
纈
筍
箜
簔
簷
紕
絣
綯
縒
繝
纉
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
笋
箚
篦
簫
筥
筝
簇
籔
筱
篌
簗
籘
筌
箋
篥
簽
筅
箒
籠
籌
筵
箏
簀
籃
粐 粤 粭 粢
糘 糒 糜 糢
紊
經
緜
縱
繖
續
絅
綉
綸
縟
繞
纒
絋
絛
綟
縉
繙
纐
紮
綏
綰
縋
繚
纓
筴
箙
簓
籏
筧
篋
篳
籀
筰
篁
篷
籐
粫 粡 粨 粳
鬻 糯 糲 糴
紲
絽
緘
縢
繹
纔
紿
綛
緝
繆
繪
纖
紵
綺
緤
繦
繩
纎
絆
綮
緞
縻
繼
纛
筬
篏
簍
籟
筮
箴
篶
籤
箝
篆
簣
籖
粲 粱 粮 粹
糶
絳
綣
緻
縵
繻
纜
糺
絖
綵
緲
縹
纃
紆
絎
緇
緡
繃
緕
絲
綽
縅
縷
繽
缸 缺
罅 罌 罍
羂 羆 羃 羈
罎 罐
网 罕
罔 罘 罟 罠
罨 罩 罧 罸
羌 羔 羞
羝 羚 羣 羯
羲 羹 羮 羶
翊 翕 翔 翡
翦 翩 翳 翹
飜
羇
羸 譱
翅 翆
耆 耄 耋
胛 胥
隋
膂 膠
臉 臍
胙
腆
膕
臑
胝
脾
膤
臙
胄
腓
膣
臘
胚
腑
腟
臈
耿 耻
聊 聆 聒 聘
聿 肄
肆 肅
胖
胼
膓
臚
肛 肓
胯 胱 脛 脩
腮 腥 腦 腴
膰 膵 膾 膸
臠
脉
腱
膩
臟
聚 聟 聢 聨
肚
脣
膃
膽
肭
脯
膈
臀
冐 肬
腋
膊 膀
臂 膺
臧
臺 臻
0 1 2 3
4 5 6 7
Ⅲ-18
8 9 A B
C D E F
JIS X 0208-1983
シフトJIS
JIS
E45F
E46F
6740
6750
舌
E46F
6750
舍 舐
舖
舟
E46F
E480
6750
6760
艢 艨 艪 艫
舮
艮
E480
6760
色
E480
6760
艸
E480
E490
E49E
E4AE
E4BE
E4CE
E4DE
E4EE
E53F
E54F
E55F
6760
6770
6820
6830
6840
6850
6860
6870
6920
6930
6940
虍
E55F
6940
虫
E55F
E56F
E580
E590
E59E
E5AE
E5BE
6940
6950
6960
6970
6A20
6A30
6A40
血
E5BE
6A40
行
E5BE
6A40
衣
E5BE
E5CE
E5DE
E5EE
E63F
6A40
6A50
6A60
6A70
6B20
襾
E63F
6B20
見
E63F
6B20
シフトJIS
JIS
臼
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
臾 舁 舂 舅
與 舊
舩 舫 舸
舳 艀 艙 艘
艝 艚 艟 艤
艾
苻
荐
荼
菷
葷
蓙
蔕
薑
藐
芫
茆
茫
荵
菲
葮
蓚
蕀
蕭
藥
芟
苜
茗
莠
萍
蒂
蓐
蕣
薔
藜
虍 乕 虔 號
虧
艱
艷
苣 苟
茵
莪 莟
萓 菫
萸 蔆
葯 葹
蒡 蔡
蕁
薜 蕷
蘋 藾
苒
茴
莢
菎
菻
萵
蓿
蘂
蕾
藺
苴
茖
莖
菽
葭
蓊
蓴
蕋
薐
蘆
蚩 蚪 蚋 蚌
蛟 蛛 蛯 蜒
蜷 蜻 蜥 蜩
蝓 蝣 蝪
螳 蟇 蟆 螻
蠕 蠢 蠡 蠱
苳
茲
茣
萃
萪
葢
蔗
蕕
藉
蘢
蚶
蜆
蜚
蠅
蟯
蠶
苺
茱
莎
菘
萼
蒹
蔘
薀
薺
蘚
蚯
蜈
蝠
螢
蟲
蠹
莓
荀
莇
萋
蕚
蒿
蔬
薤
藏
蘰
蛄
蜀
蝟
螟
蟠
蠧
艸
范
茹
莊
菁
蒄
蒟
蔟
薈
薹
蘿
蛆
蜃
蝸
螂
蠏
蠻
蚰
蛻
蝌
螯
蠍
芍
苹
荅
莵
萇
葫
蓍
蔔
薊
藕
蛉
蜑
蝎
蟋
蟾
芒
苞
茯
荳
菠
蒭
蒻
蓼
薨
藝
蠣
蜉
蝴
螽
蟶
蚫
蜍
蝗
蟀
蟷
蛔
蛹
蝨
蟐
蠎
芻
茉
茘
莉
萢
葩
蓁
蕘
薛
藹
芬
苙
莅
莨
萠
葆
蓆
蕈
藪
蘊
苡
虱
蛞
蜊
蝮
雖
蟒
蚓
蛩
蜴
蝙
螫
蠑
蚣
蛬
蜿
莚
菴
莽
萬
蓖
薇
蘓
蟄
蠖
衄 衂
衒 衙
衾 袞 衵 衽
袱 裃 裄 裔
褓 襃 褞 褥
襦 襤 襭
袵
裘
褪
襪
衲
裙
褫
襯
袂
裝
襁
襴
袗
裹
襄
襷
袒 袮 袙 袢
褂 裼 裴 裨
褻 褶 褸 襌
衞 衢
衫 袁
袍 袤 袰 袿
裲 褄 褌 褊
褝 襠 襞
襾 覃 覈 覊
覓 覘 覡 覩
0 1 2 3
4 5 6 7
Ⅲ-19
8 9 A B
C D E F
JIS X 0208-1983
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
見
E64F
6B30
覦 覬 覯 覲
覺 覽 覿 觀
角
E64F
6B30
E64F
E65F
E66F
E680
E690
E69E
6B30
6B40
6B50
6B60
6B70
6C20
E69E
E6AE
6C20
6C30
豆
E6AE
6C30
豕
E6AE
6C30
豸
E6AE
E6BE
6C30
6C40
貔 豼 貘
貝
E6BE
E6CE
6C40
6C50
戝
賽 賺 賻 贄
赤
E6CE
E6DE
6C50
6C60
赭
E6DE
6C60
赱 赳 趁
E6DE
E6EE
E73F
E74F
6C60
6C70
6D20
6D30
跟 跣 跼 踈
蹇 蹉 蹌
躇 躅 躄 躋
E74F
E75F
6D30
6D40
軅 軈
車
E75F
E76F
E780
6D40
6D50
6D60
軋 軛
輟 輛 輌 輦
轢 轣 轤
軣 軼 軻 軫
輳 輻 輹 轅
辛
E780
6D60
辜
辟 辣 辭 辯
E780
E790
E79E
E7AE
6D60
6D70
6E20
6E30
逅 迹 迺 逑
遏 遐 遑
邂 遽 邁 邀
逕 逡 逍 逞
遒 逎 遉 逾
邊 邉 邏
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
言
谷
走
足
身
辷
訐
誂
諤
謳
訌
誄
諱
鞫
譟
訛
誨
謔
謦
譬
訝
誡
諠
謫
譯
訥
誑
諢
謾
譴
訶
誥
諷
謨
譽
詁
誦
諞
譁
讀
詛
誚
諛
譌
讌
8 9 A B
C D E F
觚 觜 觝 觧
觴 觸
詒
誣
謌
譏
讎
詆
諄
謇
譎
讒
詈
諍
謚
證
讓
詼
諂
諡
譖
讖
詭
諚
謖
譛
讙
詬
諫
謐
譚
讚
訃
詢
諳
謗
譫
訖
誅
諧
謠
谺 豁
谿
豈 豌 豎
豐
豕 豢 豬
貭 貪 貽 貲
贅 贊 贇 贏
豸 豺 貂 貉
貅 貊 貍 貎
貳 貮 貶 賈
贍 贐 齎 贓
賁 賤 賣 賚
賍 贔 贖
赧
趙
跂 趾 趺
踉 跿 踝 踞
蹐 蹈 蹙 蹤
躊 躓 躑 躔
Ⅲ-20
跏
踐
蹠
躙
跚
踟
踪
躪
跖 跌
蹂 踵
蹣 蹕
躡
跛 跋 跪 跫
踰 踴 蹊
蹶 蹲 蹼 躁
躬
躰 軆 躱 躾
軾 輊 輅 輕
轂 輾 轌 轉
輒 輙 輓 輜
轆 轎 轗 轜
辷 迚 迥 迢
逖 逋 逧 逶
遖 遘 遞 遨
迪 迯 邇 迴
逵 逹 迸
遯 遶 隨 遲
8 9 A B
C D E F
JIS X 0208-1983
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
E7AE
E7BE
6E30
6E40
鄒 鄙 鄲 鄰
E7BE
E7CE
6E40
6E50
醫 醯 醪 醵
釆
E7CE
6E50
里
E7CE
6E50
金
E7CE
E7DE
E7EE
E83F
E84F
E85F
E86F
6E50
6E60
6E70
6F20
6F30
6F40
6F50
釵 釶 鈞
鉋 鉐 銜
錙 錢
鎔 鎹 鏖
鐇 鐐 鐶
鑰 鑵 鑷
門
E86F
E880
E890
6F50
6F60
6F70
閠 閨 閧 閭
關 闡 闥 闢
E890
E89E
6F70
7020
陝 陟 陦
隶
E8AE
7030
隹
E8AE
7030
雨
E8AE
E8BE
青
邑
酉
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
邨
邯 邱 邵 郢
郤 扈 郛 鄂
酊 酖 酘 酣
醴 醺 釀 釁
酥 酩 酳 酲
醋 醉 醂 醢
釉 釋
釐
釿
銖
錚
鏗
鐫
鑽
鈔
銓
錣
鏨
鐵
鑚
鈬
銛
錺
鏥
鐡
鑼
鈕
鉚
錵
鏘
鐺
鑾
鈑
鋏
錻
鏃
鑁
钁
鉞
銹
鍜
鏝
鑒
鑿
鉗
銷
鍠
鏐
鑄
鉅
鋩
鍼
鏈
鑛
釖
鉉
錏
鍮
鏤
鑠
釟
鉤
鋺
鍖
鐚
鑢
釡
鉈
鍄
鎰
鐔
鑞
釛
銕
錮
鎬
鐓
鑪
釼
鈿
鎭
鐃
鈩
閼 閻 閹 閾
閂 閇 閊
闊 濶 闃 闍
閔 閖 閘 閙
闌 闕 闔 闖
阡 阨 阮 阯
陲 陬 隍 隘
陂 陌 陏 陋
隕 隗 險 隧
陷 陜 陞
隱 隲 隰 隴
隹 雎
雋 雉 雍 襍
雜 霍 雕
7030
7040
霎 霑 霏 霖
霙 霤 霪 霰
雹
霹 霽 霾 靄
霄 霆 霈 霓
靆 靈 靂 靉
E8CE
7050
靜
非
E8CE
7050
面
E8CE
7050
靤 靦
革
E8CE
E8DE
7050
7060
靹 鞅 靼 鞁
韆 韈
靺 鞆 鞋 鞏
鞐 鞜 鞨 鞦
韋
E8DE
7060
韭
E8DE
7060
音
E8DE
E8EE
7060
7070
シフトJIS
JIS
阜
隶 隸
靠
靨
勒 靫 靱
鞣 鞳 鞴 韃
韋 韜
韭 齏 韲
竟
韶 韵
0 1 2 3
4 5 6 7
Ⅲ-21
8 9 A B
C D E F
JIS X 0208-1983
シフトJIS
JIS
頁
E8EE
E93F
7070
7120
風
E93F
7120
食
E93F
E94F
E95F
7120
7130
7140
首
E95F
7140
香
E95F
7140
馬
E95F
E96F
E980
7140
7150
7160
E980
E990
7160
7170
高
E990
7170
髟
E990
E99E
7170
7220
鬥
E99E
7220
鬯
E99E
7220
鬲
E99E
7220
鬼
E9AE
7230
魄 魃 魏 魍
魎 魑 魘
E9AE
E9BE
E9CE
E9DE
7230
7240
7250
7260
鮴 鯀 鯊 鮹
鯰 鰕 鰔 鰉
鰰 鱇 鰲 鱆
魴
鯆 鯏 鯑 鯒
鰓 鰌 鰆 鰈
鰾 鱚 鱠 鱧
鮓
鯣
鰒
鱶
鳥
E9DE
E9EE
EA3F
EA4F
EA5F
7260
7270
7320
7330
7340
鴃 鴆
鵝
鶲 鷄
鸚 鸛
鶯 鴣 鴟 鵄
鵑 鵐 鵙 鵲
鶸 鶺 鷆 鷏
鳧 鳬
鴕 鴒 鵁 鴿
鶉 鶇 鶫 鵯
鷂 鷙 鷓 鷸
鳰
鴾
鵺
鷦
鹵
EA5F
7340
鹿
EA5F
7340
麁 麈
麋 麌 麒 麕
麑 麝
シフトJIS
JIS
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
骨
魚
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
頏 頌
顱 顴 顳
頸 頤 頡 頷
頽 顆 顏 顋
顫 顯 顰
颪 颯 颱 颶
飄 飃 飆
餞 餤 餠 餬
飩
餮 餽 餾 饂
飫 餃 餉 餒
饉 饅 饐 饋
馮 馼 駟 駛
駢 騙 騫 騷
驤 驩 驫 驪
駝 駘 駑 駭
驅 驂 驀 驃
餔 餘 餡 餝
饑 饒 饌 饕
馗 馘
馥
駮 駱 駲 駻
騾 驕 驍 驛
馭
駸 騁 騏 騅
驗 驟 驢 驥
骭 骰 骼 髀
髏 髑 髓 體
髞
髻 鬆 鬘
髟 髢 髣
鬚 鬟 鬢 鬣
髦 髯 髫 髮
髴 髱 髷
鬥 鬧 鬨 鬩
鬪 鬮
鬯
鬲
鴪 鴦
鵞 鵤
鷁 鶻
鸞
鹵
0 1 2 3
鮃 鮑 鮖
鯢 鯤 鯔
鰊 鰄 鰮
鱸
鮗 鮟 鮠 鮨
鯡 鰺 鯲 鯱
鰛 鰥 鰤 鰡
鴉
鵆
鶚
鷭
鴈 鳫
鵈
鶤 鶩
鷯 鷽
鹹 鹽
Ⅲ-22
JIS X 0208-1983
シフトJIS
JIS
EA5F
EA6F
7340
7350
麻
EA6F
7350
黄
EA6F
7350
黍
EA6F
7350
黒
EA6F
EA80
7350
7360
黹
EA80
7360
黽
EA80
7360
皷
EA80
7360
鼠
EA80
7360
鼻
EA80
7360
齊
EA80
7360
齒
EA80
EA90
7360
7370
龍
EA90
7370
龜
EA90
7370
龠
EA90
7370
EA9E
7420
シフトJIS
JIS
麦
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
麥 麩
麸 麪 麭
靡
黌
黎 黏 黐
黔 黜 點 黝
黠 黥 黨 黯
黴 黶 黷
黹
黻 黼
黽 鼇
鼈
皷 鼕
鼡
鼬
鼾
齊
齒
齔 齣 齟 齠
齡 齦 齧 齬
齪 齷 齲 齶
龕
龜
龠
堯 槇 遙
0 1 2 3
瑤
4 5 6 7
Ⅲ-23
8 9 A B
C D E F
JIS X 0208-1983
本
社
神戸市東灘区本山南町1丁目4番43号
TEL(078)413-1111 FAX(078)412-2222
〒 658-0015
東 京(営)
東 京 都 港 区 芝 4 丁 目 5 - 1 1 芝 プ ラ ザ ビ ル 〒 108-0014
TEL(03)3455-4230 FAX(03)3455-4249
名古屋(営)
名古屋市名東区上社1-1304 北村第三ビル
TEL(052)776-1921 FAX(052)775-6080
福 岡(営)
福岡市博多区博多駅南1丁目7-16 オーリン7号ビル 〒 812-0016
TEL(092)471-8305 FAX(092)471-8355
〒 465-0025
Fly UP