...

iON×Contour 合併に関しまして

by user

on
Category: Documents
8

views

Report

Comments

Transcript

iON×Contour 合併に関しまして
[PRESS RELEASE]
RELEASE]
2015 年 05 月 15 日
サミット・グローバル・ジャパン株式会社
iON カメラと Contour の合併に関しまして
2015 年 5 月 14 日 Moorestown, NJ PROVO, UT, USA
この度、iON カメラと Contour は両社が合併する事に関して、基本的合意に達したことを
発表しました。
この合併により最先端のウェアラブルカメラを、グローバル流通ネットワークを通して
世界 40 か国、10,000 店以上に幅広く提供します。
統合された会社は、両社それぞれの資産を共有します。
ウェアラブルカメラ業界の先駆者である Contour の強力なグローバルブランドと重要な特
許を、そして iON のスピーディーな開発と製造に関するノウハウ、アメリカにおける大規
模な小売店ネットワークを共有します。
マーケットリサーチ会社 IDC によると、
「POV カメラ(視点ショットカメラ)
」の売上は
2018 年までに$29 億ドルを超えると予想されていますが、これは両社がフォーカスしてい
る分野の中のひとつに過ぎません。
両社が視野に入れている「ウェアラブルカメラ」と「通信機能搭載カメラ」のマーケット全
体は、その何倍にも達すると見られています。
iON カメラの CEO であり設立者の Giovanni-Tomaselli は新会社の CEO に就任します。
Contour の現在の CEO である James Harrison は President に就任します。
Contour ブランドと iON ブランドは今後もそれぞれ存在していき、共に幅広い範囲でウェ
ラブルカメラを提供していきます。
Contour は引き続きマーケットリーダーである最先端のカメラに集中していきます。
1/2
合併後の新会社はカメラハードウェアだけでなく、ソフトウェアの開発に投資して、撮影、
編集、シェア、ライブストリーミング、そしてクラウドサービスでのデータ保管などのソリ
ューションも提供していきます。
商品ラインアップは、ホームセキュリティーカメラ、ドライブレコーダー、警察用カメラ、
超小型ウェアラブルライフスタイルカメラ、アクションカメラ、そして最高品質のプロ用カ
メラと広範囲にわたります。
Giovanni Tomaselli 「弊社の目的は、操作性に優れ通信機能を持ったカメラを全ての消費
者に最適な価格で提供することです。我々は今、引き続き重要なカテゴリーの革新を続けて
いく準備が整い、グローバルでの存在感を拡大していきます。
」
James Harrison 「Contour は iON の突出した製造能力に、最先端の技術と革新をもたら
します。革新と知的財産に対する投資は、我々と競合他社との間に違いを生むでしょう。
iON と Contour の合併により素晴らしい革新を素早くマーケットにもたらすことができ、
次世代のビデオ撮影とライブストリーミングに応える会社を創造できます。
」
iON カメラについて
iON カメラは、撮影後すぐに WiFi 通信でシェアできる Shoot/Share™(シュートシェア)
というコンセプトの開拓者です。
空気抵抗の少ない形状と防水仕様の Air Pro(エアプロ)、Speed Pro(スピードプロ)、
CAMOCAM(カモカム)
、Game(ゲーム)
、iON ホームカメラといったラインアップがあ
ります。そして、2015 年夏には iON SnapCam(アイオン スナップカム)の発売を予定
しています。
iON は WiFi 通信機能を持ち、簡単な操作性で高解像度のビデオと写真を撮影できます。ま
た撮影データの保管に無料のクラウドサービスが利用できます。
Contour について
Contour はユタ州ワサッチ山脈の中心地に拠点を置く、ウェアラブルカメラマーケットの
先駆者です。Contour はカメラ市場では操作性に優れ、信頼感の高い商品として長く知られ
ています。”form follows function(形状は機能に従う)”という哲学に基づき、Contour カ
メラはスマートでコンパクトなデザインと、操作が簡単で独自の頑丈なレールコネクショ
ンシステムを採用しています。水辺、雪原、ダート、空と場所を問わず、世界中のアクティ
ブな人々が記録を残す際に Contour カメラを使用しています。
2/2
Fly UP