...

LibrariE(ライブラリエ) 電子図書館の新しいモデル

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

LibrariE(ライブラリエ) 電子図書館の新しいモデル
LibrariE(ライブラリエ)
電子図書館の新しいモデル
2015年5月
日本電子図書館サービス
日本電子図書館サービス(JDLS)とは
■設立の目的と理念
電子書籍時代を迎えた今日、迅速に時代に即したビジネスモデルを提示し、
図書館に求められる「“知”の集積」という基本機能と、著作者および出版
社が必要とする「“知”の再生産」には必須条件となる還元の仕組みを、
ともに成立させるべく図書館・著作者・出版社の新たなる関係を提案すること。
その流通促進に貢献し、図書館利用者に新たな読書環境を提供いたします。
基本
理念
図書館、図書館利用者、著作者、出版社をつなぐ
架け橋となる存在になる
Confidential 2015 Japan Digital Library Service Co.,Ltd
無断転載禁止
2
サービス概念図(LibrariEの2大機能)
LibrariE
選書オーダ
リングシステム
出版者
取次
・アクセス権ライセンス購入
・アクセス権ライセンス更新
・電子図書館の予算管理
JDLS
仕入システム
・図書館向けコンテンツ収集
・システム運用管理
図書館員
電子図書館
図書館利用者
貸出・閲覧
Confidential 2015 Japan Digital Library Service Co.,Ltd
無断転載禁止
3
JDLSの電子図書館サービス
1.これまでと比較にならない電子書籍ラインナップを実現
2.365日24時間利用できる館外貸出サービス
3.電子化された郷土資料・自治体資料の受け入れ
4.福祉サービスの強化(障がい者差別解消法への対応)
5.システム負担の少なく安全なクラウドサービス
Confidential 2015 Japan Digital Library Service Co.,Ltd
無断転載禁止
4
図書館ヘのコンテンツ販売方法(1)
1.ワンコピー/ワンユーザ型
電子書籍のアクセス権ライセンスを販売します。
ワンコピー/ワンユーザ型はワンユーザ(1人のみ)に貸出し可能で、
2年間または52回貸出しの制限付きのモデルです。
Confidential 2015 Japan Digital Library Service Co.,Ltd
無断転載禁止
5
図書館へのコンテンツ販売方法(2)
2.都度課金型
新刊時には利用が多いものの2~3年経過すると数年に1回しか
貸出しがない書籍もあります。
都度課金型は貸出しが少なくなった電子書籍に対応する
ライセンス更新モデルです。
Confidential 2015 Japan Digital Library Service Co.,Ltd
無断転載禁止
6
図書館へのコンテンツ販売方法(3)
3.ワンコピー/マルチユーザ型
1冊の電子書籍を同時に多数の利用者へ貸出すモデルです。
小学校、中学校、高等学校等の教育現場で利用するケースを想定
したアクセス権ライセンスです。
Confidential 2015 Japan Digital Library Service Co.,Ltd
無断転載禁止
7
アクセス権ライセンスの更新方法
初回購入は必ずワンコピー・ワンユーザ型
再契約
ワンコピー・
ワンユーザ型
52回の貸出しまたは
2年間が過ぎた場合
ワンコピー・
ワンユーザ型
移行
都度課金
解約
契約解除
選書オーダリングシステムで管理
Confidential 2015 Japan Digital Library Service Co.,Ltd
無断転載禁止
8
図書館における電子書籍コンテンツ購入モデル
都度課金
800タイトル
都度課金
1600タイトル
ワンコピー・
ワンユーザ型
ワンコピー・
ワンユーザ型
ワンコピー・
ワンユーザ型
ワンコピー・
ワンユーザ型
1000タイトル
2000タイトル
2000タイトル
2000タイトル
初年度
1000冊購入
2年目
1000冊購入
3年目
1000冊購入
800冊更新
4年目
1000冊購入
800冊更新
Confidential 2015 Japan Digital Library Service Co.,Ltd
無断転載禁止
9
図書館における電子書籍コンテンツ購入モデル
都度課金型ライセンス
電子図書館所蔵コンテンツ
ワンコピー・ワンユーザ型
新刊を中心に購入
初年度
2年目
3年目
4年目
5年目
Confidential 2015 Japan Digital Library Service Co.,Ltd
6年目
無断転載禁止
7年目
8年目
10
LibrariE オーダリングシステム
電子書籍のアクセス権はオーダリングシステムで選書し予算管理を行いながらアクセ
ス権の購入・更新を行うことができます。
教育用資料等
(個別契約)
マルチ
ユーザ
型
ワン
ユーザ
型
都度課
金型
新刊等、初回購入分
(2年間52回まで)
予算内であれば自由に何
度でも貸出し可能な資料の
集まり(アクセス権を継続し
た電子書籍の集合)
電子図書館の電子書籍所蔵一覧
Confidential 2015 Japan Digital Library Service Co.,Ltd
無断転載禁止
11
LibrariEコンテンツ収集計画
4年間で200出版社8万タイトル
出版社数
Confidential 2015 Japan Digital Library Service Co.,Ltd
無断転載禁止
12
平成27年度のコンテンツ候補
4月からは図書館への販売を目的にコンテンツを収集し、図書館が購入しやすいようにパッケー
ジ化(セット商品)して販売する予定。
講談社
講談社選書メチエ 講談社現代新書 ブルーバックス 青い鳥文庫 ・・・
KADOKAWA
角川学芸出版 角川oneテーマ21 角川SSC新書 角川選書 EPUB選書
アスキー書籍 アスキー新書 中経出版 つばさ文庫 ・・・
参加検討中
小学館様 全集企画など
実証実験協力出版社様(学研様 研究社様 インプレス様ほか)
出版デジタル機構
緊デジ作品ほか
Confidential 2015 Japan Digital Library Service Co.,Ltd
無断転載禁止
13
ご清聴ありがとうございました。
社名 :
株式会社日本電子図書館サービス(略称:JDLS)
(英文商号:Japan Digital Library Service Co.,Ltd.)
設立日:
株主 :
所在地:
電話 :
2013年10月15日
株式会社KADOKAWA、株式会社講談社、株式会社紀伊國屋書店
〒102-8177 東京都千代田区富士見1-6-1 富士見ビル1F
03-6862-8753 FAX: 03-6862-8754 E-mail: [email protected]
Confidential 2015 Japan Digital Library Service Co.,Ltd
無断転載禁止
14
Fly UP