...

改訂履歴 No 日付 内容 バージョン 1 2011/09/15 初版出荷 5.0.0 2

by user

on
Category: Documents
7

views

Report

Comments

Transcript

改訂履歴 No 日付 内容 バージョン 1 2011/09/15 初版出荷 5.0.0 2
SUPERGRID VER5.1.1
2012 年 1 月 11 日
改訂履歴
No 日付
内容
バージョン
1
2011/09/15
初版出荷
5.0.0
2
2011/10/20
IsEditor 関数を追加
5.1.0
3
2011/10/20
IsSelect 関数を追加
5.1.0
4
2012/01/11
KeyPress イベント変更(1 行削除)
5.1.1
Copyright (c) 1999-2011, ADVENTURE SOFTWARE
1
2012 年 1 月 11 日
SUPERGRID VER5.1.1
1. TSuperGrid とは
TStringGrid は非常に便利なコンポーネントですが、長年アプリケーションを開発していると色々と不満や改良し
たいことが発生します
TSuperGrid は TStringGrid を継承しいくつかのプロパティ、イベント、プロシジャを追加し、更に開発効率を高
める目的で開発されました。
2.追加された関数とプロシジャ
関数/プロシジャ名
説
明
function ActiveEditor: TInplaceEdit
入力状態にある TInplaceEdit を返します
procedure CopyToClipboard
TInplaceEdit の内容を、クリップボードへコピーします
procedure CutToClipboard
TInplaceEdit の内容を、クリップボードへコピーし
TInplaceEdit の内容を、削除します
procedure PasteFromClipboard
TInplaceEdit へ、クリップボードの内容を貼り付けます
procedure Clear
グリッドの内容をすべてクリアします
procedure ClearCol(ACol: Integer)
指定された列の内容をクリアします
procedure ClearRow(ARow: Integer)
指定された行の内容をクリアします
procedure DeleteCols(Where, Howmuch: Integer)
指定された列(Where)から、指定された列数(Howmuch)
を削除します
Procedure DeleteRows(Where, Howmuch: Integer)
指定された行(Where)から、指定された行数(Howmuch)
を削除します
procedure InsertCols(Where, Howmuch: Integer)
指定された列(Where)から、指定された数(Howmuch)の
列を挿入します
procedure InsertRows(Where, Howmuch: Integer)
指定された行(Where)から、指定された数(Howmuch)の
行を挿入します
procedure SaveToFile(FileName, DelimiterChar:
String)
procedure LoadFromFile(FileName, DelimiterChar:
String)
グリッドの内容をファイル(FileName)に保存します。項
目(セル)の区切文字は、DelimiterChar で指定します
グリッドにファイル(FileName)の内容を読み込みます。
項目(セル)の区切文字は、DelimiterChar で指定しま
す
procedure Sort(ACol: LongInt)
指定された列(ACol)を昇順で並べ替えます
続く
Copyright (c) 1999-2011, ADVENTURE SOFTWARE
2
2012 年 1 月 11 日
SUPERGRID VER5.1.1
関数/プロシジャ名
procedure DropDownList(ACol, ARow: Integer)
説
明
次の条件のとき、指定されたセル(ACol, ARow)のドロッ
プダウンリストを表示します
①Options の goAlwaysShowEditor プロパティが真
(True)であること。
②指定された列(ACol)の ButtonStyle プロパティが
[cbsPickList]であること
function IsEditor: Boolean;
True: TInplaceEdit が表示されている
function IsSelect: Boolean;
True: TInplaceEdit が選択状態
3.追加されたプロパティ
プロパティ名
CanPaste: Boolean
説
明
テキスト形式(CF_TEXT)のデータがクリップボードに
存在すれば真(True)、存在しなければ偽(False)を返しま
す
SelLength: Integer
TInplaceEdit で、選択された文字の数(バイト)を返し
ます
SelStart: Integer
TInplaceEdit で、テキスト内で最初に選択した文字の位
置を返します
SelText: String
TInplaceEdit で、テキストの選択部分を返します
Columns: TSuperGridColumns
列の表示属性を指定します
詳細は「4.TSuperGridColumns のプロパティ」を参照
EnterLikeTab: Boolean
True の場合、[Enter]でセルを移動します
GridStyle: TGridStyle
グリッドの外観を指定します
gsNormal
:色付けなし
gsStriped
:1行おきに[StripeColor]で指定した色付けをします
StripeColor: TColor
[GridStyle]プロパティが[gsStriped]のときに有効で、ス
トライプ色を指定します
Version: String
Copyright (c) 1999-2011, ADVENTURE SOFTWARE
SuperGrid のバージョンを表示しています
3
2012 年 1 月 11 日
SUPERGRID VER5.1.1
4.TSuperGridColumns のプロパティ
プロパティ名
ButtonStyle
説
明
セルに表示されるボタン形式を指定します
cbsNone
:ボタンを表示しません
cbsAuto
:[Format]プロパティの指定に従います
[cfNumber][cfDate]のとき、ドロップダウン・ボタン
を表示します
cbsCheckBox
:セルにチェックボックスを表示します
cbsEllipsis
:セルに「参照」ボタンを表示します。
ボタンが押下されると[OnElippsisClicked]イベント
が発生します
cbsDataList
:ドロップダウン・ボタンを表示します
ボタンが押下されると[PickList]プロパティに指定さ
れたリストを表示します
cbsPickList
DateFormat
:[cbsDataList]と同等
日付の入力書式を指定します。[ButtonStyle]プロパティ
が[cbsAuto]、[Format]プロパティが[cfDate]のとき有効
dfLong
:年(西暦)を4桁で表示する
dfShort
:年(西暦)を2桁で表示する
DisplayFormat
日付の表示書式を指定します。セルが入力フォーカスを
失ったとき、指定された書式で日付編集されます
※ 書 式 に 使 用 す る 形 式 指 定 子 は 、 Delphi の ヘ ル プ
FormatDateTime 関数を参照して下さい。
DropDownRows
ドロップダウンリストに表示される項目の最大行数を指
定します。
(規定値:7)
DropDownWidth
ドロップダウンリスト幅を指定します。セルの Width 以
上の値の場合に有効(規定値:0)
Format
cfDate
セルの形式を指定します
:日付形式のセルとする場合に指定します
[ButtonStyle]プロパティが[cbsAuto]のとき有効
cfNumber
:数値形式のセルとする場合に指定します。
[ButtonStyle]プロパティが[cbsAuto]のとき有効
cfString
MaxLength
:文字形式のセルとする場合に指定します
セルに入力できる文字の最大長を指定します
続く
Copyright (c) 1999-2011, ADVENTURE SOFTWARE
4
2012 年 1 月 11 日
SUPERGRID VER5.1.1
プロパティ名
説明
PickList
ドロップダウンリストに表示する項目を指定します
Title: TColumnTitle
タイトルの表示属性を指定します
詳細は「5.TColumnTitle のプロパティ」を参照
5.TColumnTitle のプロパティ
プロパティ名
説明
Alignment
列内でどのようにテキストを揃えるかを指定します
Caption
タイトル名を指定します
Color
タイトルの色を指定します
Font
タイトルのフォントを指定します
6.追加されたイベント
イベント名
説
明
OnNewRow: TNotifyEvent
行(Row)が追加されたときに発生します
OnElippsisClicked: TElippsisClickEvent
参照ボタンが押されたときに発生します。押されたセル
の情報(ACol, ARow)が取得できます
[ButtonStyle]プロパティが[cbsEllipsis]ときに有効
OnPicklistDropdown: TPicklistDropdownEvent
ドロップダウンリストが表示される直前に発生します
押 さ れ た セ ル の 情 報 (ACol, ARow) と 、 リ ス ト の 値
(PickList)が取得できます。
OnPicklistCloseUp: TPicklistCloseUpEvent
ドロップダウンリストが閉じる直前に発生します
セル情報(ACol, ARow)と、選択された値が取得できます
OnCheckCellClick: TCheckCellClickEvent
チェックボックスがクリックしたときに発生します
セ ル 情 報 (ACol, ARow) と 、 チ ェ ッ ク 状 態 (Check:
Boolean)を取得できます
OnChange: TNotifyEvent
セルの値が変更されたときに発生します
OnChangeValue: TChangeValueEvent
セルの値が変更されたときに発生します
セル情報(ACol, ARow)と、変更前(OldValue)/変更後
(NewValue)を取得できます
OnColumnWidthChange: TNotifyEvent
列幅が変更されたときに発生します
OnInvalidListValue: TInvalidListValueEvent
ドロップダウンリスト無い値が入力された場合に発生し
ます
ShowList を設定するとリストを再度開いたり(True)、閉
Copyright (c) 1999-2011, ADVENTURE SOFTWARE
じたり(False)することができます。
5
2012 年 1 月 11 日
SUPERGRID VER5.1.1
7. インストールとアンインストール
①ファイル構成
SuperGrid 圧縮ファイル(SGvvv_Dx.LZH) には、以下のファイルが含まれています。
※ vvv: SuperGrid のバージョン、 x: Delphi のバージョン
・SE32.dll
:SuperEdit ダイナミック・リンク・ライブラリ
・ASGridReg.pas
:コンポーネントを登録するためのユニットファイル
・ASGridReg.dcr
:コンポーネントアイコンファイル
・ASGrids.pas
:コンポーネントエディタを登録するためのユニットファイル
・ASGrid.res
:SuperGrid リソースファイル
・ASGrid.dcu
:コンポーネント本体
・SuperGrid.pdf
:SuperGrid 解説書(この解説書)
②インストール
・SuperGrid 圧縮ファイルを、任意のディレクトリに解凍します。
・SE32.dll を本体の実行ファイルと同じディレクトリにコピーします。
・次の 5 個のファイルをライブラリパスの通ったフォルダにコピーした後、 ASGridReg.pas を
コンポーネントインストールして下さい。
[ASGridReg.pas, ASGridReg.dcr, ASGrids.pas, ASGrid.res, ASGrid.dcu]
③アンインストール
・コンポーネントをアンインストール後、上記ファイルをすべて削除します。
・SE32.dll ディレクトリから削除します。
Copyright (c) 1999-2011, ADVENTURE SOFTWARE
6
SUPERGRID VER5.1.1
2012 年 1 月 11 日
8.使い方
①コンポーネント(TSuperGrid)を Form に貼ります。
②カラムエディタの表示
コンポーネント上で右クリックを押します。
編集画面が表示されます。
注意:Column[0](最左列)の Color は[clWindow]が規定値となっています。
適宜[clBtnFace]等に変更して下さい。
Copyright (c) 1999-2011, ADVENTURE SOFTWARE
7
SUPERGRID VER5.1.1
2012 年 1 月 11 日
③Columns(TSuperGridColumns)の設定
オブジェクトインスペクタで Columns 単位にプロパティを設定します。
④ TSuperGrid のプロパティ/イベントの設定
オブジェクトインスペクタでプロパティ/イベントを設定します。
Copyright (c) 1999-2011, ADVENTURE SOFTWARE
8
SUPERGRID VER5.1.1
2012 年 1 月 11 日
9.電卓機能を使う
TSuperGrid は、入力時に電卓機能を使用することができます。また、計算結果は呼び出したコントロール
(TInplaceEdit)に自動的にセットされます。
①起動
電卓機能の呼び出し方法には、次の 2 通りがあります。
・[ButtonStyle]プロパティを[cbsAuto]、[Format]プロパティを[cfNumber]に設定し、実行時に
ドロップダウンボタンをクリックする。
・[F4]キー、または[Alt] + [↓](下矢印)を押下する。
②終了
[End]キーを押すと電卓が終了し、呼ばれたコントロール(TInplaceEdit)に制御が渡されます。この時、計算結果
がゼロ以外であれば結果も同時に渡されます。
また、[Esc]キーを押すか、電卓以外をクリックすると電卓を終了させることができますが、結果は渡されません。
(キャンセル)
③各部の名称
電卓は、入力された内容や計算結果を表示する「表示領域」
(上部)と、数値の入力や計算方法を指定する「計算
ボタン」
(下部)に別れます。
Copyright (c) 1999-2011, ADVENTURE SOFTWARE
9
SUPERGRID VER5.1.1
2012 年 1 月 11 日
④ボタンとキーボードの対応表
ボタン以外にもキーボードから直接入力することも可能です。
⑤訂正について
・数字ボタンの押しまちがい(置数ミス)は、[C(Clear)]ボタンをを押します。続けて正しく置数しなおせば、そ
のまま計算を続けることができます。
・計算命令ボタンの押しまちがいは、続けて正しい計算命令ボタンを押します。後から押した計算命令ボタンに
訂正されます。
⑥エラーチェック
整数部が 13 桁を超えたとき、除数 0 のわり算をしたときは、メッセージボックスが表示され、それ以降の計算
ができなくなります。
(それまでの計算は、全てクリアされます)
Copyright (c) 1999-2011, ADVENTURE SOFTWARE
10
SUPERGRID VER5.1.1
2012 年 1 月 11 日
10.ドロップダウン・カレンダーを使う
TSuperGrid は、入力時にカレンダー機能を使用することができます。また、選択された日付は呼び出した
コントロール(TInplaceEdit)に自動的にセットされます。
①起動
カレンダーの呼び出し方法には、次の2通りがあります。
・[ButtonStyle]プロパティを[cbsAuto]、[Format]プロパティを[cfDate]に設定し、実行時にドロップダウンボタ
ンをクリックする。
・[F4]キー、または[Alt] + [↓](下矢印)を押下する。
②終了
[Enter]または[End]キーを押す、もしくはマウスで日付を選択するとカレンダーが閉じます。
③各部の名称
カレンダーには、選択された日付の1ヶ月分のカレンダーが表示されています。
表示月の移動は、[PageUp]または[PageDown]キー、日付の移動は、矢印キーで行い、選択は[Enter](または[End])
キーかマウスで行います。
尚、日付が変わると呼ばれたコントロール(TInplaceEdit)の値も同時に変わります。
④表示月の移動
・[PageUp]または[PageDown]:1ヶ月単位にカレンダーがスクロールします。
・カレンダータイトルをクリツク:任意の年月に移動できます。
(下図参照)
Copyright (c) 1999-2011, ADVENTURE SOFTWARE
11
SUPERGRID VER5.1.1
2012 年 1 月 11 日
11.ユーザーサポート
本ソフトウェアに関するバグレポート、ご要望、お問い合わせ等は、電子メールにてお願い致します。
電子メールの宛先 : [email protected]
TSuperGrid をご利用になっていて不具合が発生した場合には、
・使用環境
・使用状態
・キー操作
・マウス操作
・再現性の有無
・不具合の詳細
などをご報告いただければ、解決の一助になります。
[お願い]
バグに対する対応は積極的に対処をおこないますが、所持する環境等の諸事情により迅速な対応がとれない場合もあ
ります。また、機能追加によるバージョンアップは、その遂行義務を著作権者が負うものではありません。
Copyright (c) 1999-2011, ADVENTURE SOFTWARE
12
Fly UP