...

三菱マテリアル株式会社 IR決算説明会 三菱マテリアル株式会社 IR決算

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

三菱マテリアル株式会社 IR決算説明会 三菱マテリアル株式会社 IR決算
三菱マテリアル株式会社
IR決算説明会
2005年11月17日
取締役社長 井手明彦
本業で勝ち抜く・感動の共有1
IR決算説明会資料
目 次
•
損
益
推
移
況
•
セメント事業
・・・9
・・・3
•
銅事業
・・・10
新中期経営計画における
•
加工事業
・・・11
•
アルミ事業
・・・12
•
電子材料事業
・・・13
•
まとめ
(連結ベース)
•
状
取り組み状況・・・4∼5
•
業績の概要
・・・6∼7
•
06年3月期連結経常利益
・・・14∼15
増益要因分析・・・8
2
損益推移状況(連結ベース)
(億円)
(%)
10,000
∼
∼
10,468
9,647
800
売上高
4.6%
344
434
3.6%
361
108
1.0%
7.0%
6.2%
5.4%
500
580
505
3.6%
2.5%
200
540
9,700
670
5.5%
600
400
10,650
9,847
9,482
600
600
5.0%
4.0%
4.5%
超
300
3.0%
163
103
1.0%
0.7%
0
02年3月期
-200
03年3月期
-1.2%
04年3月期
05年3月期
-53
-190
-268
-400
-600
06年3月期(予想)
07年3月期(計画)
(新中計)
05年3月発表
営業利益
左
経常損益
目
当期純損益
盛
売上高営業利益率
ROA(総資産経常利益率)
-1.0%
-3.0%
右
目
盛
-5.0%
-613
-800
01 中計
ローリングプラン
新中計
-7.0%
3
新中期経営計画における取り組み状況①
1.新中期経営計画スタート
(05年4月∼07年3月)
①基本コンセプト:収益構造の安定化を図るとともに、複合経営の
強みを生かし本業で勝ち抜く成長基盤を確立する
②経営目標 経常利益
600億円
(06年度) ROA(総資産経常利益率) 4%超
有利子負債残高
7,000億円
2.主な取り組み
<事業再編>
①05年10月(アルミ缶事業)ユニバーサル製缶スタート
②05年12月(焼結部品事業)三菱マテリアルプランゼーグローバルシンターホルディング社
(PMGH)発足(予定)
<SUMCO上場>
①11月17日 東京証券取引所へ上場
②当社保有株式の一部を売出し(14,400千株※オーバーアロットメントによる売出し分2,190千株を含む)
保有比率 50% → 約30%
(持分法適用会社)
③SUMCOの株式公開に伴う利益計上による業績への影響
特別利益(連結)約399億円
(単体)約153億円
④売却収入を、有利子負債の圧縮、収益力向上に向けた投資等に活用予定
4
新中期経営計画における取り組み状況②
新中計利益目標:07年3月期経常利益 600億円
05年3月期比 95億円増加(18.8%up)
(億円)
600
(05年3月)
新中計発表時点での
経常利益増減要因分析
+145
505
増産・研究開発成果発揮 +145億円
(増産施策)
(研究開発テーマ一例)
-210
・PTS第二次増産 自動車
+160
・超硬工具増産
・第3世代ハイブリッド車向けDBA
・センサー一体型コネクター
情報エレクトロニクス
市況悪化等 −210億円 合理化・コストダウン等 +160億円
・高機能配線・接合用実装材開発
(うちリサイクル関係30億円)
・高速電力線通信用モジュール
コストダウン施策
環境リサイクル
・セメント工場自家発電比率向上
・廃プラ処理
(九州工場)
リサイクル施策
・シュレッダーダスト処理量拡大
(小名浜・直島)
05年3月期
(実績)
07年3月期
(新中計目標) 5
業績の概要①(中間期実績)
(参考)
05年3月期
中間期
実 績
06年3月期
中間期
実 績
06年3月期
中間期
06年3月期
中間期
期初見通し
前回見通し
(05年5月10日公表)
(05年9月20日公表)
売 上 高
営業利益
4,663億円
5,249億円
4,750億円
5,100億円
232
310
250
290
経常利益
241
367
220
320
当期純利益
95
164
50
130
◆06年3月期中間期業績のポイント◆
•セメント、銅、加工事業が期初見通し以上に好調推移
(セメント) 米国事業が好調
( 銅 ) 銅価格が上昇
(加 工) 超硬製品の販売数量が増加
•米国三菱セメント開発、MMネザーランズ、SUMCOの業績が好調に推移し、
持分法投資利益が拡大
•減損会計適用(固定資産減損損失 67億円)
6
業績の概要②(通期見通し)
(参考)
05年3月期
実 績
06年3月期
06年3月期
06年3月期
今回見通し
期初見通し
前回見通し
(05年5月10日公表)
(05年9月20日公表)
売 上 高
営業利益
9,847億円
10,650億円
9,700億円
10,300億円
540
580
550
560
経常利益
505
670
550
620
当期純利益
163
500
180
240
◆06年3月期通期業績のポイント◆
•アルミ事業がアルミ缶販売数量の未達等により下ブレするが、セメント、銅、
加工事業が好調に推移し、全体としては期初見通しを上回る予想
新中期経営計画の利益目標、経常利益600億円を前倒し達成
•SUMCOの株式公開に伴い、特別利益として連結ベースで約399億円を計上
7
06年3月期連結経常利益 増益要因分析
700
(億円)
05年3月期比 165億円増益
06/3
670億円
600
05/3
505億円
原燃料高・
市況悪化等
△103億
増産等
93億
500
400
コストダウン等
175億
300
05/3
06/3
(実績)
(今回見通し)
8
セメント事業
2,000
<中間期>
(億円)
200
2,000
1,600
160
1,600
1,200
120
1,200
80
800
40
400
800
686
39
400
770
710
53
39
売上高
0
05/3(実績)
06/3(期初見通し)
営業利益
0
事業計画
1,484
1,494
1,460
115
121
160
140
120
80
40
売上高
05/3(実績)
事業環境
•米国セメント需要は高水準を持続
200
1,590 149
0
06/3(実績)
•国内セメント需給ひっ迫(セメント在庫減少)
<05年度 内需前提>
期初見通し 5,500万t ⇒ 今回見通し 5,750万t
(前年度並)
<通 期>
(億円)
営業利益
0
06/3(期初見通し) 06/3(今回見通し) 07/3(新中計計画)
<セメント生産(クリンカ出荷を含む)及び在庫推移>
7,000
(千t)
6,500
6,000
5,500
5,000
4,500
4,000
•値上げへの取り組み
宇部三菱セメント社:取引先各社の平均でトン当たり
900円の値上げの浸透を目指す
3,500
•電力コストの削減を目的とした自家発電設備の導入
九州工場:07年6月竣工予定(石炭火力発電)
電力自給率 約70% ⇒ 100%
2,000
3,000
05年生産
05年期末在庫
04年生産
04年期末在庫
2,500
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12 (月)
(セメント協会データ)
9
銅事業
4,000
<中間期>
(億円)
200
3,200
2,400
1,600
1,831 90
1,470 74
1,334
売上高
0
05/3(実績)
06/3(期初見通し)
3,810 190
3,069 166
3,075
200
155
160
3,200
120
2,400
120
80
1,600
80
40
800
42
800
4,000
<通 期>
(億円)
営業利益
0
131
40
売上高
0
05/3(実績)
06/3(実績)
事業環境
•銅価格
銅相場は高値圏で推移
堅調な需要が続き、LME在庫は依然低水準
180
(¢)
•リサイクル事業の拡大(シュレッダダスト・飛灰等)
•銅加工品の拡大(無酸素銅ベースの銅合金等)
0
<LME銅価格推移(¢/lb)>
160
140
120
下期予算前提
170¢/b
80
60
00上 00下 01上 01下 02上 02下 03上 03下 04上 04下 05上 05下
(計画)
事業計画
•PTSグレシック製錬所の電解能力を約1割拡大
現在 25万t/年 ⇒ 06年年央 27万t/年(予定)
営業利益
06/3(期初見通し) 06/3(今回見通し) 07/3(新中計計画)
100
•05年度下期前提
銅価 170¢/b 為替 110円/US$
160
2,700
<電気銅生産推移>
600
(千t/年)
511
500
400
541
564
552
582
小名浜
PTS
528
408
290
300
200
100
直島
0
99/3
00/3
01/3
02/3
03/3
04/3
05/3
06/3
(計画)
10
加工事業
2,000
(億円)
<中間期>
200
160
1,600
1,200
103
757 92
800
750
64
売上高
05/3(実績)
1,600
1,537
200
178
1,550 170
1,502
1,470
131
160
130
120
1,200
120
80
800
80
40
400
831
400
0
2,000
<通 期>
(億円)
06/3(期初見通し)
営業利益
0
06/3(実績)
事業環境
•超硬工具の出荷数量は堅調を持続
(特に自動車関連の需要が堅調)
•超硬工具の主要原料であるタングステン価格は高止まり
40
売上高
0
05/3(実績)
•超硬工具向けの原料価格高騰によるコストアップ対策とし
て製品価格の引き上げとコストダウンを推進
•05年12月、焼結部品事業の国際統合新会社三菱マテリア
ルプランゼーグローバルシンター社(PMG社)が発足予定
0
06/3(期初見通し) 06/3(今回見通し) 07/3(新中計計画)
<国内超硬合金生産量と超硬工具出荷額の推移>
(t)
6,000
5,000
4,000
3,000
2,000
1,000
0
(億円)
生産量
出荷額
3,500
3,000
2,500
2,000
1,500
1,000
500
0
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 00 01 02 03 04 05 (年度)
(超硬工具協会データ)
事業計画
•超硬工具の旺盛な需要に対応するため、生産能力を増強
営業利益
<タングステン相場推移($/MTU)>
($)
300.00
260.75
Ore Low
Ore High
APT Europe Low
APT Europe High
250.00
200.00
150.00
252.00
160.00
130.00
100.00
50.00
0.00
/1
02
3
5
7
9
1 1 / 01
03
03
05
07
09
1 1 / 01
04
03
05
07
09
11 / 01
05
03
05
07
09
11
アルミ事業
2,000
<中間期>
(億円)
1,600
1,200
800
717
700
49
696
40
400
35
売上高
0
05/3(実績)
06/3(期初見通し)
営業利益
200
2,000
160
1,600
120
1,200
80
800
40
400
0
<通 期>
(億円)
200
1,352
1,381
1,400
80
31
40
売上高
0
05/3(実績)
06/3(実績)
事業環境
<アルミ缶>
50
(億缶)
40
<アルミ圧延>
30
•05年度上期の圧延品需要は前年度に比べて軟調
(自動車向けは堅調を維持したが、建材向け等は弱含み)
20
•燃料・資材コスト上昇
ボトル缶+通常缶
通常缶
•ユニバーサル製缶における統合効果の発揮
<アルミ圧延>
•自動車向け製品の拡大(自動車用熱交材等)
42
39
36
35
10
0
<アルミ缶販売数量推移>
ボトル缶
36
34
32
4
事業計画
<アルミ缶>
営業利益
06/3(期初見通し) 06/3(今回見通し) 07/3(新中計計画)
•地金価格、板材加工賃等のコストが上昇
•飲料市場における販売競争が激化 ⇒ 容器の採用へも影響
120
100
78
72
160
1,330
28
28
6
8
31
33
8
9
05年度
05年度
0
01年度
02年度
03年度
04年度
(今回見通し)(期初見通し)
12
電子材料事業
<中間期>
(億円)
100
1,000
800
80
800
600
60
600
40
400
20
200
1,000
400
353
365
17
200
361
15
15
売上高
0
05/3(実績)
06/3(期初見通し)
営業利益
0
<通 期>
(億円)
694
759
745
38
80
20
05/3(実績)
事業環境
•電子・半導体市場は、下期に緩やかな需要の回復を見込む
ものの、一部製品について市況の軟化を想定
40
売上高
0
06/3(実績)
60
50
32
28
100
870
営業利益
0
06/3(期初見通し) 06/3(今回見通し) 07/3(新中計計画)
<シリコンウエハーの世界の出荷量予測>
(億平方インチ)
90
80
70
60
•ポリシリコンは、半導体、ソーラー向けの需要増により、需給が
逼迫
•シリコンウエハーは300ミリが需要を牽引
50
40
30
20
01
02
03
04
05
06
事業計画
35,000
•SUMCOの300ミリ事業の拡大に合わせ、ポリシリコンの
生産性向上と段階的増産を実施
•半導体産業の基幹原料であるポリシリコンを核に、シリコ
ンウエハー及びシリコン精密加工品の事業規模を拡大
(t/年)
<ポリシリコン需要推移>
需要合計
30,000
08 (暦年)
07
(SEMIまとめ)
実績
Solar需要
Semi需要
25,000
20,000
15,000
10,000
5,000
0
95
96
97
98
99
00
01
02
03
04
13
まとめ:新中計の達成に向けて①
<主要5事業の進捗状況>
(億円)
06年3月期見通し
セメント
銅
加工
アルミ
電子材料
全社
07年3月期計画(新中計)
進捗率
売 上 高
1,590
1,460
109.0%
営業利益
149
140
106.4%
売 上 高
3,810
2,700
141.1%
営業利益
190
155
122.5%
売 上 高
1,550
1,470
105.4%
営業利益
170
130
130.7%
売 上 高
1,400
1,330
105.3%
営業利益
31
100
31.0%
売 上 高
745
870
85.6%
営業利益
32
50
64.0%
売 上 高
10,650
9,700
109.7%
営業利益
580
600
96.6%
経常利益
670
600
111.6%
14
まとめ:新中計の達成に向けて②
∼本業で勝ち抜く・感動の共有∼
利益目標
利益目標に掲げた経常利益600億円は、06年3月期に達成できる見通し
<要因>・これまでの事業構造改革により収益力が強化されたことに加え、銅価格の
上昇といった事業環境の好転が追い風となっている
・銅鉱山への投資会社等の持分法投資利益が大幅に増加
<持分法投資利益> 06年3月期見通し:約210億円(新中計計画:約130億円)
<課題>・アルミ・電子材料事業の収益改善
営業利益の拡大(06年3月期見通し:580億円 ⇒ 新中計07年3月期計画:600億円)
財務体質改善目標
有利子負債残高:06年3月期見通し:7,200億円
削減
金属価格の高騰により棚卸資産圧縮は
厳しい環境にあるが、資産等売却により
計画達成を目指す
新中計計画 :7,000億円
15
◆お問合せ先◆
三菱マテリアル株式会社 広報・IR室
〒100-8117 東京都千代田区大手町1-5-1
TEL
: 03-5252-5206 FAX : 03-5252-5272
E-MAIL: [email protected]
URL
: http://www.mmc.co.jp/japanese/ir/index.html
本資料における見通しは、本資料発表日時点で入手可能な
情報により当社が判断したものです。実際の業績は様々なリス
ク要因や不確実な要素により、本資料業績予想と大きく異なる
可能性があります。
16
Fly UP