...

宿毛市立宿毛小学校屋内運動場改築工事設計業務委託仕様書

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

宿毛市立宿毛小学校屋内運動場改築工事設計業務委託仕様書
宿毛市立宿毛小学校屋内運動場改築工事設計業務委託仕様書
設計業務委託仕様書(共通事項)
1. 委託件名
平成 28 年度
建委第 8 号(学)
宿毛市立宿毛小学校屋内運動場改築工事設計業務委託
2. 委託場所
3. 業務内容
宿毛市桜町 8 番 5 号
(宿毛小学校敷地内)
・都市計画区域内
未線引区域
・用途地域
第 1 種住居地域(日影規制 5 時間・3 時間 有)
・建築基準法
第 22 条区域内
・道路斜線制限
有 ( 勾配 1.25)
・公共下水道施設
市道汚水管埋設 有
竣工後 48 年経過、耐震診断判定結果による強度不足も踏まえ、老朽化し
た体育館を建替えることで、安全で安心な学校施設整備を行う。これと
同時に、順次建替えを検討している校舎、プール等学校施設の基本計画
を提案すること。
(参考資料‐1 配置図 参照)
(1)現 地 測 量
基本計画立案のため、宿毛小学校及び宿毛中学校の両敷地につ
いて、現地測量及び図面の作成を行う。
宿毛小学校台帳敷地面積 約 10,500 ㎡
宿毛中学校台帳敷地面積 約 12,500 ㎡
(2)基 本 設 計
体育館、渡り廊下及び付属施設の基本設計を行う。
(3)実 施 設 計
体育館、渡り廊下、付属施設及び外構施設の実施設計を行う。
(4)解体実施設計
旧体育館、付属施設及び外構施設(樹木含む)の解体設計を行
う。
(5)校舎等を含む基本計画
校舎、体育館及びプール等の付属施設の簡易な基本設計を以下の
2 案について行う。(配置計画、簡易な平面・断面図・立面図の
作成、簡易な透視図の作成、工事概算費の算出、法令等の検討
等)
①小学校敷地内に小学校校舎(6,000 ㎡程度)及び付属設備の建
設を行う。
②中学校敷地内に小中施設一体型校舎(10,000 ㎡程度)及び付属
施設の建設を行う。
(6)そ
の 他
・積算・工事費内訳書の作成(実施設計書に基づく工事費の算出。
解体設計共)
-1-
・補助金申請書類の作成
・関係法令に基づく必要な各種申請手続き業務
・建築確認申請(構造計算適合性判定、設備確認、変更)、事務処理
及びその費用負担等
・エネルギーの使用の合理化に関する法律に基づく省エネルギー関係計画書
の作成及び申請手続き業務
4. 用途種別
1 階 武道館、ピロティ 2 階 体育館
5. 構
造
鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)2 階建
6. 規
模
延べ面積
7. 設備概要
1,600 ㎡程度
電気・給排水・空気調和・ガス設備、エレベーター等
8. 業務の処理
(1) 受託者は、市係員の指示に従い業務に必要な調査を行い関連法令に基づき資料
を作成するものとする。
(2) 受託者は、業務の詳細及び当該工事の範囲について、市係員と連絡をとり、か
つ充分に打ち合わせを行い業務の目的を達成しなければならない。
(3) 受託者は、業務の進捗状況に応じて、業務の区分ごとに市係員に中間報告をし
て、その承認を得なければならない。
(4) 受託者が設計上の参考として使用する仕様書は、市が指定した仕様書及び日本
建築学会制定の標準仕様書を基準とすること。
(5) 市は、簡易な敷地図、学校施設設計図書、計画概要及び土質資料その他業務に
必要な関係資料を受託者に貸与する。
本資料は業務終了後速やかに市係員に返却すること。
(6) 図面の用紙及び縮尺については、市係員の指示を受けなければならない。
(7) 各調査の内容で現地調査を伴うものについては、作業日程及び作業内容につい
て、事前に施設管理者へ通知し監督員と打ち合わせしたうえで、行わなければ
ならない。
(8) 受託者は、次のスケジュールに基づき設計業務実施工程表を作成すること。
また、毎月の月末には市係員の指示に従い成果品の一部を提出する等、業務進
捗状況を市係員に文書にて報告すること。
(スケジュール)
・平成 28 年 12 月上旬
宿毛小学校敷地と宿毛中学校敷地の 2 か所について、
現状測量図・地盤高測量図の提出。
・平成 28 年 12 月中旬 旧宿毛小学校体育館解体工事概算費用の提出
・平成 29 年 1 月下旬 旧宿毛小学校体育館解体撤去工事実施設計図書の提出
・平成 29 年 2 月上旬
①―小学校敷地内建設の場合における、体育館及び校
舎・プール等学校施設基本計画図・工事概算書の提出。
-2-
・平成 29 年 4 月下旬 小学校体育館改築工事実施設計図書の提出
・平成 29 年 5 月中旬 ②―中学校敷地内建設の場合における、体育館及び校
舎・プール等学校施設基本計画図・工事概算書の提出。
・平成 29 年 5 月下旬 最終出来高業務委託成果品の一部提出と報告。
(9) 受託者は、市の要請に応じ関係機関打ち合わせ及び作業に協力すること。
9. 業務内容の疑義
受託者は、業務内容に疑義があるときは、速やかに市係員の指示を受けなければな
らない。
10. 手続書類の提出
(1) 受託者は、業務に着手するときは、着手届とともに次の書類を市に提出し、そ
の承認を受けなくてはならない。
ア.業務工程表
イ.代理人及び主任技術者通知書(経歴書を含む)
ウ.技術者及び協力会社届(経歴書を含む)
(2) 業務を完了したときは、完了届を提出するものとする。
(3) その他、市係員の要請に基づき、各種書類を提出しなければならない。
11. 秘密の保持
受託者は、作成する設計図書及びそれに係わる資料並びに、市から提供を受けた
関連資料を当該設計に携わる者以外に漏らしてはならない。
特に積算関連資料については、厳重な管理をすること。
12. 委託期間
契約確定の日の翌日から、平成 29 年 6 月 15 日までとする。
13. その他
市係員の承諾があった場合は、本仕様書によらないことが出来る。
-3-
基本設計委託仕様書
1. 要求施設
体育館、武道館、渡り廊下、外構工事、その他
①2 階床高は L1 クラスの津波(浸水高 3.10m)を想定し、浸水しない高さであること
②体育館のアリーナ両側に設けるギャラリー床高は L2 クラスの津波(浸水高 6.76m)を想定
し、浸水しない高さであること
③建築基準法での床面積は 1,600 ㎡以下とすること
2. 基本設計業務の内容
基本設計業務(以下「業務」という。
)の内容は、各種条件の技術的検討を行い、
建築物の機能と空間構成を具体化した設計図書を作成する次の業務とする。
(1) 次に掲げるものを内容とする基本設計説明書の作成
ア.基本設計方針、概要
イ.建築の設計概要、構造設計概要、仕様概要及び仕上表
ウ.設備の設計概要、仕様概要及び各種技術資料
エ.設計経過説明書
オ.設計与条件との比較
カ.同種施設との比較
キ.特殊な工法、材料、意匠の妥当性
ク.施工計画の妥当性
ケ.工事費概算書
コ.工程計画の概要
サ.施設計画策定にあたっての環境配慮事項報告書及び省エネルギー化の検討報告
(2) 次に掲げるものを内容とする基本設計図の作成
体育館実施設計の基本となる案内図、配置図、各階平面図、立面図、断面図、
日影規制の検討、道路斜線の検討、現況図及び設備概要図他
(3) 次に掲げる敷地現況実測図、地盤高実測図作成(参考資料‐4 付近見取図
参照)
・宿毛小学校敷地及び隣接する 4 方向道路部分
・宿毛中学校敷地及び隣接する道路部分
の計 2 か所とする
(4) 改築に伴う各会議、説明会用の資料作成
現場職員(教師等)や学校教育課担当者等を集めたワークショップを開催し、現場
職員の要望を把握し計画を策定すること。保護者説明会等での説明に必要となる図
面や資料、要求された資料等を作成し協議すること。
(5) その他基本設計に必要な業務
基本設計案の作成
基本設計にあたり、複数の設計案の提出を求める場合があるが対応すること。
-4-
3. 設計上の留意事項
建築コスト縮減のため、経済性を考慮した設計を推進する。
ア. 明確な平面計画
イ. 限られた敷地の有効利用と効果的な配置計画
ウ. 華美な仕上材の使用自粛
エ. 見積単価の厳選
オ. 維持管理が容易で、メンテナンス費用の低減
カ. 適切な設備計画
4. 成果品の提出
受託者は、業務が完了したときは、遅滞なく次の設計図書を提出しなければなら
ない。
ア. 基本設計説明書(内容については 2 .(1)による)
イ. 案内図
ウ. 配置図
エ. 各階平面図
オ. 立面図(4 面)
カ. 断面図(2 面)
キ. 各設備概要図
ク. 透視図
ケ. 日影規制・道路斜線図
コ. 敷地 2 か所(宿毛小学校、宿毛中学校)の現況実測図面
サ. その他
以上、アからサまでを製本 3 部提出
注 1:電子データを記録した記録媒体は、CD-Rを提出する。
注 2:CADデータは、JW-CAD(JWW)形式とし、それができない場合は
承諾を得る。
-5-
校舎等を含めた基本計画業務仕様書
本業務は、今後予定されている小学校校舎等の改築計画を検討する際の資料及び地域
住民、保護者等への説明会に用いる資料として作成を行うものである。また、体育館と
校舎は一体として使用されることから建築設計を行う体育館のみでなく学校施設全体
としての基本計画を行うものである。
1. 要求施設
①宿毛小学校敷地内建設の場合(参考資料‐2 敷地図 参照)
小学校校舎(6,000 ㎡程度)、プール、渡り廊下、自転車置き場、外構工事、その他
②宿毛中学校敷地内建設の場合(参考資料‐3 配置図 参照)
小中施設一体型校舎(10,000 ㎡程度)、プール、渡り廊下、自転車置き場、外構工事、
その他
・小学校予定児童数約 360 名 13 クラス、中学校予定生徒数約 210 名 7 クラス、特別支援
学級小学校中学校共に 3 クラス
・上記 2 案とも、小学校体育館建築計画位置については、現宿毛小学校西北部分と
する。また、新校舎完成時まで現在の校舎で授業を行い、工事中の仮設校舎の設
置は考えていない。
2. 基本計画業務の内容
①、②案それぞれにおいて基本計画を策定する。また、2 案の他に最適と考えられ
る案について検討を行うこと。基本計画の業務内容は以下の業務とする。
(1) 次に掲げるものを内容とする基本計画説明書の作成
ア.基本設計方針、概要
イ.建築の設計概要、構造設計概要、仕様概要及び仕上表
ウ.設計与条件との比較
エ.同種施設との比較
オ.工事費概算書
カ.工程計画の概要
(2) 次に掲げるものを内容とする基本設計図の作成
配置図、各階平面図、立面図、断面図、日影規制の検討、道路斜線の検討
3. 成果品の提出
受託者は、業務が完了したときは、遅滞なく次の設計図書を提出しなければならな
い。
ア.基本計画説明書(内容については 2. (1)による)
イ.配置図
ウ.各階平面図
-6-
エ.立面図(4 面)
オ.断面図(2 面)
カ.簡易な透視図
キ.日影規制・道路斜線図
ク.その他
以上、アからクまでを 3 部提出
注 1:電子データを記録した記録媒体は、CD-Rを提出する。
注 2:CADデータは、JW-CAD(JWW)形式とし、それができない場合は
承諾を得る。
-7-
実施設計委託仕様書
1. 設計概要
(1) 設計委託仕様(共通事項)の1から7に関する事項
(2) 建築・設備確認申請(変更も含む)
(3) 構造計算適合性判定申請(変更も含む)
(4) その他関連書類の作成、申請及び届出
2. 実施設計業務の内容
小学校体育館及び付属施設改築に伴う実施設計業務(以下「業務」という。)の内容
は、次のとおりとする。
(1) 次に掲げるものを内容とする実施設計図の作成
ア.建築意匠設計図
イ.建築構造設計図
ウ.電気設備設計図
エ.給排水衛生設備設計図
オ.空気調和設備設計図
カ.エレベーター設備設計図
キ.屋外付帯施設設計図(渡り廊下、倉庫、自転車置場、門、塀、側溝、舗装等)
ク.解体撤去設計図(旧体育館、付属建物及び構造物、樹木等)
ケ.その他
(2) 特記仕様書の作成
(3) 工事費内訳書の作成
(4) 建築基準法等関係法令に基づく必要な図書の作成及び手続きの代行
(5) その他条例等に基づく必要な図書の作成及び手続きの代行
(6) 敷地内にある障害物の調査と解体及び処理費用の積算
(7) 体育館改築に伴う電気・水道・下水道設備等接続処置対策
(8) 近隣住宅への電波障害影響とその対策
(9) 補助金申請書類の作成
(10) 資料作成
(11) その他実施設計に必要な業務
※図面電子データについては、JWW形式を基本とする。それ以外の形式について
は、変換ソフト等を使用しJWW形式に直すこと。尚、他の形式からJWW形式
に変換した場合は、元データと比較し文字や線種、縮尺等誤りがないことを確認す
ること。また、工事委託に際して電子データでの図面配布を考慮し、PDF形式で
-8-
の提出も併せて行うこと。
3. 工事費内訳書の作成
(1) 内訳書は、「公共建築工事積算基準」(発行(財)建築コスト管理システム研究所、
国土交通省大臣官房官庁営繕部 監修)に基づき作成する。
(2) 内訳書の書式については、当市が指定する様式(Excel 形式)を利用すること。
様式データについては、契約締結後担当者より貸与するものとする。
(3) 建築数量の積算方法については、
「建築数量積算基準」
(発行(財)建築コスト管理
システム研究所、建築工事建築数量積算研究会 制定)に基づき積算する。
(4) 内訳書は、市係員の指示を受けて工事毎に作成する。
(5) 積算に当たっては、誤記や違算が無いように充分注意をし、単価については,刊行
物単価及びメーカー見積、積算基準による歩掛りによる単価とする。刊行物単価の
採用にあたっては、単価の比較(建設物価、積算資料、建築コスト情報及び建築施
工単価)を行い、刊行物単価比較表を作成すること。
(6) 専門業者等の見積書は、原則3業者以上とし、見積比較表を作成する。
(7) 工事毎、工程毎に数量の積算過程を明記した積算調書を作成する。
(8) 市が同工事を発注する際には、単価の見直し及び専門業者等の見積書再提出に協力
すること。(工事の発注時期が次年度になった場合は、再度単価の見直し及び見積
書の取り直しを行うため)
4. 申請・許認可等手続及び手数料負担
(1) 受託者は、建築基準法関連法令に基づく建築確認・設備確認・構造計算適合性判定
申請・検査申請・許可申請・指導要綱等の手続きを行うとともに、市等が行う許認
可等を受けるために必要な資料の作成及び手続に協力しなければならない。
(2) うえに記載した各申請・許認可・検査等に伴う手数料は全て受託者負担とし、委託
契約金額に含むものとする。
5. 設計上の留意事項
受託者は、次の事項に留意して設計を行うこと。
(1) 建築コスト削減のため、経済性を考慮した設計を推進すること。
(2) 環境負荷を低減する設計を推進すること。
(3) 木材等の材料、製品は可能な限り宿毛地域で調達のこと。
(4) 「建設副産物適正処理推進要綱」等に基づきリサイクルに取り組むこと。
(5) 敷地に建築物を配置するにあたり、現況調査を行い既存施設との位置確認を行うこ
と。
(6) 障害物及び地下埋設物等は、現状を確認し、撤去及び仮設費用を工事費に算入する
こと。なお発生材の費用及び処理方法についても明示すること。
(7) 納まり、仕上材、寸法等、市係員と充分協議をおこない決定すること。
-9-
(8) 協議事項は記録し、その都度提出すること。
(9) 地質ボーリング調査につては、早急に別途市の方で発注契約する。
6. 成果品の提出
受託者は、業務が完了したときは、遅滞なく設計図書等を提出しなければならない。
(1) 保存用設計書
( 1 部 )
図面を1枚毎に折りたたみ(A4版)構造計算書を添付し、工事名を記入した表紙
及び背割りを付けたのち、金額及び数量入り内訳明細書を綴り込んだもの。
(設計図及び内訳明細書の電子データも添付すること)
(2) 工事施工用設計図
( 各 2 部 )
図面(A2 版、A3 縮小版)を2ツ折りにし、表紙を付けて製本したものに、工事名
(表紙及び背割り面)を記入したもの。
(A2 版、A3 縮小版共)
(3) 内訳明細書(金額入)
( 1 部 )
項目毎に価格根拠・根拠番号(見積比較表参照番号・積算数量算出書参照番号)等
を表示する。(Excel 形式の電子データを提出)
(4) 代価表
( 1 部 )
(5) 見積比較表
( 1 部 )
3社以上比較し、項目毎に根拠番号表示する。
(6) 見積書
( 1 部 )
分解紙・付箋・一覧表等でわかりやすく表示する。
(7) 積算数量算出書
( 1 部 )
項目毎に根拠番号を表示する。
(8) 積算数量算出表
( 1 部 )
色分け・印・付箋等でわかりやすく表示する。
(9) 建築・設備確認等申請書
( 1 部 )
(10) 構造計算適合性判定申請書
( 1 部 )
(11) 平綴じ図面・内訳明細書(金額抜)
( 各 3 部 )
(12) 電子データ
( 1 部 )
設計図書(JWW形式及びPDF形式)
、内訳明細書を提出する。
(13) 打合せ議事録
( 1 部 )
7.その他
市係員の承諾があった場合は本仕様書によらないことができる。
- 10 -
施設の配置図
縮
尺
1/1000(B4)
0
5
10
15
20
25
30
35
40
45
学
校
50m 名
宿毛小学校
(平成28年度)
調 (都道府県)
査
番
号 3 9
(市町村)
(学 校)
2 0 8 0 8 1 1
整
理
番
号
凡 例
参考資料ー1
建 物
未
未とりこわし建物
危
危険建物
借
借用建物
一時
一時使用建物
中学校運動場
土居の後
建物以外の工作物
自
自転車置場
倉
倉 庫
吹
吹抜けの渡廊下
温
温 室
撲
相撲場
本町 線
住 宅
住 宅
市
道
桜 建物敷地 保有 8,384㎡
町
本
町
線
駐車場
(宿毛市所有)
その他の土地
284㎡
住 宅
ポ
②-2S2-380㎡
③-B1-63㎡
男WC
屋内運動場
自
男更衣
門
市
道
土
居
の
後
線
②-1S1-841㎡
道
幅
6m
①-6
R3-513㎡
女更衣
吹
女WC
④-B1-51㎡
吹
給食受入口 ⑥-S1-85㎡
⑤-B1-16
吹
運動場用地
物置
プール8コース
道
幅
グ 保有 4,612㎡
保育園
4.6m
門
吹
W C
住 宅
①-4R3-492㎡
管 理 教 室 棟
①-3R3-1.080㎡
①-1R3-390㎡
①-5R3-270㎡
①-2R3-1,133㎡
住 宅
門
道幅 12m
方 位 北
(北に矢印を付す)
市道桜町藻津線
真北
-24
.37
236
参考資料ー2
5
2 m
水 路
7m
6 m
敷地境 界線
水 路
1 m
市 道
6 m
敷 地境界 線
現私有地
( 宿毛 市買
現私有地
収 予定 地)
(宿 毛市 買
収予 定地 )
敷
地
境
界
線
市
道
宿毛小運動
6m
6 m
宿 毛 小 学 校 敷 地
市
道
敷
地
境
界
線
記念碑
記念碑
岩 村 旧 邸
正 門
敷地境界線
敷地境界線
12 m
市 道
敷 地 図 S=1/500
場
施設の配置図
(平成28年度)
縮
尺
1/1000(B4)
0
5
10
15
20
25
30
35
40
45
50m
学
校
名
宿毛中学校
調 (都道府県)
査
番
号 3 9
(市町村)
(学 校)
2 0 8 3 9 0 5
整
理
番
号
凡 例
参考資料ー3
住 宅
建 物
住 宅
住 宅
未
未とりこわし建物
危
危険建物
借
借用建物
一時
一時使用建物
第二運動場用地
保有 2680㎡
市
道
土
居
の
後
2
号
線
5.
0m
自 自
特別教室棟
自
2-R3-655㎡
自
自
1-3S-1-48㎡
門
渡
り
⑭-B1-32㎡
⑮-B1-32㎡
⑯-B1-12㎡
自
自
建物以外の工作物
機械
管 理 教 室 棟
1-1R3-1228㎡
1-2R3-775㎡
自
自転車置場
門
19-2S3-165㎡
倉
倉 庫
吹
吹抜けの渡廊下
温
温 室
撲
相撲場
渡
り
廊
下
女 女
便 更
所 衣
市
道
土
居
の
後
線
道
幅
その他地 保有 256㎡
住 宅
吹
運 動 場 用 地
6.5m
屋 内 運 動 場
グ 保有 5,829㎡
20-R1-981㎡
部
室
21-B1-40㎡
部 室 22-B1-60㎡
門
小学校運動場
方 位 北
(北に矢印を付す)
道
幅
4.5m
プール6コース
建物敷地 保有 6,543㎡
技
術
教
室
19-1R3-992㎡ 棟
男男
更便
衣所
付近見取図
技 術 棟
館
体 育
参考資料ー4
追 加 資 料
23m
3 7m
建
2階
館
体 育
宿毛小学校体育館平面計画図 H28.10.25
7.5
5.5
15.5
屋外階段
12
5.5
屋外階段
UP
UP
控 室
6
ステージ
6
6
4
UP
倉 庫
ステージ上部
放送
DN
DN
DN
7
9m
7
6
アリーナ
37
6
バ
ル
コ
ニ
ギ
ャ
ラ
リ
ギ
ャ
ラ
リ
アリーナ上部
ー
ー
37
バレーコート
ー
37
6
面積 437㎡
28
7
19
18m
面積 644㎡
7
7
7
女更衣室 倉庫
バレーコート
6
面積 201.5㎡
6
6
武 道 場
指導者用 廊
出入口 下
HC
9m
13
男更衣室
18m
神棚
下駄箱
ホール
器具庫
DN
EV
5
5
階段
(下倉庫)
5
UP
倉庫
男便所 EV
5
ホール
5
女便所
階段
(下倉庫)
玄関
スロープ
7.5
8
1.8
7.5
23
7.5
8
7.5
23
1 階 平 面 図 S=1/500
2 階 平 面 図 S=1/500
1階床面積 23m×37m=851㎡
2階床面積 23m×18m=414㎡
延床面積 1,265㎡
1.5
7.5
8
23
7.5
Fly UP