...

脳と化学 3 (脳とこころ 1)

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

脳と化学 3 (脳とこころ 1)
脳と化学 3 (脳とこころ 1)
○「生存する脳(Descarte’s Error)」(A.R.ダマジオ)講談社
○「脳はこころである」(J.ドラクール) 文庫クセジュ
○「意識とはなんだろうか」(下條信輔) 講談社現代新書
・{こころ、心、精神}の定義
・歴史的に… 二元論(デカルト)、還元主義、行動主義
・理性と感情――感情とは?
・人格
フィネアス・P・ゲージ の場合(1848 年の事故;25 歳)
脳貫通事故(前頭前皮質が障害)
人格の変化
エリオットの場合
無感情、「知ってはいるが感じない」
・神経化学的「こころ」
愛、寛容、親切…な「こころ」―― オキシトシン(ホルモン)関与 脳視床下部
衝動的、攻撃的 … セロトニン(霊長類では攻撃的行動の抑制に働く)
前頭前皮質腹内側部、扁桃体にセロトニン-2-受容体が多い
分子、シナプス、局所回路、全脳的システムという全プロセスを包括的に捉えること
が重要(社会的要素と神経化学的要素をともに考えること)
Fly UP