...

日本アイ・ビー・エム株式会社 CAMS時代のECMとは

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

日本アイ・ビー・エム株式会社 CAMS時代のECMとは
ECMサミット2014
CAMS時代のECMとは
日本アイ・ビー・エム株式会社
ソフトウェア事業 ECM営業部
2014年10月16日 Enterprise Content Management
© 2014 IBM Corporation
CAMS
最近のITトレンドを象徴する言葉「CAMS」がIT市場の成長領域として注目されています。
2
© 2014 IBM Corporation
CAMS時代に合わせた製品戦略への評価
GartnerのMagic Quadrant for
Enterprise Content Managementで、
IBMがリーダークアドラントに位置付けられました
Gartner "Magic Quadrant for Enterprise
Content Management" Mark R. Gilbert et al,
25 September 2014
本図表は、ガートナー・リサーチの発行物の一部であり、評価するには発行
物全体をご覧いただく必要があります。ガートナーの発行物は、リクエストに
よりIBMからご提供することが可能です。 ガートナーは、ガートナー・リサーチ
の発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するも
のではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベン
ダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。
ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したもので
あり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を
問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証
を行うものではありません。
3
© 2014 IBM Corporation
IBM Content Navigator
IBM ECMソリューションは、統合ユーザーインタフェース「Content Navigator」を提供し、
直感的で使いやすいコラボレーション環境を実現します。
Visual部品の再利
用で柔軟なカスタ
マイズが可能
(HTML5/Dojo)
追加ライセンスな
しでリッチなイン
タフェースを提供
Visual部品
IBMだけでなく
他のコンテンツリ
ポジトリも含めた
統合UIを実現
4
モバイル対応
IBM ECM Repository FileNet P8 / CM8 / CMOD
© 2014 IBM Corporation
ECMプラットフォーム
スケーラビリティの高いアーキテクチャーにより、各業務ごとにシステム構築する個別最適で
はなく、ECMの共通プラットフォームを実現できるのが、IBM ECMの特長です。段階的かつ
スピーディな業務システム統合を可能にし、システムの全体最適を実現しながら、Content
Navigatorによる、業務ごとの画面の最適化を実現します。
個別業務ごとのコンテンツ管理環境
5
ECMプラットフォームを活用した
エンタープライズ コンテンツ管理環境
実験動画
技術文書
マニュアル
実験動画
技術文書
マニュアル
実験動画
利用画面
技術文書
検索画面
マニュアル
管理画面
実験動画
利用画面
技術文書
検索画面
マニュアル
管理画面
ソーシャル機能
ソーシャル機能
ソーシャル機能
バージョン管理
バージョン管理
バージョン管理
ユーザー管理
ユーザー管理
ユーザー管理
セキュリティ
セキュリティ
セキュリティ
全文検索 全文検索 全文検索 属性情報管理
属性情報管理
属性情報管理
Content
Navigator
標準画面
または
カスタム画面
ECMプラットフォーム
IBM Case Foundation
IBM FileNet Content Manger
IBM Content Foundation など
© 2014 IBM Corporation
Social
コラボレーション&ケース・マネージメント
6
© 2014 IBM Corporation
IBM Content Navigator チームスペース&ソーシャル機能
チームスペース
ロールベースのセキュリティによるチームスペースを
ビジネスユーザーが作成し、チームでコンテンツの共同作業が可能
テンプレート
“マイ・ドキュ
メント”の代替
ロール・フォルダ・
コンテンツ属性・検索
四半期、年次の
ビジネス・レ
ビュー
イベントや会議
標準業務手順
契約/ベンダー
の
管理
Comments
その他
7
Likes
Tagging
Download
Activity
Counts
Stream
ソーシャル
コメント・投票・タグ付け・ダウンロード回収表示・
アクティビティストリームなどが利用可能
ロール
© 2014 IBM Corporation
非定型業務と定型業務が混在する場合のコラボレーション
専門家の○○さんに、
きいてみよう
一次対応
専門家の○○さんに、
きいてみよう
不具合発生
一次対応
タスク
管理表
タスク
管理表
調査依頼
Start
品質
報告書
一次対応
8
品質
報告書
調査依頼
コラボ
レーション
○○部の意見も聞
く必要があるな
原因調査
コラボ
レーション
融資稟議原因調査
不正請求調査
顧客クレーム
契約折衝
提案活動
調査依頼書
医療業務
品質保証業務
調査依頼書
○○部の意見も聞
調査報告
ビジネス
く必要があるな
プロセス
ECM
End
調査報告
ECM
調査報告書
© 2014 IBM Corporation
ケース管理
業務の開始から終了までの過程で、
業務処理に必要なすべての情報の集合を「ケース」と言う
この集合(ケース)を、業務案件単位で管理することを「ケース管理」と言う
専門家との
Eメールで
のやりとり
ケース(品報 No:0001)
関連部署とや
りとりしたと
きのコメント
クレーム
受付票
不具合発生時の写真
対策内容
アドホックに
発生するタス
クの情報
9
関連技術文書
© 2014 IBM Corporation
ケースダッシュボード
チャット/コメント
Content Navigatorよりさらに業務に
特化したダッシュボードで効率化
関係者がダッシュボード上で会
話し、リアルタイム性の高いコ
ミュニケーションでスムーズに
問題を解決していきます。
ダッシュボード画面
基本情報だけでなく、1つの報告書にひもづく
添付文書・各種履歴・タスク進捗状況など
関連情報が1つの画面に集約管理できます。
メンバー全員で同じ情報を共有しながら、
対策を検討していくことができます。
リンクを貼り付けてください
Eさん
品報基本情報
ケース(品報 No:0001)
画像作成者Eさんに訊こう
Bさんをメンバーに追加しよう
タスク管理
Aさん
Dさん
文書や画像の上から、ペン
で書き込むように、付箋紙を
はるように、情報を追加する
ことができます。
ワークフローでは定義できない
細かいタスクを管理でき、厳密な
進捗管理ができます。自分の
タスクも一覧表示で明確になります。
確認タスクをCさんに依頼しよう
10
文書管理
Bさん
Cさん
赤丸部分を確認してください
© 2014 IBM Corporation
IBM Case Manger
ディスカッション
ACM
タスク
Advanced Case
Management
コメント
不具合発生
調査依頼
一次対応
原因調査
調査報告
調査依頼書
Start
品質
報告書
【ナレッジの再利用観点】
過去のケースに関連するすべ
ての情報をすぐに取り出せる
End
調査報告書
【マネージメント観点】
ケース情報の見える化を実現
分析して新しい知見を得られる
モニタリング&マイニング(分析)
11
© 2014 IBM Corporation
Analytics
IBM Watson テクノロジーを支えるコンテンツ・アナリティクス
12
© 2014 IBM Corporation
Watsonにも使われている自然言語分析技術 from Japan
2007年7月
日本IBM東京基礎研究所が10年間
をかけて研究開発したテキスト解
析エンジン「TAKMI」が、ソフト
ウェア製品「IBM OmniFind
Analytics Search」として全世界
にリリースされました。
IBM Watson (Jeopardy)
“ … an information seeking tool that’s
capable of understanding your question
to make sure you get what you want and
then deliver’s that content through a
naturally flowing dialog”
- - Dr. David Ferrucci,
Principal Investigator,
Watson project
2011年2月16日
IBM基礎研究部門が4年間をか
けて研究開発したコンピュー
ター・システム「Watson」が
、米国の人気クイズ番組
Jeopardy!で歴代最強と言われ
る2人と対戦し、勝利しました
多言語対応されたグローバル製品でありながら日本語にも強い
13
2014年5月27日
TAKMIを起源としたテキスト
マイニングソリューションの
最新版「Watson Content
Analytics」がリリースされ
ました。
© 2014 IBM Corporation
IBM Watson Content Analytics
テキストマイニング・プラットフォーム・ソリューションWCAは、ビッグデータ対応され、かつ日本語に強いテキストマイニングエ
ンジンを持っており、膨大な量の情報を高速に処理することが可能です。マクロ観点およびミクロ観点のさまざまなビューを
備えた高度な分析機能を提供し、相関値を使って特徴的なキーワードやフレーズの特定を可能にし「新しい知見」の発
見を支援します。
高度な分析機能
 さまざまな切り口での分析用途に対応
相関値を使った特徴の抽出
 少ない件数でも特徴的な事象を発見できる相関値分析
文書ビュー
ファセット分析
時系列分析
ある条件で絞り込んだデータにおいて、ある「キーワード」や「フ
レーズ」が出現する確率が、全データのときに比べて何倍になってい
るかを示す「相関値」を使ったマイニングが可能。「出現数」ではな
偏差分析
トレンド分析
ファセットペア分析
コネクション分析
く「出現確率」をベースした相対的ロジックであるため、件数が少な
くて、なかなか見つけづらかったような事象も発見できる。
頻度
相関
629
4.8
走行
ジャダー
594
2.6
エンジン
異常振動
249
2.4
ブレーキ
ガスケット
179
2.0
ハンドル
現象
評判分析
ダッシュボード
ビッグデータ対応
多言語対応&日本語サポート
 数百万~数千万件のデータを一度に分析できる
 主要な言語(17ヶ国語)をサポート
情報のフィルタ
リングが不要な
ため、自分の
日・英・中のほか、ロシア語、ドイツ語、
ポルトガル語、スペイン語、フランス語、
イタリア語、ヘブライ語、アラビア語、トルコ語、韓国語
経験を超える
知見抽出が
実現可能。
ポーランド語、チェコ語、オランダ語、デンマーク語に対応
14
 日本で研究開発されたマイニングエンジンを搭載
IBM東京研究所で開発。多言語対応されたグローバルベンダー製品で
ありながら、優れた日本語解析機能も提供。
© 2014 IBM Corporation
事例:大手自動車メーカー様
*1
品質対策プロセスの改善と品質分析による問題の未然防止
ACMで収集した品報やコールセンターやWebの情報を分析してリコールを未然に防ぎます。
ACMを使った
品質対策プロセス
販社代理店
品質報告情報
Service & Field Data
Watson Content
Analytics を使った
テキストマイニング
潜在的な
品質報告
明示的な
品質報告
品質懸案
事項発生
起票
15
任命
再発防止
検討
解析
評価
原因判明
実行確認
対策完了
結果確認
コールセンター情報
Call Center Data
当局情報
(国交省/NHTSAなど)
Authorities Public Data
品質データ
インターネット情報
(Web Data)
*1 一部未導入の部分もございます
© 2014 IBM Corporation
Mobile
BYODを実現
16
© 2014 IBM Corporation
IBM Content Navigator モバイル対応
モバイル端末からも同じ操作が行えます。
BYODによる「いつでも」「どこでも」を実現します。
 iOSで稼動するiPad/iPhone用のアプリケーション
– Apple iTunes App Storeからフリーダウンロード
 デスクトップWebアプリケーションと同様の設計
– デスクトップWebアプリケーションで使われている
JavaScriptモデルのAPIと同様に、中間層のサービス
の活用とオブジェクトCモデルのAPIを提供
 基本機能を提供:
– 参照・閲覧
• フォルダを利用
– 検索
• フォルダ内を検索テンプレートにより
検索してアクセス可能
– 登録
• カメラ画像と写真ライブラリ内の画像を登録
• External Data Service(外部システム連携)をサポー
ト(外部データの自動参照)
• Datacap連携可能(OCR/ICR文字認識・自動分類登録)
モバイルキャプチャー機能
17
© 2014 IBM Corporation
事例:Focus Insurance 社
モバイルキャプチャーによる損害保険査定業務の効率化
不明確
データ
モバイルキャプチャー
自動車保険金請求書を
モバイル・デバイスか
らキャプチャー
Datacap
OCR/ICR処理を実行
不明瞭な部分を補正
IBM Case Manager
コンテンツおよび情報
の格納と案件起票
ケースダッシュボード
査定業務を担当者同士
で情報共有して推進
モバイルキャプチャーにより入力エラーを削減
フォームへの入力エラーを40%削減
迅速なドキュメントの検索や閲覧により現場の生産性を向上
損害保険査定者のサイクル時間を1案件で2時間の削減
ケース管理による情報共有と効率化で顧客により良いサービスを提供
顧客満足度を15%向上
18
© 2014 IBM Corporation
Cloud
ECMクラウドオファリング~IBM Navigator on Cloud
19
© 2014 IBM Corporation
IBM Navigator on Cloud
SaaS (Software as a Service) オファリングである IBM Navigator on Cloud は
、コンテンツを安全に共有および管理するとともに、デスクトップとモバイル・
デバイスの両方に対してコンテンツを同期化する機能をナレッジ・ワーカーに提
供します。
• IBM SoftLayer 上で展開するECM クラウドサービス
• 業界最先端の IBM ECM テクノロジーである IBM Content
Navigator および IBM Content Foundation に基づいて構築
• デスクトップとモバイル・デバイスの両方の HTML5
Webエクスペリエンスを提供
• Apple iOSとAndroidの両方でモバイルエクスペリエンスを実現
• コンテンツ管理機能、コンテンツ・コラボレーション
• カスタム・アプリケーション開発が可能
• エンタープライズ・グレードのセキュリティーおよび信頼性
20
© 2014 IBM Corporation
Security
CAMSのもう1つの”S” – コンテンツ・セキュリティ
21
© 2014 IBM Corporation
IBM ECMソリューション セキュリティ機能
セキュアなコンテンツ管理を実現できます。
アクセス制御
 コンテンツ単位でアクセス制御が可能
 認証はディレクトリーサービスにより提供され、ユー
ザーに合わせてコンテンツ操作権限を付与可能
 階層型のアクセス制御定義が可能




監査ログ
 すべてのコンテンツ操作に関する監査ログを取得可能
 コンテンツ種別ごとにログ対象範囲を設定できる
Cancel checkout (チェックアウトの取り消し)
Checkin (チェックイン)
Checkout (チェックアウト)
Classified (分類)
Lock/Unlock (ロック、アンロック)
Promote/demote version (バージョンの昇格・降格)
Publish Request/Publish Complete (パブリッシュ)
Get Content(コンテンツの取得)
・・・・
コンテンツ暗号化
ビューワー
登録する際に暗号化しダウンロードする際に復号化
暗号化しても全文検索は可能
コンテンツ種別ごとに暗号化有無を分類できる
DB格納でなくファイルサーバー格納でも暗号化可能
 300種類以上のコンテンツをWebブラウザだけで閲覧で
きるDaejaビューワーがContent Navigator上で利用可能
 メニューをカスタマイズするだけでビューワーONLYアク
セス(=ダウンロード禁止)を実現可能
リダクション
(塗潰し)も可能
22
© 2014 IBM Corporation
まとめ
23
© 2014 IBM Corporation
CAMS時代に合わせ進化する IBM ECMソリューション
IBM Navigator on Cloud
IBM Content Navigator をSoftLayer上で利用することができる
クラウドサービス
IBM Watson Content Analytics
ビッグデータ対応・日本語対応&多言語対応・相関分析による特徴抽出・
高度な分析機能などを可能にするテキストマイニングソリューション
IBM Content Navigator & Datacap
BYODを実現するWebと同じ操作が可能なモバイルアプリケーション
Datacapとの組み合わせにより先進的なモバイルキャプチャーが利用可能
IBM Content Navigator & IBM Case Manager
チームスペースおよびソーシャル機能で円滑なコラボレーションを実現
非定型と定型が混在する業務にはケース管理ソリューションが最適
24
© 2014 IBM Corporation
25
© 2014 IBM Corporation
Fly UP