...

サンプルプログラム サンプルプログラム mr32r

by user

on
Category: Documents
8

views

Report

Comments

Transcript

サンプルプログラム サンプルプログラム mr32r
サンプルプログラム mr32r
2003.2 Rev 0.80
1.はじめに
OAKS32R のシリアルポートから"Hello world"を出力するプログラム(mr32r
mr32r)を用いてコン
mr32r
パイル、リンク、ダウンロードの一連の手順を示します。CDROM にある OAKS32R 対応ソフト
ウエア開発キットがインストールされていることを前提としますので、OAKS32R
ディレクトリ
ウエア開発キット
にあるドキュメントに従ってインストールしておいてください。
このドキュメントは OAKS32R 対応ソフト ウエア開 発キット がドキュメントに沿って
C:\MTOOL 以下にあってパスを通しているものとします。これ以外の場合は、makefile 等を書
き直す必要があります。
プログラムをダウンロードする際には通信ソフトが必要になります。ここではフリーソフトの
Tera Term を使用しています。必要な方はインターネット、雑誌等で入手してください。
Windows に搭載されている Hiper Termnal では Windows2000、WindowsXP では転送速度も
遅く、元々入っているファームを壊すこともありましたので注意が必要です。ファームウエアの
書き込みは三菱の純正のデバッガが必要となります。
2.必要な機材
サンプルプログラムは、基板、PC の他、次のケーブルを必要とします。
(変換器等)
RS232C クロスケーブル
5V スイッチング電源
接続
1
3.ファイル
インストールした C:\MTOOL\oaks32r\smp32rg\mr32r ディレクトリにある次の 4 ファイル
をハードディスクの任意のディレクトリにコピーしてください。プログラムの内容についてはソ
フトウエアマニュアル、ドキュメント等を見てください。
ファイル名
makefile
m32r.cmd
main.c
lowlib.c
内容
make 用ファイル
リンカ用テンプレート
メインルーチン
低水準出力ルーチン
参考:C:\MTOOL\oaks32r\smp32rg\mr32r にはコンパイルした結果も入っています。
4.make
DOS 窓にて make を実行します。
ディレクトリは C:\MTOOL\oaks32r\smp32rg\mr32r としています。
次の場合は、すでにコンパイルができています。
2
図のようなファイルが生成されます。
smp.mot がダウンロード用 S フォーマットファイルです。
3
5.ダウンロード
smp.mot をダウンロードします。
(1)キットの電源を切り、OAKS32R-M32102S6FP(CPU 基板)の JP1 をオープンします。
(2)キットの電源を入れ、Tera Term を起動します。次のウインドウが立ち上がります。
接続している COM を選択します。(この場合は COM1)OK をクリックして下さい。
図のように通信条件を設定します。
4
図のウインドウが立ち上がります。
(3)テキストファイルとして、smp.mot
smp.mot を転送します。
File から Send file を選択します。
5
smp.mon を選択します。
次のような送信中のウインドウが提示されます。
ボードでは LED0、LED1 が交互に点灯します。
終了しますと、上記ウインドウが閉じられ、ボードでは LED0、LED1 が同時に瞬きます。
●Tera Termでのダウンロード時の注意事項
ダウンロードファイル(".mot"ファイル:テキストファイル)は、ダウンロード時に「改行
コード」がUNIX形式に変換された場合、正常にダウンロードできません。("\r\n"形式の改
行コードでダウンロードする必要があります。)
「Tera Term」のターミナルの設定によっては、ダウンロード時に「Binary」モードにする
必要があります。
6
6.実行
キットの電源を切り、OAKS32R-M32102S6FP(CPU 基板)の JP1 をクローズします。
電源を入れる(リセットを行う)と Tera Term 上に"Hello world"等の表示が行われます。
7
Fly UP