...

PROG/RUN モード切り替えスイッチを採用し, プログラム書き込み時の

by user

on
Category: Documents
4

views

Report

Comments

Transcript

PROG/RUN モード切り替えスイッチを採用し, プログラム書き込み時の
キットで遊ぼう電子回路シリーズ No.9 新 PIC 入門 C 言語編
PROG/RUN モード切り替えスイッチを採用し,
プログラム書き込み時の手順を簡略化しました!
追加パーツ
部品名
使用番号
スライドスイッチ
SW6
取り付け注意点
極性はありません。
取り付けはどちら向きでもかまいません。
取り付け位置
104
スライドスイッチは,基板の SW6 位置にハンダ付けしてください。
その他のパーツはテキストどおりです。
10kΩ
スライドスイッチの用法
スライドスイッチは,弊社製品の PIC ライター「A+ タイプ」か「B タイプ」を使って,ICSP 端子を
接続して書き込む際に使います。
プログラム書き込み時は,スライドスイッチのつまみを「PROG」側に
書き込み後,プログラムを実行させたい時は「RUN」側にしてください。
書き込み時
104
さらに,テキスト P.31 の内容に変更があります。
(注) 書き込み時は,必ず AC アダプタを抜いてください。
書き込みを終えたら,実験基板に AC アダプタを差し込んでください。
テキスト P.31
10kΩ
上記の内容に従わず,書き込み時は,必ず AC アダプタを挿したままにしてください。
実行時
Fly UP