...

Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR) Premises 導入ガ イド

by user

on
Category: Documents
6

views

Report

Comments

Transcript

Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR) Premises 導入ガ イド
Cisco Collaboration
Meeting Rooms(CMR)
Premises
導入ガイド
リリース 4.0
Cisco TelePresence Conductor XC3.0
Cisco TelePresence Management Suite 14.6
Cisco TelePresence Server 4.1
Cisco TelePresence MCU シリーズ 4.5
2015 年 1 月
概要
コア アーキテクチャ
目次
概要 .............................................................................................................................................. 5
CMR Premises の基本事項 ......................................................................................................... 6
コア アーキテクチャ .........................................................................................................................................7
ソリューション コンポーネントと必要なバージョン ..............................................................................................8
展開要件とベスト プラクティス ...................................................................................................... 10
TelePresence Conductor ..................................................................................................................10
TelePresence Server 会議ブリッジ ....................................................................................................10
暗号化(Encryption) ..........................................................................................................................10
回復力とクラスタリング .......................................................................................................................10
Unified CM 中心展開における SIP Early Offer メッセージング ...........................................................10
ブリッジ プールとサービス設定 ...........................................................................................................11
コンテンツ チャネル ............................................................................................................................11
H.323 インターワーキング ..................................................................................................................11
エスカレートされた会議.......................................................................................................................11
既存の展開のアップグレード ........................................................................................................ 12
推奨実装シーケンス ......................................................................................................................................13
アップグレードの設定前提条件 ......................................................................................................................13
アップグレードの設定チェックリスト.................................................................................................................14
タスク 1:製品バージョンをアップグレードする ......................................................................................14
タスク 2:既存の構成で新しいバージョンを確認する ............................................................................14
タスク 3:前提条件が満たされていることを確認する ............................................................................14
タスク 4:ソリューション リリース ノートを確認する ................................................................................14
タスク 5:TelePresence Conductor を設定する ..................................................................................14
タスク 6:最新の正規化スクリプトを Unified CM に追加する(Unified CM 中心展開) ...........................14
タスク 7:SIP Early Offer に変換する(Unified CM 中心展開) .............................................................15
タスク 8:リソース最適化をセットアップする(オプション) .......................................................................15
タスク 9:Cisco Expressway / Cisco VCS for Microsoft Lync を設定する(オプション) ........................15
タスク 10:ActiveControl サポート用の iX プロトコルを設定する(オプション) .......................................15
タスク 11:Cisco TMS をスケジュール済み会議用に設定する .............................................................15
タスク 12:CMR Hybrid をセットアップする(オプション) .......................................................................15
タスク 13:外部エンドポイントがエンタープライズ Unified CM に登録されていることを確認する
(Unified CM 中心展開) .....................................................................................................................16
TelePresence Conductor 管理ブリッジをスケジュールする場合の違い .........................................................17
初回展開 ..................................................................................................................................... 19
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
2 / ページ 83
概要
コア アーキテクチャ
推奨実装シーケンス ......................................................................................................................................20
初回展開の設定前提条件 .............................................................................................................................21
初回展開の設定チェックリスト ........................................................................................................................22
タスク 1:必要な製品バージョンをインストールする ..............................................................................22
タスク 2:前提条件が満たされていることを確認する ............................................................................22
タスク 3:ソリューション リリース ノートを確認する ................................................................................22
タスク 4:TelePresence Conductor を設定する ..................................................................................22
タスク 5:正規化スクリプトを Unified CM に追加する(Unified CM 中心展開)......................................22
タスク 6:SIP Early Offer に変換する(Unified CM 中心展開) .............................................................22
タスク 7:リソース最適化をセットアップする(オプション) .......................................................................23
タスク 8:Cisco Expressway / Cisco VCS for Microsoft Lync を設定する(オプション) ........................23
タスク 9:ActiveControl サポート用の iX プロトコルを設定する(オプション) .........................................23
タスク 10:Cisco TMS をスケジュール済み会議用に設定する .............................................................23
タスク 11:CMR Hybrid をセットアップする(オプション) .......................................................................23
ソリューション コンポーネントの設定と接続 ................................................................................... 24
Unified CM の Early Offer 用の設定.............................................................................................................25
TelePresence Conductor と Unified CM の接続 ..........................................................................................27
TelePresence Conductor と Cisco VCS の接続 ...........................................................................................28
Unified CM と Cisco Expressway シリーズまたは Cisco VCS の接続 ..........................................................29
Cisco Expressway シリーズ用のプロセス ..........................................................................................29
Cisco VCS 用のプロセス ...................................................................................................................29
セキュリティの設定 ....................................................................................................................... 30
会議サービスの設定 .................................................................................................................... 31
個人用 CMR の有効化 .................................................................................................................................32
個人用 CMR でのホスト ロールとゲスト ロールの使用 ........................................................................33
個人用 CMR に対する変更の管理 .....................................................................................................35
スケジュール済み会議での CMR Hybrid の有効化 .......................................................................................37
CMR Hybrid と個人用 CMR の使用 .............................................................................................................39
大規模なまたは重大なミーティングのカスケードのセットアップ ........................................................................40
アドホック(インスタント)会議の有効化 ...........................................................................................................42
TelePresence Server を使用したアドホック会議での音声専用品質設定 .............................................45
Multiway(インスタント)会議の有効化 ............................................................................................................47
ランデブー会議の有効化 ...............................................................................................................................48
ソリューション全体での表示名のプロビジョニング ...........................................................................................52
Unified CM 上での表示名のプロビジョニング .....................................................................................53
Cisco VCS 上での表示名のプロビジョニング ......................................................................................55
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
3 / ページ 83
概要
コア アーキテクチャ
スケジュール済み会議の設定 ...................................................................................................... 57
ソリューションにおけるスケジューリングの役割 ..............................................................................................58
TelePresence Conductor と Cisco TMS の相互作用 ........................................................................58
スケジュール済み会議の制限と要件..............................................................................................................60
制限事項............................................................................................................................................60
要件 ...................................................................................................................................................60
専用ブリッジ スケジューリングに関する要件........................................................................................61
スケジュール済み会議を有効にする方法 .......................................................................................................62
会議機能とオプションの設定 ........................................................................................................ 65
TelePresence Server リソース最適化のセットアップ(オプション) ...................................................................66
TelePresence Server 上でのスイッチング モードの変更 ...............................................................................67
Microsoft Lync 2013 相互運用性の設定.......................................................................................................68
Cisco VCS 中心展開用のプロセス .....................................................................................................68
Cisco ClearPath のセットアップ .....................................................................................................................68
ActiveControl 機能のセットアップ ..................................................................................................................69
制限事項............................................................................................................................................69
iX プロトコルの設定の概要 .................................................................................................................69
プロセス .............................................................................................................................................73
トラブルシューティング ........................................................................................................................74
関連資料 ..................................................................................................................................... 75
付録 1:Unified CM 正規化スクリプトの追加................................................................................ 78
付録 2:CMR Premises リリース 4.0 への移行パス ..................................................................... 79
マニュアルの変更履歴 ................................................................................................................. 82
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
4 / ページ 83
概要
コア アーキテクチャ
概要
このマニュアルについて
このマニュアルでは、ビデオ ネットワーク上での Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises ソ
リューションの実装方法について説明します。必要なプロセスについて概説し、段階的な詳細については関連す
る製品ガイドを参照します。ソリューションのアーキテクチャと機能については、付属の『Cisco Collaboration
Meeting Rooms (CMR) Premises Solution Guide 4.0』を参照してください。
このマニュアルと参照先の製品関連ガイドは、シスコのビデオ インフラストラクチャ製品とビデオ アーキテクチャ
におけるそれらの製品の位置付けを技術的に深く理解している、パートナーおよび技術営業担当者を対象とし
ています。また、関連製品のインストールと設定に精通していることを前提とします。
用語と製品名
各種の標準規格に準拠。SIP 環境向けに特別に設計された SIP 専用要素とは対照的に、ビデオ会議に関する
さまざまな ITU-T 標準(H.323、H.320、SIP など)をサポートするデバイスやテクノロジーについて説明します。
シスコ製品/ソリューション名の次の短縮バージョンが使用されます。
表 1:このマニュアルで使用される製品/ソリューション名
製品
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Hybrid
短縮名
CMR Premises
CMRハイブリッド
Cisco Unified Communications Manager
Cisco TelePresence Conductor
Cisco TelePresence Server
Cisco TelePresence MCU シリーズ
Cisco TelePresence Management Suite
Cisco TelePresence Management Suite Provisioning Extension
Cisco TelePresence Management Suite Extension for Microsoft Exchange
Cisco TelePresence Video Communication Server
Cisco Unified Communications Manager Session Management Edition
Unified CM
TelePresence Conductor
TelePresence Server
MCU
Cisco TMS
Cisco TMSPE
Cisco TMSXE
Cisco VCS
Unified CM SME
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
5 / ページ 83
CMR Premises の基本事項
コア アーキテクチャ ............................................................................................................... 7
ソリューション コンポーネントと必要なバージョン .................................................................... 8
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
6 / ページ 83
CMR Premises の基本事項
コア アーキテクチャ
CMR Premises の中核要素は次のとおりです。



TelePresence Conductor。
TelePresence Server または Cisco TelePresence MCU シリーズ会議ブリッジ。
Cisco TMS と Cisco TMSPE CMR。
TelePresence Conductor は、会議ブリッジを管理します。SIP トランクは、1 つ以上のコール コントローラにトラ
ンキングされる TelePresence Conductor にブリッジを接続します。すべての XML RPC 接続も
TelePresence Conductor 経由でルーティングされます。Cisco TMS は、会議のスケジューリング、プロビジョ
ニング、モニタリングなどの会議管理を提供します。XML RPC 接続は Cisco TMS と TelePresence
Conductor をリンクします。
ソリューション アーキテクチャは排他的 SIP です。H.323 エンドポイントを使用した会議では、Cisco VCS
Control または Cisco Expressway-C によるインターワーキングが必要になります。
注:このソリューションは IPv4 ベースです。
図 1:アーキテクチャの概要図
注:TelePresence Conductor は、シスコのマルチパーティ会議ブリッジ(Cisco TelePresence Server や
Cisco TelePresence MCU シリーズなど)しかサポートしません。他の会議ブリッジはサポートされません。
コール制御
コール制御には、Cisco Unified Communications Manager(Cisco Unified CM)と Cisco TelePresence
Video Communication Server(Cisco VCS)のどちらかを使用できます。Unified CM が推奨されています。
Unified CM を使用した展開は「Unified CM 中心」と呼ばれており、Cisco VCS を使用した展開は「Cisco VCS
中心」と呼ばれています。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
7 / ページ 83
CMR Premises の基本事項
ソリューション コンポーネントと必要なバージョン
ここでは、CMR Premises で使用される製品とそれらに必要なソフトウェア/ファームウェアのバージョンを列挙し
ます。すべての製品を使用するわけではありませんが、使用する製品は指定されたバージョンを実行している
必要があります。最低でも、1 つの TelePresence Conductor、1 つ以上の TelePresence Server または
MCU 会議ブリッジ、および 1 つの Unified CM または Cisco VCS コール制御デバイスが必要です。


インフラストラクチャ
エンドポイント、ソフト クライアント、および周辺機器
注:複数の Unified CM または Cisco VCS がインストールされたネットワークで、CMR Premises の機能をフ
ル活用するには、インストールされているすべての Unified CM または Cisco VCS を必要なバージョンにする
必要があります。
インフラストラクチャ
表 2:インフラストラクチャ製品に必要なソフトウェア バージョン
製品
必要なバージョン
ロール
TelePresence Conductor
XC3.0
会議リソースの割り当て
Cisco TMS
14.6
会議の管理とスケジューリング
TelePresence Server
7010 および MSE 8710、TelePresence
Server on Multiparty Media 310/320、
TelePresence Server on Virtual Machine、
Cisco Multiparty Media 400v
4.1
会議ブリッジ リソース
MCU 5300 シリーズ、4500 シリーズ、4501
シリーズ、MCU MSE シリーズ 8510
4.5
会議ブリッジ リソース
Unified CM
9.1(2)SU2 または 10.5(2)
コール制御
Cisco Expressway-C
X8.5
リモート エンドポイント登録、企業間
接続、および Microsoft Lync イン
ターワーキング。
Microsoft Lync インターワーキング
のみが必要な場合は X8.2.2 以降。
Cisco Expressway-E
X8.5
セキュアなファイアウォール トラバー
サル
Cisco VCS Control
X8.5
コール制御(Cisco VCS 中心展開)。
Microsoft Lync インターワーキング。
H.323 インターワーキング。
Microsoft Lync インターワーキング
のみが必要な場合は X8.2.2 以降。
H.323 インターワーキングのみが必
要な場合は X7.2.3 以降。
Cisco VCS Expressway
X8.5
セキュアなファイアウォール トラバー
サル。インターネット経由の標準ベー
スのエンドポイントの登録。
Cisco TMSPE
1.4
会議のプロビジョニング
Cisco TMSXE
4.1
(オプション)Microsoft 環境向けの会
議のスケジューリング
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
8 / ページ 83
CMR Premises の基本事項
製品
必要なバージョン
ロール
Microsoft SQL Server
Microsoft SQL Server 2012 R1(推 Cisco TMS 用のデータベース
奨)。Microsoft SQL Server 2008
R2 64 ビット以上。
Cisco WebEx
T29.11
WebEx クライアントの音声、ビデ
オ、およびコンテンツ共有機能を使
用したクラウド会議
エンドポイント、ソフト クライアント、および周辺機器
表 3:エンドポイント、ソフト クライアント、および周辺機器に必要なソフトウェア バージョン
製品
必要なバージョン
展開でサポート
Cisco TelePresence IX5000
IX 8.0.1
Unified CM 中心
Cisco TelePresence MX200 および MX300
TC7.1.3
Unified CM 中心
Cisco VCS 中心
Cisco DX70、DX80
10.2(2)
Unified CM 中心
Cisco DX650
10.2(2)
Unified CM 中心
Cisco TelePresence EX シリーズ EX60 および EX90
TC7.1.3
Unified CM 中心
Cisco VCS 中心
Cisco TelePresence Systems CTS 3010、CTS 3210
CTS 1.10.5 以降
Unified CM 中心
Cisco TelePresence System CTS 500-32、CTS 1100、CTS 1300
CTS 1.10.5 以降
Unified CM 中心
Cisco TelePresence TX9000 および TX9200 イマーシブ型システム
TX6.1.2 以降
Unified CM 中心
Cisco Unified IP Phone 9900 シリーズおよび 8900 シリーズ
9.4(2)
Unified CM 中心
Cisco Jabber for Android
10.6
Unified CM 中心
Cisco TelePresence Quick Set C20、SX10、SX20、SX80
Cisco TelePresence SX80 Codec
Cisco TelePresence Codec C シリーズ C40、C60、C90
Cisco TelePresence Profile シリーズ
Cisco TelePresence MX200 および MX300
Cisco Jabber for iPad
Unified CM 中心
Cisco Jabber for iPhone
Unified CM 中心
Cisco Jabber for Mac
Unified CM 中心
Cisco Jabber for Windows
Unified CM 中心
Cisco Jabber Video for TelePresence
4.8.8
Cisco VCS 中心
Microsoft Lync Client
Lync 2013 Client
Unified CM 中心
Cisco VCS 中心
注:ビデオ会議ネットワークに、H.323 または SIP をサポートし、Cisco VCS に登録されているか、それに参加
している他のエンドポイントが含まれている場合もあります。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
9 / ページ 83
展開要件とベスト プラクティス
展開要件とベスト プラクティス
TelePresence Conductor
TelePresence Conductor は、Back-to-Back User Agent(B2BUA)を使用して展開する必要があります。外部
ポリシー サーバ インターフェイスはサポートされません。
TelePresence Server 会議ブリッジ
TelePresence Server ブリッジは、TelePresence Conductor にトランキングされ、TelePresence Conductor
によるリモート管理用に設定する必要があります。
暗号化(Encryption)
すべての TelePresence Conductor /ブリッジ間 SIP 通信を暗号化する必要があります。
回復力とクラスタリング
ソリューション コンポーネントをクラスタ構成で展開して障害発生時の冗長性を提供することをお勧めします。
TelePresence Conductor とブリッジのクラスタ展開は、個別の会議ブリッジまたはコンダクタが機能を停止した
場合でもサービス アベイラビリティを保証します。
注意! スケジュール済み会議の場合は、クラスタ内の TelePresence Conductor ノードの数に関係なく、複数の
コンダクタ ノードを Cisco TMS に追加することはできません。
コンダクタ クラスタリングの詳細については、該当する展開ガイドを参照してください。


Cisco TelePresence Conductor Clustering with Cisco Unified Communications Manager Deployment
Guide
Cisco TelePresence Conductor Clustering with Cisco VCS (B2BUA) Deployment Guide
Unified CM 中心展開における SIP Early Offer メッセージング
Early Offer メッセージングは、テレプレゼンス コールを伝送するすべての Unified CM 接続 SIP トランクに対し
て強く推奨されており、CMR Hybrid 会議や一部のサードパーティ サービスには不可欠です。Cisco VCS 中心
展開は、H.323 / SIP 間インターワーキング コールを除いて、常に、Early Offer モードで動作します(H.323 で
は Cisco VCS と Cisco Expressway 上で Slow Start シグナリング モードが使用されるため、インターネット
ワーキング コールのメッセージングは Delayed Offer を使用して行われます)。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
10 / ページ 83
展開要件とベスト プラクティス
ブリッジ プールとサービス設定







H.323 は、会議ブリッジ上で無効にする必要があります。
TelePresence Conductor では、1 つ以上のサービス設定が必要です。必要に応じて、すべての会議ブリッジ
プールを 1 つのサービス設定に配置できます。
すべての会議ブリッジを TelePresence Conductor 内の 1 つの会議ブリッジ プールに割り当てる必要があり
ます。各会議ブリッジは 1 つのプールにしか属することができません。
TelePresence Conductor プール内のすべての会議ブリッジを同じタイプ(MCU または TelePresence
Server)にする必要があります。これは任意であって必須ではありませんが、同じロケーションからのブリッジ
を使用してプールを構成することをお勧めします。
プールと同様に、サービス設定内のすべての会議ブリッジを同じタイプ(MCU または TelePresence Server)
にする必要があります。
帯域幅使用量を制御するために Unified CM コール アドミッション制御が実装されている場合は、それぞれの
サービス設定に 1 か所のブリッジのプールだけを含める必要があります。
スケジュール済み会議では、会議の可用性が優先される場合は、会議ブリッジをスケジューリング使用専用に
することをお勧めします(未スケジュール会議によってリソースが使い果たされるのを避けるため)。
コンテンツ チャネル
ほとんどのテレプレゼンス エンドポイントが、コンテンツ チャネルと呼ばれる 2 つ目のビデオ チャネルの使用を
サポートしています。通常は、ライブ ビデオと同時に実行するプレゼンテーションに使用されます。


MCU 会議ブリッジでは、TelePresence Conductor 内の会議テンプレートの [コンテンツモード(Content
mode)] を [トランスコード(Transcoded)] に設定します([詳細パラメータ(Advanced parameters)])。
TelePresence Conductor テンプレートでこのモードが選択されている場合は、MCU モデルと構成に応じて
専用のコンテンツ ポートまたはビデオ ポートが割り当てられます。
TelePresence Server 会議ブリッジの場合は、現在、コンテンツ モードが常に[トランスコード(Transcoded)]
であり、変更することはできません。
H.323 インターワーキング
CMR Premises ネットワークは SIP ベースです。CMR Premises ネットワーク内で H.323 エンドポイントを会議
に接続するには、TelePresence Conductor に到達する前にコールをインターワーキングする必要があります。
これを行うには、必要な SIP/H.323 インターワーキングを実行するように Cisco VCS Control または Cisco
Expressway-C を設定します。


ローカルに登録されたエンドポイントに対してだけインターワーキングするには、[H.323 <-> SIPインターワー
キングモード(H.323 <-> SIP interworking mode)] を [登録済みのみ(Registered only)] に設定します
([VCS設定(VCS configuration)] > [プロトコル(Protocols)] > [Interworking(相互接続)] からアクセス)。
オプションで外部ネットワークと会議の間の企業間 H.323 呼び出しのインターワーキングを許可するには、
[H.323 <-> SIPインターワーキングモード(H.323 <-> SIP interworking mode)] を [オン(On)] に設定しま
す。これにより、すべての着信コールがインターワーキングされます。
エスカレートされた会議
Cisco VCS 中心展開でのアドホック会議(エスカレートされた会議の Unified CM 方式)または Unified CM 中
心展開での Multiway(Cisco VCS 方式)はサポートされていません。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
11 / ページ 83
既存の展開のアップグレード
ここでは、既存のソリューション リリース 3.0 展開を 4.0 にアップグレードする方法について説明します。
CMR Premises を初めてインストールする場合は、この項を読み飛ばしてください。
推奨実装シーケンス ........................................................................................................... 13
アップグレードの設定前提条件 ........................................................................................... 13
アップグレードの設定チェックリスト ...................................................................................... 14
TelePresence Conductor 管理ブリッジをスケジュールする場合の違い ............................... 17
注意:ネットワークの運用継続性を保証するために、「推奨実装シーケンス」に記載されているシーケンスでソ
リューション コンポーネントをインストールすることをお勧めします。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
12 / ページ 83
既存の展開のアップグレード
推奨実装シーケンス
推奨実装シーケンス
CMR Premises をビデオ ネットワークに実装するには、下の表のシーケンスに従ってください。このシーケンス
は、以前のソリューション リリース 3.0 からのアップグレードまたは CMR Premises の初回展開、Unified CM
中心展開、および Cisco VCS 中心展開に適用されます。これはシスコでテストされ、すべての段階での相互運
用性が検証されています。
ソフトウェアは http://www.cisco.com/cisco/software/navigator.html からダウンロードできます。それぞれのソ
フトウェア コンポーネントのアップグレード方法については、関連する製品マニュアルの手順を参照してください。
表 4:CMR Premises コンポーネントの推奨アップグレード/インストール シーケンス
順序 コンポーネント
ソフトウェアのバージョン
1
9.1(2)SU2 または 10.5(2)(サポートされているリリース上に存在しない場合)。
バージョン 10.5(1) は Microsoft Lync 相互運用性に必要です。
Unified CM
このコンポーネントは、Cisco VCS エンタープライズ内に Unified CM が存在しなければ、Cisco
VCS 中心展開に関係しません。
2
Cisco VCS
X8.2.2 以降。X8.5 が推奨されています。X7.2.3 以降が H.323 登録に対してサポートされます。
Unified CM エンタープライズ内に Cisco VCS が存在しなければ、Unified CM 中心展開に関係
しません。
3
Cisco Expressway X8.2.2 以降。X8.5 が推奨されています。
Unified CM がエンタープライズ内に存在しなければ、Cisco VCS 中心展開に関係しません。
4
5
6
Cisco TMS
MCU
TelePresence
Server
TelePresence
Conductor
Cisco TMSPE
14.6
4.5
4.1
エンドポイント
エンドポイントは任意の順序でアップグレードできます。
7
8
9
XC3.0
1.4
アップグレードの設定前提条件
以前のソリューション リリース構成を CMR Premises 4.0 にアップグレードする前に次の項目が満たされている
ことを確認します。



TelePresence Server ブリッジは TelePresence Conductor によるリモート管理用に設定する必要があります。
エンドポイントは、必要に応じて、Unified CM または Cisco VCS に登録する必要があります。
すべてのデバイスは、「ソリューション コンポーネントと必要なバージョン」に記載されているソフトウェアと
ファームウェアのバージョンを実行している必要があります。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
13 / ページ 83
既存の展開のアップグレード
アップグレードの設定チェックリスト
アップグレードの設定チェックリスト
このトピックでは、既存のソリューション展開を 4.0 にアップグレードするための CMR Premises 設定プロセス
の概要を示します。詳細なアップグレード パスについては、「付録 2:CMR Premises リリース 4.0 への移行パ
ス」を参照してください。
タスク 1:製品バージョンをアップグレードする
ソリューション展開内の各製品を 4.0 に必要なバージョンにアップグレード/インストールします。「推奨実装シー
ケンス」に記載されているシーケンスに従います。
この段階で、4.0 機能の設定を更新しないでください。
タスク 2:既存の構成で新しいバージョンを確認する
既存のリリース 3.0 構成で新しいソフトウェアが問題なく動作しており、ネットワークが想定どおりに機能している
ことを確認します。
タスク 3:前提条件が満たされていることを確認する
「アップグレードの設定前提条件」に記載されているすべての前提条件が満たされていることを確認します。
タスク 4:ソリューション リリース ノートを確認する
Cisco.com 上で、CMR Premises 4.0 の最新のソリューション リリース ノートに記載されているリリース固有の
設定に関する考慮事項を確認します。
タスク 5:TelePresence Conductor を設定する
TelePresence Conductor を CMR Premises 用に設定します。CMR Premises 用の TelePresence
Conductor の設定値がこのリリースで変更されています。


Unified CM 中心展開については、「TelePresence Conductor と Unified CM の接続」を参照してください。
Cisco VCS 中心展開については、「TelePresence Conductor と Cisco VCS の接続」を参照してください。
タスク 6:最新の正規化スクリプトを Unified CM に追加する(Unified
CM 中心展開)
エンタープライズ内に Unified CM が存在しない場合は、Cisco VCS 中心展開に関するこの手順を読み飛ばし
てください。テレプレゼンス用の SIP トランクで暗号化と TLS を使用する Unified CM 中心展開では、トランクに
最新のテレプレゼンス正規化スクリプトをインストールする必要があります。手順については、「付録 1:Unified
CM 正規化スクリプトの追加」を参照してください。
次のステップに進む前にシステムが想定どおりに機能していることを確認します。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
14 / ページ 83
既存の展開のアップグレード
アップグレードの設定チェックリスト
タスク 7:SIP Early Offer に変換する(Unified CM 中心展開)
Cisco VCS 中心展開の場合は、この手順を読み飛ばしてください。このステップは推奨されていますが、CMR
Hybrid 会議と一部のサード パーティ サービスでは必須です。手順については、「Unified CM の Early Offer 用
の設定」を参照してください。
タスク 8:リソース最適化をセットアップする(オプション)
TelePresence Server リソースの自動リソース割り当ておよび最適化をセットアップするには、「TelePresence
Server リソース最適化のセットアップ(オプション)」を参照してください。
タスク 9:Cisco Expressway / Cisco VCS for Microsoft Lync を
設定する(オプション)
展開に Microsoft Lync との相互運用性が必要な場合は、「Microsoft Lync 2013 相互運用性の設定」を参照し
てください。
タスク 10:ActiveControl サポート用の iX プロトコルを設定する(オ
プション)
CMR Premises ネットワークで ActiveControl を使用するには、「ActiveControl 機能のセットアップ」を参照して
ください。
注意:CMR Premises ネットワークがバージョン 8x 以前を実行している Unified CM システムまたはサード
パーティ ネットワークに接続されている場合は、ActiveControl を有効にする前に、関連するすべてのトランク上
で iX プロトコルを無効にして iX トラフィックをそれに対応していないシステムから切り離す必要があります。そう
しなかった場合は、結果が予測不能であり、コールの中断もあり得ます。
タスク 11:Cisco TMS をスケジュール済み会議用に設定する
スケジュール済み会議をセットアップするには、「スケジュール済み会議を有効にする方法」を参照してください。
注:以前のリリース(直接管理会議ブリッジ)とこのリリース(TelePresence Conductor 管理会議ブリッジ)のス
ケジューリングの違いについては、『Cisco Collaboration Meeting Rooms (CMR) Premises Solution Guide
4.0』を参照してください。
タスク 12:CMR Hybrid をセットアップする(オプション)
CMR Hybrid との統合をセットアップするには、「スケジュール済み会議での CMR Hybrid の有効化」を参照し
てください。
統合をセットアップしたら、必要に応じて、WebEx ミーティングを個人用 CMR に追加することもできます。
「CMR Hybrid と個人用 CMR の使用」を参照してください。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
15 / ページ 83
既存の展開のアップグレード
アップグレードの設定チェックリスト
タスク 13:外部エンドポイントがエンタープライズ Unified CM に登録
されていることを確認する(Unified CM 中心展開)
Cisco VCS 中心展開の場合は、この手順を読み飛ばしてください。従来のソリューション リリースでは、ローカ
ル エンタープライズの外部にあるエンドポイントを Cisco VCS Expressway に登録する必要がありました。リ
リース 3.0 から、Cisco Expressway 経由で Unified CM に登録できるようになりました。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
16 / ページ 83
既存の展開のアップグレード
TelePresence Conductor 管理ブリッジをスケジュールする場合の違い
TelePresence Conductor 管理ブリッジをスケジュー
ルする場合の違い
TelePresence Conductor スケジューリング展開に移行する前に、直接管理ブリッジと TelePresence
Conductor 管理ブリッジの次のようなスケジューリングの違いに注意してください。
表 5:TelePresence Conductor 管理ブリッジをスケジュールする場合の違い
直接管理
TelePresence Conductor 管理
予約
 会議構成は会議ごとに設定するこ
とができ、デフォルトの会議設定が
オーバーライドされます。
 Cisco TMS は会議用のダイヤルイ
ン番号を提供するために SIP URI
を選択します。
 Cisco TMS 参加者と会議テンプ
レートに追加できます。
 ブリッジ リソースをオーバーブッキ
ングするオプションはありません。
 一部の会議構成は TelePresence Conductor 会議テンプレー
ト上で設定され、予約中に変更することはできません。
 ユーザは、予約中にエイリアスの可変部分を入力することに
よって、会議用のダイヤルイン番号を作成できます。
 Cisco TMS 参加者と会議テンプレートに追加できません。
 ブリッジ リソースのオーバーブッキング:サービス設定容量調
整機能を使用して、サービス設定に関連付けられたプール内
のブリッジ上で使用可能な実際のリソースのオーバーブッキン
グを許可するように Cisco TMS を設定できます。これにより、
会議に必要なポート以上のポートを予約するケースが許容さ
れるため、未使用のリソースが他のユーザに解放されます。
カスケード
 カスケードされた TelePresence

Server はサポートされません。

 Cisco TMS が会議のルーティング 
時に MCU をカスケードするかどう
かを決定します。

 Cisco TMS は、会議の開始後にホ
スティング MCU 上の容量を超える 
参加者が参加した場合に、カス
ケードを作成できません。

 カスケードされた MCU 間での参加
者の移動など、会議制御センター
の機能が向上しています。
 カスケードは会議の予約時に分配
オプションを使用して選択されます。
 Cisco TMS Booking API(Cisco
TMSBA)を使用しているクライア
ント(Microsoft Outlook や Smart
Scheduler など)を使用して予約
する場合はカスケードが使用でき
ません。
カスケードされた TelePresence Server がサポートされます。
TelePresence Conductor がブリッジをカスケードします。
ホスティング ブリッジの初期容量を超える参加者が参加した場
合、TelePresence Conductor は即座にカスケードできます。
参加者が接続されているブリッジの可視性を除いて、会議制御
センターの機能に変わりはありません。
会議の予約時にカスケードをサポートしているエイリアスを選
択する必要があります。
Cisco TMS Booking API(Cisco TMSBA)を使用しているクラ
イアント(Microsoft Outlook や Smart Scheduler など)を使用
して予約する場合にカスケードを使用できます。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
17 / ページ 83
既存の展開のアップグレード
TelePresence Conductor 管理ブリッジをスケジュールする場合の違い
会議制御センター 完全な機能は、会議をホストしている 次の機能は、TelePresence Conductor によって管理された
(Conference
ブリッジ タイプによって異なります。
TelePresence Server 上で開催された会議では使用できません。
Control Center)
 ビデオ プロトコル
 音声プロトコル
 暗号化のステータス(Encryption status)
 番号(Number)
 参加者音声レベル
 ビデオ解像度
 デュオ ビデオ ステータス
 スナップショット
 TelePresence Conductor 管理会議ブリッジからの呼詳細レ
コード(CDR)に ConferenceID が含まれません。
 TelePresence Conductor は会議 CDR を Cisco TMS に
フィードバックしません。ただし、Cisco TMS に追加されたブ
リッジはフィードバックします。
 コールの方向によっては、ダイヤルアウトで不正なデータが生
成される可能性があるため、不完全な CDR データを受け取る
場合があります。
 ブリッジ使用状況レポートは、TelePresence Conductor 上で
開催された会議ではサポートされません。
レポート
全機能:
ゾーン
Cisco TMS は IP ゾーンを使用して、 Cisco TMS は IP ゾーンに基づいて使用する TelePresence
システムが地理的により近いブリッジ Conductor を選択しますが、ブリッジ自体の IP ゾーン情報は無
を使用することを保証します。
視します。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
18 / ページ 83
初回展開
ここでは、CMR Premises 4.0 を初回展開として実装する方法について説明します。以前のソリューション リ
リースからアップグレードする場合は、この項を読み飛ばしてください。
推奨実装シーケンス ........................................................................................................... 20
初回展開の設定前提条件................................................................................................... 21
初回展開の設定チェックリスト ............................................................................................. 22
注意:ネットワークの運用継続性を保証するために、「推奨実装シーケンス」に記載されているシーケンスでソ
リューション コンポーネントをインストールすることをお勧めします
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
19 / ページ 83
初回展開
推奨実装シーケンス
推奨実装シーケンス
CMR Premises をビデオ ネットワークに実装するには、下の表のシーケンスに従ってください。このシーケンス
は、以前のソリューション リリース 3.0 からのアップグレードまたは CMR Premises の初回展開、Unified CM
中心展開、および Cisco VCS 中心展開に適用されます。これはシスコでテストされ、すべての段階での相互運
用性が検証されています。
ソフトウェアは http://www.cisco.com/cisco/software/navigator.html からダウンロードできます。それぞれのソ
フトウェア コンポーネントのアップグレード方法については、関連する製品マニュアルの手順を参照してください。
表 6:CMR Premises コンポーネントの推奨アップグレード/インストール シーケンス
順序 コンポーネント
ソフトウェアのバージョン
1
9.1(2)SU2 または 10.5(2)(サポートされているリリース上に存在しない場合)。
バージョン 10.5(1) は Microsoft Lync 相互運用性に必要です。
Unified CM
このコンポーネントは、Cisco VCS エンタープライズ内に Unified CM が存在しなければ、Cisco
VCS 中心展開に関係しません。
2
Cisco VCS
X8.2.2 以降。X8.5 が推奨されています。X7.2.3 以降が H.323 登録に対してサポートされます。
Unified CM エンタープライズ内に Cisco VCS が存在しなければ、Unified CM 中心展開に関係
しません。
3
Cisco Expressway X8.2.2 以降。X8.5 が推奨されています。
Unified CM がエンタープライズ内に存在しなければ、Cisco VCS 中心展開に関係しません。
4
5
6
Cisco TMS
MCU
TelePresence
Server
TelePresence
Conductor
Cisco TMSPE
14.6
4.5
4.1
エンドポイント
エンドポイントは任意の順序でアップグレードできます。
7
8
9
XC3.0
1.4
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
20 / ページ 83
初回展開
初回展開の設定前提条件
初回展開の設定前提条件
CMR Premises 4.0 を設定する前に、次の項目が満たされていることを確認します。

ネットワーク上の次のデバイスの管理 Web インターフェイスにアクセスする必要があります。
• すでに基本構成に設定されている Unified CM 中心展開には、Unified CM が必要です。3 つ以上のエンド
ポイントを Unified CM に登録することによって接続性を保証し、それらのエンドポイントが音声通信とビデ
オ通信を使用して相互に呼び出せることを確認します。Unified CM 関連情報については、Cisco.com で
Cisco Unified Communications Manager のマニュアルを参照してください。
• Cisco VCS 中心展開には、Cisco VCS が必要です。Cisco VCS 関連情報については、Cisco.com で
Cisco TelePresence Video Communication Server のマニュアルを参照してください。
• Cisco TMS は、スケジュール済み会議と、会議のプロビジョニングとモニタリングに必要です。Cisco TMS
関連情報については、Cisco.com で Cisco TelePresence Management Suite のマニュアルを参照してく
ださい。
• Back-to-Back User Agent(B2BUA)を使用して展開された TelePresence Conductor。コンダクタ関連情
報については、Cisco.com で Cisco TelePresence Conductor のマニュアルを参照してください。
• TelePresence Server と MCU のどちらかの 1 つ以上の会議ブリッジ。各会議ブリッジの基本構成は、関連
するインストレーション ガイドまたは入門ガイドに記載されているようにすべてが揃っている必要があります。
o
o
o
o
o
o
o
o



TelePresence Server 7010
TelePresence Server MSE 8710
TelePresence Server on Virtual Machine
TelePresence Server on Multiparty Media 310/320
MCU 5300 シリーズ
MCU 4500 シリーズ
MCU MSE 8420
MCU MSE 8510
TelePresence Server ブリッジは TelePresence Conductor によるリモート管理用に設定する必要があり
ます。
エンドポイントは、必要に応じて、Unified CM または Cisco VCS に登録する必要があります。
すべてのデバイスは、「ソリューション コンポーネントと必要なバージョン」に記載されているソフトウェアと
ファームウェアのバージョンを実行している必要があります。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
21 / ページ 83
初回展開
初回展開の設定チェックリスト
初回展開の設定チェックリスト
このトピックでは、CMR Premises を初めて展開するためのソリューション設定プロセスの概要を示します。詳細
な移行パスについては、「付録 2:CMR Premises リリース 4.0 への移行パス」を参照してください。
タスク 1:必要な製品バージョンをインストールする
ソリューション展開内の各製品を 4.0 に必要なバージョンでインストールします。「推奨実装シーケンス」に記載
されているシーケンスに従います。
タスク 2:前提条件が満たされていることを確認する
「初回展開の設定前提条件」に記載されているすべての前提条件が満たされていることを確認します。
タスク 3:ソリューション リリース ノートを確認する
Cisco.com 上で、CMR Premises 4.0 の最新のソリューション リリース ノートに記載されているリリース固有の
設定に関する考慮事項を確認します。
タスク 4:TelePresence Conductor を設定する
TelePresence Conductor を CMR Premises 用に設定します。


Unified CM 中心展開については、「TelePresence Conductor と Unified CM の接続」を参照してください。
Cisco VCS 中心展開については、「TelePresence Conductor と Cisco VCS の接続」を参照してください。
タスク 5:正規化スクリプトを Unified CM に追加する(Unified CM
中心展開)
エンタープライズ内に Unified CM が存在しない場合は、Cisco VCS 中心展開に関するこの手順を読み飛ばし
てください。テレプレゼンス用の SIP トランクで暗号化と TLS を使用する Unified CM 中心展開では、トランクに
最新のテレプレゼンス正規化スクリプトをインストールする必要があります。手順については、「付録 1:Unified
CM 正規化スクリプトの追加」を参照してください。
次のステップに進む前にシステムが想定どおりに機能していることを確認します。
タスク 6:SIP Early Offer に変換する(Unified CM 中心展開)
Cisco VCS 中心展開の場合は、この手順を読み飛ばしてください。このステップは推奨されていますが、CMR
Hybrid 会議と一部のサード パーティ サービスでは必須です。手順については、「Unified CM の Early Offer 用
の設定」を参照してください。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
22 / ページ 83
初回展開
初回展開の設定チェックリスト
タスク 7:リソース最適化をセットアップする(オプション)
TelePresence Server リソースの自動リソース割り当ておよび最適化をセットアップするには、「TelePresence
Server リソース最適化のセットアップ(オプション)」を参照してください。
タスク 8:Cisco Expressway / Cisco VCS for Microsoft Lync を
設定する(オプション)
展開に Microsoft Lync との相互運用性が必要な場合は、「Microsoft Lync 2013 相互運用性の設定」を参照し
てください。
タスク 9:ActiveControl サポート用の iX プロトコルを設定する(オプ
ション)
CMR Premises ネットワークで ActiveControl を使用するには、「ActiveControl 機能のセットアップ」を参照して
ください。
注意:CMR Premises ネットワークがバージョン 8x 以前を実行している Unified CM システムまたはサード
パーティ ネットワークに接続されている場合は、ActiveControl を有効にする前に、関連するすべてのトランク上
で iX プロトコルを無効にして iX トラフィックをそれに対応していないシステムから切り離す必要があります。そう
しなかった場合は、結果が予測不能であり、コールの中断もあり得ます。
タスク 10:Cisco TMS をスケジュール済み会議用に設定する
スケジュール済み会議をセットアップするには、「スケジュール済み会議を有効にする方法」を参照してください。
タスク 11:CMR Hybrid をセットアップする(オプション)
CMR Hybrid との統合をセットアップするには、「スケジュール済み会議での CMR Hybrid の有効化」を参照し
てください。
統合をセットアップしたら、必要に応じて、WebEx ミーティングを個人用 CMR に追加することもできます。
「CMR Hybrid と個人用 CMR の使用」を参照してください。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
23 / ページ 83
ソリューション コンポーネントの設定と接続
この項が終わるまでに、すべてのソリューション コンポーネントに CMR Premises がインストールされ、それぞ
れのコンポーネントが相互に通信できるように設定されているはずです。
Unified CM の Early Offer 用の設定 .................................................................................. 25
TelePresence Conductor と Unified CM の接続 ................................................................ 27
TelePresence Conductor と Cisco VCS の接続 ................................................................ 28
Unified CM と Cisco Expressway シリーズまたは Cisco VCS の接続................................ 29
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
24 / ページ 83
ソリューション コンポーネントの設定と接続
Unified CM の Early Offer 用の設定
Unified CM の Early Offer 用の設定
この項は、Unified CM 中心展開にのみ関係します。アウトバウンド トランクを Early Offer として設定するため
の推奨アプローチについて説明します。
注:Unified CM トランクのデフォルト設定は、Delayed Offer です。
次の CMR Premises 要素間のすべてのトランクで Early Offer が有効になっている必要があります。メディア
ターミネーション ポイント(MTP)リソースをこれらのトランクで直接的または間接的に使用可能にする必要はあ
りません。






Unified CM / Cisco Expressway-C 間
Unified CM / Cisco VCS Control 間
Unified CM / TelePresence Conductor 間
Unified CM / TelePresence Server 間
Unified CM / MCU 間
テレプレゼンス エンドポイントから発信されたトラフィックを伝送する Unified CM / Unified CM 間トランクと上
記ネットワーク要素で、メディア ターミネーション ポイント(MTP)リソースを使用しない Early Offer を有効にす
る必要もあります。たとえば、EX90 >> UCM1 >> UCM2 >> コンダクタ >> TelePresence Server というコー
ル フロー シナリオでは、UCM1 >> UCM2 間のトランクと UCM2 >> コンダクタ間のトランクで Early Offer を
有効にする必要があります。
MTP の使用を制限するには、すべての Cisco Unified Communications Manager Session Management
Edition(Unified CM SME)クラスタからすべての MTP リソースを削除し、Cisco Unified Communications
Manager クラスタ上のすべての MTP リソースをテレプレゼンス エンドポイントと、テレプレゼンス トラフィックを
伝送する SIP トランクの両方にアクセスできないメディア リソース グループに配置する必要があります。
いくつかの特定のポイントがさまざまな展開シナリオに適用されます。
シナリオ 1. 単一の Unified CM システムでの Early Offer の設定
TelePresence Conductor と会議ブリッジが Cisco Unified Communications Manager に接続され、Cisco
Unified Communications Manager が Cisco Expressway にトランキングされています。エンドポイントが
Cisco Unified Communications Manager に登録されています。このシナリオでは、次のトランクを Early Offer
用に設定する必要があります。


Unified CM / Cisco Expressway-C 間
Unified CM / TelePresence Conductor 間
シナリオ 2. マルチクラスタ システム(TelePresence Conductor が Unified CM SME に接続されている)で
の Early Offer の設定
1 つ以上の Unified CM SME クラスタにリーフ Cisco Unified Communications Manager クラスタが接続され
ています。TelePresence Conductor と会議ブリッジが Cisco Unified Communications Manager SME に接
続されています。Cisco Unified Communications Manager SME が Cisco Expressway-C にトランキングされ
ています。このシナリオでは、次のトランクを Early Offer 用に設定する必要があります。


Unified CM SME / Cisco Expressway-C 間
Unified CM SME / TelePresence Conductor 間
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
25 / ページ 83
ソリューション コンポーネントの設定と接続
Unified CM の Early Offer 用の設定
注:1 つの Cisco Unified Communications Manager クラスタが専用の Cisco Unified Communications
Manager SME である 3 つ以上のクラスタを含むマルチクラスタ システムでは、エンドポイントは常に、Cisco
Unified Communications Manager SME ではなく、リーフ Cisco Unified Communications Manager クラスタ
に登録されます。
シナリオ 3. マルチクラスタ システム(TelePresence Conductor がリーフ クラスタに接続されている)での
Early Offer の設定
1 つ以上の Cisco Unified Communications Manager SME クラスタにリーフ Cisco Unified Communications
Manager クラスタが接続されています。TelePresence Conductor と会議ブリッジがリーフ クラスタに接続され
ています。1 つのトランクを介して Cisco Unified Communications Manager SME と Cisco Expressway-C が
接続されています。このシナリオでは、次のトランクを Early Offer 用に設定する必要があります。



Unified CM SME / Cisco Expressway-C 間
リーフ Unified CM クラスタ/ TelePresence Conductor 間
リーフ Unified CM クラスタ/ Unified CM SME 間
SIP トランクの Early Offer(および Delayed Offer へのフォールバック)の設定
1.
トランクごとに、Cisco Unified Communications Manager のバージョンに応じて次のいずれかを実行します。
• バージョン 9.1(2) システムでは、[音声コールとビデオコールに対する早期オファーのサポート(必要な場合
はMTPを挿入)(Early Offer support for voice and video calls (insert MTP if needed))] を有効にします。
• バージョン 10.5(1) システムでは、[音声コールとビデオコールに対する早期オファーのサポート(Early
Offer support for voice and video calls)] ドロップダウンで、[ベストエフォート(MTPの挿入なし)(Best
Effort (no MTP inserted))] を選択します。
2. 次の要素からすべての MTP リソースを削減します。
a. Unified CM SME クラスタ(Unified CM SME 展開の場合)。
b. すべての Unified CM クラスタ上のすべてのテレプレゼンス エンドポイントと SIP トランク。
3. [SIPトランクDTNFシグナリング方式(SIP Trunk DTMF Signaling Method)] を [RFC 2833](デフォルト)に
設定します。
4. 次の要素に対して [受信オファーのオーディオコーデック初期設定を承認(Accept Audio Codec Preference
in Received Offer)] を有効にします。
a. すべての Unified CM SME SIP トランク(Unified CM SME 展開の場合)。
b. すべての Unified CM クラスタ上のテレプレゼンス コールを伝送するすべての SIP トランク。
Delayed Offer へのフォールバック
発信コールでは、MTP リソースが存在しなければ、デフォルト設定が Delayed Offer への自動フォールバック
を提供します。フォールバックを使用しない場合は、ソリューション用に設定されていないネットワークの領域で
問題が発生する可能性があります。着信コールでは、Early Offer が MTP リソースに関する要件なしでサポート
されます。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
26 / ページ 83
ソリューション コンポーネントの設定と接続
TelePresence Conductor と Unified CM の接続
TelePresence Conductor と Unified CM の接続
注:CMR Premises では、TelePresence Conductor が B2BUA を使用して展開されます。外部ポリシー サー
ビス インターフェイスはサポートされません。
始める前に



Cisco TelePresence Conductor は、『Cisco TelePresence Conductor Getting Started』または『Cisco
TelePresence Conductor Virtual Machine Installation Guide』の手順に従ってインストールする必要があり
ます。
Cisco Unified Communications Manager は、基本構成でインストールして設定する必要があります。3 つ以
上のエンドポイントを登録することによって接続性を保証し、それらのエンドポイントのすべてが音声通信とビ
デオ通信を使用して相互に呼び出せることを確認します。
1 つ以上の会議ブリッジが、電源がオンになっており、HTTP / HTTPS と SIP TLS 経由で Cisco
TelePresence Conductor にアクセスできる必要があります。
プロセス
Unified CM 中心展開で TelePresence Conductor を CMR Premises 用に設定するには、『Cisco
TelePresence Conductor with Unified CM Deployment Guide (XC3.0)』の段階的手順に従います。次の手
順を辿ります。




Cisco TelePresence MCU シリーズの設定。
TelePresence Server の設定。
TelePresence Conductor の一般設定と、アドホック会議およびランデブー会議用の設定。
Unified CM の一般設定と、アドホック会議およびランデブー会議用の設定。
スケジュール済み会議のセットアップ方法については、「スケジュール済み会議を有効にする方法」を参照してく
ださい。
注:望ましい展開は、後述する「個人用 CMR の有効化」の説明に従って個人用 CMR を展開することです。こ
の場合は、ランデブー会議の設定手順(TelePresence Conductor 上で会議テンプレート、会議エイリアス、お
よび自動ダイヤル参加者をセットアップするタスク)を読み飛ばすことができます。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
27 / ページ 83
ソリューション コンポーネントの設定と接続
TelePresence Conductor と Cisco VCS の接続
TelePresence Conductor と Cisco VCS の接続
始める前に



Cisco TelePresence Conductor は、『Cisco TelePresence Conductor Getting Started』または『Cisco
TelePresence Conductor Virtual Machine Installation Guide』の手順に従ってインストールする必要があり
ます。
Cisco TelePresence Video Communication Server をインストールして、SIP レジストラとプロキシとして機
能するように設定する必要があります。
1 つ以上の会議ブリッジが、電源がオンになっており、HTTP / HTTPS と SIP TLS 経由で TelePresence
Conductor にアクセスできる必要があります。
プロセス
Cisco VCS 中心展開で TelePresence Conductor を CMR Premises 用に設定するには、次の警告を含む
『Cisco TelePresence Conductor with Cisco VCS (B2BUA) Deployment Guide (XC3.0)』の段階的手順に
従います。

Cisco VCS Control と TelePresence Conductor 間のトランクの VCS [ゾーンプロファイル(Zone profile)] を
[カスタム(Custom)] に設定し、[SIP検索に対する自動応答(Automatically respond to SIP searches)] を
[オン(On)] に設定する必要があります。詳細については、『Cisco TelePresence Conductor with Cisco
TelePresence VCS (B2BUA) Deployment Guide XC3.0』の「Adding the TelePresence Conductor as a
neighbor zone」を参照してください。
次の手順を辿ります。





ダイヤル プランの設計。
Cisco TelePresence MCU シリーズの設定。
TelePresence Server の設定。
TelePresence Conductor のネイバー ゾーンと検索ルールを使用した Cisco VCS の設定。
B2BUA モードでの TelePresence Conductor の設定(Cisco VCS 外部ポリシー サービスを使用した展開は
サポートされません)。
スケジュール済み会議のセットアップ方法については、「スケジュール済み会議を有効にする方法」を参照してく
ださい。
注:望ましい展開は、後述する「個人用 CMR の有効化」の説明に従って個人用 CMR を展開することです。こ
の場合は、ランデブー会議の設定手順(TelePresence Conductor 上で会議テンプレート、会議エイリアス、お
よび自動ダイヤル参加者をセットアップするタスク)を読み飛ばすことができます。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
28 / ページ 83
ソリューション コンポーネントの設定と接続
Unified CM と Cisco Expressway シリーズまたは Cisco VCS の接続
Unified CM と Cisco Expressway シリーズまたは
Cisco VCS の接続
標準展開モデル(外部、Microsoft Lync 2013 を使用、またはレガシー展開)にとどまらない Unified CM 中心
展開の場合は、Cisco Expressway シリーズまたは Cisco TelePresence Video Communication Server が含
まれている必要があります。この展開タイプの概要については、『Cisco Collaboration Meeting Rooms (CMR)
Premises Solution Guide』を参照してください。
始める前に



Cisco Unified Communications Manager は、基本構成でインストールして設定する必要があります。3 つ以
上のエンドポイントを登録することによって接続性を保証し、それらのエンドポイントのすべてが音声通信とビ
デオ通信を使用して相互に呼び出せることを確認します。
Cisco Expressway-C または Cisco VCS Control は、IP アドレス、DNS、および NTP 情報を使って設定し、
その Web インターフェイス経由で管理用にアクセスできる必要があります。
Cisco Expressway シリーズを使用している場合は、リッチ メディア ライセンスをインストールする必要があり
ます。
Cisco Expressway シリーズ用のプロセス
Unified CM と Cisco Expressway シリーズを接続するには、『Cisco Unified Communications Manager with
Cisco Expressway via SIP Trunk Deployment Guide』の段階的手順に従います。次の手順を辿ります。



Unified CM の Cisco Expressway トランク用の設定
Cisco Expressway ルーティングの設定
TLS を使用した Cisco Expressway と Unified CM の接続
Cisco VCS 用のプロセス
Unified CM と Cisco VCS を接続するには、『Cisco Unified Communications Manager with Cisco VCS
(SIP Trunk) Deployment Guide』の段階的手順に従います。次の手順を辿ります。




Cisco VCS Control に登録されたエンドポイント間のコールの有効化
Unified CM に登録されたエンドポイント間のコールの有効化
Cisco VCS Control に登録されたエンドポイントを呼び出すための Unified CM に登録されたエンドポイントの
有効化
TLS を使用した Cisco VCS と Unified CM の接続
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
29 / ページ 83
セキュリティの設定
ここでは、CMR Premises の標準設定要件が満たされているものとします。
CMR Premises は、シグナリングの TLS 暗号化をサポートします。TLS は、TelePresence Conductor /ブリッ
ジ間 SIP 通信に不可欠です。その他の SIP(および XML RPC)通信は、必要に応じて、エンドポイントとコール
マネージャ間と、コール マネージャと TelePresence Conductor 間を TLS 暗号化することができます。
会議参加者の通信セキュリティは、SRTP 暗号化メディア経由でサポートされます。コールで SRTP 暗号化メ
ディアをサポートするには、関連する SIP シグナリングですべてのホップに TLS を使用する必要があります。具
体的な場所は次のとおりです。
1.
2.
3.
エンドポイントとコール コントローラ間。
コール コントローラと TelePresence Conductor 間。
TelePresence Conductor と会議ブリッジ間(どんな場合でも常に必須)。
注意:TLS シグナリングが 3 つすべての要素に適用されていない場合は、コールで SRTP をサポートできま
せん。
設定情報
会議ブリッジは、有効な暗号キーを割り当て、TCP ポート 5061 とシグナリング モード TLS を使用するように設
定する必要があります([SIP設定(SIP Settings)] ページ)。
TelePresence ConductorLocation とコール コントローラ上で TCP ポート 5061 と TLS シグナリング モードを
指定します(Unified CM の場合は [SIPトランクセキュリティプロファイル(SIP Trunk Security Profile)]、Cisco
VCS の場合は [ネイバーゾーン(Neighbor Zone)])。
詳細については、該当する展開ガイドを参照してください。


Unified CM 中心展開については、『Cisco TelePresence Conductor with Unified Communications
Manager Deployment Guide』
Cisco VCS 中心展開については、『Cisco TelePresence Conductor with Cisco VCS (B2BUA)
Deployment Guide』
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
30 / ページ 83
会議サービスの設定
個人用 CMR の有効化 ....................................................................................................... 32
スケジュール済み会議での CMR Hybrid の有効化 ............................................................. 37
CMR Hybrid と個人用 CMR の使用 ................................................................................... 39
大規模なまたは重大なミーティングのカスケードのセットアップ ............................................. 40
アドホック(インスタント)会議の有効化 ................................................................................. 42
Multiway(インスタント)会議の有効化 ................................................................................. 47
ランデブー会議の有効化 .................................................................................................... 48
ソリューション全体での表示名のプロビジョニング ................................................................ 52
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
31 / ページ 83
会議サービスの設定
個人用 CMR の有効化
個人用 CMR の有効化
個人用 Collaboration Meeting Room(CMR)は、個別のユーザが Cisco TMSPE User Portal 経由で自分用
に作成可能なランデブー型の常設会議エイリアスを提供します。
個人用 CMR を有効にするために、管理者は、各 TelePresence Conductor またはクラスタ上で API アクセス
権を持っている新しいユーザを作成します。その後、Cisco TMSPE で、TelePresence Conductor ユーザを追
加して、CMR URI および数値エイリアス用の基本ダイヤル プランを指定するための 1 つ以上の CMR テンプ
レートを作成し、そのテンプレートをユーザ グループに適用します。これにより、エンド ユーザは自分自身の
CMR を作成してカスタマイズできます。
エンド ユーザが個人用 CMR を作成すると、Cisco TMSPE がそのユーザのグループに関連付けられた CMR
テンプレートで管理者が定義した設定を適用し、TelePresence Conductor 上で会議を作成するためのプロビ
ジョニング API コールを作成します。これ以上、管理者が実行する必要のある操作はありません。
CMR テンプレートは、TelePresence Conductor 上の会議テンプレートと会議エイリアスに対応します。Cisco
TMSPE を使用して作成された CMR は、TelePresence Conductor Web ユーザ インターフェイスから変更で
きません。TelePresence Conductor を使用して作成された会議テンプレートおよびエイリアスは、Cisco
TMSPE 経由で変更できません。
始める前に




TelePresence Conductor は、1 つ以上のブリッジ プールとサービス設定を生成する必要があります。
Cisco TMSPE は Cisco TMS でインストールして有効にする必要があります。
Cisco TMSPE には、Cisco TMS の [システム(Systems)] > [プロビジョニング(Provisioning)] メニューから
アクセスします。
Cisco TMSPE 用のユーザ ベースが存在する必要があります。
プロセス
タスク 1:API アクセス権を持っている TelePresence Conductor ユーザを作成する
TelePresence Conductor で、[ユーザ(Users)] > [管理者アカウント(Administrator accounts)] に移動して、
次の属性を持つユーザを作成します。




アクセス レベル:読み取り/書き込み
Web アクセス:いいえ
API アクセス:はい
状態:有効
タスク 2:TelePresence Conductor API ユーザを Cisco TMSPE に追加する
1.
2.
3.
Cisco TMS で、[システム(Systems)] > [プロビジョニング(Provisioning)] > [ユーザ(Users)] に移動します。
[TelePresence Conductorの設定(TelePresence Conductor Settings)] をクリックします。
[新規追加(Add New)] をクリックします。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
32 / ページ 83
会議サービスの設定
個人用 CMR の有効化
4.
[TelePresence Conductorの設定(TelePresence Conductor Configuration)] ダイアログで、
TelePresence Conductor の詳細と API アクセス権を持つ新しいユーザのクレデンシャルを追加します。
o ホスト名/IP:TelePresence Conductor のホスト名または IP アドレス。
o ポート:接続するためのポート(デフォルトはポート 443 上の HTTPS です)。
o ユーザ名/パスワード:API アクセス権を持つ新しいユーザのクレデンシャル。
o ドメイン:TelePresence Conductor が Cisco TMSPE 経由で作成されたすべての数値エイリアスにこのド
メインを付加します。
5. [保存(Save)] をクリックします。
タスク 3:1 つ以上の CMR テンプレートを作成する
Cisco TMS で、[システム(Systems)] > [プロビジョニング(Provisioning)] > [ユーザ(Users)] >
[Collaboration Meeting Roomテンプレート(Collaboration Meeting Room Templates)] に移動し、必要に応じ
て 1 つ以上のテンプレートを作成します。
タスク 4:CMR テンプレートをグループに適用する
Cisco TMS で、[システム(Systems)] > [プロビジョニング(Provisioning)] > [ユーザ(Users)] に移動します。
関連するグループを選択して、[アクティブ(Active)] 列で必要なテンプレート用のボタンを選択します。
タスク 5:個人用 CMR のモニタリングを有効にする
モニタリングを有効にする場合は、TelePresence Conductor を Cisco TMS に追加します。TelePresence
Conductor がすでに Cisco TMSPE に追加されている場合でも、この手順を実行する必要があります。
Cisco TMS の状況依存ヘルプまたは『Cisco TMS Administrator Guide』を参照(「システムの追加」を検索)し
てください。
詳細情報
TelePresence Conductor Provisioning API の詳細については、『Cisco TelePresence Conductor Product
Programming Reference Guide XC3.0』を参照してください。
CMR 構成設定の詳細については、該当する展開ガイドの「Deploying Collaboration Meeting Rooms」の項を
参照してください。


Cisco TelePresence Management Suite Provisioning Extension with Cisco Unified CM Deployment
Guide
Cisco TelePresence Management Suite Provisioning Extension with Cisco VCS Deployment Guide
個人用 CMR でのホスト ロールとゲスト ロールの使用
Collaboration Meeting Room 用のテンプレートを作成するときに、管理者は、CMR 所有者がホストとゲスト参
加者を区別できるかどうかを選択できます。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
33 / ページ 83
会議サービスの設定
個人用 CMR の有効化
ホスト特権
CMR にホストとして接続している参加者は、ルーム内に他の参加者がいるかどうかに関係なく、いつでも接続
できます。
管理者と CMR 所有者による設定に応じて、この参加者が参加するときに PIN が要求される場合があります。
使用されているブリッジによっては、ゲストとして接続している参加者が CMR への入室を許可される前に、ホス
トが会議に参加するまで待機するように要求される場合があります。


Cisco TelePresence MCU シリーズ:ゲストは必ず、ホストが参加するまで待つ必要があります。
TelePresence Server:CMR 上の [ゲストロビー(Guest Lobby)] 設定によって方針が決定されます。
CMR でのゲスト ロールの有効化プロセス
CMR のテンプレートで:


[ゲストロールを許可する(Allow Guest Role)] をオンにします。
CMR 所有者に対してゲスト ロールを任意に設定するには、ホスト PIN 要件を 0 のままにする必要がありま
す(オプション)。
ゲスト ロビーを有効にするかどうかを選択します。これは、少なくとも 1 人のホストが CMR に入室するまでゲ
ストはロビーで待機しなければならないことを意味します。
この設定は、テンプレートに基づいてすべてのルームに適用され、CMR 所有者は構成できません。
ゲスト ロールが許可されている場合:



ゲスト ロールは、管理者または CMR 所有者がホストに関する PIN 要件を設定している場合にのみ使用され
ます。
PIN がホストに対して設定されていない場合は、全員が自動的にホスト権限を使用して CMR への入室を許
可されます。
PIN がホストに対して設定されているが、ゲストに対して設定されていない場合は、ゲストが CMR に接続する
ときに # を押すように要求されます。
ホストに関する PIN 要件が存在する場合にのみ、ゲストに関する PIN 要件を設定できます。
CMR でのゲスト ロールの無効化プロセス
すべての参加者が同じ PIN 要件と同じ特権を持つようにするには、CMR テンプレートで [ゲストロールを許可
する(Allow Guest Role)] をオフにします。
ゲスト ロールが許可されていない場合は、すべての参加者がホストとして扱われ、ルーム内に他の参加者がい
るかどうかに関係なく、いつでも接続できます。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
34 / ページ 83
会議サービスの設定
個人用 CMR の有効化
個人用 CMR に対する変更の管理
ここでは、Collaboration Meeting Room(CMR)展開に影響を与える変更方法について説明します。
始める前に
注意:変更は CMR に影響を与えるとともに、ユーザの混乱を招く場合があります。
管理者は、テンプレートをグループに適用して、ユーザに自分の CMR の作成を許可する前に、テンプレートを
できるだけ微調整することをお勧めします。
CMR をユーザに公開した後にテンプレートに変更を加えなければならなくなった場合は、メンテナンス時間帯を
使用するか、事前にユーザに CMR を作成または変更できない期間を通知することをお勧めします。必要に応
じて、考えられる変更の影響についてユーザに報告します。
プロセス
作業
指示
テンプレート設定 すでにグループに割り当てられているテンプレートの設定を変更することができます。この変更は、影響
の変更
を受けるグループ内の使用可能な CMR 設定に反映されます。
1. Cisco TMS で、[システム(Systems)] > [プロビジョニング(Provisioning)] > [ユーザ(Users)] >
[Collaboration Meeting Roomテンプレート(Collaboration Meeting Room Templates)] に移動し
ます。
2. テンプレート リストで、必要なテンプレートの横にある鉛筆アイコンをクリックして、変更を加え、[保存
(Save)] をクリックします。必要に応じて、変更しなければならない他のテンプレートに対して同じ操作
を繰り返します。
3. [同期ステータスの確認(Check sync status)] の横にあるカウンタは、変更されたテンプレートと同期
していない CMR の数を示しています。TelePresence Conductor 上の変更を同期させる場合は
[CMRの再生成(Regenerate CMRs)] をクリックします。
SIP エイリアス パターンは常に再生成されます。数値エイリアス パターンは CMR 上で設定された
後は再生成されません。
テンプレートの変更によって PIN 方針がより厳格になった場合は、変更の同期時に、Cisco TMSPE
が適合しない CMR の新しい PIN を生成します(PIN は新しい条件を満たさないすべての CMR に
対して生成されます)。
CMR 資格の削除 グループ用の CMR テンプレートを [なし(None)] に設定します。これにより、そのグループ内のユーザか
ら CMR 機能が削除されます。
グループ用の別
のテンプレート
の選択
1. Cisco TMS で、[システム(Systems)] > [プロビジョニング(Provisioning)] > [ユーザ(Users)] に移動
します。
2. 関連グループの場合は、[アクティブ(Active)] 列で必要なテンプレート用のボタンを選択します。
テンプレートの
削除
1. Cisco TMS で、[システム(Systems)] > [プロビジョニング(Provisioning)] > [ユーザ(Users)] >
[Collaboration Meeting Roomテンプレート(Collaboration Meeting Room Templates)] に移動し
ます。
2. リスト内のテンプレート名の横にある赤色の削除アイコンをクリックします。既存の CMR に関連付けら
れたテンプレートは削除できません。
ユーザの削除
ユーザ ベースからユーザを削除すると、そのユーザの CMR が自動的に削除されます。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
35 / ページ 83
会議サービスの設定
個人用 CMR の有効化
グループ間の
ユーザの移動
ユーザ ベース内のユーザのグループが変化すると(多くは Active Directory の変更が原因)、新しいグ
ループに別のテンプレートが存在した場合に、そのユーザに割り当てられた CMR テンプレートも変更さ
れます。
Cisco TMSPE が次のヘルス チェック中に変更を登録します(または、[プロビジョニング拡張機能の診断
(Provisioning Extension Diagnostics)] ページから [ヘルスチェックの実行(Run Health Check)] を手
動で実行することもできます)。
ユーザの CMR が同期していないことが表示されます。同期するには、[CMRの再生成(Regenerate
CMRs)] をクリックして、TelePresence Conductor に変更を反映させます。
詳細情報
TelePresence Conductor Provisioning API の詳細については、『Cisco TelePresence Conductor Product
Programming Reference Guide XC3.0』を参照してください。
CMR 構成設定の詳細については、該当する展開ガイドの「Deploying Collaboration Meeting Rooms」の項を
参照してください。


Cisco TelePresence Management Suite Provisioning Extension with Cisco Unified CM Deployment
Guide
Cisco TelePresence Management Suite Provisioning Extension with Cisco VCS Deployment Guide
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
36 / ページ 83
会議サービスの設定
スケジュール済み会議での CMR Hybrid の有効化
スケジュール済み会議での CMR Hybrid の有効化
ここでは、Cisco WebEx ユーザとテレプレゼンス ユーザが参加できるように、CMR Premises 展開でスケ
ジュール済み会議に対して CMR Hybrid を有効にする方法について説明します。
始める前に



スケジュール済み会議を有効にするための標準的な要件が適用されます。
Unified CM 中心展開では、「Early Offer」の項で説明したように、SIP Early Offer メッセージングが必要です。
Cisco VCS 中心展開では、SIP Early Offer メッセージングがデフォルトです。ただし、ネットワーク内に
Unified CM が存在し、それで WebEx をサポートする必要がある場合は、次の要素間の SIP トランク上で
Early Offer メッセージングが設定されていることを確認する必要があります。
• Early Offer ベースのサービスと Cisco Expressway 間のコールに使用されるブリッジ。
• サードパーティ コール コントローラと Cisco VCS Control 間。
• Unified CM 管理エンドポイントと Cisco Expressway 間。発信側デバイスからサービスへのパス全体を
Early Offer をサポートするように設定する必要があります。
Cisco VCS 中心展開で外部の Early Offer ベースのサービスが必要ない場合は、Unified CM を
Delayed Offer と Early Offer のどちらにも設定できます。
プロセス
タスク 1:テレプレゼンス アプリケーションを Cisco WebEx サポート用に設定する
まだの場合は、『Cisco Collaboration Meeting Rooms (CMR) Hybrid Configuration Guide』の初回設定手順
を実行して、Cisco TelePresence アプリケーションが Cisco WebEx / Cisco TelePresence 間の相互運用性
に対して有効になるようにします。詳細な手順と初回設定チェックリストがこのガイドで提供されています。
タスク 2:Cisco WebEx サイト管理を設定する
まだの場合は、タスク 1 の初回設定手順の完了後に、『Cisco Collaboration Meeting Rooms (CMR) Hybrid
Configuration Guide』の説明に従って、Cisco WebEx サイト管理をセットアップする必要があります。
タスク 3:会議を予約する
Cisco TMS で、[予約(Booking)] > [新しい会議(New Conference)] に移動して、[基本設定(Basic Settings)]
タブの関連フィールドに値を入力します。特に、[WebEx会議を含める(Include WebEx Conference)] がオンに
なっていることを確認し、必要に応じて、[WebExミーティングパスワード(WebEx Meeting Password)] を作成
します。
詳細については、『Cisco Collaboration Meeting Rooms (CMR) Hybrid Configuration Guide』で Cisco TMS
における CMR Hybrid ミーティングのスケジューリングに関する章を参照してください。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
37 / ページ 83
会議サービスの設定
スケジュール済み会議での CMR Hybrid の有効化
タスク 4:Cisco TMS がルートを計算して電子メール確認を発行する
このタスクは、Cisco TMS によって行われます。会議を保存すると、Cisco TMS がミーティング用のルートを計
算して、WebEx とテレプレゼンスのダイヤルイン情報を含むミーティングの詳細を電子メールで会議予約係に
送信します。サイト構成によっては、WebEx から電子メールが送られてくる場合もあります。
タスク 5:ミーティングの詳細を転送する
以前のステップで発行されたミーティング電子メールを会議参加者に転送します。
詳細情報


Cisco TMS 設定の詳細については、Cisco TMS の状況依存ヘルプまたは『Cisco TMS Administrator
Guide』を参照してください。
この機能を有効にするための詳細な設定手順については、『Cisco Collaboration Meeting Rooms (CMR)
Hybrid Configuration Guide』を参照してください。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
38 / ページ 83
会議サービスの設定
CMR Hybrid と個人用 CMR の使用
CMR Hybrid と個人用 CMR の使用
CMR Hybrid を展開したら、テレプレゼンスと WebEx のどちらかを使用して接続できるように CMR に WebEx
を含めることができます。
Collaboration Meeting Room テンプレート経由で有効になっている場合は、TelePresence User Portal の各
ユーザの CMR ページに [WebEx接続の作成(Create WebEx Connection)] ボタンが表示されます。このボタ
ンを使用すれば、ユーザは CMR 用の一時 WebEx 接続を作成できます。
接続は一時的で、最終的にはタイムアウトするため、ポータル ページでは、接続を確立して、ミーティングの開
始直前に WebEx の詳細を配布するようにアドバイスされます。
始める前に
CMR で WebEx を有効にするには:




CMR Hybrid を展開する必要があります。詳細と手順については、『Cisco Collaboration Meeting Rooms
Hybrid Configuration Guide』を参照してください。
各 CMR の所有者は、独自のユーザ名とパスワードを持つ、現在の WebEx サイトに関連付けられた登録済
みの WebEx ユーザにする必要があります。そうしなかった場合は、そのユーザに [WebEx接続の作成
(Create WebEx Connection)] ボタンが表示されません。
既存のテンプレートを変更する場合は、「個人用 CMR に対する変更の管理」をお読みください。
電話料金の詐欺行為を阻止するために、CMR に使用される WebEx サイト上のコールバック電話会議を無
効にすることをお勧めします。
プロセス
1 つ以上のテンプレートに機能を含めるには、CMR に対して WebEx を有効にする必要があります。
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
Cisco TMS で、[管理ツール(Administrative Tools)] > [設定(Configuration)] > [プロビジョニング拡張機能
の設定(Provisioning Extension Settings)] に移動します。
Collaboration Meeting Room で、[WebEx接続を許可する(Allow WebEx Connections)] を [はい(Yes)]
に設定します。
[システム(Systems)] > [プロビジョニング(Provisioning)] > [ユーザ(Users)] に移動します。
既存のテンプレートを編集用に選択するか、新しいテンプレートを作成します。
[WebExを含む(Include WebEx)] をオンにします。
[保存(Save)] をクリックします。
[CMRの再生成(Regenerate CMRs)] をクリックします。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
39 / ページ 83
会議サービスの設定
大規模なまたは重大なミーティングのカスケードのセットアップ
大規模なまたは重大なミーティングのカスケードのセット
アップ
ローカル CMR Premises エンタープライズ ネットワークでは、単一の会議ブリッジの容量を超える大規模な会
議を 1 つ以上の追加のブリッジでカスケード(分散)することができます。ブリッジは、相互に、さらには
TelePresence Conductor との間でルーティング可能にする必要があります。
始める前に
スケジュール済み会議をカスケードする場合は、スケジュール済み会議を有効にするための標準的な要件が適
用されます(「スケジュール済み会議を有効にする方法」を参照してください)。
注:カスケードは、ローカル エンタープライズ ネットワーク境界の外側に存在する会議ブリッジ間ではサポートさ
れません。





カスケード リンクは TelePresence Server 間のビデオの単一画面のみを共有します。
カスケードは、TelePresence Server ブリッジから MCU または MCU から TelePresence Server ではサ
ポートされません。
カスケード対応会議では、実際に使用されるかどうかに関係なく、会議の開始時点で設定されたカスケードの
最大数分のカスケード リソースが予約されます。そのため、カスケード オプションは慎重に使用することをお
勧めします。通常は、大規模なミーティングや VIP 担当者が使用するランデブー会議/個人用 CMR に使用し
ます。
専用ブリッジ スケジューリング ケース(個別のプール内の唯一のブリッジがスケジューリングに予約されてい
る場合)など、リソースの可用性が非常に重視される場合はカスケードを有効にしないでください。
TelePresence Server 上の ActiveControl 機能は、最大 500 人の参加者をサポートします。
CMR 会議用のプロセス
注:このプロセスでは、Cisco TMS の Cisco TMSPE プロビジョニング拡張機能が使用されます。展開で Cisco
TMSPE が使用されていない場合は、代わりに TelePresence Conductor を使用して、コンダクタのマニュアル
の説明に従ってカスケードを設定できます。
タスク 1:カスケード対応 CMR テンプレートを作成する
1.
2.
3.
Cisco TMS で、[システム(Systems)] > [プロビジョニング(Provisioning)] > [ユーザ(Users)] >
[Collaboration Meeting Roomテンプレート(Collaboration Meeting Room Templates)] に移動し、必要に
応じて 1 つ以上のテンプレートを作成します。
[カスケードを許可する(Allow Cascading)] チェックボックスをオンにします。
会議に対して許可するカスケードの最大数を指定します。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
40 / ページ 83
会議サービスの設定
大規模なまたは重大なミーティングのカスケードのセットアップ
タスク 2:CMR テンプレートをグループに適用する
Cisco TMS で、[システム(Systems)] > [プロビジョニング(Provisioning)] > [ユーザ(Users)] に移動します。
関連するグループを選択して、[アクティブ(Active)] 列で必要なテンプレート用のボタンを選択します。
詳細情報
詳細については、該当する展開ガイドを参照してください。


Unified CM 中心展開での Cisco TMSPE 設定の詳細については、『Cisco TelePresence Management
Suite Provisioning Extension with Cisco Unified CM Deployment Guide』を参照してください。
Cisco VCS 中心展開での Cisco TMSPE 設定の詳細については、『Cisco TelePresence Management
Suite Provisioning Extension with Cisco VCS Deployment Guide』を参照してください
スケジュール済み会議用のプロセス
スケジューリングに専用ブリッジを使用する展開では、カスケードが推奨されていません(また、単一のブリッジ
を含む単一のプールの場合は使用できません)。スケジュール済み会議と未スケジュール会議の両方をサポー
トする共有使用ブリッジを含む展開では、ソリューションが TelePresence Conductor 管理 TelePresence
Server または MCU 会議ブリッジ上のスケジュール済み会議のカスケードをサポートします。
参加者の人数が単一のブリッジの容量を超えた場合は、Cisco TMS が予約時にプロンプトを表示します。
タスク 1:Cisco TMS でスケジュール済み会議を標準として予約する
TelePresence Conductor を会議に追加します(デフォルト MCU として定義されていない場合)。
タスク 2:TelePresence Conductor 設定を確認する
関連する TelePresence Conductor 設定を確認して、必要に応じて修正します。
詳細情報
詳細については、『Cisco TelePresence Conductor with Cisco TelePresence Management Suite
Deployment Guide』を参照してください。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
41 / ページ 83
会議サービスの設定
アドホック(インスタント)会議の有効化
アドホック(インスタント)会議の有効化
この項は、Cisco VCS 中心展開には適用されません。
CMR Premises でのアドホック会議では、TelePresence Conductor が会議ブリッジをメディア リソースとして
管理する必要があります。TelePresence Conductor は、SIP トランクと登録されたメディア リソース会議ブリッ
ジ経由の Unified CM とブリッジ間の会議コントローラおよびマネージャとして機能します。
TelePresence Conductor 会議テンプレートは、複数の仮想 IP アドレスによって参照されます。これらのアドレ
スは、アドホック会議ブリッジとして Unified CM に登録され、メディア リソース グループ リスト(MRGL)とメディ
ア リソース グループ(MRG)で使用されます。Unified CM は、MRGL と MRG を使用して、会議ブリッジを含む
メディア リソースに優先順位を付けて割り当てます。
注:単一の TelePresence Conductor またはクラスタは、さまざまなサービス レベルとユーザ エクスペリエンス
をサポートするように設定された複数の会議テンプレートを使用できます。
始める前に






ソリューションの前提条件と設定プロセスが満たされていることを確認します。特に、次の点に注意してくだ
さい。
• アドホック会議は、アドホック コールを直接 TelePresence Conductor にルーティングする発信元の
Unified CM によって制御されます。API/SIP トランク ペアは、TelePresence Conductor と、アドホック会
議をサポートするすべての Unified CM との間に必要です。
• SIP トランクは Early Offer メッセージ用に設定する必要があります。
• TelePresence Conductor は、1 つ以上の会議ブリッジ プールとサービス設定を生成する必要があります。
• TelePresence Conductor には、アドホック コールをサポートするロケーションや会議テンプレートごとに、
アドホック処理用に定義されたネットワーク IP アドレスが必要です。
• TelePresence Server 会議ブリッジは、TelePresence Conductor によって管理されるように設定する必
要があります。
アドホック コール フローで、他のタイプの会議に参加者を追加することはできません。他のコール フローで、
参加者をアドホック会議に追加することはできません。
ランデブー会議、Multiway 会議、またはスケジュール済み会議での参加者によるアドホック エスカレーション
はお勧めできません。これは、「チェーニングされた」会議の原因になります。エンドポイントの会議ボタンをク
リックすると、そのエンドポイントは既存の会議を延長するのではなく、新しいアドホック会議のエスカレーション
を作成しようとします。アドホック会議は、既存の会議にチェーニングされます。エンドポイントは 2 つのチェー
ニングされた会議を行き来するため、参加者は会議の品質が低下したと感じます。
同様に、アドホック会議の参加者は、ランデブー会議、Multiway 会議、またはスケジュール済み会議に追加し
ないようにする必要があります。会議全体を既存の会議に参加者として追加しようとした場合も、チェーニング
された会議の原因になります。
TelePresence Server を使用したアドホック会議での音声専用品質設定には、いくつかの制限があります。こ
れらについては、「TelePresence Server を使用したアドホック会議での音声専用品質設定」を参照してくだ
さい。
Unified CM は、TelePresence Conductor 上の複数の IP アドレスにアドホック会議とランデブー会議を配信
します。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
42 / ページ 83
会議サービスの設定
アドホック(インスタント)会議の有効化
プロセス
タスク 1:TelePresence Conductor 上で一般設定を構成する
以下を含む、Unified CM との統合をサポートするための TelePresence Conductor 設定を定義します。
1.
2.
3.
4.
5.
6.
パスワードの管理。
Unified CM アクセス用のユーザの定義。
DNS 設定の更新。
会議ブリッジ プールの作成。
サービス設定の作成。
TelePresence Conductor 上でのアドホック ロケーションとランデブー ロケーション用の IP アドレスの追加。
この設定については、『Cisco TelePresence Conductor with Unified CM Deployment Guide (XC3.0)』の
「Configuring general settings on TelePresence Conductor」の項を参照してください。
タスク 2:TelePresence Conductor 上でアドホック用の会議テンプレートを作成する
TelePresence Conductor で、[会議設定(Conference configuration)] > [会議テンプレート(Conference
templates)] に移動して、アドホック用のテンプレートを作成します。


[会議タイプ(Conference type)] を [ミーティング(Meeting)] に設定します。
[サービス設定(Service Preference)] を割り当てます。

カスケード リソース予約を無効にします([カスケードポートの最大数(Maximum number of cascade ports)]
を 0 に設定します)。
TelePresence Server ブリッジの場合は、[参加者品質(Participant quality)] の値を指定します。

タスク 3:TelePresence Conductor 上でロケーションを作成する
TelePresence Conductor で、[会議設定(Conference configuration)] > [ロケーション(Locations)]に移動し
て、アドホック用のロケーションを作成します(またはオプションで、ランデブー コール用と同じロケーションを使
用できます)。
1.
2.
3.
[会議タイプ(Conference type)] を [アドホック(Ad hoc)] に設定します(または、ランデブー コールと同じロ
ケーションを使用する場合は [両方(Both)] に設定します)。
[アドホックIPアドレス(Ad hoc IP address)] をこのロケーション内のアドホック コール用の TelePresence
Conductor IP アドレスに設定します。
[アドホックテンプレート(Ad hoc template)] で、テンプレートを割り当てます。TelePresence Conductor は、
エンドポイントがそれにとってローカルな会議ブリッジを含むサービス設定を使用するように設定する必要が
あります。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
43 / ページ 83
会議サービスの設定
アドホック(インスタント)会議の有効化
タスク 4:TelePresence Conductor 上で会議ブリッジ プールにロケーションを追加する
このタスクでは、TelePresence Conductor が発信コールに使用するロケーションを定義します。
TelePresence Conductor で、[会議設定(Conference configuration)] > [会議ブリッジプール(Conference
bridge pools)] に移動します。関連するプールをクリックし、[ロケーション(Location)] ドロップダウンで、以前の
ステップで定義したロケーションを選択します。
タスク 5:Unified CM 上で一般設定を構成する
TelePresence Conductor との統合をサポートするには、『Cisco TelePresence Conductor with Unified CM
Deployment Guide (XC3.0)』の「Configuring general settings on Unified CM」の項に記載されている設定を
構成します。
タスク 6:SIP トランクを TelePresence Conductor に設定する(Unified CM バージョン 10.0 以降)
Unified CM バージョン 10.0 から、Unified CM と TelePresence Conductor 間の SIP トランクは Unified CM
上で明示的にアドホック会議用に設定する必要があります。Unified CM で、[デバイス(Device)] > [トランク
(Trunk)] に移動して、TelePresence Conductor のロケーション固有のアドホック IP アドレスでトランクを作成
します。
詳細については、『Cisco TelePresence Conductor with Unified CM Deployment Guide (XC3.0)』の
「Adding a SIP trunk connecting to TelePresence Conductor」または状況依存ヘルプを参照してください。
タスク 7:TelePresence Conductor を会議ブリッジとして追加する
Unified CM で、[メディアリソース(Media Resources)] > [会議ブリッジ(Conference Bridge)] に移動して、
TelePresence Conductor 用の会議ブリッジを作成します。
詳細については、『Cisco TelePresence Conductor with Unified CM Deployment Guide (XC3.0) 』の
「Adding the TelePresence Conductor as a Conference bridge to Unified CM」または状況依存ヘルプを参
照してください。
タスク 8:TelePresence Conductor を MRG と MRGL に追加する
Unified CM で、[メディアリソース(Media Resources)] > [メディアリソースグループ(Media Resource Group)]
と [メディアリソース(Media Resources)] > [メディアリソースグループリスト(Media Resource Group List)] に
移動して、メディア リソース グループとメディア リソース グループ リストを作成します。以前のステップで
TelePresence Conductor 用に定義した会議ブリッジを使用してそれらを設定します。
詳細については、『Cisco TelePresence Conductor with Unified CM Deployment Guide (XC3.0)』の
「Adding the TelePresence Conductor to an MRG and MRGL」または状況依存ヘルプを参照してください。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
44 / ページ 83
会議サービスの設定
アドホック(インスタント)会議の有効化
タスク 9:MRGL をデバイス プール(またはエンドポイント)に追加する
実装に応じて、すべてのエンドポイントに適用するようにデバイス プールを設定することも、個別のエンドポイン
トを特定のメディア リソース グループ リスト(MRGL)に割り当てることもできます。MRGL がデバイス プールと
エンドポイントの両方に適用されている場合は、エンドポイントの設定が使用されます。
デバイス プールを設定するには、Unified CM で、[システム(System)] > [デバイスプール(Device Pool)] に移
動して、ビデオに適したデバイス プロファイルを選択します。
詳細については、『Cisco TelePresence Conductor with Unified CM Deployment Guide (XC3.0)』の
「Adding an MRGL to a Device Pool or Device」または状況依存ヘルプを参照してください。
タスク 10:展開をテストするためのアドホック コールを作成する
アドホック コールのセットアップ手順については、『Cisco TelePresence Conductor with Unified CM
Deployment Guide (XC3.0)』の「Creating an ad hoc meeting」を参照してください。
サードパーティ エンドポイント
他社製のエンドポイントは、標準の SIP を使用してアドホック会議に参加できます。


エンドポイントを Unified CM に登録する必要があります。
エンドポイントは、アドホック会議を開始するための会議ボタン(または参加ボタンか同様のソフト キー)を備え
ている必要があります。会議ボタンのないエンドポイントも参加者になれますが、会議ボタンのあるエンドポイ
ントによって会議に追加する必要があります。
トラブルシューティング(Troubleshooting)
アドホック コールが失敗した場合は、『Cisco TelePresence Conductor with Unified CM Deployment Guide
(XC3.0)』の「Troubleshooting」の項を参照してください。「Specific issues」>「Ad hoc call does not connect」
のトピックに、チェックすべきさまざまなデバイス設定が記載されています。
TelePresence Server を使用したアドホック会議での音声専用品質
設定
TelePresence Conductor は、TelePresence Server 会議ブリッジの品質設定(サービス レベル)として音声の
みをサポートします。デフォルトの音声専用オプションが提供されています([会議設定(Conference
configuration)] > [品質設定(Quality settings)])。同様に、他の品質設定も、会議テンプレート、自動ダイヤル
された参加者、または設定済みのエンドポイント コーデック値を通して適用されます。
ここでは、Unified CM 展開のアドホック会議で音声専用品質設定を使用する場合に注意すべき制約事項と推
奨事項について説明します。予期しないシステムの動作が生じる場合があります。
注:ここで取り上げる問題は、アドホック会議にのみ適用され、ランデブー会議や CMR 会議には適用されま
せん。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
45 / ページ 83
会議サービスの設定
アドホック(インスタント)会議の有効化
アドホック会議の制約事項


インテリジェント ブリッジ選択の目的で、アドホック会議では、Conductor テンプレートの設定に関係なく、
Unified CM が常に、TelePresence Conductor をビデオ リソースとして扱います。音声テンプレートとビデオ
テンプレートの区別はありません。この影響については後述の例で説明します。
TelePresence Conductor は、MCU ブリッジ用の音声専用品質設定をサポートしていません。
例:アドホック会議用の音声専用処理
次のようなテンプレートが Unified CM メディア リソース グループ 1 用に定義された単一の TelePresence
Conductor 設定を前提とします。


Cond-Video(参加者品質として HD が指定されている)
Cond-Audio(参加者品質として音声のみが指定されている)
コンダクタは、別々の IP アドレスを使用する 2 種類の会議ブリッジとして Unified CM に追加されます。一方の
アドレスは Cond-Video テンプレートにリンクされ、もう一方のアドレスは Cond-Audio テンプレートにリンクされ
ます。
Unified CM のインテリジェント ブリッジ選択は、複数のビデオ エンドポイントが参加するアドホック会議用の
Cond-Video リソースと、音声専用エンドポイントが参加するアドホック会議用の Cond-Audio リソースを特別扱
いしません。代わりに、Unified CM はすべてのコンダクタ リソースをビデオ リソースとして認識するため、
Cond-Video と Cond-Audio 間でロード バランシングが実施されます。これにより、ビデオ エンドポイントのグ
ループが Cond-Audio リソースに割り当てられ、ビデオが使用されない場合があります(音声テンプレートとビデ
オ テンプレートが区別されないため)。
アドホック会議での音声のみに関する推奨事項
1.
2.
3.
Unified CM では、音声専用テンプレートを使用した TelePresence Conductor 会議ブリッジ専用のメディア
リソース グループ(MRG)を使用します。
他のタイプの音声会議ブリッジ(PVDM など)を MRG に追加しないでください。
MRG をメディア リソース グループ リスト(MRGL)に割り当て、その MRGL を音声専用エンドポイントに割り
当てます。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
46 / ページ 83
会議サービスの設定
Multiway(インスタント)会議の有効化
Multiway(インスタント)会議の有効化
この項は、Unified CM 中心展開には適用されません。
Cisco TelePresence Multiway™(Multiway)会議要求は Cisco VCS から直接 TelePresence Conductor に
ルーティングされます。Multiway 会議は TelePresence Conductor に接続されたブリッジ上でホストされます。
始める前に
TelePresence Conductor と Cisco VCS を CMR Premises 用に設定する必要があります。
Cisco VCS には次のオプション キーを適用する必要があります。
• H323-SIP インターワーキング
• 非トラバーサル コール
 TelePresence Server 会議ブリッジは、TelePresence Conductor によって管理されるように設定する必要が
あります。
 Cisco TMS を使用して一意の Multiway URI でエンドポイントをプロビジョニングする場合にサポートされる方
式は、プロビジョニング拡張機能モードで動作している Cisco VCS と組み合わせて Cisco TelePresence
Management Suite Provisioning Extension(Cisco TMSPE)を使用することです。デバイス プロビジョニング
オプション キーが必要です。


プロセス
Cisco VCS Control 経由で Multiway コールをルーティングするために、次の設定手順を実行します。
1.
2.
3.
4.
Cisco VCS Control と TelePresence Conductor 間の SIP トランク用のネイバー ゾーンを設定します。
Multiway エイリアスを TelePresence Conductor ネイバー ゾーンにルーティングするように Cisco VCS 内
の検索ルールを定義します。
TelePresence Conductor 上で Multiway 会議エイリアスを設定します。
関連するエンドポイント上で Multiway を設定します。これは、手動で実行することも、Cisco TMSPE を使用
して実行することもできます。
『Cisco TelePresence Multiway™ Deployment Guide』に各ステップに関する詳細な設定情報が記載されて
います。
サードパーティ エンドポイント
他社製のエンドポイントは、次の要件を満たしていれば、標準の SIP を使用して Multiway 会議に参加できます。



SIP REFER メッセージのサポート。
Multiway 会議を開始するエンドポイントは Multiway をサポートしている必要があります。
Multiway 会議に参加するエンドポイントは、コール保留やコール転送機能を備えている必要があります。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
47 / ページ 83
会議サービスの設定
ランデブー会議の有効化
ランデブー会議の有効化
新しい個人用 Collaboration Meeting Room 機能を使用しない場合は、ランデブー会議を有効にできます。
CMR Premises では、ランデブー会議が TelePresence Conductor 上で設定されます。
始める前に

ソリューションの前提条件と設定プロセスが満たされていることを確認します。特に、次の点に注意してください。
• コール コントローラと TelePresence Conductor 間に SIP トランクが必要です。
Unified CM 中心展開では、Unified CM がランデブー参加者をこの SIP トランクの IP アドレスにルーティ
ングします。
• SIP トランクは Early Offer メッセージ用に設定する必要があります。
• TelePresence Conductor は、Back-to-Back User Agent(B2BUA)を使用して展開する必要があります。
外部ポリシー サーバ インターフェイスはサポートされません。
• TelePresence Conductor は、1 つ以上の会議ブリッジ プールと 1 つのサービス設定を生成する必要があ
ります。
• TelePresence Server 会議ブリッジは、TelePresence Conductor によって管理されるように設定する必
要があります。
 ランデブー コール フローを使用して参加者をアドホックまたはその他の会議タイプに追加することはできませ
ん。アドホック コール フローを使用して参加者をランデブーまたはその他の会議タイプに追加することはでき
ません。
 Unified CM は、TelePresence Conductor 上の複数の IP アドレスにアドホック会議とランデブー会議を配信
します。
Unified CM 中心展開用のプロセス
Unified CM 中心展開でランデブー コールを有効にする設定手順を以下に示します。
タスク 1:TelePresence Conductor 上で一般設定を構成する
以下を含む、Unified CM との統合をサポートするための TelePresence Conductor 設定を定義します。
1.
2.
3.
4.
5.
6.
パスワードの管理。
Unified CM アクセス用のユーザの定義。
DNS 設定の更新。
会議ブリッジ プールの作成。
サービス設定の作成。
TelePresence Conductor 上でのアドホック ロケーションとランデブー ロケーション用の IP アドレスの追加。
この設定については、『Cisco TelePresence Conductor with Unified CM Deployment Guide (XC3.0)』の
「Configuring general settings on TelePresence Conductor」の項を参照してください。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
48 / ページ 83
会議サービスの設定
ランデブー会議の有効化
タスク 2:TelePresence Conductor 上でランデブー用の会議テンプレートを作成する
TelePresence Conductor で、[会議設定(Conference configuration)] > [会議テンプレート(Conference
templates)] に移動して、ランデブー用のテンプレートを作成します。


[会議タイプ(Conference type)] を [ミーティング(Meeting)] に設定します。
[サービス設定(Service Preference)] を割り当てます。

カスケード リソース予約を設定します(1 つ以上のブリッジにカスケードする場合は [カスケードポートの最大数
(Maximum number of cascade ports)] を 1 以上の数値に、カスケードを無効にする場合は 0 に設定します)。
TelePresence Server ブリッジの場合は、[参加者品質(Participant quality)] の値を指定します。

タスク 3:TelePresence Conductor 上でランデブー用の会議エイリアスを作成する
TelePresence Conductor で、[会議設定(Conference configuration)] > [会議エイリアス(Conference
aliases)] に移動して、エイリアスを作成します。エイリアスは特定のユーザ専用にすることも、ワイルドカードを
含めて幅広いユーザが同じ会議設定が適用される会議を作成できるようにすることもできます。[入力エイリアス
(Incoming alias)] 設定を使用すれば、Unified CM からの入力文字列と一致する正規表現を定義できます。
Unified CM から受信される SIP 要求の形式は [email protected]<IP address | FQDN>:<port> です。
この設定については、『Cisco TelePresence Conductor with Unified CM Deployment Guide (XC3.0)』の
「Creating a conference alias for a rendezvous Meeting-type conference」の項を参照してください。
タスク 4:TelePresence Conductor 上でロケーションを作成する
TelePresence Conductor で、[会議設定(Conference configuration)] > [ロケーション(Locations)]に移動し
て、ランデブー用のロケーションを作成します(またはオプションで、アドホック コール用と同じロケーションを使
用できます)。
1.
[会議タイプ(Conference type)] を [ランデブー(Rendezvous)] に設定します(または、アドホック コールと同
じロケーションを使用する場合は [両方(Both)] に設定します)。
2. [ランデブーIPアドレス(Rendezvous IP address)] をこのロケーション内のランデブー コール用の
TelePresence Conductor IP アドレスに設定します。
3. (オプション)自動ダイヤル参加者や Cisco TMS 会議制御センターまたは Cisco TMS スケジューリングで開
始されたアウトダイヤル コールを含む、会議ブリッジから Unified CM へのアウトダイヤルをサポートする場
合は、次の手順を実行します。
a. [トランク1~3のIPアドレス(Trunk 1-3 IP address)] に対して最大 3 つのトランク IP アドレスを定義しま
す。Unified CM クラスタが存在する場合は複数のアドレスを使用します。TelePresence Conductor は、
宛先が到達可能であれば、ロケーションのすべてのトランクの IP アドレスを同等と見なし、任意のトランク
アドレスを使用する可能性があります。現在の SIP トランク宛先が到達不能になった場合は、
TelePresence Conductor が自動的に別の到達可能な宛先を使用します。
また、[トランク1~3のポート(Trunk 1-3 Port)] を Unified CM の受信ポートに設定します。一般的に、
TLS 用は 5061 で、TCP 用は 5060 です。
b. 暗号化されたコールをサポートする場合は、[トランクトランスポートプロトコル(Trunk transport protocol)]
を TLS に設定します。
4. テンプレート設定で、このロケーションにだけ配置された会議ブリッジのプールを含むサービス設定を使用す
るテンプレートを割り当てます。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
49 / ページ 83
会議サービスの設定
ランデブー会議の有効化
タスク 5:TelePresence Conductor 上で会議ブリッジ プールにロケーションを追加する
このタスクでは、TelePresence Conductor が発信コールに使用するロケーションを定義します。
TelePresence Conductor で、[会議設定(Conference configuration)] > [会議ブリッジプール(Conference
bridge pools)] に移動します。関連するプールをクリックし、[ロケーション(Location)] ドロップダウンで、以前の
ステップで定義したロケーションを選択します。
タスク 6:Unified CM 上で一般設定を構成する
TelePresence Conductor との統合をサポートするには、さまざまな Unified CM 設定が必要です。この設定に
ついては、『Cisco CM Conductor with Unified CM Deployment Guide (XC3.0)』の「Configuring general
settings on Unified CM」の項を参照してください。
タスク 7:SIP トランクを TelePresence Conductor に設定する
Unified CM 上で Unified CM と TelePresence Conductor 間の SIP トランクを設定する必要があります。
Unified CM で、[デバイス(Device)] > [トランク(Trunk)] に移動して、TelePresence Conductor のロケーション
固有のランデブー IP アドレスでトランクを作成します。
詳細については、『Cisco TelePresence Conductor with Unified CM Deployment Guide (XC3.0)』の
「Adding a SIP trunk connecting to TelePresence Conductor」または状況依存ヘルプを参照してください。
タスク 8:Unified CM ルート パターンを設定する
Unified CM で、[コールルーティング(Call Routing)] > [ルート/ハント(Route/Hunt)] > [ルートパターン(Route
Pattern)] に移動して、TelePresence Conductor エイリアスでランデブー会議用のコールを SIP トランク経由
で TelePresence Conductor に送信するための番号計画と一致するルート パターンを作成します。
タスク 9:展開をテストするためのランデブー コールを作成する
ランデブー コールのセットアップ手順については、『Cisco TelePresence Conductor with Unified CM
Deployment Guide (XC3.0)』の「Creating a rendezvous meeting」を参照してください。
Cisco VCS 中心展開用のプロセス
Cisco VCS 中心展開でランデブー コールを有効にする設定手順を以下に示します。
1.
2.
3.
TelePresence Conductor で、[システム(System)] > [IP(IP)] に移動して、Cisco VCS ランデブー会議用の
IP アドレスを追加します。アドレスは、プライマリ TelePresence Conductor IP インターフェイスと同じサブ
ネット上に存在し、その TelePresence Conductor 専用として予約できる必要があります。
TelePresence Conductor で、[会議設定(Conference configuration)] > [ロケーション(Locations)] に移動
して、Cisco VCS 用のロケーションを追加します。
TelePresence Conductor で、[会議設定(Conference configuration)] > [会議エイリアス(Conference
aliases)] に移動して、ランデブー会議用のエイリアスを作成します。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
50 / ページ 83
会議サービスの設定
ランデブー会議の有効化
4.
Cisco VCS 上で:
a. Cisco VCS Control と TelePresence Conductor 間の SIP トランク用のゾーンを設定します。
b. 該当するゾーンを指すように Cisco VCS 内の検索ルールを定義します。
手順の詳細については、『Cisco TelePresenceConductor with Cisco VCS (B2BUA) Deployment Guide』を
参照してください。
サードパーティ エンドポイント
他社製のエンドポイントは、標準の SIP を使用してランデブー会議に参加できます。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
51 / ページ 83
会議サービスの設定
ソリューション全体での表示名のプロビジョニング
ソリューション全体での表示名のプロビジョニング
表示名は、テレプレゼンスなどのエンドポイント全体でユーザと他の参加者を識別するために使用されます。
図 2:表示名の例
この名前の望ましい形式は、Alice Peters のようにユーザの姓と名を使用するか、MDR21-3-#120(マドリッド
のビル 21 の 3 階にある部屋 120)のようにエンドポイントが設置されている会議室の正式名を使用するかです。
ただし、この名前が明示的にプロビジョニングされていない場合は、システムが SIP URI またはエンドポイント デ
バイス番号に基づいて表示名を選択します。表示される結果は、特定のユーザとルームのプロビジョニング方
法によって異なります。そのため、前述の例で示したように、個別のユーザ情報がさまざまな形式で表示される
会議コールにおいて表示名の不整合が発生する可能性があります。
名前が一貫して表示されるようにするには、次の設定を Unified CM または Cisco VCS 登録エンドポイント用
の Cisco TelePresence Management Suite Provisioning Extension(Cisco TMSPE)でプロビジョニングする
必要があります。
ユーザがプロビジョニングするエンドポイントが Unified CM 登録の場合は、「Unified CM 上での表示名のプロ
ビジョニング」を参照してください。ユーザがプロビジョニングするエンドポイントが Cisco VCS 登録の場合は、
「Cisco VCS 上での表示名のプロビジョニング」を参照してください。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
52 / ページ 83
会議サービスの設定
ソリューション全体での表示名のプロビジョニング
Unified CM 上での表示名のプロビジョニング
ここでは、Cisco Unified CM の管理ユーザ インターフェイスで表示名を更新する方法について説明します。ま
た、更新する適切なフィールドとロケーションを管理者が特定できるようにユーザ、デバイス、および回線を設定
して、名前が正しく表示されるようにする方法についても説明します。「トランク」というタイトルの項では、一部の
ユーザに役立つ詳細設定(オプション)について説明します。
ユーザとデバイス
Cisco Unified CM の管理ユーザ インターフェイスの [ユーザ管理(User Management)] > [エンドユーザ(End
User)] ウィンドウで新しいユーザを設定します。新しいユーザを作成することも、Active Directory(AD)または
LDAP 経由でインポートすることもできます。
新しいデバイスは、[デバイス(Device)] > [電話機(Phone)] ウィンドウで設定します。その後で、ユーザをデバ
イスに関連付けます。この設定中に指定された詳細が表示名に使用されることはありません。表示名は、[コー
ル ルーティング(Call routing)] > [電話番号(Directory Number)] の下で回線に対して手動で設定するか、[デ
バイス(Device)] > [電話機(Phone)] > [品目番号(Line#)] の下でエンドポイントで設定された回線を選択する
ことによって設定する必要があります。
回線(Line)
表示名はデバイスに関連付けられた回線に対して設定されます。このように、表示名はユーザが関連付けられ
る特定のデバイスに対して設定されます。共用回線の場合は、その出現ごとに異なる表示名を設定することが
できます。ただし、ユーザの姓名や会議室の名称など、すべてのデバイスを通して同じ名前を使用することをお
勧めします。
一括管理を使用した Unified CM 登録エンドポイントの表示名の設定
一括管理は、ユーザ数の多い Unified CM 登録エンドポイントの表示名の設定に使用できます。
始める前に
ユーザが設定され、デバイスに関連付けられていることを確認します。ユーザのプロビジョニング方法について
は、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide, Release 10.0(1)』を参照してください。
プロセス
1.
2.
3.
ユーザ レコードをエクスポートするには、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide,
Release 10.0(1)』の「Export User Records」を参照してください。
ダウンロードした CSV ファイルで、名と姓の列を新しい CSV ファイルにコピーします。
この CSV ファイルを正しいデバイスにアップロードするには、『Cisco Unified Communications Manager
Administration Guide, Release 10.0(1)』の「Update phones using custom file」を参照してください。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
53 / ページ 83
会議サービスの設定
ソリューション全体での表示名のプロビジョニング
Unified CM 登録エンドポイントの表示名の手動設定
この手順では、デバイスがデバイスに関連付けられたユーザに割り当てられているのか、デバイスが共用会議
室デバイスなのかに関係なく、Unified CM に登録されたデバイスの表示名の設定方法について説明します。
始める前に
ユーザが設定され、デバイスに関連付けられていることを確認します。ユーザのプロビジョニング方法について
は、『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide, Release 10.0(1)』を参照してください。
プロセス
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
Cisco Unified CM の管理ユーザ インターフェイスにログインして、[デバイス(Device)] > [電話機(Phone)]
の順に選択し、[電話の検索/一覧表示(Find and List Phone)] ウィンドウに移動します。
設定するデバイスの [デバイス名(回線)(Device Name(Line))] を選択して、そのデバイスの [電話の設定
(Phone Configuration)] ウィンドウに移動します。
ウィンドウの左側にある [アソシエーション(Association)] 領域からデバイスの回線を選択します。これによ
り、[電話番号の設定(Directory Number Configuration)] ウィンドウが表示されます。
[電話番号情報(Directory Number Information)] 領域で、[呼び出し表示(Alerting name)] フィールドと
[ASCII呼び出し表示(ASCII Alerting name)] フィールドに表示名を入力します。注:これは、Cisco Unified
CM クラスタ内に存在しないデバイスと通信する場合にユーザの名前の表示に使用されます。
[デバイスの回線1(Line 1 on Device)] で、[表示(発信者ID)(Display (Caller ID))] フィールドと [ASCII表示
(発信者ID)(ASCII Display (Caller ID))] フィールドに表示名を入力します。注:これは Cisco Unified CM と
同じクラスタ上に存在するデバイスに表示されます。
これが共有回線の場合は、変更がすべてのデバイスに反映されるように、[共有デバイス設定の更新
(Update Shared Device Settings)] チェックボックスをオンにして、[選択対象を反映(Propagate selected)]
をクリックします。注:[呼び出し表示(Alerting name)]、[ASCII呼び出し表示(ASCII Alerting name)]、[表示
(発信者ID)(Display (Caller ID)]、および [ASCII表示(発信者ID)(ASCII Display (Caller ID)] フィールドで設
定される表示名は、ユーザのフルネーム(姓と名など)、ユーザに関連付けられたデバイスの名前、または共
有会議室スペース内に存在するエンドポイント用の会議室の名前にすることをお勧めします。
[保存(Save)] をクリックします。
変更は自動的に伝播され、エンドポイントでアクティブ コールが発生していなければ、即座に有効になります。そ
うでない場合は、アクティブ コールの終了直後に変更が有効になります。
トランク
必要に応じて、次の機能を設定すれば、表示名の振る舞いをさらに制御できます。これらの設定は、[トランク設
定(Trunk Configuration)] ウィンドウにあります。


[デバイス情報(Device Information)] 領域で、[発信側名にUTF-8を転送(Transmit UTF-8 for Calling Party
Name)] チェックボックスをオンにすると、UTF-8 をサポートするデバイス上で ASCII 呼び出し表示が送信さ
れます。
表示名はトランク単位で非表示にすることができます。これは、[インバウンドコール(Inbound Calls)] 領域で、
[接続先名の表示j(Connected Name Presentation)] ドロップダウン リストから [制限付き(Restricted)] を選
択することによって行われます。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
54 / ページ 83
会議サービスの設定
ソリューション全体での表示名のプロビジョニング

[発信者情報(Caller Information)] 領域の [発信者名(Caller Name)] フィールドを設定することによって、個
別のデバイスの表示名を上書きすることもできます。
Cisco VCS 上での表示名のプロビジョニング
Cisco VCS 上で表示名をプロビジョニングするための方法は 2 つあります。
最初の方法では、表示名が FindMe テンプレートを使用してプロビジョニングされます。この方法は、個別の
ユーザをプロビジョニングするために使用されます。それぞれのテンプレートに、表示名などのユーザの詳細が
含まれています。
2 つ目の方法では、表示名が直接管理手法を使用してプロビジョニングされます。この方法は、会議室エンドポ
イントをプロビジョニングするために使用されます。これは、表示名がエンドポイント自体で会議室エンドポイント
ごとに個別にプロビジョニングされることを意味します。
FindMe
FindMe は、ID がコールされたときに鳴動するビデオ デバイスと音声デバイスをユーザが指定できるようにする
Cisco TMSPE 機能です。これにより、1 つの ID を使って、それに関連付けられた複数のデバイスに到達でき
ます。
FindMe では、管理者が表示名などの属性を含む FindMe アカウントとプロビジョニング テンプレートを使用し
て、ユーザをプロビジョニングします。ユーザは AD または LDAP を使用して、新しく追加またはインポートする
ことができます。
FindMe の詳細については、『Cisco TelePresence Management Suite Provisioning Extension with Cisco
VCS Deployment Guide』の「Deploying FindMe」を参照してください。
Cisco VCS FindMe ユーザの発信者 ID 表示名の設定
ここでは、Cisco VCS FindMe ユーザの表示名を手動で設定する方法について説明します。
注:大量のユーザを処理する場合は、Active Directory または LDAP を使用して彼らの詳細をインポートするこ
とをお勧めします。この方法を使用すれば、ユーザの表示名がインポートされ、自動的に設定されます。
始める前に
Cisco TMSPE がインストールされ、プロビジョニングされていることを確認します。『Cisco TelePresence
Management Suite Provisioning Extension with Cisco VCS Deployment Guide』の「Configuring Cisco
VCS for provisioning」、「Installing Cisco TMSPE」、および「Setting up users and provisioning」を参照してく
ださい。
プロセス
1.
2.
Cisco TMS にログインして、[システム(Systems)] > [プロビジョニング(Provisioning)] > [ユーザ(Users)]
に移動します。
[ユーザ設定(User Settings)] ペインで [編集(Edit)] をクリックします。[ユーザ設定(User Settings)] ダイア
ログボックスが開きます。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
55 / ページ 83
会議サービスの設定
ソリューション全体での表示名のプロビジョニング
3.
4.
[表示名(Display Name)] フィールドに、ユーザの名と姓を入力します。注:ユーザが LDAP を使用してイン
ポートされた場合は、すでに表示名がユーザに関連付けられています。
[OK] をクリックします。
会議室の発信者 ID 表示名の設定
ここでは、直接管理手法を使用して会議室の表示名を設定する方法について説明します。
1.
2.
3.
4.
5.
6.
Cisco TMS にログインして、[システム(Systems)] > [プロビジョニング(Provisioning)] > [ユーザ(Users)]
に移動します。
ナビゲータで、ウィンドウの左側にあるペインから、更新する会議室を選択します。
設定するエンドポイントの [アドレス(Address)] を選択します。これにより、選択したエンドポイントのユーザ
インターフェイスが表示されます。
[設定(Configuration)] > [システム設定(System Configuration)] の順に選択して、ウィンドウの左側にある
検索フィールドで「表示」という単語を検索します。
[プロファイル1表示名(Profile 1 DisplayName)] フィールドに表示名を入力します。
注:ステップ 4 と 5 はエンドポイント モデルによって異なります。
[保存(Save)] をクリックします。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
56 / ページ 83
スケジュール済み会議の設定
ソリューションにおけるスケジューリングの役割 .................................................................... 58
スケジュール済み会議の制限と要件 ................................................................................... 60
スケジュール済み会議を有効にする方法 ............................................................................ 62
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
57 / ページ 83
スケジュール済み会議の設定
ソリューションにおけるスケジューリングの役割
ソリューションにおけるスケジューリングの役割
ソリューションでは、2 種類のスケジューリング方法を使用できます。


スケジューリング専用ブリッジ。スケジュール済み会議専用の 1 つ以上のブリッジを展開します。それぞれの
ブリッジが個別のプール内に配置されます。オプションで、2 つ目の専用ブリッジとプールの組み合わせをバッ
クアップとして使用することもできます。
スケジューリング共有ブリッジ。ブリッジをスケジュール済み会議だけでなく、未スケジュール会議にも使用でき
るようにします。この場合は、スケジュール済み会議のリソースの可用性が保証されません。これは、必要なリ
ソースが未スケジュール会議ですでに使用されている可能性があるためです。
設定シナリオの例と、それぞれの長所と短所については、『Cisco Collaboration Meeting Rooms (CMR)
Premises Solution Guide』を参照してください。
このリリースでは、スケジュール済み会議に「スケジュール済み会議の制限と要件」に記載されている制限と前
提条件が適用されます。
TelePresence Conductor と Cisco TMS の相互作用
スケジューリングのセットアップには、TelePresence Conductor と Cisco TMS の両方における設定作業が必
要です。TelePresence Conductor の設定によって、Cisco TMS に渡される会議リソース情報が決定されま
す。Cisco TMS の設定によって、情報の用途(会議の優先順位や参加者番号など)が決定されます。
エイリアス パターン マッチング
スケジューリングは、エイリアス パターン マッチングを通して TelePresence Conductor と Cisco TMS の間で
調整されます。Cisco TMS の [エイリアスパターン(Alias Pattern)] 設定は、TelePresence Conductor の会議
エイリアスの [入力エイリアス(Incoming alias)] 設定(およびコール制御デバイス上の対応するパターン)と一
致する必要があります。
Cisco TMS は、会議エイリアス内の一致するパターンをチェックする TelePresence Conductor にそのエイリア
ス パターンを送信します。TelePresence Conductor で一致が見つかると、一致する会議エイリアスに関連付
けられたサービス設定の設定値とその他の関連情報が Cisco TMS に返されます。
複数の会議エイリアスが同じサービス設定を共有できます。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
58 / ページ 83
スケジュール済み会議の設定
ソリューションにおけるスケジューリングの役割
サービス設定と会議優先順位
TelePresence Conductor 上のサービス設定はスケジューリングの管理にとって重要な要素です。オプション
で、ブリッジ リソースをスケジュール済み会議専用として予約することができます(スケジューリング専用ブリッジ
ケース)。これを行うには、TelePresence Conductor の [サービス設定(Service Preference)]([スケジューリン
グに使用するプール(Pools to use for scheduling)] オプション)で関連する会議ブリッジ プールを「マーク」しま
す。Cisco TMS に対する Capacity API 応答で、TelePresence Conductor はスケジューリング用にマークされ
たプールだけを返します。
ブリッジがスケジューリングにだけ使用されるようにするには、関連するプールが単一のサービス設定にのみ使
用されており(未スケジュール会議には使用されていない)、TelePresence Conductor テンプレート内の [スケ
ジュール済み会議(Scheduled conference)] が [はい(Yes)] に設定されていることを確認します。
Cisco TMS 会議エイリアスの優先順位の管理
Cisco TMS は、会議の作成時に会議エイリアスを自動的に割り当てます。オプションで、予約中に個別の会議
ごとに可変部分を変更できます。Cisco TMS は、優先順位が最も低いエイリアスから使い果たそうとします。そ
のサービス設定の容量を使い果たすと、Cisco TMS は、別のサービス設定で次に優先順位が低いエイリアス
を選択します。
モデリング ツール
Resource Cost Calculator ツールは、Cisco TMS の [システム(Systems)] > [ナビゲータ(Navigator)] > [コン
ダクタ(Conductor)] > [サービス設定(Service Preferences)] から利用できます。これは、設定計画に役立つ
ツールです。
Cisco TMS の IP ゾーン
TelePresence Conductor 自体の IP ゾーンのみが Cisco TMS 予約に関連付けられます。これは、
TelePresence Conductor がスケジュール対象のエンティティだからです。TelePresence Conductor 内のプー
ル、サービス設定、または会議エイリアスの個別の IP ゾーンは Cisco TMS で設定されません。
Cisco TMS の会議ブリッジ
必要に応じて、TelePresence Conductor 管理会議ブリッジを Cisco TMS に追加できます(このブリッジは自動
的に Cisco TMS 内で予約不可として定義されます)。これには次のようなメリットがあります。



Cisco TMS 会議制御センター内の会議スナップショットを Cisco TelePresence MCU ブリッジに使用できます。
複数のレポート機能。コールは、呼詳細レコードに記録されますが、Cisco TMS 会議には関連付けられません。
ブリッジのヘルス モニタリング。
詳細情報





Cisco TelePresence Management Suite Administrator Guide
Cisco TelePresence Conductor Administrator Guide
Cisco TelePresence Conductor API Guide
Cisco TelePresence Conductor with Unified Communications Manager Deployment Guide
Cisco TelePresence Conductor with Cisco TelePresence Management Suite Deployment Guide
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
59 / ページ 83
スケジュール済み会議の設定
スケジュール済み会議の制限と要件
スケジュール済み会議の制限と要件
制限事項
注意:クラスタ化された TelePresence Conductor を使用する場合は、Cisco TMS が 1 つの TelePresence
Conductor ノードしか認識しないことに注意してください。そのクラスタ ノードで障害が発生すると、Cisco TMS
スケジューリング サービスとその CMR プロビジョニング サービスが機能を停止します(TelePresence
Conductor が再起動されるか、Cisco TMS がクラスタ内の別の TelePresence Conductor と通信するように
更新されるまで)。
CMR Premises で Cisco TMSPE プロビジョニング CMR をスケジュールすることはできません。
前のスケジュール済み会議と同じブリッジを使用するように設定された TSP から提供される TSP 音声を使用
する場合は、Cisco TMS 内の自動拡張機能をオフにすることをお勧めします。
TelePresence Conductor と Cisco TMS を使用したスケジューリング ソリューションには現時点でいくつかの
重要な制限があり、以前のリリース 3.0 の方法(直接管理ブリッジに対するスケジューリング)とは大きな違いが
あります。スケジューリングを有効にする前に、次のマニュアルを参照することを強くお勧めします。



直接管理ブリッジのスケジューリング(以前のリリース)と TelePresence Conductor 管理ブリッジのスケ
ジューリング(このリリース)の違いについては、『Cisco TelePresence Conductor with Cisco TelePresence
Management Suite Deployment Guide』の表を参照してください。
Cisco TMS 14.6 の最新のリリース ノートの「Limitations」の項。
TelePresence Conductor XC3.0 の最新のリリース ノートの「Limitations」の項。
要件
CMR Premises はスケジューリングに Cisco TMS 管理ツールを必要とします。会議は TelePresence
Conductor 上で直接スケジュールされません。
 CMR Premises のソリューション レベルの前提条件と設定プロセスが満たされていることを確認してください。
特に、次の点に注意してください。
• コール コントローラと TelePresence Conductor 間に SIP トランクが必要です。
• SIP トランクは Early Offer メッセージ用に設定する必要があります。
• TelePresence Conductor は、Back-to-Back User Agent(B2BUA)を使用して展開する必要があります。
外部ポリシー サーバ インターフェイスはサポートされません。
• TelePresence Conductor は、1 つ以上の会議ブリッジ プールと 1 つのサービス設定を生成する必要があ
ります。サービス設定内の 1 つ以上のブリッジ プールに対して、[スケジューリングに使用するプール
(Pools to use for Scheduling)] オプションを有効にする必要があります。
• (Unified CM 中心展開のみ)暗号化が必要な場合は、telepresence-conductor-interop 正規化スクリ
プトを Cisco Unified Communications Manager に追加する必要があります。
• TelePresence Server 会議ブリッジは、TelePresence Conductor によって管理されるように設定する必
要があります。
 スケジューリング専用ブリッジ ケースでは、いくつかの追加の設定要件が適用されます(下記参照)。
 スケジュール済み会議の参加者は、アドホック/インスタント会議にエスカレートしないようにする必要がありま
す。その場合は、参加者が会議の品質が低下したと感じることになります。

Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
60 / ページ 83
スケジュール済み会議の設定
スケジュール済み会議の制限と要件
専用ブリッジ スケジューリングに関する要件
スケジューリングに専用会議ブリッジを使用する場合は、次のポイントが適用されます。




ブリッジ リソースが会議にしか使用されません(正しい設定に依存します)。Cisco TMS に対する Capacity
API 応答で、TelePresence Conductor はサービス設定でスケジューリング用として「マーク」されたプールだ
けを返します([スケジューリングに使用するプール(Pools to use for scheduling)] オプション)。
回復力を高めるために、1 つ以上の追加のブリッジ/プールを、スケジューリングに使用されるサービス設定に
含めることができます。これらのプールはスケジューリング用としてマークされず(そのため、Cisco TMS に報
告されない)、プライマリ ブリッジが使用できなくなった場合にのみ追加のブリッジが使用されます。
リソースの浪費を避けるために、カスケードを無効にすることをお勧めします。カスケードが物理的に実行でき
ない場合でも、カスケードが有効になっていると、リソースが予約されます。
TelePresence Server リソースの最適化が実施されますが、プライマリ会議ブリッジの使用中はそのメリットが
得られません。Cisco TMS は事前にブリッジ使用量を計画するため、最適化によって回復されたリソースは実
際には再利用されません。未スケジュール会議とリソースが共有されるバックアップ ブリッジを使用している場
合は、最適化によって共有バックアップ ブリッジに必要な容量が削減されます。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
61 / ページ 83
スケジュール済み会議の設定
スケジュール済み会議を有効にする方法
スケジュール済み会議を有効にする方法
始める前に


「スケジュール済み会議の制限と要件」に記載されている作業が完了していることを確認します。
「展開要件とベスト プラクティス」でブリッジ プールとサービス設定に関するガイドラインをお読みください。
プロセス
タスク 1:TelePresence Conductor を Cisco TMS に追加する
まだ行っていない場合、スケジューリングに使用する予定の TelePresence Conductor を Cisco TMS 内のシ
ステムとして追加し、それぞれのシステムと該当するゾーンを関連付けます。Cisco TMS の状況依存ヘルプま
たは『Cisco TMS Administrator Guide』を参照(「システムの追加」を検索)してください。
注:クラスタ化された TelePresence Conductor を使用している場合は、Cisco TMS に対してクラスタあたり
1 つずつのノードを定義します。
タスク 2:Cisco TMS で TelePresence Conductor の IP ゾーンを定義する
まだ行っていない場合、Cisco TMS で、[管理ツール(Administrative Tools)] > [ロケーション(Locations)] >
[IP ゾーン(IP Zones)]に移動して、TelePresence Conductor ごとまたは TelePresence Conductor クラスタ
ごとに 1 つずつの IP ゾーンを定義します。
タスク 3:TelePresence Conductor で会議ブリッジ リソースを設定する
TelePresence Conductor で、スケジュール済み会議に使用する会議ブリッジの 1 つ以上の会議ブリッジ プー
ルとサービス設定を構成します。
組織の要件に応じて、さまざまな設定を使用できます。具体的には、スケジュール済み会議専用のリソースを割
り当てる必要があるかどうかや未スケジュール会議とのリソースの共有を許可するかどうかなどがあります。後
者のケースでは、未スケジュール会議ですでに使用可能なリソースが使い果たされている場合は、スケジュー
ル済み会議を開始できない可能性があります。設定例については、『Cisco Collaboration Meeting Rooms
(CMR) Premises Solution Guide』を参照してください。
オプションでスケジューリング専用ブリッジ ケースを実装するには、関連する会議ブリッジ プールをスケジューリ
ング用として「マーク」する必要があります。これは、TelePresence Conductor の [サービス設定(Service
Preference)] ページで行います。
注:スケジューリング専用の会議ブリッジ プールを設定する場合は、次の手順をお勧めします。



会議ブリッジ プールに、スケジュール済み会議専用であることを示す名前を付けます。
プールが単一のサービス設定にだけ使用されることを確認します。
サービス設定が CMR またはアドホック会議に使用されないことを確認します。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
62 / ページ 83
スケジュール済み会議の設定
スケジュール済み会議を有効にする方法
タスク 4:TelePresence Conductor ロケーションを割り当てる
以前のタスクで定義した会議ブリッジ プールごとに適切なロケーションを割り当てます。スケジュール済み会議
には専用ロケーションが必要ありません。ランデブー会議に割り当てられたものと同じロケーションを使用します。
タスク 5:TelePresence Conductor で会議テンプレートを設定する
適切な会議テンプレートが TelePresence Conductor 内に存在しない場合は、スケジュール済み会議の要件を
反映した 1 つ以上のテンプレートを定義します。
TelePresence Conductor で、[会議設定(Conference configuration)] > [会議テンプレート(Conference
templates)] に移動します。[スケジュール済み会議(Scheduled conference)] を [はい(Yes)] に設定します。
タスク 6:TelePresence Conductor で会議エイリアスを設定する
スケジュール済み会議の要件を反映した 1 つ以上の TelePresence Conductor エイリアスを定義します。
TelePresence Conductor で、[会議設定(Conference configuration)] > [会議エイリアス(Conference
aliases)] に移動します。
次の設定要件が適用されます。



Cisco TMSPE 経由でプロビジョニングされた個人用 CMR は、スケジュール済み会議に使用できません。
スケジュール済み会議に専用の会議エイリアスが必要です。未スケジュール会議にすでに割り当てられてい
る会議エイリアスを使用しないでください。
[会議の作成を許可する(Allow conference to be created)] を [いいえ(No)] に設定します。
タスク 7:Cisco TMS で会議エイリアスを設定する
Cisco TMS で、[システム(Systems)] > [ナビゲータ(Navigator)] に移動して、[TelePresence Conductor] >
[エイリアス(Aliases)] の順に選択してから、[新規(New)] を選択します。
エイリアス名は TelePresence Conductor 内の対応する会議エイリアスと一致させる必要はありませんが、同
じ名前を使用すると管理しやすい場合もあります。
TelePresence Conductor 内の対応する会議エイリアスの [入力エイリアス(Incoming alias)] 設定と一致する
ように [エイリアスパターン(Alias Pattern)] 設定を指定します(TelePresence Conductor と違って、パターンは
正規表現で指定されません)。
注:Cisco TMS エイリアスは会議の作成時に TMS によって動的に割り当てられますが、手動で変更することが
できます。
タスク 8:Cisco TMS でサービス設定を編集する(オプション)
会議エイリアスと違って、Cisco TMS が自動的にサービス設定を作成します。値は、関連するエイリアス パター
ンに関連付けられた TelePresence Conductor 内のサービス設定から生成されます。
オプションでサービス設定の設定値を変更するには、Cisco TMS で、[システム(Systems)] > [ナビゲータ
(Navigator)] > [コンダクタ(Conductor)] > [サービス設定(Service Preferences)] に移動して、[編集(Edit)]
を選択します。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
63 / ページ 83
スケジュール済み会議の設定
スケジュール済み会議を有効にする方法
注:特に、デフォルトで 100% に設定される [容量調整(Capacity Adjustment)] の値を変更したい場合があり
ます。
タスク 9:Cisco TMS で会議ブリッジを追加する(オプション)
前述したように、Cisco TMS で TelePresence Conductor 管理会議ブリッジをオプションで設定する方法には
いくつかのメリットがあります。
タスク 10:Cisco TMS で TelePresence Conductor 設定を構成する
Cisco TMS で、[システム(Systems)] > [ナビゲータ(Navigator)] に移動して、[TelePresence Conductor] >
[設定(Settings)] > [設定の編集(Edit Settings)] の順に選択します。
[TMSスケジューリング設定(TMS Scheduling Settings)] で、TelePresence Conductor の予約オプションと発
信オプションを選択します。
1.
2.
3.
いずれの方向でも H.323 発信を有効にしないでください。
SIP URI 発信を有効にします。
オプションで、[拡張設定(Extended Settings)] に移動して、特定の番号範囲と刻み値でカスタマイズされた
会議 ID 範囲を設定します。
タスク 11:会議をスケジュールする
注:このガイドでは、会議をスケジュールするための Cisco TMS の [予約(Booking)] > [新しい会議(New
Conference)] 方法について説明します。また、Cisco TMS と組み合わせて他の Cisco TMS アプリケーション
のいずれかまたは TelePresence Conductor API を使用することもできます。
Cisco TMS で、[予約(Booking)] > [新しい会議(New Conference)] に移動して、会議に適切な設定を定義し
ます。
1.
2.
3.
[基本設定(Basic Settings)] を使用して、会議タイトル、接続方法、会議所有者、開始時刻と終了時刻、
Cisco WebEx オプション、および繰り返し用のオプションを定義します。
その他のオプションは、[詳細設定(Advanced Settings)] 領域で利用できます。
[参加者(Participants)] タブを使用して、ユーザとエンドポイントを会議に追加します。
会議を保存すると、会議のダイヤルイン番号が主催者や参加者に電子メール経由で配信されます。会議を更新
するたびに新しい番号が配信されます。
詳細情報





Cisco TelePresence Management Suite Administrator Guide
Cisco TelePresence Conductor Administrator Guide
Cisco TelePresence Conductor API Guide
Cisco TelePresence Conductor with Unified Communications Manager Deployment Guide
Cisco TelePresence Conductor with Cisco TelePresence Management Suite Deployment Guide
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
64 / ページ 83
会議機能とオプションの設定
この項で実施するタスクは、CMR Premises の基本設定要件が満たされていることを前提とします。通常は、ソ
リューションの初期実装期間に、この項の一部または全部のタスクが完了します。ここでは、管理者の便宜を
図って、ソリューション全体ではなく、CMR Premises の特定の要素の有効化の観点から、タスクを要約します。
TelePresence Server リソース最適化のセットアップ(オプション) ........................................ 66
TelePresence Server 上でのスイッチング モードの変更 ..................................................... 67
Microsoft Lync 2013 相互運用性の設定 ............................................................................ 68
Cisco ClearPath のセットアップ .......................................................................................... 68
ActiveControl 機能のセットアップ........................................................................................ 69
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
65 / ページ 83
会議機能とオプションの設定
TelePresence Server リソース最適化のセットアップ(オプション)
TelePresence Server リソース最適化のセットアップ
(オプション)
TelePresence Server リソースの自動リソース割り当ておよび最適化を使用する場合は、TelePresence
Conductor の会議テンプレートで適切な最大画面と品質設定を定義し、[リソースの最適化(Optimize
resources)] 設定を有効にする必要があります。Conductor テンプレート設定の詳細については、『Cisco
TelePresence Conductor Administrator Guide』を参照してください。
Cisco TMSPE 経由で会議をプロビジョニングする場合は、これらの設定が Cisco TMSPE 経由で設定され
ます。


Unified CM 中心展開での Cisco TMSPE 設定の詳細については、『Cisco TelePresence Management
Suite Provisioning Extension with Cisco Unified CM Deployment Guide』を参照してください。
Cisco VCS 中心展開での Cisco TMSPE 設定の詳細については、『Cisco TelePresence Management
Suite Provisioning Extension with Cisco VCS Deployment Guide』を参照してください
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
66 / ページ 83
会議機能とオプションの設定
TelePresence Server 上でのスイッチング モードの変更
TelePresence Server 上でのスイッチング モードの
変更
TelePresence Server は、テレプレゼンス ルームからスピーカーを表示するための 2 種類のスイッチング モー
ドをサポートしています。


デフォルトの「セグメント スイッチング」モード(スピーカー スイッチングまたはパネル スイッチングとも呼ばれ
る)では、TelePresence Server が複数カメラ システムのカメラの表示を個別に切り替えます。最大音量のス
ピーカーに関連付けられたカメラを特定できないグループ化されたエンドポイントやマルチカメラ エンドポイント
は単一のペインに表示されます。これは、TelePresence Server が実際にこの種のエンドポイントのスピー
カーを表示しているセグメントを判断できないためです。
「ルーム スイッチング」モードでは、TelePresence Server がすべてのストリームをルームから別のマルチスク
リーン エンドポイント上のディスプレイに同時に切り替えます。
セグメント スイッチング モードのもう 1 つのメリットは、グループが会議中のときは、シングルスクリーン エンドポ
イントに均等レイアウト(NxN グリッド)が強制されないことです。グループは正しい順序で一列に並んで表示さ
れます。ただし、環境にとってマルチスクリーン システム上のグループ化されたエンドポイントの表示がセグメン
ト スイッチングやシングルスクリーン エクスペリエンスより重要な場合は、ルーム スイッチング モードに変更す
ることもできます。
プロセス
Cisco TMS 管理会議上でのモードの変更
Cisco TMS を使用して TelePresence Conductor 上の会議をプロビジョニングする場合は、次の JSON コマン
ドを使用して会議テンプレート Cisco TMS カスタム パラメータの次のオプションを設定します。
“callAttributes: {“displayLayoutSwitchingMode”: <******>}”。ここで、<******> は
switchingRoomSwitched または switchingSegmentSwitched として指定する必要があります。
TelePresence Conductor 上でのモードの変更
TelePresence Conductor 会議テンプレートの [セグメントスイッチング(Segment switching)] フィールドでセグ
メント スイッチングとルーム スイッチングのどちらが使用されるかが決まります。[はい(Yes)](デフォルト)はセ
グメント スイッチングを意味し、[いいえ(No)] はルーム スイッチングを意味します。
エンドポイント上でのモードの変更
Cisco CTS または TX シリーズ エンドポイントを使用している会議参加者は、会議中にセグメント スイッチング
モードとルーム スイッチング モードを手動で選択できます。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
67 / ページ 83
会議機能とオプションの設定
Microsoft Lync 2013 相互運用性の設定
Microsoft Lync 2013 相互運用性の設定
CMR Premises は、次のように相互作用する Cisco Expressway-C または Cisco VCS Control によるイン
ターワーキング経由で Microsoft Lync 2013 環境との相互運用性をサポートします。


Microsoft H.264 SVC(Scalable Video Coding)と標準の H.264 SVC 間。
Microsoft H.264 SVC と標準の H.264 AVC(Advanced Video Coding)間。
Lync ユーザは、アドホック、個人用 CMR/ランデブー、およびスケジュール済み会議に参加できます。
始める前に
Lync 2013 相互運用性に関する要件については、『Cisco Collaboration Meeting Rooms (CMR) Premises
Solution Guide』を参照してください。
 次の要件が Unified CM 中心展開に適用されます。
• Cisco Unified Communications Manager は、「Unified CM の Early Offer 用の設定」の説明に従って、
Early Offer 用に設定する必要があります。
• Unified CM は、「Unified CM と Cisco Expressway シリーズまたは Cisco VCS の接続」の説明に従っ
て、Cisco Expressway-C と Cisco VCS Control のどちらかに接続する必要があります。

Unified CM 中心展開用のプロセス
Unified CM 中心展開では、SIP Back-to-Back User Agent とメディア ヘルパーとして機能する Cisco
Expressway-C 経由で、Unified CM が Lync サーバに接続します。設定手順については、『Cisco Expressway
and Microsoft Lync Deployment Guide (X8.5)』を参照してください。ガイド内の手順を完了すると、以下が設定
されたことになります。



Lync から「Lync ゲートウェイ」Expressway にコールをルーティングするためのスタティック ルート
Lync にコールをルーティングするための Expressway B2BUA
「Lync ゲートウェイ」Expressway と Unified CM 間の SIP トランク
Cisco VCS 中心展開用のプロセス
Cisco VCS 中心展開では、Cisco VCS と Lync がピアです。設定手順については、『Cisco VCS and Microsoft
Lync Deployment Guide (X8.5)』を参照してください。ガイド内の手順を完了すると、以下が設定されたことにな
ります。



IP ネットワーク経由で Lync 展開と Cisco VCS Control を接続するための SIP トランク。
Lync から「Lync ゲートウェイ」Cisco VCS へのスタティック ルート。
(オプション)より統合された環境を提供するための FindMe。
Cisco ClearPath のセットアップ
Cisco ClearPath ビデオ品質テクノロジーは、すべての CMR Premises デバイスでデフォルトで有効になりま
す。それを有効にするための操作は必要ありません。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
68 / ページ 83
会議機能とオプションの設定
ActiveControl 機能のセットアップ
ActiveControl 機能のセットアップ
ActiveControl を使用すれば、会議参加者は、ビデオ システム インターフェイス(TRC5 リモート制御とオンスク
リーン ディスプレイからは利用できない)を使用して、エンドポイントから TelePresence Server 上の会議を管
理できます。ActiveControl を使用すれば、会議中に、参加者のリストとその他の情報を表示できます。特定の
エンドポイントで、ローカルに表示される会議レイアウトを変更したり、他の参加者を接続解除したりすることがで
きます。
制限事項





ActiveControl 対応コールが 9.1(2) 以前の Unified CM バージョンを使用して Unified CM トランクを横断す
ると、失敗する可能性があります。ActiveControl は、以前の Unified CM トランク(Unified CM 8.x 以前)上で
有効にしないようにする必要があります。
TelePresence Server 上の ActiveControl 機能は、最大 500 人の参加者をサポートします。
ActiveControl は SIP 専用機能です。H.323 インターワーキング シナリオはサポートされません。
ActiveControl は Cisco Jabber または Cisco DX シリーズ エンドポイントではサポートされません。
ActiveControl/iX プロトコル トラフィックが暗号化されません。
iX プロトコルの設定の概要
ActiveControl は、SIP Session Description Protocol(SDP)でアプリケーション回線としてアドバタイズされる
iX プロトコルを使用します。SIP SDP に対する拡張は、外部ネットワークまたは従来の Unified CM(Unified
CM 8.x 以前)に接続している CMR Premises ネットワークに影響を及ぼす一部の旧式のシステムでは完全に
はサポートされません。Unified CM 9.1(2) 以降の iX と Cisco VCS システムの iX では問題は発生しません。
ただし、従来の Unified CM(8.x 以前)またはサードパーティ ネットワーク(B2B)とインターフェイスしている
CMR Premises ネットワーク上で ActiveControl を有効にしている場合は、本書の手順に忠実に従って、この
機能をサポートしていないシステムから iX プロトコル トラフィックを分離する必要があります。そうしなかった場
合は、呼損などの予期せぬ結果を招く可能性があります。
TelePresence Server 4.1 では iX プロトコルがデフォルトで有効になります。遠端ネットワークで iX をサポート
していないデバイスの存在が認識されているかどうかに関わらず、既知の環境につながっている通信路上では
iX を無効にした方が無難です。
Unified CM 8.x 以前のシステムに接続している Unified CM 中心展開。この場合は、従来の Unified CM シ
ステムが ActiveControl 対応デバイスからのコールを拒否します。こうした呼損を避けるには、
CMR Premises ネットワーク内の Unified CM 8.x に向かうすべてのトランクに対して iX を無効にします。SIP
プロキシ経由で 8.x デバイスに到達する場合は、iX がそのプロキシに向かうトランクに対して無効になってい
ることを確認します。
 サードパーティ ネットワークに接続している Unified CM 中心展開。この場合は、サードパーティ ネットワーク
が ActiveControl 対応デバイスからのコールをどのように処理するかを知るすべはありませんが、処理メカニ
ズムがそれらのコールを拒否することがあります。このような呼損を避けるには、サード パーティ ネットワーク
に向かう CMR Premises ネットワーク内のすべてのトランクに対して iX を無効にします。
 外部ネットワークに接続している、または、従来の Unified CM バージョンに内部的に接続している Cisco
VCS 中心展開。
• Cisco VCS X8.1 以降では、外部ネットワークまたは従来の Unified CM システムに送信された INVITE
要求に対して iX を無効にするためのゾーン フィルタをオンにすることができます(デフォルトで、このフィル
タはオフになります)。

Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
69 / ページ 83
会議機能とオプションの設定
ActiveControl 機能のセットアップ
•
バージョン X7.2.3 を使用している場合は、最適化された会議ネットワーク全体で iX を無効にすることをお
勧めします(対策を講じて X7.2.3 で iX を有効にできる場合もありますが、必ず、シスコ テクニカル サポー
トからのガイダンスに従って行ってください)。
表 7:CMR Premises ネットワーク上の iX 設定要件の要約
ネットワーク
の接続元
ネットワークの
接続先
iX(ActiveControl)を有効にできるか
Unified CM
9.1(2) 以降
Unified CM 9.x
以降
このトランクに対して有効にできます。この 2 つ目の Unified CM からのトランクに対する無
効化が必要な場合があります。
Unified CM 8.x
以前
1 つ目の Unified CM からのこのトランクに対して無効にします。
サードパーティ
ネットワーク
Unified CM からのこのトランクに対して無効にします。
X8.1 以前の
このルートがサードパーティ ネットワークまたは Unified CM 8.x 以前のシステムに向かうト
Cisco VCS バー ランクに使用されている場合は、Unified CM からこのトランクに対して無効にします。このト
ジョン
ランク経由で Unified CM 9.x または Cisco VCS システムに到達可能な場合にだけ、有効
にできます。
Cisco VCS X8.1 サードパーティ ネットワークまたは Unified CM 8.x 以前のシステムに接続されたネイバー
以降
ゾーンに対して Cisco VCS 内の iX フィルタをオンにしている場合は、このトランクに対して
有効にできます。
Cisco VCS
X8.1.1 以降
Unified CM 9.x / はい。必要に応じて有効にします。
Cisco VCS シス
テムのみ
Unified CM 8.x
以前を含むその
他のデバイス
Cisco VCS
X7.2.3
iX プロトコル回線を除外するために Cisco VCS とこれらのデバイス間のネイバー ゾーン
で iX フィルタをオンにします(フィルタは Cisco VCS X8.1 で導入されました)。
Unified CM 9.x / はい。必要に応じて有効にします。
Cisco VCS シス
テムのみ
Unified CM 8.x
以前を含むその
他のデバイス
番号 ネットワーク全体で無効にします(デフォルト)。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
70 / ページ 83
会議機能とオプションの設定
ActiveControl 機能のセットアップ
iX 構成設定の図
図 3:Unified CM 管理システムからの外向き接続で iX を有効/無効にする場合
図 4:Unified CM Session Management Edition 展開での iX 設定の例
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
71 / ページ 83
会議機能とオプションの設定
ActiveControl 機能のセットアップ
図 5:Cisco VCS 管理システム(Cisco VCS X8.1 以降)からの外向き接続で iX をフィルタ処理する場合
最適化された会議ネットワークでの iX(ActiveControl)の有効化/無効化
表 8:CMR Premises デバイス用の iX 構成設定
デバイス
iX 設定
TC7.1 エンドポイント デフォルトは自動です(ActiveControl は、エンドポイントが登録されているコール制御システムで iX プ
ロトコルがサポートされている場合は有効になりますが、そうでない場合は無効になります)。これを変
更する必要はありません。
TelePresence
デフォルトは TelePresence Server 上の iX デフォルトを変更しないことです。Conductor テンプレート
Conductor
では、TelePresence Server の詳細テンプレート パラメー タ ページの [iXプロトコル(iX protocol)]
フィールドを有効にすることによって iX を有効にします。「Cisco TelePresence Conductor テンプレー
トでの iX サポートの有効化」を参照してください。
Cisco TMSPE
デフォルトは TelePresence Server 上の iX デフォルトを変更しないことです。個人用 Collaboration
Meeting Room では、CMR テンプレートの詳細パラメータを {"callAttributes":
{"iXEnabled": true}} に設定することによって iX を有効にします。「タスク 2:Cisco TMSPE で
の個人用 CMR に対する ActiveControl の有効化」を参照してください。
Unified CM(トランク [SIPプロファイルの設定(SIP Profile Configuration)] ウィンドウの [トランク固有の設定(Trunk
単位)
Specific Configuration)] セクションで [iXアプリケーションメディアを許可(Allow iX Application
Media)] チェックボックスを使用して設定します。「タスク 3:Cisco Unified Communications Manager
での iX サポートの有効化」を参照してください。
Cisco VCS(ネイバー 外部ネットワークに接続している、または、以前の Unified CM バージョンに内部的に接続しているネイ
ゾーン単位)
バー ゾーンのカスタム ゾーン プロファイルで SIP UDP/IX フィルタ モードをオンにすることによって、
iX パススルーを無効にします。「タスク 4:Cisco VCS での iX のフィルタ処理」を参照してください。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
72 / ページ 83
会議機能とオプションの設定
ActiveControl 機能のセットアップ
注:TelePresence Server では、API 経由(参加者/電話会議の iXEnabled パラメータ経由)で iX 構成設定を
使用できます。ただし、TelePresence Conductor によって管理されているブリッジに対する直接 API 呼び出し
を使用することはお勧めできません。
プロセス
タスク 1:Cisco TelePresence Conductor テンプレートでの iX サポートの有効化
Cisco TelePresence Conductor テンプレートで iX を有効にするには、Cisco TelePresence Server によって
使用されている会議ブリッジ テンプレートで詳細テンプレート パラメータを設定する必要があります。
詳細テンプレート パラメータ設定を作成または編集するには:
1.
2.
3.
4.
5.
新しい会議テンプレートを作成するか、既存の会議テンプレートを選択します([会議設定(Conference
configuration)] > [会議テンプレート(Conference templates)])。
[詳細パラメータ(Advanced Parameters)] セクションで [編集(Edit)] をクリックします。
[詳細テンプレートパラメータ(Advanced template parameters)] ページが表示されます。
[iXプロトコルの有効化(Enable iX protocol)] チェックボックスをオンにします。
[iXプロトコルの有効化(Enable iX protocol)] チェックボックスの横にある [プライマリ(primary)] ドロップダウ
ン リストから、[True(True)] を選択してプロトコルを有効にします。
[保存(Save)] をクリックします。
タスク 2:Cisco TMSPE での個人用 CMR に対する ActiveControl の有効化
個人用 Collaboration Meeting Room(CMR)に対して ActiveControl を有効にするには、Cisco TMSPE の
CMR テンプレートで詳細テンプレート パラメータを設定します。
詳細テンプレート パラメータ設定を作成または編集するには:
1.
2.
3.
4.
新しい CMR テンプレートを作成するか、既存のテンプレートを選択します([システム(Systems)] > [プロビ
ジョニング(Provisioning)] > [ユーザ(Users)])。
[CMRテンプレートの編集(Edit CMR Template)] ページで、[カスタムパラメータ(Custom Parameters)]
チェックボックスをオンにします。
[詳細パラメータ(Advanced Parameters)] フィールドに、「{"callAttributes": {"iXEnabled":
true}}」と入力します。
[保存(Save)] をクリックします。
タスク 3:Cisco Unified Communications Manager での iX サポートの有効化
iX プロトコルのサポートはデフォルトで無効になります。Unified CM で iX サポートを有効にするには、最初に
SIP プロファイルでサポートを設定してから、その SIP プロファイルを SIP トランクに適用する必要があります。
SIP プロファイルでの iX サポートの設定
1.
[デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [SIPプロファイル(SIP Profile)] の順に選択し
ます。
[SIPプロファイルの検索/一覧表示(Find and List SIP Profiles)] ウィンドウが表示されます。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
73 / ページ 83
会議機能とオプションの設定
ActiveControl 機能のセットアップ
2.
次のいずれかを実行します。
• 新しい SIP プロファイルを追加するには、[新規追加(Add New)] をクリックします。
• 既存の SIP プロファイルを変更するには、検索条件を入力して、[検索(Find)] をクリックします。更新する
SIP プロファイルの名前をクリックします。
[SIPプロファイルの設定(SIP Profile Configuration)] ウィンドウが表示されます。
3. [iXアプリケーションメディアを許可(Allow iX Application Media)] チェックボックスをオンにします。
4. 追加の設定変更を加えます。
5. [保存(Save)] をクリックします。
SIP プロファイルの SIP トランクへの適用
1.
2.
3.
4.
5.
[デバイス(Device)] > [トランク(Trunk)] の順に選択します。
[トランクの検索/一覧表示(Find and List Trunks)] ウィンドウが表示されます。
次のいずれかを実行します。
• 新しいトランクを追加するには、[新規追加(Add New)] をクリックします。
• トランクを変更するには、検索条件を入力して、[検索(Find)] をクリックします。更新するトランクの名前を
クリックします。
[トランクの設定(Trunk Configuration)] ウィンドウが表示されます。
[SIPプロファイル(SIP Profile)] ドロップダウン リストで、該当する SIP プロファイルを選択します。
[保存(Save)] をクリックします。
既存のトランクを更新するには、[設定の適用(Apply Config)] をクリックして新しい設定を適用します。
タスク 4:Cisco VCS での iX のフィルタ処理
プロトコルをサポートしていないネイバー ゾーンの iX アプリケーション回線を除外するように Cisco VCS を設
定するには、[SIP UDP/IXフィルタモード(SIP UDP/IX filter mode)] 詳細設定オプションが [オン(On)] に設定
されたカスタム ゾーン プロファイルを使用してゾーンを設定する必要があります。
詳細ゾーン プロファイル オプション設定を更新するには:
1.
2.
3.
4.
新しいネイバー ゾーンを作成するか、既存のゾーンを選択します([設定(Configuration)] > [ゾーン(Zones)] >
[ゾーン(Zones)])。
[詳細パラメータ(Advanced Parameters)] セクションの [ゾーンプロファイル(Zone profile)] に対して、まだ
選択されていなければ、[カスタム(Custom)] を選択します。
ゾーン プロファイル詳細設定オプションが表示されます。
[SIP UDP/IXフィルタモード(SIP UDP/IX filter mode)] ドロップダウン リストから、[オン(On)] を選択します。
[保存(Save)] をクリックします。
トラブルシューティング
表 9:iX ヘッダーを含むコールのコール処理の概要
シナリオ
Unified CM 8.x 以前
9.1(2) より前の Unified CM 9.x
Unified CM 9.1(2)
エンドポイント:iX に対するサポートなし、SDP 実装なし
結果
呼損
コールは正常に処理されるが、ActiveControl なし
コールは正常に処理されるうえ、ActiveControl あり
エンドポイントがリブートするか、コールが失敗する
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
74 / ページ 83
関連資料
資料名
Cisco Collaboration Meeting Rooms
(CMR) Premises Solution Guide 4.0
Cisco Collaboration Meeting Rooms
(CMR) Premises Release Notes 4.0
Cisco TelePresence Conductor with
Cisco Unified Communications Manager
Deployment Guide Unified CM 10.x
[9.x に関する付録を参照]
Cisco TelePresence Management Suite
Provisioning Extension with Cisco
Unified CM Deployment Guide
Cisco TelePresence Conductor with
Cisco TelePresence VCS (B2BUA)
Deployment Guide
Cisco TelePresence Management Suite
Provisioning Extension with Cisco VCS
Deployment Guide
Cisco TelePresence Conductor
Administrator Guide XC3.0
Cisco Unified Communications Manager
Administration Guide, Release 10.5n
Cisco Unified Communications Manager
Administration Guide, Release 9.1n
リンク
http://www.cisco.com/c/en/us/support/conferencing/telepresenceconductor/products-installation-and-configuration-guides-list.html [英語]
http://www.cisco.com/c/en/us/support/conferencing/telepresenceconductor/products-release-notes-list.html
http://www.cisco.com/c/en/us/support/conferencing/telepresenceconductor/products-installation-and-configuration-guides-list.html [英語]
http://www.cisco.com/c/en/us/support/conferencing/telepresencemanagement-suite-extensions/products-installation-guides-list.html
http://www.cisco.com/c/en/us/support/conferencing/telepresenceconductor/products-installation-and-configuration-guides-list.html [英語]
http://www.cisco.com/c/en/us/support/conferencing/telepresencemanagement-suite-extensions/products-installation-guides-list.html
http://www.cisco.com/c/en/us/support/conferencing/telepresenceconductor/products-maintenance-guides-list.html
http://www.cisco.com/c/en/us/support/unified-communications/unifiedcommunications-manager-callmanager/products-maintenance-guideslist.html
http://www.cisco.com/c/en/us/support/unified-communications/unifiedcommunications-manager-callmanager/products-maintenance-guideslist.html
http://www.cisco.com/c/en/us/support/unifiedcommunications/expressway-series/products-installation-andconfiguration-guides-list.html
Cisco Unified Communications Manager
with Cisco Expressway (SIP Trunk)
Deployment Guide, Cisco Expressway
X8.5
Cisco Unified Communications Manager http://www.cisco.com/c/en/us/support/unifiedwith Cisco VCS (SIP Trunk) Deployment communications/telepresence-video-communication-server-vcs/productsGuide, Cisco VCS X8.5
installation-and-configuration-guides-list.html
Cisco TelePresence Multiway™
Deployment Guide, Cisco VCS, MCU,
Conductor
Cisco Expressway Basic Configuration
Deployment Guide X8.5
Cisco TelePresence Video
Communication Server Basic
Configuration (Control with Expressway)
Deployment Guide Cisco VCS X8.5
Cisco TelePresence Conductor with
Cisco TelePresence Management Suite
Deployment Guide
Cisco TelePresence Management Suite
Administrator Guide Version 14.5
Cisco Collaboration Meeting Rooms
(CMR) Hybrid Configuration Guide
http://www.cisco.com/c/en/us/support/conferencing/telepresenceconductor/products-installation-and-configuration-guides-list.html [英語]
http://www.cisco.com/c/en/us/support/unifiedcommunications/expressway-series/products-installation-andconfiguration-guides-list.html
http://www.cisco.com/c/en/us/support/unifiedcommunications/telepresence-video-communication-server-vcs/productsinstallation-and-configuration-guides-list.html
http://www.cisco.com/c/en/us/support/conferencing/telepresenceconductor/products-installation-and-configuration-guides-list.html [英語]
http://www.cisco.com/c/en/us/support/conferencing/telepresencemanagement-suite-tms/products-maintenance-guides-list.html
http://www.cisco.com/c/en/us/support/conferencing/telepresencemanagement-suite-tms/products-installation-and-configuration-guideslist.html [英語]
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
75 / ページ 83
関連資料
資料名
Cisco TelePresence Conductor Product
Programming Reference Guide XC3.0
(Conductor Provisioning API リファレンス
を含む)
Cisco Expressway Administrator Guide
X8.5
Cisco TelePresence Video
Communication Server Administrator
Guide X8.5
リンク
http://www.cisco.com/c/en/us/support/conferencing/telepresenceconductor/products-programming-reference-guides-list.html
http://www.cisco.com/c/en/us/support/unifiedcommunications/expressway-series/products-maintenance-guides-list.html
http://www.cisco.com/c/en/us/support/unifiedcommunications/telepresence-video-communication-server-vcs/productsmaintenance-guides-list.html
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
76 / ページ 83
関連資料
Cisco.com 上のその他の製品マニュアル
Cisco.com 上のその他の製品マニュアル
製品
TelePresence
Conductor
Cisco TMS
リンク
http://www.cisco.com/c/en/us/support/conferencing/telepresence-conductor/tsd-productssupport-series-home.html
http://www.cisco.com/c/en/us/support/conferencing/telepresence-management-suite-tms/tsdproducts-support-series-home.html
http://www.cisco.com/c/en/us/support/conferencing/telepresence-management-suiteCisco TMSPE と
extensions/tsd-products-support-series-home.html
Cisco TMSXE
Unified CM
http://www.cisco.com/c/en/us/support/unified-communications/unified-communicationsmanager-callmanager/tsd-products-support-series-home.html
MCU 5300 シリーズ http://www.cisco.com/c/en/us/support/conferencing/telepresence-mcu-5300-series/tsd-productssupport-series-home.html
MCU 4500 シリーズ http://www.cisco.com/c/en/us/support/conferencing/telepresence-mcu-4500-series/tsd-productssupport-series-home.html
MCU MSE シリーズ http://www.cisco.com/c/en/us/support/conferencing/telepresence-mcu-mse-series/tsd-productssupport-series-home.html
TelePresence
http://www.cisco.com/c/en/us/support/conferencing/telepresence-server/tsd-products-supportServer
series-home.html
Cisco Expressway
Cisco VCS
http://www.cisco.com/c/en/us/support/unified-communications/expressway-series/tsd-productssupport-series-home.html
http://www.cisco.com/c/en/us/support/unified-communications/telepresence-videocommunication-server-vcs/tsd-products-support-series-home.html
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
77 / ページ 83
付録 1:Unified CM 正規化スクリプトの追加
展開でテレプレゼンスに使用される SIP トランクに対して暗号化と TLS が使用されている場合は、1 つ以上の
テレプレゼンス正規化スクリプトを Cisco Unified Communications Manager に追加する必要があります。
注意:このリリースではスクリプトの新しいバージョンが必須です。予期せぬコールの切断を回避するには、最新
バージョンがインストールされていることを確認する必要があります。
次の正規化スクリプトを入手できます。
表 10:Cisco Unified Communications Manager 用の正規化スクリプト
Script
telepresence-conductorinterop
vcs-interop
インストール先
ネクスト ホップ ピアとして TelePresence Conductor と直接インターフェイスしている SIP ト
ランク。
ネクスト ホップ ピアとして Cisco VCS Control または Cisco Expressway-C と直接インターフェ
イスしている SIP トランク。
スクリプトを追加するには:
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
Cisco ウェブサイトから必要なスクリプトをダウンロードします(関連する Unified CM ソフトウェア バージョン
に移動して、[SIP正規化および透過性スクリプト(SIP Normalization and Transparency Scripts)] > [スクリ
プト(Scripts)] の順に選択します)。
Unified CM で、[デバイス(Device)] > [デバイスの設定(Device Settings)] > [SIP正規化スクリプト(SIP
Normalization Script)] に移動します。
[新規追加(Add New)] をクリックします。
[ファイルのインポート(Import File)] をクリックします。
ダウンロードするスクリプトを選択します。
[ファイルのインポート(Import File)] をクリックします。
次の詳細を入力または変更します。
名前(Name)
スクリプト名を入力します。たとえば、「telepresence-conductor-interop」と
入力します。
説明(Description)
説明を入力します。たとえば、「TelePresence Conductor 経由でコールの相互
運用性を提供」と入力します。
メモリしきい値(Memory Threshold) 「1000」と入力します。
Lua 命令しきい値(Lua Instruction 「2000」と入力します。
Threshold)
8.
9.
10.
[保存(Save)] をクリックします。
必要なすべてのスクリプトが追加されるまでこの手順を繰り返します。
SIP トランクにスクリプトをインストールするには:
a. Unified CM で、[デバイス(Device)] > [トランク(Trunk)](または Unified CM バージョン 9.1(2)SU2 のア
ドホック会議ブリッジの場合は [メディアリソース(Media Resources)] > [会議ブリッジ(Conference
Bridge)])に移動して、関連するトランク/ブリッジを選択します。
b. [SIP情報(SIP Information)] セクションの [正規化スクリプト(Normalization script)] 領域で、ドロップダ
ウン リストから該当するトランク/ブリッジ用のスクリプトを選択します。
c. [保存(Save)] をクリックします。
d. [リセット(Reset)] をクリックします。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
78 / ページ 83
付録 2:CMR Premises リリース 4.0 への移行パス
この付録では、以前のソリューション展開と非 CMR Premises 展開を 4.0 推奨アーキテクチャに移行する方法
について説明します。この CMR Premises リリースには、会議インフラストラクチャを展開するための 2 つの推
奨展開アーキテクチャが付属しています。


Unified CM に接続された会議インフラストラクチャ。これは推奨アーキテクチャです。
Cisco VCS に接続された会議インフラストラクチャ。
新規(初回)展開では、Unified CM 接続展開を実装する必要があります。
既存の音声展開とビデオ展開が 2 つのシナリオのどちらとも一致しない場合は、4.0 推奨コード レベルを使用
して現在の展開を CMR Premises 4.0 展開に移行することをお勧めします。これは、この展開が新機能の開発
が計画されているテスト済みのアーキテクチャだからです。
CMR Premises 4.0 展開(以下「4.0」)に移行するには:
1.
2.
インフラストラクチャを 4.0 標準に移動することから始めます。
その後で、エンドポイントが Cisco VCS に登録されている場合は、Unified CM に登録可能なエンドポイント
を Unified CM に移動します。
前提条件
4.0 は、エンドポイント発信者 ID を利用して、それらを参加者リストと、(有効になっていれば)TelePresence
Server ActivePresence モードの会議の画面に表示します。ダイヤル プランを見直して表示される発信者 ID
が有効かどうかを確認することをお勧めします。詳細については、「ソリューション全体での表示名のプロビジョ
ニング」を参照してください
4.0 ソフトウェア バージョン
表 11:必要なソフトウェア バージョン
製品
TelePresence
Server
推奨
4.1
TelePresence
Conductor
MCU
Cisco VCS
XC3.0 XC3.0
Cisco VCS:
H.323 登録用
Cisco
Expressway
X8.5
Cisco TMS
Cisco TMSPE
Unified CM
4.5
X8.5
最小ハードウェア
4.1
注記
TelePresence Server ブリッジは TelePresence Conductor によるリモート
管理用に設定する必要があります。
4.5
X8.2.2(Microsoft
Lync に必要)
X7.2.3
X8.5
X8.2.2(Microsoft
Lync に必要)
14.6
14.6
1.4
1.4
10.5(2) 9.1(2)SU2
CMR Premises 4.0 では、Unified CM ソフトウェアの 2 つのバージョン
(9.1(2)SU2 と 10.5(2))がサポートされます。9.1(2) SU2 を使用している場
合は、そのバージョンを使い続けることも、10.5(2) にアップグレードすることも
できます。この 2 つのバージョンの中間の Unified CM を使用している場合
は、10.5(2) にアップグレードする必要があります。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
79 / ページ 83
付録 2:CMR Premises リリース 4.0 への移行パス
Unified CM のみのシステムを 4.0 へ
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
Unified CM を CMR Premises 4.0 の推奨バージョンにアップグレードします。
TelePresence Conductor を Unified CM に追加し、TelePresence Conductor にトランキングされたブリッ
ジを展開します。これらのコンポーネントはすべての会議タイプをサポートします。
エンドポイント ソフトウェアを Unified CM に付属のバージョンにアップグレードします。
個人用 CMR/ランデブーとスケジューリングに対するサポートを保証するために Cisco TMS / Cisco TMSPE
をアップグレードします。
WebEx 参加者をコールに含める場合は、Unified CM がコード バージョン 9.1(2)SU2 以上を実行しているこ
とを確認し、Early Offer をサポートするように Unified CM 設定を更新します。
企業ネットワークの外部の参加者に会議への参加を許可するには、ファイアウォール トラバーサル用として
Cisco Expressway-C と Cisco Expressway-E を展開します。
Lync 相互運用性が必要な場合は、ゲートウェイにする Cisco Expressway-C / Cisco VCS Control を
Microsoft Lync インフラストラクチャに追加します。バージョン X8.2.2 以降が必要です(Cisco VCS Control
と Cisco Expressway-C のどちらがニーズに最適かを判断するには、Cisco VCS / Cisco Expressway 展開
ガイドを参照してください)。
ソリューションにレガシー エンドポイントと H.323 エンドポイントを追加する場合は、それらのエンドポイントを
登録可能な Cisco VCS Control を追加します。
別々の音声専用エンドポイント Unified CM とビデオ エンドポイント Unified CM を 4.0 へ
一部の Unified CM 展開では、音声専用エンドポイント用とビデオ エンドポイント用で別々の Unified CM が使
用されます。理想的なソリューションは、同じ Unified CM バージョンで両方のシステムを動作させることです。そ
の場合は、前述した「Unified CM のみのシステムを 4.0 へ」の手順に従う必要があります。
何らかの理由で音声エンドポイントとビデオ エンドポイントを別々の Unified CM に登録して別々のバージョンで
実行する必要がある場合は、先に進む前に、展開で 2 つの Unified CM バージョンが許容されるかどうかをア
カウント マネージャに確認してください。この場合は、ビデオ Unified CM 上で、前述した「Unified CM のみのシ
ステムを 4.0 へ」の手順を実行します。
Unified CM と Cisco VCS を 4.0 へ
1.
2.
3.
4.
5.
6.
Cisco VCS を CMR Premises 4.0 の推奨バージョンにアップグレードします。
Unified CM を CMR Premises 4.0 の推奨バージョンにアップグレードします。
TelePresence Conductor にトランキングされたブリッジを使用して Unified CM に接続されている
TelePresence Conductor を移動/維持します。
TelePresence Conductor を Cisco VCS から移動する場合、Cisco VCS で TelePresence Conductor に
コールを送信するのに使用した検索ルールによって、コールが Unified CM に送信され、Unified CM がこれ
らのコールを TelePresence Conductor に転送することを確認します。
Cisco VCS アーキテクチャは、ファイアウォール トラバーサル、Lync 相互運用性、およびレガシー/ H.323 エ
ンドポイント登録用に設定したままにすることができます。
Unified CM に登録可能なエンドポイントを Unified CM に移行し、ソフトウェアをこのソリューション リリース
に必要なバージョンへアップグレードします。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
80 / ページ 83
付録 2:CMR Premises リリース 4.0 への移行パス
Unified CM に登録されたエンドポイントと Cisco VCS に登録されたエンドポイントの機能の比較
表 12:Unified CM に登録されたエンドポイントと Cisco VCS に登録されたエンドポイントの機能の比較
機能
電話帳
管理
会議のスケジューリング
ファイアウォール トラバー
サル
会議のエスカレーション
Unified CM に登録
TMS 電話帳
階層型ディレクトリ
Unified CM と Prime Collaboration スイートによって管
理される
Unified CM によってプロビジョニングされる
Cisco VCS に登録
TMS 電話帳
階層型ディレクトリ
Cisco TMS によって管理される
Cisco TMS によってプロビジョニング
される
Cisco TMS によって管理される
Cisco Expressway-C と Cisco Expressway-E を使用
して
アドホック
Cisco TMS によって管理される
Cisco VCS Expressway を使用して
Multiway
4.0 機能とバージョンの依存関係
表 13:4.0 機能とバージョンの依存関係
機能
CMR プロビジョニングとユーザ ポータル
TelePresence Server の拡張性の向上
基本的な TelePresence Server のカスケード
TelePresence Server のユーザ エクスペリエンスの向上
TelePresence Server の有用性の向上
ホスト/ゲスト会議用の単一のエイリアス、ロールは PIN で決定される
必要なバージョン
XC 3.0、TMS 14.6、TMS PE 1.4
TS 4.1
TS 4.1、XC 3.0、TMS PE 1.4
TS 4.1
TS 4.1
TS 4.1、XC 3.0、TMS 14.6、TMS PE 1.4
関連製品、バージョン、および機能
表 14:関連製品、バージョン、および機能
製品
MCU
バージョン
4.5
機能
4.0 が動作するための最小バージョン。追加:
 ClearPath(Flux 1)
 暗号化された SIP 参加者用の別のコンテンツ チャネル
ドメインを含まない発信要求用に追加されたドメイン:MCU が Unified CM にトランキングされ
る場合の WebEx 発信(TSP 音声会議)用として必要。
Unified
CM
Cisco
VCS
Cisco
TMS
Unified CM
9.1(2)SU2
10.5(2)
X8.2.2
4.0 が動作するための最小バージョン。
14.6
CMR Premises とホスト/ゲストPIN 内の WebEx の最小バージョン
データ接続と明示的な SIP トランクとして設定されているアドホック ブリッジ
4.0 で Lync ゲートウェイが動作するための最小バージョン
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
81 / ページ 83
マニュアルの変更履歴
マニュアルの変更履歴
日付
2015 年 1 月
2015 年 1 月
説明
初版発行
再発行
変更内容
初版。
製品展開ガイドへの最新リンク。
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
82 / ページ 83
マニュアルの変更履歴
このマニュアルに記載されている仕様および製品に関する情報は、予告なしに変更されることがあります。この
マニュアルに記載されている表現、情報、および推奨事項は、すべて正確であると考えていますが、明示的であ
れ黙示的であれ、一切の保証の責任を負わないものとします。このマニュアルに記載されている製品の使用
は、すべてユーザ側の責任になります。
対象製品のソフトウェア ライセンスおよび限定保証は、製品に添付された『Information Packet』に記載されて
います。添付されていない場合には、代理店にご連絡ください。
The Cisco implementation of TCP header compression is an adaptation of a program developed by the
University of California, Berkeley (UCB) as part of UCB's public domain version of the UNIX operating
system. All rights reserved. Copyright © 1981, Regents of the University of California.
ここに記載されている他のいかなる保証にもよらず、各社のすべてのマニュアルおよびソフトウェアは、障害も含
めて「現状のまま」として提供されます。シスコおよびこれら各社は、商品性の保証、特定目的への準拠の保
証、および権利を侵害しないことに関する保証、あるいは取引過程、使用、取引慣行によって発生する保証をは
じめとする、明示されたまたは黙示された一切の保証の責任を負わないものとします。
いかなる場合においても、シスコおよびその供給者は、このマニュアルの使用または使用できないことによって
発生する利益の損失やデータの損傷をはじめとする、間接的、派生的、偶発的、あるいは特殊な損害につい
て、あらゆる可能性がシスコまたはその供給者に知らされていても、それらに対する責任を一切負わないものと
します。
Cisco and the Cisco Logo are trademarks of Cisco Systems, Inc. and/or its affiliates in the U.S. and
other countries. A listing of Cisco's trademarks can be found at www.cisco.com/go/trademarks. Third
party trademarks mentioned are the property of their respective owners. The use of the word partner
does not imply a partnership relationship between Cisco and any other company. (1005R)
このマニュアルで使用している IP アドレスおよび電話番号は、実際のアドレスおよび電話番号を示すものでは
ありません。マニュアル内の例、コマンド出力、ネットワーク トポロジ図、およびその他の図は、説明のみを目的
として使用されています。説明の中に実際のアドレスおよび電話番号が使用されていたとしても、それは意図的
なものではなく、偶然の一致によるものです。
© 2015 Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
Cisco Collaboration Meeting Rooms(CMR)Premises 展開ガイド(4.0)
83 / ページ 83
Fly UP