...

保証マンスリー9月号

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

保証マンスリー9月号
9
2012 / VOL 33 / NO
9
保証マンスリーは東京信用保証協会がお届けする保証情報誌です
September
今月のお知らせ
インフォメーション
シリーズ「保証申込基礎講座」 「江戸・TOKYO技とテクノの融合展 2012」のお知らせ
第4回 不動産担保について
専修大学大学院との第9回共同公開講座 開催報告
融資ご担当の皆さまへ~送付書添付のお願い~
事業実績
渋谷支店担 当 地 区 / 二 子 橋
GUARANTEE MONTHLY
今月のお知らせ シリーズ 保証申込基礎講座
第4回 不動産担保について
第4回となる今回は、不動産担保をご提供いただく場合に必要となる、保証申込時の添付資料等につい
てご紹介いたします。
不動産を担保として提供いただく場合、①金融機関が権利者である(根)抵当権を保証条件とする方法と、
②当協会が権利者として直接(根)抵当権を設定する方法のふたつがあります。本号では①の場合のうち、
新規の担保(既存保証で保証条件となっていない担保権)での申し込みを中心に、基本的な確認事項を取
り上げています。業務の参考としてご活用ください。
申込時の添付資料
不動産の種類や権利関係などにより、提出をお願いする資料が異なる場合がありますが、ほとんどの場合
で共通してご提出いただく基本的な資料は以下の通りです。
① 登記事項全部証明書(不動産登記簿謄本)
担保として提供していただく予定の不動産についての登記事項証明書です。証明日が最近3か月以内であ
り、かつ最新の権利情報が記載されているものを添付してください。
② 公図(地図・地図に準ずる図面)
法務局備え付けの地図または地図に準ずる図面です。最新の情報が記載されているものを添付してください。
③ 建物図面・各階平面図
法務局備え付けの建物図面です。建物の所有者などが保管している建築図面ではありませんので、ご留意
ください。
④ 住宅地図
地図上で当該不動産がどれにあたるのかを明示してください。また、地図のみでは当該不動産の住居表示
が不明な場合がありますので、住居表示を別途明示してください。
⑤ 不動産の写真
担保として提供していただく予定の不動産の写真です。①∼④の各資料と不動産の現況が一致しているか、
後述する接面道路の概観(幅員)や間口の状況などのポイントを中心に、複数の角度から撮影したものをお
願いします。
※法務局備え付けの図面については、上記②、③のほか、地積測量図をお願いする場合があります。
2
2012.09
2012
09
確認事項 ∼申し込みの前にもう一度ご確認ください∼
申し込みをする前に、左頁でご紹介した資料とあわせ、以下の事項をご確認いただきますと、申し込み後の
手続きがスムーズになります。
◆ 不動産の所在を確認していますか?
前項でもご紹介したとおり、不動産登記簿上の「所在」
・
「地番」
・
「家屋番号」はもちろんのこと、「住居表示」
も示していただく必要があります。
例 ≫ 地 番:東京都中央区八重洲●丁目△番□
住居表示:東京都中央区八重洲●丁目▲番■号
※所在地における都市計画法上の諸規制、特に区域区分の線引きや用途地域にはご留意ください。
◆ 不動産の所有者を確認していますか?
不動産の所有者(設定者)が申込人本人や代表者以外の場合、申込人や代表者との関係をご確認ください。
また、当該申込について所有者が連帯保証人ではない場合、不動産の所有者から「物上保証人」として、当協
会所定の「念書」(※)、印鑑証明書、個人情報の取扱いに関する同意書をご提出していただく必要があります。
※「念書」のひな型は、当協会担当部支店までお申し付けください。
◆ 不動産の現状用途を確認していますか?
当該不動産が現在どのような用途に供されているか、必ず調査の上で明示してください。
例 ≫ 申込会社の本社事務所、工場、第三者へ賃貸 など
◆ 賃貸借契約の内容を確認していますか?(賃貸不動産の場合)
第三者へ賃貸している不動産の場合、賃料収入や預り保証金など、賃貸借契約の内容等を明示してください。
またアパートなど、複数の賃借人がいる場合は、それぞれ個別に明示してください。
◆ 先順位抵当権の残高を確認していますか?
保証の条件とする担保権の先順位に抵当権がある場合、当該抵当権の残高をご確認していただくとともに、
返済予定表または残高証明書など、当該抵当権にかかる債務の残高が確認できる資料を添付してください。
2012.09
3
GUARANTEE MONTHLY
今月のお知らせ
確認事項 ∼申し込みの前にもう一度ご確認ください∼
◆ 接面道路の状況を確認していますか?
当該不動産が接している道路(いわゆる「接面道路」)が、建築基準法上はどのような種類の道路に該当す
るのか、幅員はどれだけか、当該不動産(土地)とどれだけ接しているのかなどについて、必要に応じて図面
なども添付の上で必ず明示してください。特に以下の場合はご留意ください。
a 「私道」の場合
接面道路の所有者が個人の場合(いわゆる「私道」の場合)、建築基準法上の道路種別はもちろんのこと、
所有者や使用権限などの権利関係のご確認をお願いします。なお、担保提供予定の不動産の所有者が、道
路の一部や持ち分などを所有している場合、当該道路部分(持ち分)も担保として提供していただくこと
となります。
b 幅員が4m未満の場合
接面道路が「2項道路」(建築基準法第42条2項で定める道路)の場合など、法令上必要とされてい
る幅員(通常は4m。地域によっては6mなどの場合があります)未満の場合、セットバック(※)の要
否と後退距離、後退面積などを明示してください。
※セットバック…建物の建築時などの際に、境界線を当該敷地側に後退させること。後退部分は道路とみ
なされますので評価の対象にはなりません。
◆ 所有者(設定者)に公租公課(国税や地方税など)の滞納はありませんか?
所有者(設定者)について、公租公課(国税や地方税など)の滞納がないことを必ずご確認ください。
特に、今回保証の条件とする担保権が、①申込金融機関にとっても新規の担保設定となる場合や、②根抵当権
の極度額を増額して保証の条件とする場合はなどの際は、所有者(設定者)にかかる納税証明書その3(法人税・
申告所得税・消費税及び地方消費税・源泉所得税)を添付してください。また、場合によっては、相続税、贈与税、
固定資産税、都市計画税、事業税、住民税など、他の税目にかかる証明もお願いすることがありますので、ご
協力をお願いします。
申し込みの前に
もう一度確認 !!!
4
2012.09
2012
09
事業実績 (平成 24 年 7 月)
■ 業務概況
(金額単位:百万円)
当 月 中
当 年 度 累 計
前 年 同 月 比 (%)
件
数
金
額
件
数
金
額
前 年 同 期 比 (%)
件
数
金
額
件
数
金
額
保 証 申 込
9,329
139,524
73.4
57.5
33,644
478,210
71.8
51.6
保 証 承 諾
8,065
106,248
67.6
56.2
28,971
362,973
67.4
53.8
保証債務残高
494,362
5,078,792
97.6
92.8
----
----
----
代 位 弁 済
880
10,287
61.6
63.6
41,371
91.5
87.0
回 収
----
1,677
----
83.0
7,113
----
100.6
---3,779
----
■ 業種別保証承諾状況
(金額単位:百万円)
当 年 度 累 計
当 月 中
前 年 同 月 比 (%)
件
数
金
額
件
数
金
額
前 年 同 期 比 (%)
件
数
金
額
件
数
金
額
製 造 業
1,508
22,886
69.0
61.0
5,004
70,199
67.8
54.2
卸 売 業
1,660
26,557
65.1
54.0
5,643
87,880
64.6
51.5
小 売 業
1,225
10,952
70.8
55.8
4,814
40,845
68.4
52.2
建 設 業
1,413
17,360
67.6
55.7
5,021
59,629
69.0
54.5
サービス業
1,583
18,760
67.5
56.5
5,811
65,496
66.3
54.4
運輸倉庫業
165
2,227
62.3
40.8
690
9,800
73.4
55.0
不 動 産 業
481
7,347
65.4
58.8
1,906
28,560
68.9
60.6
その他の産業
30
159
107.1
53.9
82
564
88.2
58.6
8,065
106,248
67.6
56.2
28,971
362,973
67.4
53.8
合 計
■ 業種別代位弁済状況
(金額単位:百万円)
当 年 度 累 計
当 月 中
前 年 同 月 比 (%)
件
数
金
額
件
数
金
額
前 年 同 期 比 (%)
件
数
金
額
件
数
金
額
製 造 業
137
1,759
55.7
61.5
583
7,465
87.8
103.2
卸 売 業
196
2,738
61.3
59.2
923
11,205
95.8
83.9
小 売 業
199
1,626
68.4
71.7
713
5,557
94.6
89.9
建 設 業
150
2,216
64.1
72.3
642
7,598
81.4
74.9
サービス業
151
1,482
55.7
60.2
692
6,392
90.0
80.3
運輸倉庫業
19
172
67.9
51.2
70
1,003
125.0
150.8
不 動 産 業
28
293
73.7
51.8
152
2,080
113.4
104.9
その他の産業
0
0
----
----
4
71
133.3
1,371.6
880
10,287
61.6
63.6
3,779
41,371
91.5
87.0
合 計
2012.09
5
GUARANTEE MONTHLY
事業実績 (平成 24 年 7 月)
■ 金融機関業態別保証承諾状況
当 月 中
件
金
数
額
(金額単位:百万円)
当 年 度 累 計
前 年 同 月 比 (%)
件
数
金
額
件
数
金
額
前 年 同 期 比 (%)
件
金
額
2,112
48,401
62.2
58.0
7,096
155,219
61.1
55.4
地 方 銀 行
263
4,380
44.3
31.4
1,019
16,237
48.9
32.2
第二地方銀行
483
5,868
68.5
59.9
1,583
19,363
63.5
55.5
信 用 金 庫
4,735
42,852
73.1
58.3
17,433
155,287
72.2
55.5
信 用 組 合
430
3,713
61.2
52.9
1,656
13,245
66.4
54.0
他
42
1,034
75.0
78.4
184
3,622
107.6
95.9
計
8,065
106,248
67.6
56.2
28,971
362,973
67.4
53.8
そ
合
の
■ 金融機関業態別代位弁済状況
(金額単位:百万円)
当 月 中
件
金
数
額
当 年 度 累 計
前 年 同 月 比 (%)
件
数
金
額
件
数
金
額
前 年 同 期 比 (%)
件
数
金
額
都 市 銀 行
280
4,439
59.8
64.3
1,266
18,156
94.7
90.4
地 方 銀 行
36
436
46.8
第二地方銀行
33.4
144
2,179
75.8
64.5
43
409
66.2
信 用 金 庫
54.8
187
1,536
98.9
73.8
449
4,337
63.8
信 用 組 合
69.0
1,945
17,637
90.6
90.0
64
618
62.7
他
78.1
211
1,652
90.6
90.1
8
46
66.7
30.4
26
212
70.3
37.4
計
880
10,287
61.6
63.6
3,779
41,371
91.5
87.0
そ
合
の
■ 地区別保証承諾状況
(金額単位:百万円)
当 月 中
件
千 代 田 区
数
金
額
当 年 度 累 計
前 年 同 月 比 (%)
件
数
金
額
件
数
金
額
前 年 同 期 比 (%)
件
数
金
額
398
7,808
72.6
73.8
1,325
25,316
63.9
61.5
393
7,120
56.0
56.9
1,483
23,925
70.0
62.7
407
7,368
66.2
68.6
1,486
25,826
63.7
62.4
376
6,015
62.5
46.2
1,325
21,901
58.5
47.6
181
2,324
67.3
45.2
639
7,894
62.1
41.9
592
4,968
64.8
43.9
1,781
18,226
58.9
41.0
275
3,251
68.1
51.8
1,026
10,786
61.2
41.4
290
3,388
62.1
42.9
1,020
10,502
62.3
43.3
261
3,627
71.7
66.4
902
11,302
71.8
65.1
144
1,740
70.2
57.5
570
6,956
72.7
439
6,680
79.5
98.5
1,539
22,004
84.3
60.2
89.7
259
3,533
55.1
53.4
1,059
14,024
61.6
56.3
360
7,521
53.6
48.7
1,244
23,498
54.0
45.4
161
1,843
74.9
47.1
510
5,850
70.2
45.9
198
2,863
73.6
62.3
761
9,160
76.0
54.9
229
3,278
77.9
58.1
770
10,520
67.7
52.1
184
1,540
83.6
50.2
607
5,221
78.7
50.5
154
1,346
54.6
45.2
539
4,912
66.5
51.2
209
3,221
79.8
65.8
725
9,765
77.0
58.7
283
2,710
87.1
56.7
935
8,714
70.8
44.3
387
3,688
84.3
71.7
1,448
14,095
84.5
69.5
259
2,693
79.7
57.1
981
9,471
79.5
56.8
4,269
71.7
49.6
1,427
13,891
69.3
47.5
市 町 村・島 嶼
391
1,235
13,456
63.3
52.2
4,869
49,212
67.3
53.8
合
8,065
106,248
67.6
56.2
28,971
362,973
67.4
53.8
中
央
港 区
区
新
宿
区
文
京
区
台
東
区
墨
田
区
江
東
区
品
川
区
目
黒
区
大
田
区
世 田 谷 区
渋
谷
区
中
野
区
杉
並
区
豊
島
区
北
区
荒
川
区
板
橋
区
練
馬
区
足
立
区
葛
飾
区
江
6
数
都 市 銀 行
戸 川 区
計
2012.09
■ 地区別代位弁済状況
(金額単位:百万円)
当 年 度 累 計
当 月 中
件
数
金
額
前 年 同 月 比 (%)
件
数
20
2012
09
金
額
件
数
金
前 年 同 期 比 (%)
額
件
数
金
額
77.0
千 代 田 区
50
829
48.5
56.6
228
2,787
90.1
中
区
51
488
48.1
39.5
176
2,044
59.7
53.0
区
59
797
63.4
74.0
250
3,533
97.3
107.3
央
港 新
宿
区
55
714
55.0
50.5
235
3,249
81.6
78.0
文
京
区
23
561
109.5
178.1
77
1,160
80.2
108.9
台
東
区
64
663
103.2
105.6
233
2,272
113.1
131.5
墨
田
区
12
153
26.7
21.6
88
909
58.7
48.0
江
東
区
35
316
61.4
103.2
150
1,635
83.8
98.2
品
川
区
19
234
47.5
52.3
103
1,240
79.8
116.6
目
黒
区
7
56
33.3
23.8
64
626
145.5
115.8
大
田
区
27
331
100.0
98.3
118
1,279
115.7
99.8
世 田 谷 区
36
349
56.3
45.5
127
1,049
80.9
65.2
渋
谷
区
66
910
68.0
60.1
284
3,701
105.6
80.9
中
野
区
13
124
54.2
50.7
59
609
103.5
136.8
杉
並
区
19
160
59.4
56.5
89
962
101.1
112.8
豊
島
区
25
301
92.6
73.3
106
1,354
119.1
102.8
区
10
118
38.5
43.2
67
452
72.8
49.3
127.1
104.9
北
荒
川
区
17
180
58.6
65.0
89
763
板
橋
区
33
409
70.2
65.4
124
1,443
99.2
106.1
練
馬
区
48
574
84.2
88.1
171
1,431
100.0
95.5
足
立
区
55
619
117.0
157.5
155
1,389
85.6
73.5
葛
飾
区
18
153
52.9
120.6
88
835
91.7
118.9
戸 川 区
36
272
61.0
65.8
191
1,922
112.4
134.4
市 町 村・島 嶼
102
978
48.6
47.9
507
4,726
89.3
78.3
合
880
10,287
61.6
63.6
3,779
41,371
91.5
87.0
江
計
お問い合わせ窓口一覧
● 本 店
〒104-8470 中央区八重洲 2-6-17
保証の申込・ご相談
・申込の手続や提出書類等について知りたい
・金融相談窓口を利用したい
・保証制度について知りたい
・保証料率等のご照会
お客さまの利便性を考慮し、担当地区制をとって
います。法人の方は登記上の本店所在地、個人の
方は住民登録地を担当する窓口へお越しくださ
い。また都外に本店または住民登録のある方は、
都内営業所の所在地の窓口までお願いします。
保証部保証課 ( 本店 2 階 )
担当区域:千代田区・中央区・港区・島嶼
TEL 03(3272)3151
FAX 03(3272)3155
● 池袋支店
担当区域:豊島区・板橋区・練馬区
〒170-0013 豊島区東池袋1-24-1ニッセイ池袋ビル8階
TEL 03(3987)5445( 代 ) FAX 03(3987)7523
● 五反田支店
担当区域:品川区・目黒区
〒141-0031品川区西五反田 2-29-5 日幸五反田ビル4 階
TEL 03(3493)4991( 代 ) FAX 03(3493)4260
● 錦糸町支店
担当区域:墨田区・江東区・江戸川区
〒130-0013 墨田区錦糸 1-2-1アルカセントラルビル4 階
TEL 03(5608)2011( 代 ) FAX 03(5608)2320
● 新宿支店
担当区域:新宿区・中野区・杉並区
〒160-0023 新宿区西新宿 6-3-1
新宿アイランド・ウィングビル3 階
TEL 03(3344)2251( 代 ) FAX 03(3344)2390
信用保証料について
・信用保証料の計算方法、納付手続き、返戻等について知りたい
経理課 ( 本店 7 階 ) TEL 03-3272-3003
創業の申込・ご相談
・創業に関する相談をしたい
創業アシストプラザ( 本店 3 階 )TEL 03-3272-2279
創業アシストプラザ多摩分室 TEL 042-525-3101
● 千住支店 担当区域:足立区・荒川区
〒120-0036足立区千住仲町40-10 住友生命北千住ビル2階
TEL 03(3888)7231( 代 ) FAX 03(3888)7293
● 上野支店
担当区域:台東区・文京区・北区
〒111-0041 台東区元浅草 2-6-7マタイビル5 階
TEL 03(3847)3171( 代 ) FAX 03(3847)3191
● 渋谷支店
担当区域:渋谷区・世田谷区
〒150-0002渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル5 階
TEL 03(5468)0135( 代 ) FAX 03(5468)1037
● 葛飾支店 担当区域:葛飾区
〒125-0062 葛飾区青戸 7-2-5
東京都城東地域中小企業振興センター3 階
TEL 03(5680)0801( 代 ) FAX 03(5680)0807
社債保証について
・特定社債保証制度の申込手続きについて知りたい
社債・制度保証課 ( 本店 3 階 )TEL 03-3272-3083
代位弁済について
・債権保全に関すること等、事前協議をしたい
・代位弁済請求の手続きについて知りたい
・債権書類の引渡し等について
代位弁済課 ( 本店 4 階 )TEL 03-3272-2272
● 大田支店 担当区域:大田区
〒144-0035 大田区南蒲田 1-20-20
東京都城南地域中小企業振興センター3 階
TEL 03(5710)3610( 代 ) FAX 03(5710)3091
● 立川支店
担当区域:八王子支店担当以外の多摩地区
〒190-0012 立川市曙町2-37-7コアシティ立川ビル5階
TEL 042(525)6621( 代 ) FAX 042(525)8712
● 八王子支店
担当区域:八王子市・日野市・町田市・多摩市・稲城市
〒192-0046 八王子市明神町 3-20-6
八王子ファーストスクエアビル3 階
TEL 042(646)2511( 代 ) FAX 042(646)1970
延滞、その他事故が発生したとき
・事故報告の手続きについて知りたい
管理統括課 ( 本店 4 階 )TEL 03-3272-2259
保証条件変更手続きについて
・返済額や保証期間の変更をしたい
・代表者を変更したので連帯保証人を変更したい
・保証条件担保の変更をしたい
条件変更課 ( 本店 5 階 )TEL 03-3272-2273
2012.09
7
お 知 ら せ
第3弾
2012
09
INFORMATION
江戸・TOKYO 技とテクノの融合展 2012
好評につき今年も「PR マーク」を実施 !!
【イメージ図】
昨年ご好評をいただいた「PRマーク」を今年も実施します。
「PRマーク」は、出展者の情報発信機会の拡充と出展者と来場
者の交流やマッチングを促進するための企画です。気になる出展者
が見つかったら積極的にアプローチしてください!
販路
拡大
社名板
製造業
(メーカー)
企画
開発
独自
技術
ニーズ
PR
「ニーズ」
「P R」
“ 求めていることやもの ”
を表します
“ 強みや特徴 ”
を表します
「販路拡大」を求めています。
「製造業(メーカー)」との
取引を希望しています。
「独自技術」が強みです。
「企画開発」に自信があります。
来場者の声
● ニーズ等が分かりやすく、良いアイデア。
● 他所に無い企画で大変有益。
● セールスポイントが素早くわかる。
● 識別しやすかった。
※融合展 2011 来場者アンケートより抜粋
専修大学大学院との第 9 回共同公開講座を開催しました!
当協会では、
「産学連携」の取り組みの一環として、専修大学大学院商学研究科との「共同公開講座」を毎年開催しています。
去る7月28日(土)専修大学神田校舎に於いて、9 回目となる共同公開講座を「中小企業の市場競争力∼国内外で勝ち残っ
て行くためには∼」をテーマに開催しました。
講座は、専修大学大学院商学研究科 青柳六郎太兼任講師による講演「こ
れからの時代に中小企業はどのような戦略をとって勝ち残って行くべきか」、
株式会社ベトナムチャレンジコーポレーション取締役 齋藤正之氏による講
演「中小企業ベトナム進出の現状と可能性∼勝ち残るための海外進出∼」と
続き、最後は専修大学大学院商学研究科長・商学博士の上田勇和教授をコー
ディネーターとして、専修大学商学部小林守准教授、株式会社由紀精密常務
取締役 大坪正人氏をパネラーに加えて、パネルディスカッションを行いました。
当日は大変暑い日となりましたが、中小企業経営者や役員・後継者のほか、
【会場の様子】
会社員、学生など 95 名の方にご参加いただきました。
融資ご担当の皆さまへ
∼送付書添付のお願い∼
当協会では、郵便物等による顧客情報の受領および管理には細心の注意を払っているところですが、
郵便物に書類のみが封入されている場合があるなど、受領事務を円滑に行ううえで支障をきたす場
合がございます。重ねてのお願いですが、
郵便物送付に際しましては、宛先
(部署名・担当者)
、
書類名、
被保証人名等を明記した送付書を添付してくださいますよう、ご理解、ご協力をお願いいたします。
金融機関の皆さまの声をお寄せください
当協会は昭和55年より金融機関と保証協会をつなぐ情報誌として「保証マンスリー」を発刊しています。
新たな保証制度のお知らせや保証手続きの留意点などをわかりやすくお伝えしてまいります。
本誌に関する金融機関の皆さまからのご意見・ご要望などを承っております。
お気軽に企画部広報課 (03−3272−3089) までお寄せください。
8
2012.09
Fly UP