...

フランスの光と香り展 - 海の見える杜美術館

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

フランスの光と香り展 - 海の見える杜美術館
当館から見える宮島
廿日市市・モン・サン=ミッシェル観光友好都市提携1周年記念
「フランスの光と香り展」
プレスリリース
2010.11.22
展覧会概要
廿日市市・モン・サン=ミッシェル観光友好都市提携1周年記念
フランスの光と香り展
【会 期】 2010 年 12 月 5 日 ( 日 ) ∼ 2011 年 3 月 6 日 ( 日 )
【休館日】 2010 年 12 月 27 日 ( 月 ) ∼ 31 日 ( 金 )、
2011 年 1 月 2 日 ( 日 ) ∼ 1 月 6 日 ( 木 )、2 月 11 日 ( 金 )
【開館時間】 10:00 ∼ 17:00 ( 3 月は 18:00)
( 毎週金 ・ 土曜日は 19:00 まで、 3 月は 20:00 まで )
【会 場】 海の見える杜美術館
【趣 旨】 18 世紀後半、英国で始まった産業革命はまたたく間にヨーロッパ各国に広がり、社会構造の
根本的な変化とともに近代資本主義経済が確立していきました。その時代の息吹を反映するかの
ように、英国のウィリアム ・ モリスが主導したアーツ ・ アンド ・ クラフツ運動をはじめ、アール・
ヌーヴォーなどの新しい芸術様式や流派が次々と誕生しました。
消費経済、消費社会が確立していく中で、カフェや劇場などの大衆文化も黎明期に入ります。
そして、様々な商品や施設、イベントを宣伝告知するという新しいニーズに応えるべく、華々し
く登場したのがポスターでした。
廿日市市・モン・サン=ミッシェル観光友好都市提携1周年を記念して開催する本展では、当
館所蔵品より、19 世紀末から 20 世紀初頭のフランスで製作されたアルフォンス ・ ミュシャや
ウジェーヌ ・ グラッセらのポスターをはじめ、1900 年、竹内栖鳳が欧州遊歴の際に購入し、後
の作風に少なからぬ影響を及ぼしたとされる絵葉書をご紹介いたします。
そして、2011 年 3 月から当館で開催予定の「香水瓶の世界」展出品作より、パリ市立プティ
・ パレ美術館所蔵の香水瓶などを特別展観いたします。
世界文化遺産の島として名高い安芸の宮島を見晴らす景観とともに、本展をお楽しみいただけ
ましたら幸いです。
【主 催】
海の見える杜美術館 【後 援】
廿日市市、廿日市市教育委員会、社団法人広島県観光連盟、廿日市市文化協会、
廿日市市美術協会、一般社団法人はつかいち観光協会、社団法人宮島観光協会、
FM はつかいち 76.1MHz
【協 力】
廿日市商工会議所、大野町商工会、SEIHO OMBRAGE.
【入館料】 一般 ・ 大学生 1,000 円、 シニア (60 歳以上 )800 円、 小 ・ 中 ・ 高生 300 円
幼児 (6 歳以下 ) 無料 ※障害者手帳などをお持ちの方は半額、介添えの方は無料。
割引 / 団体 (20 名以上各 200 円割引 )
※入館割引は 1 種類のみです。対象者は証明できるものをご提示ください。
関連イベント
会期中は、作品世界をより深く楽しんでいただけますよう当館学芸員によるギャラリー
トークを以下の予定で開催いたします。ぜひともお気軽にご参加ください。
【当館学芸員によるギャラリートーク】
日時:2010 年 12 月 12 日(日)、12 月 26 日(日)
、2011 年 1 月 9 日(日)、
1 月 23 日(日)、2 月 6 日(日)
、2 月 20 日 ( 日 )
各回、 14:00 より 30 分程度
会場:海の見える杜美術館〈展示室〉
定員:各回 ・ 先着約 30 名様 聴講:無料 ( 入館料別途必要 )・予約不要
広報用画像
画像データが必要の方は、当館までメールまたはお電話にてお問い合わせください。
アルフォンス ・ ミュシャ《サラ・ベルール 劇団地方巡業》
竹内栖鳳資料絵葉書
ウジェーヌ ・ グラッセ《無題》
ウジェーヌ ・ グラッセ
《ジャンヌ・ダルク》
村居正之《ノルマンディーの雨》
当館紹介
海の見える杜美術館 (うみのみえるもり びじゅつかん)
世界遺産の島・宮島をはじめ、瀬戸内海の島々を見晴らす壮観な光景と四季折々に咲く花樹や色鮮やかな紅
葉、神秘的な雪景色などを観賞し、大自然に包まれた中で美術品を鑑賞できる美術館です。
所蔵作品は、竹内栖鳳の代表作「羅馬之図」をはじめとした日本画を中心に、
「村松物語絵巻」などの絵巻
物や天皇の書、浮世絵、中国版画や香水瓶といった様々な分野の作品を収蔵し、展示公開しています。
また、美術館へ誘う「杜の遊歩道」では、桜をはじめとする 300 種類以上の樹木や草花に野鳥などが集まり、
花々の香りや鳥のさえずり、彫刻作品がみなさまをお迎え致します。
●開館時間
3 月∼ 11 月:平日・日曜日 10:00 ∼ 18:00(金・土曜日は 20:00 まで開館)
12 月∼ 2 月:平日・日曜日 10:00 ∼ 17:00(金・土曜日は 19:00 まで開館)
※当館は不定休となっております。休館日は各展覧会ページにてご確認ください。
●入館料
・一般・大学生 1000 円 ・シニア (60 才以上 )800 円・小・中・高生 300 円 ・乳幼児 (6 才以下 ) 無料
※乳幼児の入館については、責任ある保護者または引率者の同伴が必要です。
※障害者手帳などお持ちの方は半額、介添えの方は無料
●割引:団体(20名以上各200円割引)
※入館割引は1種類のみです。対象者は証明できるものをご提示ください。
●杜の遊歩道
四季折々に彩りが移り変わる遊歩道には、創造力あふれる彫刻作品や日本古来の植栽をはじめ、300 種類
以上の樹木や草花がお楽しみ頂けます。
そして、日が暮れるとライトアップされ、光と影のシルエットが昼間とは違う花木の表情を映し出します。
金・土曜日の美術館夜間オープンとあわせてお楽しみください。
・日時/毎日 10:00 ∼ 22:00(日没後はライトアップされます)
本資料に関するお問い合わせ先 : 海の見える杜美術館 担当:学芸課 森議弘
TEL:0829−56−3221 FAX:0829−56−0661
〒739−0400 広島県廿日市市大野亀ヶ岡 701
http://www.umam.jp E-mail : [email protected]
アクセス
広島市方面から
西広島バイパス→宮内交差点右折→吉和方面へ 5 分→畑口橋交差点左折→
約5分
JR 宮島口駅、広電宮島口から
タクシーをご利用の場合
JR /広電宮島口駅より約 10 分
大野 I.C から
大野 I.C 南交差点左折→下更地交差点左折→約 5 分
駐車場
無料:自家用車約 100 台・大型バス約 10 台
Fly UP