...

システム・ダイナミックス(上) - 日本オペレーションズ・リサーチ学会

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

システム・ダイナミックス(上) - 日本オペレーションズ・リサーチ学会
システム・ダイナミックス(上)
ー「成長の限界J 以後の進展島田俊郎
SD は 1956年,
W. Forrester
MIT の Jay
によりは
じめはインダストリアル・ダイナミックス (ID) として
創案された.
現在は大変多くなって,次のようになっている.
c
o
r
es
u
b
j
e
c
t
1
. P
r
i
n
c
i
p
l
e
so
fDynamicSystems 1
Forrester は 1967年,同じ手法によって地
域問題を扱い,
1969年 Urban
Dynamics(UD) を出版
した.本書のモデルを以後 Forrester の UD モデルと呼
2
.
1
. l
n
d
u
s
t
r
i
a
lDynamics
ぶことにする.さらに 1970年,世界モデルの構成に着手
その成果を 1971 年 World
Dynamics(WD)
2
. A
pplicationsandlmplementationo
f
として出版
l
n
d
u
s
t
r
i
a
lDynamics
した.
同じ頃,
ローマクラブの委託を受け, Forrester グル
HD 関係コース
Dynamicso
fHealthServiceSystems
ープは「人類の危機に関するプロジェ夕刊の研究を,
DennisL.Meadows を主査として行ない,ロ}マクラ
ブへの報告“ The
ResearchSeminars
1
. EconomicDynamics
Limitst
oGrowth" (邦訳“成長の
2
. P
o
l
i
c
y Analysis , A SystemsP
e
r
s
p
e
c
t
i
v
e
限界")が出版された.本書は現在もなお販を重ねよく読
まれており,食糧危機,エネルギー危機等を読者に考え
他学科との共通コース
Dynamicso
fP
h
y
s
i
c
a
landS
o
c
i
a
lSystems
させるとともに, SD の紹介の役目も果している.
1973年,
Forrester を中心とする MIT の SD グループ
は,アメリカの国家モデル National
Dynamics(ND)
の開発を始め,現在なお研究中である. BIJ に Edward
B
.
このようにコースが多し内容も多方面に渡るように
なってきているが,これらは,
ようだが,それ以外は,
Dynamics(SD)
とよぶことはよく知られている通りで
HD 等の研
HD 担当の Roberts は依然変わっていない
Forrester ,
Dynamics (HD)
とよぶ.これらを総称して System
UD , ND ,
究発展に呼応している.他学科との共通コース担当の
Roberts は SD を健康医療問題に適用,これを Health
c
o
r
es
ubjects のコースも含め
て MIT の終身専任者ではないようで,数年で入れ代っ
ている.これらのコースのかつての担当者の何人もが米
ある.
1973年, OR学会の研究部会の l っとして SD部会が明
治大学に事務局をおいて発足,
1977年まで活動したが文
国をはじめ世界中の大学,研究機関に散って, SD の普
及に力をかしている e
Nancy Roberts
献収集は今も続けられている.
1
.
E
"
ID 関係コース
は,今まで MIT の学部および大学
院で教えられていた SD の分析統合手法を小学 5 ,
MITの SD カリキュラム
6年
生に教えることを可能にするカリキュラムを考案した
筆者が滞在した 1966年 -1967年に開講された SD コー
[
5
0
]
.
SD の解析手法を,フロー・ダイアグラム,方程
式作成,シミュレーションの 3 階梯とすれば,そのカリ
スは,
(Swanson)
キュラムはフロー・ダイアグラム階梯に相当する.すな
(
E
.
B
.
R
o
b
e
r
t
s
)
わち,原因結果構造を示すフィードパック・ダイアグラ
l
n
d
u
s
t
r
i
a
lDynamics 1
"
I
I
S
p
e
c
i
a
lS
t
u
d
i
e
si
nManagement (
F
o
r
r
e
s
t
e
r
)
ムの作成およびその読解を教えるカリキュラムの開発で
ある.さらに,開発されたこの問題構造化(分析統合)の
の 3 コースだけであった.
接近法は,この方面の数年の経験をもっ教師によるもの
しまだ
としろう
1980 年 6 月号
明治大学商学部
と同様に効率的に,まったく経験のない教師によっても
© 日本オペレーションズ・リサーチ学会. 無断複写・複製・転載を禁ず.
(47) 純S
ターと郊外セクターを 2 つの UD モデルとして構成,両
教えられうることを示している.
最近,
NancyRoberts
指導のもと, MIT の SD グ
者を結ぶ interface セクターを付加した.その結果,
ループ内に,中学校向けのカリキュラム研究チームが構
Forrester の UD モデルの約 3 倍の 400方程式を含むこと
自足され,そのためのパッケージがテストされている.
になった.有効なモデルを作る鍵は,モデルをして必要
以上のことは, SD が分析手法として大変やさしいも
なだけの複雑さに止めることにある.そこで,市郊外モ
のであることを示すのと同時に,現在のばらばらに事物
デルでは Forrester の UD モデルの 9 レベルを,都市
を記憶させるという初等教育体制j に対して,システムを
セクター,郊外セクターそれぞれ 6 レベノレに組み直し
関連のある原因結果の構造として捉えさせることの重要
た.
性および児童のそれに対して示す興味を指摘するものと
して,わが国でも注目すべきことであると思われる.
メトロポリタン・システムの
より多くの人口と産業を受け入れるという考えで設計さ
2
. Indu自trial Dynarnics
後の文献表で明らかな通り,
interface セクターは,
1 つのセクターが,他のセクターより魅力的であれば,
れていて,次の 4 部分からなっている.
ID に関する文献は少な
1
. 高給者の就業機会による転入
メトロポリタン・モデルでは,人口を上級所得者
い.これは ID が実用されていないのではなく,発表さ
と下級所得者の 2 階層に分ける.
れにくい放と思われる.
Roberts 編の Readings [
1
1J は 1978年の出版である
2
. 高給者の居住条件によるセクター移動
が,新しい論文が少ないためか, Roberts 関係者以外の
3
. 輸送能力による通勤の難易
論文はかなり前のものである.だが,
4
. メトロポリタン・エリア内の産業配置
ID に関しては見
メトロポリタン・モデルの方稜式数は約 300である.
逃し得ない本であろう.
Lowell の実際に比較して, Lowell の 1970年の状態がモ
3
. Urban Dynarnic自
“ Urban
デルの時点 150 に対比されるべきであるとしている.
Dynamics" 出版の後しばらくして, MIT の
SD グループにより Urban Dynamics の事例研究とし
て Lowe lIが選ばれ, 1971 年研究が始められた.
が選ばれたのは次のような理由からであった.
の当事者に UD 適用の熱意があった.
Lowell
1
.Lowel
I
2
.Lowe lI市発祥
以来 150 年で UD をテストするのに十分の年限を持つ,
3
.Lowell
は UDがとりあげている成熟した都市として
の問題をかかえている.
Lowe lI研究は,
[
3
8
J
メトロポリタン・モデルのシミュレーション結果を,
ページ数の関係で ID に関する説明を省く.
このメトロポリタン・モデルを使い
3 種の政策シミ
ユレーシヨ‘ノが行なわれ,その結果の検討および Forr­
ester の UD モデルとの対比が行なわれている.
Lowe lIメトロポリタン・モデルに関しては,
i
nUrbanDynamics Vo1
.2 [12J
Readings
に詳説されている.
Murphy は市/郊外に地方を含めたモデルを研究した
口 3J.
このモデルは次の 4 部からなる.
1
. 市モデル.
Forrester の UD モデノレに酷似. 2. 郊外モデル.市モデ
Forrester の UD モデルをもととして
ノレに類似. 3. 通勤人口に関する 6 セクター. 4. 地方セク
Lowell の 150年に及ぶ実績fí査に Forrester モデル計算値
ター.国は,同規模の,郊外を持つ 100 の市からなると
を比較してパラメータの値を改善することから始められ
仮定し,
た[37].改善されたパラメータによるシミュレーション
の人口移動が無視し得ない最多響を持つことを示してい
結果を,成長期 1826-1910 ,成熟期 1910-1930 ,平衡期
る.
1930- のそれぞれについて,実績値と比較し,その適合,
不適合およびその理由を検討した.
さらに Lowe lIモテツレには,住宅セクターの改良,税
Readingsi
nUrbanDynaュ
micsVol
. 1[6J に詳しい.
さて,
Lowe lIモデルを含め,
Furxhi 等 [24J は Forrester の UD モデノレを基機として
トリノ・モデルを構成した.
トリノおよびトリノ近郊 23
自治体を含むモデルである.人口(人口
5 年間の転入
数,居室数の 3 レベル),産業(産業資本,従業員数の 2
UD モデルで問題とな
るのは都市とその郊外地との関係である.
の SD グループは,
UD モデルは米国以外でも,西独,フランス,イタリ
一等で研究されている.
金,産業用地地価等の導入などが行なわれた.
以上についての説明は,
1850-2150年の期間でシミュレート,地方から
Lowell 研究
1974年の早い時期に郊外を含む都市
レベル),土地(占有土地の l レベノレ),公害(固型廃棄物
蓄積量の 1 レベル)の 4 セクター
7 レベルのそデルで、
ある.使用データには 1901-1971 年のトリノ統計表を利
モデルの構成に着手した口8J. 市とその郊外を含むシス
用,これに近年の各種統計表を加えて用いているという.
テムをメトロポリタン・システムとよんでいる.市セク
現在,世界で地域モデルが最も多く作られているのは
3
8
4 (48)
© 日本オペレーションズ・リサーチ学会. 無断複写・複製・転載を禁ず.
オベレーションズ・リサーチ
日本であろうと思われる.
UD の原典である Forrester
3
.
の UD モデルも,これから発展した Lowell モデルも,
Forrester の UD モデノレの計算値と比較するという目的
人口セクター
男女別ラ才階級別階層.
4
.
域内連関型モデル
もあって,前述の通り少ないレベルで長期の傾向を説明
人口の流出入関係を除き,他のすべての要素につい
させようと試みているが,日本で開発されたモデルは,
て県域の内部のみで完結していると仮定してモデル
国状の違し、からか,原典とはかなり違った研究姿勢を見
せている
UD の日本における研究としては,
発した兵廉モデルと,
1973年兵庫県が関
1974年 OR 学会が受託して,同学
会に設けられた「公共政策研究委員会 j が研究開発した
を構築.
5.
計算開始時
6
.
計算期間
1975年
50年
7
. 兵庫モテソレを参考にしている.
8
. 使用言語
CSMPm
埼玉モデルが先行した.前者には CSMP ,後者には CSMP
に対応するユニパックの CSSLが用いられた.丙モデノレ
は学会の報文集 [9J および本誌の SD 特集に詳説されて
神奈川モデル
[
2
6
J
対象地域を県域にとり,域内 2 分割による分析を行な
いる.兵摩モデノレが県の主導で開発されたのに対して,
うシンボリ・y ク・モデルと,神奈川県および県との関係
埼玉モデルが研究モデルであるため,現在県は実用には
が強いと考えられる東京通勤圏 (40km 圏)を含め,その
供していないという違いはあるものの,両モデルはその
全体を 11 地域(県内 7 プロック,県外 4 プロック)に分割
後の地域モデルに多かれ少なかれ影響を及ぼしている.
した基本モデルと 2 種類のモデルがある.
以下いくつかの地域モデルにふれることにする.
大阪府モデル
[
37
]
1.目的
このままいけば大阪はどうなるかという予測.
2
. 部門別
の名
iIZ リツク l基本的
モデルの目的|現状推移の把撞|政策実験
対象地域
,,,,
""県域および東京通勤圏
│
限域
1
(40km 圏)
人口,環境,産業,資源,交通の 5 セクター.
3
.
11 分割(県内:横浜.川
人口階層
5 才階級を主とし,
~IJ に新生児
1-4 才児, 85 才
以上をそれぞれ 1 階層として扱っている.
4.
糊分割
2 分割(横浜・|崎,横須賀・三浦,湘南
|甥;そ州事書去最盟主
合む)
地域
!7 セクタ一
大阪府を l 地域として扱かう.地域外との関連では
魅力の比較など,地域外との関係を仮定して処理し
人口・住宅,産
セクタ一分割業,土地,交通!同
公害,公共サ{
ピス,財政
ている.
5
. 計算開始時
1970年
パラメタ推定用に 1960-1970年あるいは 1965-1971
年デ{タを利用.
6
. 計算期間
50年
I~?階級別吋左
計算開始時 11975年
h975年
計醐間
1 25 年
1 10 - 15年
使用言語
IFORTRAN
1 同左
各係数算出のもととなる基準値(ノーマノレ値)は,
おおむね計算開始時のものを用いる.
7
. 兵庫モデルを参考にしている.
8
. 使用言語
CSMPm
宮城県モデル
人口
左
[
2
9
J[
30
J
1.目的
自然環境,土地,水等の資源的制約が,人口と産業
の成長にどう抑制的に働くかを明らかにしながら,
均衡のとれた県土と県民生活の将来像を予測し,新
長期総合計画および国土利用計画策定を支援するこ
と.
[
2
2
J
[
3
5
J
県の主要指標の将来推計を行なうこと.
2
. 部門別
人口・住宅,産業,労働市場,土地利用,交通,公
2
. 部門分割
共施設,財政,環境の 8 セクター.
人口,産業,土地,環境,公共,生活の 6 セクター
1980 年 6 月号
千葉県モデル
1.目的
人口・住宅セクター
© 日本オペレーションズ・リサーチ学会. 無断複写・複製・転載を禁ず.
(
4
9
)3
8
5
1.出生率・死亡率:出生率については,合計特殊出
生率1. 95 ,死亡率については男女の平均寿
命が 78 才でそれぞれ安定するように設定.
2. 転入・転出人口の年令構成: 1974-76年度実施の
のを原則とする.ただしページ数の関係から
dings 中の論文および working paper の相当数,日本
OR 学会の論文発表を省略した.また報文集[IOJ には手
違いから B-D 間の論文が抜けたので補充した.
人口移動実態調査の結果に基づいた転入・
本
転出別各才構成比を基礎とし,これに高年
令化にともなう変化を加味して設定.
GNP 成長率: 1976-1979年度については実績値,
1980-1985年度年平均 4.8% ,
1986年度以降
Z
e
l
l
n
e
r
.SystemS
i
m
u
l
a
t
i
o
nforRegionalA
n
a
l
y
s
i
s
:
AnA
p
p
l
i
c
a
t
i
o
nt
oRiverBasinP
l
a
n
n
i
n
g
. Cambュ
ridge , MA: MIT Press , 1
9
6
3
.
4% と仮定
他の 6 セクターについては,現状推移を仮定.
[2J Krallmann , Hermann. H
e
u
r
i
s
t
i
s
c
h
eOptimieュ
地域別
rungvonS
i
m
u
l
a
t
i
o
n
s
m
o
d
e
l
l
e
n
.BirkhauserVerlag ,
近郊内(富津市,君津市,市原市,千葉市,八街町
Baselund Stuttgart , 1
9
7
6
.
富里村,成田市以西)近郊外(左以東)
4.
[1J Hamilton , H. R., S
.E
. Goldstone , J
.W.
Milliman , A.L. Pugh m, E.B. Roberts , andA.
産業セクター
3
.
procee­
l 才別階層人口で,
5
. 計算開始時
6
. 計算期間
7
. 使用言語
[3J Levin , Gilbert , Edward B
. Roberts , Gary
B. Hirsch , DeborahS
. Kligler , NancyRoberts
人口
75 才以上 1 階層.
andJackF
. Wilder. The Dynamics ofHuman
1975年
S
e
r
v
i
c
eD
e
l
i
v
e
r
y
. Cambridge , MA: Ballinger ,
25年. 50年(試験的使用)
FORTRAN
1
9
7
6
.
[4J Levin , Gilbert , GaryB
. Hirsch , andEdwaュ
シミュレーション実行から結果を端末に表示するま
rdB.Roberts.TheP
e
r
s
i
s
t
e
n
t Popρy: A Computer
で 2-3 分.
AidedSearch for Heroin P
o
l
i
c
y
. Cambridge ,
MA: B
a
l
l
i
n
g
e
r Publishing Company , 1
9
7
5
.
以上のモデルとかなり内容の違うモデルが室井[3 2J に
よって研究されている.本モデルは,
Forrester の UD
モデルの考え方を基本として展開されており,大阪市を
[5J Lukaszewicz , Ryzard. Dynamica Syste椀ow
Zarzadzania.Warsaw:PanstwoweWydawnictwo
Naukowe , 1
9
7
6
.
シミュレーション事例としている.もちろん Forrester
[6J Mass , Nathaniel J. , e
d
. Readingsi
n Urban
の UD モデルを日本に適用するために,人口,住宅,産
. Cambridge , MA: MIT
Dynamics: Volume 1
業等の区分を変更するなど相違はあるが,初期値を 1920
年におき,以後 50年間の大阪市の長期動向に適合するよ
うにパラメタ等を選定するなど MIT ,
SD グループの研
究姿勢に沿っている.
Press , Inc. , 1
9
7
4
.
e
. A
l
t
e
r
n
a
t
i
v
e
st
o
[7J Meadows, Dennis L. , d
Growth.[: A Searchfor S
u
s
t
a
i
n
a
b
l
eF
u
t
u
r
e
s
.
Cambridge , MA: B
a
l
l
i
n
g
e
r Publishing Co. ,
1
9
7
7
.
県,市の企画モデルは,行政のための資料を作成する
必要があるため,複雑なモデルになりがちであり,初期
値の設定も現在に近い時点になりがちである.しかしな
がら, ND において後述する通り,投資循環は 10-20年
の周期を持つ故,数十年後の数値を計算するためには,
パラメタ推定のための期聞を投資循環の何周期かの長さ
にすることが望まれる.同時にモデルそのものも簡略化
されるのが好ましい.
h
eEnergy T
r
a
n
s
i
ュ
[8J Naill , Roger.Managingt
t
i
o
n
. Cambridge , MA:B
a
l
l
i
n
g
e
rPublishing Co. ,
1
97
7
.
[9J 日本オペレーションズ・リサーチ学会,“都市公共
政策のシステム分析に関する調査研究ヘ報文集T-75-
1, 1
9
7
5
.
[
I
O
J 日本オベレーションズ・リサーチ学会,“システム
ダイナミックス一方法論と適用例一報文集 T-77-1 ,
その意味では,神奈川県のように 2 種類のモデルを作
るというのも一法であろう.
1
9
7
7
.
口 lJ
Roberts , EdwardB. , e
d
.ManagerialAppliュ
c
a
t
i
o
n
s of System Dynamics. Cambridge: MIT
文献
Press , 1
9
7
8
.
報文集 [10J の文献表に出された本および論文をのせる
3
8
6(
5
0
)
[
1
2
J Schroeder , WalterW. ,
© 日本オペレーションズ・リサーチ学会. 無断複写・複製・転載を禁ず.
m,
RobertE
. Swe-
オベレーションズ・リサーチ
eney , and Louis E
. Alfeld , e
d
s
. Read匤gs匤
U1・ban
Dynam兤s:Volume2
. Cambridge , MA:
[
2
3
J Ford , Andrew.
“ Simulating theEffectsof
Boomtown P
o
l
i
c
i
e
s
: A Summary Report."
S
i
m
u
l
a
t
i
o
nasan A冝 t
o M aking Dec﨎ions 0吋
MIT Press , Inc. , 1
9
7
5
.
Energy , proceedingso
ft
h
eSimulationCouncil ,
論文
March , 1
9
7
9
.
[
2
4
J FURXHI , M.G. , A. TARTAGRIA , and A.
ID 関係
[
1
3
J
芦刈勝治,公企業経営のシステム分析一一東京都
営パス事業のケーススタディー,オベレーションズ・
vo 1. 24 , no.12 , pp.735-74I , 1
9
7
9
.
リサーチ,
[
1
4
J Burns , J.F. , and Sivazlian , B.D. “ Dynamic
Analysiso
f Multi.Eschelon Supply Systems."
Jou作lal
ofComputersandl
n
d
u
s
t
r
i
a
lEngineering ,
vol
. 2, p
p
. 181-193 , 1
9
7
8
.
INTERNATIONAL SYMPOSIUM ANDCOUュ
RSE , SIMULATION '75 , pp.627-630 , ZURICH ,
JUNE23-26 , 1
9
7
5
.
[
2
5
J 城信雄,実用的都市人口推定モデルの開発とそ
の評価,オベレーションズ・リサーチ,
n
d
u
s
t
r
i
a
l
i
s
tViews
[
1
5
J Carlson , BruceR.“ An I
I
n
d
u
s
t
r
i
a
l Dynamics." l
n
d
u
s
t
r
i
a
l Management
Revíe叩,
TERZI , TORINOI: A DYNAMICMODELOF
A N URBAN AREA , PROCEEDINGSOFTHE
vol
.VI , n
o
. 1, pp.15-20 , FaU , 1
9
6
4
.
. S. , D. G. Hill , andC
. V.
[
1
6
J Carpenter , F
vo 1. 21 , no .4,
pp.201-212 , 1
9
7
6
.
[
2
6
J
神奈川県企画部計画室,神奈川システムダイナミ
ックスモデル構造概要,
1
9
7
9
.
[
27
] 柏井澄夫,山田和豊,大河内勝司,名古屋市計画
Swanson. “ Anatomy o
fa SuccesswithaPlanning
局,計画部都市計画課,名古屋土地利用動態モデル,
.
" Copies are available from Carl V.
Model
オベレーションズ・リサーチ,
Swansona
t Technology Management , Inc. , 1
-779 , 1
9
7
8
.
Broadway, Cambridge , M A0
2
1
3
9
.
] Coyle , R. Geoff. “ On Scopeand Purposeo
f
[
17
I
n
d
u
s
t
r
i
a
l Dynamics." l
n
t
e
r
n
a
t
i
o
n
a
l Journalof
SystemScíence , vo 1.4 , no.3 , pp.397 -4 06 , 1
9
7
3
.
[
1
8
J Roberts , Edward B.
“ Systems Analysiso
f
Apparel Company Problems." DYNAMICA ,
vo 1.3, Part 3 (Summer 1977) , p
p
.
1
0
5
1
31
.
[
1
9
J Schwarz , IngoA."A Generic System Dynaュ
vo 1. 23 , no.12 , p
p
.
7
7
3
[
2
8
J 真庭功,アーパン・ダイナミックス一一都市エ
ネルギーの需要と供給システム一一,
済環境変化へのシステム・モデルからの挑戦一一宮城
県長期計画総合モデルの開発と運用,
口OJ
宮城県企画部企画調整課,宮城モデルの概要,
[
3
1
J
森地善夫,岡田定一,自治体における将来動向予
調ト滋賀システムダイナミックス
. 9, Instrument
Modeling and Simulatíon , vol
No.120 , pp.15-20 , 1
9
7
7
.
UD 関係
1
9
7
8
.
1
97
7
.
mics Model Applied t
o U. S
. Coal Mines."
S
o
c
i
e
t
yo
f America , Pittsburgh , 1
9
7
8
.
1
9
7
4
.
[
2
9
J 松崎功保 (IBM) ,豊原昭一(宮城県)他,社会・経
[
32
J 室井
,日本電気技報,
明,ダイナミッグモデルによる都市の分析
と評価,オベレーションズ・リサーチ, vo 1. 21 ,
[
2
0
J Ammentorp , William , Paul Gunderson , and
f
Jon Morris. “ A Dynamics Simulation Modelo
t
h
eA
r
t
i
c
u
l
a
t
i
o
n Between a Regional Occupatュ
no.II ,
pp.640-648 , 1
9
7
6
.
[
3
3
J Murphy , JohnH. ,“ Metropolitan Dynamicsュ
A
Model o
f Urban , Suburban ,
and Rural
i
o
n
a
l Training System and an Occupational
Interactions , SystemDynamics Group , 1
9
7
2
.
WorkF
o
r
c
e
.
"RegionalS
c
i
e
n
c
e Perspectives , vol
.
[
3
4
J NELSON , CARLW. ANDHAROLDM.
KRISBERGH , A SEARCH PROCEDUREFOR
6, pp.28-39 , 1
9
7
6
.
[
2
1
J Brìtting , Kenneth R.
Urban Dynamics ,"
Compωer
“ Societal Values i
n
i
nP
r
o
c
e
e
d
i
n
g
s of Summe1・
S
i
m
u
l
a
t
i
o
n Conferences , Simulation
Councìls , Inc. , P
.O.Box 2228 , La Jolla , CA
92037 , Houston , 1
9
7
4
.
ーシステムダイナミックス千葉県モデルの試算結果,
1980 年 6 月号
GEMENT SCIENCE , vo 1.20 , no.8 , pp.11641174 , 1
9
7
4
.
[
35
J 日本長期信用銀行,千葉県システムダイナミック
[
2
2
J 千葉県企画部企画課,千葉県の 21 世紀への展望
1
9
8
0
.
POLICY ORIENTED SIMULATIONS:APPLュ
ICATIONSTO URBANDYNAMICS , MANAュ
スモデノレ開発調査報告書,
pp.1-84 , 1
9
7
8
.
[
3
6
J 大阪府企画部企画室,大阪の超長期展望に関する
調査研究(報告書)大阪ダイナミックモデノレ,
© 日本オペレーションズ・リサーチ学会. 無断複写・複製・転載を禁ず.
1
9
7
6
.
(
51
)
3
8
1
[
37
] Schroeder , Walter W. ,
Strongman.
Lowell ヘ in
ill. ,
and John E.
“ Adapting Urban Dynamics t
o
Readingsi
nUrbanDynamics:・ Volume
l , edited by NathanielJ
. Mass , Chapter 16 , p
p
.
9
7
4
.
1
9
7
2
2
3
.Cambridge , MA:MIT Press , Inc. , 1
[
3
8
J Schroeder , Walter W. ill.
句rban
Dynamics
and t
h
eS
u
b
u
r
b
s
.
"i
nReadings i
nUrban Dynam
i
c
s
:Volume2, editedbyWalterW. Schroeder
o
fRegionalGrowthwithAlternativeMigration
Models." Eighth Annual P
i
t
t
s
b
u
r
g
h Modelling
andS
i
m
u
l
a
t
i
o
nConference , April , 1
9
7
7
.
[
4
5
J Wadhwa ,
L.C. 官 egional
System Dynamics
Models f
o
r NorthQueensland."Presenteda
t the
F
i
f
t
hP
a
c
i
f
i
cRegional S
c
i
e
n
c
e Conference , Vancouver , August , 1
9
7
7
.
[
4
6
J Wadhwa , L
.C
. and K
.P
. Star k.“ Inter-
ill , RobertE
. Sweeney , and LouisE. Alfeld ,
Regional SystemDynamics:Impacto
f Regional
p
.2
1
9
3
01
. Cambridge , Mass.:
chapter 12 , p
GrowthP
o
l
i
c
i
e
sonAdjoiningRegions."Presen-
Wright-Allen Press , Inc. , 1
9
7
5
.
t
e
da
t the Second Regional S
c
i
e
n
c
eA
s
s
o
c
i
a
t
i
o
n
[
3
9
J Schwartz , 1ngo A. “ The Developmento
fa
SystemDynamicsModelf
o
rRegionalAnalysis."
ModelingandSimulation , vol
.7, n
o
. 2, p
p
.830ー
Conference , AustraliaandNewZealand Section ,
December , 1
9
7
7
.
[4 7]
Wadhwa , L.C.
“ Urban , RegionalandInter-
834 , Instrument Society o
f America , Pittsburgh ,
Regional SystemDynamicsModelswithAppli-
1
9
7
6
.
c
a
t
i
o
n
st
o North Queensland." P
o
l
i
c
y Analysis
[
4
0
J SEXTON , DONALD E. , EVALUATING
URBAN GROWTH POLICIES W1TH A
SYSTEMS SIMULATION , MANAGEMENT
SCIENCE , vo 1. 25 , no.1 , pp .4 3-53 , 1
9
7
9
.
andI
n
f
o
r
m
a
t
i
o
nSystems , vol
.1, no. 2 , January ,
1
9
7
8
.
[
4
8
J 安田八十五,小林登,都市における公共政策サ
ポーティングシステムの開発一一ー西宮市のケースを中
[
4
1
J Stark , K. P. , LιWadhwaι, Y
“
W.L
.W. Gricht ing , P
.J
. Cros臼sman and B
. A.
“ Regional System SimulationStudy."
Harper.
Report t
ot
h
e Department o
f Environment ,
pp .5 36-543 , 1
9
7
7
.
一般
[
4
9
J Roberts , Nancy. “ Parental Influencei
nt
h
e
HousingandCommunityDevelopment , Canberra
Elementary Classroom: A Computer Simula-
1
9
7
7
.
t
i
o
n
.
"E
ducational Technology , vol
. 15 , n
o
. 10 ,
[
4
2
J 辻正重,東京百都圏における人口動態の研究
日本経営工学会,昭和 51 年度秋季予稿集,
1
9
7
6
.
[
4
3
J 辻正重,東京岳部閣における水利用に関する研
究,日本経営工学会,昭和 52年度春季予稿集,
1
9
7
7
.
[
4
4
J Wadhwa , L.C. and K.P. Star k'.“ Simulation
October , 1975 , p
p.37-42.
[
5
0
J Roberts , Nancy. “ Teaching DynamicFeedbackSystemsThinking:AnElementaryView."
ManagementScience , vo 1. 24 , n
o
.8, pp.836-843 ,
April , 1
9
7
8
.
.報文集販売中.
No.
著者
131笠
i川冨 引げ川「会員
ト山…一
ト
7η
1
ト
2
一
T-74-2 IOR 手法による都市門題解析型シミュレーション・モデルに関する
調査研究
:
滋他 1
2, 500
3, 500
l 西野吉次他 l
1, 200
1, 800
潟他 i
2, 200
3, 300
リサーチのためのデータとプログラムに関する森口繁一他 l
4 , 000
5, 000
一一方法論と適用例ー一
島田俊郎他! 2, 500
3, 500
OR の実践とその有効活用一一視察団報告書
島田俊郎他|
1, 800
T ー 74-3 i 将来住宅の予測に関する研究
i 一一 20年後の理想像一一
T-75-1
都市公共政策のシステム分析に関する調査研究報告書
T-7い
誠一ョンズ
T--77-1 I
R-79ー
3
8
8 (52)
伊藤
システム・ダイナミックス
© 日本オペレーションズ・リサーチ学会. 無断複写・複製・転載を禁ず.
伊藤
1, 200
オベレーションズ・リサ{チ
Fly UP