...

平成23年3月27日測定 - 放射線モニタリング情報

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Transcript

平成23年3月27日測定 - 放射線モニタリング情報
緊急時環境放射線モニタリング結果(3月27日:第1班)
測定値単位(μSv/h)
3月27日
地点(福島→川俣町→飯舘村→南相馬市)
1 福島(福島支所)
福島 → 川俣 → 飯舘 → 南相馬
測定時間 測定値
10:03
測定値(車外)
備考
1.0
南相馬 → 飯舘 → 川俣 → 福島
測定時間
測定値
16:10
0.6
測定値(車外)
備考
2 福島(旧115T字路)
3 福島(八木田橋)
10:07
1.4
16:06
1.2
4 福島(吾妻陸橋東側)
10:08
1.3
16:05
1.1
5 福島(国4、舟場町交差点)
10:09
1.7
16:02
1.6
6 福島(国114+国4交差点)
10:11
1.8
15:59
1.5
7 福島(国114、福島東高前)
10:12
1.8
15:59
1.6
8 福島(国114、わたり病院前)
10:15
2.4
15:49
1.7
9 福島(国114、渡利トンネル西側)
10:16
5.7
15:48
3.6
10 福島(国114、南向台ミニストップ)
10:19
2.5
15:44
2.1
11 福島(国114+県306T字路)
10:26
2.2
15:40
1.6
12 福島(国114立子山入口)
10:28
1.9
15:37
1.3
13 川俣(国114、川俣町入口セブンイレブン)
10:31
1.6
15:34
1.3
14 川俣(国114、伊達福田郵便局前)
10:32
1.1
15:33
1.0
15 川俣(道の駅)
10:35
1.3
15:29
1.1
16 川俣(旧国114、川俣病院交差点)
10:39
1.6
15:27
1.2
18 川俣(国349、川俣町南小学校)
10:42
1.4
15:24
1.2
19 川俣(川俣中央公園)
10:44
1.7
20 川俣(国349+県12交差点)
11:20
1.1
15:20
1.1
15:11
2.7
1m 3.9
地上 5.3
曇
1m 3.1
地上 4.3
晴
1m 4.2
地上 6.0
晴
17 川俣(国114+国349交差点)
1m 2.4
地上 3.3
1m 4.0
地上 5.3
曇
陸土・葉菜・上水採取・
大気浮遊じん採取
21 川俣・飯舘(県12、飯舘村境界)
11:27
2.5
22 飯舘(県12、二枚橋郵便局)
11:31
2.9
15:09
3.4
23 飯舘(県12、臼石小付近)
11:33
5.9
15:07
5.3
24 飯舘(村民の森入口)
11:35
8.0
15:05
6.4
15:03
7.4
1m 14.1
地上 18.7
晴
晴
陸土・葉菜・池水採取
25 飯舘(村民の森内)
11:37
10.0
26 飯舘(県12、相馬農業高校飯舘分校)
11:50
6.6
11:57
3.7
1m 6.5
地上 10.0
晴
大気浮遊じん採取
上水試料受け取り
14:55
4.1
1m 5.6
地上 9.9
晴
土壌採取1試料
(敷地内)
27 飯舘(県12、飯舘公民館前)
12:39
6.5
1m 11.2
地上 19.5
晴
14:48
6.2
1m 9.5
地上 12.6
晴
28 飯舘(石ポロ坂トンネル西側)
12:47
4.6
北側1m 8.1
地上 11.0
晴
14:40
5.2
1m 8.5
地上 12.2
29 南相馬(八木沢峠)
12:53
3.6
14:37
4.3
30 南相馬(県12+県267交差点)
13:02
3.9
14:29
3.8
31 南相馬(栢ノ木橋)
13:09
2.6
14:23
1.8
32 南相馬(県12+県34交差点)
13:10
1.6
14:21
1.3
33 南相馬(県12、市役所前交差点)
13:14
0.9
1m 1.5
地上 2.8
晴
14:18
0.7
34 南相馬(南相馬合庁)
13:24
0.6
1m 0.8
地上 1.7
晴
陸土・葉菜・上水
大気浮遊じん採取
飯舘(飯舘村役場)
北側1m
地上
緊急時環境放射線モニタリング結果(3月27日:第2班)
測定値単位(μSv/h)
3月27日
福島 → 小野 → いわき
地点
測定値(車内)
9:55
0.8
測定時間
測定値(車内)
晴
16:30
1.0
2 福島(国114、南向台ミニストップ)
16:04
2.6
3 福島(国114+県306T字路)
15:59
1.7
晴
4 川俣(国114+県269のT字路)
15:51
1.0
晴
5 川俣(国114、ガソリンスタンド誉田内)
15:47
1.3
晴
6 川俣(国114、川俣トンネル前)
15:45
1.7
晴
7 川俣(国114+国349交差点)
15:43
1.5
晴
8 川俣(国349、口太山トンネル前)
15:37
1.4
晴
9 二本松(東和支所)
15:34
1.1
晴
10 二本松(道の駅)
15:25
1.4
晴
11 二本松(国459+国349)
15:20
1.4
曇
12 二本松/川俣(国349、市境)
15:05
1.1
曇
13 田村(国349+県50T字路)
15:00
0.8
0.9
曇
14 田村(田村市役所)
14:47
0.4
0.4
晴
15 田村(国288+国349交差点)
14:41
0.4
晴
16 田村(国349+県57交差点)
14:35
0.4
晴
17 田村(国349+県300交差点)
14:33
0.4
晴
18 小野(国349+県301T字路)
14:30
0.4
晴
19 小野(国349+県65交差点)
14:24
0.4
晴
20 小野(国349+県36交差点)
14:23
0.4
晴
21 小野(国349+県65交差点)
14:21
0.4
晴
※ 晴
14:14
0.3
晴
14:06
0.4
晴
晴
14:04
0.5
晴
22 小野(小野町役場)
10:57
0.3
23 小野(国349+県286交差点)
11:39
0.5
測定値(車外)
いわき → 小野 → 田村 → 福島
備考
1 福島(福島支所)
測定時間
0.3
24 小野(県286+国349交差点)
測定値(車外)
備考
晴
3.5
0.3
晴
晴
25 いわき(国道349+国道49)
11:47
0.7
晴
13:59
0.6
晴
いわき(長沢峠、国道49号)
11:51
0.7
晴
13:54
0.62
晴
26 いわき(国道49いわき三和IC入口)
12:04
0.9
晴
13:41
0.9
晴
27 いわき(国道49いわき中央IC入口)
12:13
1.1
晴
13:33
0.9
晴
41 いわき(いわき合同庁舎)
12:23
0.7
※陸土・葉菜・上水・大気浮遊じん採取
0.7
※ 晴
緊急時環境放射線モニタリング結果(3月27日:第3班)
測定値単位(μSv/h)
3月27日
福島 → 二本松 → 田村 → 山木屋 → 月舘
地点
測定時間
測定値(車内)
測定値(車外)
1 福島(福島支所)
9:30
0.5
曇
2 福島(国4+県307交差点)
10:01
1.2
曇
3 二本松(国4、道の駅安達)
10:05
1.0
曇
4 二本松(二本松市役所)
10:18
1.2
5 二本松(国459、小浜地区交差点)
11:03
0.9
曇
6 二本松(国459+国349T字路)
11:17
0.9
曇
7 二本松/川俣(国349、市境)
11:21
0.6
雪
8 田村(国349+県50T字路)
11:24
0.5
1.1
雪
9 田村(田村市役所)
11:40
0.2
0.4
雪
10 二本松市(国349、東和支所)
13:14
0.8
雪
11 川俣(国349+国114交差点)
13:24
0.9
晴
12 川俣(山木屋郵便局)
13:41
1.8
13 川俣(小島公民館)
14:38
1.0
14 伊達(月舘支所)
14:45
1.0
15 福島(福島支所)
16:10
0.5
3.0
4.8
天気
曇
曇
備考
水・土・葉菜・大気浮遊じん
水・土・葉菜・大気浮遊じ
ん
水・土・葉菜・大気浮遊じん
晴
2.2
晴
晴
水・土・葉菜・大気浮遊じん
緊急時環境放射線モニタリング測定地点(第1班)
緊急時環境放射線モニタリング測定地点(第2班)
41
緊急時環境放射線モニタリング地点(第3班)
放射線の量
(マイクロシーベルト)
引き上げ後の上限
[250,000マイクロシーベルト/年]
250,000
100,000
緊急作業従事の場合に認められている上限
[100,000マイクロシーベルト/年]
放射線業務従事者及び防災に係る警察・消防
従事者に認められている上限
[50,000マイクロシーベルト/年]
50,000
[10,000マイクロシーベルト/年]
[6,900マイクロシーベルト/回]
10,000
[2,400マイクロシーベルト/年]
1,000
[1,000マイクロシーベルト/年]
※いずれも単位はmSv
[600マイクロシーベルト/回]
[400マイクロシーベルト/年]
100
[50マイクロシーベルト/回]
[200マイクロシーベルト/往復]
[50マイクロシーベルト/年]
[22マイクロシーベルト/年]
[10マイクロシーベルト/年]
10
※ Sv 【シーベルト】=放射線の種類による生物効果の定数(※) × Gy 【グレイ】
※ X線、γ線では 1
資源エネルギー庁「原子力2002」をもとに文部科学省において作成
Fly UP