...

射出成形用高透明液状シリコーンエラストマーLUMISIL® LR 7600

by user

on
Category: Documents
10

views

Report

Comments

Transcript

射出成形用高透明液状シリコーンエラストマーLUMISIL® LR 7600
旭化成ワッカーシリコーン
テクニカルライブラリー
射出成形用高透明液状シリコーンエラストマーLUMISIL® LR 7600 シリーズ
射出成形用高透明液状シリコーンエラストマーLUMISIL® LR 7600 シリーズ
LUMISIL® LR 7600 Series : Highly transparent liquid silicone elastomer for injection molding
イントロダクション
®
この度、新たに開発した LUMISIL LR 7600 シリーズは、射出成形用に設計された高透明の液状シリコーンエラストマ
ーです。その優れた透明性と成形性により、一般照明用途、光学用途、レンズ用途などの成形品の短いサイクルタイムで
®
の連続自動成形を可能とし、コスト削減効果が期待できる材料です。本稿では、LUMISIL
LR 7600 シリーズの成形性
の特徴、および成形時の注意点についてご紹介致します。
1.液状シリコーンエラストマーの射出成形工程
以下に液状シリコーンエラストマーの射出成形工程の詳細
について説明致します。
(4) A/B 混合材料を計量し、金型内に射出する。
(5) 計量シリンダー内の温度や材料混合部の温度が 40 度
を超えないよう、温度制御装置を使用する。
(1) 計量装置にて A 材と B 材を 1:1 の混合比率となるよう、
ポンプにて圧送する。
(2) 材料はスタティスティックミキサー、もしくは、ダイナミック
ミキサー内に圧送され、混合される。
図1に液状シリコーンエラストマー用計量・混合設備の概要イ
メージ図を示します。
(3) 材料は、射出成形機の計量シリンダー内へと移動する。
A 材・B 材 計量供給装置
顔料ペースト、添加材 計量供給装置
A 材
混合装置(ダイナミックミキサー、またはスタティックミキサー)
B 材
計量シリンダー
金型
図1.液状シリコーンエラストマー用計量・混合設備の概要イメージ図
TS2-004_Ver.1_20150224_M.Kamiya
1
旭化成ワッカーシリコーン
テクニカルライブラリー
射出成形用高透明液状シリコーンエラストマーLUMISIL® LR 7600 シリーズ
®
2.透明性と耐久性に優れた材料
3.LUMISIL LR 7600 シリーズと標準液状シリコーンエラス
トマーグレードとの違い
®
LUMISIL LR 7600 シリーズは光学用途向けに新たにラ
インナップされた透明性に非常に優れたシリコーンエラスト
®
マー材料です。またLUMISIL LR 7600シリーズは射出成形
に最適な材料であり、自動車照明用途、光学センサー、LED
封止など、幅広い用途において高透明なシリコーンエラスト
マー製品の製造を可能にします。更に本製品の最大の特徴
は、熱や紫外線に対し、非常に優れた耐久性を有している点
です。
通常の液状シリコーンエラストマー製品はシリカを含有し
ています。シリカを配合することで、材料粘度がせん断速度
に依存する性質、すなわち、せん断応力が大きくなるほど、
材料粘度が低くなるという構造粘性を有しています。この特
性により、成形品の形状が複雑であり、かつ、射出圧力が低
い場合においても金型内に材料を容易に充填させることを可
能としています。一方、LR 7600 シリーズは、構造粘性特性
を有さない為、流動性は通常の液状シリコーンエラストマー
製品に比べ優れていることから、低い射出圧力での複雑な
形状の製品の成形に適しています。(図2参照)
®
®
LUMISIL LR 7600/50
ELASTOSIL LR 3003/50
図2.材料粘度のせん断速度依存性(25℃)
LUMISIL 7600/50 と LR 3003/50 との比較
汎用グレードである LR 3003/50 は、せん断速度の依存性(構造粘性)を示すのに対し、LUMISIL® LR 7600/50 は、
せん断速度の依存性が小さく、構造粘性を有さない為、低い射出圧力においても優れた流動性を示します。
®
4. LUMISIL LR 7600 シリーズの成形プロセスの注意点
®
LUMISIL LR 7600 シリーズを使用する成形装置は、従来
されていて冷却可能な機構であり、スクリューや射出シリン
の液状シリコーンエラストマー材料と変わりありません。しか
ダー内に逆流防止弁を有しているものであれば、既存設備
しながら、理想的な成形性を実現する上で、成形プロセスに
そのままの状態で LUMISIL LR を使用することが可能で
おいて、異なる点があります。以下にその注意事項をまとめ
す。
ました。
(2) 低粘度材料に合わせたスクリュー速度と背圧の調整が
®
必要です。また、スクリュー速度を速め、背圧を高くすること
(1) 現在、ご使用頂いている成形機が通常の液状シリコーン
により、原料の射出量を一定に保つことができ、成形の再現
エラストマー用のもので、射出シリンダーにジャケットが付属
性を高めることが可能です。
TS2-004_Ver.1_20150224_M.Kamiya
2
旭化成ワッカーシリコーン
テクニカルライブラリー
射出成形用高透明液状シリコーンエラストマーLUMISIL® LR 7600 シリーズ
(3) より安定した成形を実現する為には、射出圧と保持圧を
ません。
それぞれ独立して制御する必要があるます。また、特に射出
(6) キャビティー内の真空度を高めるため、真空ポンプを使
圧力については、通常の液状シリコーンエラストマー材料よ
用することを推奨致します。
りも低めに設定する必要があります。
®
(4) LUMISIL LR7600 シリーズの材料粘度は、従来の液状
®
5.LUMISIL LR 7600 シリーズの製品ラインナップ
シリコーンエラストマー材料とは異なり、混練や計量過程に
おいて生じるせん断応力に対し、極僅かな変化しか示しませ
®
表1に LUMISIL LR 7600 シリーズの製品ラインナップと
ん。
各製品の代表物性値を示します。
(5) 成形時の気泡混入のリスクを最小限にするためには、す
LUMISIL LR 7600 シリーズは 4 種類の製品がラインナップ
べてのキャビティーが材料で完全に満たされた状態にし、キ
されています。硬さは 50~80 度の範囲で取り揃え、いずれも
ャビティー内の圧力を十分に高い状態に保持しなければなり
射出成形が可能です。
®
®
表1.LUMISIL LR 7600 シリーズの代表物性値
6. おわりに
®
LUMSIL LR 7600 シリーズは、その優れた透明性と耐熱性の
長所を生かし、照明技術分野において一般照明用途やレンズ部
品、自動車用ヘッドライト、その他光学部品など、エネルギー効率
とコストパフォーマンスに優れた製品開発を可能にする材料です。
また、射出成形による大量生産を可能とし、コスト削減への貢献
が期待できる材料であり、今後の照明用途の製品開発の発展に
寄与できることを確信致します。
写真1に高透明シリコーンゴムの応用例を示します。
写真1.高透明シリコーンゴムの応用例 自動車用ヘッドライト
旭化成ワッカーシリコーン株式会社
技術2部
神谷 正人
〒300-4522 茨城県筑西市向上野 1500-3 つくば明野工業団地
TS2-004_Ver.1_20150224_M.Kamiya
3
Fly UP