...

Brazil

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Description

Transcript

Brazil
AGORA Special
vol. 2 9 2
空を飛ぶ夢
Brazil
浮田泰幸=文
Text by Yasuyuki Ukita
吉田タイスケ=撮影
Photo by Taisuke Yoshida
ブラジルの知られざるヒーロー
サントス−デュモンの物語
Santos Dumont
Br azil
Petrópolis
Rio de Janeiro
Sāo Paulo
サントス−デュモンの生家へと至
る道の傍に展示された14 -bisのレ
プリカ。尾翼のように見える左側
が機首だ。その滑稽な形から「カ
ナール
(鴨)
」
とあだ名された。
AGORA March 2016
14
を知っていると答えるだろう。リ
全員がその名を、そして彼の業績
な存在である。小学生に訊いても
サントス デュモンは今なお特別
がある。一方、母国ブラジルでは、
中に置き去りにされてしまった感
デュモンの名は歴史の暗がりの
た)
。こ と ほ ど さ よ う に サントス
便利なようにと考案したものだっ
モンのために、飛行船操縦の時に
カルティエが畏友サントス デュ
れない(その腕時計は、元々ルイ・
ウォッチのことを思い出すかもし
ろう? もしかしたら、数人の時
計好きがカルティエのサントス・
いったい何人がイエスと答えるだ
を 知 っ て い ま す か?」と 訊 い て、
デュモン
その頃から一〇〇余年を経た今
日、例 え ば 東 京・銀 座 の 街 角 で 一
サントス デュモンである。
リに住むブラジル人、
アルベルト・
よれば、最初に空を制したのはパ
的事実」だった。当時の「常識」に
人々が信じていたのは別の「歴史
紀初頭のある時期、世界の大方の
い常識だろう。けれども、二〇世
れは誰も異論を差し挟むことのな
メリカのライト兄弟である──こ
行機で空を飛んだのはア
の夢を叶えた男として大いにもて
為に、サントス
のはわずか五人の一般人だった)
。
た一方、ライト兄弟のそれを見た
む何千人という証人の前で成され
ンの飛行が科学者や新聞記者を含
功を知らない(サントス デュモ
ライヤー号による〇三年の飛行成
界はまだライト兄弟のライト・フ
ートルの飛行だった。︎
この時、世
bis』でやってのけた約六〇メ
な 奇 妙 な 形 の 動 力 付 飛 行 機『
ブーローニュの森で箱型凧のよう
しめたのは〇六年一〇月二二日、
のだ。彼の名をさらに世界に知ら
物を操縦可能にした最初の人物な
方向を変えていた。サントス デ
イドロープで地上から引っ張って
だけで操縦することができず、ガ
それまでの気球は闇雲に宙に浮く
船)『六号機』でエッフェル塔の周
る。自作の葉巻型可導気球( 飛行
月一九日にパリのど真ん中で始ま
航空のパイオニア、サントス
デュモンの偉業は一九〇一年一〇
と並ぶ国民的英雄なのだ。
の ペレ、F 1 の アイルトン・セナ
てサントス デュモンはサッカー
れていた。ブラジルの人々にとっ
ントス デュモンの肖像が印刷さ
された一万クルゼイロ紙幣にはサ
オデジャネイロの国内線用空港の
はやされ、時代の寵児となる。
囲をぐるりと回って見せたのだ。
−
– 14
〇〇〇人に「サントス
−
−
−
ュモンは風まかせだった空の乗り
−
デュモンは人類
−
−
16
AGORA March 2016
類史上初めて動力付き飛
る。一九四二年から二五年間発行
名はサントス デュモン空港であ
−
−
−
−
1873年、ブラジルの裕福なコーヒー農
園主の末っ子として生まれ、19歳で渡
仏。航空黎明期のパイオニアとして多
くの成果を残す。30代後半に多発性硬
化症を発病。1932年、母国ブラジルの
海辺のホテルで逝去。享年59歳。
リオデジャネイロの国内線用空港構内
では今日もサントス−デュモンの肖像
画と胸像が旅行者の往来を見守る。
人
−
AGOR A
Spe ci a l
右 /サントス−デュモンの
伝記。中/サントス−デュ
モンが晩年を過ごしたペ
トロポリスの図書館には
多くの関連資料が収めら
れている。写真はサントス
−デュモンの肖像が刷ら
れた紙幣。左/生家の近
くにあるサントス−デュモ
ンの飛行機の名前のつい
たホテルのキー。
ペトロポリスの町で14-bisの
模型と子どもたち。国民的英
雄である航空家のことはもち
ろん学校でも習ったという。
Collection of the Museu Paulista, USP
Photo credits of reproductions: Helium Noble / José Rosael.
アルベルト・サントス−デュモン
Alberto Santos-Dumont
右/生家のすぐ前にあるカ
バングーの停車場。鉄道は
リオデジャネイロとエンヒ
キの生まれた町ディアマン
チーナを結んでいた。中/
記念博物館に展示された小
さな陶製のサントス−デュ
モン像。左/パリ時代のト
レードマークだった高い襟
(サントス襟と呼ばれパリ
で流行した)と飛行時に風
に飛ばされぬようツバを下
げて被ったパナマ帽。
裂した花火の残像のよう
炸
な 形 を し た マラウカ ー リ
ャという高木に見守られるように
デ ュ モン の 生 家
−
し て サントス
(現在は記念博物館)
はぽつねんと
建っている。敷地のすぐ傍に単線
年が自分の「飛翔する夢」を重ね
デュモンがこの
の線路が走り、カバングーという
コーヒー農園はアルベルト少年
にとって格好の遊び場だった。と
名の停車場がある。カバングーと
りわけ彼の興味を惹いたのは機械
たことは容易に想像できた。
世に生を享けた一八七三年当時、
は「暗い森」という意味だ。アルベ
父親のエンヒキ・デュモンは鉄道
類だった。一二歳の時には施設内
ルト・サントス
敷設の技師としてブラジル皇帝ペ
を走る機関車を運転したというか
ら、相当のメカ好き
だったのだろう。三
つ子の魂百まで。後
に航空史に名を残す
素養の萌芽はすでに
少年時代に見られて
い た の だ。アルベル
トが一八歳の時、父
エンヒキが落馬して
大怪我を負う。治療
のためにパリへと向
かう際、彼は末っ子
ドロ二世に仕え、この宿舎で一時
的に暮らしていた。
その後エンヒキは
ミナスジェライス
州内にコーヒー農
園を開き、これを
大いに発展させて
「 コ ー ヒ ー 王 」と
呼ばれるまでにな
る。裕福な家庭の
末っ子として優雅
な少年時代を過ご
したアルベルトは、
を同行させる。
思ったよりも重篤だったエンヒ
キはほどなくこの世を去ってしま
*
う。パリのアルベルトには当時の
ジ ュ ー ル・ヴ ェ ル
科学的世界を現実のものとして信
が転がり込んだ。時あたかもベル・
ヌの小説に夢中になり、その空想
じ込んだという──。
エポック、花の都は進取の気性に
お金で五〇〇億円もの莫大な遺産
池の畔にはハグロトンボの姿も。
富む人々で溢れていた。
バングーの家の庭には藤色の
はカ
ね
翅を持つ大きな蝶が飛んでいた。
そんな虫や鳥の姿にアルベルト少
“サントス−デュモン式”と記された飛行船の設計図と
“CHF Paris”と刻印された定規。
−
AGOR A
Spe ci a l
パリ時代の親友で風刺漫画
家のSEMことジョルジュ・
グルサはサントス−デュモ
ンをモデルにした肖像画を
多く残している。
ベル・エポックのパリと
伊達男“プティ・サントス”
19世紀後半から20世紀前半は好
景気を背景に多彩な文化と習俗が花
開いたベル・エポックの時代。その中
心地パリにはピカソ、マティス、ポー
ル・ポワレ、ココ・シャネル、ルイ・カ
ルティエ、マルセル・プルーストと
いった面々が集い、レストラン・マキ
シムは夜な夜な多 彩な顔ぶれで賑
わった。
中でも異彩を放ったのがブラ
ジルから来た伊達男だった。
男は無口
ではにかみ屋だったが、
どこか人を惹
きつけるところがあった。
身長160セ
ンチ足らずのサントス−デュモンは
人々から親愛の情を込めて“プティ・
19
AGORA March 2016
サントス”と呼ばれた。
極端に高い襟、
ロールアップしたパンツの裾、
オペラ
クローク(本来は婦人向けの観劇用
コート)
、パナマ帽といった彼の装い
はモードとして粋人たちに模倣され
た。飛行船や飛行機で街の上空を飛
ぶ姿は格好のショーとして眺められ
た。
「バラドゥーズ(散歩する人)
」と
名付けた9番目の飛行船では郊外の
レストランにランチを食べに行った
り、自宅前に一時着陸してコーヒー
を飲んだりした。
そういう平和で優美
で微笑ましい光景こそが彼の理想と
する航空の姿だった。
左/ 30分以内でエッフェル塔を一周す
るという条件をクリアし、ドゥーチ賞を
獲得。下/ドゥモワゼル(とんぼ)
号は全
長8メートル。車に載せて運べた。
Collection of the Museu Paulista, USP
Photo credits of reproductions: Helium Noble / José Rosael.
*ジュール・ヴェルヌ(1828-1905)
。フランスの小説家。S F の父として知られる。
『気球に乗って五週間』
『海底二万里』
『八十日間世界一周』など。
森の中に建てられた、
鉄 道工事関係者の宿
舎で7人きょうだいの
末っ子としてサントス−
デュモンは生まれた。
Fly UP