...

はじめに 1. 〈監視社会〉とは何か 〈監視〉のテクノロジー 〈監視〉の2つの顔

by user

on
Category: Documents
13

views

Report

Comments

Transcript

はじめに 1. 〈監視社会〉とは何か 〈監視〉のテクノロジー 〈監視〉の2つの顔
2013/ 6/ 4
情報ネットワーク社会論 第7章
はじめに
〈監視〉のまなざしの遍在
– 〈監視〉の主体と客体の区別 ?
– 〈監視〉から保護されるべき〈プライバシー〉 ?
1. 〈監視社会〉とは何か
2. 〈プライバシー〉問題の構築と展開
3. まなざしと権力
〈監視〉を制御しうる社会規範の構築は可能か
4. 〈情報公共圏〉の構築
– D.ライアンの〈監視社会〉論
– 〈プライバシー〉概念の社会的構築と変遷
– 新たな規範構築の方向性を社会学的に構想
2013/ 6/ 4
担当者 吉田 純
(高等教育研究開発推進センター)
1
〈監視〉のテクノロジー
1. 〈監視社会〉とは何か
情報ネットワーク社会のジレンマ
– 自由を束縛・剥奪するためではなく、
自由を確保・拡大するための〈監視〉
• 「自由に振る舞えないのならそれらを監視する意味は
なく、自由に振る舞う存在こそ監視する価値もあるとい
うのが今日的状況である」(柏原 2008: 239)
〈監視〉(surveillance)
– 「個人データを収集・処理するすべての行為」
• 属性・行為の断片のカテゴリー化・数値化・デジタル化のプ
ロセス
• 得られたデータベースに対する情報技術的処理のプロセス
– 監視システムの不可視化(ブラックボックス化)
• システムが顕在化するのは「裂け目」(「個人情報漏洩」)が
生じた時
〈監視社会〉
– 「統治や管理 のプロセスにおいて
情報通信テクノロジーに依拠する社会」
*デイヴィッド・ライアン『監視社会』(青土社、2002)
〈監視〉の2つの顔
 配慮(Care)
– リスクからの保護・セキュリティの上昇
– 「自由」の可能性の拡大 [Enabling]
– 〈監視〉の正当化
 管理(Control)
– リスク管理のための指導・規制・束縛
– 「高リスク」と判断されたグループの選別・排除
Twitter質問ハッシュタグ: #sis_tq7
〈監視〉のまなざしへの順応
– 情報社会への参加=監視システムへの能動的参加
〈監視〉の「不当性・反社会性」
〈監視〉⇒社会の秩序編成そのもの
– 集団の分類・類別化
•
「 適格性やアクセス権を判定し、囲い込み、排除するべ
く、執拗に選別・モニター・類別化を行うにつれて……社
会的分割を強化する強力な手段となっていく」
〈プライバシー〉概念の限界
– 〈監視〉を社会的問題ではなく個人的問題に還元
•
•
「単に、個人的空間を侵害する手段、個人のプライヴァ
シーを侵犯する手段ではない」
「プライヴァシー〔保護〕政策の施行下でも、不当で反社
会的な特性を呈しうる」
1
2013/ 6/ 4
情報ネットワーク社会論 第7章
2. 〈プライバシー〉問題の構築と展開
構築される物語
– 「私たちが〈他者のまなざし〉の“対象物”になって
しまうという〈危機の物語〉」
• 「私たちの情報を得ようとし、管轄しようとし、ひいては
支配・所有しようとする危険な他者」
– 「〈まなざし〉をめぐる他者と自己との〈せめぎあ
い〉の問題」
加藤晴明 2003 「電子ネットワーク時代のプライバシー――
〈他者のまなざし〉による〈危機の物語〉から、〈まなざしの共有
化〉へ」 『社会情報学研究』第7号
〈システム〉の〈まなざし〉への対抗
〈まなざし〉の出現・拡張
最初の〈まなざし〉の主体=近代的国民国家
– 国民に関する情報の収集・蓄積による管理・監視
• 「近現代の国家は…その発端からして『情報社会』で
あった」(Giddens 1985)
• 再帰性(知識の再帰的適用)のダイナミズムの一環
 〈まなざし〉を拡張するテクノロジー
– 印刷、視聴覚機器、コンピュータ……
– それらを活用する諸メディアの発達
プライバシー侵害に対する意識の推移
(平成16年版 『情報通信白書』)
 〈プライバシー権〉の成立
– 19世紀アメリカ:有名人のスキャンダルを売り物にする
「イエロー・ジャーナリズム」
– 取材・報道から自己の生活を遮断する権利
=「ひとりにしてもらえる権利」の確立
 〈プライバシー権〉の再定義:
「自己に関する情報をコントロールする権利」
– 1970~80年代:行政・企業へのコンピュータの普及
• 「国民総背番号制」をめぐる議論
– 〈システム〉の〈まなざし〉から個人の〈生活世界〉を保護
• 情報社会の規範形成の方向づけ
〈まなざし〉の〈ネットワーク化〉(1)
〈まなざし〉をめぐる〈せめぎあい〉の構図の転換
– 〈システム〉と〈生活世界〉を横断して多方向に交錯
杉並区・住基ネットへの
「参加にあたっての対策」
1.「健全なIT社会実現に向けた自治体の研究提言機構
の創設」
• 「国に先立ちさまざまな提言を行う自治体相互の……機構」
住基ネットへの杉並区の対応(加藤 2003)
– 「情報鎖国」から「情報開国」への「いばらの道」
– 〈ネットワークのまなざし〉の受容・
〈まなざしの共有化〉
– 「きめ細かな公私協同のまちづくり」
– 〈生活世界〉の視点からの〈まなざしのネットワーク
化〉の方向性を探る
Twitter質問ハッシュタグ: #sis_tq7
2.「区における運用を監視する第三者機関の設置」
• 「住基ネットの運用状況を監視し、その結果を公表し、区民か
らの苦情・要望を処理するとともに、必要な改善の勧告などを
行う」
3.緊急時対応策の構築
• 「本人確認情報の漏えい、または不適正な利用が明らかと
なった場合などにおいて、住基ネットからの切断などを含め、
取るべき対応策」
http://www2.city.suginami.tokyo.jp/library/file/jyukinet_kekka.pdf
2
2013/ 6/ 4
情報ネットワーク社会論 第7章
〈まなざし〉の〈ネットワーク化〉(2)
 「個人情報保護法」をめぐる論議
– 公共的情報と〈プライバシー〉との境界を政治システムが
定義
– 公共的情報に対して向けられるべき〈まなざし〉の遮断
– 「個人情報保護」への過剰反応
– 〈プライバシー〉
⇒〈まなざしのネットワーク化〉への抵抗の論理
– 個人による積極的な「自己の情報化」
– 個人間でのプライバシー問題の発生・〈せめぎあい〉
– 個人情報保護と「自己情報発信権」の矛盾
– 〈システム〉の一方向的な〈まなざし〉に対する一方
向的な対抗の論理
– 「理性的・自律的な個人」による自己決定
⇔不可視化する〈監視〉メカニズム
– 「個人情報の使われ方が極力リアルタイムにわかる
ような情報の流れの……透明化」(加藤 2003)
• SNSを通じた個人情報暴露
マクロな〈監視〉メカニズムへの射程拡大の必要
– 「公/私」の境界線の自明性の喪失
3. まなざしと権力
パノプティコン
まなざし(パースペクティブ)の一方向性・非対称性
「理想の監獄建築」
– 18世紀、ベンサムが提唱
– 監視の自動化
可視
×
〈プライバシー〉概念の限界
遍在化する“まなざし”自体の可視化・共有化へ
 〈生活世界〉へのインターネットの浸透
A
新たな規範形成の方向性
近代の「ディシプリン」(身体管理の技術)の原型
B
(M.フーコー 『監獄の誕生』)
– 監視のまなざしの内面化
⇒ 「従順な身体」としての主体の形成
不可視
• 唯一の隠れ家としての「内面」[プライバシー]の発見
「不可視の権力」の生成
– 近代的組織・制度に一般化
15
「スーパーパノプティコン」 の出現*
個人情報のデータベース化
– 「パノプティコンは、自分の内的生を改善しようと
望む主体を産出する。対照的に、スーパーパノプ
ティコンは、対象を構成する。つまり、アイデンティ
ティの分散した個人、これらのアイデンティティが
コンピュータによってどのように解釈されているか
に気づかずにいる個人を。」 (D.ライアン)
監視の永続化・完全化 ⇒ 主体形成の失敗
– 「現実に確保されてしまっている永続的な監視に
よっても、『主体』という同一性は結晶しない」
*M.ポスター 『情報様式論』 (岩波現代文庫 2001) [解説:大澤真幸]
Twitter質問ハッシュタグ: #sis_tq7
17
• 軍隊、工場、学校、病院……
16
パノプティコンと
スーパーパノプティコン
 「不可視の権力」の基本的構造は不変
 相違点
– 「不可視性」の高度化
• 監視塔~パノプティコン全体が不可視化
• 監視の中心の分散化・多元化
– 主体・内面(プライバシー)のデータベース化・断片化
• 監視に対抗する「隠れ家」の消失
– 「監視から守られるべき領域」の自明性の喪失
18
3
2013/ 6/ 4
情報ネットワーク社会論 第7章
「監視」問題への再アプローチ
4. 〈情報公共圏〉の構築
「個人の再-身体化」 ……ライアンの提案
– 「生身の個人という意識から派生するコミュニケー
ション倫理 」
– 「信頼関係の中での自発的な自己開示」
「まなざしのネットワーキング」による補完
– 「監視社会」問題の本質:
まなざしの一方向性/権力の不可視性
⇒ まなざしの双方向化/権力の可視化
ライアンの提案:「監視の倫理」の構築
– 「生身の個人という意識から派生するコミュニケー
ション倫理 」の再発見
– 「信頼関係の中での自発的な自己開示」
実現のために必要な媒介=〈情報公共圏〉
– ミクロレベル=対面的コミュニケーション
– マクロレベル=〈監視〉メカニズムによる秩序編成
• FTF空間の理想的モデルに依存することなく
19
〈情報公共圏〉の含意(1)
可視化・知識共有・コミュニケーション
– 〈監視〉メカニズム・〈まなざしのネットワーク〉の
可視化
– 動員されている情報テクノロジーについての
知識の共有
– 〈監視〉を制御する規範形成のための
コミュニケーション
〈情報公共圏〉の含意(2)
〈情報公共圏〉による〈監視〉制御のための
二つの条件
– 〈公共圏〉と〈親密圏〉との境界線を再帰的=反省
的にコントロール
• 〈プライバシー〉の再定義
– 〈監視〉に動員される情報テクノロジーの専門家の
参加
⇒クライアントたる非専門家・一般市民との
コミュニケーション
• 社会秩序編成に寄与する〈アーキテクチャ〉の可視化
Twitter質問ハッシュタグ: #sis_tq7
4
Fly UP