...

FlowJoソフトウェアを用いた Laser Offline Compensation

by user

on
Category: Documents
45

views

Report

Comments

Transcript

FlowJoソフトウェアを用いた Laser Offline Compensation
FlowJoソフトウェアを用いた Laser Offline Compensation
1. Workplaceの作成
FlowJoソフトウェアをӭ動し、Fileメニュー
からNewで新しいWorkspaceを開きます。
蛍光補正用
サンプル
Ж析対象
サンプル
蛍光補正用のサンプルのデータまたはそれら
が保存されているフォルダを選択し、
Workspaceの下ಊにドラッグします。
WorkspaceメニューのNew Groupを選択し、
Comp samplesのグループを作成します。
Comp samplesに蛍光補正用のデータのみを
選択しドラッグします。
1
FlowJoソフトウェアを用いた Laser Offline Compensation
2. 目的細胞集団をゲーティングする。
Comp Samplesより最初のサンプル(FITC標
‫)ށ‬をダブルクリックで開きます。
ForSc vs OrthSc (前方散乱光 vs 側方散乱
光)のプロットが表示されます。
プロット上をクリックしながら目的細胞集団
にゲートをध定していきます。
ध定後、ゲートに適切な名称をध定します。
2
FlowJoソフトウェアを用いた Laser Offline Compensation
3.ゲートを他のデータファイルにコピーす
る。
ゲートध定後、サンプル名の一段階下に、
新しいアイコンが作成されます。これは、
このサンプルの新しいサブポピュレーショ
ンであることを示しています。
Comp samplesグループのサンプルに、ध
定したゲートをコピーするために、ध定し
たサブポピュレーション:Lymphsをドラッ
グし、Comp samplesにドロップします。
Comp samplesグループの各データの一段
階下に、Lymphsのアイコンが表示されて
います。サブポピュレーションがコピーさ
れたことを示しています。
3
FlowJoソフトウェアを用いた Laser Offline Compensation
෩性集団
ͨ性集団
4. サブポピュレーションを2つの蛍光パラメータでЖ析し、෩性集団とͨ性集団を選択しま
す。
Lymphsをダブルクリックして、プロットを開きます。
プロットのY‫ބ‬に蛍光を選択します。
表示された、蛍光の෩性集団とͨ性集団にそれぞれゲートをध定します。
各蛍光について同様に、෩性とͨ性のゲートをध定していきます。
4
FlowJoソフトウェアを用いた Laser Offline Compensation
5. Matrix(‫ב‬算式)の作成-1
Work spaceメニューのCompensate sampleより、Define Matrixを選択し、Compensation
Matrixを開きます。
各蛍光についてध定された、෩性集団とͨ性集団をCompensation Matrixにドラッグ&ドロッ
プします。
5
FlowJoソフトウェアを用いた Laser Offline Compensation
6.Matrix(‫ב‬算式)の作成-2
各蛍光サンプルの෩性集団とͨ性集団を
Compensation Matrixにドラッグ&ド
ロップした後、Computeをクリックし、
蛍光補正値を‫ב‬算します。
作成されたCompensation Matrixには、
適切なファイル名をध定し保存します。
6
FlowJoソフトウェアを用いた Laser Offline Compensation
6. ソフトウェア コンペンセーション
実際に蛍光補正をかけるЖ析サンプルをSelect
Allで選択します。
WorkspaceメニューのCompensation sample
から、作成したCompensation Matrixを呼出す
ことで、選択されているデータにソフトウェア
コンペンセーションをかけます。
※保存してある場合はLoad Matrixで呼出します。
7
FlowJoソフトウェアを用いた Laser Offline Compensation
FlowJoによりソフトウェアコンペンセーションの終
了したデータは、CELLQuestにてЖ析することもで
きます。
CELLQuestでЖ析するために、Exportにて変換さ
れたデータをファイルとして保存します。
Ж析に必要なパラメータを選択(または、Select
All)し、Exportをクリックします。下のように
.fcsという転送ファイルが作成されます。このファ
イルはCELLQuestによる読込みが可能です。
最後に使用したWorkspaceを保存しておきます。
8
Fly UP