...

織物生産月報記入要領

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

織物生産月報記入要領
25年調査用
経済産業省生産動態統計調査
織物生産月報記入要領
※
25年1月分より、調査項目に一部改正があります。
詳しくは、調査票の表紙に掲載の新旧表をご覧ください。
平成25年1月
経済産業省大臣官房調査統計グループ
鉱
2-3
工
業
動
態
統
計
室
織物月報記入要領目次
1.調査の目的
2.秘密の保護
3.調査の対象
4.報告義務等
5.調査期日及び調査期間
6.調査票の提出先、部数、期日及び提出方法
7.休業、廃業、転業及び名称変更等
8.結果の公表
9.調査票に関する連絡先
〔記入注意事項〕
1.一般事項
2.コード欄の記入について
3.一括事業所の調査票の記入について
4.記入上特に注意すべき事項
5.特定事業所対象(本社)の調査事項
6.工場調査対象の調査事項
(1)【1-1.製品-総合】欄
(2)【1-2.製品-生産内訳】欄
(3)【3.労務】欄
1
1
1
1
1
1
2
2
3
5
5
5
6
6
7
7
8
10
(4)【4.設備】欄
11
(5)【備考】欄
11
参考
1 化学繊維の繊維分類と主要商標名
12
2 織物の標準銘柄規格と原単位表
13
3 メートル法換算
14
4 綿スフ織物換算表
15
5 毛織物換算表
18
6 絹・人絹織物換算表
20
調査票のオンライン提出について
24
調査票様式
29
付.全国集計結果表
30
織物生産月報記入要領
この記入要領は、織物に関する経済産業省生産動態統計調査(基幹統計)の記入の仕方につい
てとりまとめたものです。
この調査の対象となる事業所の報告者は、この記入要領に従って調査票に正確に記入し、提出
期日までに都道府県知事へ提出してください。
1.調査の目的
この調査は、鉱工業生産の動態を明らかにすることを目的とし、統計法に基づく基幹統計と
して、経済産業省が経済産業省生産動態統計調査規則によって実施するものです。
2.秘密の保護
この調査により報告された記入内容は、統計法第41条によって保護されています。した
がって、徴税事務などに使用されることはありません。
3.調査の対象
この調査の対象事業所は、経済産業省生産動態統計調査規則に規定されており、織物に関す
る調査票に記載された調査品目を生産する国内の事業所であって、事業所全体の従事者10人
以上の事業所及び経済産業大臣が指定する事業所(以下「工場」という。)及び2つ以上の工場
を有し、自社工場で生産した調査品目の販売管理を行っている企業の本社(以下「特定事業所」
という。)が調査の対象となります。
また、調査品目について生産の委託などを行っている事業所で経済産業大臣が指定する事業
所(以下「一括事業所」という。)を含みます。
4.報告義務等
この調査の対象となる工場又は企業の管理責任者(報告者)は調査票に掲げる事項について
報告することが、統計法第13条(報告義務)で義務付けられているほか、必要に応じて、同
法第15条(立入検査等)の規定の適用があります。
なお、報告者がこれらの規定に反し、報告を拒んだり、虚偽の報告をしたり、立入検査に応
じない場合などには、統計法第60条、第61条に基づいて罰せられることがあります。
5.調査期日及び調査期間
この調査の調査期日は、毎月末日現在です。調査期間は、原則として毎月1日から末日まで
の1か月間となっています。やむを得ない場合は、一定の日(例えば25日、20日など)を
定めて、その日から1か月前の期間を調査期間とすることは差支えありません。ただし、一度
定めた調査期間は特別な事情がない限り変更しないようにしてください。
なお、調査期間を変更した場合は、調査票の備考欄にその旨を必ず記入してください。
6.調査票の提出先、部数、期日及び提出方法
調査票は、工場所在地を所管する都道府県知事宛て翌月10日までに2部提出してください。
調査票は、紙による提出のほか、オンラインなどによる提出方法があります。詳細について
は調査票の提出先に確認してください。
- 1 -
なお、オンラインによる提出は手続きが必要になります。詳細は「調査票のオンライン提出
について」(24ページ)を参照してください。
7.休業、廃業、転業及び名称変更等
(1) 休業、廃業、転業、名称変更などの場合は、その都度調査票の提出先宛てに、その旨を届
け出てください。
(2) 休業の場合は、調査品目の製品在庫がなくなるまで毎月調査票を提出してください。
また、操業を再開した場合は、直ちに調査票を提出してください。
(3) 廃業又は転業の場合は、翌月の調査票から提出する必要はありません。
8.結果の公表
この調査の集計結果は、
「経済産業省生産動態統計速報」、
「繊維・生活用品統計月報」、
「繊維・
生活用品統計年報」などで公表しているほか、インターネットにより、経済産業省のホームペ
ージでも公表しています。
URL:http://www.meti.go.jp/statistics/
- 2 -
9.調査票に関する連絡先
調査票に関する問合せは、下記の経済産業省又は調査票の提出先である所管の都道府県へ連
絡してください。
経済産業省 大臣官房 調査統計グループ
鉱工業動態統計室
繊維・生活用品班
住
所
〒100-8902 東京都千代田区霞が関一丁目3番1号
電話代表
03-3501-1511 内線
直
通
03-3501-3893
FAX番号
03-3501-1354
2875,2876
各都道府県統計所管課(調査票提出先)
番
統計主管局部課
都道府県
郵便番号
号
01
班
係
名
北海道 総合政策部地域行政局
統計課 経済統計G
02 青森県 企画政策部統計分析課
経済統計G
03 岩手県 政策地域部調査統計課
経済統計担当
04 宮城県 震災復興・企画部統計課
商工経済班
05 秋田県 企画振興部調査統計課
経済統計班
06 山形県 企画振興部
統計企画課経済統計班
07 福島県 企画調整部
統計課
08 茨城県 企画部統計課
商工農林G
09 栃木県 県民生活部統計課
産業統計担当
10 群馬県 企画部統計課
経済産業係
11 埼玉県 総務部統計課
動態統計担当
12 千葉県 総合企画部統計課
工業班
13 東京都 総務局統計部社会統計課
生産動態統計担当
14 神奈川県 統計センター
工業統計課
15 新潟県 総務管理部統計課
産業統計班
16 富山県 経営管理部統計調査課
商工係
17 石川県 県民文化局県民交流課
統計情報室経済産業G
18 福井県 総合政策部政策統計課
産業統計G
19 山梨県 企画県民部統計調査課
商工業担当
20 長野県 企画部情報統計課
21
岐阜県
22
静岡県
23
愛知県
24
三重県
総合企画部統計課
商工農林係
企画広報部情報統計局
統計調査課商工班
県民生活部統計課
生産動態統計G
戦略企画部統計課
農水・商工統計G
所在地
060-8588 札幌市中央区北3条西
6
030-8570 青森市長島1-1-1
020-8570 盛岡市内丸10-1
980-8570 仙台市青葉区本町
3-8-1
010-8570 秋田市山王4-1-1
990-8570 山形市松波2-8-1
960-8670 福島市杉妻町2-16
310-8555 水戸市笠原町978-6
320-8501 宇都宮市塙田
1-1-20
371-8570 前橋市大手町
1-1-1
330-9301 さいたま市浦和区高砂
3-15-1
260-8667 千葉市中央区市場町
1-1
163-8001 新宿区西新宿2-8-1
第一本庁舎14階
231-8588 横浜市中区日本大通1
950-8570 新潟市中央区新光町
4-1
930-8501 富山市新総曲輪1-7
920-8580 金沢市鞍月1-1
910-8580 福井市大手3-17-1
400-8501 甲府市丸の内1-6-1
380-8570 長野市大字南長野字幅
下 692-2
500-8570 岐阜市薮田南2-1-1
420-8601 静岡市葵区追手町9-6
460-8501 名古屋市中区三の丸
3-1-2
514-8570 津市広明町13
- 3 -
代表電話
(内 線)
011-231-4111
(23-683)
017-722-1111
(2189)
019-651-3111
(5316)
直通
局番022
018-860-1111
直通番号
FAX番号
232-8012
734-9168
734-8038
629-5316
629-5309
211-2457
211-2498
860-1256
860-1252
023-630-2211
630-3135
(3135)
024-521-1111
521-7147
(2438)
029-301-1111
301-2656
(2656)
直通
623-2250
局番028
027-223-1111
226-2410
(2411)
048-824-2111
830-2320
(2320~1)
043-223-2110
223-2227
(2226~7)
03-5321-1111 5388-2293
(25-615)
045-210-1111
210-3221
(3221~3)
025-285-5511
280-5121
(2446)
076-431-4111
444-3193
(2556)
076-225-1111
225-1342
(3749)
0776-21-1111
20-0272
(2377,2397)
055-237-1111
223-1343
(1514)
026-232-0111
235-7070
(5117)
058-272-1111
272-8185
(2093)
直通
221-2240
局番054
221-2248
052-961-2111
954-6107
(2352)
直通
224-2052
局番059
630-2185
521-7914
301-2669
623-2247
224-9224
822-4104
227-4458
5388-1264
210-8823
281-3806
444-3490
225-1345
20-0630
223-1347
235-0517
271-5720
221-3609
961-2194
224-2046
番
統計主管局部課
都道府県
号
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
郵便番号
所在地
班
係
名
滋賀県 総合政策部 統計課
520-8577 大津市京町4-1-1
商工学事統計担当
京都府 政策企画部調査統計課
602-8570 京都市上京区下立売通新
産業統計担当
町西入藪ノ内町
大阪府 総務部統計課
559-8555 大阪市住之江区南港北
工業・動態G
1-14-16 咲洲庁舎19階
兵庫県 企画県民部統計課
650-8567 神戸市中央区下山手通
商工業統計係
5-10-1 県庁2号館12F
奈良県 総務部知事公室統計課
630-8501 奈良市登大路町30
産業統計係
和歌山県 企画部企画政策局
640-8585 和歌山市小松原通1-1
調査統計課産業調査班
鳥取県 企画部統計課
680-8570 鳥取市東町1-220
産業労働担当
島根県 政策企画局統計調査課
690-8501 松江市殿町1
商工農林G
岡山県 総合政策局統計調査課
700-8570 岡山市北区内山下
経済統計班
2-4-6
広島県 総務局
730-8511 広島市中区基町10-52
統計課商工統計G
山口県 総合政策部統計分析課
753-8501 山口市滝町1-1
商工労働統計班
徳島県 県民環境部統計調査課
770-8570 徳島市万代町1-1
経済統計担当
香川県 政策部統計調査課
760-8570 高松市番町4-1-10
商工統計G
香川県庁東館4階
愛媛県 企画振興部管理局統計課
790-8570 松山市一番町4-4-2
経済統計係
高知県 総務部統計課
780-8570 高知市丸の内1-2-20
経済統計G
福岡県 企画・地域振興部
812-8577 福岡市博多区東公園
調査統計課調査第三班
7-7
佐賀県 経営支援本部統計調査課
840-8570 佐賀市城内1-1-59
産業統計担当
長崎県 県民生活部統計課
850-8570 長崎市江戸町2-13
商工勤労統計班
熊本県 企画振興部交通政策・情報 862-8570 熊本市中央区水前寺6-18
局統計調査課 商工班
-1
大分県 企画振興部統計調査課
870-8501 大分市大手町3-1-1
統計分析班
宮崎県 総合政策部統計調査課
880-8501 宮崎市橘通東2-10-1
産業統計担当
鹿児島県 企画部統計課
890-8577 鹿児島市鴨池新町
商工業統計係
10-1
沖縄県 企画部統計課
900-8570 那覇市泉崎1-2-2
商工統計班
番号は、企業・事業所の所在地を示す都道府県番号です。
- 4 -
代表電話
直通番号
FAX番号
(内 線)
直通
528-3398 528-4835
局番077
075-451-8111
414-4501 414-4482
(4501)
06-6941-0351 6210-9209 6210-9210
(2344,2348)
078-341-7711
362-4128 362-4131
(2384)
0742-22-1101
27-8452
27-0615
(2617)
073-432-4111
441-2399 441-2386
(2395)
0857-26-7111
26-7109
23-5033
(7109,7107) 26-7107
0852-22-5111
22-5073
22-6044
(5073)
直通
226-7261 221-8240
局番086
082-228-2111
513-2542 211-3575
(2542)
083-922-3111
933-2654 933-2669
(2655)
088-621-2500
621-2734 621-2835
(2734)
087-831-1111
832-3148 806-0224
(2562)
直通
912-2269 943-2322
局番089
088-823-1111
823-9345 823-9257
(9345)
092-651-1111
643-3188 643-3192
(2777)
0952-24-2111
25-7037
25-7298
(1663)
095-824-1111
895-2226 895-2565
(2226)
096-383-1111
333-2177 384-7544
(3611)
097-536-1111
506-2448 506-1727
(2448)
直通
32-4451
29-0534
局番0985
099-286-2111
286-2479 286-5535
(2480)
直通
866-2050 866-2056
局番098
〔記 入 注 意 事 項〕
1.一般事項
(1) 記入数字について
調査票の該当する欄に正確かつ明瞭に記入してください。
なお、数字は、全て算用数字を用い単位未満は四捨五入してください。
(2) 訂正について
調査票提出後、報告数値に訂正が生じた場合には、その都度速やかに調査票の提出先(9.
調査票に関する連絡先:3~4ページ参照)に報告してください。報告をもとに担当者が訂
正内容(①~⑧)について確認しますので、訂正方法などについては、担当者の指示に従っ
てください。
① 企業・事業所名・事業所番号
② 調査票名・調査票番号
③ 品目名・品目番号
④ 調査項目名
⑤ 訂正期間
⑥ 訂正発生要因
⑦ 連絡先(担当部署名・担当者名・電話番号・FAX番号)
⑧ 訂正発生時期からの既報告値と訂正値
2.コード欄の記入について
(1) 提出調査票の該当月の記入は、調査票欄外(下段)の所定コード欄(年月分)に、例えば、
1月~9月は01~09として2桁数字で記入してください。
(2) 事業所番号欄の都道府県(2桁)及び整理番号(8桁)欄には、この調査のために指定さ
れた番号を必ず記入してください。
なお、事業所番号は昨年と同じです。事業所番号が分からない場合は、調査票の提出先(9.
調査票に関する連絡先:3~4ページ参照)に照会してください。
例えば、事業所番号が13(東京都)-00058015の場合は次のように記入します。
【記入例】
事
統計調査番号
調査票番号
年
業
整
都道府県
A
0
7
3
1
1
0
2
0
1
3
所
番
号
月分
0
1
1
3
0
0
0
理
番
5
8
号
0
1
5
(3) この調査票の作成年月日を、調査票左下の所定箇所に記入してください。
3.一括事業所の調査票の記入について
一括事業所の調査票とは、あらかじめ経済産業大臣から一括調査報告の指定を受けた事業所
が作成するものです。指定を受けた事業所は、指定された品目について、下請事業所などの数
値を取りまとめて記入してください。ただし、一括調査報告の指定内容は事業所ごとに異なり
- 5 -
ますので、指定された内容をよく確認の上、記入してください。
なお、調査票の記入に当たっては、当該事業所が報告すべき記入事項(6.工場調査対象の
調査事項)を参照の上、記入してください。
4.記入上特に注意すべき事項
(1)織物の純・混別及び組成繊維による区分
①
純織物については、家庭用品品質表示法の基準に従います。したがって、そ毛(織物)
は3%以内、紡毛(織物)は5%以内、また、毛以外の繊維は1%以内の他の繊維の混
入があっても純織物として取り扱ってください。
ア.織物の装飾又は組織の押えに使用された糸に含まれる他の繊維の混用が織物全量の
5%以内のときは純織物とします。
イ.毛布の場合には、たて糸の組成繊維に関係なく、よこ糸の組成繊維によって決まり
ます。
②
混交織織物の名称について
ア.2種類以上の異なる繊維が混用されている混交織織物の名称については、使用され
ている繊維のうち重量割合の最も多い繊維の名称で呼びます。
イ.使用されている繊維の重量割合が同率であるときは、毛、絹、麻、合成繊維、アセ
テート、綿、キュプラ及びビスコースの順で呼びます。
なお、2種類以上の異なる合成繊維を含む合成繊維混交織織物において、合成繊維間
の重量割合が異なる場合は重量の多いものに格付けし、重量割合が同率のときはポリエ
ステル、ナイロン、アクリル、ビニロン、その他(ビニリデン、ポリ塩化ビニル、ポリ
エチレン、ポリプロピレン、ポリウレタンなどを含む。)の順に格付けしてください。
(例)2種類以上の異なる合成繊維を含む合成繊維混交織織物の扱い
混
ナイロン 15%
毛
用
率
ポリエステル 30%
呼
称
ビニロン
15%
ポリエステル(混交織織物)
40%
ポリエステル 30%
ナイロン 30%
絹
40%
ポリエステル(
〃
)
アクリル
ナイロン 40%
綿
20%
ナ イ ロ ン(
〃
)
40%
ウ.長繊維織物と短繊維織物の区分は前記②ア、イによって格付けされる繊維の内容が
長繊維が主であるか、紡績糸が主であるかによって区分してください。
なお、長繊維と短繊維が同率の場合は長繊維織物としてください。
(2)その他の注意事項
①
合成繊維織物は、長繊維・短繊維別に記入してください。
②
上記①以外の織物については、純・混交織を合わせて記入してください。
③
抄繊織物、ガラス繊維織物は調査の対象外ですので記入する必要はありません。
5.特定事業所対象(本社)の調査事項
調査票の記入に当たっては、当該事業所が報告すべき記入事項(6.工場調査対象の調査事
項)を参照の上、記入してください。
- 6 -
【1-1.製品-総合】欄
工場以外の本社管理の製品について、調査期間中における「受入」、「出荷(販売、その
他)」及び「月末在庫」(調査期間の末日現在において、本社又は営業所の倉庫のほか、あ
なたの企業が契約の主体となって借受けている倉庫又は保管場所に保管してある製品の数
量)を記入してください。
6.工場調査対象の調査事項
調査項目について
調査項目の記入は、調査品目(調査票記載品目)の製品を生産している工場の受払いを品目
ごとに記入してください。
(1) 【1-1.製品-総合】欄
①
生
産
調査期間中に国内にあるあなたの工場で、実際に生産(受託生産を含む。)した製品(調
査票記載品目)の数量を次の点に注意をして記入してください。ただし、仕掛中の半製品
は除きます。
ア.織物は巻取りロールが織機から取り外されたときをもって生産としてください。
イ.あなたの工場が他から受託して生産した製品は、受託者側であるあなたの工場の生産
として計上してください。
ウ.あなたの工場が他に委託して生産させた製品は、これを実際に生産した委託先で生産
に計上しますので、あなたの工場の生産には含めないでください。
エ.あなたの工場で他の製品に加工又は消費するために生産したものも含めてください。
オ.自社他工場又は他社からの受入品や輸入品で、検査のみをあなたの工場で行ったもの
は生産に含めず、完成品(製品)扱いとして受入、出荷、月末在庫に含めてください。
②
受
入
調査期間中にあなたの工場で生産している調査品目(調査票記載品目)と同一の製品で、
工場又は倉庫に次の事由により受入れた数量を記入してください。
ア.他企業から購入したもの(輸入を含む。)
イ.同一企業内の他工場から受入れたもの
ウ.委託生産品及び委託加工品を委託先の工場(下請工場を含む。)から受入れたもの
ただし、手加工染色整理及び包装(ラベルはり、箱入れ等)などの目的で他の工場に
送られ、作業完了後再び受入れられるものは除いてください。
エ.返品(戻入れ)されたもの(廃棄品は除く。
)
③
出
荷
調査期間中にあなたの工場及び工場が契約の主体となって借受けている倉庫又は保管場
所から、実際に出荷した数量を記入してください。
ただし、手加工染色整理及び包装(ラベルはり、箱入れ等)などの目的で他の工場に送
られ、作業完了後再び受入れられるものは、出荷扱いとしないで月末在庫として計上して
ください。
なお、出荷数量を次の事由により、「販売」、「その他」に区分して記入してください。
- 7 -
(販
売)
ア.販売業者又は消費者である他企業に直接販売したもの
イ.販売することを目的として本社、営業所又は中継地など(これが契約の主体となって
借受けている倉庫などを含む。
)に出荷したもの
ただし、特定事業所調査の対象となっている企業の本社に出荷した場合は、販売に計
上せず、出荷欄の「その他」に計上してください。
ウ.受託生産品を販売業者(消費者を含む。)である委託者へ出荷したもの
ただし、委託者が同一調査品目を生産している生産業者である場合は、販売には計上
せず、出荷欄の「その他」に計上してください。
(その他)
ア.同一調査品目を生産している同一企業内の他の工場に出荷したもの
イ.同一企業内の他工場へ原材料として出荷したもの
ウ.委託生産又は委託加工のための原材料として出荷したもの
エ.受託生産品又は受託加工品を同一調査品目を生産している生産業者(委託者)へ出荷
したもの
オ.特定事業所調査の対象となっている企業の本社へ出荷したもの
カ.自家使用したもの(見本用、贈答用、展示用、試験研究用など)
④
月末在庫
調査期間の末日現在において、あなたの工場で生産した調査品目の製品及び受入品で、
あなたの工場及び工場が契約の主体となって借受けている倉庫又は保管場所に保管してあ
る製品の数量を記入してください。
在庫には、販売済みのもので未引き渡しとなっているものを含め、また、受託生産した
製品を受託者が保管している場合は、受託者の在庫に計上します。
また、1社1工場の場合、本社と工場が分離していても工場の在庫として計上してくだ
さい。
なお、手加工染色整理及び包装(ラベルはり、箱入れなど)などの目的で他の工場に送
られ、作業完了後再び受入れられるものは、在庫として計上してください
注:製品欄に記載する数量については、調査項目間に次のバランス関係が成立しますが、在
庫数量には、月末の実在庫量を記入してください。
廃棄、災害、棚卸などの事由により、このバランス関係が著しく崩れている場合は、
備考欄にその事由を具体的に記入してください。
(前月末在庫+生産+受入)-(販売+その他出荷)=月末在庫
(2)【1-2.製品-生産内訳】欄
「1-1.製品-総合」欄で記入した生産を、生地、糸染別、広幅、小幅別又は長繊維、
短繊維別など調査票の区分に従って記入してください。
したがって、本欄の生産は「1-1.製品-総合」欄の当該製品の生産と一致します。
①
生地、糸(先)染織物について
- 8 -
ア.生地織物……紡績したままの生の糸(グレイ)及び先ざらし糸(ブリーチ)で製織
した織物をいいます。なお、敷布などの製品の一部に糸(先)染した糸を
使用して製織した織物も生地織物とします。
イ.糸(先)染織物……糸又はトップなどの状態で染色加工した糸を使用して製織した
織物をいいます。
②
広幅、小幅織物について
ア.広幅織物……織り上げ幅50.8cm(20インチ、鯨尺1尺3寸4分)以上のものをいい
ます。
イ.小幅織物……織り上げ幅50.8cm未満のものをいいます。
なお、
「袋織り」については織り上がりのままではなく、切り開いた幅により、広幅、
小幅を決め、その面積も切り開いた面積「切り開いた幅×長さ」により記入してくださ
い。
③
綿 織 物
生地織物、糸染織物に区分して品目ごとに記入してください。また、記載品目以外のも
のはそれぞれの「その他の生地」、
「その他の糸染」に記入してください。
「あや類」……太あや(ドリル)、雲斉、かつらぎ、ギャバジン、細あや(じんす)、四
つあや、スレーキ、よこあやなどをいいますが、糸(先)染織物の場合は
「その他の糸染」に記入してください。
④
毛 織 物
そ毛織物
「男 子 服 地」……モスリン以外のもので、男子服地用として製織されたものをいい
ます(背広服地、サージ、ギャバジン、オーバー地など。)
。
「婦 人 児 服 地」……モスリン以外のもので、婦人児服地用として製織されたものをい
います(サージ、ギャバジン、オーバー地など。)
。
「その他のそ毛」 ……上記記載品目以外の例えば和服用織物、裏地、帽子地、モス
リン、しん地、ショール地、工業用織物(プラッシュ、フィル
タークロス(ろ過布)等)などを記入してください。
紡毛織物
「男 子 服 地」……男子服地用として製織されたものをいいます(例えばオーバー地
など。)
。
「婦 人 児 服 地」……婦人児服地用として製織されたものをいいます(例えばオーバー
地など。
)。
「毛
布
地」……角巻、ひざ掛けを含みます。
「その他の紡毛」……上記記載品目以外の例えば帽子地、しん地、ショール地、工業
用織物(ローラークロス、フィルタークロス(ろ過布)、クリヤ
ラークロス等)などを記入してください。
⑤
絹・絹 紡 織 物
広幅織物、小幅織物別に区分して品目ごとに記入してください。
「羽 二 重 類」……羽二重、綾絹、シャンタンなどをいいます。
「ク レ ー プ 類」……フラットクレープ、フジエットクレープ、パレス、シフォン、ニ
ノンなどをいいます。
「ち り め ん 類」……紋ちりめん、無地ちりめん、朱子ちりめんなどをいいます。
- 9 -
「先練(先染)」……精練漂白又は染色した絹糸で織ったものを広幅・小幅別に記入し
てください。
「その他の後練(後染)」……広幅織物では「羽二重類」「クレープ類」以外のもの、ま
た、小幅織物では「ちりめん類」以外のものを記入して
ください。
⑥
ビスコーススフ織物
生地織物、先染織物に区分し、調査票記載の品目に従って記入してください。
⑦
合成繊維織物
ナイロン織物は長繊維、ポリエステル織物は長繊維、短繊維についてのみ記入してく
ださい。したがって、他の織物は記入する必要はありません。
ポリエステル長繊維織物のデシン、ジョーゼット以外のクレープは「その他」に一括
記入してください。「加工糸織物」にはデシン、ジョーゼット、ポンジーの加工糸使い
のものは除いてください。
ポリエステル短繊維織物の「その他のポリエステル短繊維織物」にはポプリン・ブ
ロード以外のものを記入してください。
(3)【3. 労務】欄
月末従事者数
調査期間の末日現在において、実際に生産及び管理その他の業務に常時従事する人数を
「織物部門」及び「事業所」にそれぞれ記入してください。
①
従事者とは次のものをいいます。
ア.期間を決めず又は1か月を超える期間を決めて雇われている者。ただし、親企業又
は子会社への出向者、長期欠勤者(連続1か月以上)及び労働組合専従者は除きます。
イ.日々又は1か月以内の期間を限って雇われていた者のうち、前2か月の各月におい
て18日以上同一事業主に雇われた者
ウ.親企業又は子会社からの出向者、人材派遣会社からの派遣従業者などはア及びイに
準じて扱います。
エ.重役、理事などの役員のうち、常時勤務して毎月給与の支払いを受けている者
オ.個人経営企業の事業主又は家族従業者のうち、常時その工場の業務に従事し、給与
の支払いを受けている者
②
「織物部門」の従事者とは、調査品目の生産に従事する者をいいます。
なお、一貫工場又は兼業工場で2業種以上を兼業する工場は、それぞれの業種に区分
して記入しますが、兼務している従事者及び補助、管理部門のような共通部門の従事者
の数は、適当な方法(生産額など)で配分してください。
③
「事業所」の従事者とは、その工場全体の従事者をいいます。
なお、本社の従事者は原則として含めませんが、工場と本社が同一場所にあって区分
が困難な場合は含めても差支えありません。
- 10 -
(4)【4.設 備 】欄
工場の保有織機の台数を一般織機、タオル織機別にそれぞれ分けて記入してください。
なお、この場合、組合などへの届出の有無に関係ありません。
①
一般織機(力織機)は「無ひ織機」と「有ひ織機」別に記入してください。
ア.無ひ(杼)織機……よこ糸の挿入に杼(シャトル)を使用しない織機をいいます。
(レピア織機、グリッバー織機、エアジェットルーム、ウォータ
ージェットルームなどを含む。)
イ.有ひ(杼)織機……よこ糸の挿入に杼(シャトル)を使用する織機をいいます。
(ひ(杼)替え織機、管替え自動織機などを含む。)
②
タオル織機……ビームを2本使用し、テリーモーション(特殊よこ打装置)により針
金を用いないで、たて糸のパイルを形成する織物を製織する織機をいい
ます。
(月末保有台数)… 調査期間の末日現在において、稼働中のもの、また据付けられているが
休止中のもの、修理などのため取りはずして倉庫や修理工場などにあるもの、工場で保
有しているが据付けられていないもの、借用中のものなど、組合などへの届出、登録の
有無にかかわらず、あなたの工場にあるもの全てについて記入してください。
(月間平均実働台数)…織機の月間総延実働台数を月間工場操業日数で割った月間1日平均
をいい、次式により算出してください。なお、月間総延実働台数を算出する場合には
1日当たりの運転時間に関係なく、1日1時間でも運転したものは1台とします。
月間平均実働台数=
月間総延実働台数
月間工場操業日数
(5)【備考】欄
①
製品欄に掲げた調査品目の生産、販売、在庫などに、前月と比べ大幅な変動があった場
合は、「○○○向け需要増(又は需要減)」、「事故」、「生産中止」、「棚卸」、「災害」など、
差支えない範囲で主な理由を記入してください。
②
生産能力に変化があった場合は、「増設」、「設備廃棄」、
「生産能力の見直し」などの理由
を記入してください。
- 11 -
参考1
化学繊維の繊維分類と主要商標名
調査票に記入する場合は商標名ではなく、調査票記載の品目によってください。
繊
維
分
類
半 合成 繊 維
再
生
・
品
目
繊維名(家庭用
品品質表示法に
よる統一文字)
名
ビスコース人絹糸及
レ
ー
ヨ
ン
コロナ、ホープ
キ
ュ
プ
ラ
ベンベルグ
要
商
標
名
びビスコーススフ糸
キ ュ プ ラ 糸
ア セ テ ー ト
リンダ
トリアセテート
ソアロン
ポリエステル
ポリエステル
テイジンテトロン、クラベラ、東洋紡エステル、
旭化成エステル、ユニチカエステル、ソルーナ、
東レテトロン、クラレエステル、ソロテックス
ナ
イ
ロ
ン
ナ
イ
ロ
ン
プロミラン、東洋紡ナイロン、レオナ、ユニチカナイロン、
東レナイロン
ア
ク
リ
ル
トレロン、ボンネル、ベスロン、エクスラン、シルパロン
ア
ク
リ
ル
アセテート糸
合
成
主
繊
ア ク リ ル 系
カネカロン
ア
ラ
ミ
ド
テクノーラ、トワロン、ケブラー、コーネックス
ビ
ニ
ロ
ン
クラレビニロン、ユニチカビニロン、ビロン
エスパ、ロイカ、フジボウスパンデックス、モビロン、
その他の
ポリウレタン
ライクラ
維
合成繊維糸
ポリエチレン
ダンゼックス、ダイニーマ
パイレン、ダイワボウポリプロ、チッソポリプロ、
ポリプロピレン
東亜紡ポリプロ、宇部日東ポリプロ
ビ ニ リ デ ン
サラン
ポリ塩化ビニル
テビロン
注:長繊維、紡績糸共通のもの。
- 12 -
参考2 織物の標準銘柄規格と原単位表
番
品
名
た
て 糸
手
よ
密
こ 糸
度
サイズ(織上り)
たて糸
よこ糸
幅
長
(本)
(本)
(cm)
(m)
原糸1キ
ログラム
当り織物
出 来2 高
(m )
粗
布 2026
天
竺 2021
細
布 2023
綿 金
巾 2023
太
綾 2057(9A)
バ
ー
バ
リ 2号
ポ プ リ ン 2021(MK)
織 ブ
ロ
ー
ド 2013
ネ
ル 100号
コ
ー
ル
天 3026
別
珍 3020(綾)
物 敷
布 1号
晒
木
綿
岡 5号
絣 木 綿 久 留 米 文 人
夜
具
地 4号
1/14
1/20
1/20
1/30
1/16
2/80
1/30
2/80
1/20
1/16
2/60
1/20
1/30
1/20
1/30
1/14
1/20
1/20
1/36
1/16
2/80
1/40
2/80
1/10
1/20
1/40
1/16
1/30
1/20
1/30
42/2.54cm 42/2.54cm
51/ 〃
49/ 〃
60/ 〃
60/ 〃
72/ 〃
60/ 〃
75/ 〃
55/ 〃
169/ 〃
105/ 〃
90/ 〃
60/ 〃
131/ 〃
71/ 〃
405/ 〃
42/ 〃
44/ 〃
134/ 〃
73/ 〃
324/ 〃
88/ 〃
75/ 〃
90/ 〃
88/ 〃
86/ 〃
72/ 〃
112/ 〃
80/ 〃
76.2
76.2
91.4
96.5
96.5
96.5
96.5
76.2
91.4
91.4
91.4
43.88
2.54
2.3
2.365
36.57
27.43
36.57
37.025
37.025
45.72
27.43
54.86
82.28
27.43
27.43
74.96
27.885
27.43
54.86
6.4
7.8
6.4
8.9
4.7
9.3
8.7
7.6
12.4
3.4
3.2
3.5
9.6
6.3
9.0
ス ス
ス
フ サ
サ
織 ギ
ネ
物 ポ
1/30
1/30
2/20
2/30
2/40
1/20
2/40
1/30
1/30
2/20
2/30
2/30
1/10
2/40
67/
89/
60/
78/
120/
45/
80/
フ
フ
ャ
プ
モ
モ
ー
ー
バ
ジ
リ
ス
ス
ジ
ジ
ン
ル
ン
羽
二
重
絹 塩
瀬
フラット・クレープ
織 ジョーゼット・クレープ
パレス・クレープ
物 朱 子 ち り め ん
オ ー ガ ン ジ ー
1号
9号
1号
3号
6号
3号
1号
〃
〃
〃
〃
〃
〃
〃
64/
60/
52/
65/
50/
48/
53/
〃
〃
〃
〃
〃
〃
〃
79.325
96.5
82.45
79.95
79.95
91.4
79.325
48.45
48.45
29.75
48.45
48.45
45.89
48.45
9.0
7.9
2.1
4.1
4.3
5.6
5.8
10目付
2/21中
3/21中
131/ 〃
24目付
2/21中
7/21中
353/ 〃
14目付
2/21中
3/21中左右強撚 164/ 〃
6目付 2/14中左右強撚 2/14中左右強撚 88/ 〃
14目付
3/21中
3/21中パレス撚 174/ 〃
18目付
2/21中
3/21中左右強撚 225/ 〃
6目付
2/14中諸撚
2/12中諸撚
95/ 〃
96/
79/
99/
78/
91/
107/
95/
〃
〃
〃
〃
〃
〃
〃
91.4※
91.4※
91.4※
91.4※
91.4※
91.4※
106.4※
45.72
45.72
45.72
45.72
45.72
45.72
45.72
16.6
7.0
11.8
26.8
11.8
9.2
35.3
63/
60/
70/
70/
93/
70/
〃
〃
〃
〃
〃
〃
91.4※
91.4※
91.4※
91.4※
91.4※
91.4※
45.72
45.72
54.86
54.86
45.72
45.72
10.3
8.1
8.9
9.6
19.7
11.5
83/ 〃
70/ 〃
91.4※
91.4※
45.72
54.86
22.5
9.6
人
平
人 フ
ジ
エ
ッ
ト
朱
子 3,600本
絹 朱
子 3,200本
50 羽
二
重
織 75 ジョーゼット・クレープ
物 40 シ ャ ー ・ ク レ ー プ
綾
F
K 3000
MD120D
120D
ビス120D
ビス120D
MB50D
75D2800J/M
BB40D SZ
2200 J/M
ビス120D
MD120D
スフ1/30
ビス120D
ビス120D
MB50D
750D2800J/M
ギ ャ バ ジ ン(そ毛)
毛 ト ロ ピ カ ル( 〃 )
着 尺 ( 永 代 絣 )( 〃 )
ポ
ー
ラ
ー( 〃 )
織
ウ ー ス テ ッ ド( 〃 )
ツ
イ
ー
ド(紡毛)
物
毛
布(紡毛)
2/78
2/78
2/48
2/48
2/52
2/52ビス人750
1/48×2/40×3/48×2/48×綿
2/100(たて、よこ共)
2/48、1/14綿2/100
2/48
2/14×2/48×スフ 2/14×4/14×1/14
4/80
綿2/20
2/7
BB440
ビス120D
- 13 -
93/
103/
120/
107/
103/
70/
〃
〃
〃
〃
〃
〃
102/ 〃
103/ 〃
-
20.5/cm
37.9/cm
16.9/cm
-
17.7/cm
17.7/cm
14.2/cm
161.0
162.0
37.9
166.0
57.2
52.6
11.6
53.0
3.9
6.7
5.3
4.2
34.6/cm
13/cm
26.8/cm
10.6/cm
165.0
166.0
53.0
51.4
3.4
2.8
11.8/cm
18/cm
178.0
190.5
1.6
参考3 メートル法換算
生産動態統計調査は、全てメートル法による単位で実施しております。しかし製品の規格(例えば
織物の場合における幅、長さなど)が従来の計量単位(ヤード、ポンド法や尺貫法)によるものが多い
状況ですので、次にメートル法への計算例や換算表を記載しますので御参照ください。
(参考)単位換算表
計量単位
重
量
長
1
匁(モンメ)
3.75グラム
1
貫(カン)
3.75キログラム
1
ポ
ン
ド
1
イ
ン
チ
2.54センチメートル
1ヤード(ヤール)
91.44センチメートル
鯨
尺
〃
さ
曲
尺
〃
(1)
メートル法換算
0.4536キログラム
1
寸
3.788センチメートル
1
尺
37.88センチメートル
1
寸
3.03センチメートル
1
尺
30.3センチメートル
面
1 平 方 ヤ ー ド
0.8361平方メートル
積
1000平 方 ヤ ー ド
836.13平方メートル
重量換算
①
ポンドをキログラムに換算する場合、換算単位として1ポンド=0.4536キログラムを使用してくだ
さい。
②
貫をキログラムに換算する場合、換算単位として1貫=3.75キログラムを使用してください。
〔計算例〕
例1.
3,685ポンドをキログラムに換算すると
3,685ポンド×0.4536=1,672キログラム(小数点以下四捨五入)
例2.
523貫をキログラムに換算すると
523貫×3.75=1,961キログラム(小数点以下四捨五入)
(2)
面積換算
平方ヤードを平方メートルに換算する場合、換算単位として1平方ヤード=0.8361平方メートルを使
用してください。
〔計算例〕
3,685平方ヤードを平方メートルに換算すると
3,685平方ヤード×0.8361=3,081平方メートル(小数点以下四捨五入)
- 14 -
参考4 綿スフ織物換算表
(1)
長さ1ヤード当たりのインチ(幅)、規格のものを平方メートルに換算する場合
ヤード・インチ
換
規
格
幅
長
平
算
方
ヤード・インチ
換
規
格
幅
長
平
算
方
ヤード・インチ
換
規
格
幅
長
平
算
方
ヤード・インチ
換
規
格
幅
長
平
算
方
インチ ヤード メートル インチ ヤード メートル インチ ヤード メートル インチ ヤード メートル
5
5.5
6
6.5
7
1
0.1161
0.1277
0.1394
0.1510
0.1626
25
25.5
26
26.5
27
7.5
8
8.5
9
9.5
0.1742
0.1858
0.1974
0.2090
0.2206
10
10.5
11
11.5
12
12.5
1
0.5806
0.5923
0.6039
0.6155
0.6271
45
45.5
46
46.5
47
27.5
28
28.5
29
29.5
0.6387
0.6503
0.6619
0.6735
0.6852
0.2323
0.2439
0.2555
0.2671
0.2787
0.2903
30
30.5
31
31.5
32
32.5
13
13.5
14
14.5
0.3019
0.3135
0.3252
0.3368
15
15.5
16
16.5
17
1.0452
1.0568
1.0684
1.0800
1.0916
65
66
67
68
69
47.5
48
48.5
49
49.5
1.1032
1.1148
1.1264
1.1381
1.1497
70
71
72
73
74
1.6258
1.6490
1.6723
1.6955
1.7187
0.6968
0.7084
0.7200
0.7316
0.7432
0.7548
50
50.5
51
51.5
52
52.5
1.1613
1.1729
1.1845
1.1961
1.2077
1.2194
75
76
77
78
79
80
1.7419
1.7652
1.7884
1.8116
1.8348
1.8581
33
33.5
34
34.5
0.7665
0.7781
0.7897
0.8013
53
53.5
54
54.5
1.2310
1.2426
1.2542
1.2658
81
82
83
84
1.8813
1.9045
1.9277
1.9510
0.3484
0.3600
0.3716
0.3832
0.3948
35
35.5
36
36.5
37
0.8129
0.8245
0.8361
0.8477
0.8594
55
55.5
56
56.5
57
1.2774
1.2890
1.3006
1.3123
1.3239
85
86
87
87.5
88
1.9742
1.9974
2.0206
2.0323
2.0439
17.5
18
18.5
19
19.5
0.4065
0.4181
0.4297
0.4413
0.4529
37.5
38
38.5
39
39.5
0.8710
0.8826
0.8942
0.9058
0.9174
57.5
58
58.5
59
59.5
1.3355
1.3471
1.3587
1.3703
1.3819
89
90
91
92
93
2.0671
2.0903
2.1135
2.1368
2.1600
20
20.5
21
21.5
22
22.5
0.4645
0.4761
0.4877
0.4994
0.5110
0.5226
40
40.5
41
41.5
42
42.5
0.9290
0.9406
0.9523
0.9639
0.9755
0.9871
60
60.5
61
61.5
62
62.5
1.3935
1.4052
1.4168
1.4284
1.4400
1.4516
94
95
96
97
98
99
2.1832
2.2064
2.2297
2.2529
2.2761
2.2994
23
23.5
24
24.5
0.5342
0.5458
0.5574
0.5690
43
43.5
44
44.5
0.9987
1.0103
1.0219
1.0335
63
63.5
64
64.5
1.4632
1.4748
1.4864
1.4981
100
2.3226
- 15 -
1
1
1.5097
1.5329
1.5561
1.5794
1.6026
〔計算例〕
幅(インチ)長さ(ヤード)
30
×
1,200
36
×
1,500
38
×
800
を平方メートルに換算する場合
簡易換算表を用いるときは、
①
幅30インチ、36インチ、38インチに対応する長さ1ヤード当たりの換算平方メートル数(太枠内)
を見出し、それぞれ長さ1,200ヤード、1,500ヤード、800ヤードを乗ずれば換算による平方メートル
数が得られます。
②
次に①から得られたそれぞれの平方メートル数を加えれば、平方メートル単位の合計数になります。
(計算式)
30インチ×1,200ヤード
0.6968平方メートル×1,200=
36
〃
×1,500
〃
0.8361
〃
×1,500=1,254.15
〃
38
〃
×
〃
0.8826
〃
×
〃
800
836.16平方メートル
800=
メートル法の換算した総面積(小数点以下四捨五入)
706.08
2,796平方メートル
(通常の計算式)
(30インチ×0.0254メートル)×(1,200ヤード×0.9144メートル)=
836.13平方メートル
(36
〃
×
〃
)×(1,500
〃
×
〃
)=1,254.19
〃
(38
〃
×
〃
)×(
〃
×
〃
)=
〃
800
706.06
2,796平方メートル
(2)
長さ1尺当たりの鯨尺(幅)規格のものを平方メートルに換算する場合
鯨 尺 規 格 換
幅
長
平
算 鯨
方
尺 規 格 換
幅
鯨 尺 鯨 尺 メートル 鯨
0.80
0.81
0.82
0.83
0.84
1
長
平
算 鯨
方
尺 規 格 換
幅
尺 鯨 尺 メートル 鯨
0.1148
0.1162
0.1177
0.1191
0.1205
0.93
0.94
0.95
0.96
0.97
0.85
0.86
0.87
0.88
0.89
0.1220
0.1234
0.1248
0.1263
0.1277
0.90
0.91
0.92
0.1291
0.1306
0.1320
1
長
平
0.1334
0.1349
0.1363
0.1377
0.1392
1.06
1.07
1.08
1.09
1.10
0.98
0.99
1.00
1.01
1.02
0.1406
0.1421
0.1435
0.1449
0.1464
1.03
1.04
1.05
0.1478
0.1492
0.1507
1
×
4,000
0.95
×
6,000
1.00
×
3,000
尺 規 格 換
算
長
方
幅
平
尺 鯨 尺 メートル
0.1521
0.1535
0.1550
0.1564
0.1578
2.00
2.40
2.45
2.70
2.85
1.58
1.60
1.65
1.75
1.78
0.2267
0.2296
0.2368
0.2511
0.2554
2.90
3.00
4.60
5.00
5.10
0.4161
0.4305
0.6601
0.7174
0.7318
1.90
1.92
1.96
0.2726
0.2755
0.2812
5.30
5.50
0.7605
0.7892
長さ(鯨尺)
0.90
方
尺 鯨 尺 メートル 鯨
〔計算例〕
幅(鯨尺)
算 鯨
を平方メートルに換算する場合
- 16 -
1
0.2870
0.3444
0.3515
0.3874
0.4089
簡易換算表を用いるときは、
①
幅0.90尺、0.95尺、1.00尺に対応する長さ1尺当たりの換算平方メートル数(太枠内)を見出し、
それぞれに長さ4,000尺、6,000尺、3,000尺を乗ずれば換算による平方メートル数が得られます。
②
次に①から得られたそれぞれの平方メートル数を加えれば平方メートル単位の合計数になります。
(計算式)
0.90尺×4,000尺
0.1291平方メートル×4,000 =
516.40平方メートル
0.95〃×6,000〃
0.1363
〃
×6,000 =
817.80
〃
1.00〃×3,000〃
0.1435
〃
×3,000 =
430.50
〃
メートル法に換算した総面積(小数点以下四捨五入)1,765平方メートル
(通常の計算式)
(0.90尺×0.3788メートル)×(4,000尺×0.3788メートル)=
516.56平方メートル
(0.95尺×0.3788メートル)×(6,000尺×0.3788メートル)=
817.89
〃
(1.00尺×0.3788メートル)×(3,000尺×0.3788メートル)=
430.47
〃
1,764.92平方メートル
- 17 -
参考5 毛織物換算表
メ ー ト ル 規 格
品
普
目
通
織
幅
(メートル)
格
長 さ
(ヤード)
換
算
平方メートル
50
40
50
50
50
70.00
58.00
72.50
74.00
77.50
39.00
0.78
50
肩
か
け
0.33
0.55
1.36
1.55
0.4488
0.8525
ン
毛
規
1.40
1.45
1.45
1.48
1.55
地
リ
ド
物
ん
ス
ー
長 さ
幅
(メートル) (イ ン チ)
し
モ
ヤ
30
32
36
布
0.83
1.37
1.40
1.60
150
150
150
1.33
1.90
1.90
1.80
104.5159
111.4836
125.4191
1.1039
2.6030
2.6600
2.8800
〔計算例〕
(1)
普通織物(しん地、肩かけ、毛布も計算式は同じです)
幅(メートル)
長さ(メートル)
1.45
×
50
1.55
×
50
の規格ものが25反
〃
を平方メートルに換算する場合
30
簡易換算表を用いるときは、
①
1.45メートル×50メートル、1.55メートル×50メートルに対応する換算平方メートル数(太枠内)
にそれぞれ25、30を乗ずれば換算による平方メートル数が得られます。
②
次に①から得られたそれぞれの平方メートル数を加えれば平方メートル単位の合計数になります。
(計算式)
1.45メートル×50メートル
72.50平方メートル×25=1,812.50平方メートル
1.55
77.50
〃
×50
〃
〃
×30=2,325.00
メートル法の換算した総面積(小数点以下四捨五入)
(通常の計算)
1.45メートル×50メートル×25=1,812.50平方メートル
1.55
〃
×50
〃
×30=2,325.00
〃
4,137.5平方メートル
- 18 -
〃
4,138平方メートル
(2)
モスリン
幅(インチ)
①
長さ(ヤード)
30
×
150
36
×
150
の規格ものが5
〃
8
反を平方メートルに換算する場合
30インチ×150ヤード、36インチ×150ヤードに対応する換算平方メートル数(太枠内)にそれぞれ
5、8を乗ずれば換算による平方メートルが得られます。
②
次に①から得られたそれぞれの平方メートル数を加えれば平方メートル単位の合計数になります。
(計算式)
30インチ×150ヤード
104.5159平方メートル×5=
36
125.4191
〃
×150ヤード
〃
522.58平方メートル
×8=1,003.35
メートル法に換算した総面積(小数点以下四捨五入)
〃
1,526平方メートル
(通常の計算)
{(30インチ×0.0254メートル)×(150ヤード×0.9144メートル)}×5=
{(36
〃
×0.0254
〃
)×(150
〃
×0.9144
〃
522.58平方メートル
)}×8=1,003.35
〃
1,525.93平方メートル
- 19 -
参考6 絹・人絹織物換算表
(1)
インチ(幅)、ヤード(長)規格のものを平方メートルに換算する場合-主として絹の広幅織物及び
化・合繊の長繊維織物(取扱い単位:疋、匹→㎡)
羽二重、綾織、朱子、変織、壁、絽、縮緬、綸子縮緬、朱子縮緬、変縮緬、楊柳縮緬、ジョーゼット、
楊柳ジョーゼット、オリエンタルクレープ、富士絹、紬糸織物、人平、塩瀬、ポプリン、フジエット、
サッカー、レヨパール、ポーラー、パレス、ボイル、スレーキ、タフタ、服地、服裏地、家具用裂地、
金襴、洋傘地、コート地、表具地、足袋表地、ネクタイ地、篩絹、印刷機用布、型紙釣布、型紙釣地、
デシン、ポンジー、加工糸織物。
ヤード・インチ
規
格
幅
長
インチ ヤード
16.0
〃
〃
19.5
〃
20.0
〃
20.5
〃
21.0
〃
〃
〃
24.0
〃
〃
〃
〃
24.5
〃
27.0
1.0
12.0
25.0
1.0
30.0
1.0
15.0
1.0
52.0
1.0
15.0
25.0
26.0
1.0
5.0
25.0
26.0
30.0
1.0
25.0
1.0
換
算
平
方
メートル
0.3716
4.4594
9.2903
0.4529
13.5871
0.4645
6.9677
0.4761
24.7587
0.4877
7.3161
12.1935
12.6813
0.5574
2.7871
13.9355
14.4929
16.7225
0.5690
14.2258
0.6271
ヤード・インチ
規
格
幅
長
インチ ヤード
27.0
〃
〃
〃
〃
〃
〃
〃
〃
27.5
〃
〃
〃
28.0
〃
〃
〃
29.0
〃
〃
〃
5.0
6.0
15.0
18.5
21.0
25.0
30.0
50.0
60.0
1.0
13.5
30.0
61.0
1.0
30.0
50.0
60.0
1.0
25.0
30.0
50.0
換
算
平
方
メートル
ヤード・インチ
規
格
幅
長
インチ ヤード
3.1355
3.7626
9.4064
11.6013
13.1690
15.6774
18.8129
31.3548
37.6257
0.6387
8.6226
19.1613
38.9612
0.6503
19.5096
32.5161
39.0193
0.6735
16.8387
20.2064
33.6774
29.0
29.5
〃
〃
〃
〃
〃
〃
30.0
〃
〃
〃
〃
31.0
〃
〃
32.0
〃
36.0
〃
〃
60.0
1.0
26.0
30.5
31.0
31.5
52.0
61.0
1.0
15.0
25.0
50.0
60.0
1.0
5.0
30.5
1.0
15.0
1.0
25.0
30.0
換
算
平
方
ヤード・インチ
規
格
換
算
平
方
幅
長
メートル
インチ
ヤード
メートル
40.4128
0.6852
17.8142
20.8974
21.2400
21.5825
35.6283
41.7948
0.6968
10.4516
17.4193
34.8386
41.8064
0.7200
3.6000
21.9600
0.7432
11.1484
0.8361
20.9032
25.0838
36.0
〃
37.0
〃
〃
40.0
〃
〃
42.0
〃
45.5
〃
48.0
〃
〃
50.0
〃
51.5
〃
50.0
60.0
1.0
5.0
26.0
1.0
5.0
50.0
1.0
50.0
1.0
20.5
1.0
25.0
50.0
1.0
50.0
1.0
20.5
41.8064
50.1676
0.8594
4.2968
22.3432
0.9290
4.6452
46.4515
0.9755
48.7741
1.0568
21.6638
1.1148
27.8709
55.7418
1.1613
58.0644
1.1961
24.5206
〔計算例〕
幅(インチ)長さ(ヤード)
27
×
15.0
の規格のものが
15疋(注)
30
×
50.0
〃
20
36
×
60.0
〃
30
を平方メートルに換算する場合
簡易換算表を用いるときは、
①
27インチ×15.0ヤード、30インチ×50.0ヤード、36インチ×60.0ヤードに対応する換算平方メート
ル数(太枠内)を見出しそれぞれに15、20、30を乗ずれば換算による平方メートル数が得られます。
②
次に①から得られたそれぞれの平方メートル数を加えれば平方メートル単位の合計数になります。
(計算式)
27インチ×15.0ヤード
9.4064平方メートル×15=
141.10平方メートル
30
〃
×50.0
〃
34.8386
〃
×20=
696.77
〃
36
〃
×60.0
〃
50.1676
〃
×30=1,505.03
〃
メートル法に換算した総面積(小数点以下四捨五入)
- 20 -
2,343平方メートル
(通常の計算式)
{(27インチ×0.0254メートル)×(15.0ヤード×0.9144メートル)}×15=
141.10平方メートル
{(30
〃
×0.0254
〃
)×(50.0
〃
×0.9144
〃
)}×20=
696.77
〃
{(36
〃
×0.0254
〃
)×(60.0
〃
×0.9144
〃
)}×30=1,505.03
〃
2,342.90平方メートル
注:織物の単位“ひき”は、「疋」或いは「匹」と表示されますが、近年では「疋」の表示が多くなって
おり、「疋」と「匹」の表示の違いは次のようになります。
①
「疋」は、主として絹・人絹織物(合成繊維織物を含む。)の広幅1枚(反)をいいます。
②
「匹」は、主として小幅織物2枚(反)分をいいます。
(例、国内向着尺(和服生地)用)
(2)
鯨尺ものを平方メートルに換算する場合-主として絹の小幅織物、帯地類(取り扱い単位反または本
→㎡)
生絹、羽二重、壁、絽、綸子、縮緬、綸子縮緬、紋縮緬、紋紗縮緬、絽縮緬、銘仙、糸織、紬、上布、
御召、夜具地、裏地、風呂敷地、座布団地、帯揚腰紐地、丸帯地、児帯、兵児帯、名古屋帯、袋帯地、
単帯、表具地、人平、ドビー変織、フジエット、パレス、ボイル、神官装束地、法衣地。
鯨
尺 規 格
幅
鯨
長
寸 鯨 尺
換
算
平
方
メートル
鯨 尺 規
幅
格
長
鯨 寸 鯨
尺
換
算
平
方
メートル
鯨
尺 規 格
幅
鯨
長
寸 鯨 尺
換
算
鯨 尺
規 格
換
算
平
方
幅
長
平
方
メートル
鯨 寸
鯨 尺
メートル
4.0
〃
〃
4.4
〃
1.0
8.0
8.3
1.0
8.3
0.0574
0.4592
0.4764
0.0631
0.5240
8.3
〃
9.0
〃
〃
1.0
10.8
1.0
6.0
6.1
0.1191
1.2862
0.1291
0.7748
0.7878
9.5
9.6
〃
〃
10.0
83.0
1.0
64.0
83.0
1.0
11.3141
0.1377
8.8160
11.4332
0.1435
15.0
16.0
〃
16.5
〃
32.0
1.0
34.0
1.0
32.0
6.8875
0.2296
7.8058
0.2368
7.5762
〃
4.5
〃
4.9
〃
9.0
1.0
9.5
1.0
9.0
0.5682
0.0646
0.6134
0.0703
0.6328
〃
〃
〃
9.2
〃
8.0
8.3
62.5
1.0
30.0
1.0331
1.0719
8.0713
0.1320
3.9603
〃
〃
10.5
〃
12.0
35.0
62.0
1.0
35.0
1.0
5.0221
8.8963
0.1507
5.2732
0.1722
17.0
〃
17.5
〃
18.0
1.0
50.0
1.0
12.0
1.0
0.2439
12.1966
0.2511
3.0133
0.2583
〃
5.0
〃
6.0
〃
9.5
1.0
44.0
1.0
9.0
0.6679
0.0717
3.1568
0.0861
0.7748
9.5
〃
〃
〃
〃
1.0
20.0
30.0
31.0
32.0
0.1363
2.7263
4.0894
4.2258
4.3621
〃
〃
〃
〃
12.5
9.3
10.0
28.0
60.0
1.0
1.6013
1.7219
4.8212
10.3312
0.1794
〃
〃
〃
19.5
〃
11.0
25.0
60.0
1.0
43.0
2.8411
6.4570
15.4969
0.2798
12.0316
7.7
〃
7.8
〃
8.0
1.0
10.3
1.0
10.5
1.0
0.1105
1.1380
0.1119
1.1752
0.1148
〃
〃
〃
〃
〃
40.5
43.0
60.0
61.0
62.0
5.5208
5.8615
8.1789
8.3152
8.4515
〃
13.0
〃
14.4
〃
9.0
1.0
11.0
1.0
10.0
1.6143
0.1865
2.0519
0.2066
2.0662
20.0
〃
24.0
〃
〃
1.0
61.0
1.0
60.0
73.0
0.2870
17.5057
0.3444
20.6625
25.1393
〃
〃
10.0
10.5
1.1479
1.2053
〃
〃
63.0
71.0
8.5878
9.6784
〃
15.0
10.3
1.0
2.1282
0.2152
- 21 -
〔計算例〕
幅(鯨寸)
長さ(鯨尺)
9.5
×
20.0尺の規格のものが150反
13.0
×
11.0
〃
200
18.0
×
25.0
〃
300
を平方メートルに換算する場合
簡易換算表を用いるときは、
①
9.5寸×20.0尺、13.0寸×11.0尺、18.0寸×25.0尺に対応する換算平方メートル数(太枠内)を見
出し、それぞれに150、200、300を乗ずれば換算による平方メートル数が得られます。
②
次に①から得られたそれぞれの平方メートル数を加えれば平方メートル単位の合計数になります。
(計算式)
9.5寸×20.0尺
2.7263平方メートル×150 =
408.95平方メートル
13.0〃×11.0〃
2.0519
〃
×200 =
410.38
〃
18.0〃×25.0〃
6.4570
〃
×300 =1,937.10
〃
メートル法に換算した総面積(小数点以下四捨五入)2,756平方メートル
(通常の計算式)
{(0.95尺×0.3788メートル)×(20.0尺×0.3788メートル)}×150=
408.94平方メートル
{(1.30〃×0.3788メートル)×(11.0〃×0.3788メートル)}×200=
410.38
〃
{(1.80〃×0.3788メートル)×(25.0〃×0.3788メートル)}×300=1,937.11
〃
2,756.43平方メートル
(3)
曲尺のものを平方メートルに換算する場合-(1)、(2)以外のもの
鼻緒地
絵絹
絖
曲
尺
規
幅
格
換
算
曲
長
尺
規
幅
格
寸
曲
10.0
〃
12.0
〃
13.0
〃
14.0
〃
15.0
尺
1.0
75.0
1.0
75.0
1.0
75.0
1.0
75.0
1.0
曲
尺
規
幅
格
寸
15.0
18.0
〃
〃
20.0
〃
23.0
〃
25.0
曲
尺
75.0
1.0
18.0
75.0
1.0
75.0
1.0
75.0
1.0
寸
25.0
30.0
〃
35.0
〃
40.0
〃
60.0
〃
曲
尺
75.0
1.0
75.0
1.0
75.0
1.0
75.0
1.0
75.0
〔計算例〕
幅(曲寸)
長さ(曲尺)
15.0
×
75.0
23.0
×
75.0
〃
80
40.0
×
75.0
〃
120
の規格のものが 60本
- 22 -
算
平方メートル
曲
10.3285
0.1653
2.9746
12.3942
0.1836
13.7714
0.2112
15.8371
0.2295
換
長
平方メートル
曲
0.0918
6.8857
0.1102
8.2628
0.1194
8.9514
0.1285
9.6399
0.1377
算
長
平方メートル
曲
換
を平方メートルに換算する場合
17.2142
0.2754
20.6570
0.3123
24.0999
0.3672
27.5427
0.5509
41.3141
簡易換算表を用いるときは、
①
15.0寸×75.0尺、23.0寸×75.0尺、40.0寸×75.0尺に対応する換算平方メートル数(太枠内)を見
出し、それぞれに60、80、120を乗ずれば換算による平方メートル数が得られます。
②
次に①から得られたそれぞれの平方メートル数を加えれば平方メートル単位の合計数になります。
(計算式)
15.0寸×75.0尺
10.3285平方メートル× 60 =
619.71平方メートル
23.0〃×75.0〃
15.8371
〃
× 80 =1,266.97
〃
40.0〃×75.0〃
27.5427
〃
×120 =3,305.12
〃
メートル法に換算した総面積(小数点以下四捨五入) 5,192平方メートル
(通常の計算式)
{(15.0寸×0.0303メートル)×(75.0尺×0.3030メートル)}× 60=
619.71平方メートル
{(23.0〃×0.0303メートル)×(75.0〃×0.3030メートル)}× 80=1,266.96
〃
{(40.0〃×0.0303メートル)×(75.0〃×0.3030メートル)}×120=3,305.12
〃
5,192.79平方メートル
- 23 -
調査 票の オ ンラ イ ン提 出に つ いて
生産動態統計調査などの調査票をオンラインで提出するには、企業・事業所と経済産業
省の間をインターネットなどの情報ネットワークで結び、各種の調査票の回答やデータの
提供を行う「政府統計オンライン調査システム」を利用することになります。
システム利用に関する手続きの流れ及び「オンライン提出希望確認書」の記入要領、提
出方法、提出先は以下のとおりです。
システム利用手続きの流れ
①「オンライン提出希望確認書」の入手
企
業
・
事
業
所
②「オンライン提出希望確認書」
の記入・提出
③「政府統計オンライン調査システム」
ログイン情報等の受領
経
済
産
業
省
④回答データのオンライン提出
(1) システム利用手続きの流れ
①「オンライン提出希望確認書」の入手
2 7 ペ ー ジ に 「 オ ンラ イ ン 提 出 希望 確 認 書」【新 規 届 】の 様 式 が あり ま す の で、 コ
ピ ー し て 利 用 し て く だ さ い 。 な お 、 経 済 産 業 省 ホ ー ム ペー ジ か ら も 様式 ( PDF形式 )
の取得が可能です。
http://www.meti.go.jp/statistics → 「 調査に ご協力 いただ いてい る方へ 」メ
ニュー内「オンラインによる統計報告」→「3.オンライン提出希望確認書」
②「オンライン提出希望確認書」の記入・提出
「オンライン提出希望確認書」に必要事項を記入し、経済産業省へ郵送又はFAX
で送信してください。なお、電話などで記入内容の確認をする場合があります。
③「政府統計オンライン調査システム」ログイン情報等の受領
経 済 産 業 省 か ら、「 政府 統 計 オン ラ イ ン 調 査シ ス テ ム 」に ロ グ イ ンす る 際 に 必要 な
ID、確認コードを記載した資料及び操作説明書などを郵送します。
④ 回答データのオンライン提出
調査票提出日までに、オンラインによる調査票データの提出をしてください。
なお、初回月(1回目)のオンライン提出の際は、オンライン提出された調査票デー
タの内容確認が必要なため、調査票(紙)も併せて提出してください。
- 24-
(2) オンライン提出希望確認書記入要領
① オンライン開始希望時期
・何月分の調査票の提出からオンライン開始を希望するのか記入してください。
② オンライン登録情報
・「 オ ン ラ イ ン 担 当 者名 」 欄 に は、 実 際 に 「 政府 統 計 オ ンラ イ ン 調 査シ ス テ ム 」を 利
用してオンライン提出を行う担当者名を記入してください。
・「 E-MAILア ド レ ス 」 欄に は 、 オン ライ ン担 当 者が 業務 で使 用 して いる E-MAILア ドレ
スを記入してください。記入したE-MAILアドレスには、オンライン提出後に受付状
況の確認通知が届きます。
③ システム環境
・「 OSバ ー ジョ ン 」 欄 は 、記 入 例 を 参考 に 使 用 パソ コ ン の OS及 び 詳細 な バ ー ジョ ン情
報を確認の上、記入してください。
【記入例】「OS名(Windows XP)バージョン(5.1
Service Pack 2)」
【確認方法(Windowsの場合)】以下の方法で確認できます。
「マイコンピュータ」のアイコン上で右クリックし、
「開く」→「ヘルプ」→「バー
ジョン情報」
・「 ブ ラ ウ ザ ソ フ ト 」欄 は 、 記 入例 を 参 考 に 使用 ブ ラ ウ ザソ フ ト 及 び詳 細 な バ ージ ョ
ン情報を確認の上、記入してください。
※ブラウザソフトが複数インストールされている場合は、オンライン提出する際に
使用するブラウザソフトについてのみ記入してください。
【記入例】「ブラウザ名(Internet Explorer)バージョン(6.0.2800.1106)」
【確認方法(Internet Explorerの場合)】以下の方法で確認できます。
ブラウザ画面を起動し、「ヘルプ」→「バージョン情報」
・「PDF閲覧ソフト」欄は、記入例を参考にAdobe Readerのバージョン情報を確認の上、
記入してください。
【記入例】「Adobe Reader バージョン(7.0.9)」
【確認方法】以下の方法で確認できます。
Adobe Readerを起動し、「ヘルプ」→「Adobe Reader X について」
※政府統計オンライン調査システムを利用する際に必要なパソコンの利用環境につい
ては、26ページで確認してください。
④ オンライン提出調査票
・「 事 業 所 番 号 」 欄 には 、 オ ン ライ ン 担 当 者 が調 査 票 デ ータ の オ ン ライ ン 提 出 を担 当
する事業所の事業所番号を記入してください。
・「 調 査 票 番 号 」 欄 には 、 事 業 所ご と に オ ン ライ ン 提 出 する 調 査 票 番号 を 記 入 して く
ださい。一部オンライン提出しない調査票がある場合は、当該調査票番号は記入し
ないでください。
・1事業所の調査票番号を1行に書くことができない場合は、次の行に記入してくだ
さい。
・ 記 入 欄 が 足 り な い 場合 は 、「 オン ラ イ ン 提 出希 望 確 認 書」 を コ ピ ーし 、 2 枚 目以 降
に記入してください。
- 25-
(3)「オンライン提出希望確認書」の記載内容に変更が生じた場合
「オンライン提出希望確認書」の記載内容に変更が生じた場合は、28ページの「オ
ン ラ イ ン提 出 希 望 確 認書 」【 変 更届 】 に 変 更内 容 を 含 む全 て の 項 目 を記 入 し 、 提出 して
ください。様式(PDF形式)の入手方法及び提出先は、前記【新規届】と同様です。
(4) 調査に関する問い合わせ先
経済産業省 大臣官房調査統計グループ 鉱工業動態統計室
電話:03-3501-1645(直通)
FAX:03-3501-5839
(5)「オンライン提出希望確認書」の提出先及び「政府統計オンライン調査システム」に
関する問い合わせ先
〒100 - 8902 東京都千代田区霞が関1-3-1
経済産業省 大臣官房調査統計グループ
統計情報システム室 オンライン調査担当
電話:03-3501-1090(直通)
FAX:03-3501-5832
e-Mail : [email protected]
【参考】パソコンの利用環境について
政 府 統 計 オ ン ラ イ ン 調 査 シ ス テ ム は 、 イ ン タ ーネ ッ ト を 利用 し た シ ステ ム で す 。利 用
に当たっては、以下のシステム環境及び通信環境が必要です。
●システム環境
・オペレーティングシステム(OS)
Windows 7
Windows Vista
Windows XP
Windows 2000 (SP4)
MacOS X v10.5
MacOS X v10.4
・ブラウザソフト
Internet Explorer 8
Internet Explorer 7
Internet Explorer 6
Safari 3
Safari 2
Firefox 3 (MacOSを除く)
・PDF利用ソフト
Adobe Reader 7.0.9以上
●通信環境
ADSL等のブロードバンド環境を推奨します。
なお、利用環境の最新情報は以下のURLから確認してください。
https://login.e-survey.go.jp/saslogin-inet/guide/attention.html
- 26-
政府統計オンライン調査システム
オンライン提出希望確認書(経済産業省)
【 新規届 】
平成
※当省記入欄
オンライン開始希望時期
オンライン登録情報
平成
年
年
月分の提出から
月
日
希望時期を必ず記入ください。
実際にシステムを操作される方についてご記入ください。ご担当者が複数の場合は代表者名とします。
オンライン担 当 者 名
担当者企業名
担当者部署名
電 話 番 号
内線(
)
F A X 番 号
E-MAILア ドレス
資 料 送 付 先
〒(
-
)
システム環境
政府統計共同利用システムで使用するパソコンの環境についてご記入ください。
OSバ ー ジ ョ ン
・ OS名(
)バ ー ジ ョ ン(
)
ブラウザソフト
PDF閲 覧 ソ フ ト
・ ブ ラ ウ ザ 名(
Adobe Reader バ ー ジ ョ ン (
)バ ー ジ ョ ン(
) 例:バージョン(
)
オンライン提出調査票
7.0.9 )
事業所ごとにオンライン提出に移行する調査票番号をご記入ください。
事業所番号
調 査 票 番 号
調 査 票 に 印 刷 さ れ た 4桁 番 号 で す 。
経 済 産 業 省 が 指 定 し た 10桁 番 号
1つの事業所で8種類以上になる場合は、次の行に続けて記入してください。
・政府統計オンライン調査システム運用にかかる事務の目的を超えて、個人情報を利用したり提供することはありません。
《問い合わせ先》
経済産業省大臣官房調査統計グループ統計情報システム室
TEL:03-3501-1090
FAX:03-3501-5832
オンライン調査担当
e-Mail:[email protected]
- 27 -
( 2012.9 様 式 指 定 )
政府統計オンライン調査システム
オンライン提出希望確認書(経済産業省)
【 変更届 】
平成
年
調査対象者ID
月
日
現在ご利用のIDをご記入ください。
以下につきまして、変更内容を含むすべての項目をご記入ください。
オンライン登録情報
オンライン担 当 者 名
実際にシステムを操作される方についてご記入ください。ご担当者が複数の場合は代表者名とします。
担当者企業名
担当者部署名
電 話 番 号
内線(
)
F A X 番 号
E-MAILア ドレス
資 料 送 付 先
〒(
オンライン提出調査票
-
)
事業所ごとにオンライン提出をしている調査票番号をご記入ください。
オンライン提出に追加する調査票番号がある場合、番号をご記入後、○で囲ってください。
事業所番号
調 査 票 番 号
経 済 産 業 省 が 指 定 し た 10桁 番 号
調 査 票 に 印 刷 さ れ た 4桁 番 号 で す 。
1つの事業所で8種類以上になる場合は、次の行に続けて記入してください。
(備考欄)
・政府統計オンライン調査システム運用にかかる事務の目的を超えて、個人情報を利用したり提供することはありません。
ご注意ください
調査票に表示されている企業名や事業所名等の名簿情報については、自動で更新されません。
調 査 票 送 付 時 に 修 正 の 上 、 送 信 を お 願 い し ま す 。 ※操作マニュアルの「名簿情報の変更方法」をご参照ください
《問い合わせ先》
経済産業省大臣官房調査統計グループ統計情報システム室
TEL:03-3501-1090
FAX:03-3501-5832
オンライン調査担当
e-Mail:[email protected]
- 28 -
( 2012.9 様 式 改 定 )
経 済 産 業 省 生 産 動 態 統 計 調 査
織 物 生 産 月 報
秘
㸫 㸬
〇ࠉ
ရ
㸫
(平成 23
5 年
⥲ࠉ
単 位
番 号
㎡
0101
そ
毛
㎡
0102
紡
毛
㎡
0103
物 ㎡
0104
生 産
受 入
A
B
品 目
織
絹
・
絹
ビ
ス
人
絹 ・ ア
コ
ー
ス
セ
織
ス
テ
フ
ー
ト
㎡
0108
そ の 他 の 長 繊 維
㎡
0109
イ
ポ
リ
ス
ル
㎡
0110
㎡
0111
ヤ
エ
ス
コ
番
号
糸染
物
番
号
き
テ
ー
オ
な
テ
そ の 他 の 短 繊 維
紡
毛
そ 毛
毛
織
物
織
0107
㎡
ん
生 ポプリン・ブロード
ポプリン・ブロード
地
粗布・
んじく・
細布・
ネル
・て
てんじ
く
・細布
・ネル
︵ 粗布
糸 ク
ク
レ
ー
プ
レ
ー
プ
晒
あ
や
類
や
類
し あ
朱
子
を 朱
子
含 別 珍 ・ コ ー ル 天
白もめん
・包帯
・ガーゼ
む
白もめん・ 包帯・ ガーゼ
︶ そ
の 他 の 生 地
そ の 他 の 生 地
ギ
ン
ガ
ム
ギ
ン
ガ
ム
糸 そ
の 他 の 糸 染
染 そ の 他 の 糸 染
男
子
服
地
子
服
地
そ 男
婦 人 児 服 地
婦 人 児 服 地
そ の 他 の そ 毛
毛 そ の 他 の そ 毛
男
子
服
地
子
服
地
紡 男
婦 人 児 服 地
婦 人 児 服 地
毛
布
地
毛
布
地
そ
の
他
の
紡
毛
毛 そ の 他 の 紡 毛
羽
二
重
類
二
重
類
広 羽
ク
レ
ー
プ
類
ク レ ー プ 類
生地︵糸晒しを含む︶
綿
織
物
毛
0106
ロ
エ
品 目
品
目
物
㎡
ン
リ
項 項 目
目
織
0105
物
ル
イ
ポ
㸫 㸬製
〇品
ရ−
㸫⏕
1−2.
生⏘
産ෆ
内ヂ
訳
綿
物 ㎡
織
ナ
タ
か
織
短繊維
成 繊 維
その他
タ
紡
長繊維
合
物
毛織物
織
ド kg
0112
ル kg
0113
༢఩㸸੍
単位:㎡
0122
0122
0123
0123
小幅
広 幅
絹・絹紡織物
業
目
目
0124
0124
0125
0125
0126
0126
0127
0127
0128
0128
0129
0129
0130
0130
0131
0131
0132
0132
0133
0133
0134
0134
0135
0135
0136
0136
0137
0137
0138
0138
0139
0139
0140
D
月
10
日
2 部
月末在庫
E
務
区
A
分
単位:人
番
月 末 従 事 者 数
号
A
織 物 部 門 0301
事
業
所 0302
4. 設
備
区
一般織機
(力織機)
イ
ロ
ン 0157
0158
タイヤ ナ
コード ポ リ エ ス テ ル 0158
0159
分
番
単位:台
月 末 保 有 台 数 月間平均実働台数
号
A
B
無ひ織機 0401
有ひ織機 0402
kg
タ オ ル 織 機 0403
kg
注1.「1−2.製品−生産内訳」には「1−1.製品−総合」の
生産内訳についてのみ記入してください。
2.広幅とは織り上げ幅 50.8cm以上、小幅とは織り上げ幅
50.8cm未満の織物をいいます。
注:有ひ織機には、 手機・足踏機は含めないでください。
備 考
本 社 又 は (〒
本 店 所 在 地
−
)(電話
(〒
−
)
作 成 者 の
所 属 部 署 名
及 び 氏 名
者
名
日作成)
統計調査番号
調 査 票 番 号
(電話
年
A 0 7 3 1 1 0 2 0 1 31 平成 23.1改正
3. 労
産
ポリエステル短繊維
報
の
月
翌
フ
事業所所在地
年
C
タ 0147
0148
の
他
の
長 繊 維 そ
0149
ナ イ ロ ン 長 繊 維 0148
成 ポ 長 タ
フ
タ 0149
0150
デ
シ
ン 0150
0151
繊 リ
ジ ョ ー ゼ ッ ト 0151
0152
繊
エ
ポ ン ジ ー 0152
0153
維
加 工 糸 織 物 0153
0154
ス
の
他
の
維 そ
0155
織
ポ リ エ ス テ ル 長 繊 維 0154
テ
短 ポプリン・ ブロード 0155
0156
そ
の
他
の
物 ル 繊
0157
0156
維
名
(平成
そ の 他
単位:㎡
生
番
号
事 業 所 名
告
氏
販 売
0145
生
地 モ ス リ ン 0144
ビスコース
(糸晒しを含む) その他の生地 0145
0146
スフ織物
先
染 0146
0147
合 ナイロン タ
絹
・
先 練( 先 染 ) 0140
絹 幅 先 練 ( 先 染 ) 0141
類 0141
紡 小 ち
ち り
り め
め ん
ん 類
0142
織 幅 先 練( 先 染 ) 0142
先 練 ( 先 染 ) 0143
物
そ
後染
染 ))0143
その
の他
他の
の後
後 練(
練(後
0144
企
項
品
0121
日
提 出
出 部
部 数
提
出 荷
1−2.製品−生産内訳(つづき)
生 産産
生
A
提 出
出 期
提
月分)
ྜ
物
項 目
綿
基
基
幹
統
計
経済
済産
産業 省 生 産 動 態 統 計
経
提
出
提
出
先 都 道 府 県 知 事
経済産業省(鉱工業動態統計室)
月分
事
都道府県
−
−
)
−
−
)
業
所
整
理
番
番
号
号
全国集計結果表
「織物生産月報」につきましては、毎月ご協力いただきありがとうございます。皆様から毎月提出されました調査票をもとに、
「全国集計結果表」を下表に取りまとめました。また、経済産業省のホームページでも、毎月主要品目を公表していますので
ご利用ください。 ( http://www.meti.go.jp/statistics )
織物、タイヤコード、タオルの生産推移
平成24年6月時点
年
織物合計
月
2 毛織物 (1)~(2)
1 綿織物
1~7
単位:千m2
(1) そ毛織物
(2) 紡毛織物
3 絹・絹紡織物合計
(1)~(2)
平成
21
22
23
年
1,066,893
982,553
1,127,032
220,822
124,322
128,034
38,304
32,355
29,816
33,733
27,881
25,356
4,572
4,474
4,461
9,955
3,611
3,152
平成23
年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
86,308
90,839
96,987
97,456
91,003
96,442
96,460
90,264
94,725
94,943
97,912
93,693
9,954
10,862
11,521
11,696
10,360
11,465
11,510
10,153
10,215
9,713
10,605
9,981
2,225
2,318
2,738
2,535
2,446
2,765
2,680
2,445
2,445
2,370
2,517
2,332
1,877
1,969
2,292
2,118
2,052
2,303
2,268
2,036
2,086
2,101
2,203
2,052
348
350
445
417
394
462
413
409
359
269
314
280
245
266
273
302
256
280
255
239
242
252
270
273
平成24
年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
88,488
95,119
93,787
93,046
87,460
91,744
9,392
10,776
10,366
10,507
9,818
10,253
2,317
2,448
2,572
2,514
2,403
2,587
1,973
2,089
2,222
2,139
2,080
2,174
344
359
350
375
323
413
234
239
242
242
252
258
年
月
(1) 絹織物(純)
(2) 絹(交織)・
絹紡織物
5 ビスコーススフ織 6 人絹・アセテート 7 合成繊維織物合
織物
計 (1)~(2)
物
4 麻織物
平成
21
22
23
年
9,295
3,192
2,903
660
420
249
1,661
562
538
65,784
59,222
61,026
31,362
32,839
37,265
699,006
729,643
867,201
平成23
年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
232
250
257
254
241
263
239
220
220
230
252
244
13
16
15
48
15
17
17
19
22
21
18
30
50
45
39
34
34
35
40
40
49
51
63
58
4,265
4,840
4,983
4,990
4,979
5,286
5,459
4,696
5,505
5,356
5,502
5,165
2,964
3,196
3,275
3,163
3,035
2,997
2,983
3,103
3,217
3,188
3,107
3,037
66,605
69,313
74,158
74,736
69,893
73,615
73,531
69,589
73,052
74,013
75,848
72,847
平成24
年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
220
226
228
228
239
245
14
13
14
15
13
13
30
43
55
30
27
32
3,987
4,443
4,408
4,462
3,805
4,228
2,779
3,182
2,856
2,735
2,636
2,481
69,750
73,988
73,288
72,557
68,520
71,905
- 30 -
単位:千m2
(1) 合成繊維長繊維織物計①~③
年
(2) 合成繊維短繊維織物計①~③
月
① ナイロン
②ポリエステル
③ その他の長繊維
① アクリル
平成
21
22
23
年
508,363
571,937
690,561
106,509
116,912
135,788
375,095
367,876
413,808
26,760
87,149
140,965
190,642
157,706
176,640
6,309
1,013
5,990
平成23
年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
52,850
55,013
58,841
59,097
55,228
57,806
58,155
56,164
58,615
59,174
61,187
58,431
10,163
10,246
11,472
11,368
11,027
11,283
11,491
11,239
11,895
11,514
12,369
11,721
31,922
32,660
35,162
35,117
33,277
34,936
34,875
33,922
34,723
35,876
36,539
34,800
10,765
12,107
12,207
12,612
10,925
11,587
11,789
11,002
11,997
11,784
12,279
11,909
13,755
14,300
15,317
15,639
14,665
15,809
15,376
13,425
14,437
14,839
14,661
14,416
413
486
424
406
595
900
962
348
109
306
646
395
平成24
年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
56,496
60,596
59,485
59,336
55,918
58,575
11,774
12,580
12,478
11,297
10,510
10,562
34,402
36,324
34,286
33,194
32,362
33,366
10,320
11,692
12,721
14,844
13,046
14,647
13,254
13,392
13,803
13,221
12,601
13,330
293
465
279
271
138
252
年
月
②ポリエステル
③ その他の短繊維
タイヤコード
(トン)
タオル
(トン)
平成
21
22
23
年
153,494
126,335
139,196
30,840
30,358
31,454
46,037
62,505
62,088
15,084
11,682
12,114
平成23
年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
10,966
11,357
12,302
12,690
11,550
12,270
11,663
10,402
11,705
11,819
11,200
11,273
2,376
2,457
2,590
2,544
2,520
2,639
2,751
2,675
2,623
2,714
2,816
2,749
5,023
5,224
5,388
5,099
4,982
5,422
5,467
4,675
5,502
5,475
5,148
4,683
968
1,014
1,024
1,012
978
1,023
1,018
944
974
1,034
1,064
1,060
平成24
年
1月
2月
3月
4月
5月
6月
10,381
10,178
10,502
10,042
9,717
10,241
2,580
2,748
3,022
2,908
2,746
2,838
4,709
5,239
5,483
5,250
4,807
4,993
885
963
976
969
936
961
- 31 -
Fly UP