...

お礼>社会科学部第22回合同クラス会へ ご出席の

by user

on
Category: Documents
18

views

Report

Comments

Transcript

お礼>社会科学部第22回合同クラス会へ ご出席の
平成 27 年 10 月吉日
第 22 回社会科学部合同クラス会へ ご出席の皆様へ
社会科学部稲門会
拝啓
錦秋の候、早稲田大学 社会科学部卒業生の皆様におかれましては、お元気で秋を楽しん
でいらっしゃることと思います。
さて、去る 10 月 18 日に第 22 回社会科学部合同クラス会が 18 号館国際会議場にて開催
されました折には、ご多忙中にもかかわらずご出席を賜り誠にありがとうございました。
厚く御礼申し上げます。
当日の稲門祭におきましては、来年 2016 年が社学 50 周年ということもあり、合同クラ
ス会の前に、50 周年記念プレイベントを盛りこみ、井深ホールにて榛葉健監督の映画「う
たごごろ」の上映、水無田気流さんの特別講演、同会議場での自主講演 2 本という真面目
な「勉強講座」を開催いたしました。
合同クラス会は、1971 年(昭和 46 年)卒業の実行委員長・長谷川勤さん(2 期生)の「お
帰りなさい、早稲田へ。
」からはじまる心に染み入る素晴らしいご挨拶で始まりました。ま
た、ご来賓の照屋先生のエネルギッシュな「14 号館義理・人情論」、そして応援部OB5 名
による男のロマン「人生劇場」、肩組みながら歌う「早稲田の栄光」
「紺碧の空」
「都の西北」
の合唱と続き、久しぶりに早稲田を満喫し楽しい時間をお過ごしいただけた事と思います。
これもひとえに皆様の日頃からのご支援の賜物と厚く感謝申し上げる次第です。
社会科学部は来年 2016 年(平成 28 年)に学部創設 50 周年を迎えます。われわれ社会科
学部稲門会は、学部との更なる連携強化や在学生との交流を深め、校友会ともパートナー
シップを構築し、名実ともに「三位一体
学部稲門会」に相応しい活動を展開しています。
その新たなるステップアップの最大のステージが「学部創設 50 周年記念事業」です。
今後の活動においても卒業生の皆様のより一層のご支援をお願い申し上げます。
「楽しくな
ければ社学稲門会ではない」そんな未来志向の社会科学部稲門会を目指して、皆様と共に
活動していきたいと思います。
末筆になりましたが、皆様の今後益々のご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。
敬具
Fly UP