...

緑区リユース食器利用促進補助金事業補助金交付要綱

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Transcript

緑区リユース食器利用促進補助金事業補助金交付要綱
緑区リユース食器利用促進補助事業補助金交付要綱
制
定
最近改正
平成20年4月1日 緑地振第1837号(区長決裁)
平成27年3月24日 緑地振第1861号(区長決裁)
(目的及び事業主体)
第1条 この要綱は、緑区内で開催するイベント又は会議等の事業において、リユース食
器を導入するために必要なレンタル費用又は購入費用の一部について、予算の範囲内で
緑区リユース食器利用促進補助事業補助金(以下「補助金」という。)を交付するために
必要な事項を定める。
2 補助金は、3R(リデュース・リユース・リサイクル)の普及啓発及び環境負荷の軽
減を効果的に推進することを目的として交付する。
3 補助金の交付については、横浜市補助金等の交付に関する規則(平成17年11月横浜市
規則第 139 号。以下「補助金規則」という。)に定めるもののほか、この要綱の定めると
ころによる。
(用語の定義)
第2条 この要綱における用語の意義は、補助金規則の例による。
2 この要綱において、
「リユース食器」とは、飲食を伴うイベント又は会議等の事業で使
い捨て容器の替わりに使用されるもので、使い捨てではなく、洗うことにより何度も繰
り返し使用可能な食器をいう。
(補助事業等)
第3条 この要綱における補助事業等は、次の各号に該当するものとする。
(1) 補助事業者等が緑区内で開催するイベント又は会議等の事業
(2) その他、区長が必要と認める事業
(補助事業者等)
第4条 この要綱における補助事業者等は、緑区内の自治会・町内会、商店会及びNPO
等の団体(以下「団体」という)とする。
(補助金額)
第5条 補助率及び補助金額の上限は次のとおりとする
(1) リユース食器の購入
購入費用の全額とし、5万円を限度とする。
(2) リユース食器のレンタル
レンタル費用の3分の2とし、3万円を限度とする。
(補助金の交付申請)
第6条 補助金規則第5条第1項の規定により区長が定める補助金交付申請書の提出期限
は、原則として事業実施日の1か月前までとする。
2 補助金規則第5条第1項の規定により補助金の交付を受けようとする者が提出する書
類は、緑区リユース食器利用促進補助事業補助金交付申請書(第1号様式)を用いなけ
ればならない。
3
補助金規則第5条第2項第1号の規定により補助金交付申請書に添付する書類は、事
業計画書(第2号様式)を用いなければならない。
4 補助金規則第5条第2項第5号の規定により区長が必要と認める補助金交付申請書へ
の添付書類は、次の各号に掲げるものとする。
(1) リユース食器導入経費見積書の写し
(2) 法人の場合は、役員名簿(第3号様式)
(3) 団体の規約、会則その他これらに類する書類
5 補助金規則第5条第3項の規定により区長が補助金交付申請書への記載を省略させる
ことができる記載事項及び添付書類は、次の各号に掲げるものとする。
(1) 補助金規則第5条第1項第3号に規定する事項の記載(補助事業等の経費の配分及
び使用方法、補助事業等の完了の予定期日その他補助事業等の遂行に関する計画)
(2) 補助金規則第5条第2項第2号に規定する書類(補助金等の交付の申請時における
補助金等の交付を受けようとする者の資産及び負債に関する事項を記載した書類)
(3) 補助金規則第5条第2項第3号に規定する書類(補助事業に係る収支予算書又はこ
れに代わる書類)
(4) 補助金規則第5条第2項第4号に規定する書類(補助事業等の経費のうち補助金等
によって賄われる部分以外の部分の負担者、負担額及び負担方法を記載した書類)
(交付の決定)
第7条 区長は、前条の補助金交付申請があったときは、その内容を審査し、補助金の交
付の可否について決定するものとする。
2 区長は、前項の場合において、団体に対して、審査のために必要と認める書類の提出
を求めることができる。
(補助金の不交付決定通知及び交付決定通知)
第8条 補助金規則第6条第3項の規定による補助金を交付しない旨の決定通知は、緑区
リユース食器利用促進補助事業補助金不交付決定通知書(第4号様式)により行うもの
とする。
2 補助金規則第8条の規定による補助金交付決定通知書は、緑区リユース食器利用促進
補助事業補助金交付決定通知書(第5号様式)により行うものとする。
(交付の条件)
第9条 補助金規則第7条第4号の規定により区長が補助金の交付の目的を達成するため
に必要と認めて付する条件は、次のとおりとする。
(1) リユース食器は、紙製、発泡スチロール製以外でできた製品で、繰り返し使用する
ことを目的としたメラミン、ポリプロピレンや強化磁器等の割れにくく、破損しにく
い食器であること。
(2) リユース食器をレンタルする場合は、リース事業者からレンタルすること
(3) 団体は、リユース食器を衛生的に洗浄保管できる設備を持っていること。
(申請の取下げの期日)
第10条 補助金規則第9条第1項の規定により区長が定める補助金交付申請の取下げの期
日は、団体が交付決定通知書の交付を受けてから10日後の日とする。
(事業実績報告)
第11条 補助金規則第14条第1項第1号及び第2号の規定により補助事業者等が区長へ提
出する書類は、次の各号に掲げるものとする。
(1) 緑区リユース食器利用促進補助事業実績報告書(第6号様式)
(2) 事業結果報告書(第7号様式)
(3) リユース食器導入経費領収証の写し
(4) リユース食器利用状況写真
2 補助金規則第14条第1項第6号の規定による区長が必要と認める書類は、リユース食
器利用状況写真とする。
3 補助金規則第14条第4項の規定により区長が報告を省略させることができる書類は、
補助金規則第 14 条第1項第3号に規定する書類(補助金事業等が完了したとき、又は補
助金等の交付の決定に係る市の会計年度が終了したときにおける補助事業者等の資産及
び負債に関する事項を記載した書類)とする。
4 補助金規則第14号第5項ただし書きの規定により区長が報告書への添付が必要と認め
る領収書等は、リユース食器導入経費の領収書の写しとする。
(補助金額の確定通知)
第12条 補助金規則第15条の規定による補助金額確定の通知は、緑区リユース食器利用促
進補助事業補助金額確定通知書(第8号様式)により行うものとする。
(補助金交付の請求)
第13条 補助金額確定通知を受けた団体は、補助金の交付を受けようとするときは、補助
金額確定通知書の写し及び緑区リユース食器利用促進補助事業補助金請求書(第9号様
式)を区長に提出しなければならない。
(決定の取消し)
第14条 補助金規則第19条の規定に基づくほか、補助事業者等が次のいずれかに該当する
場合は、区長は、補助金等の交付の決定を取り消すことができる。
(1) 補助金交付の条件に違反したとき
(2) 補助事業の実施を中止したとき
(3) 書類の記載事項に虚偽又は不正行為が認められたとき
(4) その他区長が必要と認めたとき
(暴力団の排除)
第15条 横浜市暴力団排除条例(平成 23 年 12 月横浜市条例第 51 号)に基づき、次の各号
に掲げる団体が行う事業は対象としない。
(1) 暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第 77 号。
以下「法」という。)第2条第2号に規定する暴力団をいう。)
(2) 法人にあっては、代表者又は役員のうちに暴力団員(法第2条第6号に規定する暴
力団員をいう。以下この項において同じ。)に該当する者があるもの
(3) 法人格を持たない団体にあっては、代表者が暴力団員に該当するもの
2 区長は、必要に応じ申請者又は交付の決定を受けた者が前項各号のいずれかに該当す
るかを神奈川県警察本部長に対して確認を行うことができる。
3 区長は、交付の決定を受けた者が第1項各号のいずれかに該当するときは、決定を取
り消すことができる。
(関係書類の保存期間)
第16条 補助金規則第26条の規定により区長が定める関係書類の保存期間は、補助金の交
付を受けた日に属する横浜市の会計年度の翌年度から5年間とする。
(書類の閲覧)
第17条 区長及び補助金の交付を受けた団体は、横浜市市民協働条例(平成24年6月条例
第34号)第7条第4項に基づき、この要綱第6条(第4項第 1 号及び第2号を除く)、第
8条第2項及び第 11 条(第1項第3号及び第4号を除く)に規定する書類又はその写し
を一般の閲覧に供しなければならない。
2 前項の閲覧を行う方法及び期間は、横浜市市民協働条例施行規則第4条(平成25年2
月横浜市規則第15号)に基づき、次の表のとおりに行うものとする。
区 長
横浜市緑区役所総務部地域振興課
閲覧場所
団 体
主たる事務所の所在地又は代表者の
住所その他代表者が指定する場所
午前8時45分~午後5時00分(土日 代表者が指定する時間
閲覧時間 祝日及び年末年始に伴う休庁日を除
く)
第6条(第4項第 1 号及び第2号を除く)及び第8条第2項に規定する書類
にあっては補助金の交付を受けた日から、第11条(第1項第3号及び第4号
閲覧期間
を除く)に規定する書類にあっては当該書類を区長に提出した日からそれぞ
れ2年間とする。
(委任)
第18条 この要綱に定めるもののほか、この実施に関し必要な事項は、区長が定める。
附 則
この要綱は、平成20年4月1日から施行する。
附 則
この要綱は、平成21年4月1日から施行する。
附 則
この要綱は、平成22年4月22日から施行する。
附 則
この要綱は、平成25年4月1日から施行する。
(施行期日)
この要綱は、平成27年4月1日から施行する。
第1号様式
緑区リユース食器利用促進補助事業補助金交付申請書
年
月
日
横浜市緑区長
所 在 地
団 体 名
代表者氏名
※署名の場合は、押印を省略できます。
緑区リユース食器利用促進補助事業補助金交付要綱に基づき補助金を受けたいので、関
係書類を添えて申請します。
1 交付申請額
(1) 申請区分(どちらかに☑)
□ 購入
(5万円を上限として、全額補助)
□ レンタル(3万円を上限として、補助率3分の2)
(2)
導入費用
(3)
申請額
(1)×(2)
2
=
金
円
金
円
事業目的・内容
様式2のとおり
3 添付書類
(1) 事業計画書(第2号様式)
(2) リユース食器導入経費見積書の写し
(3) 法人の場合は、役員名簿(第3号様式)
(4) 団体の規約、会則その他これらに類する書類
※この書類は、横浜市市民協働条例(平成24年6月条例第34号)第7条第4項に基づき一
般の閲覧対象になります(ただし、3(2)及び3(3)を除く)
。
横浜市暴力団排除条例第8条に基づき、暴力団員でないことを確認するため、本様式に
記載された情報を神奈川県警察本部長に照会することについて同意します。
代表者
(フリガナ)
氏
名
印
性別 男・女
代表者住所
生 年 月 日
大・昭・平
年
月
日生
第2号様式
事 業
計
画
書
団体名
事業名
期間又は期日
場所
参加人員(予定)
(枚数については、内訳も記入願います)
リユース食器利用枚数
(予定)
事業目的・内容
備考
第3号様式
役
員
名
簿
年
月
日
現在
ふりがな
役職名
代表者
氏
名
性別
生年月日
住
所
大
昭
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
平
大
昭
平
大
昭
平
大
昭
平
大
昭
平
大
昭
平
大
昭
平
大
昭
平
大
昭
平
大
昭
平
【補助金交付対象に該当する場合】
横浜市暴力団排除条例第8条に基づき、代表者又は役員に暴力団員がいないことを確認
するため、本様式に記載された情報を神奈川県警察本部長に照会することについて、同意
します。また、記載された全ての役員に同趣旨を説明し、同意を得ています。
法 人 名
代表者氏名
印
第4号様式
第
年
月
号
日
様
横浜市緑区長
緑区リユース食器利用促進補助事業補助金不交付決定通知書
年
月
日に申請がありました、緑区リユース食器利用促進補助事業補助金につ
いて次の理由により交付しないことを通知します。
申請金額
1
金
円
理由
担当:地域振興課資源化推進担当
TEL 930-2241
FAX 930-2242
第5号様式
第
年
月
号
日
様
横浜市緑区長
緑区リユース食器利用促進補助事業補助金交付決定通知書
年
月
日に申請がありました、緑区リユース食器利用促進補助事業補助金につ
いて次の条件を付けて交付します。
交付予定額
1
金
円
補助金は、申請した事業の経費のみに使用してください。
2
事業終了後、速やかに緑区リユース食器利用促進補助事業実績報告書(第6号様式)、
事業結果報告書(第7号様式)、リユース食器導入経費領収書の写し、リユース食器利用
状況写真を提出してください。
3
次の各号の一に該当したときは、補助金の交付の全部若しくは一部を取消し、又は既
に交付した補助金の全部又は一部の返還を求めることがあります。
(1) 補助金交付の条件に違反したとき
(2) 補助事業の実施を中止したとき
(3) 書類の記載事項に虚偽又は不正行為が認められたとき
(4) その他区長が必要と認めたとき
4
補助金の交付時期
交付金額確定後、請求書を受理した日から起算して 30 日以内
担当:地域振興課資源化推進担当
TEL 930-2241
FAX 930-2242
第6号様式
年
月
日
横浜市緑区長
所 在 地
団 体 名
代表者氏名
※署名の場合は、押印を省略できます。
緑区リユース食器利用促進補助事業実績報告書
年
月
日 第
号で交付決定を受けた「緑区リユース食器利用促進補助
事業」補助金に係る事業について、次のとおり関係書類を添えて報告します。
1
補助金交付予定額
金
円
2
補助金交付確定予定額
金
円
3
差額
金
円
4
添付書類
(1) 事業結果報告書(第7号様式)
(2) リユース食器導入経費領収証の写し
(3) リユース食器利用状況写真
※この書類は、横浜市市民協働条例(平成24年6月条例第34号)第7条第4項に基づき一
般の閲覧対象になります(ただし、4(2)及び4(3)を除く)
。
第7号様式
年
月
日
横浜市緑区長
所 在 地
団 体 名
代表者氏名
事
業
結
果
報
告
書
「緑区リユース食器利用促進補助事業」が終了しましたので、次のとおり報告します。
事業名
期間又は期日
場所
参加人数
レンタル・購入(いずれかに○を記入)
内訳
リユース食器
利用枚数
事業内容
第8号様式
第
年
月
号
日
様
横浜市緑区長
緑区リユース食器利用促進補助事業補助金額確定通知書
年
月
日に申請がありました、緑区リユース食器利用促進補助事業補助金につ
いては、次のとおり交付額を確定しましたので通知します。
交付確定額
金
円
担当:地域振興課資源化推進担当
TEL 930-2241
FAX 930-2242
第9号様式
緑区リユース食器利用促進補助事業補助金請求書
年
月
日
横浜市緑区長
所 在 地
団 体 名
代表者氏名
印
緑区リユース食器利用促進補助事業補助金交付要綱に基づき、緑区リユース食器利用促
進補助事業補助金を次のとおり請求します。
1
請求金額
金
円
2
添付書類
緑区リユース食器利用促進補助事業補助金額確定通知書(写)
3
振込先
フリガナ
口座名義人
銀行
信用金庫
信用組合
農協
振込先
種
目
普通 ・
当座
支店
口座番号
口座名義人が代表者と異なる場合は、以下に署名・押印してください。
上記口座に補助金をお振り込みください。
代表者氏名
㊞
Fly UP