...

ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド
目論見書補完書面
ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド
(本書面は、金融商品取引法第 37 条の 3 の規定によりお渡しするものです。)
当ファンドのお申込の前に、本書面および目論見書の内容を十分にお読みください。
投資信託はリスクを含む商品であり、運用実績は市場環境等により変動します。
したがって、元本保証はありません。
当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第 37 条の 6 の規定(いわゆるクーリ
ングオフ)の適用はありません。
●当ファンドに係る金融商品取引契約の概要
当社は、ファンドの販売会社として、募集の取扱いおよび販売等に関する事務を行います。
●当社が行う金融商品取引業の内容および方法の概要
当社が行う金融商品取引業は、主に金融商品取引法第 28 条第 1 項の規定に基づく第一種金融商品取引業で
あり、当社においてファンドのお取引を行われる場合は、原則として以下によります。
・お取引にあたっては証券総合口座の開設が必要です。
・あらかじめご注文に係る代金の全部をお預けいただきます。
・ご注文いただいたお取引が成立した場合(法令に定める場合を除きます。)には、取引報告書を交付します。
●当ファンドに係る手数料等
以下の手数料、費用の合計額をご負担いただきます。なお、これらの費用については運用状況
等により変動するため、事前に上限および合計額等を示すことができません。
お申込金額に対して、下記の手数料率を乗じて得た額とします。
1千万円未満:
3.15%(税込)
お申込手数料
1千万円以上1億円未満:
2.10%(税込)
1億円以上:
1.05%(税込)
この他、信託報酬等を合計した費用をご負担いただきます。
その他の費用
詳しくは投資信託説明書(目論見書)をご確認ください。
●当ファンドの販売会社の概要
商号等
本社所在地
加入協会
設立・資本金
トヨタファイナンシャルサービス証券株式会社
金融商品取引業者 東海財務局長(金商)第 16 号
愛知県名古屋市中区錦二丁目 17 番 21 号
日本証券業協会
設立:平成 12 年 7 月 19 日
コールセンター
連絡先
資本金:81 億円(平成 21 年 6 月末現在)
0800-500-4300(通話料無料)
営業時間:平日 9:00~18:00(年末年始を除く)
携帯電話、PHS の場合 052-239-2156(有料)
200907
ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド
追加型投信/海外/株式
※課税上は株式投資信託として取扱われます。
投資信託説明書(目論見書) 訂正事項分(2009.12)
※本書は金融商品取引法第 13 条の規定に基づく目論見書を訂正するものです。
ブラックロック・ジャパン株式会社
この冊子の前半部分は「ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド」の交付目
論見書 訂正事項分、後半部分は「ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド」
の請求目論見書 訂正事項分です。
ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド
追加型投信/海外/株式
※課税上は株式投資信託として取扱われます。
投資信託説明書(交付目論見書) 訂正事項分(2009.12)
※本書は金融商品取引法第 13 条の規定に基づく目論見書を訂正するものです。
ブラックロック・ジャパン株式会社
1.ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド(以下「当ファンド」または「ファンド」
といいます。
)の募集については、委託会社は、金融商品取引法(昭和 23 年法第 25 号)
第5条の規定により有価証券届出書を平成 21 年 11 月 16 日に関東財務局長に提出してお
り、平成 21 年 12 月2日にその届出の効力が生じております。また同法第7条の規定に
基づき有価証券届出書の訂正届出書を平成 21 年 12 月 25 日に関東財務局長に提出してお
ります。
2.当ファンドの基準価額は、同ファンドに組入れられている有価証券等の値動きの他、為
替変動による影響を受けますが、これらの運用による損益はすべて投資家の皆様に帰属
いたします。元金が保証されているものではありません。
3.当ファンドは、預貯金や保険契約とは異なり、預金保険機構および保険契約者保護機構
の保護の対象ではありません。また販売会社が登録金融機関の場合、投資者保護基金の
対象にはなりません。
4.当ファンドの募集については、委託会社は、金融商品取引法第 13 条第2項第2号の規定
により請求目論見書を作成しております。請求目論見書は投資家から請求された場合に
お渡ししています。なお投資家の皆様も自ら交付請求をしたことを記録しておいてくだ
さい。
(請求目論見書に記載されている情報については、委託会社のホームページ、ED
INET(電子開示システム)等の手段によっても入手することが可能です。)
投資信託説明書(交付目論見書)の訂正理由
平成 21 年 12 月 25 日付をもって有価証券届出書の訂正届出書を提出したことに伴い、訂正すべき事項
がありますので「投資信託説明書(交付目論見書) 2009.12」(以下「原交付目論見書」といいます。)
の記載事項の一部を訂正するものです。
目
次
頁
第二部
第1
5
第2
ファンド情報……………………………………………………………………………………
ファンドの状況…………………………………………………………………………………
運用状況…………………………………………………………………………………………
財務ハイライト情報……………………………………………………………………………
(注)本書において文中および表中の数字は四捨五入された数値として表示されている場合があり、
従って合計として表示された数字はかかる数値の総和と必ずしも一致するとは限りません。
1
1
1
4
第二部
第1
5
ファンド情報
ファンドの状況
運用状況
原交付目論見書の「第二部
ファンド情報
第1
ファンドの状況
5
運用状況」は、以下の通
りに更新されます。
「ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド」
(1) 投資状況
(平成21年10月末現在)
資産の種類
投資証券
金額(円)
ルクセンブルグ
その他資産(負債控除後)
合計
(2) 投資資産
①
順位
投資比率(%)
8,083,621,575
98.31
138,740,893
1.69
8,222,362,468
100.00
(平成21年10月末現在)
投資有価証券の主要銘柄
銘柄
国/地域
種類
投資口数
簿価単価
(円)
簿価金額
(円)
評価単価
(円)
1
BGF ラテン・アメリカン・フ ルクセン
投資証券 1,048,870.07
ァンド
ブルグ
7,358.30
7,717,895,663
7,630.67
2
BGF USダラー・ショート・デ
ルクセン
投資証券
ュレーション・ボンド・ファ
ブルグ
ンド
1,044.73
79,246,432
1,055.22
(注1)
(注2)
75,853.83
投資比率は、純資産総額に対する評価金額の比率です。
簿価単価及び評価単価は投資証券の1口当たりの価額です。
種類別投資比率
(注)
②
種類
投資比率(%)
投資証券
98.31
投資比率は、純資産総額に対する評価金額の比率です。
投資不動産物件
該当事項はありません。
− 1 −
評価金額
(円)
投資
比率
(%)
8,003,579,279 97.34
80,042,296
0.97
③
その他投資資産の主要なもの
該当事項はありません。
(3) 運用実績
①
純資産の推移
平成21年10月末現在、同日前1年以内における各月末および各計算期間末の純資産の推移は次
の通りです。
純資産総額(円)
(分配落)
1口当たりの純資産額(円)
(分配付)
(同左)
(分配落)
第1期(平成18年10月2日)
1,497,227,104
第2期(平成19年4月2日)
1,256,837,239
1,416,856,780
1.0996
1.2396
第3期(平成19年10月1日)
3,269,445,699
3,815,181,066
1.1982
1.3982
第4期(平成20年4月1日)
8,687,789,783
8,773,434,381
1.0144
1.0244
第5期(平成20年10月1日)
6,296,020,701
(同左)
0.7383
(同左)
第6期(平成21年4月1日)
3,878,416,672
(同左)
0.4897
(同左)
第7期(平成21年10月1日)
6,860,562,683
(同左)
0.8050
(同左)
平成20年10月末現在
3,953,491,019
―
0.4849
―
平成20年11月末現在
3,674,480,339
―
0.4507
―
平成20年12月末現在
3,381,240,279
―
0.4172
―
平成21年1月末現在
3,532,939,918
―
0.4353
―
平成21年2月末現在
3,595,902,461
―
0.4463
―
平成21年3月末現在
3,846,708,993
―
0.4848
―
平成21年4月末現在
4,721,153,207
―
0.5746
―
平成21年5月末現在
5,578,184,039
―
0.6757
―
平成21年6月末現在
6,023,071,860
―
0.6858
―
平成21年7月末現在
6,508,946,085
―
0.7479
―
平成21年8月末現在
6,489,198,485
―
0.7681
―
平成21年9月末現在
6,913,635,855
―
0.8112
―
平成21年10月末現在
8,222,362,468
―
0.8554
―
− 2 −
0.9657
(分配付)
(同左)
②
分配の推移
1口当たりの分配金(円)
③
第1期
―
第2期
0.1400
第3期
0.2000
第4期
0.0100
第5期
―
第6期
―
第7期
―
収益率の推移
収益率(%)
(注)
第1期
△3.4
第2期
28.4
第3期
27.2
第4期
△14.5
第5期
△27.2
第6期
△33.7
第7期
64.4
収益率とは、計算期間末の基準価額(分配付の額)から当該計算期間の直前の計算期間末の基準価額(分配落
の額。以下「前期末基準価額」といいます。)を控除した額を前期末基準価額で除して得た数に100を乗じ
て得た数です。なお、第1期計算期間については、前期末基準価額を10,000円(1万口当たり)として計算
しています。
− 3 −
更新日時:11/20/2009 1:56:00 PM
ファイル名:0202010_3393707052112.doc
印刷日時:09/12/16 13:24
第2 財務ハイライト情報
原交付目論見書の「第二部 ファンド情報
第2 財務ハイライト情報」は、以下の通りに更新されま
す。
ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド
1
貸借対照表
(単位:円)
第6期
(平成 21 年4月1日現在)
第7期
(平成 21 年 10 月1日現在)
資産の部
流動資産
コール・ローン
36,458,370
88,534,378
3,833,739,565
6,780,367,048
−
80,000
57,356,199
71,864,000
3,927,554,134
6,940,845,426
3,927,554,134
6,940,845,426
394,400
−
10,308,036
22,363,949
未払受託者報酬
584,408
919,304
未払委託者報酬
34,287,625
53,935,050
その他未払費用
3,562,993
3,064,440
49,137,462
80,282,743
49,137,462
80,282,743
7,920,403,955
8,522,712,264
△4,041,987,283
△1,662,149,581
−
24,599
3,878,416,672
6,860,562,683
3,927,554,134
6,940,845,426
投資証券
派生商品評価勘定
未収入金
流動資産合計
資産合計
負債の部
流動負債
派生商品評価勘定
未払解約金
流動負債合計
負債合計
純資産の部
元本等
元本
剰余金
期末剰余金又は期末欠損金(△)
(分配準備積立金)
純資産合計
負債純資産合計
− 4 −
更新日時:11/20/2009 2:03:00 PM
ファイル名:0202021_a_3393707052112.doc
2
印刷日時:09/12/16 13:24
損益及び剰余金計算書
(単位:円)
第6期
(自 平成 20 年 10 月2日
至 平成 21 年4月1日)
第7期
(自 平成 21 年4月2日
至 平成 21 年 10 月1日)
営業収益
受取利息
34,922
24,608
△1,646,744,022
3,071,901,496
△446,015,734
△380,193,012
△2,092,724,834
2,691,733,092
受託者報酬
584,408
919,304
委託者報酬
34,287,625
53,935,050
その他費用
3,575,947
3,091,739
38,447,980
57,946,093
営業利益又は営業損失(△)
△2,131,172,814
2,633,786,999
経常利益又は経常損失(△)
△2,131,172,814
2,633,786,999
当期純利益又は当期純損失(△)
△2,131,172,814
2,633,786,999
△295,433,532
318,091,505
△2,231,929,638
△4,041,987,283
312,439,033
718,840,574
312,439,033
718,840,574
286,757,396
654,698,366
286,757,396
654,698,366
−
−
△4,041,987,283
△1,662,149,581
有価証券売買等損益
為替差損益
営業収益合計
営業費用
営業費用合計
一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
期首剰余金又は期首欠損金(△)
剰余金増加額又は欠損金減少額
当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減
少額
剰余金減少額又は欠損金増加額
当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増
加額
分配金
期末剰余金又は期末欠損金(△)
− 5 −
(重要な会計方針に係る事項に関する注記)
項目
1
有価証券の評価基準及び
評価方法
第6期
(自 平成20年10月2日
至 平成21年4月1日)
第7期
(自 平成21年4月2日
至 平成21年10月1日)
投資証券は移動平均法に基づき、原則
として以下の通り時価評価しておりま
す。
投資証券は移動平均法に基づき、原則
として以下の通り時価評価しておりま
す。
(1) 金融商品取引所に上場されている
有価証券
金融商品取引所に上場されている
有価証券は、原則として当該取引
所における計算日において知りう
る直近の最終相場で評価しており
ます。
(1) 金融商品取引所に上場されている
有価証券
同左
(2) 金融商品取引所に上場されていな
い有価証券
当該有価証券については、原則と
して、金融機関の提示する価額又
は価格情報会社の提供する価額の
いずれかから入手した価額で評価
しております。
(2) 金融商品取引所に上場されていな
い有価証券
同左
2
デリバティブの評価基準
及び評価方法
為替予約取引
個別法に基づき、原則としてわが国
における計算日の対顧客先物売買相
場の仲値で評価しております。
当ファンドにおける派生商品評価勘
定は、当該為替予約取引に係るもの
であります。
為替予約取引
同左
3
外貨建資産・負債の本邦
通貨への換算基準
外貨建資産・負債の円換算については
原則として、わが国における計算日の
対顧客電信売買相場の仲値によって計
算しております。
同左
4
収益及び費用の計上基準
有価証券売買等損益及び為替予約取引
による為替差損益の計上基準
約定日基準で計上しております。
有価証券売買等損益及び為替予約取引に
よる為替差損益の計上基準
同左
− 6 −
項目
5
その他財務諸表作成のた
めの基本となる重要な事
項
第6期
(自 平成20年10月2日
至 平成21年4月1日)
外貨建資産等の会計処理
外貨建資産等については、「投資信
託財産の計算に関する規則」(平成
12年総理府令第133号)第60条の規定
に基づき、通貨の種類ごとに勘定を
設けて、邦貨建資産等と区分する方
法を採用しております。従って、外
貨の売買については、同規則第61条
の規定により処理し、為替差損益を
算定しております。
− 7 −
第7期
(自 平成21年4月2日
至 平成21年10月1日)
外貨建資産等の会計処理
同左
ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド
追加型投信/海外/株式
※課税上は株式投資信託として取扱われます。
投資信託説明書(請求目論見書) 訂正事項分(2009.12)
※本書は金融商品取引法第 13 条の規定に基づく目論見書を訂正するものです。
ブラックロック・ジャパン株式会社
1.ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド(以下「当ファンド」または「ファンド」
といいます。
)の募集については、委託会社は、金融商品取引法(昭和 23 年法第 25 号)
第5条の規定により有価証券届出書を平成 21 年 11 月 16 日に関東財務局長に提出してお
り、平成 21 年 12 月2日にその届出の効力が生じております。また同法第7条の規定に
基づき有価証券届出書の訂正届出書を平成 21 年 12 月 25 日に関東財務局長に提出してお
ります。
2.当ファンドの基準価額は、同ファンドに組入れられている有価証券等の値動きの他、為
替変動による影響を受けますが、これらの運用による損益はすべて投資家の皆様に帰属
いたします。元金が保証されているものではありません。
3.当ファンドは、預貯金や保険契約とは異なり、預金保険機構および保険契約者保護機構
の保護の対象ではありません。また販売会社が登録金融機関の場合、投資者保護基金の
対象にはなりません。
投資信託説明書(請求目論見書)の訂正理由
平成 21 年 12 月 25 日付をもって有価証券届出書の訂正届出書を提出したことに伴い、訂正すべき事項
がありますので「投資信託説明書(請求目論見書) 2009.12」(以下「原請求目論見書」といいます。)
の記載事項の一部を訂正するものです。
目
次
ファンドの詳細情報………………………………………………………………………………………
第4 ファンドの経理状況……………………………………………………………………………
1 財務諸表…………………………………………………………………………………………
2 ファンドの現況…………………………………………………………………………………
第5 設定及び解約の実績……………………………………………………………………………
(注)本書において文中および表中の数字は四捨五入された数値として表示されている場合があり、
従って合計として表示された数字はかかる数値の総和と必ずしも一致するとは限りません。
頁
1
1
4
42
43
更新日時:12/2/2009 10:35:00 AM
ファイル名:0304010_3393707052112.doc
印刷日時:09/12/16 13:52
ファンドの詳細情報
第4 ファンドの経理状況
原請求目論見書の「ファンドの詳細情報
第4 ファンドの経理状況
1 財務諸表」は、以下の通
りに更新されます。
(1) 当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省
令第59号)及び同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理
府令第133号)に基づいて作成しております。
なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
(2) 当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第6期計算期間(平成20年10月
2日から平成21年4月1日まで)の財務諸表については、監査法人トーマツにより監査を受け、また、
第7期計算期間(平成21年4月2日から平成21年10月1日まで)の財務諸表については、有限責任監査
法人トーマツにより監査を受けております。
なお、監査法人トーマツは、監査法人の種類の変更により、平成21年7月1日をもって有限責任監
査法人トーマツとなっております。
− 1 −
更新日時:12/2/2009 10:35:00 AM
ファイル名:0304020_3393707052112.doc
1
印刷日時:09/12/16 13:52
財務諸表
ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド
(1) 貸借対照表
(単位:円)
第6期
(平成 21 年4月1日現在)
第7期
(平成 21 年 10 月1日現在)
資産の部
流動資産
コール・ローン
36,458,370
88,534,378
3,833,739,565
6,780,367,048
−
80,000
57,356,199
71,864,000
3,927,554,134
6,940,845,426
3,927,554,134
6,940,845,426
394,400
−
10,308,036
22,363,949
未払受託者報酬
584,408
919,304
未払委託者報酬
34,287,625
53,935,050
その他未払費用
3,562,993
3,064,440
49,137,462
80,282,743
49,137,462
80,282,743
7,920,403,955
8,522,712,264
△4,041,987,283
△1,662,149,581
−
24,599
3,878,416,672
6,860,562,683
3,927,554,134
6,940,845,426
投資証券
派生商品評価勘定
未収入金
流動資産合計
資産合計
負債の部
流動負債
派生商品評価勘定
未払解約金
流動負債合計
負債合計
純資産の部
元本等
元本
剰余金
期末剰余金又は期末欠損金(△)
(分配準備積立金)
純資産合計
負債純資産合計
− 4 −
更新日時:12/2/2009 10:35:00 AM
ファイル名:0304021_3393707052112.doc
印刷日時:09/12/16 13:53
(2) 損益及び剰余金計算書
(単位:円)
第6期
(自 平成20年10月2日
至 平成21年4月1日)
第7期
(自 平成21年4月2日
至 平成21年10月1日)
営業収益
受取利息
34,922
24,608
△1,646,744,022
3,071,901,496
△446,015,734
△380,193,012
△2,092,724,834
2,691,733,092
受託者報酬
584,408
919,304
委託者報酬
34,287,625
53,935,050
その他費用
3,575,947
3,091,739
38,447,980
57,946,093
営業利益又は営業損失(△)
△2,131,172,814
2,633,786,999
経常利益又は経常損失(△)
△2,131,172,814
2,633,786,999
当期純利益又は当期純損失(△)
△2,131,172,814
2,633,786,999
△295,433,532
318,091,505
△2,231,929,638
△4,041,987,283
312,439,033
718,840,574
312,439,033
718,840,574
286,757,396
654,698,366
286,757,396
654,698,366
−
−
△4,041,987,283
△1,662,149,581
有価証券売買等損益
為替差損益
営業収益合計
営業費用
営業費用合計
一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
期首剰余金又は期首欠損金(△)
剰余金増加額又は欠損金減少額
当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減
少額
剰余金減少額又は欠損金増加額
当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増
加額
分配金
期末剰余金又は期末欠損金(△)
− 5 −
(3) 注記表
(重要な会計方針に係る事項に関する注記)
項目
1
有価証券の評価基準及び
評価方法
第6期
(自 平成20年10月2日
至 平成21年4月1日)
第7期
(自 平成21年4月2日
至 平成21年10月1日)
投資証券は移動平均法に基づき、原則
として以下の通り時価評価しておりま
す。
投資証券は移動平均法に基づき、原則
として以下の通り時価評価しておりま
す。
(1) 金融商品取引所に上場されている
有価証券
金融商品取引所に上場されている
有価証券は、原則として当該取引
所における計算日において知りう
る直近の最終相場で評価しており
ます。
(1) 金融商品取引所に上場されている
有価証券
同左
(2) 金融商品取引所に上場されていな
い有価証券
当該有価証券については、原則と
して、金融機関の提示する価額又
は価格情報会社の提供する価額の
いずれかから入手した価額で評価
しております。
(2) 金融商品取引所に上場されていな
い有価証券
同左
2
デリバティブの評価基準
及び評価方法
為替予約取引
個別法に基づき、原則としてわが国
における計算日の対顧客先物売買相
場の仲値で評価しております。
当ファンドにおける派生商品評価勘
定は、当該為替予約取引に係るもの
であります。
為替予約取引
同左
3
外貨建資産・負債の本邦
通貨への換算基準
外貨建資産・負債の円換算については
原則として、わが国における計算日の
対顧客電信売買相場の仲値によって計
算しております。
同左
4
収益及び費用の計上基準
有価証券売買等損益及び為替予約取引
による為替差損益の計上基準
約定日基準で計上しております。
有価証券売買等損益及び為替予約取引に
よる為替差損益の計上基準
同左
− 6 −
第6期
(自 平成20年10月2日
至 平成21年4月1日)
項目
5
その他財務諸表作成のた
めの基本となる重要な事
項
外貨建資産等の会計処理
外貨建資産等については、「投資信
託財産の計算に関する規則」(平成
12年総理府令第133号)第60条の規定
に基づき、通貨の種類ごとに勘定を
設けて、邦貨建資産等と区分する方
法を採用しております。従って、外
貨の売買については、同規則第61条
の規定により処理し、為替差損益を
算定しております。
第7期
(自 平成21年4月2日
至 平成21年10月1日)
外貨建資産等の会計処理
同左
(貸借対照表に関する注記)
項目
1
当該計算期間の末日にお
ける受益権総数
2
投資信託財産の計算に関
する規則第55条の6第10
号に規定する額
3
第6期
(平成21年4月1日現在)
第7期
(平成21年10月1日現在)
7,920,403,955口
元本の欠損
8,522,712,264口
元本の欠損
4,041,987,283円
1,662,149,581円
0.4897円
0.8050円
1口当たり純資産額
− 7 −
(損益及び剰余金計算書に関する注記)
項目
第6期
(自 平成20年10月2日
至 平成21年4月1日)
第7期
(自 平成21年4月2日
至 平成21年10月1日)
1
分配金の計算過程
第6期計算期末における、費用控除後
の配当等収益(0円)、費用控除後の有
価 証 券 売 買 等 損益(△1,835,739,282
円)、収益調整金(有価証券売買等損益
相当額)(1,048,523,434円)、収益調整
金(その他収益調整金)(58,526円)、
分配準備積立金(0円)により、分配対
象収益は58,526円となり、当期は分配
ができませんでした。
第7期計算期末における、配当等収益
(24,599円)、費用控除及び繰越欠損金
補填後の有価証券売買等損益(0円)、
収益調整金(有価証券売買等損益相当
額)(299,660,603円)、収益調整金(そ
の他収益調整金)(63,029円)、分配準
備積立金(0円)により、分配対象収益
は299,748,231円となりましたが、委
託会社が基準価額水準・市況動向等を
勘案し、当期は分配を見合わせまし
た。
2
剰余金増加額・減少額及
び欠損金減少額・増加額
当期一部解約に伴う欠損金減少額及び
当期追加信託に伴う欠損金増加額は、
それぞれ欠損金増加額と減少額との純
額を表示しております。
同左
(税効果会計に関する注記)
第7期
(自 平成21年4月2日
至 平成21年10月1日)
第6期
(自 平成20年10月2日
至 平成21年4月1日)
該当事項はありません。
同左
(関連当事者との取引に関する注記)
第7期
(自 平成21年4月2日
至 平成21年10月1日)
第6期
(自 平成20年10月2日
至 平成21年4月1日)
該当事項はありません。
同左
(重要な後発事象に関する注記)
第6期
(自 平成20年10月2日
至 平成21年4月1日)
該当事項はありません。
第7期
(自 平成21年4月2日
至 平成21年10月1日)
同左
− 8 −
(その他の注記)
1
本報告書における開示対象ファンドの当該計算期間における元本額の変動
項目
期首元本額
第6期
(平成21年4月1日現在)
第7期
(平成21年10月1日現在)
8,527,950,339円
7,920,403,955円
期中追加設定元本額
557,610,720円
2,079,380,602円
期中一部解約元本額
1,165,157,104円
1,477,072,293円
2
有価証券関係
第6期(平成21年4月1日現在)
売買目的有価証券
種類
投資証券
貸借対照表計上額(円)
3,833,739,565
当計算期間の損益に
含まれた評価差額(円)
△1,499,008,729
第7期(平成21年10月1日現在)
売買目的有価証券
種類
投資証券
貸借対照表計上額(円)
6,780,367,048
− 9 −
当計算期間の損益に
含まれた評価差額(円)
2,891,176,816
3
デリバティブ取引関係
①
取引の状況に関する事項
第7期
(自 平成21年4月2日
至 平成21年10月1日)
第6期
(自 平成20年10月2日
至 平成21年4月1日)
1
取引の内容
当ファンドの利用しているデリバティブ取引は、
為替予約取引であります。
1
取引の内容
同左
取引に対する取組方針と利用目的
当ファンドは、外貨建有価証券の売買の決済等に
伴い必要となる外貨の売買の為に、その受渡日ま
での数日間の 為替予約を利 用しておりま す。な
お、当ファンドは外貨建資産の為替変動リスクを
低減する目的及び投機を目的とする為替予約は行
わない方針であります。
3 取引に係るリスクの内容
為替予約取引等に係る主要なリスクは、為替相場
の変動による価格変動リスク及び取引相手の信用
状況の変化により損失が発生する信用リスクであ
ります。
4 取引に係るリスクの管理体制
取引の管理については、取引限度額等を定めた投
資信託約款に従い、資金担当部門が決裁担当者の
承認を得て行っております。また、取引の相手先
については、定めたリスク管理の方針と手続きに
従って担当部門が取引を行っており、リスク管理
担当部門が管理しております。
2
取引に対する取組方針と利用目的
同左
3
取引に係るリスクの内容
同左
4
取引に係るリスクの管理体制
同左
2
5
取引の時価等に関する事項についての補足説明
5
取引の時価に関する事項についての契約額等は、あ
くまでもデリバティブ取引における名目的な契約額
であり、当該金額自体がデリバティブ取引のリスク
の大きさを示すものではありません。
− 10 −
取引の時価等に関する事項についての補足説明
同左
②
取引の時価等に関する事項
通貨関連
第6期(平成21年4月1日現在)
区分
種類
契約額等(円)
契約額等のうち
1年超(円)
56,956,000
―
57,350,400
△ 394,400
56,956,000
―
57,350,400
△ 394,400
時価(円)
評価損益(円)
為替予約取引
市場取引以外の取引
売建
米ドル
合計
第7期(平成21年10月1日現在)
区分
種類
契約額等(円)
契約額等のうち
1年超(円)
71,936,000
―
71,856,000
80,000
71,936,000
―
71,856,000
80,000
時価(円)
評価損益(円)
為替予約取引
市場取引以外の取引
売建
米ドル
合計
(注)
時価の算定方法
為替予約取引
1 計算日に対顧客先物相場の仲値が発表されている外貨については、以下のように評価しております。
①計算日において為替予約の受渡日(以下「当該日」という)の対顧客先物相場が発表されている場合
は、当該為替予約は当該仲値で評価しております。
②計算日において当該日の対顧客先物相場が発表されていない場合は、以下の方法によっております。
・計算日に当該日を超える対顧客先物相場が発表されている場合には、発表されている先物相場の
うち当該日に最も近い前後二つの先物相場の仲値をもとに計算したレートを用いております。
・計算日に当該日を超える対顧客先物相場が発表されていない場合には、当該日に最も近い発表さ
れている対顧客先物相場の仲値を用いております。
2 計算日に対顧客先物相場の仲値が発表されていない外貨については、計算日の対顧客相場の仲値で
評価しております。
− 11 −
(4) 附属明細表
第1
有価証券明細表
(1) 株式
該当事項はありません。
(2) 株式以外の有価証券
種類
銘柄
投資口数
評価額
組入比率
(%)
備考
米ドル
投資証券
BGF ラテン・アメリカン・ファンド
投資証券
BGF USダラー・ショート・デュレーション・
ボンド・ファンド
937,455.26
74,733,933.32
65,385.77
746,051.63
(邦貨換算)
米ドル合計(2銘柄)
(6,780,367,048)
1,002,841.03
(邦貨換算合計)
合計(2銘柄)
100.0
75,479,984.95
(6,780,367,048)
1,002,841.03
6,780,367,048
100.0
(注) 組入比率は、組入投資証券時価総額に対する通貨別の当該資産の時価合計額の比率です。
第2
信用取引契約残高明細表
該当事項はありません。
第3
デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表
当該事項はデリバティブ取引関係の注記事項として記載しております。
− 12 −
更新日時:12/2/2009 10:35:00 AM印刷日時:09/12/1613:53
ファイル名:0304023_b_3393707052112.doc
(参考情報)
当ファンドは、「ブラックロック・グローバル・ファンズ
ラテン・アメリカン・ファンド
スJ投資証券」及び「ブラックロック・グローバル・ファンズ
ョン・ボンド・ファンド
クラ
USダラー・ショート・デュレーシ
クラスX投資証券」(以下、両者を併せて「同ファンド」という。)を主要
投資対象としており、貸借対照表の資産の部に計上された投資証券は、すべて同ファンドの投資証券
であります。同ファンドの状況は以下のとおりであります。
なお、以下に記載した情報は監査意見の対象外です。
同ファンドの状況
(1) 同ファンドは、ルクセンブルグにおいて設立されたオープンエンド型投資法人が発行するファ
ンドであり、同ファンドの現時点で日本語に翻訳された直近の情報は、2009年2月28日に終了する
中間計算期間(2008年9月1日から2009年2月28日まで)に係る中間財務諸表であります。
(2) 当該中間財務諸表は、同ファンドを含む「ブラックロック・グローバル・ファンズ」の2009年
2月28日現在の中間財務諸表のうち、同ファンドにかかる部分を、委託会社において抜粋し、その
原文を翻訳したものです。なお、中間財務諸表に含まれる「投資明細表」の銘柄については原文通
り英語表記で行っております。なお、ルクセンブルグにおける独立監査法人の監査を受けておりま
せん。
− 13 −
ブラックロック・グローバル・ファンズ
純資産計算書(無監査)
2009年2月28日現在
ファンド名
注記
ラテン・
アメリカン・
ファンド
(米ドル)
USダラー・
ショート・デュ
レーション・ボ
ンド・ファンド
(米ドル)
資産
有価証券ポートフォリオ−取得原価
未実現損失
3,508,559,250
86,600,412
(1,405,765,367)
(14,404,029)
有価証券ポートフォリオ−時価
2(a)
2,102,793,883
72,196,383
銀行預金
2(a)
24,117,430
2,876,750
未収利息および未収配当金
2(a)
17,070,852
461,779
投資売却未収入金
2(a)
45,263,491
46,250
引受ファンド投資証券未収入金
2(a)
7,852,305
25,530
2(c)
−
270,906
2(c)
−
8,155
2(a,c)
5,406
14
2,197,103,367
75,885,767
92,808
−
未実現利益:
先物契約
先物外国為替予約
その他の資産
資産合計
負債
銀行に対する債務
未払収益分配金
2(a)
−
35,368
投資購入未払金
2(a)
30,945,092
2,222,614
未払ファンド投資証券償還金
2(a)
8,830,599
156,457
2(c)
−
50,555
4,068,160
114,338
43,936,659
2,579,332
2,153,166,708
73,306,435
未実現損失:
スワップ取引
その他の負債
負債合計
純資産合計
注記は、当財務書類の不可分の一部である。
− 14 −
ブラックロック・グローバル・ファンズ
損益および純資産変動計算書(無監査)
2008年9月1日から2009年2月28日までの期間
ファンド名
注記
期首純資産
収益
銀行利息
債券利息
スワップ利息
配当金
有価証券貸付
収益合計
費用
銀行利息
スワップ利息
管理報酬
保管および預託報酬
販売報酬
ルクセンブルグ年次税
投資運用報酬
費用合計
投資純利益/(損失)
実現利益/(損失)純額:
投資
先物契約
オプション契約
スワップ取引
先物外国為替予約
その他の取引に係る外国通貨
当期実現利益/(損失)純額
未実現利益/(損失)の純変動額:
投資
先物契約
オプション契約
スワップ取引
先物外国為替予約
その他の取引に係る外国通貨
当期未実現利益/(損失)の純変動額
2(b)
5
6
4
7
4
2(a)
2(c)
2(c)
2(c)
2(e)
2(a)
2(c)
2(c)
2(c)
2(e)
営業による純資産の減少
投資証券資本の変動
投資証券発行による正味受取額
投資証券買戻しによる正味支払額
投資証券資本の変動による純資産の減少
支払分配金
期末純資産
13
注記は、当財務書類の不可分の一部である。
− 15 −
ラテン・
アメリカン・
ファンド
(米ドル)
USダラー・
ショート・デュ
レーション・ボン
ド・ファンド
(米ドル)
5,398,460,100
97,864,493
131,904
−
−
26,085,851
230,531
26,448,286
5,235
3,042,034
200
−
−
3,047,469
47,432
−
3,301,711
910,755
636,280
430,057
23,310,355
28,636,590
(2,188,304)
3,287
13,709
47,776
3,620
230,869
18,300
297,585
615,146
2,432,323
(713,548,053)
−
−
−
305,880
(11,335,239)
(724,577,412)
(5,925,715)
519,425
74,516
78,700
6,655
32,793
(2,072,867,687)
−
−
−
−
(346,339)
(2,073,214,026)
(4,800,050)
44,889
(44,221)
(108,305)
8,155
(9,301)
(4,908,833)
(2,799,979,742)
(7,690,136)
682,783,433
(1,128,097,083)
(445,313,650)
−
2,153,166,708
29,557,709
(46,121,288)
(16,563,579)
(304,343)
73,306,435
(5,213,626)
ブラックロック・グローバル・ファンズ
発行済投資証券口数変動計算書(無監査)
2009年2月28日現在
ラテン・
アメリカン・
ファンド
ファンド名
USダラー・
ショート・デュ
レーション・ボ
ンド・ファンド
クラスA毎日分配型投資証券
期首発行済投資証券口数
−
132,289
発行投資証券口数
−
7,193
買戻し投資証券口数
−
(28,278)
期末発行済投資証券口数
−
111,204
期首発行済投資証券口数
−
44,521
発行投資証券口数
−
5,122
買戻し投資証券口数
−
(11,582)
期末発行済投資証券口数
−
38,061
期首発行済投資証券口数
61,450,176
3,198,873
発行投資証券口数
18,281,483
608,445
クラスA毎月分配型投資証券
クラスA無分配型投資証券
買戻し投資証券口数
(25,832,476)
(1,520,003)
53,899,183
2,287,315
253,348
−
34,801
−
(119,993)
−
168,156
−
期首発行済投資証券口数
−
507,007
発行投資証券口数
−
227,828
買戻し投資証券口数
−
(160,320)
期末発行済投資証券口数
−
574,515
405,511
1,297,975
期末発行済投資証券口数
クラスA英国販売会社ステータス投資証券
期首発行済投資証券口数
発行投資証券口数
買戻し投資証券口数
期末発行済投資証券口数
クラスB毎日分配型投資証券
クラスB無分配型投資証券
期首発行済投資証券口数
発行投資証券口数
買戻し投資証券口数
期末発行済投資証券口数
17,787
62,090
(126,683)
(307,360)
296,615
1,052,705
期首発行済投資証券口数
−
723,725
発行投資証券口数
−
1,519,389
買戻し投資証券口数
−
(1,789,559)
期末発行済投資証券口数
−
クラスC毎日分配型投資証券
453,555
クラスC無分配型投資証券
期首発行済投資証券口数
発行投資証券口数
買戻し投資証券口数
970,717
42,557
(375,973)
1,087,935
516,756
(398,003)
期末発行済投資証券口数
(続く)
637,301
1,206,688
− 16 −
ラテン・
アメリカン・
ファンド
ファンド名
クラスD無分配型投資証券
期首発行済投資証券口数
発行投資証券口数
買戻し投資証券口数
期末発行済投資証券口数
クラスE無分配型投資証券
期首発行済投資証券口数
発行投資証券口数
買戻し投資証券口数
期末発行済投資証券口数
クラスJ無分配型投資証券
期首発行済投資証券口数
発行投資証券口数
買戻し投資証券口数
USダラー・
ショート・デュ
レーション・ボ
ンド・ファンド
453,953
210,892
(118,333)
−
−
−
546,512
−
3,765,364
1,295,903
1,990,829
580,366
(1,994,959)
3,066,308
(882,599)
1,688,596
997,460
19,469
(92,120)
−
−
−
期末発行済投資証券口数
クラスQ無分配型投資証券
期首発行済投資証券口数
発行投資証券口数
買戻し投資証券口数
924,809
−
171,212
1,500
(21,509)
−
−
−
期末発行済投資証券口数
クラスX無分配型投資証券
期首発行済投資証券口数
発行投資証券口数
買戻し投資証券口数
151,203
−
−
−
−
期末発行済投資証券口数
−
注記は、当財務書類の不可分の一部である。
− 17 −
459,531
50,132
(162,185)
347,478
ブラックロック・グローバル・ファンズ
ラテン・アメリカン・ファンド
投資明細表(無監査)
2009年2月28日現在
公認証券取引所上場譲渡可能有価証券またはその他の規制市場で取引される譲渡可能有価証券
保有数
銘柄
時価
純資産比率
(米ドル)
(%)
11,736,486
0.55
11,736,486
0.55
26,773,150
1.24
2,936,357
0.14
20,316,769
0.94
ファンド
英国
2,875,000
Blackrock Latin American Investment Trust
ファンド合計
普通株式、優先株式および新株予約権
バミューダ諸島
751,000
Credicorp
ブラジル
4,500,000
Agra Empreendimentos Imobiliarios
6,010,000
All America Latina Logistica (Unit)
3,555,000
Amil Participacoes
9,593,173
0.45
B2W Cia Global do Varejo
5,811,069
0.27
121,825,000
5.66
2,168,905
0.10
103,317,500
4.80
BM&F - Bovespa
21,238,764
0.99
Bradespar (Pref)
91,556,072
4.25
657,000
13,750,000
1,400,000
11,050,000
8,580,000
10,220,000
434,465
Banco Bradesco ADR
Banco Industrial e Comercial (Pref)
Banco Itau Holding Financeira ADR
Cia Brasileira de Distribuicao Grupo Pao de
Acucar ADR
2,610,000
Cia de Bebidas das Americas ADR
1,503,000
Cia de Concessoes Rodoviarias
1,045,000
Cia de Saneamento de Minas Gerais-COPASA
1,292,000
Cia Energetica de Minas Gerais ADR
1,313,000
Cia Siderurgica Nacional ADR
17,835,000
Cia Vale do Rio Doce ADR
10,375,024
0.48
106,085,500
4.93
14,451,726
0.67
9,238,473
0.43
17,493,680
0.81
17,581,070
0.82
194,758,200
9.05
7,765,000
Cyrela Brazil Realty
23,144,050
1.08
1,233,000
Diagnosticos da America
12,089,190
0.56
1,296,000
EDP - Energias do Brasil
12,701,430
0.59
7,321,434
0.34
596,000
Eletropaulo
Metropolitana
Eletricidade
de
Sao Paulo 'B' (Pref)
8,557
Empresa
Nacional
de
Comercio
Redito
Participacoes (Pref)
1,035,000
Equatorial Energia
1,994,000
Global Village Telecom Holding
1,303,000
Gol Linhas Aereas Inteligentes ADR
2,815,000
Hypermarcas
(続く)
− 18 −
e
58,322
0.00
5,707,899
0.27
20,608,258
0.96
5,042,610
0.23
16,413,183
0.76
公認証券取引所上場譲渡可能有価証券またはその他の規制市場で取引される譲渡可能有価証券
保有数
銘柄
1,794,000
純資産比率
(米ドル)
(%)
10,090,055
0.47
Lupatech
9,603,718
0.45
3,950,000
Marcopolo (Pref)
4,556,300
0.21
2,250,000
Metalfrio Solutions
6,772,565
0.31
2,440,000
MRV Engenharia e Participacoes
10,939,666
0.51
8,365,000
NET Servicos de Comunicacao (Pref)
52,681,990
2.45
50,066
0.00
6,755,094
0.31
985,000
Lojas Renner
時価
104,321
NET Servicos de Comunicacao (Rights)
710,000
Odontoprev
OGX Petroleo e Gas Participacoes
21,028,104
0.98
2,390,000
90,000
PDG Realty Empreendimentos e Participacoes
10,956,969
0.51
9,500,000
Petroleo Brasileiro ADR
207,860,000
9.65
2,930,000
Porto Seguro
14,419,386
0.67
1,040,000
Profarma
2,580,000
Redecard
1,065,000
Rodobens Negocios Imobiliarios
1,919,000
Suzano Papel e Celulose (Pref)
2,220,000
Tam ADR
1,769,000
Tele Norte Leste Participacoes ADR
21,475,660
1.00
1,100,000
Terna Participacoes (Unit)
9,488,537
0.44
Distribuidora
de
Produtos
Farmaceuticos
2,184,734
0.10
25,904,351
1.20
4,174,110
0.19
8,603,778
0.40
14,696,400
0.68
902,000
Tim Participacoes ADR
12,979,780
0.60
740,498
Totvs
12,877,861
0.60
396,000
Ultrapar Participacoes (Pref)
9,035,644
0.42
183
0.00
113,547,200
5.27
9,379,570
0.44
(Pref)
77,760,541
3.61
Weg
10,002,347
0.46
1,539,658,267
71.51
Bancontander Chile ADR
11,164,280
0.52
Centros Comerciales Sudamericanos
19,609,374
0.91
Empresa Nacional de Electricidad ADR
31,224,650
1.45
61,998,304
2.88
43,536
2,120,000
912,000
7,140,000
2,050,000
Ultrapar Participacoes (Rights)
Unibanco - Uniao de Bancos Brasileiros GDR
Usinas Siderurgicas de Minas Gerais
Usinas
Siderurgicas
de
Minas
Gerais
'A'
チリ
316,000
11,550,000
859,000
ルクセンブルグ
987,000
Tenaris ADR
16,877,700
0.78
1,102,000
Ternium ADR
7,328,300
0.34
24,206,000
1.12
(続く)
− 19 −
公認証券取引所上場譲渡可能有価証券またはその他の規制市場で取引される譲渡可能有価証券
保有数
銘柄
時価
純資産比率
(米ドル)
(%)
196,814,100
9.14
メキシコ
7,770,000
America Movil SAB de CV 'L' ADR
2,280,000
CemexB de CV ADR
12,836,400
0.60
1,850,000
Desarrolladora Homex SAB de CV ADR
24,457,000
1.14
1,102,000
Fomento Economico Mexicano SAB de CV ADR
25,301,920
1.18
21,602,153
Grupo Financiero Banorte SAB de CV 'O'
23,787,876
1.10
25,597,610
Grupo Mexico SAB de CV 'B'
14,442,108
0.67
Grupo Televisa ADR
54,108,000
2.51
4,509,000
17,260,000
Wal-Mart de Mexico SAB de CV 'V'*
33,155,193
1.54
384,902,597
17.88
9,845,800
0.45
21,753,938
1.01
21,919,341
1.02
普通株式、優先株式および新株予約権合計
2,091,057,397
97.11
ポートフォリオ合計
2,102,793,883
97.66
50,372,825
2.34
2,153,166,708
100.00
パナマ
380,000
Copa Holdings 'A'
ペルー
1,141,939
Cia de Minas Buenaventura ADR
3,590,000
Antofagasta
英国
その他の純資産
純資産合計(米ドル)
(*) 貸付有価証券。詳細は注記11を参照。
− 20 −
セクター別内訳
2009年2月28日現在
純資産比率(%)
金融
25.05
材料
17.96
通信サービス
11.70
エネルギー
11.41
生活必需品
9.80
一般消費財
9.69
工業
4.40
ユーティリティ
4.33
情報技術
1.80
ヘルスケア
0.97
投資ファンド
0.55
その他の純資産
2.34
100.00
注記は、当財務書類の不可分の一部である。
− 21 −
ブラックロック・グローバル・ファンズ
USダラー・ショート・デュレーション・ボンド・ファンド
投資明細表(無監査)
2009年2月28日現在
公認証券取引所上場譲渡可能有価証券またはその他の規制市場で取引される譲渡可能有価証券
保有高
銘柄
時価
純資産比率
(米ドル)
(%)
457,000
0.62
1,297,539
1.77
635,650
0.87
577,880
0.79
558,479
0.76
241,033
0.33
1,317,997
1.80
82,855
0.11
402,376
0.55
548,393
0.75
A3A' FRN 25/10/2036
138,054
0.19
US$425,000
AT&T 4.85% 15/2/2014
421,197
0.58
US$250,000
AT&T 4.95% 15/1/2013
250,369
0.34
US$265,000
AT&T Mobility 6.5% 15/12/2011
278,153
0.38
US$318,342
Banc of America Mortgage Securities '2003-J
245,404
0.33
3A1' FRN 20/10/2046
541,789
0.74
US$890,000
Bank of America 2.1% 30/4/2012
882,384
1.20
US$345,000
Bank of America 4.875% 15/9/2012
306,222
0.42
債券
カナダ
US$425,000
Conoco Funding 6.35% 15/10/2011
ケイマン諸島
US$1,353,206
TIAA Seasoned Commercial Mortgage Trust
'2007-C4 A1' 5.691% 15/8/2039
スペイン
US$615,000
Telefonica Emisiones SAU 5.984% 20/6/2011
英国
US$570,000
British Sky Broadcasting Group 8.2%
15/7/2009
米国
US$749,631
ACE Securities '2006-FM2 A2A' FRN 25/8/2036
US$254,967
Aegis Asset Backed Securities Trust '2006-1
A1' FRN 25/1/2037
US$1,275,000
AEP Texas Central Transition Funding 4.98%
1/7/2013
US$92,062
American Airlines Pass Through Trust 2003-01
3.857% 9/7/2010
US$400,000
US$1,346,572
American Electric Power 5.375% 15/3/2010
American Home Mortgage Investment Trust
'2006-3 11A1' FRN 25/12/2046
US$141,265
Asset Backed Funding Certificates '2006-OPT2
2A1' FRN 25/11/2033
US$934,712
Banc of America Mortgage Securities '2006-B
(続く)
− 22 −
公認証券取引所上場譲渡可能有価証券またはその他の規制市場で取引される譲渡可能有価証券
保有高
銘柄
US$161,461
時価
純資産比率
(米ドル)
(%)
77,191
0.11
Bear Stearns Alt-A Trust '2004-13 A1' FRN
25/11/2034
US$170,000
Bear Stearns Companies 4.5% 28/10/2010
168,130
0.23
US$175,000
Boeing 5.125% 15/2/2013
178,408
0.24
US$195,000
Bottling Group 6.95% 15/3/2014
221,395
0.30
1,261,342
1.72
815,910
1.11
A3A' FRN 25/7/2045
985,381
1.34
Comcast FRN 14/7/2009
605,427
0.83
62,461
0.09
86,997
0.12
32,140
0.04
Trust '2005-HYB8 2A1' FRN 20/12/2035
386,574
0.53
COX Communications 7.75% 1/11/2010
153,102
0.21
5,229
0.01
583,283
0.80
77,522
0.11
11,338
0.02
25,561
0.04
31,396
0.04
87,965
0.12
10/6/2032
416,298
0.57
US$400,000
Dominion Resources/VA 5.125% 15/12/2009‡
402,252
0.55
US$415,000
Duke Energy Ohio 5.7% 15/9/2012
419,398
0.57
2,208,250
3.01
443,746
0.61
510
0.00
US$1,223,052
CenterPoint Energy Transition Bond 4.97%
1/8/2014
US$816,450
Chase Manhattan Bank-First Union National
Bank '1999-1 A2' 7.439% 15/8/2031
US$1,256,327
US$610,000
US$62,619
Citigroup Mortgage Loan Trust '2007-AHL3
Commercial Mortgage Acceptance '1999-C1 A2'
7.03% 15/6/2031
US$87,000
ConocoPhillips Australia Funding FRN
9/4/2009
US$32,501
Countrywide Asset-Backed Certificates '200516 2AF1' FRN 25/5/2036
US$808,523
US$150,000
US$5,275
Countrywide Home Loan Mortgage Pass Through
Credit Suisse Mortgage Capital Certificates
'2006-3 1A1A' FRN 25/4/2036
US$582,538
CS First Boston Mortgage Securities '1999-C1
A2' 7.29% 15/9/2041
US$5,999,131
CS First Boston Mortgage Securities '2003CPN1 ASP' FRN 15/3/2035
US$11,358
Daimler Chrysler Auto Trust '2006-A A3' 5%
8/5/2010
US$25,671
Daimler Chrysler Auto Trust '2006-B A3'
5.33% 8/8/2010
US$31,871
Deutsche ALT-A Securities Inc Alternate Loan
Trust '2006-AF1 A1' FRN 25/4/2036
US$96,162
Deutsche ALT-A Securities Inc Alternate Loan
Trust '2006-AR3 A3' FRN 25/8/2036
US$416,872
DLJ Commercial Mortgage '1999-CG2 A1B' 7.3%
US$2,200,000
Fannie Mae '4.5 3/09' 4.5% TBA
US$3,111,286
Fannie Mae Interest Strip '360 2' 5%
1/8/2035
US$498
Fannie Mae Pool '253819' 6% 1/5/2011
(続く)
− 23 −
公認証券取引所上場譲渡可能有価証券またはその他の規制市場で取引される譲渡可能有価証券
保有高
銘柄
US$65,354
US$1
US$1,923,066
Fannie Mae Pool '629099' FRN 1/4/2032
Fannie Mae Pool '889851' 5.5% 1/3/2020
時価
純資産比率
(米ドル)
(%)
67,181
0.09
1
0.00
1,990,874
2.72
US$44,966
Fannie Mae REMICS '2003-67 GL' 3% 25/1/2025
44,904
0.06
US$753,366
Fannie Mae REMICS '2006-25 TA' 6% 25/11/2029
771,417
1.05
US$1,345,966
Fannie Mae REMICS '2007-60 AX' FRN 25/7/2037
141,252
0.19
743,450
1.01
US$721,492
Fannie Mae Pool '890083' 5% 1/12/2021
Fannie Mae-Aces '2006-M2 A1A' 4.855%
25/8/2016
US$420,000
418,629
0.57
5,413,677
7.38
544,792
0.74
1,623,485
2.22
1,073,643
1.47
1,016,899
1.39
1/2/2011‡
242,786
0.33
US$705,000
Fifth Third Bank 4.2% 23/2/2010
688,036
0.94
US$236,337
First Horizon Asset Back Trust '2004-HE4 A2'
205,889
0.28
6.136% 15/3/2033
827,466
1.13
Florida Power 6.65% 15/7/2011
186,885
0.25
1,221,930
1.67
US$5,000,000
US$545,000
Federal Home Loan Mortgage 2.125% 23/3/2012
Federal Home Loan Mortgage 4.625% 25/10/2012
Federal National Mortgage Association 2%
11/2/2011
US$1,620,000
Federal National Mortgage Association 2%
9/1/2012
US$1,075,000
Federal National Mortgage Association 2.875%
11/12/2013
US$975,000
Federal National Mortgage Association 5.25%
1/8/2012
US$230,000
Federal National Mortgage Association 6.25%
4.07% 25/7/2019
US$840,191
First Union National Bank-Bank of America
Commercial Mortgage Trust '2001-C1 A2'
US$175,000
US$1,275,000
Ford Credit Auto Owner Trust '2006-C A4A'
5.15% 15/2/2012
US$145,000
FPL Group Capital 5.625% 1/9/2011
152,735
0.21
US$300,000
Freddie Mac Discount Notes 0% 8/5/2009
299,201
0.41
US$439,006
Freddie Mac Non Gold Pool '1G1186' FRN
456,324
0.62
1,326,332
1.81
588,936
0.80
1,124,178
1.53
1/9/2036
US$1,316,934
Freddie Mac Non Gold Pool '1H2512' FRN
1/8/2035
US$696,966
GCO Slims Trust '2006-1A NOTE' 5.72%
1/3/2022
US$1,170,000
Ge Capital Commercial Mortgage '2005-C1 A2'
4.353% 10/6/2048
US$500,000
General Electric Capital 5.25% 19/10/2012
490,534
0.67
US$11
Ginnie Mae I Pool '781155' 6.5% 15/7/2009
11
0.00
US$97
Ginnie Mae I Pool '781284' 6% 15/2/2011
97
0.00
(続く)
− 24 −
公認証券取引所上場譲渡可能有価証券またはその他の規制市場で取引される譲渡可能有価証券
保有高
銘柄
US$134,717
US$3,464,157
Goldman Sachs Group 1.625% 15/7/2011
134,545
0.18
45,765
0.06
486,903
0.66
54,254
0.07
228,481
0.31
GS Mortgage Securities II '2000-1A A' FRN
20/3/2023
US$5,430,928
(%)
Greenwich Capital Commercial Funding '2002C1 XP' 2.216% 11/1/2035
US$302,605
(米ドル)
GMAC Commercial Mortgage Securities '2003-C2
X2' FRN 10/5/2040
US$490,000
純資産比率
GMAC Commercial Mortgage Securities '1999-C3
A2' FRN 15/8/2036
US$51,473,919
時価
GS Mortgage Securities II '2003-C1 X2' FRN
42,284
0.06
US$165,767
GSAA Trust '2004-10 AF2' 4.22% 25/8/2034
159,397
0.22
US$414,686
GSAMP Trust '2005-AHL A3' FRN 25/4/2035
380,604
0.52
US$148,864
GSR Mortgage Loan Trust '2004-9 3A1' 4.6972%
105,301
0.14
1,131,062
1.54
123,393
0.17
162
0.00
468,955
0.64
696,853
0.95
10/1/2040
25/8/2034
US$1,858,451
GSR Mortgage Loan Trust '2005-AR1 2A1'
4.916% 25/1/2035
US$233,263
GSR Mortgage Loan Trust '2005-AR5 1A1'
5.406% 25/10/2035
US$365
Harborview Mortgage Loan Trust '2006-9 2A1A'
FRN 19/11/2036
US$1,009,278
Homebanc Mortgage Trust '2005-3 A1' FRN
25/7/2035
US$695,176
Honda Auto Receivables Owner Trust '2005-5
A4' 4.69% 15/2/2011
US$744,560
Honda Auto Receivables Owner Trust '2007-1
A3' 5.1% 18/3/2011
751,763
1.03
US$170,000
HSBC Finance 6.75% 15/5/2011
168,901
0.23
US$734,860
Indymac Index Mortgage Loan Trust '2006-AR41
285,377
0.39
849,032
1.16
25/7/2035
739,141
1.01
US$250,000
JPMorgan Chase & Co 5.6% 1/6/2011
254,333
0.35
US$275,000
Kraft Foods 5.625% 11/8/2010
282,498
0.39
US$866,661
LB-UBS Commercial Mortgage Trust '2000-C4
872,984
1.19
51,105
0.07
89,091
0.12
A3' FRN 25/2/2037
US$997,769
JP Morgan Mortgage Acquisition '2007-CH5 A2'
FRN 25/6/2037
US$981,961
JP Morgan Mortgage Trust '2007-A1 2A1' FRN
A2' 7.37% 15/8/2026
US$6,387,858
LB-UBS Commercial Mortgage Trust '2002-C4
XCP' FRN 15/10/2035
US$12,198,164
LB-UBS Commercial Mortgage Trust '2003-C5
XCP' FRN 15/4/2037
(続く)
− 25 −
公認証券取引所上場譲渡可能有価証券またはその他の規制市場で取引される譲渡可能有価証券
保有高
銘柄
時価
純資産比率
(米ドル)
(%)
248,192
0.34
HE1 A1' FRN 25/5/2037
112,833
0.15
US$165,000
Midamerican Energy Holdings 5.875% 1/10/2012
169,908
0.23
US$180,000
Midamerican Funding 6.75% 1/3/2011
185,365
0.25
US$373,006
Morgan Stanley ABS Capital I '2007-HE2 A2A'
332,222
0.45
692,062
0.94
784,401
1.07
231,712
0.32
'2005-GT1 AIO' 6.75% 25/12/2009
404,820
0.55
US$120,000
News America 6.75% 9/1/2038
121,281
0.17
US$350,000
Novartis Capital 4.125% 10/2/2014
352,934
0.48
66,579
0.09
797,771
1.09
1,219,991
1.66
'2005-1 AF3' 4.142% 25/5/2035
124,544
0.17
Public Service of Colorado 6.875% 15/7/2009
US$251,662
LB-UBS Commercial Mortgage Trust '2004-C7
A1' 3.625% 15/10/2029
US$132,659
Mastr Asset Backed Securities Trust '2007-
FRN 25/1/2037
US$780,388
Morgan Stanley ABS Capital I '2007-HE6 A1'
FRN 25/5/2037
US$790,000
National City Bank (Cleveland OH) 4.15%
1/8/2009
US$3,199,999
National Collegiate Student Loan Trust
'2005-2 AIO' 7.73% 25/3/2012
US$7,156,970
US$68,724
National Collegiate Student Loan Trust
Opteum Mortgage Acceptance '2006-1 1A1A' FRN
25/4/2036
US$795,972
PNC Mortgage Acceptance '1999-CM1 A1B' 7.33%
10/12/2032
US$1,220,019
PNC Mortgage Acceptance '2000-C2 A2' 7.3%
12/10/2033
US$133,946
US$500,000
Popular ABS Mortgage Pass-Through Trust
505,078
0.69
US$55,000
Qwest 6.5% 1/6/2017
45,375
0.06
US$55,000
Qwest FRN 15/6/2013
46,887
0.06
309,394
0.42
1,241,005
1.69
346,829
0.47
'2007-NC2 A2A' FRN 25/1/2037
352,819
0.48
SLM FRN 27/7/2009
186,262
0.25
1,403,908
1.92
1,356,656
1.85
US$760,119
Residential Accredit Loans '2006-QA9 A1' FRN
25/11/2036
US$1,710,121
Residential Asset Mortgage Products '2003RZ3 A6' 3.4% 25/3/2033 (Step-up coupon)
US$584,183
Residential Asset Securitization Trust
'2005-A5 A12' FRN 25/5/2035
US$396,235
US$200,000
US$1,445,000
Securitized Asset Backed Receivables Trust
SLM Student Loan Trust '2008-5 A2' FRN
25/10/2016
US$1,450,000
SLM Student Loan Trust '2008-5 A3' FRN
25/1/2018
(続く)
− 26 −
公認証券取引所上場譲渡可能有価証券またはその他の規制市場で取引される譲渡可能有価証券
保有高
銘柄
US$1,248,345
時価
純資産比率
(米ドル)
(%)
721,224
0.98
2A1' FRN 25/8/2037
455,981
0.62
Sovereign Bancorp FRN 23/3/2010
198,970
0.27
700,835
0.96
Soundview Home Equity Loan Trust '2003-2 A2'
FRN 25/11/2033
US$522,070
US$215,000
US$1,326,392
Soundview Home Equity Loan Trust '2007-OPT3
Suntrust Adjustable Rate Mortgage Loan Trust
'2007-2 3A3' FRN 25/4/2037
US$100,000
Time Warner Cable 5.4% 2/7/2012
96,149
0.13
US$500,000
Time Warner Cable 6.2% 1/7/2013
483,853
0.66
US$330,000
Tobgen 'B' 5.3% 1/6/2025
355,108
0.49
US$675,000
US Bank NA (Cincinnati OH) 6.375% 1/8/2011
708,569
0.97
US$560,000
US Treasury Bond 1.375% 15/2/2012
558,119
0.76
US$250,000
Verizon Communications 5.35% 15/2/2011
256,138
0.35
US$805,000
Verizon Wireless Capital '144A' 5.25%
793,125
1.08
129,757
0.18
549,740
0.75
1,218,279
1.66
78,276
0.11
CTFS '2002-MS1 2A1' 6.25% 25/2/2032
152,639
0.21
US$250,000
Wells Fargo Bank NA 6.45% 1/2/2011
252,518
0.35
US$200,000
Wells Fargo Bank NA 'AI' 7.55% 21/6/2010
205,480
0.28
888,829
1.21
798,373
1.09
1/2/2012
US$137,039
Wachovia Bank Commercial Mortgage Trust
'2003-C3 A1' 4.037% 15/2/2034
US$800,000
Wachovia Bank Commercial Mortgage Trust
'2006-C25 A4' FRN 15/5/2043
US$2,525,000
WaMu Mortgage Pass Through Certificates
'2005-AR12 1A6' 4.833% 25/10/2035
US$203,551
Washington Mutual Alternative Mortgage PassThrough Certificates '2007-OC1 A1' FRN
25/1/2047
US$165,815
US$1,444,330
Washington Mutual MSC Mortgage Pass-Through
Wells Fargo Mortgage Backed Securities Trust
'2006-AR8 2A1' 5.240023% 25/4/2036
US$1,312,928
Wells Fargo Mortgage Backed Securities Trust
'2006-AR10 2A1' FRN 25/7/2036
US$315,000
XTO Energy 5% 1/8/2010
313,974
0.43
67,580,403
92.19
70,548,472
96.24
公認証券取引所上場譲渡可能有価証券またはその他の規制市場で取
引される譲渡可能有価証券合計
(続く)
− 27 −
非上場有価証券
保有高
銘柄
時価
純資産比率
(米ドル)
(%)
57,375
0.08
5.125% 10/4/2013
615,453
0.84
US$525,000
Roche Holdings '144A' 4.5% 1/3/2012
532,672
0.73
US$500,000
ZFS Finance USA Trust I '144A' 5.875%
192,662
0.26
249,749
0.34
非上場有価証券合計
1,647,911
2.25
ポートフォリオ合計
72,196,383
98.49
1,110,052
1.51
73,306,435
100.00
債券
米国
US$425,000
Lehman Brothers Holdings FRN 25/5/2010
US$645,000
Metropolitan Life Global Funding I '144A'
9/5/2032
US$530,000
ZFS Finance USA Trust I '144A' 6.15%
15/12/2065
その他の純資産
純資産合計(米ドル)
(‡)
保証として提供された有価証券。詳細は注記12を参照。
スワップ
2009年2月28日現在
未実現損失
想定元本
US$2,300,000
銘柄
(米ドル)
金利スワップ(Barclays)
(ファンドは、1.59122%の固定金利を受け取り、米ドル3ヶ月Liborの変動金利
(3,482)
を支払う。)(13/2/2011)
US$720,000
金利スワップ(Credit Suisse)
(ファンドは、米ドル3ヶ月Liborの変動金利を受け取り、4.055%の固定金利を
(47,073)
支払う。)(18/11/2018)
(50,555)
注:当該取引により生じた未実現損失純額は、純資産計算書に含まれている(注記2c参照)。
− 28 −
未決済の先物契約
2009年2月28日現在
時価
契約数
契約/銘柄
9
満期日
Eurex Schatz
(米ドル)
2009年3月
1,231,217
7
Euro DTB BOBL
2009年3月
1,034,339
8
US Treasury 2 Year Note
2009年6月
1,730,250
6
LIFFE Long Gilt
2009年6月
1,018,778
4
Eurex Euro Bund
2009年6月
625,387
(1)
US Treasury 30 Year Bond
2009年6月
(124,578)
43
90 Day Euro $ Future
2009年9月
10,602,725
5
90 Day Euro $ Future
2010年6月
1,225,813
5
90 Day Euro $ Future
2010年9月
1,222,875
5
90 Day Euro $ Future
2010年12月
1,219,687
19,786,493
契約額合計
注:当該取引により生じた未実現利益純額270,906米ドルは、純資産計算書に含まれている(注記2c参照)。
未決済の先物外国為替予約取引
2009年2月28日現在
未実現利益
買建
売建
受渡日
(米ドル)
4,883
US$136,346
EUR104,000
18/3/2009
US$74,140
GBP50,000
18/3/2009
3,272
8,155
未実現利益純額
注:当該取引により生じた未実現利益純額は、純資産計算書に含まれている(注記2c参照)。
− 29 −
ブラックロック・グローバル・ファンズ
財務書類に対する注記(無監査)
1.組織
ブラックロック・グローバル・ファンズ(以下「当社」という。)は、オープン・エンド型の投資法人(変動資本
を有する会社型投資信託またはSICAV)であり、2002年12月20日付ルクセンブルグ法第1部(以下「2002年法」
という。)に基づき設立された。
2009年2月28日現在、当社は59のファンドの投資証券の募集を行っている。各ファンドは、それぞれ個別の資産
プールであり、それぞれ個別の投資証券により表象され、各投資証券クラスに以下のとおり分類されている。
投資証券クラス
2009年2月28日現在、当社は以下の投資証券の募集を行っている。
クラスA
クラスA毎日分配型投資証券
クラスAユーロ建ヘッジを使用した毎日分配型投資証券
クラスA毎月分配型投資証券
クラスAユーロ建ヘッジを使用した毎月分配型投資証券
クラスA毎四半期分配型投資証券
クラスAユーロ建ヘッジを使用した毎四半期分配型投資証券
クラスA英ポンド建ヘッジを使用した毎四半期分配型投資証券
クラスAシンガポール・ドル建ヘッジを使用した毎四半期分配型投資証券
クラスA米ドル建ヘッジを使用した毎四半期分配型投資証券
クラスA無分配型投資証券
クラスAユーロ建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスAスイス・フラン建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスA英ポンド建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスAシンガポール・ドル建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスA米ドル建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスA英国販売会社ステータス投資証券
クラスAユーロ建ヘッジを使用した英国販売会社ステータス投資証券
クラスA英ポンド建ヘッジを使用した英国販売会社ステータス投資証券
クラスA香港ドル建ヘッジを使用しない無分配型投資証券
クラスB
クラスB毎日分配型投資証券
クラスBユーロ建ヘッジを使用した毎日分配型投資証券
クラスB毎四半期分配型投資証券
クラスBユーロ建ヘッジを使用した毎四半期分配型投資証券
クラスB英ポンド建ヘッジを使用した毎四半期分配型投資証券
クラスB米ドル建ヘッジを使用した毎四半期分配型投資証券
クラスB無分配型投資証券
クラスBユーロ建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスB英ポンド建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスBシンガポール・ドル建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスB米ドル建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスB香港ドル建ヘッジを使用しない無分配型投資証券
− 30 −
クラスC
クラスC毎日分配型投資証券
クラスCユーロ建ヘッジを使用した毎日分配型投資証券
クラスC毎月分配型投資証券
クラスCユーロ建ヘッジを使用した毎月分配型投資証券
クラスC毎四半期分配型投資証券
クラスCユーロ建ヘッジを使用した毎四半期分配型投資証券
クラスC英ポンド建ヘッジを使用した毎四半期分配型投資証券
クラスC米ドル建ヘッジを使用した毎四半期分配型投資証券
クラスC無分配型投資証券
クラスCユーロ建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスC英ポンド建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスCシンガポール・ドル建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスC米ドル建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスC香港ドル建ヘッジを使用しない無分配型投資証券
クラスD
クラスD無分配型投資証券
クラスDユーロ建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスD英ポンド建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスE
クラスEユーロ建ヘッジを使用した毎四半期分配型投資証券
クラスE無分配型投資証券
クラスEユーロ建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスE英ポンド建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスI
クラスI無分配型投資証券*
クラスIユーロ建ヘッジを使用した無分配型投資証券*
クラスJ
クラスJ毎月分配型投資証券*
クラスJ無分配型投資証券*
クラスQ
クラスQ毎日分配型投資証券**
クラスQユーロ建ヘッジを使用した毎日分配型投資証券**
クラスQ無分配型投資証券**
クラスQユーロ建ヘッジを使用した無分配型投資証券**
クラスQ英ポンド建ヘッジを使用した無分配型投資証券**
クラスX
クラスX無分配型投資証券*
クラスXユーロ建ヘッジを使用した無分配型投資証券*
クラスXスイス・フラン建ヘッジを使用した無分配型投資証券*
クラスX分配型投資証券*
− 31 −
*
**
機関投資家が購入可能
ブラックロック・グループ内の企業が出資するその他のファンドの投資証券を過去に保有していた投資家が
購入可能な特例投資証券クラス。当社では、当該証券はすでに募集されていない。
各投資証券クラスは当社に対して同等の権利を有しているが、特徴および費用発生等の仕組みはそれぞれ異なり、
これについては当社の目論見書において詳述されている。
インディア・ファンド
ブラックロック・グローバル・ファンズは、その投資目標および投資方針に準拠して、当社の完全子会社である
ブラックロック・インディア・エクイティーズ・ファンド(モーリシャス)リミテッド(以下「同子会社」という。)
のみを通じて実質的にすべての純資産をインドに投資している。
同子会社のすべての資産および負債、収益および費用は当社の純資産計算書および損益計算書において連結され
ている。同子会社が保有するすべての投資は、当社の財務書類において開示されている。
同子会社は、有限責任のオープンエンド型の投資法人として、モーリシャスの法律に基づき2004年9月1日に設
立された。現在、同子会社は、インド/モーリシャスの二重課税防止条約の税額控除による恩恵を受けている。こ
れは将来において変更されない保証はない。
ファンドの統合
2009年1月23日より、コンサバティブ・アロケーション・ファンド(米ドル建)およびコンサバティブ・アロ
ケーション・ファンド(ユーロ建)は、グローバル・アロケーション・ファンドに統合された。
清算
2009年1月26日付で、ダイナミック・リザーブ・ファンドは清算された。
投資証券クラスの設定
以下に開示する日付は設定日であるが、当該クラスはその後終了した可能性もある。
発効日
種類
ファンド
2008年12月22日
クラスD無分配型投資証券
コンチネンタル・ヨーロピアン・フレキシブル・ファンド
2009年1月19日
クラスA毎日分配型投資証券 エマージング・ヨーロッパ・ファンド、ヨーロピアン・ファ
ンド、グローバル・アロケーション・ファンド、グローバ
ル・ダイナミック・エクイティ・ファンド、ラテン・アメリ
カン・ファンド、ニュー・エネルギー・ファンド、USフレ
キシブル・エクイティ・ファンド、ワールド・エネルギー・
ファンド、ワールド・ゴールド・ファンド、ワールド・マイ
ニング・ファンド
2009年2月2日
クラスAユーロ建ヘッジを使 USフレキシブル・エクイティ・ファンド
2009年2月27日
クラスX無分配型投資証券
2009年2月27日
クラスXユーロ建ヘッジを使 グローバル・コーポレート・ボンド・ファンド
用した毎日分配型投資証券
ユーロ・コーポレート・ボンド・ファンド
用した無分配型投資証券
− 32 −
投資証券クラスの終了
発効日
種類
ファンド
2009年2月16日
クラスQ無分配型投資証券
ユーロ・ショート・デュレーション・ボンド・ファンド
2009年2月16日
クラスJ無分配型投資証券
フィックスド・インカム・グローバル・オポテュニティー
ズ・ファンド
2009年2月16日
クラスEユーロ建ヘッジを使 グローバル・エンハンスド・エクイティ・イールド・ファン
用した毎四半期分配型投資証 ド
券
2009年2月16日
クラスE毎四半期分配型投資 グローバル・エンハンスド・エクイティ・イールド・ファン
証券
2009年2月16日
ド
クラスD英ポンド建ヘッジを リザーブ・ファンド
使用した無分配型投資証券
2009年2月16日
クラスQ英ポンド建ヘッジを リザーブ・ファンド
使用した無分配型投資証券
2.重要な会計方針の要約
当財務書類は、ルクセンブルグの投資法人のためにルクセンブルグの関係当局が規定した様式および規則に準拠
して作成され、また、以下の重要な会計方針を含んでいる。
(a) 投資およびその他の資産の評価
当社の投資およびその他の資産は以下のとおり評価されている。
・
各ファンドのポートフォリオを構成している上場有価証券の時価は、当該有価証券または資産が取引されて
いるもしくは取引が許可されている取引所の終了時における直近の公表価格により決定される。2009年2月
27日の価格決定時刻より後に終了する市場において取引された上場有価証券については、当該時刻現在また
はその他の時刻における直近の公表価格が使用される。このような上場有価証券が複数の証券取引所または
規制された市場において取引もしくは売買される場合、前述の目的のため取締役会は自己の判断により、当
該複数の証券取引所または規制された市場のうちの1つを選択することができる。
しかしながら、取締役会は、投資運用会社の助言を受けて、当社が保有する投資で、市場の低流動性または
資本の本国送金に関する制限のために時価が公正価値を表していない投資を特定している。この認識におい
て、取締役会は、投資運用会社の助言により、見積実現可能価額を反映するために時価に対する割引を行っ
ている。当該投資の評価および割引については、取締役会が定期的にレビューを行っている。
・
有価証券貸付:有価証券は貸付代理店であるブラックロック・インベストメント・マネジメントLLCの指
示により第三者ブローカーに受渡しされるが、その資産は当ファンドのポートフォリオの一部として引き続
き評価される。
・
非上場有価証券(公認証券取引所または規制された市場で取引もしくは許可されていない有価証券)の評価に
ついては、また、取引もしくは許可されているが直近の公表価格が実際の価額を反映しているとは考えられ
ない有価証券の場合は、取締役会が、慎重かつ誠実に、予想処分価格または取得価格に基づいて当該有価証
券の評価を行う。
・
流動性のある資産および短期金融資産は、名目価額に発生利息を加えた金額か、償却原価に基づいて評価さ
れる。
・
現金、短期金融市場預金、要求払手形およびその他の債務は、名目金額が入手可能と考えられる場合には名
目金額で評価される。
・
主として未収利息および未収配当金、投資売却未収入金、引受ファンド投資証券未収入金、リストラクチャ
リング費用を含む資産は、名目価額で評価される。
・
主として未払収益分配金、投資購入未払金、未払ファンド投資証券償還金を含む負債は、名目価額で評価さ
れる。
− 33 −
(b) 投資からの収益
当社は以下の方法で投資からの収益を認識している。
・
利息収益は日次ベースで発生する。これにはプレミアムの償却および割引の増価が含まれる。
・
銀行利息および短期金融市場預金収益は発生ベースで認識する。
・
受取配当金は配当落ち日に計上する。
・
有価証券貸付収益は月次ベースで発生する。
(c) 金融商品
当期間において、当社は多数の先物外国為替予約および先物契約を締結している。未決済の先物外国為替予約
および先物契約は、期末日に当該予約を決済した場合の金額で評価される。この結果生じる超過額/不足額およ
び決済済未清算の契約は未実現利益/損失に計上され、純資産計算書の資産または負債に適宜含められる。
当社はカバード・コール・オプションおよびプット・オプションを売建て、コール・オプションおよびプッ
ト・オプションを買建てることができる。当社がオプションを売建ておよび買建てる場合には、当社が受け取る
または支払うプレミアムと同等の金額が負債または資産として反映される。売建オプションに係る負債および買
建オプションに係る資産は、その後、オプションの現在価値を反映するよう時価評価される。この方法は売建オ
プションの見積予想価額を最も良く反映するため、取締役会は、売建オプションを最終取引価格ではなく仲値に
基づき評価することに合意している。有価証券がオプション行使によって売却される場合、受取(支払)プレミア
ムが売却有価証券の基準額から控除(に加算)される。オプションが失効する場合(または当社が決済取引を行っ
た場合)、当社はオプションに係る損益を、受取または支払プレミアムの分だけ(もしくは決済取引のコストが受
取または支払プレミアムを超過する分だけ)実現させる。
当社は1つの商品から発生する利益を他の投資より発生する利益と交換するために、スワップ契約を締結して
いる。クレジット・デフォルト・スワップの場合、一連のプレミアムがプロテクションの売り手に支払われ、そ
の見返りとして信用事象(契約において事前に定義される)が生じた際の偶発的支払を受け取る。スワップは、可
能な場合、第三者の価格決定機関から入手され、かつ、実際の値付け業者に対して照合された日々の価格に基づ
き時価評価される。このような相場が入手できない場合、スワップは、値付け業者による日々の相場に基づき価
格が決定される。いずれの場合も、相場の変動は損益および純資産変動計算書に未実現損益として計上される。
スワップの満期または終了時における実現損益は、損益および純資産変動計算書に計上される。
有価証券買戻し(または売戻し)取引は、原証券によって保証された貸付(または借入れ)取引として処理される。
当該取引では、譲渡人が他者(譲受人)に有価証券の所有権を譲渡し、合意された価格および日付で、譲渡人は有
価証券の取消不能買戻しを引き受け、譲受人は当該有価証券の取消不能売戻しを引き受ける。有価証券買戻し契
約は、契約時の通貨で表示されている購入価格で評価される。2009年2月28日現在、未決済の有価証券買戻し
(または売戻し)はない。
(d) 外貨換算
各ファンドのファンド通貨以外の通貨建の投資の取得原価は、購入時の為替レートで換算されている。各ファ
ンドのファンド通貨以外の通貨建の投資およびその他の資産の時価は、2009年2月27日のルクセンブルグ時間の
各ファンドの評価時点における為替レートで換算されている。
(e) 合計連結数値
当社の連結数値は米ドルで表示されており、各ファンドの財務書類の合計を含んでいる。純資産計算書の為替
レートは、2009年2月27日のルクセンブルグ時間の各ファンドの評価時点における以下のレートである。
米ドル
ユーロ
英ポンド
円
スイス・フラン
0.791
0.7055
97.848
1.169
− 34 −
損益および純資産変動計算書の為替レートは、以下の期中平均レートが使用されている。
米ドル
ユーロ
英ポンド
円
スイス・フラン
0.751
0.6428
96.204
1.1446
コンサバティブ・アロケーション・ファンド(ユーロ建)に使用された米ドル/ユーロの平均為替レート
(0.7446)は2008年9月1日から2009年1月23日(ファンドの統合日)までの期間で算定された。
これらの数値は情報提供の目的のみで表示されている。
(f) 為替レート
以下の為替レートは、2009年2月27日現在、ファンドの基準通貨以外の通貨建の投資およびその他の資産なら
びにその他の負債の換算に使用された。
通貨
英ポンド
米ドル
ユーロ
円
スイス・
UAEディルハム
0.1919
0.2723
0.2150
26.4849
0.3193
アルゼンチン・アウストラル
0.1981
0.2811
0.2219
27.3399
0.3296
アルゼンチン・ペソ
0.1981
0.2811
0.2219
27.3399
0.3296
豪ドル
0.4512
0.6401
0.5054
62.2657
0.7507
ブラジル・レアル
0.2996
0.4251
0.3357
41.3541
0.4986
カナダ・ドル
0.5602
0.7948
0.6275
77.3159
0.9322
スイス・フラン
0.6010
0.8526
0.6732
82.9405
1.0000
チリ・ペソ
0.0012
0.0017
0.0013
0.1630
0.0020
中国人民元
0.1031
0.1462
0.1154
14.2219
0.1715
コロンビア・ペソ
0.0003
0.0004
0.0003
0.0381
0.0005
チェコスロバキア・コルナ
0.0319
0.0453
0.0357
4.4019
0.0531
チェコ・コルナ
0.0319
0.0453
0.0357
4.4019
0.0531
デンマーク・クローネ
0.1198
0.1700
0.1342
16.5356
0.1994
エジプト・ポンド
0.1259
0.1786
0.1410
17.3705
0.2094
ユーロ
0.8927
1.2666
1.0000
123.2057
1.4855
英ポンド
1.0000
1.4188
1.1202
138.0089
1.6640
香港ドル
0.0909
0.1290
0.1018
12.5455
0.1513
ハンガリー・フォリント
0.0030
0.0043
0.0034
0.4156
0.0050
インドネシア・ルピア
0.0001
0.0001
0.0001
0.0081
0.0001
イスラエル・新シェケル
0.1693
0.2402
0.1896
23.3640
0.2817
インド・ルピー
0.0139
0.0197
0.0155
1.9145
0.0231
アイスランド・クローナ
0.0062
0.0088
0.0070
0.8599
0.0104
ヨルダン・ディナール
0.9940
1.4103
1.1135
137.1858
1.6540
日本円
0.0072
0.0103
0.0081
1.0000
0.0121
韓国ウォン
0.0005
0.0007
0.0005
0.0634
0.0008
クウェート・ディナール
2.4027
3.4088
2.6914
331.5927
3.9980
モロッコ・ディルハム
0.0808
0.1146
0.0905
11.1490
0.1344
メキシコ・ペソ
0.0470
0.0667
0.0526
6.4853
0.0782
マレーシア・リンギット
0.1902
0.2699
0.2131
26.2514
0.3165
ノルウェー・クローネ
0.1011
0.1435
0.1133
13.9554
0.1683
ニュージーランド・ドル
0.3547
0.5032
0.3973
48.9532
0.5902
フラン
− 35 −
通貨
英ポンド
米ドル
ユーロ
円
スイス・
フラン
ペルー・新ソル
0.2177
0.3089
0.2439
30.0509
0.3623
フィリピン・ペソ
0.0144
0.0205
0.0162
1.9937
0.0240
パキスタン・ルピー
0.0088
0.0125
0.0099
1.2177
0.0147
ポーランド・ズウォティ
0.1918
0.2722
0.2149
26.4737
0.3192
カタール・リアル
0.1936
0.2746
0.2168
26.7146
0.3221
ロシア・ルーブル
0.0197
0.0279
0.0221
2.7181
0.0328
サウジアラビア・リアル
0.1879
0.2666
0.2105
25.9369
0.3127
スウェーデン・クローナ
0.0781
0.1108
0.0875
10.7771
0.1299
シンガポール・ドル
0.4562
0.6472
0.5110
62.9545
0.7590
スロバキア・コルナ
0.0296
0.0420
0.0332
4.0898
0.0493
タイ・バーツ
0.0195
0.0277
0.0218
2.6912
0.0324
新トルコ・リラ
0.4165
0.5909
0.4666
57.4822
0.6931
新台湾ドル
0.0202
0.0286
0.0226
2.7847
0.0336
米ドル
0.7048
1.0000
0.7895
97.2750
1.1728
南アフリカ・ランド
0.0710
0.1007
0.0795
9.7923
0.1181
3.管理会社
ブラックロック(ルクセンブルグ)エス・エーが当社の管理会社に任命されている。管理会社は、2002年12月20日
付ルクセンブルグ法第13章に従って、ファンド管理会社としての権限を付与されている。
当社は、管理会社および投資運用会社と管理会社契約(以下「ファンド管理契約」という。)を締結している。当
該契約に基づき、管理会社は当社の日々の運用管理を委託されており、当社の投資運用、管理およびファンドの
マーケティングに関するすべての経営機能を、直接遂行するか、もしくは委任している。
管理会社は、当社との契約により、機能の一部を委任することを決定している(詳細は目論見書に記載されてい
る)。
管理会社の取締役は、グラハム・バンピン(Graham Bamping)、フランク P.ル・ファーブル(Frank P. Le
Feuvre)およびジェフリー・ラドクリフ(Geoffrey Radcliffe)である。
ブラックロック(ルクセンブルグ)エス・エーはブラックロック・グループ内の完全所有子会社であり、金融監督
庁の監督下にある。
4.投資運用および販売報酬
当期間において、当社は投資運用会社および主要販売会社であるブラックロック(チャネル諸島)リミテッドに投
資運用および販売報酬を支払った。
投資運用会社は、目論見書の附表Eに記載されているとおり、当社から投資運用報酬を受け取る。投資運用報酬
の水準は、投資家が購入するファンドに応じて0.40%から2.00%の間であり、一部のクラスD投資証券、クラスI
投資証券およびクラスQ投資証券を除く各ファンド内のすべての投資証券クラスについて同様である。これらの報
酬は、関連ファンドの純資産額に基づき日次で発生し、月次で支払われる。投資運用会社は、投資顧問の報酬を含
む一定の費用および報酬を投資運用報酬から支払う。クラスJ投資証券およびクラスX投資証券は投資運用報酬を
課さない。
投資運用会社は、最新の目論見書の附表Cの第21パラグラフに記載されているとおり、投資運用報酬の全部また
は一部を払い戻すことができる。当該払い戻しは、注記5に記載の通り、管理報酬補助金に含まれている。
主要販売会社は、目論見書の附表Eに記載されているとおり、年間販売報酬を受け取る。これらの報酬は、関連
ファンドの純資産額(適切な場合には、附表Bの第16(c)パラグラフに記載されているとおり、関連ファンドの純資
産額の調整を反映する。)に基づき日次で発生し、月次で支払われる。
2009年2月28日現在支払期日が到来している投資運用報酬および販売報酬は、その他の負債として純資産計算書
に含まれている。
− 36 −
5.管理報酬
当社は年率0.25%を上限として管理報酬を支払っている。この報酬は、0.25%を上限として取締役会と管理会社
間で合意された率で発生し、両者の裁量により通知することなく適宜修正される。
課される年率は以下のとおりである。
バランス型/複合資
投資証券クラス
株式ファンド
債券ファンド
産ファンド
現金/短期ファンド
A、B、C、D、
0.25%
0.15%
0.20%
0.10%
0.02%
0.02%
0.02%
0.02%
E、Q
I、J、X
クラスI、JおよびクラスX投資証券に対する投資は、2002年12月20日付法律第129条の意義の範囲内で機関投資家に制限され
る。
管理報酬は、関連するクラスの純資産額に基づき日次で発生し、月次で支払われる。この報酬は、従来ファンド
計理報酬、名義書換事務代行報酬およびその他の費用(すなわち、税金、法律、監査その他の専門家報酬ならびに
取締役報酬、投資家サービス・センターおよび国際管理サービス報酬などの現在ブラックロックが当社に課してい
るすべての報酬および払戻費用)と呼ばれていた報酬に関連して現在当社に課されている第三者のすべての固定お
よび変動費用に置き換わるものである。
ブラックロック・グループの代表者でない取締役は、会計年度に実施した職務の対価として、報酬30,000ユーロ
(税金控除後)を受け取る。
管理報酬は、租税効率を理由として保管報酬を除いている。特定の管轄地に適用される税金も管理報酬から除か
れている(注記7を参照)。
当期間において、以下のファンドが管理報酬補助金の支払対象になった。
エマージング・ヨーロッパ・ファンド
ストラテジック・アロケーション・ファンド(米ドル
建)
ユーロ・コーポレート・ボンド・ファンド
ユナイテッド・キングダム・ファンド
ユーロ・ショート・デュレーション・ボンド・ファンド
USダラー・コア・ボンド・ファンド
ヨーロピアン・オポテュニティーズ・ファンド
USダラー・ハイ・イールド・ボンド・ファンド
グローバル・コーポレート・ボンド・ファンド
USガバメント・モーケージ・ファンド
グローバル・ガバメント・ボンド・ファンド
ワールド・ファイナンシャルズ・ファンド
グローバル・ハイ・イールド・ボンド・ファンド
ワールド・ヘルスサイエンス・ファンド
ジャパン・オポテュニティーズ・ファンド
ワールド・インカム・ファンド
ストラテジック・アロケーション・ファンド(ユーロ
建)
管理報酬補助金は、損益および純資産変動計算書に独立して開示されている。
2009年2月28日現在支払期日が到来している管理報酬は、その他の負債として純資産計算書に含まれている。
6.保管および預託報酬
当期間における当社の保管銀行は、ザ・バンク・オブ・ニューヨーク・メロン・インターナショナル・リミテッ
ド、ルクセンブルグ支店である。保管銀行は有価証券の時価に基づき年間報酬を受け取る。当該報酬は日次で発生
し、取引報酬が加算される。年間報酬は年率0.011%から0.608%の範囲であり、取引報酬は1取引当たり13米ドル
から157米ドルの範囲である。これらの報酬の割合は投資する国によって異なり、資産クラスによって異なる場合
もある。債券および先進国の株式市場に対する投資はこれらの範囲の下限に近くなるが、一方、新興または発展途
上の市場においては上限に近くなるものもある。したがって、各ファンドの保管費用は常に資産配分に左右される。
2009年2月28日現在支払期日が到来している保管および預託報酬は、その他の負債として純資産計算書に含まれ
ている。
− 37 −
7.年次税
ルクセンブルグ
当社はルクセンブルグの法律に基づき投資法人として登録されている。したがって、当社は、ルクセンブルグに
おいて所得税もキャピタル・ゲイン税も現在のところ課されていない。しかし、各ファンドの各四半期末の純資産
額の年率0.05%(リザーブ・ファンドならびにすべてのクラスI、クラスJおよびクラスX投資証券の場合には
0.01%)で計算された年次税を支払うことが要求されている。
英国
販売会社ステータス
取締役会は、各会計期間について、英国における英国販売会社ステータス英ポンド建クラスA投資証券を、英国
の税務目的上、分配型投資証券クラスとして認定するよう申請する方針である。しかし、このような認定を得られ
る保証はない。
8.投資顧問
ブラックロック(チャネル諸島)リミテッドは、以下のとおり投資顧問および投資運用を委任している。ブラック
ロック(チャネル諸島)リミテッドは、目論見書に記載されているように、一部の投資運用および投資顧問を、投資
顧問会社であるブラックロック・ファイナンシャル・マネジメント・インク、ブラックロック・インターナショナ
ル・リミテッド、ブラックロック・インベストメント・マネジメントLLC、ブラックロック・インベストメン
ト・マネジメント(UK)リミテッド、ブラックロック・ジャパン株式会社およびブラックロック(香港)リミテッド
に委任している。
ブラックロック・ファイナンシャル・マネジメント・インクは以下のファンドに対して投資顧問サービスを提供
している。
アジアン・タイガー・ボンド・ファンド
ダイナミック・リザーブ・ファンド(清算日である2009年1月26日まで)
エマージング・マーケッツ・ボンド・ファンド
フィックスド・インカム・グローバル・オポテュニティーズ・ファンド
グローバル・ハイ・イールド・ボンド・ファンド
ローカル・エマージング・マーケッツ・ショート・デュレーション・ボンド・ファンド
リザーブ・ファンド
USダラー・コア・ボンド・ファンド
USダラー・ハイ・イールド・ボンド・ファンド
USダラー・ショート・デュレーション・ボンド・ファンド
USガバメント・モーゲージ・ファンド
ワールド・インカム・ファンド
ブラックロック・インベストメント・マネジメントLLCは以下のファンドに対して投資顧問サービスを提供し
ている。
ヨーロピアン・エンハンスド・エクイティ・イールド・ファンド
グローバル・アロケーション・ファンド
グローバル・ダイナミック・エクイティ・ファンド
グローバル・エンハンスド・エクイティ・イールド・ファンド
グローバル・スモールキャップ・ファンド
ラテン・アメリカン・ファンド
USベーシック・バリュー・ファンド
USフレキシブル・エクイティ・ファンド
USフォーカスド・バリュー・ファンド
USグロース・ファンド
USスモールキャップ・バリュー・ファンド
− 38 −
ワールド・ファイナンシャルズ・ファンド
ワールド・ヘルスサイエンス・ファンド
ブラックロック・インベストメント・マネジメントLLCおよびブラックロック・インベストメント・マネジメ
ント(UK)リミテッドはエマージング・マーケッツ・ファンドに対して投資顧問サービスを提供している。
ブラックロック・インターナショナル・リミテッドは以下のファンドに対して投資顧問サービスを提供している。
グローバル・オポテュニティーズ・ファンド
USオポテュニティーズ・ファンド
以下のファンドの場合、ブラックロック・インベストメント・マネジメント(UK)リミテッドは、ブラックロッ
ク・ジャパン株式会社に対して一部の機能を再委任している。
ジャパン・ファンド
ジャパン・オポテュニティーズ・ファンド
ジャパン・バリュー・ファンド
以下のファンドについて、ブラックロック・ファイナンシャル・マネジメント・インクは、ブラックロック・イ
ンベストメント・マネジメント(UK)リミテッド、ブラックロック・インターナショナル・リミテッド、ブラック
ロック・インベストメント・マネジメント(オーストラリア)・リミテッドおよびブラックロック・ジャパン株式会
社に対して一部の機能を再委任している。
グローバル・ガバメント・ボンド・ファンド
ワールド・ボンド・ファンド
以下のファンドの場合、ブラックロック・インベストメント・マネジメント(UK)リミテッドは、ブラックロッ
ク(香港)リミテッドに対して一部の機能を再委任している。
チャイナ・ファンド
インディア・ファンド
アジアン・ドラゴン・ファンド
以下のファンドについて、ブラックロック・インベストメント・マネジメント(UK)リミテッドは、ブラック
ロック(香港)リミテッドおよびブラックロック・ジャパン株式会社に対して一部の機能を再委任している。
パシフィック・エクイティ・ファンド
残りのファンドについては、ブラックロック・インベストメント・マネジメント(UK)リミテッドが投資顧問会
社である。
9.関連当事者との取引
管理会社、投資運用会社および投資顧問会社の最終的な持株会社は、ブラックロック・インク(米国デラウェア
州で設立された会社)である。ザ・バンク・オブ・アメリカ・コーポレーション(メリルリンチ・アンド・カンパ
ニー・インク・グループ内の会社を含む。)およびPNCバンク・エヌ・エー は、ブラックロック・インクの主要
株主である。当社のために有価証券の取引を手配する際、バンク・オブ・アメリカ・グループまたはPNCグルー
プが有価証券仲介サービス、外国為替サービス、銀行サービスおよびその他のサービスを提供したり、もしくは通
常の条件により本人として行動する可能性があり、これにより利益を得る可能性がある。ブローカーおよびエー
ジェントに対する手数料は関連する市場の慣例に従って支払われており、ブローカーまたはエージェントが提供す
る大口取引による割引、その他の手数料の割引または現金による手数料の割戻しの利益は当社に還元されている。
バンク・オブ・アメリカ・グループまたはPNCグループのグループ会社のサービスは、その利用が適切であると
判断される場合に、手数料およびその他の取引条件が関係する市場で用いられる系列外のブローカーおよびエー
ジェントとのものとおおむね同様であり、かつ、最良の最終的な業績を得るための上記の方針に一致していること
を条件に、投資顧問会社により利用可能である。
− 39 −
当期間中、通常の業務範囲外のあるいは通常の取引条件外の取引は行われていない。当社がブラックロックの会
社それぞれを通じて行った取引総額は9,114,261米ドルであり、当該取引価額が当期間の全体の取引価額に占める
割合は0.01%である。当該取引に関連して支払われたブローカー手数料の総額は22,775米ドルであり、支払った手
数料の平均料率は0.25%である。
当期間中に、取締役によるファンドの投資証券の購入はなかった。
10.手数料の利用
1社以上の投資顧問会社(以下「顧問会社」という。)は、現地の法律または規則により認められている場合に、
手数料分配契約または同等の契約を締結することができる。当該契約は、顧問会社が、これらの契約を通して得ら
れる調査または執行サービスが、顧問会社の投資意思決定能力または取引執行力を高め、その結果より高い投資収
益が見込まれると考える場合に限り締結される。顧問会社は主要な世界的ブローカーと当該契約を締結する。ブ
ローカーは、ブローカーが顧問会社に提供する調査および執行サービスの報酬を認識する際に、または顧問会社に
よる取引の執行もしくは顧問会社への調査の提供を支援する第三者のサービスに対して代金を支払うために、顧問
会社の取引により生じる手数料の一部を使用することに同意している。全ての取引は引き続き最良の執行条件に従
う必要があり、契約は常に見直される。
11.有価証券貸付
当社は、ブラックロック・インベストメント・マネジメントLLCと有価証券貸付契約を締結している。当該契
約に基づき、当社は適切な担保を含む一定の条件のもと、第三者に対して有価証券ポートフォリオの一部を貸付け
ることができる。当該貸付は、貸付活動を専門とする公認清算機関または主要な金融機関の仲介を通じてのみ可能
であり、これらの機関と合意した、担保を含む取引条件に基づいている。当該取引は30日を超えてはならない。貸
付有価証券が関連するファンドの有価証券ポートフォリオの50%を超過する場合には、貸付契約を即時に終了でき
る条件でのみ貸付が可能となる。
当該契約に基づき、当社は現金担保を承認された有価証券に投資するよう指示することがあり、それにより投資
収益が生じる。
有価証券貸付プログラムからの投資収益の詳細は、当該ファンドの損益および純資産変動計算書に記載されてい
る。2009年2月28日現在、貸付有価証券の評価額合計は329,452,919米ドルであり、投資担保の時価は373,153,232
米ドルである。
現金担保は25.22%がコーポレート・ボンド(格付けA−1または同等)、74.78%がコマーシャル・ペーパーおよ
び定期預金に再投資されている。この担保は保管銀行が保有しており、財務書類には反映されていない。
貸付有価証券は、関連するファンドのポートフォリオにおいて「*」で記されている。2009年2月28日現在、当
該貸付有価証券のファンドレベルでの価額は以下の表のとおりである。
ファンド
貸付有価証券の価額
コンチネンタル・ヨーロピアン・フレキシブル・ファンド
2,182,437米ドル
エマージング・ヨーロッパ・ファンド
103,097,605米ドル
ユーロ・マーケッツ・ファンド
110,572,432米ドル
ヨーロピアン・ファンド
25,811,150米ドル
ヨーロピアン・グロース・ファンド
6,412,389米ドル
ヨーロピアン・オポテュニティーズ・ファンド
1,269,690米ドル
グローバル・アロケーション・ファンド
24,191,210米ドル
グローバル・エンハンスド・エクイティ・イールド・ファンド
1,267,730米ドル
グローバル・ガバメント・ボンド・ファンド
32,712,109米ドル
グローバル・スモールキャップ・ファンド
616,455米ドル
ジャパン・オポテュニティーズ・ファンド
211,808米ドル
ラテン・アメリカン・ファンド
15,966,488米ドル
USベーシック・バリュー・ファンド
3,656,016米ドル
ワールド・ファイナンシャルズ・ファンド
1,485,400米ドル
− 40 −
12.担保有価証券または保証として提供された有価証券
売建コール・オプションの原証券で担保に供されているものは、ファンドのポートフォリオにおいて「†」で記
されている。2009年2月28日現在、当該有価証券の価額は102,194,992米ドルである。
先物取引の保証として提供されている有価証券は、ファンドのポートフォリオにおいて「‡」で記されている。
2009年2月28日現在、当該有価証券の価額は113,718,841米ドルである。
13.分配金
取締役の現在の方針は、分配型ファンドによる収益および英国販売会社ステータス・クラスによる収益を除くす
べての投資純利益を留保し再投資することである。分配型ファンドおよび英国販売会社ステータス・クラスに関し
ては、実質的にすべての期間投資収益(費用控除後)を分配する方針である。取締役会は、実現および未実現の両方
のキャピタル・ゲインからの分配を分配金の範囲に含めるか、およびどの程度まで含めるかを決定することができ
る。
分配型投資証券を提供するファンドに関しては、ファンドの種類別に分配金の支払頻度が決定される。通常、分
配金は以下のように支払われる。
・ ボンド分配型ファンドに関しては月次(分配する収益が存在する場合)とする。
・ ヨーロピアン・エンハンスド・エクイティ・イールド・ファンド、グローバル・エンハンスド・エクイティ・
イールド・ファンドおよびフィックスド・インカム・グローバル・オポテュニティーズ・ファンドに関しては四
半期毎(分配する収益が存在する場合)(取締役会が決定可能なその他のファンドについてはその都度)とする。
・ 取締役会の裁量により、エクイティ分配型ファンドに関しては年次。英国販売会社ステータス・エクイティ・
ファンドは、分配する収益が存在する場合に年次で分配金が支払われる。
月次で分配金を支払うこれらの分配型投資証券は以下の投資証券にさらに分類される。
・ 分配金が日次で算定される投資証券は、毎日分配型投資証券である。
・ 分配金が月次で算定される投資証券は、毎月分配型投資証券である。
投資家は毎月分配型投資証券または毎日分配型投資証券のいずれかを保有するか選択することができるが、両者
を保有することはできない。
分配金が四半期毎に支払われる投資証券は、毎四半期分配型投資証券である。
分配金が年次で支払われる投資証券は、毎年分配型投資証券である。
分配金の宣言および支払いならびに投資主が利用可能な再投資オプションについては、目論見書に記載されてい
る。
14.後発事象
2009年3月18日、取締役会は、グローバル・キャピタル・セキュリティーズ・アブソリュート・リターン・ファ
ンドの投資主に対して、当社の同ファンド部分の運用終了を決定したことを書面で通知した。同ファンドは、2009
年4月24日付で運用を終了する予定である。
2009月3月24日に取締役会の決議が可決された後、BGFの投資証券クラスに関するルクセンブルク証券取引所
への上場方針は、各ファンドの累積投資型のクラスA基準通貨建投資証券のみを上場するよう修正される予定であ
る。以前は、ファンドの全てのクラスA投資証券がルクセンブルク証券取引所に上場されていた。
− 41 −
更新日時:12/2/2009 10:35:00 AM
ファイル名:0304999_3393707052112.doc
2
印刷日時:09/12/16 13:54
ファンドの現況
原請求目論見書の「ファンドの詳細情報
第4 ファンドの経理状況
2 ファンドの現況」は、以
下の通り更新されます。
ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド(平成21年10月末現在)
純資産額計算書
Ⅰ
資産総額
8,616,542,086円
Ⅱ
負債総額
394,179,618円
Ⅲ
純資産総額(Ⅰ−Ⅱ)
8,222,362,468円
Ⅳ
発行済数量
9,612,624,426口
Ⅴ
1単位当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)
0.8554円
− 42 −
更新日時:12/2/2009 10:35:00 AM
ファイル名:0305010_3393707052112.doc
第5
印刷日時:09/12/16 13:54
設定及び解約の実績
原請求目論見書の「ファンドの詳細情報 第5 設定及び解約の実績」は、以下の通り更新されます。
設定数量(口)
解約数量(口)
発行済数量(口)
第1期
1,626,115,999
75,771,185
1,550,344,814
第2期
568,060,539
975,408,625
1,142,996,728
第3期
2,377,260,303
791,580,196
2,728,676,835
第4期
7,677,785,823
1,842,002,828
8,564,459,830
第5期
1,777,486,921
1,813,996,412
8,527,950,339
第6期
557,610,720
1,165,157,104
7,920,403,955
第7期
2,079,380,602
1,477,072,293
8,522,712,264
− 43 −
ブラックロック・
ラテンアメリカ株式ファンド
(為替変動型/為替変動低減型)
追加型投信/海外/株式
※課税上は株式投資信託として取扱われます。
投資信託説明書(目論見書) 2009.12
※本書は金融商品取引法第13条の規定に基づく目論見書です。
(09.12)
この冊子の前半部分は「ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド」の交付
目論見書、後半部分は「ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド」の請求
目論見書です。
追加型投信/海外/株式
※課税上は株式投資信託として取扱われます。
投資信託説明書(交付目論見書)
2009.12
※本書は金融商品取引法第 13 条の規定に基づく目論見書です。
交付目論見書
ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド
交付目論見書
1.ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド(以下「当ファンド」または「ファンド」
といいます。)の募集については、委託会社は、金融商品取引法(昭和23年法第25号)第
5条の規定により有価証券届出書を平成21年11月16日に関東財務局長に提出しており、平
成21年12月2日にその届出の効力が生じております。
2.当ファンドの基準価額は、同ファンドに組入れられている有価証券等の値動きの他、為替
変動による影響を受けますが、これらの運用による損益はすべて投資家の皆様に帰属いた
します。元金が保証されているものではありません。
3.当ファンドは、預貯金や保険契約とは異なり、預金保険機構および保険契約者保護機構の
保護の対象ではありません。また販売会社が登録金融機関の場合、投資者保護基金の対象
にはなりません。
4.当ファンドの募集については、委託会社は、金融商品取引法第13条第2項第2号の規定に
より請求目論見書を作成しております。請求目論見書は投資家から請求された場合にお渡
ししています。なお投資家の皆様も自ら交付請求をしたことを記録しておいてください。
(請求目論見書に記載されている情報については、委託会社のホームページ、EDINE
T(電子開示システム)等の手段によっても入手することが可能です。)
【金融商品の販売等に関する法律に係る重要事項】
当ファンドは、主に投資信託証券への投資を通じて株式を投資対象としますので、組入株式の価格下
落や、組入株式の発行会社の倒産や財務状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、損失を被る
ことがあります。また、為替の変動により損失を被ることがあります。
発
行
者
名
ブラックロック・ジャパン株式会社
代表者の役職氏名
代表取締役社長
ロス・ケー・ヒキダ
本店の所在の場所
東京都千代田区丸の内一丁目8番3号
有価証券届出書の写し
を縦覧に供する場所
該当事項はありません。
ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド
お申込み前の重要な事項のお知らせ
下記の事項は、この投資信託(以下「ファンド」といいます。)をお申込みされるご投
資家の皆様に、あらかじめご確認いただきたい重要な事項をお知らせするものです。
お申込みの際には、下記の事項および投資信託説明書(交付目論見書)を十分お
読みいただき、当ファンドの内容をご理解の上、お申込みください。
● ファンドのリスクについて
ファンドは、主にラテンアメリカ諸国の株式(同地域において重要な事業展開を行っ
ていると考えられる同地域以外の企業の株式を含みます。)を主要な投資対象とし
ますので、組入株式の価格の下落や、組入株式の発行会社の倒産や財務状況の
悪化等の影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。また、外貨
建資産に投資しますので、為替の変動により損失を被ることがあります。
したがって、ご投資家の皆様の投資元金が保証されているものではなく、基準価
額の下落により損失を被り、投資元金を割り込むことがあります。
ファンドの主な投資リスクとして、「株価変動のリスク」、「為替変動リスク」、「カント
リー・リスク」、「固定利付債および変動利付債投資のリスク」、「オプション、先物、
その他投資手法のリスク」等があります。
※詳しくは投資信託説明書(交付目論見書)の「第二部 ファンド情報 第1 ファン
ドの状況 3 投資リスク」をご覧ください。
● ファンドに係る手数料および費用等について
直接ご負担いただく手数料
■申込手数料
お申込受付日の翌営業日の基準価額に3.15%(税抜 3.00%)を上限とし
て、販売会社が独自に定める率を乗じて得た額。
※詳しくは販売会社にご確認ください。
■解約手数料
ありません。
■信託財産留保額
ありません。
ファンドを通して間接的にご負担いただく費用
■信託報酬
ファンドの純資産総額に対して年1.8795%(税抜 1.79%)の率を乗じて得
た額。(投資対象ファンドに係る管理報酬、信託報酬等はありません。)
■諸費用
目論見書の作成費用、運用報告書の作成費用、ファンドの財務諸表監査に関
する費用等の諸費用について、ファンドの純資産総額の年0.105%
(税抜0.10%)を上限として、ファンドから支払うことができます。
■その他の費用
信託事務の処理に要する諸費用、外貨建資産の保管費用等についてファンド
から支払われます。また、投資対象ファンドに係る保管報酬および事務処理に
要する諸費用が別途投資対象ファンドから支払われます。
(その他の費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料
率、上限額等を示すことができません。)
当該手数料および費用等の合計額については、ファンドの保有期間等に応じて異
なりますので表示することができません。
※詳しくは投資信託説明書(交付目論見書)の「第二部 ファンド情報 第1 ファン
ドの状況 4 手数料等及び税金」をご覧ください。
(2009 年 12 月作成)
目
交付目論見書
投資信託説明書(交付目論見書)
次
頁
ファンドの概要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1
第一部 証券情報・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10
第二部 ファンド情報・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
13
第1 ファンドの状況・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
13
1 ファンドの性格・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
13
2 投資方針・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
23
3 投資リスク・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
31
4 手数料等及び税金・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
33
5 運用状況・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
37
6 手続等の概要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
40
7 管理及び運営の概要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
44
第2 財務ハイライト情報・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
49
第3 内国投資信託受益証券事務の概要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
54
第4 ファンドの詳細情報の項目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
56
約款・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
57
(注)本書において文中および表中の数字は四捨五入された数値として表示されている場合があり、従って
合計として表示された数字はかかる数値の総和と必ずしも一致するとは限りません。
㩷
㪄㩷 䊐䉜䊮䊄䈱᭎ⷐ㩷 㪄㩷
㩷
੤ઃ⋡⺰⷗ᦠ
ᧄ᭎ⷐ䈲䇮ᧄᢥ䈱⸽೛ᖱႎ䇮䊐䉜䊮䊄ᖱႎ╬䉕ⷐ⚂䈚䈢䉅䈱䈪䈜䇯䈍↳ㄟ䉂䈱㓙䈮䈲䇮ᧄᢥ䉕䉋䈒䈍⺒䉂䈇䈢䈣䈐䇮ᒰ䊐䉜䊮䊄䈱ౝኈ
䉕චಽ䈗ℂ⸃䈱䈉䈋䇮䈍↳ㄟ䉂䈒䈣䈘䈇䇯㩷
㩷
䊐 䉜 䊮 䊄 䈱 ฬ ⒓㩷 䊑䊤䉾䉪䊨䉾䉪䊶䊤䊁䊮䉝䊜䊥䉦ᩣᑼ䊐䉜䊮䊄㩷
䋨એਅ䇸ᒰ䊐䉜䊮䊄䇹䉁䈢䈲䇸䊐䉜䊮䊄䇹䈫䈇䈉႐ว䈏䈅䉍䉁䈜䇯䋩㩷
໡
ຠ
ಽ
㘃㩷 ㅊടဳᛩା䋯ᶏᄖ䋯ᩣᑼ㩷
䊐 䉜 䊮 䊄 䈱 ⋡ ⊛㩷 ᛩ⾗ା⸤⽷↥䈱ਛ㐳ᦼ⊛䈭ᚑ㐳䉕⋡ᮡ䈮ㆇ↪䉕ⴕ䈇䉁䈜䇯㩷
ਥ䈫䈚䈩䇮䊤䊁䊮䉝䊜䊥䉦⻉࿖䈱ᩣᑼ䋨ห࿾ၞ䈮䈍䈇䈩㊀ⷐ䈭੐ᬺዷ㐿䉕ⴕ䈦
䈩䈇䉎䈫⠨䈋䉌䉏䉎ห࿾ၞએᄖ䈱ડᬺ䈱ᩣᑼ䉕฽䉂䉁䈜䇯䋩䉕ਥⷐ䈭ᛩ⾗ኻ
ਥ 䈭 ᛩ ⾗ ኻ ⽎㩷 ⽎䈫䈚䇮䊑䊤䉾䉪䊨䉾䉪䊶䉫䊦䊷䊒䈱ㆇ↪ળ␠䈏ㆇ↪䈜䉎ᛩ⾗ା⸤⸽೛䈮ᛩ⾗
䈚䉁䈜䇯೽ᰴ⊛䈭ᛩ⾗ኻ⽎䈫䈚䈩䇮ᶏᄖ䈱⍴ᦼௌ೛╬䈮ᛩ⾗䈜䉎ᛩ⾗ା⸤
⸽೛䈮䉅ᛩ⾗䉕ⴕ䈇䉁䈜䇯㩷
ਥ 䈭 ᛩ ⾗ ೙ 㒢㩷
ା
⸤
᳿
↳
↳
ᦼ
▚
ㄟ
ㄟ
ᛩ⾗ା⸤⸽೛䈍䉋䈶⍴ᦼ㊄Ⲣ໡ຠ䋨⍴ᦼㆇ↪䈱᦭ଔ⸽೛䉕฽䉂䉁䈜䇯䋩એ
ᄖ䈻䈱⋥ធᛩ⾗䈲ⴕ䈇䉁䈞䉖䇯㩷
㑆㩷 ήᦼ㒢䈪䈜䇯䋨⸳ቯᣣ䋺ᐔᚑ䋱䋸ᐕ䋴᦬䋲䋶ᣣ䋩㩷
ᣣ㩷 䋴᦬䋱ᣣ䈍䉋䈶䋱䋰᦬䋱ᣣ䋨䈢䈣䈚ભᬺᣣ䈱႐ว䈲⠉༡ᬺᣣ䋩㩷
ᦼ
න
㑆㩷 ᐔᚑ䋲䋱ᐕ䋱䋲᦬䋲ᣣ䈎䉌ᐔᚑ䋲䋲ᐕ䋷᦬䋱ᣣ䉁䈪㩷
㶎㩷 ᦼ㑆ḩੌ೨䈮᦭ଔ⸽೛ዯ಴ᦠ䉕ឭ಴䈜䉎䈖䈫䈮䉋䈦䈩ᦝᣂ䈘䉏䉁䈜䇯㩷
ಽ㈩㊄䈱ฃขᣇᴺ䈮䉋䉍䇮䋼৻⥸䉮䊷䉴䋾䈫䋼⚥Ⓧᛩ⾗䉮䊷䉴䋾䈱䋲䈧䈱䉮
䊷䉴䈏䈅䉍䉁䈜䇯↳ㄟන૏䈍䉋䈶ขᛒ䈇䉮䊷䉴䈲䇮⽼ᄁળ␠䈮䉋䈦䈩⇣䈭䉎
૏㩷
䈖䈫䈏䈅䉍䉁䈜䇯㩷
㸢⹦⚦䈲⽼ᄁળ␠䈻䈍໧䈇ว䉒䈞䈒䈣䈘䈇䇯
↳
ㄟ
ଔ
㗵㩷 ขᓧ↳ㄟฃઃᣣ䈱⠉༡ᬺᣣ䈱ၮḰଔ㗵㩷
↳ ㄟ ᚻ ᢙ ᢱ㩷
ขᓧ↳ㄟฃઃᣣ䈱⠉༡ᬺᣣ䈱ၮḰଔ㗵䈱䋳䋮䋱䋵䋦䋨⒢ᛮ䋳䋮䋰䋰䋦䋩䉕਄㒢
䈫䈚䈩䇮⽼ᄁળ␠䈏⁛⥄䈮ቯ䉄䉎䈖䈫䈏䈪䈐䉁䈜䇯㩷
㶎㩷 ↳ㄟᚻᢙᢱ䈮䈲䇮ᶖ⾌⒢䈍䉋䈶࿾ᣇᶖ⾌⒢䈮⋧ᒰ䈜䉎㊄㗵䋨એਅ䇸ᶖ⾌⒢╬⋧ᒰ㗵䇹䈫䈇䈇䉁
䈜䇯䋩䈏฽䉁䉏䈩䈇䉁䈜䋨એਅห䈛䋩䇯㩷
㸢⹦⚦䈲⽼ᄁળ␠䈻䈍໧䈇ว䉒䈞䈒䈣䈘䈇䇯
㩷
㩷
㧙㧙
㩷
⸃
㩷
⚂
න
䋱ญએ਄䋱ญන૏㩷
૏㩷 ⸃⚂න૏䈲䇮⽼ᄁળ␠䈮䉋䈦䈩⇣䈭䉎䈖䈫䈏䈅䉍䉁䈜䇯㩷
㸢⹦⚦䈲⽼ᄁળ␠䈻䈍໧䈇ว䉒䈞䈒䈣䈘䈇䇯
⚂
ଔ
㗵㩷 ⸃⚂⺧᳞ฃઃᣣ䈱⠉༡ᬺᣣ䈱ၮḰଔ㗵㩷
⸃ ⚂ ᚻ ᢙ ᢱ㩷 䈅䉍䉁䈞䉖䇯㩷
ା ⸤ ⽷ ↥ ⇐ ଻ 㗵㩷 䈅䉍䉁䈞䉖䇯㩷
ඦᓟ䋳ᤨ䋨ඨᣣ┙ળᣣ䈲ඦ೨䋱䋱ᤨ䋩䉁䈪䈮ฃઃ䈔䈢䉅䈱䉕ᒰᣣ䈱䈍↳ㄟ䉂
䈫䈚䉁䈜䇯䈢䈣䈚䇮ฃઃᤨ㑆䈲⽼ᄁળ␠䈮䉋䈦䈩⇣䈭䉎䈖䈫䈏䈅䉍䉁䈜㩷
↳ ㄟ 䊶 ⸃ ⚂ 䈱㩷 ฃઃᤨ㑆䉕ㆊ䈑䈩䈱䈍↳ㄟ䉂䈲⠉༡ᬺᣣ䈱䈍ขᛒ䈇䈫䈚䉁䈜䇯㩷
ฃ ઃ ᤨ 㑆㩷 㶎㩷 䊦䉪䉶䊮䊑䊦䉫⸽೛ขᒁᚲ䇮䊦䉪䉶䊮䊑䊦䉫䈱㌁ⴕ䈱䈇䈝䉏䈎䈱ભᬺᣣ䈮⹥ᒰ䈜䉎႐ว䈲䇮⽼ᄁ
ળ␠䈱༡ᬺᣣ䈪䈅䈦䈩䉅↳ㄟ䊶⸃⚂䈲ฃઃ䈔䉁䈞䉖䇯㩷
㸢⹦⚦䈲⽼ᄁળ␠䈻䈍໧䈇ว䉒䈞䈒䈣䈘䈇䇯
෼
ା
⋉
⸤
ಽ
Ფ᳿▚ᤨ䇮ේೣ䈫䈚䈩෼⋉ಽ㈩ᣇ㊎䈮ၮ䈨䈐ಽ㈩䉕ⴕ䈇䉁䈜䇯㩷
䋼৻⥸䉮䊷䉴䋾䈱႐ว䇮෼⋉ಽ㈩㊄䈲᳿▚ᣣ䈎䉌⿠▚䈚䈩䋵༡ᬺᣣએౝ䈎
㈩㩷 䉌䈍ᡰᛄ䈇䈇䈢䈚䉁䈜䇯㩷
䋼⚥Ⓧᛩ⾗䉮䊷䉴䋾䈱႐ว䇮෼⋉ಽ㈩㊄䈲⒢ᒁᓟ䇮ో㗵⥄േ⊛䈮ౣᛩ⾗䈘
䉏䉁䈜䇯㩷
ႎ
ᛩ⾗ା⸤⽷↥䈱⚐⾗↥✚㗵䈮ᐕ䋱䋮䋸䋷䋹䋵䋦䋨⒢ᛮ䋱䋮䋷䋹䋦䋩䈱₸䉕ਸ਼䈛䈩
㈽㩷 ᓧ䈢㗵㩷
㶎㩷 ା⸤ႎ㈽䈮䈲䇮ᶖ⾌⒢╬⋧ᒰ㗵䈏฽䉁䉏䈩䈇䉁䈜䇯㩷
㩷
㩷
ᆔ⸤ળ␠䈱ᾖળవ䈲䊶䊶䊶
䊑䊤䉾䉪䊨䉾䉪䊶䉳䊞䊌䊮ᩣᑼળ␠㩷
㩷
䉮䊷䊦䉶䊮䉺䊷㩷 㩷
䋺㔚⹤⇟ภ㩷 㩷 䋰䋳䋭䋴䋵䋷䋷䋭䋹䋷䋰䋰㩷
䋨ฃઃᤨ㑆㩷 ༡ᬺᣣ䈱 㪐䋺㪇㪇䌾㪈㪎䋺㪇㪇䇯ඨᣣ༡ᬺᣣ䈲 㪐䋺㪇㪇䌾ᱜඦ䇯䋩㩷
䊖䊷䊛䊕䊷䉳䉝䊄䊧䉴㩷䋺㪿㫋㫋㫇㪑㪆㪆㫎㫎㫎㪅㪹㫃㪸㪺㫂㫉㫆㪺㫂㪅㪺㫆㪅㫁㫇㩷
㧙㧙
੤ઃ⋡⺰⷗ᦠ
⸃
䎃
䎃
䊐䉜䊮䊄䈱․⦡㩷
䎃
䎃
੤ઃ⋡⺰⷗ᦠ
䎃
䋱㩷
䎃
䊤䊁䊮䉝䊜䊥䉦⻉࿖䈱ᩣᑼ䈮ᛩ⾗䈚䉁䈜䇯㩷
䎃
䎃
ਥ䈫䈚䈩䇮䊤䊁䊮䉝䊜䊥䉦⻉࿖䈱ᩣᑼ䋨ห࿾ၞ䈮䈍䈇䈩㊀ⷐ䈭੐ᬺዷ㐿䉕ⴕ䈦䈩䈇䉎䈫⠨䈋䉌䉏䉎ห࿾ၞએᄖ䈱
ડᬺ䈱ᩣᑼ䉕฽䉂䉁䈜䇯䋩䉕ਥⷐ䈭ᛩ⾗ኻ⽎䈫䈚䇮䊑䊤䉾䉪䊨䉾䉪䊶䉫䊦䊷䊒䈱ㆇ↪ળ␠䈏ㆇ↪䈜䉎ᛩ⾗ା⸤⸽
೛䈮ᛩ⾗䈚䉁䈜䇯㩷
㩷
䎃
㆙䈒䈩ㄭ䈇䉝䊚䊷䉯䈱࿖㩷
䎃
丠䷬䷶䷲
䊤䊁䊮䉝䊜䊥䉦䈱࿖䇱䈲䇮࿾⃿਄䈪䈲ᣣᧄ䈱෻ኻ஥䈮૏⟎䈚䇮ᣣ
ᧄ䈎䉌〒㔌⊛䈮৻⇟㆙䈇࿾ၞ䈪䈜䇯䈚䈎䈚䈭䈏䉌ᣣᧄ䈫䊤䊁䊮䉝
䊜䊥䉦⻉࿖䈲䇮ㄭઍએ㒠㕖Ᏹ䈮෹ᅢ⊛䈭㑐ଥ䉕଻䈤⛯䈔䈩䈇䉁䈜䇯
᣿ᴦᦼ䈮䈍䈇䈩ᣣᧄ䈲ᢙ䇱䈱᰷☨೉ᒝ⻉࿖䈫䈱ਇᐔ╬᧦⚂䈮
㗡䉕ᖠ䉁䈞䈩䈇䉁䈚䈢䈏䇮㪈㪏㪏㪏 ᐕ䈮䊜䉨䉲䉮䈫䇮䉝䉳䉝⻉࿖એᄖ
䈪䈲ೋ䉄䈩䈱ኻ╬᧦⚂䋨ᣣაୃᅢㅢ໡᧦⚂䋩✦⚿䈮ᚑഞ䈚䇮䈠䈱
ᓟ䈱ਇᐔ╬᧦⚂ᡷᱜ੤ᷤ䈮ᒢ䉂䉕䈧䈔䉎䉅䈱䈫䈭䉍䉁䈚䈢䇯䉁䈢䇮
㪈㪏㪐㪎 ᐕ䈎䉌䊕䊦䊷䉕䈲䈛䉄䇮ᄙ䈒䈱䊤䊁䊮䉝䊜䊥䉦⻉࿖䈻ᣣᧄੱ
䈏⒖૑䉕㐿ᆎ䈚䉁䈚䈢䇯੹ᣣ䈮䈍䈇䈩䈲䊑䊤䉳䊦䊶䊕䊦䊷䈭䈬䈎䉌
ᣣ♽ੱ䉕ਛᔃ䈮ᄙ䈒䈱ੱ䇱䈏᧪ᣣ䈚䇮ᄙᣇ㕙䈮䈍䈇䈩ᵴべ䈚䈩䈇
䉁䈜䇯㩷
䷲丬丱丒䷡
丕丨䷷个
丛丩丒䷡
丙个丶
䷡个䷻丱一丱
一丩
䰈䮰䮍䮺䭩䮨䮱䭲䬽᭎ⷐ䰊䎃
䂹⁛┙࿖ኅᢙ䋭㪊㪊 䉦࿖㩷
䂹✚ੱญ㩷 㵨㩷 ⚂ 㪌㪅㪌 ంੱ䋨਎⇇✚ੱญ䈱⚂ 㪏㪅㪍㩼㩷 䋩㩷
䂹✚㕙Ⓧ㩷 㪄㩷 ⚂ 㪉㪃㪇㪇㪇 ਁঠ䋨਎⇇⴫㕙Ⓧ䈱⚂ 㪈㪌䋦䋩㩷
䂹⸒⺆㩷 㵨㩷 䉴䊕䉟䊮⺆䇮䊘䊦䊃䉧䊦⺆䇮⧷⺆╬㩷
㩷
㩷
಴ᚲ䋺ᄖോ⋭䊖䊷䊛䊕䊷䉳䇮㪉㪇㪇㪐 ᐕ䋴᦬⃻࿷㩷
㩷
㩷
㩷
ᦼᓙ䈘䉏䉎㜞ᚑ㐳䈫䊙䉪䊨ⅣႺ䈱ᡷༀ㩷
㩷
䊤䊁䊮䉝䊜䊥䉦⻉࿖䋨㪊㪊 䉦࿖䋩䈫ਥⷐవㅴ࿖䈱 㪞㪛㪧㪁ታ⾰ᚑ㐳₸䈱ផ⒖㩷
䂓ᦼᓙ䈘䉏䉎㜞ᚑ㐳㩷
䊤䊁䊮䉝䊜䊥䉦⻉࿖䈱ᄙ䈒䈲ᣂ⥝࿖䈪䈅䉍䇮੹ᓟ
వㅴ࿖䈫Ყセ䈚䈩䉋䉍⚻ᷣᚑ㐳䈏ᦼᓙ䈘䉏䉎䈫⠨
䈋䉌䉏䉁䈜䇯㩷
䋨㩼䋩
㪏
䊤䊁䊮䉝䊜䊥䉦⻉࿖
ਥⷐవㅴ࿖
㪍
㪋
㩷
䋪㪞㪛㪧䋺࿖ౝ✚↢↥䋨㪞㫉㫆㫊㫊㩷 㪛㫆㫄㪼㫊㫋㫀㪺㩷 㪧㫉㫆㪻㫌㪺㫋䋩䈱⇛䈪䇮㪞㪛㪧
ᚑ㐳₸䈲䇮࿖ౝ⚻ᷣᚑ㐳₸䉕␜䈜৻⥸⊛䈭ᢙሼ䈪䈜䇯㩷
㪉
㪇
㩷
಴ᚲ䋺㪠㪤㪝㩷 㪉㪇㪇㪐 ᐕ䋴᦬⃻࿷㩷
ਥⷐవㅴ࿖䋺☨࿖䇮⧷࿖䇮䊄䉟䉿䇮䉦䊅䉻䇮䊐䊤䊮䉴䇮䉟䉺䊥䉝䇮ᣣᧄ㩷
㪄㪉
㪄㪋
㪉㪇㪇㪋
䎃
㪉㪇㪇㪌
㪉㪇㪇㪍
㪉㪇㪇㪎
㪉㪇㪇㪏
㪉㪇㪇㪐੍᷹ 㪉㪇㪈㪇੍᷹
㩿ᐕ㪀
䂓ᡷༀ䈜䉎䊙䉪䊨ⅣႺ㩷
㪈㪐㪏㪉 ᐕ䈱䊜䉨䉲䉮㊄Ⲣෂᯏ䉕⊒┵䈮䊤䊁䊮䉝䊜䊥䉦⻉࿖䈲⚥Ⓧௌോෂᯏ䈮㒱䈦䈩䈇䉁䈚䈢䈏䇮㪈㪐㪐㪇 ᐕએ㒠䈲᳃
ਥൻ䈫Ꮢ႐⚻ᷣ૕೙䈏ᢛ䈇䇮⚻ᷣᚑ㐳䈏ㅴ䉃䈮䈧䉏䈩ௌോ䈲ᡷༀ䈘䉏䈩䈇䈐䉁䈚䈢䇯੹ᣣ䈪䈲ᵴ⊒䈭࿾ၞ⚻ᷣ
⛔ว䈫⥄↱⾏ᤃදቯ䈮䉋䉍䇮࿖㓙␠ળ䈪䈱ሽ࿷ᗵ䉕Ⴧ䈚䈩䈇䉁䈜䇯㩷
㩷
㧙㧙
㩷
㩷
㩷
㩷
Ꮏᬺൻ䈱ㅴዷ㩷
㩷
シᎿᬺ䊶⥄േゞ䊶⥶ⓨᯏ䊶వ┵ᛛⴚ╬䈮䈍䈇䈩䇮వㅴ࿖䈮඘ᢜ䈜䉎䈾䈬䈱Ꮏᬺൻ䈏ㅴ䉖䈪䈇䉁䈜䇯䊑䊤䉳䊦䈫䊜䉨
䉲䉮䈱⥄േゞ↢↥บᢙ䈲䉟䉺䊥䉝䉇⧷࿖䉕਄࿁䉍䇮਎⇇᦭ᢙ䈱⥄േゞ↢↥࿾ၞ䈮䈭䈦䈩䈇䉁䈜䇯㩷
䎃
䎃
䎃
䋲㩷
ᄖ⽻ᑪ⾗↥䈮䈧䈇䈩䈲ේೣ䈫䈚䈩ὑᦧ䊓䉾䉳䈲ⴕ䈇䉁䈞䉖䇯㩷
䋳㩷
䊐䉜䊮䊄䊶䉥䊑䊶䊐䉜䊮䉵ᒻᑼ䈮䉋䉎ㆇ↪䉕ⴕ䈇䉁䈜䇯㩷
䎃
䎃
䎃
䎃
䎃
䎃
䊐䉜䊮䊄䈱઀⚵䉂㩷
㩷
ᒰ䊐䉜䊮䊄䈲䇸䌂䌇䌆䋪㩷 䊤䊁䊮䊶䉝䊜䊥䉦䊮䊶䊐䉜䊮䊄䇹䈫䇸䌂䌇䌆䋪㩷 㪬㪪䉻䊤䊷䊶䉲䊢䊷䊃䊶䊂䊠䊧䊷䉲䊢䊮䊶䊗䊮䊄䊶䊐䉜䊮䊄䇹
䈮ᛩ⾗䈚䉁䈜䇯㩷
ฦᛩ⾗ା⸤⸽೛䈻䈱ᛩ⾗Ყ₸䈲䇮ේೣ䈫䈚䈩䇮Ꮢᴫേะ䈍䉋䈶ฦᛩ⾗ା⸤⸽೛䈱෼⋉ᕈ╬䉕ൊ᩺䈚䈩ᆔ⸤ળ
␠䈏᳿ቯ䈚䉁䈜䇯ㅢᏱ䇮䌂䌇䌆䋪㩷 䊤䊁䊮䊶䉝䊜䊥䉦䊮䊶䊐䉜䊮䊄䋨䊐䉜䊮䊄䊶䉥䊑䊶䊐䉜䊮䉵䈮䈱䉂ขᓧ䈘䉏䉎ᛩ⾗ା⸤⸽
೛䋩䈻䈱ᛩ⾗Ყ₸䉕㜞૏䈮଻䈤䉁䈜䇯㩷
䎃
㩷
䎃
⾈ઃ䊶㩷
⸃⚂㩷
䎃
㩷
䎃
䈗ᛩ⾗ኅ㩷
䎃
䈍↳ㄟ䉂㩷
ಽ㈩㊄㩷
ఘㆶ㊄㩷
䎃
⸃⚂㊄㩷
䎃
㩷
ᛩ⾗
㩷
䊑䊤䉾䉪䊨䉾䉪䊶㩷
䊤䊁䊮䉝䊜䊥䉦
ᩣᑼ䊐䉜䊮䊄㩷
㩷
ᛩ⾗㩷
䌂䌇䌆㩷
䊤䊁䊮䊶䉝䊜䊥䉦䊮䊶䊐䉜䊮䊄㩷
៊⋉㩷
៊⋉
ᛩ⾗
៊⋉
䌂䌇䌆㩷 㪬㪪 䉻䊤䊷䊶䉲䊢䊷䊃䊶㩷
䊂䊠䊧䊷䉲䊢䊮䊶䊗䊮䊄䊶䊐䉜䊮䊄㩷
ᛩ⾗㩷
៊⋉㩷
㩷
䊤䊁䊮䉝䊜䊥䉦⻉࿖䈱㩷
ᩣᑼ㩷
☨䊄䊦ᑪ䈩䈱㩷
⍴ᦼௌ㩷
䋪㩷 ᱜᑼฬ⒓䈲䇮䇸䊑䊤䉾䉪䊨䉾䉪䊶䉫䊨䊷䊋䊦䊶䊐䉜䊮䉵䇹䈪䈜䇯㩷
㶎㩷 ᛩ⾗ኻ⽎䊐䉜䊮䊄䈲䇮ᆔ⸤ળ␠䈱್ᢿ䈮䉋䉍ㆡቱ⷗⋥䈚䉕ⴕ䈉䈖䈫䈏䈅䉍䉁䈜䇯㩷
䋴㩷
䌍䌓䌃䌉㩷 䌅䌍䊤䊁䊮䊶䉝䊜䊥䉦䊶䉟䊮䊂䉾䉪䉴 㪁䋨౞឵▚䊔䊷䉴䋩䉕ෳ⠨ᜰᮡ䈫
䈚䉁䈜䇯㩷
㩷
䋪㩷 㪤㪪㪚㪠㩷㩷 㪜㪤 䊤䊁䊮䊶䉝䊜䊥䉦䊶䊶䉟䊮䊂䉾䉪䉴䈫䈲䇮㪤㪪㪚㪠㩷 㪠㫅㪺䋮䈏㐿⊒䇮⸘▚䈚䈢ᩣᑼᜰᢙ䈪䈜䇯หᜰᢙ䈮㑐䈜䉎⪺૞ᮭ䇮⍮⊛⽷
↥䈠䈱ઁ䈱৻ಾ䈱ᮭ೑䈲䇮㪤㪪㪚㪠㩷 㪠㫅㪺䋮䈮Ꮻዻ䈚䉁䈜䇯䉁䈢䇮㪤㪪㪚㪠㩷 㪠㫅㪺䋮䈲หᜰᢙ䈱ౝኈ䉕ᄌᦝ䈜䉎ᮭ೑䈍䉋䈶౏⴫䉕஗ᱛ
䈜䉎ᮭ೑䉕᦭䈚䈩䈇䉁䈜䇯㩷
㧙㧙
੤ઃ⋡⺰⷗ᦠ
⼾ን䈭⾗Ḯ㩷
㩷
䊤䊁䊮䉝䊜䊥䉦⻉࿖䈮䈲䇮⼾ን䈭䉣䊈䊦䉩䊷⾗Ḯ䋨⍹ᴤ䋩䊶㋶‛⾗Ḯ䋨㋕㋶䊶㌃㋶䊶㌁㋶╬䋩䈏ሽ࿷䈚䉁䈜䇯䉁䈢䊑䊤䉳
䊦䈲䉧䉸䊥䊮䈱ઍᦧ䈫䈚䈩ᦨㄭᵈ⋡䈘䉏䈩䈇䉎䉣䉺䊉䊷䊦䈱਎⇇᦭ᢙ䈱↢↥࿖䈪䈜䇯ㄘ↥‛䈮䈍䈇䈩䈲⢈ᴅ䈭࿯
࿾䈮ᕺ䉁䉏䈢ᄢⷙᮨㄘᬺ䈮䉋䉍䇮਎⇇䈱㘩ᢱᐶ䈫䈚䈩䈱ᓎഀ䉕ᜂ䈦䈩䈇䉁䈜䇯䈖䈱䉋䈉䈮䇮䊤䊁䊮䉝䊜䊥䉦⻉࿖䈲䇮
੹ᓟ䈱਎⇇⚻ᷣᚑ㐳䉕ᡰ䈋䉎㊀ⷐ䈭࿾ၞ䈪䈅䉎䈫⠨䈋䉁䈜䇯㩷
ᛩ⾗䮱䮀䭶
ᛩ⾗䊥䉴䉪㩷
䎃
䎃
੤ઃ⋡⺰⷗ᦠ
䎃
䊐䉜䊮䊄䈱ၮḰଔ㗵䈲䇮⚵౉䉏䉌䉏䈩䈇䉎᦭ଔ⸽೛䈱୯േ䈐䈱ઁ䇮ὑᦧᄌേ䈮䉋䉎ᓇ㗀䉕ฃ䈔䉁䈜䇯䈖䉏䉌䈱ᛩ
⾗ା⸤⽷↥䈮↢䈛䈢៊⋉䈲䈜䈼䈩ฃ⋉⠪䈱⊝᭽䈮Ꮻዻ䈚䉁䈜䇯䈚䈢䈏䈦䈩䇮ర㊄䈍䉋䈶ర㊄䈎䉌䈱෼⋉䈱⏕଻
䈏଻⸽䈘䉏䈩䈇䉎䉅䈱䈪䈲䈭䈒䇮៊ᄬ䉕ⵍ䉎䈖䈫䈏䈅䉍䉁䈜䇯ᒰ䊐䉜䊮䊄䈮䈎䈎䉎ਥ䈭䊥䉴䉪䈲એਅ䈱ㅢ䉍䈪䈜䇯㩷
㩷
䋱䋮ၮḰଔ㗵䈱ਥ䈭ᄌേⷐ࿃䋨ᒰ䊐䉜䊮䊄䈱ᛩ⾗ౝኈ䈏䉅䈢䉌䈜䊥䉴䉪䋩㩷
䂹㩷 ᩣଔᄌേ䈱䊥䉴䉪㩷
ᒰ䊐䉜䊮䊄䈱ᛩ⾗ኻ⽎䊐䉜䊮䊄䈲䇮䊤䊁䊮䉝䊜䊥䉦⻉࿖䈱ᩣᑼ䉕ਥⷐᛩ⾗ኻ⽎䈫䈚䉁䈜䇯䈚䈢䈏䈦䈩䇮䊤䊁䊮䉝
䊜䊥䉦⻉࿖䈱⚻ᷣ䈍䉋䈶Ꮢ႐േะ䉁䈢䈲⚵౉ᩣᑼ䈱⊒ⴕળ␠䈱⽷ോ⁁ᴫ䈏ㆇ↪ᚑᨐ䈮ᓇ㗀䉕ਈ䈋䉎䈖䈫
䈏䈅䉍䉁䈜䇯⚵౉ᩣᑼ䈱ᩣଔ䈍䉋䈶㈩ᒰ㊄䈱ᄌൻ䈮䉋䈦䈩䇮ᒰ䊐䉜䊮䊄䈱ၮḰଔ㗵䈲ᄌേ䈚䉁䈜䇯㩷
㩷
䂹㩷 ὑᦧᄌേ䊥䉴䉪㩷
ᒰ䊐䉜䊮䊄䈱ၮḰଔ㗵䈲౞ᑪ䈩䈪⴫␜䈘䉏䉁䈜䇯৻ᣇ䇮ᒰ䊐䉜䊮䊄䈲ᄖ⽻ᑪ䈩䈱ᛩ⾗ା⸤⸽೛䈮ᛩ⾗䉕ⴕ
䈇䇮ᒰ⹥ᛩ⾗ା⸤⸽೛䈮ኻ䈚䈩ὑᦧ䊓䉾䉳䉕ⴕ䈇䉁䈞䉖䇯䉁䈢䇮ᒰ䊐䉜䊮䊄䈏ᛩ⾗䈜䉎ᛩ⾗ା⸤⸽೛䈲䇮ᄖ
⽻ᑪ⾗↥䈮ᛩ⾗䉕ⴕ䈇䉁䈜䇯䈚䈢䈏䈦䈩䇮ὑᦧ䊧䊷䊃䈱േ䈐䈮ᔕ䈛䈩ၮḰଔ㗵䈲਄᣹䉁䈢䈲ਅ⪭䈚䉁䈜䇯㩷
㩷
䂹㩷 䉦䊮䊃䊥䊷䊶䊥䉴䉪㩷
ᒰ䊐䉜䊮䊄䈱ᛩ⾗ኻ⽎䊐䉜䊮䊄䈲䇮਎⇇ฦ࿖䈱ᩣᑼ䈮ᛩ⾗䈚䉁䈜䇯ᒰ䊐䉜䊮䊄䈱ᛩ⾗ኻ⽎䊐䉜䊮䊄䈲䇮ਥ䈫䈚
䈩䇮䉣䊙䊷䉳䊮䉫䋨ᣂ⥝䋩Ꮢ႐䈱⊒ⴕ૕䈏⊒ⴕ䈜䉎ᩣᑼ䈮ᛩ⾗䈚䉁䈜䇯ᛩ⾗వ䈱࿖䈱᡽ᴦ䊶⚻ᷣ੐ᖱ䇮ㅢ
⽻䊶⾗ᧄⷙ೙╬䈱ⷐ࿃䈮䉋䉍䇮ၮḰଔ㗵䈱୯േ䈐䈏ᄢ䈐䈒䈭䉎䈖䈫䈏䈅䉍䉁䈜䇯㩷
㩷
䂹㩷 ࿕ቯ೑ઃௌ䈍䉋䈶ᄌേ೑ઃௌᛩ⾗䈱䊥䉴䉪㩿䈠䈱ઁ㘃ૃௌ೛╬䈱䊥䉴䉪䉅฽䉃㪀㩷
ᒰ䊐䉜䊮䊄䈱ᛩ⾗ኻ⽎䊐䉜䊮䊄䈲䇮࿕ቯ೑ઃௌ䈍䉋䈶ᄌേ೑ઃௌᛩ⾗䈮ᛩ⾗䈚䉁䈜䈱䈪䇮㊄೑䈱ᄌേ䉇䉪
䊧䉳䉾䊃䊶䉪䉥䊥䊁䉞㩿ା↪ജ㪀䈱ᄌൻ䈱ᓇ㗀䉕ฃ䈔䉎䈖䈫䈏䈅䉍䉁䈜䇯㩷
㩷
䂹㩷 䉥䊒䉲䊢䊮䇮వ‛䇮䈠䈱ઁᛩ⾗ᚻᴺ䈱䊥䉴䉪㩷
ᒰ䊐䉜䊮䊄䈱ᛩ⾗ኻ⽎䊐䉜䊮䊄䈲䇮⸽೛వ‛䊶䉥䊒䉲䊢䊮䇮ᜰᢙవ‛䊶䉥䊒䉲䊢䊮䇮ㅢ⽻వ‛䊶䉥䊒䉲䊢䊮䈍䉋䈶
㊄೑䉴䊪䉾䊒╬䈘䉁䈙䉁䈭ᛩ⾗ᚻᴺ䉕↪䈇䉎䈖䈫䈏䈪䈐䉁䈜䇯䈖䈱䉋䈉䈭ᛩ⾗ᚻᴺ䉕↪䈇䈢⚿ᨐ䇮䉮䉴䊃䈫䊥
䉴䉪䈏઻䈇䇮ၮḰଔ㗵䈮ᓇ㗀䉕ਈ䈋䉎น⢻ᕈ䈏䈅䉍䉁䈜䇯㩷
㩷
䋲䋮䊐䉜䊮䊄ㆇ༡਄䈱䊥䉴䉪㩷
䂹㩷 ขᓧ↳ㄟ䈍䉋䈶⸃⚂↳ㄟ䈱ฃઃ䈱ਛᱛ䊶ขᶖ㩷
㊄Ⲣ໡ຠขᒁᚲ╬䈮䈍䈔䉎ขᒁ䈱஗ᱛ䇮ᄖ࿖ὑᦧขᒁ䈱஗ᱛ䇮᳿ᷣᯏ⢻䈱஗ᱛ䈠䈱ઁ䉇䉃䉕ᓧ䈭䈇੐
ᖱ䈏䈅䉎䈫䈐䈲䇮ฃ⋉ᮭ䈱ขᓧ↳ㄟ䈱ฃઃ䈍䉋䈶⸃⚂↳ㄟ䈱ฃઃ䉕ਛᱛ䈜䉎႐ว䈏䈅䉍䉁䈜䇯䉁䈢䇮䈖䈱
႐ว䇮ᣢ䈮ฃઃ䈔䈢ฃ⋉ᮭ䈱ขᓧ↳ㄟ䈱ฃઃ䈍䉋䈶⸃⚂↳ㄟ䈱ฃઃ䈮䈧䈇䈩䉅ข䉍ᶖ䈜႐ว䈏䈅䉍䉁䈜䇯㩷
㩷
䂹㩷 ା⸤䈱ㅜਛ⚳ੌ㩷
ᒰ䊐䉜䊮䊄䈲৻ㇱ⸃⚂䈮䉋䉍ฃ⋉ᮭ䈱ญᢙ䈏㪊㪇ంญ䉕ਅ࿁䉎䈖䈫䈫䈭䈦䈢႐ว䇮䉁䈢䈲ฃ⋉⠪䈱䈢䉄᦭೑
䈫⹺䉄䉌䉏䉎႐ว䇮䈠䈱ઁ䉇䉃䉕ᓧ䈭䈇੐ᖱ䈏⊒↢䈚䈢䈫䈐╬䈲䇮ା⸤ᦼ㑆䈱ㅜਛ䈪䉅ା⸤䉕⚳ੌ䋨➅਄
ఘㆶ䋩䈘䈞䉎႐ว䈏䈅䉍䉁䈜䇯㩷
㩷
䂹㩷 ᴺ઎䊶⒢೙䊶ળ⸘╬䈱ᄌᦝ㩷
ᴺ઎䊶⒢೙䊶ળ⸘ᣇᴺ╬䈲੹ᓟᄌᦝ䈘䉏䉎น⢻ᕈ䈏䈅䉍䉁䈜䇯㩷
㸢⹦⚦䈲䇸╙ੑㇱ㩷 䊐䉜䊮䊄ᖱႎ㩷 ╙䋱䊐䉜䊮䊄䈱⁁ᴫ㩷 䋳㩷 ᛩ⾗䊥䉴䉪䇹䉕䈗ⷩ䈒䈣䈘䈇䇯㩷
㩷
㧙㧙
䎃
䎃
䎃
⾌↪䈫⒢㊄㩷
䎃
䈍↳ㄟ䉂䈎䉌⸃⚂䊶ఘㆶ䉁䈪䈱㑆䈮䈗⽶ᜂ䈇䈢䈣䈒⾌↪䊶⒢㊄䈲ᰴ䈱ㅢ䉍䈪䈜䇯㩷
ᤨᦼ㩷
㗄⋡㩷
↳ㄟᤨ㩷
↳ㄟᚻᢙᢱ㩷
෼⋉ಽ㈩ᤨ㩷
ᚲᓧ⒢䈍䉋䈶࿾ᣇ⒢㩷
⸃⚂⺧᳞ᤨ㩷
ఘㆶᤨ㩷
ౝኈ㩷
ขᓧ↳ㄟฃઃᣣ䈱⠉༡ᬺᣣ䈱ၮḰଔ㗵
䈮ኻ䈚䈩㩷
䋳䋮䋱䋵䋦਄㒢㪁䋱
䋨⒢ᛮ䋳䋮䋰䋰䋦䋩
᥉ㅢಽ㈩㊄䈮ኻ䈚䈩㩷
䋱䋰䋦㪁䋲
․೎ಽ㈩㊄䈮ኻ䈚䈩㩷
㕖⺖⒢
⸃⚂ᚻᢙᢱ㩷
䈅䉍䉁䈞䉖䇯㩷
ା⸤⽷↥⇐଻㗵㩷
䈅䉍䉁䈞䉖䇯㩷
ᚲᓧ⒢䈍䉋䈶࿾ᣇ⒢㩷
⸃⚂⺧᳞ᤨ䈱Ꮕ⋉䋨⼑ᷰ⋉䋩䈮ኻ䈚䈩㩷
䋱䋰䋦㪁䋲
ᚲᓧ⒢䈍䉋䈶࿾ᣇ⒢㩷
ఘㆶᤨ䈱Ꮕ⋉䋨⼑ᷰ⋉䋩䈮ኻ䈚䈩㩷
䋱䋰䋦㪁䋲
䋪䋱㩷 䋳䋮䋱䋵䋦䋨⒢ᛮ䋳䋮䋰䋰䋦䋩䉕਄㒢䈫䈚䈩䇮⽼ᄁળ␠䈏⁛⥄䈮ቯ䉄䉎䈖䈫䈏䈪䈐䉁䈜䇯෼⋉ಽ㈩㊄䉕ౣᛩ⾗䈜䉎႐ว䈲ήᚻᢙᢱ䈫䈚䉁䈜䇯㩷
䋪䋲㩷 ୘ੱ䈱ฃ⋉⠪䈱႐ว䈱⒢₸䈪䈜䇯ᴺੱ䈱ฃ⋉⠪䈱႐ว䈲⒢₸╬䈏⇣䈭䉍䉁䈜䇯䈭䈍䇮ᐔᚑ 㪉㪋 ᐕ 㪈 ᦬ 㪈 ᣣએ㒠䈲䇮୘ੱ䈱ฃ⋉⠪䈮䈧
䈇䈩䈲 㪉㪇䋦䋨ᚲᓧ⒢ 㪈㪌䋦䇮࿾ᣇ⒢䋵䋦䋩䈱⒢₸䈫䈭䉍䉁䈜䇯㩷
㩷
䂓㩷 ᛩ⾗ା⸤⽷↥䈪㑆ធ⊛䈮䈗⽶ᜂ䈇䈢䈣䈒⾌↪䊶⒢㊄㩷 㩷
ᤨᦼ㩷
㗄⋡䈫ౝኈ㩷
ᐕ䋱䋮䋸䋷䋹䋵䋦㩷
䋨⒢ᛮ䋱䋮䋷䋹䋦䋩㩷
ᐕ䋰䋮䋹䋲䋴䋦㩷
ᆔ⸤ળ␠㩷
⚐⾗↥✚㗵䈮ኻ䈚䈩㩷
䋨⒢ᛮ䋰䋮䋸䋸䋦䋩㩷
ᐕ䋰䋮䋹䋲䋴䋦㩷
⽼ᄁળ␠㩷
⚐⾗↥✚㗵䈮ኻ䈚䈩㩷
㈩ಽ㩷
䋨⒢ᛮ䋰䋮䋸䋸䋦䋩㩷
ᐕ䋰䋮䋰䋳䋱䋵䋦㩷
ฃ⸤ળ␠㩷
⚐⾗↥✚㗵䈮ኻ䈚䈩㩷
䋨⒢ᛮ䋰䋮䋰䋳䋦䋩㩷
એਅ䈱䊐䉜䊮䊄䈮䈎䈎䉎⻉⾌↪䋨એਅ䇸⻉⾌↪䇹䈫䈇䈇䉁䈜䋩䈍䉋䈶⻉⾌↪䈮ଥ䉎ᶖ⾌⒢╬䈮⋧ᒰ
䈜䉎㊄㗵䉕䇮䊐䉜䊮䊄䈎䉌ᡰᛄ䈉䈖䈫䈏䈪䈐䉁䈜䇯㩷
ା⸤ႎ㈽㩷
Ფᣣ㩷
Ფᣣ㩷
㓐ᤨ㩷
㩷
⚐⾗↥✚㗵䈮ኻ䈚䈩㩷
䋱䋮ฃ⋉ᮭ䈱▤ℂ੐ോ䈮㑐ㅪ䈜䉎⾌↪㩷
䋲䋮᦭ଔ⸽೛ዯ಴ᦠ䇮᦭ଔ⸽೛ႎ๔ᦠ╬ᴺቯឭ಴ᦠ㘃䈱૞ᚑ䇮ශ೚䈍䉋䈶ឭ಴䈮ଥ䉎⾌↪㩷
䋳䋮⋡⺰⷗ᦠ䈱૞ᚑ䇮ශ೚䈍䉋䈶੤ઃ䈮ଥ䉎⾌↪㩷
䋴䋮ା⸤⚂᱅䈱૞ᚑ䇮ශ೚䈍䉋䈶ዯ಴䈮ଥ䉎⾌↪㩷
䋵䋮ㆇ↪ႎ๔ᦠ䈱૞ᚑ䇮ශ೚䇮੤ઃ䈍䉋䈶ឭ಴䈮ଥ䉎⾌↪㩷
䋶䋮౏๔䈮ଥ䉎⾌↪䈭䉌䈶䈮ା⸤⚂᱅䈱ᄌᦝ䉁䈢䈲ା⸤ᄾ⚂䈱⸃⚂䈮ଥ䉎੐㗄䉕⸥タ䈚䈢ᦠ㕙䈱૞ᚑ䇮ශ
೚䈍䉋䈶੤ઃ䈮ଥ䉎⾌↪㩷
䋷䋮䊐䉜䊮䊄䈱⋙ᩏੱ䋨䊐䉜䊮䊄䈱⽷ോ⻉⴫䈱⋙ᩏ䋩䇮ᴺᓞ㘈໧䈍䉋䈶⒢ോ㘈໧䈮ኻ䈜䉎ႎ㈽䈍䉋䈶⾌↪㩷
ᆔ⸤ળ␠䈲䇮ᐕ䋰㪅䋱䋰䋵䋦䋨⒢ᛮ䋰䋮䋱䋰䋦䋩䉕਄㒢䈫䈜䉎䇮਄⸥䈱⻉⾌↪䈱㊄㗵䉕䈅䉌䈎䈛䉄วℂ
⊛䈮⷗Ⓧ䉅䈦䈢਄䈪▚಴䈜䉎₸䉕Ფᣣ⚐⾗↥✚㗵䈮ኻ䈚䈩ਸ਼䈛䈩ᓧ䈢㗵䇮䉁䈢䈲਄⸥䈱⻉⾌↪
䈱㊄㗵䉕䈅䉌䈎䈛䉄วℂ⊛䈮⷗Ⓧ䉅䈦䈢਄䈪▚಴䈜䉎㗵䉕䇮਄⸥䈱⻉⾌↪䈱ᡰᛄ䈱ว⸘㗵䈫䉂
䈭䈚䈩䇮䊐䉜䊮䊄䈎䉌ฃ㗔䈜䉎䈖䈫䈏䈪䈐䉁䈜䇯㩷
䊶ା⸤੐ോ䈱ಣℂ䈮ⷐ䈜䉎⻉⾌↪㩷
䊶ᄖ⽻ᑪ⾗↥䈱଻▤╬䈮ⷐ䈜䉎⾌↪㩷 ╬㩷
䊶ᛩ⾗ኻ⽎䊐䉜䊮䊄䈮ଥ䉎଻▤⾌↪䈍䉋䈶੐ോಣℂ䈮ⷐ䈜䉎⻉⾌↪䈏೎ㅜᛩ⾗ኻ⽎䊐䉜䊮䊄䈎
䉌ᡰᛄ䉒䉏䉁䈜䇯㩷
䃂ା⸤ႎ㈽䈍䉋䈶⻉⾌↪䈲Ფ⸘▚ᦼᧃ䉁䈢䈲ା⸤⚳ੌ䈱䈫䈐ା⸤⽷↥ਛ䈎䉌ᡰᛄ䉒䉏䉁䈜䇯㩷
䃂ᛩ⾗ኻ⽎䊐䉜䊮䊄䈮䈎䈎䉎ႎ㈽⋧ᒰ㗵䈲䇮ᆔ⸤ળ␠䈱ା⸤ႎ㈽䉋䉍ᡰᛄ䉒䉏䉁䈜䇯㩷
㩷
㩷
⒢ᴺ䈏ᄌᦝ䊶ᡷᱜ䈘䉏䈢႐ว䈮䈲䇮਄⸥䈱ౝኈ䈏ᄌᦝ䈮䈭䉎䈖䈫䈏䈅䉍䉁䈜䇯㩷
㸢⹦⚦䈲䇸╙ੑㇱ㩷 䊐䉜䊮䊄ᖱႎ㩷 ╙䋱䊐䉜䊮䊄䈱⁁ᴫ㩷 䋴㩷 ᚻᢙᢱ෸䈶⒢㊄䇹䉕䈗ⷩ䈒䈣䈘䈇䇯 㩷
㧙㧙
੤ઃ⋡⺰⷗ᦠ
䂓㩷 ⋥ធ䈗⽶ᜂ䈇䈢䈣䈒⾌↪䊶⒢㊄㩷
䈗ᛩ⾗䈱ᚻᒁ䈐㩷 䌑䋧䌁㩷
䎃
䎃
੤ઃ⋡⺰⷗ᦠ
䌑㩷 䈇䈧䇮䈬䈖䈪↳ㄟ䉄䉁䈜䈎䋿㩷
䌁㩷 ⽼ᄁળ␠䈮䈩䇮⽼ᄁળ␠䈱༡ᬺᣣ䈮䈍↳ㄟ䉂䈇䈢䈣䈔䉁䈜䇯㩷
㩷
↳ㄟᦼ㑆䋪䈮䈍䈔䉎䇮⽼ᄁળ␠䈱ฦ༡ᬺᣣ䈱䇮ඦᓟ䋳ᤨ䋨ඨᣣ┙ળᣣ䈲ඦ೨䋱䋱ᤨ䋩䉁䈪䈮䈍↳ㄟ
䉂䈏ⴕ䉒䉏䇮䈎䈧ᒰ⹥↳ㄟ䈱ฃઃ䈮䈎䈎䉎⽼ᄁળ␠ᚲቯ䈱੐ോᚻ⛯䈐䈏ቢੌ䈚䈢䉅䈱䉕䇮ᒰᣣ
䈱↳ㄟฃઃಽ䈫䈚䉁䈜䇯䈢䈣䈚䇮ฃઃᤨ㑆䈲⽼ᄁળ␠䈮䉋䈦䈩⇣䈭䉎䈖䈫䈏䈅䉍䉁䈜䇯⹦⚦䈲⽼ᄁ
ળ␠䈮䈍໧䈇ว䉒䈞䈒䈣䈘䈇䇯㩷
㶎㩷 䊦䉪䉶䊮䊑䊦䉫⸽೛ขᒁᚲ䇮䊦䉪䉶䊮䊑䊦䉫䈱㌁ⴕ䈱䈇䈝䉏䈎䈱ભᬺᣣ䈮⹥ᒰ䈜䉎႐ว䈲䇮
⽼ᄁળ␠䈱༡ᬺᣣ䈪䈅䈦䈩䉅ขᓧ↳ㄟ䈲ฃઃ䈔䉁䈞䉖䇯㩷
䋪㩷 ᦼ㑆ḩੌ೨䈮᦭ଔ⸽೛ዯ಴ᦠ䉕ឭ಴䈜䉎䈖䈫䈮䉋䈦䈩ᦝᣂ䈘䉏䉁䈜䇯㩷
䃂↳ㄟଔ㗵䈲ขᓧ↳ㄟฃઃᣣ䈱⠉༡ᬺᣣ䈱ၮḰଔ㗵䈫䈚䉁䈜䇯㩷
䃂䋼৻⥸䉮䊷䉴䋾䈫䋼⚥Ⓧᛩ⾗䉮䊷䉴䋾䈱䋲䈧䈏䈅䉍䉁䈜䇯ขᛒ䈇䉕ⴕ䈉䉮䊷䉴䈍䉋䈶↳ㄟන૏
䈲䇮ฦ⽼ᄁળ␠䈮䉋䉍⇣䈭䉍䉁䈜䈱䈪䇮⽼ᄁળ␠䉁䈢䈲ᆔ⸤ળ␠䈮䈍໧䈇ว䉒䈞䈒䈣䈘䈇䇯㩷
䃂ၮḰଔ㗵䈮䈧䈐䉁䈚䈩䈲䇮⽼ᄁળ␠䉁䈢䈲ᆔ⸤ળ␠䈮䈍໧䈇ว䉒䈞䈒䈣䈘䈇䇯䉁䈢ᣣᧄ⚻ᷣᣂ
⡞䈮䉅ឝタ䈘䉏䈩䈇䉁䈜䇯䊐䉜䊮䊄ฬ䈲䇸䊤䊁䊮䇹䈫⋭⇛䈘䉏䈩䈍䉍䉁䈜䇯㩷
㩷
㪨㩷 ↳ㄟᤨ䈱ᚻᢙᢱ䈲䈇䈒䉌䈪䈜䈎䋿㩷
㪘㩷 ขᓧ↳ㄟฃઃᣣ䈱⠉༡ᬺᣣ䈱ၮḰଔ㗵䈱䋳䋮䋱䋵䋦䋨⒢ᛮ䋳䋮䋰
䋰䋦䋩䉕਄㒢䈫䈚䈩䇮⽼ᄁળ␠䈏⁛⥄䈮ቯ䉄䉎䈖䈫䈏䈪䈐䉁䈜䇯㩷
㩷
⹦⚦䈲⽼ᄁળ␠䈻䈍໧䈇ว䉒䈞䈒䈣䈘䈇䇯㩷
↳ㄟᚻᢙᢱ䈮䈲䇮ᶖ⾌⒢╬⋧ᒰ㗵䈏฽䉁䉏䈩䈇䉁䈜䇯㩷
㪨㩷 ା⸤ᦼ㑆䈲䈇䈧䉁䈪䈪䈜䈎䋿㩷
㪘㩷 ା⸤ᦼ㑆䈲ήᦼ㒢䈪䈜䇯㩷
㩷
㩷
䈢䈣䈚ᒰ䊐䉜䊮䊄䈲䇮৻ㇱ⸃⚂䈮䉋䉍ฃ⋉ᮭ䈱ญᢙ䈏䋳䋰ంญ䉕ਅ࿁䉎䈖䈫䈫䈭䈦䈢႐ว䇮䉁䈢䈲ฃ
⋉⠪䈱䈢䉄᦭೑䈫⹺䉄䉌䉏䉎႐ว䇮䈠䈱ઁ䉇䉃䉕ᓧ䈭䈇੐ᖱ䈏⊒↢䈚䈢䈫䈐╬䈲䇮ା⸤ᦼ㑆䈱ㅜ
ਛ䈪䉅ା⸤䉕⚳ੌ䋨➅਄ఘㆶ䋩䈘䈞䉎႐ว䈏䈅䉍䉁䈜䇯㩷
㩷
㩷
㧙㧙
䎃
㩷
ಽ㈩㊄䈱ฃขᣇᴺ䈲䇮↳ㄟ䉮䊷䉴䈮䉋䈦䈩⇣䈭䉍䉁䈜䇯㩷
䋼৻⥸䉮䊷䉴䈱႐ว䋾㩷
ಽ㈩㊄䈲ේೣ䈫䈚䈩᳿▚ᣣ䈎䉌⿠▚䈚䈩䋵༡ᬺᣣએౝ䈮⽼ᄁળ␠䈮䈩䈍ᡰᛄ䈇䉕㐿ᆎ䈇䈢䈚䉁
䈜䇯㩷
㶎㩷 ᚻข㗵䈲᥉ㅢಽ㈩㊄䈎䉌ᚲᓧ⒢䈍䉋䈶࿾ᣇ⒢䉕Ꮕᒁ䈇䈢㗵䈫䈭䉍䉁䈜䇯㩷
䋼⚥Ⓧᛩ⾗䉮䊷䉴䈱႐ว䋾㩷
ಽ㈩㊄䈲⒢㊄䉕Ꮕ䈚ᒁ䈇䈢ᓟ䇮⚥Ⓧᛩ⾗ᄾ⚂䈮ၮ䈨䈇䈩ౣᛩ⾗䈘䉏䉁䈜䇯ᚻᢙᢱ䈲䈎䈎䉍䉁䈞
䉖䇯㩷
㩷
㪨㩷 ㅜਛ䈪⸃⚂䈪䈐䉁䈜䈎䋿㩷
㩷
㪘㩷 ⽼ᄁળ␠䈮䈩䇮⽼ᄁળ␠䈱༡ᬺᣣ䈮⸃⚂䈇䈢䈣䈔䉁䈜䇯
㩷
㩷
⽼ᄁળ␠䈱ฦ༡ᬺᣣ䈱䇮ඦᓟ䋳ᤨ䋨ඨᣣ┙ળᣣ䈲ඦ೨䋱䋱ᤨ䋩䉁䈪䈮⸃⚂⺧᳞䈏ⴕ䉒䉏䇮䈎䈧ᒰ⹥
⸃⚂⺧᳞䈱ฃઃ䈮䈎䈎䉎⽼ᄁળ␠ᚲቯ䈱੐ോᚻ⛯䈐䈏ቢੌ䈚䈢䉅䈱䉕䇮ᒰᣣ䈱⸃⚂⺧᳞ฃઃಽ
䈫䈚䉁䈜䇯䈢䈣䈚䇮ฃઃᤨ㑆䈲⽼ᄁળ␠䈮䉋䈦䈩⇣䈭䉎䈖䈫䈏䈅䉍䉁䈜䇯⹦⚦䈲⽼ᄁળ␠䈮䈍໧䈇ว
䉒䈞䈒䈣䈘䈇䇯㩷
㶎㩷 䊦䉪䉶䊮䊑䊦䉫⸽೛ขᒁᚲ䇮䊦䉪䉶䊮䊑䊦䉫䈱㌁ⴕ䈱䈇䈝䉏䈎䈱ભᬺᣣ䈮⹥ᒰ䈜䉎႐ว䈲䇮
⽼ᄁળ␠䈱༡ᬺᣣ䈪䈅䈦䈩䉅⸃⚂⺧᳞䈲ฃઃ䈔䉁䈞䉖䇯㩷
㩷
䃂⸃⚂ଔ㗵䈲⸃⚂⺧᳞ฃઃᣣ䈱⠉༡ᬺᣣ䈱ၮḰଔ㗵䈫䈚䉁䈜䇯㩷
䃂⸃⚂න૏䈲䋱ญએ਄䋱ญන૏䈪䈜䇯ฦ⽼ᄁળ␠䈮䉋䈦䈩⇣䈭䉎႐ว䈏䈅䉍䉁䈜䈱䈪䇮⹦⚦䈲⽼
ᄁળ␠䈮䈍໧䈇ว䉒䈞䈒䈣䈘䈇䇯㩷
䃂⸃⚂ᚻᢙᢱ䈲䈅䉍䉁䈞䉖䇯㩷
䃂⸃⚂ઍ㊄䈱ᡰᛄ䈇䈲ේೣ䈫䈚䈩⸃⚂⺧᳞ฃઃᣣ䈎䉌⿠▚䈚䈩䋵༡ᬺᣣ⋡䈎䉌䈫䈭䉍䉁䈜䇯㩷
㩷
㩷
⸃⚂⺧᳞ฃઃᣣ䈎䉌⿠▚䈚䈩䋵༡ᬺᣣ
⸃⚂ଔ㗵䈲⸃⚂⺧᳞ฃઃᣣ䈱
㩷
⋡એ㒠䈮ઍ㊄䈏ᡰᛄ䉒䉏䉁䈜䇯㩷
⠉༡ᬺᣣ䈱ၮḰଔ㗵䈫䈚䉁䈜䇯
㩷
㩷
㩷
㪈 ༡ᬺᣣ⋡㩷
䯂䯂䯂
䯾༡ᬺᣣ⋡
䰁༡ᬺᣣ⋡䎃
㩷
㩷
⸃⚂ઍ㊄ᡰᛄᣣ㩷
⸃⚂⺧᳞ฃઃᣣ㩷
⸃⚂ଔ㗵᳿ቯᣣ
㩷
㪨㩷 ㆇ↪䈱⚻ㆊ䉕⍮䉎䈖䈫䈲䈪䈐䉁䈜䈎䋿㩷
㩷
㪘㩷
Ფᦼ᳿▚ᓟ䇮ᆔ⸤ળ␠䈏ᦼ㑆ਛ䈱ㆇ↪⚻ㆊ䈱䈾䈎ᛩ⾗ା⸤⽷↥䈱ౝ
ኈ䇮᦭ଔ⸽೛ᄁ⾈⁁ᴫ䈭䈬䉕⸥タ䈚䈢䇸ㆇ↪ႎ๔ᦠ䇹䉕૞ᚑ䈚䇮䈍⾈ઃ䈔
䈇䈢䈣䈇䈢⽼ᄁળ␠╬䈎䉌䈅䉌䈎䈛䉄䈍↳䈚಴䈇䈢䈣䈇䈢䈗૑ᚲ䈮䈍ዯ
䈔䈇䈢䈚䉁䈜䇯㩷
㧙㧙
੤ઃ⋡⺰⷗ᦠ
㪨㩷 ෼⋉䈱ಽ㈩䈲䈅䉍䉁䈜䈎䋿㩷
ᐕ䋲࿁䋨䋴᦬䋱ᣣ䈍䉋䈶䋱䋰᦬䋱ᣣ䋨ભᬺᣣ䈱႐ว䈲⠉༡ᬺᣣ䋩䋩㩷
㪘㩷 ᳿▚䉕ⴕ䈇䇮෼⋉ಽ㈩ᣇ㊎䈮ၮ䈨䈐ಽ㈩䈚䉁䈜䇯㩷
䎃
䎃
䎃
䎃
䎃
ᛩ⾗ା⸤䈱ၮᧄ↪⺆㓸㩷
੤ઃ⋡⺰⷗ᦠ
ᛩ⾗ା⸤⺑᣿ᦠ㩷
䋨⋡⺰⷗ᦠ䋩㩷
ᛩ⾗ା⸤䉕൐㓸䊶⽼ᄁ䈜䉎㓙䈮䇮ᆔ⸤ળ␠䈏૞ᚑ䈜䉎ᛩ⾗ା⸤䈱໡ຠౝኈ䈏⸥タ䈘
䉏䈢⺑᣿ᦠ䈪䈜䇯ਥ䈭ౝኈ䈲䇮ᛩ⾗ା⸤䈱↳ㄟ䊶⸃⚂ⷐ㗄䇮ᛩ⾗ା⸤䈱ㆇ↪ᣇ㊎䇮⾌
↪╬䈪䈜䇯ᛩ⾗ା⸤䉕⾼౉䈜䉎䈍ቴ᭽䈮䈲䇮㊄Ⲣ໡ຠขᒁᴺ䈮䉋䈦䈩੐೨䉁䈢䈲ห
ᤨ䈮䈍ᷰ䈚䈜䉎䈖䈫䈏⟵ോ䈨䈔䉌䉏䈩䈇䉁䈜䈱䈪䇮ᔅ䈝ᛩ⾗ା⸤⺑᣿ᦠ䋨⋡⺰⷗ᦠ䋩䉕
䈗ⷩ䈇䈢䈣䈐໡ຠౝኈ䉕⏕⹺䈚䈩䈒䈣䈘䈇䇯㩷
ㆇ↪ႎ๔ᦠ㩷
ᛩ⾗ା⸤䈱Ფ᳿▚ᤨ䈍䉋䈶ఘㆶᤨ䈮䇮ᆔ⸤ળ␠䈏૞ᚑ䈚䇮⽼ᄁળ␠䉕ㅢ䈛䈩䈍ዯ䈔
䈜䉎ା⸤⽷↥䈱ㆇ↪⁁ᴫ䈏⸥タ䈘䉏䈢ႎ๔ᦠ䈪䈜䇯ਥ䈭ౝኈ䈲䊐䉜䊮䊄䈱ㆇ↪ታ❣䇮
ㆇ↪⚻ㆊ䇮੹ᓟ䈱ㆇ↪ᣇ㊎䇮⚵౉䉏⾗↥䈱ౝኈ䇮ᄁ⾈⁁ᴫ╬䈪䈜䇯㩷
ᛩ⾗ା⸤⚂᱅㩷
䋨⚂᱅䋩㩷
ᛩ⾗ା⸤䈱⸳ቯ䊶ㆇ༡䈮㑐䈜䉎੐㗄䇮ା⸤⽷↥䈱ㆇ↪䊶▤ℂ䈮㑐䈜䉎੐㗄䇮ᆔ⸤ળ␠
䈍䉋䈶ฃ⸤ળ␠䈱ᬺോ䈮㑐䈜䉎੐㗄䇮ฃ⋉⠪䈮㑐䈜䉎੐㗄╬䈮䈧䈇䈩䇮ᆔ⸤ળ␠䈫
ฃ⸤ળ␠䈏✦⚿䈜䉎ା⸤ᄾ⚂䈱䈖䈫䈪䈜䇯⚂᱅䈲䈅䉌䈎䈛䉄⋙〈ቭᐡ䈮ዯ಴䈏䈘䉏
䉁䈜䇯㩷
ၮḰଔ㗵㩷
ᛩ⾗ା⸤䈱ଔ㗵䈱䈖䈫䈪䇮ᛩ⾗ା⸤䉕⾈䈇ઃ䈔䉁䈢䈲⸃⚂䈜䉎㓙╬䈱ၮḰ䈫䈭䉎䉅䈱
䈪䈜䇯䋱ญᒰ䉍䈱ଔ㗵䈲䇮⚐⾗↥✚㗵䉕ฃ⋉ᮭญᢙ䈪㒰䈚䈩▚಴䈚䉁䈜䇯ଢቱ਄䇮䋱ਁ
ญᒰ䉍䈱ଔ㗵䈪⴫␜䈜䉎႐ว䈏䈅䉍䉁䈜䇯ၮḰଔ㗵䈲ᛩ⾗䈚䈩䈇䉎ᩣᑼ䉇ௌ೛╬䈱
Ꮢ႐䈱୯േ䈐䈮䉋䉍ᣣ䇱ᄌേ䈚䉁䈜䇯㩷
⚐⾗↥✚㗵㩷
ᛩ⾗ା⸤䈱଻᦭䈜䉎⾗↥䉕ᤨଔ䈪⹏ଔ䈚▚಴䈚䈢⾗↥✚㗵䈎䉌䇮⽶ௌ✚㗵䉕ប㒰䈚
䈢㊄㗵䈱䈖䈫䉕䈇䈇䉁䈜䇯㩷
ᛩ⾗ା⸤ᝄᦧ೙ᐲ㩷
ᛩ⾗ା⸤䈱ฃ⋉⸽೛䉕䊕䊷䊌䊧䉴ൻ䈚䈩䇮ฃ⋉ᮭ䈱⊒↢䉇ᶖṌ䇮⒖ォ䉕䉮䊮䊏䊠䊷䉺
䊷䉲䉴䊁䊛਄䈱ญᐳ䋨ᝄᦧญᐳ★䋩䈱⸥㍳䈮䉋䉍ⴕ䈉䉅䈱䈪䈜䇯㩷
ᛩ⾗ା⸤⽷↥㩷
ᛩ⾗ା⸤䈫䈚䈩⸳ቯ䈘䉏䈢⾗↥䈱䈖䈫䉕䈇䈇䉁䈜䇯ᩣᑼ䉇ௌ೛╬䈮ㆇ↪䈘䉏䈢ᛩ⾗ା
⸤⽷↥䈲ฃ⸤ળ␠䈮䉋䉍଻▤䊶▤ℂ䈘䉏䉁䈜䇯㩷
ା⸤ႎ㈽㩷
ᛩ⾗ା⸤䈱ㆇ↪䈫▤ℂ╬䈮ኻ䈜䉎ኻଔ䈫䈚䈩䇮ᆔ⸤ળ␠䇮⽼ᄁળ␠䇮ฃ⸤ળ␠䈏ฃข
䉎⾌↪䈱䈖䈫䈪䈜䇯㩷
෼⋉ಽ㈩㊄㩷
ᛩ⾗ା⸤䈱Ფ᳿▚ᤨ䇮ಽ㈩ᣇ㊎䈮ၮ䈨䈐ฃ⋉⠪䈮ᡰᛄ䉒䉏䉎ᛩ⾗ା⸤䈱෼⋉䈱䈖䈫
䈪䈜䇯෼⋉ಽ㈩㊄䈱㊄㗵䈲ᆔ⸤ળ␠䈏Ფ᳿▚ᤨ䈮᳿ቯ䈚䉁䈜䇯㩷
⚥Ⓧᛩ⾗㩷
ᛩ⾗ା⸤䈱෼⋉ಽ㈩㊄䉕⒢ᒁ䈐ᓟ䇮ήᚻᢙᢱ䈪ห৻䈱ᛩ⾗ା⸤䈻ౣᛩ⾗䈜䉎䈖䈫䉕
䈇䈇䉁䈜䇯㩷
ෳ⠨ᜰᮡ㩷
ᛩ⾗ା⸤䈱୯േ䈐䈱௑ะ╬䉕⺑᣿䈜䉎ὑ䇮ෳ⠨䈫䈚䈩૶↪䈚䈩䈇䉎ᜰᮡ䈪䈜䇯㩷
㩷
㩷
㧙㧙
第一部
証券情報
(1) ファンドの名称
ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド
(2) 内国投資信託受益証券の形態等
追加型証券投資信託の受益権です。
当初元本は、1口当り1円です。
当ファンドは、格付は取得しておりません。
ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律(以下「社振法」といいます。)の規定の適
用を受け、受益権の帰属は、後述の「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関及び当該振替機
関の下位の口座管理機関(社振法第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を含め、以下
「振替機関等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録されることにより定まります(以下、振
替口座簿に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」といいます。)。委託会社
であるブラックロック・ジャパン株式会社は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当該振替受益
権を表示する受益証券を発行しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
(3) 発行(売出)価額の総額
5,000億円を上限とします。
(4) 発行(売出)価格
取得申込受付日の翌営業日の基準価額とします。
基準価額につきましては、販売会社または下記にお問い合わせください。
ブラックロック・ジャパン株式会社
コールセンター
:電話番号 03-4577-9700
(受付時間 営業日の9:00∼17:00。半日営業日は9:00∼正午。)
ホームページアドレス:http://www.blackrock.co.jp
(5) 申込手数料
①
取得申込受付日の翌営業日の基準価額の3.15%(税抜3.00%)を上限として、販売会社が独自に定
めることができます。詳細は、販売会社にお問い合わせください。
(販売会社につきましては、「(8)申込取扱場所」に記載の照会先までお問い合わせください。)
なお、申込手数料には消費税に相当する金額および地方消費税に相当する金額(以下「消費税等相
当額」といいます。) が含まれています。(以下同じ。)
− 10 −
交付目論見書
(以下「当ファンド」または「ファンド」といいます。)
②
分配金の受取方法により、収益の分配時に分配金を受け取る「一般コース」と、分配金が税引き
後、無手数料で再投資される「累積投資コース」の2つの申込方法があります。「累積投資コー
ス」の場合、分配金の再投資は無手数料とします。
交付目論見書
(6) 申込単位
分配金の受取方法により、収益の分配時に分配金を受け取る「一般コース」と、分配金が税引き後、
無手数料で再投資される「累積投資コース」の2つの申込方法があります。
取扱いを行うコースおよび申込単位は、各販売会社により異なりますので、販売会社にお問い合わ
せください。
(7) 申込期間
平成21年12月2日から平成22年7月1日まで
※申込期間は、上記期間満了前に有価証券届出書を提出することによって更新されます。
(8) 申込取扱場所
ファンドの申込取扱場所(以下「販売会社」といいます。)については下記にお問い合わせください。
ブラックロック・ジャパン株式会社
コールセンター
:電話番号 03-4577-9700
(受付時間 営業日の9:00∼17:00。半日営業日は9:00∼正午。)
ホームページアドレス:http://www.blackrock.co.jp
(9) 払込期日
受益権の取得申込者は、販売会社が定める日までに、申込代金(発行価格に申込口数を乗じた金額に、
申込手数料(消費税等相当額を含みます。)を加算した金額をいいます。)を販売会社に支払うものとし
ます。
振替受益権に係る各取得申込受付日の発行価額の総額は、販売会社によって追加信託が行われる日
に委託会社の口座を経由して受託会社の指定するファンド口座に払い込まれます。
(10) 払込取扱場所
上記「(8)申込取扱場所」でお払込みください。
(11) 振替機関に関する事項
振替機関は、株式会社証券保管振替機構です。
− 11 −
(12) その他
①
申込代金の利息
申込代金には利息をつけません。
日本以外の地域における発行
行いません。
③
申込不可日
ルクセンブルグ証券取引所、ルクセンブルグの銀行のいずれかの休業日に該当する場合は、販売
会社の営業日であってもお申込みは受付けません。
④
振替受益権について
ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、上記「(11)振替機関に関する事項」に記載の
振替機関の振替業にかかる業務規程等の規則にしたがって取り扱われるものとします。
ファンドの分配金、償還金、換金代金は、社振法および上記「(11)振替機関に関する事項」に記
載の振替機関の業務規程その他の規則にしたがって支払われます。
(参考)
◆投資信託振替制度とは、
ファンドの受益権の発生、消滅、移転をコンピュータシステムにて管理します。
・ファンドの設定、解約、償還等がコンピュータシステム上の帳簿(「振替口座簿」といいま
す。)への記載・記録によって行われますので、受益証券は発行されません。
− 12 −
交付目論見書
②
第二部
第1
交付目論見書
1
ファンド情報
ファンドの状況
ファンドの性格
(1) ファンドの目的及び基本的性格
①
「ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド」(以下「当ファンド」または「ファンド」
という場合があります。)は、投資信託財産の中長期的な成長を目標に運用を行うことを基本と
します。
②
当ファンドは、追加型証券投資信託であり、追加型投信/海外/株式に属しています。下記は、
社団法人投資信託協会の「商品分類に関する指針」に基づき当ファンドが該当する商品分類・属
性区分を網掛け表示しています。
<商品分類表>
単位型・追加型
単位型投信
追加型投信
投資対象地域
投資対象資産(収益の源泉)
国内
海外
内外
株式
債券
不動産投信
その他資産(
資産複合
)
<属性区分表>
投資対象資産
株式
一般
大型株
中小型株
債券
一般
公債
社債
その他債券
クレジット属性
決算頻度
投資対象地域
年1回
年2回
年4回
年6回(隔月)
年12回(毎月)
日々
その他
グローバル
日本
北米
欧州
アジア
オセアニア
中南米
アフリカ
中近東(中東)
エマージング
不動産投信
その他資産
(投資信託証券(株式))
資産複合
資産配分固定型
資産配分変更型
− 13 −
投資形態
ファミリー
ファンド
為替ヘッジ
あり
なし
ファンド・
オブ・ファンズ
<各分類および区分の定義>
Ⅰ.商品分類
追加型投信
投資対象資産による
区分
株式
海外
一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従
来の信託財産とともに運用されるファンドをいう。
目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投
資収益が実質的に海外の資産を源泉とする旨の記載があるもの
をいう。
目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投
資収益が実質的に株式を源泉とする旨の記載があるものをい
う。
Ⅱ.属性区分
投資対象資産による
属性区分
その他資産(投資信
託証券(株式))
決算頻度による属性
区分
投資対象地域による
属性区分
年2回
投資形態による属性
区分
為替ヘッジによる属
性区分
中南米
ファンド・オブ・
ファンズ
為替ヘッジなし
目論見書又は投資信託約款において、主として投資信託証
券に投資する旨の記載があるものをいう。ただし、当ファ
ンドは、投資信託証券を通じて主として株式に投資する。
目論見書又は投資信託約款において、年2回決算する旨の
記載があるものをいう。
目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資
収益が中南米地域の資産を源泉とする旨の記載があるもの
をいう。
「投資信託等の運用に関する規則」第2条に規定するファ
ンド・オブ・ファンズをいう。
目論見書又は投資信託約款において、為替のヘッジを行わ
ない旨の記載があるもの又は為替のヘッジを行う旨の記載
がないものをいう。
上記は、社団法人投資信託協会の定義を基に委託会社が作成したものを含みます。なお、上記以
外の商品分類・属性区分の定義については、社団法人投資信託協会のホームページ
(http://www.toushin.or.jp/)をご参照ください。
③
信託金の限度額は、5,000億円とします。委託会社は、受託会社と合意のうえ、当該限度額を変
更することができます。
− 14 −
交付目論見書
単位型投信・追加型
投信の区分
投資対象地域による
区分
④
ファンドの特色
a.ラテンアメリカ諸国の株式に投資します。
主として、ラテンアメリカ諸国の株式(同地域において重要な事業展開を行っていると考え
られる同地域以外の企業の株式を含みます。)を主要な投資対象とし、ブラックロック・グ
交付目論見書
ループの運用会社が運用する投資信託証券に投資します。
1.遠くて近いアミーゴの国
ラテンアメリカの国々は、地球上では日本の反対側に位置し、日本から距離的に一番遠い
地域です。しかしながら日本とラテンアメリカ諸国は、近代以降非常に友好的な関係を保ち
続けています。明治期において日本は数々の欧米列強諸国との不平等条約に頭を悩ませてい
ましたが、1888年にメキシコと、アジア諸国以外では初めての対等条約(日墨修好通商条約)
締結に成功し、その後の不平等条約改正交渉に弾みをつけるものとなりました。また、1897
年からペルーをはじめ、多くのラテンアメリカ諸国へ日本人が移住を開始しました。今日に
おいてはブラジル・ペルーなどから日系人を中心に多くの人々が来日し、多方面において活
躍しています。
メキシコ
<ラテンアメリカの概要>
コロンビア
◆独立国家数−33カ国
ボリビア
ペルー
ブラジル
◆総人口−約5.5億人(世界総人口の約8.6%)
◆総面積−約2,000万㎢(世界表面積の約15%)
◆言語−スペイン語、ポルトガル語、英語等
アルゼンチン
チリ
出所:外務省ホームページ(2009年4月現在)
− 15 −
2.期待される高成長とマクロ環境の改善
○期待される高成長
ラテンアメリカ諸国の多くは新興国であり、今後先進国と比較してより経済成長が期待さ
交付目論見書
れると考えます。
ラテンアメリカ諸国(33カ国)と主要先進国のGDP*実質成長率の推移
(%)
8
ラテンアメリカ諸国
主要先進国
6
4
2
0
-2
-4
2004
2005
2006
2007
2008
2009予測
2010予測
(年)
出所:IMF(2009年4月)
主要先進国:米国、英国、ドイツ、カナダ、フランス、イタリア、日本
*GDP:国内総生産(Gross Domestic Product)の略で、GDP成長率は、国内経済成長率を示
す一般的な数字です。
○改善するマクロ環境
1982年のメキシコ金融危機を発端にラテンアメリカ諸国は累積債務危機に陥っていました
が、1990年以降は民主化と市場経済体制が整い、経済成長が進むにつれて債務は改善され
ていきました。今日では活発な地域経済統合と自由貿易協定により、国際社会での存在感
を増しています。
− 16 −
3.豊富な資源
ラテンアメリカ諸国には、豊富なエネルギー資源(石油)・鉱物資源(鉄鉱・銅鉱・銀鉱
等)が存在します。またブラジルはガソリンの代替として最近注目されているエタノールの
世界有数の生産国です。農産物においては肥沃な土地に恵まれた大規模農業により、世界の
交付目論見書
食料庫としての役割を担っています。このように、ラテンアメリカ諸国は、今後の世界経済
成長を支える重要な地域であると考えます。
ラテンアメリカ諸国の主な資源生産量シェア
鉄鉱
銅鉱
その他
15%
ウクライナ
4%
中国
35%
ロシア
5%
インド
9%
ロシア
5%
オーストラ
リア
15%
オースト
ラリア
5%
ブラジル
18%
出所:Mineral Commodity Summaries 2009
ペルー
8%
米国
8%
2008年度予測(2009年4月現在)
石油
エタノール
ロシア
13%
カナダ
1%
中国
3%
サウジアラビア
その他
40%
12%
米国
7%
イラン
5%
中国
5%
ベネズエラ
3%
カナダ
4%
中国
6%
出所:Mineral Commodity Summaries 2009
2008年度予測(2009年4月現在)
クウェート
3%
チリ
36%
その他
32%
アラブ首長国
連邦
4%
ブラジル
37%
その他
6%
米国
52%
メキシコ
4%
出所:Energy Information Administration
出所:Renewable Fuels Association (RFA)
2007年度予測(2009年4月現在)
2008年度予測(2009年4月現在)
− 17 −
4.工業化の進展
軽工業・自動車・航空機・先端技術等において、先進国に匹敵するほどの工業化が進んで
います。ブラジルとメキシコの自動車生産台数はイタリアや英国を上回り、世界有数の自動
車生産地域になっています。
交付目論見書
世界の国別自動車生産台数(2007年)
(千台)
7,000
6,213
6,000
5,000
4,086
4,000
3,016
3,000
2,971
2,890
2,000
1,750
1,284
2,095
1,000
0
フランス
ドイツ
イタリア スペイン
英国
メキシコ ブラジル
韓国
出所:International Organization of Motor Vehicle Manufacturers 2007(2009年4月現在)
b.投資対象とする投資信託証券(以下「投資対象ファンド」ということがあります。)は、以
下の通りです。
・ブラックロック・グローバル・ファンズ(ルクセンブルグ籍証券投資法人)
リカン・ファンド
ラテン・アメ
クラスJ投資証券(以下「BGF ラテン・アメリカン・ファンド」とい
います。)
・ブラックロック・グローバル・ファンズ(ルクセンブルグ籍証券投資法人)
ショート・デュレーション・ボンド・ファンド
クラスX投資証券(以下「BGF USダ
ラー・ショート・デュレーション・ボンド・ファンド」といいます。)
※
投資対象ファンドは、委託会社の判断により、適宜見直しを行うことがあります。
− 18 −
USダラー・
<参考:主要投資対象ファンドの運用プロセス>
スクリーニング
400+銘柄
4.ポートフォリオ
3.企業分析
2.国/セクター選択
225銘柄
175銘柄
構築
=
60~80銘柄
規律あるリサーチに基づくポートフォリオ構築
※
※
当ファンドの主要投資対象ファンドは、BGF ラテン・アメリカン・ファンドです。
平成21年4月末現在。主要投資対象ファンドの運用プロセスは、変更となる場合があります。
c.外貨建資産については原則として為替ヘッジは行いません。
d.ファンド・オブ・ファンズ形式で運用します。
各投資信託証券への投資比率は、原則として、市況動向および各投資信託証券の収益性等を
勘案して委託会社が決定します。
通常、BGF ラテン・アメリカン・ファンド(ファンド・オブ・ファンズにのみ取得される
投資信託証券)の投資比率を高位に保ちます。
※
投資対象ファンドは、委託会社の判断により適宜見直しを行うことがあります。
e.MSCI EMラテン・アメリカ・インデックス*(円換算ベース)を参考指標とします。
*
MSCI EMラテン・アメリカ・インデックスとは、MSCI Inc.が開発、計算した株式指数
です。同指数に関する著作権、知的財産その他の一切の権利は、MSCI Inc.に帰属します。ま
た、MSCI Inc.は同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。
− 19 −
ポートフォリオ
投資ユニバース
交付目論見書
1.流動性
(2) ファンドの仕組み
フ
ァ
ン
ド
委 託 会 社
受 託 会 社
証券投資信託契約
ブラックロック・ジャパン株式会社
投資信託財産の運用の指図等を行い
ます。
株式会社りそな銀行
(再信託受託会社:日本トラス
ティ・サービス信託銀行株式会
社)
受益権の募集・販売の
取扱い等に関する契約
投資信託財産の保管・管理・計算
等を行います。
販 売 会 社
受益権の募集の取扱いおよび販売
を行い、信託契約の一部解約に関
する事務、収益分配金の再投資に
関する事務、一部解約金・収益分
配金・償還金の支払いに関する事
務等を行います。
投資者(受益者)
<ファンド・オブ・ファンズの仕組み>
当ファンドは、投資信託証券に投資するファンド・オブ・ファンズです。
買付・
解約
お申込み
ご投資家
分配金
償還金
解約金
投資
ブラックロック・
ラテンアメリカ
株式ファンド
損益
投資
損益
BGF
ラテン・
アメリカン・ファンド
投資
BGF
USダラー・ショート・デュ
レーション・ボンド・ファンド
投資
− 20 −
損益
損益
ラテンアメリカ諸国の
株式
米ドル建ての
短期債
交付目論見書
ブラックロック・
ラテンアメリカ株式ファンド
<契約等の概要>
a.「証券投資信託契約」
ファンドの設定・運営に関する事項、投資信託財産の運用・管理に関する事項、委託会社お
よび受託会社の業務に関する事項、受益者に関する事項等について規定しています。
交付目論見書
b.「受益権の募集・販売の取扱い等に関する契約」
委託会社が販売会社に委託する受益権の募集販売の取扱い、一部解約事務、受益者に対する
収益分配金および一部解約金の支払い、その他これらの業務に付随する業務等について規定し
ています。
<委託会社の概況>
本書提出日現在の委託会社の概況は、以下のとおりです。
a.資本金
485,000千円
b.沿革
年
月
1988年
3月
沿
革
バークレイズ・デズート・ウェッド投資顧問株式会社設立
(英国大手金融グループのバークレイズ・グループ投資銀行部門における資
産運用会社 BZW Investment Management 100%出資)
1988年
6月
証券投資顧問業者として登録
1989年
1月
投資一任業務認可を取得
1994年
11月
「ビーゼッドダブリュー投資顧問株式会社」に社名変更
1998年
3月
投資信託委託業務免許を取得
「バークレイズ投信株式会社」に社名変更
1999年
1月
バークレイズ・バンクPLC100%出資となる
2000年
7月
バークレイズ・バンクPLCの直轄体制から、バークレイズ・グローバル・イ
ンベスターズ(BGI)グループの経営傘下に入る
2001年
6月
「バークレイズ・グローバル・インベスターズ投信株式会社」に社名変更
2001年
7月
バークレイズ・バンクPLCからバークレイズ・グローバル・インベスター
ズ・ユーケー・ホールディングス・リミテッドへ株主異動
2004年
4月
バークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社と合併
バークレイズ・グローバル・インベスターズ投信株式会社を存続会社として
「バークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社」へ商号変更
2007年
9月
証券業登録、バークレイズ・グローバル・インベスターズ証券投信投資顧問
株式会社へ商号変更
2007年
9月
バークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社へ商号変更
2008年
7月
バークレイズ・グローバル・インベスターズ・サービス株式会社を吸収合併
2009年
12月
ブラックロック・ジャパン株式会社と合併
バークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社を存続会社として「ブ
ラックロック・ジャパン株式会社」へ商号変更(予定)
− 21 −
c.大株主の状況
住所(*)
株主名
1 Churchill Place,
London E14 5HP, UK
9,238株
所有比率
100%
(*)登記上の住所
※
上記は、合併前のバークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社(存続会社)の内容です。
− 22 −
交付目論見書
バークレイズ・グローバル・インベスター
ズ・ユーケー・ホールディングス・リミテッ
ド
所有
株式数
2
投資方針
(1) 投資方針
①
主として、ラテンアメリカ諸国の株式(同地域において重要な事業展開を行っていると考えら
れる同地域以外の企業の株式を含みます。)を主要な投資対象とし、ブラックロック・グループ
交付目論見書
の運用会社が運用する投資信託証券に投資します。副次的な投資対象として、海外の短期債券等
に投資する投資信託証券にも投資を行います。投資対象とする投資信託証券は別に定めるものと
します。
②
各投資信託証券への投資比率は、原則として、市況動向および各投資信託証券の収益性等を勘
案して委託会社が決定します。通常、ラテンアメリカ諸国の株式を主要な投資対象とする投資信
託証券への投資比率を高位に保ちます。
③
別に定める投資信託証券は、委託会社の判断により、変更することがあります。
④
外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
⑤
資金動向、市況動向、残存信託期間等によっては、①∼④のような運用ができない場合もあり
ます。
⑥
投資対象ファンドの選定にあたっては、上記の投資方針の他、当ファンドの運営上の効率性等
を勘案します。
(2) 投資対象
①
投資対象とする資産の種類(約款第21条)
この信託において投資の対象とする資産の種類は、次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、
投資信託及び投資法人に関する法律(以下「投信法」といいます。)第2条第1項で定めるも
のをいいます。以下同じ。)とします。
(a) 有価証券
(b) 金銭債権
(c) 約束手形(手形割引市場において売買される手形に限ります。)
② 投資対象とする有価証券(約款第22条第1項)
委託会社は、信託金を、主として別に定める投資信託または外国投資信託の受益証券(金融
商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをいいます。)および投資証券または外国投資証
券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定めるものをいいます。)のほか、次の有価証券
(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除
きます。)に投資することを指図します。
(a) 国債証券
(b) 地方債証券
− 23 −
(c) 特別の法律により法人の発行する債券および社債券(新株引受権証券と社債券とが一体と
なった新株引受権付社債券の新株引受権証券および短期社債券を除きます。)
(d) 短期社債等(社債等の振替に関する法律第66条第1号に規定する短期社債、保険業法第61
条の10第1項に規定する短期社債、資産の流動化に関する法律第2条第8項に規定する特定
1項に規定する短期債および農林中央金庫法第62条の2第1項に規定する短期農林債をいい
ます。)
(e) コマーシャル・ペーパー
(f) 外国または外国の者の発行する証券または証書で、前各号の証券または証書の性質を有す
るもの
(g) 外国法人が発行する譲渡性預金証書
なお、(a)から(d)の証券および(f)の証券および証書のうち(a)から(d)の性質を有するものを
以下「公社債」といい、公社債((d)、(f)の証券および証書のうち(d)の性質を有するものを除
く)にかかる運用の指図は買い現先取引(売戻し条件付の買い入れ)および債券貸借取引(現
金担保付き債券借入れ)に限り行うことができるものとします。
③ 投資対象とする金融商品(約款第22条第2項)
この信託の設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託会社が運用上必要と認め
るときには、有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2条第2項の規定によ
り有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用の指図をすることが
できます。
(a) 預金
(b) 指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きま
す。)
(c) コール・ローン
(d) 手形割引市場において売買される手形
(e) 貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
(f) 外国の者に対する権利で前号の権利の性質を有するもの
− 24 −
交付目論見書
短期社債、商工組合中央金庫法第33条ノ2に規定する短期商工債、信用金庫法第54条の4第
投資対象ファンドの概要
上記投資方針における「別に定める投資信託証券」の概要は以下の通りです。
(a) BGF ラテン・アメリカン・ファンド
交付目論見書
形態
ルクセンブルグ籍(オープン・エンド型)会社型外国投資証券(米ドル建て)
投資目的および
投資態度
純資産総額の70%以上をラテンアメリカ諸国の株式(同地域において重要な事業展開を行って
いると考えられる同地域以外の企業の株式を含みます。)に投資し、トータル・リターンを最
大化することを目指します。
設定日
1997年1月8日
存続期間
無期限
主な投資対象
ラテンアメリカ諸国の株式(同地域において重要な事業展開を行っていると考えられる同地域
以外の企業の株式を含みます。)を主要投資対象とします。
・
主な投資制限
同一発行体の譲渡性のある証券への投資は、原則としてファンドの純資産総額の10%以下
とします。
・ 純資産総額の5%を超えて投資しているすべての発行体について、ファンドが保有する譲
渡性のある証券の総額は純資産総額の40%を超えないものとします。
管理報酬
ありません。(注)
その他費用
保管報酬および事務の処理に要する諸費用がファンドから差し引かれます。
決算日
年1回(原則として8月末日)に決算を行います。
収益分配方針
原則として、分配を行いません。
申込手数料
ありません。
管理会社
ブラックロック(ルクセンブルグ)エス・エー
投資顧問会社
ブラックロック・インベストメント・マネジメント・エル・エル・シー
保管会社
ザ・バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(インターナショナル)リミテッド
(注)
投資対象ファンドにかかる報酬相当額は、委託会社の信託報酬より支払われます。
− 25 −
(b) BGF USダラー・ショート・デュレーション・ボンド・ファンド
ルクセンブルグ籍(オープン・エンド型)会社型外国投資証券(米ドル建て)
投資目的および
投資態度
純資産総額の80%以上を投資適格債に投資し、トータル・リターンを最大化することを目指し
ます。純資産総額の70%以上をデュレーションが5年未満の米ドル建て投資適格債に投資し、
ファンドの平均デュレーションは3年以下を原則とします。
通貨エクスポージャーについては柔軟に運用します。
設定日
2002年10月31日
存続期間
無期限
主な投資対象
主として米ドル建ての投資適格債を主要投資対象とします。
主な投資制限
・ 同一発行体の譲渡性のある証券への投資はファンドの純資産総額の10%以下とします。
・ 純資産総額の5%を超えて投資しているすべての発行体について、ファンドが保有する譲渡
性のある証券の総額は純資産総額の40%を超えないものとします。
管理報酬
ありません。(注)
その他費用
保管報酬および事務の処理に要する諸費用がファンドから差し引かれます。
決算日
年1回(原則として8月末日)に決算を行います。
収益分配方針
原則として、分配を行いません。
申込手数料
ありません。
管理会社
ブラックロック(ルクセンブルグ)エス・エー
投資顧問会社
ブラックロック・ファイナンシャル・マネジメント・インク
保管会社
ザ・バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(インターナショナル)リミテッド
(注)
投資対象ファンドにかかる報酬相当額は、委託会社の信託報酬より支払われます。
− 26 −
交付目論見書
形態
(3) 運用体制
①
ファンドの運用・管理の各業務の役割分担を社内規定により定めております。
②
ファンドの運用については委託会社の運用部門が統括しています。
交付目論見書
社内には内部監査を担当する部門、ファンドの運用状況やリスク状況等をモニターし関連部署
にフィードバックする部門、或いは投資委員会等開催により、各ファンドの投資方針等に従って
運用が行われているか確認する組織、機能が確立しています。
③
当ファンドの運用は、マルチアセット・ポートフォリオ・ストラテジーズ・チーム(2名程
度)が担当いたします。
ブラックロック・ジャパン株式会社
(委託会社)
運用部門
マルチアセット・ポートフォリオ・ストラテジーズ・チーム
運用指図
ブラックロック・
ラテンアメリカ株式ファンド
投資
投資
BGF
USダラー・ショート・デュレーション・
ボンド・ファンド
BGF
ラテン・アメリカン・ファンド
ブラックロック・インベストメント・マネジメント・
エル・エル・シー(投資顧問会社)
ブラックロック・ファイナンシャル・マネジメント・
インク(投資顧問会社)
※
上記の内容は、平成21年10月末現在の当ファンドの委託会社であるブラックロック・ジャパン株式会社
における当ファンドの運用体制です。当ファンドの委託会社としての業務は、平成21年12月2日にブ
ラックロック・ジャパン株式会社との合併によりバークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社
(新社名:ブラックロック・ジャパン株式会社)に承継されます。
※ 運用体制は、変更となる場合があります。
ブラックロック・グループ
ブラックロック・グループは、運用資産残高約1.37兆ドル*(約132兆円)を持つ世界最大級の独立
系資産運用グループであり、当社はその日本法人です。
当グループは、世界各国の機関投資家及び個人投資家のため、株式、債券、キャッシュ・マネジ
メント及びオルタナティブ商品といった様々な資産クラスの運用を行っております。また、機関投
資家向けに、リスク管理、投資システム・アウトソーシング及びファイナンシャル・アドバイザ
リー・サービスの提供を行っております。
*
2009年6月末現在。(円換算レートは1ドル=96.485円を使用)
− 27 −
(4) 分配方針
①
収益分配方針
年2回の毎決算時(4月1日および10月1日。休業日の場合は翌営業日。)に、原則として以
下の方針に基づき、分配を行います。
分配対象額の範囲は、経費控除後の繰越分を含めた利子・配当等収益および売買損益(繰越
欠損補填後、評価損益を含みます。)等の全額とします。
b.分配対象収益についての分配方針
分配金額は、委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して決定します。
ただし、委託会社の判断により、分配を行わないことがあります。
c.留保益の運用方針
留保益の運用については特に制限を設けず、委託会社の判断に基づき、元本部分と同一の運
用を行います。
②
収益の分配
a.投資信託財産から生じる毎計算期末における利益は、次の方法により処理するものとします。
(a) 利子、配当金およびこれ等に類する収益から支払利息を控除した額(「配当等収益」とい
います。)は、諸経費、諸費用(消費税に相当する金額および地方消費税に相当する金額
(以下「消費税相当額」といいます。)を含みます。以下同じ。)、信託報酬(消費税等相
当額を含みます。以下同じ。)を控除した後、その残額を受益者に分配することができます。
なお、次期以降の分配金に充てるため、その一部を分配準備積立金として積み立てることが
できます。
(b) 売買損益に評価損益を加算した利益金額(「売買益」といいます。)は、諸経費、諸費用
および信託報酬を控除し、繰越欠損金のあるときは、その全額を売買益をもって補てんした
後、受益者に分配することができます。なお、次期以降の分配に充てるため、分配準備積立
金として積み立てることができます。
b.毎計算期末において、投資信託財産につき生じた損失は、次期に繰り越すものとします。
③
収益分配金の支払い
a.支払時期と支払場所
(a) 一般コースの場合
毎計算期間終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として5営業日以内)に、
毎計算期間の末日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者にお
支払いを開始します。収益分配金は販売会社の営業所等においてお支払いします。
− 28 −
交付目論見書
a.分配対象額の範囲
(b) 累積投資コースの場合
受託会社が委託会社の指定する預金口座等に払い込むことにより、原則として毎計算期間
終了日の翌営業日に収益分配金が販売会社に支払われます。累積投資契約*に基づき、販売会
社は受益者に対し遅滞なく収益分配金の再投資にかかる受益権の売り付けを行います。当該
交付目論見書
取得申込により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
*
当該契約または規定については、同様の権利義務関係を規定する名称の異なる契約または規定を
使用することがあり、この場合、当該別の名称に読み替えるものとします。
b.時効
受益者が、a.(a)に規定する支払開始日から5年間支払い請求を行わない場合はその権利を
失い、委託会社が受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属します。
(5) 投資制限
以下は、当ファンドの約款で定める投資制限です。
a.投資信託証券および短期金融商品(短期運用の有価証券を含みます。)以外への直接投資は行
いません。(運用の基本方針 2.運用方法 (3)投資制限①)
b.投資信託証券への投資制限(運用の基本方針 2.運用方法 (3)投資制限②)
投資信託証券への投資割合には制限を設けません。
c.外貨建資産への投資制限(運用の基本方針 2.運用方法 (3)投資制限③)
外貨建資産への投資割合には、制限を設けません。
d.同一銘柄の投資信託証券への投資制限(運用の基本方針 2.運用方法 (3)投資制限④)
約款および定款等においてファンド・オブ・ファンズにのみ取得される(販売会社および運用
会社が一時取得する場合を含みます。)投資信託証券であることが記載されていない同一銘柄の
投資信託証券への投資割合は投資信託財産の純資産総額の50%以内とします。
e.受託会社の自己または利害関係人等との取引(約款第23条)
(a) 受託会社は、受益者の保護に支障を生じることがないものであり、かつ信託業法、投資信託
及び投資法人に関する法律ならびに関連法令に反しない場合には、委託会社の指図により、受
託会社および受託会社の利害関係人(金融機関の信託業務の兼営等に関する法律にて準用する
信託業法第29条第2項第1号に規定する利害関係人をいいます。以下同じ。)、信託業務の委
託先およびその利害関係人または受託会社における他の信託財産との間で、投資信託約款に定
める資産への投資を、信託業法、投資信託及び投資法人に関する法律ならびに関連法令に反し
ない限り行うことができます。
(b) (a)の取扱いは、「公社債の借入れ」「外国為替予約の指図および範囲」「有価証券売却等の
指図」「再投資の指図」および「資金の借入れ」における委託会社の指図による取引について
も同様とします。
− 29 −
f.特別な場合の外貨建有価証券への投資制限(約款第25条)
外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により、特に必要と認めら
れる場合には、制約されることがあります。
(a) 委託会社は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れの指図をすること
ができます。なお、当該公社債の借入れを行うにあたり担保の提供が必要と認めた時は、担保
の提供の指図を行うものとします。
(b) (a)の指図は、当該借入れにかかる公社債の時価総額が投資信託財産の純資産総額の範囲内と
します。
(c) 投資信託財産の一部解約等の事由により、(b)の借入れにかかる公社債の時価総額が投資信託
財産の純資産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当
する借入れた公社債の一部を返還するための指図をするものとします。
(d) (a)の借入れにかかる品借料は投資信託財産中から支弁します。
h.外国為替予約の指図および範囲(約款第27条)
委託会社は、投資信託財産に属する外貨建資産について当該外貨建資産の為替ヘッジのため、
外国為替の売買の予約取引の指図をすることができます。
i.資金の借入れ(約款第34条)
(a) 委託会社は、投資信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、一部解約に
伴う支払資金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含み
ます。)を目的として、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目的として、
資金借入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当
該借入金をもって有価証券等の運用は行わないものとします。
(b) 一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から
投資信託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支
払開始日から投資信託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者へ
の解約代金支払開始日から投資信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が
5営業日以内である場合の当該期間とし、資金借入額は当該有価証券等の売却または解約代金
および有価証券等の償還金の合計額を限度とします。
ただし、資金の借入額は、借入れ指図を行う日における投資信託財産の純資産総額の10%を
超えないこととします。
(c) 収益分配金の再投資にかかる借入期間は投資信託財産から収益分配金が支弁される日からそ
の翌営業日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
(d) 借入金の利息は投資信託財産中より支弁します。
− 30 −
交付目論見書
g.公社債の借入れ(約款第26条)
3
投資リスク
(1) 投資リスク
ファンドの基準価額は、組入れられている有価証券の値動きの他、為替変動による影響を受けま
す。これらの投資信託財産に生じた損益はすべて受益者の皆様に帰属します。したがって、元金お
交付目論見書
よび元金からの収益の確保が保証されているものではなく、損失を被ることがあります。当ファン
ドにかかる主なリスクは以下の通りです。
①
基準価額の主な変動要因(当ファンドの投資内容がもたらすリスク)
a.株価変動のリスク
当ファンドの投資対象ファンドは、ラテンアメリカ諸国の株式を主要投資対象とします。し
たがって、ラテンアメリカ諸国の経済および市場動向または組入株式の発行会社の財務状況が
運用成果に影響を与えることがあります。組入株式の株価および配当金の変化によって、当
ファンドの基準価額は変動します。
b.為替変動リスク
当ファンドの基準価額は円建てで表示されます。一方、当ファンドは外貨建ての投資信託証
券に投資を行い、当該投資信託証券に対して為替ヘッジを行いません。また、当ファンドが投
資する投資信託証券は、外貨建資産に投資を行います。したがって、為替レートの動きに応じ
て基準価額は上昇または下落します。
c.カントリー・リスク
当ファンドの投資対象ファンドは、世界各国の株式に投資します。当ファンドの投資対象
ファンドは、主としてエマージング(新興)市場の発行体が発行する株式に投資します。エ
マージング諸国の経済は、先進諸国に比べて不安定であり、その株式市場を取り巻く社会的・
経済的環境はより不透明な場合が多く、エマージング諸国の政府は自国経済を規制または監督
する上で大きな影響力を行使することがあります。したがって、主として先進国市場に投資す
る場合に比べて、投資先の国の政治・経済事情、通貨・資本規制等の要因により、より大幅に
株価が変動することが考えられ、それに伴い当ファンドの基準価額が大幅に変動することがあ
ります。
d.固定利付債および変動利付債投資のリスク(その他類似債券等のリスクも含む)
当ファンドの投資対象ファンドは、固定利付債および変動利付債に投資しますので、金利の
変動やクレジット・クオリティ(信用力)の変化の影響を受けることがあります。一般に、債
券価格は金利上昇時に下落し、金利低下時に上昇する傾向があります。当ファンドの基準価額
は債券価格の上昇または下落により同方向の影響を受けます。投資対象ファンドは変動利付債
にも投資を行いますが、これは市場金利の変動に応じて周期的に利率が調整される債券です。
このような特徴があるため、変動利付債の価格は固定利付債に比べて価格変動が小幅になる傾
向がありますが、逆に金利低下局面では有利な金利を続けて得ることができなくなります。
− 31 −
e.オプション、先物、その他投資手法のリスク
当ファンドの投資対象ファンドは、証券先物・オプション、指数先物・オプション、通貨先
物・オプションおよび金利スワップ等さまざまな投資手法を用いることができます。このよう
な投資手法は運用の効率を高めるため、および証券価格、市場金利、為替の変動による影響か
ストとリスクが伴い、基準価額に影響を与える可能性があります。こうした投資手法は必ず用
いられるわけでなく、また用いられたとしても本来の目的を達成できる保証はありません。
②
ファンド運営上のリスク
a.取得申込および解約申込の受付の中止・取消
金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを
得ない事情があるときは、受益権の取得申込の受付および解約申込の受付を中止する場合があ
ります。また、この場合、既に受付けた受益権の取得申込の受付および解約申込の受付につい
ても取り消す場合があります。
b.信託の途中終了
当ファンドは一部解約により受益権の口数が30億口を下回ることとなった場合、または受益
者のため有利と認められる場合、その他やむを得ない事情が発生したとき等は、信託を終了さ
せる場合があります。
c.法令・税制・会計等の変更
法令・税制・会計方法等は今後変更される可能性があります。
(2) 投資リスクの管理体制
①
委託会社の運用チームによるリスク管理
委託会社の運用チームにおいて、定期的にパフォーマンスやリスク等の確認を行っています。
②
リスク・クオンツ分析部による運用及びリスクの分析
当該商品の運用分析およびリスク分析は委託会社の「リスク・クオンツ分析部」が行っており
ます。さらに、分析結果について定期的にレビューを行い、委託会社の運用チームへ助言をして
います。
※
上記の内容は、平成21年10月末現在の当ファンドの委託会社であるブラックロック・ジャパン株式会社
における当ファンドの投資リスクの管理体制です。当ファンドの委託会社としての業務は、平成21年12
月2日にブラックロック・ジャパン株式会社との合併によりバークレイズ・グローバル・インベスター
ズ株式会社(新社名:ブラックロック・ジャパン株式会社)に承継されます。
※ 投資リスクの管理体制は、変更となる場合があります。
− 32 −
交付目論見書
ら投資対象ファンドを守るために用いられるものです。このような投資手法を用いた結果、コ
4
手数料等及び税金
(1) 申込手数料
①
申込手数料は、取得申込受付日の翌営業日の基準価額の3.15%(税抜3.00%)を上限として、
販売会社が独自に定めることができます。
交付目論見書
詳細は、販売会社にお問い合わせください。
販売会社につきましては、下記にお問い合わせください。
ブラックロック・ジャパン株式会社
コールセンター
:電話番号 03-4577-9700
(受付時間 営業日の9:00∼17:00。半日営業日は9:00∼正午。)
ホームページアドレス:http://www.blackrock.co.jp
なお、申込手数料には消費税等相当額が含まれています。(以下同じ。)
②
分配金の受取方法により、「一般コース」、「累積投資コース」の2つのコースがあります。
「累積投資コース」を選択した受益者が分配金を再投資する場合は、無手数料とします。
(2) 換金(解約)手数料
①
解約手数料
ありません。
②
信託財産留保額
ありません。
(3) 信託報酬等
①
信託報酬の総額
計算期間を通じて毎日、投資信託財産の純資産総額に年1.8795%(税抜1.79%)の率を乗じて
得た金額とし、委託会社、販売会社、受託会社の間の配分は次の通りとします。
委託会社
受託会社
年0.924%
年0.924%
年0.0315%
(税抜0.88%)
(税抜0.88%)
(税抜0.03%)
投資対象ファンドにかかる報酬相当額は、委託会社の信託報酬より支払われます。
投資信託財産の純資産総額に対して
※
販売会社
②
合計
年1.8795%
(税抜1.79%)
信託報酬の支払時期と支払方法等
信託報酬は、毎計算期末または信託終了のとき投資信託財産中から支弁するものとします。
委託会社および販売会社に対する信託報酬は、ファンドから委託会社に対して支弁されます。
信託報酬の販売会社への配分は、ファンドから委託会社に支弁された後、委託会社より販売会社
に対して支払われます。受託会社の報酬は、ファンドから受託会社に対して支弁されます。
− 33 −
(4) その他の手数料等
①
投資信託財産において一部解約金等の支払資金に不足が生じるときに資金借入れの指図を行っ
た場合、当該借入金の利息は投資信託財産中より支弁します。
投資信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用および受託会社の立替えた立替金
の利息(以下「諸経費」といいます。)は、受益者の負担とし、投資信託財産中から支弁します。
③
下記の諸費用(以下「諸費用」といいます。)は、受益者の負担とし、投資信託財産中から支
弁することができます。
1.受益権の管理事務に関連する費用
2.有価証券届出書、有価証券報告書等法定提出書類の作成、印刷および提出に係る費用
3.目論見書の作成、印刷および交付に係る費用
4.信託約款の作成、印刷および届出に係る費用
5.運用報告書の作成、印刷、交付および提出に係る費用
6.公告に係る費用ならびに信託約款の変更または信託契約の解約に係る事項を記載した書面の
作成、印刷および交付に係る費用
7.この信託の監査人、法律顧問および税務顧問に対する報酬および費用
委託会社は、年0.105%(税抜0.10%)を上限とする、上記の諸費用の金額をあらかじめ合理的
に見積もった上で算出する率を毎日純資産総額に対して乗じて得た額、または上記の諸費用の金
額をあらかじめ合理的に見積もった上で算出する額を、上記の諸費用の支払の合計額とみなして、
ファンドから受領することができます。諸費用および諸費用に係る消費税等相当額は毎計算期末
または信託終了のとき投資信託財産中から支払われるものとします。
④
外貨建資産の保管等に要する費用等は、投資信託財産中より支弁します。
⑤
投資対象ファンドに係る保管報酬および事務処理に要する諸費用が別途投資対象ファンドから
支払われます。
(5) 課税上の取扱い
日本の居住者(法人を含む。)である受益者に対する課税については、以下のような取扱いとな
ります。
①
個別元本方式について
a.追加型株式投資信託について、受益者毎の信託時の受益権の価額等(申込手数料は含まれま
せん。)が当該受益者の元本(「個別元本」といいます。)にあたります。
b.受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加信託
を行うつど当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
− 34 −
交付目論見書
②
c.同一ファンドを複数の販売会社で取得する場合については各販売会社毎に、個別元本の算出
が行われます。また、同一販売会社であっても複数支店等で同一ファンドを取得する場合は当
該支店等毎に個別元本の算出が行われる場合があります。
交付目論見書
d.受益者が特別分配金を受け取った場合、収益分配金発生時にその個別元本から当該特別分配
金を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となります。(「特別分配金」については、
下記「③ 収益分配金の課税について」を参照。)
②
一部解約時および償還時の課税について
a.個人の受益者の場合
一部解約時および償還時の差益(譲渡益)が課税対象となります。
b.法人の受益者の場合
一部解約時および償還時の個別元本超過額が課税対象となります。
③
収益分配金の課税について
追加型株式投資信託の収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いとなる
「特別分配金」(受益者毎の元本の一部払戻しに相当する部分)の区分があります。
受益者が収益分配金を受け取る際、a.当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別
元本と同額の場合または当該受益者の個別元本を上回っている場合には、当該収益分配金の全額
が普通分配金となり、b.当該収益分配金落ち後の基準価額が当該受益者の個別元本を下回って
いる場合には、その下回る部分の額が特別分配金となり、当該収益分配金から当該特別分配金を
控除した額が普通分配金となります。
なお、受益者が特別分配金を受け取った場合、収益分配金発生時にその個別元本から当該特別
分配金を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本とします。
④
個人、法人の課税の取扱いについて
a.個人の受益者に対する課税
(a) 収益分配金の課税について
支払いを受ける収益分配金のうち、課税扱いとなる普通分配金については、配当所得とし
て、平成21年1月1日から平成23年12月31日までの間については、10%(所得税7%、地方税
3%)の軽減税率により、また平成24年1月1日以降については20%(所得税15%、地方税
5%)の税率による源泉徴収が行われます。原則として、申告は不要です。
また、確定申告を行うことにより総合課税(配当控除なし)と申告分離課税(平成23年12
月31日までは10%(所得税7%および地方税3%)、平成24年1月1日以降は20%(所得税
15%および地方税5%))のいずれかを選択することができます。
− 35 −
(b) 一部解約時および償還時の差益の課税について
一部解約時および償還時の差益(解約価額および償還価額から取得費用(申込手数料およ
び当該申込手数料にかかる消費税等相当額を含みます。)を控除した利益)は、譲渡益とし
て課税対象(譲渡所得等)となり、申告分離課税が適用されます。
7%および地方税3%)の軽減税率により、また平成24年1月1日以降については、20%
(所得税15%および地方税5%)の税率が適用されます。
原則として確定申告が必要ですが、特定口座(源泉徴収口座)の利用が可能な場合があり
ます。
一部解約時および償還時に損失(譲渡損)が生じた場合には、確定申告することで、他の
株式等の譲渡益および上場株式等の配当所得の金額(申告分離課税を選択したものに限りま
す。)との損益通算ならびに3年間の繰越控除の対象とすることができます。
また、一部解約時および償還時の差益(譲渡益)については、他の株式等の譲渡損と損益
を相殺することができます。
b.法人の受益者に対する課税
法人の受益者が支払いを受ける収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに一部解
約時および償還時の個別元本超過額については、7%(所得税7%、地方税の源泉徴収はありま
せん。)の税率による源泉徴収が行われます。なお、当ファンドについては、法人税の課税対象
となりますが、益金不算入制度の適用はありません。
※
※
※
平成24年1月1日以降は、上記の7%の税率は、15%(所得税15%、地方税の源泉徴収はありませ
ん。)になります。
なお、税法が改正された場合には、上記の内容が変更になることがあります。
課税上の取扱いの詳細につきましては、税務専門家に確認されることをお勧めいたします。
− 36 −
交付目論見書
その税率は平成21年1月1日から平成23年12月31日までの間については、10%(所得税
5
運用状況
「ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド」
(1) 投資状況
(平成21年4月末現在)
交付目論見書
資産の種類
投資証券
金額(円)
ルクセンブルグ
4,644,341,535
98.37
76,811,672
1.63
4,721,153,207
100.00
その他資産(負債控除後)
合計
(2) 投資資産
①
投資比率(%)
(平成21年4月末現在)
投資有価証券の主要銘柄
順位
銘柄
国/地域
種類
投資口数
簿価単価
(円)
簿価金額
(円)
評価単価
(円)
1
BGF ラテン・アメリカン・フ ルクセン
投資証券
ァンド
ブルグ
916,424.56
4,234.31
3,880,422,451
5,018.07
2
BGF USダラー・ショート・デ
ルクセン
ュレーション・ボンド・ファ
投資証券
ブルグ
ンド
44,303.57
1,008.03
44,659,289
1,030.60
(注1)
(注2)
投資比率は、純資産総額に対する評価金額の比率です。
簿価単価及び評価単価は投資証券の1口当たりの価額です。
種類別投資比率
(注)
②
種類
投資比率(%)
投資証券
98.37
投資比率は、純資産総額に対する評価金額の比率です。
投資不動産物件
該当事項はありません。
③
その他投資資産の主要なもの
該当事項はありません。
− 37 −
評価金額
(円)
投資
比率
(%)
4,598,682,224 97.40
45,659,311
0.97
(3) 運用実績
①
純資産の推移
平成21年4月末現在、同日前1年以内における各月末および各計算期間末の純資産の推移は次
の通りです。
(分配落)
1口当たりの純資産額(円)
(分配付)
(同左)
(分配落)
第1期(平成18年10月2日)
1,497,227,104
第2期(平成19年4月2日)
1,256,837,239
1,416,856,780
1.0996
1.2396
第3期(平成19年10月1日)
3,269,445,699
3,815,181,066
1.1982
1.3982
第4期(平成20年4月1日)
8,687,789,783
8,773,434,381
1.0144
1.0244
第5期(平成20年10月1日)
6,296,020,701
(同左)
0.7383
(同左)
第6期(平成21年4月1日)
3,878,416,672
(同左)
0.4897
(同左)
平成20年4月末現在
9,913,990,093
―
1.1269
―
平成20年5月末現在
11,301,919,103
―
1.2683
―
平成20年6月末現在
10,418,013,143
―
1.1807
―
平成20年7月末現在
9,720,910,557
―
1.1109
―
平成20年8月末現在
9,139,258,232
―
1.0399
―
平成20年9月末現在
6,283,434,845
―
0.7373
―
平成20年10月末現在
3,953,491,019
―
0.4849
―
平成20年11月末現在
3,674,480,339
―
0.4507
―
平成20年12月末現在
3,381,240,279
―
0.4172
―
平成21年1月末現在
3,532,939,918
―
0.4353
―
平成21年2月末現在
3,595,902,461
―
0.4463
―
平成21年3月末現在
3,846,708,993
―
0.4848
―
平成21年4月末現在
4,721,153,207
―
0.5746
―
− 38 −
0.9657
(分配付)
(同左)
交付目論見書
純資産総額(円)
②
分配の推移
1口当たりの分配金(円)
交付目論見書
③
第1期
―
第2期
0.1400
第3期
0.2000
第4期
0.0100
第5期
―
第6期
―
収益率の推移
収益率(%)
(注)
第1期
△3.4
第2期
28.4
第3期
27.2
第4期
△14.5
第5期
△27.2
第6期
△33.7
収益率とは、計算期間末の基準価額(分配付の額)から当該計算期間の直前の計算期間末の基準価額(分配落
の額。以下「前期末基準価額」といいます。)を控除した額を前期末基準価額で除して得た数に100を乗じ
て得た数です。なお、第1期計算期間については、前期末基準価額を10,000円(1万口当たり)として計算
しています。
− 39 −
6
手続等の概要
(1) 申込(販売)手続等
①
申込方法
受益権の取得申込者は、販売会社と有価証券の取引に関する契約を締結します。このため、販
取引口座の設定を申込む旨の申込書を提出します。
分配金の受取方法により、収益の分配時に分配金を受け取る「一般コース」と分配金が税引き
後無手数料で再投資される「累積投資コース」の2つの申込方法があります。取り扱いを行うコ
ースは各販売会社により異なりますので、詳細は販売会社までお問い合わせください。「累積投
資コース」を選択する取得申込者は、当該販売会社との間で「累積投資約款」にしたがって契約
を締結します。
取得申込者は販売会社に、取得申込と同時にまたは予め当該取得申込者が受益権の振替を行う
ための振替機関等の口座を申し出るものとし、当該口座に当該取得申込者に係る口数の増加の記
載または記録が行われます。なお、販売会社は、当該取得申込の代金の支払いと引き換えに、当
該口座に当該取得申込者に係る口数の増加の記載または記録を行うことができます。委託会社は、
追加信託により分割された受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録
をするため社振法に定める事項の振替機関への通知を行うものとします。振替機関等は、委託会
社から振替機関への通知があった場合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座簿への新
たな記載または記録を行います。受託会社は、信託契約締結日に生じた受益権については信託契
約締結時に、追加信託により生じた受益権については追加信託のつど、振替機関の定める方法に
より、振替機関へ当該受益権に係る信託を設定した旨の通知を行います。
②
申込期間
当ファンドの取得申込は、申込期間における販売会社の各営業日に、販売会社の本・支店、営
業所等でお受けしています。なお、申込期間は、有価証券届出書を提出することによって更新さ
れます。
③
受付時間
お申込みの受付は、申込期間中の午後3時(半日立会日は午前11時)までに受付けたものを当日
のお申込みとします。受付時間を過ぎてのお申込みは翌営業日の取扱いとします。受付時間は販
売会社により異なることがあります。詳細は販売会社にお問い合わせください。
販売会社につきましては、下記にお問い合わせください。
ブラックロック・ジャパン株式会社
コールセンター
:電話番号 03-4577-9700
(受付時間 営業日の9:00∼17:00。半日営業日は9:00∼正午。)
ホームページアドレス:http://www.blackrock.co.jp
− 40 −
交付目論見書
売会社は有価証券の取引にかかわる約款を取得申込者に交付し、取得申込者は当該約款に基づく
④
申込不可日
ルクセンブルグ証券取引所、ルクセンブルグの銀行のいずれかの休業日に該当する場合は、販
売会社の営業日であってもお申込みは受付けません。詳細は販売会社にお問い合わせください。
交付目論見書
⑤
申込単位
<一般コース>、<累積投資コース>の2つの方法があります。
分配金の受取方法により、収益の分配時に分配金を受け取る「一般コース」と、分配金が税引
き後、無手数料で再投資される「累積投資コース」の2つの申込方法があります。
取扱いを行うコースおよび申込単位は、各販売会社により異なります。詳細は販売会社にお問
い合わせください。
⑥
申込価額
受益権の申込価額は、取得申込受付日の翌営業日の基準価額とします。なお、申込価額には申
込手数料は含まれておりません。
⑦
申込手数料
a.取得申込受付日の翌営業日の基準価額の3.15%(税抜3.00%)を上限として、販売会社が独自
に定めることができます。
詳細は、販売会社にお問い合わせください。
なお、申込手数料には消費税等相当額が含まれています。
b.累積投資契約に基づく収益分配金の再投資は無手数料となります。
⑧
取得申込の受付の中止、既に受付けた取得申込の受付の取消
金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得
ない事情があるときは、委託会社の判断により、受益権の取得申込の受付を中止することおよび
既に受付けた取得申込の受付を取り消すことがあります。
⑨
取得申込代金のお支払い
ファンドの受益権の取得申込者は、申込の販売会社が定める日までに当ファンドのお申込代金
を申込の販売会社に支払うものとします。
「一般コース」を選択した取得申込者は、申込金額(取得申込受付日の翌営業日の基準価額×取
得申込の口数)に、申込手数料を加算した金額を申込代金として申込の販売会社に支払うものとし
ます。「累積投資コース」を選択した取得申込者は、申込代金を申込の販売会社に支払うものと
します。申込手数料は申込代金から差し引かれます。
− 41 −
(2) 換金(解約)手続等
①
一部解約の申込と受付
受益者は、自己に帰属する受益権について、委託会社に一部解約の実行を請求することができ
ます。
す。一部解約の請求の受付は、午後3時(半日立会日は午前11時)までとなっております。ただし、
受付時間は販売会社によって異なることがあります。詳細は販売会社にお問い合わせください。
②
解約単位
1口以上1口単位
解約単位は各販売会社により異なることがありますので、販売会社にお問い合わせください。
③
解約不可日
ルクセンブルグ証券取引所、ルクセンブルグの銀行のいずれかの休業日に該当する場合は、販
売会社の営業日であっても解約は受付けません。
④
解約の価額
一部解約の価額は、一部解約の実行請求受付日の翌営業日の基準価額とします。なお手取額は、
一部解約の実行請求受付日の翌営業日の基準価額から所得税および地方税を差し引いた金額とな
ります。
当ファンドの解約価額等につきましては販売会社または下記に問い合わせることにより知るこ
とができます。
ブラックロック・ジャパン株式会社
コールセンター
:電話番号 03-4577-9700
(受付時間 営業日の9:00∼17:00。半日営業日は9:00∼正午。)
⑤
解約請求受付の制限
投資信託財産の資金管理を円滑に行うため、大口の一部解約の実行請求には制限があります。
⑥
解約代金の支払い
解約代金は原則として一部解約の実行請求受付日から起算して5営業日目から販売会社におい
てお支払いします。
− 42 −
交付目論見書
受益者が一部解約の請求をするときは、販売会社に対し、振替受益権をもって行うものとしま
⑦
一部解約の実行請求の受付中止および取消
委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止そ
の他やむを得ない事情があるときは、一部解約の実行請求の受付を中止することおよび既に受付
けた一部解約の実行請求の受付を取り消すことができます。一部解約の実行請求の受付が中止さ
交付目論見書
れた場合には、受益者は当該受付中止以前に行った当日の一部解約の実行請求を撤回できます。
ただし、受益者がその一部解約の実行請求を撤回しない場合には、当該受付中止を解除した後の
最初の基準価額の計算日に一部解約の実行請求を受付けたものとします。
− 43 −
7
管理及び運営の概要
(1) 資産の評価
当ファンドにおいて基準価額とは、投資信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券および借
入有価証券を除きます。)を法令および社団法人投資信託協会規則に従って時価評価して得た投資信
受益権総口数で除した金額をいいます。なお、外貨建資産(外国通貨表示の有価証券(「外貨建有価
証券」といいます。)、預金その他の資産をいいます。以下同じ。)の円換算については、原則とし
て、わが国における計算日の対顧客電信売買相場の仲値によって計算します。また、予約為替の評
価は、原則として、わが国における計算日の対顧客先物売買相場の仲値によるものとします。
基準価額(1万口当り)は委託会社の営業日に毎日算出されます。受益者は、販売会社または下記
に問い合わせることにより知ることができます。
また、日々の基準価額(1万口当り)は翌日の日本経済新聞に掲載されております。ファンド名は
「ラテン」と省略されて記載されております。
当ファンドの主たる投資対象の評価方法は以下の通りです。
投資信託証券:金融商品取引所(海外取引所を含む)に上場されているものは、当該取引所におけ
る計算日の最終相場(海外取引所に上場されているものについては、計算日に知り
うる直近の最終相場)で評価します。金融商品取引所に上場されていないものは、
第一種金融商品取引業者、銀行等の提示する価格(原則として、計算日に知りうる
直近の日の純資産価格)で評価します。
ブラックロック・ジャパン株式会社
コールセンター
:電話番号 03-4577-9700
(受付時間 営業日の9:00∼17:00。半日営業日は9:00∼正午。)
ホームページアドレス:http://www.blackrock.co.jp
(2) 保管
該当事項はありません。
(3) 信託期間
この信託の期間は、無期限とします。
(4) 計算期間
計算期間は4月2日から10月1日および10月2日から翌年4月1日までとすることを原則としま
す。計算期間終了日に該当する日が休業日のときは該当日の翌営業日を計算期間の終了日とし、そ
の翌日より次の計算期間が開始されるものとします。
− 44 −
交付目論見書
託財産の資産総額から負債総額を控除した金額(「純資産総額」といいます。)を、計算日における
(5) その他
①
ファンドの償還条件等
a.委託会社は、この信託契約を解約することが受益者のため有利であると認めるとき、または
やむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、この信託契約を解約し、信託を
交付目論見書
終了させることができます。この場合において、委託会社は、あらかじめ、解約しようとする
旨を監督官庁に届け出ます。
b.委託会社は、信託契約の一部が解約されることにより、受益権の口数が30億口を下回ること
となった場合には、受託会社と合意のうえ、この信託契約を解約し信託を終了させることがで
きます。この場合において、委託会社は、あらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届け
出ます。
c.a.およびb.の場合において、委託会社は、この事項について、あらかじめ解約しようと
する旨を公告し、かつ、その旨を記載した書面をこの信託契約に係る知られたる受益者に対し
て交付します。ただし、この信託契約に係る全ての受益者に対して書面を交付したときは、原
則として公告を行いません。
d.c.の公告および書面には、受益者で異議のある者は一定の期間内に委託会社に対して異議
を述べる旨を付記します。なお、一定の期間は一月を下らないものとします。
e.d.の一定の期間内に異議を述べた受益者の受益権の口数が受益権の総口数の二分の一を超
えるときは、a.およびb.の信託契約の解約を行いません。
f.委託会社は、この信託契約の解約をしないこととしたときは、解約しない旨およびその理由
を公告し、かつ、これらの事項を記載した書面を知られたる受益者に対して交付します。ただ
し、全ての受益者に対して書面を交付したときは、原則として、公告を行いません。
g.d.∼f.までの規定は、投資信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じてい
る場合であって、d.の一定の期間が一月を下らずにその公告および書面の交付を行うことが困
難な場合には適用しません。
h.委託会社は、監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたときはその命令に従い、信託
契約を解約し信託を終了させます。
i.委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したとき
は、委託会社はこの信託契約を解約し、信託を終了させます。
− 45 −
j.i.にかかわらず、監督官庁がこの信託契約に関する委託会社の業務を他の投資信託委託会
社に引き継ぐことを命じたときは、この信託は、「②信託約款の変更d.」に該当する場合を
除き、当該投資信託委託会社と受託会社との間において存続します。
任務に背いた場合、その他重要な事由が生じたときは、委託会社または受益者は、裁判所に受
託会社の解任を請求することができます。受託会社が辞任した場合、または裁判所が受託会社
を解任した場合、委託会社は、「②信託約款の変更」の規定にしたがい、新受託会社を選任し
ます。委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社はこの信託契約を解約し、信託
を終了させます。
②
信託約款の変更
a.委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるとき、またはやむを得ない事情が発生したと
きは受託会社と合意の上、この信託約款を変更することができるものとし、あらかじめ、変更
しようとする旨およびその内容を監督官庁に届け出ます。
b.委託会社は、変更事項のうち、その内容が重大なものについて、あらかじめ変更しようとす
る旨およびその内容を公告し、かつ、これらの事項を記載した書面をこの信託約款に係る知ら
れたる受益者に対して交付します。ただし、この信託約款に係る全ての受益者に対して書面を
交付したときは、原則として、公告を行いません。
c.b.の公告および書面には、受益者で異議のある者は一定の期間内に委託会社に対して異議
を述べる旨を付記します。なお、一定の期間は一月を下らないものとします。
d.c.の一定の期間内に異議を述べた受益者の受益権の口数が受益権の総口数の二分の一を超
えるときは、信託約款の変更を行いません。
e.委託会社は、この信託約款の変更を行わないこととしたときは、変更しない旨およびその理
由を公告し、かつ、これらの事項を記載した書面を知られたる受益者に対して交付します。た
だし、全ての受益者に対して書面を交付したときは、原則として、公告を行いません。
f.委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款を変更しようとするときはa.∼e.
の規定にしたがいます。
③
運用報告書の作成
毎期決算後、委託会社が期間中の運用経過のほか投資信託財産の内容、有価証券売買状況など
を記載した「運用報告書」を作成し、お買付けいただいた販売会社からあらかじめお申し出いた
だいたご住所にお届けいたします。
− 46 −
交付目論見書
k.受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がその
④
信託事務の委託
受託会社は、当ファンドにかかる信託事務の処理の一部について日本トラスティ・サービス信
託銀行株式会社と再信託契約を締結し、これを委託することがあります。その場合には、再信託
にかかる契約書類に基づいて所定の事務を行います。
交付目論見書
⑤
関係法人との契約の更改等に関する手続き
「受益権の募集・販売の取扱い等に関する契約」の期間は1年とし、委託会社、販売会社いず
れからも別段の意思表示のないときは、自動的に1年間延長されるものとし、自動延長後の取扱
いについてもこれと同様です。
⑥
公告
委託会社が受益者に対してする公告は日本経済新聞に掲載します。
(6) 受益者の権利等
受益者の有する主な権利は次の通りです。
①
収益分配金受領権
受益者は、委託会社の決定した収益分配金を、持ち分に応じて委託会社から受領する権利を有
します。
<一般コース>
収益分配金は、原則として、当ファンドの毎計算期間終了日から起算して5営業日以内に毎計
算期間の末日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当該収益分配
金にかかる計算期間の末日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。
また、当該収益分配金にかかる計算期間の末日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前の
ため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者としま
す。)にお支払いを開始します。
受益者が収益分配金について支払開始日から5年間その支払いを請求しないときは、その権利
を失い、委託会社が受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属するものとします。
<累積投資コース>
「累積投資契約」に基づいて収益分配金を再投資する受益者に対しては、受託会社が委託会社
の指定する預金口座等に払い込むことにより、原則として毎計算期間終了日の翌営業日に収益分
配金が販売会社に支払われます。この場合、販売会社は、受益者に対し遅滞なく収益分配金の再
投資にかかる受益権の売付けを行います。当該売付けにより増加した受益権は、振替口座簿に記
載または記録されます。
− 47 −
②
償還金受領権
受益者は、委託会社の決定した償還金を、持ち分に応じて委託会社から受領する権利を有しま
す。
償還金は、信託終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として償還日から起算して5
日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に
設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益
権については原則として取得申込者とします。)にお支払いを開始します。なお、当該受益者は、
その口座が開設されている振替機関等に対して委託会社がこの信託の償還をするのと引き換えに、
当該償還に係る受益権の口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当
該振替機関等の口座において当該口数の減少の記載または記録が行われます。
償還金の支払いは、販売会社において行います。
受益者が、償還金について支払開始日から10年間支払いの請求を行わない場合はその権利を失
い、委託会社が受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属するものとします。
③
受益権の一部解約請求権
受益者は、自己に帰属する受益権について、委託会社に一部解約を請求する権利を有します。
一部解約金は、受益者の請求を受けた日から起算して、原則として、5営業日目から受益者に
支払います。
解約の請求を行う受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該受益者の請求
に係るこの信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引き換えに、当該一部解約に係る受益権の
口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座にお
いて当該口数の減少の記載または記録が行われます。
④
反対者の買取請求権
信託契約の解約または信託約款の変更を行う場合において、一定の期間内に委託会社に対して
異議を述べた受益者は、受託会社に対し、自己に帰属する受益権を、投資信託財産をもって買取
るべき旨を請求することができます。
⑤
帳簿書類の閲覧又は謄写の請求権
受益者は、委託会社に対し、その営業時間内に当ファンドの投資信託財産に関する帳簿書類の
閲覧又は謄写を請求することができます。
− 48 −
交付目論見書
営業日以内)に償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還
第2
財務ハイライト情報
以下の情報は、有価証券届出書「第三部
ファンドの詳細情報
第4
ファンドの経理状況」に記載
交付目論見書
されている「財務諸表」から抜粋して記載したものです。
ファンドの「財務諸表」については、監査法人トーマツによる監査証明を受けております。
また、当該監査法人による監査報告書は、有価証券届出書「第三部
ファンドの詳細情報
ァンドの経理状況」に記載されている「財務諸表」に添付されています。
− 49 −
第4
フ
更新日時:10/28/2009 10:01:00 AM
ファイル名:2-9財務1.doc
印刷日時:09/10/28 16:41
ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド
1
貸借対照表
(単位:円)
第6期
(平成 21 年4月1日現在)
資産の部
流動資産
コール・ローン
77,154,936
36,458,370
投資証券
6,213,384,320
3,833,739,565
未収入金
105,435,000
57,356,199
6,395,974,256
3,927,554,134
6,395,974,256
3,927,554,134
派生商品評価勘定
2,603,700
394,400
未払解約金
4,453,207
10,308,036
未払受託者報酬
1,513,061
584,408
未払委託者報酬
88,769,316
34,287,625
その他未払費用
2,614,271
3,562,993
99,953,555
49,137,462
99,953,555
49,137,462
8,527,950,339
7,920,403,955
△2,231,929,638
△4,041,987,283
−
−
6,296,020,701
3,878,416,672
6,395,974,256
3,927,554,134
流動資産合計
資産合計
負債の部
流動負債
流動負債合計
負債合計
純資産の部
元本等
元本
剰余金
期末剰余金又は期末欠損金(△)
(分配準備積立金)
純資産合計
負債純資産合計
− 50 −
交付目論見書
第5期
(平成 20 年 10 月1日現在)
更新日時:10/28/2009 10:01:00 AM
ファイル名:2-10財務2.doc
2
印刷日時:09/10/28 16:41
損益及び剰余金計算書
(単位:円)
交付目論見書
第5期
第6期
(自 平成 20 年4月2日
(自 平成 20 年 10 月2日
至 平成 20 年 10 月1日) 至 平成 21 年4月1日)
営業収益
受取利息
279,329
34,922
△2,890,919,877
△1,646,744,022
574,147,894
△446,015,734
△2,316,492,654
△2,092,724,834
受託者報酬
1,513,061
584,408
委託者報酬
88,769,316
34,287,625
その他費用
2,649,452
3,575,947
92,931,829
38,447,980
営業損失(△)
△2,409,424,483
△2,131,172,814
経常損失(△)
△2,409,424,483
△2,131,172,814
当期純損失(△)
△2,409,424,483
△2,131,172,814
一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解約に
伴う当期純損失金額の分配額(△)
122,971,137
△295,433,532
期首剰余金又は期首欠損金(△)
123,329,953
△2,231,929,638
剰余金増加額又は欠損金減少額
232,952,049
312,439,033
当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
額
232,952,049
−
当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
額
−
312,439,033
55,816,020
286,757,396
当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
額
55,816,020
−
当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
額
−
286,757,396
−
−
△2,231,929,638
△4,041,987,283
有価証券売買等損益
為替差損益
営業収益合計
営業費用
営業費用合計
剰余金減少額又は欠損金増加額
分配金
期末剰余金又は期末欠損金(△)
− 51 −
更新日時:5/26/2009 2:20:00 AM印刷日時:09/10/2816:41
ファイル名:2-11財務3.doc
(重要な会計方針に係る事項に関する注記)
項目
有価証券の評価基準及び
評価方法
第6期
(自 平成20年10月2日
至 平成21年4月1日)
投資証券は移動平均法に基づき、原則
として以下の通り時価評価しておりま
す。
投資証券は移動平均法に基づき、原則
として以下の通り時価評価しておりま
す。
(1) 金融商品取引所に上場されている
有価証券
金融商品取引所に上場されている
有価証券は、原則として当該取引
所における計算日において知りう
る直近の最終相場で評価しており
ます。
(1) 金融商品取引所に上場されている
有価証券
同左
(2) 金融商品取引所に上場されていな
い有価証券
当該有価証券については、原則と
して、金融機関の提示する価額又
は価格情報会社の提供する価額の
いずれかから入手した価額で評価
しております。
(2) 金融商品取引所に上場されていな
い有価証券
同左
2
デリバティブの評価基準
及び評価方法
為替予約取引
個別法に基づき、原則としてわが国
における計算日の対顧客先物売買相
場の仲値で評価しております。
当ファンドにおける派生商品評価勘
定は、当該為替予約取引に係るもの
であります。
為替予約取引
同左
3
外貨建資産・負債の本邦
通貨への換算基準
外貨建資産・負債の円換算については
原則として、わが国における計算日の
対顧客電信売買相場の仲値によって計
算しております。
同左
4
収益及び費用の計上基準
有価証券売買等損益及び為替予約取引
による為替差損益の計上基準
約定日基準で計上しております。
有価証券売買等損益及び為替予約取引に
よる為替差損益の計上基準
同左
− 52 −
交付目論見書
1
第5期
(自 平成20年4月2日
至 平成20年10月1日)
更新日時:5/26/2009 2:20:00 AM印刷日時:09/10/2816:41
ファイル名:2-11財務3.doc
項目
5
交付目論見書
その他財務諸表作成のた
めの基本となる重要な事
項
第5期
(自 平成20年4月2日
至 平成20年10月1日)
外貨建資産等の会計処理
外貨建資産等については、「投資信
託財産の計算に関する規則」(平成
12年総理府令第133号)第60条の規定
に基づき、通貨の種類ごとに勘定を
設けて、邦貨建資産等と区分する方
法を採用しております。従って、外
貨の売買については、同規則第61条
の規定により処理し、為替差損益を
算定しております。
− 53 −
第6期
(自 平成20年10月2日
至 平成21年4月1日)
外貨建資産等の会計処理
同左
第3
1
内国投資信託受益証券事務の概要
受益証券の名義書換え等
交付目論見書
該当事項はありません。
2
受益者名簿の閉鎖の時期
受益者名簿は作成していません。
3
受益者に対する特典
該当事項はありません。
4
内国投資信託受益証券の譲渡制限の内容
ファンド受益証券の譲渡制限は設けておりません。
5
受益証券の再発行
受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名式受益証
券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の請求、受益
証券の再発行の請求を行わないものとします。
6
受益権の譲渡
①
受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記
載または記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
②
①の申請のある場合には、①の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権の口数の
減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または記録
するものとします。ただし、①の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、譲受人
の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含みます。)に社振法の
規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が行われるよう通知
するものとします。
③
①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されて
いる振替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合等にお
いて、委託会社が必要と認めたときまたはやむをえない事情があると判断したときは、振替停止日
や振替停止期間を設けることができます。
7
受益権の譲渡の対抗要件
受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗
することができません。
− 54 −
8
受益権の再分割
委託会社は、受益権の再分割を行いません。ただし、受託会社と協議のうえ、社振法に定めるとこ
ろにしたがい、一定日現在の受益権を均等に再分割できるものとします。
交付目論見書
9
償還金
償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日以前
において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定された
受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原
則として取得申込者とします。)に支払います。なお、当該受益者は、その口座が開設されている振替
機関等に対して委託会社がこの信託の償還をするのと引き換えに、当該償還に係る受益権の口数と同
口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当該口数
の減少の記載または記録が行われます。また、受益証券を保有している受益者に対しては、償還金は、
信託終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日から受益証券と引き換えに当該受益者に支払います。
10
質権口記載または記録の受益権の取り扱いについて
振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払い、
一部解約の実行請求の受付け、一部解約金および償還金の支払い等については、約款の規定によるほ
か、民法その他の法令等にしたがって取り扱われます。
− 55 −
第4
1
ファンドの詳細情報の項目
投資信託説明書(請求目論見書)「ファンドの詳細情報」に記載している事項の項目名は、以下の
交付目論見書
通りです。
第1
ファンドの沿革
第2
手続等
1
申込(販売)手続等
2
換金(解約)手続等
第3
1
管理及び運営
資産管理等の概要
(1) 資産の評価
(2) 保管
(3) 信託期間
(4) 計算期間
(5) その他
2
第4
受益者の権利等
1
ファンドの経理状況
財務諸表
(1) 貸借対照表
(2) 損益及び剰余金計算書
(3) 注記表
(4) 附属明細表
2
第5
2
ファンドの現況
設定及び解約の実績
投資信託説明書(請求目論見書)「ファンドの詳細情報」に記載している事項のうち、金融商品取
引法第15条第2項の規定によりあらかじめまたは同時に交付しなければならない目論見書に記載しよ
うとする事項はありません。
− 56 −
追加型証券投資信託 ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド
− 運用の基本方針 −
交付目論見書
約款第24条の規定に基づき、委託者の定める運用の基本方針は次のものとします。
1.基本方針
この投資信託は、投資信託財産の中長期的な成長を目標に運用を行います。
2.運用方法
(1)投資対象
主としてラテンアメリカ諸国の株式に投資する投資信託証券を主要投資対象とします。副次的な
投資対象として、海外の短期債券等に投資する投資信託証券にも投資を行います。投資信託証券に
は、国内投資信託または外国投資信託の受益証券、投資証券、または外国投資証券が含まれます。
(2)投資態度
①
主として、ラテンアメリカ諸国の株式(同地域において重要な事業展開を行っていると考えられる
同地域以外の企業の株式を含みます。)を主要な投資対象とし、ブラックロック・グループの運用
会社が運用する投資信託証券に投資します。副次的な投資対象として、海外の短期債券等に投資
する投資信託証券にも投資を行います。投資対象とする投資信託証券は別に定めるものとしま
す。
② 各投資信託証券への投資比率は、原則として、市況動向および各投資信託証券の収益性等を勘案して
委託会社が決定します。通常、ラテンアメリカ諸国の株式を主要な投資対象とする投資信託証券への
投資比率を高位に保ちます。
③ 別に定める投資信託証券は、委託者の判断により、変更することがあります。
④ 外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。
⑤ 資金動向、市況動向、残存信託期間等によっては、上記のような運用ができない場合もありま
す。
(3)投資制限
① 投資信託証券および短期金融商品(短期運用の有価証券を含みます。)以外への直接投資は行
いません。
② 投資信託証券への投資割合には制限を設けません。
③ 外貨建資産への投資割合には制限を設けません。
④ 約款および定款等においてファンド・オブ・ファンズにのみ取得される(販売会社および運用会
社が一時取得する場合を含みます。)投資信託証券であることが記載されていない同一銘柄の
投資信託証券への投資割合は投資信託財産の純資産総額の50%以内とします。
3.収益分配方針
年2回の毎決算時(4月1日および10月1日。休業日の場合は翌営業日)に、経費控除後の繰越分
を含めた利子・配当等収益および売買損益(繰越欠損補填後、評価損益を含みます。)等の全額を
分配対象額の範囲として分配を行います。分配金額は、委託者が基準価額水準、市況動向等を勘案
して決定します。留保益の運用については特に制限を設けず、委託者の判断に基づき、元本部分と
同一の運用を行います。
− 57 −
追加型証券投資信託 ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド
約 款
[信託事務の委託]
第2条 受託者は、信託法第26条第1項に基づく信託事務の委任として、信託事務の処理の一部について、
金融機関の信託業務の兼営等に関する法律第1条第1項の規定による信託業務の兼営の認可を受け
た一の金融機関(受託者の利害関係人(金融機関の信託業務の兼営等に関する法律にて準用する信
託業法第29条第2項第1号に規定する利害関係人をいいます。以下この条において同じ。)を含み
ます。)と信託契約を締結し、これを委託することができます。
② 前項における利害関係人に対する業務の委託については、受益者の保護に支障を生じることがない
場合に行なうものとします。
[信託の目的および金額]
第3条 委託者は、金100億円を上限として受益者のために利殖の目的をもって信託し、受託者はこれを引き
受けます。
[信託金の限度額]
第4条 委託者は、受託者と合意のうえ、金5,000億円を限度として信託金を追加することができます。
② 追加信託が行われたときは、受託者は、その引き受けを証する書面を委託者に交付します。
③ 委託者は、受託者と合意のうえ、第1項の限度額を変更することができます。
[信託期間]
第5条 この信託の期間は、信託契約締結日から第46条第1項から第2項、第47条第1項、第48条第1項お
よび第50条第2項による信託契約終了の日までとします。
[受益権の取得申込みの勧誘の種類]
第6条 この信託にかかる受益権の取得申込みの勧誘は、金融商品取引法第2条第3項第1号に掲げる場合
に該当し、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第8項で定める公募により行なわれます
[当初の受益者]
第7条 この信託契約締結当初および追加信託当初の受益者は、委託者の指定する受益権取得申込者とし、
第8条により分割された受益権は、その取得申込口数に応じて、取得申込者に帰属します。
[受益権の分割および再分割]
第8条 委託者は、第3条に規定する信託によって生じた受益権については100億口を上限に、追加信託によ
って生じた受益権については、これを追加信託のつど第9条第1項の追加口数に、それぞれ均等に
分割します。
② 委託者は、受益権の再分割を行ないません。ただし、社債、株式等の振替に関する法律が施行され
た場合には、受託者と協議の上、同法に定めるところにしたがい、一定日現在の受益権を均等に再
分割できるものとします。
[追加信託の価額および口数、基準価額の計算方法]
第9条 追加信託金は、追加信託を行う日の前営業日の基準価額に当該追加信託にかかる受益権の口数を乗
じた額とします。
② この約款において基準価額とは、投資信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券および借入
有価証券を除きます。)を原則として法令および社団法人投資信託協会規則にしたがって時価評価
して得た投資信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額(以下「純資産総額」といいま
す。)を、計算日における受益権総口数で除した金額をいいます。外貨建資産(外国通貨表示の有
価証券(以下「外貨建有価証券」といいます。)、預金その他の資産をいいます。以下同じ。)の
− 58 −
交付目論見書
[信託の種類、委託者および受託者]
第1条 この信託は、証券投資信託であり、ブラックロック・ジャパン株式会社を委託者とし、株式会社りそ
な銀行を受託者とします。
② この信託は、投資信託財産に属する財産についての対抗要件に関する事項を除き、信託法(大正11
年法律第62号)の適用を受けます。
円換算については、原則としてわが国における計算日の対顧客電信売買相場の仲値によって計算し
ます。
③ 第27条に規定する予約為替の評価は、原則として、わが国における計算日の対顧客先物売買相場の
仲値によるものとします。
交付目論見書
[信託日時の異なる受益権の内容]
第10条 この信託の受益権は、信託の日時を異にすることにより差異を生ずることはありません。
[受益権の帰属と受益証券の不発行]
第11条 この信託の受益権は、平成19年1月4日より、社債等の振替に関する法律(政令で定める日以降
「社債、株式等の振替に関する法律」となった場合は読み替えるものとし、「社債、株式等の振替に
関する法律」を含め「社振法」といいます。以下同じ。)の規定の適用を受けることとし、同日以
降に追加信託される受益権の帰属は、委託者があらかじめこの投資信託の受益権を取り扱うことに
ついて同意した一の振替機関(社振法第2条に規定する「振替機関」をいい、以下「振替機関」とい
います。)及び当該振替機関の下位の口座管理機関(社振法第2条に規定する「口座管理機関」をい
い、振替機関を含め、以下「振替機関等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録されるこ
とにより定まります(以下、振替口座簿に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替
受益権」といいます。)。
② 委託者は、この信託の受益権を取り扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を取り消さ
れた場合または当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継する者が存在
しない場合その他やむを得ない事情がある場合を除き、振替受益権を表示する受益証券を発行しま
せん。
なお、受益者は、委託者がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名式受
益証券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の請
求、受益証券の再発行の請求を行なわないものとします。
③ 委託者は、第8条の規定により分割された受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記
載または記録をするため社振法に定める事項の振替機関への通知を行なうものとします。振替機関
等は、委託者から振替機関への通知があった場合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座
簿への新たな記載または記録を行ないます。
④ 委託者は、受益者を代理してこの信託の受益権を振替受入簿に記載または記録を申請することがで
きるものとし、原則としてこの信託の平成18年12月29日現在の全ての受益権(受益権につき、既に
信託契約の一部解約が行なわれたもので、当該一部解約にかかる一部解約金の支払開始日が平成19
年1月4日以降となるものを含みます。)を受益者を代理して平成19年1月4日に振替受入簿に記
載または記録するよう申請します。振替受入簿に記載または記録された受益権にかかる受益証券は
無効となり、当該記載または記録により振替受益権となります。また、委託者は、受益者を代理し
てこの信託の受益権を振替受入簿に記載または記録を申請する場合において、委託者の指定する販
売会社(委託者の指定する金融商品取引法第28条第1項に規定する第一種金融商品取引業を行なう
者または委託者の指定する金融商品取引法第33条の2に規定する登録金融機関をいいます。以下同
じ。)に当該申請の手続きを委任することができます。
[受益権の設定に係る受託者の通知]
第12条 受託者は、追加信託により生じた受益権については追加信託のつど、振替機関の定める方法によ
り、振替機関へ当該受益権に係る信託を設定した旨の通知を行ないます。
[受益権の売却単位および売却価額]
第13条 委託者の指定する販売会社は、第8条の規定により分割される受益権を、その取得申込者に対し、
1口単位をもって取得申込に応じることができるものとします。
② 前項の取得申込者は委託者の指定する販売会社に、取得申込と同時にまたは予め、自己のために開
設されたこの信託の受益権の振替を行なうための振替機関等の口座を示すものとし、当該口座に当
該取得申込者に係る口数の増加の記載または記録が行なわれます。なお、委託者の指定する販売会
社は、当該取得申込の代金(第4項の受益権の価額に当該取得申込の口数を乗じて得た額をいいま
す。)の支払いと引き換えに、当該口座に当該取得申込者に係る口数の増加の記載または記録を行
− 59 −
[受益権の譲渡に係る記載または記録]
第15条 受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載
または記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
② 前項の申請のある場合には、前項の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権の口数
の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または記
録するものとします。ただし、前項の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、譲
受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含みます。)に社
振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が行なわれる
よう通知するものとします。
③ 委託者は、第1項に規定する振替について、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記
録されている振替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場
合等において、委託者が必要と認めるときまたはやむをえない事情があると判断したときは、振替
停止日や振替停止期間を設けることができます。
[受益権の譲渡の対抗要件]
第16条 受益権の譲渡は、前条の規定による振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託者および
受託者に対抗することができません。
第17条 (削除)
第18条 (削除)
第19条 (削除)
第20条 (削除)
[投資の対象とする資産の種類]
第21条 この信託において投資の対象とする資産の種類は、次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資
信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定めるものをいいます。以下同じ。)とします。
イ. 有価証券
ロ. 金銭債権
ハ. 約束手形(手形割引市場において売買される手形に限ります。)
[運用の指図範囲等]
− 60 −
交付目論見書
なうことができます。
③ 第1項の規定にかかわらず、取得申込受付日がルクセンブルグ証券取引所、ルクセンブルグの銀行
のいずれかの休業日に該当する場合は、受益権の取得申込の受付は行いません。ただし、第42条第
2項に規定する収益分配金の再投資にかかる受益権の取得申込については、これを受付けるものと
します。
④ 受益権の売却価額は、取得申込受付日の翌営業日の基準価額に、第5項に規定する手数料ならびに
当該手数料に係る消費税および地方消費税(以下「消費税等」といいます。)に相当する金額を加
算した価額とします。ただし、この信託契約締結日前の取得申込みに係る受益権の売却価額は、1
口につき1円に、手数料および当該手数料に係る消費税等に相当する金額を加算した価額としま
す。
⑤ 前項の手数料の額は基準価額(ただし、信託契約締結日前の取得申込みの場合には、1口につき1
円とします。)の3%を上限とし、委託者の指定する販売会社がそれぞれ別に定めるものとしま
す。
⑥ 前2項の規定にかかわらず、委託者の指定する販売会社との間に結ばれた累積投資約款にしたがっ
て取得申込者が結んだ契約(以下「別に定める契約」といいます。)の規定に基づいて収益分配金
を再投資する場合の売却価額は、原則として第37条に規定する計算期間終了日の基準価額としま
す。
⑦ 第1項および第3項の規定にかかわらず、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の
停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるときは、委託者の判断により、受益権の取得
申込の受付けを中止することおよびすでに受付けた取得申込の受付けを取り消すことができます。
第14条 (削除)
第22条
交付目論見書
委託会社は、信託金を、主として別に定める投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引
法第2条第1項第10号で定めるものをいいます。)および投資証券または外国投資証券(金融商品取
引法第2条第1項第11号で定めるものをいいます。)のほか、次の有価証券(金融商品取引法第2条
第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを
指図します。
1. 国債証券
2. 地方債証券
3. 特別の法律により法人の発行する債券および社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となっ
た新株引受権付社債券の新株引受権証券および短期社債券を除きます。)
4. 短期社債等(社債等の振替に関する法律第66条第1号に規定する短期社債、保険業法第61条の
10第1項に規定する短期社債、資産の流動化に関する法律第2条第8項に規定する特定短期社
債、商工組合中央金庫法第33条ノ2に規定する短期商工債、信用金庫法第54条の4第1項に規
定する短期債および農林中央金庫法第62条の2第1項に規定する短期農林債をいいます。)
5. コマーシャル・ペーパー
6. 外国または外国の者の発行する証券または証書で、前各号の証券または証書の性質を有するも
の
7. 外国法人が発行する譲渡性預金証書
なお、第1号から第4号の証券および第6号の証券および証書のうち第1号から第4号の性質を有
するものを以下「公社債」といい、公社債(第4号、第6号の証券および証書のうち第4号の性質
を有するものを除く)にかかる運用の指図は買い現先取引(売戻し条件付の買い入れ)および債券
貸借取引(現金担保付き債券借入れ)に限り行うことができるものとします。
② 委託者は、この信託の設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託者が運用上必要と認
めるときには、信託金を、前項に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第
2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用す
ることを指図することができます。
1. 預金
2. 指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きま
す。)
3. コール・ローン
4. 手形割引市場において売買される手形
5. 貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
6. 外国の者に対する権利で前号の権利の性質を有するもの
[受託者の自己または利害関係人等との取引]
第23条 受託者は、受益者の保護に支障を生じることがないものであり、かつ信託業法、投資信託及び投資
法人に関する法律ならびに関連法令に反しない場合には、委託者の指図により、受託者および受託
者の利害関係人(金融機関の信託業務の兼営等に関する法律にて準用する信託業法第29条第2項第
1号に規定する利害関係人をいいます。以下この条および第28条において同じ。)、第28条第1項
に定める信託業務の委託先およびその利害関係人または受託者における他の信託財産との間で、第
21条および第22条第1項および第2項に定める資産への投資を、信託業法、投資信託及び投資法人
に関する法律ならびに関連法令に反しない限り行うことができます。
② 前項の取扱いは、第26条、第27条および第32条から第34条までにおける委託者の指図による取引に
ついても同様とします。
[運用の基本方針]
第24条 委託者は、投資信託財産の運用にあたっては、別に定める運用の基本方針にしたがって、その指図
を行います。
[特別の場合の外貨建有価証券への投資制限]
第25条 外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる場
合には、制約されることがあります。
− 61 −
[外国為替予約の指図および範囲]
第27条 委託者は、投資信託財産に属する外貨建資産について当該外貨建資産の為替ヘッジのため、外国為
替の売買の予約取引の指図をすることができます。
[信託業務の委託等]
第28条 受託者は、委託者と協議のうえ、信託業務の一部について、信託業法第22条第1項に定める信託業務
の委託をするときは、以下に掲げる基準のすべてに適合するもの(受託者の利害関係人を含みま
す。)を委託先として選定します。
1.委託先の信用力に照らし、継続的に委託業務の遂行に懸念がないこと
2.委託先の委託業務に係る実績等に照らし、委託業務を確実に処理する能力があると認められるこ
と
3.委託される投資信託財産に属する財産と自己の固有財産その他の財産とを区分する等の管理を
行なう体制が整備されていること
4.内部管理に関する業務を適正に遂行するための体制が整備されていること
② 受託者は、前項に定める委託先の選定にあたっては、当該委託先が前項各号に掲げる基準に適合し
ていることを確認するものとします。
③ 前2項にかかわらず、受託者は、次の各号に掲げる業務(裁量性のないものに限ります。)を、受
託者および委託者が適当と認める者(受託者の利害関係人を含みます。)に委託することができる
ものとします。
1.投資信託財産の保存に係る業務
2.投資信託財産の性質を変えない範囲内において、その利用または改良を目的とする業務
3.委託者のみの指図により投資信託財産の処分およびその他の信託の目的の達成のために必要な
行為に係る業務
4.受託者が行なう業務の遂行にとって補助的な機能を有する行為
第29条 (削除)
[混蔵寄託]
第30条 金融機関または第一種金融商品取引業者等(外国の法令に準拠して設立された法人で第一種金融商
品取引業者に類する者を含みます。以下本条において同じ。)から、売買代金および償還金等につ
いて円貨で約定し円貨で決済する取引により取得した外国において発行された譲渡性預金証書また
はコマーシャル・ペーパーは、当該金融機関または第一種金融商品取引業者等が保管契約を締結し
た保管機関に当該金融機関または第一種金融商品取引業者等の名義で混蔵寄託できるものとしま
す。
[投資信託財産の登記等および記載等の留保等]
第31条 信託の登記または登録をすることができる投資信託財産については、信託の登記または登録をする
こととします。ただし、受託者が認める場合は、信託の登記または登録を留保することがありま
す。
② 前項ただし書きにかかわらず、受益者保護のために委託者または受託者が必要と認めるときは、速
やかに登記または登録をするものとします。
③ 投資信託財産に属する旨の記載または記録をすることができる投資信託財産については、投資信託
− 62 −
交付目論見書
[公社債の借入れ]
第26条 委託者は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れの指図をすることができま
す。なお、当該公社債の借入れを行なうにあたり担保の提供が必要と認めた時は、担保の提供の指
図を行なうものとします。
② 前項の指図は、当該借入れにかかる公社債の時価総額が投資信託財産の純資産総額の範囲内としま
す。
③ 投資信託財産の一部解約等の事由により、前項の借入れにかかる公社債の時価総額が投資信託財産
の純資産総額を超えることとなった場合には、委託者は速やかに、その超える額に相当する借入れ
た公社債の一部を返還するための指図をするものとします。
④ 第1項の借入れにかかる品借料は投資信託財産中から支弁します。
交付目論見書
財産に属する旨の記載または記録をするとともに、その計算を明らかにする方法により分別して管
理するものとします。ただし、受託者が認める場合は、その計算を明らかにする方法により分別し
て管理することがあります。
④ 動産(金銭を除きます。)については、外形上区別することができる方法によるほか、その計算を
明らかにする方法により分別して管理することがあります。
[有価証券売却等の指図]
第32条 委託者は、投資信託財産に属する有価証券の売却等の指図ができます。
[再投資の指図]
第33条 委託者は、前条の規定による売却代金、有価証券に係る償還金等、有価証券等に係る利子等、その
他の収入金を再投資することの指図ができます。
[資金の借入れ]
第34条 委託者は、投資信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、一部解約に伴う支払
資金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)を目
的として、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金借入れ(コー
ル市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価
証券等の運用は行わないものとします。
② 一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から投資信
託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払開始日か
ら投資信託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約代金支払
開始日から投資信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業日以内である
場合の当該期間とし、資金借入額は当該有価証券等の売却または解約代金および有価証券等の償還
金の合計額を限度とします。
ただし、資金の借入額は、借入れ指図を行う日における投資信託財産の純資産総額の10%を超えな
いこととします。
③ 収益分配金の再投資にかかる借入期間は投資信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌営
業日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
④ 借入金の利息は投資信託財産中より支弁します。
[損益の帰属]
第35条 委託者の指図に基づく行為により投資信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属し
ます。
[受託者による資金の立替え]
第36条 投資信託財産に属する有価証券について、借替がある場合で、委託者の申し出があるときは、受託
者は資金の立替えをすることができます。
② 投資信託財産に属する有価証券に係る償還金等、有価証券等に係る利子等およびその他の未収入金
で、信託終了日までにその金額を見積りうるものがあるときは、受託者がこれを立替えて投資信託
財産に繰り入れることができます。
③ 前2項の立替金の決済および利息については、受託者と委託者との協議によりそのつど別にこれを
定めます。
[信託の計算期間]
第37条 この信託の計算期間は、毎年4月2日から10月1日および10月2日から翌年4月1日までとするこ
とを原則とします。ただし、第1計算期間は、平成18年4月26日から平成18年10月2日までとし、
第2計算期間の開始日は平成18年10月3日とします。
② 前項にかかわらず、前項の原則により各計算期間終了日に該当する日(以下「該当日」といいま
す。)が休業日のとき、各計算期間終了日は該当日の翌営業日とし、その翌日より次の計算期間が
開始されるものとします。
[投資信託財産に関する報告]
第38条 受託者は、毎計算期末に損益計算を行い、投資信託財産に関する報告書を作成して、これを委託者
− 63 −
に提出します。
② 受託者は、信託終了のときに最終計算を行い、投資信託財産に関する報告書を作成して、これを委
託者に提出します。
[信託報酬等の総額]
第40条 委託者および受託者の信託報酬の総額は、第37条に規定する計算期間を通じて毎日、投資信託財産
の純資産総額に年10,000分の179の率を乗じて得た額とします。
② 前項の報酬額は、毎計算期末または信託終了のとき投資信託財産中から支弁するものとし、委託者
と受託者との間の配分は別に定めます。
③ 第1項の信託報酬に係る消費税等に相当する金額を信託報酬支弁のときに投資信託財産中から支弁
します。
[収益の分配方式]
第41条 投資信託財産から生じる毎計算期末における利益は、次の方法により処理します。
1. 利子、配当金およびこれらに類する収益から支払利息を控除した額(以下「配当等収
益」といいます。)は、諸経費、諸費用および当該諸費用に係る消費税等に相当する金
額、信託報酬および当該信託報酬にかかる消費税等に相当する金額をを控除した後、そ
の残額を受益者に分配することができます。なお、次期以降の分配にあてるため、その
一部を分配準備積立金として積み立てることができます。
2. 売買損益に評価損益を加減した利益金額(以下「売買益」といいます。)は、諸経費、諸費用
および当該諸費用に係る消費税等に相当する金額ならびに信託報酬および当該信託報酬に係る
消費税等に相当する金額を控除し、繰越欠損金のあるときは、その全額を売買益をもって補て
んした後、受益者に分配することができます。なお、次期以降の分配に充てるため、分配準備
積立金として積み立てることができます。
② 毎計算期末において、投資信託財産につき生じた損失は、次期に繰り越します。
[収益分配金、償還金および一部解約金の支払い]
第42条 収益分配金は、毎計算期間の終了日後1ヵ月以内の委託者の指定する日から、毎計算期間の末日に
− 64 −
交付目論見書
[信託事務の諸経費および諸費用]
第39条 投資信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用および受託者の立替えた立替金の利息
(以下「諸経費」といいます。)は、受益者の負担とし、投資信託財産中から支弁します。
② 前項の諸経費に加え、以下の諸費用(以下「諸費用」といいます)および当該諸費用に係る消費税
等に相当する金額は、受益者の負担とし、投資信託財産中から支弁することができます。
1. 受益権の管理事務に関連する費用
2. 有価証券届出書、有価証券報告書等法定書類の作成、印刷および提出に係る費用
3. 目論見書の作成、印刷および交付に係る費用
4. 信託約款の作成、印刷および届出に係る費用
5. 運用報告書の作成、印刷、交付および提出に係る費用
6. 公告に係る費用ならびに信託約款の変更または信託契約の解約に係る事項を記載した書面の作
成、印刷および交付に係る費用
7. この信託の監査人、法律顧問および税務顧問に対する報酬および費用
③ 委託者は、前項に定める諸費用の支払を投資信託財産のために行い、支払金額の支弁を投資信託財
産から受けることができます。また、委託者は、実際に支払う金額の支弁を受ける代りに、かかる
諸費用の金額をあらかじめ合理的に見積もった上で、上限を付して実際または予想される費用の額
を固定率または固定金額にて投資信託財産からその支弁を受けることができます。
④ 前項において諸費用の上限、固定率または固定金額を定める場合、委託者は、投資信託財産の規模
等を考慮して、信託の期中に、かかる上限、固定率または固定金額を変更することができます。
⑤ 前2項において諸費用の固定率または固定金額を定める場合、かかる諸費用の額は、第37条に規定
する計算期間を通じて毎日、投資信託財産の純資産総額に応じて計上されます。かかる諸費用およ
び当該諸費用に係る消費税等に相当する金額は、毎計算期末または信託終了のとき投資信託財産中
から支弁します。
交付目論見書
②
③
④
⑤
⑥
おいて振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当該収益分配金にかかる計算
期間の末日以前において一部解約が行なわれた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該収益
分配金にかかる計算期間の末日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため委託者の指定
する販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者としま
す。)に支払います。なお、平成19年1月4日以降においても、第44条に規定する時効前の収益分
配金にかかる収益分配金交付票は、なおその効力を有するものとし、当該収益分配金交付票と引き
換えに受益者に支払います。
前項の規定にかかわらず、別に定める契約に基づいて収益分配金を再投資する受益者に対しては、
受託者が委託者の指定する預金口座等に払い込むことにより、原則として、毎計算期間終了日の翌
日に、収益分配金が委託者の指定する販売会社に交付されます。この場合、委託者の指定する販売
会社は、受益者に対し遅滞なく収益分配金の再投資にかかる受益権の売付を行います。当該売付に
より増加した受益権は、第11条第3項の規定にしたがい、振替口座簿に記載または記録されます。
償還金(信託終了時における投資信託財産の純資産総額を受益権口数で除した額をいいます。以下
同じ。)は、信託終了日後1ヵ月以内の委託者の指定する日から、信託終了日において振替機関等
の振替口座簿に記載または記録されている受益者(信託終了日以前において一部解約が行なわれた
受益権にかかる受益者を除きます。また、当該信託終了日以前に設定された受益権で取得申込代金
支払前のため委託者の指定する販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則
として取得申込者とします。)に支払います。なお、当該受益者は、その口座が開設されている振
替機関等に対して委託者がこの信託の償還をするのと引き換えに、当該償還に係る受益権の口数と
同口数の抹消の申請を行なうものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当
該口数の減少の記載または記録が行なわれます。また、受益証券を保有している受益者に対して
は、償還金は、信託終了日後1ヵ月以内の委託者の指定する日から受益証券と引き換えに当該受益
者に支払います。
一部解約金は、受益者の請求を受付けた日から起算して、原則として、5営業日目から当該受益者
に支払います。
前各項(第2項を除きます。)に規定する収益分配金、償還金および一部解約金の支払いは、委託
者の指定する販売会社の営業所等において行うものとします。
収益分配金、償還金および一部解約金にかかる収益調整金は、原則として、各受益者毎の信託時の
受益権の価額等に応じて計算されるものとします。
[収益分配金、償還金および一部解約金の払い込みと支払いに関する受託者の免責]
第43条 受託者は、収益分配金については第42条第1項に規定する支払開始日および第2項に規定する交付
開始前までに、償還金については第42条第3項に規定する支払開始日までに、一部解約金について
は第42条第4項に規定する支払日までに、その全額を委託者の指定する預金口座等に払い込みま
す。
② 受託者は、前項の規定により委託者の指定する預金口座等に収益分配金、償還金および一部解約金
を払い込んだ後は、受益者に対する支払いにつき、その責に任じません。
[収益分配金および償還金の時効]
第44条 受益者が、収益分配金については第42条第1項に規定する支払開始日から5年間その支払いを請求
しないとき、ならびに信託終了による償還金については第42条第3項に規定する支払開始日から10
年間その支払いを請求しないときは、その権利を失い、受託者から交付を受けた金銭は、委託者に
帰属します。
[信託の一部解約]
第45条 受益者は自己に帰属する受益権につき、委託者に1口単位をもって一部解約の実行の請求をするこ
とができます。
② 前項にかかわらず、委託者は、一部解約の実行の請求受付日がルクセンブルグ証券取引所、ルクセ
ンブルグの銀行のいずれかの休業日に該当する場合には、一部解約の実行の請求の受付は行いませ
ん。
③ 委託者は、第1項の一部解約の実行の請求を受付けた場合には、受託者に申し出て、この信託契約
− 65 −
⑥
⑦
⑧
[質権口記載又は記録の受益権の取り扱い]
第45条の2 振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支
払い、一部解約の実行の請求の受付け、一部解約金および償還金の支払い等については、この約款
によるほか、民法その他の法令等にしたがって取り扱われます。
[信託契約の解約]
第46条 委託者は、信託期間中において、この信託契約を解約することが受益者のため有利であると認める
とき、またはやむを得ない事情が発生したときは、受託者と合意のうえ、この信託契約を解約し、
信託を終了させることができます。この場合において、委託者は、あらかじめ、解約しようとする
旨を監督官庁に届け出ます。
② 委託者は、信託契約の一部を解約することにより、受益権の口数が30億口を下回ることとなった場
合には、受託者と合意のうえ、この信託契約を解約し信託を終了させることができます。この場合
において、委託者は、あらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届け出ます。
③ 委託者は、前2項の事項について、あらかじめ、解約しようとする旨を公告し、かつ、その旨を記
載した書面をこの信託契約に係る知られたる受益者に対して交付します。ただし、この信託契約に
係る全ての受益者に対して書面を交付したときは、原則として、公告を行いません。
④ 前項の公告および書面には、受益者で異議のある者は一定の期間内に委託者に対して異議を述べる
べき旨を付記します。なお、一定の期間は一月を下らないものとします。
⑤ 前項の一定の期間内に異議を述べた受益者の受益権の口数が受益権の総口数の二分の一を超えると
きは、第1項および第2項の信託契約の解約をしません。
⑥ 委託者は、この信託契約の解約をしないこととしたときは、解約しない旨およびその理由を公告
し、かつ、これらの事項を記載した書面を知られたる受益者に対して交付します。ただし、全ての
受益者に対して書面を交付したときは、原則として、公告を行いません。
⑦ 第4項から前項までの規定は、投資信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている
場合であって、第4項の一定の期間が一月を下らずにその公告および書面の交付を行うことが困難
な場合には適用しません。
[信託契約に関する監督官庁の命令]
第47条 委託者は、監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたがい、信託契
− 66 −
交付目論見書
④
⑤
の一部を解約するものとします。なお、第1項の一部解約の実行の請求を行なう受益者は、その口
座が開設されている振替機関等に対して当該受益者の請求に係るこの信託契約の一部解約を委託者
が行なうのと引き換えに、当該一部解約に係る受益権の口数と同口数の抹消の申請を行なうものと
し、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当該口数の減少の記載または記録が行
なわれます。
前項の一部解約の価額は、一部解約の実行の請求の受付日の翌営業日の基準価額とします。
委託者が第3項に規定する一部解約の実行を受託者に対して申し出た場合には、受託者は、前項の
一部解約の価額に解約された受益権の口数を乗じて得た金額を委託者に交付します。
平成19年1月4日以降の信託契約の一部解約に係る一部解約の実行の請求を受益者がするときは、
委託者の指定する販売会社に対し、振替受益権をもって行なうものとします。ただし、平成19年1月
4日以降に一部解約金が受益者に支払われることとなる一部解約の実行の請求で、平成19年1月4日
前に行なわれる当該請求については、振替受益権となることが確実な受益証券をもって行なうもの
とします。
委託者は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他や
むを得ない事情があるときは、第1項による一部解約の実行の請求の受付けを中止することおよび
すでに受付けた一部解約の実行の請求の受付けを取り消すことができます
前項により、一部解約の実行の請求の受付けが中止された場合には、受益者は当該受付け中止以前
に行った当日の一部解約の実行の請求を撤回できます。ただし、受益者がその一部解約の実行の請
求を撤回しない場合には、当該受益権の一部解約の価額は、当該受付け中止を解除した後の最初の
基準価額の計算日に一部解約の実行の請求を受付けたものとし、第4項の規定に準じて計算された
価額とします。
約を解約し信託を終了させます。
② 委託者は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款を変更しようとするときは、第51条の規定にし
たがいます。
交付目論見書
[委託者の登録取消等に伴う取扱い]
第48条 委託者が、監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したときは、委
託者はこの信託契約を解約し信託を終了させます。
② 前項の規定にかかわらず、監督官庁がこの信託契約に関する委託者の業務を他の投資信託委託会社
に引き継ぐことを命じたときは、この信託は、第51条第4項に該当する場合を除き、当該投資信託
委託会社と受託者との間において存続します。
[委託者の事業の譲渡および承継に伴う取扱い]
第49条 委託者は、事業の全部又は一部を譲渡することがあり、これに伴い、この信託契約に関する事業を
譲渡することがあります。
② 委託者は、分割により事業の全部又は一部を承継させることがあり、これに伴い、この信託契約に
関する事業を承継させることがあります。
[受託者の辞任および解任に伴う取扱い]
第50条 受託者は、委託者の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託者がその任務に背いた
場合、その他重要な事由が生じたときは、委託者または受益者は、裁判所に受託者の解任を請求す
ることができます。受託者が辞任した場合、または裁判所が受託者を解任した場合、委託者は、第
51条の規定にしたがい、新受託者を選任します。
② 委託者が新受託者を選任できないときは、委託者はこの信託契約を解約し、信託を終了させます。
[信託約款の変更]
第51条 委託者は、受益者の利益のため必要と認めるとき、またはやむを得ない事情が発生したときは、受
託者と合意のうえ、この信託約款を変更することができるものとし、あらかじめ、変更しようとす
る旨およびその内容を監督官庁に届け出ます。
② 委託者は、前項の変更事項のうち、その内容が重大なものについて、あらかじめ、変更しようとす
る旨およびその内容を公告し、かつ、これらの事項を記載した書面をこの信託約款に係る知られた
る受益者に対して交付します。ただし、この信託約款に係る全ての受益者に対して書面を交付した
ときは、原則として、公告を行いません。
③ 前項の公告および書面には、受益者で異議のある者は一定の期間内に委託者に対して異議を述べる
べき旨を付記します。なお、一定の期間は一月を下らないものとします。
④ 前項の一定の期間内に異議を述べた受益者の受益権の口数が受益権の総口数の二分の一を超えると
きは、第1項の信託約款の変更をしません。
⑤ 委託者は、当該信託約款の変更をしないこととしたときは、変更しない旨およびその理由を公告
し、かつ、これらの事項を記載した書面を知られたる受益者に対して交付します。ただし、全ての
受益者に対して書面を交付したときは、原則として、公告を行いません。
[反対者の買取請求権]
第52条 第46条に規定する信託契約の解約または前条に規定する信託約款の変更を行う場合において、第46
条第4項または前条第3項の一定の期間内に委託者に対して異議を述べた受益者は、受託者に対
し、自己に帰属する受益権を、投資信託財産をもって買取るべき旨を請求することができます。
[公告]
第53条 委託者が受益者に対してする公告は、日本経済新聞に掲載します。
[信託約款に関する疑義の取扱い]
第54条 この信託約款の解釈について疑義を生じたときは、委託者と受託者との協議により定めます。
(附則)
第1条 第42条第6項に規定する「収益調整金」は、所得税法施行令第27条の規定によるものとし、各受益
者毎の信託時の受益権の価額と元本との差額をいい、原則として、追加信託のつど当該口数により
− 67 −
第2条
上記条項によりこの信託契約を締結します。
信託契約締結日 平成18年4月26日
委託者 東京都千代田区丸の内一丁目8番3号
ブラックロック・ジャパン株式会社
受託者
大阪府大阪市中央区備後町二丁目2番1号
株式会社りそな銀行
付表
1.約款第22条第1項に規定する「別に定める投資信託または外国投資信託の受益証券および投資証券ま
たは外国投資証券」とは、次のものをいいます。
ルクセンブルグ籍証券投資法人(米ドル建) ブラックロック・グローバル・ファンズ ラテン・アメリカ
ン・ファンド クラスJ投資証券
ルクセンブルグ籍証券投資法人(米ドル建) ブラックロック・グローバル・ファンズ USダラー・ショ
ート・デュレーション・ボンド・ファンド クラスX投資証
券
− 68 −
交付目論見書
加重平均され、収益分配のつど調整されるものとします。また、同条同項に規定する「各受益者毎
の信託時の受益権の価額等」とは、原則として、各受益者毎の信託時の受益権の価額をいい、追加
信託のつど当該口数により加重平均され、収益分配のつど調整されるものとします。
平成18年12月29日現在の信託約款第11条、第12条、第14条から第20条の規定および受益権と読み替え
られた受益証券に関する規定は、委託者がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合に
は、なおその効力を有するものとします。
ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド
追加型投信/海外/株式
※課税上は株式投資信託として取扱われます。
投資信託説明書(請求目論見書)
2009.12
※本書は金融商品取引法第 13 条の規定に基づく目論見書です。
請求目論見書
1.ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド(以下「当ファンド」または「ファンド」
といいます。
)の募集については、委託会社は、金融商品取引法(昭和23年法第25号)第5
条の規定により有価証券届出書を平成21年11月16日に関東財務局長に提出しており、平成
21年12月2日にその届出の効力が生じております。
2.当ファンドの基準価額は、同ファンドに組入れられている有価証券等の値動きの他、為替
変動による影響を受けますが、これらの運用による損益はすべて投資家の皆様に帰属いた
します。元金が保証されているものではありません。
3.当ファンドは、預貯金や保険契約とは異なり、預金保険機構および保険契約者保護機構の
保護の対象ではありません。また販売会社が登録金融機関の場合、投資者保護基金の対象
にはなりません。
【金融商品の販売等に関する法律に係る重要事項】
当ファンドは、主に投資信託証券への投資を通じて株式を投資対象としますので、組入株式の価格下
落や、組入株式の発行会社の倒産や財務状況の悪化等の影響により、基準価額が下落し、損失を被る
ことがあります。また、為替の変動により損失を被ることがあります。
発
行
者
名
ブラックロック・ジャパン株式会社
代表者の役職氏名
代表取締役社長
ロス・ケー・ヒキダ
本店の所在の場所
東京都千代田区丸の内一丁目8番3号
有価証券届出書の写し
を縦覧に供する場所
該当事項はありません。
請求目論見書
投資信託説明書(請求目論見書)
目
次
頁
ファンドの詳細情報・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1
第1 ファンドの沿革・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1
第2 手続等・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1
1 申込(販売)手続等・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1
2 換金(解約)手続等・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3
第3 管理及び運営・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5
1 資産管理等の概要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5
2 受益者の権利等・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
8
第4 ファンドの経理状況・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10
1 財務諸表・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
13
2 ファンドの現況・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
58
第5 設定及び解約の実績・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
59
請求目論見書
(注)本書において文中および表中の数字は四捨五入された数値として表示されている場合があり、従って合
計として表示された数字はかかる数値の総和と必ずしも一致するとは限りません。
ファンドの詳細情報
第1
ファンドの沿革
平成18年4月26日
信託契約締結、ファンドの設定日、運用開始
平成18年10月1日
ファンド名称を「メリルリンチ・ラテンアメリカ株式ファンド」から「ブラック
ロック・ラテンアメリカ株式ファンド」に変更
平成19年1月4日
投資信託振替制度への移行
平成21年12月2日
ファンドの委託会社としての業務をブラックロック・ジャパン株式会社からバー
クレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社(新社名:ブラックロック・
ジャパン株式会社)に承継(予定)
第2
1
手続等
申込(販売)手続等
(1) 申込方法
受益権の取得申込者は、販売会社と有価証券の取引に関する契約を締結します。このため、販売
会社は有価証券の取引にかかわる約款を取得申込者に交付し、取得申込者は当該約款に基づく取引
口座の設定を申込む旨の申込書を提出します。
分配金の受取方法により、収益の分配時に分配金を受け取る「一般コース」と分配金が税引き後
無手数料で再投資される「累積投資コース」の2つの申込方法があります。取り扱いを行うコース
は各販売会社により異なりますので、詳細は販売会社までお問い合わせください。
「累積投資コース」を選択する取得申込者は、当該販売会社との間で「累積投資約款」にした
がって契約を締結します。
請求目論見書
取得申込者は販売会社に、取得申込と同時にまたは予め当該取得申込者が受益権の振替を行うた
めの振替機関等の口座を申し出るものとし、当該口座に当該取得申込者に係る口数の増加の記載ま
たは記録が行われます。なお、販売会社は、当該取得申込の代金の支払いと引き換えに、当該口座
に当該取得申込者に係る口数の増加の記載または記録を行うことができます。委託会社は、追加信
託により分割された受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするた
め社振法に定める事項の振替機関への通知を行うものとします。振替機関等は、委託会社から振替
機関への通知があった場合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載また
は記録を行います。受託会社は、信託契約締結日に生じた受益権については信託契約締結時に、追
加信託により生じた受益権については追加信託のつど、振替機関の定める方法により、振替機関へ
当該受益権に係る信託を設定した旨の通知を行います。
− 1 −
(2) 申込期間
当ファンドの取得申込は、申込期間における販売会社の各営業日に、販売会社の本・支店、営業
所等でお受けしています。なお、申込期間は、有価証券届出書を提出することによって更新されま
す。
(3) 受付時間
お申込みの受付は、申込期間中の午後3時(半日立会日は午前11時)までに受付けたものを当日
のお申込みとします。受付時間を過ぎてのお申込みは翌営業日の取扱いとします。受付時間は販売
会社により異なることがあります。詳細は販売会社にお問い合わせください。
販売会社につきましては、下記にお問い合わせください。
ブラックロック・ジャパン株式会社
コールセンター
:電話番号 03-4577-9700
(受付時間 営業日の9:00∼17:00。半日営業日は9:00∼正午。)
ホームページアドレス:http://www.blackrock.co.jp
(4) 申込不可日
ルクセンブルグ証券取引所、ルクセンブルグの銀行のいずれかの休業日に該当する場合は、販売
会社の営業日であってもお申込みは受付けません。詳細は販売会社にお問い合わせください。
(5) 申込単位
<一般コース>、<累積投資コース>の2つの方法があります。
分配金の受取方法により、収益の分配時に分配金を受け取る「一般コース」と、分配金が税引き
後、無手数料で再投資される「累積投資コース」の2つの申込方法があります。
取扱いを行うコースおよび申込単位は、各販売会社により異なります。詳細は販売会社にお問い
合わせください。
(6) 申込価額
手数料は含まれておりません。
(7) 申込手数料
a.取得申込受付日の翌営業日の基準価額の3.15%(税抜3.00%)を上限として、販売会社が独自
に定めることができます。
詳細は、販売会社にお問い合わせください。
なお、申込手数料には消費税等相当額が含まれています。
b.累積投資契約に基づく収益分配金の再投資は無手数料となります。
− 2 −
請求目論見書
受益権の申込価額は、取得申込受付日の翌営業日の基準価額とします。なお、申込価額には申込
(8) 取得申込の受付の中止、既に受付けた取得申込の受付の取消
金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得な
い事情があるときは、委託会社の判断により、受益権の取得申込の受付を中止することおよび既に
受付けた取得申込の受付を取り消すことがあります。
(9) 取得申込代金のお支払い
ファンドの受益権の取得申込者は、申込の販売会社が定める日までに当ファンドのお申込代金を
申込の販売会社に支払うものとします。
「一般コース」を選択した取得申込者は、申込金額(取得申込受付日の翌営業日の基準価額×取
得申込の口数)に、申込手数料を加算した金額を申込代金として申込の販売会社に支払うものとし
ます。「累積投資コース」を選択した取得申込者は、申込代金を申込の販売会社に支払うものとし
ます。申込手数料は申込代金から差し引かれます。
2
換金(解約)手続等
(1) 一部解約の申込と受付
受益者は、自己に帰属する受益権について、委託会社に一部解約の実行を請求することができま
す。
受益者が一部解約の請求をするときは、販売会社に対し、振替受益権をもって行うものとします。
一部解約の請求の受付は、午後3時(半日立会日は午前11時)までとなっております。ただし、受
付時間は販売会社によって異なることがあります。詳細は販売会社にお問い合わせください。
(2) 解約単位
1口以上1口単位
解約単位は各販売会社により異なることがありますので、販売会社にお問い合わせください。
(3) 解約不可日
ルクセンブルグ証券取引所、ルクセンブルグの銀行のいずれかの休業日に該当する場合は、販売
請求目論見書
会社の営業日であっても解約は受付けません。
(4) 解約の価額
一部解約の価額は、一部解約の実行請求受付日の翌営業日の基準価額とします。なお手取額は、
一部解約の実行請求受付日の翌営業日の基準価額から所得税および地方税を差し引いた金額となり
ます。
− 3 −
当ファンドの解約価額等につきましては販売会社または下記に問い合わせることにより知ること
ができます。
ブラックロック・ジャパン株式会社
コールセンター
:電話番号 03-4577-9700
(受付時間 営業日の9:00∼17:00。半日営業日は9:00∼正午。)
(5) 解約請求受付の制限
投資信託財産の資金管理を円滑に行うため、大口の一部解約の実行請求には制限があります。
(6) 解約代金の支払い
解約代金は原則として一部解約の実行請求受付日から起算して5営業日目から販売会社において
お支払いします。
(7) 一部解約の実行請求の受付中止および取消
委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その
他やむを得ない事情があるときは、一部解約の実行請求の受付を中止することおよび既に受付けた
一部解約の実行請求の受付を取り消すことができます。一部解約の実行請求の受付が中止された場
合には、受益者は当該受付中止以前に行った当日の一部解約の実行請求を撤回できます。ただし、
受益者がその一部解約の実行請求を撤回しない場合には、当該受付中止を解除した後の最初の基準
価額の計算日に一部解約の実行請求を受付けたものとします。
請求目論見書
− 4 −
第3
1
管理及び運営
資産管理等の概要
(1) 資産の評価
当ファンドにおいて基準価額とは、投資信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券および
借入有価証券を除きます。)を法令および社団法人投資信託協会規則に従って時価評価して得た投
資信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額(「純資産総額」といいます。)を、計算日に
おける受益権総口数で除した金額をいいます。なお、外貨建資産(外国通貨表示の有価証券(「外
貨建有価証券」といいます。)、預金その他の資産をいいます。以下同じ。)の円換算については、
原則として、わが国における計算日の対顧客電信売買相場の仲値によって計算します。また、予約
為替の評価は、原則として、わが国における計算日の対顧客先物売買相場の仲値によるものとしま
す。
基準価額(1万口当り)は委託会社の営業日に毎日算出されます。受益者は、販売会社または下
記に問い合わせることにより知ることができます。
また、日々の基準価額(1万口当り)は翌日の日本経済新聞に掲載されております。ファンド名
は「ラテン」と省略されて記載されております。
当ファンドの主たる投資対象の評価方法は以下の通りです。
投資信託証券:金融商品取引所(海外取引所を含む)に上場されているものは、当該取引所にお
ける計算日の最終相場(海外取引所に上場されているものについては、計算日に
知りうる直近の最終相場)で評価します。金融商品取引所に上場されていないも
のは、第一種金融商品取引業者、銀行等の提示する価格(原則として、計算日に知
りうる直近の日の純資産価格)で評価します。
ブラックロック・ジャパン株式会社
コールセンター
:電話番号 03-4577-9700
(受付時間 営業日の9:00∼17:00。半日営業日は9:00∼正午。)
請求目論見書
ホームページアドレス:http://www.blackrock.co.jp
(2) 保管
該当事項はありません。
(3) 信託期間
この信託の期間は、無制限とします。
− 5 −
(4) 計算期間
計算期間は4月2日から10月1日および10月2日から翌年4月1日までとすることを原則としま
す。計算期間終了日に該当する日が休業日のときは該当日の翌営業日を計算期間の終了日とし、そ
の翌日より次の計算期間が開始されるものとします。
(5) その他
①
ファンドの償還条件等
a.委託会社は、この信託契約を解約することが受益者のため有利であると認めるとき、または
やむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、この信託契約を解約し、信託を
終了させることができます。この場合において、委託会社は、あらかじめ、解約しようとする
旨を監督官庁に届け出ます。
b.委託会社は、信託契約の一部が解約されることにより、受益権の口数が30億口を下回ること
となった場合には、受託会社と合意のうえ、この信託契約を解約し信託を終了させることがで
きます。この場合において、委託会社は、あらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届け
出ます。
c.a.およびb.の場合において、委託会社は、この事項について、あらかじめ解約しようと
する旨を公告し、かつ、その旨を記載した書面をこの信託契約に係る知られたる受益者に対し
て交付します。ただし、この信託契約に係る全ての受益者に対して書面を交付したときは、原
則として公告を行いません。
d.c.の公告および書面には、受益者で異議のある者は一定の期間内に委託会社に対して異議
を述べる旨を付記します。なお、一定の期間は一月を下らないものとします。
e.d.の一定の期間内に異議を述べた受益者の受益権の口数が受益権の総口数の二分の一を超
えるときは、a.およびb.の信託契約の解約を行いません。
を公告し、かつ、これらの事項を記載した書面を知られたる受益者に対して交付します。ただ
し、全ての受益者に対して書面を交付したときは、原則として、公告を行いません。
g.d.∼f.までの規定は、投資信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じてい
る場合であって、d.の一定の期間が一月を下らずにその公告および書面の交付を行うことが
困難な場合には適用しません。
− 6 −
請求目論見書
f.委託会社は、この信託契約の解約をしないこととしたときは、解約しない旨およびその理由
h.委託会社は、監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたときはその命令に従い、信託
契約を解約し信託を終了させます。
i.委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したとき
は、委託会社はこの信託契約を解約し、信託を終了させます。
j.i.にかかわらず、監督官庁がこの信託契約に関する委託会社の業務を他の投資信託委託会
社に引き継ぐことを命じたときは、この信託は、「②信託約款の変更d.」に該当する場合を
除き、当該投資信託委託会社と受託会社との間において存続します。
k.受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がその
任務に背いた場合、その他重要な事由が生じたときは、委託会社または受益者は、裁判所に受
託会社の解任を請求することができます。受託会社が辞任した場合、または裁判所が受託会社
を解任した場合、委託会社は、「②信託約款の変更」の規定にしたがい、新受託会社を選任し
ます。委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社はこの信託契約を解約し、信託
を終了させます。
②
信託約款の変更
a.委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるとき、またはやむを得ない事情が発生したと
きは受託会社と合意の上、この信託約款を変更することができるものとし、あらかじめ、変更
しようとする旨およびその内容を監督官庁に届け出ます。
b.委託会社は、変更事項のうち、その内容が重大なものについて、あらかじめ変更しようとす
る旨およびその内容を公告し、かつ、これらの事項を記載した書面をこの信託約款に係る知ら
れたる受益者に対して交付します。ただし、この信託約款に係る全ての受益者に対して書面を
交付したときは、原則として、公告を行いません。
請求目論見書
c.b.の公告および書面には、受益者で異議のある者は一定の期間内に委託会社に対して異議
を述べる旨を付記します。なお、一定の期間は一月を下らないものとします。
d.c.の一定の期間内に異議を述べた受益者の受益権の口数が受益権の総口数の二分の一を超
えるときは、信託約款の変更を行いません。
e.委託会社は、この信託約款の変更を行わないこととしたときは、変更しない旨およびその理
由を公告し、かつ、これらの事項を記載した書面を知られたる受益者に対して交付します。た
だし、全ての受益者に対して書面を交付したときは、原則として、公告を行いません。
− 7 −
f.委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款を変更しようとするときはa.∼e.
の規定にしたがいます。
③
運用報告書の作成
毎期決算後、委託会社が期間中の運用経過のほか投資信託財産の内容、有価証券売買状況など
を記載した「運用報告書」を作成し、お買付けいただいた販売会社からあらかじめお申し出いた
だいたご住所にお届けいたします。
④
信託事務の委託
受託会社は、当ファンドにかかる信託事務の処理の一部について日本トラスティ・サービス信
託銀行株式会社と再信託契約を締結し、これを委託することがあります。その場合には、再信託
にかかる契約書類に基づいて所定の事務を行います。
⑤
関係法人との契約の更改等に関する手続き
「受益権の募集・販売の取扱い等に関する契約」の期間は1年とし、委託会社、販売会社いず
れからも別段の意思表示のないときは、自動的に1年間延長されるものとし、自動延長後の取扱
いについてもこれと同様です。
⑥
公告
委託会社が受益者に対してする公告は日本経済新聞に掲載します。
2
受益者の権利等
受益者の有する主な権利は次の通りです。
(1) 収益分配金受領権
受益者は、委託会社の決定した収益分配金を、持ち分に応じて委託会社から受領する権利を有し
ます。
<一般コース>
期間の末日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当該収益分配金
にかかる計算期間の末日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、
当該収益分配金にかかる計算期間の末日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売
会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)にお
支払いを開始します。
受益者が収益分配金について支払開始日から5年間その支払いを請求しないときは、その権利を
失い、委託会社が受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属するものとします。
− 8 −
請求目論見書
収益分配金は、原則として、当ファンドの毎計算期間終了日から起算して5営業日以内に毎計算
<累積投資コース>
「累積投資契約」に基づいて収益分配金を再投資する受益者に対しては、受託会社が委託会社の
指定する預金口座等に払い込むことにより、原則として毎計算期間終了日の翌営業日に収益分配金
が販売会社に支払われます。この場合、販売会社は、受益者に対し遅滞なく収益分配金の再投資に
かかる受益権の売付けを行います。当該売付けにより増加した受益権は、振替口座簿に記載または
記録されます。
(2) 償還金受領権
受益者は、委託会社の決定した償還金を、持ち分に応じて委託会社から受領する権利を有します。
償還金は、信託終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として償還日から起算して5
営業日以内)に償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還
日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設
定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権に
ついては原則として取得申込者とします。)にお支払いを開始します。なお、当該受益者は、その
口座が開設されている振替機関等に対して委託会社がこの信託の償還をするのと引き換えに、当該
償還に係る受益権の口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替
機関等の口座において当該口数の減少の記載または記録が行われます。
償還金の支払いは、販売会社において行います。
受益者が、償還金について支払開始日から10年間支払いの請求を行わない場合はその権利を失い、
委託会社が受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属するものとします。
(3) 受益権の一部解約請求権
受益者は、自己に帰属する受益権について、委託会社に一部解約を請求する権利を有します。
一部解約金は、受益者の請求を受けた日から起算して、原則として、5営業日目から受益者に支
払います。
解約の請求を行う受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該受益者の請求に
係るこの信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引き換えに、当該一部解約に係る受益権の口数
と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当
請求目論見書
該口数の減少の記載または記録が行われます。
(4) 反対者の買取請求権
信託契約の解約または信託約款の変更を行う場合において、一定の期間内に委託会社に対して異
議を述べた受益者は、受託会社に対し、自己に帰属する受益権を、投資信託財産をもって買取るべ
き旨を請求することができます。
(5) 帳簿書類の閲覧又は謄写の請求権
受益者は、委託会社に対し、その営業時間内に当ファンドの投資信託財産に関する帳簿書類の閲
覧又は謄写を請求することができます。
− 9 −
更新日時:10/28/2009 10:05:00 AM印刷日時:09/10/2816:33
ファイル名:3-3ファンドの経理.doc
第4
ファンドの経理状況
(1) 当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵
省令第59号)及び同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年
総理府令第133号)に基づいて作成しております。
なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
(2) 当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第5期計算期間(平成20年4月
2日から平成20年10月1日まで)及び第6期計算期間(平成20年10月2日から平成21年4月1日ま
で)の財務諸表について、監査法人トーマツによる監査を受けております。
請求目論見書
− 10 −
− 12 −
1
財務諸表
ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド
(1) 貸借対照表
(単位:円)
第5期
(平成 20 年 10 月1日現在)
第6期
(平成 21 年4月1日現在)
資産の部
流動資産
コール・ローン
77,154,936
36,458,370
投資証券
6,213,384,320
3,833,739,565
未収入金
105,435,000
57,356,199
6,395,974,256
3,927,554,134
6,395,974,256
3,927,554,134
派生商品評価勘定
2,603,700
394,400
未払解約金
4,453,207
10,308,036
未払受託者報酬
1,513,061
584,408
未払委託者報酬
88,769,316
34,287,625
その他未払費用
2,614,271
3,562,993
99,953,555
49,137,462
99,953,555
49,137,462
8,527,950,339
7,920,403,955
△2,231,929,638
△4,041,987,283
−
−
6,296,020,701
3,878,416,672
6,395,974,256
3,927,554,134
流動資産合計
資産合計
負債の部
流動負債
流動負債合計
負債合計
純資産の部
元本等
元本
請求目論見書
剰余金
期末剰余金又は期末欠損金(△)
(分配準備積立金)
純資産合計
負債純資産合計
− 13 −
(2) 損益及び剰余金計算書
(単位:円)
第5期
第6期
(自 平成 20 年4月2日
(自 平成 20 年 10 月2日
至 平成 20 年 10 月1日) 至 平成 21 年4月1日)
営業収益
受取利息
279,329
34,922
△2,890,919,877
△1,646,744,022
574,147,894
△446,015,734
△2,316,492,654
△2,092,724,834
受託者報酬
1,513,061
584,408
委託者報酬
88,769,316
34,287,625
その他費用
2,649,452
3,575,947
92,931,829
38,447,980
営業損失(△)
△2,409,424,483
△2,131,172,814
経常損失(△)
△2,409,424,483
△2,131,172,814
当期純損失(△)
△2,409,424,483
△2,131,172,814
一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解約に
伴う当期純損失金額の分配額(△)
122,971,137
△295,433,532
期首剰余金又は期首欠損金(△)
123,329,953
△2,231,929,638
剰余金増加額又は欠損金減少額
232,952,049
312,439,033
当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
額
232,952,049
−
当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
額
−
312,439,033
55,816,020
286,757,396
当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
額
55,816,020
−
当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
額
−
286,757,396
−
−
△2,231,929,638
△4,041,987,283
有価証券売買等損益
為替差損益
営業収益合計
営業費用
営業費用合計
分配金
期末剰余金又は期末欠損金(△)
− 14 −
請求目論見書
剰余金減少額又は欠損金増加額
更新日時:10/28/2009 10:04:00 AM印刷日時:09/10/2816:34
ファイル名:3-6財務3.doc
(3) 注記表
(重要な会計方針に係る事項に関する注記)
項目
1
有価証券の評価基準及び
評価方法
第5期
(自 平成20年4月2日
至 平成20年10月1日)
第6期
(自 平成20年10月2日
至 平成21年4月1日)
投資証券は移動平均法に基づき、原則
として以下の通り時価評価しておりま
す。
投資証券は移動平均法に基づき、原則
として以下の通り時価評価しておりま
す。
(1) 金融商品取引所に上場されている
有価証券
金融商品取引所に上場されている
有価証券は、原則として当該取引
所における計算日において知りう
る直近の最終相場で評価しており
ます。
(1) 金融商品取引所に上場されている
有価証券
同左
(2) 金融商品取引所に上場されていな
い有価証券
当該有価証券については、原則と
して、金融機関の提示する価額又
は価格情報会社の提供する価額の
いずれかから入手した価額で評価
しております。
(2) 金融商品取引所に上場されていな
い有価証券
同左
請求目論見書
2
デリバティブの評価基準
及び評価方法
為替予約取引
個別法に基づき、原則としてわが国
における計算日の対顧客先物売買相
場の仲値で評価しております。
当ファンドにおける派生商品評価勘
定は、当該為替予約取引に係るもの
であります。
為替予約取引
同左
3
外貨建資産・負債の本邦
通貨への換算基準
外貨建資産・負債の円換算については
原則として、わが国における計算日の
対顧客電信売買相場の仲値によって計
算しております。
同左
4
収益及び費用の計上基準
有価証券売買等損益及び為替予約取引
による為替差損益の計上基準
約定日基準で計上しております。
有価証券売買等損益及び為替予約取引に
よる為替差損益の計上基準
同左
− 15 −
更新日時:10/28/2009 10:04:00 AM印刷日時:09/10/2816:34
ファイル名:3-6財務3.doc
第5期
(自 平成20年4月2日
至 平成20年10月1日)
項目
5
その他財務諸表作成のた
めの基本となる重要な事
項
外貨建資産等の会計処理
外貨建資産等については、「投資信
託財産の計算に関する規則」(平成
12年総理府令第133号)第60条の規定
に基づき、通貨の種類ごとに勘定を
設けて、邦貨建資産等と区分する方
法を採用しております。従って、外
貨の売買については、同規則第61条
の規定により処理し、為替差損益を
算定しております。
第6期
(自 平成20年10月2日
至 平成21年4月1日)
外貨建資産等の会計処理
同左
(貸借対照表に関する注記)
項目
1
当該計算期間の末日にお
ける受益権総数
2
投資信託財産の計算に関
する規則第55条の6第10
号に規定する額
3
第5期
(平成20年10月1日現在)
第6期
(平成21年4月1日現在)
8,527,950,339口
元本の欠損
7,920,403,955口
元本の欠損
2,231,929,638円
4,041,987,283円
0.7383円
0.4897円
1口当たり純資産額
請求目論見書
− 16 −
更新日時:10/28/2009 10:04:00 AM印刷日時:09/10/2816:34
ファイル名:3-6財務3.doc
(損益及び剰余金計算書に関する注記)
項目
第5期
(自 平成20年4月2日
至 平成20年10月1日)
第6期
(自 平成20年10月2日
至 平成21年4月1日)
1
分配金の計算過程
第5期計算期末における、費用控除後
の配当等収益(0円)、費用控除後の有
価 証 券 売 買 等 損益(△2,532,395,620
円)、収益調整金(有価証券売買等損益
相当額)(1,521,313,439円)、収益調整
金(その他収益調整金)(63,013円)、分
配準備積立金(0円)により、分配対象
収益は63,013円となり、当期は分配が
できませんでした。
第6期計算期末における、費用控除後
の配当等収益(0円)、費用控除後の有
価証券売買等 損益(△1,835,739,282
円)、収益調整金(有価証券売買等損益
相当額)(1,048,523,434円)、収益調整
金(その他収益調整金)(58,526円)、分
配準備積立金(0円)により、分配対象
収益は58,526円となり、当期は分配が
できませんでした。
2
剰余金増加額・減少額及
び欠損金減少額・増加額
当期追加信託に伴う剰余金増加額及び
当期一部解約に伴う剰余金減少額は、
それぞれ剰余金減少額と増加額との純
額を表示しております。
当期一部解約に伴う欠損金減少額及び
当期追加信託に伴う欠損金増加額は、
それぞれ欠損金増加額と減少額との純
額を表示しております。
(税効果会計に関する注記)
第5期
(自 平成20年4月2日
至 平成20年10月1日)
該当事項はありません。
第6期
(自 平成20年10月2日
至 平成21年4月1日)
同左
(関連当事者との取引に関する注記)
第6期
(自 平成20年10月2日
至 平成21年4月1日)
第5期
(自 平成20年4月2日
至 平成20年10月1日)
該当事項はありません。
同左
(重要な後発事象に関する注記)
請求目論見書
第6期
(自 平成20年10月2日
至 平成21年4月1日)
第5期
(自 平成20年4月2日
至 平成20年10月1日)
該当事項はありません。
同左
− 17 −
更新日時:10/28/2009 10:04:00 AM印刷日時:09/10/2816:34
ファイル名:3-6財務3.doc
(その他の注記)
1
本報告書における開示対象ファンドの当該計算期間における元本額の変動
項目
第5期
(平成20年10月1日現在)
第6期
(平成21年4月1日現在)
期首元本額
8,564,459,830円
8,527,950,339円
期中追加設定元本額
1,777,486,921円
557,610,720円
期中一部解約元本額
1,813,996,412円
1,165,157,104円
2
有価証券関係
第5期(平成20年10月1日現在)
売買目的有価証券
種類
貸借対照表計上額(円)
当計算期間の損益に
含まれた評価差額(円)
投資証券
6,213,384,320
△2,827,296,397
種類
貸借対照表計上額(円)
当計算期間の損益に
含まれた評価差額(円)
投資証券
3,833,739,565
△1,499,008,729
第6期(平成21年4月1日現在)
売買目的有価証券
請求目論見書
− 18 −
更新日時:10/28/2009 10:04:00 AM印刷日時:09/10/2816:34
ファイル名:3-6財務3.doc
3
デリバティブ取引関係
①
取引の状況に関する事項
第6期
(自 平成20年10月2日
至 平成21年4月1日)
第5期
(自 平成20年4月2日
至 平成20年10月1日)
1
取引の内容
当ファンドの利用しているデリバティブ取引は、
為替予約取引であります。
1
取引の内容
同左
取引に対する取組方針と利用目的
当ファンドは、外貨建有価証券の売買の決済等に
伴い必要となる外貨の売買の為に、その受渡日ま
での数日間の 為替予約を利 用しておりま す。な
お、当ファンドは外貨建資産の為替変動リスクを
低減する目的及び投機を目的とする為替予約は行
わない方針であります。
3 取引に係るリスクの内容
為替予約取引等に係る主要なリスクは、為替相場
の変動による価格変動リスク及び取引相手の信用
状況の変化により損失が発生する信用リスクであ
ります。
4 取引に係るリスクの管理体制
取引の管理については、取引限度額等を定めた投
資信託約款に従い、資金担当部門が決裁担当者の
承認を得て行っております。また、取引の相手先
については、定めたリスク管理の方針と手続きに
従って担当部門が取引を行っており、リスク管理
担当部門が管理しております。
2
取引に対する取組方針と利用目的
同左
3
取引に係るリスクの内容
同左
4
取引に係るリスクの管理体制
同左
2
5
取引の時価等に関する事項についての補足説明
5
取引の時価に関する事項についての契約額等は、あ
くまでもデリバティブ取引における名目的な契約額
であり、当該金額自体がデリバティブ取引のリスク
の大きさを示すものではありません。
請求目論見書
− 19 −
取引の時価等に関する事項についての補足説明
同左
更新日時:10/28/2009 10:04:00 AM印刷日時:09/10/2816:34
ファイル名:3-6財務3.doc
②
取引の時価等に関する事項
通貨関連
第5期(平成20年10月1日現在)
区分
種類
契約額等(円)
契約額等のうち
1年超(円)
102,811,500
―
105,415,200
△2,603,700
102,811,500
―
105,415,200
△2,603,700
時価(円)
評価損益(円)
為替予約取引
市場取引以外の取引
売建
米ドル
合計
第6期(平成21年4月1日現在)
種類
区分
契約額等(円)
契約額等のうち
1年超(円)
56,956,000
―
57,350,400
△394,400
56,956,000
―
57,350,400
△394,400
時価(円)
評価損益(円)
為替予約取引
市場取引以外の取引
売建
米ドル
合計
(注)
− 20 −
請求目論見書
時価の算定方法
為替予約取引
1 計算日に対顧客先物相場の仲値が発表されている外貨については、以下のように評価しております。
①計算日において為替予約の受渡日(以下「当該日」という)の対顧客先物相場が発表されている場合
は、当該為替予約は当該仲値で評価しております。
②計算日において当該日の対顧客先物相場が発表されていない場合は、以下の方法によっております。
・計算日に当該日を超える対顧客先物相場が発表されている場合には、発表されている先物相場の
うち当該日に最も近い前後二つの先物相場の仲値をもとに計算したレートを用いております。
・計算日に当該日を超える対顧客先物相場が発表されていない場合には、当該日に最も近い発表さ
れている対顧客先物相場の仲値を用いております。
2 計算日に対顧客先物相場の仲値が発表されていない外貨については、計算日の対顧客相場の仲値で
評価しております。
更新日時:10/28/2009 10:04:00 AM印刷日時:09/10/2816:34
ファイル名:3-7財務4.doc
(4) 附属明細表
第1
有価証券明細表
(1) 株式
該当事項はありません。
(2) 株式以外の有価証券
種類
銘柄
投資口数
評価額
組入比率
(%)
米ドル
投資証券
BGF ラテン・アメリカン・ファンド
投資証券
BGF USダラー・ショート・デュレーション・
ボンド・ファンド
893,719.12
38,420,984.96
33,696.05
346,732.35
(邦貨換算)
(3,833,739,565)
米ドル合計(2銘柄)
927,415.17
(邦貨換算合計)
38,767,717.31
(3,833,739,565)
合計(2銘柄)
(注)
927,415.17
3,833,739,565
組入比率は、組入投資証券時価総額に対する通貨別の当該資産の時価合計額の比率です。
第2
信用取引契約残高明細表
該当事項はありません。
第3
100.0
デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表
当該事項はデリバティブ取引関係の注記事項として記載しております。
請求目論見書
− 21 −
100.0
備考
更新日時:10/28/2009 10:04:00 AM印刷日時:09/10/2816:34
ファイル名:3-7財務4.doc
(参考情報)
当ファンドは、「ブラックロック・グローバル・ファンズ
ラテン・アメリカン・ファンド
クラスJ投資証券」及び「ブラックロック・グローバル・ファンズ
USダラー・ショート・デ
ュレーション・ボンド・ファンド クラスX投資証券」(以下、両者を併せて「同ファンド」とい
う。)を主要投資対象としており、貸借対照表の資産の部に計上された投資証券は、すべて同ファ
ンドの投資証券であります。同ファンドの状況は以下のとおりであります。
なお、以下に記載した情報は監査意見の対象外です。
同ファンドの状況
(1) 同ファンドは、ルクセンブルグにおいて設立されたオープンエンド型投資法人が発行するフ
ァンドであり、同ファンドの現時点で日本語に翻訳された直近の情報は、2008年8月31日に終
了する計算期間(2007年9月1日から2008年8月31日まで)に係る財務諸表であります。
(2) 当該財務諸表は、同ファンドを含む「ブラックロック・グローバル・ファンズ」の2008年8
月31日現在の財務諸表のうち、同ファンドにかかる部分を、委託会社において抜粋し、その原
文を翻訳したものです。なお、財務諸表に含まれる「投資明細表」の銘柄については原文通り
英語表記で行っております。
請求目論見書
− 22 −
ブラックロック・グローバル・ファンズ
純資産計算書
2008年8月31日現在
ファンド名
注記
ラテン・
アメリカン・
ファンド
(米ドル)
USダラー・
ショート・
デュレーショ
ン・ボンド・
ファンド
(米ドル)
4,690,500,475
108,320,921
資産
有価証券ポートフォリオ−取得原価
未実現利益/(損失)
667,102,320
(9,603,979)
有価証券ポートフォリオ−時価
2(a)
5,357,602,795
98,716,942
銀行預金
2(a)
24,248,573
1,986,212
未収利息および未収配当金
2(a)
19,823,119
467,539
投資売却未収金
2(a)
−
5,232,338
引受投資証券未収金
2(a)
18,557,021
135,727
先物契約
2(c)
−
226,017
スワップ取引
2(c)
−
57,750
未実現利益:
買建オプション/スワップションの時価
その他の資産
2(c)
−
12,163
2(a,c)
54,894
15,119
5,420,286,402
106,849,807
資産合計
負債
銀行に対する債務
−
8,953
未払収益分配金
2(a)
82,451
40,428
投資購入未払金
2(a)
−
8,676,756
未払投資証券償還金
2(a)
12,094,616
44,281
売建オプション/スワップションの時価
2(c)
−
45,217
その他の負債
負債合計
純資産合計
注記は、当財務書類の不可分の一部である。
請求目論見書
− 23 −
9,649,235
169,679
21,826,302
8,985,314
5,398,460,100
97,864,493
ブラックロック・グローバル・ファンズ
損益および純資産変動計算書
2007年9月1日から2008年8月31日までの期間
ファンド名
注記
期首純資産
5,689,548,227
177,090,103
1,050,992
−
−
150,018,024
180,086
151,249,102
203,253
7,686,904
4,655
−
2
7,894,814
583,474
−
15,599,996
1,842,347
3,141,436
3,386,023
109,293,424
−
133,846,700
17,402,402
187,582
10,577
277,436
24,931
561,981
60,306
902,813
(78,656)
1,946,970
5,947,844
2(a)
2(c)
2(c)
2(c)
2(e)
1,179,330,886
−
505,158
−
63,085
(8,359,209)
1,171,539,920
(3,167,543)
(1,261,243)
259,386
125,170
(5,108)
35,027
(4,014,311)
2(a)
2(c)
2(c)
2(c)
2(e)
(928,064,145)
−
−
−
−
(123,153)
(928,187,298)
260,755,024
(5,407,007)
768,762
(9,597)
237,756
96
2,489
(4,407,501)
(2,473,968)
5,494,392,413
(6,046,153,113)
(551,760,700)
(82,451)
5,398,460,100
88,759,496
(165,106,860)
(76,347,364)
(404,278)
97,864,493
2(b)
5
6
4
7
4
5
13
注記は、当財務書類の不可分の一部である。
− 24 −
USダラー・
ショート・デュ
レーション・ボン
ド・ファンド
(米ドル)
請求目論見書
収益
銀行利息
債券利息
スワップ利息
配当金
有価証券貸付
収益合計
費用
銀行利息
スワップ利息
管理報酬
保管および預託報酬
販売報酬
ルクセンブルグ年次税
投資運用報酬
控除:管理報酬補助金
費用合計
投資純利益
実現利益/(損失)純額:
投資
先物契約
オプション契約
スワップ取引
先物外国為替予約
その他の取引に係る外国通貨
当期実現利益/(損失)純額
未実現利益/(損失)の純変動額:
投資
先物契約
オプション契約
スワップ取引
先物外国為替予約
その他の取引に係る外国通貨
当期未実現損失の純変動額
営業による純資産の増加/(減少)
元本の変動
投資証券発行による正味受取額
投資証券買戻しによる正味支払額
元本の変動による純資産の減少
支払分配金
期末純資産
ラテン・
アメリカン・
ファンド
(米ドル)
ブラックロック・グローバル・ファンズ
発行済投資証券口数変動計算書
2008年8月31日現在
ラテン・
アメリカン・
ファンド
USダラー・
ショート・デュ
レーション・ボ
ンド・ファンド
期首発行済投資証券口数
発行投資証券口数
買戻し投資証券口数
−
−
−
146,202
210,037
(223,950)
期末発行済投資証券口数
クラスA毎月分配型投資証券
期首発行済投資証券口数
発行投資証券口数
買戻し投資証券口数
−
132,289
−
−
−
41,703
52,104
(49,286)
期末発行済投資証券口数
クラスA無分配型投資証券
期首発行済投資証券口数
発行投資証券口数
買戻し投資証券口数
−
44,521
ファンド名
クラスA毎日分配型投資証券
68,882,792
56,057,253
(63,489,869)
61,450,176
期末発行済投資証券口数
クラスA英国販売会社ステータス投資証券
期首発行済投資証券口数
発行投資証券口数
買戻し投資証券口数
期末発行済投資証券口数
クラスB毎日分配型投資証券
期首発行済投資証券口数
発行投資証券口数
買戻し投資証券口数
308,154
338,014
(392,820)
253,348
期末発行済投資証券口数
クラスB無分配型投資証券
期首発行済投資証券口数
発行投資証券口数
買戻し投資証券口数
909,804
70,145
(472,942)
−
507,007
請求目論見書
(249,993)
405,511
期末発行済投資証券口数
クラスC無分配型投資証券
期首発行済投資証券口数
発行投資証券口数
買戻し投資証券口数
335,125
622,157
(233,557)
−
723,725
970,717
− 25 −
2,285,907
604,419
(1,592,351)
1,297,975
−
−
−
889,279
1,519,458
(1,438,020)
期末発行済投資証券口数
(続く)
−
−
−
−
−
−
−
453,655
201,849
期末発行済投資証券口数
クラスC毎日分配型投資証券
期首発行済投資証券口数
発行投資証券口数
買戻し投資証券口数
6,845,751
3,818,355
(7,465,233)
3,198,873
3,076,958
768,284
(2,757,307)
1,087,935
ラテン・
アメリカン・
ファンド
ファンド名
クラスD無分配型投資証券
期首発行済投資証券口数
発行投資証券口数
買戻し投資証券口数
期末発行済投資証券口数
クラスE無分配型投資証券
期首発行済投資証券口数
発行投資証券口数
買戻し投資証券口数
648,144
328,371
(522,562)
453,953
4,256,049
3,413,802
(3,904,487)
3,765,364
期末発行済投資証券口数
クラスJ無分配型投資証券
期首発行済投資証券口数
発行投資証券口数
買戻し投資証券口数
期末発行済投資証券口数
クラスQ無分配型投資証券
期首発行済投資証券口数
発行投資証券口数
買戻し投資証券口数
期末発行済投資証券口数
クラスX無分配型投資証券
期首発行済投資証券口数
発行投資証券口数
買戻し投資証券口数
期末発行済投資証券口数
USダラー・
ショート・デュ
レーション・ボ
ンド・ファンド
−
−
−
−
2,327,949
1,902,216
(2,239,336)
1,990,829
359,306
1,163,722
(525,568)
997,460
−
−
−
−
192,069
3,540
(24,397)
171,212
−
−
−
−
−
−
−
422,644
140,439
(103,552)
−
459,531
注記は、当財務書類の不可分の一部である。
請求目論見書
− 26 −
ブラックロック・グローバル・ファンズ
ラテン・アメリカン・ファンド
投資明細表
2008年8月31日現在
公認証券取引所上場譲渡可能有価証券またはその他の規制市場で取引される譲渡可能有価証券
保有数
銘柄
時価
純資産比率
(米ドル)
(%)
普通株式、優先株式およびワラント
785,000
請求目論見書
2,640,000
4,807,400
1,460,000
3,730,000
13,765,000
2,160,000
12,000,000
8,950,211
11,600,000
18,873
3,984,000
520,000
1,110,000
735,065
1,595,000
1,430,000
20,590,000
4,360,000
1,353,000
1,035,000
1,170,000
1,360,000
1,360,000
13,077
1,100,000
954,000
1,780,000
2,965,000
1,500,000
2,845,000
2,995,000
バミューダ諸島
Credicorp
ブラジル
Acucar Guarani
Agra Empreendimentos Imobiliarios
All America Latina Logistica (Unit)
Amil Participacoes
Banco Bradesco ADR
Banco Industrial e Comercial (Pref)
Banco Itau Holding Financeira ADR
BM&F - Bovespa
Bradespar (Pref)
Brasil Telecom (Pref)
Cia de Bebidas das Americas ADR
Cia de Concessoes Rodoviarias
Cia de Saneamento de Minas Gerais-COPASA
Cia Energetica de Minas Gerais (Pref)
Cia Energetica de Minas Gerais ADR
Cia Energetica de Sao Paulo 'B' (Pref)
Cia Vale do Rio Doce ADR
Cyrela Brazil Realty
Datasul
Diagnosticos da America
Duratex (Pref)
EDP – Energias do Brasil
Empresa Brasileira de Aeronautica (Embraer)
ADR
Empresa Nacional de Comercio Redito e
Participacoes (Pref)
Equatorial Energia
Gafisa
Global Village Telecom Holding
Hypermarcas
Localiza Rent A CAR
Log-in Logistica Intermodal
Lojas Renner
(続く)
− 27 −
55,209,050
1.02
10,278,480
24,671,012
17,419,951
28,381,272
256,166,650
10,727,290
231,960,000
72,217,161
232,571,766
202,965
248,563,180
9,772,036
16,537,905
16,450,150
35,791,800
23,225,723
488,806,600
54,534,069
6,802,412
23,828,765
20,236,723
23,748,170
0.19
0.46
0.32
0.53
4.75
0.20
4.30
1.34
4.31
0.00
4.60
0.18
0.31
0.30
0.66
0.43
9.05
1.01
0.13
0.44
0.37
0.44
45,995,200
0.85
296,501
9,813,116
13,675,529
41,308,282
29,068,620
15,082,952
15,611,929
55,750,638
0.01
0.18
0.25
0.77
0.54
0.28
0.29
1.03
公認証券取引所上場譲渡可能有価証券またはその他の規制市場で取引される譲渡可能有価証券
保有数
銘柄
1,060,000
915,000
4,180,000
2,330,000
2,585,000
8,120,000
765,000
181,000
2,525,000
12,150,000
2,735,000
1,080,000
2,435,000
1,130,000
1,100,000
1,630,000
1,720,000
1,150,000
610,000
586,000
427,000
2,215,000
650,000
8,480,000
2,185,000
915,000
12,256,476
895,000
4,290,000
4,460,000
1,160,000
チリ
Bancontander Chile ADR
Centros Comerciales Sudamericanos
Empresa Nacional de Electricidad/Chile ADR
La Polar
ルクセンブルグ
Deutsche Bank (Call Wts 23/10/2009 – Cia de
Concessoes Rodoviarias)
Tenaris ADR
Ternium ADR
(続く)
− 28 −
純資産比率
(米ドル)
(%)
15,273,022
33,172,654
15,889,829
22,285,982
51,732,319
93,747,047
17,396,806
63,922,287
30,436,601
531,927,000
28,540,931
0.28
0.61
0.29
0.41
0.96
1.74
0.32
1.18
0.56
9.85
0.53
11,389,468
44,206,754
13,302,428
15,444,698
21,387,136
14,975,042
19,707,471
13,712,800
20,318,024
15,627,183
268,568,750
22,078,744
0.21
0.82
0.25
0.29
0.40
0.28
0.37
0.25
0.38
0.29
4.97
0.41
298,025,402
24,114,330
3,786,679,555
5.52
0.45
70.14
39,756,750
34,671,346
40,901,500
16,318,150
131,647,746
0.74
0.64
0.76
0.30
2.44
11,337,852
245,478,400
39,022,400
295,838,652
0.21
4.55
0.72
5.48
請求目論見書
600,000
LPS Brasil Consultoria de Imoveis
Lupatech
Marcopolo (Pref)
Metalfrio Solutions
MRV Engenharia e Participacoes
NET Servicos de Comunicacao (Pref)
Odontoprev
OGX Petroleo e Gas Participacoes
PDG Realty Empreendimentos e Participacoes
Petroleo Brasileiro ADR
Porto Seguro
Profarma
Distribuidora
de
Produtos
Farmaceuticos
Redecard
Rodobens Negocios Imobiliarios
SLC Agricola
Suzano Papel e Celulose (Pref)
Tegma Gestao Logistica
Terna Participacoes (Unit)
Tim Participacoes ADR
Totvs
Ultrapar Participacoes (Pref)
Unibanco – Uniao de Bancos Brasileiros GDR
Usinas Siderurgicas de Minas Gerais
Usinas Siderurgicas de Minas Gerais 'A'
(Pref)
Weg
時価
公認証券取引所上場譲渡可能有価証券またはその他の規制市場で取引される譲渡可能有価証券
保有数
銘柄
時価
純資産比率
(米ドル)
(%)
メキシコ
10,700,018
Alsea SAB de CV
11,911,577
0.22
10,200,000
America Movil SAB de CV 'L' ADR
524,790,000
9.72
(Unit)*
13,481,925
0.25
Corp GEO SAB de CV 'B'
24,925,337
0.46
Desarrolladora Homex SAB de CV ADR*
47,931,899
0.89
3,437,000
Empresas ICA SAB de CV
15,678,944
0.29
1,755,000
Fomento Economico Mexicano SAB de CV ADR
78,237,900
1.45
Grupo Financiero Banorte SAB de CV 'O'
91,943,772
1.70
Grupo Televisa ADR
27,759,850
0.51
5,215,000
8,520,000
943,170
23,150,000
1,195,000
22,450,000
Controladora Comercial Mexicana SAB de CV
Wal-Mart de Mexico SAB de CV 'V'*
81,851,544
1.52
918,512,748
17.01
Morgan Stanley (Wts 10/4/2009)
5,787,608
0.11
Morgan Stanley (Wts 6/7/2009)
55,490,391
1.03
61,277,999
1.14
25,045,700
0.47
オランダ
250,000
4,929,412
ペルー
1,055,000
Cia de Minas Buenaventura ADR
英国
4,120,000
Antofagasta
46,196,660
0.85
3,920,000
BlackRock Latin American Investment Trust
37,194,685
0.69
83,391,345
1.54
5,357,602,795
99.24
公認証券取引所上場譲渡可能有価証券またはその他の規制市場で取
引される譲渡可能有価証券合計
非上場有価証券
請求目論見書
新株引受権
ブラジル
2,195
−
0.00
非上場有価証券合計
−
0.00
ポートフォリオ合計
5,357,602,795
99.24
40,857,305
0.76
5,398,460,100
100.00
Totvs (Rights 18/9/2008)
その他の純資産
純資産合計(米ドル)
(*) 貸付有価証券。詳細は注記11を参照。
− 29 −
セクター別内訳
2008年8月31日現在
純資産比率(%)
金融
26.71
材料
17.42
エネルギー
15.58
通信サービス
10.74
生活必需品
9.48
選択的消費財
9.23
工業
4.33
ユーティリティ
3.45
情報技術
1.33
ヘルスケア
0.97
その他の純資産
0.76
100.00
注記は、当財務書類の不可分の一部である。
請求目論見書
− 30 −
ブラックロック・グローバル・ファンズ
USダラー・ショート・デュレーション・ボンド・ファンド
投資明細表
2008年8月31日現在
公認証券取引所上場譲渡可能有価証券またはその他の規制市場で取引される譲渡可能有価証券
保有高
銘柄
ロング・ポジション
債券
カナダ
US$1,025,000 Conoco Funding 6.35% 15/10/2011
US$1,462,222
US$350,000
US$570,000
US$725,000
US$1,027,944
US$424,717
US$1,275,000
US$95,469
US$400,000
US$800,000
請求目論見書
US$1,568,151
US$1,379,352
US$406,137
US$500,000
US$1,165,000
ケイマン諸島
TIAA Seasoned Commercial Mortgage Trust
'2007-C4 A1' 5.691% 15/8/2039
スペイン
Telefonica Emisiones SAU 5.984% 20/6/2011
英国
British Sky Broadcasting Group 8.2%
15/7/2009
Vodafone Group FRN 27/2/2012
米国
ACE Securities '2006-FM2 A2A' FRN 25/8/2036
Aegis Asset Backed Securities Trust '2006-1
A1' FRN 25/1/2037
AEP Texas Central Transition Funding 4.98%
1/7/2013
American Airlines Pass Through Trust '200301' 3.857% 9/7/2010
American Electric Power 5.375% 15/3/2010
American Express Issuance Trust '2008-2 A'
4.02% 15/1/2011
American Home Mortgage Assets '2006-6 A1A'
FRN 25/12/2046
American Home Mortgage Investment Trust
'2006-3 11A1' FRN 25/12/2046
Asset Backed Funding Certificates '2006-OPT2
A3A' FRN 25/10/2036
AT&T 4.95% 15/1/2013
BA Credit Card Trust '2008-A9' 4.07%
16/7/2012
(続く)
− 31 −
時価
純資産比率
(米ドル)
(%)
1,091,305
1.12
1,449,418
1.48
355,460
0.36
592,511
682,397
1,274,908
0.60
0.70
1.30
977,223
1.00
413,417
0.42
1,291,737
1.32
92,245
404,325
0.09
0.41
798,750
0.82
957,789
0.98
848,764
0.87
393,642
500,359
0.40
0.51
1,163,966
1.19
公認証券取引所上場譲渡可能有価証券またはその他の規制市場で取引される譲渡可能有価証券
保有高
US$427,086
US$1,006,000
US$177,487
US$500,000
US$1,250,000
US$1,017,665
US$375,000
US$1,685,183
US$1,446,069
US$260,000
US$545,714
US$87,000
US$1,093,685
US$158,465
US$845,147
US$39,004
US$904,103
US$5,999,131
US$311,581
US$59,514
US$231,762
US$154,721
Banc of America Mortgage Securities '2003-J
2A1' FRN 25/11/2033
Banc of America Mortgage Securities '2006-B
3A1' FRN 20/10/2046
Bear Stearns ALT-A Trust '2004-13 A1' FRN
25/11/2034
Bear Stearns Cos 4.55% 23/6/2010
CenterPoint Energy Transition Bond 4.97%
1/8/2014
Chase Manhattan Bank-First Union National
Bank '1999-1 A2' 7.439% 15/8/2031
Citigroup 5.3% 17/10/2012‡
Citigroup Mortgage Loan Trust '2006-AR5
1A5A' FRN 25/7/2036
Citigroup Mortgage Loan Trust '2007-AHL3
A3A' FRN 25/7/2045
Comcast FRN 14/7/2009
Commercial Mortgage Acceptance '1999-C1 A2'
7.03% 15/6/2031
ConocoPhillips Australia Funding FRN
9/4/2009
Countrywide Alternative Loan Trust '2005-56
1A1' FRN 25/11/2035
Countrywide Asset-Backed Certificates '200516 2AF1' FRN 25/5/2036
Countrywide Home Loan Mortgage Pass Through
Trust '2005-HYB8 2A1' FRN 20/12/2035
Credit Suisse Mortgage Capital Certificates
'2006-3 1A1A' FRN 25/4/2036
CS First Boston Mortgage Securities '1999-C1
A2' 7.29% 15/9/2041
CS First Boston Mortgage Securities '2003CPN1 ASP' FRN 15/3/2035
CS First Boston Mortgage Securities '2004-C3
A2' 3.913% 15/7/2036
Daimler Chrysler Auto Trust '2006-A A3' 5%
8/5/2010
Daimler Chrysler Auto Trust '2006-B A3'
5.33% 8/8/2010
Deutsche ALT-A Securities Alternate Loan
Trust '2006-AF1 A1' FRN 25/4/2036
Deutsche ALT-A Securities Alternate Loan
Trust '2006-AR3 A3' FRN 25/8/2036
(続く)
− 32 −
時価
純資産比率
(米ドル)
(%)
418,759
0.43
819,851
0.84
121,560
499,625
0.12
0.51
1,275,434
1.30
1,034,266
360,633
1.06
0.37
1,378,724
1.41
1,304,931
258,019
1.33
0.26
550,766
0.56
87,016
0.09
717,839
0.73
156,336
0.16
738,579
0.75
38,272
0.04
918,509
0.94
116,396
0.12
310,180
0.32
46,894
0.05
60,000
0.06
221,247
0.23
143,579
0.15
請求目論見書
US$46,615
銘柄
公認証券取引所上場譲渡可能有価証券またはその他の規制市場で取引される譲渡可能有価証券
保有高
US$1,135,271
US$400,000
US$475,000
US$500,000
US$2,600,000
US$1,900,000
US$3,243,180
US$1,198,126
US$72
US$683
US$19
US$37
US$119,468
US$67,967
US$263,755
US$763,972
US$800,000
US$192,707
US$186,173
US$951,595
US$1,413,742
US$823,935
US$760,064
US$443,539
US$852,956
請求目論見書
US$175,000
US$1,275,000
US$266,374
US$107,833
US$454,735
US$105,822
銘柄
DLJ Commercial Mortgage '1999-CG2 A1B' 7.3%
10/6/2032
Dominion Resources/VA 5.125% 15/12/2009‡
Energy East 6.75% 15/6/2012
Enterprise Products Operating LP 4.95%
1/6/2010
Fannie Mae '5.5 9/8' 5.5% TBA
Fannie Mae '6 9/8' 6% TBA
Fannie Mae Interest Strip '360 2' 5%
1/8/2035
Fannie Mae Interest Strip '377 2' 5%
1/10/2036
Fannie Mae Pool '252318' 6% 1/2/2009
Fannie Mae Pool '253819' 6% 1/5/2011
Fannie Mae Pool '323366' 6% 1/11/2008
Fannie Mae Pool '556202' 6% 1/7/2009
Fannie Mae Pool '564233' 8% 1/11/2030
Fannie Mae Pool '629099' FRN 1/4/2032
Fannie Mae Pool '683137' 8% 1/7/2027
Fannie Mae Pool '745930' 7.5% 1/9/2035‡
Fannie Mae Pool '889851' 5.5% 1/3/2020
Fannie Mae REMICS '2003-17 QR' 4.5%
25/11/2025
Fannie Mae REMICS '2003-67 GL' 3% 25/1/2025
Fannie Mae REMICS '2006-25 TA' 6% 25/11/2029
Fannie Mae REMICS '2007-60 AX' FRN 25/7/2037
Fannie Mae REMICS '2008-5 LS' FRN 25/2/2038
Fannie Mae-Aces '2006-M2 A1A' 4.855%
25/8/2016
First Horizon Asset Back Trust '2004-HE4 A2'
4.07% 25/7/2019
First Union National Bank-Bank of America
Commercial Mortgage Trust '2001-C1 A2'
6.136% 15/3/2033
Florida Power 6.65% 15/7/2011
Ford Credit Auto Owner Trust '2006-C A4A'
5.15% 15/2/2012
Freddie Mac Gold Pool 'B11523' 5.5%
1/12/2018
Freddie Mac Gold Pool 'G11388' 5.5% 1/3/2018
Freddie Mac Gold Pool 'G11748' 5.5% 1/7/2020
Freddie Mac Gold Pool 'G11759' 5.5%
1/12/2018
(続く)
− 33 −
時価
純資産比率
(米ドル)
(%)
1,149,745
405,625
498,282
1.18
0.41
0.51
499,242
2,571,157
1,921,079
0.51
2.63
1.96
862,483
0.88
322,450
72
696
19
37
129,206
68,762
286,706
804,558
806,625
0.33
0.00
0.00
0.00
0.00
0.13
0.07
0.29
0.82
0.82
192,605
185,437
968,258
136,292
60,796
0.20
0.19
0.99
0.14
0.06
779,233
0.80
425,864
0.44
864,817
185,969
0.88
0.19
1,276,556
1.30
271,180
109,880
463,367
0.28
0.11
0.47
107,831
0.11
公認証券取引所上場譲渡可能有価証券またはその他の規制市場で取引される譲渡可能有価証券
保有高
US$62,707
US$1,205,419
US$495,512
US$1,379,536
US$862,013
US$772,242
US$1,170,000
US$85,000
US$162
US$146
US$230
US$575,000
US$500,792
US$154,743
US$53,608,020
US$1,487,547
US$465,000
US$3,802,002
US$323,580
US$5,675,325
US$1,994,925
US$258,923
US$1,430,439
Freddie Mac Gold Pool 'G11976' 5.5%
1/12/2019
Freddie Mac Non Gold Pool '1G0226' FRN
1/4/2035
Freddie Mac Non Gold Pool '1G1186' FRN
1/9/2036
Freddie Mac Non Gold Pool '1H2512' FRN
1/8/2035
Freddie Mac Strips '232 IO' 5% 1/8/2035
GCO Slims Trust '2006-1A NOTE' 5.72%
1/3/2022
GE Capital Commercial Mortgage '2005-C1 A2'
4.353% 10/6/2048
General Electric Capital 9.83% 15/12/2008
Ginnie Mae I Pool '371011' 6.5% 15/1/2009
Ginnie Mae I Pool '781155' 6.5% 15/7/2009
Ginnie Mae I Pool '781284' 6% 15/2/2011
GlaxoSmithKline Capital 4.85% 15/5/2013
GMAC Commercial Mortgage Securities '1999-C1
A2' 6.175% 15/5/2033
GMAC Commercial Mortgage Securities '1999-C3
A2' FRN 15/8/2036
GMAC Commercial Mortgage Securities '2003-C2
X2' FRN 10/5/2040
GMAC Mortgage Corporation Loan Trust '2003J10 A1' 4.75% 25/1/2019
Goldman Sachs Capital III FRN 1/9/2012
(Perpetual)
Greenwich Capital Commercial Funding '2002C1 XP' 2.216% 11/1/2035
GS Mortgage Securities II '2000-1A A' FRN
20/3/2023
GS Mortgage Securities II '2003-C1 X2' FRN
10/1/2040
GSAA Trust '2004-10 AF2' 4.22% 25/8/2034
GSAMP Trust '2005-AHL A3' FRN 25/4/2035
GSR Mortgage Loan Trust '2004-9 3A1' 4.6972%
25/8/2034
GSR Mortgage Loan Trust '2005-AR1 2A1'
4.916% 25/1/2035
GSR Mortgage Loan Trust '2005-AR5 1A1'
5.406% 25/10/2035
Harborview Mortgage Loan Trust '2006-9 2A1A'
FRN 19/11/2036
(続く)
− 34 −
時価
純資産比率
(米ドル)
(%)
63,897
0.07
1,199,385
1.23
503,350
0.51
1,390,771
229,249
1.42
0.23
656,406
0.67
1,158,834
89,531
166
146
231
579,887
1.18
0.09
0.00
0.00
0.00
0.59
501,135
0.51
157,120
0.16
76,000
0.08
1,428,987
1.46
282,841
0.29
88,542
0.09
299,423
0.31
63,692
228,074
413,953
0.07
0.23
0.42
159,454
0.16
1,809,167
1.85
210,119
0.22
889,232
0.91
請求目論見書
US$234,195
US$453,829
US$166,517
銘柄
公認証券取引所上場譲渡可能有価証券またはその他の規制市場で取引される譲渡可能有価証券
保有高
US$832,358
US$1,780,497
US$1,080,000
US$1,140,000
US$791,655
US$1,192,088
US$1,812,475
US$275,000
US$875,115
US$6,981,233
US$12,198,164
US$420,867
US$425,000
US$957,837
US$173,004
US$520,000
US$552,493
US$960,976
US$3,200,000
請求目論見書
US$7,156,970
US$88,730
US$100,000
US$120,000
US$128,809
銘柄
Harborview Mortgage Loan Trust '2006-11 A1A'
FRN 19/12/2036
Homebanc Mortgage Trust '2005-3 A1' FRN
25/7/2035
Honda Auto Receivables Owner Trust '2005-5
A4' 4.69% 15/2/2011
Honda Auto Receivables Owner Trust '2007-1
A3' 5.1% 18/3/2011
Indymac Index Mortgage Loan Trust '2006-AR41
A3' FRN 25/2/2037
JP Morgan Mortgage Acquisition '2007-CH5 A2'
FRN 25/6/2037
JP Morgan Mortgage Trust '2007-A1 2A1' FRN
25/7/2035
Kraft Foods 5.625% 11/8/2010
LB-UBS Commercial Mortgage Trust '2000-C4
A2' 7.37% 15/8/2026
LB-UBS Commercial Mortgage Trust '2002-C4
XCP' FRN 15/10/2035
LB-UBS Commercial Mortgage Trust '2003-C5
XCP' FRN 15/4/2037
LB-UBS Commercial Mortgage Trust '2004-C7
A1' 3.625% 15/10/2029
Lehman Brothers Holdings FRN 25/5/2010
Luminent Mortgage Trust '2006-7 1A1' FRN
25/12/2036
Mastr Asset Backed Securities Trust '2007HE1 A1' FRN 25/5/2037
Morgan Stanley 5.625% 9/1/2012
Morgan Stanley ABS Capital I '2007-HE2 A2A'
FRN 25/1/2037
Morgan Stanley ABS Capital I '2007-HE6 A1'
FRN 25/5/2037
National Collegiate Student Loan Trust
'2005-2 AIO' 7.73% 25/3/2012
National Collegiate Student Loan Trust
'2005-GT1 AIO' 6.75% 25/12/2009
Nationslink Funding '1999-1 A2' 6.316%
20/1/2031
Nationwide Health Properties 7.6% 20/11/2028
News America 6.75% 9/1/2038
Opteum Mortgage Acceptance '2006-1 1A1A' FRN
25/4/2036
(続く)
− 35 −
時価
純資産比率
(米ドル)
(%)
493,959
0.50
1,417,921
1.45
1,086,292
1.11
1,150,519
1.18
338,099
0.35
1,074,329
1.10
1,742,430
282,414
1.78
0.29
902,874
0.92
94,886
0.10
128,372
0.13
417,804
386,479
0.43
0.40
662,907
0.68
160,768
510,649
0.16
0.52
516,953
0.53
914,866
0.94
352,096
0.36
577,567
0.59
88,597
112,577
123,086
0.09
0.12
0.13
123,707
0.13
公認証券取引所上場譲渡可能有価証券またはその他の規制市場で取引される譲渡可能有価証券
保有高
US$938,941
US$1,350,485
US$134,245
US$500,000
US$55,000
US$55,000
US$835,915
US$1,806,882
US$628,968
US$270,000
US$574,066
US$1,445,000
US$1,450,000
US$1,248,345
US$631,195
US$53,670
US$1,358,495
US$100,000
US$500,000
US$40,000
US$250,000
US$146,440
US$800,000
US$3,425,000
PNC Mortgage Acceptance '1999-CM1 A1B' 7.33%
10/12/2032
PNC Mortgage Acceptance '2000-C2 A2' 7.3%
12/10/2033
Popular ABS Mortgage Pass-Through Trust
'2005-1 AF3' 4.142% 25/5/2035
Public Service of Colorado 6.875% 15/7/2009
Qwest 6.5% 1/6/2017
Qwest FRN 15/6/2013
Residential Accredit Loans '2006-QA9 A1' FRN
25/11/2036
Residential Asset Mortgage Products '2003RZ3 A6' 3.4% 25/3/2033 (Step-up coupon)
Residential Asset Securitization Trust
'2005-A5 A12' FRN 25/5/2035
Rouse 3.625% 15/3/2009
Securitized Asset Backed Receivables Trust
'2007-NC2 A2A' FRN 25/1/2037
SLM Student Loan Trust '2008-5 A2' FRN
25/10/2016
SLM Student Loan Trust '2008-5 A3' FRN
25/1/2018
Soundview Home Equity Loan Trust '2003-2 A2'
FRN 25/11/2033
Soundview Home Equity Loan Trust '2007-OPT3
2A1' FRN 25/8/2037
Sturctured Asset Receivables Trust '2003-2A
CTFS' FRN 21/1/2009
Suntrust Adjustable Rate Mortgage Loan Trust
'2007-2 3A3' FRN 25/4/2037
Time Warner Cable 5.4% 2/7/2012
Time Warner Cable 6.2% 1/7/2013
Transcontinental Gas Pipe Line 8.875%
15/7/2012
USAA Auto Owner Trust '2005-4 A3' 4.83%
15/4/2010
Verizon Communications 5.35% 15/2/2011
Wachovia Bank Commercial Mortgage Trust
'2003-C3 A1' 4.037% 15/2/2034
Wachovia Bank Commercial Mortgage Trust
'2006-C25 A4' FRN 15/5/2043
WaMu Mortgage Pass Through Certificates
'2005-AR12 1A6' 4.833% 25/10/2035
(続く)
− 36 −
時価
純資産比率
(米ドル)
(%)
959,149
0.98
1,390,124
1.42
133,506
512,158
46,613
51,150
0.14
0.52
0.05
0.05
521,759
0.53
1,563,545
1.60
542,319
261,908
0.55
0.27
541,499
0.55
1,449,064
1.48
1,451,812
1.48
985,720
1.01
605,242
0.62
53,133
0.05
1,155,030
99,311
510,374
1.18
0.10
0.52
44,420
0.05
17,134
257,502
0.02
0.26
143,421
0.15
754,360
0.77
3,134,427
3.20
請求目論見書
US$17,100
銘柄
公認証券取引所上場譲渡可能有価証券またはその他の規制市場で取引される譲渡可能有価証券
保有高
US$1,466,867
銘柄
純資産比率
(米ドル)
(%)
1,190,471
1.22
122,644
0.13
160,392
0.16
1,156,512
1.18
1,388,194
1.42
1,060,518
1.08
1,641,712
1.68
317,421
0.32
86,136,748
88.02
90,307,839
92.28
WaMu Mortgage Pass Through Certificates
'2006-AR12 1A4' 6.06871% 25/10/2036
US$222,569
時価
Washington Mutual Alternative Mortgage PassThrough Certificates '2007-OC1 A1' FRN
25/1/2047
US$167,970
Washington Mutual MSC Mortgage Pass-Through
CTFS '2002-MS1 2A1' 6.25% 25/2/2032
US$1,226,260
Wells Fargo Mortgage Backed Securities Trust
'2004-3 A1' 4.75% 25/4/2019
US$1,519,162
Wells Fargo Mortgage Backed Securities Trust
'2006-AR8 2A1' 5.24% 25/4/2036
US$1,364,971
Wells Fargo Mortgage Backed Securities Trust
'2006-AR10 2A1' FRN 25/7/2036
US$1,706,489
Wells Fargo Mortgage Backed Securities Trust
'2007-8 2A7' 6% 25/7/2037
US$315,000
XTO Energy 5% 1/8/2010
債券合計
コマーシャル・ペーパー
米国
US$2,200,000
Enterprise Funding 0% 20/10/2008
2,191,482
2.24
US$2,200,000
Liberty Street Funding 0% 15/10/2008
2,192,301
2.24
US$2,000,000
Nordea North America 0% 22/10/2008
1,991,958
2.03
US$2,000,000
Santander Central Hispano Issuances 0%
1,993,150
2.04
8,368,891
8.55
98,676,730
100.83
14/10/2008
コマーシャル・ペーパー合計
ロング・ポジション合計
ショート・ポジション
請求目論見書
債券
米国
(US$800,000)
Fannie Mae '5.5 9/8' 5.5% TBA
(807,625)
(0.83)
(US$700,000)
Freddie Mac '5.5 9/8' 5.5% TBA
(705,797)
(0.72)
(1,513,422)
(1.55)
97,163,308
99.28
ショート・ポジション合計
公認証券取引所上場譲渡可能有価証券またはその他の規制市場で取
引される譲渡可能有価証券合計
(続く)
− 37 −
非上場有価証券
保有高
銘柄
時価
純資産比率
(米ドル)
(%)
639,259
0.65
426,173
0.44
488,202
0.50
非上場有価証券合計
1,553,634
1.59
ポートフォリオ合計
98,716,942
100.87
債券
米国
US$645,000
Metropolitan Life Global Funding I '144A'
5.125% 10/4/2013
US$500,000
ZFS Finance USA Trust I '144A' 5.875%
9/5/2032
US$530,000
ZFS Finance USA Trust I '144A' 6.15%
15/12/2065
その他の純負債
(852,449)
純資産合計(米ドル)
(‡)
97,864,493
(0.87)
100.00
保証として提供された有価証券。詳細は注記12を参照。
スワップ
2008年8月31日現在
未実現利益
/(損失)
想定元本
GBP725,000
AUD4,530,000
US$1,475,000
金利スワップ(Credit Suisse)
(ファンドは、5.4325%の固定金利を受け取り、英ポンド6ヶ月Liborの変動金
利を支払う。)(5/8/2013)
金利スワップ(Deutsche Bank)
(ファンドは、7.1192%の固定金利を受け取り、豪ドル6ヶ月BBSWの変動金利
を支払う。)(29/10/2012)
クレジット・デフォルト・スワップ(Deutsche Bank)
(ファンドは、CDX NA IG HIVOL 10のデフォルト・プロテクションを受け取
り、3.5%の固定金利を支払う。)(20/6/2013)
クレジット・デフォルト・スワップ(Credit Suisse)
(ファンドは、CDX.NA.IG 10のデフォルト・プロテクションを受け取り、
1.55%の固定金利を支払う。)(20/6/2013)
7,892
49,126
3,547
(2,815)
57,750
注:当該取引により生じた未実現利益純額は、純資産計算書に含まれている(注記2c参照)。
− 38 −
請求目論見書
US$505,000
(米ドル)
銘柄
スワップション
2008年8月31日現在
想定元本
(US$7,800,000)
銘柄
未実現利益
時価
(米ドル)
(米ドル)
ファンドは、金利スワップ(Deutsche Bank)を締結するためプット・
オプション(満期日16/10/2008)の売建てを行った。オプションが行使
された場合、ファンドは、米ドル3ヶ月Liborの変動金利を受け取
り、3.3%の固定金利を支払う。(16/10/2008)
5,873
(35,467)
5,873
(35,467)
注:スワップションは、純資産計算書に含まれている(注記2c参照)。
売建コール・オプション
2008年8月31日現在
コール対象契約数
(27)
(87)
発行者
90 Day Eurodollarコール・オプション
行使価格97.875米ドル
満期日15/9/2008
未実現利益
時価
(米ドル)
(米ドル)
1,445
(169)
22,028
(1,631)
23,473
(1,800)
EUR USD 1 year MID-CRVコール・オプション
行使価格97.25米ドル
満期日12/9/2008
売建コール・オプション合計
注:売建コール・オプションは純資産計算書に含まれている(注記2c参照)。
買建コール・オプション
2008年8月31日現在
コール対象契約数
44
44
請求目論見書
27
発行者
EUR USD 1 year MID-CRVコール・オプション
行使価格96.75米ドル
満期日12/9/2008
未実現損失
時価
(米ドル)
(米ドル)
(18,834)
11,550
(3,159)
275
(7,462)
338
(29,455)
12,163
EUR USD 1 year MID-CRVコール・オプション
行使価格96.75米ドル
満期日12/9/2008
90 Day Eurodollarコール・オプション
行使価格97.375米ドル
満期日15/9/2008
買建コール・オプション合計
注:買建コール・オプションは純資産計算書に含まれている(注記2c参照)。
− 39 −
売建プット・オプション
2008年8月31日現在
プット対象契約数
(60)
(12)
発行者
EUR USD 1 year MID-CRVプット・オプション
行使価格96.5米ドル
満期日12/9/2008
未実現利益
時価
(米ドル)
(米ドル)
40,692
(5,625)
3,638
(2,325)
44,330
(7,950)
90 Day Eurodollarプット・オプション
行使価格96.75米ドル
満期日15/12/2008
売建プット・オプション合計
注:売建プット・オプションは純資産計算書に含まれている(注記2c参照)。
未決済の先物契約
2008年8月31日現在
時価
契約数
204
契約/銘柄
満期日
(米ドル)
2008年9月
43,410,559
Eurex Schatz
2008年9月
2,578,349
8
Euro DTB BOBL
2008年9月
1,273,784
6
LIFFE Long Gilt
2008年9月
1,199,813
2
Eurex Euro Bund
2008年9月
336,497
(1)
CME/IMM Eurodollar
2008年9月
(242,944)
(1)
US Treasury 30 Year Bond
2008年9月
(118,781)
(21)
US Treasury 10 Year Note
2008年9月
(2,453,391)
(49)
US Treasury 5 Year Note
2008年9月
(5,507,906)
CME/IMM Eurodollar
2008年12月
(242,562)
US Treasury 10 Year Note
2008年12月
(6,478,500)
(3)
CME/IMM Eurodollar
2009年3月
(727,913)
(1)
CME/IMM Eurodollar
2009年6月
(242,325)
(1)
CME/IMM Eurodollar
2009年9月
(241,825)
(1)
CME/IMM Eurodollar
2009年12月
(241,113)
(4)
90 Day Euro $ Future
2010年3月
(962,300)
5
90 Day Euro $ Future
2010年6月
1,200,188
5
90 Day Euro $ Future
2010年9月
1,198,000
5
90 Day Euro $ Future
2010年12月
1,196,063
(1)
(56)
契約額合計
34,933,693
注:当該取引により生じた未実現利益純額226,017米ドルは、純資産計算書に含まれている(注記2c参照)。
− 40 −
請求目論見書
US Treasury 2 Year Note
17
ブラックロック・グローバル・ファンズ
財務書類に対する注記
1.組織
ブラックロック・グローバル・ファンズ(旧称メリルリンチ・インターナショナル・インベストメント・ファ
ンズ)(以下「当社」という。)は、オープンエンド型の投資法人(変動資本を有する会社型投資信託またはS
ICAV)であり、2002年12月20日付ルクセンブルグ法第1部(以下「2002年法」という。)に基づき設立され
た。
2007年6月8日に開催された臨時総会で承認されたことにより、当社およびそのサブファンドは、2008年4月
28日付で、ブラックロック・グローバル・ファンズに名称変更された。
2008年8月31日現在、当社は62のファンドの投資証券の募集を行っている。各ファンドは、それぞれ個別の資
産プールであり、それぞれ個別の投資証券により表象され、各投資証券クラスに以下のとおり分類されている。
投資証券クラス
2008年8月31日現在、ファンドは以下の投資証券の募集を行っている。
クラスA
クラスA毎日分配型投資証券
クラスAユーロ建ヘッジを使用した毎日分配型投資証券
クラスA毎月分配型投資証券
クラスAユーロ建ヘッジを使用した毎月分配型投資証券
クラスA毎四半期分配型投資証券
クラスAユーロ建ヘッジを使用した毎四半期分配型投資証券
クラスA英ポンド建ヘッジを使用した毎四半期分配型投資証券
クラスAシンガポール・ドル建ヘッジを使用した毎四半期分配型投資証券
クラスA米ドル建ヘッジを使用した毎四半期分配型投資証券
クラスA無分配型投資証券
クラスAユーロ建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスAスイス・フラン建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスA英ポンド建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスAシンガポール・ドル建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスA米ドル建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスA英国販売会社ステータス投資証券
請求目論見書
クラスAユーロ建ヘッジを使用した英国販売会社ステータス投資証券
クラスA英ポンド建ヘッジを使用した英国販売会社ステータス投資証券
クラスA香港ドル建ヘッジを使用しない無分配型投資証券
クラスB
クラスB毎日分配型投資証券
クラスBユーロ建ヘッジを使用した毎日分配型投資証券
クラスB毎四半期分配型投資証券
クラスBユーロ建ヘッジを使用した毎四半期分配型投資証券
クラスB英ポンド建ヘッジを使用した毎四半期分配型投資証券
クラスB米ドル建ヘッジを使用した毎四半期分配型投資証券
クラスB無分配型投資証券
クラスBユーロ建ヘッジを使用した無分配型投資証券
− 41 −
クラスB英ポンド建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスBシンガポール・ドル建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスB米ドル建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスB香港ドル建ヘッジを使用しない無分配型投資証券
クラスC
クラスC毎日分配型投資証券
クラスCユーロ建ヘッジを使用した毎日分配型投資証券
クラスC毎月分配型投資証券
クラスCユーロ建ヘッジを使用した毎月分配型投資証券
クラスC毎四半期分配型投資証券
クラスCユーロ建ヘッジを使用した毎四半期分配型投資証券
クラスC英ポンド建ヘッジを使用した毎四半期分配型投資証券
クラスC米ドル建ヘッジを使用した毎四半期分配型投資証券
クラスC無分配型投資証券
クラスCユーロ建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスC英ポンド建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスCシンガポール・ドル建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスC米ドル建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスC香港ドル建ヘッジを使用しない無分配型投資証券
クラスD
クラスD無分配型投資証券
クラスDユーロ建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスD英ポンド建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスE
クラスEユーロ建ヘッジを使用した毎四半期分配型投資証券
クラスE無分配型投資証券
クラスEユーロ建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスE英ポンド建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスI
クラスIユーロ建ヘッジを使用した無分配型投資証券*
クラスJ
クラスJ毎月分配型投資証券*
クラスJ無分配型投資証券*
クラスQ
クラスQ毎日分配型投資証券**
クラスQユーロ建ヘッジを使用した毎日分配型投資証券**
クラスQ無分配型投資証券**
クラスQユーロ建ヘッジを使用した無分配型投資証券**
クラスQ英ポンド建ヘッジを使用した無分配型投資証券**
− 42 −
請求目論見書
クラスI無分配型投資証券*
クラスX
クラスX無分配型投資証券
クラスXユーロ建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスXスイス・フラン建ヘッジを使用した無分配型投資証券
クラスX分配型投資証券
*
**
機関投資家が購入可能
ブラックロック・グループ内の企業が出資するその他のファンドの投資証券を過去に保有していた投資家
が購入可能な特例投資証券クラス。当社では、当該証券はすでに募集されていない。
各投資証券クラスは当社に対して同等の権利を有しているが、特徴および費用発生等の仕組みはそれぞれ異な
り、これについては当社の目論見書において詳述されている。
インディア・ファンド
ブラックロック・グローバル・ファンズは、その投資目標および投資方針に準拠して、当社の完全子会社であ
るブラックロック・インディア・エクイティーズ・ファンド(モーリシャス)リミテッド(以下「同子会社」と
いう。)(2008年4月28日まで旧称メリルリンチ・インディア・エクイティーズ・ファンド(モーリシャス)リ
ミテッド)のみを通じて実質的にすべての純資産をインドに投資している。
同子会社のすべての資産および負債、収益および費用は当社の純資産計算書および損益計算書において連結さ
れている。同子会社が保有するすべての投資は、当社の財務書類において開示されている。
同子会社は、有限責任のオープンエンド型の投資法人として、モーリシャスの法律に基づき2004年9月1日に
設立された。現在、同子会社は、インド/モーリシャスの二重課税防止条約の税額控除による恩恵を受けている。
これは将来において変更されない保証はない。
ファンドの設定
2007年10月12日付で、ユーロ建のヨーロピアン・エンハンスド・エクイティ・イールド・ファンドが設定され
た。
2007年10月19日付で、米ドル建のグローバル・コーポレート・ボンド・ファンドが設定された。
2008年6月24日付で、米ドル建のチャイナ・ファンドが設定された。
2008年8月1日付で、スイス・フラン建のスイス・オポテュニティーズ・ファンドが設定された。
ファンドの統合
2007年12月14日より、ブラックロック・グローバル・シリーズ(以下「BGS」という。)ブランドの、アイ
請求目論見書
ルランドに本拠を置くファンドから現物出資により当社に資産を移管する一連のファンドの統合が実施された。
これらの統合の詳細は以下の通りであった:
・BGSグローバル・ボンド・ファンドはブラックロック・グローバル・ファンズ・ワールド・ボンド・ファン
ドに統合された。
・BGSハイ・イールド・ボンド・ファンドはブラックロック・グローバル・ファンズ・ USダラー・ハイ・
イールド・ボンド・ファンドに統合された。
・BGS USコア・プラス・ボンド・ファンドはブラックロック・グローバル・ファンズ・USダラー・コア・
ボンド・ファンドに統合された。
・BGS USロー・デュレーション・ボンド・ファンドはブラックロック・グローバル・ファンズ・USダ
ラー・ショート・デュレーション・ボンド・ファンドに統合された。
2007年12月14日の統合の結果、ブラックロック・グローバル・ファンズのUSダラー・ハイ・イールド・ボン
ド・ファンドおよびワールド・ボンド・ファンドについてもユーロ建ヘッジを使用したクラスが設定された。
− 43 −
2008年6月27日付で、グローバル・ファンダメンタル・バリューはグローバル・ダイナミック・ファンドに統
合された。
2008年8月1日付で、ブラックロック・インスティテューショナルFCP−SIFファンドのスイス・オポ
テュニティーズ・ファンドはブラックロック・グローバル・ファンズへ移管された。
投資証券クラスの設定
以下に開示する日付は設定日であるが、当該クラスはその後償還された可能性もある。
発効日
種類
ファンド
2007年10月12日
クラスA
ヨーロピアン・エンハンスド・エクイティ・ファンド
2007年10月12日
クラスA英ポンド建ヘッジを ヨーロピアン・エンハンスド・エクイティ・ファンド
2007年10月12日
クラスA米ドル建ヘッジを使 ヨーロピアン・エンハンスド・エクイティ・ファンド
使用した投資証券
用した投資証券
2007年10月12日
クラスB
ヨーロピアン・エンハンスド・エクイティ・ファンド
2007年10月12日
クラスB英ポンド建ヘッジを ヨーロピアン・エンハンスド・エクイティ・ファンド
使用した投資証券
2007年10月12日
クラスB米ドル建ヘッジを使 ヨーロピアン・エンハンスド・エクイティ・ファンド
2007年10月12日
クラスC
2007年10月12日
クラスC英ポンド建ヘッジを ヨーロピアン・エンハンスド・エクイティ・ファンド
2007年10月12日
クラスC米ドル建ヘッジを使 ヨーロピアン・エンハンスド・エクイティ・ファンド
用した投資証券
ヨーロピアン・エンハンスド・エクイティ・ファンド
使用した投資証券
用した投資証券
2007年10月12日
クラスD
ヨーロピアン・エンハンスド・エクイティ・ファンド
2007年10月12日
クラスE
ヨーロピアン・エンハンスド・エクイティ・ファンド
2007年10月19日
クラスA
グローバル・コーポレート・ボンド・ファンド
2007年10月19日
クラスAユーロ建ヘッジを使 グローバル・コーポレート・ボンド・ファンド
2007年10月19日
クラスAユーロ建ヘッジを使 グローバル・コーポレート・ボンド・ファンド
用した投資証券
用した英国販売会社ステータ
ス投資証券
クラスD
グローバル・コーポレート・ボンド・ファンド
2007年10月19日
クラスDユーロ建ヘッジを使 グローバル・コーポレート・ボンド・ファンド
用した投資証券
2007年10月19日
クラスE
2007年10月19日
クラスEユーロ建ヘッジを使 グローバル・コーポレート・ボンド・ファンド
グローバル・コーポレート・ボンド・ファンド
用した投資証券
2007年10月31日
ユーロ建ヘッジを使用した投 グローバル・ダイナミック・エクイティ・ファンド(クラス
資証券クラス
CおよびD)、ワールド・エネルギー・ファンド(クラス
A、C、DおよびE)、ワールド・ゴールド・ファンド(ク
ラスA、C、DおよびE)およびワールド・マイニング・
ファンド(クラスA、C、DおよびE)。
− 44 −
請求目論見書
2007年10月19日
発効日
種類
ファンド
2007年11月12日
クラスD
アジアン・ドラゴン・ファンド、ユーロ・ショート・デュ
レーション・ボンド・ファンド、ヨーロピアン・バリュー・
ファンド、グローバル・アロケーション・ファンド、ジャパ
ン・バリュー・ファンド、ローカル・エマージング・マー
ケッツ・ショート・デュレーション・ボンド・ファンド、リ
ザーブ・ファンド、ユナイテッド・キングダム・ファンド、
ワールド・ファイナンシャルズ・ファンドおよびワールド・
ヘルスサイエンス・ファンド。
2007年11月12日
クラスDユーロ建ヘッジを使 グローバル・アロケーション・ファンド、グローバル・ガバ
用した投資証券
メント・ボンド・ファンド、USベーシック・バリュー・
ファンド、USフォーカスド・バリュー・ファンドおよびリ
ザーブ・ファンド。
2007年11月12日
クラスD英ポンド建ヘッジを リザーブ・ファンド
使用した投資証券
2007年11月27日
クラスAシンガポール・ドル グローバル・エンハンスド・エクイティ・イールド・ファン
建ヘッジを使用した投資証券 ドおよびワールド・マイニング・ファンド
2007年12月12日
クラスAユーロ建ヘッジを使 USダラー・ハイ・イールド・ボンド・ファンド、ワール
用した投資証券
ド・ボンド・ファンド
2008年1月31日
クラスD
USオポテュニティーズ・ファンドおよびUSグロース・
ファンド
2008年2月1日
クラスXユーロ建ヘッジを使 エマージング・マーケッツ・ボンド・ファンド
用した投資証券
2008年2月7日
クラスX
ローカル・エマージング・マーケッツ・ショート・デュレー
ション・ボンド・ファンド
2008年2月8日
クラスX
ワールド・ボンド・ファンド
2008年2月15日
クラスAスイス・フラン建
グローバル・アロケーション・ファンド
ヘッジを使用した投資証券
2008年4月2日
クラスA英国販売会社ステー グローバル・キャピタル・セキュリティーズ・アブソリュー
タス
2008年4月2日
ト・リターン・ファンド
クラスA英ポンド建ヘッジを グローバル・キャピタル・セキュリティーズ・アブソリュー
使用した英国販売会社ステー ト・リターン・ファンド
タス投資証券
請求目論見書
2008年6月9日
クラスAユーロ建ヘッジを使 ローカル・エマージング・マーケッツ・ショート・デュレー
2008年6月9日
クラスAシンガポール・ドル ローカル・エマージング・マーケッツ・ショート・デュレー
用した投資証券
ション・ボンド・ファンド
建ヘッジを使用した投資証券 ション・ボンド・ファンド
2008年6月20日
クラスD
ユーロ・コーポレート・ボンド・ファンド、ヨーロピアン・
フォーカス・ファンド、グローバル・ダイナミック・エクイ
ティ・ファンド、グローバル・エンハンスド・エクイティ・
イールド・ファンド、グローバル・エクイティ・ファンド、
グローバル・オポテュニティーズ・ファンド、ワールド・イ
ンカム・ファンド
2008年6月20日
クラスDユーロ建ヘッジを使 グローバル・ハイ・イールド・ボンド・ファンド
用した投資証券
− 45 −
発効日
種類
ファンド
2008年6月20日
クラスI
エマージング・ヨーロッパ・ファンド、ユーロ・ボンド・
ファンド、ユーロ・マーケッツ・ファンド、ヨーロピアン・
グロース・ファンド、ヨーロピアン・ファンド、グローバ
ル・アロケーション・ファンド、グローバル・ハイ・イール
ド・ボンド・ファンド、ラテン・アメリカン・ファンド、
ニュー・エネルギー・ファンド、USベーシック・バ
リュー・ファンド、USフレキシブル・エクイティ・ファン
ド、ワールド・エネルギー・ファンド、ワールド・ゴール
ド・ファンド、ワールド・マイニング・ファンド
2008年6月20日
クラスIユーロ建ヘッジを使 フィックスド・インカム・グローバル・オポテュニティー
用した投資証券
ズ・ファンド、グローバル・アロケーション・ファンド、グ
ローバル・ガバメント・ボンド・ファンド、USフレキシブ
ル・エクイティ・ファンド、ワールド・エネルギー・ファン
ド、ワールド・ゴールド・ファンド、ワールド・マイニン
グ・ファンド
2008年6月24日
クラスA
チャイナ・ファンド
2008年6月24日
クラスAユーロ建ヘッジを使 チャイナ・ファンド
2008年6月24日
クラスAシンガポール・ドル チャイナ・ファンド
用した投資証券
建ヘッジを使用した投資証券
2008年6月24日
クラスA英ポンド建ヘッジを チャイナ・ファンド
使用した英国販売会社ステー
タス投資証券
2008年6月24日
クラスB
2008年6月24日
クラスBユーロ建ヘッジを使 チャイナ・ファンド
チャイナ・ファンド
用した投資証券
2008年6月24日
クラスBシンガポール・ドル チャイナ・ファンド
建ヘッジを使用した投資証券
2008年6月24日
クラスC
チャイナ・ファンド
2008年6月24日
クラスCユーロ建ヘッジを使 チャイナ・ファンド
2008年6月24日
クラスCシンガポール・ドル チャイナ・ファンド
用した投資証券
2008年6月24日
クラスD
2008年6月24日
クラスDユーロ建ヘッジを使 チャイナ・ファンド
チャイナ・ファンド
用した投資証券
2008年6月24日
クラスE
チャイナ・ファンド
2008年6月24日
クラスEユーロ建ヘッジを使 チャイナ・ファンド
用した投資証券
2008年6月27日
クラスQ
グローバル・ダイナミック・エクイティ・ファンド
2008年7月1日
クラスX
USダラー・ハイ・イールド・ボンド・ファンド
2008年7月8日
クラスAシンガポール・ドル ワールド・ゴールド・ファンド、ワールド・エネルギー・
建ヘッジを使用した投資証券 ファンド
2008年7月8日
クラスD英ポンド建ヘッジを グローバル・ハイ・イールド・ボンド・ファンド
使用した投資証券
− 46 −
請求目論見書
建ヘッジを使用した投資証券
発効日
種類
ファンド
2008年7月8日
クラスX
エマージング・マーケッツ・ボンド・ファンド
2008年7月14日
クラスXスイス・フラン建
ワールド・ボンド・ファンド
ヘッジを使用した投資証券
2008年7月15日
クラスE
ローカル・エマージング・マーケッツ・ショート・デュレー
ション・ボンド・ファンド
2008年7月18日
香港ドル建ヘッジを使用しな チャイナ・ファンド(クラスA、BおよびC)
2008年7月18日
クラスD
い投資証券クラス
グローバル・スモールキャップ・ファンドおよびワールド・
テクノロジー・ファンド
2008年7月31日
クラスJ
ワールド・マイニング・ファンド
2008年8月1日
クラスA、DおよびI
スイス・オポテュニティーズ・ファンド
清算
2008年4月30日付で、UKフォーカス・ファンドおよびグローバル・フォーカス・ファンドは清算された。
2.重要な会計方針の要約
当財務書類は、ルクセンブルグの投資法人のためにルクセンブルグの関係当局が規定した様式および規則に準
拠して作成され、また、以下の重要な会計方針を含んでいる。
(a)投資およびその他の資産の評価
当社の投資およびその他の資産は以下のとおり評価されている。
・
各ファンドのポートフォリオを構成している上場有価証券の時価は、当該有価証券または資産が取引され
ているもしくは取引が許可されている取引所の終了時における直近の公表価格により決定される。2008年
8月29日の価格決定時刻より後に終了する市場において取引された上場有価証券については、当該時刻現
在またはその他の時刻における直近の公表価格が使用される。このような上場有価証券が複数の証券取引
所または規制された市場において取引もしくは売買される場合、前述の目的のため取締役は自己の判断に
より、当該複数の証券取引所または規制された市場のうちの1つを選択することができる。
しかしながら、取締役会は、投資運用会社の助言を受けて、当社が保有する投資で、市場の低流動性また
は資本の本国送金に関する制限のために時価が公正価値を表していない投資を特定している。この認識に
おいて、取締役会は、投資運用会社の助言により、見積実現可能価額を反映するために時価に対する割引
を行っている。当該投資の評価および割引については、取締役会が定期的にレビューを行っている。
・
有価証券貸付:有価証券は貸付代理店であるブラックロック・インベストメント・マネジメントLLCの
請求目論見書
指示により第三者ブローカーに受渡しされるが、その資産は当ファンドのポートフォリオの一部として引
き続き評価される。
・
非上場有価証券(公的な証券取引所または規制された市場で取引もしくは許可されていない有価証券)の
評価については、また、取引もしくは許可されているが直近の公表価格が実際の価額を反映しているとは
考えられない有価証券の場合は、取締役が、慎重かつ誠実に、予想処分価格または取得価格に基づいて当
該有価証券の評価を行う。
・
差額決済契約は時価で評価され、当該時価が純資産計算書の差額決済契約として含められる。
・
流動性のある資産および短期金融資産は、名目価額に発生利息を加えた金額か、償却原価に基づいて評価
される。
・
現金、短期金融市場預金、要求払手形およびその他の債務は、名目金額が入手可能と考えられる場合には
名目金額で評価される。
・
主として未収利息および未収配当金、売却投資未収金、引受投資証券未収金、リストラクチャリング費用
を含む資産は、名目価額で評価される。
− 47 −
・
主として未払収益分配金、投資購入未払金、未払投資証券償還金を含む負債は、名目価額で評価される。
(b)投資からの収益
当社は以下の方法で投資からの収益を認識している。
・
利息収益は日次ベースで発生する。これにはプレミアムの償却および割引の増価が含まれる。
・
銀行利息および短期金融市場預金収益は発生ベースで認識する。
・
受取配当金は配当落ち日に計上する。
・
有価証券貸付収益は月次ベースで発生する。
(c)金融商品
当期間において、当社は多数の先物外国為替予約および先物契約を締結している。未決済の先物外国為替予
約および先物契約は、期末に当該予約を決済した場合の金額で評価される。この結果生じる超過額/不足額お
よび決済済未清算の契約は未実現利益/損失に計上され、純資産計算書の資産または負債に適宜含められる。
当社はカバード・コール・オプションおよびプット・オプションを売建て、コール・オプションおよびプッ
ト・オプションを買建てることができる。当社がオプションを売建ておよび買建てる場合には、当社が受け取
るまたは支払うプレミアムと同等の金額が負債または資産として反映される。売建オプションに係る負債およ
び買建オプションに係る資産は、その後、オプションの現在価値を反映するよう時価評価される。この方法は
売建オプションの見積予想価額を最も良く反映するため、取締役は、売建オプションを最終取引価格でなく仲
値に基づき評価することに合意している。有価証券がオプション行使によって売却される場合、受取(支払)
プレミアムが売却有価証券の基準額から控除(に加算)される。オプションが失効する場合(または当社が決
済取引を行った場合)、当社はオプションに係る損益を、受取または支払プレミアムの分だけ(もしくは決済
取引のコストが受取または支払プレミアムを超過する分だけ)実現させる。
当社は1つの商品から発生する利益を他の投資より発生する利益と交換するために、スワップ契約を締結し
ている。クレジット・デフォルト・スワップの場合、一連のプレミアムがプロテクションの売り手に支払われ、
その見返りとして信用事象(契約において事前に定義される)が生じた際の偶発的支払を受け取る。スワップ
は、可能な場合、第三者の価格決定機関から入手され、かつ、実際の値付け業者に対して照合された日々の価
格に基づき時価評価される。このような相場が入手できない場合、スワップは、値付け業者による日々の相場
に基づき価格が決定される。いずれの場合も、相場の変動は損益および純資産変動計算書に未実現損益として
計上される。スワップの満期または終了時における実現損益は、損益および純資産変動計算書に計上される。
有価証券買戻し(または売戻し)取引は、原証券によって保証された貸付(または借入れ)取引として処理
される。当該取引では、譲渡人が他者(譲受人)に有価証券の所有権を譲渡し、合意された価格および日付で、
譲渡人は有価証券の取消不能買戻しを引き受け、譲受人は当該有価証券の取消不能売戻しを引き受ける。有価
証券買戻し契約は、契約時の通貨で表示されている購入価格で評価される。2008年8月31日現在、未決済の有
価証券買戻し(または売戻し)はない。
を担保に供することを要求されることがある。158ページ(訳者注:原文のページ)の投資明細表に示した資産
に関しては、資産は購入時にすべて支払われ、追加の担保は要求されなかった。契約が未決済である間は、原
証券の価額を反映するため各評価日現在で時価評価することにより、契約の時価の変動は損益および純資産変
動計算書に未実現損益として認識される。契約終了時の実現損益は、契約開始時の契約の時価(金融費用を含
む)と契約終了時の契約の時価との差額と等しい。未決済の差額決済契約に帰属する配当金もまた未実現損益
額に含まれる。
(d)外貨換算
各ファンドのファンド通貨以外の通貨建の投資の取得原価は、購入時の為替レートで換算されている。各
ファンドのファンド通貨以外の通貨建の投資およびその他の資産の時価は、2008年8月29日のルクセンブルグ
時間の各ファンドの評価時点における為替レートで換算されている。
− 48 −
請求目論見書
差額決済契約は、原証券の価格(各契約に帰する金融費用控除後)に基づき評価される。差額決済契約締結
時に、当社は契約相手方に対して、契約金額の一定の割合に相当する現金および/またはその他の資産の金額
(e)合計連結数値
当社の連結数値は米ドルで表示されており、各ファンドの財務書類の合計を含んでいる。純資産計算書の為
替レートは、2008年8月29日のルクセンブルグ時間の各ファンドの評価時点における以下のレートである。
米ドル
ユーロ
英ポンド
円
スイス・フラン
0.6803
0.548
108.9293
1.0999
損益および純資産変動計算書の為替レートは、以下の期中平均レートが使用されている。
米ドル
ユーロ
英ポンド
円
スイス・フラン
0.6752
0.5002
108.3314
1.0828*
* スイス・オポテュニティーズ・ファンドは2008年8月1日に設定されたため、米ドル/スイス・フランに使用された平均
為替レートは、2008年8月1日から2008年8月29日までの期間で算定されている。
ヨーロピアン・エンハンスド・エクイティ・イールド・ファンドについては、当該ファンドが2007年10月12
日に設定されたため、使用された米ドル/ユーロの為替レート(0.6649)は、2007年10月12日から2008年8月
29日までの期間で算定されている。
UKフォーカス・ファンドに使用された米ドル/英ポンドの平均為替レート(0.4963)は2007年9月1日か
ら2008年4月30日(ファンドの清算日)までの期間で算定された。
チャイナ・ファンドのユーロ、英ポンドおよびシンガポール・ドル建ヘッジを使用した投資証券クラスにつ
いては、使用された平均為替レートは設定日(2008年6月24日)から決算日までの期間で算定された。
平均為替レートは次の通りである。
米ドル
ユーロ
英ポンド
シンガポール・ドル
0.6490
0.5142
1.3790
チャイナ・ファンドの香港ドル建ヘッジを使用した投資証券クラスに使用された平均為替レートは、設定日
(2008年7月18日)から決算日までの期間で算定された(1米ドル=7.8063香港ドル)。
請求目論見書
これらの数値は情報提供の目的のみで表示されている。
− 49 −
(f)為替レート
以下の為替レートは、2008年8月29日現在、ファンドの基準通貨以外の通貨建の投資およびその他の資産な
らびにその他の負債の換算に使用された。
ファンドの通貨
為替レート
外貨
ファンドの通貨
為替レート
USD
CHF
0.9091
TWD
EUR
46.3587
AUD
EUR
1.7106
USD
EUR
1.47
CAD
EUR
1.552
CAD
GBP
1.9266
CHF
EUR
1.6168
EUR
GBP
1.2414
CZK
EUR
24.7572
USD
GBP
1.8247
DEM
EUR
1.9558
USD
HKD
0.1281
DKK
EUR
7.4576
CHF
JPY
0.0101
GBP
EUR
0.8056
DKK
JPY
0.0467
HKD
EUR
11.4753
EUR
JPY
0.0063
HUF
EUR
236.6221
GBP
JPY
0.0051
ILS
EUR
5.2719
HKD
JPY
0.0717
JPY
EUR
160.0683
NOK
JPY
0.0496
MXN
EUR
15.1188
SEK
JPY
0.059
NOK
EUR
7.9452
SGD
JPY
0.013
NZD
EUR
2.0944
USD
JPY
0.0092
PLN
EUR
3.3327
USD
SGD
0.707
SEK
EUR
9.4463
ARS
USD
3.0287
SGD
EUR
2.0791
AUD
USD
1.1637
TRY
EUR
1.7373
BRL
USD
1.631
CAD
USD
1.0558
KRW
USD
1088.9
CHF
USD
1.0999
MXN
USD
10.2854
CLP
USD
512.65
MYR
USD
3.3935
CNY
USD
6.835
NGN
USD
117.625
CZK
USD
16.8424
NOK
USD
5.4051
DKK
USD
5.0735
NZD
USD
1.4248
EGP
USD
5.375
PEN
USD
2.956
EUR
USD
0.6803
PHP
USD
45.915
GBP
USD
0.548
PLN
USD
2.2672
HKD
USD
7.8067
RUB
USD
24.6153
HUF
USD
160.9749
SEK
USD
6.4264
IDR
USD
9150.001
SGD
USD
1.4145
ILS
USD
3.5865
THB
USD
34.24
INR
USD
43.935
TRY
USD
1.1819
ISK
USD
83.115
TWD
USD
31.538
JPY
USD
108.895
ZAR
USD
7.6759
(g)リストラチャクリング費用
グローバル・ファンダメンタル・バリュー・ファンドとグローバル・ダイナミック・エクイティ・ファンド
の統合で発生した費用は合計17,302米ドルであった。当該費用は存続するファンドにより負担された。
− 50 −
請求目論見書
外貨
3.管理会社
ブラックロック(ルクセンブルグ)エス・エーが当社の管理会社に任命されている。管理会社は、2002年12月
20日付ルクセンブルグ法第13章に従って、ファンド管理会社としての権限を付与されている。
当社は、管理会社および投資運用会社と管理会社契約(以下「ファンド管理契約」という。)を締結している。
当該契約に基づき、管理会社は当社の日々の運用管理を委託されており、当社の投資運用、管理およびファンド
のマーケティングに関するすべての経営機能を、直接遂行するか、もしくは委任している。
管理会社は、当社との契約により、機能の一部を委任することを決定している(詳細は目論見書に記載されて
いる)。
管理会社の取締役は、グラハム・バンピン(Graham Bamping)、フランク P.ル・ファーブル(Frank P. Le
Feuvre)およびジェフリー・ラドクリフ(Geoffrey Radcliffe)である。
ブラックロック(ルクセンブルグ)エス・エーはブラックロック・グループ内の完全所有子会社であり、金融
監督庁の監督下にある。
4.投資運用および販売報酬
当期間において、当社は投資運用会社および主要販売会社であるブラックロック(チャネル諸島)リミテッド
に投資運用および販売報酬を支払った。
投資運用会社は、目論見書の附表Eに記載されているとおり、当社から投資運用報酬を受け取る。投資運用報
酬の水準は、投資家が購入するファンドに応じて0.40%から2.00%の間であり、一部のクラスD投資証券、クラ
スI投資証券およびクラスQ投資証券を除く各ファンド内のすべての投資証券クラスについて同様である。これ
らの報酬は、関連ファンドの純資産額に基づき日次で発生し、月次で支払われる。投資運用会社は、投資顧問の
報酬を含む一定の費用および報酬を投資運用報酬から支払う。クラスJ投資証券およびクラスX投資証券は投資
運用報酬を課さない。
投資運用会社は、最新の目論見書の附表Cの第21パラグラフに記載されているとおり、投資運用報酬の全部ま
たは一部を払い戻すことができる。当該払い戻しは、注記5に記載の通り、管理報酬補助金に含まれている。
主要販売会社は、目論見書の附表Eに記載されているとおり、年間販売報酬を受け取る。これらの報酬は、関
連ファンドの純資産額(適切な場合には、附表Bの第16(c)パラグラフに記載されているとおり、関連ファンドの
純資産額の調整を反映する。)に基づき日次で発生し、月次で支払われる。
2008年8月31日現在支払期日が到来している投資運用報酬および販売報酬は、その他の負債として純資産計算
書に含まれている。
5.管理報酬
当社は年率0.25%を上限として管理報酬を支払っている。この報酬は、0.25%を上限として取締役と管理会社
間で合意された率で発生し、両者の裁量により通知することなく適宜修正される。
課される年率は以下のとおりである。
請求目論見書
バランス型/複合資
投資証券クラス
株式ファンド
債券ファンド
産ファンド
現金/短期ファンド
A、B、C、E、Q
0.25%
0.15%
0.20%
0.10%
D、I、J、X
0.02%
0.02%
0.02%
0.02%
クラスDおよびクラスX投資証券は、最低投資基準を満たすことを条件とすることに留意すべきである。
クラスI、JおよびクラスX投資証券に対する投資は、2002年12月20日付法律第129条の意義の範囲内で機関投資家に制限され
る。
− 51 −
管理報酬は、関連するクラスの純資産額に基づき日次で発生し、月次で支払われる。この報酬は、従来ファン
ド計理報酬、名義書換事務代行報酬およびその他の費用(すなわち、税金、法律その他の専門家報酬ならびに取
締役報酬、投資家サービス・センターおよび国際管理サービス報酬などの現在ブラックロックが当社に課してい
るすべての報酬および払戻費用)と呼ばれていた報酬に関連して現在当社に課されている第三者のすべての固定
および変動費用に置き換わるものである。
ブラックロック・グループの代表者でない取締役は、2008年8月に終了した会計年度に実施した職務の対価と
して、報酬20,000ユーロ(税金控除後)を受け取った。
管理報酬は、租税効率を理由として保管報酬を除いている。特定の管轄地に適用される税金も管理報酬から除
かれている(注記7を参照)。
当期間において、以下のファンドが管理報酬補助金の支払対象になった。
コンサバティブ・アロケーション・ファンド(ユーロ建)、コンサバティブ・アロケーション・ファンド(米
ドル建)、ダイナミック・リザーブ・ファンド、エマージング・ヨーロッパ・ファンド、エマージング・マー
ケッツ・ボンド・ファンド、ユーロ・コーポレート・ボンド・ファンド、ユーロ・ショート・デュレーション・
ボンド・ファンド、ヨーロピアン・フォーカス・ファンド、ヨーロピアン・オポテュニティーズ・ファンド、グ
ローバル・アロケーション・ファンド、グローバル・キャピタル・セキュリティーズ・アブソリュート・リター
ン・ファンド、グローバル・コーポレート・ボンド・ファンド、グローバル・フォーカス・ファンド、グローバ
ル・ガバメント・ボンド・ファンド、グローバル・ハイ・イールド・ボンド・ファンド、ジャパン・オポテュニ
ティーズ・ファンド、ストラテジック・アロケーション・ファンド(ユーロ建)、ストラテジック・アロケー
ション・ファンド(米ドル建)、UKフォーカス・ファンド、ユナイテッド・キングダム・ファンド、USダ
ラー・コア・ボンド・ファンド、USダラー・ハイ・イールド・ボンド・ファンド、USダラー・ショート・
デュレーション・ボンド・ファンド、USガバメント・モーケージ・ファンド、ワールド・ファイナンシャル・
ファンドおよびワールド・インカム・ファンド。
管理報酬補助金は、損益および純資産変動計算書に独立して開示されている
2008年8月31日現在支払期日が到来している管理報酬は、その他の負債として純資産計算書に含まれている
6.保管および預託報酬
当期間における当社の保管銀行は、ザ・バンク・オブ・ニューヨーク・メロン・インターナショナル・リミ
テッド、ルクセンブルグ支店である。保管銀行は有価証券の時価に基づき年間報酬を受け取る。当該報酬は日次
で発生し、取引報酬が加算される。年間報酬は年率0.011%から0.608%の範囲であり、取引報酬は1取引当たり
13米ドルから157米ドルの範囲である。これらの報酬の割合は投資する国によって異なり、資産クラスによって異
なる場合もある。債券および先進国の株式市場に対する投資はこれらの範囲の下限に近くなるが、一方、新興ま
たは発展途上の市場においては上限に近くなるものもある。したがって、各ファンドの保管費用は常に資産配分
に左右される。
2008年8月31日現在支払期日が到来している保管および預託報酬は、その他の負債として純資産計算書に含ま
7.年次税
ルクセンブルグ
当社はルクセンブルグの法律に基づき投資法人として登録されている。したがって、当社は、ルクセンブルグ
において所得税もキャピタル・ゲイン税も現在のところ課されていない。しかし、各ファンドの各四半期末の純
資産額の年率0.05%(リザーブ・ファンドならびにすべてのクラスD、クラスJおよびクラスX投資証券の場合
には0.01%)で計算された年次税を支払うことが要求されている。
− 52 −
請求目論見書
れている。
英国
販売会社ステータス
取締役は、各会計期間について、英国における英国販売会社ステータス英ポンド建クラスA投資証券を、英国の
税務目的上、分配型投資証券クラスとして認定するよう申請する方針である。しかし、このような認定を得られる
保証はない。2008年8月31日に終了する会計年度について、取締役は、英国の税務目的上、分配型投資証券クラス
としての認定を歳入税関庁に申請する方針である。
8.投資顧問
ブラックロック(チャネル諸島)リミテッドは、以下のとおり投資顧問および投資運用を委任している。ブ
ラックロック(チャネル諸島)リミテッドは、目論見書に記載されているように、一部の投資運用および投資顧
問を、投資顧問会社であるブラックロック・ファイナンシャル・マネジメント・インク、ブラックロック・イン
ターナショナル・リミテッド、ブラックロック・インベストメント・マネジメントLLC、ブラックロック・イ
ンベストメント・マネジメント(UK)リミテッド、ブラックロック・ジャパン・カンパニー・リミテッドおよ
びブラックロック(香港)リミテッドに委任している。
ブラックロック・ファイナンシャル・マネジメント・インクは以下のファンドに対して投資顧問サービスを提
供している。
アジアン・タイガー・ボンド・ファンド
ダイナミック・リザーブ・ファンド
エマージング・マーケッツ・ボンド・ファンド
フィックスド・インカム・グローバル・オポテュニティーズ・ファンド
グローバル・ハイ・イールド・ボンド・ファンド
ローカル・エマージング・マーケッツ・ショート・デュレーション・ボンド・ファンド
リザーブ・ファンド
USダラー・コア・ボンド・ファンド
USダラー・ハイ・イールド・ボンド・ファンド
USダラー・ショート・デュレーション・ボンド・ファンド
USガバメント・モーゲージ・ファンド
ワールド・インカム・ファンド
ブラックロック・インベストメント・マネジメントLLCは以下のファンドに対して投資顧問サービスを提供
している。
ヨーロピアン・エンハンスド・エクイティ・イールド・ファンド
グローバル・アロケーション・ファンド
請求目論見書
グローバル・ダイナミック・エクイティ・ファンド
グローバル・エンハンスド・エクイティ・イールド・ファンド
グローバル・スモールキャップ・ファンド
ラテン・アメリカン・ファンド
パシフィック・エクイティ・ファンド
USベーシック・バリュー・ファンド
USフレキシブル・エクイティ・ファンド
USフォーカスド・バリュー・ファンド
USグロース・ファンド
USスモールキャップ・バリュー・ファンド
ワールド・フィナンシャルズ・ファンド
ワールド・ヘルスサイエンス・ファンド
− 53 −
ブラックロック・インベストメント・マネジメントLLCおよびブラックロック・インベストメント・マネジ
メント(UK)リミテッドはエマージング・マーケッツ・ファンドに対して投資顧問サービスを提供している。
ブラックロック・インターナショナル・リミテッドは以下のファンドに対して投資顧問サービスを提供してい
る。
グローバル・オポテュニティーズ・ファンド
USオポテュニティーズ・ファンド
以下のファンドの場合、ブラックロック・インベストメント・マネジメント(UK)リミテッドは、ブラック
ロック・ジャパン・カンパニー・リミテッドに対して一部の機能を再委任している。
ジャパン・ファンド
ジャパン・オポテュニティーズ・ファンド
ジャパン・バリュー・ファンド
以下のファンドについて、ブラックロック・ファイナンシャル・マネジメント・インクは、ブラックロック・
インベストメント・マネジメント(UK)リミテッド、ブラックロック・インターナショナル・リミテッド、ブ
ラックロック・インベストメント・マネジメント(オーストラリア)・リミテッドおよびブラックロック・ジャ
パン・カンパニー・リミテッドに対して一部の機能を再委任している。
グローバル・ガバメント・ボンド・ファンド
ワールド・ボンド・ファンド
以下のファンドの場合、ブラックロック・インベストメント・マネジメント(UK)リミテッドは、ブラック
ロック(香港)リミテッドに対して一部の機能を再委任している。
チャイナ・ファンド
インディア・ファンド
アジアン・ドラゴン・ファンド
残りのファンドについては、ブラックロック・インベストメント・マネジメント(UK)リミテッドが投資顧
問である。
9.関連当事者との取引
当社の管理会社ブラックロック(ルクセンブルグ)エス・エー、投資運用会社ブラックロック(チャネル諸
島)リミテッド、ならびに投資顧問会社のブラックロック・ファイナンシャル・マネジメント・インク、ブラッ
クロック・インターナショナル・リミテッド、ブラックロック・インベストメント・マネジメントLLC、ブ
ト・マネジメント(オーストラリア)は、ブラックロック・インクの子会社であり、その主要株主は、メリルリ
ンチ・アンド・カンパニー・インクおよびPNCバンクN.A.である。当社のために有価証券の取引を手配する
際、ブラックロックの別の会社が有価証券サービス、仲介サービス、外国為替銀行サービスおよびその他のサー
ビスを提供したり、もしくは通常の条件により本人として行動する可能性があり、これにより利益を得る可能性
がある。ブローカーおよびエージェントに対する手数料は関連する市場の慣例に従って支払われており、ブロー
カーまたはエージェントが提供する大口取引等の手数料割引の利益は当社に還元されている。ブローカー・
ディーラー会社を含むブラックロック系列の会社のサービスは、その利用が適切であると判断される場合に、手
数料およびその他の取引条件が関係する市場で用いられる系列外のブローカーおよびエージェントとのものとお
おむね同様であり、かつ、最良の業績を得るための上記の方針に一致していることを条件に、投資顧問会社によ
り使用される。
− 54 −
請求目論見書
ラックロック・インベストメント・マネジメント(UK)・リミテッドおよびブラックロック・インベストメン
当年度中、通常の業務範囲外のあるいは通常の取引条件外の取引は行われていない。当社がブラックロックの
会社それぞれを通じて行った取引総額は94,079,400米ドルであり、当該取引価額が当期間の全体の取引価額に占
める割合は0.04%である。当該取引に関連して支払われたブローカー手数料の総額は237,282米ドルであり、支
払った手数料の平均料率は0.25%である。
当年度中に、1名の取締役が1つのサブファンドの投資証券を購入した。全ての取引が、通常の業務範囲内で、
通常の取引条件に基づき締結された。
10.手数料の利用
1社以上の投資顧問会社(以下「顧問会社」という。)は、現地の法律または規則により認められている場合
に、手数料分配契約または同等の契約を締結することができる。当該契約は、顧問会社が、これらの契約を通し
て得られる調査または執行サービスが、顧問会社の投資意思決定能力または取引執行力を高め、その結果より高
い投資収益が見込まれると考える場合に限り締結される。顧問会社は主要な世界的ブローカーと当該契約を締結
する。ブローカーは、ブローカーが顧問会社に提供する調査および執行サービスの報酬を認識する際に、または
顧問会社による取引の執行もしくは顧問会社への調査の提供を支援する第三者のサービスに対して代金を支払う
ために、顧問会社の取引により生じる手数料の一部を使用することに同意している。全ての取引は引き続き最良
の執行条件に従う必要があり、契約は常に見直される。
11.有価証券貸付
当社は、ブラックロック・インベストメント・マネジメントLLCと有価証券貸付契約を締結している。当該
契約に基づき、当社は適切な担保を含む一定の条件のもと、第三者に対して有価証券ポートフォリオの一部を貸
付けることができる。当該貸付は、貸付活動を専門とする公認清算機関または主要な金融機関の仲介を通じての
み可能であり、これらの機関と合意した、担保を含む取引条件に基づいている。当該取引は30日を超えてはなら
ない。貸付有価証券が関連するファンドの有価証券ポートフォリオの50%を超過する場合には、貸付契約を即時
に終了できる条件でのみ貸付が可能となる。
当該契約に基づき、当社は現金担保を承認された有価証券に投資するよう指示することがあり、それにより投
資収益が生じる。
有価証券貸付プログラムからの投資収益の詳細は、当該ファンドの損益および純資産変動計算書に記載されて
いる。2008年8月31日現在、貸付有価証券の評価額合計は1,775,505,597米ドルであり、投資担保の時価は
1,914,843,958米ドルである。
現金担保は23.29%がコーポレート・ボンド(格付けA−1または同等)、76.71%がコマーシャル・ペーパー
および定期預金に再投資されている。この担保は保管銀行が保有しており、財務書類には反映されていない。
請求目論見書
− 55 −
貸付有価証券は、関連するファンドのポートフォリオにおいて「*」で記されている。2008年8月31日現在、
当該貸付有価証券のファンドレベルでの価額は以下の表のとおりである。
ファンド
貸付有価証券の価額
エマージング・ヨーロッパ・ファンド
32,896,395米ドル
ユーロ・マーケッツ・ファンド
56,917,224米ドル
グローバル・アロケーション・ファンド
296,449,927米ドル
グローバル・エンハンスド・エクイティ・イールド・ファンド
9,993,616米ドル
グローバル・ガバメント・ボンド・ファンド
20,171,486米ドル
グローバル・スモールキャップ・ファンド
5,563,404米ドル
ゴールド・ファンド
125,675,322米ドル
ジャパン・バリュー・ファンド
19,634,326米ドル
ジャパン・オポテュニティーズ・ファンド
8,204,349米ドル
ラテン・アメリカン・ファンド
33,434,900米ドル
ニュー・エネルギー・ファンド
452,524,018米ドル
USベーシック・バリュー・ファンド
47,297,500米ドル
USフレキシブル・エクイティ・ファンド
184,736,182米ドル
USフォーカスド・バリュー・ファンド
11,469,800米ドル
USグロース・ファンド
3,580,010米ドル
ワールド・エネルギー・ファンド
238,923,163米ドル
ワールド・ファイナンシャル・ファンド
455,376米ドル
ワールド・ヘルスサイエンス・ファンド
3,689,600米ドル
ワールド・マイニング・ファンド
223,888,999米ドル
12.担保有価証券または保証として提供された有価証券
売建コール・オプションの原証券で担保に供されているものは、ファンドのポートフォリオにおいて「†」で
記されている。2008年8月31日現在、当該有価証券の価額は903,873,859米ドルである。
先物取引の保証として提供されている有価証券は、ファンドのポートフォリオにおいて「‡」で記されている。
2008年8月31日現在、当該有価証券の価額は132,919,936米ドルである。
13.分配金
取締役の現在の方針は、分配型ファンドによる収益および英国販売会社ステータス・クラスによる収益を除く
すべての投資純利益を留保し再投資することである。分配型ファンドおよび英国販売会社ステータス・クラスに
の両方のキャピタル・ゲインからの分配を分配金の範囲に含めるか、およびどの程度まで含めるかを決定するこ
とができる。
分配型投資証券を提供するファンドに関しては、ファンドの種類別に分配金の支払頻度が決定される。通常、
分配金は以下のように支払われる。
・ ボンド分配型ファンドに関しては月次(分配する収益が存在する場合)とする。
・ ヨーロピアン・エンハンスド・エクイティ・イールド・ファンド、グローバル・エンハンスド・エクイティ・
イールド・ファンドおよびフィックスド・インカム・グローバル・オポテュニティーズ・ファンドに関しては四
半期毎(分配する収益が存在する場合)(取締役が決定可能なその他のファンドについてはその都度)とする。
・ 取締役の裁量により、エクイティ分配型ファンドに関しては年次。英国販売会社ステータス・エクイティ・ファ
ンドは、分配する収益が存在する場合に年次で分配金が支払われる。
− 56 −
請求目論見書
関しては、実質的にすべての期間投資収益(費用控除後)を分配する方針である。取締役は、実現および未実現
月次で分配金を支払うこれらの分配型投資証券は以下の投資証券にさらに分類される。
・ 分配金が日次で算定される投資証券は、毎日分配型投資証券である。
・ 分配金が月次で算定される投資証券は、毎月分配型投資証券である。
投資家は毎月分配型投資証券または毎日分配型投資証券のいずれかを保有するか選択することができるが、両
者を保有することはできない。
分配金が四半期毎に支払われる投資証券は、毎四半期分配型投資証券である。
分配金が年次で支払われる投資証券は、毎年分配型投資証券である。
分配金の宣言および支払いならびに投資主が利用可能な再投資オプションについては、目論見書に記載されて
いる。
14.後発事象
2008年9月以降、現在進行中の信用危機の激化に伴い投資環境が劇的に変化した結果、金融サービスセクター
が広範囲にわたり崩壊し、未曾有の政府介入が行われた。市場混乱期のさなか、これまでと同様に、ブラック
ロックの全ての資源をもって、当社のクライアントの資産の投資運用に尽力している。経済および金融市場に対
する当社の最新の見解については、www.blackrockinternational.comのインベストメント・インサイト
(Investment Insight)のページを参照のこと。当社は、ブラックロックに対して投資資産を委託することにつ
き感謝するとともに、今後とも引き続きサービスを提供できることを期待している。
2008年9月8日、メリルリンチ・ポルスカSp. z o.o.は代理人としての役割を終了し、ブラックロック・イン
ベストメント・マネジメント(UK)リミテッドOddział w Polsceに引き継がれた。
2008年9月15日、バンク・オブ・アメリカ・コーポレーションは、ブラックロック・インクの主要株主の1社
であるメリルリンチを取得することに合意したと発表した。この買収は両社の取締役会により承認されている。
株主および規制当局の承認を条件として、この取引は2009年度第1四半期に終了する見込みである。
請求目論見書
− 57 −
2
ファンドの現況
ブラックロック・ラテンアメリカ株式ファンド(平成21年4月末現在)
純資産額計算書
Ⅰ
資産総額
4,736,599,337円
Ⅱ
負債総額
15,446,130円
Ⅲ
純資産総額(Ⅰ−Ⅱ)
4,721,153,207円
Ⅳ
発行済数量
8,216,579,287口
Ⅴ
1単位当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)
0.5746円
請求目論見書
− 58 −
第5
設定及び解約の実績
設定数量(口)
解約数量(口)
発行済数量(口)
第1期
1,626,115,999
75,771,185
1,550,344,814
第2期
568,060,539
975,408,625
1,142,996,728
第3期
2,377,260,303
791,580,196
2,728,676,835
第4期
7,677,785,823
1,842,002,828
8,564,459,830
第5期
1,777,486,921
1,813,996,412
8,527,950,339
第6期
557,610,720
1,165,157,104
7,920,403,955
請求目論見書
− 59 −
ブラックロック・
ラテンアメリカ株式ファンド
(為替変動型/為替変動低減型)
追加型投信/海外/株式
※課税上は株式投資信託として取扱われます。
投資信託説明書(目論見書) 2009.12
※本書は金融商品取引法第13条の規定に基づく目論見書です。
(09.12)
Fly UP