...

PDFをダウンロード - 日本水工設計株式会社

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Transcript

PDFをダウンロード - 日本水工設計株式会社
アセットマネジメントの導入提案
~持続可能な水道事業を目指して~
アセットマネジメント(AM)の必要性
地震が来ても大丈夫だろうか?耐震化したくても予算が…。
このような悩みを
抱えていませんか?
設備の老朽化が心配…。漏水などの事故が起きなければ良いけど…。
企業債が増えてきていて、将来的に財源確保が難しくなりそう…。
現在は良好な施設も…
放置すると
断水/漏水/水質事故
の恐れが…
将来
アセットマネジメント(AM)の実施と効果
Check
目標達成度
(PI等)
の確認
Action
Action
Do
方針・計画の見直し
施設/管路の維持管理
施設/管路の更新・整備
基本設計・詳細設計
将来リスクと対処方針の明確化
更新需要と必要財源の明確化
経営部門
計画部門 財務部門
工務部門 管理部門
現
況
・断水・漏水・事故の未然防止
・将来リスクと対処目標の明確化
・中長期財政見通し/計画の明確化
・投資行動へのアカウンタビリティ
・料金改定へのアカウンタビリティ
・有収率/経営効率の向上
・水道技術の維持/継承
ど
・施設/管路情報の整理と共有など
Plan
財政計画(料金見直し)
耐震化・水安全計画・更新計画
水道ビジョン・基本計画
事業コンセンサスの形成
方針の明確化
情報共有→コンセンサスの形成
水道使用者へ
の説明
資産(施設/管路)状態の明確化
・安心/安全な水道
・経営基盤の安定
・災害に強い水道
・根拠に基づく情報公開
・断水/漏水/水質事故
・経営悪化/財源の枯渇
被災時水道ライフラ
インの断絶
アセットマネジメント(AM)計画策定業務の提案
●アセットマネジメント(AM)計画策定業務の提案
資産管理状況の把握
AM計画策定の方向性の提案
資産データの収集・整理
将来リスクの明確化
2.AM計画策定
目標サービス水準の設定
施設仕様や維持管理履歴を整理
資産のリスク評価
資産の状態評価/寿命予測
ಟ⌮ᚋ
当初値
チᐜ㝈⏺
摺動部隙間
೺඲
許容限界
䖃 健全
0.25
0.3
mm
ᦾື㒊㝽㛫
修理後
0.2
PP
維持管理・更新計画策定
ᙜึ್
●
財政計画策定
ಟ⌮๓
修理前
チᐜ㝈⏺
฿㐩
許容限界
到達
0.35
0.4
ಟ⌮䝃䜲䜽䝹
㻥㻚㻜㻞㻌ᖺ䚷䊻䚷㻥ᖺ
妥当性の検証/全体最適化
0.45
修理サイクル
9.02 年 → 9年
0.5
⌧ᅾᖺᗘ2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009
現在年度
資産状態の明確化
AM計画の策定
目標サービス水準の設定
更新需要見通し
AM支援ツール構築︵Asse tMan ︶
資産の状態評価/寿命予測
0.15
維持管理・更新計画策定
資産データの収集・整理
財政計画策定
཰┈ⓗ཰ᨭ
収益的収支
㻝㻢㻘㻜㻜㻜
㻞㻡㻘㻜㻜㻜
16,000
㻝㻠㻘㻜㻜㻜
཰┈ⓗ཰ᨭ䠄ⓒ୓෇㻕
収益的収支(百万円)
施設台帳
䢔䡹䡴䢖䢉䢚䢕ᑠ
リスクレベル小
䢔䡹䡴䢖䢉䢚䢕୰
リスクレベル中
䢔䡹䡴䢖䢉䢚䢕኱
リスクレベル大
2010
2010
2012
2012
2014
2014
2016
2016
2018
2018
2020
2020
2022
2022
2024
2024
2026
2026
2028
2028
2030
2030
2032
2032
2034
2034
2036
2036
2038
2038
2040
2040
2042
2042
2044
2044
2046
2046
2048
2048
2050
2050
2052
2052
2054
2054
2056
2056
2058
2058
参画部署分割案・スケジュール案の提案
䢔䡹䡴䢖䢉䢚䢕ูᵓᡂẚ
リスクレベル別構成比
100%
100%
90%
90%
80%
80%
70%
70%
60%
60%
50%
50%
40%
40%
30%
30%
20%
20%
10%
10%
0%
0%
25,000
㻞㻜㻘㻜㻜㻜
14,000
㻝㻞㻘㻜㻜㻜
20,000
㻝㻡㻘㻜㻜㻜
12,000
㻝㻜㻘㻜㻜㻜
10,000
㻤㻘㻜㻜㻜
15,000
㻝㻜㻘㻜㻜㻜
8,000
㻢㻘㻜㻜㻜
10,000
㻡㻘㻜㻜㻜
6,000
㻠㻘㻜㻜㻜
4,000
㻞㻘㻜㻜㻜
5,000
㻜
2,000㻜
0
㻞㻜㻜㻥
㻞㻜㻝㻜
㻞㻜㻝㻝
㻞㻜㻝㻞
2009
2010
2011
2012཰┈ⓗ཰ධ
2013
㻞㻜㻝㻟
㻞㻜㻝㻠
㻞㻜㻝㻡
2014
2015 ཰┈ⓗᨭฟ
2016 2017
収益的収入
14,000
㻞㻜㻝㻢
㻞㻜㻝㻣
㻞㻜㻝㻤
0
2018 ᦆ┈
収益的支出
損益
更新需要と必要財源の明確化
資本的収支・資金残高
12,000
25,000
20,000
【他業務への活用】
・水道事業ビジョン等の計画策定
・水道事業ビジョン等の計画策定
・情報提供
・情報提供
・運営基盤強化に向けた包括的検討
10,000
15,000
8,000
10,000
6,000
5,000
4,000
0
2,000
0
-5,000
2009
サービス水準
水道ビジョンの
サービス水準 目標値
水道ビジョンの
方針・目標
指標
方針・目標
指標
目標値
水源の保全
自己保有水源率
50%
水源の保全
自己保有水源率
50%
基幹管路の耐震化 管路の耐震化率
100%
基幹管路の耐震化 管路の耐震化率
100%
健全経営の維持
総収支比率
100%以上
健全経営の維持
総収支比率
100%以上
適切な維持管理
浄水場事故割合
0%
適切な維持管理
浄水場事故割合
0%
…
…
…
…
…
…
ᦆ┈䠄ⓒ୓෇㻕
損益(百万円)
資料収集
資本的収支(百万円)
説明会
資産のリスク評価
1.事前準備
資金残高(百万円)
事前準備
2010
2011
2012
2013
2014
2015
2016
2017
2018
・運営基盤強化に向けた包括的検討
資本的収入
3.AM運用支援
資本的支出
資金残高
AM運用支援
AMプロセス・AM計画の見直し
PI等による目標設定
【他業務への活用】
・実践的なアドバイス
・実践的なアドバイス
・蓄積データの解析
・蓄積データの解析
®
●AM支援ツール
AM支援ツール(AssetMan
(AssetMan®))
これからの上下水道事業を総合的にサポート!
これからの上下水道事業を総合的にサポート!
詳しくはWebへ
詳しくはWebへ
お問い合わせ先
日本水工設計株式会社
http://www.n-suiko.co.jp
AssetMan®は、水道事業者のアセットマネジメントの
実践を支援するツールです。
日々の業務の延長線上でアセットマネジメントに取り
込むことを目的としています。
ツールの構築にあたっては、詳細な打合わせにより、各
水道事業者の業務フローに沿ったシステム構築を考え
実施いたします。
詳しくは、AssetMan®を参照ください。
※AssetMan® は、日本水工設計株式会社の登録商標です。
本社/東京支社
東北支社
名古屋支社
大阪支社
広島支社
九州支社
〒104-0054 東京都中央区勝どき3丁目12番1号
〒980-0811 仙台市青葉区一番町3丁目1番1号
〒460-0008 名古屋市中区栄1丁目2番7号
〒542-0081 大阪市中央区南船場2丁目9番8号
〒732-0824 広島市南区的場町1丁目3番6号
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2丁目13番34号
TEL.03-3534‐5511
(代表)
FAX.03-3534‐5534
TEL.022-263‐8941
(代表)
FAX.022-263‐0744
TEL.052-211‐5681
(代表)
FAX.052-204‐2106
TEL.06-6243‐3131
(代表)
FAX.06-6243‐3081
TEL.082-264‐1160
(代表)
FAX.082-264‐5655
TEL.092-451‐6528
(代表)
FAX.092-472‐1799
Fly UP