...

Oracle SQL Developer 3.0

by user

on
Category: Documents
100

views

Report

Comments

Transcript

Oracle SQL Developer 3.0
1
<ここに画像を挿入>
Oracle SQL Developer 3.0
Sue Harper
Senior Principal Product Manager
目次
• 概要と履歴
–
–
–
–
リリース履歴
Oracle SQL Developer 1.5の新機能
Oracle SQL Developer 2.1の新機能
Oracle SQL Developer 3.0の新機能
• Oracle SQL Developerの機能概要
• 注目機能
• 追加情報
3
概要と履歴
4
リリース履歴
• Oracle SQL Developer 3.0 – 2011年(製品リリース)
– 幅広い新機能の導入
• Oracle SQL Developer 2.0 – 2009年/2010年
– PL/SQLユニット・テスト、Data Modeler Viewerの導入
– Oracle SQL Developer 2.1.1 – 2010年3月
• Oracle SQL Developer 1.5.x – 2008年/2009年
– バージョン管理とファイル管理の導入
– Oracle SQL Developer 1.5.4 – 9言語で完全な翻訳をサポート
– Oracle SQL Developer 1.5.5 – Oracle Database 11g Release 2に同梱
– Oracle SQL Developer 1.5.6 – Oracle JDeveloper 11gにバンドル
• Oracle SQL Developer 1.2.x – 2007年
– データベース移行の導入
• Oracle SQL Developer 1.x – 2006年/2007年
– Oracle SQL Developer 1.1.3 – Oracle Database 11g Release 1
– 初期製品リリース - 2006年3月
5
Oracle SQL Developerの機能概要
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
データベース接続
オブジェクトの参照、問合せ、更新
SQL Worksheet
クエリー・ビルダー
データのインポートとエクスポート
オブジェクトのエクスポート
PL/SQLの編集とデバッグ
データベース・レポートと
ユーザー定義レポート
ユーザー定義の拡張機能
ファイルとソース・コードの管理
ユニット・テスト
サード・パーティ製データベース
データベース移行
Oracle APEXとの統合
Oracle TimesTen In-Memory Databaseとの統合
Oracle Data Minerとの統合
6
Oracle SQL Developer 1.5.xの新機能
Oracle SQL Developer 1.5.5 - Oracle Database 11g Release 2に同梱
• データベース接続
– OS認証、プロキシ、LDAP
– シック・ドライバの使用を強制
– フォルダを使用した接続の
グループ分け
• ナビゲータのサポート範囲
–
–
–
–
キュー、キュー表
Javaの参照とロード
DBドキュメントの生成
データベースの管理
• SQL Worksheetの機能
– 最新のSQLフォーマッタ
– コード・リファクタリング・オプ
ション
– 強化されたコード・インサイト
– コード・テンプレート
– フラッシュバック
• 拡張された検索機能
• バージョン/ソース管理システム
の統合サポート
– CVSとSubversion
• スキーマのコピーと比較
• XLSインポートで新しい表を作成 • 移行
– Sybase Adaptive Server
• チューニングのサポート
• Oracle TimesTen In-Memory
– 階層プロファイラ
Databaseの統合サポート
– トレース・ファイルのGUIビュー
7
Oracle SQL Developer 2.1の新機能
•
•
•
•
PL/SQLユニット・テスト
Data Modeler Viewer
IBM DB2 UDBとTeradataの移行サポート
最新のデータ・グリッド
– 列の管理、データのフィルタ
• 新しいSQL Worksheet
– ドッキング可能なdbms_output、複数のワークシート
• 強化された接続ナビゲータのサポート範囲
– ジョブ、エディション(Oracle Database 11g Release 2)、XML
DBリポジトリ
• 最新のディスプレイ・エディタ
– PL/SQLの編集モード、サブパーティション
• Serena Dimensions、Perforceのバージョン管理サポート
• 最新のフィルタリング・メカニズム
– スキーマ・レベル、生成されたオブジェクト
8
Oracle SQL Developer 3.0の新機能
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
スキーマ・ブラウザ
クエリー・ビルダー
PL/SQLの更新
エクスポートとインポートの更新
PDFファイルのサポート
強化されたユニット・テスト
DBAナビゲータ
強化されたチューニング・サポート
DBMSスケジューラ
データベース移行
Oracle Spatialのサポート
Oracle Data Miner
** Oracle SQL Developer 3.0の新機能
9
機能概要
10
データベース接続
• 接続サポート
–
–
–
–
–
–
–
Basic、TNS、LDAP、Advanced
外部認証
プロキシ接続
サード・パーティ製データベース
パスワードの期限切れ
シック・ドライバを使用した強力な認証
Kerberos認証
• 作成、保存、テスト
– 複数のデータベース
– 複数のスキーマ
• インポートとエクスポート
• 再利用
– データベースの参照
– PL/SQLの開発
– レポートの実行
11
接続のグループ分け
• フォルダを使用した接続の論理
的なグループ分け
• フォルダの作成と管理
• フォルダへの新規接続の追加
• ローカル接続の作成
12
オブジェクトの作成と参照
• 接続ナビゲータ - ツリー・ベースの
オブジェクト・ブラウザ
• コンテキスト・メニュー・ユーティリティ
• データベース・オブジェクトの作成と編集
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
–
表、ビュー、索引、シーケンス
パッケージ、プロシージャ、ファンクション、トリガー、型
マテリアライズド・ビューとログ
シノニム(パブリックとプライベート)
ディレクトリ、データベース・リンク(パブリックを含む)
Oracle Application Express
キュー、キュー表
Javaの参照とロード
XMLスキーマ、XML DBリポジトリ
ジョブ
エディション(Oracle Database 11g Release 2)
リサイクル・ビン
他のユーザー
• データベース・ドキュメントの生成
• データベース管理レポートの実行
13
スキーマ・ブラウザ
•
•
•
•
オブジェクト・ブラウザの代替となるビュー
オブジェクト型の選択とフィルタ
ユーザーの選択とフィルタ
追加のクライアント側フィルタ
** Oracle SQL Developer 3.0の新機能
14
スキーマのコピーと比較
• スキーマのコピー
–
–
–
–
–
新しいオブジェクトの作成
オブジェクトの切捨て
オブジェクトの削除
アクションのサマリー・レポート
SQL Worksheetへの出力のロギング
• スキーマの比較
–
–
–
–
–
オブジェクト型の指定
オブジェクトの指定
差分サマリーの確認
サマリー・レポート
SQL Worksheetへ
送信された文
15
データ・グリッド: データの問合せと更新
• 表の参照とデータ・グリッドの表示
– フィルタ、ソート
• コンテキスト・メニューによる機能
–
–
–
–
–
単一レコードの表示
行の複製
行のカウント
グリッドをレポートとして保存
データのハイライト
• 列の管理
– 順序の変更
– 列の表示と非表示
– データ・フィルタ
•
•
•
•
メッセージ・ログでの更新の追跡
フィルタのリコール
データ・グリッドでの単一値の更新
グリッド設定の消去
** インポート/エクスポート(Oracle SQL Developer 3.0で更新された機能)
16
エクスポートとインポート
• コンテキスト・メニューDDLとデータ・エクスポート
– テキスト、CSV、INSERT、ローダー、XML、HTML、XLS、PDF
• データのインポート
– MS Excelデータのインポート
– インポート時の表の作成
• エクスポート・ウィザード
– 以下のためのパラメータ
• スキーマ所有者
• 文の削除
• STORAGE構文
• インライン制約構文
• データのエクスポート
• 権限のエクスポート
– SQL Worksheetでエクスポートを開く
** Oracle SQL Developer 3.0で更新された機能
17
データのエクスポート
• スキーマ、選択したオブジェクト型、選択したオブジェクトの
データおよびメタデータのエクスポート
• カスタマイズ可能なユーザー・インタフェース
• 構成可能なメタデータ・オプションとデータ形式オプション
• 単独または複数のファイルとディレクトリに出力を送信するた
めのターゲット・オプション
• プリファレンスでの管理対象
–
–
–
–
–
デリミタ
エンクロージャ
レコード終端文字
エンコーディング
ヘッダー
** Oracle SQL Developer 3.0で更新された機能
18
PDFへのエクスポート
•
•
•
•
PDF用の新データ形式のサポート
プリファレンスでのPDFファイル形式の構成
カスタマイズ可能なレイアウト
暗号とパスワード制御
のセキュリティを提供
• BLOB格納
オプションの範囲
– イメージ
– ビデオ
– スプレッドシート
** Oracle SQL Developer 3.0の新機能
19
データのインポート
• さまざまなインポート
方法
– INSERTおよび挿入
スクリプト
– 外部表、ステージング
外部表
– SQL*Loader
• カスタマイズ可能な
ユーザー・インタフェース
• デリミタ付きファイルで
デリミタ、エンクロージャ、
レコード終端文字、
エンコーディング、ヘッダーの指定が可能
• 定義の変更時に動的データ・プレビューでファイルを確
認可能
** Oracle SQL Developer 3.0で更新された機能
20
SQL Worksheetの一般機能
• ドラッグ・アンド・ドロップによる
問合せの選択
– 個別の文の選択
– 表の選択と結合
– 挿入、更新、削除
• サポート・ウィンドウ
– SQL Tuning Advisor
– EXPLAIN PLANと自動トレース
– HTP/OWA出力
• 問合せとスクリプトの実行
– 単一の文の実行
– 複数の文の実行
– スクリプトの実行
• コマンドのサポート範囲
– SQL*Plus
– SQLとPL/SQL
• 複数のワークシートを開く
– 非共有ワークシート
- [Ctrl] + [Shift] + [N]
– 共有ワークシート – [Alt] + [F10]
– ドッキング可能なSQLコマンド履歴
21
SQL Worksheetでのコードの編集
• コード・インサイト
• コード・リファクタリング・
オプション
• 構文のハイライト
• コード・テンプレート
• コード・スニペット
• レコード・レベルの
フラッシュバック
(Oracle Database 11g)
• プレビューを使用
したコード整形
• バインド変数の
サポート
22
クエリー・ビルダー
• ドラッグ・アンド・ドロップ
による問合せの構築
• SQL Worksheetとの統合
• サポート
– 複数のオブジェクトの選択
– クエリー・ビルダーと
ワークシートの切替え
– 集計、別名、ORDER BY句、
GROUP BY句、WHERE句
– 繰返し表
– UNION、INTERSECT、
MINUS、副問合せ
** Oracle SQL Developer 3.0の新機能
23
コード・スニペットとテンプレート
• コード・スニペット
– スニペット・カテゴリからSQL Worksheetまたは
コード・エディタへのコードの
ドラッグ・アンド・ドロップ
– タイピングによる
コード・インサイトの起動
– 新規作成
• カテゴリ
• スニペット
• コード・テンプレート
– プリファレンスへのIDとコードの追加
– SQL Worksheetでのコードの
タイピングによるコード・インサイトの
起動
24
レポートの作成と実行
• 製品付属レポート
–
–
–
–
DBA
システム
Oracle APEX
移行
• ユーザー定義
– グラフ
– ゲージ
– マスター/
ディテール
– ドリルダウン
– スクリプト
– HTML
– コード
25
ASHレポートとAWRレポート
26
ファイル・ベースの開発
Oracle SQL Developerでファイル・ベースの開発をサポート
• ファイル・ナビゲータでのファイル検索
• SQL Worksheetでファイルを開く
• バージョン管理下へ
ファイルを配置
• 接続に対して実行
• 構文の整形
27
統合バージョン管理のサポート
• Oracle SQL Developerによるバージョン/ソース管理システムの
統合サポート
– Subversion
• Check for Updates機能で
次の統合サポートを追加
– CVS(Concurrent Versions System)
– Perforce
– Serena Dimensions
• アクセス方法
– 「View」→「Team」
→「Versioning Navigator」
– 「Versioning」メニュー
28
PL/SQLの使用
• PL/SQLコードの作成と編集
– コード・エディタ
• 構文のハイライト
• コード・フォーマッタ
• コード・インサイト(自動補完)
• コードの折りたたみ機能
• コード・スニペットとテンプレート
• ダイアログによる作成
– プロシージャ、ファンクション、
トリガー
– パッケージ仕様とボディ
• PL/SQLのコンパイルと実行
• デバッグ
– 環境変数SET ORA_DEBUG_JDWP
によるリモート・デバッグ
29
PL/SQLにおける更新
• PL/SQLタグ付きファイルのデバッグ
• 参照カーソルを使用したプロシージャの実行とデバッグ
– 参照カーソル・データの表示
** Oracle SQL Developer 3.0で更新された機能
30
PL/SQLユニット・テスト
•
•
•
•
•
•
•
•
•
1つまたは複数の実装でのテスト作成
テスト・スイートの作成
テスト・レポートの実行
再利用可能コンポーネントを
ライブラリに保存
静的検索と動的検索の作成
リポジトリを通して複数ユーザーをサポート
コード・カバレッジ統計の作成
コマンドラインからテストを実行
任意のデータベースが対象
31
PL/SQLユニット・テスト
32
ユニット・テストにおける更新
• マルチユーザー・サポートの強化
• 抽象データ型サポートの追加
–
–
–
–
PL/SQL VARRAY
PL/SQLのネストした表
PL/SQLの連想配列
参照カーソル
• 複数のテスト実行前/実行後処理
• 実行結果の消去
– すべての結果
– 結果のセット
** Oracle SQL Developer 3.0で更新された機能
33
DBAナビゲータ
• データベース構成の参照と維持
• リソース・マネージャを使用した
データベースの確認と管理
• セキュリティ・オプションの参照、
更新、作成
• ストレージ・オブジェクトの更新と
確認
• ユーザーとロールの作成
** Oracle SQL Developer 3.0の新機能
34
リファクタリング、確認、検索、チューニング、監視
Oracle SQL DeveloperのPL/SQL関連ユーティリティ
• EXPLAIN PLAN、自動トレース、差分
• SQL Tuning Advisor
• PL/SQL階層プロファイラ
• PL/SQLを使用した拡張検索
• SQL監視
• Oracle SQL Developer PL/SQLレポート
• 一般的なリファクタリング
• Oracle APEXリファクタリング
35
リアルタイムSQL監視
• SQLのリアルタイム表示
• 詳細表示までドリルダウン
• 現在のステップの
ビジュアル・インジケータ
• 5秒以上の問合せを監視
• /*+MONITOR*/の使用
• DBMS_SQLTUNE.REPORT_SQL_MONITOR
36
SQL Tuning Advisor
• ADVISORおよびADMINISTER SQL TUNING SET権限が必要
• すべてのアドバイスの確認または個々のコンポーネントの選択
–
–
–
–
古い統計や欠落した統計
詳細なSQLプロファイルの生成
SQLの手動再編成
索引の使用
** Oracle SQL Developer 3.0の新機能
37
EXPLAIN PLANと自動トレースの結果の比較
• 2つの問合せ結果の比較
–
–
–
–
1回目の問合せのEXPLAIN PLAN/自動トレース結果を収集
結果の確保
問合せの変更
2回目の計画結果
セットの収集
– 計画の比較
** Oracle SQL Developer 3.0の新機能
38
DBMSスケジューラ
• DBMSスケジューラでは、さまざまなタスクの実行時間と実行
場所を制御可能
• スケジューラ・ノードの構成
–
–
–
–
–
連鎖
資格証明
ジョブとジョブ・クラス
プログラム
スケジュール
• 設計エディタ・ビューで
グラフィカルに表示
** Oracle SQL Developer 3.0の新機能
39
Management Packのプリファレンス設定
• Oracle SQL DeveloperではOracle Database
Management Packをサポート
– Oracle Diagnostic Pack(ASH/AWRレポート)
– Oracle Change Management Pack(データベース差分ツール)
– Oracle Tuning Pack(SQL Tuning Advisor、SQL監視)
• ユーザーごとに使用法のプリファレンスを設定
** Oracle SQL Developer 3.0の新機能
40
注目機能
41
Oracle SQL Developer Migration
• 論理的な等価関係
• 最小権限での移行
– ユーザーはアクセス可能なすべての
オブジェクトを移行可能
• リポジトリを使用したシンプル・
モードとエキスパート・モード
• 同期モード
– サード・パーティ製データベース
のメタデータのスナップショットを取得
– 移行で使用される静的なターゲット
– 派生データベース・オブジェクトのビジュアルな相関関係
• すべての既存機能をサポート
– 生成されたスクリプトを使用したオフライン・データ移行
– SQLスクリプトを使用したオフライン・メタデータ・ロード
• 複数のプロジェクト、同時ユーザー、カスタマイズ可能
42
データベース移行プロジェクト
• サード・パーティ製データベース移行のための
移行ナビゲータ
• Copy to Oracle
– 右クリックで接続にコピー
• マルチ・データベース用の
サーバー取得
• 移行ウィザード
– 移行の全フェーズを主導
• コマンドラインのサポート
– すべての移行機能
• 移行レポート
–
–
–
–
プロジェクトの見積り/サーバー分析
変換の問題
データ品質メトリック
ターゲット・オブジェクトの検証
• クライアント・アプリケーションのスキャン
– アプリケーションでのサード・パーティ製
データベースのコールの特定
** Oracle SQL Developer 3.0で更新された機能
43
統合データ・モデリング
• モデルの作成、更新、保存
• 既存モデルを開く
• インポートして
モデルを作成
• 表のドラッグ・アンド・
ドロップによる リレー
ショナル・モデルの作成
• 設計ルールの操作
• DDLの生成
• サムネイル・ビュー
による参照
** Oracle SQL Developer 3.0の新機能
44
Oracle TimesTen In-Memory Databaseのサポート
• Oracle TimesTenデータベース・オブジェクト
(ユーザーを含む)の参照、編集、作成、更新
• Oracle In-Memory Database Cache
– キャッシュ・グループの作成、削除、変更
– キャッシュ・データのロード/アンロード、フラッシュ、
リフレッシュ
• PL/SQLのサポート
– プロシージャ/ファンクション/パッケージの作成、置換、削除、
編集、コンパイル、実行、エクスポート
• SQL実行計画の表示と、表および列の
統計の更新
• 非定型SQL問合せのための
SQL Worksheetへのアクセス、
Oracle TimesTen組込みプロシージャと
ttlsqlコマンドの実行
• 事前定義済みデータベース/オブジェクト・
レポートの実行
• Oracle TimesTenとOracle内の
キャッシュ・データの同時操作
** Oracle SQL Developer 3.0で更新された機能
45
Oracle Data Miner
• データ・アナリスト向けのグラフィカル・
ユーザー・インタフェース
• データ・マイニング・モデルの 構築と評価
• 予測モデルの適用
• 分析ワークフローの共有
• SQLの配置、コードと
スクリプトの適用
• 顧客行動の予測
• 鍵となる要因の特定
• 次の有力製品の予測
• 顧客プロファイリング
• 不正、異常の検出
• "テキスト"および
非構造化データの
マイニング
** Oracle SQL Developer 3.0の新機能
46
Oracle Spatial情報の管理
• データ管理
– 空間メタデータと索引の維持
– 空間検証のサポート
• データ問合せ
– 空間問合せの作成
– 空間形状の生成
– マップ・ビューでの問合せ結果
の表示
• マップのサポート
– マップ問合せに基づいたマップ
内でのレイヤーの表示
– 空間表をマップ・ビューにドラ
ッグ・アンド・ドロップしてす
ばやく表示
– 空間スニペットの使用
** Oracle SQL Developer 3.0の新機能
47
Oracle SQL DeveloperとOracle APEX 3.0.1+
• データベース・スキーマに関連するすべてのOracle APEXアプリ
ケーションの接続と参照
– アプリケーション・レベル
– ページ・レベル
• 次のレベルでレポートを実行
–
–
–
–
作業領域
アプリケーション
ページ
スキーマ
• コンテキスト・メニュー
のサポート範囲
– インポート、
エクスポート
– 配置
– 削除
– アプリケーションの変更
48
Oracle SQL Developerの拡張可能なフレームワーク
• 容易な拡張
– Oracle Fusion Client Platformベース
• Oracleカスタム拡張:
–
–
–
–
–
Oracle Migration Workbench
Oracle TimesTen
Oracle Data Miner
Oracle Rdb(開発中)
Oracle Spatial
• サード・パーティ製の拡張
– さまざまなサード・パーティ
製の拡張を利用可能
49
追加情報…
50
Oracle SQL Developer Exchange
http://sqldeveloper.oracle.com
51
詳細について
52
詳細について
www.oracle.com/technetwork/developer-tools/sqldeveloper/
• OTNでのOracle SQL Developer情報
– ホワイト・ペーパー、Oracle by Example(OBE)、
オンライン・デモ、モデル、スクリプト
– www.oracle.com/technetwork/developer-tools/sqldeveloper/
• Oracle SQL Developer Exchange
– 追加機能のリクエスト: sqldeveloper.oracle.com
• フォーラム
– Oracle SQL Developer
forums.oracle.com/forums/forum.jspa?forumID=260
• 書籍
– Oracle SQL Developer 2.1
• Webcast
53
まとめ
• DBAナビゲータの接続、レポート、ファイル
– オブジェクトの参照、問合せ、更新
• SQL Worksheet
– クエリー・ビルダー
• データのエクスポートとインポート
• SQLチューニング
– SQL Query Advisor、EXPLAIN、差分
• PL/SQL
– 作成、編集、デバッグ、ユニット・テスト
• 拡張可能なフレームワーク
– ユーザー定義の拡張機能
– データベース移行プロジェクト
– Oracle TimesTen、Oracle Data Miner、Oracle Spatial Management
• Oracle APEXとの統合
54
55
56
Fly UP